5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【佐賀】「九州に邪馬台国があったというのは無理がある」 ネット中継で「畿内vs九州」論戦、両者一歩も譲らず…吉野ケ里歴史公園★4©2ch.net

1 :ニカワ ★ 転載ダメ©2ch.net:2016/10/13(木) 00:09:00.60 ID:CAP_USER9
九州派と近畿派がインターネット中継で意見を交わした「歴史バトル」
http://cdn.mainichi.jp/vol1/2016/10/11/20161011dd0phj000018000p/9.jpg
インターネットを通じ、邪馬台国の九州説、畿内説に分かれて議論する研究者
http://www.nishinippon.co.jp/import/saga/20161010/201610100002_000.jpg
持論を展開する石野さん(右から2人目)と進行の今尾さん(右端)=9日、明日香村の県立万葉文化館
http://www.nara-np.co.jp/photo/aa4d3e0a6b5224978ebc2c01dbd116be.jpg
http://www.nara-np.co.jp/20161010103950.html

 吉野ケ里歴史公園(吉野ケ里町)で9日、特別記念フォーラム「歴史バトル『邪馬台国はどこだ?』」があった。同公園と奈良県明日香村の県立万葉文化館の両会場をインターネット中継し、九州説派と近畿説派がそれぞれの持論を展開した。

 吉野ケ里歴史公園で開催中の特別企画展「よみがえる邪馬台国 邪馬台国と謎の国『不弥国』」(11月6日まで)に合わせてフォーラムを企画。両会場には多くの考古学ファンが詰め掛けた。

 吉野ケ里歴史公園の会場には、九州説を唱える佐賀女子短大の高島忠平名誉教授ら3人の研究者が登壇。奈良県側は近畿説を推す香芝市二上山博物館の石野博信名誉館長ら3人が参加した。

 両派は主張を一歩も譲らず討論を展開した。九州派は「魏志倭人伝」に記された邪馬台国の特徴が吉野ケ里遺跡の建物跡の配置と酷似していることなどを指摘した。

 一方、近畿派はこれまでに出土した卑弥呼の時代の鏡のほとんどが近畿地方で見つかっている点を強調し「九州に邪馬台国があったというのは無理がある」と主張した。

 参加者たちは、資料を手に熱心にメモを取り、古代のロマンに胸をときめかせた。【松尾雅也】

http://mainichi.jp/articles/20161010/ddl/k41/040/179000c

 九州説か、畿内説か−邪馬台国の場所を巡って討論するフォーラムが9日、吉野ケ里歴史公園(吉野ケ里町、神埼市)と奈良県立万葉文化館(同県明日香村)で開かれた。両会場をインターネット中継でつなぎ、研究者ら8人がそれぞれ持論を展開。吉野ケ里町で約200人、明日香村で約350人の考古学ファンが耳を傾けた。

 吉野ケ里歴史公園で開催中の企画展「よみがえる邪馬台国」の関連イベントで昨年に続き2回目。

 奈良県の香芝市二上山博物館の石野博信名誉館長は、纒向(まきむく)遺跡(同県桜井市)に計画的に配置された大型の構造物や水路の遺構を根拠に「発達した文化の証しで、都市の造成が始まった」と畿内説を主張。遺跡から発掘した土器のうち、九州や関東などの土器が15〜30%混じっている点を踏まえ「他地域との交流が特に盛んだった」と述べ、畿内にあった邪馬台国が連合国家の中心だったと説明した。

 吉野ケ里遺跡の発掘を主導した考古学者の高島忠平氏は、政治的影響力が強い大陸に近い北部九州に邪馬台国を中心にした勢力が存在したと主張。高島氏は「魏志倭人伝が記す卑弥呼の館の特徴は、吉野ケ里遺跡の遺構や遺物と符合する点が多い」と強調。同時代に中国の権力者が贈ったとされる鉄製の鏡が大分県日田市で見つかったことから、「中国の皇帝が卑弥呼に贈ったと考えるのが自然だ」と述べた。

=2016/10/10付 西日本新聞朝刊=
http://www.nishinippon.co.jp/nnp/saga/article/280919
★1:2016/10/11(火) 21:07:14.00
http://daily.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1476254533/

2 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 00:09:49.61 ID:hDjQoiH+0
超絶テクの縦読みで日本ハムを応援 全北海道民が震える(画像)
https://t.co/KXJV1eO52K bgh

3 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 00:11:31.76 ID:JbcoW/x+0
>>1
邪馬台国は多分福岡と熊本の境界あたりにあっただろうな

4 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 00:12:25.22 ID:U2U14DJM0
ところでさ、社会の教科書に載ってた金印ってどこのだっけ?

5 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 00:13:49.58 ID:i/D/Kest0
邪馬台国=ヤマト国=奈良じゃね

6 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 00:13:53.85 ID:LdYdG/qM0
畿内説の敗因は箸墓一本に絞ってしまったことだよな
だから箸墓が↓これで完全否定されてしまったので最早消滅するしかなくなってしまった


https://www.nagaitoshiya.com/ja/2010/queen-himiko-tomb-hirabaru/
>しかし、『三国志』魏書東夷伝倭人条を含む『三国志』では、「塚(冢)」と「墳」が区別されていたことに注意しよう。
>『三国志』には「山に因りて墳を為し、冢は棺を容るるに足る」[25]という諸葛亮伝の発言や、通常、
>大君公侯の墓が「墳」であったという記事[26]があり、高さのある人工の大きな墓を「墳」と呼び、棺を入れるのに
>十分な程度の高さしかない墓を「冢」というように区別していたことが窺える[27]。

>では、どの高さを超えたならば、墳になるのだろうか。『周礼』には「漢律に曰く、列侯の墳は高さ四丈、関内侯以下
>庶民に至るまで各々差あり[28]」とあり、高さが四丈もあれば、墳として扱われていたことがわかる。
>一丈の長さは、時代によって2メートルから3メートルの間で変化するが、あまり大きな差ではない。
>12メートルを超えれば、間違いなく、墳である。箸墓古墳は、高さが30メートルもあるので、魏使が見たら、
>「大いに塚を作る」ではなくて、「大いに墳を作る」と書いたはずだ。

7 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 00:16:25.56 ID:5ey/nuwd0
九州からは金銀翡翠絹などの財宝が多数出土しているのに、畿内からは
ほとんど出土せず、金銀どころか鉄器さえ少ないんだよな
明らかに都があったのは九州で、畿内は被支配地域

344 :名無しさん@1周年 :2016/09/14(水) 01:58:26.16 ID:ylZGO6lJ0
魏志倭人伝によれば、女王国の南には狗奴国があり、女王と敵対していたという
つまり女王国の所在地は邪馬臺国連合の南端付近であると分かる
卑弥呼は魏から親魏倭王と認められたのだから、その敵対国である狗奴国は
魏との交流を持っていないと考えられる
ゆえに、邪馬臺国がどこであったかは出土品の分布を見れば一目瞭然

九州で出土した副葬品の分布地図
http://www.netpia.jp/history/map-fukusohin237.gif

金銀細工や硬玉やガラス製の勾玉など、大陸産のものが
佐賀、福岡、熊本にかけて大量に出土していることが分かる
そしてそれは熊本県八代市あたりでぷっつりと途切れている
ここが邪馬臺国と狗奴国の勢力境界線である


ここから考えれば配置は下図となる
http://i.imgur.com/HUOosIP.gif

8 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 00:17:52.72 ID:nxLLLqXW0
実際、どっちが有力なの?

9 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 00:19:05.11 ID:dmzFYQXn0
1乙
これ、世論じゃないよね。
ただの探偵団なのに面白いかもwww
★無限www

10 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 00:21:56.50 ID:pUG5Wngd0
 
結論 邪馬台国はおまいらの心の中にあるんだよ
 

11 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 00:22:26.15 ID:edAqleuP0
ココのお前らは100年くらい前によその国から流れ着いた人のクオーターだろ

12 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 00:24:42.90 ID:yCF72pNq0
>>6
デカけりゃいいってもんじゃないねw

13 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 00:25:51.64 ID:dmzFYQXn0
邪馬台国ってもんは、存在しないけど
卑弥呼の女王国が有るとして、北部九州連合か大和朝廷か? だろ?

日本の文献学と考古学の信憑性が有るなら、無くネ?
もはや、毛利探偵必要だろ?

14 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 00:26:00.92 ID:viCH8clD0
道鏡と藤原不比等が記紀を書き換えたまで読んだ

15 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 00:27:25.19 ID:ah4VTDUM0
あまり支持を集めていない四国説、
群馬県民しか知らない群馬説も思いだしてやってください。

16 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 00:27:31.70 ID:CsgQxFR10
>>8
>>6によって畿内の完全敗北が確定した

17 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 00:29:21.24 ID:zOr/lw6E0
糞アキヒト(暗殺済み)が
人格者とか大笑い w

この糞アキヒト、
美智子抜きで「紀子」だけと那須の御用邸で
幾晩か過ごしてるから。

やりまくってんだよ。

糞アキヒトは、紀子を愛人にしている。

そりゃ、紀子も爬虫類みたいな顔になるわな wwwwww

息子の嫁を愛人にするアキヒトが「人格者」とか
笑わせんじゃねーよ、死ね wwwww


touculuc;o

18 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 00:31:38.62 ID:wjdms7/F0
前スレのこれが気になるな


937 :名無しさん@1周年 :2016/10/12(水) 23:19:22.14 ID:JJs10E9z0
>>907
三国志の倭国と後漢書の倭国は別の国だ。
それは三国志と後漢書の違いを見ればわかる。

まず国名が違う。
三国志は「ヤマイ」で、後漢書は「ヤマダイ」。

敵対する狗奴国の位置も違う。
三国志は南に接しているが、後漢書は東の海の向こうにある。

三国志の後、後漢書の前に「倭王・讃」の朝貢があり、
ここで使者が本当は別の国なのに同じ国だと主張したわけだ。
「かつて朝貢していた倭国」と名乗れば、
すんなり認められやすいからね。

もしかしたら、「かつて倭国と敵対していた狗奴国」が、
東征して大和政権になったので、
敵対心を持たれかねないから嘘をついた可能性まである。



989 :名無しさん@1周年 :2016/10/12(水) 23:33:56.98 ID:xsYVhFmC0
>>937
隋書では天皇の姓を阿毎(アマイ)にしてるんだよね
もちろんこれは「アメ」の転なんだけど、me が mai に転ずるのが古代中国語のクセとすると
「ヤマイ」は「ヤメ」の転ってことになる

これは言うまでもなく九州の八女のことだろう

19 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 00:31:47.47 ID:qMj75fzE0
だいたい、ヤマタイじゃなくてヤマトって読めばいいだけ。
問題は日本の王権が九州から東遷したということが古事記や日本書紀にはっきり明記されていること。
元々九州にあったヤマト国が畿内に遷ったのがいつ頃なのか、
それが問題だ。地名の相似もあるし、両方発掘しまくればいい。
卑弥呼は日巫女だろう。どうみてもアマテラスのことだ。

20 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 00:36:41.80 ID:MunWZu5q0
→→→ 九州倭国連合 →→→→→→ 東 遷 →→→→→→ 近畿大倭連合 →→→

―――卑弥呼死亡――┤日蝕 → 日の出の方向に移動├――台与―――――



当初九州北部に誕生した倭国連合は、出雲や吉備など、周辺の大勢力を次々と傘下に収め
次第に日本列島規模で豪族たちが集う、大倭国連合に成長しつつあった

あるとき九州倭国連合の盟主・卑弥呼が死んだ
太陽を信仰していた各国の王たちは日蝕が起こったことで不吉な土地を捨てる決心をした
新たな信仰の中心となる土地を探し、日の出の方角に都を移すことになる……
それが近畿のネオYAMATO

21 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 00:37:02.43 ID:UaAdDmSrO
奴国→福岡県八女市〜筑後川下流域(山門、大和)
烏奴国→佐賀県鳥栖市周辺の筑後川中流〜大和、吉野ヶ里

久留米市を中心とした、この辺りかな

22 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 00:42:51.38 ID:UaAdDmSrO
>>21の訂正
奴国→福岡県八女市〜矢部川下流域(山門、大和)
烏奴国→佐賀県鳥栖市周辺の筑後川中流〜大和、吉野ヶ里
久留米市を中心とした、この辺りかな

矢部川だった

23 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 00:44:27.59 ID:MmhbQPUV0
間を取って大都会岡山に

24 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 00:44:48.74 ID:PerDJ7wF0
>>18
八女はもともと候補地だしな
近くに女王山なんかもあるし

25 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 00:47:46.93 ID:+D5ox+2b0
>>6
九州説の最大のライバルだった畿内説が散ったか
これでもはや九州説の天下を阻むものはいなくなったな

26 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 00:49:29.99 ID:z+JlPI780
http://inoues.net/mystery/kunakoku_nazo.html

27 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 00:50:27.25 ID:z+JlPI780
日本のルーツは狗奴国
http://inoues.net/mystery/kunakoku_nazo.html

28 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 00:52:18.21 ID:E8+eN71m0
>>7
敵対してる狗奴国のすぐ近くに、邪馬台国があるわけ無いだろ

邪馬台国は、連合国にとっては神聖な国だろうけど、敵対してる狗奴国にとっては、真っ先に攻略したい連合国の最重要地
しかも、卑弥呼が男子禁制で1000人くらいの女官と暮らしてるから、軍事的には無防備

そんな邪馬台国が、敵対してる狗奴国のすぐ近くにあるわけがない

邪馬台国は、連合国で最強の伊都国の中か、すぐ近くで伊都国が警備をやってるくらいの位置にないと、おかしい

29 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 00:52:24.36 ID:j8XyCklV0
魏の柵封体制に従ったのがヤマト王朝
それから独立したのが日本

30 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 00:53:21.48 ID:I4X6hOuT0
既に九州は確定で、今は九州のどこかが議論になっているのに、
未だに畿内説なんか支持している奴って何なの?

31 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 00:57:08.10 ID:mr72yGkB0
そうなのか、これで辺鄙な宇佐神宮なんかに
天皇家の一大事の宣託をすぐ近くに伊勢神宮あるのに
聞きにきたかがわかったぜ

やはり宇佐神宮は邪馬台国に大きく関わってたんだな

32 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 00:57:54.92 ID:PcTTazOL0
>>30
ネタ師に決まってるだろ
やつら関西人なんだぞ?

33 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 01:01:12.41 ID:JVDRDTVa0
>>27
系統の断絶は記紀からもわかる。
孝霊天皇→後漢最後の皇帝霊帝の暗示。後漢書では孝霊帝と書かれている。つまり奈良時代まで密に語り継がれた本当の歴史を反映した可能性が高い。
崇神天皇→ 御間城入彦五十瓊殖天皇(みまきいりびこいにえのすめらのみこと)御は尊称。間城は巻向だろう。彼は巻向を作った天皇ではなく巻向に入った、つまり侵略の暗示。
そして御肇國天皇(はつくにしらすすめらみこと)初めて天皇家が治める国を作った人。

34 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 01:05:59.49 ID:viCH8clD0
晋書の方には卑弥呼は公孫氏の女と書かれている
なぜこのようなことを書いたのか?
卑弥呼は公孫度の娘だったのか?
公孫康とは兄弟か?
康は卑弥呼と弟を九州へ送り込んだのか?

35 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 01:07:51.12 ID:RapHFoYN0

  ̄ヽ、   _ノ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
     `'ー '´
      ○
      O                   と思うハゲであった
     彡 ⌒ ミ
     ( ´;ω;`)  
     l r  Y i|
     U__|:_|j  
       | | |

36 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 01:11:03.03 ID:99xdJRXt0
魏志倭人伝の編者が九州に到来してどう調べて書いたのか、その思索に欠けているやつが多い。

まず、使者は団体で訪れ、名乗り、有力者との面会を求めたはず。
その時、応対した高級役人はなぜ魏の使者が来たのかと考えた。

使者が聞く、あなたたちの首都はどこでここからどういう行程で行けますか?
役人が考える、まともに答えて良いものだろうか?軍隊を送られて侵略するつもり化も。

そもそも地図というものは軍事機密なのだから、おいそれとは教えられない。
着いた九州の港から「まず(陸に上がらず)海を行って、それから(船を置いて)陸を行きさらに(船が無いのに)海を渡る。
など、邪馬台国に行くには軍隊を用いても容易ではないと「嘘」を言った。

魏志倭人伝の記述から邪馬台国の場所を推測するのは無駄。

裏読みをすれば、邪馬台国は北九州の内陸地にある。

37 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 01:14:06.38 ID:xucy7+jG0
>>1
近畿こそ無理がありすぎだろw

38 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 01:14:10.67 ID:U39imQ8w0
天にまします 我らの父よ 願わくばみなを
あがめさせたまえ みくにをきたらせたまえ
みこころの天になるごとく地にもなさせたまえ
我らの日用の糧を今日もあたえたまえ 我らを
試みにあわせず悪より救い出したまえ 我らに
罪を犯すものを我らが許すごとく我らの罪を
も許し給え 国と力と栄えとは限りなく汝のもの
なればなり アーメン
エクセルシオールカフェ赤羽東口店に
天罰あらぬ事を 創価の天罰主義で閉店
(全バージョン転載可)
創価学会の行っている非人道行為が
なくなりますように悔い改めよ創価学会
海外の政府の方 日本の闇を暴くのだ
日本では俗称 集団ストーカーなるものが
行われている
ドトールコーヒーは創価学会だ
倫理もなし タックスヘイブン 創価学会
不幸が起こって創価を信じると収まる 野蛮人のやるような行為 だれか英訳して海外掲示板に貼ってくれ
創価学会脱会方法 http://park5.wakwak.com/~soka/dakkai.htm
人間やめますか 創価学会やめますか
創価の女はこのモデルみたいな感じ
http://m.imgur.com/cdVLHzR?r
TBS 川田アナ 自殺 ネットで調べてみな
創価学会 お前らは地獄に落ちる
赤羽東口店が閉店したのはトカゲの尻尾切り
10月5日 悪魔の娘 生誕祭
gっっっhっjんんんんんっっk

39 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 01:14:43.51 ID:oIXOcyUp0
末廬国(唐津)で下船して奴国(博多)まで陸路で行けば船は置き去りになってしまい畿内には行けない
伊都国(糸島)も奴国(博多)も海沿いなんだから、目的地が畿内ならば船で移動していなければおかしい

よって、末廬国(唐津)から陸路になった理由は、九州内に目的地(邪馬台国)があったから、以外の解は存在しない

40 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 01:16:10.18 ID:KaM3kJo10
奈良盆地は弥生以前の海洋民族中心の時代から、ヤマト。海側からカワチ(河内)、山の向こう側がヤマト(山外)。当時のヤマトは湿地が多く人口密度は低い。
その後長江流域などから水田技術を持った幾つかの集団が渡来。元々ある栄えていた九州各地で水田稲作を始める。
遅れて出雲、吉備など本州の勢力も水田稲作開始。ヤマトの地の開拓の際、九州(日向?)の集団が水田灌漑技術をかわれ、招かれたと思われる。天皇の祖もそういう集団の一つだったのかも。
元々人口密度の低い地に、意図的に高い水田技術が導入されたので人口に比して収穫が多く、余剰米を元に流通が盛んになって行く。纒向に本州各地の土器が出るのも納得。米の対価として労働力の提供もあったであろう。後に巨大古墳を作る力になっていく。
邪馬台国前の倭国大乱は国内の流通経路(海上航路、陸路)を巡る争い。
神無月に出雲に集まって、和議を行ったのかもしれない。結果共立という形で女王を立てることになる。この時点では、まだ出雲吉備など古い勢力が力を持っていたと思われる。
古い勢力の権力基盤ではなく流通の要になりつつあった新興開拓地のヤマトが女王の処する所に選ばれる。邪馬台国誕生。
卑弥呼はヤマト出身ではないかもしれない。
邪馬台国連合の範囲は奴国まで。恐らく伊都国は中立。
狗奴国はどこかな?黒潮海洋民族かな?鹿児島〜四国南部〜紀伊半島かな?

41 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 01:20:33.64 ID:xucy7+jG0
>>34
公孫度の娘が夫余の王の妃になってるな

夫余族は高句麗や百済を少数の王族で異民族(半島の民)を統治した征服王朝と記されてるだろ

42 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 01:29:52.66 ID:4UbT4Sx00
宮崎県だよ

43 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 01:31:17.78 ID:DSUH/vj10
九州は、マルタイで我慢しとけ。
俺はサンポー派だが。

44 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 01:39:37.61 ID:fetLp+pz0
四国の愛媛じゃね?と宮崎の俺は思う

45 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 01:48:43.76 ID:E8+eN71m0
>>30
畿内説は、畿内を日本のルーツに、卑弥呼を天皇家の祖先にしないと、気がすまない、皇国史観の国学者

中国や韓国じゃあるまいに、歴史の捏造はやめて欲しい

46 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 01:49:22.58 ID:znOiXLlN0
東遷説はダメなの?

47 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 01:52:57.04 ID:vOQyXuOM0
そりゃ天皇以外に日本に王が居たってことがあったら
まずいわな、記紀の編纂命じられた奴も頭かかえたやろw

48 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 02:15:52.43 ID:+Rq52/p50
畿内を研究している学者は邪馬台国畿内説の人ばかりかと思っていたが実は違うらしい
纏向遺跡の発掘調査に関わって、出土した土器の分析をした学者さんは九州説なんだと
やっぱり本物の学者は下らないしがらみよりも学問的真実を追求するものなんだな


http://www.bell.jp/pancho/k_diary-15/2015_01_18.htm
>こうして『魏志倭人伝』に記された邪馬台国と魏およびその出先機関である帯方郡との外交関係を概括しただけでも、
>かなり煩雑に彼我の交流が行われたことが分かる。したがって、纒向遺跡が邪馬台国の王都だったならば、
>学術的な発掘調査によってそうした交流の証拠品が出土しなければならない。
>
> ■ ところが、関川氏は今回の講演で、そうした遺物がほとんど出土していない、と指摘された。
>その上で、考古学者の立場から「邪馬台国大和説」に対して疑問を呈された。関川氏は纒向遺跡の発掘調査に従事された考古学者である。
>それどころか、纒向遺跡から出土した土器を調査して、国内各地方からの搬入状況を分析・整理された張本人である。

中略

>■ 上記に示したように卑弥呼の時代に帯方郡や魏と盛んに交流していたのなら、邪馬台国の女王の都があったとされる纒向遺跡からは、
>もう少し様々な遺物が出土していておかしくない。それがない以上、、「邪馬台国=大和説」は成り立たないと、関川氏は言われる。
>邪馬台国は大和ではなく、やはり北九州に存在した国であると考古学的遺物は語っているようだ。
>
>■ さらに、関川氏は邪馬台国の位置について興味深い指摘をされた。『魏志倭人伝』によれば、伊都国は帯方郡の使者が往来して、
>ここに常にとどまる場所とされていて、その場所は福岡県の糸島市付近に比定されている。
>伊都国と邪馬台国の位置関係は、後の飛鳥時代の難波津と飛鳥との関係に近かったのではないか、と言われる。
>
>■ 飛鳥時代、朝鮮半島の百済・新羅・高句麗から使節が来朝した場合、まず難波津に上陸してそれぞれの迎賓館で宿泊し、
>それから旅装を整えて飛鳥に入った。つまり難波津と飛鳥は一日で行けるような至近距離にある。
>同様なことが伊都国と邪馬台国にも言えるのではないか・・・と。大和に邪馬台国があったのでは、伊都国から余りに離れすぎている。

49 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 02:23:45.97 ID:UaAdDmSrO
>>7
>魏志倭人伝によれば、女王国の南には狗奴国があり

女王国が八女(“八”の女)で、“狗”“奴”国は、炭鉱の国大牟田

名前の意味と位置がぴったり……

50 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 02:28:28.07 ID:exZmBQcn0
タイムマシンはよ

51 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 02:34:08.99 ID:077h9wYR0
畿内説は自称学者が未だに「万世一系」という戯言をほざく単純な脳内の狂人。
捏造されまくった書紀でさえ皇統断絶など何度も起こっているのに。
縄文〜弥生初期、畿内全体でも人口が希薄なのに、大和川の氾濫原のの奈良や
海の大阪に大勢力があったなど戯言。いきなり僻遠の奈良などと言うド田舎に
進んだ農業技術が導入されるわけも無く、事実弥生の先進地域・九州は、埋蔵
物の質量共に圧倒的である。
それに対し、鉄、玉、絹、鏡、金銀、装飾墓、地名すら無い何も無い奈良が
邪馬台国だとか、馬鹿としか言いようがない。「学者」「学会」の常識とか
確定とかほざきまくっては、学問の権威と品格を貶めてきたカス。最早学問と
すら言えない、トムクルーズのはまってる疑似科学以下の浅ましい利権あさり。

52 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 02:36:43.79 ID:EQl4Ytha0
邪馬台国そのものは明らかに連合国家だろうからどこだって言われても困る

53 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 02:38:35.01 ID:ShHoOjDg0
過去スレで朝からずっと連投してた畿内派が突然いなくなったな
やっぱり一人で自演してたのか

54 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 02:43:11.83 ID:Ghv04abb0
>>48
http://www.bell.jp/pancho/k_diary-15/2015_01_18.htm
>■ 纒向(まきむく)遺跡の発掘調査にも携わられ、1976年に石野博信氏とともに2000ページを越える報告書『纒向』を著しておられる。
>報告書の中の外部から搬入された土器の分析と整理は、関川氏が行われた。
>その整理・分析は、古墳時代の考古学的な研究の上で、きわめて重要で画期的な資料であるとされている。

http://www.bell.jp/pancho/k_diary-15/images/0118-33.jpg
『纒向』凄すぎワロタwww

こんな纏向研究の中枢にいた学者が「ここじゃねーわ」って言ってんだからそうなんだろうさ
畿内説はもう諦めたほうがいい

55 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 02:49:00.30 ID:DhEJA6fH0
畿内説だと、邪馬台国の場所が出てくるところあたりからは、南と言ってるのが東
ってことだから、狗奴国は邪馬台国の東ってことになる。
邪馬台国と狗奴国は、海をへだてているという記述は無いから、地続きなんだろうな。
邪馬台国の海を渡って千里東に,また倭人の国がある
南が東ってことなら、東は北だから、

 (倭人の国)

   千里


(邪馬台国)(狗奴国)

って位置関係になる。

56 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 02:51:26.84 ID:BKj6VyPR0
音韻わかってない人が(専門家の間でも)多いみたいだから、
みんな一度ここで確認して欲しい。
http://www.ccamc.co/index.php
使い方は「漢字」欄に知りたい字を入力して「音韻」タブを開くだけ。

時代はだいたい「中古音」と思っていいが、
卑弥呼の時代は「上古音」が混じってた可能性もある。

これによると、「臺」は「ダイ(ドゥ)」であって「ト」ではない。
(唐代に濁音が無くなって「タイ」になる)

「卑弥呼」は「ピミフ(ピミハ)」であって「ヒミコ」ではない。
(「ピ」は日本語の「ひ」に当たるが、「ミフ」は「みこ」ではない)

57 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 02:53:49.82 ID:BKj6VyPR0
>>56で畿内説の最大の根拠である「邪馬臺=ヤマト」が、
間違いだった事がわかる。

方位も違う、距離も違う、地名も違う。
それが畿内説。

58 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 02:56:46.69 ID:U9gYShv50
卑弥呼さまぁーー!
https://youtu.be/o1-QSU7lpnE

59 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 02:58:02.10 ID:EQl4Ytha0
臺って単に高天原ってだけの意味じゃないの?

60 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 02:59:29.03 ID:BKj6VyPR0
距離については、下記の東夷伝の記述から、
少なくとも朝鮮半島では短里が使われていた事がわかる。

里数の情報
「夫余の面積は約二千里四方」
「高句麗は遼東の東千里にあり、面積は約二千里四方」
「東沃沮は幅が広い西南部分で約千里」
「北沃沮は南沃沮から八百余里にある」
「挹婁は夫餘の東北千余里にある」
「韓の面積は約四千里四方」

地図の例
http://blog-imgs-89.fc2.com/b/o/k/bokudoart/20151123094215543.jpg
http://teikoku-denmo.jp/img/map/wajinden.gif

縮尺がわかる白地図
https://mall.aflo.com/upload/save_image/detail01/WATA000264.jpg

帯方郡〜邪馬台国まで万二千余里なので、
伊都国〜邪馬台国は約1500里という事になり、
これを短里で見ると、直線距離で100km弱といったところ。
畿内には全く届かないのだ。

61 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 03:00:36.75 ID:f/Nzn/Ay0
ヤタガラス(沿岸が見えなくなった時に鳥を飛ばして陸地を確認するエジプトメソポタミアの航法)の描画が出たのは九州だけだろ。
そのシンボル八咫烏が和歌山熊野に祀られてる。
後はわかるな。

62 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 03:02:33.73 ID:BKj6VyPR0
>>59
じゃあ、「邪」は?「馬」は?
説明できないだろう?

意味ではなく音を当てただけなんだよ。

63 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 03:11:59.29 ID:EQl4Ytha0
>>62
邪な馬



ティアマトー

64 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 03:12:53.62 ID:Majuuppg0
まあ、素直に考えれば中九州だよね。

たぶん畿内とはまだ別のグループというか、別の国。
あの時代であれだけ離れていれば当然とも言える。

65 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 03:16:38.34 ID:C07u7lO+0
>>53
本当に突然畿内説論者が消えたよな、マジで自演だったか
しかし凄まじいほどの情念だ、何が彼をそうさせるんだろうな?

66 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 03:18:48.39 ID:3xnEGaCa0
>>65
そこまで命かけてんのに、明日の朝このスレ開いて>>6とか>>48見たら憤死するんじゃね?

67 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 03:20:43.92 ID:o0umxDQf0
>>48
これは赤くしとくか
ここ大事、テスト出ます

68 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 03:22:34.36 ID:BKj6VyPR0
もう一つ、よく畿内説が根拠とする、
「古代中国人は日本列島を90度倒れた形に認識していた」
という間違いも指摘しておこう。

これは、15世紀の朝鮮で描かれた地図である、
「混一疆理歴代国都之図」の4つの写本のうち、
龍谷大学図ではそのように描かれている事が唯一の根拠だが、
他の3つは90度倒れたりせず普通に描かれており、
龍谷大学図も、西を上にして描かれた行基図を参考にしたものだ。

つまり、15世紀に行基図の見方を間違えた朝鮮人が1人いただけであって、
古代中国人は全く関係無い。

69 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 03:23:09.19 ID:EQl4Ytha0
ティアマトは読みでヤマトと同じでいいだろうけど辛い水ってバイカル湖のこと

更にヒルコのことでもあって小アジアに流れていった

ヤマトにヒルコにナニが対するかというとアワシマ

甘い水 琵琶湖ですな

70 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 03:23:25.83 ID:owmtWCn00
機内は無理がある
いい加減諦めろよ韓西人

71 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 03:26:34.99 ID:48N4E2320
おもてなしの酒でヤマタイコクなる幻覚を見ただけだよ
正気に戻るまでの日数しか確かなことが分からないのだ

72 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 03:27:47.52 ID:gBiUrX530
5世紀の宋書には、倭王武が宋の天子に送った条章文が引用されている。倭王武は、第21代 雄略天皇(大泊瀬幼武尊)であるが、
東の55国、西の66国、北は、海を渡りて海北九十五國を平定し国内統一を進めたことが述べられている。
魏志倭人伝と併せもつと、東も北も海だということが分かる。
この一文から、四国(阿波)から見た、東は近畿、西は九州、北は中国地方を指す。
つまり、雄略天皇が阿波に居た証拠でもある。

さらに、7世紀、唐の張楚金(ちょうそきん)が著した
翰苑(かんえん)には、宋書や随書の記事が引用されているが、
その中に、日本を統一した倭国の王の姓(かばね)は、阿毎(あめ)であり、
すでに国号を阿波(あわ)と為(な)し、妃が天皇になり、阿波雉弥(あわきみ)と呼ばれている、
と記されている。阿波雉弥(あわきみ)は、第33代 推古天皇に当たる

73 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 03:28:49.96 ID:GxeSGpy90
畿内vs九州とか言う前に九州説を一本化しろよ
纒向遺跡vs九州のどこか
ってどこなんだ

74 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 03:29:22.39 ID:6MB1SDcO0
沖縄だったりしてな

75 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 03:31:26.24 ID:ZfFEyANW0
どうでもいいな

76 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 03:33:29.95 ID:vOQyXuOM0
>>73
またおまえか、昨夜も居たよな?

77 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 03:34:17.84 ID:EQl4Ytha0
まあ邪馬が悪象
臺が善象だとして

聖天歓喜天

の話が邪馬台国って話になるんでしょな

78 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 03:36:57.83 ID:GxeSGpy90
>>76
お前の中の2chは何人で回してるんだよ

79 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 03:38:22.83 ID:qyspIlwj0
ついでに、畿内説・九州説を問わず多くの人が勘違いしているが、
伊都国は糸島ではない。

まず方位が違う。
道が曲がっていても、遠方の山の見え方などで位置関係は把握できる。

次にルートが合理的ではない。
唐津の港で船を降りて、前も見えない悪路を40kmも歩いて、
やっとの思いでたどり着くのが港のある糸島というのは馬鹿馬鹿しい。
最初から糸島の港で船を降りればいいのだ。

そして、肝心の地名も違う。
糸島は「怡土郡」だったから伊都国に比定されたものだが、
「怡土」の地名の由来はあまり知られていない。
実は「怡土」の前はそのまんま「伊都(伊覩)」だった事が、
日本書紀にはっきり書いてあるのだ。
しかし、その日本書紀に「伊都」の前は「伊蘇」だったと、
これまたはっきり書いてある。

80 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 03:39:46.14 ID:X7NkMc1z0
>>73
まあまあ
纏向はもう>>48で完全に否定されたんだから、九州のどこだったかをゆっくり議論すればいいじゃないか

81 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 03:40:57.04 ID:EQl4Ytha0
そっちは単に沖縄だろ?記述を信じろよ

82 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 03:41:11.27 ID:kAmqnu1P0
邪馬台国が大和朝廷の元って根拠がない以上正直どこにあってもおかしくないよね
邪馬台国の
記述が魏志倭人伝にしかないわけでもしかしたら沖縄なんちゃう

83 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 03:41:18.17 ID:Majuuppg0
筑後、八女の甕依姫が卑弥呼だろうと思う。

伝説といろいろ合致するよ。

84 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 03:41:54.62 ID:vOQyXuOM0
>>78
一本化しろよなんてアホなことぬかしてるのはおまえだけだからだよ
九州はそこかしこにちらばってるから有力なんだろが
なんでそのうちの一つに絞る必要があるんだよw

85 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 03:43:56.30 ID:vsw4GhoX0
九州説厨はいい加減諦めろよ
今も昔も畿内のほうが繁栄してる

86 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 03:48:22.37 ID:DC2lBOmQ0
大和王権が九州から始まったのは間違いないわけで、
それより前が邪馬台国と繋がってるかどうかなんだよね。

87 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 03:48:55.92 ID:qyspIlwj0
邪馬台国論争に加わる人は、
全員>>56>>60>>68>>79ぐらいの基礎知識は持っておく必要がある。

88 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 03:50:02.88 ID:Majuuppg0
>>85
繁栄してても別グループでしょうよ。

九州もそれなりに畿内に近く繁栄していて
地理的条件、そして先祖の出身地(たぶん呉越)
の条件的に大陸と交流しやすかっただけかと。

89 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 03:50:03.30 ID:GxeSGpy90
>>84
邪馬台国はどこかって話で
一つに絞る必要が無いってすげえ発想だな
2chに来てる奴はごく少人数だとか考えるのも納得

90 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 03:50:12.24 ID:31J3bm950
これでひょんな事から両方否定されたら最高に笑える
そうなってほしい

91 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 03:50:50.93 ID:EQl4Ytha0
>>88
単に一時九州まで下がっただけだと

92 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 03:51:45.89 ID:Majuuppg0
>>91
何が下がったの?

