5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【?】漫画は読書の範疇に入るのか©2ch.net

1 :Charlotte ★ 転載ダメ©2ch.net:2016/09/17(土) 21:22:25.49 ID:CAP_USER9
若い世代の活字離れが叫ばれるようになって久しいが、発言小町に「漫画は読書の範疇でしょうか」というトピックが立ち、議論となっている。

トピ主の女性は、「趣味は読書(主に漫画)」と自己紹介されたブログを見て違和感を抱いたという。日本の漫画のクオリティは高いため、漫画を読書と思えない自分はおかしいのでは?と疑問に感じ、意見を求めていた。トピックが立った8月以来、多数の書き込みが寄せられている。

■「読書だと思う」と回答した人はわずか2割

トピック内では、「読書とは活字が主の本を読むことをさす」「漫画は読むというより見るもの」など、漫画は読書ではないという意見が続出。漫画が好きという人からも、「会話文がほとんどで、論理的な組み立てのある段落などがない」として、漫画は読書ではないという書き込みも見られた。

一方で、「公立図書館に漫画が置かれるようになった」などと、漫画がすでに市民権を得ている、といった指摘もある。

「原文がしんどいので現代語で読んだ『源氏物語』は何が何だかさっぱり分からなかったのですが、牧美也子さんの『源氏物語』を読んで、ああ、そういう話だったのか!と初めて分かりました」

たしかに、古典や歴史関連など、原文だけでは理解が難しい内容でも、漫画であれば理解しやすくなるケースもあるだろう。

以下ソース
https://news.careerconnection.jp/?p=27428

2 :名無しさん@1周年:2016/09/17(土) 21:22:40.48 ID:3/33Qe6/0
入らんよ

3 :名無しさん@1周年:2016/09/17(土) 21:23:06.10 ID:0aInJHtK0
ただしバーローは除く

4 :名無しさん@1周年:2016/09/17(土) 21:23:19.22 ID:eIwET5h50
入るわけねーだろバカが

5 :名無しさん@1周年:2016/09/17(土) 21:24:09.31 ID:VI3P5mX+0
じゃあなんて言うんだ

6 :名無しさん@1周年:2016/09/17(土) 21:24:19.73 ID:CI+O1htv0
読書でなく毒マンやろ

7 :名無しさん@1周年:2016/09/17(土) 21:25:23.45 ID:lItlqBoE0
じゃあラノベは?

8 :名無しさん@1周年:2016/09/17(土) 21:25:31.48 ID:iFqDtK8N0
入らないだろうが!
漫画は漫画でレベルの高い物もあるが、
活字読書とはまた別のもの

9 :名無しさん@1周年:2016/09/17(土) 21:25:31.67 ID:t//s00Ti0
>>2
で終わってた (´・ω・)y-~

10 :名無しさん@1周年:2016/09/17(土) 21:26:01.47 ID:CI+O1htv0
まあ漫画は読書というのは違和感感じるけど、漫画好きなやつの大半は読書もしてると思う

11 :名無しさん@1周年:2016/09/17(土) 21:26:27.99 ID:PY9blvme0
まあ、一般的には活字の本を指すだろ

12 :名無しさん@1周年:2016/09/17(土) 21:26:36.38 ID:wF3NsSi70
新聞も読書に入りません

13 :名無しさん@1周年:2016/09/17(土) 21:27:04.74 ID:MYblK7U50
馬鹿はそもそも漫画すら理解できない
「なんでそんな解釈になるんだ?」ってコメントをいくつも見てきた
読書をする前に、馬鹿はもっとやらなきゃならないことがある
話はそれからだ

14 :名無しさん@1周年:2016/09/17(土) 21:27:31.96 ID:I4xbIPjb0
紙面に占める文字の割合うんぬん...

15 :名無しさん@1周年:2016/09/17(土) 21:27:33.34 ID:HVrd/YP00
KY麻生が読書家になるのかwwww
胸が熱くなるなwww

16 :名無しさん@1周年:2016/09/17(土) 21:28:13.99 ID:umRJOwTI0
新ゴーマニズム宣言は?
漫画ゴラクは?
まんがタイムきららは?
のらくろ三等兵は?

17 :名無しさん@1周年:2016/09/17(土) 21:28:47.25 ID:wCk5u6vB0
本読んでると、イラストが邪魔に感じたりするからなあ。
ステマのようで。

18 :名無しさん@1周年:2016/09/17(土) 21:29:06.18 ID:Ng5/xFcA0
(アニメか?)

19 :名無しさん@1周年:2016/09/17(土) 21:29:10.88 ID:n0uW8h970
漫画は読むものか?

20 :名無しさん@1周年:2016/09/17(土) 21:29:17.03 ID:RN1CSi960
絵があるから美術鑑賞だね

21 :名無しさん@1周年:2016/09/17(土) 21:29:18.72 ID:8TmhfnEN0
2ちゃんねるも読書だな

22 :名無しさん@1周年:2016/09/17(土) 21:29:33.04 ID:Etyg5DGB0
アニメは読書に入りますか?

23 :名無しさん@1周年:2016/09/17(土) 21:30:03.66 ID:V3WlJ9hE0
むしろチョンピースなんか読んだひにゃ有害でしかないというw

24 :名無しさん@1周年:2016/09/17(土) 21:30:32.11 ID:onyya2NO0
入るわけなかろうもんw
漫画なんぞ見てる奴らはみんな馬鹿w

25 :名無しさん@1周年:2016/09/17(土) 21:31:01.03 ID:wioo8KfK0
>>22
アニメは本じゃねーだろ。

26 :名無しさん@1周年:2016/09/17(土) 21:31:01.61 ID:RN1CSi960
>>22
美術鑑賞プラス音楽鑑賞だね

27 :名無しさん@1周年:2016/09/17(土) 21:31:42.44 ID:NARA5YkY0
>>19
読む以外の動詞は使ったことないな
もしかすると最近は「漫画を見る」って人もいるのかな?
それでも読書だとは思わんが

28 :名無しさん@1周年:2016/09/17(土) 21:32:07.33 ID:rgnmhYoB0
電車とかでもまともな会社員は日経関係を読んでるけど
底辺はジャンプとか読んでて分かりやすいよね

29 :名無しさん@1周年:2016/09/17(土) 21:32:12.88 ID:VroePau00
コヴァ曰く、昔、漫画を電車で読むのはどうかとか論争したが
漫画でも読んでくれてりゃその内活字の世界にも来てくれたかもしれなかったわけで
あんま叩くべきじゃなかったとか愚痴ってたっけ

30 :名無しさん@1周年:2016/09/17(土) 21:32:36.76 ID:wioo8KfK0
>>24
意識高い系の自己啓発本は漫画より下かもしれない

31 :名無しさん@1周年:2016/09/17(土) 21:32:37.90 ID:JMnxRE720
理工書医学書以外はただの娯楽

32 :名無しさん@1周年:2016/09/17(土) 21:33:20.15 ID:RN1CSi960
>>28
むっつりスケベとハッキリスケベみたいなあれか

33 :名無しさん@1周年:2016/09/17(土) 21:33:32.72 ID:4MYViywF0
文字だけで情景を考察して脳にインプットする
読書と異なり、漫画では脳への記憶は漫画その
ままで脳の活性化は限定される。

34 :名無しさん@1周年:2016/09/17(土) 21:34:24.67 ID:oQAsqnMT0
ほこたてかおとたけでやらんかなぁ。



自己笑介: http://www.youtube.com/playlist?list=PL_HFY-9S4cNYCcEBcUj-erH4MJn5hn58X

35 :名無しさん@1周年:2016/09/17(土) 21:34:41.40 ID:oEy+RQZK0
>>1
漫画本も書籍扱いだから、広義の読書で良いと思う

狭義の読書は、活字では無く毛書で書かれた物で無ければな
印刷物など論外だろう

36 :名無しさん@1周年:2016/09/17(土) 21:34:41.64 ID:JfJh8iWd0
歴史書や哲学書、学術書のような価値は無いだろうが、
小説よりはマシな内容のものが多いけどな。

37 :erisuMkII:2016/09/17(土) 21:34:53.89 ID:bzmDCLhI0 ?2BP(1000)

ライトノベルは読書に入るのか!?
ライトノベルの定義とは???

38 :名無しさん@1周年:2016/09/17(土) 21:35:18.74 ID:or6IDsIz0
読書というよりどっこいしょだな

39 :名無しさん@1周年:2016/09/17(土) 21:35:36.81 ID:sF7Nw66L0
絵本は読書の範疇に入るのか?

40 :名無しさん@1周年:2016/09/17(土) 21:35:52.11 ID:HVrd/YP00
>>22
作品によっては、文学鑑賞になったり、芸術鑑賞になったり、人生鑑賞になるよw

41 :名無しさん@1周年:2016/09/17(土) 21:35:58.14 ID:66tqW7I30
>>28
経済記事がアテにならない日経新聞か

42 :名無しさん@1周年:2016/09/17(土) 21:36:06.58 ID:umRJOwTI0
ポプリクラブは?
ペンギンクラブは?
コミックパピポは?
わたなべわたるのマンガは?
山崎大紀のマンガは?

43 :名無しさん@1周年:2016/09/17(土) 21:36:23.53 ID:FUlOKYai0
めんどくさいから逆に権威主義おバカ用に権威主義おバカが良しとするような本を読むかっこいい行いを「お読書」とか「上級読書」とかにしてやりゃいい

44 :名無しさん@1周年:2016/09/17(土) 21:37:47.18 ID:FcdQ312h0
>文字から情景がありありと浮かぶ

脳味噌湧いてんのか??
状況描写を長々読む時間が無駄だろうがアホ、漫画はいわばコンテ
心理描写から映像表現まで直接読者へ届けられるわけだ

45 :名無しさん@1周年:2016/09/17(土) 21:38:04.63 ID:BxOjU0cc0
まずは、

「書」とはなんぞや?

という言葉の定義をしないと、不毛な議論にしかならない気がする。

一般に「書籍」と言えば漫画も含むと思うから、漫画読んでも「読書」にはなるんじゃね?とは思うが。

46 :名無しさん@1周年:2016/09/17(土) 21:38:14.30 ID:eQM/IOQf0
>>1
入らん、単にみてるだけだ
今更だ

47 :名無しさん@1周年:2016/09/17(土) 21:39:27.34 ID:71rFsvwn0
ラノベを読みながら↓

48 :名無しさん@1周年:2016/09/17(土) 21:39:33.98 ID:gYM6abc50
なろう系は編集さんがなんとかすればちゃんと読めるようになると期待して買ったらどうにもなってないのが多くて読むの諦めた

49 :名無しさん@1周年:2016/09/17(土) 21:39:36.06 ID:xCm9xwHc0
漫画もラノベも絵本も全部同じ読書だよ
展開や状況を想像し先を考えるからね
ついでに文字も覚えられる

50 :名無しさん@1周年:2016/09/17(土) 21:39:39.29 ID:JfJh8iWd0
>>45
今じゃ小説みたいなもん読んでも読書って言うからな。

51 :名無しさん@1周年:2016/09/17(土) 21:40:30.81 ID:W0tj/KpA0
100年以前に書かれた書物のみ読書だな

52 :名無しさん@1周年:2016/09/17(土) 21:41:01.53 ID:WvBvsuEq0
今日、昼間の番組を見てたら若手俳優が読書が好きで紹介するという
のをやってたが、マンガを紹介してたのには驚いた。マンガで読書は
ないだろ。

53 :名無しさん@1周年:2016/09/17(土) 21:41:04.18 ID:r7iVjOif0
漫画はシナリオ作家がピッチャーで画家がバッター。本格小説も相性のいい漫画家との構成ならなそれなりにはなる。シナリオがダメなら画力という打線勝負だが絵のみがクローズアップされるだろう。ピッチャーがダメなら鳥山明でもさいとうたかをでも限界がある。

54 :名無しさん@1周年:2016/09/17(土) 21:41:15.61 ID:+Chnj63D0
さっき戦国妖狐読んで泣いちゃった

55 :名無しさん@1周年:2016/09/17(土) 21:42:13.35 ID:3vW51ZE90
クソみたいな純文学読むより漫画読んだほうが無駄な時間を過ごせる

56 :名無しさん@1周年:2016/09/17(土) 21:42:41.49 ID:2SFV1NTb0
>>29
ケンドーコバヤシもなかなかいいこと言うな

57 :名無しさん@1周年:2016/09/17(土) 21:44:30.60 ID:umRJOwTI0
>>53
その例えは分かりにくい。
鳥山明やさいとうたかおはピッチャーでもバッターでもあるから。

58 :名無しさん@1周年:2016/09/17(土) 21:45:13.30 ID:wioo8KfK0
>>54
戦国妖狐、気になっていたがやっぱ良いんか。

ところで、嫌韓本ばかり読んでる奴と9条教の教本ばかり読んでる奴も読書なんだよな。

59 :名無しさん@1周年:2016/09/17(土) 21:45:22.36 ID:xao8nry60
ニュースじゃないな
同じスレ芸スポにも立ててなかったか

60 :名無しさん@1周年:2016/09/17(土) 21:45:27.67 ID:cN39c49i0
>>1
手塚治虫は入るかな

61 :名無しさん@1周年:2016/09/17(土) 21:45:32.08 ID:r7iVjOif0
>>57
一般論

62 :名無しさん@1周年:2016/09/17(土) 21:46:16.47 ID:7dx6KJsi0
漫画を読む
漫画を見る
普段どっちを使うかで決まる
書物を読むなら読書だろ

63 :名無しさん@1周年:2016/09/17(土) 21:46:36.78 ID:2SFV1NTb0
漫画が読書の範疇に入らないとしたら純文学なんてなおさらだな

64 :名無しさん@1周年:2016/09/17(土) 21:46:38.21 ID:v12ElnXS0
そういや、昔、落合ノビーが電車内でマンガを読んでいるサラリーマンのことをディスってたな。

65 :名無しさん@1周年:2016/09/17(土) 21:48:34.82 ID:2SFV1NTb0
>>57
ちゃうだろ

さいとうたかは監督で、小池一夫がピッチャー
小島剛夕がバッターじゃね?

66 :名無しさん@1周年:2016/09/17(土) 21:48:35.17 ID:X4k3YpNc0
今時の若者は漫画ですら難解で意味を捉えられないからな

67 :名無しさん@1周年:2016/09/17(土) 21:48:38.29 ID:GCX42tWz0
漫画は読書ってよりはレクリエーション
娯楽

68 :名無しさん@1周年:2016/09/17(土) 21:48:39.35 ID:PVtHmzpS0
あったりめーじゃん!w
吹き出しがなければ展開わかんねーよ
吹き出しってテキストじゃん!

69 :名無しさん@1周年:2016/09/17(土) 21:48:53.97 ID:Jz+8ech/0
他人の自己紹介に難癖つけるなんて
ホントくだらねー女だな

70 :名無しさん@1周年:2016/09/17(土) 21:49:01.43 ID:0i4v0ehU0
さてと、エロ同人でも読むか

71 :名無しさん@1周年:2016/09/17(土) 21:50:33.78 ID:BYKp7nVK0
ゾンビが溢れる世界で俺だけが襲われない
は文章だけなのに頭に情景がスッと入ってきて、凄く面白かった
エロ小説で未完だけど

72 :名無しさん@1周年:2016/09/17(土) 21:51:14.86 ID:6o70tWMH0
小説読むと、難しい言葉の言い回しとか覚えられる( ´・ω・`)

73 :名無しさん@1周年:2016/09/17(土) 21:51:31.46 ID:6BIt4Nb30
勉強になったり視野を広げる一助となる古き良き作品もあるにはあるが
それらのことを褒めるために「読書に入る」とか言ってしまうと
萌えポルノや現実逃避漫画を好む奴らが便乗して漫画は素晴らしいとか言い出すから
あえて「入らない」で良い
賢い漫画家は「漫画は(トータルで見ると)そんなもんだ」と理解してるはずだし

74 :名無しさん@1周年:2016/09/17(土) 21:51:43.46 ID:FcdQ312h0
漫画というのは内容がなくてもいくらでも引っ張れてしまう怖さがある
これはアメドラに通じる

75 :名無しさん@1周年:2016/09/17(土) 21:52:11.21 ID:MvE7I3me0
週刊誌は読書でしょうか?

76 :名無しさん@1周年:2016/09/17(土) 21:53:01.80 ID:1+ipq/wA0
漫画が入らないとするとラノベや携帯小説も入らない

しかし昨今は漫画すら読めない子供が増えたので、週刊紙でもなんでも読書で良いのではないかと思っている

77 :名無しさん@1周年:2016/09/17(土) 21:53:48.53 ID:r7iVjOif0
>>65
漫画界の一般論。手塚さんなどのプレイングマネージャー型のチームも当然ある。シナリオと絵に別れた現在の一般論。

78 :名無しさん@1周年:2016/09/17(土) 21:54:08.98 ID:Ra5OxFeF0
>>64
あれ大嘘だから。
サンディスクの社長は大のアニメ好きで、ノートPCに元祖ルパン三世全巻入れて持ち歩いてた。
机はコミックだらけだったし、
91, 2年頃からちょくちょくNEC府中事業場に来てたが、
漫画好きを公言していた。

でノビーいわくそんなの上司に見つかると首だっけ?w

79 :名無しさん@1周年:2016/09/17(土) 21:54:50.99 ID:rIkzUOqL0
>>1
糞スレ立てんなボケ

80 :名無しさん@1周年:2016/09/17(土) 21:57:55.44 ID:dqKgRo7F0
>>1
>若い世代の活字離れが叫ばれるようになって久しいが、

まずここが間違い
若い奴らは本読んでる

81 :名無しさん@1周年:2016/09/17(土) 21:59:42.15 ID:01iOJrXT0
アニメの声優キモすぎ(笑)
キザっぽいしゃべり方がほんとキモいよ(笑)
どんな育ちかたしたらあんなキモくなんの(笑)

82 :名無しさん@1周年:2016/09/17(土) 21:59:51.76 ID:krkQG7Ww0
教育の失敗で 本を読まないのが普通の人も多く、国を傾ける傾向になっているのでなおすといい

83 :名無しさん@1周年:2016/09/17(土) 22:00:03.23 ID:5jO8l6f/0
視漫

84 :名無しさん@1周年:2016/09/17(土) 22:03:56.95 ID:t0CjqHtJ0
地図は読書に入るか?と言うのと同じ
入るとも言えるし入らないとも言える
地図から地形や地誌を読みとるなら読書だろう
(軍事作戦で最も重要なのが地図や海図)
漫画でも表面以上を読むなら十分読書だ
チャーリーブラウンものび太も並みの書籍以上の価値あり

85 :名無しさん@1周年:2016/09/17(土) 22:04:35.06 ID:01iOJrXT0
>>82
いや、日本語は漫画も小説もレベル低いよ(笑)
もはや日本語なんてサブカルチャーだわ(笑)

86 :名無しさん@1周年:2016/09/17(土) 22:05:14.73 ID:8kITK1Hj0
>>11
じゃあ今の本はだいたいDTPやから読書には入らんなw

87 :名無しさん@1周年:2016/09/17(土) 22:05:50.96 ID:2SFV1NTb0
>>77
いや、だから漫画界の一般論として手塚治虫・さいとうたかお両氏はプロダクション方式の代表じゃねぇか
単にあンたがさいとうたかおを名前だけしか知らなかったってだけだろ

88 :名無しさん@1周年:2016/09/17(土) 22:09:33.92 ID:2SFV1NTb0
>>85
おぃ
日本語は元々サブカルチャーだぞ
メインカルチャーは国語

だから大学でちゃんと学び直して無けりゃ”日本語はムードが無い”って外人に言われても
トンチンカンな受け答えをしてしまう

89 :名無しさん@1周年:2016/09/17(土) 22:11:02.73 ID:Z+jQTk+t0
>>2で終わらすなw

90 :名無しさん@1周年:2016/09/17(土) 22:12:37.07 ID:bthNnTS60
>>87

漫画作家チームやレアケースへの熟知度を競うという局地的なものでは議論趣旨がズレる。

91 :名無しさん@1周年:2016/09/17(土) 22:15:33.85 ID:M3eqc3dO0
読書かどうかなんてどっちでもいい。
でも活字だけの本を読むのは大切だと思う。

92 :名無しさん@1周年:2016/09/17(土) 22:15:36.24 ID:C4rOcoHE0
このスレ前もあったぞ

93 :名無しさん@1周年:2016/09/17(土) 22:18:48.20 ID:IboiZIBa0
漫画は「書」ではないから、読漫とか読漫画とかでいいんじゃない?

94 :名無しさん@1周年:2016/09/17(土) 22:18:52.10 ID:5JmQr1hE0
ドストエフスキーの罪と罰の漫画版は読んだことある

95 :名無しさん@1周年:2016/09/17(土) 22:21:19.49 ID:i/DN8DgV0
小説なんて読んだら人生が終わる

96 :名無しさん@1周年:2016/09/17(土) 22:22:02.07 ID:tJ+rYCiN0
読書に入るだろ
本の中身が絵でも文字でも書物ってのは本の事だから飛び出す絵本も書物だ
漫画が読書に入らないと主張するのは書物を否定する事と同義で焚書とか言論弾圧の前段階だぞ

97 :名無しさん@1周年:2016/09/17(土) 22:22:34.14 ID:bkAPuvWb0
活字本でも、ラノベと京極夏彦では濃厚さがぜんぜん違うもんな

98 :名無しさん@1周年:2016/09/17(土) 22:22:48.47 ID:PePyf44A0
本読めない奴は漫画も読めないよ。

99 :名無しさん@1周年:2016/09/17(土) 22:22:58.82 ID:bthNnTS60
写真つきのガーデニングや釣りなどの実用書を実践してみて、時が経ち試行錯誤の末になんらかまとまってみて、作者の経験からくる感想などを改めて読むと言いたかったことが分かり感慨深いものがある。

100 :名無しさん@1周年:2016/09/17(土) 22:23:32.35 ID:5tr9gNkx0
漫画は知らんがハリーポッターはラノベと同じだろな

101 :名無しさん@1周年:2016/09/17(土) 22:24:51.49 ID:IyTmOGce0
ラノベでも結局挿絵やアニメありきだし

102 :名無しさん@1周年:2016/09/17(土) 22:25:30.28 ID:Yk1PhEQd0
絵本が読書なら、絵本より文字数多い漫画も読書じゃないの?

103 :名無しさん@1周年:2016/09/17(土) 22:25:38.31 ID:X4k3YpNc0
目が悪くて定規当てないと活字本読めない
同じ行読んじゃうんだよ
一行づつ色変えてくれないかな

104 :名無しさん@1周年:2016/09/17(土) 22:27:36.83 ID:CKqpeI8U0
普段からよく読書してるやつは当然マンガも読む。
読むのに貴賎はない。そこに活字があれば説明書や広告でも読む。

105 :名無しさん@1周年:2016/09/17(土) 22:27:40.80 ID:4AaukxQg0
漫画だろうが絵本だろうが週刊誌だろうが
書物なら読書に決まってんだろ、馬鹿か
読者っていうだろ

106 :名無しさん@1周年:2016/09/17(土) 22:28:16.64 ID:bthNnTS60
>>98
それはある。ジャンプ黄金期のとある週に北斗の拳でユリアが南斗最後の将で登場した時に勉強の出来、不出来に関わらず、考える人らは何故かについてかなりの議論になった。

107 :名無しさん@1周年:2016/09/17(土) 22:29:39.27 ID:kf8BeP1GO
入る…訳ないだろドアホ
(´・ω・`)

108 :名無しさん@1周年:2016/09/17(土) 22:29:41.43 ID:grhIvlte0
洋曲を聴くのは語学学習の範疇に入るのか

109 :名無しさん@1周年:2016/09/17(土) 22:30:52.79 ID:W8BKfE2B0
>>81
男も女も声優がキモくてアニメ見なくなったのはあるな

110 :名無しさん@1周年:2016/09/17(土) 22:30:53.44 ID:2CtXTCCI0
漫画を読書と主張するのは漢字検定10級を資格欄に記入するくらいに恥ずかしい行為

111 :名無しさん@1周年:2016/09/17(土) 22:31:41.89 ID:qc6Bjybh0
「範疇」ってなに?

112 :名無しさん@1周年:2016/09/17(土) 22:32:39.72 ID:2ciEa1ycO
>>104
その中にはエロ系も含まれるのか?

