5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【文化】「日本のバッハ一族」服部家、音楽の才能は92%が遺伝との説も 遺伝子レベルでも、リズム感が遺伝する [無断転載禁止]©2ch.net

1 :砂漠のマスカレード ★:2016/12/17(土) 18:05:08.96 ID:CAP_USER9
「音楽の父」作曲家ヨハン・ゼバスチャン・バッハ。
彼の子供たちも才能に恵まれ、バッハ一族はおよそ2世紀半にわたって60人もの音楽家を輩出した「超名門」だ。

実は、現代の日本にも、それに比肩するといわれるほどの音楽一家がいる。
初代・服部良一は「昭和歌謡の父」と呼ばれる稀代の作曲家。
淡谷のり子『別れのブルース』、笠置シヅ子『東京ブギウギ』などの大ヒット曲を含め、手掛けた楽曲は3593曲。1993年の没後には、国民栄誉賞を受賞した。

2代目・服部克久(80才)も『ザ・ベストテン』のテーマ曲などを手がけた、昭和を代表する作・編曲家。
3代目は当代きっての人気作曲家・服部隆之(51才)だ。映画『HERO』、ドラマ『半沢直樹』(TBS系)、NHK大河ドラマ『真田丸』で、
あの印象的なメインテーマ曲を作ったといえば、その売れっ子ぶりがわかるはず。

さらにスゴいのが弱冠17才の4代目の服部百音。
5才でバイオリンを始めた彼女は、数々の世界的コンクールで優勝。10代にして全国でコンサート活動を続けている。
服部一族が代々、生まれつきの「音楽的才能」も受け継がれてきたことは否定できないだろう。
最近の音楽界にも“親子鷹”は多い。宇多田ヒカル(33才)と藤圭子(享年62)や、「ONE OK ROCK」ボーカルのTAKA(28才)と森進一(69才)・森昌子(58才)の親子は、そのごく一例だ。
前稿で触れたように、一世を風靡した歌手である工藤静香と木村拓哉の長女もフルートの才能に恵まれ、中学卒業後はフランス留学を検討しているそうだ

親と子で、顔つきや身長、足の長さなどが「遺伝」するのは当たり前に知られている。
実は、最近の研究では「体」だけでなく「心」も親からの遺伝に大きく影響を受けることがわかってきている。

たとえば知的能力。
脳の中で知能に関係が深いのは「前頭葉」という部分だが、その表面積や厚さ、密度などは約80%が遺伝の影響を受けるとされている。

そこで気になるのが、音楽などの芸術的な「才能」はどこまで遺伝するのかということだ。 
慶応義塾大学文学部教授・安藤寿康さんの「双子の研究」によると、音楽的な能力は育った環境よりも、生まれ持ったDNAのほうが強く影響するという。
世間では歌の下手な人は「親譲りのオンチで」なんて言い訳が常套句だが、あながち笑い話ではない。
「音程」を取る能力は80%が遺伝で決まるとされる。残りの20%が育った環境に左右される部分だ。

さらに作曲能力など複雑な「音楽」の才能でいうと、実に92%が遺伝だという。
ちなみに、小説家などの「執筆」の能力は83%が遺伝。同じく「美術」は56%が遺伝で、残りの44%が環境によって変わるという。
「画家の息子が画家」というケースよりも、音楽一家のほうがより多いこともうなずける。
「2014年3月、英科学誌ネイチャー系のオンライン医学誌にある論文が発表されました。
『リズム感』がある人とない人では、内耳の細胞にかかわる遺伝子と、一部の脳にかかわる遺伝子の2つに差違があったそうです。
以前から“リズムの取れない家系”があることは知られていましたが、遺伝子レベルでも、リズム感が遺伝することが証明されたんです」(医学ジャーナリスト)


http://www.excite.co.jp/News/society_g/20161217/Postseven_476588.html
NEWSポストセブン 2016年12月17日 16時00分 (2016年12月17日 16時33分 更新)

2 :名無しさん@1周年:2016/12/17(土) 18:06:22.86 ID:DyflS/Kw0
バッファローマンも96%が遺伝

3 :名無しさん@1周年:2016/12/17(土) 18:06:50.15 ID:rqU6+fiJ0
宮川泰親子もそうだね

4 :名無しさん@1周年:2016/12/17(土) 18:06:56.08 ID:xGt5KDFi0
102 名前:名無しの笛の踊り 投稿日:04/05/06 22:28 ID:hfkA4A4Z
だ〜らだ〜らで〜れだ〜りらん チャカチャカチャカチャカチャカ
だ〜らた〜らで〜れだ〜りらん チャカチャカチャカチャカチャカ
で〜れで〜れだ〜らだ〜ららん チャカチャカチャカチャカチャカ
で〜れで〜れだ〜らだ〜らだん チャカチャカチャカチャカチャカ
チャララ チャララ チャララ チャララ チャララ チャララ んばーばっ
チャララ チャララ チャララ チャララ チャララ チャララ んばーばっ
チャリラリチャリラリチャリラリチャリラリ ジャラララララララ どんどんどん
ピキピキピキピキピキピキピキピキピキピキピキピキ んぱーぱっ
ピキピキピキピキピキピキピキピキピキピキピキピキ んぱーぱっ

オーケストラだと思います。
昔ラジオで聴いてから頭から離れません。
おながいします

103 名前:名無しの笛の踊り メェル:sage 投稿日:04/05/06 22:32 ID:Wy7Eb2Zu
>>102
ブラームスのハンガリー舞曲第1番では?

108 名前:名無しの笛の踊り 投稿日:04/05/06 22:46
>>103
>>106
神様!感謝感激です。
ピアノではなかたですが。曲は同じだと思います。
まさかあんなのでこんなに早くわかるとは。
口笛でも録音しようかと考えていたところでした。
いやー感動しました!

5 :名無しさん@1周年:2016/12/17(土) 18:07:44.22 ID:1KW91xhW0
大嘘
音楽は才能
才能は遺伝しない

6 :名無しさん@1周年:2016/12/17(土) 18:08:23.42 ID:o6EryT3T0
フックブックローの人ね

7 :名無しさん@1周年:2016/12/17(土) 18:08:57.10 ID:e7y0kkvB0
技能は伝承できても
才能は伝わらない
モーツァルトの息子たち見りゃわかるわ

8 :名無しさん@1周年:2016/12/17(土) 18:09:28.97 ID:hfoQkg2d0
黒人のリズム感とかジャズやブルースを発展させた黒人連中て
サックスにトランペットやピアノ弾いたり音楽の才能アリぎだろ

9 :名無しさん@1周年:2016/12/17(土) 18:09:34.01 ID:dKP908ro0
朝鮮韓国系も近親相姦繰り返しすぎてキチガイ度は100%遺伝

10 :名無しさん@1周年:2016/12/17(土) 18:09:37.32 ID:bN+zhLfd0
工藤静香と木村拓哉のところで、一気に嘘くさくなった

11 :名無しさん@1周年:2016/12/17(土) 18:09:41.48 ID:nMVmmW+t0
キダローじゃないの?

12 :名無しさん@1周年:2016/12/17(土) 18:09:45.83 ID:c3VorLvm0
>>5
商業的ななんかだろ

13 :名無しさん@1周年:2016/12/17(土) 18:09:48.83 ID:0f6oW9sF0
キダタローか

14 :名無しさん@1周年:2016/12/17(土) 18:09:55.66 ID:B4zeyGc+0
ジャクソンファミリー

15 :名無しさん@1周年:2016/12/17(土) 18:10:13.23 ID:9XrKsh0X0
イブン・ハルドゥーン「黒人は一般に軽率で興奮しやすく、非常に情緒的な性格で、
メロディを聞けばいつでも踊りたがり、また、黒人はどこにおいても愚か者とされている」

16 :名無しさん@1周年:2016/12/17(土) 18:10:25.97 ID:lB/d0Hyc0
小さいうちに教育するかどうかでしょ。こんなのどの技術にも言えるよ。

17 :名無しさん@1周年:2016/12/17(土) 18:10:34.78 ID:Qvio/Crl0
ヨーイドンで駆け出す前にすでにゴールでくつろいでる人っていっぱいいるよね

18 :名無しさん@1周年:2016/12/17(土) 18:10:55.12 ID:irWYFw3f0
克久80歳かよ。 全然見えないな

19 :名無しさん@1周年:2016/12/17(土) 18:11:08.88 ID:yW1rOhQD0
料理か

20 :名無しさん@1周年:2016/12/17(土) 18:11:43.25 ID:kMdWWRy40
日本では芸術分野もコネが肝心なのか

21 :名無しさん@1周年:2016/12/17(土) 18:11:59.53 ID:YBXQoYJB0
大バッハがもう大方の形式を完成させちゃったから
子供や弟子たちはそれを学んで後世に伝えるだけでよかった
つまり大バッハのブランドで食ってただけ

というイメージ。

22 :名無しさん@1周年:2016/12/17(土) 18:12:36.01 ID:+z7U4l5t0
千葉大 山田一族の未来は?

23 :名無しさん@1周年:2016/12/17(土) 18:12:58.66 ID:JXEBhypf0
半島を見ると、先祖は大事だとわかるなww 馬鹿は遺伝する。もっとも環境も大事
だぞ。周りが全部朝鮮人だったら、どういう人生になると思う?

24 :名無しさん@1周年:2016/12/17(土) 18:14:02.69 ID:IeCqPjHJ0
私のバッハ

25 :名無しさん@1周年:2016/12/17(土) 18:14:28.56 ID:AyisVJrC0
>>20
日本に限らず世界中そうだろ
才能だけの話じゃなくて音楽家なんて星の数ほどいるんだから
仕事振ってもらうとしたらどうしてもコネが重要になってくる

26 :名無しさん@1周年:2016/12/17(土) 18:14:30.06 ID:qB6s63nW0
ルパン三世

27 :名無しさん@1周年:2016/12/17(土) 18:14:30.61 ID:dD+8C9uY0
どんなに練習してもリコーダーを吹きこなせなかったのはそのせいか

28 :名無しさん@1周年:2016/12/17(土) 18:15:21.69 ID:8nblsow50
バッハ〜族かと思った

29 :名無しさん@1周年:2016/12/17(土) 18:15:25.34 ID:R+JkjwZB0
ジョンレノンの息子たち

30 :名無しさん@1周年:2016/12/17(土) 18:15:27.72 ID:XG14TxQ30
浪花のモーツァルトは一代限りか。

31 :名無しさん@1周年:2016/12/17(土) 18:15:55.07 ID:CYmjLyto0
遺伝することもあればしないこともある
特に片親だけだと失われることが多い

32 :名無しさん@1周年:2016/12/17(土) 18:15:57.41 ID:DUE1JAz80
大物ミュージシャンの子供で大成した奴いるの?

33 :名無しさん@1周年:2016/12/17(土) 18:16:09.27 ID:fDskOQLS0
遺伝はある程度あるだろうけど、ほとんどは教育だな
音楽ってのは教育で大体作ることができる
強制的にフランスのコンセルヴァトワールに留学させられてるから
服部克久は、音楽は嫌いだけど食べていくための仕事としてやっていると自分で言ってる

34 :名無しさん@1周年:2016/12/17(土) 18:17:04.59 ID:R+JkjwZB0
クラシックで言っても、バッハ家以外は、せいぜいシュトラウス家とスカルラッティ家くらいじゃねえか?

35 :名無しさん@1周年:2016/12/17(土) 18:17:08.94 ID:/5rwLlLi0
能力があった所でお金が無ければ、専門の教育を受ける事も出来ないしな
楽器とかバイオリンなんて音大生が持ってるのって、300万円以上するんだぜ

貧乏人には縁の無い話だよな

ここを見てると5歳の頃から毎日5時間の練習を年中無休で続けるとか
プロになるまで毎年300万円の出費に耐えられるお家の子供でないと無理とか
もうもう尋常じゃないぞ
http://バイオリン上達.com/900column/

36 :名無しさん@1周年:2016/12/17(土) 18:17:50.73 ID:m3a3Oxsz0
>>32
宇多田ヒカル

37 :名無しさん@1周年:2016/12/17(土) 18:18:06.27 ID:bi7m3Js60
服部家の三代目は才能ないだろ

38 :名無しさん@1周年:2016/12/17(土) 18:18:43.99 ID:Y+pPqzU40
ま、環境が良かったってのが、最大の要因だと思われる

39 :名無しさん@1周年:2016/12/17(土) 18:18:50.25 ID:fDskOQLS0
特に最近のポップスはストリングスアレンジとかいい加減なのが増えてると思うけど
服部隆之がアレンジしたMISIAの「果て無く続くストーリー」なんかはちゃんとしてるからね
そういう意味ではちゃんとした教育をしっかり受けてることが大きい
和声とか対位法っていうのは訓練によって高度な音の組み合わせを体得していくことが大事なんだよ

40 :名無しさん@1周年:2016/12/17(土) 18:18:50.58 ID:+KEokUH80
>>34
ほんとにこれ。今でこそネットで目に触れる機会は増えたと思う。ただ、それが経済的な収入になるのかはわからないが

41 :名無しさん@1周年:2016/12/17(土) 18:18:57.81 ID:qjEWXpiC0
↓オーストリアのキダタローが

42 :名無しさん@1周年:2016/12/17(土) 18:19:01.75 ID:/B2SK5Di0
遺伝じゃなく環境
親が成功すると子供は生まれたときからその道のプロの環境

43 :名無しさん@1周年:2016/12/17(土) 18:19:06.63 ID:K4Y4ZXGu0
才能というか人間には生まれ持った適性は絶対にある

へんな平等主義教育受けた奴ほど妙に反抗するけどね

44 :名無しさん@1周年:2016/12/17(土) 18:19:11.00 ID:byVIfOuI0
小沢健一も天才だしな

45 :名無しさん@1周年:2016/12/17(土) 18:19:21.21 ID:HcoiIFrG0
子供の頃は音楽は雑音にしか聞こえなかった

46 :窓際政策秘書改め窓際被告 ◆XJHikokuWU :2016/12/17(土) 18:19:35.33 ID:CHBmoQxd0
( ´D`)ノ<冨田勲は親父が医者だったけどすげえ才能を発揮した。

47 :名無しさん@1周年:2016/12/17(土) 18:19:40.70 ID:QVN0QBvX0
 ,.――――-、
 ヽ / ̄ ̄ ̄`ヽ、
  | |  (・)。(・)|  
  | |@_,.--、_,>  
  ヽヽ___ノ  6回チェンジしたらヤクザが来たでござる
                             の巻

48 :名無しさん@1周年:2016/12/17(土) 18:20:10.38 ID:g1kn+mmr0
科学者「苦痛を伴う人体実験を長期間しないとどうにもわからない。」

49 :名無しさん@1周年:2016/12/17(土) 18:21:35.78 ID:rsF/w4/L0
黒人のリズム感とかみれば納得だよな

つーか遺伝的な形質は広いグループで受け継がれることが遺伝学の常識
ある特定の狭い一族からというこの記事は間違い

50 :名無しさん@1周年:2016/12/17(土) 18:22:02.13 ID:R+JkjwZB0
>>48
用意するのはベートーベンの第9と目薬、拘束椅子に強制瞼こじ開け機か

51 :名無しさん@1周年:2016/12/17(土) 18:22:16.58 ID:fwX6zjtPO
ブッ…バッハーwww

52 :名無しさん@1周年:2016/12/17(土) 18:23:00.01 ID:HcoiIFrG0
リズム感とか言っちゃうとすべての音楽に才能があることになっちゃうんだが、そんな単純なモンなの?

53 :名無しさん@1周年:2016/12/17(土) 18:23:15.27 ID:DuKC8NtO0
>>35
オレの場合は絶対音感と器用さを持ち合わせてるが、結局親の方針で普通の受験して、
普通に東大に行って研究者になったな。音楽は聴くだけだ。
もっと頭が良ければ副業で音楽活動もできたんだろうが。

54 :名無しさん@1周年:2016/12/17(土) 18:23:59.61 ID:WbeZQsGq0
スポーツバカは継承すると同じ
スポーツバカみたいなのが音楽してるから昨今笑えるww

55 :名無しさん@1周年:2016/12/17(土) 18:24:12.50 ID:nXQHI7Uw0
>>53
絶対音感って才能ってよりも訓練だよね

56 :名無しさん@1周年:2016/12/17(土) 18:24:53.75 ID:dwdeemFW0
>>4
エスパーか

57 :名無しさん@1周年:2016/12/17(土) 18:25:03.18 ID:01lXyrHR0
遺伝しても大したことないのは
スポーツ見てもわかるだろw

58 :名無しさん@1周年:2016/12/17(土) 18:25:17.90 ID:Z5tZaf5XO
やっぱりな、エース清水最強じゃん

59 :名無しさん@1周年:2016/12/17(土) 18:25:29.29 ID:MUwwN2xZ0
リズム感って遺伝じゃなく育つ過程で身につけてるもんだろうに
誰だったか覚えてないけど、テンポの速い曲ばかり聴くようにして
リズム感鍛えたようなこと言ってたミュージシャンいなかったっけ?

60 :名無しさん@1周年:2016/12/17(土) 18:26:21.62 ID:rsF/w4/L0
こういう血統至上主義の丸出し記事をみるとうんざりする

種ってのは個体だけで進化するもんじゃねえんだよ
ある程度のグループによって突出していくわけ

誤解を与える糞記事を書くマスゴミはいい加減に死ねよ

61 :名無しさん@1周年:2016/12/17(土) 18:26:30.66 ID:OjJ/IwLk0
一時期すごい勢いでボカロ曲作られてたけど、作曲できる奴ってけっこういるのな

62 :名無しさん@1周年:2016/12/17(土) 18:27:45.23 ID:8J64lD5p0
しかしな、この世はピコ太郎が流行っちゃったりすんだよな。
絶対音感って良く言うが、平均律はオクターブを無理やり割ったもんだ。
曲によっては微妙にずらすし、覚えてたからって意味ねえもんだ


てかマンガとかよみすぎだばかもんwwwwwwwwwwwww

63 :名無しさん@1周年:2016/12/17(土) 18:28:29.05 ID:Y+yazvYh0
遺伝の影響はどうかしらんが、環境の差は大きいと思うけどなあ
服部一族だと克久の音楽が一番好きだわ

64 :名無しさん@1周年:2016/12/17(土) 18:28:54.11 ID:Pdfz9fW/0
基本的に作曲は才能で作詞は誰でもできると思う
ZARDもいい曲多いけど
全部作詞しかしてないんだよね
ちょろっと紙に書いて誰かに手直ししてもらってたのかもね

65 :名無しさん@1周年:2016/12/17(土) 18:29:01.46 ID:BUY23Q6J0
父母の遺伝子のミックスだからどっちを受継ぐかで全然違ってしまうよな
大バッハ(J.S.)の次男(C.P.E.)と末男(J.C.)は大成したが長男はクズで有名だったwww

66 :名無しさん@1周年:2016/12/17(土) 18:29:09.66 ID:8J64lD5p0
音楽の才能と言うものがこの世にあるとすれば既存の価値観を壊せる奴だ。

67 :名無しさん@1周年:2016/12/17(土) 18:31:42.35 ID:PJhuPPWU0
才能じゃなくて、環境とコネだろ。

何億とする楽器のスポンサーに、コンクールの審査員に顔の利く親戚や先生との関係
とかないと、コンクールで上位いけないし。

68 :名無しさん@1周年:2016/12/17(土) 18:31:43.39 ID:36sQ8zZa0
小林亜星の息子は・・・

69 :名無しさん@1周年:2016/12/17(土) 18:32:22.18 ID:kPGX8AKu0
この前、何十年ぶりに演奏会に出かけて、
生の服部百音聴いてきたけど、かわいかったね
でも痩せ過ぎてるので折れそうだった。

バイオリニストは外見も大事だから、もう少しどっしり見えるほうがいいかも。

このコンサートというのは、9月のヴィニャフスキコンペに優勝して
凱旋記念コンサートににするつもりだったのか、曲が課題曲と同じだったな。

コンペの動画見ると、練習の過酷さのためか、指3本ほどに絆創膏が巻いてあった。
左手のピチカートを多用するエルンストの難曲のせいなんだろうな。
これじゃ、演奏にも影響出るだろうし、現実2hステージでリタイア。

指に絆創膏巻いて、素人の俺には絶対弾けないのに、演奏に傷も見当たらないのは、
さすが才能なんだろうな。

確か5年毎のコンペだから、つぎは21歳の挑戦になるのか。

70 :名無しさん@1周年:2016/12/17(土) 18:33:14.35 ID:MUwwN2xZ0
ホント、コネだと思う
鼻歌から生まれるレベルの歌を世に出して金にできるかできないかの差でしかないような

71 :名無しさん@1周年:2016/12/17(土) 18:33:35.28 ID:X+JqCU3M0
スポーツ選手だって大抵そうじゃん

72 :名無しさん@1周年:2016/12/17(土) 18:33:41.95 ID:Ll8EcW3+0
楽器はかわいそうなぐらい弾けないやつがいると思う

73 :名無しさん@1周年:2016/12/17(土) 18:34:11.94 ID:EUWTCvFL0
リズム感じゃなくて脳の欠陥だろ

74 :名無しさん@1周年:2016/12/17(土) 18:35:20.56 ID:HcoiIFrG0
>>72
俺のことだ、笛の授業が苦痛で仕方がなかった

75 :名無しさん@1周年:2016/12/17(土) 18:35:26.92 ID:MIk6E+YT0
服部良一の「胸の振子」っていう曲が好きだ。
https://www.youtube.com/watch?v=_D5_pbSWbyY

楽器が弾けるっていいな。家族の誰かがやってたら自分もやってたのに。
最近すごくヴァイオリン弾いてみたいと思ったけど、大人になってからじゃ無理なんだね。

76 :名無しさん@1周年:2016/12/17(土) 18:35:54.08 ID:l+wcqKuZ0
幼少期の環境と教育だろ。

服部なんちゃらはやけに細かい旋律で誤魔化しているが出来は並だけどな。

77 :名無しさん@1周年:2016/12/17(土) 18:37:08.38 ID:/+89W2000
マルチタスクの能力はある程度遺伝しそう

78 :名無しさん@1周年:2016/12/17(土) 18:37:23.26 ID:zcCt2eaR0
それに比べて日本のベートーベンときたら

79 :名無しさん@1周年:2016/12/17(土) 18:38:06.51 ID:I9zm7BoL0
服部家はね単なる権威守護
海老蔵みたいなもん

80 :名無しさん@1周年:2016/12/17(土) 18:38:12.83 ID:OrwGxydf0
>>2
どうしてもハゲスレにしたいようだなw

81 :名無しさん@1周年:2016/12/17(土) 18:38:23.21 ID:+993pQDq0
幼少期から恵まれた環境で教育を受けてるからだろ

82 :名無しさん@1周年:2016/12/17(土) 18:38:23.91 ID:nW2vvaWa0
子守唄が音痴だと音痴に育つんだよ。

83 :名無しさん@1周年:2016/12/17(土) 18:38:47.32 ID:rsF/w4/L0
こういうバカ記事書くアホってナチスに近い思考だわ

もしこれまでない新たな天才が生まれもF1やF2で同じ天才が生まれることは
まずないと遺伝学によるメンデルの法則が物語っている
その特異な遺伝子を内系交配を続けるとか現代の人間には無理で
この記事にある音楽的な才能なんて多くの人類が本来持っている平凡的因子だよバーカw

それよりも恵まれた後天的な環境を指摘しろよ!腐れ格差社会の日本死ね!

84 :名無しさん@1周年:2016/12/17(土) 18:40:28.49 ID:JJ696Mcn0
遺伝じゃない、サッカーや野球のプロ選手は
リトルリーグから続けた者。
幼児期から音楽の環境があれば基礎的実力が
強い。

85 :名無しさん@1周年:2016/12/17(土) 18:41:02.93 ID:c26VNdMu0
鎌倉時代だったか
代々、笙の名手を輩出してきた一族がいたが
そのために近親結婚を繰り返していたそうだ
こうした実例もあるからね

86 :名無しさん@1周年:2016/12/17(土) 18:41:25.84 ID:SvVMEtq80
単に子供の頃から音楽に触れる機会が多いだけでしょ

87 :名無しさん@1周年:2016/12/17(土) 18:42:45.33 ID:PwiQ+/jb0
>>71
長嶋一茂「お、おう」

88 :名無しさん@1周年:2016/12/17(土) 18:44:00.73 ID:XT3qBVIk0
一方、鳩山家や河野家は

89 :名無しさん@1周年:2016/12/17(土) 18:44:45.15 ID:JXEBhypf0
服部百音さんって、皇族系の顔だよねw

90 :名無しさん@1周年:2016/12/17(土) 18:45:01.06 ID:/+89W2000
>>86
そう思う。

「音楽なんかやってないで運動(勉強)しなさい」っていう
無言の同調圧力が有るか無いかだと思う

91 :名無しさん@1周年:2016/12/17(土) 18:46:11.19 ID:lScpuS6o0
蘇州夜曲という超名曲だけでセンスがわかるな

92 :名無しさん@1周年:2016/12/17(土) 18:47:03.19 ID:XDjkAoN0O
現代のベートーベンの佐村河内とどっちがすごいの?

93 :名無しさん@1周年:2016/12/17(土) 18:47:18.32 ID:9gbuFCcI0
>>83
全くだな。

94 :名無しさん@1周年:2016/12/17(土) 18:47:34.38 ID:mcIuSwOe0
>>86
音楽できる環境が小さい時から家にあるのも大きいね
日本の住宅事情じゃままならい所が多い

95 :名無しさん@1周年:2016/12/17(土) 18:48:39.77 ID:riEii/FP0
服部が書いた名曲なんてないだろ
芥川か武満のほうがいい

96 :名無しさん@1周年:2016/12/17(土) 18:49:12.08 ID:7YYB0bS/0
浪花のモーツァルト

97 :名無しさん@1周年:2016/12/17(土) 18:50:05.66 ID:lm5b96+y0
大バッハってメンデルスゾーンが発掘してなきゃ
今みたいにCDショップのクラシックコーナーの棚一つ丸ごとバッハ作品…という事になっていたのかね

98 :名無しさん@1周年:2016/12/17(土) 18:50:11.92 ID:GM2HPXWU0
>>53
お薬飲んで寝なさい

99 :名無しさん@1周年:2016/12/17(土) 18:50:19.74 ID:Py9kuFO/0
子供の頃から色んなリズムやフレーズに触れてるからだろ
あくまで遺伝子は、それらを受容しやすいかどうか

100 :名無しさん@1周年:2016/12/17(土) 18:50:39.46 ID:mDoCWotf0
歌謡曲とクラシックでは才能の質が違うと思うんだがw

101 :名無しさん@1周年:2016/12/17(土) 18:50:44.71 ID:/+89W2000
サッカーなら当面はボール1個ですむのにピアノだ、バイオリンだ言い出したら
親もビクビクしないといけなくなる

102 :名無しさん@1周年:2016/12/17(土) 18:51:47.08 ID:yTUBrnmY0
アスペの子はアスペ

103 :名無しさん@1周年:2016/12/17(土) 18:51:47.64 ID:nXQHI7Uw0
うちはおかんが音痴でリズム感が壊滅的なんだけど
私が保育園の頃、ピアノ教室に通いたいって言ったらピアノ教室に通わせてくれたので
音楽の成績はほぼ5だったから良かった
ピアノ教室に通わなかったら多分1か2

104 :名無しさん@1周年:2016/12/17(土) 18:52:31.09 ID:902YgrWq0
>>21
大バッハと息子は作風が全然ちゃうよ

105 :名無しさん@1周年:2016/12/17(土) 18:53:41.96 ID:902YgrWq0
シュトックハウゼン

106 :名無しさん@1周年:2016/12/17(土) 18:54:08.08 ID:803GheRm0
才能があるいくらあっても、支援者がいなければ世に出ないからな
親子鷹は、単に親の世代で築いてた地盤、看板、人脈を引き継ぐだけだから世に出やすいだけ
才能とはまあ関係ないわな

107 :名無しさん@1周年:2016/12/17(土) 18:55:15.22 ID:JsCZJQdj0
劣性遺伝子排除法

108 :名無しさん@1周年:2016/12/17(土) 18:55:55.42 ID:yR5XBdl60
「エレキは弾かなきゃ音がでないんだよ。」

      寺内タケシ

109 :名無しさん@1周年:2016/12/17(土) 18:56:05.45 ID:K5B4RJDJ0
>>1
そりゃそうだろ
音痴の俺でもそんな事わかる

110 :名無しさん@1周年:2016/12/17(土) 18:56:25.50 ID:dbqvhas/0
>>1
バッハ一族っていうよりは、なんとなくシュトラウス一族って印象がある

111 :名無しさん@1周年:2016/12/17(土) 18:56:26.28 ID:ohfcbPVX0
チェンバロでなくピアノで演奏されたゴルトベルク変奏曲ってどうなのだ

112 :名無しさん@1周年:2016/12/17(土) 18:56:41.81 ID:R8iGUsJE0
俺にないやつな

113 :名無しさん@1周年:2016/12/17(土) 18:56:43.96 ID:8C9fpjMM0
まぁ幼少期からの生活環境だろ
間違いなく。

114 :名無しさん@1周年:2016/12/17(土) 18:57:01.42 ID:yR5XBdl60
音大を主席で卒業してもヒット曲はかけないw

      これ豆な

115 :名無しさん@1周年:2016/12/17(土) 18:57:45.20 ID:MKmXJEdG0
>>107
「劣性」って形質が出にくいって意味で
劣っているわけではないのだが

116 :名無しさん@1周年:2016/12/17(土) 18:58:29.08 ID:XN1S9ECgO
服部良一の才能は服部克久に遺伝してないだろ

117 :名無しさん@1周年:2016/12/17(土) 18:58:36.16 ID:CMrghCaC0
>>81の言うとおり
一般人がやる分にはハードルが幾重にも転がっているが、
それの通り方、くぐり抜け方までが整備されているというか

118 :名無しさん@1周年:2016/12/17(土) 18:58:44.97 ID:fDskOQLS0
>>95
そうだな
服部良一は多数のヒット曲を書いたが、克久や隆之はテクニカルな面でどうにでもできる
作品ばかりで、国民的に広くヒットしたような曲はない

119 :名無しさん@1周年:2016/12/17(土) 18:59:17.27 ID:Lz4TJZPO0
>>114
愚民が芸術理解できるわけないからね

120 :名無しさん@1周年:2016/12/17(土) 18:59:20.12 ID:yR5XBdl60
競馬の世界でも優秀な遺伝子を持つ馬だけが種を残せる

121 :名無しさん@1周年:2016/12/17(土) 18:59:35.16 ID:8C9fpjMM0
>>69
そんだけの曲なら
前後そればっか練習しただろうから
優勝しなくても
やらない道理がないだろ

122 :名無しさん@1周年:2016/12/17(土) 19:00:24.93 ID:yR5XBdl60
>>119
じゃあ、バッハやモーツァルトをこえる交響曲は書けるのか

123 :名無しさん@1周年:2016/12/17(土) 19:00:26.90 ID:gk9+UvM60
日本では、政治家と音楽家は世襲が法律で規定されてる。

あと、音感は物心が付く三歳までで決まる。
三歳で音楽的環境にあるためには音楽家の家に生まれる必要がある。

124 :名無しさん@1周年:2016/12/17(土) 19:00:48.89 ID:XN1S9ECgO
服部克久はポップスが書けないよ

125 :名無しさん@1周年:2016/12/17(土) 19:01:03.50 ID:9sO67+xh0
キラキラネームで

運命(ばっは)

というのが

126 :名無しさん@1周年:2016/12/17(土) 19:01:06.96 ID:TjNEuDvDO
コネの世界だから

127 :名無しさん@1周年:2016/12/17(土) 19:01:48.68 ID:yR5XBdl60
テレゴニーとは

過去に一度でも中出しされた女は、 現在の夫の遺伝子を100%全部子供へ受け継ぐことはできない。
感応遺伝・先夫遺伝・残存遺伝ともいう。
女性の再婚後、その子供が先夫に似ているといわれること。

畜産業界では当たり前過ぎる常識であり、前に交わった雄の特徴が、
のちに別の雄との間に生れた子にも遺伝するとされている。
血統書付きの犬の場合、一度でも雑種と掛け合わせた雌はそれ以降、
二度と純血種の繁殖には適さないという。

現在は政治的圧力により、根拠がないと否定されているが
根拠のなさを証明できてるわけではない。
たんにフェミニストがうるさいので、そう言ってるだけであるw

128 :名無しさん@1周年:2016/12/17(土) 19:01:55.05 ID:gk9+UvM60
>>122

それを言うなら、バッハやモーツァルトの子孫は偉大な音楽家なのか?

129 :名無しさん@1周年:2016/12/17(土) 19:02:01.47 ID:dbqvhas/0
>>107
マジレスすると劣性遺伝子ってホモにならないと発現しない遺伝形質の遺伝子のことやで
(ホモっつってもアッ-!の方じゃないからな?)

