5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【教育】「聖徳太子」「鎖国」復活へ 指導要領改訂案を修正 ★5 [無断転載禁止]©2ch.net

1 :鄙び湯治宿 ★:2017/03/20(月) 21:33:27.39 ID:CAP_USER9
文部科学省が学習指導要領の改訂案で「聖徳太子」「鎖国」など、歴史上の人物や出来事などの表記を変えたことに対し、「教えづらい」「わかりにくい」などの批判が集まり、同省が一転、元に戻したり、復活させたりすることがわかった。こうした修正を反映した新指導要領は今月末に告示される。

 文科省は15日まで、改訂案についてパブリックコメントで意見を募ったが、特に不評だったのが聖徳太子の表記。改訂案では、小学校で「聖徳太子(厩戸王(うまやどのおう))」、中学校は「厩戸王(聖徳太子)」としていた。学会などの歴史研究を踏まえたもので、小学校ではよく知られた「聖徳太子」を、中学校では史実を重視して「厩戸王」を前に出した。ところが、「小中で表記が異なると教えづらい」といった声が相次ぎ、国会でも「連続性がなければいけない」「歴史に対する冒瀆(ぼうとく)だ」と批判された。

 このため、文科省は小中とも「聖徳太子」に戻し、中学の指導要領では「古事記や日本書紀で『厩戸皇子』などと表記され、後に『聖徳太子』と称されるようになったことに触れる」と加えることにした。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170320-00000013-asahi-soci

※前スレ
【教育】「聖徳太子」「鎖国」復活へ 指導要領改訂案を修正 ★4
http://daily.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1489999846/

557 :名無しさん@1周年:2017/03/21(火) 01:28:16.18 ID:ia2Tk7Qr0
>543

俺もいい国作ろうで覚えたクチだけど、1185年だと語呂が悪いなw

558 :名無しさん@1周年:2017/03/21(火) 01:29:08.69 ID:2Yi+z8xJ0
歴史は繰り返すっていうか、命令出している組織が、同じ命令出すってことで

むかしもこうなのかってわかることがでてくるとおもう。

テレビ局とか芸能界にろこつに東南アジア系がふえたけど 外人って入れたらいかんって仏典がいっているのがやはり正しい。

559 :名無しさん@1周年:2017/03/21(火) 01:29:12.77 ID:3rn0JCrO0
>>552
明治維新の百傑なんかでも数代マトモに遡れるのは珍しい。
要は、どこの馬の骨か判らん連中が明治維新を起こした。
幕末の10年前には薩摩も長州も英雄の子孫たちは使えねえほどの
バカ揃い認定されてひっくり返されたわけで、有能な下士は
親の代は百姓だったり町人だったり、よく判らん連中ってこと。

560 :名無しさん@1周年:2017/03/21(火) 01:29:33.61 ID:V9FMKOok0
>>529
嘘だよ
一次資料由来の話なんて読んだことないぞ

561 :名無しさん@1周年:2017/03/21(火) 01:29:42.78 ID:4Lk+JK4M0
>>533 もういいや。ぶち殺してしまえ!
そういう外来の者に対する、抹殺姿勢は日本には顕著でもあるんだよね。

またその一方で「外来文化」については、無意味にありがたがったりする。
いわゆる「文物」と成せるものについては、それを尊重し、
そしてそれがその「実体」を伴っていれば、それを排斥するといった日本の閉鎖的傾向は
その当時からあったのかもしれないね。

まあ後の元寇を退けてるし。
歴史的には結果としてだが、元の使者を切り殺したというのも
そんなに間違ってはいない選択となってたのかもしれないね。

562 :名無しさん@1周年:2017/03/21(火) 01:29:58.44 ID:X97N4Chb0
>>551
でもその辺は天皇家が書いた歴史しか残ってないからな
本当は蘇我氏こそが日本の王で天皇家が権力を簒奪したのかもしらん

563 :名無しさん@1周年:2017/03/21(火) 01:30:16.78 ID:OY4TFIb+0
「〇〇はいなかった!」というのはほとんどトンデモ説なんだな。