113 :名無しさん@1周年:2016/09/17(土) 22:33:56.44 ID:3RMpegou0
>>96
じゃあ画集を眺めるのも読書だね

114 :名無しさん@1周年:2016/09/17(土) 22:34:14.10 ID:SKdt49om0
入るわけねえだろw

115 :名無しさん@1周年:2016/09/17(土) 22:34:43.98 ID:6jRRX26B0
普段から漫画知識で喋ってる訳だが?

116 :名無しさん@1周年:2016/09/17(土) 22:35:07.34 ID:d0s+iu4m0
漫画は一目見て作者のイメージがわかるからな
百聞は一見にしかずで作者のイメージがダイレクトに伝わる
アニメと同じで漫画は鑑賞するが正しい
想像力でイメージを補う読書とは言えない

117 :名無しさん@1周年:2016/09/17(土) 22:35:29.56 ID:KSGpQ+Tz0
なるかバカ

118 :名無しさん@1周年:2016/09/17(土) 22:35:58.95 ID:3RMpegou0
そもそも文学が崇高で
漫画が低俗だという観念がおかしい
異なる芸術なんだから並べる必要ないだろ
あるのは好き好きだけだ

119 :名無しさん@1周年:2016/09/17(土) 22:36:31.68 ID:UTyFSNfc0
書ではなく画なので入りません

120 :名無しさん@1周年:2016/09/17(土) 22:36:33.16 ID:GCX42tWz0
>>116
全く同感
映画やテレビアニメと同じような「鑑賞」だね
感動したりとかはあるかもしれないが、それなら映画にだってあるからね

121 :名無しさん@1周年:2016/09/17(土) 22:38:27.33 ID:tBqbYA+L0
少年サンデーで自然に漢字の読みを覚えました

122 :名無しさん@1周年:2016/09/17(土) 22:40:27.30 ID:4WYwo3Qf0
小さい頃から漫画ばかりで文章を読んでいないと
発想力や読解力がやはり追いついていない部分多いと感じる
失敗したわ

123 :名無しさん@1周年:2016/09/17(土) 22:40:30.85 ID:X4k3YpNc0
さらに活字本でいやなのが語尾
「そのようにならなくなったとおもわざるをえないかもしれません」
とかひらがな長すぎ 英語みたいにシンプルにならんのか

124 :名無しさん@1周年:2016/09/17(土) 22:40:36.11 ID:NG9axtM30
週刊文春は読書に入るか

125 :名無しさん@1周年:2016/09/17(土) 22:40:51.34 ID:4AaukxQg0
絵だろうが画だろうがユネスコでは49ページ以上あれば本、書物だ
これに読む字あれば読書

126 :名無しさん@1周年:2016/09/17(土) 22:41:14.39 ID:udHGivn/0
漫画は低次元の読書てことでいいだろ

127 :名無しさん@1周年:2016/09/17(土) 22:42:10.79 ID:v7o24zMy0
フォント見本帳は読書に入りますか?

128 :名無しさん@1周年:2016/09/17(土) 22:42:31.49 ID:Oc4vQ2gF0
週刊誌、教科書、図鑑、漫画、絵本、カタログを読んでも読書とは言わない。

129 :名無しさん@1周年:2016/09/17(土) 22:42:35.31 ID:tXS1HDIs0
ラノベは百歩譲って読書扱いになる機会はあるだろうが、
漫画で読書はどういう基準に照らしてみてもないわ

130 :名無しさん@1周年:2016/09/17(土) 22:44:02.71 ID:hasMfBlm0
塩野七生はラノベの範疇に入りますか?

131 :名無しさん@1周年:2016/09/17(土) 22:44:33.91 ID:tEqR+n9/0
いい漫画はいいぞ、
ブラックジャックとか
読むのにハンカチが2、3枚いるわw

132 :名無しさん@1周年:2016/09/17(土) 22:45:29.72 ID:qY+ocEa70
の…範疇

133 :名無しさん@1周年:2016/09/17(土) 22:45:42.55 ID:tl2+584N0
昔誰かが言ってたな

世の中には二種類の本しか存在しない
読まなくてもいい本と
読んでも何の役にも立たない本だ

134 :名無しさん@1周年:2016/09/17(土) 22:48:39.94 ID:XSBo1bFQ0
漫画は全体を瞬間的に記憶する能力が鍛えられると思う
サヴァン的なあれ

135 :名無しさん@1周年:2016/09/17(土) 22:48:54.29 ID:RrII92QQ0
2ちゃんねるは読書に入りますか?

136 :名無しさん@1周年:2016/09/17(土) 22:49:57.23 ID:2ciEa1ycO
>>133
実用書なんか参考になるが、その発言をした人は教科書すら読まずに何もかも会得したんだろうか?

137 :名無しさん@1周年:2016/09/17(土) 22:50:00.54 ID:WLKKQCnN0
漫画が読書の範疇に入ったら何なの?
入らなかったら何なの?

138 :名無しさん@1周年:2016/09/17(土) 22:51:42.48 ID:JG/Cii0z0
そもそも昔は読書と言えば儒教を修め、漢詩を嗜むもので、
小説とかエッセイとかは読書の内に入らなかったと思うよ。

小説が入るなら漫画が入っても良かろう。

139 :名無しさん@1周年:2016/09/17(土) 22:52:11.79 ID:lrY8fFWX0
やはり読書と呼べるのは
官能小説のような文学作品だけだと思う

140 :名無しさん@1周年:2016/09/17(土) 22:52:13.73 ID:RrII92QQ0
スマホ弄りは読書に入りますか?

141 :名無しさん@1周年:2016/09/17(土) 22:52:53.87 ID:n7FjvsKmO
こんな疑問を持つやつはその時点で脳が死んでる。そいつ自身が何も頭を使わずにぼんやりと
絵を眺めてページを繰ってるだけだから漫画が読書に入らないなんて考えを持つんだろう

142 :名無しさん@1周年:2016/09/17(土) 22:53:22.77 ID:bthNnTS60
漫画で何らかの難しい真実を分かりやすくするのなら役にたつが、シナリオを書く人が鍵を握ることになる。当然その逆で意図的な子供騙しになる危険性も孕んでいる。

143 :名無しさん@1周年:2016/09/17(土) 22:53:24.84 ID:d0s+iu4m0
中学生時代の国語の教科書見直してみればいいと思うよ

144 :名無しさん@1周年:2016/09/17(土) 22:53:50.44 ID:SiWle+Xi0
そもそも「若い世代の活字離れ」が幻想。

実際には年寄りほど本を読まないし、若い頃も読んでなかった。
むしろ若い世代の方が本を読む人は多い。

145 :名無しさん@1周年:2016/09/17(土) 22:53:50.70 ID:dzCTe/Rp0
漫画が読書になると困る作家もいますので

146 :名無しさん@1周年:2016/09/17(土) 22:54:22.69 ID:/Z/9f/av0
つーか小説も昔は小説なんかバカが読むものとか言われてたから
マンガと小説は同レベルでいいと思う

147 :名無しさん@1周年:2016/09/17(土) 22:56:14.40 ID:JG/Cii0z0
>>142
小説で何らかの難しい真実を分かりやすくするのなら役にたつが、
シナリオを書く人が鍵を握ることになる。
当然その逆で意図的な子供騙しになる危険性も孕んでいる。

たぶん何にでも当てはまる。

148 :名無しさん@1周年:2016/09/17(土) 22:57:02.54 ID:HAWJ7tXd0
明治頃の文語体の本が読めない
どうすりゃいいの

149 :名無しさん@1周年:2016/09/17(土) 22:57:50.10 ID:j+Lby1bT0
>>144
俺もそう思う
じゃあ年寄りが何を見てるのかといえばテレビを見てるんだよな

150 :名無しさん@1周年:2016/09/17(土) 22:58:08.89 ID:3vW51ZE90
現実は屋台骨の漫画がなきゃ出版社は小説なんか出せないんじゃねぇの
その程度だろ

151 :名無しさん@1周年:2016/09/17(土) 22:58:53.92 ID:/Z/9f/av0
>>148
慣れるしかないな

鴎外よりも漱石のが読みやすいよねwwwww

152 :名無しさん@1周年:2016/09/17(土) 22:59:34.73 ID:bthNnTS60
>>147
大人も影響されて読んだ後に洗脳的になる程の人はいるが、とくに子供は強い。

153 :名無しさん@1周年:2016/09/17(土) 23:00:31.09 ID:uz7Wx1820
最近疲れてるのか長い文章が読めないので、家にある漫画でも読もうかなとコナン、美味しんぼをパラパラしたら文字だらけだった
昔はもっと吹き出しが小さくて少なかったと思ったのに、最近は説明的なのだろうか

154 :名無しさん@1周年:2016/09/17(土) 23:00:36.91 ID:n7FjvsKmO
漫画が読書にならないっていってるバカが多すぎだな。2ちゃんのレベルが心配になるわ
お前らが及びもつかないような高学歴の人間にも漫画好きは多いぞ
漫画にも語るべきテーマや哲学は普通にあるんだ。読書にならないっていってる奴らは
ちっとも頭を使わずに絵だけ眺めてるからそんな頭の悪い考えを持つんだよ

>>98
これ

155 :名無しさん@1周年:2016/09/17(土) 23:00:59.65 ID:WMjgIvI+0
>>2
官能小説は?

156 :名無しさん@1周年:2016/09/17(土) 23:01:43.07 ID:HVuaeX650
入るよ
つーか読書をなんだと思ってるのかね
高尚な趣味?
悪徳だぞもともと読書は
本を読んだらバカになるって言われてたんだから

157 :名無しさん@1周年:2016/09/17(土) 23:01:56.84 ID:K9oCIgex0
>>44
味や香り、温度や痛み、
風の音や、日差しのぬくもり、
肌の柔らかさ、炎のあたたかさ。

こういうのは文章の方が的確に伝わったりするんだよ。

158 :名無しさん@1周年:2016/09/17(土) 23:02:05.39 ID:RrII92QQ0
基本的に小説を読む奴は漫画も読む
逆に読まない奴は漫画すら読まない

159 :名無しさん@1周年:2016/09/17(土) 23:02:45.11 ID:KoZpJgu40
読書に決まってるじゃん、質問してるやつは低脳すぎるだろ。
ただし、文学を読むのは読書じゃない、あれはただのゆがんだ趣味。

160 :名無しさん@1周年:2016/09/17(土) 23:02:46.10 ID:bc3QpMe10
コナンの文字だらけのページはよ

161 :名無しさん@1周年:2016/09/17(土) 23:02:54.91 ID:/Z/9f/av0
先生!フランス書院は読書に入りますか?!

162 :名無しさん@1周年:2016/09/17(土) 23:03:27.00 ID:n7FjvsKmO
>>80
あいつらはラノベをよく読んでるよな。しかも自分たちで書いたりもする
あいつらの活字好きぶりにはびっくりするわ

163 :名無しさん@1周年:2016/09/17(土) 23:04:03.39 ID:/Z/9f/av0
体力ある時じゃないと読めないマンガあるよな!

164 :名無しさん@1周年:2016/09/17(土) 23:05:14.45 ID:IyUsG9WR0
逆に漫画読むより価値の無い本も
山ほど書店に積まれてる。

165 :名無しさん@1周年:2016/09/17(土) 23:05:48.57 ID:fQO0UPz80
黒死館殺人事件を何回か挑戦したけど難しかったので(というか最後まで読めない)漫画で読んだがやっぱるわからなかった

166 :名無しさん@1周年:2016/09/17(土) 23:06:04.73 ID:/Z/9f/av0
>>162
アラフォーだけど
自分たちで書くってのだと
小学校とか中学校でリレー小説とか友達同士でやらんかった?

167 :名無しさん@1周年:2016/09/17(土) 23:06:07.88 ID:GYA0MCtO0
入るよ

168 :名無しさん@1周年:2016/09/17(土) 23:07:12.51 ID:IazFZVQe0
>>10
俺の認識と逆だな。

169 :名無しさん@1周年:2016/09/17(土) 23:07:45.69 ID:/NLgiln+O
書籍なら読書だと思うが
ただし、雑誌週刊紙新聞のは読書だと思わん

170 :名無しさん@1周年:2016/09/17(土) 23:08:16.44 ID:bthNnTS60
実用書は実際に経験しながら上手くなるごとに作者の感想などの熟達者の言いたいことが分かったりもする。小説にしろ漫画にしろ経験なしに世界観や思想の影響を受けてしまう場合は非常に危険なものではあるね。

171 :名無しさん@1周年:2016/09/17(土) 23:08:31.89 ID:K9oCIgex0
>>68
スラムダンクの最後のほうの一話は
文字無しだったな。
先週までの流れがあるからわかるのだが、
文字がなくてはわからない、というわけではない。

相原コージの『もにもに』は全編にわたって
意味のある日本語は一切なかった。
面白いとおもうかどうかは別として
文字がない漫画も成立可能ということ。

つまり、吹き出しがなければ展開わかんないとする
おまえの考えは殆ど正しいとはいえ
絶対正しいというものではない。

172 :名無しさん@1周年:2016/09/17(土) 23:08:40.71 ID:UTIpu0t20
入らんだろアホか

173 :名無しさん@1周年:2016/09/17(土) 23:09:05.95 ID:K9oCIgex0
>>103
脳の病気かもしれない。

174 :名無しさん@1周年:2016/09/17(土) 23:09:19.14 ID:I1a+AP0Z0
>>118 芸術の話ではなく教養の話な。
   漫画もライトノベルも読んでいいが、読書じゃない。
   賢くはなれない。

175 :名無しさん@1周年:2016/09/17(土) 23:09:55.66 ID:GCX42tWz0
ならば漫画を読むことも読書のうちに含めても異論はないけど、漫画「だけ」しか読まない人のことは「読書家」と言われるとどうだろう
週に4冊ほど漫画を読む彼は「読書家」と言えるのかど

176 :名無しさん@1周年:2016/09/17(土) 23:09:58.15 ID:ZJ+OBxuJ0
漫画厨必死すぎw
本の体裁をとってるだけだろ

画集やフィルムブックも入れなきゃならんようになるわ

177 :名無しさん@1周年:2016/09/17(土) 23:10:03.05 ID:E8/61jpR0
読書じゃなく見書または眺書だな。

178 :名無しさん@1周年:2016/09/17(土) 23:10:24.74 ID:GCX42tWz0
うか、言えるのだろうなあ、お前らは
もうこんな時代になっちまったんだな

179 :名無しさん@1周年:2016/09/17(土) 23:10:39.10 ID:qm2Ol5j90
入らないって意見が多くて驚いたな。趣味なんだから内容問わず本なら読書でよく無いか。趣味だと言える程には時間を割いて本を読んでいるってことだろう。

180 :名無しさん@1周年:2016/09/17(土) 23:10:40.63 ID:3vW51ZE90
小説読んで賢くなった気になるより専門書読むわな

181 :名無しさん@1周年:2016/09/17(土) 23:11:38.32 ID:WMjgIvI+0
>>170
ロリコン官能小説は現実で経験しちゃだめよ

182 :名無しさん@1周年:2016/09/17(土) 23:12:01.15 ID:UGJQu5470
ポテトチップスが食事に入るのかって聞いてるようなもんだろ。

183 :名無しさん@1周年:2016/09/17(土) 23:12:08.17 ID:n7FjvsKmO
>>104
缶コーヒーの裏の成分表示とかも読むよなw

>>111
カテゴリー

>>153
大場つぐみ×小畑健の漫画を読んでみろwデスノートとかバクマンとか
ネームぎっちりで死ねるぞw

184 :名無しさん@1周年:2016/09/17(土) 23:12:16.23 ID:K9oCIgex0
>>127
斬新な背理だな。
さては天才だな?

185 :名無しさん@1周年:2016/09/17(土) 23:12:38.85 ID:nWTL7HJx0
>>10
そんなことはない
ラノベくらいは読んでるやつもいる、て程度
一般書籍を購読している率は漫画読まない人と大差ないと思う

186 :名無しさん@1周年:2016/09/17(土) 23:12:41.12 ID:+iBO7s+m0
小説を高尚な類と勘違いしている輩が少なくないが、

フィクションの小説なんぞ娯楽に範疇に過ぎない。

187 :名無しさん@1周年:2016/09/17(土) 23:13:17.88 ID:pCUjELAg0
>>155
入るよ。

188 :名無しさん@1周年:2016/09/17(土) 23:13:30.97 ID:UTIpu0t20
最近漫画読む方が疲れる
あまり文章ない絵だけで展開するのが楽
今は読書も大分楽になったよ
面倒くせーと思ったら読み上げ機能使えば良いからさ
倍速で聞くとより早く済む
辞書並みの厚い本でも電子書籍なら飽きずに短期間で聞き終わるよ

189 :名無しさん@1周年:2016/09/17(土) 23:13:36.15 ID:d8LRncZ00
>>162
もうラノベブームは終わったぞ
が相変わらず本は読まれてる

190 :名無しさん@1周年:2016/09/17(土) 23:13:55.69 ID:+IbwCOg50
史朗政宗の漫画は読書能力ないと無理

191 :名無しさん@1周年:2016/09/17(土) 23:13:59.14 ID:GCX42tWz0
>>186
どっちかと言えばそうだが今は漫画を読むのは読書と言えるのかどうかってことを言ってるんじゃないのか

192 :名無しさん@1周年:2016/09/17(土) 23:14:58.10 ID:pCUjELAg0
>>186
小節だろうが論文だろうが、文字の羅列を映像に置き換えたり論理を追っていくという、高度な作業をしてるんだよ。

193 :名無しさん@1周年:2016/09/17(土) 23:15:07.31 ID:5sa0wd/g0
ワンピースとハンターハンター、おお振り、ハイキュー読んでます
おすすめ教えてください。

漫画は読書に入りません

194 :名無しさん@1周年:2016/09/17(土) 23:15:49.38 ID:0ECp7RD50
漫画も読まない奴らが増えて
漫画ぐらい読んでくれって風潮になってきてる

195 :名無しさん@1周年:2016/09/17(土) 23:16:06.52 ID:udHGivn/0
漫画はテレビみたいなもんだからな
そりゃ読書じゃないよw

196 :名無しさん@1周年:2016/09/17(土) 23:16:09.40 ID:V3b5GklX0
画集と同じようなもんだろ
読書より鑑賞の方が近いんじゃないか

197 :名無しさん@1周年:2016/09/17(土) 23:16:22.55 ID:2ciEa1ycO
>>157
> >>44
> 味や香り、温度や痛み、
> 風の音や、日差しのぬくもり、
> 肌の柔らかさ、炎のあたたかさ。
>
> こういうのは文章の方が的確に伝わったりするんだよ。

確かにそうだな。
漫画版アルスラーン戦記の物足りなさはそこだったのか。

198 :名無しさん@1周年:2016/09/17(土) 23:16:42.41 ID:E8/61jpR0
口座に1万円しか入ってないのに「貯金」してると言い張るようなもんだろ

199 :名無しさん@1周年:2016/09/17(土) 23:17:11.41 ID:n7FjvsKmO
>>174
お前には教養が足りないっていうことがよくわかるレスだ

>>175
活字か漫画かで貴賤をつけることがバカすぎ。週に4冊も読んでるなら十分読書家だろ

200 :名無しさん@1周年:2016/09/17(土) 23:17:33.87 ID:yP70ngIY0
普通に「漫画が好きです」と言える状況じゃなけりゃまだまだサブカルでしかないな
読書と言い放ったのはまだ「漫画が文学に負けてる」という自覚があるせいだろう

201 :名無しさん@1周年:2016/09/17(土) 23:17:39.81 ID:jMo9y78t0
読書だとおもうよ

202 :名無しさん@1周年:2016/09/17(土) 23:17:49.18 ID:WMjgIvI+0
>>187
同志よ
あれグラビアなんかより遥かにエロいよねw

203 :名無しさん@1周年:2016/09/17(土) 23:17:50.61 ID:K9oCIgex0
>>174
賢くなれる漫画がないというのは本当か?

204 :名無しさん@1周年:2016/09/17(土) 23:17:51.35 ID:3vW51ZE90
>>193
作家買いすればいいんじゃないですか
本ってそういう人が多いんだから

205 :名無しさん@1周年:2016/09/17(土) 23:19:08.17 ID:zQuKuird0
「読書」の定義でどうとでもなるしょ
決めたところで他人の価値観はどうこう出来ないけど

206 :名無しさん@1周年:2016/09/17(土) 23:19:10.61 ID:jJcBpiX10
漢字は表意文字だよ。

しかも、その意味する所は「実は怖い漢字の世界」で、ホラー。
つまり、漢字の羅列は難しそうに見えて古代中国のホラー漫画だよ。

207 :名無しさん@1周年:2016/09/17(土) 23:19:29.82 ID:FhjsTM5/0
どっちでもいいが読書感想文を要求されて漫画の感想文を提出してはいけないだろう
ということは弁えておいた方がいい

208 :名無しさん@1周年:2016/09/17(土) 23:19:37.73 ID:INGq519U0
クラシック聴いててもポップス聴いてても
音楽鑑賞だろう

なので漫画も読書でいいだろう
重要なのは読書かどうかではなく
何を読んでるのか

209 :名無しさん@1周年:2016/09/17(土) 23:20:44.23 ID:pCUjELAg0
>>208
ポップス聴いて音楽鑑賞という人は、2割ぐらいじゃね?

210 :名無しさん@1周年:2016/09/17(土) 23:21:07.93 ID:Nanv6tvg0
子供の頃つーか若い頃は漫画は苦もなく読めて活字は苦手だったけど
おっさんになった今は逆になった

211 :名無しさん@1周年:2016/09/17(土) 23:21:27.02 ID:xCm9xwHc0
読むとは文字や文章を見て内容を理解すること
書とは文章を書き記した物
つまり読書とは書いてあるものを読みそこにある文章を理解すること
絵がかいていような文字が少なかろうがマンガであろうが絵本であろうが関係ない

212 :名無しさん@1周年:2016/09/17(土) 23:22:15.62 ID:dgJ0jw/G0
絵の情報量は凄いぞ。
よく書き込まれた漫画なら、手の向きの意味から小物の意味まで
同じ漫画でも読む人によって読み取る量が全然違ってくる。

逆に、必要な観察眼を身につけて
漫画の読書家になれる人間はそうはいない。
大抵は文字を追ってるだけだからな。

213 :名無しさん@1周年:2016/09/17(土) 23:22:18.94 ID:bthNnTS60
当然好みにもよるが、たけしやミスタービーンみたいにそもそもが本来教養的な世界を分かる類の人がエンタメをやると好評になることが多々ある。ドラクエもすぎやまこういちが音楽だったりする。商売上のクラス分けを超えて無差別級とするとまた違ってくる。

214 :名無しさん@1周年:2016/09/17(土) 23:23:37.31 ID:cW+BbIcI0
なら書店で売るのやめたら?

215 :名無しさん@1周年:2016/09/17(土) 23:23:47.81 ID:n7FjvsKmO
>>192
高度()
それに似た作業は漫画でもしてるぞ。お前が知らないかしてないだけでな
活字の本が特別で高尚なものってわけじゃない

チョンが対立煽りをしに湧いてきてなくても自ら頭の悪い論理を展開して自分とは
異なる趣味を持った人間を見下して叩くとはな。日本人のレベルもここまで落ちたのか

216 :名無しさん@1周年:2016/09/17(土) 23:24:45.76 ID:WMjgIvI+0
>>200
漢字は感性だよ
英語のスラングなんて全然エロくならないけど「肉樹が花弁を押し開き蜜壷へと導かれた」って読むだけでちょっとエロい気分になるでしょ

217 :名無しさん@1周年:2016/09/17(土) 23:24:56.59 ID:ulkt3MAx0
>>1
入らないわけが無いだろ。アホか。
漫画が読書じゃないなら、純文学だって読書ではない。

218 :名無しさん@1周年:2016/09/17(土) 23:25:04.69 ID:b2tjVc7r0
俺の持ってる辞書では本質的な意味では読書ではないようだが
俺は読書だと思う

219 :名無しさん@1周年:2016/09/17(土) 23:25:46.16 ID:ulkt3MAx0
>>216
それでエロい気分になれるって、どんだけ昭和脳なんだってw

220 :名無しさん@1周年:2016/09/17(土) 23:26:08.94 ID:2ciEa1ycO
>>208
それなら漫画は漫画鑑賞あたりが妥当じゃね。

221 :名無しさん@1周年:2016/09/17(土) 23:26:14.55 ID:n7FjvsKmO
>>193
知ってるがお前の態度が気に入らない

222 :名無しさん@1周年:2016/09/17(土) 23:26:49.38 ID:pCUjELAg0
>>215
漫画の場合は、その高度な作業が制限される。
制限のない文字の羅列が高度である所以。

223 :名無しさん@1周年:2016/09/17(土) 23:27:08.80 ID:60lZKCslO
文化や表現方法に優劣を付けている奴らがいるってこと
主にはアカデミックな方面の奴ら

224 :名無しさん@1周年:2016/09/17(土) 23:27:25.75 ID:UTIpu0t20
電子書籍って目が疲れるし
斜め読みできないし
達成感が無いから買って失敗したーって思う事多かったけど
読み上げ機能使うと
視界をジャックされずにながら聞きできるし
倍速機能で速聴の練習にもなるし
挫折せず早く読み終われるし
電子書籍も悪く無いなって思うようになった

225 :名無しさん@1周年:2016/09/17(土) 23:28:42.09 ID:q7k0f+xr0
結局、活字だけね読書できたら頭良いの?