130 :名無しさん@1周年:2016/12/17(土) 19:02:03.40 ID:XN1S9ECgO
たしかに服部良一は天才的だが
その才能は服部克久には無い

131 :名無しさん@1周年:2016/12/17(土) 19:02:26.51 ID:JsCZJQdj0
>>115
扇動する人の考え方が一番正しいと定められている
化学的や物理的、生物学的な説明は有害と日本つか人類には有害と決まっている

劣った才能は劣勢遺伝子と扇動すれば生物学的な意味が間違いとなる
常識を勉強しなさい

132 :名無しさん@1周年:2016/12/17(土) 19:03:30.62 ID:MIk6E+YT0
服部良一もいいけど、宮川泰も好きだ。

133 :名無しさん@1周年:2016/12/17(土) 19:03:50.99 ID:fisx2Ej1O
ばっはーぞく?
と、思ったが、バッハ 一族 なんだなw

134 :名無しさん@1周年:2016/12/17(土) 19:03:56.09 ID:XN1S9ECgO
服部克久に才能は無い

135 :名無しさん@1周年:2016/12/17(土) 19:04:05.43 ID:5qfdsrFz0
一生懸命遺伝の効用を過小評価したがるくせに
選挙になると自民の世襲候補に毎度毎度投票するネトウヨの皆さんwww

136 :名無しさん@1周年:2016/12/17(土) 19:05:15.84 ID:pE4vdCSI0
>>135
うわ、ウンコ喰う遺伝子の人だw

137 :名無しさん@1周年:2016/12/17(土) 19:05:25.03 ID:eBTmIn0q0
最近は頭の中の能力にも先天性があることが分かってきてるからな
環境はもちろんあるんだけど

138 :名無しさん@1周年:2016/12/17(土) 19:05:26.53 ID:ed8xF0Ya0
黄色いジャップの国じゃ、なんでも遺伝するんだろうな。そもそも、あの程度で才能云々とか。
まるで黒人がみんなリズム感よくて、足が速いみたいな。ジャップの発想の限界やね。

139 :名無しさん@1周年:2016/12/17(土) 19:05:34.11 ID:JsCZJQdj0
>>129
間違い
生物学的な説明は意味をなさない

大人の学術理論、特に理科社会は小学生以下である
劣性遺伝子は劣った才能を示すと解釈されれば生物学的な意味は間違いである

大衆が思っている理論の間違いを指摘することは自分の身を滅ぼすからやめたほうがいい

140 :名無しさん@1周年:2016/12/17(土) 19:05:51.25 ID:Saibyl540
でも、バッハってそんなに売れっ子でしたっけ?c

141 :名無しさん@1周年:2016/12/17(土) 19:05:54.34 ID:+diaYNdv0
遺伝だけでもねー気がするがなぁ
子供の頃から、それだけの教育されてるだろうし
身近に一流がいるってのも良いのかもな

142 :名無しさん@1周年:2016/12/17(土) 19:06:00.66 ID:wsaUFQ1v0
ふ・・・服部家

143 :名無しさん@1周年:2016/12/17(土) 19:06:12.69 ID:4EDNrQKE0
>>4
これを思い出した

19 :おさかなくわえた名無しさん@転載は禁止 :2016/01/20(水) 19:40:26.78 ID:cQHivZvn
415 おさかなくわえた名無しさん@転載は禁止 sage 2016/01/20(水) 11:28:55.24 ID:c2EmQ185
007のテーマ曲
♪〜ムッホ ムッホ ムッホ ムッホ
♪ズンベラボンボンボンボンボン ズンベラボンボンボンボンボンボン
ってところでなんだかモゾモゾするのに、最後の方唐突に
♪ピャーラッ!(ヴァー)ピャーラッ!(ヴァー)って怖い

144 :名無しさん@1周年:2016/12/17(土) 19:06:21.10 ID:yR5XBdl60
バッハやモーツァルトをこえる交響曲が出てこないということは
人類は退化してるのか

145 :名無しさん@1周年:2016/12/17(土) 19:07:45.51 ID:+diaYNdv0
>>142
マジレスすると、服部で ふくべ とか ふくい とか
読ませる人もいたりする・・・

146 :名無しさん@1周年:2016/12/17(土) 19:08:02.23 ID:lScpuS6o0
しかし改めて蘇州夜曲を聴くとたまらんな
このフワフワ行ったり来たり行きそで行かないこのメロディー
しかもアジアンテイストな音階でジャジー

147 :名無しさん@1周年:2016/12/17(土) 19:08:02.75 ID:g++i29R90
耳がいいとかは遺伝じゃないかな?音感やリズム感は後天的なもんだと思う。

148 :名無しさん@1周年:2016/12/17(土) 19:08:33.84 ID:dbqvhas/0
>>139
いや大衆がそう理解してるもなにも、中学か高校の授業で劣性遺伝やったでしょ
どんだけ記憶力ないのよ大衆

149 :名無しさん@1周年:2016/12/17(土) 19:08:41.70 ID:COX/LOzG0
>>51
バッハいちぞくと読めずにバッはーぞくと読んでしまった死にたい

150 :名無しさん@1周年:2016/12/17(土) 19:09:18.74 ID:qlI/9Sa80
音楽に関しては楽器と練習できる場所と師匠に払う授業料
それがある者は圧倒的に有利
親が有名な音楽家だったら最初から全部揃っている

151 :名無しさん@1周年:2016/12/17(土) 19:10:54.73 ID:oUefVZha0
百音ちゃんて愛子さまみたいな顔してるな

152 :名無しさん@1周年:2016/12/17(土) 19:11:32.17 ID:riEii/FP0
遺伝するわけねえよ
とーちゃんちがうのに
バカかよ

153 :名無しさん@1周年:2016/12/17(土) 19:12:09.85 ID:UqEt1uKi0
    ___
   /   \
   / /ヽ   ヽ
  丿丿 \__ミ|
  ||[三八三]||
  ノ|  L_  |し)
 (( 人 ┏━┓ ノ ))
  ((/\wwww/\))
  |/へ| ̄|へ||
  || | ̄| ||

154 :名無しさん@1周年:2016/12/17(土) 19:12:11.39 ID:w0ulkY880
服部克久先生がメロディーメーカーとしての才能をお持ちだったとは知りませんでした

155 :名無しさん@1周年:2016/12/17(土) 19:12:48.99 ID:JsCZJQdj0
>>148
記憶力がないのは大衆
高校くらいの知識があると想定してプレゼンやると難しいとスゲー怒られる

大衆は馬鹿だから幼稚園以下の知能しかないと定めたほうがいい
大衆にとっては中学校レベルの学問すら非情に高度な学問である

156 :名無しさん@1周年:2016/12/17(土) 19:13:16.53 ID:mCGirT/A0
まぁ火病も遺伝するしね

157 :名無しさん@1周年:2016/12/17(土) 19:13:31.98 ID:UpuRgFId0
>>8
ジャズって五十年前の音源、映像をみても、あの当時ですでに音楽的テクニック的に
完成されているから凄い
比較的新しい音楽だから時代とともに徐々に進化したのかとおもってたけど全然違うのね
時代時代で様式が違うだけで全部当時で完成してたんだわ
あの当時のジャズミュージシャンって新しい音楽を探求する個々の天才集団だったんだと気付いた
だからこそあのレベルが成し得たんだよね

単に追いついていないのはオーディエンスだけだったんだよなぁ

158 :名無しさん@1周年:2016/12/17(土) 19:15:47.35 ID:ocDtUsVu0
>>1
音楽業界は完全な実力社会ではないのかもしれない
結果が数字として表れるプロスポーツの世界ではこういうことは実に希だ

159 :名無しさん@1周年:2016/12/17(土) 19:16:16.60 ID:Saibyl540
兄貴に預けられたんですよね。

で、見るのを禁じられていた兄貴の楽譜を月明かりでコソコソ盗人行為。

見つかっておめしあげだけど、

あっそ。もう、覚えたし。で?

見たいな、可愛くない性格だったみたいよ。嘘か誠かは知らないですが。

160 :名無しさん@1周年:2016/12/17(土) 19:17:19.41 ID:5qfdsrFz0
>>156
ジャップの短小包茎も有名だけどねwww
背は低いわティンコは細いわ顔はきもいわ、実にいいところねえな
だいたい歴史上最初の文献からして倭人ってんだからすごいよな
倭人だね、チビだよチビwww

161 :名無しさん@1周年:2016/12/17(土) 19:19:12.43 ID:ZotKtdDl0
幼少期からの教育、周りの環境、それと財力の問題だと思うけどね

162 :名無しさん@1周年:2016/12/17(土) 19:19:22.65 ID:d/BmglRHO
純邦楽ってリズム取っちゃいけないんだけどね

163 :名無しさん@1周年:2016/12/17(土) 19:19:37.78 ID:pE4vdCSI0
>>160
いやあ、さすがにウンコ喰うお前の国の先祖さんみたいなインパクトはないわw

164 :名無しさん@1周年:2016/12/17(土) 19:19:44.23 ID:E17A186q0
>>155
エビングハウスの忘却曲線からも分かるが,普段から利用していない記憶なんぞ
余程のことが無い限り,覚えているハズがないからその考えは正しいと思う

165 :名無しさん@1周年:2016/12/17(土) 19:20:12.52 ID:riEii/FP0
ジャズねえ
即興でやりますとか言いながら
前聞いたのと同じなこと
よくあるけど

166 :名無しのリバタリアン@すまほん:2016/12/17(土) 19:22:04.80 ID:rzDR6EYA0
最初は突然変異やろ

167 :名無しさん@1周年:2016/12/17(土) 19:22:56.15 ID:Saibyl540
沈黙の間にしか、ジャズは存在せず。

168 :名無しさん@1周年:2016/12/17(土) 19:23:01.46 ID:UpuRgFId0
ジャズの凄いところは、クラシックの様式の変化がそれこそ数百年単位だったのに
ジャズの場合は数年十数年単位のとんでもないスピードの速さだったところだと思う

169 :名無しさん@1周年:2016/12/17(土) 19:23:23.85 ID:Vop//HJ10
これヘタすると先日大問題になってDeNAトップが謝罪した
WELQ並にヤバい記事なんじゃねーの

最後も論文ひとつ取り上げて
「遺伝する事が証明されたんです」なんていう
トンデモで締められてるし

170 :名無しさん@1周年:2016/12/17(土) 19:24:17.66 ID:pE4vdCSI0
ジャズはコルトレーンで終わった
あれ以降はグダグダ
真言宗の空海みたいなもの
開祖達が凄すぎた

171 :名無しさん@1周年:2016/12/17(土) 19:24:20.31 ID:UpuRgFId0
>>165
自由に会話するのと同じだからね
どの国でも会話に出てくる単語フレーズというのは決まったものがある

172 :名無しさん@1周年:2016/12/17(土) 19:24:38.19 ID:w0DV4FkA0
>>1
「才能の遺伝」と「親の七光り」を一緒に並べるのはどうかと思うよ

173 :名無しさん@1周年:2016/12/17(土) 19:25:37.15 ID:Pg8kLI6A0
才能と環境を区別できるのか
まー否定しないけど

174 :名無しさん@1周年:2016/12/17(土) 19:25:53.35 ID:JsCZJQdj0
劣性遺伝子排除法が施行される日は近い

175 :名無しさん@1周年:2016/12/17(土) 19:27:05.12 ID:P7nx8pVSO
買物ブギの「わてほんまによう言わんわ」は
笠置シヅ子が服部良一に言った愚痴がそのまま歌詞に採用された



176 :名無しさん@1周年:2016/12/17(土) 19:27:06.86 ID:5qfdsrFz0
>>163
トンスルのことか?
トンスルは日帝時代に日本軍が持ち込んだ蛮習と聞いているが?w

まあマジレスすると元寇のとき東路軍がチョッパリ捕虜に
壬辰丁酉倭乱のとき捕らえたチョッパリ兵に
ウンコを食べるのをやめるように布告した法令はあるから
チョッパリ国にウンコを食べる文化がったことは間違いないなwww

177 :名無しさん@1周年:2016/12/17(土) 19:27:11.40 ID:iqHJ9MWHO
ゆいちゃん「バッファ」

178 :名無しさん@1周年:2016/12/17(土) 19:28:04.47 ID:+diaYNdv0
>>174
つまりO型死ねとw

179 :名無しさん@1周年:2016/12/17(土) 19:28:39.74 ID:IaVeAWid0
家が裕福で子供の頃から音楽に触れる環境があるかだろ
音楽家の親とかこれ以上ない先生だからな

180 :名無しさん@1周年:2016/12/17(土) 19:29:01.31 ID:pE4vdCSI0
>>176
ttps://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%88%E3%83%B3%E3%82%B9%E3%83%AB

ほら、お前の先祖の歴史だw
すぐ捏造したがるのは血かw

181 :名無しさん@1周年:2016/12/17(土) 19:29:11.31 ID:UpuRgFId0
日本特有のジャズってやっぱ服部良一だと思うんだよな

戦後昭和歌謡って結局ジャズの日本バージョンだったんじゃないのかとすら
思っている

182 :名無しさん@1周年:2016/12/17(土) 19:31:00.63 ID:4GuklEaD0
つまりダメな奴は何をやってもダメと言うこと

183 :名無しさん@1周年:2016/12/17(土) 19:31:16.88 ID:ZotKtdDl0
>>158
これ。

クラシック音楽会で頭角表すには、持って生まれた財力、環境の他、親自身が道筋つける能力ないとダメだからな。
楽器選びは勿論、指示する先生選びが重要。

ただ単にうまい下手だけでもない。コンクールで学閥やコンクールに顔のきく先生というのはいる。これは日本に限らずヨーロッパでも。
そのためにコンクール開催地元に留学したりする。

ましてやプロデビューできるかなんて親が有名人かどうかははおおきい。
そういう学び方やコネ、財力が受け継がれてきてるだけの話だろ。

医者、政治家の家系も、それらになるためのテクニック、コネ、環境が受け継がれてるだけ。伝統技法の伝承に近い。血(笑)とか関係ない。

なにこの優生学丸出しのバカ記事は。なんか多いよね。中途半端な自称科学的根拠を持ち出してきて
本気で血統みたいなもんがあると思ってんのか。
血液型占いレベル
ナチスと同じ発想だよ

184 :名無しさん@1周年:2016/12/17(土) 19:32:05.92 ID:yZddWgA00
モーツァルトの息子
ヴァーグナーの息子
ストラヴィンスキーの息子

それぞれ作曲家だったが取り上げられることはまず無い
この辺を無視して都合のいい例ばかり挙げられてもねえ

185 :名無しさん@1周年:2016/12/17(土) 19:32:24.47 ID:q8TeDBAL0
遺伝といより、幼いころかそういう環境にいて親も将来は音楽家にしてやろうと色々価値観植えつけるからそうなるんじゃないの?
親が医者なら子供も医者を目指すみたいなw

186 :名無しさん@1周年:2016/12/17(土) 19:32:51.74 ID:dbqvhas/0
>>155
(´д`)

187 :名無しさん@1周年:2016/12/17(土) 19:33:17.80 ID:J/bZHD000
突然変異の天才を潰すために言っています

188 :名無しさん@1周年:2016/12/17(土) 19:33:48.59 ID:Saibyl540
で、結論出てます。

189 :名無しさん@1周年:2016/12/17(土) 19:35:03.18 ID:VD9kATKS0
頭脳も運動能力もデヴもハゲも、音楽も全部遺伝に決まってるだろ
ほぼ90%は遺伝

190 :名無しさん@1周年:2016/12/17(土) 19:35:13.57 ID:ZotKtdDl0
日本マスコミのトランプの娘のイヴァンか持ち上げもキモいわ
あんなん金があって幼い頃から英才教育していい大学入れて、父親のコネとバックアップで会社立ち上げたり重役になれただけじゃねぇか
それを才能が才能がと

いや、実力がどうこうは構わない。コネも実力の内だし。だがマスコミの、才能が、血が、遺伝子がみたいな特定の家系や個人の遺伝子の持ち上げはキモい

191 :名無しさん@1周年:2016/12/17(土) 19:35:24.62 ID:Saibyl540
わたしゃ、楽しめればそれでいい。

192 :名無しさん@1周年:2016/12/17(土) 19:35:50.16 ID:uIbOTrfz0
>>9
2割の突出した才能が(詐欺や反社会的行為含む)、8割のあうあうを
養うのが、今の朝鮮半島だなw

193 :名無しさん@1周年:2016/12/17(土) 19:36:29.80 ID:BIfJNWZI0
遺伝て言うより環境だろ
幼子の頃から音楽にまみれてれば音楽の才能が特化するし
ずっと歌舞伎に接してたら歌舞伎の芸が達者に
料理も文学も同じだと思う
ただ、スポーツに関しては親の功績も
幼い頃の影響も大人になれば引き継がれないね

194 :名無しさん@1周年:2016/12/17(土) 19:37:00.05 ID:FsPuIkei0
たしか、小澤征爾カラオケ超音痴なんじゃなかった?

195 :名無しさん@1周年:2016/12/17(土) 19:37:48.01 ID:Saibyl540
一応、がっこは出てるから?

最低限の事はやってます的な事だけ伝われば。

196 :名無しさん@1周年:2016/12/17(土) 19:38:54.13 ID:ZotKtdDl0
お父さんの血を受け継いで優秀ですねえとかいうのはお世辞や表面上の会話でしかないはず

間に受けたり本気で思って言ってるんだとしたら血液型占い信者レベルのアホ

197 :名無しさん@1周年:2016/12/17(土) 19:38:57.49 ID:44uNu4TH0
遺伝より環境の方が大事連呼してる人にイジワルな質問!
朝鮮人が良い環境を与えられればノーベル賞とれるんですかー???

198 :名無しさん@1周年:2016/12/17(土) 19:39:12.36 ID:b6Nbj3Ds0
>>1
顔も遺伝しちゃったね

199 :名無しさん@1周年:2016/12/17(土) 19:39:27.14 ID:nhjY4o8f0
さすがバッハ様だべ

200 :名無しさん@1周年:2016/12/17(土) 19:40:09.80 ID:afiKZPwJ0
服部良一は戦時中は上海に渡って優雅な暮らしをしてたんだよな

201 :名無しさん@1周年:2016/12/17(土) 19:41:03.84 ID:2zf/ztIC0
音楽は馬鹿じゃなければ作れるしな
欲望の問題

202 :名無しさん@1周年:2016/12/17(土) 19:41:05.06 ID:zZ4JJHnE0
>>1
先祖は衣料関係だろ、遺伝してないじゃん

203 :名無しさん@1周年:2016/12/17(土) 19:41:57.57 ID:oNGXjZ7o0
< *`∀´.> ウェーバッハッハ〜♪

204 :名無しさん@1周年:2016/12/17(土) 19:43:24.21 ID:SfKsqLX10
チャイコフスキーの親は炭鉱技師かなんかだったな。

205 :名無しさん@1周年:2016/12/17(土) 19:43:40.60 ID:5xuDC4wk0
才能云々は兎も角、既存メディアが持ち上げると
いきなり胡散臭さしか漂わない不思議

206 :名無しさん@1周年:2016/12/17(土) 19:43:52.02 ID:FjfhPJ3d0
女子小学生バッハちゃん

207 :名無しさん@1周年:2016/12/17(土) 19:43:53.92 ID:F5WcbGTT0
遺伝もあるかもしれないけど、環境だろ
親が音楽やってれば早いうちから音楽に接するし、ピアノなりバイオリンなり習う
知り合いに、息子にはピアノさせた〜いなんて言ってた無教養がいるけど、
3歳からしかレッスンやってないんだって〜とかなんとか言って、
3歳になった今でも習ってないわ
8000円の月謝が払えないんだって、飲み会で8000円ぐらい平気で使うのに

208 :名無しさん@1周年:2016/12/17(土) 19:44:24.90 ID:dbqvhas/0
まぁ劣性遺伝はともかく
自分は植物の育種やってるが、たしかに遺伝要因はでかいんだが、植物だと環境要因もまたかなりデカいのよね
ときどき交配作業の意義を疑いたくなることがある、それでも育て方だけじゃ越えられない壁はあるんだけど

209 :名無しさん@1周年:2016/12/17(土) 19:44:57.22 ID:Saibyl540
ズッキズッキワックワックー♪

210 :名無しさん@1周年:2016/12/17(土) 19:45:14.06 ID:XSdkvSw50
百音ちゃんはママもバイオリニスト
めっちゃ教育ママで怖いけどw


バッハと対極的なのがモーツァルトで
息子2人は公務員で未婚だったから子孫もいないんだよな

211 :名無しさん@1周年:2016/12/17(土) 19:45:36.21 ID:nImvn2hl0
黒人は音楽の才能抜群らしいね。
だから遺伝だろうとは思う。

212 :名無しさん@1周年:2016/12/17(土) 19:45:53.67 ID:JhwoR/tf0
本を読んだり文字を書いたり方程式を解いたりする位難しいのに
それらと同じレベルの教育を受け労力をつぎ込む人が少ないからなんともいえん

213 :天猛星ダラマンティス:2016/12/17(土) 19:47:01.59 ID:+1/3hNSr0
2世で著名な音楽家なんていないじゃん

214 :名無しさん@1周年:2016/12/17(土) 19:47:05.39 ID:oNGXjZ7o0
>>211
音痴でリズム感の無い黒人で、日本人にがっかりされたと嘆いてた人がいたな

215 :名無しさん@1周年:2016/12/17(土) 19:47:30.30 ID:Saibyl540
しーれーーみーそーー♪

216 :天猛星ダラマンティス:2016/12/17(土) 19:47:45.67 ID:+1/3hNSr0
>>211
歌が下手な黒人を知っている

217 :名無しさん@1周年:2016/12/17(土) 19:47:45.86 ID:x/IH80Yr0
>>4
これ聞いた方も答えた方もすごいな

218 :名無しさん@1周年:2016/12/17(土) 19:48:38.71 ID:7LQPPTKb0
渡辺親子(宙明&俊幸)も音楽センスは確実に遺伝してるだろ
作風は違うけど

219 :名無しさん@1周年:2016/12/17(土) 19:50:20.60 ID:Saibyl540
トランペットのメチャクチャ下手な黒人さんとか

220 :名無しさん@1周年:2016/12/17(土) 19:52:52.03 ID:QEMNRbtP0
音楽というのは実は心理学でしょうね
この音を聴くとどういう心理になるか、流行の音程、流行の音、意外性のある音・・・

221 :名無しさん@1周年:2016/12/17(土) 19:53:17.25 ID:kocDrQR50
>>29
答え:オノヨーコの遺伝子

222 :名無しさん@1周年:2016/12/17(土) 19:54:22.65 ID:Saibyl540
アーメン。

223 :名無しさん@1周年:2016/12/17(土) 19:56:22.34 ID:F4mCc8Bi0
とりあえずキムタクに音楽の才能を感じたことはないのだが…。

224 :名無しさん@1周年:2016/12/17(土) 19:58:22.20 ID:TMnFPD9o0
>>220
いや音楽は、生物学でしょ
リズムは心臓の鼓動だし、規則的な倍音を美しく感じるのは生理的なもの

225 :名無しさん@1周年:2016/12/17(土) 19:59:06.83 ID:yR5XBdl60
芸術系はコネだよ
親子関係が1番強いコネだから
遺伝に見えるだけ。
多摩美の佐野を見てみろ
明らかにコネだ。

226 :名無しさん@1周年:2016/12/17(土) 19:59:53.67 ID:ZotKtdDl0
この記事キムタク一家まで音楽の才能一家として持ち上げててワロタ

227 :名無しさん@1周年:2016/12/17(土) 20:00:42.77 ID:Saibyl540
コネと言うより、

因縁。

だと思います。

228 :名無しさん@1周年:2016/12/17(土) 20:02:59.51 ID:FY3FT3ru0
亜星「俺の曲パクッたんだよ」

229 :名無しさん@1周年:2016/12/17(土) 20:03:10.18 ID:ro4HAJuM0
大人の恋ならキャリアが必要

230 :名無しさん@1周年:2016/12/17(土) 20:04:32.08 ID:adp/xcKL0
こういう記事を見るとな、遺伝論者と環境論者に分かれるわけだ。
俺は遺伝論者なんだけど。
環境にこだわるやつってなんかコンプレックスがあるんだと思う。

231 :名無しさん@1周年:2016/12/17(土) 20:04:50.20 ID:yR5XBdl60
2020にセンター廃止で
入試がAOメインになる

教授の子息
金持ち権力者の馬鹿ガキ
がどんどん東大に入ってくる

知能の遺伝に見えるだろうなあ
これは

232 :名無しさん@1周年:2016/12/17(土) 20:04:56.83 ID:Saibyl540
れーれーどードレどーしーしーー・・

233 :名無しさん@1周年:2016/12/17(土) 20:06:20.93 ID:yR5XBdl60
>>108とID被ったw
初めてやわあ

234 :名無しさん@1周年:2016/12/17(土) 20:07:18.88 ID:TMLYYhUo0
>>197
大戦後も併合を継続してたら、今頃は普通に何人か朝鮮出身ノーベル賞学者が出てただろうなあ。
おそらく、旧京城帝国大学出身者か、朝鮮人で内地留学者の中からの受賞、だと思う。

235 :名無しさん@1周年:2016/12/17(土) 20:08:30.98 ID:DcL2kr530
バッハー、族?

236 :名無しさん@1周年:2016/12/17(土) 20:10:25.14 ID:Saibyl540
ハイドン一族も。

237 :名無しさん@1周年:2016/12/17(土) 20:14:02.69 ID:C7V2mv3V0
>>84
サッカーや野球は競争が激しすぎて、才能と教育の両方がそろってないと名選手になれない状態になってる
才能だけでは名選手にはなれないが、教育だけあれば名選手になれるという訳でもないだろう

>>190
他の兄弟姉妹がいるのに、イヴァンカだけ出てくるってことは、兄弟間の中で飛び抜けて優秀なんだろうと思うよ
まあ、他の人は同等の才能があっても、あの年であれぐらい有名ってのは不可能だろうから、コネ要素は大きいけどさ

238 :名無しさん@1周年:2016/12/17(土) 20:16:59.43 ID:TMnFPD9o0
2世は環境が恵まれているのに、成功するのはかなり少数
つまり才能の遺伝はしにくい

239 :名無しさん@1周年:2016/12/17(土) 20:17:01.13 ID:TMLYYhUo0
>>230
人間の才能なんて大した差はないよ。
イチロー以上の才能のある人間なんて、10人以上いるだろう。
でも、イチローほど己自身を知り理論を間違えずバッティングセンターに毎日
通わせてもらえるという幸運な環境でしかも人の10倍は努力した者が、
イチロー以外に誰一人としていなかった。
それだけだよ。

それが遺伝のなせる業と言ってしまえば、遺伝とも言えるし、
環境のおかげと言えば環境ともいえる。
ひとつだけハッキリ言えるのは、優れた遺伝を持ってても、それを伸ばす努力と環境がなければ、
誰でも凡人のまま一生を終えるということ。

240 :名無しさん@1周年:2016/12/17(土) 20:19:31.29 ID:mRmuk5+J0
>>127
テレゴニーに科学的根拠はまったくない
経験則という名の迷信であるから
まったくもってでたらめな話

241 :名無しさん@1周年:2016/12/17(土) 20:19:59.00 ID:Saibyl540
テレクラで、電話速攻で取れる反射神経があれば、

努力次第でなんとかなるような気もしますが。

242 :名無しさん@1周年:2016/12/17(土) 20:20:36.49 ID:C7V2mv3V0
努力出来るってのは才能だし、遺伝がある可能性は低くない

243 :名無しさん@1周年:2016/12/17(土) 20:22:47.50 ID:BOhG4cgO0
人間は努力でたいていのことは何とかなると思うけど
バッハだけは脳の造りが違うとしか思えない

244 :名無しさん@1周年:2016/12/17(土) 20:23:57.88 ID:Saibyl540
親の失敗を見て要領よく片付けると、

つまんないものが出来上がるのかもしれませんね。

245 :名無しさん@1周年:2016/12/17(土) 20:26:30.86 ID:rpmqSscy0
>>155
確かに映像や書籍でほとんどの大人が劣勢遺伝を欠点の遺伝という意味で使ってる

246 :名無しさん@1周年:2016/12/17(土) 20:28:13.34 ID:XPZBfQ8e0
最近やたらと工藤木村娘持ち上げる記事出るな
そろそろ就活か?

247 :名無しさん@1周年:2016/12/17(土) 20:29:46.70 ID:4AXReLCR0
リズム感は遺伝
日本人が韓国人に勝てない数少ない分野のひとつ

248 :名無しさん@1周年:2016/12/17(土) 20:29:55.60 ID:N/r2k2s30
そもそも努力出来るかどうかも才能だからな
努力できる奴はドーパミンが出やすいが
出来ない奴は苦痛しか感じないようになってる
脳の造りはどうにもならん

249 :名無しさん@1周年:2016/12/17(土) 20:30:16.11 ID:Saibyl540
バッハは、
和声と対位法が同時にあるから、

インヴェンションの一番見たいな、
なんとも言えない響きの曲ができるんでしょうね。

250 :名無しさん@1周年:2016/12/17(土) 20:30:20.16 ID:5qfdsrFz0
>>245
まあ2ちゃんの煽り文句くらいだったらどうでもいいけどね
劣等民族ジャップとか勝利者の遺伝子をもった大韓とか
まあウリは割と正確に言う方だけどwww

251 :名無しさん@1周年:2016/12/17(土) 20:30:24.64 ID:x4OXNxVF0
子供からの英才教育にどのくらい金注ぎ込めるかと
子供が努力する気があるのかじゃ

252 :名無しさん@1周年:2016/12/17(土) 20:31:11.47 ID:l8uqWc9b0
血統によるコネを遺伝子に現れない遺伝というのならそうなんだろうな

253 :名無しさん@1周年:2016/12/17(土) 20:31:53.30 ID:dvIQVB570
代表作は 三國志5?