93 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 03:53:19.89 ID:EQl4Ytha0
>>92
東北側からスサノオが来たから九州までアマテラスが下がってから
出雲まで来たスサノオを包囲殲滅なりなんなり

94 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 03:53:48.15 ID:Majuuppg0
>>93
意味わかんない

95 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 03:54:23.57 ID:vOQyXuOM0
論点すり替えて一人納得しとけよ
日本を外人に説明するときおまえは東京だけを言うんだなw

少人数と言ってるのは「おまえ」だけなんだが、大丈夫か?

96 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 03:57:25.31 ID:EQl4Ytha0
>>94
攻めてきたと思ったので畿内から九州に後退してから攻めに転じた
とかの過程での九州の砦とか製鉄?製金属の跡がのこっただけー

97 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 03:59:33.71 ID:vOQyXuOM0
>>96
たたら製鉄の跡って出雲のところだよね
今でもその名残が企業としても残ってるのは
すごいことだ

98 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 03:59:37.65 ID:qyspIlwj0
>>89
「邪馬台国はどこか?」という問いに対しては、
「九州には有力候補がいくつかある」というのが答えだ。

「畿内には有力候補が1つも無いが、纒向は畿内の中心だ」というのは、
1つに絞る事には成功してるかもしれないが、
「邪馬台国はどこか?」という問いに対しては答えになってない。

99 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 04:00:11.70 ID:VVyfsT+R0
後漢書の時代に金印をもらってるんだよね?
だったら既にその時代には漢字の存在を認識してただろうに。
もっと国内に文字による記録が残ってそうだけどな。

100 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 04:00:53.54 ID:+zMuaBnY0
あらゆる文献を否定して九州外と言う方が無理があるw
九州と大陸に交流があったと思ってもその他の地域が
まったく未開の地だとも弱小勢力とも思わないし
何百年も定住したとも思わないw

101 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 04:01:04.13 ID:DC2lBOmQ0
宋書には倭王武に「詔除武使持節、都督倭新羅任那加羅秦韓慕韓六國諸軍事、安東大將軍、倭王」という称号を与えてるわけだし、
日本と朝鮮半島を治める立場としては九州が都合が良かったんだろう。

102 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 04:01:53.62 ID:Majuuppg0
>>96
もっと後の時代でしょ。

103 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 04:01:55.67 ID:vOQyXuOM0
>>98
横からだけど、そいつに言っても無駄だと思うよ時間の無駄

横からすまん

104 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 04:02:30.94 ID:EQl4Ytha0
>>97
スサノオ的には会いに来ただけです!って主張ではあったからなw

105 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 04:03:03.85 ID:z+JlPI780
スレが変わるとまた1から議論になるようでバカらしいな

狗奴国が大和朝廷の前身であり
卑弥呼亡き後の邪馬台国を滅ぼした事は
ほぼ間違いないだろ
邪馬台国は日本の歴史から消えたのだから
日本の歴史に女が国を治めた時代はない
邪馬台国が狗奴国を滅ぼしたなら
天皇家が日本創世のルーツとはならないからな

やまとってのはやまに囲まれた地域という意味だから熊本か四国或いは出雲
九州に降り立った魏の人間が
熊本に行くのに海を渡る記述はおかしいのと
でその南or 東に天皇率いる狗奴国があったのだから
奈良が大和になった位置関係からすると
九州に狗奴国があったのはおかしい

http://i.imgur.com/m0jmu3a.jpg

「式内社 讃岐國大内郡 水主神社
御祭神 倭迹々日百襲姫命」

「弥生時代後期、女王卑弥呼の死後、再び争乱が繰り返され、
水主神社の祭神 倭迹々日百襲姫命は、この争乱を 避けて、
この地に来られたと伝えられています。」

騒乱の末に香川県に逃げてきた事を考えると
出雲が邪馬台国だろうな

106 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 04:03:42.42 ID:EQl4Ytha0
>>102
そのまま鬼を桃太郎しに向かった訳だから100年のズレもあれば充分やろ?

107 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 04:03:55.55 ID:M/w+9djq0
>>68
>「古代中国人は日本列島を90度倒れた形に認識していた」

はあ?
それ何十年前の畿内説だよ
今でもまだいるかもしれないが現在の畿内説論者の中では亜流の少数派というか化石としか言いようがない

108 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 04:05:34.10 ID:Majuuppg0
>>106
いや100年は重要な部分だよ。

109 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 04:07:00.51 ID:VezegVsT0
至と到だの、墳と塚だの言葉遊びしてる九州説厨にはうんざりだよ
出土した遺跡や遺物の年代測定と規模をみれば、
同時代に畿内>九州なのは確定なんだよ
いつまでも魏志倭人伝に固執する馬鹿ども

110 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 04:07:03.30 ID:DC2lBOmQ0
>>105
いやいや、推古天皇やら持統天皇やら元明天皇は女性だろ。

111 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 04:08:22.25 ID:Majuuppg0
>>109
なんで九州と畿内が統一されていたと思うわけ?

112 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 04:08:31.85 ID:EQl4Ytha0
>>108
だから邪馬台国になる前に九州と出雲なりの緊張があっただけで

カナンの悪象をほふって

というか大国主に国譲り迫って

その流れで邪馬台国が誕生した流れだとして

邪馬台国云々の100年前の遺跡ってのはそーいう話なんじゃねーのと

113 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 04:10:20.51 ID:DC2lBOmQ0
>>111
東征は男のロマンだろ。
神武天皇がなんとなく兄と話し合って決めただけらしいし。

114 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 04:12:32.73 ID:EQl4Ytha0
帰って来た後には八重垣つくるって話で秦なりなんなりにスサノオがなったんだろーし

115 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 04:12:38.59 ID:+zMuaBnY0
天皇とか神話とか持ち出す神道の連中が
出てくると途端に識者が寄りつかない面倒くさくてw

116 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 04:12:41.77 ID:Majuuppg0
時代の認識が違う。

117 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 04:13:46.34 ID:vOQyXuOM0
>>109
まるっと意味不明
2−3世紀に畿内は栄えてた<これは別に否定はせん
だから邪馬台国&卑弥呼はここに居たはずになるんだ

118 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 04:15:17.30 ID:Rccfd3s90
神武が八咫烏を掲げてる点から
中東渡来なのは100%。
ヤタガラス航法で日本に来た証左だ。
その描画が九州の墳墓から見つかっている。

119 :117:2016/10/13(木) 04:15:26.73 ID:vOQyXuOM0
なんか日本語変だなw
×だから
〇だからと言ってなぜ

120 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 04:16:12.05 ID:qyspIlwj0
>>105
>九州に降り立った魏の人間が
>熊本に行くのに海を渡る記述はおかしい

何もおかしくない。

って言うか、それ以上に明らかにおかしい点を君は無視している。
それは「里数表記がここだけ日数表記になった事」だ。

船の上では距離が測れないにもかかわらず、
「1日=千余里」で換算してまで水行の里数表記をしていた人が、
突然、里数にこだわらなくなり、陸行まで日数で表記したのは、
到底無視できるものではない。

この理由を合理的に上手く説明しようとすると、
不弥国まで書いた文献とは別に、倭人からの伝聞を書いた文献があり、
陳寿が不弥国〜邪馬台国の部分に当てはまると思って、
合成したものと考えられる。

つまり、「不弥国からの行程ではなかった可能性」と、
「倭人が正確な情報を教えなかった可能性」があるという事。

121 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 04:16:33.02 ID:EQl4Ytha0
あ、一応大蛇を切ったってのは漢か

122 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 04:17:10.63 ID:qyspIlwj0
>>107
その化石が邪馬台国関連スレには毎回何度も出没するんだよ。

123 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 04:22:26.19 ID:j0Hr0/SL0
>>120
素晴らしい着眼点だ

124 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 04:29:27.22 ID:Majuuppg0
>>120
その通り。

中九州、有明海沿岸は敵から守りやすい地形、隠された地形
その安全な広大な平地で繁栄した。

重要な場所で機密事項だったはず。
水行でも陸行でも行けるが、詳しく教えるわけがない。

125 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 04:42:55.33 ID:Majuuppg0
グーグルマップを地形モードにして有明海沿岸を眺める。

これほど守られた温暖で豊かな場所は無いよ。

陸、博多からは狭い場所を守ればOK
海も狭い場所を見張ればOK
吉野ヶ里は山(谷)沿いに侵入する敵に対する軍事拠点。

個人的には地形・伝説、読みから八女かな?と思っているが、
水行すれば10日だろう。
陸行も可能だが、これは機密で嘘を教えられた。

126 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 04:54:20.84 ID:DcuskbJS0
 音博士という役職があったように、表意文字と、表音文字が一体となった六書による漢字は、音が中心であり、
白川静の言うような、漢字の形の変遷は音を無視しており、藤堂明保の方が分が良い。邪馬台国は、古代では、
韓:朝鮮半島にも、卑弥呼と同じ卑弥を冠した土地名が、二つはある。区別していないのは、同じ由来があるこ
とを暗示(銘字)している。邪馬台国の台は、臺ではなくて、一を示すというさらに古い字を以って、別名だと
古田はいうが、同じ音を表す漢字はいくらでもあり、字画数が多いほど優雅であり、権威があるように装う司書
の編者の思い入れがあるだけである。台・臺が、発音記号で du であれば、漢字一字が一音を表すので、ヤマト
となっても可笑しくはない。ただそれを、以って現在の位置の大和であり、大和朝廷の前進であると言うのも無
理があるである。
 三角縁神獣鏡の冶金学的な分析で、景初時の年号が一年違うものを、一年違いで構わないと言うのも無理があ
る。鏡を作る素材は、当時は最高冶金技術であって、最高の品質のものを鋳物に使うのは常識的にも、合致する
が、別の鏡を溶かしてレプリカの鋳型を作れば、サイズがどんどん小さくなるので、オリジナルではないことが
分かる。詰まり、権威を騙って、贋作の意図があって、景初時期の鏡を輸入して溶かして作ったら、どうしよう
もない。
邪馬台国は、九州なのか、大和地方なのかというと、魏書の東方夷狄文書(僻地の野蛮人の野外定点観測文書)
に忠実に考えると、種子島よりも南しかない。それは、ムー帝国であると言うしかなく、魏書が、如何にに善い
加減かというのが分かる程度である。
我々は、野蛮人だった。獣偏を避けて、わざわざ人偏倭とか、歪曲を表す『委』なのかが、気味が悪い。
和だとか、啝ではないのか。ものすごい差別意識で書かれており、朝貢(献上品・お歳暮の価格)の内容程度、
左右されているだけ。
連合王国であれば、何故に、全羅道が倭ではなかったのかもおかしい。
結局は、記紀がオリジナルの、蘇我蝦夷が持っていた図書館を焼いて、野蛮人であったその痕跡を完全に証拠
隠滅したからで、あって、それ以上のものではない。

  邪馬台国は、卑弥呼がシャーマンとして統治していた、一小国であって、別系統の野蛮人が別に居て、
大和は、その名を権威付けるために邪馬台国の音を名乗って、継承をしているというでたらめを、贋作し
ただけである。

127 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 04:57:05.63 ID:IefbuxGw0
北九州には邪馬台国があって
畿内には奈良台国があったんだろ

128 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 05:14:22.03 ID:B6TM4v9O0
宮内庁が極秘で資料持ってるんじゃないの?

129 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 05:15:09.45 ID:DcuskbJS0
>127
そういう解釈は、否定もできないし、同意も出来ない。タイムマシンで、時空ジャーナリストしてくれや。

130 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 05:18:48.91 ID:JqP/KJvj0
関西人による畿内説ゴリ押しは本当に鬱陶しい

131 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 05:27:17.02 ID:qHO0mG0Y0
三人ずつで討論させてるから、考古学会を二分するようにみえるけど、学者の
大半は近畿なんだよね。

132 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 05:29:19.96 ID:qyspIlwj0
>>126
>発音記号で du であれば、漢字一字が一音を表すので、
>ヤマトとなっても可笑しくはない。

おかしい。
濁音と清音はかなり違う。

>魏書が、如何にに善い加減かというのが分かる程度である。

いい加減なのはお前の方だ。
>>60をしっかり読めば熊本〜宮崎あたりに収まる事が明らか。
いい加減な日数表記をそのまま読むのがおかしい事は>>120で指摘した。

>連合王国であれば、何故に、全羅道が倭ではなかったのかもおかしい。

なぜ全羅道が出て来るのか意味不明。

133 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 05:38:55.43 ID:SlqIUt1n0
>>48
消去法的な論法なんだよ
纏向やその後古墳は突然のように出現したもので、奈良にはその基礎となる遺跡がない
>ゆえにどこから移転してきたと思われる
奈良の遺跡は交易物に乏しい
箸墓は布留1式の築造
伊都国と邪馬台国は飛鳥時代の関係に近い(これも考古学の研究者にしてはオーバートークだと思うが)
までが関川氏のお考えで、九州説云々というのはそのサイトの人が付け加えたことでしょ
近畿の研究者なら、その移転してきた勢力は吉備・播磨以外にないことは理解している
まだ絶対的な根拠がないからおおっぴらに言えてないだけのことで

134 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 05:41:11.12 ID:kpNoCSyF0
吉野ヶ里も宇佐八幡宮も纏向も箸墓も見に行った俺が九州だと断言するわ

まあ勘だけどな

135 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 05:44:13.33 ID:qHO0mG0Y0
>>25
ちょっと弱いかな。
だって、墳丘が完成するまで5年〜10年くらい見届けたのかい?

136 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 05:49:30.76 ID:YYGpjDAc0
九州人は民度が低すぎるから違うと思う

137 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 05:49:40.70 ID:qyspIlwj0
>>135
見届けないで「径百余歩」とは言わんだろ。

使者は邪馬台国にも行ってない様子だから、
見届けた倭人からの伝聞だろうけどね。

ついでに言うと、倭人は中国の単位系を知らないから、
「径百余歩」も中国の単位ではなかったと思われる。

倭国の単位系は詳細がわからないので、
卑弥呼の冢の大きさもわからない。

138 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 05:51:28.43 ID:DcuskbJS0
>132
魏書の何版を言うのか。写真版ではなくて、オリジナルを所有しているのか。

音韻を清・濁というが、では聞く。

 古代、日本の神代の音『き』は、2つあるというが、それは何をいうのか。 ki, kji が清・濁で言えば、
清音だという根拠を示せ。kji が濁音であるのは自明ではないか。それを、清音というのは、解剖学的に、
どの点をさして言うのか。

  白文の万葉集の和歌の『き』は、漢字で、書き分けているという。ki, kji は、完全の分けられている。
音博士が何故に必要になったのか教えてほしいぞ。
魏の時代にも、通訳が居た筈だ。彼らは、宗教は何だったのか。鬼道とは何か。基本は、中華の場合は、
孔子だろう。しかし、隋はトルコ系の西魏出身じゃないか。そこに清濁の何の意味があるのだ。

 中国人学者が、万葉時代の音韻を聞きにきて、日本の学者が教えている。それを参考にした説を中国の
古代史学会の音韻の新説で発表している。何の意味があるのか、凭れあって。

あんたら寿命で死んでしまったら、天皇家ではあるまいし、水上説と同じで、見向きもされなくなると思
うよ。
白川派なんだろうけど、小生は藤堂派でもない。勘違いしないでくれ。
高い専門書など買う気にもなれない。Net 検索で充分だ。

139 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 05:55:33.11 ID:qHO0mG0Y0
吉野ヶ里が100出てきても無駄なんだよ。
弥生の遺跡がいくら立派でも、邪馬台国とは関係ない。

鉄が圧倒的に九州にあるから?
弥生の鉄が九州にいくら多くても無意味なんだよ。

戦国時代の遺跡が京都にたくさんあって金で覆われた聚楽第があるから、江戸幕府は幻だというようなものさ。

140 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 05:58:15.07 ID:5jjgwegR0
もう邪馬台国はなかった事にすれば良くね?

141 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 05:59:09.32 ID:sG9NB0D20
邪馬台国なんてあったかどうかも疑わしい シナの資料だし
そもそもそれに書かれてることが真実であるってなんでわかるんだよ
適当に創作された話かもしれんのに
本当に卑弥呼なる女が支配者だったのかも怪しい

いろんな思惑で面白おかしく創作された話が後世に真実のように伝わることはよくある話 尾ひれがついてな

142 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 06:01:07.24 ID:rRuO3l4y0
あ?
そもそも邪馬台国なんてなかったよw

143 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 06:03:52.93 ID:R1hhyvDv0
邪って付く時点でどうなんだ?

144 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 06:08:43.52 ID:qyspIlwj0
>>138
上代日本語の「き」には甲乙の2種類あったが、
それとは別に「ぎ」にも甲乙2種類あった。
よって、濁音と清音は違う。

他は「濁音と清音は違う」という事と関係無い。

145 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 06:10:34.62 ID:M+lXIch80
邪馬台国は山の中の斎場だけで
倭人は神聖な場所だから色々話を盛っていた
狗奴国は攻めてもなんもないし攻める気無いけど
狩りで近くに行くとなんか嫌がられるんでうざったい場所だった

とかだったら面白いけど虚しくもある

146 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 06:14:13.87 ID:0LjAmZ3Q0
もともと倭人伝に書かれた邪馬壹国を邪馬臺国と読み替えたのは
大和すなわち奈良県であるヤマトと読むためだからな
それを九州にもヤマトがあるなんて言うのは本末転倒なんだよ

147 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 06:14:26.43 ID:DcuskbJS0
>137

>倭国の単位系は詳細がわからないので、
>卑弥呼の冢の大きさもわからない。

禿同。

>径百余歩

 径が、円墳を表すというのも、むちゃくちゃ。歩も、里と同じく、全く時代考証が違うだけではなくて、
同じ時代でむちゃくちゃ違う。

対馬を指しているという場所の表現で出てくる『方』を長方形を指すとか、むちゃくちゃ。面積かもしれないし、
里が中国本土の里の数分の一だから、水行の日数も出鱈目。

>60
>少なくとも朝鮮半島では短里が使われていた事がわかる。

本国は長里の CMK で、東方夷狄は 短里 と言う無謀な記述。読む方は現場の距離難があるほど、魏書を殆
ど信じなくなる。

おそらくは、倭側に提出させた文書を、倭に賄賂を一杯もらって書いたという、今の新聞記事の電話出鱈目
取材記事と変わらんヨ。にこにこ笑って、手揉みして卑屈な態度で、取材を受けたのサ。そうしたら、良い記
事を書いてくれるのと同じ。都合が悪いと、何回も書き直しをさせて、出鱈目をデスクの言う通りに書かせて、
最後は採用しないとかになる。

  倭の筈の記紀の蘇我蝦夷の虫偏とか、完全な改竄文書。

>元年春正月丁巳朔辛未。皇后即天皇位。以蘇我臣蝦夷為大臣如故。大臣児入鹿。更名鞍作。自執国政。威
>勝於父。由是盗賊恐懾。路不拾遣。

こんな、音博士が書いた文書を信じるのは馬鹿。

148 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 06:15:55.76 ID:+zMuaBnY0
>>143
中国の文献は皇帝に対して卑しいものとして
忌み嫌われる当て字をしてるから
邪馬台国はヤマト国
卑弥呼は火の巫女とかいろんな説があるw

149 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 06:18:43.49 ID:FAvyZTFx0
>>109
>同時代に畿内>九州なのは確定なんだよ

まあこれはいい
ここから「すなわち邪馬台国は畿内にあった」
と話が飛躍しちゃうのが畿内説の問題点

中国から王と認めてもらえた=日本で一番強い勢力

この勝手な思い込みが学問の世界では凄く危険なんだよね
別に絶対に九州にあったなんて思っちゃいないが
こういう安易な畿内説の論法には到底賛成できない

150 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 06:19:49.55 ID:f5kj4xBE0
譲らずって何だよ
必要なのはポジショントークじゃなくて事実の検証だろうが
半万年の歴史とか言ってる韓国と大差無いじゃないか

151 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 06:23:19.44 ID:48ts3eid0
どっちがほんとうかはろまん

http://gojyukyu.zombie.jp/f/ytrfw5j

152 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 06:31:41.87 ID:9cf1jg4d0
久留米にある高良大社は祀られている神が不明でそれが祀られる以前にも神がいたと伝聞がある。
高良山は神籠石という石で山全体が囲まれているが砦であったとも。
ここに巨大な山城がある意味とはそこに巨大勢力の最前線が存在したという事。
邪馬壹国連合と狗奴国の長期的な争いがそれである。

153 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 06:34:10.77 ID:qyspIlwj0
>>147
>本国は長里の CMK で、東方夷狄は 短里 と言う無謀な記述。

いや、陳寿はどっちも長里のつもりで書いてたんだよ。
朝鮮半島には短里の独自単位系があり、
陳寿はそれを知らなかっただけ。

>倭側に提出させた文書を、倭に賄賂を一杯もらって書いた

倭国だけではなく朝鮮半島もそうなっている。

それに、誇張やでっち上げのいい加減な数字だったら、
「朝鮮半島だけ全ての数字が長里の約5倍できっちり揃っている」
という事にはならない。

きっちり測ったから、数字がきっちり揃っているんだ。
(もちろん、当時の測量技術では多少の誤差は出てしまうが、
 誇張やでっち上げに比べれば遥かに揃っているという意味)

154 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 06:35:18.14 ID:SlqIUt1n0
>>147
四方などの四辺を意味する用例はあるが、方で面積を示す例は三国志にはないと思うよ

また、歩が中国の単位ではなかったとか、中国の政治家や官僚向けに
書かれた書物で、他国の単位を説明もなし使うことはありえない
kmしか知らない民族に対してマイルを使うようなもの
三角縁神獣鏡も、むちゃくちゃとか贋作だとか書く前に、では、いつ
誰がなんのためにどのようにしてそれをしたのか?
↑こういうことに思考を巡らせないといけないね

155 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 06:35:50.51 ID:qyspIlwj0
>>148
それは間違いだと>>56で指摘した。

156 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 06:38:54.55 ID:EbUf3gEh0
鏡は移動できるんですよ?

157 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 06:39:07.70 ID:Yf3jfyIS0
>>6
三世紀前半で魏志に記される条件を満たす古墳は箸墓古墳しか存在しない
そもそも塚や墳に拘る理由もわからんが
魏志倭人伝は、使者の報告をもとに書かれたものであり
編纂者がそこまで正確に記す事も出来なかったし

158 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 06:39:29.46 ID:XuFEOhXs0
>隋書では天皇の姓を阿毎(アマイ)にしてるんだよね
>もちろんこれは「アメ」の転なんだけど、me が mai に転ずるのが古代中国語のクセとすると
>「ヤマイ」は「ヤメ」の転ってことになる

me が mai に転ずるのではなくaiを早口でしゃべると本来口の開け方が
狭いiが十分に狭くならずeに近い音になるから。
仮名にして2文字の「マイ」を漢字1文字で表わすのと漢字2文字で表わすのでは扱い方が全く異なる。
漢字の発音は主母音を中心にして、主母音の前にある韻頭、主母音の後ろにある音を韻尾といい。
強勢=音量の大きなのが韻腹と呼ばれる主母音で韻頭や韻尾は強勢が無く弱く発音する。

鮮卑族やモンゴル族、女真族に蹂躙されて古代に比べて大きく変化した現代中国の漢字の
読み方の標準となった北京官話=Mandarinを例にすると
【快】はkuaiと発音し強く大きく発音するのは韻腹=主母音のa。
韻頭のuや韻尾のiは弱く小さく発音する。
もし【苦娃一】と3文字で書けばku wa yi三つの音節をハッキリと発音し
お節料理の材料のクワイを意味する。

数年前に中国語になった日本語のカワイイ仮名4文字は「卡娃以」など漢字3文字で書いた。
次のサイトは日本の流行歌の歌詞の発音を今の中国語の漢字で書き表してくれというもの。
ttp://wenda.so.com/q/1407919959496901

159 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 06:42:29.06 ID:45xys6iU0
馬が付く地名が九州が多いので邪馬台国は九州かも

160 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 06:43:14.43 ID:FAvyZTFx0
>>141
だから文献史学の考証と考古学成果を照らし合わせて
倭人伝に記されていた国は本当にあったか?
倭人伝はどこまで当時の日本の実態を反映しているか?
ということを検証していくのが学問なんだよ

位置問題なんてのは、その検証の一部でしかないんだが
ここの住人みたいなのにはそれが全てと勘違いしてるから
現在の研究から取り残されて、滑稽な俺様理論が横行してる

おまえさんみたいに「疑わしいから全否定」ってのは
一番安易で楽な思考停止w

161 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 06:44:20.72 ID:SCbIQ2r00
邪馬台国を当時の日本の中心勢力と考えるからおかしくなる
単なる地方勢力のひとつにすぎないとすれば九州説もありうる

162 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 06:44:33.45 ID:DcuskbJS0
>154
三角縁神獣鏡は、100枚以上も何故に出土しているのか。

Wiki
>一方邪馬台国=九州説を主張する研究者は、三角縁神獣鏡全体が(魏の年号が記されてはいるが)後世の偽作物であると見なし
>ている。日本製説の研究者からは以下のような疑問点が指摘されていたが、卑弥呼の鏡説の研究者からの反論もある。

疑問点
三角縁神獣鏡が出土するのは4世紀以降の古墳からのみで、邪馬台国の時代である3世紀の墳墓からは1面も出土しておらず、年代が合わない。
三角縁神獣鏡は中国国内では1面も出土しておらず、中国の鏡ではないと中国の学者が述べている。
改元されて実在しない中国の年号の銘が入った鏡がある。
卑弥呼に下賜された銅鏡は100枚だが、それをはるかに超える数の三角縁神獣鏡が出土している。
反論
邪馬台国向けに特別に作らせたものだから中国には残っていない。
景初3年は、景初4年正月となるべき月を後十二月とした年であり、その混乱を示すものである。

 冶金学的には、本物を元にした鋳型を作れば、サイズは異なるが、冶金学的に同じ組成(組成金属スペクトル分布)の
材料を手に入れれば、いくらでも出きるぞ。

163 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 06:47:00.79 ID:eP28K/me0
>>98
考古学者のあいだでは畿内説一色

纒向遺跡を無視しないかぎり畿内説をとるしかなくなる

164 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 06:47:51.80 ID:tJW6e3i/0
もう片っ端から掘り返したらええねん

165 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 06:53:32.83 ID:DcuskbJS0
>146
>もともと倭人伝に書かれた邪馬壹国を邪馬臺国と読み替えたのは

これは、古田説。殆ど、嘘っぱち。壹と、臺の違いは、音と、その形のある意味入り組んでいる臺は画数が多く
て、書いた時期は同じ音なので、朝貢の質・量の差で書いただけ。漢方で、入り組んだヤケに難しい字の方がご利
益があるようになっているだけ。魏の時代に、倭はウコンを酒につけたもの、百薬の長、長寿の薬として皇帝陛下
(大王)に献上した。アメリカ合衆国の大統領にお土産として、『不沈空母』を献上した中曽根は、旭日章をもら
ったのを思い出そう。日本の首都東京を焼けのが原にした鬼ルメイに勲章を遣ったのも、属州日本国の象徴天皇陛
下(すめらみこと)。

壹は、台と同じ読みの筈だった画数の多い臺を避けた。読みは、『いち』だから、『やまいちこく』という。
一字一音だから、『やまいこく』なのかと思ったら、『やまとこく』だったと。

 オリジナルの文献が元は、『臺』だったと判明という HP を発見。



 

166 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 06:54:08.68 ID:+zMuaBnY0
>>155
それは発音だろうw
何語の発音か知らないし当時の言語も知らない
しかし当て字が使われたことの否定じゃないよなw
しかもおまえみたいな奴を想定して
「いろんな説があるw」で結んでいる
根拠もないのに「確定的に言いきる」おまえの言葉は信用できないw

167 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 06:56:08.96 ID:FAvyZTFx0
>>161
そうなんだよね
だから畿内説を成立させる鍵は
当時の九州北部にまで畿内勢力の力が及んでいたことを示す遺跡遺物をみつけること
いくら畿内で大きな遺跡が出たとか騒いでも邪馬台国問題には無意味

倭人伝の行程の記述ばかり必死にみつめて暗号解読に夢中になるのはもっと無意味w

168 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 06:57:03.59 ID:CgdMMaCE0
九州は漢委奴国王印が出土してるんだし
奴国と比定していいよね
委奴国と読むか奴国と読むかは別にして
取りえずはナコクでいいよね

ナ人が倭人の話に関わってこないでくれる(´・ω・`)

169 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 07:01:01.70 ID:qyspIlwj0
>>154
ちょろっと検索したけど、
「掘地得玉璽、方一寸九分」
「南收零桂、北據漢川、地方數千里、帶甲十餘萬」
は面積じゃないか?

あと、「他国の単位」とは思わなかった可能性がある。

170 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 07:01:42.28 ID:CgdMMaCE0
倭人伝でナ人伝ではないの
九州はナ人なんだから
倭人の話は関係ないでしょ

邪馬台国は倭人の話(´・ω・`)

171 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 07:01:44.09 ID:FAvyZTFx0
>>163
たしかに纒向遺跡は一時は「これぞ邪馬台国!」なんて
マスコミなんかに大いに騒がれてたけど
発掘結果からかえって九州との断絶を示唆する状態で
>>167で触れた問題点からすると、逆に畿内説に不利になった側面もあるんだよね

そんなこともご存知なく、畿内説一色の考古学界なんてあなたの脳内だけでしょうねw

172 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 07:02:27.61 ID:dGFr/QJi0
九州が倭国で、東や北は倭種だろ。
倭人伝にそう書いてある。

173 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 07:03:19.66 ID:qyspIlwj0
>>166
「邪馬台国はヤマト国」
「卑弥呼は火の巫女」

これが発音の話じゃなかったら何の話なんだ?

174 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 07:04:01.83 ID:CgdMMaCE0
九州は奴国王の奴人でしょ(´・ω・`)

175 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 07:07:41.36 ID:qyspIlwj0
>>163
考古学というのは文献ではなく出土品で昔の社会を考える学問だ。

「邪馬臺国」などと書かれた出土品は無いので、
考古学としては深く考える意味が無い。

考古学者は文献について深く考えないから、
深く考えればわかる事もわからない。

176 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 07:09:21.43 ID:FAvyZTFx0
>>169
寸も里もどう考えても距離の単位で面積じゃないだろw

177 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 07:10:21.69 ID:+zMuaBnY0
>>173
都合の悪いところは読み飛ばすから頓珍漢な頭になるんだよw

中国の文献は皇帝に対して卑しいものとして
忌み嫌われる当て字をしてるから
邪馬台国はヤマト国
卑弥呼は火の巫女とかいろんな説があるw

なんでで半分以上無視してるのw

178 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 07:10:47.99 ID:pYAxYVm80
>>146
山門も京都も九州にあるわ

179 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 07:13:19.12 ID:qyspIlwj0
>>177
上半分については興味が無い。

下半分については間違った事を言ってるから指摘した。

180 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 07:14:30.03 ID:XuFEOhXs0
>>173
>「卑弥呼は火の巫女」

卑弥呼は姫子とも読める
卑弥弓呼はどうするの?
全体を見渡して考えないと遺憾

181 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 07:15:36.12 ID:qyspIlwj0
>>176
「方」の後に距離を書いて、
「○○四方」という面積を意味する、
というのが「方で面積を示す例」だろ。

182 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 07:21:59.17 ID:4UbT4Sx00
生口100人、畿内から連れていったわけ?
畿内の政権が九州でかっさらったの?

183 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 07:23:37.87 ID:+4/AzIN30
両者とも学術的裏付けがないのに
ここだあそこだ言い合ってるだけだから
譲るわけがない

184 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 07:23:49.91 ID:FAvyZTFx0
>>181
そりゃまあ、距離が分かれば面積は計算できますがw

「四角の一片は○寸」って文を、面積を示す文だなんて飛躍する人は初めて見たので吃驚ですわw

185 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 07:24:18.27 ID:DcuskbJS0
>168
>九州は漢委奴国王印が出土してるんだし

 漢の帝国が滅んだときには、印を返上して、次の帝国の皇帝から金印(綱穴には朱色の紐があり、紐の色で、国の価値を区別し差別化していた)
を授かるので、返還する前に邪馬台国に併合されて、委奴国が滅んだということではないか。

九州については、古代中国の文献は、徐福が(九)州に行って帰ってきて、州から二度と帰ってこなかったと書いている。
 委奴国と言う漢字は、委は歪曲な奴隷という意味で、音は『イナ』だったのか、発音記号が不明。人偏がないのは、倭種なので、区別したのだ
ろう。何故に、威都国としなかったかは、自明。中国国内の先輩の国という意味になる。

  東方の夷狄=野蛮人を記載するために差別的に記載している。蔑み、哀れんで書いている。
  その魏自体が、西魏として、トルコ系の傭兵隊長に乗っ取られた。その西魏のなれの果てが、隋。ペルシア人が、太宰府に何人も居たよ。
  青い目の煬帝は、唐に国を譲ることになるほど、国力が弱かった。

186 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 07:25:12.49 ID:qyspIlwj0
>>180
>卑弥呼は姫子とも読める

読めない。
「卑弥呼」は当時の中国語で「ピミフ」と発音する。
使者は「ピミフ」に近い言葉を聞いて「卑弥呼」という字を当てた。

「火巫女」は「ピミコ」、「姫子」は「ピメコ」と発音する。
これを「ピミフ」と聞き間違える事は無いだろう。

「卑弥弓呼」は当時の中国語で「ピミキョフ」みたいに発音するが、
別にどうもしない。

187 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 07:26:16.48 ID:XuFEOhXs0
>>138
大阪は昔オー「ザ」カと発音していたが今はオー「サ」カに変わっている。
河川敷は昔カセン「ジ」キと発音していたが今首都圏ではカセン「シ」キと清音に変わっている。
依存症は昔イ「ゾ」ンショウと発音していたが今首都圏ではイ「ソ」ンショウに変わっている。
しかし犬hkのインタビューに出てくる医者や専門家はイ「ゾ」ンショウと発音している。
【存】という漢字は元々隋唐時代には濁音始まりの漢字だった。
土地はトチだが「盛り土」の時は【土】をドと発音してるだろ。
二つの単語が合体した複合語の場合後ろの方の単語は連濁といって清音が濁音化するのが普通だ。

188 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 07:26:16.75 ID:IctD4v58O
ジパング南米説

189 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 07:26:54.65 ID:qyspIlwj0
>>184
面積を表す「○○四方」という言葉は?
「四角の一片は○○」という意味だぞ?
「○○四方」という言葉を見たら君はビックリするのか?

190 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 07:28:18.68 ID:8MXICSPn0
>>186
今の中国でさえも、耳からインプットした日本語を口から正確にアウトプット出来ませんよ。

191 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 07:29:10.39 ID:+4/AzIN30
外国との通交をあれだけ重視した国なのだから
それなりの遺物が出るのは当たり前
まずは遺物を探せだな
出ないとこは候補から外しても良い

192 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 07:30:09.80 ID:nj68R8qG0
>>182
九州にあった邪馬台国が半島にいた濊族あたりをかっさらったんだろうなー。

193 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 07:31:26.58 ID:5fDAXCXc0
ベッキーだけじゃなくて安室ババアも不倫だろ。
あと安室は母親としても最低。昔はこう↓だし、今は息子を全寮制の学校に閉じ込めて自分は不倫してる。一時は親権手放すし。

安室は子供にコンビニとマックばかり食べさせていると報道
http://hideyoshi.2ch.net/test/read.cgi/ms/1253974933/
【悲報】安室ジャンキー確定!!逮捕間近か?
http://matomechan.blog129.fc2.com/blog-entry-443.html

反日歌手だからという理由で韓国から大歓迎されてる売国歌手の安室を叩き潰そう!反日安室をいまだに使い続けてる女性誌も不買しよう!
あと売国歌手の安室を五輪主題歌に起用してる反日NHKの受信料は拒否しよう!売国創価や在日チョンに擦り寄ってる売国奴の安室はロングで見れば、損をする。売国安室はチョンで創価のクリスタルケイや創価のAIとコラボしてるけどさ。

慰安婦強制の嘘を流すNHKの国際放送 偏向報道の改革は避けられない
http://the-liberty.com/article.php?item_id=7372
【NHK捏造発覚】超貧困女子高生、別に貧しくなかった。【凋落するメディア】
https://samurai20.jp/2016/08/nhk/
【芸能】 11年ぶりに来韓した安室奈美恵〜過去、日王披露宴での君が代斉唱拒否で韓国人に好印象[05/05] [転載禁止]c2ch.ne
ttp://yomogi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1430806109/-100

http://photo.hankooki.com/newsphoto/v001/2015/05/05/ezhee20150505011330_O_01_C_1.jpg
▲11年ぶりに'来韓'安室奈美恵、過去、日王披露宴で君が代斉唱拒否

'日本Jポップの女神'安室奈美恵が約11年ぶりに来韓した中、過去の君が代斉唱を拒否したエピソードが再照明されている。

4日、安室奈美恵はソウル中区(チュング)乙支路(ウルチロ)東大門(トンデムン)プラザで開かれる2015シャネル・クルーズコレクション出席のために来韓した。
安室奈美恵が公式に韓国を訪れたのは今回が二回目で、2004年以来約11年ぶりだ。1990年代、安室奈美恵は日王主催披露宴で君が代斉唱を拒否して韓国人らに良い印象を残したことがある。
彼女が君が代斉唱を拒否した理由は正確には明らかにならなかったが、昨年ある放送会社で日本出演者の登場バックミュージックで君が代を使って物議をかもしたのに続き、安室奈美恵の君
が代拒否エピソードがまた言及されている。

無様に金欠に陥ってる反日落ち目歌手の安室を叩き潰そう!

http://keywordjiten.seesaa.net/article/425655821.html
安室奈美恵が金欠地獄!ファンから「資金回収」に怒りの声が続出!

