5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【医療】がんの正体は「真菌感染」 ついに謎解明か★3 [無断転載禁止]©2ch.net

1 :ニライカナイφ ★:2017/02/11(土) 07:04:50.71 ID:CAP_USER9
■がんは真菌による日和見感染?

がんは真菌とよく似ている。
近年、これは代替医療の分野において特に注目されていることである。
真菌とは、カビやキノコを含む菌類で、バクテリア(細菌)やウィルスとは異なって、体は糸状の菌糸からなり、胞子で増える存在である。

真菌は、比較的温暖で湿度の高い環境を好み、アルカリ性の環境下では繁殖しにくい。
イタリアの医師トゥーリオ・シモンチーニ博士は、ほとんどのがん患者から、増殖した真菌が発見されるだけでなく、腫瘍は概してカビのように白いことにも注目し、
がんの正体は真菌感染にあると直感した。

そして、水溶性で弱アルカリ性を示す安全な薬剤として、炭酸水素ナトリウム(通称:重そう)を利用したがん治療法を生み出した。
腫瘍はアルカリに直接触れるとすぐに崩壊を始める。

そこで、消化管には経口投与、直腸には浣腸、膣や子宮には圧注、肺や脳には静脈注射(点滴)、上気道には吸引、乳房やリンパ節、皮下腫瘍には局所灌流で対処した。
また、治療が困難であった箇所においても、カテーテルを挿入して、直接炭酸水素ナトリウムをピンポイントで投与する方法を編み出し、脊椎や肋骨内部等を除いて、ほぼすべてのがんを治療できる方法を確立した。

だが、シモンチーニ博士は、正統医学とはかけ離れた治療方法によって、末期患者を含めた多くのがん患者を救ってきたことから、世界的に注目されるとともに、医療関係者からは批判の矢面に立たされ、物議をかもした。
その一つが、がんの正体に対する認識である。

シモンチーニ博士いわく、がんとは、カンジダ・アルビカンス(カンジダ菌)による日和見感染である。
カンジダ菌とは、ヒトの体表や消化管、女性の膣粘膜等に常在し、ほとんどの場合はなんの影響も与えない。

だが、ヒトが体力・免疫力を低下させた際、異常増殖して有害な存在に変貌しうるという。
日和見感染とは、そんな状況で感染することを指す。

もちろん、現時点でがんは真菌とよく似ているが、その正体がカンジダ・アルビカンスであるとは医学界では証明されておらず、真菌感染を伴う別物の可能性もある。
そこで、整理しておこう。

図:真菌の菌糸の成長
http://biz-journal.jp/images/post_17981_02.jpg

■類似点と相違点

真菌は共通して枝分かれした菌糸をもっている。
そんな菌糸が互いに結びついてコロニーや菌糸体を形成する。
それらは栄養素を吸収しようと枝分かれして成長していく。
このような構造はカンジダ菌のように自由に動ける真菌にも当てはまり、体組織への侵入を助けることになる。

真菌はそのコロニーが異常増殖するか、栄養素の供給が制限されるストレスを受けると、拡大してさらに適した環境を探そうとする。
これはたくさんの真菌細胞を浸潤性の菌糸をもった存在へと変容させる。
そして、新たなコロニーを形成するだけでなく、離れた場所にも菌糸体を形成する。

興味深いことに、がん細胞もまったく同じように振る舞う。
腫瘍が密集するか、ホルモンや栄養素が欠乏するか、外科手術・化学療法・放射線療法、あるいはほかの炎症を起こす状況に直面してストレスを受けると、比較的無害の真菌様腫瘍細胞が自らを浸潤性を持った移動性のがん細胞へと変容させ、最終的に離れた場所にさらに危険な転移性の腫瘍を形成する。
このがん細胞は真菌のごとく、ストレス下で同様に振る舞い、見た目においても浸潤性のがん細胞は菌糸を持った真菌細胞と酷似する。