254 :名無しさん@1周年:2016/12/17(土) 20:34:04.71 ID:3trPOuHb0
なるほど絵はまだ結構本人次第の余地があるわけだ
だから漫画が盛んなんだな

255 :名無しさん@1周年:2016/12/17(土) 20:34:05.49 ID:DEE7+0hF0
親のコネも遺産も遺伝子みたいなもんよ
貧乏人がバイオリンピアノ頑張ったところで仕事にありつく前に家が潰れるわ

256 :名無しさん@1周年:2016/12/17(土) 20:35:19.24 ID:5qfdsrFz0
ところで遺伝といえば不思議なのはネトウヨだ
ネトウヨが軽度の知的障害となんらかの精神障害があるのは
積年の書き込み内容みてりゃあまず間違いないんだよ

じゃあネトウヨの親もぱっぱらぱーの池沼かといえば
そこまでひどくないんだよ。氷河期高齢ネトウヨを養ってるくらいだから
ネトウヨには生活力とかADLとかないから生保の独居者とは思えないんだな

ここがなあ、わからんのだなあ
あと池沼のくせに政治経済や文化芸術を語りたがるというのも、わからん
ネトウヨ単独だとそんな文化資本、ないはずなんだがなあ

257 :名無しさん@1周年:2016/12/17(土) 20:36:29.17 ID:dvIQVB570
わけの分からないことを言い出すケンモメン

258 :名無しさん@1周年:2016/12/17(土) 20:37:36.89 ID:4D2QDBbW0
おれリズム感ない
遺伝だろうな

259 :名無しさん@1周年:2016/12/17(土) 20:38:14.28 ID:l4lRdh230
中元パパ
中元次女
中元三女

260 :名無しさん@1周年:2016/12/17(土) 20:38:32.33 ID:adp/xcKL0
>>239
はあ…。
なんか力抜けてくるわ。
それ、「遺伝」と「努力」を入れ替えてもいえるよね。

「ひとつだけいえるのは、どれだけ努力しても遺伝子的才能がなければ、凡人でおわるってこと。」

まあ、努力万能主義でもいいけどさ、
ボルトとかアインシュタインとかはどうなるんだい。

261 :名無しさん@1周年:2016/12/17(土) 20:39:55.34 ID:F/bECAuJ0
>芸術系はコネだよ

まぁ>>1の服部はモロにコネ人脈で
フランス留学から不正もみ消しまで時の政府高官まで利用し成り上がった事を服部本人も
日経の自伝記事で素直に認めてるわな

262 :名無しさん@1周年:2016/12/17(土) 20:41:08.11 ID:XdcBfFS40
全て遺伝やぞ

今更何言ってんの

馬で優生学やりまくってて、人だけはそうじゃないとかいう嘘は通用しない

263 :名無しさん@1周年:2016/12/17(土) 20:41:30.58 ID:Saibyl540
音楽やりたいと言う気持ちがなくなったら、

全ては終わり。

264 :名無しさん@1周年:2016/12/17(土) 20:43:27.32 ID:N/r2k2s30
そもそも努力が出来んからな凡人は
脳が努力することに対して苦痛しか感じないように出来てるから

265 :名無しさん@1周年:2016/12/17(土) 20:44:03.21 ID:mRmuk5+J0
>>262
全部遺伝で決まるわけない
環境が大切だろ

266 :名無しさん@1周年:2016/12/17(土) 20:44:34.04 ID:yR5XBdl60
ディープインパクトの仔が全て優秀なわけやない
ふつうより確率があがるだけ

逆に鳶が鷹うむこともあり

267 :名無しさん@1周年:2016/12/17(土) 20:44:58.55 ID:qLz+IRXL0
ハットリくん含め服部一族に、恨みッちゅ〜か興味自体無いけど、
イデンシいでんし五月蝿ェよ、出歯亀屋セブン(o・-・)y-~~
二世三世有難屋、わしゃ日本のこ〜云ぅ〜とこ大嫌いじゃY

268 :名無しさん@1周年:2016/12/17(土) 20:45:06.12 ID:R81k9fS10
遺伝もあるだろうが、親が子どもが音楽をすることを喜び、最大限の援助をしてくれるか否かというのは大きいと思う
服部家の場合は、良一は克久を、克久は隆之をパリ音楽院に留学させ、隆之は百音を毎年、ヨーロッパへレッスンに行かせている

269 :名無しさん@1周年:2016/12/17(土) 20:45:18.48 ID:TtlDqkVR0
彡 ⌒ ミ
(´-ω-`) 祖父
  ↓
彡 ⌒ ミ
(´・ω・`) 父
  ↓
彡 ⌒ ミ
(´;ω;`) 息子

270 :名無しさん@1周年:2016/12/17(土) 20:47:11.97 ID:bVs9A4780
お腹に居る時から良い音楽を聴かせ続ければ自然とそうなる
良い音質の良い音楽がミソ

271 :名無しさん@1周年:2016/12/17(土) 20:47:12.15 ID:D6Jadt6C0
欧米でロックミュージック超える音楽が
まるで生まれていない、すでに20年以上。
何もあたらしいものが生まれない、現実。

272 :名無しさん@1周年:2016/12/17(土) 20:48:44.62 ID:5qfdsrFz0
>>266
ジャップが高度成長期のころはな
鳶が大学教授や上場企業の社員を普通に産ませてたけどな
落ちぶれた国じゃあそもそも大学も上場企業もねえのよ
ポストもなけりゃあそのルートも閉ざされてるってわけ

こんな日本にしたのは橋本自民、小泉自民、安倍自民
そしてそれを支持したネトウヨどもだ
ネトウヨがな、この国を回復不能なまでに滅ぼしちまったんだよ

273 :名無しさん@1周年:2016/12/17(土) 20:48:54.86 ID:1BRT6xZs0
>>271
あの・・・ロックなんて40年前に終わってますが・・・
おじいちゃん。今は平成よ・・・

274 :名無しさん@1周年:2016/12/17(土) 20:49:02.52 ID:Saibyl540
まあ、僕とかは、

この曲を高速で弾ければ良い。とか、
難曲を弾ききれれば正義。とか、

それ以外の事なんて考えないですけどね。

275 :名無しさん@1周年:2016/12/17(土) 20:49:14.06 ID:9gERuhSX0
環境がメインだろうと
音楽家や芸術家の家庭だと一般家庭に比べて音楽文化に触れる機会が人一倍多いし
学者・知識人の家庭でもそうだわな
たまにハズレもいるしw

276 :名無しさん@1周年:2016/12/17(土) 20:51:00.73 ID:F/bECAuJ0
>全て遺伝やぞ

漫画やアニメで二世が通用した例を見たことないんだが(ジブリもアレだし)
本人のプロフや背景人脈より
作品自体のクオリティを問われる業界じゃさすがに無理か

277 :名無しさん@1周年:2016/12/17(土) 20:52:16.98 ID:yz2EM+mb0
ああこれは実感する
両親とも音痴で俺も音楽には全く興味ない
しかし小学校の同級生で低学年だったけど見よう見まねでピアノを弾きこなしてるのがいた

278 :名無しさん@1周年:2016/12/17(土) 20:52:23.58 ID:w0DV4FkA0
>>183
日本の芸能界だとコネというか親の七光りが作用する部分も大きい
小泉孝太郎とか石原慎太郎とか高嶋兄弟とか

279 :名無しさん@1周年:2016/12/17(土) 20:52:42.42 ID:dvIQVB570
必ず一定水準以上のものを間に合わせる、これが極意。

280 :名無しさん@1周年:2016/12/17(土) 20:52:59.23 ID:Saibyl540
クオリティーは、私は無視w

やらないだろうことを敢えてやるパターンです。

281 :名無しさん@1周年:2016/12/17(土) 20:53:04.99 ID:L3+GxuPN0
何が音楽の父だ。ガチャ限星5の面汚しが。

282 :名無しさん@1周年:2016/12/17(土) 20:53:31.12 ID:eyLrPvb40
>>4
スゲェわwwww

283 :名無しさん@1周年:2016/12/17(土) 20:54:11.06 ID:mKmTIb760
>弱冠17才

弱冠は二十歳に与えられる小さい冠の事

284 :名無しさん@1周年:2016/12/17(土) 20:54:44.15 ID:5qfdsrFz0
>>275
んーーーー今一線を張ってる大学教授や研究員の親は
アカデミズムと関係のない庶民の出自とか普通にいるけどね
ただまったくの無教養家系や困窮家庭というのは案外少ないとは思うが

でもまあこれからの学者は優秀な出自がメインになるんだろうね

285 :名無しさん@1周年:2016/12/17(土) 20:55:12.30 ID:D6Jadt6C0
所詮、欧米音楽を真似しても、
日本人特有のメロディーは作れない。
見事に終わっている世界が音楽業界だよ。

286 :名無しさん@1周年:2016/12/17(土) 20:55:26.04 ID:P4r7LnIt0
>工藤静香と木村拓哉の長女もフルートの才能に恵まれ

両親に音楽的才能があるとは思えないんだが・・

287 :名無しさん@1周年:2016/12/17(土) 20:56:22.45 ID:2HAv+e3v0


288 :名無しさん@1周年:2016/12/17(土) 20:57:02.49 ID:Saibyl540
まあ、カルミナブラーナみたいに、

らどらどーらー

で十分ですもんw

289 :名無しさん@1周年:2016/12/17(土) 20:58:02.15 ID:BT5x5mYw0
バッハ一族で一番成功したのはCPE BACHって言われるけど
(父ちゃんの大バッハよりも有名だったらしい)、彼の曲は異質だね。
激しい強弱の連続で、聴き終わったあと、あれ? 今の曲、旋律はどんなんだっけ?
ってかんじ。たぶん当時も過激な音楽だったのでは? 
やっぱモーツァルトのほうがメロディを口ずさみやすくて親しみやすいな。

290 :名無しさん@1周年:2016/12/17(土) 20:59:54.54 ID:3t5GRf+e0
うちに絵を描く人がいなかったから
美大進むって言ったらボロッカス言われたわ
家の中で絵を描くのは自分だけっていうやつは結構いるよ

291 :名無しさん@1周年:2016/12/17(土) 21:00:02.34 ID:BOhG4cgO0
いやいやバッハだけは脳の造りが最初から違うぞきっと

何の世界でも稀に生まれてしまうキチガイが革命家になるんだろうな
文化はキチガイが築き上げたもの
金突っ込んで猛烈英才教育したって
所詮その本質は劣化コピーなんだろうな

292 :名無しさん@1周年:2016/12/17(土) 21:00:05.73 ID:YI71S7/i0
ニュースステーション曲つくた人だっけ

293 :名無しさん@1周年:2016/12/17(土) 21:02:06.78 ID:+vL9z48K0
>>5
確かに音楽は才能だけど、環境によって才能は磨かれる。
親が音楽家だと一流の環境が揃っているので音楽の才能は磨かれやすい。

磨かれなければ才能がどれだけあっても石のままだよ。
逆に小さな石でもきちんと磨かれれれば見栄えのする宝石にはなる。

294 :名無しさん@1周年:2016/12/17(土) 21:02:31.81 ID:2sHCKRqV0
遺伝なんかに左右されるほど芸術は単純じゃないっつうのバカかこの記事
多分日本で一番サラブレッドの坂本美雨も大したヒット曲もなくただのおばさんになっちゃったし
久石譲の娘も顔ばっかりお父さんに似て作曲の才能ゼロだし
ジョンレノンの息子は何かやってるのか?

295 :名無しさん@1周年:2016/12/17(土) 21:03:39.74 ID:t3UQcr2l0
質問質問!!
ワイの兄(定時制高卒、低学歴、低収入)が何の因果か国立大理工学部卒の
才女を連れて結婚の挨拶にきたんだが、これって生まれてくる子供の頭脳はどうなんの?
遺伝的に馬鹿の遺伝子の方が強いから、頭悪くなってしまわないか心配で・・・。

296 :名無しさん@1周年:2016/12/17(土) 21:03:50.85 ID:Y0BogwUh0
音楽に限らずスポーツとか学問とかも同じだ
容姿が遺伝の要素が強いと認められてるけど
他の能力的な事に関しても素質も同じで遺伝

297 :名無しさん@1周年:2016/12/17(土) 21:04:00.10 ID:7llG4zpr0
コネで成り上がったあとにいかにも科学的な正当性があるような記事を書かせてホルホルする

蜷*とかスなんとかとか

298 :名無しさん@1周年:2016/12/17(土) 21:04:55.19 ID:mKmTIb760
>>294
頭悪そう

299 :名無しさん@1周年:2016/12/17(土) 21:05:06.08 ID:dvIQVB570
>>288
♪ふぉ〜るとぅ〜な! (ドドンがドンドン)
しか取り上げない、カルミナ・ブラーナと、

て〜は〜ミングク! (ドドンがドンドン)
との違いが、あまりわからなくなってきた。

あれは実は音楽性は少ないんじゃないか?

300 :名無しさん@1周年:2016/12/17(土) 21:05:20.09 ID:/RBURGu7O
ぶっちゃけコネ
才能実力あるアマチュアなんていっぱいいる

301 :名無しさん@1周年:2016/12/17(土) 21:05:24.45 ID:DEE7+0hF0
>>294
金かコネないとスタートラインにすら立てないのもまた真やぞ

302 :名無しさん@1周年:2016/12/17(土) 21:05:29.73 ID:adp/xcKL0
>>294
ヒント 配偶者

303 :名無しさん@1周年:2016/12/17(土) 21:06:35.12 ID:mhDg7zYwO
>>289
まあモーツァルトは今で言えば
ポピュラームジークだからね

304 :名無しさん@1周年:2016/12/17(土) 21:06:58.91 ID:fo/0zfrW0
その結果

「ギャンブル依存症w」という謎の症例が精神医学産業に爆誕www

なぜか、自民民進維新の修正協議で、
ギャンブル依存症w対策の条項を
滑り込ませるwwwwww

なぜか、山本太郎が
三党合意の
修正協議条項に
乗っかるwwwwww ←イマココ!!

なぜか、本来はギャンブル企業が支出すべき
ギャンブル依存症w対策費の金額に対して、
国民の血税を投入wwwwww

カジノ・パチンコ・公営ギャンブル企業が謎の「ギャンブル依存症w患者w」を
増やせば増やすほど、精神科医産業に
お金がジャブジャブwwwwww

すべてギャンブル企業利権と
ギャンブル依存症w対策精神科医産業利権の癒着した
マッチポンプ利権のための
茶番だと判明wwwwww

ミッション終了www

自民-民進-維新-山本太郎-櫻井翔
win-win-win-win-win

wwwwwwwwwwww



305 :名無しさん@1周年:2016/12/17(土) 21:07:30.99 ID:Saibyl540
多分、

テ!テ!テ!テ!テ!テ!テ!

とか入れれば、変わらないような気もしますね。

306 :名無しさん@1周年:2016/12/17(土) 21:07:43.03 ID:cWTYcFUv0
環境じゃない?

307 :名無しさん@1周年:2016/12/17(土) 21:09:58.79 ID:ujvpdKLh0
環境だろ?
家族が音楽家なら早くから教育を受ける
バッハ家、クープラン家

308 :名無しさん@1周年:2016/12/17(土) 21:10:49.08 ID:rpmqSscy0
>>295
うちは父が教習所のクランクでぶつけまくり皿もろくに洗えない不器用家系で
母は手芸が得意だし母方の祖父は旧海軍の飛行教官だった器用家系
俺は器用で弟は不器用

309 :名無しさん@1周年:2016/12/17(土) 21:11:26.15 ID:qIRmK3140
>>21
J.S.バッハ(大バッハ)の晩年には、J.S.の音楽は古臭くて時代遅れ。
息子たちは、父親と全く違うスタイルの音楽を作ってたんだけど…

310 :名無しさん@1周年:2016/12/17(土) 21:12:08.49 ID:BOhG4cgO0
いやいや音楽は個別の脳で考えるべきではない
音楽に限らす表現行為の全てはコミュニケーションであり共振なんだ

でもバッハだけは最初からアタマが違うと思う
人類のエヴァンジェリスト

311 :名無しさん@1周年:2016/12/17(土) 21:12:23.62 ID:0sq/NKqe0
>>273
>ロックなんて40年前に終わってますが・・

  貴殿の認識は極めて正しい。1977年に「ホテル・カリフォルニア」が
 大ヒットした時に「こんな凡庸極まるサウンドが・・・」と呆れた記憶がある。
 この曲の皮肉たっぷりの歌詞が受けたらしいが、歌詞が重視されるようになると
 音楽が衰退期に入った証拠なのでね w

312 :名無しさん@1周年:2016/12/17(土) 21:13:24.70 ID:IfUDrQES0
隆之は大した事ない気がするんだけど

313 :名無しさん@1周年:2016/12/17(土) 21:13:54.54 ID:t3UQcr2l0
>>308
ほーん・・・って事は、2人子供産んだら片方頭良くて片方馬鹿になんのか・・・。
さすがに一人っ子は可哀想だから子供たくさん産んで欲しいけど、馬鹿は嫌だなぁ。

314 :名無しさん@1周年:2016/12/17(土) 21:15:12.79 ID:JjhC7PYO0
ベートーベン家はどうしてんの?

315 :名無しさん@1周年:2016/12/17(土) 21:15:54.05 ID:Saibyl540
バロック自体、

ヴィバルディだの、ヘンデルだのが、主流ですもんね。

金太郎飴っぽいのが。

316 :名無しさん@1周年:2016/12/17(土) 21:17:23.88 ID:97ioneL80
>>207
下手に才能あるとその10倍かかるけど
投資を回収できる確率は1割以下なんで
金持ち以外は最初からやらせない選択は正しいと最近思いだしてきた

317 :名無しさん@1周年:2016/12/17(土) 21:17:30.90 ID:BOhG4cgO0
家に楽器があれば子供は勝手に遊んでごく自然に開発行為を行う
環境要因としてはこれが一番大事なのかな
もちろん聴くことが重要なんだけど今はメディアが発達してるし
生はやっぱり違うってのはとりま置いといて

親が凡人でも子供は天才の例もいくらでもあるだろ

318 :名無しさん@1周年:2016/12/17(土) 21:18:40.03 ID:YI71S7/i0
尾崎豊の息子もムージシャン

319 :名無しさん@1周年:2016/12/17(土) 21:19:50.46 ID:rpmqSscy0
>>313
必ず片方ずつということにはならないだろう
上の子が優秀だったからといって下の子がどうなるかは五分五分だ

320 :名無しさん@1周年:2016/12/17(土) 21:20:31.72 ID:JjhC7PYO0
結局その程度の才能の奴はゴロゴロいるけど教育とコネが効く世界ってだけの話じゃねーか

321 :名無しさん@1周年:2016/12/17(土) 21:21:04.63 ID:0sq/NKqe0
>>170
>ジャズはコルトレーンで終わった

  これはもう鉄板の定説だね。しかし、コルトレーンも最晩年の「至上の愛」
 なんかはクラシックの4楽章制を意識した作りになっていて、ジャズにおける
 オリジナリティーについて悩んでいたような気がする。最後の第4パートで
 ボーカルが出てくるのなんかベートーベンの「第9」を意識しているようにも
 思えるし。

322 :名無しさん@1周年:2016/12/17(土) 21:21:31.28 ID:ujvpdKLh0
サティ、ドビュッシー、ラヴェル

家系に音楽家なんかいないぞ

彼らが後の音楽に与えた影響はでかいだろ?

323 :名無しさん@1周年:2016/12/17(土) 21:22:07.29 ID:2w0IJmoZ0
俺の頭皮も、先祖代々の凄まじい遺伝により今
ぺんぺん草も生えない不毛の地に成り果てようとしている。
剛毛の嫁でも貰えば中和されるんだろうか。

324 :名無しさん@1周年:2016/12/17(土) 21:22:51.69 ID:D6Jadt6C0
何も新しいものが生まれないから、世襲化するわけだよ。
こういうのあらゆる業界で起きている。
こういう世界観を、肯定するか新しい世界を生み出すかと
いう問題だよ。

325 :名無しさん@1周年:2016/12/17(土) 21:22:53.36 ID:FAWEqz5v0
ルパン二世

二代目金田一

このあたりを漫画にしたらどんな話になるんだろう。

326 :名無しさん@1周年:2016/12/17(土) 21:23:46.13 ID:7llG4zpr0
というか庶民の音楽教育熱がよくわからないよな

子供のころからエリートクラシック教育をしたがるわりに
頭に浮かべるキャリアパスはJポップのヒット作曲家とかなんだろ

そして絶対音感とか才能とか血統とかトンチンカンな話に飛びつく
何がしたいのかわからない

そもそも音楽を聴いてるのか

327 :名無しさん@1周年:2016/12/17(土) 21:24:03.77 ID:/RBURGu7O
こんな事言うのも何だけど
今の若者や子供達って昔に比べると音楽に興味無さそうなイメージあるな
実際自分も音楽には飽きたし

328 :名無しさん@1周年:2016/12/17(土) 21:24:20.88 ID:Saibyl540
そんな時代に、ブランデンブルク6番とかw

329 :名無しさん@1周年:2016/12/17(土) 21:24:41.27 ID:95YzAmvs0
バッハは退屈

330 :名無しさん@1周年:2016/12/17(土) 21:26:22.39 ID:JjhC7PYO0
政治力は遺伝する

→安倍

これと同じ構図だな

遺伝してるのは環境とコネだけ

331 :名無しさん@1周年:2016/12/17(土) 21:26:42.35 ID:ujvpdKLh0
音楽家もそうだが個性がなきゃただの職人だよ
家系はそういう職人を多く生むが真の天才は滅多に出ない

セバスチャンバッハはその天才の一人
強烈な個性がある

332 :名無しさん@1周年:2016/12/17(土) 21:26:49.66 ID:QG4LiIbf0
俺の誕生日はバッハの命日
弟の誕生日はバッハと同じ

333 :名無しさん@1周年:2016/12/17(土) 21:27:02.08 ID:Saibyl540
れっし♭らし♭

とか、なんや、この合いの手はw

とか思いますよ。

334 :名無しさん@1周年:2016/12/17(土) 21:28:24.72 ID:ujvpdKLh0
>>329
可哀想に、バッハがわからないんだね?
人生損してるなw

335 :名無しさん@1周年:2016/12/17(土) 21:28:36.44 ID:rDJtUHzV0
そうなん?

じゃあ東大卒(また始まった)が2人いるうちはどうりで才媛が多いわけだ
なんか広く浅くよりも1つのことを深く掘り下げる学者気質が多いって感じ

336 :名無しさん@1周年:2016/12/17(土) 21:28:52.97 ID:7llG4zpr0
>>324
>何も新しいものが生まれないから、世襲化するわけだよ。

これは本当かもね
世襲はよくないが、それを壊すだけの勢いをその分野自体が持っていない

世襲とコネの枠の中だけで「新しい」とされる凡庸なものが権威化していき
ますますその外側の人にはつかみどころのないものになっていく

伝統芸術とファインアートに比べれば音楽はまだまだ自由だと思うけどね

337 :名無しさん@1周年:2016/12/17(土) 21:28:53.47 ID:PzO5dvdG0
DNAよりも、環境が一番影響が有るんじゃないの。
小さいときから一流のものに囲まれてる。
才能に気づくのも一流の指導者につけるのもすべて環境のお陰。
才能があっても指導者に恵まれなかったり、親が才能に気づかなかったりで
埋もれているほうが多いと思う。

338 :名無しさん@1周年:2016/12/17(土) 21:29:35.41 ID:rDJtUHzV0
なんで商才が遺伝しなかったんだろ

339 :名無しさん@1周年:2016/12/17(土) 21:30:09.55 ID:/RBURGu7O
>>331
なんか職人が低く見られる風潮も何だかなーって思うよ
音楽とは違うけどルネサンスやバロック時代の画家なんてシステム的にも職人そのものだし

340 :名無しさん@1周年:2016/12/17(土) 21:30:17.04 ID:P7nx8pVSO
>>238
親が偉大過ぎると素材が良くても色眼鏡とプレッシャーで潰れるんだよ
神田沙也加とかいい例

歌手がダメなら声優とかほざく草履の娘はしばかれるべき

341 :名無しさん@1周年:2016/12/17(土) 21:31:11.28 ID:rDJtUHzV0
キムタクの娘の心美はすごく期待できるね

父はあっけらかんとしておおらかで超イケメンなため外交的には好かれていたと思われる
祖父はとにかく腰の低い人でひととなりから好かれていたと思われる


やっぱり環境が人を作ると思うね

342 :名無しさん@1周年:2016/12/17(土) 21:31:45.84 ID:97ioneL80
>>295
似たような環境のうちは三人兄弟で
上二人は優秀、末っ子は大馬鹿だった
最近末っ子が子供産んで英才教育施し中だけどどうなることやら

343 :名無しさん@1周年:2016/12/17(土) 21:32:07.41 ID:VfM2azjK0
音楽そのものよりも、コネのすごさしか感じない。
sssp://o.8ch.net/ke7l.png

344 :名無しさん@1周年:2016/12/17(土) 21:33:24.84 ID:ujvpdKLh0
服部家が云々より
日本で第二の武満徹が生まれないねー
個性のある天才が出て来ない。

345 :名無しさん@1周年:2016/12/17(土) 21:33:40.60 ID:BOhG4cgO0
>>337

今は余計なもんが多すぎる
昔は今で言う一流のものしかなかった
芸能はそれなりの業を背負った人間のやることなんだろう

見え張りでコンプレックス丸出しの親が欲出しても
カネの力だけからは何も生まれないと思うよ

346 :名無しさん@1周年:2016/12/17(土) 21:33:48.14 ID:9gbuFCcI0
>>334
いやー、俺も趣味じゃないわ。
こう言うのは嗜好の問題だからなぁ。

まあ、有名だからと無条件で褒める様な奴もいるが、
何も分かっていないそいつ等よりは遥かにマシだろ。

347 :名無しさん@1周年:2016/12/17(土) 21:33:50.22 ID:95YzAmvs0
>>334
そうでもない。音楽は好きだよ。バッハは30分聴くと眠くなる。

「アウトサイダー」の著者コリン、ウイルソンもバッハは退屈だと書いてる。
バッハが苦手な人間は、君が思ってる以上に多いのだよ。

348 :名無しさん@1周年:2016/12/17(土) 21:34:25.98 ID:wIN9y4b60
>>69
画像検索してみたが、彼女はどう見ても朝鮮人の子孫だ
愛子さまとも似てるし
愛子さまはまだ雅子様の血が入ってる分、日本人よりだけど

349 :名無しさん@1周年:2016/12/17(土) 21:34:26.53 ID:yReKx+Bj0
才能は遺伝と環境と うぬぼれさせない親の教育ですよ

350 :名無しさん@1周年:2016/12/17(土) 21:34:32.79 ID:4plxn8pYO
そこでデザインズチャイルドですよ。遺伝子既得権打破

351 :名無しさん@1周年:2016/12/17(土) 21:35:12.01 ID:adp/xcKL0
うーん、俺は医者なんだけど、病気ってすっごく遺伝性があるんだよね。
血圧や糖尿病、心臓病、癌、精神病…
なりやすさ、体質ってのはかなりある。
そういうのを目の当たりにしてると、
やっぱり人間の遺伝子による規定の力はでかいと思う。

352 :名無しさん@1周年:2016/12/17(土) 21:35:28.18 ID:YI71S7/i0
自力で作曲家になったブルックナーみたいな根性のある人なんて、もう出てこないだろな

353 :名無しさん@1周年:2016/12/17(土) 21:35:48.28 ID:Saibyl540
多分、どこかで時代を超越して、


ひきこもっているはずですよ。

武満先生。

354 :名無しさん@1周年:2016/12/17(土) 21:35:55.19 ID:ibEMLJAw0
サラブレッドの種牡馬見たらわかるだろ
馬鹿からは馬鹿しか産まれないのだよ

355 :名無しさん@1周年:2016/12/17(土) 21:36:19.67 ID:ujvpdKLh0
>>347
そうかなー?
無人島で生活するなら
ピアノと平均率上下2巻さえあれば
俺は一生退屈しないけどな。

356 :名無しさん@1周年:2016/12/17(土) 21:36:44.34 ID:BOhG4cgO0
てゆーかカネとコネや権力だけって
皇族みたいなもんだろ

皇族関係のあのノペーっとしたアホ面の誰かから天才が生まれると思う?

357 :名無しさん@1周年:2016/12/17(土) 21:38:03.69 ID:9gbuFCcI0
>>335
その手の気質は遺伝する、
つまり学者気質ってのは自閉症気味って事だが。

学者やら坊さんやら教師の多いうちもそうだ、東大やらもそこそこいる。
そして同時に、神経をやられた様な奴も多い訳だ、俺もな。

358 :名無しさん@1周年:2016/12/17(土) 21:38:41.48 ID:BOhG4cgO0
>>347
C・ウィルソンみたいな三流ぺダントの文章の方が死ぬほど退屈だわw

359 :名無しさん@1周年:2016/12/17(土) 21:38:41.93 ID:7GVRdPs00
>>1
バッハに比肩するとか勘違いも甚だしい
いい加減にしろ

360 :名無しさん@1周年:2016/12/17(土) 21:39:05.00 ID:RnvO8U1+0
すぎやまこういちが最強

361 :名無しさん@1周年:2016/12/17(土) 21:39:41.13 ID:Saibyl540
いや、モーツァルトも顔は、風采のあがらない感じで、才能あるようにはみえなかったらしいですし、

そこは何とも言えない。

362 :名無しさん@1周年:2016/12/17(土) 21:40:28.04 ID:l9e2cUjp0
親父は滅茶苦茶音痴だけど俺は歌上手いと言われるぞ
それとも天才レベル限定の話をしているのか

363 :名無しさん@1周年:2016/12/17(土) 21:40:50.35 ID:1SUvoKds0
日本のリチャードクレーダーマンだと思ってるんだけど

364 :名無しさん@1周年:2016/12/17(土) 21:40:50.72 ID:L6tEpPDK0
服部隆之や菅野よう子や川井憲次が大河やれるなら
そろそろ田中公平にも出番が回ってきてもいいと思うのだがなあ。
曲が書けるうちにお願いします。

365 :名無しさん@1周年:2016/12/17(土) 21:41:02.58 ID:5GCt/kQJ0
そりゃな最高の家庭教師が身近で赤ちゃんの頃からいるんだもの
学力と同じだよ

366 :名無しさん@1周年:2016/12/17(土) 21:41:43.98 ID:P7nx8pVSO
>>357
和田唱は自由に喋らせると「ああレミの息子だな…」と実感する

367 :名無しさん@1周年:2016/12/17(土) 21:42:48.59 ID:0sq/NKqe0
バッハで好きな曲は「ゴールトベルク変奏曲」の第25変奏。この変奏曲集の中で
最も長い変奏で、低音部の音の動きがジャズのベースのような感じで、深夜のムード
が良く出ていてスゴイと思う。このセンスは300年も早いという感じで、驚く。
「平均律クラビア曲集」の中にも深いなと思わせる曲があるし。

368 :名無しさん@1周年:2016/12/17(土) 21:43:11.97 ID:JhwoR/tf0
3歳のころからヤマハでソルフェージュやらさせられたお陰で
こんな僕でも両親が池沼に見える位の音感は身に付きました

369 :名無しさん@1周年:2016/12/17(土) 21:43:56.79 ID:adp/xcKL0
牛も豚も、品種改良ってのは遺伝的な観点での交配だろ?

370 :名無しさん@1周年:2016/12/17(土) 21:44:14.64 ID:arorksng0
アフリカなんかだと10歳にもならないような子供がものすごいダンス踊ってたりする
まあ黒人が全員リズム感あるってわけでもないけど
あれは血で踊ってるんじゃないかと思うわ、尋常じゃない

371 :名無しさん@1周年:2016/12/17(土) 21:46:39.97 ID:uJETKadb0
音楽は生まれつきの才能とそれを低年齢で見つけ教育できる環境、
声楽やボーカルは生まれつき、教育スタートが遅れても環境次第

372 :名無しさん@1周年:2016/12/17(土) 21:46:53.96 ID:bJQNza0h0
リズム感は遺伝だわね
知り合いにラップやってる人がいるけど、それがめっちゃビミョー
ルックスは完璧にラップなんだけどw
あの一族はほぼ全員リズム感がない

373 :名無しさん@1周年:2016/12/17(土) 21:47:12.97 ID:3t5GRf+e0
単純に親の真似するから
親がピアノ弾きまくってたら子どもも弾きたがる

374 :名無しさん@1周年:2016/12/17(土) 21:47:25.56 ID:ZotKtdDl0
>>237
いや?兄も弟もすべて名門大卒で実業家で父関係の要職ついてるが?
勿論それぞれ政権以降チームで要職ついてる。

別にイヴァンカだけ何かが突出してるわけでもない。
兄弟の中で目立ってる、マスコミが取り上げる、トランプ自身がやたら褒めるのは女だからでしょう。
アメリカではシステム上、日本以上に金と手間がかけられて、親がその大学の卒業生であることで特定の名門大に高確率で、どこかしらの名門にはほぼ確実に入れる。
実際トランプの子供全員名門大。

375 :名無しさん@1周年:2016/12/17(土) 21:48:14.70 ID:BOhG4cgO0
>>370
脳はコンタクトにより形成されるとは思うよ(環境・要不要)

ただなー天才ってやっぱ突然変異というかキチガイなんじゃないかなあ
バッハだけは人間越えてると思うもん
人間なんだけどさ

376 :名無しさん@1周年:2016/12/17(土) 21:48:50.46 ID:Saibyl540
バレエ

377 :名無しさん@1周年:2016/12/17(土) 21:49:26.64 ID:+2kKGbTS0
馬を使って移動が長かった欧州大陸は、遺伝子に3拍子のワルツのリズムが民族のリズム
弱拍のあとに強拍がくるという、後乗りの延々と続く単純なリズムでのダンスが伝統のアフリカ大陸
日本は、太鼓のリズムは2拍子だろ 強・弱弱弱弱 タン タカタッタってリズムだけど
基本は2拍子、それが日本人の遺伝子リズム

378 :名無しさん@1周年:2016/12/17(土) 21:50:02.16 ID:y2caDi6S0
リズム感ないのは親のせいか。
そう考えると思い当たることが大量にある。
うちの家系にはカラオケに行く人がいない。もう基礎からダメだったんだ。

379 :名無しさん@1周年:2016/12/17(土) 21:50:58.62 ID:zzPDYTew0
>>13
キダ・タロー先生は浪花のモーツァルト。

380 :名無しさん@1周年:2016/12/17(土) 21:51:47.33 ID:w0DV4FkA0
>>327
今は流行りの歌を知らないと友達との会話の輪に入っていけない、って時代じゃないからな。

俺が中学高校の頃も大して音楽が好きでも音楽を聞いてて楽しいわけでもなく
半分は「流行に乗り遅れたくない」という脅迫観念で新曲聞きまくっていたようなものだったからな

その証拠に当時の流行歌とか今は全然覚えてない

381 :名無しさん@1周年:2016/12/17(土) 21:52:08.54 ID:5K5IlxLI0
音楽の場合はむしろ
環境の方が大きいんじゃねえのかな
音楽一家に生まれれば、生まれたときから良質の音楽に囲まれ
まわりは音楽の専門化だらけだ
いわば生まれた瞬間から、英才教育が始まる
庶民のガキとは、スタートも環境も比較にならん
音楽って語学と同じだろ
生まれたときから聞いていれば、阿呆でも英語はペラペラだぜ

382 :名無しさん@1周年:2016/12/17(土) 21:52:50.03 ID:WjH61x6Z0
でも小林亜星の曲を盗作してたよな。まったくそっくり。

383 :名無しさん@1周年:2016/12/17(土) 21:53:06.73 ID:toS1k6910
>>21
知ったか乙
パパバッハはその当時では言うほど売れていない

384 :名無しさん@1周年:2016/12/17(土) 21:53:09.42 ID:A1jgtGba0
普通のサラリーマンの子供は、幼時から音楽や演奏の場にまみれて育つことは
少ない。言語同様に幼時から空気のように扱い習っていないと、言語では
ネイティブになれないのと同様に、なかなか一流の才能を開花させることは
むつかしい。大学まで楽器を触らずにいて、突然一流のピアニスト、バイオ
リニスト、フルート演奏家、などになれる見込みはまずない。

そうして楽してミュージッシャンになろうと考える馬鹿が多くて志望者が
履いて棄てるほどいるから、何のコネも人脈も無い人間が参入しよう
としても見返りもなく上に持ち上げてくれることは期待できず、
成功の見込みは低い。大した財産もない手堅いサラリーマンの親に、
サラリーマンになれ、音楽者趣味に留めて置けと言われる。
親が音楽家なら、そういうことをいうのは半分自己否定であるから、
そのような家庭内の圧力は少ないことだろう。

385 :名無しさん@1周年:2016/12/17(土) 21:54:11.94 ID:oxiJDcCX0
>>364
音楽できる人は普通に成績もいい子とからっきしダメな子と2方向あるような

386 :名無しさん@1周年:2016/12/17(土) 21:55:09.51 ID:P7nx8pVSO
>>375
一曲で一生分の才能使っちゃう人って結構いるよね
泰葉とか久保田早紀とかポプコン系とか

387 :名無しさん@1周年:2016/12/17(土) 21:55:54.12 ID:Saibyl540
とどのつまり、

ティンパニは無用ってこと?

388 :名無しさん@1周年:2016/12/17(土) 21:55:58.00 ID:4/5VrWd30
Bachにリズムなんてあんのか?