金欠落ち目の安室ババアは安定したくて、今度は略奪婚を狙ってる!

安室奈美恵、全国ツアー終了後のタイミングで噂の男性と電撃再婚!?
http://www.asagei.com/excerpt/45249

安室と西の写真↓(安室の地黒さと歩きタバコに注目)
http://blog-imgs-68.fc2.com/g/e/i/geitsuboo/BuYjhb1CEAEHW8T.jpg

なんと安室は妻子ある西と同じアパートに引っ越してきて同じ階に住んでるんだと。でも、西は妻子を捨てて安室みたいなウンコ色の肌色のコブ付きの整形クリーチャーと結婚しないと思うな。安室っていう最低最悪のビッチ、気持ち悪いにも程がある

【芸能】安室奈美恵、全国ツアー終了後のタイミングで噂の男性と電撃再婚!?[無断転載禁止]©2ch.net
http://hayabusa3.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1444903443/
安室奈美恵、香港で西茂弘と撮られた!ファンを不安視させる2人の関係は…
http://www.cyzowoman.com/2015/11/post_17894.html
安室奈美恵の窮状が露呈 入手困難だったチケットが売れ残るように。
http://news.livedoor.com/topics/detail/10982262/
V6三宅と不倫していた安室最低
http://b.z-z.jp/thbbs.cgi/cme/2962/

楽しんごが車を障害者スペースに停めて叩かれているけど安室のほうが悪質。

http://kamome.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1287795840/
【芸能】安室奈美恵ルール違反! 羽田空港の身体障害者用乗降場から乗車(東京スポーツ)

https://www.youtube.com/watch?v=4WqpyZy1KoA
安室ってこういう所の仕切りからして三流。香港のファンに高飛車に切れてる安室が滑稽w ガードマン雇う金もない金欠雑魚安室wwwwww ボディガード雇う金のない雑魚がスターぶるなよwww 
作詞も作曲もしてない糞色の肌の低能アイドルの分際で安室は自分を偉いと思い込んでるから滑稽なんだよ。ふかわが批判したエアピアノ事件とか典型 👀
Rock54: Caution(BBR-MD5:0539ab6bde1d90775bd8639ab920ffa6)


194 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 07:31:52.91 ID:QwsQzHo60
>>189
方千里とあれば面積と考えるのはごく普通で当たり前。
史記
「江東雖小、地方千里、衆数十万人」
江東は小なりといえども、土地は四方千里、人口は数十万人

195 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 07:33:03.04 ID:5fDAXCXc0
君が代歌うのを拒否した反日歌手の安室をゴリ押ししているバックは反社会的ヤクザのバーニングです。企業倫理は年々厳しくなってきているのに芸能界はおかしすぎます!
バーニング系の芸能人はヤクザの利権です。バーニング系の芸能人が露出していたら即、その媒体に抗議の電話とメールをしましょう
安室に関わりのある企業やコンテンツは闇社会と繋がりがあります。徹底的に抗議の電話とメールをしましょう!バーニングは自社の息がかかっているタレントのライバルに対するネガキャン記事を大量に書かせて叩き潰すという悪質な手法を多用します
安室推しの為に倖田來未や浜崎あゆみへの壮絶なバッシングが展開されたのもバーニングの仕業です

異常に浜崎を敵視している安室奈美恵
http://up.gc-img.net/post_img/2016/10/F1H2m8Ud4tYD13z_782Cn_2194.jpeg
http://userimg.teacup.com/userimg/6246.teacup.com/panzer4h/img/bbs/0000927_2.jpg

2006年当時から浜崎を敵視して浜崎から歌姫の座を奪おうと画策していた下劣な安室サイド

安室奈美恵が「歌姫」の座を浜崎から奪い返す!?
http://idolgravuredvd.seesaa.net/article/24000402.html

「“芸能界のドン”は宅見組長が育てた」バーニング周防郁雄社長と暴力団“黒い交際”暴く衝撃ブログ
http://www.excite.co.jp/News/entertainment_g/20150412/Cyzo_201504_post_18343.html
芸能界のドン(黒幕)はバーニング周防|噂・過去&消された芸能人
http://ameblo.jp/kotasha-n/entry-11769535816.html
バーニングプロ銃撃、捜査員の入室拒否
http://oriharu.net/jB.htm
バーニングプロダクション
http://ja.yourpedia.org/wiki/%E3%83%90%E3%83%BC%E3%83%8B%E3%83%B3%E3%82%B0%E3%83%97%E3%83%AD%E3%83%80%E3%82%AF%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%B3
>実態は神戸山口組周防組。警察からも企業舎弟として監視されている

宮根誠司、羽鳥慎一らが所属するバーニング系列事務所の黒い噂…肉弾接待、枕営業、所属タレントらも関与か
http://www.officiallyjd.com/archives/430854/
追悼川田亜子アナ
http://kawadasanarigato.blog95.fc2.com/blog-entry-116.html
>バーニングプロダクションの周防郁雄社長がNHKプロデューサーを接待漬けにして籠絡していたという記事です。

“やくざプロダクション”バーニング周防郁雄・追撃文(激闘編)
http://www.dainipponshinseikai.co.jp/coram/burning_1210.html
>バーニング周防が仕掛けた、ヒットマンによる「笠岡総裁暗殺計画」
>「電通・博報堂」と癒着した企業恐喝

「芸能界のドン」に群がるゴミマスコミ業界人をバーニングの元用心棒が一刀両断!
http://r-zone.me/2015/06/post-452.html
ミス世界一吉松育美さん脅迫被害・マスコミ黙殺事件まとめ
http://seesaawiki.jp/tvgang/d/%C2%E7%C6%FC%CB%DC%BF%B7%C0%AF%B2%F1
>ミス・インターナショナル吉松さんがバーニング幹部によるストーカー行為・脅迫を告発。
>海外メディアに取り上げられ、一国のファーストレディである安倍首相夫人が支援するも国内マスコミは不可解な黙殺

http://up.gc-img.net/post_img/2016/09/sC9mNPAf7FKZLc5_WGm7L_1054.jpeg
http://img.laughy.jp/3462/default_fb68636986d1ccd32c2a53ba3dbac6dc.jpg
http://up.gc-img.net/post_img/2016/09/sC9mNPAf7FKZLc5_KMN4q_1064.jpeg
http://up.gc-img.net/post_img/2016/09/sC9mNPAf7FKZLc5_OjWds_1063.jpeg
http://up.gc-img.net/post_img/2015/01/ECTYIoD9eMTR8Zn_rJXsF_388.jpeg
整形が崩れてきて、容姿崩壊してきている安室↑
http://up.gc-img.net/post_img/2016/09/sC9mNPAf7FKZLc5_UFIRq_1018.jpeg
安室の整形による顔面硬直の症状がよくでている画像↑
http://up.gc-img.net/post_img/2016/09/DKJdQSOlvEEMl3F_rmbqQ_265.png
http://up.gc-img.net/post_img/2016/09/DKJdQSOlvEEMl3F_DIJqD_260.jpeg
http://up.gc-img.net/post_img/2016/09/DKJdQSOlvEEMl3F_BN8uH_262.jpeg
安室の整形前画像。↑猿ソックリ!だからダウンタウンから猿と命名されてました
http://up.gc-img.net/post_img/2016/09/DKJdQSOlvEEMl3F_9fstd_408.jpeg
http://up.gc-img.net/post_img/2016/09/DKJdQSOlvEEMl3F_xdwXk_409.jpeg
教養の欠片もない品性下劣な最低の下品女の安室↑
https://www.youtube.com/watch?v=iqS58w8ZWDA ←【盗作】安室奈美恵 過去のさまざまなパクリ作品の数々
https://www.youtube.com/watch?v=V_u_E_dg9J4 ←整形怪物の安室
+6++6+7

196 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 07:33:30.52 ID:qyspIlwj0
>>187
>大阪は昔オー「ザ」カと発音していたが今はオー「サ」カに変わっている。

ああ、なるほど。

昔は「ヤマト」じゃなくて「ヤマド」だった可能性があって、
それを聞いて使者は「邪馬臺」と字を当てて、
その後、「ヤマド」が「ヤマト」になった可能性がある、
みたいな話か。

それはあり得るかもね。

197 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 07:34:09.94 ID:jjHrjyNr0
まだ、畿内説とかあるの?畿内とか言ってるのはゴッドハンドも見抜けなかった学者達ぐらいでしょう
馬具が出たんだから畿内説はアウトだよw

198 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 07:37:03.79 ID:FAvyZTFx0
>189
うーん、算数で面積の問題やらされすぎてノイローゼにでもなってるのかな?

「○○四方」だって仰るとおり一片の距離のお話で
別にそこから面積を求めよなんて誰も要求しちゃいませんよw

199 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 07:38:17.36 ID:eP28K/me0
>>175
「考古学」はこんな学問でしょを
妄想してもしょうがない

200 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 07:38:40.15 ID:qyspIlwj0
>>190
日常会話とかならサラッと聞き流してしまうからそうなるだろう。

しかし、外交や調査をしていて地名や人名を記録する場合は、
ある程度聞き取れるまで現地の人に何度も尋ねるだろう。

特に女王の名前なんて最重要事項だから、
大きく間違えるという事は無いはずだ。

201 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 07:38:51.39 ID:eP28K/me0
>>171
妄想してもしょうがない

202 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 07:39:36.38 ID:C+cdK+Kc0
血の色でもある朱、これは、活力と蘇生、死との対決、死霊封じ、太古の人々は朱を呪術具としたのである。

 葬る遺体に施朱をする風習があった。再生を願い、死霊を封じるこの風習は、北海道南半部から東北北部と九州北部の二ヶ所で、縄文後期に登場した。九州では弥生時代に引き継がれていった。

北部九州しか有り得ません

203 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 07:41:50.82 ID:hVqTCbzR0
最新の説では邪馬台国は日本ではなく朝鮮半島では無いかと言う。
まず魏の書物に有るとおりの道を行くと中国にはたどり着けない。
そこを朝鮮半島に置き換えると中国に辿り着く事が出来る。
日本の歴史においても邪馬台国が名前の割に見つからない、書物にも出てこない不思議。
日本だと思い込んでいただけで日本では無いのが事実。
金印が日本で発見されたのは秀吉が金が好きで、朝鮮出兵したときに強奪された物の1つでしかない。
これが歴史の真実。
なぜ邪馬台国が見付からないかこれで納得。

204 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 07:42:34.61 ID:8MXICSPn0
>>200
加えて漢字の当て字だもん。現代中国の英語の当て字を見てもその辺はわかります。

205 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 07:43:39.28 ID:C+cdK+Kc0
帯方郡から一万二千里
東側に海が有り約千里先に四国

宇佐しか有り得ません

206 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 07:44:12.19 ID:hB160eVc0
もし九州にあったのだとしたら、大和朝廷とは何の関係もない
名前がちょっと似てるだけの小国だと思う(´・ω・`)

207 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 07:44:20.87 ID:xqXRiJXC0
中華側「日巫女? こしゃくな卑弥呼っていう当て字で十分だ」
   「大和国? ちょこざいな邪馬台国いう当て字で十分だ」

日本国「卑弥呼? 誰よそれ? うちの国には天照大神様しかいない」
   「邪馬台国?ジャマタイコクなんとまぁひどい国家名だね・・」
中華側「うるせー 邪馬はジャパンの語源みたいなもんだよ」
日本国「大和は国のまほろば 神話以来続く系譜以外は信じない
    まして中華の見下した歴史書なんかどうでもよいわ」

208 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 07:44:48.60 ID:C+cdK+Kc0
>>203
魏志倭人伝読んでから出直してこい

209 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 07:47:08.21 ID:+gW8vrlg0
八女近辺にしろ熊本にしろ佐賀にしろ

松浦から船で長崎廻れば恐らく当時の航海技術でも海路数日で着く気がする
陸沿い進めるんで安全だし

210 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 07:47:38.09 ID:XuFEOhXs0
>>186
>読めない。
>「卑弥呼」は当時の中国語で「ピミフ」と発音する。

【呼】は今の中国語でhuフだが卑弥呼の時代、倭人伝を執筆した時代の日本語に
huという発音は無かった。

卑弥呼という漢字が日本語のヒミhuの当て字だというのは時代錯誤。
日本語のハ行子音がha hi hu he hoに変わったのは江戸時代以降。
現在一番普及しているヘボン式ローマ字はha hi fu he ho
考案者のヘボン宣教師は幕末から明治時代にかけて横浜で活動していた。
安土桃山時代から切支丹禁止まで日本で活動していたポルトガル宣教師たちが
ポルトガル式ローマ字で書いた平家物語の「平家」はFEIQEであってHEIKEではない。
古代天皇の后によく出てくる〜ヒメは「毘売」と書かれていて
中国語で読むとbimaiだ。唐代中盤以降「毘」はbiからpiに変化した。
万葉集に出てくる「花」は「波奈pana」と書かれている。

播磨国風土記に鹿の鳴き声を「比」と書いてある。
シカの鳴き声はhi〜ではなくpi〜だ。

211 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 07:47:51.22 ID:dGFr/QJi0
記紀には万葉仮名風の音で表したヤマトは
人名しかない。
いつ追加したのかわからんが、
倭、大和はヤマトなり、という注釈がある。

当時の人も倭、大和をヤマトと
普通は読まないことがわかっていたのわざわざ注釈説明を入れたわけだ。

記紀編纂の時代はヤマトと読んでいなかった
と思われる。

212 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 07:48:21.57 ID:C+cdK+Kc0
>>209
東に海が無いしその千里先に四国が無い

213 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 07:48:43.77 ID:eP28K/me0
>>203
最新の説では卑弥呼に親日派の棄民白丁が韓半島を
制服してくれるように土下座したんだって

214 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 07:50:02.54 ID:up2A96sD0
たぶん佐渡島にあったんだろ。

215 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 07:50:22.35 ID:gaPBckVs0
世界最大の麻薬密輸機関、米ClAの下部組織(反日組織)・・・北朝鮮、アルカイダ、オウム、創価、統一、
   電通、日本警察、マスコミ、在日朝鮮人、自民党安倍政権、民進党、暴力団、公明党、イシス、アイエス、

集団ストーカーによって被害者を妄想患者にして精神病院送りにする・・これで合法的に人を抹殺(殺害)でき
るのです。 この結果、日本で毎年3万人以上殺されています。これが悪辣な国家(警察)の正体です。

216 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 07:50:25.30 ID:hB160eVc0
まぁ普通に常識的に考えたら畿内だろな(´・ω・`)

217 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 07:51:01.86 ID:dGFr/QJi0
>>209
鉄の出土が、大牟田荒尾を中心とした周辺地域と
熊本市内付近に集まっている。

鉄の道は、唐津経由が大牟田地域へ。
島原迂回が熊本市内行きと思われる。

218 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 07:51:09.27 ID:MHMMYIn+0
ジャマだい国?

219 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 07:52:20.09 ID:KaM3kJo10
奈良盆地は弥生以前の海洋民族中心の時代から、ヤマト。海側からカワチ(河内)、山の向こう側がヤマト(山外)。当時のヤマトは湿地が多く人口密度は低い。
その後長江流域などから水田技術を持った幾つかの集団が渡来。元々ある栄えていた九州各地で水田稲作を始める。
遅れて出雲、吉備など本州の勢力も水田稲作開始。ヤマトの地の開拓の際、九州(日向?)の集団が水田灌漑技術をかわれ、招かれたと思われる。天皇の祖もそういう集団の一つだったのかも。
元々人口密度の低い地に、意図的に高い水田技術が導入されたので人口に比して収穫が多く、余剰米を元に流通が盛んになって行く。纒向に本州各地の土器が出るのも納得。米の対価として労働力の提供もあったであろう。後に巨大古墳を作る力になっていく。
邪馬台国前の倭国大乱は国内の流通経路(海上航路、陸路)を巡る争い。
神無月に出雲に集まって、和議を行ったのかもしれない。結果共立という形で女王を立てることになる。この時点では、まだ出雲吉備など古い勢力が力を持っていたと思われる。
古い勢力の権力基盤ではなく流通の要になりつつあった新興開拓地のヤマトが女王の処する所に選ばれる。邪馬台国誕生。
卑弥呼はヤマト出身ではないかもしれない。
邪馬台国連合の範囲は奴国まで。邪馬台国自体はヤマトのみの小国。恐らく伊都国は中立。
狗奴国はどこかな?黒潮海洋民族かな?鹿児島〜四国南部〜紀伊半島かな?

220 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 07:52:35.86 ID:qyspIlwj0
>>198
面積を求めよなんて誰も言ってないが?

お前は「面積」を計算で求めるものだとでも思っているのか?
もしそうだとしたら、よっぽど算数の素養が無い奴だ。

「面積」というのは「面の大きさ」の事だ。
大きな面か小さな面かという感覚は、
正方形の場合、一片が長いか短いかという感覚に等しい。
一片の長さから計算して求めるのではなく、
一片の長さの感覚が、面の大きさの感覚に等しいんだ。

221 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 07:53:55.60 ID:VsvDnp9KO
>>211
ヤマトタケルは?

222 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 07:54:02.56 ID:8MXICSPn0
現代中国当て字w
 マクドナルドは麦当労(マイダンラウ)
 ケンタッキーは肯徳基(ケンダッジ)
 モスバーガーは莫斯漢堡(モスハンバオ)
 ミスタードーナツは美仕唐納磁(メイスタンナッツ)
 アイルランドは愛爾蘭
 オランダは荷蘭
 ポーランドは波蘭
 フィンランドは芬蘭
 ニュージーランドは新西蘭
 スバルは速覇陸
 コカ・コーラは可口可楽
・・・w

223 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 07:55:46.93 ID:XuFEOhXs0
>>186
「胡麻ゴマ」の「胡」は古代(卑弥呼〜楊貴妃の時代)の中国語でgo/γoだが
安禄山の反乱が収拾し落ち着いてから清音のhu/xuに変わった。
「上下」は日常的にはジョウゲと呉音読みするが
明治天皇の五箇条の御誓文の時には新漢音読みでショウカと清音に変わる。

古代に濁子音だったものが現代語では清音に変わっている。

224 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 07:56:05.51 ID:dGFr/QJi0
>>221

それは人名じゃね?
当ててある漢字が、倭、大和だったら
ワタケルだったりしてね。

225 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 07:57:14.65 ID:01G5nCzH0
>>219
畿内が狗奴国だなー。クコチヒコは河内彦でオケ。

226 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 07:58:14.16 ID:qyspIlwj0
>>210
だから「『ピミフ』に近い言葉」とわざわざ書いたんだよ。

使者にとっては「hu」に聞こえる音だったんだろう。
少なくとも「ko」とは聞き間違えないだろうと。

227 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 08:00:01.37 ID:OoiPmmSa0
学会では邪馬台国は畿内って結論なのにマスコミはなんでそれ無視して騒ぎ立ててるんだよ

228 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 08:01:16.64 ID:C+cdK+Kc0
狗奴国は熊本
境界の奴国は阿蘇?

229 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 08:01:23.19 ID:qyspIlwj0
>>222
日本語よりは正確に思えるが。
McDonaldはカタカナで書くと「マッダーナーゥ」みたいな発音だし。

230 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 08:02:10.09 ID:C+cdK+Kc0
>>227
そうかそうかそうか学会か

231 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 08:02:31.55 ID:eP28K/me0
>>87
同胞韓国人は嘘つきばかりである。私はそのことが恥かしく、情けない。

「韓国は独力で近代化を成し遂げた」って。馬鹿を云うな。
韓国の近代化は日本の莫大な資本と人材の投与によって
成し遂げられたものである。
「韓国は日本の統治に抵抗をもって対抗した」だって。馬鹿馬鹿しい。
同胞韓国人はロバのように日本の統治を甘受したのが実態だ。

ごくごく一部の抵抗はあったが上から下までみんな日本にあこがれ、
日本人になろうとしたのだ。
「韓国が独立したのは韓国の手によるものだ」にいたっては呆れて
ものも言えない。

誰も日本からの独立など望んでいなかったのにアメリカに強制的に独立
させられたというのが真実だ。
「漢河の奇蹟」だって!笑わせる。日本から賠償金という名目で莫大な
経済援助と技術援助で成し遂げられたものだ。
これだけお膳立てしてもらえばどんな未開民族でも経済成長するだろう。
「日本文化の祖が韓国」とは恐れ入る。一体、併合前の朝鮮半島のどこに
「文化」なるものがあったのか。
併合前、我々先祖は乞食同然の生活をしていたではないか。
現在の韓国の姿、まさに他人により作られた砂の楼閣だ。

虚飾と偽善と歪曲とおごりに満ち満ちている、真似と依存と歪曲が全てである。
このような韓国の本質を知らず「韓国こそ世界一」などとほらを吹いて
自己満足している本国、 在日の韓国人は正気の沙汰ではない。これが
恥でなくてなんであろうか。

韓国人評論家 金満哲

232 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 08:02:58.85 ID:qHO0mG0Y0
二世紀に九州が栄えていいようが吉野ヶ里が栄えていようが関係ないんだよ。
三世紀の「倭国の都」がどこにあったかというだけだから。

三世紀の初めごろに「卑弥呼を共立」して「邪馬台国」に都を置いた。

平城京が六世紀以前にしょぼくてもなんの問題もないのと同じだ。
平安京が7世紀以前にしょぼくてもなんの問題もない。

九州論者の主張は、六世紀は飛鳥こそが遺跡が豪華で充実しているから、
平安京はでっち上げであり存在しなかったというようなものだ。

233 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 08:03:53.86 ID:hhOPLc260
スレタイおかしいやろ
どう考えても畿内がおかしいわ

234 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 08:06:24.46 ID:VsvDnp9KO
>>224
まぁそのヤマトタケルがヤマトは国の
まほろば=美しい山々に囲まれた国の中心と言ってるからね。
少なくとも九州とかではない。
また蘇我の時代には東漢をヤマトとも当てている。

235 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 08:07:26.12 ID:XuFEOhXs0
>>222
>マクドナルドは麦当労(マイダンラウ)
マイダンラウは北京語読み、これ常識な

麦当労という当て字を考えたのは旧英国租借地の香港人
香港では宋の時代の中国語を今でも使っていて
【麥】は長母音のmaakあるいは短母音のmakと発音する。

昔の共産中国は半分鎖国状態で人民の海外旅行は制限され短波ラジオなど
海外情報を仕入れることが出来るものを持っていればスパイ容疑で処刑された。
海外情報はすべて台湾や香港からの放送で逆に毛沢東が死んだという
香港からの怪情報も何度も流れた。

40年50年前の香港は江戸時代鎖国していた日本の長崎出島のような役割を果たしていた。

236 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 08:08:55.70 ID:qHO0mG0Y0
九州は温暖で奈良は違うってやつもバカ。
温暖なのは鹿児島や宮崎であり、九州北部は雪も降るし内陸は奈良と変わらない。

東に海がないとかw
朝倉の東は山なんだがw

237 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 08:09:02.43 ID:dGFr/QJi0
>>234

いろんな字にヤマトが当てられてるからな
ユートピア的な言葉なのかもね。

238 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 08:09:36.73 ID:C+cdK+Kc0
>>234
記紀が書かれたのはいつ?
ヤマトタケルが実在したと思ってる?
畿内説は捏造の積み重ね

239 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 08:11:32.22 ID:dGFr/QJi0
そういや、ワタケルとかイタケルとか
記紀にいなかったっけか?

240 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 08:12:50.76 ID:BXZtGWlF0
>>3
同意

241 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 08:12:54.54 ID:C+cdK+Kc0
>>236
九州で雪が降り冬が寒いのは玄界灘側
宇佐は温暖で東が海で千里先に四国が有る

242 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 08:13:02.30 ID:VsvDnp9KO
>>238
じゃ、九州説は天照大神も神武天皇も禁止だなw

243 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 08:13:14.85 ID:qyspIlwj0
>>231
また無関係なコピペ荒らしか。

ホント畿内説派はキチガイだらけだわ。
いや、キチガイだからこそ畿内説派になったのか。

244 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 08:13:27.79 ID:qHO0mG0Y0
三角縁神獣鏡が卑弥呼がもらった鏡だと主張している学者はあんまりいないよな。

245 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 08:14:03.04 ID:3pxuCAkV0
>>198
通じない以上、相手にしないほうがいいようだね(^ ^;

246 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 08:14:07.27 ID:JCTKXtPM0
今の時点で邪馬台国がどこと言い切れる学者や学会があったら
ゴッドハンドと同じレベルだと思って良い

247 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 08:15:05.53 ID:XuFEOhXs0
>>226
>使者にとっては「hu」に聞こえる音だったんだろう。

だから江戸時代より前の日本語にはhの発音は無いんだって。
これだから九州説は詐欺師だといわれるんだw

248 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 08:15:12.20 ID:h4hEmcdX0
>>209
どんだけ漕がせるんだよw
港から陸行した方がましだろ

249 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 08:15:44.28 ID:C+cdK+Kc0
>>242
実在するわけないだろが
畿内説はファンタジスタしかいないな

250 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 08:16:28.72 ID:qyspIlwj0
>>247
だから「hu」の音じゃなくて「hu」に聞こえる音だと言ってんの。

「〜に聞こえる」という日本語わかる?

251 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 08:20:27.36 ID:w0uiiWdx0
俺56億7000万年生きてるけど邪馬台国なんて存在しなかったよ。
魏志倭人伝はでたらめ書いてたんだよ。

252 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 08:20:51.07 ID:01G5nCzH0
>>239
いたなー。イタケルはスサノオの相棒ですしおすし。

253 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 08:21:47.84 ID:S5afMQYc0
「薹」は広東語発音では toi。http://www.yellowbridge.com/chinese/dictionary.php?word=%E8%96%B9

邪馬薹 yamatoi やまとぃ ⇒ やまと

254 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 08:21:58.11 ID:pMt/frqB0
天皇の祖先は南朝鮮の盗賊団のボスだった、それが勢力争ういに敗れて日本に流れ着いたわけだが邪馬台国九州説もありうる

255 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 08:22:35.53 ID:fVqPYHDa0
>>253
だから九州も畿内もヤマトって地名があるって何度も言ってるやん

256 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 08:23:58.96 ID:59OYmkfF0
邪馬台国は筑紫・熊本平野
http://imgur.com/gwYOtt2

東遷説と地名相似
http://imgur.com/v2q3g6M
http://imgur.com/VtISfUQ
http://imgur.com/CMHWL7r

本来火山の周辺に住んできた原始日本人が、なぜ火山空白地帯の畿内に都を作ったのか
http://imgur.com/GchPX6v

もうひとつの地名相似
http://imgur.com/Ukn6uJx
http://imgur.com/1xHdOKo
http://imgur.com/gwUQ2Yb

日本創世神話と邪馬台国の構造、火山、地名相似の関係
http://imgur.com/pKfIDz1
http://imgur.com/XiUUzVl
http://imgur.com/VCAJXdU
http://imgur.com/n2MtPko
http://imgur.com/nqrSmwo
http://imgur.com/b1vOQ3E
http://imgur.com/FET7CNu
http://imgur.com/ZVQGk2R
http://imgur.com/65TsSH0

257 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 08:24:08.50 ID:WetTGCJP0
大和朝廷と邪馬台国は別物だろ?
卑弥呼と天照に因果関係あるの?

258 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 08:24:30.95 ID:4supWFAW0
中国に使節を出すということは
領域内の支配権を外部の強力な勢力に認めてもらうことであり、相対的に域内の他勢力よりも優位であることを示すことである
また、外部の周辺独立集団に対して中国との結びつきを誇示することで外交的優位たてる
少なくとも邪馬台国はそういう国際関係の中にあり、朝貢の利用価値を十分に認識していたと思われる
そういう当時の環境を考えて候補地を想定すべき

259 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 08:26:10.31 ID:C+cdK+Kc0
>>258
狗奴国から攻められて魏に仲裁を頼んだと書いて有る

260 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 08:27:37.11 ID:WetTGCJP0
卑弥呼=アマテラス?

261 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 08:30:16.29 ID:WwnElYYj0
邪馬台国つまり山門は九州にあった、そしてそのころ畿内の大和には別の勢力があった
これが今の皇室につながる大和な、その大和が九州をせめて山門つまり邪馬台国を滅ぼしたんだよ
ちゃんと記紀に九州の山門にある土蜘蛛(服属してない部族)を攻め滅ぼした、しかもその部族は
呪術を使う女がトップで、その女の兄は女王が倒されたとみると逃げたと書かれている

262 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 08:32:28.78 ID:WwnElYYj0
>>260
違うだろうな、台与のほうは田油津媛(たぶらつひめorたゆつひめ(とよつひめ))
という名前で記紀に出てくる熊襲の女王だと思われる

263 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 08:33:19.96 ID:C+cdK+Kc0
>>261
山門の東に海が無く、その千里先に四国も無い。
末盧国から二千里にも合致しない。

264 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 08:33:35.35 ID:VsvDnp9KO
だから昔から男尊女卑の九州に女王なんて無理だから。
三輪は大昔から巫女の聖地、九州説なんて話にもならん。

265 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 08:39:41.60 ID:lMFq9ypn0
睦仁親王・大室寅之祐・明治天皇・フルベッキ写真
https://www.youtube.com/watch?v=A53HERD9Sd0
.
追悼 今井雅之氏ご講演 ユダヤ人「お前ら日本人は罠にかかったんだよ」
https://www.youtube.com/watch?v=HhzTYMHtbJ4
.
デーブ・スペクターとタルムード (宗教面から見る偽ユダヤ人の行動様式)
https://www.youtube.com/watch?v=mOh7_Gm2pkA
https://www.youtube.com/watch?v=c_3cEMt6-C4
https://www.youtube.com/watch?v=QFK9ihpEOkQ

偽天皇と田布施システム【The False Emperor】
https://www.youtube.com/watch?v=BNLdWvMNSuU

明治維新の真実  佐宗邦皇
https://www.youtube.com/watch?v=Lv_xSpx1lxQ

坂本龍馬フリーメイソン説:日本のフリーメーソン(日本の歴史の裏側に迫る)
https://www.youtube.com/watch?v=aRm1yThHjso

明治維新は間違いだった!長州はテロリスト集団=ISIS(イスラム国・ダーイシュ)のようなもの【原田伊織『明治維新という過ち』】歴史ミステリー
https://www.youtube.com/watch?v=HDY5qzzyx0w

太田龍_大室寅之祐をすり替えて天皇にした
https://www.youtube.com/watch?v=QP2H4tgeU2s
.
太田龍_偽情報が、日本人に徹底的に刷り込まれています
https://www.youtube.com/watch?v=Wwg4I7NIhg8

日本人が知ってはならない歴史
https://www.youtube.com/watch?v=GWP4eoseFMU

らっきーデタラメ放送局★第112回『世界は八百長!世界の戦争シナリオ集!』
https://www.youtube.com/watch?v=LUR7dA6IHlc

昭和天皇ヒロヒト&財界の為の戦争 アヘン事業 侵略ビジネス
https://www.youtube.com/watch?v=dzr-0siF5HU

【1945 8/15】鬼塚英昭 日本のいちばん醜い日
https://www.youtube.com/watch?v=T_Vp_OYvrZg

昭和天皇「原爆投下はやもうえないことと思っています。」
https://www.youtube.com/watch?v=cd1cKDftv-I
https://www.youtube.com/watch?v=tCnU10LI6XA

266 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 08:41:01.09 ID:01G5nCzH0
>>254
残念。半島人は玄界灘は渡れない。奴国や壱岐対馬があるからなー。

267 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 08:41:56.35 ID:4supWFAW0
二千年近く前の発音は現代とまったく異なると思って良い
中国の言葉も同じ
当時の発音を正しく把握しないと文字でなんと読むかは確定できまい
日本語は室町時代に大きく変わったと言われているが
それ以前にも大きな変化があったかしれない

268 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 08:43:21.17 ID:XuFEOhXs0
邪馬臺国の読み方をヤマタイコクと決めつけたのは新井白石
根拠は長崎出島で清国との貿易で通訳をしていたヤツに
発音させたことから。

匈奴、鮮卑族、モンゴル人、女真族に蹂躙された後の中国北部で異民族と混血し
モンゴル人の植民地になる前には麥makをmaiと発音していた中国人。
17世紀の中国人が千五百年前の卑弥呼の時代の漢字の発音を知っているはずがない。

269 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 08:43:26.48 ID:WwnElYYj0
>>263
いいや山門だよ、でなければ日本の記紀と邪馬台国では時代が合わない
日本は邪馬台国より後に出来たのではなく、邪馬台国より前から畿内にあったのだよ

270 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 08:43:45.56 ID:c+nr0ILv0
https://youtu.be/h53JlKj8tkM
一曲聞いてもちつけ

271 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 08:43:55.69 ID:S/3EMdXQ0
どうやったって皇室は九州から始まっているのだ
九州人の子孫でない奴は雑魚

272 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 08:44:20.10 ID:xqXRiJXC0
卑弥呼=火見子→火巫女→日巫女→(姫巫女)→天照大神

273 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 08:46:52.69 ID:qc7TPuOj0
全然知らんかったけど数年前は畿内説が有力だったのに今は九州説が有力なのね。

274 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 08:47:08.45 ID:C+cdK+Kc0
>>264
三輪の東に海が無く、その千里先に四国も無い。

275 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 08:49:43.04 ID:BIzYW3qD0
3世紀の発掘結果から見ると北部九州が繁栄してて
奈良とか桃の種ぐらいしか出ないだ弩田舎だから
考古学的にも北部九州しかあり得ない。

276 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 08:51:08.92 ID:av2ZHfKG0
畿内説を主張している奴は真正のバカ
纏向なんて邪馬台国と同時代に畿内に別の国があっただけに過ぎない

江戸城のお堀石垣を見て、豊臣大阪城は江戸にあったと喚いているのと同じww

277 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 08:52:19.53 ID:WwnElYYj0
>>276
それな、大和が纏向だよ、そして邪馬台国=山門を攻め滅ぼしたのだ

278 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 08:53:07.50 ID:av2ZHfKG0
とにかく畿内説は方角が滅茶苦茶
南は東の誤りだとか、そのくせ女王国の東は海があると書いてあるのは
そのまま東にして伊勢湾とかw
完全に頭イカレテるw

279 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 08:53:55.37 ID:3pxuCAkV0
>>275
繁栄している遺跡と、その証拠となる遺物を挙げてみて

280 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 08:55:53.23 ID:WwnElYYj0
>>278
そう、大和は流石に2600年はないとしても紀元前から存在するのは間違いない、
三世紀なんてわけがない邪馬台国が山ちゃんだったり卑弥呼が天照様だとか言ってる奴は
日本の歴史が浅いことにしたい売国奴

281 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 08:57:08.23 ID:4supWFAW0
銅鉾と銅鐸にしても九州と近畿で同じ文化圏とは考えられない
勿論交流は有っただろうが
住んでる人も違ったのかもね

282 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 08:58:05.34 ID:BIzYW3qD0
>>279
3世紀・奴国、最古の都市計画道路 博多・那珂遺跡群

見つかった道路は長さ100メートル、幅7メートル。両脇に幅70センチ、深さ60センチの溝を備えている。
那珂遺跡群の北にある同時期の比恵遺跡群など十数カ所で断片的に溝の跡が出土しており、今回の発見で、全長1.5キロの直線道路が復元できるという。

 また、道路の脇には前方後方墳1基、円墳2基が見つかった。
同遺跡の北150メートルには那珂八幡古墳があり、これらが道路に沿って並んでいる。

 市教委は「弥生終末期から古墳時代に変わる時期、奴国において計画的な都市整備が行われていたことがうかがえる」と話している。

http://www.asahi.com/culture/news_culture/SEB200703080016.html

283 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 08:58:41.41 ID:av2ZHfKG0
大体、伊都国と邪馬台国がそんなに遠く離れているわけもない
一大卒を置いてるぐらいなんだから

284 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 08:59:30.93 ID:vnUHjSSp0
238年 さきにヒミコが魏の
帯方郡に使者を送ってるわけだから
倭の人が距離・方位などを伝えて
240年 それをもとに魏使が来た。
邪馬台国から帯方郡に行くのに
なーんで博多ー糸島―松浦と行って
壱岐に行くんだよー。千里もないのに
直接行くだろうに。
伊都=糸島、末羅=松浦と比定するから
無理があるのさ。

285 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 08:59:52.53 ID:C+cdK+Kc0
>>279
宇佐神宮の本殿が有る亀山は径百歩で卑弥呼の墓と同じ
本殿の下に石棺が有るのも有名

286 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 09:01:09.98 ID:VsvDnp9KO
>>284
近けりゃ無意味だろw
九州説は本当に曲解するの好きなんだね。

287 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 09:03:01.67 ID:av2ZHfKG0
>>286
近いというのはすぐ隣という意味ではないがな
それよりも畿内説のバカどもは伊都国は福井にでもあったというのか??w

288 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 09:05:43.45 ID:3pxuCAkV0
>>282
やっぱりそれしか出せないのねw
遺物は答えてないし
ちなみにその遺跡からは近畿の土器が大量に出土してるんだよなあ
何故だろうねぇ?