漫画しか読んでないと
馬鹿なの?

活字だけは偉いの?

226 :名無しさん@1周年:2016/09/17(土) 23:28:42.58 ID:ulkt3MAx0
>>192
漫画だって高度な作業をしてるだろ。むしろ漫画の方が高度だと言える。

文字を翻訳する事は計算機で出来るが、漫画を言語に翻訳(置き換え)するなんてのは、
相当高度なAIだって当分は無理だろ。

227 :名無しさん@1周年:2016/09/17(土) 23:28:50.38 ID:2ciEa1ycO
漫画では表現できないことがあり、
逆に小説では表現できないこともある。

228 :名無しさん@1周年:2016/09/17(土) 23:29:30.77 ID:WMjgIvI+0
>>219
ばっか漫画はキャラのイメージ決まってるけど官能小説は幾らでも好きなイメージを嵌めれるんだぞ
己次第で何ぼでもエロくなる

229 :名無しさん@1周年:2016/09/17(土) 23:30:01.32 ID:9wh+X2N7O
入るわけねーだろ
個人的に漫画はそれなりに読んでるけど、そこだけで読書が趣味だなんてとても恥ずかしくて言えねえわ
ラップやヒップホップしか聴かないのに「趣味は音楽鑑賞ですキリッ」とか言ってるようなものだ

230 :名無しさん@1周年:2016/09/17(土) 23:30:12.27 ID:9mc5RQKF0
ある程度以上の文字数があって書き手の意思が伝わるもの(書物)を読むなら一応読書と言って差し支えない。
文字なしで構成された漫画ないしは文字は伴っていても相互に脈絡のない絵が続いているようなものは書物と言うより画集だろうから
それは「読む」ものではなく「観る」ものとして扱うべきだろうけどそれを鑑賞と呼ぶか読書と意識するかは個人の勝手。
そもそも、こんなのが問題になるのは元記事みたいに「趣味は読書です」とか答えてその中身を聞かれた場合くらいだろうから
「漫画は読書の範疇か?」の話ではなくてそう答えちゃう人をどう思うかの話。
個人的には漫画を読むことも読書に「含めても」いいとは思うけど、漫画しか読まない(読めない)人が読書を語るのは間違いだと思う。

231 :名無しさん@1周年:2016/09/17(土) 23:30:51.66 ID:KlQd1wzx0
そもそもの前提になってる「若い世代の活字離れ」ってどういう事よ

今この瞬間もSNSやらメールやらネットサーフィンやら
こんなにも朝から晩まで活字に触れ読み書きし続ける事なんて
人類の有史以来初めてレベルなんじゃないの

活字と呼ばず「斜陽な文学」離れと呼んで欲しい

232 :名無しさん@1周年:2016/09/17(土) 23:31:06.78 ID:gLLBmhG60
>>1
同じ脚本が有って、それを小説にするか漫画にするか映画にするかの違いでしか無いような気がする。
上質な小説、低俗・低品質な小説が有るのと同様に、
漫画にも色々と種類が有るだけ。

233 :名無しさん@1周年:2016/09/17(土) 23:31:18.42 ID:2ciEa1ycO
>>172
この人の場合は読書じゃなくて聞書とでも言えばいいのか

234 :名無しさん@1周年:2016/09/17(土) 23:31:23.02 ID:zd3j5POt0
2chは読書の範疇に入るのか

235 :名無しさん@1周年:2016/09/17(土) 23:32:15.96 ID:yP70ngIY0
>>220
「漫画鑑賞」のほうがしっくり来るかな
漫画は映画のスタイルを紙媒体に変換したと考えるのが近いしね
「書」を「読」むって言い回しはどうにも違和感を感じるな

236 :名無しさん@1周年:2016/09/17(土) 23:32:42.90 ID:pCUjELAg0
>>226
マンゴを読みながら、言語に翻訳(置き換え)、なんかしていないw

237 :名無しさん@1周年:2016/09/17(土) 23:33:26.62 ID:EliapyEi0
漫画家が必死で脳内で考えた作り話のフィクションはまあまあのレベルだけど、
質の高いノンフィクションは漫画には全くないじゃん。
TVに例えると「お笑いとドラマしかない」のが漫画なんだよ。

238 :名無しさん@1周年:2016/09/17(土) 23:33:43.99 ID:K9oCIgex0
>>210
経験という辞書が増えると
文字ベースの圧縮率が高まるからな。

239 :名無しさん@1周年:2016/09/17(土) 23:33:55.81 ID:0SEqSv4c0
「スカートズタズタ探偵ミーナ」
俺はこのひとコマに日本の未来を読んだ

240 :名無しさん@1周年:2016/09/17(土) 23:34:03.88 ID:ulkt3MAx0
>>228
漫画のキャラだって、映像そのままをイメージとして処理してるわけじゃないだろ。
多分に記号的なものだわな。

その記号の情報量によっては、イメージが限定・確定されやすいというところはあるだろうが、
脳内でのキャラクターの情報的処理というのは、決して単純で固いものではないはずだ。
もし単純で堅固なものだとしたら、誰も漫画のデフォルメされた顔ってものを、
ヒトの顔として認識できない。

241 :名無しさん@1周年:2016/09/17(土) 23:34:10.06 ID:X4k3YpNc0
俺は漫画は読むが、小説は読まない
アニメはみるが、ドラマは見ない

242 :名無しさん@1周年:2016/09/17(土) 23:34:50.01 ID:q7k0f+xr0
漫画でも絵本でも字があれば読んでるよね?

読書。

243 :名無しさん@1周年:2016/09/17(土) 23:34:51.03 ID:hgtd7Hx60
かけ算九九もできなくて自分の住所も漢字で書けない
という小学校高学年の子を家庭教師したことがあるが
その子は週刊少年ジャンプを読むのに1週間かかっていた

あの子にとってジャンプは読書だったなぁ

244 :名無しさん@1周年:2016/09/17(土) 23:34:54.25 ID:mOeIimzhO
そもそも 活字離れ って言葉が外国にあんのか?

245 :名無しさん@1周年:2016/09/17(土) 23:35:28.57 ID:COmrV7Wl0
>>241
小説っておもしろいぞー 君にはぜひ読んでもらいたい

246 :名無しさん@1周年:2016/09/17(土) 23:35:41.51 ID:/ZL7XOlh0
漫画大好き
でも読書では無いと思います

247 :名無しさん@1周年:2016/09/17(土) 23:36:07.84 ID:KuxaAzjhO
漫画は映像では速すぎる&小説では遅すぎる人の為のものと聞きました

248 :名無しさん@1周年:2016/09/17(土) 23:36:49.53 ID:COmrV7Wl0
読み物は活字だけで場面を想像させる能力がすごいと思う

249 :名無しさん@1周年:2016/09/17(土) 23:37:20.91 ID:UkTsqE2C0
>>231
だよな
今って老若男女どこをとっても活字中毒じゃない人のほうが少ないよな
本を読まなくなっただけ

250 :名無しさん@1周年:2016/09/17(土) 23:37:29.20 ID:ulkt3MAx0
>>236
脳内ではしている。文字言語は脳内の言語に翻訳される。
絵が動きや物語を伴い、さらに言語が並行・付加されている表現の情報処理は、
当然言語だけの処理より複雑なはずだわな。

251 :名無しさん@1周年:2016/09/17(土) 23:38:33.00 ID:HVuaeX650
本を読んで賢くなろうとしてるバカがやっぱいるんだなあ
バカはどうにかして賢くなりたいんだな
本を読んでも賢くなれないよ
お前みたいにバカになるばかり

252 :名無しさん@1周年:2016/09/17(土) 23:39:01.93 ID:M41amU7T0
>>235
漫画は絵の表現で魅せる要素が多いし
なんか納得した

253 :名無しさん@1周年:2016/09/17(土) 23:39:07.30 ID:+u36EPtl0
バナナはおやつの(ry

254 :名無しさん@1周年:2016/09/17(土) 23:39:30.04 ID:ZfFVIIrg0
入る。
漫画は立派な読書です
すべての人が活字を読み続ける忍耐力と知識があるとは限りませんから

255 :名無しさん@1周年:2016/09/17(土) 23:40:06.54 ID:ulkt3MAx0
>>245
面白い小説と、面白くも無い小説がある。
面白い小説なんて極わずかだ。ほどほどに面白ければまあよし。

それは漫画も同じ事だが、面白さ、という点では、純文学は絶望的だわな。

256 :名無しさん@1周年:2016/09/17(土) 23:40:24.95 ID:pCUjELAg0
>>250
映像や画像は直接性だから、複雑にはならない。

257 :名無しさん@1周年:2016/09/17(土) 23:40:41.05 ID:GCX42tWz0
>>203
漫画では賢くなれないという訳ではないだろうが、実はその関係性は結果論ではなく、経過論なんだわ
普段、漫画しか読みたくないし読まないという人を見ればわかる
自ずと知識の吸収量や情操の面で劣る、というような経過的な側面だよ
そりゃそうだろう?
活字を崇めるのはナンセンスという人もいるが、漫画に対してそれほどにまで知的価値を置くだけの理由なんてないことは上の例でよくわかるだろ?

258 :名無しさん@1周年:2016/09/17(土) 23:40:41.52 ID:COmrV7Wl0
漫画も大好きだし小説も大好き
漫画ではキングダム最高っすね

259 :名無しさん@1周年:2016/09/17(土) 23:40:52.40 ID:dSxXXGqn0
漫画読もうが、本読もうが、馬鹿は馬鹿だ。
しかし、インテリと呼ばれる人が、本をたくさん読む傾向があるのは事実だ。

260 :名無しさん@1周年:2016/09/17(土) 23:40:58.77 ID:knIkmhJT0
入るよ、当然
まあネトウヨが大好きな萌えマンガや幼女凌辱エロマンガみたいなゴミのような
駄本は読書の内に入らないけどなwww

>>251
しかしネトウヨは本を読まなさすぎるな
まあネトウヨは知恵遅れだからしょうがないけどねw

261 :名無しさん@1周年:2016/09/17(土) 23:41:01.01 ID:KPvUWDOF0
国公立入試でマンガ読解力問題がでたら読書にいれてやる

262 :名無しさん@1周年:2016/09/17(土) 23:41:23.10 ID:ulkt3MAx0
>>254
例えば今の一定以上の年齢層は、マンガを読むのが苦痛だと思う。
マンガにも読み方とその慣れってのはあるわな。

263 :名無しさん@1周年:2016/09/17(土) 23:41:30.73 ID:UTIpu0t20
>>233
とはいっても紙書籍を読む方が圧倒的に多い
図書館大好きで月20冊程度借りてる

264 :名無しさん@1周年:2016/09/17(土) 23:41:42.71 ID:GCX42tWz0
>>261
入試にその基準を置くのかw

265 :名無しさん@1周年:2016/09/17(土) 23:41:52.57 ID:/Z/9f/av0
マンガ読むと漫画に出てくるモノに興味持って本も読むじゃん
本読んでると漫画の元ネタわかったりして楽しいじゃん
マンガも本もどっちも読むよね

266 :名無しさん@1周年:2016/09/17(土) 23:42:12.68 ID:0SEqSv4c0
知り合いのフランス人教授はバガボンドの柳生石舟と伊藤一刀斉は道は違うが互いに「悟り」を表現していて素晴らしいと感激していたよ
酒を飲むと何時間もバガボンドの事を話しているわ

267 :名無しさん@1周年:2016/09/17(土) 23:42:48.29 ID:JsW+Xq4+0
>>255
こんな週末の夜に、わざわざ自分の馬鹿を晒さなくても、、。

268 :名無しさん@1周年:2016/09/17(土) 23:43:09.83 ID:dSxXXGqn0
>>254
本を読む忍耐力が無いなら、新聞すら読んでないだろ。
そして活字に対して集中力、理解度が低い人は仕事で書類にざっと目を通すこともできないと思うわ。

269 :名無しさん@1周年:2016/09/17(土) 23:43:32.59 ID:MZHhZEbb0
絵の方が圧倒的面積だから、絵本みたいなもんだろ。

270 :名無しさん@1周年:2016/09/17(土) 23:43:47.19 ID:16+V0Tpq0
マンガも読書だよ。

理由は、パンクもロックも演歌も軍歌も童謡も
アニソンもクラッシックもKポップも「音楽鑑賞」だから。

271 :名無しさん@1周年:2016/09/17(土) 23:44:01.62 ID:KlQd1wzx0
>>249
昭和の時代じゃ一週間くらい活字を一切読み書きしない人間なんて
そこら中にゴロゴロいたよ

今のこの御時世そんな奴は草の根かき分けて探さないと
見つけられないレベルで全人類絶賛活字中毒の真っ最中だよ

272 :名無しさん@1周年:2016/09/17(土) 23:44:17.51 ID:n7FjvsKmO
>>223
アカデミックっていうか自分は賢いと思ってるバカだな。本当に頭のいいやつらは
ここに湧いてるバカみたいに漫画が読書に入らないなんて頭の悪いことを言わない

>>229
それはお前がラップやヒップホップを表面的にしか聴いてないからだろ。詞の特徴や楽曲の
構成について論じられるぐらい聴き込んでたら演歌やアニソンでも音楽鑑賞といえると思うぞ

>>237
優れた漫画作品をお前が知らないだけだ

273 :名無しさん@1周年:2016/09/17(土) 23:44:22.73 ID:1IvorDo20
漫画は子供には人格形成の要素にもなるし語彙の多さも得られるが、
読書ではないw

274 :名無しさん@1周年:2016/09/17(土) 23:44:27.56 ID:dzCTe/Rp0
>>256
また描いた事の無い奴が子供みたいな事を言いよる
人間の脳は静止画も動画として認識するから複雑なのよ

275 :名無しさん@1周年:2016/09/17(土) 23:44:58.48 ID:16+V0Tpq0
そもそも、小説家とマンガ家を比べたら、
おそらくマンガを描いている奴の方が知能が高く、
体力もあると思う。

276 :名無しさん@1周年:2016/09/17(土) 23:46:08.75 ID:HVuaeX650
>>275
知能指数だったら漫画家の方が確実に高いな

277 :名無しさん@1周年:2016/09/17(土) 23:46:28.53 ID:J7gzQYFs0
ラノベや漫画を読む人より

自己啓発本や新書系読む人の方がウザい

どっちが思考停止してるかっていえば
後者だから

278 :名無しさん@1周年:2016/09/17(土) 23:47:05.99 ID:b+YaApNu0
漫画だと文章から状況を想像するって部分が少なくなるからな
読書習慣があると漢字が読めるようになる(書けるようにはならない)

279 :名無しさん@1周年:2016/09/17(土) 23:47:18.52 ID:n7FjvsKmO
>>261
シナチョンの事大主義に通じる知性の足りない発言だな

280 :名無しさん@1周年:2016/09/17(土) 23:47:21.75 ID:ulkt3MAx0
>>256
その認識が、時代遅れで浅薄だと言ってるんだよ。

脳の機能と情報処理を考えてみろ。
視覚と聴覚が統合された部分に言語が生じるという推論があるが、
文字の言語は聴覚よりなのは間違いない。

だが、文字の言語を伴い、視覚的にも動きと方向性・論理性を伴った表現が、
文字の言語のみの表現より単純で直接的であるはずが無いだろう?

281 :名無しさん@1周年:2016/09/17(土) 23:47:44.30 ID:2nn+89DG0
>>202
江戸川乱歩は官能小説だと思います

282 :名無しさん@1周年:2016/09/17(土) 23:48:02.21 ID:LEopG5e30
直木賞芥川賞より講談社や小学館の漫画賞の方が価値は上だけどな

283 :名無しさん@1周年:2016/09/17(土) 23:48:13.66 ID:bENp7xaK0
>>86
お前分かってて言ってるだろ(笑)

>活字(かつじ)は、狭義においては活版印刷の際に文字の図形を対象(特に紙)に印字するもので、
>木や金属に字形を刻み、それにインクをつけて何度も印刷できるようにしたものである。
>また広義では、写真植字の文字盤やデジタルフォントをはじめ、
>広く文字を同一の字形で繰り返し表現するものを含む。

284 :名無しさん@1周年:2016/09/17(土) 23:48:23.21 ID:vmCeyHqI0
文学作品が原作のやつでも、映画を見るのは「読書」じゃねーだろ?
漫画はまあボーダーラインだな。江戸時代からの伝統とも言えるし。

285 :名無しさん@1周年:2016/09/17(土) 23:48:41.94 ID:DUxiYfdo0
そもそも読書の定義がわからん

286 :名無しさん@1周年:2016/09/17(土) 23:48:47.66 ID:vxRwKzB00
>>1
スレ立てしたお前さんはどう考えてるんだ?

このネタって、
1〜2週間前に芸スポにすでにスレが立ったネタなのに、
それをニュー速にわざわざ立て直すと言うことは、
お前さんなりに思うところがあるんだろ?

287 :名無しさん@1周年:2016/09/17(土) 23:48:53.71 ID:tSGKwj1X0
ライトノベルと漫画と専門書は入らん

それを除外すると読書人口がかなり少なくなるw

288 :名無しさん@1周年:2016/09/17(土) 23:49:02.19 ID:2ciEa1ycO
>>268
新聞も小説も漫画も、書き手の感情との相性で読めるものと読めないものがある。
仕事の書類には感情が入ってないから読める。

289 :名無しさん@1周年:2016/09/17(土) 23:49:03.62 ID:MZHhZEbb0
漫画は絵がメインだから書では無いだろ

290 :名無しさん@1周年:2016/09/17(土) 23:49:05.15 ID:KPvUWDOF0
原付運転免許試験問題がマンガで設問されたら読書にいれてやる

291 :名無しさん@1周年:2016/09/17(土) 23:49:10.21 ID:4ZhXYLhG0
漫画は「読む」じゃなくて「見る」だろ

292 :名無しさん@1周年:2016/09/17(土) 23:49:25.72 ID:aALzXNwS0
小説が入るんならマンガも入ると思う

293 :名無しさん@1周年:2016/09/17(土) 23:49:36.87 ID:emkj572P0
品質とは無関係。漫画は、活字のみの書より情報量/ページ多い、活字数少なくても。
百聞は一見に如かずじゃ(たぶん誤用)。つまり、堪能に必要な想像力の敷居が低い。
までも、読書カテに入れたらエ〜思ふぞよ。読書に高尚なイメージ抱かせるんは、純文学屋の陰毛(。・ω・。)y-・~~

294 :名無しさん@1周年:2016/09/17(土) 23:49:40.25 ID:b+YaApNu0
真剣は切れ味がある分あつかいやすいし素人から玄人まで幅広く使われている武士の基本武器
対して研無刀は見た目なんかは真剣とほとんど変わらねぇがあえて斬れない様に鋭く研がない分
硬度と重量をかなり増加させて斬るより破壊を目的とした玄人好みのあつかいにくすぎる刀
使いこなせねぇとナマクラ刀より弱いただの鉄クズみてぇなもんだってのに何であのガキは?

295 :名無しさん@1周年:2016/09/17(土) 23:50:44.93 ID:GCX42tWz0
>>266
俺も「バガボンド」だけは好き
絵がいいよな
あと「進撃の巨人」が人気だというので見てみたらあの絵柄の力技にワロたわ

296 :名無しさん@1周年:2016/09/17(土) 23:50:47.17 ID:tSGKwj1X0
本屋に並んでる解説書や自己啓発本も
読書とは言いづらいけどね
まあ、多少勉強になりそうな部分が数か所あったりするから
侮れんがw

297 :名無しさん@1周年:2016/09/17(土) 23:51:12.38 ID:K9oCIgex0
>>257
なるほど。因果は別として
確かに強い相関はありそうだな。

298 :名無しさん@1周年:2016/09/17(土) 23:52:08.49 ID:GCX42tWz0
>>285
俺は極論すると漫画も読書に入るという人は実はその定義を持っていない人だと思う

299 :名無しさん@1周年:2016/09/17(土) 23:52:09.12 ID:tSGKwj1X0
>>292
小説は凄い高度な能力が要求される
文章をイメージ化するという能力な

論文は読めても小説が読めないのが多いんだよ

300 :名無しさん@1周年:2016/09/17(土) 23:52:33.29 ID:dt5m/jex0
>>13
前に何かの調査で「マンガの読み方が分からない」って人間が2割程度いるって結果があったような

301 :名無しさん@1周年:2016/09/17(土) 23:52:42.58 ID:ulkt3MAx0
>>285
まあ、そこだわなあ。
読書、という行為を、文学的に解釈するか、社会学的に見るか、脳科学的に見るかで、
定義は変わってくる。

302 :名無しさん@1周年:2016/09/17(土) 23:52:48.02 ID:GCX42tWz0
>>297
ありがと

303 :名無しさん@1周年:2016/09/17(土) 23:52:53.43 ID:X4k3YpNc0
漫画は描くの大変だから小説より内容は薄いよ
内容を求める人は小説に行く
ロリコンは絵が絶対必要

304 :名無しさん@1周年:2016/09/17(土) 23:53:06.71 ID:aALzXNwS0
小説もマンガもどっちもストーリーを楽しむために読んでるものだから一緒

305 :名無しさん@1周年:2016/09/17(土) 23:53:26.71 ID:Fw/75T060
漫画は見るもので読書ではない。

306 :名無しさん@1周年:2016/09/17(土) 23:53:26.73 ID:NIPvVMhp0
読まないより全然マシ。本物のバカはマンガすら読まん。

307 :名無しさん@1周年:2016/09/17(土) 23:53:32.07 ID:w0uA5ZNG0
趣味は読書(ワンピース)です!!

308 :名無しさん@1周年:2016/09/17(土) 23:53:58.81 ID:2ItWEh390
おれは基本的に読まないが、漫画でも十分に入るとは思う。
漫画読むやつのほうが何も読まないやつよりは頭は良いはず。

309 :名無しさん@1周年:2016/09/17(土) 23:54:12.37 ID:ulkt3MAx0
>>305
そういう人には、マンガを読む能力が無いだけ。見ているだけってこと。

310 :名無しさん@1周年:2016/09/17(土) 23:54:15.05 ID:knIkmhJT0
てか、ネトウヨの知恵遅れが漫画は読書に入らないってなんの冗談?
お前ら文字本とか、読めねえじゃんwww
ラノベ買っては読んでんだろ? 挿絵だけwww

それともあれか? ゴーマニズムはマンガじゃないとでも強弁するのかな
あれは思想書だ、とかねwww

311 :名無しさん@1周年:2016/09/17(土) 23:55:06.63 ID:K9oCIgex0
>>276
志望してプロになるまでの競争率が桁違いなきがする。

312 :名無しさん@1周年:2016/09/17(土) 23:55:14.24 ID:2ItWEh390
白土三平の漫画レベルはバカには理解できないかもな。

313 :名無しさん@1周年:2016/09/17(土) 23:55:39.81 ID:b+YaApNu0
小説に限りなく近い漫画ってどんなのかね
レベルEはどう?