だが、正常な体細胞と真菌細胞との間には違いがあり、それはエネルギー代謝に認められる。
酸素呼吸を行う我々の体細胞は、二酸化炭素と水を生み出すクエン酸回路において栄養素を酸化してエネルギーを生み出すが、真菌は酸素を必要としない嫌気的な方法でエネルギーを生み出す。

真菌は主に糖や炭水化物を利用して、乳酸に変化させてエネルギーを得る。
このプロセスが人体で起こると、大量の乳酸が生み出されることで酸性過多となり、ミネラル欠乏、炎症、痛みなどを導く。

http://biz-journal.jp/2017/02/post_17981.html
http://biz-journal.jp/2017/02/post_17981_2.html
http://biz-journal.jp/2017/02/post_17981_3.html

★1:2017/02/10(金) 14:07:48.62
http://daily.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1486715916/

※続きます

2 :ニライカナイφ ★:2017/02/11(土) 07:05:06.05 ID:CAP_USER9
※続きです

がん細胞は真菌と同じような嫌気的エネルギー代謝を行い、腫瘍においてエネルギーが嫌気的に生成されるほど、それはより悪性となる。
だが、真菌とは違って、がん細胞においては、酸化的代謝を阻害する病原菌や毒素が取り除かれると、正常の体細胞に戻ることができる(可逆的)。
通常の真菌は従前の遺伝子的な特質を持っているのに対して、がん細胞は真菌細胞へと退化していく過程にある体細胞とでもとらえることができるのかもしれない。

■抗真菌薬の効果

とはいえ、真菌対策ががん治療につながることを発見した人々はたくさんいる。
1999年、ドイツの医学博士マイノルフ・カルトハウス教授は、白血病の3人の子供たちが二次的な真菌感染に対して3倍の抗真菌薬を摂取した後、予期せず完全寛解に至ったのを観察した。
2006年、彼の研究チームは抗真菌薬治療のあとに白血病が消失した事例をさらに6件出版報告した。 

ちなみに、報告された6件において、慢性播種性カンジダ症(CDC)に対して抗真菌薬治療が始まると、患者たちは白血病薬に対してひどく反応したため、白血病治療は止められた。
急性白血病の5年後生存率が大人で25-26%、子供で90%であったのに対して、驚くべきことに、カンジダ治療での生存率(治癒率)は100%だった。
彼の報告では2人の子供と4人の大人を取り上げていたため、その数字は極めて高かったことになる(シンプルな真菌感染を白血病と誤診されるケースもあるが、抗真菌薬の効果は無視できない)。

偶然、抗真菌薬ががんに効くことが発見された事例もある。
たとえば、大きな腫瘍を抱えた胃がん患者が、安息香酸を大量に摂取したところ、数カ月で腫瘍が消えたケースがある。
安息香酸は、食品の保存料として使われ、諸説あるものの、バクテリアには効かないが、防カビ剤には利用できるといわれている。

また、海外ではその危険性ゆえに法的に規制されているケースもあるが、二酸化塩素の殺菌力を利用したMMSという民間療法がある。
当初、マラリア患者が、亜塩素酸ナトリウムを含んだ、高山病や疲労回復用の液化酸素を吸ったところ、奇跡的に回復したことでその抗マラリア性が発見されたものである。

だが、のちに研究が進められると、塩素系でも二酸化塩素がより優れており、マラリアだけでなく、がんにも効くとして注目されるようになった。
もちろん、その背景には二酸化塩素のもつ殺菌力がある。

実は、対がん民間療法においては、過去数十年に及んで、真菌に対して有効な殺菌剤が治療効果を上げてきた。
たとえば、殺菌力の高いヨウ素を利用したヨウ素療法、同じくホウ砂やホウ酸を利用したホウ素療法、そして、真菌の大敵であるアルカリ環境を導くためのセシウム療法なども海外では普及してきた。

がんは真菌の増殖と深くかかわっている。
現段階では、カンジダ・アルビカンスを単独の病原菌とみなすのではなく、ほかの要素も複合的にかかわっているとみなしたほうが良さそうである。
がんと真菌との関係性を研究して注目されてきたミルトン・ホワイト医師は、自身が調査したどのがん組織の中にも真菌の胞子を発見し、がんとは「慢性的な細胞内伝染性の生物学的に誘発された胞子(真菌)変容病」であり、具体的には、「真菌の子嚢菌門に由来する分生子(無性胞子)」であるとしている。

※続きます    

3 :ニライカナイφ ★:2017/02/11(土) 07:05:28.42 ID:CAP_USER9
※続きです

■なぞ解明も近い?