389 :名無しさん@1周年:2016/12/17(土) 21:56:42.02 ID:+2kKGbTS0
演歌ってのも、タン・タカタッタ タンタカタッタっていう
基本リズムだけど、それは和太鼓の基本リズムと同じ

ヤマト民族の遺伝子のリズムだろ

古賀政男とか、そういうのを良く分かってたんだろな

390 :名無しさん@1周年:2016/12/17(土) 21:57:00.25 ID:+ub+lUvv0
>>327
それは完全なマチガイだな

単に人口が少ないだけ
興味ある無しとは違う

391 :名無しさん@1周年:2016/12/17(土) 21:57:23.23 ID:4/5VrWd30
>工藤静香と木村拓哉の長女もフルートの才能に恵まれ

うえ〜 聞きたくね。
耳が腐る

392 :名無しさん@1周年:2016/12/17(土) 21:57:46.26 ID:BFB2eKW00
>>367
演奏家依存の曲だと思う

393 :名無しさん@1周年:2016/12/17(土) 21:57:47.54 ID:ujvpdKLh0
>>375
バッハのクラビーア曲集にはすごく退屈な曲があって
あんな天才がなぜに、と不思議だったんだが
弟子思いのバッハが
自分の曲集に弟子の曲も入れてたって聞いてなるほどと
思った
明らかにバッハ自身が作った物は桁違いにレベルが違うんだよなー。

394 :名無しさん@1周年:2016/12/17(土) 21:58:14.38 ID:ZotKtdDl0
>>384
大学どころか、小学校高学年でもクラシックのピアニストとバイオリニストになるには遅過ぎてまず無理。

395 :名無しさん@1周年:2016/12/17(土) 21:58:33.86 ID:Saibyl540
遠くの部屋から、
からん。

と、三味線の音。

396 :名無しさん@1周年:2016/12/17(土) 21:59:09.13 ID:f2L8IvxU0
説得力のない記事だな

397 :名無しさん@1周年:2016/12/17(土) 21:59:17.58 ID:DD5C4Pfb0
才能の遺伝は程度の差こそあれある程度はあるだろうけどそれ以上に才能を伸ばす環境と人脈の継承が大きいだろうな

398 :名無しさん@1周年:2016/12/17(土) 22:00:01.54 ID:MpZAytiI0
服部克久→服部隆之

小林亜星→児ポパンサー

399 :名無しさん@1周年:2016/12/17(土) 22:00:01.64 ID:P7nx8pVSO
>>391
例え本人がちゃんと学んでいてもあの母親じゃ真の才能は開花しないな

400 :名無しさん@1周年:2016/12/17(土) 22:01:07.38 ID:4/5VrWd30
韓国人て小細工なピアノ弾きはいるんだよな。
初めの一瞬だけうまいと思うがすぐうんざり。

朝鮮人のフルートは完全絶対否定する
草も食っちゃって生えてないのに
なんで練習すんだよ

401 :名無しさん@1周年:2016/12/17(土) 22:02:17.53 ID:M3Ryn2fl0
だったら全員バッハのヅラ被って生きろよ

402 :名無しさん@1周年:2016/12/17(土) 22:03:37.56 ID:P7nx8pVSO
>>400
中華はちゃんと世界的に評価できるレベルがいるのにね
4000年と自称半万年の差だな

403 :名無しさん@1周年:2016/12/17(土) 22:04:17.55 ID:ZotKtdDl0
>>384
というか
普通の平均的サラリーマンじゃピアノ専攻で名門音大にすらいかせられない。
グランドピアノ代、それを維持設置する費用、レッスン費用、音大、音高の学費など下手すると医者にするより金かかる
しかもそれでやっとそこそこのピアノ教師でたまに付き合いやってで市民コンサート等に客演できる。勿論金なんて大して稼げない。親から援助なしじゃやってけない。

CD出すピアニストになったところでそれだけで食ってけるやつとか世界でも数えるほど。

404 :名無しさん@1周年:2016/12/17(土) 22:04:43.97 ID:cx29GkUR0
ブスからブスへ
醜い心は遺伝する

405 :名無しさん@1周年:2016/12/17(土) 22:05:00.76 ID:Saibyl540
あらしにゐってろw

406 :名無しさん@1周年:2016/12/17(土) 22:06:18.96 ID:rDJtUHzV0
>>384
なんだろうね

407 :名無しさん@1周年:2016/12/17(土) 22:06:21.42 ID:DpVSMTCK0
>ネイチャー系

欧米のメディアは遺伝子の話題が多いという印象ある
冒険好きの遺伝子がだの
帝王切開になりやすい遺伝子がだの

408 :名無しさん@1周年:2016/12/17(土) 22:06:30.98 ID:P7nx8pVSO
>>403
昭和音大で山売ってピアノ買ったなんて話をよく聞いたな
森公美子も老舗旅館のご令嬢だし

409 :名無しさん@1周年:2016/12/17(土) 22:06:38.83 ID:6eeI938K0
>>55
俺も音楽経験は学校の音楽の授業だけだけど
絶対音感あるから、身近な音聞いて音符で表せる
一回聞いた曲をドレミで表して確認してみたらあってたし
才能があれば訓練は必要ない

410 :名無しさん@1周年:2016/12/17(土) 22:07:12.71 ID:5K5IlxLI0
日本の政治家も
遺伝的に政治の才能があるってことかよ
その他もろもろの
家督を継ぐ職業はみんな
生まれたときからの才能なのかね
どう見ても、幼少時からの環境だろ
それに対して、スポーツ系は
親の七光りではどうしようもない世界だから、生まれつきの才能の差が大きいわな

411 :名無しさん@1周年:2016/12/17(土) 22:07:25.72 ID:9Y4gG/qF0
服部克久は盗作の印象が強過ぎてなあ

412 :名無しさん@1周年:2016/12/17(土) 22:08:55.16 ID:4/5VrWd30
幼児のころから聞いてっからだよ

スレ終了

413 :名無しさん@1周年:2016/12/17(土) 22:09:33.56 ID:BAqu2dSG0
日本の年金制度が海外と比較したランキングで25カ国中23位に
・・・・・・・・・・・・・・・ 総合指数
1.デンマーク・・ ・・・82.4
2.オーストラリア・・79.9
6.スウェーデン・ ・・73.4
14.フランス・・・・・・57.5
23.日本・・・・ ・・・・・44.4

スウェーデン 最低保障年金 全額国庫負担 支給65歳〜(2002年は月額で単身者は約87,000円)

国と地方の税収:88.2兆円 (100%)の使いみち。公務員への人件費:49.2兆円(55.5%)、
国債費(国の借金の元本と利子の支払い):23.4兆円(26.9%)、国民へのサービス:15.7兆円(17.6%)

平成23年 年金保険料徴収額:11.1兆円  年金の公費(税金)負担額:10.9兆円

世界で最も「税金が高い国」トップ10『ABC News Pointより』
1位:アルバ(西インド諸島)
2位:日本
3位:イギリス
5位:アイルランド
6位:スウェーデン

世界の公務員平均年収
1:日本・・・・・898万
2:アメリカ・・ ・357万
3:イギリス・・・256万
6:フランス ・・・198万
7:ドイツ・・・・・194万

日本の官僚は自分たちには厚く、国民には薄くの国賊・泥棒・低民度集団。

国連から最低保障年金を作るよう勧告
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160910-00008096-jprime-pol&p=2

414 :名無しさん@1周年:2016/12/17(土) 22:09:54.09 ID:54r0pfNM0
昔は、「日本のバッハ一族」といえば
尾高家を指してたはずだが
最近は、服部家がそう言われてるのか

415 :名無しさん@1周年:2016/12/17(土) 22:10:00.18 ID:ZotKtdDl0
たかが日本の歌謡曲ファミリーが、バッハ一家と比肩するとかこの記者の程度が知れる

416 :名無しさん@1周年:2016/12/17(土) 22:10:03.73 ID:P7nx8pVSO
>>410
体操は何故か二世が多い
あとスケートは金とコネがないと無理

417 :名無しさん@1周年:2016/12/17(土) 22:10:05.64 ID:rDJtUHzV0
>>410
橋下さんにおいてはあの人天性の頭脳でしょう

政治の世界で世襲が尊ばれるのは、
遺伝的な才能というよりも、あの親父の息子なら大丈夫だろってことじゃないの

育ちの悪い人間に権力を握らせてはならないってことなのかね
自分は人を動かす力がある人物こそがと思うけど、間違えばナチスにも繋がる

418 :名無しさん@1周年:2016/12/17(土) 22:10:06.80 ID:q+qg0EYZ0
ふ、服部…

419 :名無しさん@1周年:2016/12/17(土) 22:10:07.03 ID:6eeI938K0
>>84
俺も部活やってたけど
チームで一番上手い奴と補欠の奴らで明らかに差があるんだよね
同じチームで同じ練習してても
その差は才能と言うしか無いね

420 :名無しさん@1周年:2016/12/17(土) 22:10:35.69 ID:Saibyl540
ミラージュで小一時間。

421 :名無しさん@1周年:2016/12/17(土) 22:11:11.83 ID:wqNyyHot0
芸術は生まれ持った才能が全て。これは芸術の世界では常識
努力でどうにかなるような甘い世界じゃない

422 :名無しさん@1周年:2016/12/17(土) 22:12:41.71 ID:gVZjGMu70
>>406
昔から芸術分野は金持ちの領域だからな
金持ちの自身がやるか支援するもの

423 :名無しさん@1周年:2016/12/17(土) 22:12:58.94 ID:rDJtUHzV0
顔の面積がだだっぴろく腫れぼったい瞼で低く広い鼻がのさばるだだっぴろい顔

こういうの遺伝したくない

うちの父は細長い輪郭にバッサリ睫毛のパッチリお目目
うちの母は小高い鼻に賢い眼差しのクッキリとした小顔首長スレンダー美人

自分はこの2つを足して薄めた顔かな
睫毛バッサバサに程よく大きな目に卵型の輪郭
鼻が低いのはいただけない

424 :名無しさん@1周年:2016/12/17(土) 22:14:11.82 ID:FoFzaEYW0
>>32
エンリケ・イグレシアス(父:フリオ・イグレシアス)とか

425 :名無しさん@1周年:2016/12/17(土) 22:14:35.10 ID:E3krjAOZ0
音大や芸大いってるやつは、ほとんどがアホだったな  ただ漏れなく、お家は立派だった

426 :名無しさん@1周年:2016/12/17(土) 22:15:02.05 ID:DCpsrHFU0
いやいや音楽の才能日本一は今井寿だから

427 :名無しさん@1周年:2016/12/17(土) 22:15:38.66 ID:Y0BogwUh0
まあ何でもそうだよ
芸術やスポーツは分かりやすいから、才能の存在を疑わないけど
他も何でも同じ。そう分かりやすくないだけで何でも才能というものがある
大多数の人は何をするにも普通ぐらいの才能だから
頑張れば多少良くなるけど、突き抜けたレベルにいかない

428 :名無しさん@1周年:2016/12/17(土) 22:15:53.01 ID:qFngoZtc0
遺伝子にも記憶装置があるだけなのにね。

429 :名無しさん@1周年:2016/12/17(土) 22:15:59.24 ID:vI9WMl6H0
そもそも音楽みたいに主観と好みが
反映されるので優劣を語ってもね。

西欧白人のクラシックは音楽機器自体が中東から
パクったものだしあっちの音楽聞きゃヨーロッパのクラシックなんて
亜流模倣の二流三流って分かるよ。

バッハとかモーツァルトとか言った所で
ヨーロッパって田舎の二流三流同士の井の中の蛙の話。

430 :名無しさん@1周年:2016/12/17(土) 22:17:51.80 ID:E3krjAOZ0
スケートや馬術と同じだよ 
カネや。 

431 :名無しさん@1周年:2016/12/17(土) 22:18:11.52 ID:w0DV4FkA0
>>384
>そうして楽してミュージッシャンになろうと考える馬鹿が多くて志望者が
>履いて棄てるほどいるから、何のコネも人脈も無い人間が参入しよう
>としても見返りもなく上に持ち上げてくれることは期待できず、
>成功の見込みは低い。

でもそういう人のおかげで
幼少の頃から英才教育を受けた「音楽家」の食い扶持があるわけで

世界を股にかけて活躍する作曲家や演奏家は有名音大を卒業した人でもごく一部
今は王様がパトロンに付いて音楽家を召し抱えてくれるような時代でもなく
音楽家として独立してやって行くのは茨の道
レコード会社や映画会社やテレビ局と契約したり何ちゃら交響楽団の団員になるのも狭き門
警察や消防や自衛隊の音楽隊も同じ
中学や高校の音楽の先生の職にあるつけた人はまだ勝ち組の部類
大半は音楽家の道を諦めて他の職業に就くか
街に林立する〇〇音楽教室とか××音楽専門学校の講師で食いつないでいる
うちの近所のカワイ音楽教室のピアノの先生も中学校の音楽の先生として採用される日を待ちながらピアノ教室を続けてる

432 :名無しさん@1周年:2016/12/17(土) 22:19:07.01 ID:P7nx8pVSO
>>422
日本はメセナの概念弱いよね
おまけにレンホーが文化庁の補助金仕分けやがった

433 :名無しさん@1周年:2016/12/17(土) 22:19:32.54 ID:FoFzaEYW0
まあ単純な話、親を見て育つってのが大きいんだろうな

434 :名無しさん@1周年:2016/12/17(土) 22:19:44.90 ID:95YzAmvs0
>>425
演奏家は知らんが、クラシック音楽ファンは俗物が多いな。病的な粘着タイプが。

自分も時々クラシックは聴くが、例えばバッハが世界で最高と思ったことは
一度もないね。あと、ジャズが大嫌いなのはたぶん、私の短気な性格が原因だ。

435 :名無しさん@1周年:2016/12/17(土) 22:20:14.73 ID:rODcRMeN0
遺伝性があるにはあるけどある程度って感じ
>>1 で言えば初代は認めるけど、服部の看板なしに2代目以降が音楽で飯食えたかどうか疑問

436 :名無しさん@1周年:2016/12/17(土) 22:20:16.75 ID:5KpwEPcxO
>>429
カッコいいこと言ったつもりで滑ってる典型

437 :名無しさん@1周年:2016/12/17(土) 22:20:57.82 ID:hXUvr1+i0
リズム感ないのは親のせいか
ナルホド

438 :名無しさん@1周年:2016/12/17(土) 22:22:14.79 ID:Saibyl540
どーーどーーどどーー

439 :名無しさん@1周年:2016/12/17(土) 22:22:27.59 ID:ujvpdKLh0
才能と言うより個性、
誰も生み出さなかったオリジナリティー
を持ってる奴が天才だよ
音楽家の家系でもこの天才がなかなか出て来ない
音楽家の素養は遺伝しても天才は滅多に生まれない。

440 :名無しさん@1周年:2016/12/17(土) 22:22:31.42 ID:vI9WMl6H0
グローバルとか言いながら
楽器とか音楽の歴史を語らず、
ポコッとヨーロッパ音楽史だけ教えるから
なんか大本と勘違いする奴が多いんだろうね。

ヨーロッパは音楽でも途上国だったのに。
音楽教育の欠陥指導要領を改善すべきと思うよ

441 :名無しさん@1周年:2016/12/17(土) 22:22:41.71 ID:sMfPFM3m0
まともな親は子供に芸能を勧めたりしない

442 :名無しさん@1周年:2016/12/17(土) 22:22:46.39 ID:+RTc9upv0
>>437
まあ小さい頃に音楽聞かされたり楽器が身近にあれば全然違うだろな

443 :名無しさん@1周年:2016/12/17(土) 22:23:09.02 ID:A1jgtGba0
http://akogaresan.net/goto-midori/

444 :名無しさん@1周年:2016/12/17(土) 22:23:22.56 ID:7AoBW9ZU0
>>1
音楽家は少子家庭が多いよな。それでほとんどは血を繋がないで滅ぶ。
服部隆之だって確か一人娘だろ。先祖と自分は結局無縁仏。

445 :名無しさん@1周年:2016/12/17(土) 22:23:54.51 ID:57dC/flT0
姓が同じでも遺伝子が無関係を実感させるスレタイが目に止まりました

音楽と無関係な分野に進んだし何の問題もないけど

流れ無視の個人的な感想スマソ

446 :名無しさん@1周年:2016/12/17(土) 22:25:26.96 ID:QvLBO00L0
>>4
一年に一回は見たいコピペ

447 :名無しさん@1周年:2016/12/17(土) 22:25:54.85 ID:tKwy70Lv0
むしろ父親が偉大だと、息子は同じ世界では成功できないっていうよな
ショスタコーヴィチとか、ほんとそう思う

448 :名無しさん@1周年:2016/12/17(土) 22:26:11.80 ID:bH9MymDW0
遺伝子とは恐ろしいな

まるで子孫を残したいという気持ちが無くなったよ

449 :名無しさん@1周年:2016/12/17(土) 22:27:09.64 ID:A1jgtGba0
千住真理子
千住明

450 :名無しさん@1周年:2016/12/17(土) 22:27:11.26 ID:I2cCvqcg0
服部克久が最近私の履歴書書いてたが、何も感じるものが無かった。
父の知人の〜さんを紹介してもらい、そのおかげで成功。みたいな話ばっかりで。そういうのは下の交遊抄に一日書いて終わりにしろと。
やっぱりああいうのは自分で道を切り拓いた人じゃないと書いても仕方ないな。最近だとニトリの社長とか。

451 :名無しさん@1周年:2016/12/17(土) 22:29:41.14 ID:P7nx8pVSO
>>450
豊田家が「一代一業」って言うのはそこ
親の作った物に乗っかるだけじゃダメと

452 :名無しさん@1周年:2016/12/17(土) 22:31:30.18 ID:bfaIUNFp0
人を飽きさせないように設計された音楽は疲れる。
わからないのなら聞かなくていいから、という音楽の方が結局は長持ちする。

453 :名無しさん@1周年:2016/12/17(土) 22:34:52.35 ID:rpmqSscy0
>>450
あの欄はDQN自慢か有名人と同級生だった自慢の片方または両方ばかり

454 :名無しさん@1周年:2016/12/17(土) 22:37:41.57 ID:Saibyl540
とバッハ。

455 :名無しさん@1周年:2016/12/17(土) 22:39:25.98 ID:0sq/NKqe0
>>409
>絶対音感あるから、身近な音聞いて音符で表せる
>一回聞いた曲をドレミで表して確認してみたらあってたし

  その程度を「絶対音感」とは言わないよwww その程度なら俺にもあるわw
 絶対音感というのは、自分の頭の中で鳴っている音を即時に楽器で表現できる
 能力を言う。どんなキーでもすらすらと弾ける。普通の人間はドレミファ・・・
 を憶えた上で、それをキーに変換する作業をしなければならないから頭が疲れる
 が、絶対音感の持ち主にはそれがない。

456 :名無しさん@1周年:2016/12/17(土) 22:39:55.29 ID:Saibyl540
そらしーーらそふぁ#そらーーそふぁ#

457 :名無しさん@1周年:2016/12/17(土) 22:41:30.89 ID:F/bECAuJ0
高田賢三の履歴書を飛び飛びで読んでるが
トントン拍子に出世しまくったり上手い話が来たりで逆に笑えたわw

458 :名無しさん@1周年:2016/12/17(土) 22:41:46.36 ID:KM9lpPxk0
>>44
誰だよ
中山田圭吾の方なら父親がミュージシャンだけど

459 :名無しさん@1周年:2016/12/17(土) 22:42:08.73 ID:Saibyl540
やっぱりクラビーアで聞かないと、
面白味が出ない瞬間ってありますよ。

460 :名無しさん@1周年:2016/12/17(土) 22:42:59.15 ID:fDskOQLS0
>>450
音楽が好きでやってるわけじゃないって公言してるからな
しょうがない

461 :名無しさん@1周年:2016/12/17(土) 22:43:07.06 ID:rDJtUHzV0
王道を踏んで(歴史)それでいて人目を惹く個性があればミュージシャンとしてうまくいくってことなのかな

462 :名無しさん@1周年:2016/12/17(土) 22:44:42.06 ID:VfTQgVnQ0
遺伝はあるだろうけど、後天的に鍛えられるよ。
俺がそうだし。
聴きこめば遺伝を超えられるよ。
リズムなんて、どこに取るかがすべてだし、こんなもの理解で遺伝を超えられる。

俺が言いたいのは、聴きこめ!
とにかく聴きこむ。
あと同時に映像も見ろ。
昔のPVがいい。踊ってるから。
いまのはイメージ映像だからあまり意味ない。
80年代の洋楽のPV見ながら演奏してるとこ見て聴け。
90年代はダンスと音。
それ以後の音楽は不要。
基礎は70年代以前にある。
クラシックも重要。

463 :名無しさん@1周年:2016/12/17(土) 22:44:45.09 ID:oNGXjZ7o0
うんこ食わしてバックドロップも遺伝すんのか

464 :名無しさん@1周年:2016/12/17(土) 22:44:54.20 ID:Saibyl540
>>461
雰囲気じゃないですかね

465 :名無しさん@1周年:2016/12/17(土) 22:47:20.91 ID:9trLIrvm0
まずバイオリンなんて金持ちじゃないとできないしなあ

466 :名無しさん@1周年:2016/12/17(土) 22:47:34.93 ID:1nnObXmD0
でも、音楽関係はコネの要素が大きいでしょう?
アニメの音響監督にしてもさ

で、美味しい思いをする

そして、その辺は技術的な進歩で誰にでも学べるようになってきた
もう枯れた技術だ

「諦めさせようとする」上級国民のポジショントークを代弁しても無駄だ
やはりマスゴミは害である

467 :名無しさん@1周年:2016/12/17(土) 22:48:51.84 ID:gVZjGMu70
>>432
戦争で負けて昔からの金持ちってのが結構ダメージ受けたのと
一極集中の結果じゃね?郷土において名士としてなんかしなきゃ
って思いも圧力も薄い

468 :名無しさん@1周年:2016/12/17(土) 22:49:47.35 ID:P7nx8pVSO
>>466
アニメ4大音響監督の中でいちばん評判がよろしくないのは世襲の人

469 :名無しさん@1周年:2016/12/17(土) 22:50:10.85 ID:b7N1YE3G0
>>51
ちょwww

470 :名無しさん@1周年:2016/12/17(土) 22:51:50.90 ID:8J64lD5p0
コネだろバーカ

471 :名無しさん@1周年:2016/12/17(土) 22:52:29.99 ID:8AxF/6jV0
ただの七光りやん

472 :名無しさん@1周年:2016/12/17(土) 22:52:38.62 ID:VfTQgVnQ0
遺伝はある。
だからDNA残すんだし。
生きてる時の行動、志向、経験がDNAに刻まれる。(科学的根拠はないが事実)
そのDNAを受け継いだものは、その記録が行動ベースになる。
いい遺伝子だと、ぼーっと生きててもその記録で行動できるから成功する。
だが、ダメ遺伝子だとしても、意識的にダメパターンから抜け出せるし、それは遺伝子に記録される。
これは科学的根拠ゼロの俺の仮説な。
でもたぶん真理。

473 :名無しさん@1周年:2016/12/17(土) 22:54:15.23 ID:eeYtFLTv0
百音ちゃんは教育ママンから超スパルタ教育を受けさせられて
かわいそう

474 :名無しさん@1周年:2016/12/17(土) 22:54:27.57 ID:U0hsJ3gy0
黒人は音楽のセンスに長けてるよな

475 :名無しさん@1周年:2016/12/17(土) 22:54:53.62 ID:G+k+Tf/BO
ドングリマナコに、への字口も遺伝かな

476 :名無しさん@1周年:2016/12/17(土) 22:55:34.01 ID:P7nx8pVSO
>>467
今でも積極的なのは東急と出光ぐらいか
ソニーは盛田のバカ息子が使い込みする始末

477 :名無しさん@1周年:2016/12/17(土) 22:55:35.39 ID:Saibyl540
実はバッハは、黒人説。

478 :名無しさん@1周年:2016/12/17(土) 22:56:34.58 ID:KM9lpPxk0
>>472
常に一定数クズが必要とされていてその抽選に当たったやつはどうしようとクズになる
不細工も一緒
酷い不細工は子孫を残しにくいはずなのに何十年経っても不細工が減らない

479 :名無しさん@1周年:2016/12/17(土) 22:57:00.20 ID:eeYtFLTv0
幼少期からの超スパルタはバイオリンは時計職人や脳外科医みたいなもので職人だからいいけど
ピアノだと中高くらいで行き詰まるんだよな

480 :名無しさん@1周年:2016/12/17(土) 22:57:37.21 ID:CIRR67TN0
http://storage.mantan-web.jp/images/2016/08/09/20160809dog00m200020000c/001_size8.jpg

481 :名無しさん@1周年:2016/12/17(土) 22:57:52.36 ID:Saibyl540
視力半端ないですから。

ニカウさんとか。

482 :名無しさん@1周年:2016/12/17(土) 23:00:00.95 ID:Dbei/viW0
中学のとき、クラスの男子の小川くんのあだ名がバッハだったな・・・

483 :名無しさん@1周年:2016/12/17(土) 23:02:01.03 ID:Saibyl540
で、今じゃつりたいかゐで

ばっか賞とかもらってるんでしょ

>江川さん

484 :名無しさん@1周年:2016/12/17(土) 23:02:08.19 ID:kC6ieqq90
ワンオクで才能??
単に商売出来る環境だけだろ

485 :名無しさん@1周年:2016/12/17(土) 23:02:38.24 ID:PHCUQAv50
>>462
お前、いいこと言ってる。

>>465
ジプシーフィドルはボロボロの孔が開いたバイオリンでガキが見よう見真似で始める。
そのガキが成長してツィゴイネルワイゼンを自由に弾きこなせるようになる。

486 :名無しさん@1周年:2016/12/17(土) 23:04:55.07 ID:E6I4FTlC0
2代目3代目のパリ国立音楽院も凄いけど何といっても服部良一が凄すぎるな
働きながら夜学で商人の勉強したり苦労して叩き上げで文化面最高の紫綬褒章受章
子どもたちには金をかけて音楽の英才教育

487 :名無しさん@1周年:2016/12/17(土) 23:06:10.97 ID:G+k+Tf/BO
>>475
それは、忍者ハットリ君だろ

488 :名無しさん@1周年:2016/12/17(土) 23:08:02.64 ID:eeYtFLTv0
小林亜星の多彩な才能は受け継がれんかったな

489 :名無しさん@1周年:2016/12/17(土) 23:09:09.88 ID:s9zNkX9R0
もう音楽の才能が必須の時代じゃないからね
宝の持ち腐れで終わるだろう
コネだけで十分生きれるよ

490 :名無しさん@1周年:2016/12/17(土) 23:16:53.39 ID:CaYofZzxO
百音ちゃんをコネで真田丸(下期)の奏者へごりおし。

491 :名無しさん@1周年:2016/12/17(土) 23:20:26.63 ID:Saibyl540
実は、ここなんです。

492 :名無しさん@1周年:2016/12/17(土) 23:21:35.59 ID:ZV69sdby0
夕方クインテッドの人か

493 :名無しさん@1周年:2016/12/17(土) 23:22:49.91 ID:Saibyl540
おーくーのーほーそーみーち

494 :名無しさん@1周年:2016/12/17(土) 23:23:12.88 ID:xJcJHviz0
ちょうどいいところに音楽スレが

たぶんアコーディオンの演奏だと思うんだけど、ずっと曲名が分からないやつがあって誰か教えて欲しい
明るい曲調じゃなくて黒鍵多用してそうな怪しい雰囲気のメロディ

サビ?らしき部分しか知らんけど、
チャラッ チャラッ ジャンジャジャジャーン!みたいな部分を何回か繰り返してる
誰か頼む教えてくれ
乳首見せるからお願いします

495 :名無しさん@1周年:2016/12/17(土) 23:32:55.29 ID:d5t31mB1O
知能の遺伝率は
身長の遺伝率より高い

両親の育て方などの環境要因まで
考慮した統計研究


とはいえ

低い知能×低い知能=高い知能

低身長×高身長=高身長

これも遺伝の結果
確率は低いけどありうる

別に突然変異でも何でもない

496 :名無しさん@1周年:2016/12/17(土) 23:33:54.88 ID:dj5t6vu10
大木兄弟…

497 :名無しさん@1周年:2016/12/17(土) 23:35:41.41 ID:d5t31mB1O
間違い

低身長×低身長=高身長

だとしても

遺伝の結果

498 :名無しさん@1周年:2016/12/17(土) 23:39:45.59 ID:i7lFizWL0
でも、政治家が3代続くと文句を言うのね

499 :名無しさん@1周年:2016/12/17(土) 23:40:05.06 ID:VzZij7+M0
そりゃあ年がら年中、家の中で楽器の音聴いてりゃ
門前の小僧みたいなもんでしょ。

500 :名無しさん@1周年:2016/12/17(土) 23:40:59.30 ID:9WlQsAqI0
普通に金持ちだからじゃね?
環境かと

501 :名無しさん@1周年:2016/12/17(土) 23:43:17.85 ID:80tRemJ00
日本の音楽方向を決定した山田耕筰の家族はどうなん?

502 :名無しさん@1周年:2016/12/17(土) 23:46:21.04 ID:270asSpo0
>>32
ヨハン・シュトラウス二世とか
ちなみに親はヨハン・シュトラウス一世

503 :名無しさん@1周年:2016/12/17(土) 23:50:22.08 ID:oPD779UP0
バッハみたいなおばさんいるよね

504 :名無しさん@1周年:2016/12/17(土) 23:51:15.04 ID:homdc8OO0
>弱冠17才の4代目の服部百音
天は二物を与えず

505 :名無しさん@1周年:2016/12/17(土) 23:53:28.36 ID:0rWXdqY40
遺伝的要素は否定しないが、商業音楽は所詮コネと人脈。

506 :名無しさん@1周年:2016/12/17(土) 23:54:25.47 ID:DS6mQAPo0
服部は料理だろ

507 :名無しさん@1周年:2016/12/17(土) 23:57:36.42 ID:pGsTBLl30
>>485 ルーマニアのジプシー楽団タラフ・ドゥ・ハイドゥークスとかかな
https://www.youtube.com/watch?v=pT4IufMeyYA

508 :名無しさん@1周年:2016/12/17(土) 23:57:43.05 ID:A1jgtGba0
いずれ作曲の仕事も、AIにとられて終わるときがくる。
ましてや演奏も人間でなければならない理由は無い。
結局いったんCDでもネットでもデジタル波形になって
しまうのだから、波形の数値を計算で生成すれば、
どんな音響や音場や楽器の音も原理的には作れるし、
演奏家の癖、指揮者の癖、楽器の癖を分析しつくした
後ではAIにそれらを真似させるのはたやすいことだろう。
誰一人として人間はいない仮想のフルオーケストラ演奏団
とかが可能だ。勿論大編成の混声合唱付きもOK.
 

509 :名無しさん@1周年:2016/12/18(日) 00:05:07.88 ID:3EeG6vnS0
家庭環境と、英才教育の賜物と思われ。
音楽家の一家に生まれれば、ゼロ才児から、高価なグランドピアノやバイオリン、ハイファイオーディオ
セットに囲まれて成長することになる。
生家が文化資本に恵まれない貧困家庭の子女は、全然、勝負にならん。

3才から6才までに音楽教育を始めないと、どんなに遺伝的資質があっても、絶対音感は身につかない
らしい。
というわけで、ヤマハに行けw
いや、皮肉でなく、あそこのメソッドは素晴らしいと思う。
学校に通い出して、音楽の時間に劣等感を感じずに済むだけでも儲けものだし。

510 :名無しさん@1周年:2016/12/18(日) 00:09:01.35 ID:TB0Tb/bY0
>>1
つ 記念樹

511 :名無しさん@1周年:2016/12/18(日) 00:10:12.22 ID:TB0Tb/bY0
>>499
タレントとか政治家もそうなんだけど、2ちゃんじゃ二世三世は目の敵w

512 :名無しさん@1周年:2016/12/18(日) 00:14:17.71 ID:1Hmlb5EB0
コネも才能。

513 :名無しさん@1周年:2016/12/18(日) 00:18:12.02 ID:SsV8BcU40
ベートーベンとかシューベルトに子供はいませんよね

514 :名無しさん@1周年:2016/12/18(日) 00:53:00.98 ID:oYSOM1YW0
最近だね
むかしの幼児番組の音楽の監修を務めてたって知ったのは
こういう文化の底上げをしてくれる人は大切だなあと思うわ

515 :名無しさん@1周年:2016/12/18(日) 01:04:09.22 ID:nWMmOyaF0
>>485
誰だったか高名な演奏家が素晴らしい演奏した後で
バイオリン叩き割って「実はこれは質屋で10ドルで買ったもの。
値段でごまかされないでください」って言った話が好きだわ。

絶対音感も今じゃ訓練しだいで大人でも結構身につくって
分かってきたしね

516 :名無しさん@1周年:2016/12/18(日) 01:08:35.72 ID:ih6oU7rO0
音楽の才能ではなくて
音楽をやる才能なんだと思う
記憶力とか、記憶力とか
あと
集中力も大事
それは音楽の才能ではないんだけど音楽をやっていく上で絶対に必要な能力なんだ

517 :名無しさん@1周年:2016/12/18(日) 01:15:03.34 ID:NxadRWSQ0
>>511
才能がいらない世界ではゴミ。

518 :名無しさん@1周年:2016/12/18(日) 02:39:03.01 ID:cUffjUeK0
>>465
確かに、バイオリン習ってたやつが小学校で3人いたが、3人とも中受して私立行った。
俺もピアノ組で中受したが、ピアノ組は普通に公立に行ったやつも多い。
今考えてみればバイオリン組の方が金持ち比率高かったかも。

519 :名無しさん@1周年:2016/12/18(日) 02:45:12.31 ID:xS8x3aj20
>>465>>518
バイオリンは成金チョン御用達の楽器だからの

ピアノは所得関係なしに
教養として女の子なら習わせるけど


成金にとって子供をゲージツ家にするのがステータスみたいだしw

520 :名無しさん@1周年:2016/12/18(日) 02:47:33.33 ID:xS8x3aj20
>>506
あの校長最近見ないな
生きてるのか?