314 :名無しさん@1周年:2016/09/17(土) 23:56:03.78 ID:HVuaeX650
東野圭吾は読書に入りますか

315 :名無しさん@1周年:2016/09/17(土) 23:56:24.07 ID:ulkt3MAx0
>>310
ネトウヨってのは、マンガ嫌韓流、ゴーマニズム宣言あたりから愛国心()に目覚めた、
にわか右翼の人々なわけだが、最近はゴーマニズム宣言は、作者がネトウヨ批判してるから人気が無いぞ。

316 :名無しさん@1周年:2016/09/17(土) 23:56:56.65 ID:uuJSD5yx0
俺は大学入るまでほとんど漫画ばかり読んでたけど、進学校(高校)で国語の成績はトップクラスだった
文字の多い漫画が多かったのもあるが、書を読むという行為にあまり優劣をつけても仕方ない気がする

317 :名無しさん@1周年:2016/09/17(土) 23:57:15.64 ID:ulkt3MAx0
>>303
どんな小説にマンガ以上の内容があるってのw

318 :名無しさん@1周年:2016/09/17(土) 23:57:23.59 ID:bthNnTS60
古代ローマの人が生きるのに必要なものは「パンとサーカス」であるとするのはよく知られたところである。小説や漫画はサーカスに入るのだろうが余りにも面白さや興味深さから外れたり、変にパンぶってイキってみたりするとパンのみを食べるハメになり餓えはあるね。

319 :名無しさん@1周年:2016/09/17(土) 23:57:33.80 ID:v7KFqzpY0
趣味はありますか
はい、読書です
どんなものを読みますか
ワンピースです

・・・・・不採用っすねw

320 :名無しさん@1周年:2016/09/17(土) 23:58:01.23 ID:GCX42tWz0
たぶん、この内容の議論をする人は本当は本をあまり愛していない人
それが残念におもうから議論に参加したが、これに尽きる
それがこのスレタイのテーマの本質だわ

321 :名無しさん@1周年:2016/09/17(土) 23:58:09.12 ID:b+YaApNu0
こち亀の最終回がクソだったらしい

322 :名無しさん@1周年:2016/09/17(土) 23:58:09.21 ID:mdaTe8rl0
大島弓子はネームが多いから読書扱いでヨロシク

323 :名無しさん@1周年:2016/09/17(土) 23:58:39.49 ID:MZHhZEbb0
>>314
いいえ人です

324 :名無しさん@1周年:2016/09/17(土) 23:59:04.73 ID:K9oCIgex0
文字を媒体とする意味の読み取りを読書といえば
ソースコードを読むコンパイラーは読者め
プログラマーは作家だな。

もちろん、芸術的なソースコードの存在を知れば
プログラムが芸術の表現方法の一つとみとめられるし、
プログラマーが作家であるということも
すでに否定は難しくなる。

325 :名無しさん@1周年:2016/09/17(土) 23:59:37.25 ID:tSGKwj1X0
>>317
漫画は書く方は大変だが
読む方は漫画家の書いた想像以上のモノは読み取れないわけよ

326 :名無しさん@1周年:2016/09/17(土) 23:59:42.13 ID:mVglAJra0
漫画は漫画だろうね

読書は与えられた活字から映像を想像しながら楽しむもの
漫画は与えられた画像とセリフを楽しむもの

同じ読むものでもだいぶ違う
ラノベはその中間かな

327 :名無しさん@1周年:2016/09/17(土) 23:59:49.79 ID:J5owtx5O0
読書と称して漫画を読むのは
食事と称してお菓子を食うようなもんだろ

328 :名無しさん@1周年:2016/09/17(土) 23:59:50.29 ID:16+V0Tpq0
>>303
内容の多寡は問題じゃないだろう。

小説だって長文の方が優れているというわけじゃない。

329 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 00:00:14.55 ID:S69Xptrz0
漫画は読書に入るか?という疑問自体がそうなのだと言いたかった
じゃな〜

330 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 00:00:20.37 ID:zJ8x3jpT0
>>327
うん。良い例え

331 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 00:00:25.47 ID:1zEHcd6I0
マンガは有益だが読解力はたいしてひつようない
画が文章の理解の大半を補っている
画を見ずマンガの吹き出しだけで読むなら読書かもしれない
それだけで理解できたらマンガ家作家クリエーターレベル

332 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 00:00:28.48 ID:xDy8S1ExO
>>316
国語の例文で鍛えられてたんじゃないの?

333 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 00:00:57.85 ID:B9xX2XlO0
星新一は神
子供の読書の入門にぜひ勧めたい

334 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 00:01:01.75 ID:GuftEWiC0
私は漫画を作成してクラスメートに見せたが、即座にごみ箱に捨てられてしまった。悲しかった

335 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 00:01:07.96 ID:edCM/QQq0
別に漫画は独立したジャンルで素晴らしい作品もあるから特に「読書」にこだわらんでも
高野文子と内田善美と大島弓子を読んだあと「これは文学か?」とか問うまでもない
どれも素晴らしい芸術であり比肩するものはどこにもない

336 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 00:01:15.96 ID:1arhrjeo0
岩波文庫読むようなレベルの人はこの中にいないんでしょう?
電子書籍化してるような1500円程度のビジネス書も漫画も似たようなものだよ。¥

337 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 00:02:14.93 ID:xxZI5Eon0
文壇とかのエロ小説読まなくなっただけだろ

338 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 00:02:32.13 ID:5jiYzq4G0
>>325
それは漫画の方が説得力があるというだけのことでは。

339 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 00:02:34.34 ID:i6Vm0jgn0
活字より漫画の方が記憶に残ってるのは確か

340 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 00:02:54.85 ID:WIbF+IGu0
>>328
漫画との比較だろ

小説は自分で組み立てて想像しなきゃならない
その想像は個人的な体験というか個々人違う

漫画はその作業を漫画家がやってくれるからね
その漫画家の想像の範囲を超えることができない

翻訳本とかでも同じね
だからきっちり理解したいなら原書で読めと言われるだろ

341 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 00:03:13.89 ID:WEN1gxpE0
今は低所得低脳に低脳が生まれ低所得ゆえに漫画を買えない 可哀そうじゃないか

342 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 00:03:22.70 ID:L4fnvrbP0
まんがによってははいるはいる

343 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 00:03:33.34 ID:HpFeIeZs0
>>319
僕がその面接官だったら
「ぼくはワンピースって読んだことないんだけど、どういう話なの? 教えてくれる」とか
「どういうところが面白かった?」とか訊いてみるけどね

知ってるマンガなら好きなキャラとか聞いてみるけどね
少なくともそれだけで不採用はしないけどね、まあ職種や経歴にもよるけどwww

344 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 00:03:34.51 ID:Gslkj3fd0
村上春樹程度だとまぁ漫画と大差ないかなぁ

345 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 00:04:11.09 ID:XCMPLhdU0
ただ本を文芸として観ると、産業革命の発展の矛盾期にマネ、モネらの印象派などの世界観が大きく伸びたりもした。日本の抱える矛盾の苦しみと四つに組んで生まれてくるならそういうものはみんな感じるものはあるだろうね。

346 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 00:04:25.52 ID:CH5oKFXR0
まあ読書とは言わないだろうけど
マンガ読んで何も得られないやつは小説読んだって得られないよ

347 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 00:04:38.24 ID:YzfwoFyc0
>>327
驕り高ぶりと固定観念ガチガチの頭の固さを感じる

348 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 00:04:41.43 ID:zJ8x3jpT0
>>344
作者は関係ないでしょ

349 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 00:05:05.53 ID:TEVQHmEL0
小林よしのりは読書だとか書いてやれば
小林よしのり喜ぶんじゃないか?

喜ぶならそうしてやれよ

350 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 00:05:56.51 ID:/C+ro68x0
>>274
書くことと読む見ることの違いがわからないの?
静止画を動態としてみるにしても、単純なイメージの繰り返しだから。

>>280
>文字の言語は聴覚よりなのは間違いない

文字が聴覚よりでも視覚よりでも、作業は複雑だよ。
映像や画像は直接性だから、基本的に単純で音楽と同じように感情的な作業となる。

351 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 00:06:02.18 ID:uZUnJGcQ0
>>344
嫌いな作家はぶっちぎりで村上春樹だな
読みやすい文章で言葉選びは秀でてると思うけど
全体的に気持ち悪い

352 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 00:06:03.86 ID:L4fnvrbP0
逆に小説でも哲学書でも太宰治であろーがひとによっちゃ読書にはならん

353 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 00:06:09.18 ID:HkyYbm+H0
>>317 実は俺は小説読まないから良く分からん 分からんけど小説のほうが知的な人が読むイメージがある

354 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 00:06:10.73 ID:HpFeIeZs0
これは読書スレのたびにネトウヨを啓蒙するんだけどね
サマセット・モームって文豪が言ってるんだけど
小説の価値は「君にとって」面白いかつまらないかってそれだけなんだよね
評論家がいいといっていようと傑作だろうと文学史に残る作品だろうと
研究者とかそういうのでない限り無理して読む必要は全くない

355 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 00:06:24.58 ID:i6Vm0jgn0
でも活字だと一冊で済むのは楽

356 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 00:07:10.93 ID:PPscMPkq0
入るよ。絵を観賞するというよりもストーリーを楽しむのだから
完全に読書。

357 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 00:07:16.21 ID:1zEHcd6I0
文章はロジックである。
画はイメージである。

358 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 00:07:42.25 ID:YzfwoFyc0
>>340
その想像した絵が漫画家の描く絵より格好良かったりするんなら大したもんですわ

359 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 00:07:49.80 ID:gVUQk/lf0
一コマ一コマを隅々まで熟読玩味するような読み方ができるかどうかによる
それができない人にはハッキリいって本も映画も何もかももったいない

360 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 00:08:08.00 ID:PgE3cSjQ0
活字ばかりの一般的な読書もすれば、
マンガだって普通に見たり読んだりしてるけどね。

ただ自分はマンガは読書のうちには入らないと思ってる。
マンガではなく有名画家の画集を見ていたとして、
それを読書だとは思わないだろ。

それと一緒だよ。

361 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 00:08:11.25 ID:1arhrjeo0
おまえらアントニオタブッキとか聞いたことも読んだこともないんですよね?
もう少し海外文学読んでほしいものだね。
白水社Uブックスからとりあえず入るのもいいけど
青土社から出てるタブッキなんて最高なんだがな。

362 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 00:08:14.43 ID:b5mla9ih0
漫画は来週を待て・・・が嫌だー

363 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 00:08:15.01 ID:6csJ15dt0
しかし最近は外人もマンガよんでるつうが、分かるのかね?

364 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 00:08:38.45 ID:TEVQHmEL0
>>335
大島弓子の名前が出てると
熱狂的ファンとしては嬉しいねえ

その前のなんちゃらとかんちゃらってのは知らん
どうせくだらないマンガ家だろう

365 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 00:08:39.23 ID:0Ai956xr0
>>322
大島弓子が読書になるかどうかわからんが
大島弓子より重要な現代文学が同時代にどれだけあっただろうか?

366 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 00:08:55.02 ID:GEYc1/4I0
入らねーよ
漫画も読書ならまずこうゆう質問自体出てこない

367 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 00:09:17.83 ID:/C+ro68x0
>>359
そんなことしてる暇があったら、文字の書いてある本を読むことを勧めるよ。

368 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 00:09:18.87 ID:HpFeIeZs0
ところでどうでもいいけど理系がらみで知らない業界の知識を仕入れるときは
オーム社の「マンガでわかる〜〜〜」シリーズはとてもいいと思うね
まあ昨今の流行なのか若手の理系くんの趣味がそうなのか
すぐ萌え色に走るのはどうかと思うがw まあとっつきやすくていいよ
若い衆には勧めてるね

369 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 00:09:40.22 ID:gVUQk/lf0
大島弓子ってブログ以下の飼い猫漫画を垂れ流すババアだろ?
晩節汚すってああいうのだよな

370 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 00:09:40.30 ID:5jiYzq4G0
>>352

太宰とか三島とかは、心理学的な興味の題材であって、
文学としてはけっこうイタイと思うけどな。

371 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 00:09:51.88 ID:zJ8x3jpT0
嫌いな作家って珍しいジャンルだな。

つまらない作家はいても嫌いな作家なんていないな
てか普通いない

372 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 00:10:04.95 ID:SvWgxwfB0
漫「画」が読「書」?

373 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 00:10:18.66 ID:0Ai956xr0
現代文学で萩尾望都・山岸涼子・大島弓子より
重要な作家だどれだけいるだろうか

374 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 00:10:39.08 ID:1zEHcd6I0
画だけ並べて意味をなすならばロジックである。

375 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 00:10:45.26 ID:/C+ro68x0
>>352
むちゃくちゃ言ってるw

376 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 00:10:51.26 ID:PPscMPkq0
>>344
ノーベル賞候補で漫画と変わらないのなら、
ラノベも時代小説も純文学もみんな漫画だわな。

377 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 00:11:02.82 ID:1YQ90Ct00
>>372
絵本をどう読み解く?

378 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 00:11:48.90 ID:tdb94x8m0
>>1
漫画が読書だと言われると確かに違和感があるが、活字だったら無条件に読書かと言われるとそれも違うと思う。
程度の低い活字は本当にどうしようもないぐらい低いからなあ。

379 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 00:12:02.00 ID:PgE3cSjQ0
>>366
だよねw

大体>>1のネタって1〜2週間前に芸スポでスレが立ってたモノなのに、
別の板で改めてスレを立ててる時点で、
スレを立てた記者自身がマンガは読書のうちに入らないと思ってる証拠だよ。

380 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 00:12:27.06 ID:ah3SP12W0
昔の大人がマンガをバカにしまくったせいで今でもマンガは恥ずかしいものという差別意識が残っている。

381 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 00:12:27.77 ID:KkaLPzkj0
>>316
中高時代の同級生を見てると
成績がいい奴……ラノベ含む活字本(小説、専門書、ミリタリーや歴史モノの雑誌類など)も読むが同じくらいマンガも読む
成績が悪い奴……活字本はラノベしか読まずほぼ漫画しか読まない、酷いのになると漫画すら読まないってのもいた

>>343
逆にそこでその漫画に対する考察とか批評とかを聞き出してみて頭の回転や思考力を見るって手もあるな

382 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 00:12:29.33 ID:zJ8x3jpT0
>>378
程度は関係無いでしょ。

383 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 00:12:33.07 ID:/C+ro68x0
>>377
文章が主体なら本。
絵が主体なら画集。

384 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 00:12:51.26 ID:U1WGWWfk0
趣味を「漫画読み」って普通に書くようになればいいだけなんだよな。

385 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 00:13:10.51 ID:uZUnJGcQ0
>>368
漫画で分かる〜はその道の専門から言わせると
かなーり薄っぺらな表面だけの説明で
これで一体何が学べるのだろうか?と疑問に思う事も少なくない
精々専門用語をちょろっと知るだけじゃなかろうか
って個人的に思う

386 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 00:13:37.43 ID:xDy8S1ExO
>>384
漫画鑑賞 の方が格好いい

387 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 00:13:48.90 ID:Y9Km83+ZO
>>368
学生時代に教科書がオーム社だらけで、オウム真理教事件が起きた時にちょっとドキドキしたの思い出した

388 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 00:14:22.90 ID:YzfwoFyc0
小説=お話
マンガ=お話+絵画
映画=お話+映像

マンガ・映画のほうが高度な芸術だわな

389 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 00:14:31.74 ID:+i1VTTET0
三原順なら余裕で許すw

390 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 00:14:38.51 ID:/C+ro68x0
>>368
理系は現象的なものを扱う場合が多いから、漫画や映像はもっとも理解しやすい。

文系は形にならないものを扱うから、漫画や映像では非常に困難。

391 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 00:14:58.31 ID:PPscMPkq0
漫画って左脳的だろ。小説と一緒。
絵の細部に神が宿っていることはない。

392 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 00:15:06.96 ID:gVUQk/lf0
エンジニアも技術書をゴッソリ買い込んで読んでるから趣味読書でオッケー
小説その他だけ特別視するほうがおかしいぞ

393 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 00:15:54.95 ID:5jiYzq4G0
>>378

読書はとりたててレベルの高い行為ではないと思うが。

394 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 00:16:12.44 ID:4mTh5EiM0
>>1
漫画も映画も読書も観劇も、はたまたコンサートも全て情報を脳に送ってる。
活字と比べて頭を使わなくても情報が楽に入るだけ。
まあ漫画は知的情報量は少ないけど。

読書を金科玉条のように扱うのもおかしい。

395 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 00:16:22.69 ID:xDy8S1ExO
児童書を大人が読むのは読書に入るか考えてしまう漫画は「図書館の主」

396 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 00:16:46.02 ID:ah3SP12W0
つーか読書は字を読むのが目的じゃなく、
外部から取り入れた情報っつー刺激で、
自分の頭が今でなかった反応を起こすのを愉しむことと違うかな。
それは本でもマンガでも映画でもテレビでもネットの記事でもで、
手段の違いはあっても全部情報じゃないかな。

397 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 00:16:58.80 ID:1zEHcd6I0
イメージというものは読むのでなく
とらえるもである

398 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 00:17:26.47 ID:q89X46BK0
>>1
読書と映画鑑賞の中間だと思えば妥当
というか読書とかいっても9割方はフィクションでラノベに毛が生えた程度の
小説とかでしょ?
映画だって馬鹿映画から馬鹿を煙に巻く自称高尚映画からピンきりだし
なんで漫画だけそんなに軽蔑されて軽々しく扱われるのか理解できないね

399 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 00:18:29.65 ID:V7vA4SDC0
ラノベって中学生の読書感想文レベルの文章しかないんだが

400 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 00:18:59.40 ID:cqZBQ3Mj0
あたしの愛読書は、ふたりHだわ。


401 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 00:19:17.20 ID:/C+ro68x0
>>396
そんなくくりだと、生きていることがすべて情報ということになるよ。

402 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 00:19:44.26 ID:5jiYzq4G0
>>376
手塚治虫や藤子不二雄ならノーベル文学賞やっても良かったかも。

403 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 00:19:48.33 ID:TEVQHmEL0
>>369
初期 後初期 全盛期1 全盛期2
後期 今 くらいあって
まあ多少は波があるのは仕方ない

初期 〜
後初期 いちご 蘭丸
全盛期1 草冠 予知夢 泡盛
全盛期2 ロストハウスとか
後期 地球滅亡〜の夢
今 ネコ

後初期から全盛期2に渡り綿の国星
みたいな?
適当に書いてるだけだが
つまり大島弓子を読んでみようという人は
差し当たり綿の国星を通しで読めばいい

404 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 00:19:51.04 ID:13J7l3k50
文学だの読書だのは別で、漫画は別分野だろ?なんで比べるんだ。毎回毎回w

405 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 00:20:15.95 ID:qC6ZcVG+0
絵眺めてセリフ読むのが漫画だと思ってるなら口閉じてなさいね

406 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 00:20:20.16 ID:/C+ro68x0
>>398
映画よりは、漫画の方が高尚だと思うよ。

407 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 00:20:54.74 ID:6csJ15dt0
>>402
藤子はともかく手塚は未だストーリー作りに関してはその呪縛から皆逃れられんようだ。

408 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 00:20:55.82 ID:+i1VTTET0
>>37
ライトノベルは、マンガ絵のイラストがついてて、
活字にした青少年向けマンガという印象。
マンガだと学校へは持ち込み禁止されるから、カモフラージュとして。
少なくとも普及した経緯はそうだろう。

409 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 00:21:06.56 ID:U1WGWWfk0
趣味ってのは本来ただ 自分が余暇に楽しんでること なのに
就職関連や自己紹介だとヒエラルキーを付いちゃうからややこしい

410 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 00:21:40.71 ID:/C+ro68x0
>>405
漫画になにを求めてるの?

411 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 00:21:45.60 ID:tuoBOTF70
ドラマは映画か
映画は読書かくらい何言ってんだろうって話だな

412 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 00:23:11.77 ID:1zEHcd6I0
私はサルである。怖い顔のサルである。赤い顔だ。
マンガで書くとどうなる。書ければ読解したことになる。
その上手に適格描かれたものをみても読解とはいえない。

413 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 00:23:27.72 ID:AJbXi/ao0
ラノベがダメなのはテンプレだからだよ
小説の多くもそう

414 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 00:23:29.39 ID:YzfwoFyc0
知識を得て知ってる範囲が広がる
いろんな人生を疑似体験して人間として成長の助けにする

これは小説でもマンガでも映画でもできること

415 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 00:23:53.45 ID:L2hRmnS9O
>>331
漫画を何も知らないことがよくわかるな。吹き出しは漫画の表現の一部分でしかない
漫画家、作家、クリエイターだろうと吹き出しだけじゃわからないよ

>>327
お菓子にもカロリーメイトやザバスパーフェクトバーみたいなものがあるんだ

>>359
ここで漫画が読書に入らないといってるのは典型的なそれができないタイプだな
そう言うことによって自分の頭の悪さを露呈してるのを自覚してない

416 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 00:24:03.66 ID:AJbXi/ao0
>>413
間違えた
漫画の多くもそう

417 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 00:24:19.04 ID:DTs0cGcU0
漫画は景色が固定されてしまい、空想・妄想の世界に遊べない
逆にいうと、漫画に慣れ過ぎると、朗読や文章から絵が浮かばなくなる

418 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 00:24:39.80 ID:+i1VTTET0
純文学は、作者の境遇や当時の社会状況と乖離してて入り込めない場合が多々ある。
娯楽なんだから苦しむ必要はない。

419 ::2016/09/18(日) 00:24:50.40 ID:abCnxaUZ0
 最近『ダンジョン飯』を読んだら面白かった。
 

420 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 00:25:47.30 ID:/C+ro68x0
>>415
たかが漫画になにを大騒ぎしてるんだろう?

たかが漫画、というのは、つげ義春の言葉だけど。

421 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 00:26:02.62 ID:AJbXi/ao0
>>417
なんで逆に言えるのそれ

422 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 00:26:25.30 ID:gASGHiui0
小説も漫画も映画もドラマも演劇も
歌舞伎も文楽もオペラもバレエも
落語も浪曲も能も、所詮は全てフィクション鑑賞

423 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 00:26:44.25 ID:5jiYzq4G0
読書ってのは、本を読むことだろう。

哲学書もハウツー本も小説も漫画も、本であることには変わりない。

424 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 00:27:02.92 ID:0Ai956xr0
>>419
あの人天才だと思うけど
(天才としては小粒だが)

ダンジョン飯より星新一ばりのショートショート集読んだときは
久しぶりに凄い漫画家でたと思ったわ

425 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 00:27:25.22 ID:uQNyVA2Q0
>>422
歴史書も追加しといてくれ。

426 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 00:27:39.75 ID:e8E1JPN60
本を読む人はたいてい漫画も読むが
漫画を読む人が本を読むとは限らない

なので漫画しか読まない人は趣味は漫画と書いておくのが無難じゃないかな

427 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 00:28:02.21 ID:U1WGWWfk0
>>417
どっちかというと
映画やテレビで実写の風景表現に慣れちゃってるから、
小説で情景描写がたくさん書いてあってまどろこっしい割にイメージがあんま浮かばんってことがあるな。

428 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 00:28:12.88 ID:q89X46BK0
>>417

じゃあ映画やドラマ、テレビ漬けの人はなおさらそうだよねww
読書なんてしても頭の中でイメージできない馬鹿ばっかだよね?www

429 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 00:28:13.27 ID:XCMPLhdU0
昔のウルトラマンシリーズなんかは子供ながらに結構考えさせられるシナリオが多かった。例えば帰ってきたウルトラマンの天使と悪魔の間にとかは子供向けとしては内容がしっかりしていた。

430 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 00:28:19.30 ID:SvWgxwfB0
違いは「想像力」じゃないの?

431 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 00:28:27.25 ID:IGv8tObY0
読書ってあれだろ、名作全集とか文学作品とかそういうの
対談集読んでるつったら、そんなん読書じゃねーよ!って先輩に笑われたわ。

432 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 00:28:43.71 ID:1zEHcd6I0
415 あなたの意見見解を言ってからケチつけろ

433 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 00:28:58.67 ID:13J7l3k50
文字のみから想起してる俺様すげぇーがいいたいんだろうけど。下々を見てw

434 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 00:29:02.82 ID:qC6ZcVG+0
>>410
漫画ならではの体験
漫画ならではの表現
もし別の何かと取り替え可能ならそれはあんまりいい漫画じゃない気がする

435 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 00:29:08.66 ID:tuoBOTF70
親に本はいくらでも買ってやるがマンガはダメ
って言われたとしてマンガでもいいものがあるって主張するんだろうけど、
小遣いでわざわざ買ってまで読むっていうのが重要なのになあ。

436 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 00:29:11.91 ID:LN6YT5VY0
>>403
綿の国星は途中は良いんだが最終巻がな…1巻から始まった方向性で終わらせることができなかったのか
結局ホワイトフィールドとかその辺は放置状態になっちゃったからな
あの漫画のおかげで猫アレルギーは猫と一緒にいて慣れれば治ると勘違いした人の攻撃くらったことがある

437 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 00:29:12.52 ID:/C+ro68x0
>>423
読書というのは、普通は文字の本を読むことを指すね。

漫画でかいた歴史は、歴史書とはいわずに歴史漫画というね。

438 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 00:29:29.79 ID:0Ai956xr0
>>417
少女漫画が向いてるな
抽象表現や心象描写が多いから

439 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 00:29:39.82 ID:L2hRmnS9O
>>416
お前がほとんど漫画を読んだことがないことはわかった

440 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 00:30:23.72 ID:2C5Tj7Rv0
>>5
漫画は鑑賞だろ?読むのではなく見るもの。

441 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 00:30:25.21 ID:lpzjLFrT0
手塚治虫のブラックジャックは
読書に近いかも

442 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 00:30:30.67 ID:wqfztERL0
なんか、漫画しか読まない奴って読書って言葉にコンプがあるのか?