以下は、代替医療を含め、代替科学を研究してきた筆者の個人的な見解にすぎないが、がんとは、体細胞がカンジダ菌を候補とした真菌と同調した結果であると思われる。
我々はバクテリア(細菌)、真菌、時にウィルスなど、有害にも変貌しうるさまざまな微生物と触れ合っている。
にもかかわらず、我々が健康を維持できるのは、主に我々自身の免疫力や代謝能力にある。

細胞呼吸が正常に行われ、酸素を十分に取り込むことができていれば、血液は酸性に傾くこともなく、真菌が異常増殖するような条件を生み出すことはない。
さまざまな体内微生物(常在菌)がいわばミクロレベルで生態系のバランスを維持しているからである。

だが、疲労やストレス等で免疫力を落とした状態においては、体は酸性化し、体内生態系が崩れて真菌が蔓延りやすくなる。
つまり、日和見感染が起こりやすくなるのだ。
細胞呼吸が阻害されるとほぼ自動的にがんが発生するが、その理由は、我々の体内に極微の真菌(胞子)が100%常在し、活動を始められるような環境への変化に備えているからだと思われる。

では、がん細胞と真菌細胞との違いはどのように説明されるのだろうか? 
ここで、注目すべきは真菌の特性である。

寄生性を有した真菌は、冬虫夏草(蛾の幼虫に寄生する)のように、宿主を乗っ取ったり、時にはマインドコントロールすらして、支配下に置いてしまう力を発揮する。
真菌は勢力を高めると周囲の存在(宿主)を変容させることが得意である。

人体を例にいい換えれば、真菌の発する波動が優勢になると、特定成分が脳に作用することも考えられるが、周囲の体細胞はその真菌の波動に強く影響を受け、共鳴・同調してしまうようになるのだと思われる。
環境が改善することで、カビを生やしたパンが元の状態に戻ることはないが、がん細胞は退縮していく。

この違いは体細胞が真菌との同調を失うかどうかにありそうだ。
これは、自己免疫疾患や他の難病にもかかわっている可能性がある。

実は、真菌の生態には未解明の部分も多く、現代医学はあまり注目してこなかった領域といえる。
だが、周囲の自然界同様、人体内というスケールの小さな生態系も客観視してみれば、上記の視点は自ずと導かれると考えられる。
さらなる研究によって新たな飛躍が得られるようになる領域だと筆者には思えてならない。

※以上です    

4 :名無しさん@1周年:2017/02/11(土) 07:06:15.79 ID:pwIZiWtQ0
カビキラー売れまくり!

5 :名無しさん@1周年:2017/02/11(土) 07:06:26.12 ID:Up/Hh3700


6 :名無しさん@1周年:2017/02/11(土) 07:07:35.21 ID:U7iB3zs00
薬の投与で癌が治る。
すげえええええええ

7 :名無しさん@1周年:2017/02/11(土) 07:08:37.15 ID:8FyVam8M0
また童貞が勝利してしまったのか

8 :名無しさん@1周年:2017/02/11(土) 07:10:18.34 ID:5EvCIhY50
重そう飲めばいいのか?
ちょっと重そう買ってくる

9 :名無しさん@1周年:2017/02/11(土) 07:10:34.30 ID:CT6k4Gkd0
大昔の「家庭の医学」的な本で「ガンにならないための何箇条」てのがあって
その中に「カビたものは避ける」ともあった

なので何を今さら感が強い

10 :名無しさん@1周年:2017/02/11(土) 07:10:43.83 ID:n0H7rTA40
抗癌剤やら放射線やら手術で何百万も使っても治らない物が
アマゾンで重曹は10s2000円ぐらいで買える
物で直ったら 現代医学を否定することになるから
絶対に認めないのかな

11 :名無しさん@1周年:2017/02/11(土) 07:11:09.75 ID:CKjdUByW0
これ本当ならすごくね?