289 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 09:11:22.39 ID:BIzYW3qD0
>>283
一大卒が置かれていたのは女王国の北方
伊都国では一大卒を監視してた
伊都国に一大卒が置かれてたんじゃないよ。

290 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 09:12:11.75 ID:pJnRBffQ0
九州説を唱えてる人まだいたんだw

291 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 09:13:30.44 ID:h4hEmcdX0
>>284

狗邪韓国=  韓国
対馬国(つしまこく=対馬(つしま)【長崎県】  
一大(支)国(いきこく=壱岐(いき)【長崎県】  
末廬国(まつろこく)=旧松浦(まつら)郡【佐賀県】     
伊都国(いとこく=旧怡土(いと)郡【福岡県】  

292 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 09:13:43.62 ID:BIzYW3qD0
>>288
近畿の土器なんか一つも出土してないよw
他にも博多の地下は2000年間連続した都市の遺跡が眠っている
ブラタモリでも紹介されてたな。

293 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 09:14:42.43 ID:KaM3kJo10
一大卒って、ヤマトから派遣されたわけじゃないだろ。
邪馬台国連合は奴国まであるんだから。
伊都国の近くの奴国とかから、集められた傭兵やろね。

294 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 09:16:10.48 ID:cVmlXqMG0
記紀を今一度よく読んでみよう

日本書紀にはヤマトタケルの父の景行天皇が神武天皇を懐かしんで
九州に巡幸して宮崎に数年滞在していたと書かれている
当然 その時は数年とはいえ九州が首都であった

仲哀天皇そして后の神宮皇后の時には山口そして福岡が数年間日本の首都だった

近畿説の人も九州説の人もそのような記紀の記述を見直すべきであろう

つまり近畿説の人でも九州説の人も九州が時として天皇の巡幸地の一つとして
数年間首都であったことを忘れるべきではないだろう

戦後のGHQが考えた古代日本史とは異なり実際にはもっと複雑だったことを忘れるべきではない

295 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 09:17:43.85 ID:+CMnAlqI0
熊本説は絶対に無いと断言出来る。卑弥呼は楼観、城柵に囲まれた
高床式の家に住んでいたと書いているからそれに当てはまるのは纏向か
吉野ヶ里か平塚川添だ。甘木周辺の地名と奈良の地名の一致が多いから
卑弥呼は平塚川添遺跡に住んでいたと思われる。

296 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 09:19:36.79 ID:3pxuCAkV0
>>292
知らないのなら黙ってたほうがいいよ

297 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 09:19:57.34 ID:BIzYW3qD0
不弥は比恵?

298 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 09:20:40.49 ID:BIzYW3qD0
>>296
嘘では誤魔化しきれないよw

299 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 09:22:32.76 ID:KVZJuDwX0
中国からみた他国なんだから当時統一国家でもない日本を見る場合近くの九州が対象になるだろう
畿内は最大勢力だったかもしれないが当時の中国の眼中には入ってないといえる

300 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 09:23:19.87 ID:szCFQfq60
>>268
華奴蘇奴国 hua15noo5 soo1 くゎのその/くゎなそな

これが1000年で「かなさわ・かなざわ」に変化する可能性ってある?

301 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 09:23:23.23 ID:cVmlXqMG0
後漢書東夷伝には
永初元年(107年)に倭国王帥升 が人材(労働者か)を百六十人献上したとされている。

つまり卑弥呼以前にも日本には倭国王と呼ばれる帥升がいた事も記されている

倭の奴国王の金印でもわかるように卑弥呼以前にも国家(奴国)があり国家連合体(倭国)が存在した

それらのことも記紀に書かれていると考えることもできる

倭国王帥升=垂仁天皇(この場合には諡ではないと推定される)などなど

302 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 09:26:45.02 ID:BIzYW3qD0
>>296
また庄内式とかホラ吐くんだろwww

303 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 09:29:00.19 ID:01G5nCzH0
>>295
悌雋がちゃんと見たのか微妙だなー。いったのならもうちょっと道順を覚えていて欲しかった。

304 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 09:29:08.79 ID:BIzYW3qD0
>>299
3世紀当時の畿内は、まだ弱小豪族しかいなかったようだ
西方からの侵略に脅かされていた。

305 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 09:30:41.41 ID:h4hEmcdX0
>>300
神奈川って名称がどの文献に乗ってたのか?
それをまず調べた方がいい

306 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 09:32:20.74 ID:cVmlXqMG0
朝鮮任那日本府は昔からあったし
特に南朝鮮半島は昔から日本の領地であった
神功皇后の時に三韓征伐ではまた新たに日本の領地と化した
また昔から南朝鮮半島の人々は日本と交流を持ち貢物を献上していた
元々朝鮮半島に最初に国家を築いたのは中国人であり北は中国人(やがて朝鮮人)と南は日本人が支配していた

307 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 09:33:29.01 ID:S5afMQYc0
>>68
疆理図(1402年)が
下の大明混一図(1390年頃)と関係があることは
左端のヨーロッパやアラビア半島などの描き方を見ても明らか。
https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/c/cd/Da-ming-hun-yi-tu.jpg
疆理図は大明混一図あるいはその祖地図を参考にしたと考えて良い。

そこで描かれている日本は非常に大きく、
それがシナにおける伝統的な倭国の姿であったと考えられる。

大明混一図では倭国の東部分が不明だが、
その百年後にドイツで作られた世界最古の地球儀では
日本は一つの島として認識されている。

ベハイムの地球儀 1492: 日本 = Cipangu
https://s-media-cache-ak0.pinimg.com/564x/58/7d/07/587d07c50eab3b01abeb1aeb89485bc2.jpg
https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/5/59/MartinBehaim1492.png
(海は大西洋。コロンブスによる「アジアへの大西洋航路発見」の頃)

すなわち、倭国 = 大九州島

308 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 09:36:11.30 ID:+DAO67V30
邪馬台国が九州だとすると、今の大和王朝系の日本と別の国だという説が出てくるな

309 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 09:38:05.62 ID:01G5nCzH0
>>301
 自女王國東度海千餘里至拘奴國。後漢書読むなら女王国から海を渡り千餘里に狗奴国が居たことも忘れないで。吉備から畿内は狗奴国だなー。

310 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 09:39:18.18 ID:M+ObHAqi0
世界中で文明が起こってた頃にどんぐり拾って泥人形こねてたジャップ(笑)

311 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 09:41:31.62 ID:Vew5OjyC0
大陸に朝貢して権力基盤の安定化を図るって、日常的に大陸の圧力を感じてる九州北部特有の発想だと思う。
実際問題、機内の勢力が大陸に船を出そうと思ったら、陸路で支配地域ではない中国地方を抜けるか、
陸路を短縮して舞鶴方面に抜け、そこから北九州発と比較して4倍以上の距離の日本海越えを敢行するか。
いずれも、現地で船を調達するというミッションも発生する。あるいは支配地域外の瀬戸内海を海路で抜けるか。
いずれにせよ、北九州勢力が使者を派遣するのとは難易度が大違い。

312 :218.231.114.249.eo.eaccess.ne.jp:2016/10/13(木) 09:42:29.57 ID:1pW5q1kh0
魏志倭人伝をよく読め!
「邪馬台国より北の国は、詳しく書くが、その他の国(邪馬台国の南)は、
分らないので、国名だけ書くといって、30国名をかいて、境界までかいてる。
つまり、伊都国や距離を書いてる数カ国の南で、30カ国の北にある。
伊都国のちょっと南にある。
首都だから、たいほう郡からの行程を一括して、水行10日陸行一か月と書いた。
問題はとま国で、ヤマタイの北側、海を隔てた広島か。
トマを薩摩と解するのは無理。

313 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 09:45:47.85 ID:lHBUneBj0
邪馬台国は、九州にあったけど、畿内に遷って、大和になった
で何か問題あるの?

314 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 09:48:28.55 ID:lWw1RiDf0
卑弥呼=天照が九州説
九州は日本国内でも天皇大好きが多い(多かった)
よって邪馬台国は九州

315 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 09:50:30.39 ID:UaAdDmSrO
>>125
柳川城は「柳川三年、肥後は三月、肥前と久留米は朝茶の子」と言われていた
柳川城を攻め落とすには3年かかるが、熊本城は3ヶ月、佐賀城・久留米城は朝飯前という意味で
二方を海に囲まれた柳川城は、それほど守りに優れた堅城であった

>>105
>九州に降り立った魏の人間が熊本に行くのに海を渡る記述はおかしい

矢部川の下流にある柳川は、数年前の八女市の水害でも一部が浸水したくらい海抜が低い
邪馬台国の時代は海で、佐賀から海を渡って熊本に着いたかもしれない、と考えてみた

福岡の天神が江戸時代に埋め立てられて出来たように、有明海沿岸部も今の地形と違っていたはず

その南に位置する狗奴国は大牟田〜熊本あたり

316 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 09:52:06.26 ID:Mi7vhZGs0
>>310
おまエラいまでもウンコこねてんだろ?

317 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 09:54:35.39 ID:SwaBiFBo0
邪馬台国が記載される前から始まった
古墳の形式(いわゆる前方後円墳)が、畿内から地方に広まっているように見えるってのがな
巻向古墳群にあるものが年代的に一番かそこらくらい古く
そこからそれに似せた形の古墳が全国に広まっているように見える
東遷がその時期にあったなら、畿内よりまず九州から発生しないといかんだろうし
畿内発祥の前方後円墳形式を九州から征服した王朝が引き継ぐ、というのは妙な話だしな

318 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 09:55:10.43 ID:hHGaJfxQ0
邪馬のジャはジャップのジャだろ

319 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 09:56:31.78 ID:4gBIK7od0
狗奴国=大和朝廷

って可能性はどれぐらいある?

320 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 09:56:53.16 ID:3pxuCAkV0
>>298
>>302
比恵・那珂においては、「筑前型庄内甕」の創出など、畿内大和中枢部と直結する畿内系土器群がTB期に受容され、UA期には急速に普及する。
周囲の博多遺跡群や雀居遺跡なども同様であり、こうした古墳時代初頭における畿内系土器受容のセンターとなるエリアを「中核遺跡群」と呼んでいるが、他地域の畿内系土器への変化よりも一時期以上早い。
この背景には畿内のヤマト政権中枢との特別な関係性が推定されるということのほか、新しい土器文化が急速に普及しえた理由の一つとして、土器専業工人の存在と「市場交換」による生活必需財の集落内における流通の存在を考えている。

久住猛雄「比恵・那珂遺跡群~弥生時代後期の集落動態を中心として~」埋蔵文化財研究集会2009資料集より抜粋

321 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 09:57:01.61 ID:XuFEOhXs0
倭人伝に壱岐を「一支」と書いてたけど
壱「岐」に漢字が変わったのは鮮卑やモンゴル人が中原を占領して
主として中国北部の漢字の読み方が変わったからで
隋の時代に出来た切韻という字書は散逸して断片しか残っていないし
源順が遣唐使廃止後50年ほど経ってから延喜式より少し後に和名抄を書くときに
参照した「唐韻」という字書も断片しか残っていない。
「唐韻」とほぼ同じ内容だろうといわれる「廣韻」は完全なものが現在まで残っている。
でその「廣韻」で「支」を調べると「支」の読み方は「章移切」と書いてあり
「章」は呉音漢音共にシで「キ」と読むのは到底無理な話。

しかし台湾とその対岸のアモイの方言、客家方言、潮州方言ではkiと発音する。
これは鮮卑、モンゴル女真に追われて南方や辺鄙な山岳地帯に逃げ込んで
魏志倭人伝以来の漢字の発音の伝統を守っている中国人たちだ。
↓支の方言音
http://fast-uploader.com/file/7031875732681/

322 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 09:57:39.58 ID:4gBIK7od0
>>228
熊本は熊襲?

323 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 09:58:54.79 ID:JVDRDTVa0
各文化圏の分布

http://kamnavi.jp/ym/ymseidou.jpg

銅矛文化圏が伊都国の勢力範囲
銅鐸文化圏が句奴国の勢力範囲
四方突出型古墳文化圏が出雲の勢力範囲
特殊器台文化圏が大和政権の勢力範囲

324 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 10:04:38.41 ID:UaAdDmSrO
熊襲が縄文人で、弥生人(邪馬台国)と混血→大和民族(大和国)
じゃないの

325 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 10:05:04.67 ID:86WguNty0
九州北部の農民だけど当時の農業は大変だったろうな
この地で2016年今現在も米作りが続くってロマンがあると言うか本当凄いな

326 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 10:06:34.12 ID:MunWZu5q0
>>323
そして北九州にいた鏡の文化がのちに畿内に移動した

三種の神器は、剣、鏡、玉

327 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 10:12:21.35 ID:l9l4aIhb0
大分か宮崎です

328 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 10:13:48.23 ID:JVDRDTVa0
>>326
最近の分類では、銅剣銅鏡は共通項なので外れてる。
もうどこが勢力を伸ばしたかはわかっているでしょ。
邪馬台国の頃、銅矛、銅鐸、四方突出型古墳が一斉に消え特殊器台が西日本に溢れるようになる。
問題は卑弥呼がどの文化圏にいた人なのかということだけ。

329 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 10:18:32.71 ID:T+d8ek4J0
邪馬台国は沖縄だぞ

邪馬台国は沖縄だった!―卑弥呼と海底遺跡の謎を解く
https://www.amazon.co.jp/dp/4476033059

330 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 10:18:33.32 ID:MunWZu5q0
>>328
玉の本場も九州なんだよなあ……

331 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 10:23:12.65 ID:ZUGmybOi0
文化の広がりには時間、地域に不規則に影響しあい、
一挙に時間や地域が飛ぶこともあるが、
スィッチを押したからと言ってすぐ変わるものでもない。
遺跡だけで議論をしていては結論は出ないと思う。

332 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 10:24:30.61 ID:iw3r50EF0
>>327
宮崎はろくに発掘許可の下りない西都原のせいで全くの不明。あそこほじくり返せばいろいろ解りそうなんだが永久に無理だろう
ちなみに、西都原の一部古墳は一見無人のようにみえるけど、警備はめちゃくちゃ厳しい。
悪ふざけで侵入しようとした大学生が言うに、いつの間にか囲まれてたとか

333 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 10:26:32.57 ID:3pxuCAkV0
>>321
「一支」ではなく「一大」ね

334 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 10:28:46.43 ID:4V3KtPcZ0
>>284
そこは普通に壱岐から一番近い港の呼子に直行しただろ?
そうすると、直線的無理やり気味には平原遺跡が南(南)東になって日向峠抜ければさらに南東の奴国いけるよ?

ところでおまえらにきくけど呼子町小坂にある3つの神社が何祭ってるか教えて下さい。
ついでに加部の宗像3神祭ってる田島神社の名前の由来も教えてください。つか「但馬」関係ある?

335 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 10:31:47.97 ID:8MXICSPn0
九州説は、現代で言えば、東京と言う首都があるのに、福岡が首都だと言ってるようにしか聞こえないんだが。

336 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 10:33:37.47 ID:MunWZu5q0
>>335
そのたとえなら福岡じゃなくて京都だろ

337 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 10:35:44.63 ID:h4hEmcdX0
>>335
内地に人がどこから移動したきたのか?
稲作文化がどうやって伝わったのか?
そこから考えなきゃ

いきなり畿内に人が住んで力を持てるわけじゃないだろ

338 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 10:36:20.02 ID:JVDRDTVa0
>>330
三種の神器にこだわっているみたいだけど、あれは大和朝廷のものではなく他から強奪したものだ。
日本書紀にも書いてる。
崇神天皇が出雲の五種の神宝を差し出せと迫り、差し出させた後出雲の国造を斬殺したと。
ただ出雲の祟りを怖れたので、後に鏡を送ったと書いてある。

勾玉と剣はそのときのもの。だいたいスサノオの剣が天皇のものっておかしいだろう。
崇神天皇は統一の証として各国の宝を差し出させ所有した。だから鏡も元々天皇の所有したとは限らないんだよ。

339 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 10:36:28.98 ID:7UVgMPCr0
卑弥呼ヤマタノオロチ説
つまり邪馬台国は出雲国によって滅ぼされた
ヤマタノオロチに食べられた8人の女とは
邪馬台国に奪われた、もしくは奪った国の数と解釈

340 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 10:36:45.61 ID:kqS0V+vV0
もはや学術的問題じゃなくて(町おこし的な)政治的な問題だからな

341 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 10:37:38.26 ID:86WguNty0
最新技術でその土地の地下や墓を詳しく調べられないのかな
九州で何かデカイものが見つかりそう

342 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 10:38:08.12 ID:01G5nCzH0
>>319
倭人伝25+後漢書25+記紀50=累計100%(確信)

343 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 10:38:53.14 ID:+KIINW7z0
>>323
よく見てみ

阿波で交わるんだよ

344 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 10:39:28.12 ID:1fouIoeEO
邪馬台国は青森だ

345 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 10:40:40.48 ID:MZkKqn9z0
>>308
普通に考えれば、邪馬台国ってのは九州の一国で、本州に日本を統べる最大勢力の国があったってトコでしょ
邪馬台国=日本とするからオカシクなるわけで、九州にあった日本の一豪族とみれば何も問題ない

346 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 10:40:51.87 ID:j8XyCklV0
日本の首都は東京だけど、中国は大阪府を日本の首都だと認定してるようなもの
現代的に言えば、サダム・フセインはイラクの大統領だけど米国が認めず暫定政府を樹立し
ガーズィー・アジール・アル=ヤーワル氏が大統領ということに

347 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 10:42:27.15 ID:8MXICSPn0
>>337
@内地に人がどこから移動したきたのか?
A稲作文化がどうやって伝わったのか?
教えてください。

348 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 10:43:00.18 ID:MunWZu5q0
>>339
滅ぼしたのは狗奴国だろうなあ
出雲は滅ぼされた方

349 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 10:43:14.97 ID:UaAdDmSrO
>>335
都(首都)はずっと一ヶ所に定まってる訳じゃないし
昔は日本列島の中がいくつもの小国に別れていたでしょ
大陸から渡って来た弥生人が最初に興した都が邪馬台国で、
九州北部にあったんじゃないかという説じゃないの

350 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 10:44:56.65 ID:cZvEwjos0
急襲派も禁忌派も、なんで邪馬台国が1つだと思い込んでるんだろう

351 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 10:45:01.48 ID:C+cdK+Kc0
>>341
邪馬台国が有った宇佐は出雲宗像系に乗っ取られたわけだが
宇佐神宮の本殿の下に石棺が埋まっている
それを調査出来れば答えは出る

352 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 10:46:02.07 ID:UaAdDmSrO
>>339
8人の女が八女でしょ

353 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 10:46:38.93 ID:4V3KtPcZ0
>>319
70パーセントくらいかなあ
20パーセントがヤマト朝廷が侵略する前の国津神
10パーセントが熊襲

てかだれか俺の>>334 にもレス下さい
昼過ぎにもう一回覗きます

354 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 10:47:17.76 ID:7UVgMPCr0
>>347
スサノオはオオケツヒメに料理を作れと命じたら鼻から食材がでてきたんでスサノオはブチキレて切り殺した
しかし、オオケツの体からは稲が生えてきた
これが稲作の起源

355 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 10:49:02.90 ID:snyjB4ga0
九州のアホが頑張ってるのか

356 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 10:52:57.00 ID:cKDq4nah0
このスレ読んで邪馬台国が九州だと思ったが
古墳時代の古墳はこの邪馬台国系とは別の集団の因習なんだろうか?
それとも邪馬台国系が中国、近畿にまで領域を広げたからだろうか?

357 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 10:54:23.22 ID:7UVgMPCr0
>>356
古墳は韓国にも存在する

358 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 10:54:33.99 ID:C+cdK+Kc0
卑弥呼の時代は畿内は鉄器も無いド田舎

359 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 10:54:56.92 ID:01G5nCzH0
>>353
但馬とか神話なら婆に聞いたらいいよ。詳しいから。スレがつずいていたら夜まで待て。

360 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 10:56:24.48 ID:MunWZu5q0
>>356
邪馬台国系の人材の割合は、東遷後は減ってるだろうね
九州連合が広域大倭連合に組織改編したと思えばいい

361 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 10:56:59.01 ID:SwaBiFBo0
倭人伝には邪馬台国は一箇所だけ(水行陸行の
箇所)で、女王国っていう表現の方が多い
何か意味する所に差でもあるのかも

362 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 10:59:34.60 ID:UaAdDmSrO
福岡銘菓「すくのかめ」、漢字で書くと「須玖の甕」

おいしいよ(´・ω・`)

363 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 11:02:25.60 ID:JVDRDTVa0
>>347
稲自体は約4000年前から食べていたことが発掘からはっきりしている。
しかし本格的な稲作開始は呉越戦争に負けた呉人たちが移った紀元前400年あたりじゃないか?
つまり邪馬台国の頃は北日本を除く全国規模で稲作をしていたと。

364 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 11:03:25.50 ID:SwaBiFBo0
>>349
隋書では、邪摩堆に都す、即ち魏志の所謂邪馬台なる者也
と飛鳥時代の日本について書いてるし
倭人伝も邪馬台国に至る、女王の都の所とあるから
邪馬台は邪馬台にある国で移動していない、という印象

365 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 11:05:43.81 ID:ir8YtaXt0
今の論争では文献では決着がつかないから考古学的な証拠をもとに
争うようになっているんだな
議論でも倭人伝にこだわらず他の残った遺跡遺物を比べ合わせないとだめな時代か

366 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 11:07:01.28 ID:C+cdK+Kc0
日向から東征して最初に宇佐に向かっている
そこにあった邪馬台国を取り込み台与の威光を使って北部九州も征服
さらに東征して畿内も制圧し銅鐸文化も消滅
東征の間にいろんな部族を取り込んで婚姻関係も出来たので前方後円墳になったんじゃね?

367 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 11:08:38.09 ID:Udo7f4oH0
>>7
昔の東西南北と今の東西南北って一緒なの?

368 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 11:13:14.51 ID:C+cdK+Kc0
>>364
魏志倭人伝では邪馬台だった人達が隋の時代の耶摩堆を都にしていたとも取れる。
つまり九州から奈良に移動。

369 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 11:14:55.56 ID:C+cdK+Kc0
>>367
狗奴韓国から壱岐までの行程や他の文献を見る限り同じ

370 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 11:16:14.89 ID:C+cdK+Kc0
狗奴韓国じゃなくて狗邪韓國の間違いスマホ

371 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 11:16:28.65 ID:SwaBiFBo0
>>368
あくまでも記述からみれば邪摩堆や邪馬台国は地名的な扱いで、人という感じではないな

372 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 11:18:49.20 ID:FnNAeNQs0
白村江で負けて畿内に逃げるまでは
大宰府が倭国首都

373 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 11:19:00.76 ID:UaAdDmSrO
>>364
今は都じゃないという意味で、場所はそのままだよ
地図を見れば解るけど、八女は今も広大な敷地面積を誇る邪馬台国(yametaikoku)

374 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 11:19:53.52 ID:KVZJuDwX0
邪馬台国は九州の西側、
東側の宮崎大分が現皇室の勢力圏、倭国大乱後、東遷が行われ畿内まで制圧すれば
畿内、中国地方、四国、九州の東半分
地政学的には瀬戸内海を内海とするハートランドが誕生する
ここで九州の西半分まで勢力を広げたのではないか

375 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 11:20:39.67 ID:Pw2Ed6w20
今日の朝読んだ本には不弥国は福岡県宇美町だと書いてあった。地図で調べたら
福岡平野の東のどん詰まりみたいな所だった。ここから南に水行ってどう行くのか
わからんが、とにかくそういうことらしい。畿内説はどうも終わりらしいよ w

376 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 11:21:10.82 ID:EDx3hf0W0
>>265
 
■ ウソ → 明治天皇すり替え・田布施システム説 ← ウソ ■


この人↓は明治天皇や大室寅之祐ではありません。佐賀藩校の生徒の1人です。物証で反論できます。
http://verbeck19.exblog.jp/

『フルベッキ写真』伝説覆す原板: 幕末の志士集合写真 → 実は佐賀藩校の生徒 (読売新聞 2013/4/24)
http://blog.goo.ne.jp/sagastudents

この写真↑の撮影場所と時期は物証で特定できます。撮影は坂本龍馬の死後、明治天皇の江戸入り後なので2人は写真の中にはいません。

すり替え説には証拠はなく、すり替える必要性もなく、また、天皇の親族や側近が継続的に勤めていたことを説明できません。
そもそも、討幕の拠り所は天皇であり、すり替えでは倒幕派は大義を失なって自ら逆賊となる理由を作り、幕府を利してしまいます。


■ 反日の狙いは、日本の国家体制と歴史に悪いイメージを植え付けること ■
 

377 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 11:21:55.23 ID:SwaBiFBo0
>>373
今は都じゃない、というのが良く判らん
そういう記述は無いと思うが

378 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 11:25:32.28 ID:8MXICSPn0
九州アイランドって台湾と同じぐらいの大きさの島だろ。東アジアの覇権を争うシナと大和、その大和を九州アイランドとするには無理がある。

379 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 11:26:59.81 ID:C+cdK+Kc0
>>374
東が海で千里先が四国なので邪馬台国は宇佐

日向から東征した崇神は熊襲に追い出され宇佐の邪馬台国を取り込みつつ畿内まで統治した後に残った熊襲を退治
それをヤマトタケルの神話に作り上げたんじゃね?

380 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 11:28:32.45 ID:FnNAeNQs0
箸墓古墳は出雲吉備国系で別の国ですた

381 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 11:30:26.23 ID:Z5JFkmU10
権力者が

382 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 11:31:38.90 ID:SwaBiFBo0
狗邪韓國から対馬までは方位の記述なし(1千余里)
対馬から壱岐までは南とあるが、実際はやや南東寄り(1千余里)
壱岐から末盧国までも方位無し(1千余里)
末盧国がどこかは色々あるけど、恐らく唐津
(呼子と壱岐は30キロくらいで、大体同じ距離と記述されてる対馬から壱岐までの70キロと比べて近すぎるし、唐津には当時の遺跡もある)
末盧国から伊都国までは南東とあるが、伊都国が糸島半島中部あたりとすると方位が合わない(やや北東になる)。距離は500里
伊都国を多久、小城あたりにする必要ありか?

383 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 11:33:44.08 ID:UaAdDmSrO
>>377
今は日本の都が東京で、小国に分けると、今の九州の都は福岡市(福岡の県庁所在地)
昔は邪馬台国のあった場所が九州の首都だった、みたいな意味

384 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 11:35:51.06 ID:NgUVvkVK0
>>382

いわゆる佐賀経由ルートですね

385 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 11:35:54.76 ID:bNuzOpoY0
九州に邪馬台国があった、という主張は情況証拠が皆無だからなあ
結局文献にミスがあった、というのが正しいんだろうとは思うわ

386 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 11:37:38.34 ID:01G5nCzH0
裴世清が言ったんだよー。それじゃあ邪馬台国じゃないと困りますーってね。あとはわかるな。

387 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 11:39:37.62 ID:Agn5ogamO
裸足が似合うのは畿内と九州、どっち?ってことでしょ?

388 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 11:43:32.05 ID:FnNAeNQs0
一応倭国の王家と認めてたので畿内で亡命王家が
ヤマトの地名つけて首都にできた
大宰府から奈良に首都移転

389 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 11:47:36.57 ID:m6LG+m/N0
奈良以前の奈良を「他所とは違うんです」と称するのってなんかイタイタしいなw

390 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 11:48:46.04 ID:OKDy7b440
じゃあ二つあったということで

391 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 11:49:03.26 ID:JVDRDTVa0
弥生時代の人口分布

http://kozu5.my.coocan.jp/KozuHomePage3/public_html/hiroba-09/jomon.gif

日本の人口過密地帯は今と変わらない。近畿中部関東に人口は集中している。
縄文となると更に激しい偏りがある。

392 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 11:50:56.29 ID:GaeQQQq60
今も昔も中国に踊らされちゃってどうよ
日本人なら日本書紀や古事記に書いてある
神話を読み解こうぜ。神話って実に面白い。

393 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 11:56:17.33 ID:8MXICSPn0
>>392
面白いけど、出雲を制圧した天孫が、なんで片田舎の日向に天下るのか不思議でならない。

394 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 11:56:45.20 ID:CGURLBoT0
>>334
以下は全くの妄想で済まないが、地形趣味人の俺なりのレスをしてみる。

航空写真でみる加部島の田島神社の社殿は冬至日出(夏至日没)方向にそろっているところから考えて、
その方角に何かイトするところがあるのだろう、と考えるところまでは推測して問題ないんじゃないかな。

(1)
たとえば田島神社からその方角(南東)に50メートル行くと、宮崎鼻の山頂部(標高40mちょい)なので、かつてはここが奥宮だったと考える。
ここに物見櫓をつくれば、2キロ真南にある呼子港(殿ノ浦)の田嶋神社の裏手の丘(標高40mちょい)と見通しよく連絡が取れる。

(2)
また、加部島の田島神社の正面は加部島の田畑が冬至日出(夏至日没)方向に揃っているが、
これは田島神社を基準とした古代の条理の可能性を作業仮説として圃場整備前の地図などを調べたらいいんじゃないかな?

いづれにせよ、多島海の海辺という特徴から航路標識・物見櫓・連絡設備の線で考えたらいいんじゃないかな?
御求めの情報とは違う方向から分析してみましたよ?

>宗像大社辺津宮の鎮座地が「玄海町田島」(現宗像市田島)であり、
>そこからの勧請ゆえ田島とするという説がある
http://www.genbu.net/data/hizen/tajima_title.htm

という傾向の情報の方がお求めかとおもうけど、それはたぶん、既にしってるだろうし。

395 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 11:57:37.53 ID:SwaBiFBo0
>>383
その場合だとかつては福岡だったが今は東京、という事になるが
記述でみる限り、隋書は魏志の昔からずっと邪摩堆(邪馬台)という場所に都す、と言ってる感じ
国名は基本的に地名を転写したものだから、場所を変えていない、と見えるな

ただ、八女辺りの地名が奈良近辺の地名に比定できるとかいう話もあるし
地名の書き換えがあったりしたかも知れないかな
まあ確実な遺物が見つからない限り、何とも言えないんだろうな

396 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 11:59:18.13 ID:xu5ogYqy0
正直どっちでもいいが、いつもこういうスレに湧く
九州説のコピペ馬鹿がうざいので近畿説推しとくね

397 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 12:00:31.25 ID:bNuzOpoY0
九州説は証拠が何もないから、結局論でいくしかないから
どうしても長文化傾向にあるからなあ

398 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 12:02:41.64 ID:Oojul0pL0
大和朝廷?から逆算するとどうなるのよ?
邪馬台国は大和とは別物? それとも後継?それでわかるんじゃないのか
邪馬台国→大和でもいいし、邪馬台国が別勢力(後の大和朝廷)に滅ぼされたでもいいじゃん
何が揉める問題なの?

399 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 12:05:09.32 ID:BIzYW3qD0
>>391
この弥生時代の人口分布、誰が作ったんだ?
内容が滅茶苦茶みたいだが
根拠はあんの、個人の願望じゃねぇ。

400 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 12:06:25.84 ID:01G5nCzH0
>>392
伊勢神宮のスレが立った時は面白かったなー。しかしここもかなり有能だなー。

401 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 12:06:29.18 ID:CGURLBoT0
>>393
阿蘇の超巨大オモイヤリを海に運ぶためだよ。ソースはヤマタイカ

402 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 12:06:51.08 ID:4gBIK7od0
>>324
縄文人はギリシャ系移民、弥生人はエジプト系移民

403 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 12:07:04.48 ID:syV130aP0
邪馬台国は朝鮮南部にあった

404 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 12:08:07.21 ID:bNuzOpoY0
>>398
ヤマト王権の成立時期がはっきりしないので、辿れない
3世紀中盤〜後半、遅くとも4世紀初めとされている

邪馬台国は卑弥呼が247年頃に死亡
その後の跡継ぎの女王が266年頃に晋に朝貢したが
そこから先は記録がなく、413年の倭の五王まで朝貢の記録がない
だから、150年ほどの空白期間があるとされる

150年は歴史上でみたら短いけど
実際には政権一つ潰れて新たにつくることも可能なくらいの期間だからな
そこで逆算が途切れるので、辿れない

405 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 12:08:51.20 ID:dHQTR5T40
そもそも古事記 書記のおける出雲の大きな存在感は
この論争にどう絡むのか

406 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 12:09:58.20 ID:0RoXxFGg0
>>396-397
朝鮮人かよお前ら

407 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 12:10:24.81 ID:/WFF5jvO0
教えて欲しいんだが、
近畿を中心とした当時の勢力が今の
皇室に連なる日本統一を果たした
いわゆる大和王権だよね?

大和王権が邪馬台国直系でないとしたら、
日本統一まで持っていけた軍事力や
経済力が突然近畿に現れたってこと?

408 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 12:10:27.51 ID:loWWhloi0
>>399
発売日: 1984/07

409 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 12:11:07.00 ID:h4hEmcdX0
>>397
畿内論こそ証拠に乏しい
周辺国のパズルすらあてはまるところが少ない
奈良から九州まで政治コントロール オペレーションできるシステムがあるなら
山陰四国にもその痕跡がないのは解せんな

410 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 12:11:38.23 ID:bNuzOpoY0
>>399
その図は誰がつくったか知らんが
数字をみると、考古学者の小山修三が推計した数値に近いから、それが元になってるんでないか?

411 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 12:12:06.97 ID:BIzYW3qD0
>>320
久住猛雄の妄想だな、根拠が全くないwww

412 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 12:12:07.05 ID:0RoXxFGg0
>>408
他には?