443 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 00:30:44.34 ID:/C+ro68x0
>>434
それなら、むしろ読書といわないほうがいいね。
漫画の読み方を、漫画で解説できるようにがんばった方がいい。

444 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 00:31:36.86 ID:PgE3cSjQ0
>>411
そもそも読書にしても、

黙読と音読では脳内で主に活動する部分が違うことが分かってるのに、

活字メインのモノと絵メインのモノとを同一視しようとしてる時点で、

>>1の質問を提示したヤツの程度が知れるって話なのよw

445 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 00:32:26.49 ID:L2hRmnS9O
>>432
見解なら言ってるさ
お前が頭が悪いというのも見ていれば大体はわかる

446 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 00:32:41.87 ID:e8E1JPN60
とりあえず漫画と本の違いを論じてる奴は両方1000冊以上は読んでからにしろよ
本の方は、最低でも2割は小説・エッセイなど娯楽本以外な

447 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 00:32:43.75 ID:i6Vm0jgn0
どっちにせよ読んでる奴は静かだからいい
だがイヤホン野郎は同時に情報を取りこめてるのか謎

448 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 00:33:24.85 ID:Rk23miS30
汎用ブラウザでここ見るとRentalってとこの広告が出る
女の漫画の広告はいつも軽くカルチャーショック
「スペインでは君は狼の群れの中の羊だ」
「あなたと私は永遠に同じロンドを踊り続けるの」とか出るんだよ

449 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 00:33:55.13 ID:5jiYzq4G0
>>422
マンガにも、ノンフィクションやハウツー、ルポルタージュの類もある。

文字で可能な表現は、おそろらく漫画でも全て可能なのではないか。
いずれ一神教の経典がマンガで書かれる日が来るかも。

450 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 00:34:30.99 ID:q89X46BK0
読書で頭の中のイメージの妄想で遊ぶメディアだってのあったけど
一人の人間が作り出せるイメージなんて高が知れたもの。
ほとんどが自分ひとり分の過去の経験や見聞きしたものからしかひっぱってこれない。
一方で映画とか漫画は他人のイメージを垣間見える。
こういうストーリーやこういうキャラのこういう行動原理をこういう風に切り取られるのか!て
頭を殴られたぐらいのショックを受けることもある。
映像付きてのはそういう利点がある、
読書のイメージ妄想遊びなんて緒戦は一人の人間の頭の中限定の狭い妄想遊びでしか
ない

451 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 00:35:08.62 ID:/C+ro68x0
>>447
漫画読みながらテレビを見ながら2chに書き込みながら奥さんと会話する奴なら知ってるw

452 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 00:35:10.75 ID:i+sVL6Dw0
エロ漫画でも森山塔とか芸術性のあるのは読書に

453 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 00:35:15.42 ID:uQNyVA2Q0
>>430
端的だな。

精神分析の教科書は最高の読書といえるかもしれない。

454 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 00:35:34.21 ID:1zEHcd6I0
445 その通り 謝る 相手をしたわたしがばかでした。さようなら

455 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 00:35:47.19 ID:8Gy1+Jl80
漫画なんか読んでると馬鹿にしかならんな。

456 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 00:35:52.32 ID:YzfwoFyc0
区切るなら専門知識書は読書
小説・マンガは読書じゃないにするかだな
小説とマンガははっきり言って同じジャンル

457 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 00:35:58.85 ID:wH1yeUf50
 
電車でマンガ読んでる奴

どう見ても低脳ばかり

458 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 00:36:01.46 ID:0Ai956xr0
九井諒子みたいな漫画家出てきたりするから
日本の漫画界はまだまだ大丈夫だな

この人もそうだけど最近女性漫画家の方が
面白くてなぁ

昭和元禄落語心中もきれいに終わってたな
終わってああ、こういう話だったのかと腑に落ちた

459 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 00:36:18.88 ID:L2hRmnS9O
>>442
ここを見てると漫画が読書に入らないといってる人種こそ
活字の本を何か高尚なものと思いたがってるように見えるけどな
むしろそこに屈折したコンプレックスが透けて見える

460 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 00:36:28.66 ID:NF6vM2t30
漫画を読むというし本のカテゴリなんだから読書でいいのでは
まあ趣味で読書(漫画)ってのに違和感覚えるのは分かるし見るものってのも分かるけど
そもそも「読書」にそんな格付け必要ないって

461 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 00:36:30.87 ID:XCMPLhdU0
宮沢賢治の銀河鉄道の夜の劇団公演版を観たことがあるが、舞台芸術でやってみるとかなりの見応えであったのを思い出した。この場合小説が原型シナリオと言えるが、当然始まりは賢治氏が書いたものからである。

462 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 00:36:47.77 ID:hmqt+ums0
書いてるものを読むんだから読書だろ

463 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 00:37:14.82 ID:AJbXi/ao0
>>439
俺がほとんど漫画読んだことないの?
すごいこというね
つーかもう息も絶え絶えの負け惜しみとかいらんから
別に責めてないからな

464 ::2016/09/18(日) 00:37:19.32 ID:abCnxaUZ0
>>424

 4コマ漫画か何かかと思ったら、ちゃんと主人公の妹救出という背骨を持ちつつ、更にまじめに料理しちゃう当たりが凄い。
 あと、マルシルが可愛い。

465 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 00:37:58.17 ID:IGv8tObY0
>>459
ジャンルが違うんだよ。漫画=読書なんてのはただの甘え。

466 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 00:38:33.35 ID:AJbXi/ao0
>>453
ハア?
見当違いなこと言うなボケ

467 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 00:39:16.10 ID:B9xX2XlO0
お前ら好きな漫画家と小説家は何かね
俺は
竹本泉
星新一
が好き

468 ::2016/09/18(日) 00:39:43.61 ID:abCnxaUZ0
>>458

 萩尾望都さんや竹宮恵子さん辺りのSF少女漫画世代も良かったよ。
 当時の少年漫画より遙かにスケールがでかかった。

469 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 00:40:06.86 ID:o3ntBol80
ミステリや恋愛小説を読んで読書って言ってんだから大して変わらんだろ
それでもまだましな方か、ラノベに比べたらw

470 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 00:40:36.21 ID:Z3ZbXDsd0
絵が描けないから小説書いてるんじゃないの
遠回しに文章で何を伝えたいの
絵の持つ情報力は見るんじゃなくて読みとくんじゃないの

471 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 00:40:41.49 ID:uQNyVA2Q0
>>450
一方で、文字を紡ぎ、また読取るという
一次元的な情報の交換効率に、映像はとうていかなわない。

472 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 00:40:55.74 ID:TEVQHmEL0
>>436
初期のイメージか‥‥文庫で言えば1巻までか
2巻の半分くらいまでかね

分からないでもないが
おれの好みで言うと
やっぱサギとか双子猫が無いのは寂しいなあ

473 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 00:41:02.04 ID:PgE3cSjQ0
>>447
自分は黙読がどうも苦手で、
電車の中でも声は出さずにパクパクと口を動かしながら音読風に読書してます。

だからふと顔を上げると、
反対側にいる乗客がそんな私を凝視していたなんて光景にしょっちゅう遭遇しますw

474 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 00:41:39.49 ID:63H+DP3/0
読画

475 ::2016/09/18(日) 00:42:19.68 ID:abCnxaUZ0
>>467

 好きなマンガ家はたくさん居るが、やはり手塚治虫さんは外せない。
 あの人は功罪含めて存在が巨大すぎる。
 小説家も好きな人は多いが、飛び抜けてこの人という存在が居ない。
 

476 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 00:42:31.09 ID:uZUnJGcQ0
ラノベってチラッとしか読んだことないけど
会話文が多いイメージある
漫画の構成に近いなって印象

477 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 00:42:34.44 ID:AJbXi/ao0
>>470
ラノベ書いてる奴はそんなのばっかだな

478 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 00:43:10.34 ID:0Ai956xr0
>>476
ラノベはラノベで色々あるよ
当たり前だけど

479 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 00:43:48.93 ID:13J7l3k50
もうピカソ・ゴッホやらルノワール vs 書道・ヒエログリフぐらいでいいよw

480 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 00:45:09.91 ID:Z3ZbXDsd0
>>477
情報を伝えて考える
わくわくすりゃ文字だって絵だって読むんだよ
漫画はどっちも入ってる
完成形だよ

481 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 00:47:03.68 ID:E9SWLYYH0
>>467
永野護
伴野朗

482 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 00:47:07.57 ID:q89X46BK0
>>467
川端康成と夏目漱石
上条敦士と松本大洋と新谷かおる

483 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 00:47:11.52 ID:W9P39yqo0
じゃあ画集は?イラストレーターとかのじゃなくて、有名画家の解説ビッチリのやつ

484 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 00:47:36.54 ID:1zEHcd6I0
絵画は読み解くものなんだろうが、
マンガの画は画をそのままとらえる
ふきだしもそのままよむ
併せて読み進めるのがマンガ
画自体は画でしかない まあおっぱいが
書かれててもだ

485 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 00:47:50.74 ID:TEVQHmEL0
>>468
ファンよ怒るなだって俺はファンじゃないからって感じだが
それぞれ一行で表せば
萩尾望都→描ききれない
竹宮恵子→大風呂敷をたためない
みたいな?

ファンよ怒るな
おれはファンじゃないからポーと11人と千億と短編少しと
地球とアルトジンとなんだったけ?
ってぐらいしか読んでないし

せっかくの少女マンガを語るスレだ
萩尾望都・竹宮恵子の素晴らしさを教えてくれたまえ

486 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 00:47:51.46 ID:uQNyVA2Q0
>>466
精神分析の臨床例とか読みもせずに、
そんなレスできるの?

おもしろいよ。患者の犯した行為を
家庭環境や本人の性格などから分析して
合理的な解釈をあたてるの。

人間の本質に踏み込むのは当然として
どれも想像力が刺激されて、へたな小説よむより
はるかに読書的な感想を得るものだよ。

487 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 00:48:29.19 ID:AJbXi/ao0
>>483
絵を読めば読書に入るんじゃね
絵画を読むってあるもんね

488 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 00:48:34.28 ID:6csJ15dt0
少女漫画は青池やす子を推す

489 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 00:48:41.08 ID:PgE3cSjQ0
>>470
宗教画まさに絵解きの典型なのよねw

識字率が低かった中世のころに、
一般民衆に宗教の教えの内容を絵でもってわからせることから発達したのよねw

490 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 00:49:32.73 ID:wh1/+VbX0
ねぇよバカ

491 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 00:49:48.65 ID:L2hRmnS9O
>>391
よっ、朝鮮人

492 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 00:49:54.25 ID:E9SWLYYH0
>>485
萩尾望都はトーマの心臓だろ
竹宮恵子は風と木の詩だろ

まずそれを読め
竹宮は変奏曲も読め

493 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 00:50:35.92 ID:cxIutegy0
小説も違うだろ。フィクションだし。

494 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 00:50:38.19 ID:gVUQk/lf0
>>486
なぞかけとか三題噺みたいなもんか

495 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 00:50:43.36 ID:uQNyVA2Q0
>>489
参詣曼荼羅の類もおもしろいよね。

496 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 00:51:05.39 ID:5jiYzq4G0
最高に楽しく読んだ文学小説「檸檬」
最高に楽しく読んだ歴史小説「竜馬がゆく」
最高に楽しく読んだSF小説「銀河英雄伝説」
最高に楽しく読んだ科学啓蒙書「利己的な遺伝子」
最高に楽しく読んだ哲学書「人間機械論」
最高に楽しく読んだルポ「コン・ティキ号漂流記」

最高に楽しく読んだマンガ「ブラックジャック」…と言ってもいいが、
「銃夢」や「寄生獣」や「いつもポケットにショパン」や、ええとええと、
いくらでも挙げられる。

497 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 00:51:20.65 ID:B9xX2XlO0
>>483
速水螺旋人のとか完全に読み物だよなw

498 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 00:51:25.04 ID:YzfwoFyc0
おれはやっぱ
ジョジョ、ハンタ、キン肉マン、ベルセルク、カイジ、喧嘩商売、波よ聞いてくれ
この辺りは本当に面白いと思ったな

小説で何かこの辺より心動かして来るのがあったら教えてくれよな〜

499 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 00:51:43.57 ID:PgE3cSjQO
小学生ならアリ

500 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 00:51:53.11 ID:L2hRmnS9O
ここもやっぱりチョンの対立煽りスレだったか。下らない
そういえばこの記者のCharlotteってのは議論スレで
チョンモメンの問題児としてマークされてたやつだな

501 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 00:52:00.79 ID:5jiYzq4G0
>>492
竹宮恵子なら「私を月まで連れてって」かな

502 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 00:54:11.37 ID:51A8htz80
カップラーメンにお湯入れるのが料理と呼べるならそうなのだろう。

503 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 00:54:11.77 ID:TEVQHmEL0
>>492
ならまあトーマの心臓と風と木の詩を読んでみるか

504 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 00:54:17.50 ID:L2hRmnS9O
>>463
漫画を読んだことがあればそんな頭の悪い発言は出てこないんでな
あ、お前の半島の漫画は知らないぞ。お前の同胞が描くなら低レベルなものしかなくても不思議はない

505 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 00:54:30.05 ID:YzfwoFyc0
あー、かくかくしかじかも良かったな〜

506 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 00:54:31.61 ID:S/+cQfBf0
絵があったらだめなのか?
だったら、モナリザを見て、
なんだくっだらね、というのが
正しいんだな。

507 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 00:54:33.51 ID:5jiYzq4G0
少女漫画家かなら深見じゅんがいいかな。

アーチスト気取りのしないところがいい。

508 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 00:55:09.32 ID:IGv8tObY0
>>485
ガキの頃読んだのだったら、精霊狩りが好きだったな。
関係ないが、少女を描かせたらちばしんいちの右に出る者はいないと思っている。

509 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 00:55:57.85 ID:AJbXi/ao0
俺の言ってる絵画を読むという行為は
>>489のいう宗教のプロットを並べてある的なことじゃなくて
絵画の鑑賞方法として読むっていうことがあるんだよ
一枚絵でも
読み取るとか解釈するとかじゃなくて

510 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 00:56:01.20 ID:5jiYzq4G0
>>498
「ケインとアベル」とかどうだろう。

511 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 00:56:24.85 ID:IGv8tObY0
あーちばてつやだな。素で間違えた。

512 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 00:56:53.99 ID:0Ai956xr0
竹宮恵子は風と木の詩

萩尾望都の場合はまあ漫画史に残る大天才だけあって
どれかひとつというわけにはいかないが
一つとなるとトーマの心臓か

>>503
続編の訪問者も大傑作なんだよなぁ


>>501
それはいま読むとちょっときつい部分がある
萩尾の「12人いる」は完ぺきなんだが

513 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 00:57:31.10 ID:E9SWLYYH0
>>508>>511
千葉真一がマンガ書いてるのを想像してワロタ

514 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 00:57:52.22 ID:KFhdVtjN0
過去、何度も読み返したのが「柔道部物語」
最近のは「セスタス」「銃夢」シリーズや「ヴィンランド・サガ」
この辺の漫画は、読み応えある。

515 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 00:58:18.29 ID:zJ8x3jpT0
>>506
馬鹿すぎw

516 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 00:59:01.60 ID:0Ai956xr0
訪問者は続編ではないか
トーマの心臓より前の話になるから

517 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 00:59:11.01 ID:5jiYzq4G0
>>514
イイセンスしているな。

狂四郎2030もよろしく。

518 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 00:59:42.61 ID:ANqwgaI5O
>>488
アルカサルは中世のスペインについて興味を持つきっかけ作りになるし、
エロイカより愛をこめてはちゃんとしたブレイン(歴史と軍事)がいるから、
国際情勢に興味を持つきっかけになるかな。
うちの子供が小学生の時にエロイカ大好きになって、NATOの加盟国を覚えたり
国の場所が分かるようになったりしたよ。
国に関してはヘタリアも読ませたら興味持ったみたい。
家なんとかだらけで学生時代に江戸時代の歴史はうんざりしたから、
よしながふみの「大奥」読ませたら、歴史の流れや歴代将軍の名前を覚えてたよ。

519 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 00:59:48.80 ID:pGWK5b6m0
図書館に漫画が置かれるもの=読書じゃないし
漫画の市民権を得てるのはあくまで漫画としてだ

520 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 00:59:53.07 ID:L4BkB0ZS0
>>1
入らない

521 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 01:00:34.34 ID:kEWjqLg40
漫画の名作は素晴らしいが、それでも

狭義の、読書では無い。

想像力、想像力。


活字を想像力を伴って持って読むのが、読書。


想像力を想起させない本、ラノベは読書では無い。

522 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 01:00:50.04 ID:pGWK5b6m0
2割もバカがいるんだw

523 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 01:01:01.14 ID:lWA9s50t0
>>1
読書だからな。
読書は、書籍・本を読む事なので、定義上は漫画という本を読むのも、亦これ読書なり。

>>498
そこら辺の漫画のラインナップで心がどう動いたのか謎だがw
西村寿行を読みたまえ。

524 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 01:01:08.45 ID:FXxX9HQ10
感性豊かで表現力も優れた古典的作品は数多くある。
漫画とかコミックなどという通俗的呼称が抑々実情に合わないのだ。
彼らに相応しい名を与えようではないか。
いわく、、、うーむ。
情けないが、オレの造語力の貧しさを恥ずかしく思うばかりだ。
誰か助けてくれんか。

525 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 01:01:34.00 ID:tcR5fUiu0
小説だって本来読書には入らないだろ

526 ::2016/09/18(日) 01:01:34.26 ID:abCnxaUZ0
>>485

 11人いる!を読んでいれば十分とも思うが。
 スターレッドも面白かったよ。

 寒流ドラマみたいなのがお好みなら、砂の城とか。

527 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 01:01:53.00 ID:YzfwoFyc0
やっぱり区切るなら専門書とかのような気がするな
知識面で深く行くなら文字メインで伝えるのが効率がいい

528 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 01:01:56.06 ID:TEVQHmEL0
>>512
よほどトーマの心臓てのが面白いのかもしれんが
マンガ史に残る大天才なら
ポーと11人と千億と短編が
すべていまいちってのはあり得ないと思うけどなあ

529 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 01:02:10.65 ID:0Ai956xr0
萩尾望都はあと「半神」という短編が評価が高く
たったの16Pで表現されているとは思えないと絶賛され
舞台化されたり映画化されたりしてる

530 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 01:02:47.58 ID:IGv8tObY0
>>513
すまぬ。
つか、マンガ家で誰が好きとかいわれて考え込んだら
ほりのぶゆきとかになっちゃうな俺は
だってくだらないんだもん!

531 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 01:02:51.59 ID:ANqwgaI5O
>>528
私はマージナルがナンバーワンだな

532 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 01:02:55.81 ID:5jiYzq4G0
富士見ロマン文庫「カリギュラ」

歴史もののエロ小説だがほとんどどんな歴史書より面白かった。

533 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 01:03:21.74 ID:1zEHcd6I0
トイレット博士 二人と5人 泣くな10円
サバイバル ダメおやじ またろう えこえこ
亀有 手塚 石ノ森 秋山 ちばてつや
あきお 零士 いじわるばあさんきりないな
その後はマンガもゴルゴみたいなのとリングにかけろ
風なつくりが増えてみなくなったわい

534 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 01:03:34.43 ID:0Ai956xr0
>>528
「11人いる」がイマイチと思うのは個人の自由だが
おれは傑作だと思うわ

535 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 01:03:43.42 ID:PgE3cSjQ0
しかし読書はするとは言っても、
最近の自分は小説はほとんど読まないわw
専らノンフィクションモノばかり読んでるわ。
ただし自己啓発本やハウツー本は読まないけどねw

そうは言っても小説も読んだ方がいいのではとは思うんだよね。
文章書きのプロだから黙読でも音読でもスラスラと滑らかに読めるんだよね。

本職のプロが書いてない文章だと、
もっと上手な表現できないのかよと逆にイライラさせられる時があるからねw

536 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 01:04:47.24 ID:W6Xs6Avp0
とりあえず読書は想像力を必要とするもの
なんて定義誰が決めたのかね

537 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 01:04:51.45 ID:uQNyVA2Q0
>>535
いうだけのことあって読み易いな。

538 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 01:04:54.73 ID:+pGD0lNn0
漫画しか読んでないのに趣味が読書って言う人は居ないでしょ。
「何読んでるの」「ワンピース」

539 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 01:05:09.84 ID:AJbXi/ao0
小説なんて本来絵画や漫画のように鑑賞されるべきものなのに、
賢くなりたいバカが読み始めちゃって
それを商売にして騙す小狡い出版社がいる

お前らなんか何をしても賢くなんねーよ
読書ポーズだけして搾取されとけ

540 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 01:05:25.83 ID:YzfwoFyc0
>>523
ググったが

なかなか面白そうじゃねえかw

541 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 01:05:51.80 ID:K6InxNgq0
>漫画であれば理解しやすくなるケースもあるだろう。

だから読書とは別のものと考えるべきだろ
古典でもマンガだけ読んで原作読まないんじゃ意味ないしな
あくまでも漫画家さんの読んだ印象で描いてるものだから
補助にはなるけど自分で原作読んで感じる事が大事だろう

542 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 01:06:28.93 ID:13J7l3k50
チョイ数年前の同じような議論の時もきっとこうだったな。漫画でもなんでもいいから
きっかけ作って知識階層を掘り下げていけみたいな。幅広げろみたいな。そら文学にも創造を書き立てる技術はあるだろう。
記憶術だってメソッドがあるように、ノーベル賞とったやつらでも夢で数式においかけまわされたりするんだしw

543 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 01:07:28.85 ID:CBTpBIub0
>>118
「読み物」としてそれぞれを議論してるだけで誰もそんな事は言ってない
だからお前は「高尚」を崇高とか書いちゃうバカなんだよ

544 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 01:08:36.62 ID:TEVQHmEL0
>>534
「11人いる」は決定的にナゾときがショボい
あのナゾときで「11人いる?」て

いや初めからいたそいつかよ
やっぱりその中の1人だったんじゃねーかと思ったねおれは

545 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 01:08:49.75 ID:IGv8tObY0
>>542
手塚治虫が牽引したのがその流れだろ
漫画は消費されるだけではいけません!と

546 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 01:09:51.17 ID:KFhdVtjN0
漫画は駄菓子扱いでいい
ただ、たまに「おおおぉを!?」と思うような作品が出てくるから、やめられないw

547 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 01:10:59.65 ID:K6InxNgq0
>>544
誰が11人目か?という事と
誰が11人目でも問題ないという事があの話の内容だろ
犯人見つけて解決するってタイプの話じゃない

548 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 01:11:06.29 ID:XCMPLhdU0
ドラクエは音楽がすぎやまこういち、キャラクターデザインが鳥山明でなりたっているが、もしシナリオがダメダメならば多少の話題作ぐらいで終わっていたかも知れない。特に初期のファミコン時代は群を抜いていた。

549 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 01:11:35.04 ID:rsbvX6uJ0
すべてを文章でいちいち説明してくれるのが小説
1つの絵からすべてを読み取る想像力が必要なのが漫画

550 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 01:12:37.40 ID:PgE3cSjQ0
>>541
最近は小説でも各科学分野でも、
マンガで読む〜と言う手のモノのがあるけど、
何かに興味を持つ上での入り口と言うか概略を掴むと言う点では、
マンガって言うのはアリだと思うね。

ただしそこから先に進まないとあまり意味がないけどねw

551 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 01:12:40.94 ID:8/RzY+Nt0
 


活字も何も同じだろう


どうせ作り物は作り物

活字で読んだって絵で見たってウソはウソなんだから


 

552 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 01:13:04.14 ID:AJbXi/ao0
>>544

ゆとりってこんな感じなんだなあ

553 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 01:13:14.22 ID:UeqlDFB10
モチベ上げるという意味では同じものじゃね。

教養や知識を得る為のものとしては別枠かもしれんが。

感情表現を学ぶにしても些か過大だしな。

554 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 01:13:37.66 ID:uQNyVA2Q0
>>541
古典の原作を読む作業って、おもしろいよな。
御伽草子や今昔物語や日本霊異記にさかのぼったり、
謡曲なんか、古今和歌集かな序から妄想で創作したものなんかもある。
脚色に継ぐ脚色の歴史の一側面として
現代における古典作品の漫画化があるとみれば
また面白さもひとしお、とおもう。

555 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 01:13:40.93 ID:L4BkB0ZS0
つげ義春の
石を売る連作作品は
すごいと思ったね

556 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 01:13:52.54 ID:Z7WEXUwY0
読書
漫画鑑賞

これでわけりゃいいだろ。
読書には漫画は含まなくていい。
そうでないと面倒。

557 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 01:14:12.65 ID:5jiYzq4G0
萩尾とか竹宮とか大島とか、別にってかんじだけどな。

こいつすごいと思ったので言えば、

楳図かずお
山田芳裕
徳弘正也
古谷実
小林まこと

かな。
細野不二彦・浦沢直樹・荒木飛呂彦・富樫義博・
高橋留美子・あだち充もやはりすごいと思う。

558 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 01:14:25.93 ID:AJbXi/ao0
>>549
なんじゃそりゃw

559 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 01:14:36.52 ID:kEWjqLg40
どれだけ、本を読んで無いのかわかるスレだな。

漫画は漫画。それ以上でもそれ以下でもない。しかし、

本読みが、漫画を読んで、読書、と言う事は決して無い。

反論も無駄だろ。自分の胸に聞いて見ろ。本読んでるか?