12 :名無しさん@1周年:2017/02/11(土) 07:11:11.19 ID:QI73lDHW0
>>1
(文=水守 啓/サイエンスライター)

●水守 啓(ケイ・ミズモリ)
「自然との同調」を手掛かりに神秘現象の解明に取り組むナチュラリスト、サイエンスライター、
リバース・スピーチ分析家。 現在は、千葉県房総半島の里山で農作業を通じて自然と触れ合う中、
研究・執筆・講演活動等を行っている。
著書に『底なしの闇の[癌ビジネス]』(ヒカルランド)、『超不都合な科学的真実』、『超不都合
な科学的真実 [長寿の謎/失われた古代文明]編』、『宇宙エネルギーがここに隠されていた』(徳間書店)、
『リバース・スピーチ』(学研パブリッシング)、『聖蛙の使者KEROMIとの対話』、『世界を変える
NESARAの謎』(明窓出版)などがある。



はい解散

13 :名無しさん@1周年:2017/02/11(土) 07:11:41.26 ID:keBhvsc10
じゃキッチンハイター飲めば治るじゃん

14 :名無しさん@1周年:2017/02/11(土) 07:12:01.19 ID:0+RlRY4v0
真菌ぐタイム

15 :名無しさん@1周年:2017/02/11(土) 07:12:27.16 ID:BdlC3OE+0
日本の癌の正体は、バカサヨです

16 :名無しさん@1周年:2017/02/11(土) 07:13:16.53 ID:YEA9vb/s0
インキンの薬でも効くのか

17 :名無しさん@1周年:2017/02/11(土) 07:13:48.00 ID:XDqDgndy0
>>12
実は癌なんてとっくに解明されてるのに
医学界が金儲けの為に謎のままにしている
とかいう陰謀論なのかな

18 :名無しさん@1周年:2017/02/11(土) 07:15:59.67 ID:uhTKcR3h0
>>10
抗がん剤で免疫力が衰えたことによる真菌増殖
って一般の人は考えるんだけどね。
なんで原因と結果が逆になるw

19 :名無しさん@1周年:2017/02/11(土) 07:16:04.45 ID:QV34ppb40
>>1
>がんの正体は真菌感染にあると直感した

ワロタw

20 :名無しさん@1周年:2017/02/11(土) 07:17:55.21 ID:OT+b+l1k0
クンニすると膣が痒くなって緑色の鼻水みたいな織物が出るのがカンジダってやつ?
どうしたら治る?

21 :名無しさん@1周年:2017/02/11(土) 07:18:24.80 ID:n0H7rTA40
>>13
ハイターをラッパ飲みしたら
胃で胃酸と反応して塩素ガスがが発生する可能性がある
そうなると別の問題が出てくる

22 :名無しさん@1周年:2017/02/11(土) 07:19:12.09 ID:bt0YkuWF0
重曹って塩だぞw

23 :名無しさん@1周年:2017/02/11(土) 07:19:30.40 ID:pDx7/l0N0
主として穀物に巣食うカビ菌の中には
摂取すれば高確率で肝臓がんになる物もあると聞くな

相関関係はあるんだろう

24 :名無しさん@1周年:2017/02/11(土) 07:20:11.07 ID:z0rOJGyq0
小林麻央「遅せえよ」

25 :名無しさん@1周年:2017/02/11(土) 07:20:44.15 ID:bt0YkuWF0
重曹ってタンサンなw

26 :名無しさん@1周年:2017/02/11(土) 07:21:59.71 ID:bt0YkuWF0
おまけで石溶かしてくれるしなw

27 :名無しさん@1周年:2017/02/11(土) 07:22:36.44 ID:XJzFvkbY0
>>1

記事が悪い


真菌感染が重要な意味をもつことを隠したいからその記事でスレを立てるのか?