413 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 12:12:41.81 ID:ir8YtaXt0
>>404
それに関連すると
古墳が3世紀半ばか3世紀後半から畿内から全国に広がったとすると
九州からの東征があったとすると跡継ぎの女王の頃かその後すぐ東征していないと
おかしいことになりそう

414 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 12:13:30.29 ID:loWWhloi0
>>412
他?

415 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 12:15:43.43 ID:ir8YtaXt0
>>407
大和王権の最初が
豪族どうしの緩いとりきめで
のちの大和朝廷のような組織だったものじゃないんだから
突然近畿にとは考えなくていいんじゃないか

416 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 12:16:33.13 ID:bNuzOpoY0
>>409
当時の政権が畿内に集中していた証拠があるだろ

ヤマト王権を象徴する巨大古墳群も
結局畿内に集中してる
九州は遺跡の規模が小さすぎる

それに、纏向遺跡では九州をはじめとする日本全国の土器が発見されていて
当時の政権がそこに集中していたことがわかる
畿内が政権の中心でないのなら、日本全国の土器が集中する理由がわからない
逆に九州の遺跡からは、日本全国の土器は発見されていないし

417 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 12:16:47.66 ID:Oojul0pL0
>>404
サンクス、空白が問題なんか
大和朝廷の候補が邪馬台国以外にもあるなら単純ではないんやな
あえて大和の前身を邪馬台国に求めんでもええと思うけど箔が付くから重要なんかな

418 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 12:16:58.05 ID:0RoXxFGg0
周辺の国は何度も名前を変えるが
対馬はこの時代から対馬

我々はもっと対馬を大事にするべきでは無いかね

419 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 12:16:59.62 ID:3pxuCAkV0
>>411
なら、論文を作成して、久住猛雄氏に反論しないとなw
何の根拠も示さずに嘘だと妄想だのと決めつけるだけの奴は楽でいいな

420 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 12:17:37.07 ID:JYTiEu2j0
>>416
卑弥呼と箸墓は年代が合わない

421 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 12:19:07.97 ID:BIzYW3qD0
>>419
畿内説の根拠を突き詰めると根拠が無いんだよな
私はこう思うで論文になってるw

422 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 12:19:27.15 ID:7UVgMPCr0
ぶちゃっけ金印に勝る証拠はないと思うんだが

423 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 12:20:40.33 ID:bNuzOpoY0
>>420
情報古くね?

昔は墓古墳の築造年代が3世紀末から4世紀初頭とされていて
卑弥呼の死亡時期とずれがあるから違う説が有力だったけど
その後、3世紀の中頃から後半とする説が主流になっているぞ

424 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 12:20:54.78 ID:jWf383of0
アジアの常識では韓国なんだけどな

425 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 12:20:55.56 ID:UZCTuq2u0
九州だとしたらただの小国の可能性が高いのでつまらん
何のロマンも感じなくなっちまう

426 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 12:21:16.71 ID:JYTiEu2j0
>>423
卑弥呼の時代に合うように捻じ曲げただけ

427 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 12:21:38.66 ID:A8O2VgeJ0
邪馬台国と倭の五王の間に朝鮮から鉄の武器と馬に乗った武装集団が北九州に上陸
周辺勢力を支配しつつ東進
ついに近畿までたどりついたわけですよ
これなら朝鮮半島南部に根拠地が残っているのも自然で納得がいく
日本から朝鮮半島進出は当時の出土品や中国も文書の記述から文化や軍事レベルが貧相で考えづらい

428 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 12:22:40.81 ID:bNuzOpoY0
>>426
願望と現実が異なるのは、よくあることだ。
がんばれ、オッサン。

429 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 12:22:54.73 ID:JYTiEu2j0
>>428
はいブーメラン

430 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 12:23:08.72 ID:uo5VA4Wu0
普通に考えれば、東夷伝に現代にも繋がる北九州の具体的な地名が出てくんのに山陽から近畿にかけての地名が全く出てこない時点で畿内説は有り得んって分かるだろ

431 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 12:23:49.43 ID:BIzYW3qD0
>>426
頼るものが無いにもないからな
畿内説の常套手段の神の手だな。

432 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 12:24:11.58 ID:bNuzOpoY0
>>429

学説として今はこうなっている、と主張するのと
根拠も無く「事実を捻じ曲げたんだ」と主張するのは全然違うことだぞ?

異論があるのなら、墓古墳の築造年代が以前のままである、という証拠でも出せば良いのでは?
証拠もなく願望を喚いているだけなら、ただの自縛やん。

433 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 12:25:42.73 ID:uo5VA4Wu0
>>425
それはしょうがないw

仮に邪馬台国が北九州だとしたら同時代の大和地方では何が起きてたんだろうね

434 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 12:25:52.36 ID:JYTiEu2j0
距離も方角も習俗も違うのだから畿内はあり得ないんだよ
畿内大和政権と邪馬台国が同じであってほしいという願望が先にあるからおかしくなる
距離方角習俗を当たり前に考えたら九州南部に邪馬台国が存在した事になる

435 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 12:26:04.50 ID:xFOFEFBR0
>>416
でかいからダメなんだよ

436 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 12:26:14.04 ID:sJFr/CgP0
諸星大二郎の漫画みたいやな

437 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 12:26:25.12 ID:G6l7P+540
>>410
正解。すごいね。小山修三の縄文時代からです。

438 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 12:26:34.12 ID:UaAdDmSrO
>>402
ギリシャやエジプトからどうやって渡って来たの?ジープで強制連行?

439 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 12:27:43.56 ID:0RoXxFGg0
>>433
豪族が墳作って糞して寝た

440 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 12:27:50.23 ID:bNuzOpoY0
>>435
意味がわからん
当時一番勢力があったと思われる邪馬台国の卑弥呼が死んだのに
その時期に全然違う地域で誰のかはわからないデカい墓がつくられていて
卑弥呼は質素な墓に埋められました、で納得できるわけがない

441 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 12:28:10.03 ID:JYTiEu2j0
>>432
根拠のない学説だよ
どんな解釈もできる
読んだ事あるの?

442 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 12:28:11.98 ID:7UVgMPCr0
>>423
卑弥呼の墓=古墳の関連性の情報はない
それはおまえの妄想だ

443 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 12:28:37.21 ID:JYTiEu2j0
>>440
卑弥呼の墓は円墳

444 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 12:29:19.61 ID:bNuzOpoY0
>>434
九州説だとしたら、水路を20日も進んで到着する「投馬国」ってどこなんだろうな

445 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 12:29:32.96 ID:0RoXxFGg0
>>440
分断してたんだろ

446 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 12:30:03.31 ID:eg8l0alS0
あんなに九州の地名しか出てこないのに
いきなり機内だの四国だのに話が飛ぶほうが不自然だろ
距離の追い方に寄ったら東北にだって行けちゃうんだからさ

記述の精度が低いだけで話は九州にとどまると考えるほうが自然

447 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 12:30:17.09 ID:JYTiEu2j0
>>444
手漕ぎボートで昼間だけチンタラ漕いでるのなら20日でもせいぜい球磨とか人吉あたりだね

448 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 12:31:00.55 ID:7UVgMPCr0
そもそも古墳て墓なのか?
ピラミッドだって墓じゃねーって言ってる人いるのに

449 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 12:31:50.06 ID:bNuzOpoY0
>>441
じゃあ、その前の「墓古墳の築造年代が3世紀末から4世紀初頭とされていた」も根拠の無い学説になるな。
ということは、当然これが卑弥呼の墓である可能性もでてくるというブーメランw

>>442
3世紀半ばには古墳があったんだから
当時の権力者が死んだ時に古墳だと推測するのは自然だと思うが
異論があるのなら、根拠をどうぞ

450 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 12:31:54.93 ID:0RoXxFGg0
>>444
里で計算してた使者がそこから日数に変えてる
つまり行ってない。

451 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 12:32:08.67 ID:itIV1OZ30
巻向で決定

452 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 12:32:50.25 ID:JYTiEu2j0
>>449
卑弥呼の墓は円墳
その時点で箸墓は無関係

453 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 12:33:07.30 ID:3CTEmiHa0
祭祀の最高の地位についているものを、祀り上げてクニが連なってるというシステムが
大和朝廷に似てるんだよなあ。狗奴国が九州南部で勢力を北へ拡大して押され過ぎて大
和へ戦略的撤退をしたのが東征としたら説明がつくんだが、それだと九州北部は狗奴国
のものになったのかという話になるしな。両者にらみ合いのままで、邪馬台国の一部が
奈良へ移ったのかもな。宇佐神宮とか天皇家に相当重視されてるし。邪馬台国と大和朝
廷はどこかでつながっていると思う。邪馬台国東遷説。一時的に同時に2か所あったん
ならややこしいことに説明がつく。

454 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 12:33:14.22 ID:uo5VA4Wu0
やっぱ宇佐神宮こそが皇室の宗廟なのかい?

455 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 12:34:02.27 ID:itIV1OZ30
吉備よりショボい古墳しかない九州なんて説は無理がある。

456 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 12:34:13.29 ID:bNuzOpoY0
>>447

なんで陸地でつながってるのに、水路でいくの?

457 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 12:34:17.94 ID:S7s8yL0x0
>>3
やまがこく→やまたいこく
だろうな

458 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 12:34:25.66 ID:uo5VA4Wu0
神武東征は相当程度史実を反映してるだろうな

459 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 12:34:31.85 ID:MXAWJvPO0
>>447
そんなにちんたらしてたら陸路でどうにかしようと思うだろ

460 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 12:34:47.45 ID:xFOFEFBR0
畿内支持派って九州に来て研究したことあるのか?
まず畿内の答えありきで、捻じ曲げぬきに成立する説が無いじゃないか
そもそも、それらの説は本当に認められたものなのか?

聞いた憶えないのだがな

461 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 12:34:53.67 ID:8MXICSPn0
古代の王権の姫の名前がヒミコとか町民の娘みたいな名前のはずがないだろ。
中国人の書いた本を金科玉条扱いするのはおかしい。現代中国人を見て理解できないのか。

462 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 12:35:08.73 ID:7UVgMPCr0
>>449
自分の思い込みをごり押しして
異論は根拠をもとめる
おまえの人間性ってなんだ?

463 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 12:35:27.59 ID:JYTiEu2j0
>>456
陸の方が早いと思い込むのもどうかと思うよ
当時まともな道路が存在していたとでも思ってる?

464 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 12:35:34.06 ID:bNuzOpoY0
>>450
行く行かないはともかく九州に邪馬台国があるのなら、そこから「水路」をつかう理由もないんだよな。

>>452
根拠をどうぞ

465 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 12:35:35.59 ID:itIV1OZ30
>>444
鞆の浦、つまり吉備だな。
吉備よりもショボい九州はあり得んな

466 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 12:36:06.29 ID:A8O2VgeJ0
おまえら文章丸飲みし過ぎ
中国の使者に対して勢力を大きく見せた方が有利なので誇大に見せたことさえ考えられるんだぞ
当然距離などは遠く表現されるし方角もいい加減だ
中国の使者には確認しようもないからな

467 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 12:36:12.75 ID:0RoXxFGg0
>>378
誰が本州アイランドの大きさを知ってたんだ?

468 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 12:36:24.17 ID:JYTiEu2j0
>>459
今みたいな道路は無い

469 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 12:36:27.74 ID:3pxuCAkV0
>>421
問題をすりかえないでもらおうか?
3世紀の那珂遺跡に近畿の土器が大量にあるか否かの話をしているのだろ?
その近畿説云々もまずは自分が根拠を出して学術的な検証に耐えうる論文を書いてから言えよw

470 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 12:36:28.59 ID:7t1qM7bv0
>433

太平洋横断にチャレンジ

471 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 12:36:47.07 ID:MXAWJvPO0
>>452
何処を基準に計るかだけの違いじゃね?
現代人は前方後円墳は円と方両方合わせて計るけど
当時の人は棺を納めるのが円の方だから、円の方を基準としてたのかもしれんし

472 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 12:37:15.36 ID:JYTiEu2j0
>>464
卑弥呼の墓は径百歩
前方後円墳みたいな日本独自の形式ならもっと詳細に説明している
なので円墳

473 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 12:37:36.51 ID:0RoXxFGg0
>>464
道が出来てなければ水路を使うだろ
九州の阿蘇は噴火してるから陸の方が危険

474 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 12:37:43.16 ID:A8O2VgeJ0
卑弥呼に前方後円墳は無い

475 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 12:38:00.21 ID:7UVgMPCr0
>>464
水路を使う理由なんてなんぼでもおもいつく

476 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 12:38:01.85 ID:itIV1OZ30
>>460
九州の古墳がショボすぎる。
岡山にさえ九州にはあり得ないような巨大古墳がうじゃうじゃあるのに
ショボい遺跡しかない九州なんて説は無理がある。

477 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 12:38:03.70 ID:bNuzOpoY0
>>462
それは思い込みだ、といいながら
根拠の無い思い込みで否定してくるお前の人間性について
鏡を見ながら考えてみたらどうだ?

>>463
投馬国は「五万余戸ばかり」とされる
当時としてはそれなりの規模の国なのに
陸路でいけないっておかしくね?

478 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 12:38:13.81 ID:JYTiEu2j0
>>471
かもしれない
というのなら前方後円墳ではないのかもしれない
も同じ程度に説得力があるよね
それは認めないと

479 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 12:38:21.11 ID:x0XwqyLQ0
勘違いしてほしくないこと

九州に住んでいるから九州説支持とかないから

そもそも九州説にも数多くあり
大和朝廷を認めつつも卑弥呼は大和朝廷のものではない
これが元来の九州説
今の九州説とは全然違うことに注目

古田武彦(東北)によって提唱された九州王朝説は従来の九州説とは
これまた全然異なることを覚えておいてほしい

480 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 12:38:42.74 ID:MXAWJvPO0
>>468
道路が無いなら作るだけだろ
作れないような秘境ならともかく
もっとも水上を進む方が早いってなれば、当然水上
それだけの事

481 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 12:39:01.92 ID:JYTiEu2j0
>>477
おかしくない

482 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 12:39:17.95 ID:8MXICSPn0
>>467
大国主の時代から秋津島、トンボの形って理解してただろ。九州が頭部、吉備付近が足、本州は胴体だろ。

483 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 12:39:52.96 ID:MXAWJvPO0
>>461
だったら円墳じゃないといけない訳じゃないじゃん

484 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 12:40:29.70 ID:JYTiEu2j0
>>480
日本は戦後になってやっと全国の道路が整備されたんだよ
当時から船より早い陸路があると思い込むのが間違い

485 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 12:40:32.44 ID:eYnCH+qX0
論戦で決まるのか話にならんな

486 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 12:40:50.07 ID:0RoXxFGg0
>>482
主語がない
誰が理解してたんだ

487 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 12:41:10.45 ID:y3lqT0my0
ヤマト政権は吉備東遷で出来た。

488 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 12:42:00.48 ID:oZsiqs5N0
「九州と畿内が統一されていた」と考えるからおかしい。

489 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 12:42:05.30 ID:bNuzOpoY0
>>472
「径百余歩」の“歩”は当時の中国の長さの単位で、約1.5メートル
単純に100倍すると150メートルと箸墓古墳の後円部の直径とほぼ同じ大きさ
形についての記述が無いのに、勝手に形を確定させるのはどうなんだろうな
「必死過ぎ」と俺は思うが

490 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 12:42:05.81 ID:UaAdDmSrO
江戸時代も水路を使って移動していた
明治まで沼地と薮だらけだった九州(特に佐賀〜筑後地区)を船で渡るのは普通
九州のあちこちにあった水路が埋め立てられて、道が分からなくなったと考えるのが自然

491 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 12:42:46.59 ID:MXAWJvPO0
>>484
江戸時代にあったよ
五街道とか知らん?

それはいいとして
船のが早いんだろ?
だから水上

何が言いたいのか分からん

492 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 12:42:51.70 ID:7UVgMPCr0
>>477
まー屁理屈な憎まれ口だこと
卑弥呼の墓は古墳の証拠はなにもないからな

493 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 12:43:52.47 ID:JYTiEu2j0
>>489
前方後円墳で径百歩なら前方部分も含めた全長を測るだろ
そうなると箸墓では大きすぎる
後円部分だけ測るとか願望強すぎ
箸墓であってほしいという願望でしかない

494 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 12:43:58.16 ID:rRuO3l4y0
>>3
海と陸の間だよ。

495 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 12:44:29.30 ID:TMwT/agf0
九州って湿地帯が多くて台風とか地震で遺跡が残りにくかっただけじゃないの?

496 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 12:45:14.95 ID:MXAWJvPO0
>>493
棺は円墳の方だぞ

今だって墓の大きさって言われたら
墓石と墓の敷地とあるじゃん

497 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 12:45:20.85 ID:0RoXxFGg0
>>488
それ
文字のない時代かろうじてぎし倭人伝によって知られた九州の存在と、
でかい墳を作ったは良いが文字がなかったため邪馬台国とは別の何かがあったのに伝わらなかった畿内

498 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 12:45:38.60 ID:7UVgMPCr0
そもそも古墳自体、ブラックボックスなわけなのに

499 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 12:45:42.29 ID:bNuzOpoY0
>>473
邪馬台国に次ぐ規模の大国に陸路でいけないのもおかしいだろ
そもそも阿蘇が噴火して危険なら、投馬国なんて灰で埋まってるんじゃね?q

500 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 12:45:59.49 ID:JYTiEu2j0
>>491
五街道って五個じゃん
日本全国津々浦々行くのに五街道だけで事足りるの?
そもそも江戸時代なんて新しすぎて意味がない
陸路で行けないから手漕ぎボートで行ったんだろ
何が言いたいんだ?

501 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 12:47:21.24 ID:JYTiEu2j0
>>496
前方後円墳なのに後円部だけ測るのは不自然だね
そんな頭の悪い測り方はしない

502 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 12:47:31.99 ID:bNuzOpoY0
>>490
その「沼地と藪だらけ」の地域に、日本の中心となる大国が二つも存在したってことに違和感を覚えないのが凄いな。

503 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 12:47:35.57 ID:0RoXxFGg0
>>499
使者は行ってないから問題ない

504 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 12:47:39.87 ID:G6l7P+540
>>452
http://blog-imgs-47.fc2.com/a/t/a/atamatote/PA173058_1.jpg

これを見た人は先入観がなければどう見えるだろ?

505 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 12:47:56.67 ID:JYTiEu2j0
>>499
陸路より早く行けるんだろ

506 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 12:48:07.22 ID:VsvDnp9KO
>>493
箸墓なんて完成形までには10年以上かかると言われてるぞ。
最後まで定点観測してる訳じゃないからな。
最初の築造部分をみただけなんじゃないの?

507 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 12:48:29.92 ID:JYTiEu2j0
>>502
だから後世に畿内へ移ったんだろ

508 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 12:48:46.97 ID:7UVgMPCr0
>>504
整備がはげしすぎて素材が生きてねーな

509 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 12:49:13.79 ID:JYTiEu2j0
>>504
後円部だけじゃなく、全長を測るね

510 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 12:49:39.37 ID:4V3KtPcZ0
>>359
はい!
>>394
マジ感謝です!
古代から中世の灯台的なものとは思っていましたが地形的な裏付けが興味深い!
但馬との繋がりは宗像市から探るしかなさそうですね

511 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 12:49:54.50 ID:bNuzOpoY0
>>503
意味がわからん。
行こうが行くまいが、噴火して危険な場所を通らなきゃいけないところに
邪馬台国に次ぐ大国が存在した、というのは無理があるってだけの話だろ。

512 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 12:50:07.43 ID:MXAWJvPO0
>>509
今の時代に棺の位置が何処って言える人がどれだけ居ると思う?

513 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 12:50:49.43 ID:JYTiEu2j0
>>506
あんなのを10年かける程度の土木技術なら、海岸線に道路を作れなくてもしょうがないね

工事途中の墓なら完成した時の形を聞くだろ

514 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 12:51:00.25 ID:XuFEOhXs0
>>333
http://fast-uploader.com/file/7031885773723/

この画像は「支」の隷書体な。
赤枠で囲んだところに「別作丈」と書いてあるだろ。
この「別作丈」をちゃんと訓読できるかな。
ちゃんと訓読できたら「一大」の謎も解ける。

515 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 12:51:14.19 ID:1kZOqC5T0
対馬、壱岐間およそ100kmを千余里と表現しているのだから、一里=90mくらいなんだろ


帯方郡から不弥国まで
http://i.imgur.com/HmhGOLh.png

不弥国から邪馬台国まで
(一里=90m換算)
http://i.imgur.com/mu5XLcw.png


帯方郡から邪馬台国まで1万2000里なら、だいたい九州中部が邪馬台国想定地になる

古代の河川交通の方法は知らないが、馬のいない時代は大変だったろうな

516 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 12:51:15.97 ID:bNuzOpoY0
そもそも箸墓ではデカすぎるというのなら
九州のどこに「径百余歩」の古墳があるの?

517 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 12:51:17.79 ID:oZsiqs5N0
九州と畿内、弥生時代は歩けるわけがないわ。道がない。

当然統一もされてない。
お互いの存在すら知ってるかどうかだろ。

518 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 12:51:58.34 ID:JYTiEu2j0
>>512
棺の位置に関わらず、前方後円墳なら後円部じゃなく全長を測るだろ

519 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 12:52:15.43 ID:0RoXxFGg0
>>511
使者に伝えた倭人は水路で行けることを知ってんだよ

520 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 12:52:33.01 ID:MXAWJvPO0
>>504
前方後円墳ってこうして見ると今の墓の形にも似てるな
円の部分が墓石
方の部分が道から墓石までの置かれた石

521 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 12:52:50.54 ID:JYTiEu2j0
>>516
見つかってないだけだろ
未発見か、後世のどこかの時点で消滅したか、

522 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 12:53:19.21 ID:DcuskbJS0
吉野ケ里遺跡群が、九州の倭国(倭種)の広がりを完全に東の端迄(有明海のだが)あることを実証した。ただ、魏書には、更に先があるように
書いてあるが、それは、倭に提出させた文書を書き写したものによるのであって、実際に魏書の東夷作者・編集者が行ったのか不明である。
方向は、もっと南であって、水行十日陸行一か月、とはいえ、道なき道を開拓しながら、九州を南下して行くのであるから、水行十日では、水行一日
100キロは行くから、九州を出てしまう。仮に、倭人が鬼道(シャーマンによる憑依現象:これは見ていても怖い筈。)をする卑弥呼の本拠地を
秘密にして置きたいのだとしたら、方向も距離も出鱈目を言うであろうし、仮に、一大卒が怖ければ、嘘をつく筈もないから、洛楼郡を経っての距離
の筈もないから、種子島よりも南方で、陸路1ヶ月の距離とすれば、沖縄よりも南の台湾くらいである。そんな馬鹿なはずはない。

魏から授かった鏡の出土がないので、邪馬台国とは言えないし、金印が出てくれば、完全一位ではあるが。

亶洲とは九州のことではなくて、済州島というくらいに、昔から、中国にとっては、日本は、台湾とは全然別だから、間違うはずもなく、嘘を言って
いたという他はない。

http://www.eonet.ne.jp/~temb/12/zyohuku.htm

 三国志呉書呉主伝第二(三国志の著者、陳寿は晋の人)
……(黄龍)二年……遣将軍衛温諸葛直将甲士万人浮海求夷洲及亶洲亶洲在海中長老伝言秦始皇帝遣方士徐福将童男童女数千人入海求蓬莱神仙及
仙薬止此洲不還世相承有数万家其上人民時有至会稽貨布会稽東県人海行有遭風流移至亶洲者所在絶遠卒不可得至但得夷洲数千人還

523 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 12:53:22.24 ID:kyfulExc0
>>476
日本最大級の西都原古墳群があるぞ

524 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 12:53:25.45 ID:VsvDnp9KO
>>513
当時箸墓に匹敵する土木工事が畿内以外の何処にあるのかな?

525 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 12:53:57.34 ID:NjkO6QNB0
どうでもいいだろ
土人の文化なんかよお

526 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 12:54:10.36 ID:7RPqPYLO0
こんなのどうでもよくね?未来を研究しようよ

527 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 12:54:12.24 ID:7UVgMPCr0
古墳からミイラが出てきたなんて聞いたこともねー

528 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 12:54:15.36 ID:MXAWJvPO0
>>518
前方後円墳って言ってるのは現代人な
当時の人にその感覚があったのかは分からん
あくまで棺を納める大事な円墳とその参道だった認識があっても不思議ない

529 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 12:54:40.48 ID:3lNWy2lJ0
箸墓くらいデカけりゃ塚じゃなく墳と記述されるわな

530 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 12:54:45.69 ID:01G5nCzH0
>>487
はい正解でました。真実はちょびっと東へ。

531 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 12:55:00.22 ID:VVIPVgrk0
>>504 壷。ツボの中に仙人が住む世界がある、という思想が中国にあり、それを
再現した墓。

532 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 12:55:02.47 ID:3pxuCAkV0
郡使がわざわざ他民族の墓の大きさを測ると思ってる時点でアレだよなあ
見た目円形で、大きさはこのくらいだったよ程度の報告でしかない
まあ、それも事実かどうかもわからないが

533 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 12:55:06.48 ID:bNuzOpoY0
>>519
意味がわからん。
行こうが行くまいが、噴火して危険な場所を通らなきゃいけないところに
邪馬台国に次ぐ大国が存在した、というのは無理があるってだけの話だろ。(二度目)


>>521
その時期の畿内の古墳には日本全土の土器が集まっていた証拠があるのに対して
その時期とされる九州の古墳には、日本全国の流通物は一切発見されていないが
これも、未だに見つかっていないだけで、いずれj発見される、ということですかね?

534 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 12:55:12.89 ID:ClAN7vQyO
>>516
宇佐亀山

535 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 12:55:14.59 ID:h85ydCQ90
.
【比律賓】フィリピンで韓国人3人が銃撃を受けて殺害される(2報)[10/13] [無断転載禁止](c)2ch.net
http://mint.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1476314848/

【南海電鉄アナウンス】 韓国ネット 「在日コリアンはこんな差別を受けてきたということか」 「日本に行くのはやめよう」 [無断転載禁止](c)2ch.net
http://mint.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1476329401/

【話題】しばき隊、サビ抜きの寿司に怒り「わさびテロの次は勝手にサビ抜きとは。ガキ丸出し」 [無断転載禁止](c)2ch.net
http://mint.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1476324657/

【話題】しばき隊「大阪を滅ぼして分割統治しましょう」 [無断転載禁止](c)2ch.net
http://mint.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1476155563/

【韓国】韓国人がハングルを恥ずかしいと感じる瞬間に、ネットも赤面[10/13] [無断転載禁止](c)2ch.net
http://mint.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1476324045/

536 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 12:55:20.29 ID:JYTiEu2j0
>>524
土木技術が上だから邪馬台国は畿内という考えじゃないから

537 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 12:55:53.17 ID:UaAdDmSrO
>>502
八女〜みやま市〜熊本は沼地じゃなくて山だよ
だから、八女が邪馬(山)台国で
有明海沿岸部(柳川の大和)〜三潴〜佐賀(大和)辺りが大和国だと考えている
全部が沼地だった訳じゃなくて、今も筑後、佐賀平野は水が豊富な農作に適した豊かな土地

538 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 12:55:59.75 ID:0RoXxFGg0
水行って海だけでなく川もあるからな

539 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 12:56:38.78 ID:JYTiEu2j0
>>528
前方部分も盛土してるのに参道だから無視するなんて都合のいい考え方はしないよ
両方含めて全長を測るよ

540 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 12:56:57.68 ID:CGURLBoT0
>>500
○○原って地名を地図でプロットしてご覧。きっとあなたの知らない面白い画像が得られるよ!

俺は日本語タミル語起源説は全く信じていないが、
サンスクリット語の「pur」が語源となっている説は十分にありうるとおもう。
リバプール、イスタンブール、シンガポール、ジョドプール・・・
集落や町を表す名詞は世界的に見て「pur」やそれに類する発音になる。
日本においても、蒲原、杉原、郷原、いろいろある。というか多すぎる。
国土地理院の注記データベースで調べると原丸地名は 10802件ヒットする。

で、○○原という地名を片っ端からマークしてゆくと、おもしろいんだこれが。
なんと主要集落を結ぶ膨大な数の街路に沿って存在するんだわ。

>日本全国津々浦々行くのに五街道だけで事足りるの?

伊豆半島の陸路がほとんどない、とかそういう話はわかるが、
主要幹線道路は基本的に今と殆どかわらないです。

541 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 12:57:01.16 ID:7UVgMPCr0
>>533
なんで噴火して危険な場所を通らなきゃいけないわけ?
おまえの脳内地図はどーなってんの?

542 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 12:57:15.44 ID:MXAWJvPO0
>>538
あるけど、川や湖で10日以上ってのも日本的じゃないだろ
結論先に考えると無理が出るよ

543 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 12:57:48.77 ID:bNuzOpoY0
>>534
高木彬光以外誰も提唱してないだろ、それw

544 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 12:57:58.34 ID:CGURLBoT0
>>510
なんか興味深いことをみつけたらぜひ教えてくれー。俺もきょうみでてきましたよ。

545 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 12:58:38.36 ID:JYTiEu2j0
>>540
長文を読む気はないけど
邪馬台国の時代から整備された街道がすでに存在しているという考え方はやめた方がいい

546 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 12:58:41.34 ID:7UVgMPCr0
>>542
おまえは変なキメ付けがおおいなー

547 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 12:59:13.69 ID:k+yZWBfb0
畿内と違って九州は田舎だから遺跡が見つかってないだけだと思う
開発されてない過疎地ばかりだもん

548 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 12:59:46.43 ID:hy5qXM110
畿内説を賛同する人達は、
邪馬台国は、いつ頃の事としているの?

古事記や日本書紀と比べた場合、どこに当てはまるのか考えてるのかと…
まさか魏志倭人伝のみで論争している訳無いよな?
神武以前なのか以降なのか?
・神武以前なら記紀に記されない問題点あり
・神武以降なら神武の話が嘘記述になる

どう説明するよ?

549 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 13:00:01.64 ID:bNuzOpoY0
>>541
お前の脳内地図こそどうなってるか是非書いてほしいんだが?

七万戸あまりの邪馬台国と、五万戸あまりのい投馬国が
「水路で20日」かかるが、実は陸路で繋がっているが噴火して危険だからと折れません、ってw

550 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 13:00:26.02 ID:UaAdDmSrO
阿蘇の噴火なんてめったにないし、有明海中心部は今も「水郷柳川」と呼ばれる川下りの名所

551 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 13:00:38.87 ID:7UVgMPCr0
>>547
ほんと馬鹿なこと言ってるね
いろいろ見つかったから九州説があるのに

552 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 13:00:42.79 ID:0RoXxFGg0
>>533
噴火は常にあったわけじゃないが
火山灰は積もってる陸路は危険なので通らなければ良い
川を通れば日数がかかることは想像できる
筑後川通って、有明海に出て熊本ぐらいが投馬国だろう

553 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 13:01:02.43 ID:JYTiEu2j0
>>549
海路の方が便利だったという単純な理由じゃね?

554 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 13:01:45.00 ID:MXAWJvPO0
>>552
そんな危険なとこに大きな国が
2つも近くに出来るの?

555 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 13:02:22.45 ID:7UVgMPCr0
>>549
なにいってるがわかんないが
不満なのは伝わった

556 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 13:03:06.40 ID:0E3fz7OL0
中国と貿易してた国が栄えたに決まっている。そういう意味では近畿では
無理がある。地理的に言って九州しかないだろ。

557 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 13:03:06.73 ID:CGURLBoT0
>>545
原・丸地名がいつのころまで遡るか、とか考えてみてからでも遅くないよ。
これなら読める?

558 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 13:03:08.72 ID:0RoXxFGg0
>>554
火がある

559 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 13:04:16.86 ID:JYTiEu2j0
>>557
わざわざ調べるのは面倒
お前がやってくれ

560 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 13:05:04.77 ID:ir8YtaXt0
>>548
むしろ古事記や日本書紀は応神天皇より以前はあやしくて
教科書にも載っていないからなあ

561 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 13:05:13.83 ID:7UVgMPCr0
だからさー国王と刻まれた金印が出てきてんじゃん
これこそ魏志倭人伝との合致でしょう

562 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 13:05:16.59 ID:ASqAl2Hg0
近畿キッズは根拠がないもんだからやたらと連投するね

563 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 13:06:21.90 ID:CGURLBoT0
>>559
はぁ・・・。どうぞお好きに。

564 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 13:07:12.58 ID:HskF8bVW0
火山とか言ってるからおかしくなるんだよw
当時噴火してねえだろw

565 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 13:08:52.97 ID:UaAdDmSrO
>>562
九州説の邪魔をするだけで、近畿説の根拠を説明しないよね
きっと近畿には邪魔台国があったんだろう

566 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 13:09:07.95 ID:iqeGYXB60
邪馬台国で食ってる文学部卒のエセ考古学者年収1200万円
九州で古代発掘研究所研究員の年収1000万円

定期的にちょろっと新発見流すだけでリストラされずぬくぬく研究できます
独立行政法人だけど縁故がないと入れません

567 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 13:10:11.93 ID:0RoXxFGg0
噴火はなくとも火山近郊の恵みは絶大だ
馬の国で火の国と言えばどこか分かるだろう

568 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 13:11:39.53 ID:MXAWJvPO0
>>566
もう大学で九州説を唱えてる人は居ないんだな
まぁ当然か
論文提出があるのに、邪馬台国なんて決まった事にいつまでも付き合えないだろうし

569 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 13:11:48.45 ID:7UVgMPCr0
なるほど、あいつ馬鹿だから
九州全部噴火してると思い込んでたんだ
あほだな〜

570 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 13:13:51.69 ID:VsvDnp9KO
>>536
巨大な建造物は戸数の多い国だからこそ出来る工事なんだけどね。

571 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 13:14:28.07 ID:0RoXxFGg0
当時の火は、今よりもはるかに価値のあるもの
火のあるところに人は集まるのは当然

572 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 13:15:31.25 ID:oZsiqs5N0
小岱山周辺(大牟田・荒尾・玉名)、熊本に鉄器出土が集中してるってのは気になるな。
そう言えば今でも刀鍛冶が多い地域だよ。

地理的になぜここなんだ?

573 :218.231.114.249.eo.eaccess.ne.jp:2016/10/13(木) 13:16:56.60 ID:1pW5q1kh0
まきむき遺跡は、東征後の建設だな。
卑弥呼の遺跡なら、160年にはあるはず。
巻向の古い遺跡は、竪穴式の遅れた集落。
伊勢神宮の祭神オオヒメとトヨヒメが魏志倭人伝の卑弥呼だな。
もうこじつけばかりの不毛な論争はやめろ。

574 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 13:17:42.95 ID:6vahir020
>>571
それは、奴国で邪馬台国ではないわな。
大和時代の儺県(なのあがた)で福岡付近でOK。

575 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 13:18:06.95 ID:0RoXxFGg0
>>572
阿蘇の恩恵だよ
炊く必要のない火があったのは大きい

576 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 13:19:50.25 ID:UaAdDmSrO
>>572
鍜治屋町に秘密があるのかも

577 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 13:21:54.18 ID:YUfHlkQK0
>>256
それなんて漫画?