最近は「西郷隆盛はいなかった」説まであるww写真が残っていないからだwwwww

564 :名無しさん@1周年:2017/03/21(火) 01:30:56.39 ID:X97N4Chb0
>>560
読んだ数が少ないか読みが浅いんだろう

565 :名無しさん@1周年:2017/03/21(火) 01:31:17.95 ID:2Yi+z8xJ0
いろんな本を読むと、なんでこうなるのかわかるとおもう。

だいたい芸人が受けたい授業で教える側になっているあたりおかしいって父兄は言わないと、
工作員にすきかってに歴史とかかえられる。

566 :名無しさん@1周年:2017/03/21(火) 01:31:26.15 ID:EliB+Go60
>>555
司馬遼太郎は読んだことないけどあまり反日のイメージはないな

まぁ確かに小さな国といっても日本は世界で60番目ぐらいの面積だから特別小さい国ってわけじゃないと思うけど、
これも自虐史観なのかなぁ…

567 :名無しさん@1周年:2017/03/21(火) 01:31:29.43 ID:a5xHaKF50
>>563ってマジで高卒レベルの馬鹿

568 :名無しさん@1周年:2017/03/21(火) 01:32:32.29 ID:9zsOHSFK0
>>562

王という概念は日本の歴史に存在しない

569 :名無しさん@1周年:2017/03/21(火) 01:33:00.78 ID:a5xHaKF50
>>566
司馬遼太郎は明治までで、それ以降は評価しない人だったから。
シナ人に苦しめられた満州の同胞にはまったく持って冷たかった。
その点では反日

570 :名無しさん@1周年:2017/03/21(火) 01:33:13.80 ID:txZYqliD0
こんなわけのわからない改編のしようとした奴は誰だよ、名前出せよ。

571 :名無しさん@1周年:2017/03/21(火) 01:34:29.09 ID:2Yi+z8xJ0
ひらたくいうと、ブッシュが歴史学科だったから。いろんな工作が及んだと思う。

572 :名無しさん@1周年:2017/03/21(火) 01:34:42.61 ID:jC3FqASj0
 
後漢書』孝安帝紀東夷伝に初めて出てくる日本列島にいた倭国王
倭国王(帥升スサ)、卑弥呼(天照)の弟王(スサノオ)

573 :名無しさん@1周年:2017/03/21(火) 01:34:47.83 ID:ccf9zdVH0
すめらみことが正しい

574 :名無しさん@1周年:2017/03/21(火) 01:34:54.12 ID:V9FMKOok0
>>564
司馬を盲目的に信じてる人久々にみた
ご年配の方なのかな?
とりあえず名称言行録と常山紀談を読む事をオススメします
司馬のネタ元は大体この二つです

575 :名無しさん@1周年:2017/03/21(火) 01:34:57.87 ID:9A3oQdar0
>>543
守護・地頭の設置はさておき、その数年前から朝廷に逆賊認定されている平氏の
滅亡なんて根拠にならんよなあ

576 :名無しさん@1周年:2017/03/21(火) 01:35:22.26 ID:4Lk+JK4M0
>>537 >誰か言ってたな司馬遼太郎は外向きで

それは「司馬史観」という見方をして、
「それで世界と渡り合える。なにしろ司馬の思想には、戦後の開かれた世界観と左翼思想まで含まれていたからだ」
とするような、「思い込み」が特に昭和期にはその読者に醸成されてたからだろう。
司馬作品を貶めるつもりはないのだが、そういった時代背景も勘案するべき司馬作品群だと思うよ。

577 :名無しさん@1周年:2017/03/21(火) 01:36:01.40 ID:9zsOHSFK0
古事記や日本書紀は天皇側は書いていないぞ
その編纂を求めたが
もっとも皇帝や国王ならその執筆はその側になるわけだけどな
稗田阿礼・太安万侶は天皇家ではない

578 :名無しさん@1周年:2017/03/21(火) 01:36:37.78 ID:2Yi+z8xJ0
現代はいろんな情報が流れるので、 世界が米の大統領の受けた教育と読んだ本の影響を受けるってのも
まえよりずっとわかるようになったと思う。

579 :名無しさん@1周年:2017/03/21(火) 01:37:30.49 ID:a5xHaKF50
>>568
埼玉古墳の剣見た事ないの?王って書いてあるよ。