28 :名無しさん@1周年:2017/02/11(土) 07:24:01.18 ID:bt0YkuWF0
詳しく言うとアルカリで癌を眠らせるんな。

人間の身体がアルカリになることな無いw

29 :名無しさん@1周年:2017/02/11(土) 07:24:03.27 ID:/Qh3D7Gd0
カビキラーを飲めばすべて解決!!

30 :名無しさん@1周年:2017/02/11(土) 07:25:15.51 ID:pDx7/l0N0
>>20
ヤル前に歯も磨かない男と寝た後くらい、プチシャワーセペでも使っとけ
どっちにしても膣内常在菌のバランス崩して、お前は子宮がん
男の方は咽頭がん、末路だわな

まんこ舐めるのが好きな男が咽頭がん多いと言うのは昔から

31 :名無しさん@1周年:2017/02/11(土) 07:25:33.24 ID:UWFNeVUw0
僕ちん馬鹿だから長くて読めない

32 :名無しさん@1周年:2017/02/11(土) 07:25:41.15 ID:oNMBUPdW0
>>22
信じる奴いるからやめろよ
化学式からして全然違うだろ

33 :名無しさん@1周年:2017/02/11(土) 07:26:11.35 ID:bt0YkuWF0
それなら細胞の中にまで入っていくアルカリ金属の方が友好だが?

34 :名無しさん@1周年:2017/02/11(土) 07:26:26.82 ID:3aUBWEJm0
だからマジックマッシュルーム食べたら治るんだよ。

35 :名無しさん@1周年:2017/02/11(土) 07:26:40.37 ID:uzV5Oexz0
重曹とクエン酸で炭酸ソーダ作ってよく飲んでるけど、体にいいってことかな。

36 :名無しさん@1周年:2017/02/11(土) 07:27:20.67 ID:+CuNRZOH0
小林麻央に教えてやれよ

37 :名無しさん@1周年:2017/02/11(土) 07:27:22.62 ID:bt0YkuWF0
>>32

分解したら塩と二酸化炭素、水に分かれるだろうがw

38 :名無しさん@1周年:2017/02/11(土) 07:27:47.32 ID:oNMBUPdW0
>>22がなぜか食塩に見えた
>>32は取り消しね

39 :名無しさん@1周年:2017/02/11(土) 07:27:54.23 ID:y4NR+/TB0
癌とアルツハイマーは早いところなんとかして欲しい病だわ

40 :名無しさん@1周年:2017/02/11(土) 07:27:59.71 ID:gDEEkwRN0
ちょっとスレチだけど胃カメラを入れた際に
ピロリ菌がいたことが判明したため毎日薬飲んで退治中。
これも胃がんの原因になる。発症しないうちに気付けてよかった。
8割の人が1回目で退治できるらしいが。

41 :名無しさん@1周年:2017/02/11(土) 07:28:07.24 ID:FYf+X0Kl0
太田胃散飲んだら治るって解釈でいいのか?

42 :名無しさん@1周年:2017/02/11(土) 07:28:09.40 ID:bt0YkuWF0
>>35

ノンアルコールビールだなw

43 :名無しさん@1周年:2017/02/11(土) 07:29:08.68 ID:Ac3b0tmg0
てことはカンジタも重曹で治るんけ?

44 :名無しさん@1周年:2017/02/11(土) 07:29:16.42 ID:axQPzIZY0
ガンビジネスはもはや石油利権に匹敵する規模だから治療法は確立させられないよ。

45 :名無しさん@1周年:2017/02/11(土) 07:29:41.27 ID:n7mOFEUf0
水素水最強伝説が始まるの?

46 :名無しさん@1周年:2017/02/11(土) 07:29:46.65 ID:/F0gTSNl0
アルツハイマーも真菌の可能性あるんだよな
死ねよ真菌
水虫薬飲むぞ?あ?