本読みなら反論しないが、本読み以外のみ反論する。

560 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 01:14:40.11 ID:Z3ZbXDsd0
>>551
創作物を読むんだもんね
そこが終点かも

561 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 01:15:05.46 ID:Mksf3F140
感覚的には同じだな活字のが割合的には上質な気もするが本質は変わらんな。

562 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 01:15:34.54 ID:TEVQHmEL0
>>547
いやそれはおかしい
しかし待ておれも遠い記憶というか
3回くらいしか読んでない

ちょっと待て
確認できたらしてみる

563 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 01:15:58.30 ID:YcZHha4b0
途中まで漫画やアニメで見て続き早く知りたくて
原作小説読んだりしてハマることある
「十二国記」とか隆慶一郎の時代劇とか

564 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 01:16:03.38 ID:aJBVUUy40
今日電車内でジャンプ読んでるアラフォーがいた。さすがにないわー

565 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 01:17:17.06 ID:EWJoB+yY0
ラノベは読書かね?

566 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 01:17:19.34 ID:uQNyVA2Q0
>>564
こち亀のために買ったんじゃないの?

567 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 01:17:33.60 ID:tdb94x8m0
>>382
形式的に活字だけの文章を読む=読書だとは思わない。
内容を無視して語れるとは思えない。

568 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 01:18:24.17 ID:IGv8tObY0
ジャンルが違うと自覚があるからこそ
漫画家は小説を読むし、読んで漫画にしかできないような表現法方法を模索する。
SFのジャンルで傑作が生まれたのはそういうチャレンジ精神からじゃないのか
イグアナの娘とか、あれ言葉でどうわからせるんだろうと、実写ドラマもあったけど
結局何が何だかわからん。漫画の短編読む方がすんなりだろ。
自分のイメージを信じるより、作家の紡ぐ言葉を信じろ、漫画家の描く紙面を信じろ
みたいな

569 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 01:18:53.70 ID:AJbXi/ao0
漫画を読む行為をあらわす言葉を作った方がはやいね

570 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 01:19:04.47 ID:tdb94x8m0
>>393
あんたがそう思うのは勝手だし実は俺もそう思うけど、世間はそう思っていないし何よりこのレスの主旨は読書>漫画の前提になっている。

571 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 01:19:12.69 ID:o3OKjyFj0
小説が高尚だなんて誰も言ってないのに
劣等感丸出しの奴がいるね

>>354
ネトウヨなんていう差別用語を平気で使う池沼に
私の大好きなサマセット・モームの文章を引き合いに出して欲しくないね
お前なんかパヨク賞賛本でも読んでるのがお似合いだよ

>>518
漫画は何の予備知識なしでも読めるもんだから
最初の取っ掛かりの役に立つってことだけだね、言ってることは
漫画だけで止まってたらバカだよ

572 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 01:19:19.80 ID:Z7WEXUwY0
映画とアニメ分けたほうがいいだろ
それと似たようなもんだ。

573 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 01:19:27.74 ID:Mksf3F140
感覚的な表現は活字の方が心に響くと言うかしっくり自分の人生に重ね合わせる事が出来る分感銘は強い。ただ人によるんだろうけど。

574 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 01:19:57.10 ID:13J7l3k50
銀河鉄道の夜に活版印刷が出てくるけど。ある種の思惑を並べ替えて生み出せるわけだけども。
タイプライターをじっと眺めててもなにも生まれないが、まぁ動かすと不思議なもんだ。

575 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 01:20:06.47 ID:IGv8tObY0
>>562
テストは合格だ!

576 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 01:20:49.78 ID:KFhdVtjN0
>>563
ヒロインが山中でゲロ吐いて転げ回るのを見られるのは「十二国紀」だけ!
でも、アニメだと、その部分削られてんだよね・・・。
小説続きはよー!!

577 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 01:20:57.87 ID:Z7WEXUwY0
>>569
漫読(マンドク)かね。
描かないで読む専門は。

578 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 01:21:13.88 ID:G0kVvBj+0
サイレントマジョリティ

579 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 01:21:40.42 ID:K6InxNgq0
>>562
11人目が分かったからってそれで何か変わった訳じゃないだろ
目的はまったく別の事だし

580 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 01:21:50.65 ID:b2cNxAu7O
コバルト文庫も読書に入る?

581 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 01:22:02.10 ID:Z7WEXUwY0
読書という漢字の関係性から言ったら読漫のほうか。

582 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 01:22:05.47 ID:bZBrz/890
>>564
最近ほとんど見ないけど、今週は、こち亀的にはありな気がする

583 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 01:22:16.64 ID:1zEHcd6I0
読書が苦手ならならマンガでもよいだろう。
マンガを卒業していわゆる読書してみると(最近は代理店制作
ストックネタだが)マンガは書の言わんとするところを焼き直し、翻訳、パクリながら
わざわざ絵入りでわかり易くしているだけだからどっちを
読んでもよいと思ってる しかしマンガでないほうが安く多くの本を
読むことができる方又は原典を読む、原典はマンガは少ない

584 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 01:22:41.87 ID:8/RzY+Nt0
 

どうも文字だけになると高尚な趣味みたいに思うやつもいるが

ノンフィクションでない限りどっちも程度の同じウソなんだっつの

ノンフィクションならどっちも本当のこと、あるいは真実に近いことで変わりない

 

585 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 01:22:55.38 ID:AJbXi/ao0
>>577
履歴書に趣味漫読ってかけるか

586 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 01:23:21.72 ID:kEWjqLg40
レンタルでDVD借りて見て、映画見た!と強弁する人間は多いだろうが、

読書した!とは言わない。ジャンルが違いすぎる。

活字のみの本と、漫画などのビジュアル印刷物では、フィールドが違いすぎるよ。

本読みは少ないんだから、一緒にしないでくれ。

587 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 01:23:23.33 ID:OCkscJEP0
自己啓発本とか、
下手なマンガより読みやすくて中身すっからかんだからな

字の読書が高尚とは限らない

588 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 01:23:54.50 ID:YzfwoFyc0
知識を得るならやっぱり活字の本だろうな

エンタメの質としてはマンガだろう
じゃなきゃ小説が売れなくてマンガが売れるって事になってない

589 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 01:24:19.75 ID:0Ai956xr0
11人いるは
ミステリーであり、SFであり
閉鎖空間にテストで集められた人間が
追い詰められていくというサスペンスであり
傑作だと思うけどね

11人目がだれかなんてわかって読んでも
面白い
11人目が誰かより、不思議な謎が物語をリードしていくわけだし

590 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 01:24:38.37 ID:cPws/tDk0
読書だが、知的度を上げる役にはそれほど立たない。

591 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 01:25:15.09 ID:Z7WEXUwY0
>>585
履歴書に馬鹿正直に漫画のことなんか書くなよ
馬鹿か?

おまえな、漫画ってこっそり楽しむもんだから。
人前で漫画好きなんて言えるの?
恥ずかしいって自覚あるなら履歴書以前の話だボケ

592 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 01:27:41.47 ID:KClC+wwd0
>>10
それは大昔の話

593 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 01:27:42.18 ID:5jiYzq4G0
活字の小説だって、偉そうぶってる連中がときどきいるだけで、
本質的にはサブカルチャーなんだよ。

594 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 01:28:00.53 ID:2Ql0l6bZ0
名探偵コナンは文字数は多い。

595 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 01:29:37.12 ID:YzfwoFyc0
>>593
そうだよな
だからマンガを読書としなくていいけど、それなら小説も読書としないべきだよな

596 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 01:30:09.64 ID:kEWjqLg40
読書が高尚な行為とか、ただの幻想。

趣味が違うんだから比べるなよ。

漫画は漫画で良い。活字と比較しなくていいジャンル。

597 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 01:30:49.71 ID:8/RzY+Nt0
 

だいたいだな

テレビマンガ業界でも「能や映画を見ろ」とかいうやつがいるよな
ガンダムのハゲとか

お前はそれを見たのかもしんね

「で、それがいったい何の役に立ったんだ」

と言わざるを得ないのだが


性格に問題がありすぎて

598 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 01:30:54.10 ID:aXqdewtX0
漫画は書籍なんてちっぽけなもんじゃない

599 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 01:31:39.06 ID:+FTynh0A0
>>595
小説も個人の妄言を書き連ねた文章に過ぎないね
何を崇高ぶってるんだろうな?

600 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 01:31:45.59 ID:2Ql0l6bZ0
漫画の売上に到底及ばないのに、
ノイジーマイノリティ活字バカワロタw。

601 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 01:32:01.38 ID:+1An5CCn0
普通に学術書とかより漫画やラノベのほうがまともな人間が書いてるし勉強になるけどな
基本的に名著とか言われるものなんてキチガイサヨクが書いたものばかり

602 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 01:32:11.16 ID:AJbXi/ao0
>>591
あのな、お前のこと否定してないから
漫画ばっか読んでるからすぐそんな誤読するんだよ

603 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 01:32:22.92 ID:KFhdVtjN0
漫画「だけ」だと、漫画の中に仕込まれたネタを理解できずおわっちやって、フルに楽しめない場合が。
だから、小説も映画も、古典も学問も頭に入れとけ。

604 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 01:32:34.26 ID:8/RzY+Nt0
小説見ました、海外旅行しました、
それが何の役に立ったんだ
身になったようには見えねえな

ってやつばっか


別にマンガを擁護する気はないのだが

どうも勘違いしてるとしか思えないからな

605 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 01:32:34.69 ID:R+rbtZEc0
登場人物の感情は文章から状況を読み取って、その状況から喜怒哀楽を想像するもんだろ
マンガなら想像したり登場人物の気持ちを考えなくても怒ってる顔とか泣いてる顔とか見ればすぐわかる
これで読書と言えるかよ

606 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 01:32:52.20 ID:kEWjqLg40
>>587
そこらの安っぽいレディースコミックを開いて

漫画は全部こんなもんだと言ってるようなもんだろ。

自己啓発本で読書とか言うとか、ありえないだろw

607 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 01:34:52.65 ID:1zEHcd6I0
面接で趣味 読書 三国志 源氏物語 堂々と書け
内容を聞かれてしっかり文章又は口頭で内容を
答えられれば問題なし 相手にはマンガとはわからんから
違うか 
 

608 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 01:35:07.15 ID:AJbXi/ao0
小説を読んだら賢くなれると思ってるバカがいるんだけど
一体どんな小説を読んでるんだろうな

609 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 01:35:32.89 ID:+1An5CCn0
そもそもラノベ作家のほうがいいこといってるのなんてツイッター見てるだけでもわかるだろ
サヨク大学教授よりはるかに頭いい

610 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 01:35:59.66 ID:uFTxKJNH0
>>605
でも小説でも平気で怒った泣いた嬉しかった書いてあるやつあるでそんなんマンガと一緒だわ
大抵つまらんやつ

611 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 01:37:36.16 ID:gVUQk/lf0
>>609
頭が良くてまともな人間の、何が面白いんだよ
そういうやつには学校の先生でもやらせておけよ

612 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 01:37:37.30 ID:IWAT6umB0
マンガと挿絵入り小説の境目はどこだろな
どこまでが読書でどこからが読書じゃないのか

613 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 01:37:57.85 ID:R06/DhZB0
小説に限定してるバカがおおいが
科学書やらよむのとマンが読むのとじゃ全く意味違うからな

614 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 01:38:09.87 ID:3mef0Hmy0
「失われた時を求めて」は一巻でとん挫した。あれは漫画にしてくれ

615 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 01:38:38.12 ID:gVUQk/lf0
>>612
絵がないと読めないのが漫画
なくても読めると挿絵

616 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 01:38:45.15 ID:IGv8tObY0
>>603
たしなみってやつかな

617 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 01:38:52.62 ID:CBTpBIub0
おまえらの書き込み見てるのが一番面白い

618 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 01:39:16.36 ID:kEWjqLg40
活字の面白さを理解できないからと、漫画絶対優位を言う人は、根本から違うだろ。

ひらがなの三十一文字だけでも想像力は喚起できるよ。

誰かが想像した絵を受け入れる時点で、活字想像力とは別物の創作物なんだよ。

619 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 01:40:35.86 ID:8kM74ldb0
小学5年の時、オネアミスの翼の小説版を読んでえらく感動したんだが、劇場版みてずっこけた
重要なエピソードを数個思いっきり抜いてたから、それ以来アニメ嫌いになった
漫画は読書と呼んでいいと思うやつもある

620 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 01:40:43.87 ID:KFhdVtjN0
夏の深夜に読むS.キングの「ペット・セメタリー」とか最高やけどなw
夕日に向かって呪いの言葉をはく、「家族だったもの」のシーンは、何度よんでも鳥肌たつ。

621 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 01:41:15.57 ID:uFTxKJNH0
>>618
マンガしか読まないとそのマンガに使われてる小ネタとか分からなくね?
それはスルーして読んでんのかねぇ
もったいない

622 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 01:41:51.66 ID:uFTxKJNH0
>>620
泣いてまうわ

623 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 01:42:26.46 ID:bZBrz/890
夏目漱石の坊ちゃんの漫画版とかあるんだね

624 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 01:42:27.10 ID:IGv8tObY0
>>612
コマじゃねえの。
読書の境はわからん

625 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 01:43:27.05 ID:AJbXi/ao0
>>611
ラノベっていまそんな奴ばかりが書いてるよ

626 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 01:43:36.06 ID:zJ8x3jpT0
漫画も小説も沢山家にあるけど
漫画読むのを読書とは言わないなw

627 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 01:44:00.70 ID:R+rbtZEc0
>>610
なんだよその
怒った泣いた嬉しかったって何の含みもない直裁的表現の小説はw

まるで小保方晴子の「陽性かくにん よかった」の実験レポートじゃねえかよw

628 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 01:44:01.57 ID:gVUQk/lf0
>>618
文字数だけならコンクリートポエトリーみたいなやつが最小だろうけど、
あれは視覚的なもので絵に近いような気もするけど

629 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 01:44:13.72 ID:bi1o2Gom0
漫画も読んだらわかるが、つまらない小説を読むより、
かなり疲れることが多い。作者がへたくそなだけのときが多いが、
文字の説明がないから、そうとう頭を使わないと
意味がわからなくなる。

630 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 01:44:45.75 ID:KClC+wwd0
表現手段として漫画が向いてる内容のものもあれば小説が向いてるものもあるというだけ
駄作秀作は双方にあって秀作同士ならべてどちらの媒体がより優れているかと問われても両者に甲乙などつけられない

631 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 01:46:15.02 ID:bZBrz/890
湾岸ミッドナイトとかイニシャルDとかスラムダンクを小説にしてもつまらんだろうなぁ

632 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 01:46:25.23 ID:AJbXi/ao0
>>630
思考停止のバカがいちいち書き込むなよ

633 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 01:46:37.72 ID:RuG2Lb3y0
満喫で読んでて睡魔が襲うレベルが高かったのは
最近読んだのだとマスターキートン
ありゃ文字が多い

634 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 01:47:30.55 ID:PgE3cSjQ0
小説を読むとしたら、
複数作家の短編を集めた短編集をお勧めしますよw

これなら長くても40〜50ページくらいで済み、
1冊で複数の作家の作品を読めるからリーズナブルな上に、
1人の作家の作り話を数百ページにも渡って読まずに済むので気分的に楽だと思うよ。

何かこれって同じ活字分野でも、
フィクションとノンフィクションで新たな論争を呼びそうだなw

635 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 01:47:30.62 ID:TEVQHmEL0
いちおう確認してみたぞ「11人いる」

‥‥じゃあこれを読んでみて
というタイトルをあげたいのだが
適当なのが探し当てられん
スレ消えるまでにタイトルあげたいぞ貶した立場としては

636 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 01:47:45.81 ID:kEWjqLg40
メタ化する概念とか、まさに小説ならではの想像力のおもしろさだと思うが、

読書が高尚とかいう前に、漫画がの方が上とか言う前に、

読め、としか言えないな。

所詮、自分の知ってる物差しでしかモノゴトを測れないなら

文句言う前に、山ほど読め、よ。

637 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 01:48:16.88 ID:NOUxPqI70
漫「画」という位なので文字より画に重点がある
厳密なものではないが、画がなくても文字だけで理解できれば書で良いかもしれぬ

638 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 01:48:40.77 ID:AJbXi/ao0
>>636
引っ込んでろハゲ

639 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 01:49:56.24 ID:zxpMU7iv0
読書と漫画は似て非なるものだ。
漫画はむしろアニメ鑑賞に近い。

640 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 01:50:04.98 ID:KFhdVtjN0
「魔界転生」は、石川賢版が最高だっつってんだるぉおお!!
・・・いや、せがわまさき版も好きなんですけどね。

641 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 01:50:16.78 ID:KClC+wwd0
>>632
お前の言いたいこと全然他人に理解できるように書けてないから
ちゃんと伝わるように書いてみろ

642 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 01:50:34.10 ID:kEWjqLg40
>>638
話する気も無いのに、単純な感情の起伏には敏感なんだね。
死ねば?

643 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 01:51:40.56 ID:8DA/4G2w0
漫画が読書だと言い張ってる奴らは人前で同じ事言えるのかな?
漫画はまだ低俗なんだよ
読書感想文で漫画を題材にできないだろ
そう言うことだよ

文章の作成能力は読書量に比例する
漫画が読書だと言い張ってる奴等の文章の拙さからも分かるなw

644 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 01:52:26.41 ID:uFTxKJNH0
>>623
Kの墓の画像有名やぞ

645 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 01:52:41.52 ID:iurV5vKh0
読書ってなんだろ
スティーブン・キングでも読書のうちに入るんだろうか
しょせん娯楽だし使われてる言葉は低俗なのも多いし下品だし
やっぱり高尚なものが読書かな
純文学とか古典とか
普通の小説は要するに映像を見る代わりに読んでるようなものだしな

646 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 01:54:35.69 ID:NOUxPqI70
>>643
アンケートや統計を見たことはないが、社会通念上読書と見なさないことが多いのではないか

647 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 01:54:52.66 ID:uFTxKJNH0
>>645
現代では活字を読むことやでそれやと一億総高尚になってしまうな

648 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 01:55:00.51 ID:uQNyVA2Q0
>>638
あなたストレスたまりすぎ。

649 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 01:55:23.60 ID:zJ8x3jpT0
漫画が低俗とか高尚とかどっちでもいいけど

メインは絵なんだから読書にはならんだろ

650 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 01:57:21.87 ID:kEWjqLg40
>>643
漫画は低俗とはこれまたw 違うジャンルなだけでどっちが上位では無いでしょう。

このスレの根本的な間違いは、どっちが高尚で、どっちが低いのか?のような

頓珍漢な思い込みから発してる。竹宮恵子も萩尾望都も手塚治虫も

活字好きであって、まったく否定はしていない。

651 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 01:57:56.46 ID:IGv8tObY0
>>635
ポーの一族か百億の昼〜じゃダメか
読み直さんといかんのか?

652 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 01:58:03.23 ID:Z3ZbXDsd0
>>643
権威主義じゃないけど一国の総理やった人間が漫画好きwp公言したり
先日のテレビ番組で元知事がこち亀の懐古編が好きで揃えてるとか
元防衛大臣でサブカル好きの現役大臣が弘兼憲史の政治漫画の名前挙げて
読んでたとかの時代だけどな
聞いた方が頭が凝り固まってるんじゃいつまでたっても漫画は低俗なんだろうな

653 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 01:58:04.19 ID:NOUxPqI70
>>645
書を読むことなので、文字情報がメインであれば良いのではないか
高尚や低俗など、内容の評価は別の問題だと思う

654 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 01:59:07.44 ID:IAEXwiul0
違反スレ

アフィカス

ニュースじゃない

アクセス稼ぎ目的

【?】漫画は読書の範疇に入るのか©2ch.net
http://daily.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1474114945/

655 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 02:00:05.14 ID:ickhiHQ40
漫画は漫画で独自の表現方法だし良いものもあると思うけど、
小説も小説で、小説にしかできないような細かい心理描写とかできるからなぁ。
どっちも読まなきゃね。

656 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 02:00:36.60 ID:058eE3Pj0
>>645
スティーブンキングでも赤川次郎でも読書でしょ

657 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 02:01:44.91 ID:3ZsAxUdf0
ミステリーも読書にいれちゃダメだろ。
宮部みゆきとか。

658 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 02:01:45.39 ID:Z3ZbXDsd0
>>655
色々読むのを漫画好きだって否定はしていないし
読書の範囲を広げりゃいいだけなんだけどね

659 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 02:02:41.18 ID:YBI1zdn30
CLAMP パクリ トレース
http://dat.2chan.net/16/res/483876.htm

CLAMP・トレース・トレパク・パクリ
http://dat.2chan.net/16/res/482455.htm

CLAMP『CLOVER』は庄野晴彦『Inside Out with GADGET』をトレース
http://dat.2chan.net/16/src/1472946183837.jpg

『Inside Out with GADGET』庄野晴彦 Amazon http://www.amazon.co.jp/dp/4915877124/

『CLOVER』奥付・・・庄野晴彦氏の名前は明記されていない
http://dat.2chan.net/16/src/1472946424508.jpg

2000年4月に模写問題が発生した際のCLAMPのコメント
http://www.geocities.co.jp/WallStreet-Stock/5228/mb.html

Wikipedia トレース (製図)  http://ja.wikipedia.org/wiki/トレース_(製図)
CLAMPはウェブサイト上で自身の作品のトレースをしないように呼びかけている

CLAMPノキセキ 2 CLOVER(2004年)
http://dat.2chan.net/16/src/1472946652874.jpg
※庄野晴彦氏「Inside Out with GADGET」からの影響(トレース)には触れず

2014年11月 庄野晴彦氏の「Inside Out with GADGET」と弊社発行の作品「CLOVER」および
「ツバサ」におけるイラストの類似性についてですが、庄野氏の了解をいただいております。
https://bookcomi.kds.jp/form/ ────株式会社講談社

660 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 02:02:54.54 ID:KFhdVtjN0
最近は小説原作者が、原作で書ききれなかったり、後から追加したいキャラやエピをコミカライズで補完する場合もあるんやな。
ある意味、いい形だ。

661 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 02:03:27.68 ID:AJbXi/ao0
>>656
スティーブンキングをなに赤川次郎と並べてんの
キングは村上春樹よりずーっと上だよ

662 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 02:03:29.14 ID:uFTxKJNH0
>>657
お前は書の意味も分からなくて恥ずかしくないの?