580 :名無しさん@1周年:2017/03/21(火) 01:37:47.61 ID:HwZ7/dc+0
聖徳太子の母が穴穂部間人(あなほべのはしひと)ペルシャ系大和人
ペルシャ=波斯(はしパーシ)=間人=百済(パシャ)ペルシャからのクダリひと

581 :名無しさん@1周年:2017/03/21(火) 01:39:00.09 ID:2Yi+z8xJ0
おおお この本を戦国時代に読んでるのかすげえってわかるときがくるとおもう。
そういうときがくると、戦国時代の謎がわりと解ける。

文学はそういう理解を助ける基礎知識を与えてくれると思う。

582 :名無しさん@1周年:2017/03/21(火) 01:39:09.88 ID:4zbSt68p0
そもそも司馬自身は史実を忠実に反映させたとか言ってないしな
むしろ否定する発言はある
竜馬が行くのタイトルが「龍馬」ではなく「竜馬」になっているのは史実とは違うということを示すためのものらしいし。

583 :名無しさん@1周年:2017/03/21(火) 01:39:33.05 ID:4Lk+JK4M0
>>546 面白いね。
身分制度よりも経済主義ってことか。
しかし貨幣や蓄財についても、世直しや革命があればリセットされた可能性がある。
そういったガラガラポンは生じなくて、その蓄財によって身分制度をも買い取ったというのは、
江戸時代の安泰があったからと言えるのかもしれないね。

584 :名無しさん@1周年:2017/03/21(火) 01:40:00.93 ID:UKDzKvoV0
左の人間には明治日本を賞賛したと言う事で右翼と罵られ
右の人間には大東亜戦争を非難したと言う事で左翼と罵られる
それが司馬遼太郎 w

585 :名無しさん@1周年:2017/03/21(火) 01:40:24.15 ID:9A3oQdar0
>>568
皇室典範に王という身分がちゃんと規定されているんだが?

現時点でその称号を持つ人はおらんが女王様なら4人いる(最近一人減ったw)

586 :名無しさん@1周年:2017/03/21(火) 01:40:33.45 ID:a5xHaKF50
>>582
明治以前は異体字は同じ字であり、龍も竜も同じだよ。
昔の人は区別してなかった。気分次第でどっちも使ってた。

587 :名無しさん@1周年:2017/03/21(火) 01:40:57.54 ID:4dN95CnM0
>>568
飛鳥時代なんか天皇と言わず大王だっただろ

588 :名無しさん@1周年:2017/03/21(火) 01:41:08.87 ID:2Yi+z8xJ0
聖徳太子がお札だった時代に、日本がすごかったから、

日本の教科書から聖徳太子を消すっていう ミッションインポッシブルみたいななにかなんだろうなとおもって
テレビ見てた。わりと抵抗勢力がなく、書き換わっていった。

589 :名無しさん@1周年:2017/03/21(火) 01:41:26.45 ID:4zbSt68p0
>>586
知ってる
司馬自身はそういう意向でああいうタイトルにしたという話

590 :名無しさん@1周年:2017/03/21(火) 01:42:15.21 ID:DSn84O0K0
聖徳太子は確実におられた

日本を神々がおられる国であり、寛容の精神をもつ国である

だからこそ聖徳太子が信奉してやまなかった仏教を日本神道に取り入れて成功したのだ

ちなみに日本紙幣に登場させた方が景気回復が見込めると思うと思うのである

591 :名無しさん@1周年:2017/03/21(火) 01:42:24.59 ID:4dN95CnM0
>>580
穴穂部間人媛は蘇我馬子の娘だったか姪じゃなかったっけ

592 :名無しさん@1周年:2017/03/21(火) 01:43:21.72 ID:2Yi+z8xJ0
日テレはみたらだめだなっていうかんじで

悪いテレビ局は見ないってきめると ひとつものこらないっておもう。
テレビ見てるといろいろわからないことがふえていくのは、新聞でも同じだから
現代のひとがいろいろわからないのは当然だね。

NHKスペシャルとか酷いし。

593 :名無しさん@1周年:2017/03/21(火) 01:43:27.05 ID:4Lk+JK4M0
>>551 しかし、なんでだろうね。
天皇という存在のしぶとさ。
なぜ日本では、フランス革命的な革新が生じなかったのか?