47 :名無しさん@1周年:2017/02/11(土) 07:29:48.39 ID:uzV5Oexz0
>>42
ノンアルコールビールって飲んだことないけど似たようなもの?
今度飲んでみるかな。

48 :名無しさん@1周年:2017/02/11(土) 07:30:00.37 ID:OXvi1b9n0
重曹、キッチンにあったーwww
こんな所に抗がん剤が

49 :名無しさん@1周年:2017/02/11(土) 07:30:19.73 ID:pDx7/l0N0
>>40
退治できても、その後が問題だね

生の井戸水は一切口にするなよ
ほんと馬鹿な治療やってんねお前も

胃炎などの自覚症状があってピロリ退治してんならともかく
無駄な労力って言うんだそれを、結構何処にでも居る菌で
再感染する確率の方が高い

50 :名無しさん@1周年:2017/02/11(土) 07:31:01.70 ID:bt0YkuWF0
ま、アルカリ性とアルカリ金属を含む食品が友好だw

腫瘍は強い酸性毒を吐くとあったし。

51 :名無しさん@1周年:2017/02/11(土) 07:31:42.18 ID:bt0YkuWF0
>>48

くれぐれも食用なw

52 :名無しさん@1周年:2017/02/11(土) 07:32:03.72 ID:0w3htGUI0
マジかよ蓮舫最低だな

53 :名無しさん@1周年:2017/02/11(土) 07:33:54.07 ID:esBhg+X00
トンデモでしかないな

54 :名無しさん@1周年:2017/02/11(土) 07:34:15.70 ID:2MjEcjWS0
>>9
カビに発がん性物質があるのは、昔から良く知られていたことだよ
中でもナッツのカビは危険

55 :名無しさん@1周年:2017/02/11(土) 07:35:23.76 ID:+kL5pOk10
感じた菌

56 :名無しさん@1周年:2017/02/11(土) 07:35:33.49 ID:FzAoMKGb0
炭酸水大勝利だな
ドラッグストアでバカ売れだな

57 :名無しさん@1周年:2017/02/11(土) 07:36:42.23 ID:rFvJqCVj0
>>49
ゴキブリが媒介するんだっけか?
それ聞いてから飯食うときは食器を一度洗ってからつかうようになったわ

58 :名無しさん@1周年:2017/02/11(土) 07:36:47.15 ID:pg1w13Py0
癌\(^o^)/オワタ
人類\(^o^)/ハジマタ

59 :名無しさん@1周年:2017/02/11(土) 07:37:03.67 ID:bBk6IEQv0
小保方すげーな

60 :名無しさん@1周年:2017/02/11(土) 07:37:07.07 ID:UICPAs5H0
>>31
真菌にやられてますね

61 :名無しさん@1周年:2017/02/11(土) 07:37:44.64 ID:pj0vLFFu0
ひどい花粉症も、1回千円のステロイド注射を1回やるだけで、1シーズンほぼ完治の状態になる。
自覚できる副作用も殆ど無いらしい。耳鼻科で出される飲み薬、月に数千円もする割に、効果はイマイチで、
毎日飲まねばならず、しかも眠くなるのどが渇くなど、副作用が強い。

62 :名無しさん@1周年:2017/02/11(土) 07:37:56.76 ID:gHoLHOHS0
真菌、カンジダの名指しが的中してるかはとにかく
発生増殖の仕方からしてそういう方向の原因というのは腑に落ちる話だな

63 :名無しさん@1周年:2017/02/11(土) 07:38:09.60 ID:Lb30yMEv0
「ついに」でもねえだろ。何十年やって、何十億か何百億か知らないけど、
金使ってんだよ。

64 :名無しさん@1周年:2017/02/11(土) 07:38:26.12 ID:9cs3Oy+Q0
サイエンスライターw
はい解散。

65 :名無しさん@1周年:2017/02/11(土) 07:39:45.74 ID:fybaP2mO0
青カビチーズ食べまくってるんだけど
やめたほうがいいかな

66 :名無しさん@1周年:2017/02/11(土) 07:39:53.61 ID:51V7QbfB0
>>12

なんだ基地外か。

67 :名無しさん@1周年:2017/02/11(土) 07:40:01.67 ID:tm1QD1Eo0
可能性は否定出来ないよな
風邪やインフルもウィルスなわけだし
異物による変容の方がしっくりくるわな