521 :名無しさん@1周年:2016/12/18(日) 02:49:47.78 ID:yEUEqX8H0
隔世遺伝だろ

522 :名無しさん@1周年:2016/12/18(日) 02:49:49.69 ID:xS8x3aj20
多声音楽を作ったバッハは凄いけど
俺はモーツアルト派 シンプルなのがいい

バッハに傾倒してたショパンも好きだけどね

523 :名無しさん@1周年:2016/12/18(日) 02:52:15.70 ID:xS8x3aj20
>>294
ブサイクな娘は歌の方だから
作曲畑のオヤジとは違う

524 :名無しさん@1周年:2016/12/18(日) 02:56:05.65 ID:abv/yFLu0
環境だろこれ

525 :名無しさん@1周年:2016/12/18(日) 03:14:26.31 ID:BnYb6QYa0
>>1
佐村河内さんの子が世に出てきたら笑うな

526 :名無しさん@1周年:2016/12/18(日) 03:16:51.54 ID:fIjUGd4k0
作曲って言うほど難しくないよ
一定以上のIQと教育環境さえあれば誰でもなれるよ
服部一族は大衆的な俗っぽさがあるから「目立てた」だけでしょ
作曲家的にはむしろ恥ずべきことじゃないの?
服部一族なんてさ

527 :名無しさん@1周年:2016/12/18(日) 03:17:23.54 ID:UsSH+a6zO
HEROのあの糞ダサいBGM誰が担当してんのかと思ったら服部かよ。仰々しいわうるせーわで最悪だったわ。

528 :名無しさん@1周年:2016/12/18(日) 03:18:18.16 ID:1hcNO5vp0
環境に決まってんだろ

529 :名無しさん@1周年:2016/12/18(日) 03:19:48.24 ID:lgU5WyK5O
>>55
うち特別な訓練せんでも祖母から3代絶対音感持ちなんだが…

530 :名無しさん@1周年:2016/12/18(日) 03:20:53.04 ID:h7zwg0vP0
人間てサラブレッドや牛、豚を始めとしてあらゆる生命を品種改良してきたのに
人間の能力や才能の遺伝になると途端に遺伝を否定するよね

531 :名無しさん@1周年:2016/12/18(日) 03:21:40.55 ID:NPf1RFfS0
上級国民が遺伝しているだけだろ
わいオペラに目覚めた両声類だが、ボロアパートだから、夜の女王のアリアを
歌えば純女の絶叫と間違われ、Time to say goodbyeを歌えば夫婦喧嘩として警察来るwwwww
かといってカラオケ行って一人デュエットしてたら前の客のたばこの残り香で喉がやられていて
俺の中の女子がちゃんと歌ってくれなかった
今時楽器なら消音できるからボロアパート住まいの下級国民でも何とかできるけど、
歌はやっちゃだめなんですかね

532 :名無しさん@1周年:2016/12/18(日) 03:23:23.15 ID:BnYb6QYa0
>>16
向き不向きがあるんだよ。
俺と弟はピアノを弾くのが苦手だけど、兄や従兄弟達は幼少期からピアノが得意だった。
兄と弟はギターを弾けるが、俺は苦手
歌は俺が一番上手いと思う。
幼稚園に入る前は俺もバイオリンとピアノを習っていて、バイオリンは簡単だったよ。
父親は楽器と無縁で、母親は琴や三味線のみできる程度

533 :名無しさん@1周年:2016/12/18(日) 03:24:06.64 ID:FwsnLiea0
>>531
女?
何か怖い
ガード下で歌えば

534 :名無しさん@1周年:2016/12/18(日) 03:25:10.07 ID:fIee7t2I0
>>1
>さらにスゴいのが弱冠17才の4代目の服部百音。
さらにスゴいのがこの記者じゃないか。
「弱冠」は二十歳にしか使わないという基本的なことも知らずに、
医学ジャーナリストでございとは、呆れたものだ。

535 :名無しさん@1周年:2016/12/18(日) 03:28:17.74 ID:ATjVSH2X0
だったら小室哲哉の娘はヒットメーカーになれるのかね

536 :名無しさん@1周年:2016/12/18(日) 03:29:13.21 ID:FwsnLiea0
>>534
男子の数え年二十歳のこと。転じて、年が若いこと。

537 :名無しさん@1周年:2016/12/18(日) 03:30:19.93 ID:9iy6TFGW0
バッハに失礼

538 :名無しさん@1周年:2016/12/18(日) 03:31:34.93 ID:KxX//d7Q0
遺伝、あると思う
うちがそうだから

539 :名無しさん@1周年:2016/12/18(日) 03:34:03.24 ID:wTpyYnh90
芸術系はコネだからね。才能も少しはあるのだろうけどね。
何を言ったか、ではなく、誰が言ったかが重要視されがち。
誤魔化せる余地が多分にある。
一方、スポーツ分野ではほとんど親子鷹がない。
数値と技は見ればわかるからね。
採点競技でもない限り誤魔化しようがないから。

540 :名無しさん@1周年:2016/12/18(日) 03:34:13.09 ID:fIee7t2I0
>>536
誤用を認めるのがダメなんだよ。正しい日本語を使うべき立場の人は正しい日本語を使うべき。
「姑息」もこの類で誤用が一般的になってきた。プロとして恥ずかしいと思う。

541 :名無しさん@1周年:2016/12/18(日) 03:35:03.94 ID:jWcK7jgx0
>>399
だから海外留学して親から離れたいのかも

542 :名無しさん@1周年:2016/12/18(日) 03:35:12.14 ID:yE9LibBB0
バッハー族とは何か。ヒャッハー族の支族かと思った ('ω`)

543 :名無しさん@1周年:2016/12/18(日) 03:37:15.05 ID:o2Ig5n5WO
キダ・タローのとこは
別の遺伝子の心配が・・・・・・

544 :名無しさん@1周年:2016/12/18(日) 03:38:49.70 ID:yE9LibBB0
>>540
しかしそういうことをあまり言い過ぎると

「"卑怯" はもと "比興" だった。さらに前は "非拠" だった」

なんてことを言い出されるぞ ('ω`)

545 :名無しさん@1周年:2016/12/18(日) 03:39:01.54 ID:o2Ig5n5WO
坂本龍一と矢野顕子の娘はパッとしなかったよね

546 :名無しさん@1周年:2016/12/18(日) 03:42:44.99 ID:VGdmr9DN0
>>518
俺も中受組(ただし庶民がうっかり良いとこ入ってしまったパターン)だけど
同級生のバイオリン所有率ヤバかったわ
ついでにピアノもギターも出来るのが当たり前みたいな奴ばっか

547 :名無しさん@1周年:2016/12/18(日) 03:46:22.96 ID:h7zwg0vP0
>>540
言葉は生き物、時代の変化とともに意味も使い方も変わる
それが出来なくなったら老害の始まり

548 :名無しさん@1周年:2016/12/18(日) 03:47:10.48 ID:fIee7t2I0
>>544
そういうこととはレベルが違う。

549 :名無しさん@1周年:2016/12/18(日) 03:47:46.50 ID:Y/G8u4Pi0
>>1
作曲と楽器と歌
これみんな音楽に関わるが全然違うもんだろ
歌のうまい人の子供は歌うまい確率高いけど作曲はどうなんだ?
楽器は環境の影響がでかそう

550 :名無しさん@1周年:2016/12/18(日) 03:50:27.93 ID:fIee7t2I0
>>547
ちゃんとした言葉は教養の証だよー。そんなのチョベリバ!マジ?信じらんなーい。
(既に古い)

551 :名無しさん@1周年:2016/12/18(日) 03:51:12.19 ID:zcV0lYeF0
リズム感とか音感は遺伝するかもしれないけど
表現力は一代限りだよ

552 :名無しさん@1周年:2016/12/18(日) 03:51:56.48 ID:pX9o5mShO
服部克久の曲たいしたことないし

553 :名無しさん@1周年:2016/12/18(日) 03:52:49.74 ID:fIee7t2I0
作曲の場合は遺伝もあるけど技能の伝承と言うのもあるだろう。

554 :名無しさん@1周年:2016/12/18(日) 03:53:10.41 ID:r7bsGpgd0
株の能力は遺伝しないみたいだ。

555 :名無しさん@1周年:2016/12/18(日) 03:54:20.48 ID:pX9o5mShO
服部克久なんかつまんねえ曲しかない
あと宮川あきらのマツケンサンバも駄作

556 :名無しさん@1周年:2016/12/18(日) 03:55:23.54 ID:pX9o5mShO
音楽の才能は遺伝しない
一番遺伝するのは運動能力

557 :名無しさん@1周年:2016/12/18(日) 03:56:08.06 ID:pX9o5mShO
ジュリアンレノンとかショーンとか
まったく活躍してないだろ

558 :名無しさん@1周年:2016/12/18(日) 03:56:39.61 ID:h7zwg0vP0
>>550
ちゃんとした言葉、ちゃんとした日本語とはいつの時代の日本語なのでしょうか?
そしてそれで日常生活送ってみてください
教養ある人は自分でアピールしないんだよねー
ま、こんな時間に書き込んでる時点でお察しか

559 :名無しさん@1周年:2016/12/18(日) 03:58:22.55 ID:zcV0lYeF0
バッハー 族かと思った
珍走族みたいな

560 :名無しさん@1周年:2016/12/18(日) 03:58:27.85 ID:pX9o5mShO
音楽界で2世の活躍なんか演奏家だけだよ

561 :名無しさん@1周年:2016/12/18(日) 03:59:09.79 ID:pX9o5mShO
服部克久なんか八代亜紀に書いた曲だって
たいしたことなかっただろ

562 :名無しさん@1周年:2016/12/18(日) 03:59:32.03 ID:fIee7t2I0
>>558
あんたに教養皆無なのは理解した。

563 :名無しさん@1周年:2016/12/18(日) 04:00:05.75 ID:q1AUp9JWO
>>547
自分が間違えた事を正当化する屁理屈が醜いよ

564 :名無しさん@1周年:2016/12/18(日) 04:02:01.23 ID:0slWwBPc0
東京芸大の音楽学部は英才教育のエリートで美術学部は多浪の努力家

565 :名無しさん@1周年:2016/12/18(日) 04:02:35.08 ID:h7zwg0vP0
>>562
惨めだな
ネットの自称教養者なんて私はバカです言っているようなもんだと分からない時点でお前に教養なんて無いから
たまたま知ってた知識使える場面で教養者ごっこやったに過ぎないよ
あー、2ちゃんでしか会話相手いないもんね
まーゴミなりに強く生きてね、リアルで教養者になってください

566 :名無しさん@1周年:2016/12/18(日) 04:02:53.85 ID:pX9o5mShO
服部良一は天才的だよ
胸の振り子、買い物ブギ、ジャングルブギー、一杯のコーヒーから
蘇州夜曲、銀座カンカン娘、東京ブギウギ
夜のプラットホーム、おしゃれ娘、
別れのブルース
全部名曲だよ

567 :名無しさん@1周年:2016/12/18(日) 04:03:27.46 ID:0elIuZfH0
単純に音楽にリソース注げることができるかってことでしょ。
庶民にゃそんな腹の足しにならんことにかまってられまへん。

568 :名無しさん@1周年:2016/12/18(日) 04:03:35.74 ID:h7zwg0vP0
>>563
アスペ乱入わろた

569 :名無しさん@1周年:2016/12/18(日) 04:03:38.00 ID:my8A1zOm0
環境に決まってるじゃん
生れた時から音楽に不自由しない生活してるんだから他の人より秀でるのは当然
試しにこの一族に0歳の養子でも入れて同じように育てて見ろよ
同じように音楽に関して秀でた人間になるから

570 :名無しさん@1周年:2016/12/18(日) 04:04:44.66 ID:pX9o5mShO
たしかに演奏家は環境としかいいようがない
ただ作曲や編曲の才能で遺伝を感じたことはないな

571 :名無しさん@1周年:2016/12/18(日) 04:04:56.85 ID:hPsWkNLJ0
最近の一族と言えば千葉大の山田一族

572 :名無しさん@1周年:2016/12/18(日) 04:05:50.03 ID:q1AUp9JWO
>>568
そこでアスペは意味不明だな、
アスペも生き物で意味がコロコロ変わってんのか?
お前は病気だよ

573 :名無しさん@1周年:2016/12/18(日) 04:06:27.59 ID:o2Ig5n5WO
>>556
室伏にはアスリートと繁殖して欲しかったんだけどな

574 :名無しさん@1周年:2016/12/18(日) 04:07:38.14 ID:N7rdzvXN0
>>417
政治の世界で世襲が尊ばれるのは、
・後援会などの組織がしっかりある
・自分の(親の)係わるコミュニティの仕組みや利害関係を知ってる
からだよ

575 :名無しさん@1周年:2016/12/18(日) 04:09:01.14 ID:fIee7t2I0
>>565
悔しさが5行も書かせたのか、、、

576 :名無しさん@1周年:2016/12/18(日) 04:09:14.44 ID:h7zwg0vP0
>>572
>>547
俺は間違ったこと言ったか?
現に言葉は変化していっているだろう
教養ある人からすれば間違いらしいが、俺は変化の一つとして見るが

577 :名無しさん@1周年:2016/12/18(日) 04:10:21.12 ID:h7zwg0vP0
>>575
教養ごっこご苦労さん
ネットでもゴミって解って良かったな、明日からは現実に生きろよ

578 :名無しさん@1周年:2016/12/18(日) 04:10:22.40 ID:zcV0lYeF0
聴覚優位の遺伝か視覚優位か行動優位?の違いだな

近所に美術コンクールに何度も入賞する子がいるけど
確かに絵は色彩感覚が綺麗で上手なんだけど
すごい音痴でワロタ

579 :名無しさん@1周年:2016/12/18(日) 04:10:39.79 ID:7D9M7cEH0
宇多田ヒカルもな

580 :名無しさん@1周年:2016/12/18(日) 04:12:27.21 ID:pX9o5mShO
作曲のセンスと聴力の良さは ほとんど関係ないだろう

581 :名無しさん@1周年:2016/12/18(日) 04:13:15.17 ID:yVPgGM5e0
野球やサッカー選手の二世ってたいしたことないから
スポーツは関係ないんだね

582 :名無しさん@1周年:2016/12/18(日) 04:13:30.76 ID:WiCUa3eg0
教育によるものだと思うが・・・

583 :名無しさん@1周年:2016/12/18(日) 04:13:54.44 ID:fIee7t2I0
>>576
はいはい、チョベリバ、チョベリバ。プロが書いたものだからダメなんだよ。

584 :名無しさん@1周年:2016/12/18(日) 04:14:07.93 ID:/2I0BAvf0
坂本龍一 X 矢野顕子 = 坂本美雨

585 :名無しさん@1周年:2016/12/18(日) 04:14:37.41 ID:yE9LibBB0
>>550
そんな流行語は問題無い。清少納言の昔から現れては消え現れては消えたものだ。
女の 「そうだわ」 「これだわ」 のような言い方は明治時代に流行り、
当時 "てよだわ言葉" ( 「てよ」 はとっくに廃れた 「よくってよ」 に由来 )と名づけられて非難されたが、
普及し、そして現在消えつつある。
太古の昔からあった若者言葉の類をいちいち採り上げて 「言葉の乱れだ。直さなくてはならん!!!」 と
騒ぐ現代の知識人()の方がはるかに問題だ ('ω`)

586 :名無しさん@1周年:2016/12/18(日) 04:15:58.87 ID:h7zwg0vP0
>>583
 一方、20歳以外についても「弱冠」を使用してよいという考え方もあります。
漢文学者の原田種成氏(故人)は著書「漢文のすゝめ」(新潮選書)の中で、
「後漢書」「文選」での使用例や「礼記」の疏(注をさらに解説したもの)の記述をもとに
「二十歳前後どころか二十九歳までは『弱冠』と言ってよいのである」と指摘しています。
最近の国語辞典を見ると、20歳と特定せず、単に年が若い意味で男女に関係なく 、
13歳、18歳、24歳、34歳……といった幅広い年齢での用例が載っています。

教養ねぇwwwwwww

587 :名無しさん@1周年:2016/12/18(日) 04:19:11.78 ID:fIee7t2I0
>>586
悔しがるなってwww

588 :名無しさん@1周年:2016/12/18(日) 04:20:48.63 ID:S31rFIhdO
近所の、K-POPも出てるから
別に、そんなに無理しなくていいよ?
韓国人の声もなかなかいいもんだし

589 :名無しさん@1周年:2016/12/18(日) 04:21:14.08 ID:h7zwg0vP0
>>587
中途半端な知識ひけらかして恥かいたな
次から気をつけろよ

590 :名無しさん@1周年:2016/12/18(日) 04:21:47.14 ID:8GepZZnZ0
まあ経営者でも優秀な一族ってのはあるわな

591 :名無しさん@1周年:2016/12/18(日) 04:23:02.37 ID:c45ZezTb0
夜な夜な暴走してそう >バッハー族

592 :名無しさん@1周年:2016/12/18(日) 04:23:24.02 ID:XZij6HU30

sssp://o.8ch.net/kfxd.png

593 :名無しさん@1周年:2016/12/18(日) 04:24:10.82 ID:LeV0wpi80
リズム感は黒んぼが一番
次にモンゴロイド

リズム感が一番無いのは白んぼ

594 :名無しさん@1周年:2016/12/18(日) 04:24:59.22 ID:XZij6HU30
バッハも1世代でその後、ロクな音楽家が出ていない事実。
sssp://o.8ch.net/kfxf.png

595 :名無しさん@1周年:2016/12/18(日) 04:26:14.31 ID:XZij6HU30
バッハの遺産で
sssp://o.8ch.net/kfxg.png

596 :名無しさん@1周年:2016/12/18(日) 04:27:46.25 ID:XZij6HU30

sssp://o.8ch.net/kfxi.png

597 :名無しさん@1周年:2016/12/18(日) 04:28:20.55 ID:fIee7t2I0
>>589
http://style.nikkei.com/article/DGXZZO06312200V20C10A4000000
の都合の良いところを抜き出してるのは捏造ともいう。恥ずかしいな。
お前の引用先は
「ただ、「20歳以外は誤り」という考えも根強くありますので、「弱冠」の多用は避け、「 …歳の若さで」などと表記するのが望ましいのではないでしょうか。」
と書いてあるね。

598 :名無しさん@1周年:2016/12/18(日) 04:29:24.96 ID:drtF2D440
遺伝的素養は基本だけど一流の芸術家を作るには
3世代ぐらいの鍛錬と情報の蓄積が必要なんだよな

599 :名無しさん@1周年:2016/12/18(日) 04:31:14.13 ID:UP9wcI570
音楽の才能を生まれつき持ってたとしても全然気づかずに楽器に触れないまま
過ごしてる奴だっているだろ
才能ある奴が全員発現してるわけでもないのにそんな統計が取れるわけないだろ
絶対音感があっても手先が異常に不器用だったなら演奏家にはなれないだろ
さらに作曲にしても高度な音楽の作曲ともなると楽器演奏能力もある程度高くないと
それなりのものは産み出せないとか関連はもちろんある

600 :名無しさん@1周年:2016/12/18(日) 04:32:55.71 ID:XnLQmRQE0
ばっはあ族ってなんだい

601 :名無しさん@1周年:2016/12/18(日) 04:34:28.60 ID:o+wtKxmm0
>>385
音楽できない子にも当てはまるね

602 :名無しさん@1周年:2016/12/18(日) 04:34:29.07 ID:SNs9uO5F0
全員「パクリ」の天才な。節操の無さが遺伝するだけだ。

603 :名無しさん@1周年:2016/12/18(日) 04:34:58.50 ID:GPEpjiMv0
実は歴史に名が残るほどの音楽家になれる
才能があるのにラーメン屋の親父で
一生を終えている人とか普通に居そうだよな

604 :名無しさん@1周年:2016/12/18(日) 04:35:02.80 ID:O1xlfkFl0
作曲と演奏をごっちゃにしてる時点でお察しのレベル

605 :名無しさん@1周年:2016/12/18(日) 04:35:23.14 ID:h7zwg0vP0
>>597
じゃっかん【弱冠】
@

〔「礼記曲礼上」による。二〇歳を「弱」といって元服して冠をかぶったことから〕 男子二〇歳のこと。

A
年が若いこと。 「彼は−二五歳にしてすでに高名な詩人となっていた」 〔「若冠」と書くのは誤り〕

最初は誤用でも少しずつ浸透していって二十歳以外でも使われるようになったって話だろ
二十歳にしか使えないと頑なに主張しているお前の脳が成長止めたんだよ、それで教養者ぶるなって話
正しい言葉とかいい出したら現代の俺達の日常会話はすべて間違いだろうに
脳の腐った老害のしつこさよ

606 :412:2016/12/18(日) 04:38:04.88 ID:fIee7t2I0
>>605
プロが誤用を推進してはダメなんだよと何度言ったら、、、バカなの???

607 :名無しさん@1周年:2016/12/18(日) 04:39:27.07 ID:h7zwg0vP0
>>606
もう誤用では無くなってると思うけどね
変化についていけない自分の腐った脳みそがダメだと思うよ?バカだから無理か

608 :名無しさん@1周年:2016/12/18(日) 04:41:23.97 ID:h7zwg0vP0
>>606
必死に食い下がる、やっすいプライド守るためによう頑張るわ
2ちゃん見てる暇あるなら教養高めるよう本でも読んでいれば良いものを
2ちゃんづけみたいだしこれじゃ教養者になるのは何十年先かねぇ・・・

609 :名無しさん@1周年:2016/12/18(日) 04:43:21.00 ID:fIee7t2I0
>>607
まあ、今後の人生、お前が多数の人から「誤用してる。プ。」と
バカにされ続けるだけのことだよ。
バカは指摘されないだろうけど、心の中でバカ扱いされてる。

610 :名無しさん@1周年:2016/12/18(日) 04:43:36.46 ID:h7zwg0vP0
>>606
そろそろ寝ないといけないからこれで最後にしとくわ
音楽と遺伝の話のスレで言葉の誤用がーっていい出したお前がトンチンカンでバカだからな

611 :名無しさん@1周年:2016/12/18(日) 04:45:11.35 ID:h7zwg0vP0
>>609
お前現実で誰からも相手されてないだろ
ここの書き込みだけで解るわ
自分は賢いという妄想は止めた方がいいぞ、最後のアドバイスな

612 :名無しさん@1周年:2016/12/18(日) 04:45:20.67 ID:bDF9E3rP0
>工藤静香と木村拓哉

ワロタ

613 :名無しさん@1周年:2016/12/18(日) 04:46:48.28 ID:NRNOGW/v0
気にはなったがまさかの弱冠スレだったw

614 :名無しさん@1周年:2016/12/18(日) 04:51:19.06 ID:UP9wcI570
従業員若干名募集ってのは工場の看板にたまに書いてるけどな

615 :名無しさん@1周年:2016/12/18(日) 04:53:25.92 ID:XW98Q7970
環境がメインだよ。
音楽でも芸術でもスポーツでも学問でも、小さいときから触れやすい環境にいる分有利ってだけ

学校などで才能を見出されて叩き上げというケースもあるが、
最近は公教育が規模縮小+習い事教室もカネがないことにはどうしようもないから、
特にその分野とは無縁の庶民階層からの叩き上げが難しくなっている
それを遺伝とこじつける余地ができただけ

616 :名無しさん@1周年:2016/12/18(日) 04:57:12.97 ID:BkYKrCdR0
美術学校で音楽の才能は遺伝するけど視覚芸術の才能は遺伝しないって言われたな
音楽家一家はいるけど、画家の一家はいないそうな
ユトリロとその母親くらいか血縁関係で画家やってたのは

617 :名無しさん@1周年:2016/12/18(日) 05:00:36.17 ID:h9AguTZJ0
キムタクの子供なら環境次第で宇多田ヒカルみたいなの目指せたかもしれないのに

618 :名無しさん@1周年:2016/12/18(日) 05:00:52.58 ID:uyIYRcHg0
宮崎駿の息子ってゴミみたいな映画しか作れなかったよね

619 :名無しさん@1周年:2016/12/18(日) 05:02:12.36 ID:qAzitb9K0
音楽とか才能があっても埋もれてる人間が大半でしょ

どんな才能あっても周りに恵まれなけりゃ無理だし
それ以前に経済力が必須
その2つが最初から存在してる一族は圧倒的に有利だわな

620 :名無しさん@1周年:2016/12/18(日) 05:03:41.69 ID:M5fQa0nd0
日本のキダタロー一族と言うべき

621 :名無しさん@1周年:2016/12/18(日) 05:05:50.31 ID:3yIQbBBA0
>>615
黒人も江戸時代の日本で生まれ育ったら、都都逸とか歌っていただろうしな

622 :名無しさん@1周年:2016/12/18(日) 05:07:06.30 ID:NVvtx7mH0
才能というより売り出すための業界とのつても大きい世界なんだろ

623 :名無しさん@1周年:2016/12/18(日) 05:08:56.85 ID:Q/oYd9Ty0
>「音程」を取る能力は80%が遺伝で決まる


所感
sssp://o.8ch.net/kfy4.png

624 :名無しさん@1周年:2016/12/18(日) 05:15:49.31 ID:3paIV4oa0
声は似る場合があるね

625 :名無しさん@1周年:2016/12/18(日) 05:15:53.19 ID:NVvtx7mH0
緊張してドキドキしたら、リズム感がおかしくなるわ

626 :名無しさん@1周年:2016/12/18(日) 05:17:10.06 ID:UP9wcI570
音感は作曲においてはハーモニーを考える上で差が出るかな

627 :名無しさん@1周年:2016/12/18(日) 05:18:35.79 ID:ue42HhQa0
小さい頃から英才教育受けて、親の七光りの恩恵に預かれば、そりゃかなりの
確率で一人前の音楽家になれるよな。むしろ、格差社会の象徴のような話だと思う。
双子の研究の話は、統計とれるほどのサンプル数も無いだろうから、まともに
信じちゃ駄目だぞ

628 :名無しさん@1周年:2016/12/18(日) 05:19:36.19 ID:Q/oYd9Ty0
書けねぇ φ(._.)
sssp://o.8ch.net/kfya.png

629 :名無しさん@1周年:2016/12/18(日) 05:21:31.59 ID:qHr2Py9/0
>>140
生前のバッハはそれほど売れっ子ではない
当時はヘンデルが一番売れっ子だった

630 :名無しさん@1周年:2016/12/18(日) 05:24:14.99 ID:Q/oYd9Ty0
書けねぇ φ(._.)
sssp://o.8ch.net/kfyd.png

631 :名無しさん@1周年:2016/12/18(日) 05:38:23.95 ID:vfr6kmH10
環境だろ
子供の頃から接していればそれなりに出来るよ
あと、楽器の所持が大きい

632 :名無しさん@1周年:2016/12/18(日) 05:39:07.43 ID:u6mvZdnt0
画家や将棋指しの二世で親並に活躍する奴は滅多に居ないが、音楽家や医者はゴロゴロいる
さて何が違うんでしょうねえ

633 :名無しさん@1周年:2016/12/18(日) 05:40:59.39 ID:ARXGIRW10
>>629
売れっ子はテレマンなんじゃないの

634 :名無しさん@1周年:2016/12/18(日) 05:41:42.76 ID:ue42HhQa0
楽器の演奏は、子供の頃から英才教育受けてる方が、圧倒的に有利だもんな。
そういう環境に生まれないと、一流にはなれないな。

635 :名無しさん@1周年:2016/12/18(日) 05:45:20.85 ID:O9XHeY3e0
バッハは市民を相手にしてないからな
協会に勤めてひたすら神様のために音楽を書いている
今は市民のために音楽を書かなくてはならない時代
それは幸せなことなのか、不幸なことなのか

636 :名無しさん@1周年:2016/12/18(日) 05:45:22.42 ID:/kZZllzd0
日本のバッハ一族って小川さんのことか?

637 :名無しさん@1周年:2016/12/18(日) 05:46:25.78 ID:UP9wcI570
>>632
貧乏人が努力次第で金持ちに対等に勝負出来るからかな
将棋なんてプロ棋士に師事しなくてもコンピューターでひたすら対戦してたら
上手くなったとかいうのも出始めるんじゃね 

638 :名無しさん@1周年:2016/12/18(日) 05:54:17.05 ID:h9AguTZJ0
>>632
親と同じような絵を書いても時代に受け入れられなくて
親が何したら売れっ子になれるのか教えてあげられないんじゃね

639 :苦太郎:2016/12/18(日) 05:54:45.44 ID:ZX3EYtRs0
 
 傍目八目 〜 音楽的才能の傾向と対策 〜
 
 この文章は、そもそもの論旨を誤っている。
 大バッハは、宮廷や教会に勤めるサラリーマンであり、自営の作曲家
ではない。生前とくにヒット曲を出したわけでもなく、子孫もしかり。
 
 大バッハの才能は、音階や転調などの法則や構成を整えた点にあり、
いくつかの定型を発見し、子孫に教育したのだ。したがって、大バッハ
をしのぐオリジナルな傑作は生れず、継承者が輩出したにすぎない。
 
 現代人が求める“音楽的才能”とは、あくまでもヒット・チャートに
選ばれる世俗性にあり、服部一族も忠実なヒット・メーカーであって、
よくいえば“踏襲”わるくいえば“パクリ”の技巧派なのだ。
 
 大河ドラマ『真田丸』のメインテーマは、たしかに佳くできているが、
シベリウスを知る者には「うまくやったな」の域を出ない。
http://twilog.org/awalibrary/search?word=%E7%9C%9F%E7%94%B0%E4%B8%B8&ao=a
 
 モーツァルトは自作“コピー”が多く、ベートーヴェンは“空前絶後”
の試みが主体である。どちらも名声と人気を得たが、子孫は途絶えた。
 要するに現代人は“子孫がトクする才能”を尊重しているのだ。
 
…… 音楽教育は、費用対効果の点で、割が合わないとされています。
https://oshiete.goo.ne.jp/qa/8886877.html(No.1 20150111 13:24)
 三刀流の条件 〜 弦楽器・ピアノ・指揮 〜
 
…… ぼくのパソコンには“バッハ家の人々”など未完の系図が、無数
に収容されている。なにかを研究しはじめると、最初に必要な基本情報
は「生没年月日」なので、すでに約14万人ものデータベースに達した。
 |
 バッハ没後220年(大バッハ&マリア・バルバラの次男/第5子 3男)
 Bach, Carl Philipp Emanuel 17140308 Duitch 17881214 74 /作曲
http://d.hatena.ne.jp/adlib/20080304 Year of commemoration
 

640 :名無しさん@1周年:2016/12/18(日) 05:55:46.53 ID:O9XHeY3e0
日本画は狩野派を抜きに語れないんだが。
そして狩野派は400年間世襲に継ぐ世襲だ。

641 :名無しさん@1周年:2016/12/18(日) 05:56:12.09 ID:UvocNxcu0
ただの世襲だろ。

642 :名無しさん@1周年:2016/12/18(日) 05:57:27.86 ID:nXEBciin0
なにわのモーツァルトとどっちが凄いの?

643 :名無しさん@1周年:2016/12/18(日) 05:58:07.08 ID:WccyIt6f0
服部調理学校の服部一家は料理テクが遺伝するのか

644 :名無しさん@1周年:2016/12/18(日) 06:03:05.64 ID:A1fF8WpG0
ほとんど世襲だろうね。
遺伝的なものがあるとしても、社会関係資本繋がりの性淘汰の結果だろ。
どっちにしろ、環境要因だよ。

645 :名無しさん@1周年:2016/12/18(日) 06:04:46.45 ID:u6mvZdnt0
>>640
そして語るべき画家も作品も生み出さ無かったというね
江戸期の絵画は円山派、南画、浮世絵が代表ですから

646 :名無しさん@1周年:2016/12/18(日) 06:06:04.07 ID:uxFPzvb20
リズム感の遺伝はガチだな
黒人のリズム感すげーし

647 :名無しさん@1周年:2016/12/18(日) 06:07:22.37 ID:A1fF8WpG0
ダーウィンが明らかにしたのは遺伝子の配列ですら、
世代を経た環境要因によって決定されているということだ。

遺伝子還元主義はダーウィンによって論破されている。

648 :名無しさん@1周年:2016/12/18(日) 06:13:54.85 ID:UDUsmZTx0
こんな胡散臭い記事ドヤ顔でよく書けるな
何が遺伝の影響が80%とされるだよ

649 :名無しさん@1周年:2016/12/18(日) 06:21:28.07 ID:L5edmF4m0
父親が調律師
母親がピアノ講師

息子の俺は
http://i.imgur.com/riLCWxB.jpg

650 :名無しさん@1周年:2016/12/18(日) 06:29:14.56 ID:vfr6kmH10
>>649
なんか出場者をバカにしてないか?