天皇制(左翼用語だが)については、個人的には肯定的に捉えてるのだが、
時々それを疑問に思ってしまうのである。

594 :名無しさん@1周年:2017/03/21(火) 01:44:01.15 ID:EliB+Go60
>587
まぁ御皇室の菊の紋章も江戸時代頃に生まれたと言われてるしな
昔の書物には陛下とは書かれず帝と書かれてるものもあったよね

595 :名無しさん@1周年:2017/03/21(火) 01:44:02.03 ID:ccf9zdVH0
ハシというのは神と契りを交わす人 巫女のことっしょ

596 :名無しさん@1周年:2017/03/21(火) 01:44:58.70 ID:9zsOHSFK0
>>587

推古天皇、日本国だ
国家としての日本は7世紀から正式に始まる

597 :名無しさん@1周年:2017/03/21(火) 01:45:12.28 ID:3rn0JCrO0
>>583
金を稼げる人間が出世すると言う原理は当時もあって、
田沼ー水野政治では、老中の位も金次第と言われた。
そう言う混乱も含めて、明治維新の原動力になるわけだが。

598 :名無しさん@1周年:2017/03/21(火) 01:45:40.02 ID:2Yi+z8xJ0
いろんなことが本にかいてあるから 読むといいよね。

つねに真実は別に存在するし。「真実はいつも一つ」っていっていいのは子供だけ。
テレビとか記者とか国会議員の悪い影響は大きい。

599 :名無しさん@1周年:2017/03/21(火) 01:46:15.60 ID:T4/nSHIA0
>>574
いや司馬が資料大量に集めてたのも、ネタ元にしてたのも
一次資料や同時代資料を文章に混ぜる手法だったのもただの事実だよ?
そういう手法、技法で小説書いてたってだけ
知らないで語ってると恥かくぞ

600 :名無しさん@1周年:2017/03/21(火) 01:46:21.68 ID:a5xHaKF50
司馬遼太郎は人柄も酷かった。

満鉄の元関係者が満州関連の史料を持っていて真実を知って欲しいと、司馬の元を何度か訪ねたが、無視されたらしい。
仕方が無いので、司馬の家の前に史料と連絡先を置いて帰ったとか。

小説の中では明らかのその史料を使った形跡がみられるのに、お礼の連絡のひとつもなかったってさ。
明治を礼賛する一方で満州で苦しんだ同胞に凄く冷たかった。

601 :名無しさん@1周年:2017/03/21(火) 01:47:51.76 ID:2Yi+z8xJ0
司馬遼太郎作品とそれ以外でも、いろいろ面白いので 読むといいね。

602 :名無しさん@1周年:2017/03/21(火) 01:48:06.20 ID:hZzJX7HQO
>>583
先物取引なんかしてたし
江戸時代は経済的にも文化的にも先進国だったよ
貸本や浮世絵みたいな庶民にまで娯楽が行き渡っていたからね

大坂の米相場が狼煙のいろで(富士山は人つかってたらしいが)
江戸まで半日経たずに伝わったとどっかで読んだ

603 :名無しさん@1周年:2017/03/21(火) 01:48:15.83 ID:z7DDL+TvO
>>591
娘だろ。
太子は孫。

604 :名無しさん@1周年:2017/03/21(火) 01:48:41.82 ID:EliB+Go60
>>593
京都御所を見ればそのヒントがあるように思う
日本本来の民主主義とは民の為のもの
襲われる心配がないから欧米みたいに城壁とかないんだろうね

605 :名無しさん@1周年:2017/03/21(火) 01:49:37.43 ID:QT3DDm3E0
>>603
ええかげんなこといいなさんな。

606 :名無しさん@1周年:2017/03/21(火) 01:49:49.79 ID:Pmx1xQbT0
鎖国は使わないけど開国は使いますってのがおかしかったわな
鎖国してないのに開国しろってアホか
少なくとも交流国と交流地域絞ってたんだから鎖国でいいだろうに