578 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 13:22:21.09 ID:VsvDnp9KO
>>547
奈良なんて新幹線も地下鉄もない殆ど手付かずな場所なんだが。
だから葛城地方を少し掘っただけで
西日本最大級の弥生水田跡が見つかったりしてる訳だよ。

579 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 13:22:32.02 ID:8MXICSPn0
もし九州から畿内に遷都したのなら、畿内の言葉にもっと九州弁が混じってもいいと思うが、そうじゃないね。

580 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 13:24:25.47 ID:oZsiqs5N0
>>575
火山と言っても火はないし。
火山に鉄ぶっこむわけないし。

だいたい阿蘇はそこから百キロとか遠いし。
あるのは温泉くらい。

581 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 13:25:52.60 ID:a9avz14a0
>>572
1~3世紀頃、日本では朝鮮半島から粗鉄塊や鉄鉱石を輸入してた
と魏志の東夷伝弁辰条ってところに書いてある
まだ日本では鉄を得る手段が無かったみたいだな
輸送を考えると朝鮮半島に近いところに製鉄施設を作るのは妥当

582 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 13:28:38.09 ID:VsvDnp9KO
まぁ金山媛、金山彦神社自体の大元は九州ではなく
畿内の信貴山にあるんだからな。

583 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 13:29:54.68 ID:6vahir020
まあ、佐賀のど田舎に金かけてテーマパーク作っちゃったから、
それ以外、観光資源がないんで必死なんだよ。
僻地なんで安く建物が立つし。

佐賀なんて見る所なだろ??
福岡ぐらいだと良かったんだが大人の事情だな。

584 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 13:30:59.13 ID:MNamqDEL0
帯方郡から万二千里ということで畿内ではない。
南へ水行二十日とか、南へ水行十日陸行一か月は、和人の単位であり、
どちらも伊都国を起点としたものと考えられる。
陸行が水行に続くものとすると遠すぎる。水行なら十日、陸行なら一か月とするならば納得できる。
水行十日+陸行一日でも納得はできる。
狗邪韓国はカヤであろう。
とすると狗奴国はカナ国なのかもしれない。日向族?かもしれない。

585 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 13:31:30.10 ID:qyspIlwj0
・東夷伝の「里」は全て短里なので畿内説はどう頑張っても無理>>60

・伊都国は糸島ではないので伊都国は有明海に抜けるルート>>79

・里数が日数になるのは矛盾してるので邪馬台国の行程も疑わしい>>120

・「径百余歩」は倭国の単位なので実際の冢の大きさは不明>>137

この4点は邪馬台国論争に参加する人は当然知っておくべき基礎知識で、
知っていれば、邪馬台国は熊本の可能性が高いとわかる。

多少の測量誤差はある事を考えると、宮崎あたりも可能性あるが、
論争になるとしたらそれぐらいだろう。

586 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 13:32:22.96 ID:0RoXxFGg0
>>580
火の国とはすなわち肥の国
肥えた大地には人が集まるのは当然

587 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 13:33:15.38 ID:DcuskbJS0
>354
>スサノオはオオケツヒメに料理を作れと命じたら鼻から食材がでてきたんでスサノオはブチキレて切り殺した
>しかし、オオケツの体からは稲が生えてきた
>これが稲作の起源

これは、スサノオが稲の種と、栽培方法を略奪したということを暗示(銘字)している。鼻から食材が出てきたというのは、
自分の体調が悪いというか、噛み方が悪いので、言いがかりであるから、美味い米を奪うための方便である。別の種族が、
稲作(水田工作の技術。田植え。水遣りの時期。ジャンボタニシがいないので、合鴨もいないので、雑草を抜くという手立て
とか、合作、稲刈りの作業のノウハウの奪取を謂、完全に文化を乗っ取ったと言いきっている。)
  騎馬民族的な狩猟採集からの転換である。米は、米本位制になるほど金融的な貨幣価値があるため、重宝する。十三穀、
稷、粟、稗、高粱、麦、蕎麦、栗、椎の実、ドングリ、そういった食物とは違う革命的な作物である。

一般には、特許ないし知的所有権を奪取するのは、 BIT COIN の事件にせよ、事件を捏造して、権利を奪う方法を使うのである。

588 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 13:34:06.27 ID:OhNcPBYb0
九州説は、学会で認められてないからこんな便所の落書きでぎゃあぎゃあ吠えるしかない。
逆に畿内説は学問的に定説だから、こんなところで必死に反論する必要がない。
2ちゃんwで九州説が元気良いのはこういう理由。

589 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 13:34:26.46 ID:10/i5uiFO
>>48を見れば分かるように、畿内の古墳を詳細に研究した学者が、
邪馬台国ではないと言っているのだから畿内はノーチャンス

590 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 13:36:10.52 ID:XuFEOhXs0
特別公開
日頃明朝体や2chのMSPゴシック体ばかり見ているオマイラに
隷書体の十八史略序文を見せてやる。ありがたくダウンロードしろ。
http://fast-uploader.com/file/7031887799533/
隷書体は楷書体ゴシック体に近いけどあちこち違う書き方をするから
漢字を誤認識することもある。図書館へ行けば明朝体の序文を読むことが
できるから比べて見ればいい。

宋版の倭人伝の元になった三国志の種本はこういう隷書体の筆書本で
もっと読みにくかったかも知れない。だから版木を彫ったり
活字化する時に誤字も沢山あっただろう。

591 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 13:36:20.99 ID:0RoXxFGg0
>>588
学会が糞なだけ
地震学会も地震は予測できないと言った学者はつまはじきされてる
学会が正しいのではない真実が正しいのだ

592 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 13:37:13.37 ID:DcuskbJS0
>528
>あくまで棺を納める大事な円墳とその参道だった認識があっても不思議ない

円墳と方墳の合体だから、まったく違う文化の合流を、合体を意味する。文化の合体を主要要素とする種族の性格を示している。
つまり、完全なる膨張性格である。

593 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 13:37:38.24 ID:MXAWJvPO0
>>591
素人はあくまで素人だぞ

594 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 13:38:03.07 ID:C+cdK+Kc0
帯方郡から一万二千里
東に海があり、その千里先に四国

宇佐で決定ですから諦めなさい

595 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 13:38:40.00 ID:ElPzdH0Z0
こんな無茶苦茶な古書をあてにしている時点でアウトだろ

596 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 13:38:54.76 ID:0RoXxFGg0
>>593
真実はどこにでもある

597 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 13:39:20.45 ID:ZNd8cl5G0
邪馬台国に至る行程の確度がどれほどのものかがわからん
なんであんな遠いの

598 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 13:40:03.03 ID:3pxuCAkV0
>>585
短里>願望
ルート>願望
疑わしい>同意
倭国の単位>願望

三行目以外は知る必要のない基礎知識

599 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 13:40:17.49 ID:C+cdK+Kc0
>>597
末盧国から二千里で東側が海は宇佐しかない

600 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 13:40:54.42 ID:6vahir020
歴史のある時期に大陸への玄関口として一時期だけ
佐賀が栄えたという事実があるだけだなあ。

首都的な機能は、その時代から奈良にあったのは確実になってきている。
日本中の地方からの土器が一箇所から出土してるからね。
つまり、各地から移り住んで、自分地域のやり方で小規模に土器づくりを
しているわけで、九州からの土器や東北からの形式の土器も奈良の土で
焼かれている。
そうすると、大和と大宰府の関係が昔は佐賀が玄関口だっただけで、
一番、自然。

中国の史書が、日本の中央権力について知ってたか、
九州あたりの土着の政権しか知らず、そこが日本の中心と誤解してたか
によるな。
日本が南北に長いなんてチャンコロは知らんかったからな。
後漢書が日本の代表政権として書いてる奴国は単なる九州の地方政権だったし。
そのあたりで記述に混乱があるんじゃないの?

601 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 13:41:17.56 ID:MNamqDEL0
もしかして、古代の暖かい地方では年に2回米を作っていたのかな。
だとすれば年に2回年を取ることになって、年齢が2倍になるのかも。
畿内では年齢が1年にひとつ。九州では年齢が1年にふたつ。
なんとなく納得できてしまったw 日本書紀の年齢が読み解けるな。

602 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 13:41:21.78 ID:l3W9QprS0
俺の知ったところ

卑弥呼とイヨ卑弥呼の2人いて
前者はナ国にいて後者は大和盆地の邪馬台国にいる
クナ国の王ひみここは卑弥呼の弟だ 陳寿の混乱でなぜか間違った
というかそもそもクナ国などという国はなく ナ国の王だ

603 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 13:41:21.96 ID:w1GA3KgS0
もう、やめたい僕!

604 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 13:41:41.02 ID:0RoXxFGg0
>>597
伝聞の水行に川を使用してると考えられる
日数のところは方位も分かったもんじゃない

605 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 13:42:00.22 ID:VsvDnp9KO
宇佐なんて新しすぎな物しかないしな。
それに七万戸の国なんて有り得ないので論外だよ。

606 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 13:44:45.66 ID:MNamqDEL0
宇佐は「宇佐い」の語源かも

607 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 13:46:16.95 ID:C+cdK+Kc0
>>605
宇佐神宮周辺は古墳が900くらいある密集地
福岡南部から大分で七万戸は余裕
金銀勾玉絹のような畿内に無い財宝もザクザクあるし

608 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 13:48:51.37 ID:VsvDnp9KO
>>607
邪馬台国は三世紀の国、宇佐なんて話にもならんわw

609 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 13:49:19.05 ID:j8XyCklV0
江戸時代首都は京都だったけど、外国人は江戸が首都だと思ってるはずだ

610 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 13:50:28.55 ID:qyspIlwj0
>>584
まず、投馬国・邪馬台国は行程ではなく位置情報を記した別の文献で、
陳寿が行程だと勘違いして追加してしまったと考えられる。

つまり、
「投馬国は南へ船で二十日行った所にあります」
「邪馬台国は南へ船で十日行って歩いて一月行った所にあります」
という文章があったと考えるわけだが、
この場合、帯方郡治からの所要日数と解釈するのが自然だ。

例えば、ロサンゼルスに滞在中の日本人記者が、
「ニューヨークは飛行機で○時間行った所にあります」
と書いた文章があった場合、
「これはロサンゼルス空港〜JFK空港の所要時間だな」
ではなく、
「これは成田空港〜JFK空港の所要時間だな」
と思うだろう?

611 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 13:51:18.10 ID:qyspIlwj0
>>598
こちらは客観的根拠を挙げているので、
主観的に否定しないでもらえるか?

612 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 13:51:20.62 ID:oZsiqs5N0
>>581
有明海だよ?
近くないから不思議がってるわけ。

613 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 13:51:37.23 ID:TAW5yEpR0
短里否定派ってどの部類の人だろ

東夷伝全般の位置否定してるのと一緒
畿内説でも九州説でも短里で問題ない

理解できん

614 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 13:52:22.42 ID:C+cdK+Kc0
>>608
神武も最初に宇佐に行くほど重要な場所
宇佐神宮の古宮の大元神社がある身許山の山頂には男子禁制の古代祭祀場の磐座もある

615 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 13:52:40.02 ID:0RoXxFGg0
投馬国、邪馬台国までを日数表示にしてるのは、
奴国の官が魏の使者に伝えて投馬国まで行くことを勧めなかったから
なぜ勧めなかったか。
阿蘇山があって道程が厳しいことを知っていた。
魏の使者も阿蘇山の方角を見てあの火山を超えるのかと躊躇したからだよ。

616 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 13:52:58.77 ID:a9avz14a0
>>601
紀記の最初の天皇が軒並み寿命100歳超えの理由か

ただ二毛作が始まったのは平安時代中〜後期とされてる
明確に文章に出てくるのは鎌倉時代だったはず

617 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 13:53:46.37 ID:TAW5yEpR0
>>581
鉄を取ってたって書いてあるだけだよね?
製鉄所は朝鮮半島にあったよ

618 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 13:55:04.01 ID:6vahir020
>>609
つか、すでに戦国時代、日本での布教の許可を得るために
苦労してフロイスが天皇に会うために京都にまで行ってるからそれはない。

619 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 13:55:08.96 ID:C+cdK+Kc0
>>616
当時は陸稲と小麦の二毛作が主流

620 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 13:55:19.85 ID:oZsiqs5N0
とりあえず鉄鉱石の利権得るために半島南部を占領してたわけだしな。

621 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 13:55:23.69 ID:0RoXxFGg0
これでお分かりだろう
魏の使者はなぜ邪馬台国まで行かなかったか
阿蘇山があったから。

622 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 13:57:13.74 ID:M/w+9djq0
奴国の中枢部であった比恵那珂遺跡や貿易特区のような場所であった西新町遺跡から畿内系の土器が大量に出てるのだから
邪馬台国論争は終わっているのも同然
>>320のレスは九州説にトドメを刺しているが意味も理解できず中傷でしか返せないのはただの知識不足
北斗の拳ではないが九州説のやつらに対して言ってやりたい
「おまえは自分が死んでいることに気づいていないのか?」

623 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 13:57:41.73 ID:V7HSRVLW0
ニホンジンは

そがいるかの イタイが うるられておる
くろかみしまをば バクハクッサク するの 

やめて呉ださ〜い。

624 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 13:58:21.94 ID:/RRjXAiZ0
わざわざ近畿まで行くの面倒くさいだろ

625 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 13:59:05.55 ID:nbIqWpOj0
>>614
宇佐なら、舟でいくだろ
港の歴史は調べたのか?

626 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 13:59:31.65 ID:ZgOJH2L20
>>581
備後の小丸山製鉄遺跡はAD200年代じゃなかったっけ?

627 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 13:59:55.80 ID:08+iacx30
少なくとも魏志倭人伝に書かれているのは九州だろ

628 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 14:00:50.23 ID:WwnElYYj0
>>308
日本書記には、神功皇后が田油津媛という九州で大勢力を持っていた土蜘蛛一族の女王を倒した
というはなしがちゃんと書かれている、彼らは山門を本拠地として女王に率いられて九州を制覇して大勢力となり
大和に従わなかった、神功皇后は兵を率いて海側から上陸した物の反抗にあい、激戦となったが決着がつかず
一番鶏が鳴くまでという取り決めで休戦中に女山の大砦を強化している蜘蛛一族にたいして
傘を叩き合わせ鳥の鳴きまねをして慌てさせ、虚を突いて攻めるという武内宿禰の謀略が功を奏して
土蜘蛛軍は潰走、その女王を討ち取ったと書かれている、
この土蜘蛛の女王こそが田油津媛で、夏羽という兄がいたがこの田油津媛が女王の座についていた
田油津媛のたぶらつとは術を用いて民衆を「たぶらかす」という意味とされ、鬼道を用いて衆を惑わすという
卑弥呼の記述に一致する、また田油津媛はそのまま「たゆつひめ」とも読め、邪馬台国の
二代目女王の台与=トヨとも一致する、なので邪馬台国とは九州の大勢力だつた山門(ヤマト)国のことで
卑弥呼亡き後に即位した台与の代で近畿から攻め下った大和の軍に滅ぼされた、こう考えるとすべてのつじつまが合う
おそらく近畿の大和は邪馬台国以前に九州から近畿に移った勢力だったのではなかろうか

629 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 14:01:03.75 ID:MmhbQPUV0
ホントは畿内にあったけど場所を知られちゃまずいから出張所を九州に作ってそこを対外的には邪馬台国って事に当時からしてたんだろ

630 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 14:01:57.32 ID:C+cdK+Kc0
財宝だらけの卑弥呼の時代に鉄器すら無く桃の種くらいしか出土が無いド田舎の奈良

631 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 14:02:04.78 ID:nbIqWpOj0
>>621
阿蘇山だけじゃなく、山越えはしんどいもんさ
ごたごた言わず。山に登ってみろ。

632 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 14:02:55.70 ID:nbIqWpOj0
>>630
未だに発展してない奈良だもん。

633 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 14:03:03.09 ID:3CTEmiHa0
北九州北部から繁栄が始まったのは確かなんだよなあ。そこから畿内へ行った
なら瀬戸内海沿岸地域や大阪辺りの描写が無いのはおかし過ぎる。普通に侵略
を警戒して超おおざっぱに言ったのかもしれないが。

南(行)して、邪馬壹(臺の誤り)国(やまとこく)にいたる。女王の都とするところである。
水行十日、陸行一月である。

方角の書き間違いはないだろう。対馬と壱岐は合ってるんだから。それに嘘も教えないだろ
う。南と東では簡単に嘘がばれる。誤魔化すとしたら水行十日、陸行一月の部分だな。対馬
から壱岐までが千余里で、(帯方)郡から女王国にいたるのに一万二千余里ある。と書いてあ
るのだから、方角は南とすると、書いてある通りに解釈すると九州のかなり南部だな。つま
り使者に嘘をついたのだろう。

634 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 14:03:18.26 ID:ir8YtaXt0
>>628
そのころの日本書記の記載は疑わしいので
教科書でも出てこない
根拠には使えないだろう

635 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 14:04:01.79 ID:/RRjXAiZ0
高千穂あたりだろう

636 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 14:04:17.17 ID:XuFEOhXs0
>>585
>里数が日数になるのは矛盾してるので邪馬台国の行程も疑わしい

延喜式より少し遅れて編集された和名抄には京都から各国の国府までの
移動の日数が書いてあるわ。
例えば伊豫國(小さい字で)國府在越智郡行程(改行)上十六日下八日
土佐國(小さい字で)國府在長岡郡行程(改行)上三十日下十八日

ところが九州諸国は行程の記述が無い。
筑前國(小さい字で)大宰府並国(改行)府在御笠郡
筑後國(小さい字で)國府在(改行)御井郡
九州は行程など書いても当てにならない特殊な扱い、見捨てられた存在
継子(ままこ)扱い

637 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 14:04:38.29 ID:C+cdK+Kc0
>>625
北九州は最強海賊の宗像がいたから
邪馬台国勢力で繋がっていた日田英彦山の山岳越えするしかなかった

638 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 14:04:58.26 ID:nbIqWpOj0
>>628
蜘蛛は、久留米、八女のことか。

639 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 14:05:19.89 ID:VsvDnp9KO
>>614
それの何が邪馬台国と関連があるんだよw
だったら神武は何の為に「ヤマト入り」したんだ?
そこが邪馬台国だからじゃないの?

640 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 14:05:37.77 ID:WwnElYYj0
>>633
当時の大阪は殆ど海と河内湖だったけどな

http://www.mus-nh.city.osaka.jp/tour/vt_0/07_5.html

641 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 14:06:12.61 ID:Qk6iJDLI0
>>616
古代の効率悪い稲作で二毛作なんてやっても播種量と収穫量考えたら採算とれんよ。

古代人が長寿だったのは腹八分目医者要らずしか考えられん

そてに穀物と魚と海藻のバランスでも良かったんだろうよ

それにしても和人の使者はなんであんなに腹が出ていて不細工に描かれていんだ
ありゃ〜どっからみても下僕の下だろ〜
邪馬台国にはあんな男しか入れなかったと思った方が間違いないw

642 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 14:06:21.37 ID:Dpc7c3jW0
>>621 622
おまえの馬鹿なんだから
あんまチョーシにのらないほうがいいぞ

643 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 14:06:39.32 ID:M+ObHAqi0
世界中で次々と文明が栄え巨大国家が覇権を争い巨大建築物や優れた芸術作品を作ってた頃も
相変わらず穴蔵で生活してどんぐり拾い食い泥こねて壺作ってたクソジャップwwww

644 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 14:07:18.79 ID:Pw2Ed6w20
畿内説なんてネタだろw 地頭(じあたま)のいい人間は端から相手にしていない。

645 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 14:07:25.87 ID:MNamqDEL0
蜘蛛が八女の隠語であるとすれば納得できるなぁ。

646 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 14:07:46.17 ID:WwnElYYj0
>>638
どうなんだろ、当時は大和に服属しない、所謂まつろわぬ民をまとめて土蜘蛛と呼んでたみたいだしな
なので本によっては田油津媛を熊襲の女王としている場合もある

647 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 14:09:29.16 ID:7UVgMPCr0
>>642
きっとその劣等感があるが故の自演行為なんだろうな

648 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 14:11:02.04 ID:j8XyCklV0
「台与」は神主の職位や呼称のことかも

649 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 14:11:49.34 ID:8MXICSPn0
九州は対大陸のバッファーだったんだろうと思う。大和本体は瀬戸内海の突き当りにある。幸いにも九州アイランドの住民は自己主張が強く郷土意識も強い。
おだてておけば大陸人に対して、いかにも自分達が大和のコア階級だと見栄を張るに違いない。それでいいのだ、それが大和の大陸に対する戦略なのだ。
という深慮遠謀だったろう。

650 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 14:11:53.06 ID:a9avz14a0
>>612
奈良よりは圧倒的に近いと思うんだが?

>>617
まあ最初は鉄製品を輸入してただろうがな
3世紀には製鉄所の遺構がでてくるよ
でも鉄鉱石や砂鉄を取った形跡は出てないんじゃなかったか?
ってことは鉄の原料を輸入してたって事だろ

651 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 14:12:02.76 ID:0RoXxFGg0
>>633
里で詳細に書いてるものが突然日数になってるんだぞ。
魏の使者の気持ちを悟ってやれよ。

奴国(大宰府?)から一番でかい国へ行こうとしたときに、止められたんだよ。
あの山(阿蘇山)の向こうだから危ないよ。
この川(筑後川)下って20日ぐらいかかるよって。

魏の使者も阿蘇山見て納得したんだよ。
あれ超えるのはあぶねえな。って。

652 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 14:12:13.49 ID:qyspIlwj0
>>636
太宰府は国家戦略の重要拠点だし、
肥後国は古代から大国とされているし、
見捨てられてはいないと思うが。

653 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 14:12:24.45 ID:UaAdDmSrO
>>581
八幡製鉄所あたりかな

>>61
>>402
解った!バビロン捕囚だ
メソポタミア文明は、稲作に有利な(C)チグリス川と(Y)ユーフラテス川の間に栄えた
(C)筑後川と(Y)矢部川の間に栄えたのは、稲作が盛んな大和の国で
水路である“水の都バビロニア”が“川下りの水郷柳川藩”

ということは、
大和民族はやっぱり、強制連行された初代ユダヤ人なんですね(`・ω・´)キリッ

654 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 14:13:54.98 ID:6vahir020
>>624
まあ、邪馬台国って一度しか出てないし、それ以外は「女王国」だからねえ。
日本の天皇は、一応、男系が基本だし、
記述を見るとシャーマン政権だしね。

歴史の中で消えた、九州のどこかの弱小政権じゃないかな。

白髪三千丈の国の言うことだから、まともに捉える必要もないん
じゃないかい。
古代ギリシャ人ならともかく、シナ人は科学的な数字の記録に関しては
無茶苦茶だぞ。

655 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 14:14:50.38 ID:C+cdK+Kc0
>>639
邪馬台国は狗奴国に攻められて魏に仲裁を頼むようなレベルなのに奈良から魏に助けを求めるのか?

656 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 14:17:08.68 ID:Oojul0pL0
邪馬台国があくまでポッと出の一地方勢力かどうかでしょ?
大和がその後継なのか糾合したのか、問題はむしろそこだけじゃね?
いずれにせよ大和政権が「日本の」根幹なのは事実だし

ぶっちゃけ邪馬台国がどこか?よりも
どこが大和となったか?の方が本質に近いと思うんだが
もし邪馬台国が大和の前身でないのならその価値は間違いなく激減するしな

657 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 14:17:08.81 ID:z+JlPI780
>>628
最後だけが意味不明
最初から近畿の勢力だろ
何で九州発にするんだよw

658 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 14:17:55.85 ID:Qk6iJDLI0
考えても見ろよ九州ちゃ船乗りの国だろ〜

今も昔も船乗りが陸に上がってすることなど同じ

陸に上がって酒飲む時にゃ何時も気が合う恋敵

胸の谷間にチンこを挟み上下左右に揺さぶりながら

当時の航海は命懸けだったんだよ、陸に上がった時くらい嵌め外すさ

659 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 14:18:06.48 ID:WwnElYYj0
>>657
神武東征の説明のつもりだったんだが蛇足だったか

660 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 14:20:10.25 ID:ir8YtaXt0
>>659
神武天皇が実在したと思うの?

661 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 14:20:10.41 ID:z+JlPI780
>>659
それなら出雲から奈良で良いんじゃないの?

662 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 14:20:51.39 ID:z+JlPI780
>>660
いや、モデルとなった話はあるだろ
桃太郎ですらモデルがある

663 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 14:22:27.42 ID:z+JlPI780
まあ九州で力持ってた呪術ババアの国なんて
近畿の天皇国にすりゃゴミみたいな国なんだわな
九州土人の地位は向上しない

664 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 14:22:38.11 ID:qyspIlwj0
>>633
伊都国から邪馬台国まで約1500里(約120km)だが、
直線距離ではなく道なりに測って120kmだ。

しかも、当時の道は今より曲がりくねっていたので、
直線距離の1.5倍ぐらいになるんじゃないだろうか。
(現代の道は直線距離の1.3倍程度)

つまり、書いてある通りに解釈しても九州中部までしか行かない。

665 :erisuMkII:2016/10/13(木) 14:23:30.80 ID:MoEGAAVW0 ?2BP(1000)

昔の漫画で邪馬台国は異次元に有った言うてたけど
邪馬台国なんてもうどこでもいい

666 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 14:23:49.85 ID:C+cdK+Kc0
桃太郎は邪馬台国勢力や出雲瀬戸内勢力を従えて東征した崇神のこと

667 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 14:24:25.58 ID:oZsiqs5N0
>>650
あたりまえだ。
奈良よりは近いが、博多あたりよりずっと遠い。
水ルートなら回り道だから、博多から尾道くらいの距離あるぞ。

なぜそこに?と言う疑問になる。

668 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 14:28:01.22 ID:l3W9QprS0
中国の史書じゃ信長が関白になってるからな
勘違いで記述してることが多い
その勘違い部分までこっちで勘案してやらなきゃ読み解けない

日本の情報はリアルタイムでも陳寿のモノに届いてた
そして時系列も空間配置も知らない国のことでぐちゃぐちゃになった
出来事の順番もでたらめになった。

669 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 14:28:59.87 ID:6vahir020
後漢書東夷伝の方は、テキスト史料と金印という考古学史料が
結びついた稀有な例。
志賀島の金印が本当に本物ならな。

魏志倭人伝の記述が信頼できる考古学的根拠は何もない。
「倭」という言葉も、「東のチビの蛮族」ぐらいの意味で、
朝鮮半島や酷い場合は中国から見た東の海側も入るからな。
徐福伝説に見られるように実在の国かどうかも分からなかった。

九州じゃなくて済州島あたりに上陸して日本だと誤解して
書いたのかもしれんし。

670 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 14:30:03.88 ID:nbIqWpOj0
>>645
蜘蛛の足は8本、八女の蔑称でもしっくり

671 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 14:30:55.92 ID:fr8fvvz+O
大和朝廷が成立して東海から九州まで統治してるのにヤマタイとか言う国が有るわけねーだろ。普通に考えれば支那の使者がヤマトを聞き違えたか書き間違えたか意地悪で変な文字を使ったかだよ。

672 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 14:32:37.87 ID:l3W9QprS0
中国の史書じゃ 秀吉は関白の信長に仕えた中国出身の薩摩人の奴隷で木の下で寝てたから
木下秀吉なんだとよ

そんなもんだぞ。

673 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 14:32:47.20 ID:SwaBiFBo0
倭人伝の記述をみる限り、一万二千里というのは女王国までの距離
女王国と邪馬台国では女王国という記述が多いし(邪馬台国は水行陸行の箇所のみ出てくる)
かつ邪馬台国は女王の都という書き方なので
女王国は服属させてる国々を含めた表現で、邪馬台国はその首都的な扱いなのかも

674 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 14:34:07.02 ID:HO7dqPng0
>>672
しかし夏王朝も商も実在していたという信頼性。

675 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 14:35:48.60 ID:VsvDnp9KO
>>655
奈良に中国人が金より価値有りとする
丹があるならほっとかないだろ、当然の事。

676 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 14:36:12.99 ID:7t1qM7bv0
そんなことより俺はイヨだかトヨだかがどんくらい可愛かったか知りたいんだよ!!

ヒミコはまあブスだったんだろうけど

677 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 14:36:13.18 ID:6vahir020
>>671
そもそも大和朝廷が3世紀に存在していたのか、
「大和」という呼称が既にあったのかどうかすら全く分からん。
文字の無い時代だからな。
統一政権がいつ出来たのかも謎。

音が似てるからヤマト=邪馬台国だというのは江戸時代の
国学の学説だな。

678 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 14:37:58.78 ID:qyspIlwj0
>>654
数学の発達度合いは円周率を見るのがわかりやすいと思う。

中国では5世紀に小数点以下7桁まで求められていたが、
これは15世紀にインドで小数点以下10桁を求めるまで世界記録だった。

ちなみに、西洋では15世紀でも小数点以下3桁止まりだった。

古代中国は数学も含めて世界一の科学技術だったと思うよ。

679 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 14:40:35.35 ID:je7q8dsz0
つーか、伊都国からだと帯方郡も奈良も大して変わらないなー。末盧で船を降りて伊都国にいくレベルだかんなー。畿内は別の国。

680 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 14:41:28.65 ID:MXAWJvPO0
>>678
円周率って3.14までで十分なんじゃなかったけか?

681 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 14:41:57.26 ID:qyspIlwj0
>>673
「女王国」は邪馬台国を指したり倭国全体を指したり、
あまり使い分けはされていないが、
「帯方郡から女王国まで万二千余里」というのは、
明らかに邪馬台国までの距離。

「倭国までの距離」は狗邪韓国までの七千余里だからだ。

682 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 14:42:15.30 ID:oZsiqs5N0
>>677
弥生は呉越から来てるのに、文字が無いわけないよ。

文字を操る者が少数であまり残ってないだけ。(掘られた文字が少数あるにはある)
文字が途絶えた可能性もあるけどな。

683 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 14:43:16.70 ID:6vahir020
>>678
そもそも古代中国文明はインド文明のパクリだからな。
そして、唐代からコンスタントに猿に戻ってるのが中国なわけだ。

684 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 14:43:32.47 ID:MXAWJvPO0
>>679
畿内か九州かはともかくとして
関門海峡が秀吉の時代でも、秀吉の乗った船が座礁するくらいの難所
故に関門海峡の部分は歩いても不思議はない

685 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 14:43:33.76 ID:S/MeH4ye0
邪馬台国を大和政権が滅ぼして大和と名乗ってなりすましたんじゃないかな

686 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 14:43:47.26 ID:ir8YtaXt0
>>677
大和王権の最初は豪族の話し合いのようだから
世襲制でなくその都度話し合いで王を決めていたかも
大和朝廷と呼ばれるしっかりした組織になるのは先のことで
それらが呼称で大和時代が古墳時代と飛鳥時代に分かれるようになった一因

687 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 14:44:04.48 ID:ZgOJH2L20
>>680
3.14で十分って、誰にとって十分なんだ?

688 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 14:45:31.91 ID:MXAWJvPO0
>>687
忘れた
建物等を建てる時じゃね?

何かそう聞いた記憶だけ残ってる

689 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 14:48:17.60 ID:alDkXsSA0
卑弥呼が二人居たんじゃね?
権現さま、稲荷神社、護国神社が
各地に有るのと一緒だよ。

690 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 14:48:25.29 ID:YdTiQJfZ0
>>685
なりすましたとは人聞きの悪い。邪馬台国を狗奴国が継承したと言いなさい。詳しくは裴世清に聞いて。

691 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 14:48:26.73 ID:3CTEmiHa0
対馬国
(帯方郡から)七千余里にして、はじめて一海をわたり、千余里で対馬国にい
たる。
南(行)して、邪馬壹(臺の誤り)国(やまとこく)にいたる。
(帯方)郡から女王国にいたるのに一万二千余里ある。


とあるのでソウルから対馬の真ん中を通して測ったら熊本市あたりになった。
畿内なんてどうやっても届かない。多少東西にずれるかもしれないが。水行十
日、陸行一月っていうのは朝鮮半島と九州の分の陸行を合算したんじゃないの。

692 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 14:48:39.04 ID:qyspIlwj0
>>680
実用的にはそれで十分だったから西洋では発達しなかった。
そこから先は知的探究心、数学に対するこだわりの強さだ。

三国志が書かれる少し前の時代に、
広域地図作成法や三角測量法などの技法が確立しており、
三国志がやけに測量情報にこだわっているのは、
その影響があるんじゃないかと思っている。

693 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 14:49:03.56 ID:1nUU3WqW0
台与=田油津媛説は面白いが、トヨとタユは読みが違うような。
個人的には遷都説を取っているので、台与=豊鍬入姫命と考えている。
彼女が笠縫邑を奈良におき、あたりの地名を故郷になぞらえてヤマトとした。

694 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 14:51:09.85 ID:oZsiqs5N0
入り口が難解な湾と山地に囲まれた鉄壁の守りがある豊な平野
久留米から熊本あたりあったと仮定すれ、水でも陸でも行ける。

そして機密事項なので表玄関の九州北部では詳しくは教えなかった。

船で行けば十日、歩けば一月近くかかるよ。と教えた。

695 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 14:53:04.04 ID:MXAWJvPO0
>>694
鉄壁な守りと豊かな平野を持ってる割に
その後の歴史でパッとしないのは何で?

696 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 14:54:22.67 ID:ir8YtaXt0
>>1
の記事だと魏志倭人伝の行程を議論するのはもう時代遅れで
考古学的資料で議論するのが今の主流じゃないのか

697 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 14:55:10.32 ID:oZsiqs5N0
>>695
のんびりし過ぎたんだろ。

698 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 14:56:37.64 ID:Ij/qYfKR0
>>695
磐井まではイケてたのになー。(遠い目)

699 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 14:57:08.25 ID:MXAWJvPO0
>>696
それだと九州説の素人が参加出来ない

700 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 14:57:48.52 ID:MUXfJuLT0
そりゃ九州じゃ無理があるわ
岩手なんだから

701 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 14:57:50.44 ID:6vahir020
邪馬台国が、歴史の中で消えた、九州のどこかの弱小政権
だとしても、九州の中のどこだったか揉めて結論が出ないわけだろ?

>>682
>弥生は呉越から来てる
はいはい。wwww
まず、呉なのか越なのかはっきりしろ。
で、両方共、漢字文化圏だが弥生時代に漢字使ってたって主張か?
じゃ、弥生時代の遺跡から漢字が記されていた
考古学的な遺物が発見された証拠を出せないと単なる妄想・憶測だな。
文字って漢字なのか?それともホツマ文字みたいな前日本文字が
あったって話か?

702 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 14:59:06.24 ID:UaAdDmSrO
>>695
明治政府〜GHQ指示の歴史の嫌がらせでしょ

703 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 15:00:33.78 ID:qyspIlwj0
>>701
基礎知識を持ってない人が多いから揉めるんだよ。
>>585を知っているかどうかの問題。
知っていれば何も揉める所が無いよ。

704 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 15:01:55.77 ID:oZsiqs5N0
>>701
越の方も日本へ来てると思うが、正確にわかるのは呉だよ。
呉の太白の後裔と名乗ってるし、それがまったく疑われていない。
当時の大陸人を信じさせるだけの信憑性があったわけだ。

705 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 15:02:17.23 ID:loWWhloi0
>>650
製銑までを朝鮮でやり
鉄の塊を輸入して日本で加工してたんでしょ
それが一番輸送方法として楽

朝鮮半島に倭人の製鉄所が発掘されてるよ

706 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 15:04:16.94 ID:MXAWJvPO0
>>705
船どうしてたんだろ?
さすがに輸入は日本の船使ってんだろうし

707 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 15:06:03.53 ID:LrX+XyFl0
百体の奴隷も一緒に。

708 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 15:06:21.53 ID:loWWhloi0
>>703
短里を利用しても畿内説は消えないよ
「自郡至女王國萬二千餘里」
これだと直線距離と解釈しても問題がない
「自郡至女王國周旋萬二千餘里」
って書かれてたら消えてた

709 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 15:06:48.25 ID:+CMnAlqI0
橿原考古学研究所に勤務されていて在職中に纏向遺跡の発掘調査に携われていた
関川さんは邪馬台国奈良説に疑問を持たれている。奈良と大陸や韓半島との
交流が行われた形跡が殆ど見つかっていないと言う理由だ。俺は
奈良は魏国に朝貢をしていないので魏使は奈良までは行ってはいないと
いう考えをしている。

710 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 15:07:32.94 ID:0RoXxFGg0
日本海を渡った屈強な連中が最後まで行かなかった理由。
阿蘇山しかないでしょ。
盗みはなく、争論も少ない親切にしてくれる不弥国の人の言うことを聴いたんだよ。

711 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 15:08:32.15 ID:MXAWJvPO0
>>709
公孫氏があった時代は魏まで行けないのでは?