651 :名無しさん@1周年:2016/12/18(日) 06:32:16.34 ID:5mqwobeM0
こういう家系では兄弟のうち芽が出なかった奴は存在しなかった事にされる

652 :名無しさん@1周年:2016/12/18(日) 06:37:23.93 ID:O9XHeY3e0
現代美術や現代音楽がやたらオリジナリティを重視するあまり
底の浅いものばかり輩出しているのは残念だ。
世襲制をバカにする人がいるが、世襲制は深いものに到達するための
人類の一つの知恵だ。
狩野派をバカにするが狩野派が400年間もあのレベルを維持してきたことの歴史的意味を思うべし。
そもそも葛飾北斎だって30歳過ぎて狩野派に自ら望んで弟子入りしている。
30歳過ぎてもまだまだ学ぶことがあったということが北斎にとっての幸運だった。

653 :名無しさん@1周年:2016/12/18(日) 06:38:33.27 ID:KuBDF4Hh0
私の想像では成功者から「必要な知識」だけを効率良くマンツーマンで一子相伝される要素も大きいんじゃないかと思います。
とくに音楽というとバッハ以降、ほとんど進歩していない分野ですからね。

一度、この服部一族に【ジャズ】をやらせてみたらどうでしょう?
“本当の実力”の程が浮彫にされるのではないかと思います。

by 鼎 梯仁

654 :名無しさん@1周年:2016/12/18(日) 06:48:05.16 ID:2n3VvvpZ0
ないわー。
著名な人たちの子供を
親から引き離して普通の貧乏家庭で
音楽は部活の吹奏楽部程度で育てて
それでもあきらかに抜群の才能を頻発させるなら認めてやる。
絶対金と家庭環境は大きく関係ある。
普通の職業だってそうなんだから。

655 :名無しさん@1周年:2016/12/18(日) 06:52:37.77 ID:BQR5GjuR0
子供のころから音楽、しかもトップレベルの演奏に触れてるやつは
そもそも土台ちゃうやろ

656 :名無しさん@1周年:2016/12/18(日) 06:54:47.93 ID:dxSfT8RH0
あの毎日遊び歩いてるバッハの子孫名乗ってるチャラい外人芸人

一生遊べていいですねと思うわ
イケメンだし

657 :名無しさん@1周年:2016/12/18(日) 06:58:17.40 ID:9YBjG9a00
それはあるでしょ

http://gojyukyu.zombie.jp/f/8gx0r5

658 :名無しさん@1周年:2016/12/18(日) 07:03:53.00 ID:z0Y3Rm5l0
能力は遺伝だから教育は無意味と言わんばかりの与太記事が最近多いよね
階級の固定化を狙ってんのかどうか知らんけど

まあ、芸能文化なんて売れなきゃそれまでだからね
世襲があっても構わんと思うけど
政治家は別
舵取りひとつで船が沈むこともあるわけで
世襲はふさわしくないんだよね
どうしてもやりたいって言うなら、
むかしの貴族院にあたる参議院で名誉職でやってりゃいい

659 :名無しさん@1周年:2016/12/18(日) 07:31:00.49 ID:vzm2BZJ40
>>おまいら
遺伝で獲得する形質と、持った能力を伸ばす環境と、社会的な成功って全部別な軸の話だろ。

なんかごちゃ混ぜになってるけど・・・。

660 :名無しさん@1周年:2016/12/18(日) 07:43:51.77 ID:pX9o5mShO
作曲の才能は遺伝しない
2代続けて名作曲家は渡辺浦人 岳夫 のみ

661 :名無しさん@1周年:2016/12/18(日) 07:45:34.11 ID:pX9o5mShO
運動能力は遺伝する
例 清宮

662 :名無しさん@1周年:2016/12/18(日) 07:48:02.82 ID:saOYdzSD0
ワグナーなんか兄妹で一番才能がないって子どもの頃は
ハブられてたからな
結果大作曲家になったが、
リストもツェルニーの弟子の頃はろくに練習もしない
ダメダメ生徒だった。

本人の才能が開花しないで埋もれてる人間は山ほどいるだろうね。

663 :名無しさん@1周年:2016/12/18(日) 07:49:04.49 ID:7rC3O5pK0
日本の音楽なんてもう死んでるだろ
握手券でも配っとけ

664 :名無しさん@1周年:2016/12/18(日) 07:50:20.28 ID:CO9ARlzT0
こう言う家庭に生まれて才能がなかったら肩身狭くて鬱になりそう

665 :名無しさん@1周年:2016/12/18(日) 07:52:47.47 ID:pX9o5mShO
しゃかもて隆一の娘
矢沢の娘 甲斐よしひろの娘
用水の娘 谷村しんじの娘
全員才能無いやないか

666 :名無しさん@1周年:2016/12/18(日) 07:54:54.54 ID:pX9o5mShO
森山直太郎だっけ
才能ないやないか

667 :名無しさん@1周年:2016/12/18(日) 07:57:40.18 ID:iwt6QCLu0
注目すべきなのは、犯罪者の子供も犯罪者になりやすいって事
実の親を知らずに里親にあたたかく育てられた子供が、実の親と同じ犯罪をおかした例はたくさんあるらしい
ネットで一時話題になっててソースもあった

668 :名無しさん@1周年:2016/12/18(日) 07:59:48.80 ID:pX9o5mShO
>>667
それは単純に性質が遺伝するからだろ
キレやすいとか暴力的だとか

669 :名無しさん@1周年:2016/12/18(日) 08:04:08.51 ID:vb7kjjxS0
地方高卒ネトウヨの周辺もほぼ水呑百姓の血筋で生まれた土地で死ぬもんな
マイルドヤンキークラスタな

670 :名無しさん@1周年:2016/12/18(日) 08:04:33.29 ID:KdF4FG5Q0
なんとかコンクールで猿回しやってれば?
今は才能が無くても音楽ができる時代だから意味ないわ

671 :名無しさん@1周年:2016/12/18(日) 08:04:54.00 ID:YxBO1ieX0
服部良一は大阪玉造の出身
古代の玉づくり職人の子孫

672 :名無しさん@1周年:2016/12/18(日) 08:06:39.31 ID:pX9o5mShO
錦織は機織りやろ

673 :名無しさん@1周年:2016/12/18(日) 08:09:06.07 ID:GHNr5TwD0
千住兄弟とか画家に作曲家にヴァイオリニストってのも凄いよな

674 :名無しさん@1周年:2016/12/18(日) 08:09:24.46 ID:F8N3OBbD0
服部ゆきおは才能なかったから料理やってんのかね

675 :名無しさん@1周年:2016/12/18(日) 08:11:44.55 ID:pgjMUp2q0
指指立てたら
指指立てたら
魔法の魔法の呪文〜

676 :名無しさん@1周年:2016/12/18(日) 08:15:38.58 ID:mUv3xTDt0
一族であっても
音楽の才能が無いまま生まれた子供にとっては、地獄だな。

677 :名無しさん@1周年:2016/12/18(日) 08:19:10.33 ID:wT8eYzHy0
>>665
そいつらは親父が大した事ないのになんで子供が有能になると思った?

678 :名無しさん@1周年:2016/12/18(日) 08:21:40.84 ID:H/hcMmwc0
遺伝じゃなくて



環境

679 :名無しさん@1周年:2016/12/18(日) 08:23:16.01 ID:qCEPmxsl0
遺伝よりも小さい時に音楽と関わってるかどうかだろ
子供の頃から作曲してるぐらいじゃないと
まあ別に独学でもくそ高い楽器使わなくてもいいと思うが
音にこだわり出すとどうしても高くつくが

680 :名無しさん@1周年:2016/12/18(日) 08:24:56.84 ID:H4jOaKx00
音楽なんて長い間金持ちや貴族の道楽だったから
人類の歴史で音楽に触れる環境にあったのはごく一部の人間だけ
誰もが音楽に触れて楽器演奏できるようになったのってせいぜい30年くらいだし
作品をネットで発表できるようになったのは最近10年
まだまだ世の中に出てきてない音楽的才能はたくさん眠ってるはず

681 :名無しさん@1周年:2016/12/18(日) 08:25:49.41 ID:j/N+4sON0
ベンケバッハ

682 :名無しさん@1周年:2016/12/18(日) 08:27:26.75 ID:FVUUxcCk0
>>668
何かの才能もそれと同じ類だってことだろ
才能もある意味性質なんだよ

683 :名無しさん@1周年:2016/12/18(日) 08:28:47.74 ID:J2H+xUFf0
なるほど
日本人を大量殺戮
日本人殺しに
極まりない快感を得られる
鬼畜快楽強盗殺人鬼の
汚れきったサイコパス遺伝子は
アべノ下痢三チョンに
しっかり受け継がれている訳だw

684 :名無しさん@1周年:2016/12/18(日) 08:29:54.44 ID:/rz3Q6eK0
アイドルやアニソンの曲を作ってる人は才能ないのになんで音楽で生きていけるのだろう?
不思議だよね。まさかあんなゴミみたいな曲を買うバカな国民がいるから?

685 :名無しさん@1周年:2016/12/18(日) 08:33:26.41 ID:uUHHWnsJO
親が音楽の仕事やってる子とか大体歌上手かったから知ってた

686 :名無しさん@1周年:2016/12/18(日) 08:36:03.35 ID:lGxbr1po0
盗作の遺伝子?

687 :名無しさん@1周年:2016/12/18(日) 08:42:05.55 ID:rR8BZa/l0
>>684
買うやつが沢山いればウハウハだろ。
むしろ、なんで生きていけるのかという疑問を持ついお前の頭が不可解。

688 :名無しさん@1周年:2016/12/18(日) 08:53:49.48 ID:h9AguTZJ0
>>659
そもそも音楽の才能ってのが漠然としてるからな
手が小さくてロシア人が作った曲は演奏できないとかだみ声が治らないとかは遺伝の壁だけど
音感やらリズム感やらセンスやらは良くしたい気持ちさえあれば良くできるはずだ

689 :名無しさん@1周年:2016/12/18(日) 08:54:53.39 ID:LKWVhmvY0
身長も遺伝

音楽才能も遺伝

歌の上手さも遺伝

690 :名無しさん@1周年:2016/12/18(日) 08:54:54.73 ID:w1roWA8s0
音楽の才能、って広くいっても「作曲」と「演奏」じゃ全然違うんじゃない?

創造性やあり得ないような着想が必要なのか、再現芸術としての表現力が必要なのかって違いがあるよね。

他にも「指揮」とか「音楽評論」だって才能の一つだと思うけど、正直、「作曲」の才能ってのはやっぱ他と違う気がするなぁ。
「合唱つき」や「幻想」が、後世の交響曲に凄まじい影響力を残したみたいに。

リズム感があれば傑作ができるわけでは無いしねーww

691 :名無しさん@1周年:2016/12/18(日) 09:04:02.33 ID:1TQBnz6Y0
リズム感というより環境だろ。
環境要因とかの方が大きいだろ。

692 :名無しさん@1周年:2016/12/18(日) 09:05:58.80 ID:FwMl3Ml20
政治家の才能も90%位遺伝してそう 老舗の料亭とか和菓子屋100%遺伝
してるぞwww

693 :名無しさん@1周年:2016/12/18(日) 09:08:51.40 ID:FwMl3Ml20
才能が遺伝するというより、才能を生かして職業としてやっていくのに必要な
才能以外のノウハウや人間関係が親子関係によって受け継がれるんだろ

694 :名無しさん@1周年:2016/12/18(日) 09:09:44.58 ID:fq4YQ6la0
黒人のドラムやベースも凄い人が多いような…

695 :名無しさん@1周年:2016/12/18(日) 09:16:02.34 ID:JkvdsRHt0
「服部(克久)先生って、すごいのね。私達(山下夫妻)とスタジオで
おしゃべりしながら、片手でおまんじゅう食べながら、
サササーッとコーラスの譜面書いちゃうの」(竹内まりや談)

696 :名無しさん@1周年:2016/12/18(日) 09:17:32.60 ID:/C+NcmbA0
>>684
服部隆之といえば機動戦艦ナデシコの人という印象だ。
ナデシコのワルツとか良いと思います。

697 :名無しさん@1周年:2016/12/18(日) 09:22:37.80 ID:6scZGdVL0
>>668
前にテレビで見たけど、レイプされた女子高生が妊娠に気付くのが遅れてやむを得ず出産、
生まれた子はとある夫婦に里子に出された

その夫婦はレイプでできた子というのを知った上で引き取っていたが、
性犯罪者の性質を継いでいるかもしれない子供は将来どう育つんだか

赤ちゃんは女児だったのがまだしもだが、将来実の父のことを知ってしまったらグレるのは確実だし

698 :名無しさん:2016/12/18(日) 09:24:14.87 ID:/1Cd9lXC0
ドコモ部長と被害客のバトルガ聞けるサイト
http://do-com.com
ドコモのあまりの悪質さに、ついに総務省が動いた

k

699 :名無しさん@1周年:2016/12/18(日) 09:26:23.80 ID:iwt6QCLu0
>>684
まちがえちゃいけないのは
服部に限らず他の人にも才能があるってこと

服部一族は才能があって遺伝するようだ

A) 性悪の思考→他の人たちには才能がない
B) 性格のいい人の思考→才能は開花してなくても埋もれてる可能性がある、開花させよう

お前は断然Aタイプ

700 :名無しさん@1周年:2016/12/18(日) 09:28:22.62 ID:iwt6QCLu0
>>688
音感→6歳までの教育による
リズム感→生まれつきの才能(日本人はほぼ才能ある)
センス→環境の反映

これは音響心理学で立証されてます

701 :名無しさん@1周年:2016/12/18(日) 09:30:03.40 ID:tC5VIYjk0
>>1
へー
それはそれでいいんじゃない?

702 :名無しさん@1周年:2016/12/18(日) 09:30:39.81 ID:LxE8PCjf0
もっとすごいのは全てが劇伴レベルで曲がどれ一つとして後世に残りそうもないとこだろ
単なるコネで仕事回してるだけの音楽職人一家では

703 :名無しさん@1周年:2016/12/18(日) 09:34:31.87 ID:iC21BdLF0
耳の良さ、喉の強さなど体質的な部分が遺伝することに異論はなかろうよ
努力を惜しまない性質も遺伝するし

704 :名無しさん@1周年:2016/12/18(日) 09:35:06.98 ID:whWwWRdqO
>>431
自衛隊や警察、消防の音楽隊に入るのってそんな難しいんだ?

705 :名無しさん@1周年:2016/12/18(日) 09:36:31.50 ID:iwt6QCLu0
>>702
劇伴レベルというのはちょっとあれかな

服部一族は教科書どおりの曲を量産できるってこと
ビジネスとして一歩ひいて曲を作れるから安定したものをある程度の完成度で量産できるのがすごい

多くの人は音楽に特別な思いとかを込めがちで、破綻する事が多いのと対照的
まんじゅう食べながらコーラスの譜面かけるのも、音符の並びでパターン化されてるものを記憶してるから可能なだけ
そしてそれは音大の作曲科を受験する生徒はほぼ全員できる事です

活躍の場が多いのは、単にコネが強いんだろうな

706 :名無しさん@1周年:2016/12/18(日) 09:36:54.96 ID:vfr6kmH10
>>700
カッコ内は別としてほぼ同感

707 :名無しさん@1周年:2016/12/18(日) 09:39:21.04 ID:MGJIQPut0
盗作じゃん
https://www.youtube.com/watch?v=emy6trY12qg

708 :名無しさん@1周年:2016/12/18(日) 09:40:10.00 ID:jNnWCDHr0
>>139
世間が自分と同レベルだと思ってるバカ

709 :名無しさん@1周年:2016/12/18(日) 09:46:29.21 ID:w8N3SE8Q0
>>669

かわいそうなチョウセンジンwwwwww

710 :名無しさん@1周年:2016/12/18(日) 09:50:06.30 ID:JL78BSqS0
>>707
聞いた曲を譜面として記憶する癖がついてたんだろうな
うっかり出てきてしまう

711 :出雲犬族@目指せ小説家:2016/12/18(日) 09:59:03.58 ID:Jwod4iAG0
U ・ω・) 女子のスポーツ選手なんか、父親がそのスポーツバリバリやってたのばっかり。ほとんど遺伝で決まる。
小説家や漫画家も絵や文章は書けば書くだけ上手くなるが、物語を作る能力は生まれつきでほとんど上手くならない。

712 :名無しさん@1周年:2016/12/18(日) 10:00:49.15 ID:4+EO6xxu0
>>594
>>595
>>596

ワロタw

とにかくバッハは脳が異常としか思えない

713 :名無しさん@1周年:2016/12/18(日) 10:03:51.68 ID:H4jOaKx00
音楽の才能の定義も時代によって移り変わるからな
今なら大衆向けのポピュラーソング作れるか
映画音楽用のオケ曲作れる才能がなきゃ世に出てこれない

714 :名無しさん@1周年:2016/12/18(日) 10:07:19.56 ID:HxNxVKmJ0
最初から環境が整っている中で音楽やっているのに
ほぼ遺伝だって結論なんだから笑える

715 :出雲犬族@目指せ小説家:2016/12/18(日) 10:10:57.03 ID:Jwod4iAG0
U ・ω・) 性格や能力が親子で似るってのはつまり、脳の形や神経網が親子で似るってこと。
顔かたち体型が親子で似るのを認めても、
脳の形が似るのはありえないとか頑なに思い込むような人は、
悪いチョンに騙されてパヨクになっちゃうぞ。

716 :名無しさん@1周年:2016/12/18(日) 10:13:46.89 ID:EnZxPOH90
>>667
それ真実

あと不倫する親餅の子供は、やっぱり不倫する

親が借金平気でする家の子供は、やっぱり平気で借金する


糖質の親餅から糖質の子供も遺伝するしサイコパスも同じく

717 :名無しさん@1周年:2016/12/18(日) 10:14:02.21 ID:i2KKjUi60
>>10
>工藤静香と木村拓哉のところで、一気に嘘くさくなった

同感w
例に無理ありすぎww

718 :名無しさん@1周年:2016/12/18(日) 10:16:20.93 ID:i2KKjUi60
実際は環境>才能>努力の順なんだだけな
まず音楽やる環境が無ければ才能あっても発揮する機会がない
それに、環境に恵まれ才能あっても、努力しなけりゃ次第にダメになるよ

719 :名無しさん@1周年:2016/12/18(日) 10:17:29.44 ID:5j39YdR20
アホ!







のさーかた♪

🎷じゃないですよ

720 :名無しさん@1周年:2016/12/18(日) 10:18:10.34 ID:EnZxPOH90
環境と遺伝だな

ポールマッカートニーも父親が音楽家
息子は若ころポールに似ていたけど今はピザデブハゲで楽器は弾けるが才能無し

他のメンバーの子供たちも楽器は弾けるが才能は無い

721 :名無しさん@1周年:2016/12/18(日) 10:19:54.10 ID:i2KKjUi60
音楽詳しく無い奴に言っとくけど、服部百音なんか別に凄くもなんともないからな
服部一族は段々ショボくなっていってる
掛け値なしに「大作曲家」と呼べるのはご先祖様の良一先生だけだよ(´・ω・`)

722 :名無しさん@1周年:2016/12/18(日) 10:20:04.81 ID:5j39YdR20
手と足を交互に打つんでしたよね。

723 :名無しさん@1周年:2016/12/18(日) 10:23:25.61 ID:5j39YdR20
みーそーしーみーー

724 :名無しさん@1周年:2016/12/18(日) 10:26:46.62 ID:5j39YdR20
トランプとプーチンが合体して

<<<<<トランプーチン>>>>>

725 :名無しさん@1周年:2016/12/18(日) 10:27:06.73 ID:dNQrotag0
あ〜あお〜い〜さんみゃ〜く〜♪
名曲だわな。

726 :名無しさん@1周年:2016/12/18(日) 10:27:54.66 ID:MZpySp6O0
山田一族とバッハ一族ってどっちのほうが政界に影響力あるの?

山田ってのは、千葉大のレイプ魔・山田兼輔のことね

727 :名無しさん@1周年:2016/12/18(日) 10:29:00.72 ID:5j39YdR20
ゆっきわりざーくーらーー

そら♭そふぁみ♭れ

728 :名無しさん@1周年:2016/12/18(日) 10:29:01.11 ID:i2KKjUi60
>>720
ポールの息子はオヤジの名前を汚すドラ息子だよ
比較的優秀なビートルズメンバーの息子達の中でも最低レベル
ポールの芸術的な才能とキュートなルックスは娘のステラに遺伝してる

ジョージの息子はジョージに生き写しかと思うほど似てるイケ面で
ギターの腕前もなかなかのもの
リンゴの息子はドラマーとしても最優秀で大活躍してる

でも、一番凄いのはジョンの二人の息子かな
ジュリアンも良いけどショーンのメロディメーカーとしてのセンスはホント凄い
https://youtu.be/JuYKC28H-x0
親父の名前を汚さないどころか、父親以上じゃないかと思うときある

729 :名無しさん@1周年:2016/12/18(日) 10:30:11.91 ID:gxyV6XVR0
服部一族って時計の方は関係あるのか。

730 :名無しさん@1周年:2016/12/18(日) 10:34:26.83 ID:fONrYSNM0
バッハーっていうからラッパーとかヒッピーの亜種か何かかと思ったろ

731 :名無しさん@1周年:2016/12/18(日) 10:34:57.29 ID:i2KKjUi60
>>37
>服部家の三代目は才能ないだろ

そこそこはある
逆に言えば、隆之は何やっても「そこそこの出来」
例に挙げられてる『HERO』、『半沢直樹』、『真田丸』聴けばわかる

732 :名無しさん@1周年:2016/12/18(日) 10:35:17.39 ID:4+EO6xxu0
>>728
声が親父似なのはわかるが
曲は親父はじめ同世代の作ったピースのツギハギにしか聞こえんぞw

733 :名無しさん@1周年:2016/12/18(日) 10:36:03.58 ID:5j39YdR20
れみ♭ふぁみ♭れどし♭どれどし♭ら♭

あの前後辺りの処理が、常人には出来ない。

734 :名無しさん@1周年:2016/12/18(日) 10:36:30.80 ID:cGJxiNEy0
バッハッハ

735 :名無しさん@1周年:2016/12/18(日) 10:38:22.34 ID:i2KKjUi60
>>42
>遺伝じゃなく環境
>親が成功すると子供は生まれたときからその道のプロの環境

その通り
モーツァルトが5歳から作曲始められたのも
当時高名な音楽教師で作曲家だった父レオポルドの息子に
生まれたからだよ

736 :名無しさん@1周年:2016/12/18(日) 10:38:55.64 ID:+ilijk6z0
統計学的に証明できるくらいサンプルが有れば良いがIQと違って調査も難航しそう

737 :名無しさん@1周年:2016/12/18(日) 10:39:37.84 ID:5j39YdR20
あれは夢の領域に入っていると思う。

ドビュッシーの弦楽四重奏の三楽章だったか位。あの領域を表せたのは。

738 :名無しさん@1周年:2016/12/18(日) 10:40:06.22 ID:4YISpYFB0
楽器の演奏なんて絶対訓練だよ
演歌歌手なんて才能関係ないし

739 :名無しさん@1周年:2016/12/18(日) 10:40:25.94 ID:+ilijk6z0
1説によると3歳でピアノを弾いてないと大成しないなんて話も有るからな
サッカー選手も12歳くらいまでにプレイしてないとテクニックでは劣るなんて話も

740 :名無しさん@1周年:2016/12/18(日) 10:43:30.68 ID:i2KKjUi60
>>732
>曲は親父はじめ同世代の作ったピースのツギハギにしか聞こえん

ジュリアンはそうだけどショーンは違う
アルバム「フレンドリー・ファイア」聴いてみなよ
https://www.amazon.co.jp/dp/B000HOJBSG

ジュリアンはオタク顔のショーンと違ってイケメンだったし
親父が悲劇的な最期を遂げてから数年しか経っていなかったこともあって
「レノン2世」として売り出されたのが失敗だった
父親の若い頃ソックリのルックスでいかにもレノンが作るっぽい曲を
歌わされてかわいそうだったよ(´・ω・`)

741 :名無しさん@1周年:2016/12/18(日) 10:47:42.34 ID:Ed2r4t7MO
服部1号が国民栄誉賞もらえたんだから
坂本龍一にもあげろよ。

742 :名無しさん@1周年:2016/12/18(日) 10:51:15.56 ID:5j39YdR20
>>741

受賞したら死にそう。

743 :名無しさん@1周年:2016/12/18(日) 10:53:31.15 ID:i2KKjUi60
>>46
>冨田勲は親父が医者だったけどすげえ才能を発揮

後にコンピュータを使った音楽で世界的に大ヒット飛ばすことからも
わかるように、音楽に必要な理系の才能と記憶力や集中力という
地頭の良さを受け継いだんだろうな
それに一般庶民を遥かに上回る収入から得られる文化的環境も
それを後押ししたんだろう

744 :名無しさん@1周年:2016/12/18(日) 10:55:52.70 ID:i2KKjUi60
>>55
>絶対音感って才能ってよりも訓練だよね

ほとんどは幼少時の訓練だよ。ただし、指揮者のカラヤンみたいに
生まれつき絶対音感持ってる子どもも、ごく少数ながら存在する

745 :名無しさん@1周年:2016/12/18(日) 10:58:14.98 ID:JNkJFBnF0
>>4
なんか元気出た

746 :名無しさん@1周年:2016/12/18(日) 11:01:04.11 ID:5j39YdR20
でも演歌もプロのこぶしは、根性のあるタイミングでするから、

凄いなあって思う。

747 :名無しさん@1周年:2016/12/18(日) 11:03:09.41 ID:eV4OoW5E0
>音楽の才能は92%が遺伝との説も

まあ、説だけならいくらでもあるな。
血液型性格診断なんかと同レベルの話。

748 :名無しさん@1周年:2016/12/18(日) 11:05:03.59 ID:i2KKjUi60
>>124
>バッハやモーツァルトの子孫は偉大な音楽家なのか?

バッハの長男であるヴィルヘルム・フリーデマン・バッハは
かなり才能あったぞ。本来なら大作曲家になるべき人物だった
https://youtu.be/8J0VZB4rxLY
才能を見抜いた父バッハも一番期待してフリーデマンのために
名曲を多く作ってる
残念なことに世渡りの才能がなく、後年、放浪の日々を続け
貧窮の末に無くなったのが誠に残念

749 :名無しさん@1周年:2016/12/18(日) 11:06:56.11 ID:5j39YdR20
才能あるのに、商売っけがないラーメン屋とか知ってますけど、

似たようなもんですよね。

750 :名無しさん@1周年:2016/12/18(日) 11:15:32.21 ID:5j39YdR20
ピータン、食べます?

751 :名無しさん@1周年:2016/12/18(日) 11:17:05.61 ID:i2KKjUi60
>>294
>ジョンレノンの息子は何かやってるのか?

お前が知らないだけでジョンの息子は二人とも才能ある
特にショーンは凄い。有名じゃないのは、幸か不幸か
生まれつきセレブの家に生まれて、あくせく働く必要がないからだよ(´・ω・`)

752 :名無しさん@1周年:2016/12/18(日) 11:24:19.72 ID:i2KKjUi60
>>339
>音楽とは違うけどルネサンスやバロック時代の画家なんてシステム的にも職人そのもの

その通り。実際は工房だからな
大多数の職人が大先生の指示のもとに大作仕上げてるんだよ
今で言えば、高級ホテルの厨房に近い
総料理長は、どっかと座って何もせず、たまにソースの味を確認して
判断するだけで、実際の料理は全て弟子が作ってる

753 :名無しさん@1周年:2016/12/18(日) 11:30:37.10 ID:5j39YdR20
何ウォールか忘れた。

754 :名無しさん@1周年:2016/12/18(日) 11:33:49.99 ID:5j39YdR20
あ。アンディ・ウォーホルだったや。

755 :名無しさん@1周年:2016/12/18(日) 11:36:23.86 ID:5j39YdR20
ホラー・スタッカート。

756 :名無しさん@1周年:2016/12/18(日) 11:44:17.70 ID:5j39YdR20
黄身だけを♪

757 :名無しさん@1周年:2016/12/18(日) 11:58:19.59 ID:vfr6kmH10
>>744
生まれつきって何でわかるん?
音程は人工的なもんだし

758 :名無しさん@1周年:2016/12/18(日) 11:59:07.70 ID:4+EO6xxu0
>>749
際立って美味いラーメン屋ってほとんどがそうじゃないのかと思う
決して業務拡張しない媒体での宣伝に必死にならない
調子乗って店をデカくしてるとこはクソ
県内一美味いと思うとこは拡張どころか最近フロア縮小したりしてるし
ファンに愛されてやまないのに突然閉店した店もいくつかある

759 :名無しさん@1周年:2016/12/18(日) 12:02:02.23 ID:6vRVWxUL0
Mona Hattori plays Waxman "Karmen Fantasy"
つべで聞いたけどうまいけど
何かが足りない
無理があるし背伸びもあるし
音が出きっていないのが残念
まだまだ修行中

760 :名無しさん@1周年:2016/12/18(日) 12:02:23.01 ID:5j39YdR20
で、モツレクの涙の日なんですけど。

最初はイオンとかオンパレードなのに、
なんで、途中から、分散形なんかが納得いかないし、

イントロでは、ヴァイオリンが、

れーれ みーみ

とかやってんのに、別の章では、ボーカルにそのまま重ね合わせとかすんのか、
意味わかんない。

761 :名無しさん@1周年:2016/12/18(日) 12:04:27.54 ID:EnZxPOH90
>>728
ポールの才能はステラに移行したんだな
ステラは親の七光り無して実力で世界のステラマッカートニーになったからなあ

韓国のバチ物屋でもステラ人気あるよ

762 :名無しさん@1周年:2016/12/18(日) 12:05:42.96 ID:wJ69zFt50
バイオリンに関しては家柄と財力が全てって感じがする

763 :名無しさん@1周年:2016/12/18(日) 12:06:04.39 ID:5j39YdR20
>>758

758で思ったんですが、
なんで名古屋って味噌ラーメン流行らないんですか?

764 :名無しさん@1周年:2016/12/18(日) 12:07:30.63 ID:EnZxPOH90
>>740
声はジョン メロディーはポールだな

765 :名無しさん@1周年:2016/12/18(日) 12:09:18.51 ID:PWh00Qqc0
遺伝ねぇ。単なる生活環境の違いじゃないのか?乳幼児の頃から音楽に触れる環境で過ごせば、
そういう才能が育って当たり前だと思いますよ。宮川さんなんて、パパに半ば無理やり音楽家へ
誘導されちゃった。親父を超える作品を未だに生み出せていない事から、才能より努力の結晶と
思える。

昔、NHKでやっていた「バイオリンのABC」なんかを視てる世代からすると、音楽をやらす親は、
相当の才能を子供に見出している場合を除き、単なる「親のエゴ全開」だとしか思えなかった。

766 :名無しさん@1周年:2016/12/18(日) 12:10:37.05 ID:5j39YdR20
やっぱり、京都と言えば、ますたにみたいに、

イメージと対極な方がヘルのかな。腹が。

767 :名無しさん@1周年:2016/12/18(日) 12:15:19.00 ID:5j39YdR20
蝮の腹心、いかに。

768 :名無しさん@1周年:2016/12/18(日) 12:23:35.31 ID:jSJvgHlu0
顔や体つきは親に似るからな
才能だって遺伝するだろう
むしろ遺伝こそ全てかもしれない
鳶は鷹を生まない

769 :名無しさん@1周年:2016/12/18(日) 12:28:52.25 ID:5j39YdR20
毛利を貪るのかね?民間宅配業者は。

ふでえ野郎どもだなwハネちまえw

770 :名無しさん@1周年:2016/12/18(日) 12:29:55.07 ID:5j39YdR20
トメるに及ばない。

771 :名無しさん@1周年:2016/12/18(日) 12:32:23.32 ID:5j39YdR20
縦ボエ。

772 :名無しさん@1周年:2016/12/18(日) 12:34:32.87 ID:5j39YdR20
しれそれしそふぁ♯られらふぁ♯れ♪

773 :名無しさん@1周年:2016/12/18(日) 12:35:55.63 ID:nWMmOyaF0
>>669
基本的に王様とか貴族とか
金持ちとか言うのは全部水飲み百姓とか
底辺ごろつき、下層土民が卑しい血筋が成り上がってなるものだよ。
世界中どこでも同じ。

戦争に勝って土地得るってなんだ?
要するに底辺ゴロツキが俺のシマとか争ってるの同じレベルで。

774 :名無しさん@1周年:2016/12/18(日) 12:39:15.88 ID:5j39YdR20
夜番としての責務を見してもらった。

ふりかけで、トラ連のがコツだな。

775 :名無しさん@1周年:2016/12/18(日) 12:39:50.63 ID:UP9wcI570
>>646
ファンクとか黒人音楽由来の音楽における特定のノリだろ
「ファンクにおける黒人のリズム感ってやっぱり凄いよな」
って意見としてすでにおかしい

そうした音楽に占める黒人の絶対数も多いわけだろ

776 :名無しさん@1周年:2016/12/18(日) 12:43:54.92 ID:fCizMQ5f0
結局「お金」ということ。

777 :名無しさん@1周年:2016/12/18(日) 12:45:00.61 ID:roWvVbkE0
遺伝じゃないですよ
ソースは音楽家系でもないのに即興でだいたいの楽曲が弾けてしまう俺
日本の音楽教育はただのゴッコ

778 :名無しさん@1周年:2016/12/18(日) 12:46:12.27 ID:vfr6kmH10
>>768
明治の偉人はど田舎からでたのが多いぞ

779 :名無しさん@1周年:2016/12/18(日) 12:46:57.46 ID:i2KKjUi60
>>757
>生まれつきって何でわかるん?