607 :名無しさん@1周年:2017/03/21(火) 01:49:50.75 ID:4dN95CnM0
>>603
検索してみたら蘇我馬子の姉か妹だったわ
蘇我稲目の娘

608 :名無しさん@1周年:2017/03/21(火) 01:50:13.21 ID:a5xHaKF50
>>604
江戸時代に天皇は幕府に貧乏にされてたから襲われるわけ無いんだよw

609 :名無しさん@1周年:2017/03/21(火) 01:51:06.12 ID:9A3oQdar0
>>593
天皇陛下は宗教的に考えりゃ王様じゃなく教皇様だから不思議でもない
西洋的には王様である殿様方は(殺されなかったけど)普通の国民になっているしな

610 :名無しさん@1周年:2017/03/21(火) 01:51:12.78 ID:4dN95CnM0
>>598
あったか、なかったのか、という真実ならひとつだよ

611 :名無しさん@1周年:2017/03/21(火) 01:51:31.43 ID:HwZ7/dc+0
>>591
穴穂部間人皇女は、飛鳥時代の皇族。欽明天皇の第三皇女。母は蘇我稲目の娘・小姉君。
同母弟に穴穂部皇子・崇峻天皇がいる。穴太部間人王、孔部間人公王、間人穴太部王、
鬼前太后とも称す。聖徳太子の生母として知られる。

612 :名無しさん@1周年:2017/03/21(火) 01:52:19.08 ID:2Yi+z8xJ0
若い人にいいたい。おっさんになるころには、日本人全体がまちがっているいろいろな歴史上のことがわかるようになっていると思う。

本をたくさん読むとそういうのがわかって、こういうスレが楽しめる。

っていうか年間120冊読むと 日本の上位2%だって。それぐらい読めるようになる日が来るまではながくかかるだろうけど
がんばってみてほしい。

613 :名無しさん@1周年:2017/03/21(火) 01:52:20.14 ID:GfgrgJRD0
専門家で解釈が違うから
誰の説が採用されるかで揉めるんだろうな

614 :名無しさん@1周年:2017/03/21(火) 01:52:35.98 ID:4Lk+JK4M0
>>602 もっと早くに、太古の時代に、松明を燃やして
それで「光通信」をやってたという例の説は、やはりトンデモなのか?
技術的には絶対にあり得ないとも言えないんだけど。

615 :名無しさん@1周年:2017/03/21(火) 01:55:21.95 ID:4dN95CnM0
>>607
間違えた蘇我稲目の孫だった
聖徳太子て蘇我馬子はいとこにあたるのか?

616 :名無しさん@1周年:2017/03/21(火) 01:56:32.63 ID:IZbO7PZ+0
    ,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,          / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
    ||||||||||||||||||ii        |  1.チョンや日没する処のシナ人とは交渉しないこと 。
    ,,||||||||||||||||||||         |  2.チョンや日没する処のシナ人を相手にしないこと。
   i||||||||||||||||||||||||||||i      |  3.チョンや日没する処のシナ人を仲間と思わないこと。
  i|||||||||||||||||||||||||||||||||||||i   |  4.チョンや日没する処のシナ人と結婚しないこと。
 ||||||||||||||||||||||||||||||||||| !||.   |  5.チョンや日没する処のシナ人を雇わないこと。
 |━-  -━━━ |||||||| |||   |  6.チョンや日没する処のシナ人の国には行かないこと。
 ,・=-|  -=・=-   / ̄||| ,||||   |  7.チョンや日没する処のシナ人を優遇しないこと。
 |  /         _!|||||!!  <  8.チョンや日没する処のシナ人の話を信じないこと。
. | (_,       ̄|||||       |  9.チョンや日没する処のシナ人を招かないこと。
 | ━__━      ||||     | 10.チョンや日没する処のシナ人に金をやらないこと。
  ヽ、 `~ ,,,;;;;;;;__   ||||     | 11.チョンや日没する処のシナ人の傍で寝ないこと。
   ||||||||||||              | 12.チョンや日没する処のシナ人の匂いを嗅がないこと。
    !|||||||!!            | 13.チョン製キムチや日没する処のシナ製の食品を食べないこと。
    !||||!             | 14.チョンや日没する処のシナ人の行動には警戒すること。
                   | 15.チョンや日没する処のシナ人の犬喰いはマネしないこと。
                   | 16.チョンや日没する処のシナ人の <=( ´∀`)に気を付けること。
                   | 17.チョンや日没する処のシナ人のエラや青竜刀に刺されないこと。
                   \_______________