712 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 15:08:57.80 ID:h4hEmcdX0
>>689

>権現さま、稲荷神社、護国神社が
各地に有るのと一緒だよ。

いやいやそれみんな支店みたいなもんだよw

イオンとかヨーカドーとか全国にあるのと同じ

713 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 15:10:49.09 ID:I9kVKm+j0
出土品がーとか倭人条の行程がーとかいつも近視眼視野からしか考えられないおまえらに2、3世紀日本を考えるためのヒントをやる

■特に根拠はないが
今も大昔も九州人は最強でいいんじゃね?(ぼー
■後漢書、梁書等より
2世紀後半、180年前後、倭国大乱
■三国志倭人条より
2世紀末から3世紀中頃までの日本に女王様がおった。
女王国は北部九州を含む狗奴国に困ってる勢力。
邪馬台国は首都で女王様の住所。
まずポイントは狗奴国の位置で九州(中)南部か紀伊半島。
理由は「その南」だから。「その」は多分女王国の首都の傍らの国々。だから普通に西日本の南側だろ。四国=狗奴国は俺の直感的にない。(ただし戦国期の長曾我部の強さは認める)
■記紀の記述と四隅突出型古墳分布より
2世紀の出雲は北陸を超え福島まで影響力及ぼす日本最強の勢力。悪いが九州負けてるわ。多分宗像も出雲にペーペーだったと思う。ポイントは日本海でポッカリ丹後あたりがなぜか勢力外
■記紀の記述と前方後円墳分布より
紀元前7世紀以降、南九州発のヤマト王権の祖は宇佐、宗像、吉備、出雲を連合あるいは制覇し遅くとも4世紀初頭、早ければ3世紀前半までにはカラス味方につけて和歌山南部から紀伊半島侵入征服。
↑このくだりのポイントは記紀の国譲りって何?最強のはずの出雲ほんまはボコったんちゃう?どうやって?
まあとにかく西日本だいたいまとめて奈良に墓立て始めた。
その後反転して、なぜか不仲になった吉備に4世紀中頃軍事圧力をかけた。ついでにその後自らの発祥地熊襲もボコった。
↑このくだりのポイントはいつ頃から不仲になったん?ていうかそれまでどっちが主流派やったん?
■まとめ
3世紀には奈良におらんと古墳造れんから「ヤマト王権の祖」えらいはやく東征したんやろうな?2世紀後半とかやろうなあ。
途中最強出雲とも戦わんとあかんから出雲嫌いなんとも組んだんやろな。宗像とか。吉備とか。丹波とか。絶対大乱になっとるわ!
ひょっとして最後日本統一したけど紀伊半島獲った勢力って東征の主流派ちごて前線部隊やったんちゃうの?であとから反転攻撃かけたとか?

714 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 15:10:52.18 ID:h4hEmcdX0
>>708
畿内は消えてるよ
30日も歩いて、飯や水は?
宿場になるような国があるなら、ちゃんと記述してるはず

715 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 15:13:24.89 ID:6vahir020
>>704
で、3世紀の『魏略』の記述が、BC4世紀からBC1000年に遡れる
弥生時代のルーツとして何か信頼性があるのか?
そもそも呉の太白って子供居ないという話があるんだが。

邪馬台国論争に魏志倭人伝と同時代の記述として使うんなら
分からんわけでもないが、考古学上の区分である弥生時代とは
全く関係ないんだが。

716 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 15:16:10.45 ID:SwaBiFBo0
>>681
不弥国までで残り1500里かそこらしか残らないのに
邪馬台国までの水行陸行の日数は明らかに過大では?

717 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 15:16:45.74 ID:oZsiqs5N0
>>715
文字を持ってたかどうかの話だから。
弥生のルーツ的に一部は持ってただろうよって話。
途絶えたかも知れんが。と。

718 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 15:17:14.03 ID:yq/fJtRZ0
畿内説があるんだから、北海道説があってもおかしくないね

719 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 15:22:29.10 ID:LaeCpcioO
巻向の巨大さに注目して、
九州・四国・本州を統一していた政権があったと言う思い込みが畿内説。

まだまだ、分裂していて数個の有力な勢力に別れていたのは、倭人伝にも書いてある。
邪馬台国に敵対する国が出てくるわけだからな。

720 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 15:22:41.97 ID:l3W9QprS0
信長が家来の明智を秀吉に打たせようとした矢先に家来の明智に殺されたんだってね
信長は天皇の一の家来らしい
秀吉の出身地は薩摩だよ

これだけの情報をもらって戦国時代を把握するのは大変だよな
(´・ω・`)

721 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 15:24:50.43 ID:qyspIlwj0
>>708
>これだと直線距離と解釈しても問題がない

問題あるよ。

まず、直線距離は実用において何の役にも立たない情報だ。
飛行機とかで真っ直ぐ行けるわけではないからね。

そして、計算して出て来る数字に信憑性が無い。
直線距離というのは、正確な地図を描いて、
2つの地点を直線で結んで、長さを測って、
縮尺を計算してやっと出てくる数字だ。

これは、まず正確な地図を描く所でつまずく。
距離は百里刻みだし、「余里」もあるので大雑把。
角度に至っては45度刻みなので10〜20度違う可能性は十分にある。

こんなんで直線距離を計算したら2倍3倍違ってもおかしくない。

というわけで、畿内説は完全に消えたね。

722 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 15:27:08.93 ID:RnJsnA6+O
倭の連合の酋長 筑紫君薩夜麻とか思いっきり九州アピールしてるの居るよな

この人はさすがに隠せなかったのか
ほぼ同じ名前で唐書にも記紀にも出てるね

723 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 15:28:48.98 ID:EcwUb7dK0
邪馬台国は大和国で良いやん

724 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 15:30:07.55 ID:I9kVKm+j0
>>709
俺が長文書いてるすきに箸墓もちだしたな
奈良が邪馬台国かどうかはおいといて九州からやってきて
巨大墳作ったほどの勢力が邪馬台国と無関係なわけないぞ?

725 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 15:31:18.23 ID:3CTEmiHa0
よく考えたら簡単なことなんだよな。対馬・壱岐・北九州と来て

魏の役人「邪馬台国はどちらですか?」
北九州の某国の役人「邪馬台国は南に云々」と言って東の方を指す。
魏の役人。「えっ?」
北九州の某国の役人「えっ?」
魏の役人「太陽は東から上ってくるのに東を南と言うのは何事じゃ。(怒)」

はい。論破

726 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 15:31:55.08 ID:loWWhloi0
>>714
>>721
恣意的に考えれば消すのは簡単だな

727 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 15:34:11.68 ID:qyspIlwj0
>>716
その前にまず「里数表記が日数表記になるのはおかしいのでは?」
という疑問を持たないといけない。

なぜ里数が日数になってしまったのか、
>>120>>610で考え方の一例を示してあるけど、
いずれにせよ、この日数表記は信頼度が低い数字と言える。

728 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 15:34:13.74 ID:loWWhloi0
丹山は赤土が出ればなんでも丹山

丹は紀元前は辰砂のみだったが晋の時代には既に赤ければなんでも丹

729 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 15:34:18.14 ID:oZsiqs5N0
不彌国から邪馬台国まで800里(80キロ)〜1200里(120キロ)

なので可能性があるのは久留米から玉名までのどこか。
伝説的に八女があやしいし、
小岱山周辺ではなぜか地理的に不利なのに鉄器を製造してる。

で、ざっくり船なら十日、歩けば一月と教えた。

730 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 15:34:55.20 ID:qyspIlwj0
>>726
こちらは客観的に根拠を示しているので、
それを主観的に否定するのはやめてもらいたい。

731 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 15:36:24.71 ID:C+cdK+Kc0
>>724
邪馬台国は狗奴国より弱く戦乱だらけで巨大墳を作るような勢力では無いし魏に助けを求めるくらいに余裕も無い

732 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 15:38:59.35 ID:RnJsnA6+O
大仙陵とか仁徳と言われてたけど

大きな古墳とか
むしろ応神朝の九州系だよなぁ

733 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 15:39:53.67 ID:0RoXxFGg0
>>729
八女なら自ら行ってるよ。
高千穂あたりじゃね
不弥国の人に教えてもらった道程と、倭国が会稽の東であると測った
測量方法で阿蘇山の向こうを測っておおよその日数を記載したんだよ。

734 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 15:40:55.63 ID:I9kVKm+j0
>>731
おおむねそうだろう?
ただ確実に大陸との交易は抑えていた
つうか俺のせっかく書いた長文もよんでよ

735 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 15:41:05.31 ID:nbIqWpOj0
>>729
それが一番しっくりくるけど、
なんで学者が認めないのかが知りたい。

736 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 15:41:40.18 ID:c06aR6Ow0
本当のことなんて誰もわからないのにバカなの?

737 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 15:42:21.00 ID:qyspIlwj0
>>733
測量できるんなら日数じゃなくて里数で計算するはずでしょ。

あと、会稽東冶の東は使者じゃなくて陳寿が計算したものだ。

738 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 15:42:40.13 ID:C+cdK+Kc0
>>735
東に海が無く、約千里先に四国も無いから論外。

739 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 15:43:00.70 ID:oZsiqs5N0
>>733
だから、詳しくは秘密だったのさ。
九州の玄関だけ入れてもらえた。

740 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 15:43:32.23 ID:RnJsnA6+O
やっぱ応神朝が狗奴国で良さそうだな

741 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 15:43:48.28 ID:0RoXxFGg0
>>737
正確に測れなかったから日数にしたんだろ。

742 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 15:44:09.54 ID:qyspIlwj0
>>729
それはたぶん不弥国の比定を間違えているな。

>>79でも書いた通り、伊都国は糸島ではないので、不弥国も宇美ではない。

743 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 15:47:00.99 ID:C+cdK+Kc0
末盧国から二千里なのは間違いないわけだから、末盧国から二千里で東側が海、約千里先に四国が有る場所を探すだけの簡単なお仕事です。

744 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 15:47:07.96 ID:MNamqDEL0
里数は帯方郡の役人の単位。
日数は倭人の単位。なので日数表記で(接続による)起点が明示されていなければ伊都国を起点と考えるのが妥当。

745 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 15:47:31.82 ID:xPfEw7kz0
>>3
岩手か沖縄って決まってる。

746 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 15:48:09.36 ID:xPfEw7kz0
>>8
岩手

747 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 15:48:55.34 ID:nbIqWpOj0
>>742
伊都国までは鉄板だろ
実際に現地見た方がいい

748 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 15:48:55.34 ID:qyspIlwj0
>>741
船の上では距離が測れないにもかかわらず、
帯方郡治〜末盧国までの水行も、侏儒国や黒歯国・裸国の水行も、
里数で表記されている。
全て千の倍数なので、「1日=千余里」で換算したものと考えられる。

つまり、正確でなくても里数で表記する事に意味がある。
そして、陸行は水行よりは距離を測りやすい。

749 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 15:49:30.87 ID:V6FOAZAh0
どうでもええがな。

750 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 15:49:39.70 ID:qyspIlwj0
>>747
こちらは客観的に根拠を挙げているので、
主観的に否定しないでもらいたい。

751 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 15:51:06.00 ID:nbIqWpOj0
>>748
水行の方が陸よりもはかりやすいよ
道なんてまともにないのに
傾斜や谷、直線的な道の距離は案外ないよ

752 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 15:51:19.33 ID:0RoXxFGg0
>>748
海の上は星と三点測量が出来るだろ
行ったことない場所は無理
だから日数表示なんだよ

753 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 15:51:32.06 ID:3pxuCAkV0
>>673
邪馬台国を多用せずに、何故女王国を多用しているのか? 不思議だよなあ
しかも女王国より北は戸数と里をおおまかに載せたとまで書いてある
じゃあ水行と陸行で行く国は女王国よりも南なんかい?ということなりかねん
陳寿は何らかの細工をしているように思えるんだが、それが見つけられんな

754 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 15:53:53.78 ID:oZsiqs5N0
>>742
あなたは邪馬台国どこだと思う?

755 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 15:57:14.15 ID:UaAdDmSrO
八女には「乗場古墳」「「岩戸山古墳」など、邪馬台国関連じゃないかと言われる古墳が
150〜300もあるのに何でスルーなの?
卑弥呼の墓じゃないかと言われる、旧山門郡の権現塚古墳は?(´・ω・`)?

756 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 15:57:29.46 ID:h4hEmcdX0
>>750
又渡一海千餘里、至末廬國。有四千餘戸、濱山海居。草木茂盛、行不見前人。好捕魚鰒、水無深淺、皆沈没取之。
東南陸行五百里、到伊都國。官曰爾支、副曰泄謨觚・柄渠觚。有千餘戸。丗有王、皆統屬女王國。郡使往來常所駐。

お前が主観的なんだよw

こんなに正確な記述があるのに、なんで伊都国から違うって言ってんだよ

757 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 16:01:05.09 ID:loWWhloi0
>>750
客観的??どこが?
わからないことを決めつけるのは主観的ですよ

758 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 16:01:43.06 ID:oZsiqs5N0
>>755
大人の事情

759 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 16:02:33.79 ID:UaAdDmSrO
>>758
わかりました

760 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 16:02:53.69 ID:C+cdK+Kc0
>>755
東側の海と約千里先の四国は?

761 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 16:03:37.40 ID:MNamqDEL0
伊都国は怡土のあたりであって。糸島でも山のほう。海に出っ張った方ではない。
現地をみたほうがよいということに同意。

762 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 16:04:04.13 ID:2R8gxPFi0
群馬と邪馬て似てる

763 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 16:09:33.45 ID:BKj6VyPR0
>>751-752
島までの距離が遠いので、三角測量はかなり正確に測らないといけない。
それも揺れる船の上で。

陸行の距離は歩数を数えれば良いので楽チン。
歩きにくい部分は実際の距離より長くなってしまうが、
例えば、軍事作戦で部隊を進める時には、
歩きにくさも考慮された距離を使った方が役に立つ。

広域地図を作るんだったら実際の距離の方が便利だが、
別に広域地図が作りたいわけではなかろう。

764 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 16:10:35.34 ID:BKj6VyPR0
>>754
熊本平野が一番可能性高いかな。

765 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 16:13:47.76 ID:BKj6VyPR0
>>756-757
>>79のレスと君達のレスを見比べて見なさい。

「何がどうなってどうだから伊都国は糸島と言えるのか?
 あるいは糸島ではないと言えるのか?」
を詳しく説明してるのはどっちだと思う?

766 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 16:15:42.37 ID:BKj6VyPR0
>>761
「伊都国には港があって積荷チェックをしている」
と魏志倭人伝に書いてあるよ。

767 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 16:18:10.78 ID:MunWZu5q0
>>413
日の巫女が死んだころに日蝕が立て続けに起こってるから
縁起の悪い土地を捨てて、日の出る方向に遷都したんだろうな

768 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 16:20:48.32 ID:xPfEw7kz0
>>754
八幡平

769 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 16:21:45.61 ID:h4hEmcdX0
>>765
魏志倭人伝の記述を無視して持論を語ってもただの妄想だよ

末ら国に置かれた登望駅の位置
当時海外からの船の発着場として、何処を機能させていたか?を考えよう
海岸線だからどこでも船をつけてもいいとかありえないだろ?
糸島でも旧怡土村の場所がどこであったのかもちゃんと把握してるのか?

そして登望駅から旧怡土村までどう歩くのか現地にいって見てきてから
今一度自分の持論を主張したらいい

770 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 16:21:48.25 ID:hF8550DX0
>>767
それおまえ火の鳥だろ

771 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 16:22:06.79 ID:YdTiQJfZ0
>>759
ええええ。ワロタ

772 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 16:22:29.85 ID:6vahir020
まあ、邪馬台国とクナ国の戦争というのも、
佐賀のレディースと筑豊のヤンキーが喧嘩して、
チャイニーズマフィアのレッドドラゴンズの総長(皇帝)に加勢を依頼したという
ようなスケールの話だろ?
それだと200以上もの暴走族に別れてたのも納得できる。
修羅の国は、今とそんなに変わらんのでわ?

野蛮人の熊襲の話で
一般の大和民族には関係ないわな。

773 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 16:24:56.95 ID:h4hEmcdX0
>>766

だからこそ、尚更糸島付近に伊都国がないとおかしいってことに気が付いてくれ

774 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 16:25:19.59 ID:I9kVKm+j0
>>765
>>756-757
なあ、三つ巴になるかもだがお前らのクソ議論の行く末はどこにあるの?
俺の書いた長文をかすませた反省文と>>713 の読後感想文を書くこと!

775 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 16:28:18.03 ID:C+cdK+Kc0
卑弥呼の死後に戦乱が起きて、しばらくしてから台与が即位。
台与が最初に朝貢した時点までは変化が無いから、東征はその後から150年の間の空白期間だな。

776 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 16:29:42.94 ID:CgdMMaCE0
邪馬台国は阿波です
阿波以外には邪馬台国は存在しません

阿波徳島には日本最古の前方後円墳が存在する

萩原墳墓群の2号墓は2世紀末〜3世紀初頭の
石積式の前方後円墳、年代測定で西暦200年前後
年代的に前方後円墳の原型とも言える

しかも奈良県ホケノ山古墳と共通する特徴を持っていた
萩原墳墓群の1号墓は道路建設により消滅・・・

阿波ってアホでしょ(´・ω・`)

777 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 16:30:39.81 ID:0RoXxFGg0
>>772
さすが新世界の民の言うことは違う

778 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 16:31:21.73 ID:7UVgMPCr0
>>775

台与の即位13歳
始皇帝の即位も13歳
ここらへんにフィクション性を感じるな

779 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 16:32:57.13 ID:ILique/Q0
>>44
宮崎ごみしね

780 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 16:33:59.22 ID:I9kVKm+j0
>>776
日本最古の前方後円墳は邪馬台国どこ?論争のカギとはなっても所在地の十分条件じゃないよ?

781 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 16:34:48.81 ID:C+cdK+Kc0
>>776
日本初の金銀鏡が出土した古墳を壊して鉄道用の盛り土にした大分も負けてへんで〜
宇佐神宮の本殿下に埋まってる石棺も必死で隠してるし

782 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 16:37:02.49 ID:6vahir020
八女はなあ八女茶があるだろ?
奈良には鹿と寺があるだろ?

佐賀はなあ、2001年にものすごい借金をして吉野ヶ里歴史公園作って、
邪馬台国がなければワラスボしか無いんだぞ・・・
必死なんよ。

783 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 16:37:44.47 ID:MunWZu5q0
>>781
なんで隠してるんだろう?国にとられちゃうからとかか

784 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 16:39:51.93 ID:2R8gxPFi0
縄文人は中東に進出してユダヤ人になった
ユダヤ人の先祖は縄文人

785 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 16:40:25.29 ID:vOQyXuOM0
天皇家にまつわるものだからでしょ

786 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 16:40:27.15 ID:CgdMMaCE0
その山丹あり

日本に水銀鉱山はいくつか存在しても
邪馬台国の時代に水銀を生産していた遺跡は
徳島でしか発見されていない

ただし辰砂を塗った赤い人骨が出た遺跡は
県営住宅建設のため消滅・・・

阿波ってアホでしょ(´・ω・`)

787 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 16:42:58.82 ID:XuFEOhXs0
>>652
長門の國府豊浦(振り万葉仮名で止與良)は(京へ)上り二十一日、下り十一日
平安時代でも里程ではなく日数で示すのが卑弥呼以来大倭國の仕来りだわな。

これをもとに卑弥呼の時代の旅程を5割増しと見積もるか
2倍と見積もるか

788 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 16:43:59.41 ID:C+cdK+Kc0
>>783
卑弥呼の墓か誰の墓かは分からんけど
8世紀に秦氏が宇佐神宮を乗っ取り
古墳の上に本殿を建てたことが表沙汰になると
八幡宮創建の伝説が根本から覆って八幡信仰が崩壊するからやろ
ちなみに本殿が建ってる亀山は径百歩で卑弥呼の墓の記載通りのサイズ

789 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 16:45:28.85 ID:JChGQN/a0
何日かかったとかイッテるけど
そんなの、てめーのサジ加減しだいだろよ

790 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 16:45:54.39 ID:UaAdDmSrO
SAGA さが SAGA さが
邪馬台国の卑弥呼も佐賀 公表してねぇ♪

バスに乗って佐賀の県道を走ると一面田んぼだらけ
まるで弥生時代♪

791 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 16:46:34.66 ID:I9kVKm+j0
>>786
青玉も出てたら徳島応援してやる
その前に>>713 の読後感想文を書くこと!

792 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 16:48:55.66 ID:NgUVvkVK0
>>782

一説には最古とも言われる
嬉野の釜煎り茶をどうぞ。

個人的には八女茶のほうが好みだけどね。

793 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 16:49:12.58 ID:h4hEmcdX0
長崎市とか嬉野市とか大牟田以南の土地は邪馬台国管轄外なのか?

794 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 16:49:31.63 ID:lczPKpiF0
卑弥呼、イヨは男系天皇という幻想にとって不都合だから日本史から抹殺されたんじゃないかな

795 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 16:50:31.74 ID:vOQyXuOM0
ここ400年近く江戸、東京と日本の中心(首都ではない)として栄えてるが
その前は大坂であり、京都などの畿内が1000年近く栄えていた
その前が九州付近であっても別におかしくはない

796 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 16:50:36.86 ID:C+cdK+Kc0
血の色でもある朱、これは、活力と蘇生、死との対決、死霊封じ、太古の人々は朱を呪術具としたのである。

 葬る遺体に施朱をする風習があった。再生を願い、死霊を封じるこの風習は、北海道南半部から東北北部と九州北部の二ヶ所で、縄文後期に登場した。九州では弥生時代に引き継がれていった。

縄文から弥生にかけて丹朱が取れていた北部九州が風習も合わせて完全勝利

797 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 16:51:12.75 ID:CgdMMaCE0
>>791
阿波の青石は有名よ
畿内の古墳にも使われてるし

あとは石磨いて玉にすればおk(´・ω・`)

798 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 16:51:19.30 ID:NgUVvkVK0
>>790

市内を別にすれば、
当時と国邑、集落の場所も
もあまり変わっとらんように思う。

799 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 16:52:37.58 ID:i0UL+E1s0
>>796
はいはい、おじいちゃん
はやく御薬飲みましょうねー

800 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 16:53:56.11 ID:lczPKpiF0
九州元号の方が大和朝廷の元号より古いからね
九州に一大国家があったのは間違いないだろうね

801 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 16:54:00.20 ID:sPGhQmO30
永遠に答えは出ないんだろうけど
九州説支持派にキチガイがいることだけはわかった

802 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 16:54:14.66 ID:I9kVKm+j0
>>797
へえ知らんかった
メノウ?
翡翠だったらびっくりだけどちがうよね

803 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 17:02:33.26 ID:lczPKpiF0
有史以来天皇は男系だと言いたいなら、むしろ保守的近畿説派こそ九州説を押すべきなんだよな

804 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 17:03:51.37 ID:CgdMMaCE0
>>802
感想文
特に根拠はないがという時点で意味がない

それに方角はドコから見るのかと言うのもある
高知は南国土佐と言うし
邪馬台国の四国から見て南なら宮崎・鹿児島

そして戦国時代、最初の天下人は三好長慶
長宗我部元親は鳥無き島の蝙蝠で

三好が居なくなったあとの四国は
簡単だと信長が答えてる

阿波の青石は変成岩でただの石とも言う
まぁ阿波だしね(´・ω・`)

805 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 17:07:22.98 ID:6vahir020
>>792
あー釜炒り茶って佐賀だったか。
殺青が中国茶の龍井茶とかと同じ釜炒りなんだよな。
そのせいで癖があって、苦手な人が多い。

永谷宗円が蒸し茶の煎茶を作ったのがようやく18世紀だから
比較的新しい。日本人が慣れてるのは蒸し茶の味だわな。
八女の深蒸し玉露、雫茶とか新しい今の時代の嗜好にあったお茶だわな。
わしも八女茶の方が好きー

806 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 17:08:13.48 ID:I9kVKm+j0
わかった!三好長慶 が四国最強で最初の戦国の覇者だったでOK!
勿論九州人は最弱。
ただし徳島はせいぜい余の傍らの国かな
ただの青い石ならわざわざかかれないだろうし

807 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 17:11:05.42 ID:qyspIlwj0
>>769>>773
「方位が違うのはなぜか?」
「悪路に苦労しながら、港から港へ歩いて行ったのはなぜか?」
という説明にはなってないよ。

登望駅云々も伊都国とは直接関係無いし。

「伊都国へは東南に有明海に抜けるルートだった」
「船で直接伊都国へ行こうとすると長崎を大きく迂回しないといけないので、
 リスク等を考えて陸行を選んだ」
というのが合理的解釈でしょ?

808 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 17:11:15.23 ID:qyspIlwj0
>>713
狗奴国の位置は三国志と後漢書で大きく変わっている。
(三国志は南に接し、後漢書は東へ渡海する)
更に、首都の名前も変わっている。
(三国志は邪馬壹で、後漢書は邪馬臺)

この事はもっと注目されるべき点で、
三国志と後漢書で「邪馬台国」の意味が違うのではないかと考えている。
(三国志は九州で、後漢書は畿内)

おそらく、かつて九州のヤマイ国が魏に朝貢していたが、
畿内のヤマトに征服され、ヤマトの讃が東晋に朝貢した時、
「かつて朝貢していた倭国から来た。首都はヤマト。東の国が従わない」
と嘘をついたのだ。

朝貢を認められやすくするためか、
狗奴国が東征してヤマトとなっていたので敵対心を無くすためか。

809 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 17:13:06.54 ID:YdTiQJfZ0
おいおい阿波さんどしたー。いつもの阿波さんらしくないなー。邪馬台国は阿波、はよ。

810 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 17:13:24.54 ID:CgdMMaCE0
>>806
ワザワザ運んでるのよ古墳時代に
そのただの青い石を
阿波から海越えて畿内まで(´・ω・`)

811 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 17:14:02.76 ID:X1bvQJGk0
>>782
筑後川流域は候補の一つだから頑張れ。
温暖な地域に加え、天然の要塞的地形。
豊富な平野。
卜骨も弥生終末期のものが有明海周辺からはでているし。

812 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 17:16:42.43 ID:MunWZu5q0
>>788
ほー闇深やね

813 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 17:19:30.67 ID:qyspIlwj0
>>787
軍事機密だとしたら全くデタラメの可能性もあるし、
日数の何割増とかは考えなくていいんじゃね?

814 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 17:19:37.53 ID:C+cdK+Kc0
>>808
九州に有った邪馬台国を征服した狗奴国が東征して畿内でヤマト国を名乗ったほうが自然な流れやろな

815 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 17:20:42.04 ID:M+ObHAqi0
邪馬台国というのはこのクソ狭い島国の何処にあったか分からないほどの大国らしいwww

816 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 17:22:15.03 ID:I9kVKm+j0
>>808
後漢書が三国志だけ参考にしてたかわからんよ
例えば同じネタ元みたかもだし
>三国志と後漢書で「邪馬台国」の意味が違うのではないかと考えている。
発想おもろいけど成立時期前後してるの関係なく後漢書は後漢時代のこと書こうとしてたんだから
あえて三国志よりあとの倭の状態をかこうとしたとは思えないなあ
どっちにしても2,3世紀日本だけにかぎれば三国志だけ注目すればいいんじゃね?

817 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 17:22:25.58 ID:CgdMMaCE0
>>809
だって。。。邪馬台国は阿波で確定してるのに
徳島県は貴重な遺跡は消してるし

そもそも箸墓古墳で倭迹迹日百襲姫命が
卑弥呼に間違いないと言い出したのは
笠井新也氏で徳島県人だし

徳島が事実を隠そう隠そうとしてるから
なんか言いづらいのよ(´・ω・`)

818 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 17:22:32.25 ID:oZsiqs5N0
平野ごと天然の要塞
豊な内海
内海の入り口は隠されており、狭く監視が容易
温暖な気候

大陸と近い、半島と近い、古代の重要な玄関口(博多周辺)と近い
半島南部を押さえており鉄の入手が容易

八女の地名や伝説が、かなりそれらしい
八女の古墳群の調査がおろそかにされている
福岡・熊本県境あたりで鉄器製造のナゾ

久留米から熊本は
陸でも水でも行けるし、距離的にぴったり

もっと検討に値する条件ばかりだよ。

819 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 17:22:36.00 ID:G6l7P+540
東遷経路と3世紀前方後円墳の分布が一致

820 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 17:23:36.87 ID:0RoXxFGg0
>>815
阿蘇山の南にあったからな。
東征した理由は噴火したから

821 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 17:23:40.73 ID:G6l7P+540
張り忘れ

http://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/k/kl117cr233/20131106/20131106211113.jpg

822 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 17:24:06.73 ID:vOQyXuOM0
>>815
他所の国笑ってなくていいからさ
自分とこの寒損どうなるか震えながら見守っとけよ
寒村飛んだらおまえの国自体も飛ぶぞ?w

823 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 17:24:37.33 ID:3pxuCAkV0
>>814
このような邪馬台国スレでは既に何度も出ているが
九州から近畿に多くの人間が移り住んだ痕跡は弥生前期(これは点間移動ではなく面拡散だが)を除けばまったくない
東征・東遷自体が否定されている

824 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 17:26:58.54 ID:X1bvQJGk0
>>818
7万戸と5万戸は「可」で「〜だろう」となっているから、倭人側の法螺の可能性も大いにあるな。

825 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 17:27:18.91 ID:XuFEOhXs0
>>752
>海の上は星と三点測量が出来るだろ

オ毎、ちょっと頭可笑しいなwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww
否、相当可成り可怪しい
星をひとつの基準と決めて三点測量しても緯度が判る程度だ罠
1海里=1852メートルは地球の緯度1分に相当する子午線長にほぼ等しい。
同じ経度で緯度1度分の距離が1852*60≒111kmだ。
水平方向の距離を何里とか決めるに球面三角関数の表と戦艦大和の艦橋の上部に
ついていたような角度を正確に測る装置が無いと無理。

倭人伝の倭国内の距離が日数で記録されてるのはそういう測量装置を魏の使者が持っていなかった証拠。

826 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 17:28:18.53 ID:C+cdK+Kc0
青玉とはサファイアだが古代における日本最大の産地は宇佐神宮がある大分の木浦鉱山
ちなみに漢字が導入される以前に宇佐近辺で使われていた豊国文字が木浦鉱山に刻まれていることから
邪馬台国以前から採掘されていた可能性が高い

827 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 17:30:52.34 ID:YdTiQJfZ0
>>817
なんだ、そっちかよー。ワロエル。

828 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 17:30:54.87 ID:oZsiqs5N0
地形モードで久留米から熊本まで眺めると、物凄く恵まれた土地なのがわかる。
距離は合致する。
たぶんココらだと思う。

その中でとくにあやしいと思うのが八女かなと。
まあ伝説からの憶測だし、どこでもおかしくはないが。

829 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 17:30:59.83 ID:CgdMMaCE0
http://dict.variants.moe.edu.tw/cutshing/cutshinga/sa00195/a0019521.jpg
倭は東海中女王国名

問題は倭をどう読むかで
和でなく伊と読んだら阿波なのよ
伊豫之二名島なんだから(´・ω・`)

830 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 17:32:10.78 ID:C+cdK+Kc0
>>823
定住では無く軍隊の移動だと痕跡が残らないけどな

831 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 17:32:34.82 ID:h4hEmcdX0
>>828
普通に考えればそうなんだけど、学者が畿内だと主張する意味が理解できない

832 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 17:35:59.43 ID:h4hEmcdX0
>>818
那珂川である程度までは久留米方面に物資も運べるしね

久留米や筑後川あたりが住みやすい環境であったのは間違いないね

九州で他にそんな面積の場所もないし

833 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 17:38:17.94 ID:oZsiqs5N0
宇佐もとりあえず距離的には合致するし、古い歴史があるが

ここらはたぶん瀬戸内、畿内地方との繋がりがある系統で
別グループかなと思ってる。天皇家が関係するかもね。

834 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 17:38:35.55 ID:BIzYW3qD0
>>831
畿内を主張する学者は商売だから
本心では畿内なんて有り得ないと分かっている
立場上畿内を主張してるだけ。

835 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 17:39:17.75 ID:h4hEmcdX0
宇佐はもういいよ
別のテーマで頑張れ

836 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 17:43:33.73 ID:EcwUb7dK0
そもそも中国がどこまで正確に書いたか分からんし
どうでも良いような国のことは適当に書いてると思う

837 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 17:44:00.07 ID:C+cdK+Kc0
>>833
九州で青玉が取れるのは地質的に大分だけなんよ
あと丹砂が大量に取れるのも大分だけだし
八女や熊本説はどう考えてるのかな?

838 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 17:44:33.06 ID:X1bvQJGk0
>>818
脊振の北側と南側はなぜか文化的に共通点が多いから、もっと掘ってほしいけど、田んぼだらけだからなぁ。

839 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 17:46:16.70 ID:CgdMMaCE0
日巫女の跡を継いだ女性は
魏志倭人伝では「壹與」で

伊予よ16歳ではなく
13歳で継いでるけど(´・ω・`)

840 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 17:47:01.17 ID:EQl4Ytha0
>>808
ヤマトというか倭国なんだろキット

倭でヤマトっては読まないのだろうキット読ませてるだけでw

841 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 17:47:38.90 ID:C+cdK+Kc0
>>835
宇佐だと困ることでもあるんけ?

842 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 17:49:16.89 ID:h4hEmcdX0
>>937
そういう担い手として存在していたのでは?
だた
斯馬国、己百支国、伊邪国、都支国、彌奴国、
好古都国、不呼国、姐奴国、對蘇国、蘇奴国、
呼邑国、華奴蘇奴国、鬼国、爲吾国、鬼奴国、
邪馬国、躬臣国、巴利国、支惟国、烏奴国、奴国

に相似する国ってないから、やはり邪馬台国とは別の勢力だったのでは?