68 :名無しさん@1周年:2017/02/11(土) 07:40:37.25 ID:B9NPH7vc0
伊勢白山道が粘菌粘菌言うとるけどほんまだったんやな

69 :名無しさん@1周年:2017/02/11(土) 07:40:47.38 ID:9XA2h1kc0
数あるがんの原因の一つ、ってだけだろ
まあ実際胃がんの患者の胃の中は高確率でピロリ菌の巣窟になってるが

70 :名無しさん@1周年:2017/02/11(土) 07:40:55.23 ID:Myo/Xj6y0
人間の体の中には誰でもかび菌いるからな

71 :名無しさん@1周年:2017/02/11(土) 07:41:01.86 ID:Ro8v0b4w0
>>1
それっぽい用語をいっぱい知ってて、かつ書いたものが支離滅裂、論理性を
超克してると言う。この会社、WELQ事件から何も学んで無いな。大丈夫か?

72 :名無しさん@1周年:2017/02/11(土) 07:41:41.14 ID:XSOsPNtUO
そもそも常在菌なんだが

73 :名無しさん@1周年:2017/02/11(土) 07:42:12.70 ID:B9NPH7vc0
アルカリ性の食べ物って
さつまいも、ごぼう、コンニャクとなんやった

74 :名無しさん@1周年:2017/02/11(土) 07:42:31.14 ID:00U4CODf0
癌細胞のDNA分析が出来る現在、こんなトンデモ説は嘲笑の対象にしかならんぞ。

75 :名無しさん@1周年:2017/02/11(土) 07:43:15.84 ID:51V7QbfB0
覚えたての「真菌」って言葉を使ってみたかっただけの阿呆ww

76 :名無しさん@1周年:2017/02/11(土) 07:43:22.21 ID:9XA2h1kc0
体のバランスが崩れて常在菌の勢いが強くなり結果としてDNA損傷からガン化
ってとこでは

77 :名無しさん@1周年:2017/02/11(土) 07:43:29.69 ID:oUsqcrF30
やったー これで不老長寿だ

78 :名無しさん@1周年:2017/02/11(土) 07:43:34.82 ID:z+KtTrtwO
重曹そのものだと少し危険なので、それに近いのがいいね。中津とか南方とか。

79 :名無しさん@1周年:2017/02/11(土) 07:43:56.13 ID:UsJnalU00
2号機から 650 Sv/h。
実際は 1000 Sv/h くらいの可能性大。

チェルノブイリは 80 Sv/h で500km避難。

ならジャップはどれくらい避難が必要か?

4000km は必要だろう。

しかしフクイチから最遠の石垣島でも
2100kmくらいしか離れてない。

もうジャップ内に逃げ場はない。

\(^o^)/オワタ
roster

80 :名無しさん@1周年:2017/02/11(土) 07:44:12.40 ID:h4CT6RcB0
歯周病の人は試しに重曹クエン酸ソーダを飲んでみなさいよ、すぐに効果でるから。
唾液は弱アルカリ性でその状態で一番口中の清浄状態が保てるらしい。
これが酸性に傾くとバリアが壊れてミュータンス菌や歯周病原因菌が活発に動き出してしまうの
だと思う。弱アルカリに唾液を保てる状態では一種の静菌状態になる。
それゆえに再石化が促進されたり、歯茎が回復するものと思われる。
私個人では歯磨き時にいつも少量の血がハブラシについていたが重曹クエン酸ソーダを
飲むようになって殆どなくなりましたよ。
歯周病に効くということはこれは間接的に心筋梗塞や脳卒中、あるいは老人性痴呆症の
予防につながるものと思われる。
ただし歯磨き時に重曹や重曹水で磨くのではなく、唾液を弱アルカリ性に保つことが肝要
なので、重曹を飲用することが必須である。

81 :名無しさん@1周年:2017/02/11(土) 07:44:15.36 ID:B9NPH7vc0
筑前煮ってけっこう有能やな

82 :名無しさん@1周年:2017/02/11(土) 07:44:36.35 ID:/SQNizc40
重曹でシンクもピカピカ!
癌も治った!