617 :名無しさん@1周年:2017/03/21(火) 01:56:45.84 ID:hZzJX7HQO
>>591
欽明天皇の娘だよ
天皇の娘でないとまだ立后できない時代

618 :名無しさん@1周年:2017/03/21(火) 01:56:50.90 ID:NJD3bKWL0
>>504
賛成。今はどうか知らないが自分が高校生だったころは儒教がどういうものか全然教えてくれなかった。

619 :名無しさん@1周年:2017/03/21(火) 01:56:53.59 ID:4dN95CnM0
>>602
先物取引の概念は外国人からもたらされたんじゃないかとちょっと思ったり

620 :名無しさん@1周年:2017/03/21(火) 01:57:45.73 ID:HwZ7/dc+0
>>614
古代の狼煙(のろし)が現在の光通信。

621 :名無しさん@1周年:2017/03/21(火) 01:57:56.42 ID:4Lk+JK4M0
>>604 いわゆる、あれか。
ある意味「無力の王」でもあったために、そういった革命の的にはならなかったってこと?

そういや余り関係ないけど何故か思い出した。三島由紀夫が言ってたかな。
日本では本質的に革命的な私心なき異議申し立ては、常に右翼的立場から現れる。とかいう話。

622 :名無しさん@1周年:2017/03/21(火) 02:01:43.13 ID:4dN95CnM0
>>621
私心ない訳ないだろう

623 :名無しさん@1周年:2017/03/21(火) 02:02:19.83 ID:HwZ7/dc+0
>>614 狼煙の通信速度は時速140k〜159kだって

モンゴルのチンギス・ハーンの帝国でも狼煙の連携による情報通信が行われていた。
その伝達速度は時速140kmに及んだという
(2006年11月18日放送のテレビ朝日のモンゴル特集番組での実験では時速159kmを記録)。

624 :名無しさん@1周年:2017/03/21(火) 02:02:50.02 ID:e1WLqtkd0
聖徳太子が実在してなかったら、
日が昇る国の天子から、日が沈む国の天子へお手紙するぜ、元気?と中国に喧嘩売った奴は誰なのか

625 :名無しさん@1周年:2017/03/21(火) 02:05:09.15 ID:1ftR0y5T0
今まで豊臣秀吉って書かれたのに
一斉に木下藤吉郎にしますって言われちゃうようなもんか

626 :名無しさん@1周年:2017/03/21(火) 02:05:29.41 ID:PI6wsqXsO
>>619
それだと、もたらした外国人は誰だい。

627 :名無しさん@1周年:2017/03/21(火) 02:06:04.49 ID:4dN95CnM0
>>604
宮殿と城郭のある軍事用の城との違いというか
朝廷はお飾りとして置かれてたから攻め込まれることが無かったんだろう

628 :名無しさん@1周年:2017/03/21(火) 02:06:09.11 ID:EliB+Go60
>>621
承久の乱がなぜ天皇を滅ぼさなかったのかを考えるとわかると思う
天皇や皇室を失くす事など論外だったというのは昔からなんだろうね

欧米でもそうだよね
権力に対する異議申し立ては本来右翼のやり方。
全米ライフル協会にしろ米修正憲法において銃所持が認められている事とか…

629 :名無しさん@1周年:2017/03/21(火) 02:09:13.48 ID:3rn0JCrO0
>>624
中国側の歴史書に書いてあるのにねw
いないとかあり得んだろwww

630 :名無しさん@1周年:2017/03/21(火) 02:10:08.40 ID:4dN95CnM0
>>628
「権威付け機関」としての役割があったからだろう
どこそこの何とかさんが言ってたからそういうことで、みたいな
どこそこのお偉いさんが任命したからみんな認めるしかない、みたいな
そういう感じw