大人(多くは母親)が適当に弾いたピアノの音を
百発百中で当てる幼児っているんだなコレが

780 :名無しさん@1周年:2016/12/18(日) 12:47:23.92 ID:5j39YdR20
ひろしまつりと、よこはまん子は、無駄にナカヌキだもんな。シフォンはじゃないし。

781 :名無しさん@1周年:2016/12/18(日) 12:48:01.26 ID:uA1fXdsk0
> さらに作曲能力など複雑な「音楽」の才能でいうと、実に92%が遺伝だという。
> ちなみに、小説家などの「執筆」の能力は83%が遺伝。同じく「美術」は56%が遺伝で、残りの44%が環境によって変わるという。
> (医学ジャーナリスト)

「という」で腹いっぱい
全部記事書いてる、お前が考えたんだろ

782 :名無しさん@1周年:2016/12/18(日) 12:48:09.48 ID:vfr6kmH10
>>779
いやいや、当てるためにはその前に音程を知ってないといけない
何らかの環境とか外的要因があったはず

783 :名無しさん@1周年:2016/12/18(日) 12:50:12.07 ID:i2KKjUi60
>>764
>声はジョン メロディーはポール

そう。ポールに似てるよね
メロディ作る才能だけならジョン以上の可能性ある
8年に一度しかアルバム発表しない寡作なのが
なんとも残念だよ(´・ω・`)

784 :名無しさん@1周年:2016/12/18(日) 12:55:59.35 ID:3PQMReG/0
日本のハッパ一族かとオモタw

785 :名無しさん@1周年:2016/12/18(日) 13:02:00.57 ID:6v6ShC6b0
そもそも、60人もの音楽家が輩出したのはバッハの一族が
子だくさんの家系だったおかげ。

786 :名無しさん@1周年:2016/12/18(日) 13:11:21.24 ID:VKBDbucB0
性豪=ゲージツ家

787 :名無しさん@1周年:2016/12/18(日) 13:26:18.70 ID:nWMmOyaF0
>〜%が遺伝と言われている

端数まで出してるのが笑えるよな。
いくらでも変わりそうなのに。

788 :名無しさん@1周年:2016/12/18(日) 13:28:16.39 ID:6gPy2A+90
>>35
音楽に限らず、教育熱心な家庭では年300万くらいの負担は珍しくない

789 :名無しさん@1周年:2016/12/18(日) 13:57:36.02 ID:nWMmOyaF0
>>732
つーか親父たち自体がツギハギだよ。
ポール自身が「ビートルズの曲は全部パクリ」って告白してる。

モーツァルトもだけど、ツギハギは意識的に継承できそうだし、
もしくは上手くパクるのが才能か。

790 :名無しさん@1周年:2016/12/18(日) 14:29:36.77 ID:n5xUQo480
「日本のバカ一族」安倍晋三

791 :名無しさん@1周年:2016/12/18(日) 14:32:08.25 ID:URN7J99x0
>>4
わらたwww

792 :名無しさん@1周年:2016/12/18(日) 14:43:43.04 ID:G7VGA5z00
>>498
相続税さえ払ってくれれば文句は言わないよ。

793 :名無しさん@1周年:2016/12/18(日) 14:47:50.82 ID:a4CLckIN0
案の定サムラゴーチスレ

794 :名無しさん@1周年:2016/12/18(日) 14:52:05.64 ID:TcULW9Kx0
>>792
田中真紀子だっけ
相続税払えなくて「目白御殿」を手放したの

795 :名無しさん@1周年:2016/12/18(日) 15:03:24.47 ID:G7VGA5z00
>>526
ピアノやヴァイオリンの演奏家は労力に比べて戻りが少ない。
そう考えると、作曲家になって、ポピュラー音楽を書いた方が割りがいいと思う。
もっと作曲家になるための訓練をさせればいいのに。

796 :名無しさん@1周年:2016/12/18(日) 15:35:54.59 ID:2+ThauS70
加藤茶(Wikipedia)

・・・▼ドリフターズ加入まで

1943年、東京府[1]東京市世田谷区(現:東京都世田谷区)生まれ[2]。5歳の夏の1カ月間だけ、母親の実家・愛媛県新居浜市に住む。

父親が癌を患ったため、母親、妹と共に父親の郷里・福島県福島市に転居し、高校卒業まで福島で育った。実父の平八郎(1915年〜1955年)もギタリストである。学校法人松韻学園福島高等学校卒業後、1961年叔母を頼って上京。

トロンボーン奏者を目指してスターダスターズのバンドボーイをやるが、ある日手当ての100円をマネージャーに催促したところ、マネージャーに100円を投げつけられ、頭に来てマネージャーと喧嘩してクビになる。

その後、先輩から捨てておいてと頼まれたドラムスティックを使い練習、ドラマーとしてクレージーウエストにメンバー入りし、仲本コージ(現・仲本工事)と出会う。

1962年、碇矢長一(後のいかりや長介)と同時期[3]に、「桜井輝夫とザ・ドリフターズ」にメンバー入りした。
 

797 :名無しさん@1周年:2016/12/18(日) 15:36:53.30 ID:Aqngj1Id0
なぜ普通の日本人は日本語が聞けて話せるのか、
なぜ普通のアメリカ人は英語が聞けて話せるのか、
そうして逆はないのか。
答えは、幼少期の環境である。アメリカ人でも
幼少期に早い段階で日本語環境に浸かっていた
ものや、親が日本語を母語としている場合には、
日本語を話す。日本人であってもアメリカで生まれ
育てば、英語を普通に聞いて話せる。

つまり、これに関しては遺伝ではなく環境の
因子が大きい。勿論、普通の日常会話ができる
能力というものは、「天才」というレベルには
程遠いのだが。
人は3歳よりも前の記憶が普通は残らないと
されているが、おそらくその前の段階で脳神経系の
基本的な配線ができあがっているのだろう。
言葉を話すようになる頃に、その能力の一部が
音楽にも転用される。そうして民族性の高い音楽は、
環境によって学習されて、言語と同様に刷り込まれる。

日本人が成年してから努力しても、スラブ民謡や
アフリカの音楽をいわゆるソウルミュージックと
することはできない。日本は文明開化と称して
明治期にそれ以前の音楽を半ば棄てて洋音楽で
教育して洗脳をすることにしたし、敗戦後は
アメリカ音楽に洗脳されてしまっい、自己を
見失っている。そうして魂の音楽を失うことで、
民族パワーもまた減っているのだ。
 アメリカやイギリスのような物まね音楽を
歌い、踊るのはやめよう。真に独立国ならば。

798 :名無しさん@1周年:2016/12/18(日) 15:38:36.88 ID:BkYKrCdR0
読まれないのによく長文書くわー

799 :名無しさん@1周年:2016/12/18(日) 15:40:19.37 ID:PKkAzyoj0
タレントや有名人の二世を肯定しようと必死だな
なんでも遺伝するなら犯罪も遺伝することになるな

800 :名無しさん@1周年:2016/12/18(日) 15:40:35.67 ID:4lEm5eCv0
>>797
長い
三行にまとめろ

801 :名無しさん@1周年:2016/12/18(日) 15:42:30.89 ID:jjKjLx1R0
成功者は環境ありきだし
人間同士の遺伝子は池沼除いて大きく違うってわけでもねえからなあ
あと2世3世は失敗だらけだし 兄弟姉妹でもポンコツいるし
遺伝って言うのはどの業界においても微妙だね

802 :名無しさん@1周年:2016/12/18(日) 15:52:17.87 ID:TcULW9Kx0
>>795
某音大生の人が書いたブログにも書いてあった

音楽家の中でもヒエラルキーがあって
作曲家>>>|越えられない壁|>>>演奏家
とのこと
演奏家が労多くして実り少ないのもその通り

作曲家にも作曲家なりの苦労があって
スクエニやガイナックスみたいに数年に一回大ヒット作を作れば安泰というものでもなく
(もちろんそういう作曲家もいるが)
とにかく数をこなさなきゃならない
五線紙に向かったら数秒で頭の中にメロディーが浮かばなきゃダメ
そのスピードで生涯に渡って一定クオリティ以上の作品を生み続けなきゃならない
四六時中作曲のことを考えていなきゃならない

803 :名無しさん@1周年:2016/12/18(日) 15:58:58.91 ID:Zksf84oy0
>>802
素粒子物理学の理論学者と実験学者の差みたいだな。
建築士と現場のドカタみたいな。(失礼)

804 :名無しさん@1周年:2016/12/18(日) 16:14:06.62 ID:mw8z/lJr0
語学の勉強を始めたのは大学の4回生あたりです!

805 :名無しさん@1周年:2016/12/18(日) 16:15:05.69 ID:mw8z/lJr0
まさに世界を股にかける商社の社長に
世界的に活躍する娘かぁ(これは言い過ぎだが)

806 :名無しさん@1周年:2016/12/18(日) 16:15:49.41 ID:mw8z/lJr0
>>804
一応、授業で扱うフランス文学は英語で読んでたよ
大学の図書館に一通りそろってたから

807 :名無しさん@1周年:2016/12/18(日) 16:16:25.19 ID:0t1REge50
>>802
数秒でメロディーが浮かぶようなのって、作品としては大したもんじゃないでしょ
どんな名作曲家だって、生涯に作れる大ヒット作は数十曲ぐらい
それがあれば印税で食っていけるが、売れない曲を自転車操業みたいに作り続けるのって
それは頭悪いっていうんだよ

808 :名無しさん@1周年:2016/12/18(日) 16:16:51.31 ID:mw8z/lJr0
成功した実業家
成功した音楽家
成功した作家

こういう人たちは20代30代40代で死に物狂いで働いてめっちゃ稼ぐから
後から楽できる
死んじゃう人もいるけどね

809 :名無しさん@1周年:2016/12/18(日) 16:17:30.71 ID:mw8z/lJr0
ま、君には一生億なんて縁がないでしょ

偉そうにのさばりすぎだよ不細工が服着て歩いてるような論外不細工君

810 :名無しさん@1周年:2016/12/18(日) 16:18:40.32 ID:9HZAeY8k0
またレイシストか

811 :名無しさん@1周年:2016/12/18(日) 16:18:55.75 ID:ZNFf7l6n0
環境と教育が重要という内容だった

812 :名無しさん@1周年:2016/12/18(日) 16:19:28.20 ID:mw8z/lJr0
いいか、下を見て安心するな

いくらサラリーマンがいい年して2ch浸りしてるの馬鹿にしてるからって
良い企業に勤めても常に自分で仕事見つけて何か発展させなよ


上を見て精進しよう

813 :名無しさん@1周年:2016/12/18(日) 16:21:39.83 ID:pacIgWEn0
(╭☞•́⍛•̀)╭☞ こういうお金持ち家庭ならいいんだろうけど。

たまたま庶民家庭で音楽の才能ある子が出たら大変。
音楽大学の周辺は風俗店が多いそうだ。
楽器が高いし、授業料も高いし、防音の施されたマンションに住んで練習するから家賃高いし、練習場も高いし、海外留学するとお金がたくさんいるし・・・。

音楽はもはや金持ち家庭の子の進む分野になってきたね。

814 :名無しさん@1周年:2016/12/18(日) 16:22:12.73 ID:gm19HuqC0
環境と教育

815 :名無しさん@1周年:2016/12/18(日) 16:22:58.87 ID:rJRvuJ9R0
親が音楽やってたら日常的に楽器や歌に触れる機会が多くなるし
子供が高い楽器買ったり、レッスン受けるのも理解があるので伸びる
ってことでは?

816 :名無しさん@1周年:2016/12/18(日) 16:26:36.19 ID:+WNNkldL0
>>807
そんなに簡単に認められる曲ができるなら苦労しない。
実際は大量に作った曲のなかではじめて認められる曲ができる。
頭悪いとかそんなレベルじゃないよ

817 :名無しさん@1周年:2016/12/18(日) 16:26:49.71 ID:xZhs/E4Y0
>>42あーあ
言っちゃった笑

818 :名無しさん@1周年:2016/12/18(日) 16:27:06.84 ID:XizpmXbM0
バッファ一家?

819 :名無しさん@1周年:2016/12/18(日) 16:30:52.18 ID:xZhs/E4Y0
>>776これwww
これに尽きるよなwww

820 :名無しさん@1周年:2016/12/18(日) 16:33:29.74 ID:xZhs/E4Y0
貧乏家庭の子供「あたしガクオン留学したい」
親「無理」←終わり

821 :名無しさん@1周年:2016/12/18(日) 16:33:49.15 ID:BkYKrCdR0
子供の頃に高価な楽器買ってもらってスパルタで音楽やらされたが、全くモノにならずに大人になったら絵で食ってる自分みたいのもいる

822 :名無しさん@1周年:2016/12/18(日) 16:38:01.57 ID:xZhs/E4Y0
>>94貧困家庭の子「ピアノひきたい」
親「早く寝ろ」←終わり

823 :名無しさん@1周年:2016/12/18(日) 16:38:58.72 ID:EnZxPOH90
>>789
そりゃあ、曲作りは一気に書き上げるパターンばかりじゃないからな
途中で飯食えば、曲のイメージが変わる
ショパンでさえツギハギ状態だなーと思う曲沢山あるだろ?

824 :名無しさん@1周年:2016/12/18(日) 16:41:57.51 ID:xZhs/E4Y0
日本の国会議員見りゃわかるだろwww
才能とか言ってるやつはパクリロゴ忘れたかよwww

825 :名無しさん@1周年:2016/12/18(日) 16:43:57.72 ID:hXo7xX4x0
>>635
現代音楽は、別に市民のために作曲してるわけじゃないけどね。
調性音楽なんて、逆に現代音楽家なら恥ずかしくて世に出せないよ。

826 :名無しさん@1周年:2016/12/18(日) 16:44:12.16 ID:xZhs/E4Y0
日本の国会議員は世襲ばっかりだけどみんな政治の天才か?www

827 :名無しさん@1周年:2016/12/18(日) 16:44:13.56 ID:4EuY8dCO0
昔から音楽に接してるからでは?
若者はそうでもないが年寄りは音痴多いじゃん

828 :名無しさん@1周年:2016/12/18(日) 16:46:47.89 ID:G35e9q6u0
芸術家に関しては環境だろ
貧乏人と金持ちで集計すると圧倒的に金持ちの家が多い

829 :名無しさん@1周年:2016/12/18(日) 16:48:13.53 ID:ZvBa3edU0
しかし 
音楽で明確な優劣ってよくわからん
ある一定のレベル以上の人らの
コネの要素も大きいんじゃない

830 :名無しさん@1周年:2016/12/18(日) 16:48:46.54 ID:KkJ+d3P40
日本のバッハ一族

浪花のモーツァルト

現代のベートーベン

831 :名無しさん@1周年:2016/12/18(日) 16:48:47.91 ID:BkYKrCdR0
音痴は 耳が悪いか喉が悪いかそもそも感覚がおかしいかのどれか
耳が悪いのはどうしようもないが、あとの2つは訓練次第
それでもなんともならないのが真の音痴、選ばれし者だそうだ

832 :名無しさん@1周年:2016/12/18(日) 16:53:19.29 ID:HfCnVtNV0
絶対音感も遺伝するんだろうな

833 :名無しさん@1周年:2016/12/18(日) 16:57:36.57 ID:IqpAJOEa0
>>831
それじゃあ親からの遺伝かどうかは知らないが
自分の遺伝子のせいか生まれつきってことだろ

その正反対ならどうなるんだ
真の楽聖、選ばれし者が生まれつき出来上がる

834 :名無しさん@1周年:2016/12/18(日) 16:59:54.89 ID:8c2l4nUo0
>>797
学校では西洋音楽を習うのはとうぜんだろう
世界中どこでもそうだ
ジャズやブルースだって西洋音楽で記述される

それと、民族音楽を残すのは別
日本は民謡から琴三味線音楽、雅楽に至るまで全ての時代の音楽を残してる
世界にはないんじゃないのかな
アジアアフリカとか怪しいから

835 :名無しさん@1周年:2016/12/18(日) 17:04:08.33 ID:/pHJjzHs0
音楽についてJPOPが最も公平だと思う

836 :名無しさん@1周年:2016/12/18(日) 17:04:08.81 ID:D27bdKLB0
子供の頃から英才教育すればなるよ
遺伝云々はマヤカシ

837 :名無しさん@1周年:2016/12/18(日) 17:07:20.65 ID:8c2l4nUo0
絶対音感については家にピアノがあるかどうかで決まると思う
弦楽器は音程は動くが、ピアノは一定だからね
子供の頃から聞いてれば覚える

838 :名無しさん@1周年:2016/12/18(日) 17:13:26.03 ID:/pHJjzHs0
才能があっても有名になって大金をつかめないと惨めだな
才能はあるけどバイト生活とか

839 :名無しさん@1周年:2016/12/18(日) 17:15:13.14 ID:6RzuncDn0
いやぁダメだった
子供の頃にずっと家にピアノあったけど
ソルフェージュもやったし聴音訓練もした
初見で楽譜みて演奏できるし音を聴いてメーカーも当てられる
でも絶対音感は身につかなかった

840 :名無しさん@1周年:2016/12/18(日) 17:16:11.52 ID:fCVL24P10
簡単に遺伝子って使えば良いものではなかろ。
遺伝するというなら、広大な遺伝子マップの
どの部分がどの様に影響しているのかちゃんと示さないと。

てか、単に遺伝子云々と書いてあるだけで納得する方もおかしいじゃろ。

841 :名無しさん@1周年:2016/12/18(日) 17:16:17.55 ID:ZbSRdnsk0
人間音叉能力と音楽能力は無関係

842 :名無しさん@1周年:2016/12/18(日) 17:16:25.69 ID:+G2fdZUI0
うん?法門寺写楽の話をしてるのかな?

843 :名無しさん@1周年:2016/12/18(日) 17:18:24.69 ID:0t1REge50
>>816
特に今は作曲をするのにコンペをすることが多いそうなんだけど
何百何千という曲が1つのプロジェクトに集まるそうだ
そうなると地道にどんどん曲を書いても採用される可能性が低すぎて才能が無駄になってしまう
それだったら、そんなところに曲を書いて時間を潰すより、事務所の人とコネを作ったり
自分でプロデュースしてみたり、っていうようなことでも考えた方が絶対いいに決まってる

844 :名無しさん@1周年:2016/12/18(日) 17:22:58.21 ID:0t1REge50
>>841
関係あるよ
絶対音感があればいい作曲家になれるということではないけど
作曲をするには、絶対であれ相対であれ音感が欠かせない
なぜなら、作曲と言うのは基本的に脳内で作るものなんだよね
脳の中でしっかりした音程が作れていないとメロディーやハーモニーの
美しい響きが作れているかどうか分からない
それではいい曲なんかできるわけがないんだよね

845 :名無しさん@1周年:2016/12/18(日) 17:57:21.20 ID:dxUBdpvv0
>>837
後天的に身につくものじゃないよ
高校の同級で芸大現役で行ってプロの音楽家になった奴はそれ持ってたな
普通に日常生活の音とかでもちゃんと判別できる

自分もピアノとかやってたけどプロになるやつとか才能とかって努力で何とかなるものと
ならないものの二つがあるって思った

846 :名無しさん@1周年:2016/12/18(日) 18:00:21.79 ID:o4n1aXUp0
絶対音感とかまだ言ってんのかよ
あれはYAMAHAのピアノ教室

847 :名無しさん@1周年:2016/12/18(日) 18:02:44.38 ID:XnVQiB750
2ちゃんは落ちこぼれ中年のルサンチマンで成り立っていると知った年の暮れ

848 :名無しさん@1周年:2016/12/18(日) 18:09:50.52 ID:mw8z/lJr0
まあ友達の場合、語学的な才能は母方から受け継いでいるものと思われる
ネーミングセンスがありすぎる

父もかなり映画に詳しかったりしたみたいだけど
語学的なセンスがあったのかまでは知らない

849 :名無しさん@1周年:2016/12/18(日) 18:11:36.90 ID:8c2l4nUo0
>>845
全て後天的なの
お前はそいつの赤ん坊の頃に音感のテストでもしたのか?

もちろん才能は別だからな
絶対音感があるかどうか、身につくかどうかは、才能とは関係ない

850 :名無しさん@1周年:2016/12/18(日) 18:12:41.71 ID:yBc4PRWh0
>>29レノンの息子のジュリアンもショーンも曲作りの才能はあるけど、印象に残らない
父親のような育ちからくる、情熱や上昇欲や個性が足りない
表現衝動がないのが致命的だなと思う

851 :名無しさん@1周年:2016/12/18(日) 18:14:37.01 ID:8c2l4nUo0
>>844
ちがう
頭の中でやるもんじゃない
ピアノを使いながら作る
全てを頭でやるわけがない
ベートーベンだってピアノを使ってる
晩年でもいくらかは聞こえたみたいだし

なんで絶対音感を強調するんだろうね
そんなのは才能とも関係ない、ただの記憶だ

852 :名無しさん@1周年:2016/12/18(日) 18:15:13.50 ID:mw8z/lJr0
個性があってはならない
むしろ個性があるらしい工夫を凝らすからね
だから流れるように自然ってなるんだけど

下手糞でも間違いのない完璧な人のほうが有利だと思うよ
99%までいけても100%は無理

853 :名無しさん@1周年:2016/12/18(日) 18:15:56.39 ID:mw8z/lJr0
>>847
ルサンチマン
自分が持ってない物を他人が持っていると僻むこと

854 :名無しさん@1周年:2016/12/18(日) 18:17:10.59 ID:yBc4PRWh0
音楽、楽器、歌、スポーツ、IQみな遺伝だよ
だけどそれだけじゃなくて、才能を伸ばす環境の有無が成功を決める
凡人が金をかけても才能がなければ芽は出ない

855 :名無しさん@1周年:2016/12/18(日) 18:17:13.01 ID:mw8z/lJr0
自分がガムシャラに努力する人間だったらなぁ…
こんなことにクダを巻いている暇があればとっとと何かやってるんだろうに

856 :名無しさん@1周年:2016/12/18(日) 18:18:10.14 ID:mw8z/lJr0
芽は出てるからな…さすがに

むしろそういう人って仕事から寄ってくるみたい
友人も最初はそうだったよ
コネも何も全くない
気分転換に応募して3日後に仕事が決まった

857 :名無しさん@1周年:2016/12/18(日) 18:18:40.40 ID:yBc4PRWh0
>>820親が金持ちで音楽留学できても、モノになるのはまれな世界
貧乏人は最初からはじかれる

858 :名無しさん@1周年:2016/12/18(日) 18:18:58.57 ID:mw8z/lJr0
海外の大学院で英語で論文書く人はIQ130は必要と思われる
心理学の教授が言ってた

859 :名無しさん@1周年:2016/12/18(日) 18:20:31.58 ID:mw8z/lJr0
そういえば手塚治って服部家(武家)の子孫らしいね

その服部とこれとは全く違うのか

860 :名無しさん@1周年:2016/12/18(日) 18:20:49.29 ID:ckKm9SZV0
世の中には平均律ピッタリの周波数じゃない音のが多いんだから絶対音感に拘っても仕方がないし
中学生からギター始めてもみんな耳コピ位は出来る様になるんだから音感は6歳までなのだとしても
保育園の歌の時間とかで必要な音感は身に付いているんじゃないのか
オーケストラをコピって見ろとかは記憶力やオーケストラ的蓄積の問題もあるしじゃあお前ジャズコピれってなるし

861 :名無しさん@1周年:2016/12/18(日) 18:21:33.89 ID:mw8z/lJr0
単にオタクなだけだよ・・・

862 :名無しさん@1周年:2016/12/18(日) 18:21:36.74 ID:yBc4PRWh0
のだめカンタービレの主役二人も金持ちだったな
千秋はおじさんが会社経営、のだめは自営業の親で防音設備のあるマンションに住んでいた
普通のサラリーマン家庭だったらスタートラインにすら立てない

863 :名無しさん@1周年:2016/12/18(日) 18:23:25.97 ID:mw8z/lJr0
ホリエモンが何か初めてから、後で調べたりしてやりながら学べっていうこと言ってたけど
それはあると思う

やりながら何となく感覚、コツをつかんでいく
それが人から読んでもらえる、目を通してもらえるような本番であれば
その積み重ねで磨かれていく

だからどんなに小さな仕事でもやり続けていくんだよね(まあたいていはそれしかないからだが)

864 :名無しさん@1周年:2016/12/18(日) 18:23:56.50 ID:tLoE47Si
数学の力は遺伝しないんだよな

865 :名無しさん@1周年:2016/12/18(日) 18:31:09.38 ID:i2KKjUi60
>>825
>調性音楽なんて、逆に現代音楽家なら恥ずかしくて世に出せない

最近はそうでもない。一部に調性取り入れてる作品がほとんど
「最近の現代音楽」の演奏会に行かずに書き込んでるってバレてるぞw

866 :名無しさん@1周年:2016/12/18(日) 18:31:22.48 ID:lkx8ZgIb0
顔やハゲは遺伝だと言われて納得するのに知能や才能も遺伝と言われるとやたら否定する人って何なんだろう
可塑性があり環境因子も無視できないとはいえ体の一部である脳の基本的機能に遺伝の影響が大きいのは言うまでもないだろ

867 :名無しさん@1周年:2016/12/18(日) 18:33:57.93 ID:BViFXA9j0
だからどうせ買うならオーダーにして2x4にしろと

868 :名無しさん@1周年:2016/12/18(日) 18:36:52.09 ID:i2KKjUi60
>>851
>頭の中でやるもんじゃない ピアノを使いながら作る

ウソつけw
ピアノで音探りながら作曲する、クラシック&現代音楽の作曲家がいるかよw
仮にいても三流作曲家だぞ
マトモな作曲家だったら、すべて頭の中で作曲できるよ
何のために幼少時から音感訓練受けてると思ってるんだ

869 :名無しさん@1周年:2016/12/18(日) 18:38:00.96 ID:mw8z/lJr0
サンプル部分読んでみてね^^

870 :名無しさん@1周年:2016/12/18(日) 18:39:38.62 ID:mw8z/lJr0
いや、ある大物歌手はコンピューター使うって言ってたよ

どの作曲家でもそうでしょ?
ぽわ〜んと浮かんだメロディをコンピューターで輪郭を浮き立たせているのでは?
細かい作業の内容まで把握していないが

小室もB'zもそうでしょ
その大物歌手もデビュー当時はピアノやギターから音創るって言ってたけど

871 :名無しさん@1周年:2016/12/18(日) 18:40:56.03 ID:v6VaivBV0
下手に音楽の才能なんかあると不良債権化するぞ
音楽大学にいっても教師ぐらいにしか成れないだろ

872 :名無しさん@1周年:2016/12/18(日) 18:42:21.50 ID:CzdAZa8e0
>>143
声出してワロタわww

873 :名無しさん@1周年:2016/12/18(日) 18:42:42.24 ID:OfCTLWXo0
あと10年後にはAIが一分くらいで交響曲作るレベルになるからな
作曲家は絶滅寸前になると思うよ

874 :名無しさん@1周年:2016/12/18(日) 18:42:56.81 ID:v6VaivBV0
■音楽はイメージで特別視されすぎ
元々少し気分をチューニングするただの娯楽だから
食えなくなったら趣味でやれ

■これ音楽業界に限ったことではないけど
国が廃れてそれと平行するように
文化も廃れているってだけでしょ


■ぶっちゃけ音楽ってもの自体がそこまで人間の活動にとって必要なものじゃねーからな
売りたい奴は文化の根幹にして指標くらいに語ってるけど結局は女にモテたいがモチベの
バンドマンとそれにひっかかるバカガキがメイン市場の玩具と変わらん

875 :名無しさん@1周年:2016/12/18(日) 18:43:57.21 ID:i2KKjUi60
×音楽大学にいっても教師ぐらいにしか成れない
○音楽大学にいっても教師すら成れない

じゃ卒業して何になるか?
ニートになるんだなコレがw
もしくは楽器店に就職したものの、ブラック企業さながらの
職場環境に泣かされ退職するはめになる

876 :名無しさん@1周年:2016/12/18(日) 18:44:42.23 ID:9fbY81BB0
童貞と処女は絶対に遺伝しないけど
みんなそうなんだよな、少なくともはじめは。

877 :名無しさん@1周年:2016/12/18(日) 18:44:45.24 ID:v6VaivBV0
■フリーターって年とると本当に悲惨だよ・・・
漏れ、正社員だけど趣味でバンドやってるんだが、
やっぱりバンドやってる人にはフリーターが多い。

若い頃はいい。
漏れも「レコード屋でバイトしながらバンドなんていい生活だなー」
なんて思ってたし。実際、フリーターの人達は、
社員の漏れなんかよりよっぽど自由で楽しそうだった。

ところがね、30になると「変わる」。ホントに。びびるよ。
漏れもそろそろ30になっちゃいそうな年齢なもんで、
30になっていったフリーターを結構見てきた。

「あんな明るいハイテンションの人がなんで?」
っていうくらい暗くなっていく。可愛い彼女がいた人も、
いつのまにか別れてる。無職率も増加(バイトがないわけでは無いが、やらない)。
そして見てて一番つらいのが、無理に大物ぶるんだよね。
脇から見てれば人気も無いのに歳くって居座ってるから扱いづらいだけなんだけど
(漏れも人気がないけど)。やってる人ならわかると思うけど、
あの落ち着いた、独特のスカしたような感じ・・・あれが痛々しくみえてくる。

漏れはバンドやりたいひとはガンガンいくらでもやればいいと思う。
ただし、計り知れないリスクが控えている事も心得て欲しい。
趣味でやる範囲だったら十分リーマンでも楽しめる。
社会批判して生きがってるのが様になるのは若いうちだけだとリアルに実感するよ・・・

878 :名無しさん@1周年:2016/12/18(日) 18:45:48.89 ID:aw3iUhQV0
良一は凄過ぎだが他は知らない。

879 :名無しさん@1周年:2016/12/18(日) 18:46:38.09 ID:KuBDF4Hh0
>>863
それはとても良い助言だと思いますね。
とりあえず始めてみることが大切であるという意見にはとても共感を憶えます。

別に意外とつまらなかったらすぐ止めたって良いんです。

と申しますのも文明の発展には博打要素が多分にございますので、
軽い気持ちのチャレンジャーが多いことはとても良いことですし、
そのような軽い気持ちの挑戦が出来る社会を目指した方が、
更に加熱の一途を辿る文明発展競争で有利なのです。

失敗した者を処罰することより、成功した者を存分に讃える世の中に私はして行きたいのです。
(とはいえ、火急の問題は社会保障であろうなと考えておりますが。)

by かもめ党(鼎 梯仁・・・新政府樹立派)

880 :名無しさん@1周年:2016/12/18(日) 18:46:40.25 ID:v6VaivBV0
>>875
親が大学の教授、母親がイスラエル大使の娘か何かで
バンドやってる息子が山の手線に放火して事件になってた
毎月20万ぐらい親が仕送りし続けてたみたい

それ思い出した

881 :名無しさん@1周年:2016/12/18(日) 18:48:51.15 ID:i2KKjUi60
>>877
>可愛い彼女がいた人も、いつのまにか別れてる

女も生活を確立できない男からは逃げていくからなw
女性は結婚とか考える年齢になると不安になるのよ

882 :名無しさん@1周年:2016/12/18(日) 18:48:52.82 ID:Aqngj1Id0
流しのギターの曲を作曲できる人、あるいは歌手が適当に歌う歌謡曲を
作曲できる人、それと大編成のオーケストラの交響曲を作曲できる人
とのギャップは大きいだろうな。

普通の人が、良く知った人が話す声の感じも含めて脳内であたかも声を
聞いているかのように(本当は同じ言葉を話したことがなくても)思い
浮かべることができるように、あるいは本を読んで声を聴いているのでは
ないのにも関わらず、適当に想像した声が聞こえているかのように読める
ように、オーケストラの作曲家は、あたかもオケのフルパートが互いに
音を鳴らしてそれがどのように鳴り響いてハーモニーを醸し出すかが
まるで聞こえているように頭の中で思い浮かべられなければ、仕事になど
ならないだろう。それは才能と訓練のたまものだろう。勿論聞いたことの
無い楽器の音や響きなどは、思い浮かべることは不可能なわけだが、
それでもあったことのない漫画のキャラクター、人間の形をしていなくても
なんとなくそれらしい声を思い浮かべてしまうように、ぼんやりと想像上の
楽器音が聴こえたりするのかもしれない。作曲家は神様の使いだから。

883 :名無しさん@1周年:2016/12/18(日) 18:50:26.50 ID:v6VaivBV0
●クリエイター、アーティストというバクチ職業を夢見て人生狂わした人多数
●特別な自分、個性ある自分、オンリーワンの自分という
マスゴミ報道、教育に騙されて人生狂わせた人多数
●フリーターや第二新卒というリクルートの造語に騙されて人生を狂わした人多数
●不倫や離婚なんて当たり前という左翼・フェミの工作に騙されて人生を狂わした人多数


基本的にここ30年の日本は煽られたら負けの社会です
古くから正しいといわれてる道(世の中の多数派)を歩きましょう


●新卒で入って定年まで勤めましょう
(間違っても留学しろ、起業しろ、とか転職しろ、みたいな煽りに乗っちゃダメです)
●一度結婚したら死ぬまで一緒にいましょう
(間違っても離婚しろ、不倫しろ、という煽りに乗ってはダメです)
●自分の身の丈にあった普通の生活をしましょう
(間違っても個性だ、人と違った自分だ、オンリーワンだという煽りに乗っちゃダメです)
●声優、漫画家、アニメーター、ゲームクリエイターを目指すのはやめましょう
(間違っても、声優学校、アニメ専門学校の煽りに乗っちゃダメです。
クリエイター志望者が多すぎて消費の限界を超えています)