83 :名無しさん@1周年:2017/02/11(土) 07:44:37.88 ID:FUodIGMa0

sssp://o.8ch.net/otg1.png

84 :名無しさん@1周年:2017/02/11(土) 07:44:43.79 ID:nVRN5cRz0
禁煙やーめた

85 :名無しさん@1周年:2017/02/11(土) 07:44:46.46 ID:WWGNFVW1O
>>61
ステロイド注射、自分は副作用あった
女性はやめたほうがいい

86 :名無しさん@1周年:2017/02/11(土) 07:45:32.89 ID:uhTKcR3h0
>>71
そもそも、重曹程度のpH、それもpHのみの要因で真菌が死ぬなら、
殺菌剤の入ってない石鹸でも死ぬってことだから。

87 :名無しさん@1周年:2017/02/11(土) 07:45:36.22 ID:B9NPH7vc0
重曹とクエン酸はなんかありそうな気がした

88 :名無しさん@1周年:2017/02/11(土) 07:46:01.08 ID:coZkUytG0
シモンチーニ博士がカンジダ

89 :名無しさん@1周年:2017/02/11(土) 07:46:10.58 ID:uM3kSo2aO
???「くっくっくっ…ついに癌を克服したか。しかし奴は我らの中でも最弱」

90 :名無しさん@1周年:2017/02/11(土) 07:46:16.92 ID:Ro8v0b4w0
>>64
真菌の呼吸、エネルギー生産なんか高校レベル以下の間違いだらけの記事だしな。
悲惨すぎる。科学者に憧れてブルーバックスで勉強した文学部出身者かなんかかな。

91 :名無しさん@1周年:2017/02/11(土) 07:46:28.32 ID:OkEth01i0
>>37
NaHCO3
ね、、、
分解しても食塩は出来ようがないよ

92 :名無しさん@1周年:2017/02/11(土) 07:46:31.23 ID:q3cDX/Gy0
お風呂にバブ入れてれば大丈夫だな!

93 :名無しさん@1周年:2017/02/11(土) 07:46:35.12 ID:pDx7/l0N0
>>67
否定できないどころか、相関性は既に証明されてる様なもんだしなあ

ピロリ菌は胃癌
穀物の菌は肝臓癌
マンコやちんこの菌(これらはカビに近い、で、一部ウイルスな)は、
子宮がんや咽頭がん

>>1の記事を俺なりに紐解けば
真菌などの癌化因子を取り除けば、次々に癌化する事を防ぐ事になり
人間が本来持つ抵抗力で寛解する人も居る

まあ、主観だぞ、まだ完全に証明された訳じゃない

という事じゃねえのかねえ

94 :名無しさん@1周年:2017/02/11(土) 07:47:31.00 ID:oUsqcrF30
何だったか
日本はこれからガン患者が増えると予見した米国の保険会社が撤退したはず

95 :名無しさん@1周年:2017/02/11(土) 07:47:48.30 ID:7K6wh3+Z0
細胞変異が菌っておかしくね?

96 :名無しさん@1周年:2017/02/11(土) 07:47:58.22 ID:MuQJZuKL0
近赤外線ががん治療に有効なのを見ると
菌類と何か関係がありそうな気もする

97 :名無しさん@1周年:2017/02/11(土) 07:48:15.73 ID:9LmPjEO10
>>84 禁煙しろよ。
酒タバコを一切やらないトランプさんは育毛剤でフサフサなんだぞ。

98 :名無しさん@1周年:2017/02/11(土) 07:48:28.63 ID:7K6wh3+Z0
なんでガンのDNA解析しないの?

99 :名無しさん@1周年:2017/02/11(土) 07:48:33.22 ID:nVRN5cRz0
活性酸素種がDNAを破壊してなんたらかんたらってのは、嘘ってこと?

100 :名無しさん@1周年:2017/02/11(土) 07:48:54.85 ID:uhTKcR3h0
>>80
まぁ毒ではないだろうからあんまり害がないとは思うが。
おまえ重曹飲んだことね〜だろ?
歯を磨くとかそんなレベルの味じゃねーぞw

182 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)