631 :名無しさん@1周年:2017/03/21(火) 02:11:34.75 ID:4Lk+JK4M0
>>622 それについては、比較的に「私心無き」ね。
いわゆる、しがらみ的な悔恨などに捉われて止む無き決起といった様相。

それこそ「私心」だろうと言われれば、確かにそうなのだが、
これで革命で全部ひっくり返せばウハウハだろうといった前向きさがなくて、
何故か後ろ向きに必死の形相で挑んでしまう。
それらは反逆を行うに際しての、日本的様式美でもあるのではないのかな。

私は個人的には、そういう暗いばっかりなのは、好きではないんだけどね。

632 :名無しさん@1周年:2017/03/21(火) 02:12:02.43 ID:9zsOHSFK0
天皇は安全装置的システムという面も無いわけでもないが
日本の文化的関係性の上に立つものだから
歴史を見ないとわからない
天皇に一番遠い存在はむしろ王だろう
日本には宮廷料理などかつて存在したことが無い

633 :名無しさん@1周年:2017/03/21(火) 02:12:53.78 ID:PI6wsqXsO
>>32
神皇正統記でも皇室を「王家」と呼んでますが。

634 :名無しさん@1周年:2017/03/21(火) 02:12:54.35 ID:OY4TFIb+0
聖徳とか聖人とかいうと、本能的に「いるわきゃない」と不信感をもって、勝手に歴史捏造する学者が
でてくるんだよ。

635 :名無しさん@1周年:2017/03/21(火) 02:13:28.87 ID:4zbSt68p0
>>628
延元の乱と観応の擾乱でも可能性はあったが錦の御旗なしでは戦に勝てなかった上に
天皇が実際にいなくなったら政務が停止しちゃったからね
大義名分がいかに重要なのかということ

636 :名無しさん@1周年:2017/03/21(火) 02:16:07.32 ID:0SxQhNNz0
>>593
早くに権威だけの存在になった
民衆を搾取するものは別に存在したから

637 :名無しさん@1周年:2017/03/21(火) 02:16:09.55 ID:UU/IOQX/0
やっぱ三種の神器がものをいうんじゃないのか
天皇は三種の神器があるから一目置かれるんだろ

638 :名無しさん@1周年:2017/03/21(火) 02:16:28.50 ID:4Lk+JK4M0
>>628 アニメ「もののけ姫」では、まだ天皇の権威の及ばぬ地があった事が示されてるね。
勿論あの作品は、完全に史実を基にして作られたものではないのだけれど。
しかし天皇という地位と権威についても、最初から不可侵のものであったとは到底思えないなぁ・・。

639 :名無しさん@1周年:2017/03/21(火) 02:20:07.14 ID:qlrVJEgL0
>>626

先物取引の歴史としては1531年にベルギーのアントワープで世界初の商品取引所が
開設されたことが始まりである。 しかし当時は王侯貴族が自分たちの財宝や特産物を
交換する商品取引所であったため現代でいうところの現物取引とは少し違う。

1620年代、大坂(現大阪)の堂島に淀屋米市場ができあがりました。 その約1世紀後である
1730年代に、米将軍と呼ばれた徳川吉宗の命により大岡越前が世界に先駆けて
米の先物市場(帳合米取引という)を整備したといわれています。

640 :名無しさん@1周年:2017/03/21(火) 02:20:13.41 ID:4Lk+JK4M0
>>637 その中の一個の出自は、滅茶苦茶怪しいのではなかったか?
もとからの出自という意味でなく、再発見という意味での由来ね。鏡だったかな。
なぜか突然発見される。まあ概ね認めないでもないけどね。
しかしちょっと怪しいのも如何なものかと・・・。

641 :名無しさん@1周年:2017/03/21(火) 02:20:18.48 ID:EliB+Go60
考えてみれば鎌倉幕府にしてもそうだ
この幕府は発足時から東側の自治政府としての役割が強く全国的なものではなかった。
現に幕府は西側は京都朝廷に任せて口出ししない原則を守り続けていたわけで

642 :名無しさん@1周年:2017/03/21(火) 02:21:24.20 ID:amRn8gZJ0
『昭和天皇独白録』によれば終戦は
もし米軍が上陸して伊勢・熱田両神宮を占領されたら
「国体が護持できぬ」から決断したのだと語られた