663 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 02:03:54.52 ID:TEVQHmEL0
>>651
えっダメでしょそりゃ
おれは「11人いる」なら
こっちの方が なんつーか
ほらいわゆる「上位互換だよ」みたいなタイトルをあげたくて

しかし出せない〜
出せないって事は言ってる事が証明できなくてやばいが
いま愛と誠を読み出したので
やばいかも

664 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 02:03:57.96 ID:hpnqueCl0
漫画の内容による

665 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 02:04:09.87 ID:YBI1zdn30
Inside Out with GADGET 109ページ
トレース→CLOVER 3巻 7ページ
http://aug.2chan.net/dat/16/src/1446445062133.jpg
Inside Out with GADGET 109ページ
トレース→CLOVER 3巻 7ページ
http://svc.2chan.net/dat/16/src/1446445472287.jpg

Inside Out with GADGET 109ページ
トレース→CLOVER 2巻127ページ
http://aug.2chan.net/dat/16/src/1446676986290.jpg

Inside Out with GADGET 109ページ
トレース→CLOVER カラーイラスト
http://sep.2chan.net/dat/16/src/1446445873198.jpg
Inside Out with GADGET 109ページ
トレース→CLOVER カラーイラスト
http://sve.2chan.net/dat/16/src/1446446174349.jpg

Inside Out with GADGET 109ページ
トレース→CLOVER カラーイラスト
http://jan.2chan.net/dat/16/src/1446677107867.jpg

Inside Out with GADGET 109ページ
トレース→CLOVER カラーイラスト
http://apr.2chan.net/dat/16/src/1446677232340.jpg

Inside Out with GADGET 109ページ
トレース→ツバサ 19巻142話
http://apr.2chan.net/dat/16/src/1446883102831.jpg

Inside Out with GADGET 112ページ
トレース→CLOVER カラーイラスト(上下反転、左右反転、回転10度)
http://svb.2chan.net/dat/16/src/1446446563491.jpg

Inside Out with GADGET 112ページ
トレース→CLOVER カラーイラスト(上下反転、左右反転)
http://mar.2chan.net/dat/16/src/1446446696905.jpg

Inside Out with GADGET 10ページ
トレース→CLOVER 1巻 126ー127ページ(左右反転)
http://apr.2chan.net/dat/16/src/1446446330145.jpg 👀
Rock54: Caution(BBR-MD5:0be15ced7fbdb9fdb4d0ce1929c1b82f)


666 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 02:04:52.86 ID:IGv8tObY0
>>661
マンガ好きの春樹嫌い、でいいのか

667 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 02:04:56.46 ID:uQNyVA2Q0
>>603
おくのほそ道とかそうだよね。
歌枕を旅する性質からして
様々な古典知識がないと理解できない。

実は今俺が危惧してるのは
将来、漫画が一種の古典になったとき
作中で小ネタに使われている多くの漫画作品を
一通り知らないと楽しめないかも知れないということ。

ざわざわ、とか擬音が入ったとき
それがカイジのパロディって瞬時に理解できなくてはならない。

だから、未来の古典研究者は
相当量の漫画をよまねばならない。

668 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 02:05:22.93 ID:uFTxKJNH0
>>661
は?
村上春樹だけエンタメ作家じゃないじゃん

669 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 02:05:35.93 ID:PgE3cSjQ0
>>655
そう言うことなのよねw

自分なんていまだに、
ジャンプ、マガジン、サンデー、スピリッツ、ヤンマガ、ヤンジャン、モーニングは、
毎週のようにコンビニで立ち読みしてますよw

670 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 02:05:43.54 ID:0Ai956xr0
>>645
シェイクスピアも結構下品なのだが

671 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 02:06:55.02 ID:kEWjqLg40
漱石でも、スティーブンキングでも、赤川次郎でも、ラノベでも、

文中の意味を省みなければ、ただの漢字カナ混じり文なんだけど、

遠目には、パッと見は、誰が書いたのか解らなくても、一緒に見えても

意味を理解しようと読めば、自ずと名文なのか、駄文なのか、

ちょっとは理解できるのが、活字本のいいところ。

672 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 02:07:11.26 ID:uFTxKJNH0
>>670
シェイクスピアとか出すと戯曲は読書なのかとか言い出すで

673 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 02:07:19.50 ID:FmiEsgG50
>>661
ジャンルの違う作家並べてどっちが上かなんて
言われた当人も困惑するようなアホが最近増えましたね。ラノベの影響かな?

674 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 02:08:20.65 ID:IGv8tObY0
>>667
焚書ええなあ

675 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 02:08:34.86 ID:fnr6svOR0
昔のものや有名なものなら高尚だと勘違いする馬鹿はいくらでもいるなw
多くの人が知っているが興味が無くて読んでないものを読んでいることだけが自慢なんだろう

676 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 02:08:43.30 ID:45/FI8u50
知識を得られるなら漫画でも十分でしょ
いっぱい読めば人には色々な考え方があると理解できるようになるよ

677 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 02:09:00.23 ID:zJ8x3jpT0
つーか作家のどっちが上か下かなんてどーでも良いだろw
自分が読んで面白いか、ためになるかだと思うが

678 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 02:09:08.65 ID:8DA/4G2w0
上でも出てるけど漫画はアニメ観賞に限りなく近いな
そういう意味で読書と呼べるか?と問う事自体がちょっと的外れなんだよね

漫画もアニメもまだ社会一般的にみて低俗なイメージを持たれてるのはまあ残念だよね

679 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 02:09:58.86 ID:XRhk4nH80
>>1
入る
が、読書が趣味と言ってはいけない

680 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 02:10:56.12 ID:zJ8x3jpT0
通勤時間が短くなって本もあまり読まなくなったな。

681 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 02:11:21.34 ID:1zEHcd6I0
パチンコって運動か
昔は指の運動だったが今は違う
しかし昔
趣味 運動スポーツでパチンコです。とは
言わなかった

682 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 02:11:54.26 ID:NOUxPqI70
>>667
確かに漫画の量は膨大なので大変かもしれないね

683 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 02:12:02.51 ID:YBI1zdn30
2000年clamp在網站上的所有JOJO承花同人圖

http://gothicgundam.lofter.com/post/1d29d1e3_7622be3

684 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 02:12:15.90 ID:fnr6svOR0
小説を高尚だと喚いて漫画を必死に馬鹿にしてる人間なんて
一昔前なら小説なんて低俗で紙の無駄だと叫んでた手合いだw

685 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 02:12:32.52 ID:uFTxKJNH0
マンガでも宗像教授とか字が多くて頭痛くなるわ

686 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 02:12:40.02 ID:QIWXLbhQ0
漫画は読書の範疇に入るのか

というのは、

エロ本が読書の範疇に入るのか

という命題と同値だと思う

687 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 02:12:42.81 ID:+bWo2ISh0
マンガは遊びじゃん、読書ではない

688 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 02:12:59.92 ID:PgE3cSjQ0
>>672
つまるところは、

色んなモノを見なさい、読みなさいそして思考しなさいってことなのよw

689 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 02:13:55.89 ID:7fwTJoUj0
原作は同じでもアニメとドラマではイメージの扱われ方が違うよね

690 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 02:14:00.54 ID:IGv8tObY0
>>685
それは作家の力量だな。
読者に頭痛くするなんてのは才能がない証拠

691 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 02:14:03.98 ID:xkJqN2gP0
姪が漫画の読み方わからないって言うんだよね
次、どこのコマ見れば言いかわからないって
で、携帯小説みたいのは読んでるんだけど、なんであんなに行間広いの?

692 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 02:14:54.88 ID:uFTxKJNH0
>>684
大体読書家で読書を高尚なんて言ってるやつおらんのよなぁ
だって生活の一部で所謂娯楽なんだから

693 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 02:15:04.35 ID:iurV5vKh0
漫画も素晴らしい作品はあるよね
小説じゃ表現できないなと思ったり
読書って言ったら違うけど
出会えてよかったなってのはある

694 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 02:15:05.02 ID:0Ai956xr0
ロミオとジュリエット読んで
いきなりの下ネタにえ?ってなったやつは多いはずだ

695 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 02:16:56.34 ID:uFTxKJNH0
>>690
頭痛なるで日本神話とギリシャ神話読んでから再挑戦したわ

696 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 02:17:25.15 ID:4NWFerUZ0
活字も漫画もついでに映像も制作者の想像力や主観等を介する時点で異種と思うけどな

697 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 02:17:30.57 ID:0Ai956xr0
宗像教授はあれでいいんだよ
そういうジャンルなんだから

698 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 02:18:18.40 ID:1zEHcd6I0
カラオケボックスの毎日
趣味 音楽です かっちょえー

699 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 02:19:02.53 ID:AJbXi/ao0
>>672
戯曲は読書に決まってんだろ
台本を文学に昇華したのが戯曲なんだよ

700 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 02:19:39.64 ID:AJbXi/ao0
おいおい漫画の人たちがいなくなってるぜ

701 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 02:19:43.88 ID:0Ai956xr0
>>692
まあスラスラ読める本と
読むのに苦労する本があるという程度の差だな

702 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 02:20:59.64 ID:kEWjqLg40
>>690
宗像教授で、、、星野之宣に才能が無いというなら、一体誰に才能があると言えるのか。。
漫画でも読み手の力量を問われる作品は間違いなくあるでしょう。。。

703 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 02:21:15.50 ID:KFhdVtjN0
まあ、小説は大元を読まないとダメな場合もあるよね。
一部の日本版「レ・ミゼラブル」なんか、コゼット親子の存在が消失してたw

704 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 02:21:48.70 ID:uFTxKJNH0
>>699
小説は読書ではないと言う頭悪い人にとっては戯曲もそうだろ

705 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 02:22:04.79 ID:AJbXi/ao0
>>685
宗像教授は小説に落としてもクズのクズだよ
それに引き換え諸星大二郎の拭いきれない文学性

706 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 02:23:23.58 ID:uFTxKJNH0
>>702
そうそう
素養がないとな

707 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 02:24:30.68 ID:NK/qKAye0
漫画と小説の違いは、

書き手真意の伝わり易さだと思う。
小説の方が書き手の真意が伝わり難い分、相手の気持ちを想像しないと伝わらない。
そう言う意味では、発育段階の子供にとっては、勉強になるが、同時にレビュー等の他の感想が無いと、片手落ちの様な気がする。
どっちが高尚とか無いと思う。

708 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 02:24:46.78 ID:MdPL0s7e0
発言小町を記事にするとか底辺ライターにも程があるな

709 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 02:25:14.04 ID:AJbXi/ao0
>>702
星野之宣の漫画なんて読み手の力量を問うものではない
誰にでもわかりやすい上に、ゲスだしクソじゃん

710 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 02:27:01.85 ID:39tGxPoZ0
マンガから文庫への橋渡しが入試なんだよ
秀才はその事に必ず気づく

711 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 02:27:06.64 ID:IGv8tObY0
>>702
そういうのがあるから漫画って楽しいじゃないんすか!みたいな
星野之宣はとっつき俺絵柄&セリフ回しがダメで、煽りたくなっちゃうのです。すいません。
好きな方多いですよね。

712 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 02:27:31.37 ID:uFTxKJNH0
>>709
別に面白かったよ

713 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 02:27:36.61 ID:beLI5aSb0
絵本も読書だし漫画も読書だろ。

別に活字ばかりの本が高尚とは思わんし、ここまでは読書でここからは違うとかどうでもいいわ。

714 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 02:28:06.98 ID:Q3BNqKbQ0
ベッキーだけじゃなくて安室ババアも不倫だろ。
あと安室は母親としても最低。昔はこう↓だし、今は息子を全寮制の学校に閉じ込めて自分は不倫してる。一時は親権手放すし。

安室は子供にコンビニとマックばかり食べさせていると報道
http://hideyoshi.2ch.net/test/read.cgi/ms/1253974933/
【悲報】安室ジャンキー確定!!逮捕間近か?
http://matomechan.blog129.fc2.com/blog-entry-443.html

反日歌手だからという理由で韓国から大歓迎されてる売国歌手の安室を叩き潰そう!反日安室をいまだに使い続けてる女性誌も不買しよう!
あと売国歌手の安室を五輪主題歌に起用してる反日NHKの受信料は拒否しよう!売国創価や在日チョンに擦り寄ってる売国奴の安室はロングで見れば、損をする。売国安室はチョンで創価のクリスタルケイや創価のAIとコラボしてるけどさ。

慰安婦強制の嘘を流すNHKの国際放送 偏向報道の改革は避けられない
http://the-liberty.com/article.php?item_id=7372
【NHK捏造発覚】超貧困女子高生、別に貧しくなかった。【凋落するメディア】
https://samurai20.jp/2016/08/nhk/
【芸能】 11年ぶりに来韓した安室奈美恵〜過去、日王披露宴での君が代斉唱拒否で韓国人に好印象[05/05] [転載禁止]c2ch.ne
ttp://yomogi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1430806109/-100

http://photo.hankooki.com/newsphoto/v001/2015/05/05/ezhee20150505011330_O_01_C_1.jpg
▲11年ぶりに'来韓'安室奈美恵、過去、日王披露宴で君が代斉唱拒否

'日本Jポップの女神'安室奈美恵が約11年ぶりに来韓した中、過去の君が代斉唱を拒否したエピソードが再照明されている。

4日、安室奈美恵はソウル中区(チュング)乙支路(ウルチロ)東大門(トンデムン)プラザで開かれる2015シャネル・クルーズコレクション出席のために来韓した。
安室奈美恵が公式に韓国を訪れたのは今回が二回目で、2004年以来約11年ぶりだ。1990年代、安室奈美恵は日王主催披露宴で君が代斉唱を拒否して韓国人らに良い印象を残したことがある。
彼女が君が代斉唱を拒否した理由は正確には明らかにならなかったが、昨年ある放送会社で日本出演者の登場バックミュージックで君が代を使って物議をかもしたのに続き、安室奈美恵の君
が代拒否エピソードがまた言及されている。

無様に金欠に陥ってる反日落ち目歌手の安室を叩き潰そう!

http://keywordjiten.seesaa.net/article/425655821.html
安室奈美恵が金欠地獄!ファンから「資金回収」に怒りの声が続出!

金欠落ち目の安室ババアは安定したくて、今度は略奪婚を狙ってる!

安室奈美恵、全国ツアー終了後のタイミングで噂の男性と電撃再婚!?
http://www.asagei.com/excerpt/45249

安室と西の写真↓(安室の地黒さと歩きタバコに注目)
http://blog-imgs-68.fc2.com/g/e/i/geitsuboo/BuYjhb1CEAEHW8T.jpg

なんと安室は妻子ある西と同じアパートに引っ越してきて同じ階に住んでるんだと。でも、西は妻子を捨てて安室みたいなウンコ色の肌色のコブ付きの整形クリーチャーと結婚しないと思うな。安室っていう最低最悪のビッチ、気持ち悪いにも程がある

【芸能】安室奈美恵、全国ツアー終了後のタイミングで噂の男性と電撃再婚!?[無断転載禁止]©2ch.net
http://hayabusa3.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1444903443/
安室奈美恵、香港で西茂弘と撮られた!ファンを不安視させる2人の関係は…
http://www.cyzowoman.com/2015/11/post_17894.html
安室奈美恵の窮状が露呈 入手困難だったチケットが売れ残るように。
http://news.livedoor.com/topics/detail/10982262/
V6三宅と不倫していた安室最低
http://b.z-z.jp/thbbs.cgi/cme/2962/

楽しんごが車を障害者スペースに停めて叩かれているけど安室のほうが悪質。

http://kamome.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1287795840/
【芸能】安室奈美恵ルール違反! 羽田空港の身体障害者用乗降場から乗車(東京スポーツ)

https://www.youtube.com/watch?v=4WqpyZy1KoA
安室ってこういう所の仕切りからして三流。香港のファンに高飛車に切れてる安室が滑稽w ガードマン雇う金もない金欠雑魚安室wwwwww ボディガード雇う金のない雑魚がスターぶるなよwww 
作詞も作曲もしてない糞色の肌の低能アイドルの分際で安室は自分を偉いと思い込んでるから滑稽なんだよ。ふかわが批判したエアピアノ事件とか典型 👀
Rock54: Caution(BBR-MD5:0539ab6bde1d90775bd8639ab920ffa6)


715 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 02:28:22.01 ID:+bWo2ISh0
マンガは遊びだから読書じゃないよ

716 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 02:28:27.82 ID:KC5udQMm0
戦記ものでも主人公や登場人物が
ずーっとニヤニヤ笑ってる漫画ばっかりだな。
何考えて描いてるんだか。

717 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 02:28:54.70 ID:Q3BNqKbQ0
君が代歌うのを拒否した反日歌手の安室奈美恵をゴリ押ししているバックは反社会的ヤクザのバーニング周防です
闇組織と繋がりのある反社会的ヤクザのバーニング周防を叩き潰しましょう!企業倫理は年々厳しくなってきているのに芸能界はおかしすぎます
バーニング系の芸能人はヤクザの利権です。干しましょう!
バーニング系の芸能人が露出していたら即、その媒体に抗議の電話とメールをしましょう
安室奈美恵の関わりのある企業やコンテンツは闇社会と繋がりがあります。徹底的に抗議の電話とメールをしましょう

「“芸能界のドン”は宅見組長が育てた」バーニング周防郁雄社長と暴力団“黒い交際”暴く衝撃ブログ
http://www.excite.co.jp/News/entertainment_g/20150412/Cyzo_201504_post_18343.html
芸能界のドン(黒幕)はバーニング周防|噂・過去&消された芸能人
http://ameblo.jp/kotasha-n/entry-11769535816.html
バーニングプロ銃撃、捜査員の入室拒否
http://oriharu.net/jB.htm

バーニングプロダクション
http://ja.yourpedia.org/wiki/%E3%83%90%E3%83%BC%E3%83%8B%E3%83%B3%E3%82%B0%E3%83%97%E3%83%AD%E3%83%80%E3%82%AF%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%B3
>株式会社バーニングプロダクションは日本の有力な芸能事務所であり、バーニンググループの中核企業。
>実態は神戸山口組周防組。警察からも企業舎弟として監視されている。

宮根誠司、羽鳥慎一らが所属するバーニング系列事務所の黒い噂…肉弾接待、枕営業、所属タレントらも関与か
http://www.officiallyjd.com/archives/430854/

追悼川田亜子アナ
http://kawadasanarigato.blog95.fc2.com/blog-entry-116.html

NHKプロデューサーへのバーニング肉弾接待騒動にまたしても絡んでいた谷口元一

今週の週刊文春のトップ記事は、「NHKが頭を抱える八重の桜プロデューサー、モー娘。肉弾接待騒動」です。
バーニングプロダクションの周防郁雄社長がNHKプロデューサーを接待漬けにして籠絡していたという記事です。
記事は右翼団体大日本新政会のHPにある告発記事に基いています。バーニング周防との兄弟分の関係とその後の決別を記しているのは総裁の笠原和雄氏。
バーニングプロに銃弾が打ち込まれたトラブルの後処理に周防が笠原氏を頼ったのが知りあったきっかけといいます。

上記のサイトには、事務所をやめた水野美紀を干すために周防が、ケイダッシュの谷口元一を手足として使っていたくだりがあります。
「会長、なんとかこのホームページ潰していただけませんか?こんな事を堂々とかかれたら潰すしかありません。この女ごと殺してください、、、、。」

「殺してくださいって、社長どういう事や? 我々業界人にそんなこと軽々しく言うと勘違いされるで?」

周防社長は、また黙り込んだ。
そして、「芸能界から消して下さい、水野美紀を居なくなしてください」というのだ。

右翼団体の総裁に周防は殺人を依頼したというのです。

「いや、会長。このまま、水野が独立しようもなら、バーニングのメンツがありません。いくら金がかかってもいいので、潰して下さい。お願いします。抹殺してください。」
「社長、殺すとか抹殺するとか、そんな言葉使うの止めとき」と一喝した。
その後、笠原氏は周防と相手側の和解の仲介をしたのだが、不安に思った笠原氏は、周防の会話を録音していたのです。

http://up.gc-img.net/post_img/2016/09/sC9mNPAf7FKZLc5_WGm7L_1054.jpeg
http://img.laughy.jp/3462/default_fb68636986d1ccd32c2a53ba3dbac6dc.jpg
http://up.gc-img.net/post_img/2016/09/sC9mNPAf7FKZLc5_KMN4q_1064.jpeg
http://up.gc-img.net/post_img/2016/09/sC9mNPAf7FKZLc5_OjWds_1063.jpeg
容姿崩壊してきている落ち目ババアの安室↑
654657

718 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 02:29:53.71 ID:NOUxPqI70
>>708
まあ確かに
>「趣味は読書(主に漫画)」という人がいても別段相手にするほどのことでもない

719 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 02:30:14.34 ID:kEWjqLg40
>>709
人の趣味、嗜好はあるので、どの作品を持って、私にはゲスでクズかはわかりませんが
SF考証に誤りがあるとしても、そこまで言われる類の作家では無いと思いますが?

720 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 02:32:53.75 ID:uQNyVA2Q0
>>697
ハゲ同

漫画にもいろいろある。

721 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 02:32:58.35 ID:Z8YwppoM0
活字の読書で得られるもの
・語彙
・日本語を読んで内容を把握する能力

漫画はゼロとは言わないが、きわめて希薄。
だから通常はカウントしない。ただの娯楽扱い。

722 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 02:33:25.42 ID:2TS6SKPj0
ラノベは漫画だよね
読書じゃないよね

723 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 02:35:57.72 ID:AJbXi/ao0
>>719
星野はハリウッド映画の劣化版
好き嫌いの話ではない

724 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 02:36:18.21 ID:w5skhOJP0
>>707
確かに字だけで伝えようとするのも無理あるね

仕事ですらチャッチャと図書いてFAXで送りゃ
一発だし誤解も無い。

文学なんて効率無視した自慰みたいなもんかと

725 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 02:36:41.86 ID:1zEHcd6I0
高尚なマンガでも いわゆる読書の古事記でも
まずいやろ仕事中堂々と読んでりゃ

726 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 02:37:17.49 ID:uQNyVA2Q0
>>719
こいつのID抽出して一通り読むと
主観的な感情論で相手を不当に罵倒するばかりで
はなから議論になってないことがわかるよ。

読書がうんぬんを語る以前の問題だとおもう。

727 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 02:38:46.83 ID:uFTxKJNH0
>>723
お前みたいに何でも何かと比べてしか評価できないうちは〜より上〜より下
ゲス、クズくらいしか言えないだろうからもうええよ
アホくさ

728 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 02:39:34.96 ID:+bWo2ISh0
マンガは遊び

729 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 02:39:51.54 ID:1zEHcd6I0
パラパラ漫画もれっきとした読書なんやっつーの

730 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 02:40:35.70 ID:2TS6SKPj0
書籍と一口に言っても様々で、実用書やビジネス書を『読書』というのは違和感があるし、
ラノベのように漫画よりよほど低俗な物もある
けど、じゃあ漫画に高尚な物があるかっていうとはなはだ疑問かな
少なくとも、漫画に、人生に対する新たなパースペクティヴを与えてくれたものは無かった

731 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 02:41:46.31 ID:KFhdVtjN0
ていうか、オマエラの中で、芥川芸人の小説読んだ人おる?
面白いのアレ?

732 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 02:41:56.87 ID:LV+28YlAO
描写は漫画家任せだし、自分のペースで見られる映像作品みたいな感じだな

733 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 02:42:14.08 ID:HN7rBdgvO
漫画は見るもんだろ

734 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 02:42:34.57 ID:uFTxKJNH0
>>731
面白くはないぞ
でもエッセイはまあまあ面白い

735 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 02:43:08.99 ID:AJbXi/ao0
>>719

なるほどね
こういう奴が小説を読んで賢くなろうとする手合いか
こういう奴いるんだなあ

736 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 02:43:12.95 ID:uCLZo7hM0
まんがはまんがだよ。いっしょにすんなよ

737 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 02:44:29.86 ID:TEVQHmEL0
さて愛と誠もひと段落し

738 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 02:44:37.29 ID:zJ8W8wkP0
>>10

逆はあるな。

読書(活字)好きな奴は大抵漫画好き。
漫画好きが読書するかどうかは人による。

739 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 02:45:31.60 ID:pZWokCT+0
読書に入らないなら何になるの?

740 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 02:46:35.51 ID:KFhdVtjN0
とりあえずギスギスした空気を和らげるため、ここに「乙嫁語り」置いときますね。

741 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 02:46:38.95 ID:1zEHcd6I0
火の鳥 のらくろ スポーツマン金太郎 ふくちゃん
釣り吉三平

742 :("゚. 。 フ コロ猫8 ◆EFvlPnIYE33o :2016/09/18(日) 02:47:13.13 ID:9Fk4zNS30
   /l、
   ("゚. 。 フ 最近、ネクロノミコン読んでないな
   」  "ヽ
  ()ιし(~)〜

743 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 02:47:47.89 ID:2TS6SKPj0
漫画が底が浅いと感じるのって、容量の問題が大きい気がする

もちろん、絵を与えられる(押し付けられる)のと、文字情報から想像(創造)する違い等も大きいけど、
根本的な問題として、やっぱり漫画と本じゃ情報量が桁外れに違うんだよね
たとえば一冊の小説をはしょらずに漫画に描き起こそうとしたら、コミックス10巻分でもおさまらないんじゃない?