884 :名無しさん@1周年:2016/12/18(日) 18:51:32.04 ID:fgLVxE+N0
芸術家が胃潰瘍を患うくらい苦しんで絞り出した作品を
寝っ転がってポテチ喰いながら鑑賞出来る一般人が最高

885 :名無しさん@1周年:2016/12/18(日) 18:52:16.14 ID:v6VaivBV0
>>881
よっぽど飛びぬけてないと無理だよなー
好きで音楽やったならともかく
親が強制的にピアノやらせたりとかの場合は可哀想だよ

886 :名無しさん@1周年:2016/12/18(日) 18:53:33.75 ID:i2KKjUi60
>>882
>オーケストラの作曲家は、あたかもオケのフルパートが互いに
>音を鳴らしてそれがどのように鳴り響いてハーモニーを醸し出すかが
>まるで聞こえているように頭の中で思い浮かべられなければ、仕事になどならない

よくわかってる。まさにその通り

>それは才能と訓練のたまものだろう

ほとんど幼少時からの訓練だけどな
才能だけで訓練せずにそんな事が出来るなんてあり得ない

887 :名無しさん@1周年:2016/12/18(日) 18:55:20.49 ID:v6VaivBV0
幼児期に1つの英才教育すりゃ、誰でもほぼ天才にはなる。
が、脳のキャパシティは所詮限界があって他の部分が極端に発達しなくなる。
最近日本の幼児期の習い事はむしろ危険って言われつつあるよ。

888 :名無しさん@1周年:2016/12/18(日) 18:57:07.21 ID:cUffjUeK0
>>820
ほんこれ

889 :名無しさん@1周年:2016/12/18(日) 18:57:43.10 ID:KvFcB6Bd0
>>175
それは「ややこし、ややこし」の方な

服部良一と笠置シヅ子コンビだと戦前の『ラッパと娘』はスキャットが日本人離れしててビビる

890 :名無しさん@1周年:2016/12/18(日) 18:59:44.71 ID:v6VaivBV0
【天才対談】 将棋 羽生善治 × 伝説のチェス王者 カスパロフ 3/4
https://youtu.be/8rb4o7m6-W0
カスパロフ
「才能があるかどうかと成功できるかどうかはまた別の問題です」
「才能が必要ないとは言いません」
「努力が伴わないと才能が花開きません」
「努力できることも才能の一つだと思います」
「いやむしろ努力し続けられることこそが才能そのものなのです」

891 :名無しさん@1周年:2016/12/18(日) 19:01:09.64 ID:Q7j7EuuI0
バッハってあんた・・・w

892 :名無しさん@1周年:2016/12/18(日) 19:01:18.90 ID:mw8z/lJr0
>>884
気軽に読んで楽しめるものでも生み出す人間はそんな思いなんだ

893 :名無しさん@1周年:2016/12/18(日) 19:02:19.80 ID:mw8z/lJr0
>>892
読者は気軽に読んでるけど生み出す側は魂注ぎ込んでるんだね

894 :名無しさん@1周年:2016/12/18(日) 19:06:15.01 ID:v6VaivBV0
https://youtu.be/8rb4o7m6-W0?t=536
いつも何か別のことにも挑戦すべき
チェスだけに集中する若いプレーヤーも大勢いる
それが彼らにとって成功への道ならば
それも一つの方法です
私が批判することもないでしょう
しかし私はさまざまな経験を積むほうが人生の助けになると信じています

895 :名無しさん@1周年:2016/12/18(日) 19:09:45.42 ID:oKjDw0B00
>>890
天才は天才といわれると自分の努力を否定されたような嫌な気分になる人が多いんだよ
さすがに才能ある事は分かってるが本人が成功の主原因が才能だと認める事はまず無い
それはあくまで自分の努力を認めて欲しい天才の個人的感情であって必ずしも真実では無いからね
あと浴びるほど受けてきた嫉妬に対する自己防衛でもある

896 :名無しさん@1周年:2016/12/18(日) 19:10:19.50 ID:v6VaivBV0
■【天才対談】 将棋 羽生善治 × 伝説のチェス王者 カスパロフ 3/4
https://youtu.be/8rb4o7m6-W0?t=347
1ゲーム見るだけでも才能があるかどうかは分かります
才能を発見するのは案外簡単です
しかしその子が将来成功できるかどうかは別問題です
なぜなら10歳ぐらいまでの子供たちの中には才能のある子供がたくさんいるからです

むしろ問題なのはそこからどう進歩していくかなのです
そこには性格など多くの要素が絡みます
しかも何が本当に重要なのかもまだよく分かっていません
ですので、チェスの才能を伸ばしていける要素があるのかないのか
それを判断するには時間がかかります
誰もが優秀なチェスプレイヤーになれれば素晴らしいですが
それにはさまざまな条件が関わっています

897 :名無しさん@1周年:2016/12/18(日) 19:14:28.04 ID:v6VaivBV0
>>895
天才の気持ちは分からんけど
才能があって、その上でさらに凄まじい努力を重ねてる人が飛びぬけた世界へ
行ってるような気がするなあ〜

898 :名無しさん@1周年:2016/12/18(日) 19:19:10.77 ID:EnZxPOH90
>>850
ジョンや他のビートルズの子供ってスター性やオーラが
父ちゃんたちと違って無いんだよね
歴史に残らんよ

ポールの息子はハゲだけ遺伝伝達だなあ

899 :名無しさん@1周年:2016/12/18(日) 19:27:33.24 ID:EnZxPOH90
>>883
マスコミの煽りで不倫などで離婚するな
離婚したら人生が借金だらけになるぞ
5千万の家屋をローンで買ってローンの為に嫁パート、勤務先で不倫で離婚、
旦那に残されたのは五千万弱のローンで売るに売れない、遊び相手の不倫相手は
相手にしないしボッシーの貧乏で子供が不幸になるんだよね
不倫離婚本当に止めたほうが良いよ

900 :名無しさん@1周年:2016/12/18(日) 19:28:08.81 ID:oKjDw0B00
>>897
トップ目指すような人はみんなオーバーワーク直前のチキンレース状態で
ほとんどの人はもう更なる努力の余地は無いよ
限界まで努力してるのが当たり前の世界だからこそ才能と金で順位が着く
競技や芸術は大体そう

901 :名無しさん@1周年:2016/12/18(日) 19:28:30.76 ID:w9b8K4Jh0
リズム感は背筋肩甲下筋らへんだろ。
筋トレでうまくなる

902 :名無しさん@1周年:2016/12/18(日) 19:31:29.29 ID:yEUEqX8H0
>>731
あと華麗なる一族
凄い才能じゃないですか

903 :名無しさん@1周年:2016/12/18(日) 19:36:59.97 ID:p1NCHAtI0
ナニワのモーツァルト一族もそうなんだろうか。

904 :名無しさん@1周年:2016/12/18(日) 19:48:39.33 ID:mw8z/lJr0
松もっと面白いレスじゃんじゃんしてくれてええよ
サラリーマンの嫉妬は読みにくい

あと「ナ」の実家は掘っ立て小屋

905 :名無しさん@1周年:2016/12/18(日) 19:50:11.50 ID:mw8z/lJr0
心美さんはフランスの教授から天賦の才能があるとか言われたんだろうね
どうしてこうなったって感じだけど

906 :名無しさん@1周年:2016/12/18(日) 19:51:27.60 ID:mw8z/lJr0
>>904
掘っ立て小屋?
あの家1億超えてるでしょう
金持ちは金持ちですよ

907 :名無しさん@1周年:2016/12/18(日) 20:00:45.36 ID:mw8z/lJr0
>>904
松だけ言えば誤解される。斉藤とかも含めて作家全員。、
人気作家ってやっぱり特殊な才能が必要だと思う
まず時代に受け入れられなきゃならないし、才能どころの話じゃないというわけだが

908 :名無しさん@1周年:2016/12/18(日) 20:06:52.54 ID:mw8z/lJr0
なんだ、松かと思った

暫く存在忘れていたがw

909 :名無しさん@1周年:2016/12/18(日) 20:29:59.10 ID:FtwLO0UY0
工藤静香と木村拓哉のところで一気に嘘くさくなった。

910 :名無しさん@1周年:2016/12/18(日) 20:37:55.57 ID:DLNo0veC0
メロディは理論で作るけどリズムは生理的なものだからな
遺伝は当然大きいよ

911 :名無しさん@1周年:2016/12/18(日) 20:39:59.20 ID:jNDi6pfs0
表現衝動って言ってもビートルズは金のためが
大きいだろ。大衆向け何だし。
バッハは神様のためかもしれんが、
モーツァルトは博打の借金返すための音楽。
シューベルトは風俗行き過ぎて性病になって病院の
ベットの上でロマンチックな曲書いて名作

912 :名無しさん@1周年:2016/12/18(日) 20:44:40.79 ID:ndGzWeb60
>>20
8年近く前の辰巳琢郎の娘のインタビュー
「父に感謝感謝(笑)」

913 :名無しさん@1周年:2016/12/18(日) 20:46:49.98 ID:7JVFvHQf0
・・・・・・・・・・・・・芸術で売れるってのは結局コネによる部分が避けられないと思うんだが
これを言うとあんかんのかw

914 :名無しさん@1周年:2016/12/18(日) 20:49:08.74 ID:jNDi6pfs0
貧困家庭の子「リコーダー吹きたい」
親「蛇が出るからやめろ」←終わり

915 :名無しさん@1周年:2016/12/18(日) 20:50:30.15 ID:QYWxsF7y0
>>4

https://www.youtube.com/watch?v=VgoKUovD9hE

これで判るとか神じゃね?

916 :名無しさん@1周年:2016/12/18(日) 20:54:15.77 ID:yBc4PRWh0
>>911表現活動って不遇な状況からの逃避なんだよ
ジョンレノンが金持ちで親の愛に満たされたイケメンだったら名曲は生まれなかった
満たされない状況から脱出するために、創作の世界で架空の人生を送る
そこから成功できる人はごく一部で大半は成功せずにミジメなまま終わる

917 :名無しさん@1周年:2016/12/18(日) 20:56:20.18 ID:trDt/jrI0
音楽は金持ちしか学べないだけでは

918 :名無しさん@1周年:2016/12/18(日) 21:05:54.34 ID:PPRWTBF10
           ,..-─‐-..、
            /.: : : : : : : .ヽ
          R: : : :. : pq: :i}  そんな訳のわからんこと言うとらんで
           |:.i} : : : :_{: :.レ′    外でボール遊びでもして来いや
          ノr┴-<」: :j|
        /:r仁ニ= ノ:.ノ|!           _
          /:/ = /: :/ }!        |〕)  コツン
       {;ハ__,イ: :f  |       /´
       /     }rヘ ├--r─y/
     /     r'‐-| ├-┴〆    _, 、_  '⌒ ☆
      仁二ニ_‐-イ  | |      ∩`Д´) 
      | l i  厂  ̄ニニ¬      ノ  ⊂ノ    <モオツァルトのかなしさは疾走する
     ,ゝ、 \ \   __厂`ヽ    (__ ̄) )        涙は追いつけない
     / /\_i⌒ト、_   ノrr- }     し'し′
   └-' ̄. |  |_二二._」」__ノ

919 :名無しさん@1周年:2016/12/18(日) 21:18:44.62 ID:mw8z/lJr0
>>902
華麗なる一族もどれ程ヤッカミと嫉妬を浴びてきたか

920 :名無しさん@1周年:2016/12/18(日) 21:19:25.93 ID:mw8z/lJr0
>>909
日本語にすると大げさだけど天性の才能があるから将来は有望ぐらいは言われたんじゃないの

921 :名無しさん@1周年:2016/12/18(日) 21:20:58.97 ID:mw8z/lJr0
自分より圧倒的に劣るものをみてもわざわざ否定する必要ないしやっかまない

上にいるから悪口を言われ妬み僻まれる

田舎のこじんまりとしたカラオケバーで生涯終われば何も言われない

922 :名無しさん@1周年:2016/12/18(日) 21:21:50.94 ID:4d9FpZ/U0
>>887
幼児英語教育も同じようなリスク指摘されてるよね
英語ペラペラだけど日本語ワカリマセーン! な日本人が日本で生きていけるのかと

923 :名無しさん@1周年:2016/12/18(日) 21:22:58.57 ID:qR6iUas90
音楽って理論が確立されてるんだが。

924 :名無しさん@1周年:2016/12/18(日) 22:00:23.70 ID:yBc4PRWh0
>>922英語と日本語は言語の骨格が違うので、バイリンガルにすると
一つの鉢に二つの植物を植えるようなもので、両方とも貧弱な根と葉になる
宇多田ヒカルがバイリンガルだけど日本語も英語も中途半端と言っていた

925 :名無しさん@1周年:2016/12/18(日) 22:03:11.50 ID:fw9yTDMR0
>>899
同意
それが現実的な話だわな
でも被害者の方は一生恨め
恨んでいる自分を責めるなと言いたい

だって、不倫した旦那を恨んでる自分を責めて、メンヘラになって、頭おかしくなった人知ってるけど
サイコ旦那は、妻を頭おかしくなるまで追い込んだ自分に酔ってるだけだからなあ

926 :名無しさん@1周年:2016/12/18(日) 22:03:46.49 ID:n5xUQo480
まさにマイバッハ

927 :名無しさん@1周年:2016/12/18(日) 22:06:54.90 ID:mw8z/lJr0
>>924
商業プロレベルなん?

スラスラ喋るのと書くのでは種類が全く違うんだけど

928 :名無しさん@1周年:2016/12/18(日) 22:07:02.93 ID:fw9yTDMR0
キムタクと工藤静香は音楽の才能ないだろw

929 :名無しさん@1周年:2016/12/18(日) 22:08:14.56 ID:mw8z/lJr0
>>925
ハゲかホモか知らんけど、苦労したんやね

930 :名無しさん@1周年:2016/12/18(日) 22:08:46.19 ID:mw8z/lJr0
出版レベルなのって聞いてるんだけど

931 :名無しさん@1周年:2016/12/18(日) 22:09:16.96 ID:+eDC2CfZ0
>>917
バカ発言にもほどがあるw 20世紀の芸術音楽であるジャズとロック(マジ)は、
下層階級から生まれたんだぜw アカデミックな音楽を追求したシェーンベルク、バルトーク、
ストラビンスキーよりもジャズとロックの方が遥かに影響力の深い芸術なんだよ www

932 :名無しさん@1周年:2016/12/18(日) 22:09:33.07 ID:mw8z/lJr0
帰国子女、もしくは育った環境がアメリカだっただけで才能も何も関係ないでしょ

933 :名無しさん@1周年:2016/12/18(日) 22:10:19.07 ID:mw8z/lJr0
音楽と語学の才能を一緒のように語るからおかしくなる

帰国子女レベルのバイリンガルなら履いて捨てるほどいるしレアでもなんでもない

934 :名無しさん@1周年:2016/12/18(日) 22:11:35.74 ID:mw8z/lJr0
>>930
次元が違うんだよ
別の分野で秀でてるのかもしれないが一緒にするなと言いたい

935 :名無しさん@1周年:2016/12/18(日) 22:12:34.82 ID:mw8z/lJr0
>>930
念押しするけど帰国子女でも出来る人いないから

936 :名無しさん@1周年:2016/12/18(日) 22:15:30.58 ID:+eDC2CfZ0
>>910
>メロディは理論で作る

  ほう、シューベルトの独創的な転調は理論で造られたのかw 「イン・ザ・ムード」の
 3拍子と4拍子が交代するメロディーも理論で造られたのかw
   

937 :名無しさん@1周年:2016/12/18(日) 22:17:22.72 ID:mw8z/lJr0
念押しするけど
帰国子女はぱっと見英語ができるだけで書けない
商業プロレベルのライターと一緒にするな


不愉快だから2度と言わない

938 :名無しさん@1周年:2016/12/18(日) 22:19:22.62 ID:M7clE+wM0
             ii i ミ??
             lli i ミ;
            (・ω・ ミ バッハー
             ┳⊂ )
            [@]|凵ノ⊃
             ◎の□◎ =3 =3
    ,,.. - ''' "~ ~^
          ,: '"
        //  ひ
      ,' / ゃ
     i .l っ
.    | 、 は
    、.\ ヽ  あ
      、 \ . ヽ ._  !
         丶.   ‐  _
           ` ‐ _     ̄ ,(´・ω・)
                   ー(,, O┬O
                   ())'J_))

939 :名無しさん@1周年:2016/12/18(日) 22:25:21.20 ID:mw8z/lJr0
ヒカルはきちんとした日本の教育を受けてないしインターナショナルスクール出身でアメリカの州立大学(偏差値低い)出てるでしょ

きちんと成長過程を日本の学校で教育を受けて日本の大学出て後から語学始めた人と一緒にならない

そもそも語学で確立している実績も同じにならない

2度と話題にするな 分かったな

940 :名無しさん@1周年:2016/12/18(日) 22:31:29.13 ID:M7clE+wM0
ナイアガラトライアングル  浜田省吾 小田和正 松山千春 松田聖子 宇多田ひかる 鬼束ちひろ B'z 桜井和寿 天野月子  
これ以外は歌と認めない

941 :名無しさん@1周年:2016/12/18(日) 22:31:44.65 ID:mw8z/lJr0
ニューヨークの小学校に通っていた頃は2年から4年に飛び級しており[要出典]、
日本では清泉インターナショナルスクールに通っていたが[要出典]、
芸能活動禁止の学校であったためアメリカンスクール・イン・ジャパン(ASIJ)に転校した[要出典]。
ASIJでも1年飛び級しており、コロンビア大学のバーナードカレッジに進学するが休学の末に中退している


アメリカ人です

942 :名無しさん@1周年:2016/12/18(日) 22:33:14.03 ID:mw8z/lJr0
>>941
インターナショナルスクールはものすごくお金かかるよね
さすが有名女優の娘
親よりも光ったけど

あとバーナードカレッジはコロンビア大学とは関係無いです


だから音楽の天才ヒカルはともかくアメリカ育ちのバイリンガルは普通って言ってるの

943 :名無しさん@1周年:2016/12/18(日) 22:34:30.22 ID:mw8z/lJr0
松田聖子って水樹奈々に似てるね
顏と頭のでかさが

944 :名無しさん@1周年:2016/12/18(日) 22:35:15.78 ID:mw8z/lJr0
はぁ、高尚なお嬢様のプライド高い


これ以上続けるとヒステリっぽいからやんぺ

945 :名無しさん@1周年:2016/12/18(日) 22:37:01.78 ID:M7clE+wM0
>>940
おっと平原綾香のBLESSING 祝福を忘れてたわ
http://www.dailymotion.com/video/xzf7or_%E5%B9%B3%E5%8E%9F%E7%B6%BE%E9%A6%99-blessing-%E7%A5%9D%E7%A6%8F_music

946 :名無しさん@1周年:2016/12/18(日) 22:46:01.02 ID:FtwLO0UY0
フックブックローの人ね。

947 :名無しさん@1周年:2016/12/18(日) 22:46:26.62 ID:mw8z/lJr0
ちなみに最近読んだ伝記によると
偉人作家はどれも(貴族の血が入っていても)貧しく
「名声を浴びたい」「金儲けしたい」という人間らしい欲がモチベーションとなって彼らを駆り立てて行ったみたいです


イギリスの古典作家でも金持ちはヴァニティ・フェアの作者ぐらいで
ディケンズとかかなり貧しかったみたい
金持ち出身で成功者っていうのはあまり聞いたことがありません

948 :名無しさん@1周年:2016/12/18(日) 22:47:11.01 ID:mw8z/lJr0
ほんと貧乏くさくて卑しい僻み

949 :名無しさん@1周年:2016/12/18(日) 22:48:37.50 ID:mw8z/lJr0
>>947
サッカレー
貴族の息子で留学先で散々放蕩した金持ちの道楽息子

それと対比されるのが子供時代に苦労したディケンズ

950 :名無しさん@1周年:2016/12/18(日) 22:53:56.72 ID:j3g/MiiJ0
何でも良いから信じて突き進めよ
やらないよりは百倍もまし
何にもならなくても悔いはないだろう

951 :名無しさん@1周年:2016/12/18(日) 22:56:01.34 ID:qvrUL6xo0
ビートルズはゴーストだろ。
明らかにクラシックやってないと出来ないような転調とかあるし。

遺伝なら子供たちも凄いはず

952 :名無しさん@1周年:2016/12/18(日) 22:59:29.29 ID:EjWunRL/0
パパバッハ並の対位法できる親戚はいないべ
当時はJFとCPEが人気だったみたいだけど

953 :名無しさん@1周年:2016/12/18(日) 23:09:54.32 ID:PdQguBAt0
>>924
マシ・オカは日本語も英語もアカデミックレベルだとwiki先生が言っていて
日本で生まれてカナダで育った自民党議員も、多分両方アカデミックレベル
教育と本人次第なのかな

知人の日加ハーフは、日英両方雑談ならば問題いレベル(敬語を使えない)だった
生い立ちを聞いた限り、日加を行ったり来たりしたけど語学のサポートは無しで
両方がgdgdになったっぽいけど、日英仏を聞き取れる耳は持ってた

音楽も語学も、幼児教育の有無で大きく差が出るのは「耳」なのかな

954 :名無しさん@1周年:2016/12/18(日) 23:26:00.13 ID:mw8z/lJr0
貴族の出で道楽と放蕩で破産したサッカレー

かいつまんだ内容は↓
https://kotobank.jp/word/%E3%82%B5%E3%83%83%E3%82%AB%E3%83%AC%E3%83%BC-69147

955 :名無しさん@1周年:2016/12/18(日) 23:27:27.31 ID:mw8z/lJr0
>>953 アカデミックレベルって何?
猫も杓子も大学行ってるけど

956 :名無しさん@1周年:2016/12/18(日) 23:30:15.13 ID:yBc4PRWh0
>>953マシオカは特別IQが高くて、そういう子供ばかり集めた学校に行っていた
そこの友達の多くが医者や弁護士になったとインタビューで答えていた
マシオカは一般人とは違う

957 :名無しさん@1周年:2016/12/18(日) 23:35:00.00 ID:nWMmOyaF0
>>951
パクリ元ががそのまま反映されただけだろ。
理論とか理解して無くても。
inmylifeの間奏ピアノみたいにバッハから丸ごと
つまんだりしてたし

958 :名無しさん@1周年:2016/12/18(日) 23:36:12.74 ID:mw8z/lJr0
>>956
そうなんだ…
見た目がアホっぽいから(失礼)
超意外
情報ありがとうございます

959 :名無しさん@1周年:2016/12/18(日) 23:36:21.27 ID:lgU5WyK5O
>>956
マシオカって子供の頃、ギフテッド教育受けさせる為に親がわざわざ渡米させたって人だっけ?

960 :名無しさん@1周年:2016/12/18(日) 23:44:23.08 ID:yBc4PRWh0
>>947偉人や有名人の貧乏自慢はあてにならないよ
中流の下に育ち、悔しい思いをしたというのが多い
ジョンレノンも親に捨てられ、おばさんに育てられたが、階級社会の英国では
中流でワーキングクラスの貧乏出身ではない

961 :名無しさん@1周年:2016/12/19(月) 00:41:25.51 ID:o81Ymh5Z0
>>960
要するに遺伝子はあてにならないって事だな。
中流下流だろうが関係ないわ。

962 :名無しさん@1周年:2016/12/19(月) 04:30:42.54 ID:AqkEhX3R0
中産階級ってことは教師とか医者とか?

963 :名無しさん@1周年:2016/12/19(月) 08:19:12.72 ID:QoZ64IuG0
バッハ一族ってバッハしか知らんのだが
シュトラウス一族とかならわかるんだけど

964 :名無しさん@1周年:2016/12/19(月) 08:21:39.46 ID:9NybfE3O0
そこそこ力を認められるようになると、お偉いさんに「親や親戚に音楽関係者いるか?」ってよく聞かれるのはそういうこと

965 :名無しさん@1周年:2016/12/19(月) 08:22:08.88 ID:JYYpx8wD0
>>963
J・C・バッハやC・P・E・バッハなら
大きいショップにならCDが置いてあるかも

966 :名無しさん@1周年:2016/12/19(月) 08:22:35.05 ID:r3+9cSvM0
バッハ って科学者にも多いよ

967 :名無しさん@1周年:2016/12/19(月) 08:52:52.11 ID:a/RnLCxU0
>>923
理論なんてのは作るものなんだよね
チャーリーパーカーにしてもそう、マイルスデイビスにしてもそう
歴史的に有名な音楽家は、多かれ少なかれ音楽理論にオリジナルなものを足して行ってる
いくら教育しても自分の発想は自分からしか生まれないからね
だから天才ってのはたまにしか出てこない

968 :名無しさん@1周年:2016/12/19(月) 08:54:03.76 ID:pa8J7YYZ0
五嶋みどり とか点

969 :名無しさん@1周年:2016/12/19(月) 08:55:44.38 ID:Q+avBriu0
>>1
服部克久さんのCDはかなり持ってるな、日本人ばなれというかリラックスできる曲作りが最高です
感性はやっぱり凄いと思う

970 :名無しさん@1周年:2016/12/19(月) 09:19:13.00 ID:PqrU9ge9O
ほんと大バッハの脳はどうなってんだべ
服部?誰それ状態。バッハの名前出して恥ずかしくないのは
日本人では山下和仁くらいじゃないのかな
印象的な単旋律を産んだた人は多いけど後は思い付かない

971 :名無しさん@1周年:2016/12/19(月) 09:23:27.71 ID:fhvVxY2B0
>一世を風靡した歌手である工藤静香と木村拓哉の長女もフルートの才能に恵まれ

工藤静香と木村拓哉に音楽的な才能はいう程ないだろw
親に似なかった長女の才能とは言えるかもしらんが

972 :名無しさん@1周年:2016/12/19(月) 09:26:03.86 ID:V/jpPQ+z0
バッハー族って、珍走団とかあの手の新種かと思った

973 :名無しさん@1周年:2016/12/19(月) 09:28:09.83 ID:gAGt2fzy0
百音ちゃんは細すぎ
もっと筋肉付けないとだめだよ

974 :名無しさん@1周年:2016/12/19(月) 09:34:16.52 ID:F0S7RiL90
おれが悪いんだけど、「音楽」「服部良」一という文字列を見るとなぜかアコーデオン奏者の横森良造が
頭に浮かんで離れなくなる

975 :名無しさん@1周年:2016/12/19(月) 09:47:52.22 ID:velhlo7M0
>>951
>ビートルズは・・・クラシックやってないと出来ないような転調とかあるし

  ハイハイハイ、知ったかぶりするなよw ビートルズで転調が印象的な曲なんて
 「ヒア・ゼア・アンド・エブリウェア」くらいしかないだろ。これだって、ハ長調
 →変ホ長調という凡庸極まりないものでしかない。こんな転調なら俺だってしょっちゅう
 作れているw 「ビコーズ」とか「マジカル・ミステリー・ツアー」はコードが凝っている
 けど、転調何かしていないよ。

976 :名無しさん@1周年:2016/12/19(月) 09:54:26.28 ID:xuYyCO9K0
>>32
popミュージシャンは音楽的才能が必要ではないから

977 :名無しさん@1周年:2016/12/19(月) 09:58:20.77 ID:xuYyCO9K0
>>64
歌詞の良し悪しって精査されないからね
日本語としてイカれてても名曲ならスルーされるし

978 :名無しさん@1周年:2016/12/19(月) 10:01:45.42 ID:xuYyCO9K0
そういえば韓国人は頭おかしいけど音楽的な才能は優れてるよな

979 :名無しさん@1周年:2016/12/19(月) 10:06:23.98 ID:aAjf3mL90
アシュケナージの息子らもなんかかんかやってんな

980 :名無しさん@1周年:2016/12/19(月) 10:07:44.50 ID:gAGt2fzy0
>>968
五嶋みどりも弟も大っ嫌い
とかいうとフルボッコ?

981 :名無しさん@1周年:2016/12/19(月) 10:10:21.25 ID:vp/O2KuQO
ピコ太郎

982 :名無しさん@1周年:2016/12/19(月) 10:19:49.80 ID:DzKhIoGq0
>>976
文化庁の分類ではポップスは音楽ではないからな
音楽とは西洋古典音楽と江戸時代から続いている家元のある邦楽のみ
ポップスはもとよりジャズや津軽三味線なんかも大衆芸能の括り

983 :名無しさん@1周年:2016/12/19(月) 10:53:42.90 ID:M2SAhxGW0
ヨーイドンで駆け出す前にすでにゴールで
くつろいでる人っていっぱいいるよね!?

984 :名無しさん@1周年:2016/12/19(月) 10:55:04.33 ID:fxqDJQLF0
バッハや服部家と同じ土俵に森進一親子を出すのはどうなんだ?

985 :名無しさん@1周年:2016/12/19(月) 11:12:24.56 ID:gAGt2fzy0
×才能
○名前、コネ
コンクールだって師匠次第で決まる

986 :名無しさん@1周年:2016/12/19(月) 11:35:47.17 ID:M2SAhxGW0
遺伝することもあればしないこともある
特に片親だけだと失われることが多い。

987 :名無しさん@1周年:2016/12/19(月) 12:06:17.56 ID:8z4z8ErA0
>>976
ポップスなどの大衆音楽は尺が短いし構成も単純だから作曲能力に差が出にくいってのはあるがね
そうは言っても湘南乃風みたいなレベルの作曲能力じゃアナ雪みたいな曲は
逆立ちしても作れないけどな

988 :名無しさん@1周年:2016/12/19(月) 12:17:51.85 ID:SafHAfn10
代々受け継いでるのはただのコネだろ

989 :名無しさん@1周年:2016/12/19(月) 12:29:04.14 ID:I2lntFkV0
>>987
Jポップで不思議なのはとても勉強なんかしてなさそうなアーティスト(湘南乃風とか)でも音楽理論(和音進行とか)がめちゃくちゃなのが居ないところだわ

990 :名無しさん@1周年:2016/12/19(月) 12:30:54.31 ID:HjKp8uky0
>1

そこにキムタク夫婦混ぜるのはおかしすぎやしませんか

991 :名無しさん@1周年:2016/12/19(月) 12:40:43.85 ID:91hOJmbx0
>>989
理論は詳しくなくとも、なんとなく聞いてて心地いいレベルの曲なら
その人が今まで聞いてきた音楽の中で理論がある程度身についてるから
とてつもなく変な曲は出来ないはず。

992 :名無しさん@1周年:2016/12/19(月) 12:44:41.10 ID:xQsUfpuV0
三国志5の音楽作った人の父ちゃんか
確かに5の音楽は随一だった

993 :名無しさん@1周年:2016/12/19(月) 12:46:07.58 ID:I0muKF/J0
どんなに練習してもリコーダーを吹きこなせなかったのはそのせいか?

994 :名無しさん@1周年:2016/12/19(月) 12:49:32.17 ID:DVmY3+fK0
バッハ、一族か
イチが長音に見えてバッハー族っていう新手のヒャッハーみたいなのかと思ってしまった

995 :名無しさん@1周年:2016/12/19(月) 12:54:21.64 ID:I0muKF/J0
リズム感とか言っちゃうとすべての音楽に才能があることになっちゃうんだが
そんな単純なモンなの???

996 :名無しさん@1周年:2016/12/19(月) 12:55:27.43 ID:oh+beikD0
>>953
マシ・オカってHawaii5のデブチンだろ?
あの人は天才少年過ぎて渡米した人なんだよ

997 :名無しさん@1周年:2016/12/19(月) 13:01:41.67 ID:I0muKF/J0
宮川泰親子もそうだね。

998 :名無しさん@1周年:2016/12/19(月) 13:02:34.63 ID:wtbzdeEX0
医者の子が医者になるのと同様で家庭環境が大きいんじゃないかと

999 :名無しさん@1周年:2016/12/19(月) 13:04:06.44 ID:v4CIpI8J0
だから、こんなの当たり前の話だろう?w

人間はみな平等なんて言ってる基地外の朝鮮コミンテルンの方がおかしいんだよ。

連中はそれを”扇動工作”として利用しているだけです。

宇多田ひかるみたいな歌はチンピラには歌えないし、チンピラには書けないですからね。

もっとも、ボーカルというのは声が楽器だから作詞能力はなくてもいいんだけどね。

1000 :名無しさん@1周年:2016/12/19(月) 13:06:34.24 ID:ZukT618R0
もうレインボ一発みたいなのいい加減にしろ

1001 :1001:Over 1000 Thread
このスレッドは1000を超えました。
もう書けないので、新しいスレッドを立ててくださいです。。。
life time: 1日 19時間 1分 26秒

1002 :1002:Over 1000 Thread
2ちゃんねるの運営はプレミアム会員の皆さまに支えられています。
運営にご協力お願いいたします。


───────────────────
《プレミアム会員の主な特典》
★ 2ちゃんねる専用ブラウザからの広告除去
★ 2ちゃんねるの過去ログを取得
★ 書き込み規制の緩和
───────────────────

会員登録には個人情報は一切必要ありません。
月300円から匿名でご購入いただけます。

▼ プレミアム会員登録はこちら ▼
https://premium.2ch.net/

▼ 浪人ログインはこちら ▼
https://login.2ch.net/login.php

237 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)