国体とは何かについては諸説あるが
昭和天皇にとっては三種の神器だった

643 :名無しさん@1周年:2017/03/21(火) 02:21:41.73 ID:QbjCgmGNO
中国に手紙送った時は女帝推古
しかし送り主はなんかわけのわからん男の名前

あれ、不思議やなと思ってたわ

644 :名無しさん@1周年:2017/03/21(火) 02:24:09.16 ID:9zsOHSFK0
天皇の権威は常に現存する国民に支えられるもの
統治機構の正当性は天皇によって承認される
だから、天皇の承認をもって国家の正式発布となるのは
現在も変わらない
システム的に言えば日本の特徴は権威と権力分離の伝統
権力と国民間による闘争の歴史ではない

645 :名無しさん@1周年:2017/03/21(火) 02:24:28.77 ID:4zbSt68p0
>>640
そもそも三種の神器に関しては形代と本体となる実物の関係から説明しないといけないんだが
失われたとされるのは形代のパターンが多い
実際に儀式で使われるのは形代なんだが

646 :名無しさん@1周年:2017/03/21(火) 02:24:48.23 ID:7lI+z7yR0
厩戸皇子にするって決めたんだから元に戻す方がかえって学生は混乱するわ
鎖国は日本にとっては黒歴史だから無くしていいし

647 :名無しさん@1周年:2017/03/21(火) 02:25:58.60 ID:Dzgz1gNI0
>>642
マッカーサーは三種の神器は取り上げなかったのかな?

648 :名無しさん@1周年:2017/03/21(火) 02:26:25.98 ID:vA/Py72D0
>>647
本物は壇ノ浦に沈んでますから

649 :名無しさん@1周年:2017/03/21(火) 02:27:34.95 ID:4zbSt68p0
>>648
よく言われるそっちは形代やで
そもそも新羅人の盗難事件の時点で神宮に移されてる

650 :名無しさん@1周年:2017/03/21(火) 02:28:15.52 ID:qeJ6Fj+V0
聖徳太子がいたのなら鉄人28号の存在も歴史の教科書に書けば良いのに

651 :名無しさん@1周年:2017/03/21(火) 02:31:28.15 ID:4Aa/o/dR0
>>649
今は仏像盗んでるし変わらんなあいつらw

652 :名無しさん@1周年:2017/03/21(火) 02:33:10.82 ID:aKJs3oU90
>>644 ほぼ言い得ていると思うが、
>天皇の権威は常に現存する国民に支えられるもの
これを前提として、そこに多数決である民主主義が絡んでくると、
その「綱引き」によって、天皇とその承認というのはひっくり返されることも出てくるのではないのかな。
昨今取り沙汰されている天皇の生前退位などについても、それらの危うい片鱗が見えてるように思えてならないのだ。
ゆっくり休んでくれていいとは思ってるんだけどね。

 

653 :名無しさん@1周年:2017/03/21(火) 02:35:43.61 ID:aKJs3oU90
>>642 >昭和天皇にとっては三種の神器だった

おいおい。そんなに情けない認識だったのか。
それはないだろう。

654 :名無しさん@1周年:2017/03/21(火) 02:36:45.82 ID:OqVqcalq0
>>643
天垂彦(アメノタラシヒコ)は名前じゃなくて当時の天皇の称号だよ

655 :名無しさん@1周年:2017/03/21(火) 02:37:08.91 ID:X97N4Chb0
>>629
隋書には聖徳太子という名前は出てこないでしょ

656 :名無しさん@1周年:2017/03/21(火) 02:37:09.03 ID:EliB+Go60
>>652
女性宮家をちゃっかり入れている点もね…
大体、生前退位じゃなくて譲位だろうに…東京のリベラルな価値観が皇室を危うくしているように思える…

657 :名無しさん@1周年:2017/03/21(火) 02:37:57.17 ID:tEVQ9HPf0
昨年、学者の上田正昭が亡くなって、
対立する研究者が急に鼻息を荒くして「聖徳太子を消せ」と働き掛けたんだろうw

357 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)