843 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 17:50:56.67 ID:3EmV3jj/0
阿蘇山が古代高千穂と呼ばれていたのは興味深い

844 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 17:50:59.72 ID:XuFEOhXs0
>>786
>ただし辰砂を塗った赤い人骨が出た遺跡

大和國天理の黒塚古墳の青銅鏡33面出土の墓穴も辰砂で赤く塗ってたぞ。
兵庫県は播磨但馬合わせて古墳の数日本一だ。

景行天皇の皇后で日本武尊の生母播磨稲日大郎姫=針間之伊那毘能大郎女の陵は
凝灰岩の岩山の日岡山にある。
凝灰岩は火山灰が積もった地層がいったん海の底に沈んですごい圧力で岩石となった後
中新世の造山運動で再び地上に表われたんだろうな。
播磨の国の悠久の歴史に胸熱。

845 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 17:52:08.97 ID:1nUU3WqW0
>>807 当時の航海術で正確に小さな港に上陸するのは難しかったのでは。
最初に末廬国に着いたのはおそらく風に流されており、そこから一大率の
いる伊都国まで陸路案内されて接待をうけたのでしょう。
奴国が福岡なことはほぼ確実なので、間にある伊都=糸島で問題ないのでは。

846 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 17:52:36.30 ID:Rccfd3s90
[父]エンリル=イザナミ
[子]ニヌルタ(ニンギルス)=ニニギ
[子]ナンナル(シン)=月神=ツクヨミ=アマテラス
[蛮]スサからウル侵攻したグティ人 =スサノ王
[孫]ウトゥ(シャマシュ)=太陽神=
[孫]イナンナ(イシュタル)=
[他]チョガザンピル遺跡=蘇我氏=チョーヨンピル

847 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 17:53:35.45 ID:h4hEmcdX0
>>841
スレ汚しだから
久留米よりも人が多く住み着く要素がないから却下

848 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 17:55:29.15 ID:C+cdK+Kc0
>>847
邪馬台国は狗奴国に負けるヘッポコ国だから久留米最強でええやん

849 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 17:58:58.63 ID:gukD0BGX0
鉢巻き巻いて、顔に刺青入ってるって聞くと
アイヌとかアテルイとか縄文人系の文化に似てる
男女の壁がないと言うのも似てる

850 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 17:59:03.74 ID:VsvDnp9KO
桜井茶臼山古墳の石室内で遺体部分は水銀朱で真っ赤、
その周囲はベンガラを用いて赤に塗ってるしな。

また黒塚も遺体頭部には多量の水銀朱、
大和天神山にいたっては遺体すらなく水銀朱のみに
古墳を作ってたんだからな。
当時この地で一番重要視されてたのは水銀朱なんだよ。
それは勿論宇陀が水銀朱の産地に他ならないし、
倭に丹山有りという事だから、三輪山は御倭山なんだよ。

851 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 17:59:45.35 ID:CgdMMaCE0
>>848
磐井の乱でボロ負けしてるがな(´・ω・`)

852 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 18:02:37.99 ID:XuFEOhXs0
>>748
魏の時代にどれほど以後が正確に測定で来たかしらないが
大地が球体で北極星を基準に緯度が測定できれば
南北間の距離はかなり正確に算出できる。

問題は東西方向の距離だ。

853 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 18:03:16.60 ID:h4hEmcdX0
>>945
更に東に100里で不弥国 宇美で間違いなし

次の投馬国が水行
筑後川を使ったとすると久留米あたりへ






宇佐にはいかんな

854 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 18:04:57.24 ID:qyspIlwj0
>>816
いや、後漢書の作者は後漢時代の倭国を書こうとしたが、
基本情報には三国志を参考にしており、
三国志と讃が朝貢した時の文献が食い違う点について、
「倭国が別の国に征服された」とは考えずに、
単なる誤字だろうと思って勝手に訂正してしまったのだと思う。

855 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 18:05:30.23 ID:VsvDnp9KO
当時海を越えて東西を正確に測る技術はないだろ。
大体球体とすら認識されてないんだしな。

856 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 18:07:16.90 ID:EQl4Ytha0
倭の意味だけど背が丸く曲がって低い様で遠いって話だとまんま沖縄の事だよなー

海の中なのに態々半島から九州そして島々を通らないと行けないとかw

857 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 18:07:17.54 ID:UaAdDmSrO
久留米がコソコソと再興の準備していると思うのは気のせい

858 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 18:11:27.61 ID:duxYd9RI0
ハニワ幻人

859 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 18:11:36.60 ID:CgdMMaCE0
邪馬台国から千余里で倭種の国
冬も温暖、丹の山、海人も多い
帯方郡から距離12000里

全て当てはまるのは阿波です(´・ω・`)

860 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 18:14:14.67 ID:CgdMMaCE0
九州説 vs 近畿説で
地形的に真ん中に四国があるんだから

邪馬台国は阿波で決着でしょ(´・ω・`)

861 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 18:16:27.89 ID:EQl4Ytha0
出釈迦

862 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 18:16:57.75 ID:AHlXaBIF0
「親魏倭王」の金印が発見されないかなあ

863 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 18:17:16.29 ID:MunWZu5q0
>>860
四国は狗奴国だと思う割とマジで

864 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 18:20:32.33 ID:qyspIlwj0
>>816
>どっちにしても2,3世紀日本だけにかぎれば
>三国志だけ注目すればいいんじゃね?

ここはかなり重要な所で、
三国志「だけ」で考えるのであれば、
「邪馬台国」ではなく「邪馬壱国」でなければならない。
当然、「邪馬台=ヤマト説」なんて吹っ飛んでしまう。

865 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 18:21:12.56 ID:VsvDnp9KO
>>859
残念ながら戸数でアウトだよ。

866 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 18:21:33.40 ID:+QL3oHs70
四国を推したいなら、まずは畿内説を論破しないとw
畿内じゃなければ、畿内論者が移る次の候補は四国なんだからねw

867 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 18:22:08.87 ID:FnNAeNQs0
戦争になって殺されるのがいやで王のなりて居なくて
隠れ女帝たてたが滅んだ感じ

868 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 18:23:03.83 ID:+QL3oHs70
そもそも、方角や日数より、戸数が一番あてにならんわw
戸数は盛りまくりでしょうw

869 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 18:23:45.55 ID:1nUU3WqW0
>>855 東西は太陽の登り沈みで素人でもわかるけど、南北は知識と経験が必要。
張政は軍人だったし測量は苦手だったのでしょう。

870 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 18:24:15.91 ID:EQl4Ytha0
>>864
むしろ邪馬だけで充分ヤマトだと思うんだ

871 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 18:24:29.55 ID:6Cav7KFm0
岡山説が有力らしい

872 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 18:26:19.41 ID:v22Ctp+a0
吉野ケ里は全く根拠が無いと思う
魏志倭人伝の記録になにも当てはまらない。
また、近畿の古墳は卑弥呼の墓は百余歩と記述されているので
全く大きすぎてこれも全然違うと思う。

873 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 18:27:13.57 ID:MXAWJvPO0
>>869
東西が分かれば自動的に南北も分かると思うけど

874 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 18:30:08.16 ID:+QL3oHs70
吉野ヶ里って、リアルに倭人伝通りに歩いた途中に見つかった。と記憶にある。だから、邪馬台国ではないけど、その時代あった国ではあるだろう。
その邪馬台国のヒントが吉野ヶ里に有ってもおかしくないかなw

875 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 18:32:46.81 ID:CgdMMaCE0
>>865
当時の戸数や人口を知ってる人がドコに居るんだ
遺跡数から想像して割り出してるだけだぞ

当時の阿波は間違いなく人口は多いよ
一級河川の吉野川の河川敷面積は
当時ほぼ徳島市が海で沈んでも広いし

現在でも降雨量は
全国でもトップクラスに雨も多い(´・ω・`)

876 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 18:33:00.42 ID:qyspIlwj0
>>845
糸島に行こうとしたけど誤って唐津湾に入ったとしても、
そこから船で糸島に行かないのはおかしいでしょ。

悪路を延々と歩かされるのが「接待」なの?

877 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 18:33:42.46 ID:+QL3oHs70
で、卑弥呼は占い師で、あちこちの国に出向いて祭壇で何かしらの儀式をしていた。その国の1つが吉野ヶ里だとして、ありえるよねw

878 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 18:34:38.64 ID:YdTiQJfZ0
247年、トヨ率いる九州邪馬台国は卑弥弓呼素率いる畿内狗奴国に征服さる。 完
友情出演 狗奴国側、阿波さん、吉備津彦、モモソヒメ
邪馬台国側、熊襲
ご出演の皆さんありがとうございました。

879 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 18:35:29.20 ID:+QL3oHs70
塚、モモソって台与だろうw

880 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 18:36:04.49 ID:0RoXxFGg0
邪馬台国、その名の通り山の台、カルデラを表してるんだろ
阿蘇カルデラ台地だよ

881 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 18:37:03.74 ID:AHlXaBIF0
>>872
>百余歩
1歩って1.5mぐらいなんでしょ。
直径150m超の円墳、とか150m四方超の方墳とか、そんな感じ?

882 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 18:37:32.58 ID:qyspIlwj0
>>852
そういう測り方だともっと正確な数字が出ると思うよ。

水行の里数は、七千余里、千余里、千余里、千余里、千余里、四千余里。
明らかに「千余里」単位の大雑把な数字だ。

対馬〜壱岐と壱岐〜唐津は全然距離も違うしね。

883 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 18:37:38.90 ID:lczPKpiF0
羅針盤があったが距離を計る機械は無かった
そういうことなんだよな

884 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 18:37:54.51 ID:G6l7P+540
巻向遺跡が卑弥呼ならば、日本書紀と考古資料を参考にすれば、
卑弥呼は長脛彦であり崇神天皇は吉備勢力になるんだが。

885 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 18:40:50.20 ID:v22Ctp+a0
とにかく日本は中共に政治的経済的に余計なことばっかりしてきたが
これこそ、中共へ行って聞いてくるのが一番早いだろうが!
これに関しては中共は利害関係はあんまりないし、近・現代史に関わることでも
ないので、魏志倭人伝に記載されている邪馬台国がどこかなのか
行って聞いて来い!
江戸時代から延々とバカじゃないのか?
聞いて来い!
中共の歴史学者に魏志倭人伝の記録を見せて、聞いて来い!
それが一番はやい。
バカかよ。

886 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 18:41:03.35 ID:CgdMMaCE0
>>880
阿蘇は水害も多いし
西日本の食料庫とさえ言われるから
当てはまらない気がするけど

普通は水はけが良すぎて
カルデラのシラス台地では
食物が育たないんだけどね(´・ω・`)

887 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 18:43:05.88 ID:EcwUb7dK0
しかし中国人がちょこっと書き残したものが日本でここまで大ききな関心を持たれてるのを
中国人が知ったら驚くだろうな

888 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 18:43:19.38 ID:viCH8clD0
卑弥呼は日向の安羅国の祖王だったんじゃない
勢力が拡大する度に都を福岡方面に移した可能性は高い
その後、台与が宇佐に移した

吉野ヶ里は渡来人の徐福でしょ

889 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 18:44:25.94 ID:EcwUb7dK0
やっぱり文字を持ってるというのは大したものだね
もし日本にその頃文字があったら全て明白に分かることなんだが

890 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 18:44:47.78 ID:VsvDnp9KO
>>875
阿波だけなんて全然話にならないよ。単純に
北部九州辺りの三倍は必要なんだからな。
それなら畿内周辺を含めてやっと、というレベルだから。
石野氏もそういう意見だよ。

891 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 18:44:56.05 ID:qyspIlwj0
>>881
それは中国の単位系だね。

そもそも使者は邪馬台国まで行ってないっぽいし、
行っても王の墓なんて神聖な所に入れるとも思えないし、
入ったとしても測量させてもらえるわけないので、
これは倭人からの伝聞のはずだ。

里数を知らない倭人でも、何らかの距離の単位はあったはずで、
「歩」を意味する身体尺があったのかもしれない。
その「倭国の歩」がどれぐらいの大きさなのかは誰にもわからない。

892 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 18:47:48.97 ID:lczPKpiF0
畿内の狭い地域に天皇以外に奇術を操る宗教的中心が存在したとか普通に考えて無理があるんだよな

卑弥呼は天皇だったか、別の文化圏の指導者だったか、二つにひとつだね

893 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 18:48:06.91 ID:v22Ctp+a0
あのさ、魏志倭人伝ってどこが記録したの?
支那でしょ
なんで中共に聞きに行かないの!
日本人が解釈する話じゃないだろうが!
なんで聞かないの?
おかしいだろ。

894 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 18:49:46.02 ID:AHlXaBIF0
>>891
読み手は当時の中国人だったのであろうから、単純に中国の単位系で表記したと思ったけど、
そう単純では無いということですね。

895 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 18:51:05.86 ID:h4hEmcdX0
>>876
まずは魏志倭人伝を読もうよ
理解してないから、延々つまらん質問しかできないんだよ

また海を1000余里渡ると、末廬国に至る。4000余戸が有り、山海に沿って住む。草木が茂り、前を行く人が見えない。魚やアワビを捕るのを好み、皆が潜る。
東南に陸行し、500里で伊都国に到着する。長官は爾支(にき)、副官は泄謨觚(せもこ)と柄渠觚(へくこ)。1000余戸が有る。世、王が居た。皆、女王国に属する。帯方郡の使者の往来では常に駐在する所。

896 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 18:51:45.43 ID:+QL3oHs70
九州だと言うからw
九州だと言ってるしねw
都合が悪いよね、畿内論者からしたら♪学者はほぼ畿内推しwww

897 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 18:52:24.58 ID:7FL+gdbT0
まず大陸の文明が九州に伝わる
九州の勢力が西の人口の多い土地を求めて畿内にたどり着いて王都を作る
時々海外から情報を仕入れて文明を更新していく
九州に来た物はまず畿内に奏上される。
この九州から畿内までの支配圏を邪馬台国という
これは卑弥呼が生まれるずっと前に成立したこと

邪馬台国こそ大和王権の祖であり、日本国はここから続いている。
九州説とか畿内説とかは全く意味が無い。どっちも邪馬台国
王都があったのは畿内だ

898 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 18:52:29.46 ID:v22Ctp+a0
>>894

そういう話も全部含めて、なんで中共に聞きに行かないの?
おかしいだろ?
記述した当事者の言語の末裔に聞きに行くべきだろ?
江戸時代からずっとこんなんだぞ、もう限界だ。

899 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 18:53:02.57 ID:VsvDnp9KO
まぁ何といってもモモソの行動力をなめてはいけない。
奈良盆地から淡路島をへて吉備、讃岐や愛媛までカバーしてんだからな。
これがハタチ以前の逸話なんだから卑弥呼の
若い頃の逸話と被るのは間違いない。
土蜘蛛の女とは訳がちがう、七万戸をまとめるに相応しい存在だろう。

900 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 18:53:06.17 ID:qyspIlwj0
>>895
それのどこが、
「方位が違うのはなぜか?」
「悪路に苦労しながら、港から港へ歩いて行ったのはなぜか?」
の説明になってるの?

901 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 18:53:14.59 ID:EcwUb7dK0
>>893さん
中共とシナは違うよ

902 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 18:53:56.58 ID:EQl4Ytha0
>>893
支那人って呼ぶとそう呼ぶな!って言い出す奴ら(つまり偽者)になに聞けっていうのさ?w

903 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 18:57:14.63 ID:7FL+gdbT0
帯方郡から12000里のところに邪馬台国の支部庁舎がある。これが吉野ヶ里
帯方郡から水行10日、陸行1月のところにあるのが飛鳥

904 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 18:57:55.67 ID:xu5ogYqy0
図星を付かれたら半島人認定w
やたら書き込んでることといい、ほんと程度が低い馬鹿 ID:0RoXxFGg
どうせいつものコピペするしか能がない馬鹿だろうけど

905 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 18:57:56.06 ID:v22Ctp+a0
>>901
>>902

いやいやいやいや、魏志倭人伝は日本の学者より
中共の学者のほうが正確に読めるはずだろ?
古代とはいえ母国語なんだから。
もし、この魏の時代の記述に関して今の中共が全く不案内なら
それはそれで、面白いことになるけどね

906 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 19:00:53.73 ID:AHlXaBIF0
>>898
三国志魏書東夷伝では、日本以外の烏丸や鮮卑なども記載されているから、それらとの比較研究でもされてれば
参考になる意見を聞けるのかもね。

907 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 19:01:20.68 ID:+zMuaBnY0
>>273
畿内説を唱えてた有力な学者がスポンサーの意にそったとか
カミングアウトして失墜したでしょw

宗教的な意味で譲れない勢力が学問を妨げているw

908 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 19:01:55.42 ID:CgdMMaCE0
>>890
家族が別々に寝てるという記載から
1人1戸と考えたら人口はたった7万人だし

人が生きていくには水と食料が必要
そこで生活ができるかどうかよ

他の地域ではこれだけの
高条件は揃わないレベルで

当時の阿波は過密人口でも
食わせていける可能性は高い(´・ω・`)

909 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 19:02:03.33 ID:pudtSIwh0
>>905
中国の学者のレベルって、南朝鮮人のそれと変わらんぞ…
捏造しまくってて自分たちですら何をどう改変したかわかってないレベル

910 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 19:02:04.08 ID:EQl4Ytha0
>>905
素でそういう現状じゃねーの?

911 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 19:02:13.03 ID:+QL3oHs70
あちらは、九州って言ってんじゃん。

912 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 19:04:14.22 ID:h4hEmcdX0
>>908

アホ国がそんなに重要な土地なら、今の凋落っぷりは何だ?
お前はそれを考えた方が余生が楽になるぞ

913 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 19:04:59.94 ID:v22Ctp+a0
>>906

魏志倭人伝って支那の正史だろ?
つまり、自国民にわかるように書いてあるはずのものだ。
それを今の中共がわからないなら、漢民族だの何だのという話も
全く現代に関係ないということになるわけよ。
漢なんて魏の前だからね。

914 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 19:05:36.79 ID:+QL3oHs70
>>907
畿内から何も出ないからだよ。その逆に出てはいけない物が出て、顔面蒼白したって有名な話じゃんwwww

915 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 19:06:31.03 ID:UXfUx6Vu0
近畿説では、大陸史書との整合性が取れへん

916 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 19:08:34.36 ID:viCH8clD0
現代中国人は繁体字は学校で教えて貰わないので
漢文は読めない人が多いだろうな、研究者は別だが
中国共産党70年の無神論の歴史では過去は葬りたいし
金にならんのでどうでもよいと思っているだろう

917 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 19:08:48.94 ID:v22Ctp+a0
>>909

中共の成立の前後の歴史はダメだよ。
だが、これはその2千年近く前の話だ。
古代については、中共といえども政治的バイアスがかかる理由が無い。
そこは半島とはさすがに違うよ。

918 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 19:09:44.19 ID:KVZJuDwX0
>>913
当時の中国人が日本地図もろくな航海記録も無い日本の畿内のことまで把握できてるわけないから
近場で交易してる一番大きな勢力との付き合を中心に記録するだろうな

919 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 19:11:19.44 ID:CgdMMaCE0
>>912
阿波の名産が巣立ちなんだから仕方ないんじゃね
そもそもが奈良に移動してるし

それに西日本で凋落してない場所があるのか?
東京でなくても横浜市の市に勝てる県が
西日本に存在してるのか(´・ω・`)

920 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 19:12:43.34 ID:+QL3oHs70
他の史書にもはっきりと倭国は九州だと記録されてんじゃん。

921 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 19:14:14.65 ID:v22Ctp+a0
日本の記録じゃないだろ
支那の記録だろ
じゃあ、支那人に聞けよ
アホか

922 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 19:14:39.23 ID:l1t4954K0
耳成山を調査してほしい

↓本当に死火山なの?どうみても人工物にしか見えない
http://img.youtube.com/vi/EeXJBTaPSR4/mqdefault.jpg

923 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 19:16:22.19 ID:7FL+gdbT0
南至邪馬壹國、女王之所都、水行十日、陸行一月

女王が九州に居たなら「女王之所都」いらんし水行十日、陸行一月もかからん
邪馬台国が九州から畿内にかけて支配する国だからこういう記述になる

924 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 19:16:42.17 ID:+QL3oHs70
バカがいるw
当時の日本に字はありませんw.w

925 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 19:18:13.68 ID:7FL+gdbT0
九州に卑弥呼が居たら魏の使者が会ってる
陸行一月は倭人が使者に伝えたこと

926 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 19:19:05.96 ID:EQl4Ytha0
>>917
漢族とか言ってる自体がものすごく欺瞞のような?w

927 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 19:20:09.29 ID:EQl4Ytha0
>>924
字というか漢字がなかっただけで記録そのものは存在してたやろ?

928 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 19:21:03.44 ID:v22Ctp+a0
だから支那に行って聞いて来い
この記述にある邪馬台国とは、この地図上でどこですか?
これ一発で終わるんだぞ。
わかるように記述しているはずなんだから。
なんで聞かない?

929 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 19:21:10.06 ID:jvF6wVbx0
再来年あたり是非大河で卑弥呼やって火に油を注いでほしい

930 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 19:21:34.68 ID:7FL+gdbT0
>>918
女王之所都、水行十日、陸行一月

帯方郡から40日もかかる場所は九州には存在しない

931 :(´-`).。o山中狂人 ◆Ojin.714P. :2016/10/13(木) 19:21:45.47 ID:z8YjMZCb0
箸墓古墳の埋葬者と言われている「ヤマト・トトヒ・モモソヒメ」は、4世紀中頃の人物。
卑弥呼は3世紀中頃の人物。しかも卑弥呼の墓は円墳。直径100歩、145メートル。
3世紀中ごろ、皇室の先祖は九州にいた。ちなみに神武天皇は3世紀末頃の人物。

箸墓古墳は卑弥呼の墓ではない。年代の推定が古すぎる。学者は年代推定をやり直したほうが良い。
もしも箸墓古墳が卑弥呼の墓なら、邪馬台国と大和朝廷は無関係。

932 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 19:22:54.10 ID:C+cdK+Kc0
>>923
帯方郡から船で10日で末盧国
末盧国から陸を一月で宇佐

トンネルも橋もない獣道なので他の文献でも平均1日5キロくらいである

933 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 19:22:55.11 ID:h4hEmcdX0
>>900
方位はともかく、距離について 次国であるということはわかるだろ
いきなり伊都国が何処に存在するって思ってるのか?逆に問いたい

なぜ陸行きなのかは、
帯方郡の使者の往来では常に駐在する所。
って記載があるから水行よりも陸行というルートだったと理解してる

934 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 19:23:12.67 ID:EQl4Ytha0
>>928
トの字が大事な物を表してるから日本のはずが無いアル!とか火病起こしてなかったっけ?

935 :◆HKZsYRUkck :2016/10/13(木) 19:23:21.81 ID:UyQAmtLD0
>>900とか
横から済まんが、当時の航海は半ば漂流みたいなもんだから、
陸に着いたらホッとして、再び漕ぎ出す気にはならん気がするw

936 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 19:23:30.49 ID:vOQyXuOM0
>>929
無理無理、天皇家いじることになるから出来ない

937 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 19:26:19.29 ID:v22Ctp+a0
>>936

だから、中共は天皇の歴史とか全然関係ないから
この東夷伝の記述で邪馬台国は現代の地図ではどこになりますか?
って聞けばおそらく一発回答だよ。
「ココアル」
これで終わるんだぞw

938 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 19:27:08.68 ID:UaAdDmSrO
>>919
現状は関係ない
古代から都が栄えた場所には何もなかったことが多い
東京も江戸時代の大火事や東京大空襲後、焼け野原が再興しただけだし
都市部はだいたいそんな感じでしょ

939 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 19:27:26.34 ID:CgdMMaCE0
>>922
俺もそれは思う
奈良の耳成山はどう考えても何か有る気がする

それに九州の耳納山地とかも範囲広いけど
探せば絶対に何か出てくる気がする(´・ω・`)

940 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 19:28:36.25 ID:vOQyXuOM0
>>937
それをどうやって証明すんだよ
シナの人が言ってるからだけかw

941 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 19:29:10.89 ID:EQl4Ytha0
>>937
かつてココアルで終われなかったからこその今やろ?

そして今だと損得でてけとうな事言うのが予想できる

どう利用したいかまでは判らんけどw

942 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 19:29:14.51 ID:0AHT5Bze0
>>907
畿内説のスポンサーってどこ?

943 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 19:30:02.10 ID:v22Ctp+a0
というかそろそろ中共の学者もこの論争に参加しろよ
それが一番早い
でなければ、中共の大学に行ってだれか聞いて来いよ
それで終わるよ。
確実にw

944 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 19:30:14.76 ID:h4hEmcdX0
>>930
楽勝あるだろ
一日何キロあるく計算してる?
逆にそれで近畿にいける?

945 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 19:30:49.68 ID:EQl4Ytha0
>>943
聞くならまだ台湾じゃね?

946 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 19:31:48.14 ID:v22Ctp+a0
中共の大学にいる日本人って誰かいないの?

947 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 19:31:58.33 ID:7FL+gdbT0
>>932
大所帯で移動する場合と、普段から行き来してるプロでは全然違う。
道を熟知してるプロなら1日20キロは行けるから、一月なら600キロ
魏の使者はそいつに、王都まで何日かかると聞いたんだろ。

948 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 19:32:26.22 ID:v22Ctp+a0
>>945

魏の時代の台湾って何よ

949 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 19:34:01.88 ID:h4hEmcdX0
>>932
その場合の、投馬国と不弥国はどこだと推測してるんだ?

950 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 19:34:43.88 ID:EQl4Ytha0
>>948
オマイが尤もらしい事を言ってるだけの馬鹿だったって事は判ったw

951 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 19:35:00.79 ID:pudtSIwh0
>>948
歴史的な文献は、現在の中国より台湾のほうに残ってる可能性があるかも

毛なくなりそうの時代に大分焼いちゃったと思う

952 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 19:36:35.97 ID:v22Ctp+a0
>>951

歴史的な文献?
いや、文献は魏志倭人伝だから

953 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 19:37:50.73 ID:MXAWJvPO0
>>951
文献持ち出して台湾に渡るの?

954 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 19:38:15.71 ID:7FL+gdbT0
使者が一月かけて宇佐まで行ったんだったら女王に会ってるはずだが
邪馬台国の人間が宇佐まで一月かかるって行ったのなら九州人は相当足が短い

955 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 19:39:05.92 ID:7RxOUn420
アトランティスみたいに海底に沈んでたらかっこいいのに

956 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 19:39:21.67 ID:7FL+gdbT0
>>949
投馬国は沖縄だろな

957 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 19:39:34.25 ID:ozv6dpDU0
>>943
中共は文盲だが・・・
大体簡体字しか知らんだろ(^o^)
それはそうと漢語は不正確な言語だから日本の読み下し文を見て初めて
古典が明快に理解できるようになったと言っていた支那人が居るぞ。

958 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 19:40:04.87 ID:qyspIlwj0
>>933
「方位が違うのはなぜか?」と聞いてるのに、
「方位はともかく」じゃ答えになってないよ。

伊都国は小城市あたりで、長崎を迂回するのが大変で、
リスクも増えてしまうから陸行したと考えている。

常駐する所だったらなぜ船で行けないのか、
もうちょっと詳しい説明を頼む。

959 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 19:41:54.45 ID:VsvDnp9KO
耳成山は鍵だよね。藤原京、平城京に平安京全てに影響与えてる。

960 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 19:42:07.99 ID:1PTXEW1V0
>>899
ももそはいよちゃんでしょ

961 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 19:42:29.87 ID:v22Ctp+a0
>>957
だからそれはそれで面白いだろ。
だが、まず現代においても我々は漢民族の子孫だ!
と言ってる中共の学者に聞くべきなんだよ。
魏なんて漢のあとなんだから、楽勝でしょ?わかるよね?
ここの場所はどこなの?
ねぇ・・どこ?
って聞いて来いって言ってるの。
魏志倭人伝は魏の国の人に明確にわかるように書いてあるはずなのだから。

962 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 19:43:57.39 ID:+I6ifhUn0
だから邪馬台国は存在しなかったんやで

邪馬台国はアイドル卑弥呼の興行会社や
同盟国を巡業して興行やってたんや
それが皆で女王を選んだってくだりやで

だから邪馬台国はその同盟国の中にあったってだけや
だから九州も畿内も邪馬台国があった時代があるってだけや
邪馬台国創業の地は九州で間違いないが
卑弥呼が高齢で巡業公演できなくなると畿内に常設劇場を作ったんや

これが答えやで

963 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 19:44:09.23 ID:pudtSIwh0
>>953
台湾に元々住んでたヤツらが何かしら文献残してる可能性もあるんじゃね?
俺が言いたいのは親密な国交があったなら複数の文献が出てきて然るべきだし、
魏志倭人伝だけに固執して場所がどっちとか特定は無理だろ

そもそも観測技術も疑わしいのに、何でそれを根拠にどっちの説も展開してんのか
意味がわからん、日数だとか距離とか明らかに不正確だろ
GPSでもあったんかよ

964 :◆HKZsYRUkck :2016/10/13(木) 19:44:23.13 ID:UyQAmtLD0
>>950
ミミナリさんと言えば投馬国の副官だよね。
やはり邪馬台国は三河だったのか。うんうん。

965 :◆HKZsYRUkck :2016/10/13(木) 19:44:51.53 ID:UyQAmtLD0
>>964
あ、>>959へのレスじゃった。

966 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 19:45:12.94 ID:qyspIlwj0
>>935
外海を渡ったり、関門海峡みたいな難所ならともかく、
唐津〜糸島は海岸線沿いだから大丈夫。

967 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 19:45:53.43 ID:+gW8vrlg0
>>248
どんだけ漕がせるんだよw
>港から陸行した方がましだろ

その考えは違うと思う。

968 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 19:46:17.47 ID:7FL+gdbT0
常識的に考えよう
使者の言う一月とは自ら陸行した数字じゃない。王にはあってないから
じゃあ何をもって一月かだ。
邪馬台国の人間が魏の使者の格好を見て、お前らなら一月だなとでも言ったのか。
それではいはいと謙譲的な文言を残すかね。
魏の使者は邪馬台国の人間なら王都までどれほどかかるか聞いたはずだ。
地元の人間が一月かかる場所に王都はあったんだよ。常識的に考えよう。宇佐みたいな近くにあるわけない。

969 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 19:46:30.67 ID:h4hEmcdX0
>>958
どれも完璧なら場所は特定されてる
方位 距離 次国のうちに 更に次国が奴国で博多あたりを想定してるために
方位はともかくと表現したまで

して、あなたの考える奴国はどこだと思ってる?
それと小城に伊都だと想定した理由は?

>常駐する所だったらなぜ船で行けないのか

陸行の方が都合のよい場所にあったから
次の国に行くには便の良い場所にあったからと考えてる

970 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 19:46:48.59 ID:C+cdK+Kc0
>>949
投馬国は薩摩国
帯方郡から南に船で20日なので合致する

不弥国までの行程も帯方郡からのルートは詳細に書いてある。宇美が有力。

不弥国までと、投馬国までと、邪馬台国まで、それぞれが帯方郡が起点。

971 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 19:47:12.17 ID:+I6ifhUn0
でなぜあんな記述だったかと言うと
卑弥呼の同盟国コンサートツアーがあった地をこれ見よがしに連れまわされた結果やで

魏の人間にはアイドルという概念も巡業公演の概念もなかったからああいう記述になったんや

972 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 19:47:40.09 ID:VsvDnp9KO
モモソがイヨの可能性は勿論ある。でも卑弥呼の逸話にも色々近いかな。
でもイヨとなるとモモソ母であるオオヤマトクニアレ姫
という人物がクローズアップされるんだよな。
淡路島の宮にいたというのも怪しい。

973 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 19:47:40.19 ID:v22Ctp+a0
>>963

それも憶測だろ?
だから、聞いて来いって言ってるの。
当時は全てがデタラメでこの記述は意味がありませんということなら
この話そのものが終わりだよw

974 :◆HKZsYRUkck :2016/10/13(木) 19:48:30.88 ID:UyQAmtLD0
>>966
漕ぎ手は疲れてるんだよ。
 偉い人「じゃあ、一服したら伊都国に向けて出発しよう」
 漕ぎ手「ぶーぶー」
となる。

歩くよりも船の方が楽になるのは、帆船が発明されてからの話なのだ。

975 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 19:48:41.31 ID:h4hEmcdX0
>>956
沖縄までいって、また宇佐に戻るの?
なんで なんで なんで?

976 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 19:50:32.54 ID:loWWhloi0
支那の人が何人か邪馬台国関係の発表してるよね

977 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 19:50:59.43 ID:v22Ctp+a0
要するにね
いい加減にしろってこと
この話は戦後じゃないぞ
明治時代でもない
江戸時代から延々とやってるんだぞ
何百年経ってると思ってるんだ
ふざけるなってこと
わからないってわかっているんだから
聞いて来い、うんざりだ

978 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 19:51:15.59 ID:pudtSIwh0
>>973
えーお前が聞いてこいよ

俺どっちゃでもいいし

979 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 19:51:22.87 ID:C+cdK+Kc0
>>968
トンネルも橋もない曲がりくねった獣道で英彦山や耶馬渓を超えなくてはいけない。
山一つ越えるのも1日がかりになる。
英彦山周辺の山を歩いたら分かるが、
他の文献でも1日5キロくらいだ。

980 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 19:52:08.38 ID:h4hEmcdX0
>>970
薩摩まで行って、宇佐に北上する理由は?
投馬国を薩摩とするなら、いっそのこと沖縄台湾に邪馬台国があると
出張してもらったほうがスッキリするw

981 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 19:52:18.50 ID:CgdMMaCE0
>>974
荷物も運ぶのに歩くより船の方が楽で便利じゃね(´・ω・`)

982 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 19:53:34.36 ID:qyspIlwj0
>>969
>どれも完璧なら場所は特定されてる

されていないと言っている。

こちらは根拠を挙げているのに、
どうして何の根拠も挙げずに否定するのか?

小城市は距離と方位と地理的条件が合う。

>陸行の方が都合のよい場所にあったから

前も見えない悪路なんだから、
それは明らかに間違いだ。

983 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 19:55:03.33 ID:rZkgeHmt0
>>972
イザナミの雛型じゃないかって気がする

984 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 19:55:42.79 ID:C+cdK+Kc0
>>980
帯方郡が起点
北上はしない

985 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 19:55:50.93 ID:8QHw2gNd0
畿内説が有力と書かれた教科書も出てきてる状況で
いまだに九州説にしがみついてるやつ何なの?

986 :◆HKZsYRUkck :2016/10/13(木) 19:55:57.78 ID:UyQAmtLD0
>>981
いや、どうだろなあ。
漕ぎ手が分担して担いで歩いたほうが、漕ぐより楽な気がする。
徒歩なら好きなところで休めるけど、海の上では漕ぐのを
やめるわけにはいかんし。

987 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 19:56:12.95 ID:vOQyXuOM0
>>979
その英彦山(旧彦山)が卑弥呼と一番関係してる場所だと
素人俺は思ってる

988 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 19:56:23.43 ID:UaAdDmSrO
投馬国→殺馬(さつま)国だったんじゃないか

989 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 19:56:53.77 ID:qyspIlwj0
>>974
漕ぎ手は社畜みたいなもんだから、
こき使えばいいんだよ。

990 :◆HKZsYRUkck :2016/10/13(木) 19:57:27.84 ID:UyQAmtLD0
>>989
漕ぎ手「ふぁっきゅー」

991 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 19:57:46.93 ID:nbIqWpOj0
>>958
方位を正しいとするなら、その場合
どこにあるのか逆にしりたい。
なんらかの間違いがあるからの謎なんだから

伊都国よりも、奴国以降があやしいんじゃないか?

992 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 19:58:07.41 ID:C+cdK+Kc0
>>987
東が海で約千里先に四国だと宇佐になる

993 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 19:58:45.86 ID:7FL+gdbT0
>>979
現代の獣道とその時代の幹線道が同じなわけないだろ
頻繁に行き来する必要があるんだから整備されてるんだよ
唐津から宇佐まで一月は当時の人を馬鹿にしすぎ

994 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 20:00:57.98 ID:qyspIlwj0
>>991
だから小城市は方位も距離も地理的条件も、
伊都国の記述に合ってるの。

995 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 20:01:50.30 ID:C+cdK+Kc0
>>993
他の文献でも一月くらいだ
山ひとつ越えるのに1日がかりで山を20くらい超えなくてはいけない

996 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 20:02:42.04 ID:+QL3oHs70
誰かー、スレ建てなさい

997 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 20:03:21.40 ID:7FL+gdbT0
>>991
邪馬台国と王都を区別できてない

998 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 20:05:18.63 ID:h4hEmcdX0
>>982
して、あなたの考える奴国はどこだと思ってる?
もちろん不弥国も


根拠をあげてると言ってるが全く具体的ではない
伊都国の場所を小城にしたいようだが、次の不弥国投馬国
そして邪馬台国が何処だとして、都合のいい解釈をしているんだ?

999 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 20:05:20.39 ID:qyspIlwj0
>>991
伊都国=小城市、奴国=佐賀平野、不弥国=大川市、邪馬台国=熊本平野。

ここまでが里数表記でわかりやすい所。
ここからは情報が少ないので一例。

極南界の奴国=宮崎平野、狗奴国=球磨&曽於、投馬国=薩摩。

1000 :名無しさん@1周年:2016/10/13(木) 20:05:30.11 ID:7FL+gdbT0
>>995
移動形態による
どういう形態だと一月かかるのかが問題
山師が身軽で行くのと歩かない奴を背負っていくのとでは全然違う

1001 :1001:Over 1000 Thread
このスレッドは1000を超えました。
もう書けないので、新しいスレッドを立ててくださいです。。。
life time: 19時間 56分 30秒

1002 :1002:Over 1000 Thread
2ちゃんねるの運営はプレミアム会員の皆さまに支えられています。
運営にご協力お願いいたします。


───────────────────
《プレミアム会員の主な特典》
★ 2ちゃんねる専用ブラウザからの広告除去
★ 2ちゃんねるの過去ログを取得
★ 書き込み規制の緩和
───────────────────

会員登録には個人情報は一切必要ありません。
月300円から匿名でご購入いただけます。

▼ プレミアム会員登録はこちら ▼
http://premium.2ch.net/
http://pink-chan-store.myshopify.com/


317 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)