744 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 02:49:01.17 ID:8wLyx6CW0
漫画とかいう大きすぎる括り

745 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 02:49:25.78 ID:gYlFpJg90
2chでも読点がやたら多いとかスペースで区切りまくってるのとか見かけるけど
漫画しか読まないとああなるのかなって思う

746 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 02:50:17.04 ID:uFTxKJNH0
>>743
情景描写は絵に落とし込めるんだからそうはならんかと

747 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 02:50:27.02 ID:kEWjqLg40
自分が生まれる以前の小説を、ふと改めて読んだ時、

古典と呼ばれた小説を読み、意外な新鮮さを感じた時、

たった今、この時代の作家を読み、違和感を感じる時、

ゲスやクズ、つまらん、面白い、以外の感想を、

漢字カナ混じり文、あいうえおと漢字だけの文字群から、

自分の感情の揺れを感じる時に、読書の喜びを感じるだけで

それが、高尚だとか、低俗だとか、関係無いと思うよ。

748 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 02:51:31.96 ID:AJbXi/ao0
>>745
それは単に不慣れなだけだろ
インパクトを与えられると思ってるんだよ
お前みたいにベテランになると改行しなくなるよ

749 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 02:51:39.99 ID:1zEHcd6I0
最近は30分立ち読みで10冊はいける 特に小説や話題解説本
新書 わりい書店さん もっと買ってよまにゃならん本だしてね

750 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 02:51:48.75 ID:UibJzCDw0
漫画は文字ではなく記号だから読むではなく見るもの
文盲でもわかるようにするための漫画
女性用」が読めなくても赤いスカートの人型ならわかる

751 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 02:52:05.16 ID:TEVQHmEL0
異論は認める
しかしさらに良い例が思い付かないので
コレでいい

「11人いる」なら
つまり藤子F「宇宙船製造法」が上
理由 ムダの排除

752 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 02:52:30.77 ID:IEovBzyk0
本を読むことが読書の定義なら、漫画だろうがエロ本だろうが対象が何であれそれが本なら読書だろう

753 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 02:52:39.93 ID:2TS6SKPj0
>>746
逆に心情描写は構造的に苦手だよね
それに、ひとコマの絵で提示できるものは、平面的で区切られた空間で、
文字描写によって自身の脳内に構築される奥行きのある空間にはかなわないと思う

754 :くろもん ◆IrmWJHGPjM :2016/09/18(日) 02:53:15.23 ID:pwFMpbfs0
一般には言えないけど、読書と呼ぶに値する漫画は存在するね。

755 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 02:53:37.45 ID:L3YiMgUk0
また広義狭義か
リレキショ的な話が多そうだからそこに限定すれば
何の書物をどのくらいの量読んでるかが要点で、学生はリレキショに書いても書かなくてもいい
面接担当はその内容を聞かなきゃソイツの落度ってことだし、聞く必要なしの業界ならそれはそれでいいし
内容を確認して浅はかな程度なら、それは読んでるのが文学でもラノベでも漫画でも評価は同じ
読んでるものが業務に役立ちそうで多量でない限りプラスとはしない
一方で、従業員を単に労働力としか見ないでいい業態のところは、読書が趣味なんて与しやすそうだからプラス評価だわ
まあ、好きにやればいい

756 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 02:54:42.06 ID:uZGtKlA50
>>752
底辺の考えそうなことだな
まあ一生そうやって這いつくばってろ
虫けらのようにね

757 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 02:54:50.90 ID:oYN1lg0M0
昔読んだソノラマ文庫の夢枕獏とか菊地秀行せんせーとか今なら確実にラノベだよなあ、銀英伝も
銀英伝再アニメ化されるね、旧徳間ノベルズ版1巻を今は文庫二冊とかスペース的にくっそうぜえだろうな
Dはいいとしてキマイラ終わらせてくれ夢枕せんせー

どこの本屋も昔あったSF文庫のスペースほぼ絶滅で9割りラノベになってる

758 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 02:55:05.45 ID:bi1o2Gom0
漫画も登場人物が20人超えると、頭が痛くなってくる。
そんなに簡単に読めるものじゃない。
よほど面白い漫画ならなんとか読めるが、たいして
面白くない漫画が大半だ。

759 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 02:55:44.55 ID:vrB7tI5k0
読書ではないよ。挿絵の鑑賞に近い。
同様に幼児向け絵本も読書ではない。
ラノベは読書。新聞雑誌は読書じゃない。
朗読も別物。書・習字は読書、辞書は読書じゃない。
経文は念仏、四書五経は学問。

読書の読は冒涜の涜と同様、犯すこと乱すこと。
読書とは妄想することだ。

むしろ、漫画をバカにしとんのかと。

760 :("゚. 。 フ コロ猫8 ◆EFvlPnIYE33o :2016/09/18(日) 02:56:44.91 ID:9Fk4zNS30
   /l、
   ("゚. 。 フ 実はマンガは読むのが難しい
   」  "ヽ 子どものうちからスラスラマンガが読める子は
  ()ιし(~)〜 たいてい、その前段階として、絵本を読んでいて
文章と絵の繋がりを理解し、次のページでガラッと場面の絵が変わっても
それを理解する最低限の読解力が備わっている

761 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 02:57:21.97 ID:uFTxKJNH0
>>753
モノローグなしで心情を描けるマンガ家がやはり偉大ということだな

762 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 02:57:29.35 ID:AJbXi/ao0
>>755
何も言うことがないなら書き込むな

763 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 02:58:28.75 ID:iQvwKiZS0
漫画だけ読んでるなら「漫画」と言えばいいと思う
多ジャンル読んでるなら一括りして「読書」と言えばいいと思う

764 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 03:00:05.63 ID:2TS6SKPj0
>>759
確かに
漫画によって心揺さぶられる感じは、絵画鑑賞の経験によるそれに近いと感じる事がある
たとえばナチュンの海底奴隷生活の絵を見た時の嫌悪と快楽の入り混じった不快さは、
ゴヤの絵を見た時の心の掴まれ方と同じ感じをおぼえた

765 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 03:01:03.35 ID:IGv8tObY0
俺は高野文子好きだ、だが?やっぱ星野は受け付けんわー!

766 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 03:01:08.95 ID:KFhdVtjN0
小説、漫画に限らず、作家は作品完結させず亡くなるのは困る。
もっと最悪なのは、作家が失踪すること。
この中途半端感、どないしてくれんねんな?

767 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 03:01:49.51 ID:1zEHcd6I0
本人がマンガは読書と思うぐらい読み込んでる人は読書でええんちゃうか
そういう人は一般書も月10冊ぐらいかるく読んでると思う

768 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 03:02:58.86 ID:BHPrhnCp0
読書なんてただの暇つぶしであって高尚なもんじゃねーよ
漫画?入る入る

769 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 03:03:57.25 ID:UibJzCDw0
家具の組み立て説明書に文字がほとんどなく
イラストだけってのがある プラモデルは昔から
これなら文字が読めなくても文章力がなくても理解できる
近頃は国家試験の参考書まで漫画だそうだ
文章読めない人が電気工事して大丈夫かなとは思うが

770 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 03:05:35.51 ID:AJbXi/ao0
漫画にブックカバーを付けたら読書と言っていいと思うよ

771 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 03:06:31.77 ID:rsbvX6uJ0
趣味はパソコンと音楽鑑賞です、といって入社したが
その実、2ちゃんとAKBでしたみたいな

772 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 03:06:40.71 ID:hH+BhcQ/0
はいるわけないだろ

773 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 03:07:11.30 ID:3LhqeX2n0
週刊誌やエロ本、取扱説明書なども、きになるところですね。

774 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 03:07:56.07 ID:AJbXi/ao0
>>766
たとえばどの小説のこと言ってんの

775 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 03:07:57.00 ID:ickhiHQ40
>>768
別に高尚ではないから読めばいいのに。小説には小説の面白さってのがあるもんだ。

776 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 03:08:09.57 ID:JXnxp+F70
ラノベはなろうは?
新聞小説は?

777 :("゚. 。 フ コロ猫8 ◆EFvlPnIYE33o :2016/09/18(日) 03:08:49.29 ID:9Fk4zNS30
>>771
   /l、
   ("゚. 。 フ それは面接官がアホな例でしょw
   」  "ヽ パソコンは自作か否か、パソコンで何をしてるのか
  ()ιし(~)〜 音楽は何を聴いてるのか、そこを尋ねないとw

778 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 03:08:57.78 ID:ickhiHQ40
>>774
ガラスの仮面このまま終わられたら困る。

779 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 03:09:07.39 ID:RNydTaGy0
漫画にも行間はあるしね・・・。
読書と言えば読書だね。

780 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 03:09:19.32 ID:Z3ZbXDsd0
>>773
原点に返って書道以前の書を読むのは読書なのか

781 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 03:09:36.74 ID:LN6YT5VY0
>>771
趣味がパソコンと言われたら自作する人かと思ってしまいそうだ

782 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 03:10:26.76 ID:LG4O8dDe0
>>1
ラノベ、ケータイ文字列は勿論読書に入らない。

783 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 03:10:30.39 ID:IGv8tObY0
>>780
肩書には古文書解読班というのがあるらしい

784 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 03:12:00.84 ID:gYlFpJg90
そもそも漫画の語源や成り立ちを知ればこんな不可思議な勘違いは起きないんだろうけど
最近の漫画は吹き出しがあるのが当たり前だからなんだろうな
まぁ一番頭が悪いのは、読書か否かを内容の質に拠ると説いてるアホな

785 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 03:12:22.98 ID:l9cC8SdFO
入らないよ。 各自の個人的趣味なだけだし
遊び場の範疇

786 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 03:12:32.11 ID:IEovBzyk0
「読書とは活字が主の本を読むことをさす」という意見があるが、
本自体は活版印刷が実用化される前からあるので、
これでは手書きの原本や写本を読むことが読書の定義から外れてしまうのでおかしい

787 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 03:12:33.49 ID:9GnTRqns0
>>1
入るわけないでしょ

788 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 03:13:07.63 ID:UibJzCDw0
漫画の文字はセリフだから文章とは言い難い
映画の台本読むのと原作読むのでは別の行為
結果の内容が分かればいいならどっちでも同じだが

789 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 03:13:19.33 ID:oXVQngvt0
エロ漫画は読書に入りますか

790 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 03:17:19.25 ID:1zEHcd6I0
逆にマンガでなくても写経のみ読書にしたらどや
それ以外は斜め読み 趣味は斜め読みですでええわい

791 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 03:17:53.14 ID:ZnnES4/B0
バナナはおやつに入りますか?
みたいなしょーもない議論

792 :くろもん ◆IrmWJHGPjM :2016/09/18(日) 03:18:13.14 ID:pwFMpbfs0
純文学とエンタメの境界が薄れていく中で、漫画と小説の境界も薄れていくかもねえ。

793 :("゚. 。 フ コロ猫8 ◆EFvlPnIYE33o :2016/09/18(日) 03:18:30.22 ID:9Fk4zNS30
>>789
   /l、
   ("゚. 。 フ ちゃたろー?悠宇樹?
   」  "ヽ ひろもりしのぶ?
  ()ιし(~)〜 誰の読んでるんだい?

794 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 03:19:20.17 ID:OZW9M+XB0
昔の人も漫画がここまで精緻になるなんて思わなかったろうなぁ…

795 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 03:19:30.47 ID:DsL3yE9c0
ラノベは読書に入るのか?

796 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 03:20:23.08 ID:4IVdsBAb0
>>174
頭わるそうだなw
情報はどう取るかなのにw

797 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 03:20:25.26 ID:mKigTOfa0
漫画の盛り上りとともに、純文学が下降の一途をたどったことを考慮すれば、
日本人にとって、漫画≒純文学なんだと思うよ。
バンドとヴォーカルが、突っ立って演奏&歌をやるのが、純文学なら、
見てわかるように、バンド&ヴォーカル&ダンスで表現するBABYMETALが漫画だわ。

798 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 03:22:01.24 ID:v+qrOtPU0
中国人に聞こう
読書という漢字をどう解釈してるのか

799 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 03:22:20.32 ID:DsL3yE9c0
昔は漫画がアニメになってたが
今はラノベがアニメになる時代

800 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 03:22:59.15 ID:yepbsVZ50
ラノベも、
ラノベと同レベルのフィクションも、
タレント本も、
読書には入らんだろw

801 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 03:23:19.06 ID:HN7rBdgvO
オレ小学生の頃漫画はただ面白いだけでタメにもならないから読むな!って言われた
アニメも同様でチャネル替えられたな

802 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 03:23:27.67 ID:MhMyBtZc0
漫画読む方がなにも読まないよりはマシだよ
自分で物語を読むからさ

803 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 03:24:54.45 ID:IGv8tObY0
>>798
それ面白そうだ

804 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 03:25:13.56 ID:kwSn56390
>>137
得する人と損する人がいるんだろうね
多いほうが正しいことになっちゃう
おれはただの消費者なのでどっちでも良いんだ

805 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 03:26:26.72 ID:yepbsVZ50
江川達也や山本直樹は文字だらけの場合が多々ある

806 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 03:30:42.43 ID:AJbXi/ao0
東野圭吾は読書に入らないよ
そこはきっちり区別しよう

807 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 03:31:23.90 ID:yjDhhBkr0
絵と台詞を見て意味を理解するんだから入るやろ
寧ろ楽しく勉強できてる

808 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 03:31:48.79 ID:yepbsVZ50
アガサクリスティーの台詞列挙版も読書ではないな

809 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 03:31:53.41 ID:lFTnC7re0
想像力の欠片も無い奴なら、

真顔で マンガは読書っ! って言いそうだよねw

810 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 03:32:07.29 ID:4IVdsBAb0
霞ヶ関文学は読書に入らないぞ?

811 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 03:32:42.74 ID:AJbXi/ao0
>>778
中途半端感の方は?

812 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 03:32:52.21 ID:ojGZBQtN0
読書というより字幕映画見る感覚のほうが近いと思う

813 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 03:32:58.59 ID:Oty7Tuq50
画は読むとは言わない、観るという

814 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 03:33:02.35 ID:/aZ8YB7X0
読書を何か高尚なことと勘違いしてる
ただの趣味で漫画を読むのとたいして変わらない、絵が少ないか無いだけだ

815 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 03:33:09.12 ID:yepbsVZ50
>>809
むしろお前の想像力がなさそう

816 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 03:34:24.69 ID:lFTnC7re0
>>815
ダボハゼかよw

817 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 03:35:23.09 ID:ickhiHQ40
>>811
だから、ガラスの仮面このままで作者死んでしまったら中途半端感満載じゃないの。

818 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 03:36:05.86 ID:2MLapW820
吾輩は漫画である

819 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 03:36:11.37 ID:yepbsVZ50
>>816
いやお前だけw

820 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 03:36:31.50 ID:1zEHcd6I0
あるいは、マンガはプチ読書
軽い本はセミ読書 いくつか分類しとけばひとくくり
に読書ですむ

821 :("゚. 。 フ コロ猫8 ◆EFvlPnIYE33o :2016/09/18(日) 03:37:40.46 ID:9Fk4zNS30
>>818
   /l、
   ("゚. 。 フ 題名はまだ無い。
   」  "ヽ
  ()ιし(~)〜

822 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 03:37:42.75 ID:z6bBNG6v0
>>1
スレタイ【?】ってなんだよ手抜きすぎるだろ
【読書】でも【文化】でも【議論】でも何でもいいからちょっとは頭使えよ
もしくは剥奪されろ

823 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 03:41:38.48 ID:YcZHha4b0
漫画はキャラ萌えしてつまらない話でも面白く感じる場合あるかに名
普通のおばさんの朝起きて外出するまでの様子なんて見たくないだろ?
これが好きなアイドルや好きなあの娘だったらどうだ?
同じことしてるのに

824 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 03:42:55.53 ID:XFAwFbhw0
本を読むと賢くなるという幻想が歪みを生んでる

825 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 03:44:36.82 ID:xqr4WsgE0
5歳から週刊マンガを読み続け長年編集者を続けたオレが言う
言葉で考えるな絵で物を考えろマンガは映像で考える脳を作る
子供の読書は無駄
読書は自分の言語脳が発達に合わせてするのが効果的

826 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 03:46:56.33 ID:MRIcP5OF0
愛読書はToLOVEるです!

827 : ◆4dC.EVXCOA :2016/09/18(日) 03:49:47.48 ID:4nCa8aSU0
当然読書だわな、漫画の絵は記号だから象形文字と同じ
絵を見てるようで意味を読み取っている

828 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 03:50:05.58 ID:OCkscJEP0
読書スレはいつもギスギスする

829 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 03:50:13.85 ID:yepbsVZ50
よくある、漫画を読書の観点から値踏みする際の「想像」を基点にした対比、
というのがすでにおかしいとは思うんだが。

学術、歴史、近代史、政治の本では「想像」だのというパラメータで比較する態度は出てこないだろ。
そして「想像」だのは省みられない(全く想像しない、の意味ではない)上記の本こそ、
まごうことなき「読書」ってわけだ。

いちいち漫画と比較されて読書かどうか危ういのは、
もしくは「漫画も読書だろ」と言われてしまう原因は、結局「小説」ってわけ。

本から与えられてる情報のレベル、質、量は違えど、
想像を足す作業が大事になるのはどっちも同じだしな。
読者が想像すら破棄しちゃって進められる部分が大きくあるのもまたどっちも同じ。

830 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 03:53:00.99 ID:OCkscJEP0
>>829
推敲してもう一度書いて!

831 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 03:53:33.22 ID:lFTnC7re0
>>829
お前はマンガばっかり読んでるから、
その程度を3行で纏められず長文になっちゃうんだよw

832 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 03:55:27.03 ID:yepbsVZ50
>>831
くやしすぎわろた
妄想に逃げ込んでないでたまには読書しろよw

833 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 03:55:58.77 ID:MhvecYNq0
漫画馬鹿にされてたりするけどドラマや映画の原作が漫画なことが多いのはなぜなんです?

834 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 03:59:59.11 ID:ickhiHQ40
>>833
簡単だからじゃない?

835 :("゚. 。 フ コロ猫8 ◆EFvlPnIYE33o :2016/09/18(日) 04:01:27.10 ID:9Fk4zNS30
>>833
   /l、
   ("゚. 。 フ 完全オリジナルより、集客が見込めるからでしょう
   」  "ヽ 先に固定ファンがついてるわけだし
  ()ιし(~)〜 

836 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 04:11:41.47 ID:L3YiMgUk0
>>762
ちゃんとやれww

837 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 04:18:55.60 ID:OCkscJEP0
>>832
いや>>829は通じないから

838 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 04:19:05.66 ID:2JIgcPTi0
俺は滅多にマンガ読まないけど、なんで読書に入らないのか分からん。俺なんかエロ本でも読後は読書メーターに記録してる。

839 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 04:24:18.89 ID:KFhdVtjN0
以前アナザーとかいう小説が、アニメ、映像化されてたが、あれは話の整合性が無茶苦茶で酷かったなw
あんなんでも売れるのか、て。

840 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 04:28:53.39 ID:mhdyc3RN0
横山光輝の漫画版「史記」が読書にならぬとな!?

841 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 04:31:28.32 ID:uTBf4Jzn0
>>28 日経も底辺向けだよ。CMも底辺向けに作ってるだろ。

842 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 04:32:35.81 ID:Ug4nl7r+0
昔、漫画版「蟹工船」読んでから、小説版「蟹工船」読んだら、理解しながらスラスラ読めた。

これじゃダメ?

843 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 04:33:27.15 ID:Vcf1oGEEO
やっぱり文字情報は今までの蓄積がはんぱないから
比べるのは酷
例えば素人なりに歴史をちょっと学んでみようって時に漫画じゃ限界ある、特に世界史
他の学問でも一緒
古典と言えるものは手塚以前のものは無いに等しい (一般人にとっては)ので芸事としてみても厚みに欠ける
でも素晴らしい作品は素晴らしいから、創作物に触れるという点では読書と変わらん

844 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 04:36:27.21 ID:LSu8TDb70
30歳前の娘が二人いる。
小さい時から、漫画を読ませていた。
勉強は、中の上くらいだが、
コミュニケーション力は育ったようだ。
職場で、家庭で、楽しくやっている。
漫画は必要な文化だよ。

845 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 04:37:46.56 ID:HN7rBdgvO
漫画好きな人が言ってたが字なんてほとんど読まないで絵を目で追ってる程度って言ってたぞ

846 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 04:38:22.51 ID:yepbsVZ50
>>837
お前がバカなだけ
もしくは馬鹿なフリをしてるだけ

847 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 04:40:28.50 ID:nb4VJX190
マンガ脳の悲鳴が

848 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 04:41:27.85 ID:jMhVNqjM0
ぶっちゃけ小説のほうが低俗なんですがwww
実用書とかもアホな内容が多い。
新聞とか有害図書だし

で、漫画は読書じゃない?好きにすればw

849 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 04:41:34.40 ID:PgE3cSjQO
漫画は小さい時に知らない言葉や漢字を知る手がかりにはなるけど
中学生以上が漫画が読書とか言うのはオカシイだろ

850 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 04:47:25.30 ID:bDXM4rAs0
>>1
この作文のどこがニュースですか?>Charlotte ★             

851 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 04:49:04.51 ID:OCkscJEP0
>>846
>>829は悪文の手本みたいなものだ

あなたは「読む際に、『想像』という行為がどれだけ必要か」という点で
漫画と読書の関係を述べたかったのだろう。

しかし残念ながら
「漫画」「読書」「想像」の関係性が結局よくわからない。
そもそも、漫画と読書の関係を述べたかった、というのも俺の「想像」にすぎず、
何を言いたくて書いた文章なのか、やっぱり良くわからない。

852 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 04:55:29.73 ID:Vcf1oGEEO
まあ、漫画は小説と比べて想像力を使わないからうんこって批判が太古の昔にあったんだよ
それに反論したんでしょ

853 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 04:57:06.13 ID:zHoHitXg0
音楽、小説、絵画、漫画、映画、ゲーム、それぞれ独自の表現様式がある。

音楽なら音楽鑑賞、小説なら読書、絵画なら美術鑑賞、映画なら映画鑑賞という言葉があるが、
漫画とゲームにはそれに相当する言葉がない。

日本の文化が成熟していない証拠だよ。漫画やゲームといった新しい表現様式を取り込めていない。

854 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 04:58:38.60 ID:57BZ9oaQ0
専門書以外は読書に入らないよ
小説もダメ

855 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 04:59:26.33 ID:PgE3cSjQO
本人が漫画は読書と思えば読書になるんだから
好きにすればいいのに

856 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 05:00:16.21 ID:ETRRbQDQ0
>>844
それは両親が愛情深く育てたからでは

857 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 05:03:27.32 ID:yepbsVZ50
>>851
>>846

858 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 05:08:42.30 ID:YrR4oyJK0
>>8
ほだよなぁ〜

やっぱ活字を読む事により頭が刺激される

習慣実話にくらべると漫画を読むことを読書と言うには無理が有る。

これからは習慣本、漫画誌と呼び名を変えなさい

859 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 05:14:19.01 ID:NEIUVHYh0
漫画で覚える民法みたいなものなら良いんでないかなぁ。

860 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 05:17:02.14 ID:JVgovPwz0
いまどき教科書にだって、いろんな挿絵がついてるだろうよ

861 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 05:17:33.48 ID:ickhiHQ40
>>854
そういうこと言ってると偏頗な人間になるぞ。

862 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 05:20:44.13 ID:NEIUVHYh0
>>842
古い言い回しとか、旧漢字に慣れてないと、読むのに疲れて、
風景や、情景細かいニュアンス掴みにくいね。

863 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 05:24:17.26 ID:a/LHk2PZ0
空が明るくなって来た、綺麗な朝焼け♪
雨かなぁ…

864 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 05:25:59.75 ID:vQYalMmLO
活字が大事ならラノベは読書ですか?
ミステリーは?娯楽小説は?

内容が大事なら、ネットで古典を読んだら読書ですか?

865 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 05:28:31.53 ID:ickhiHQ40
>>864
読書だろうね。電子書籍も当たり前になりつつあるんだから
ネットだから読書じゃないということも言えないだろうし。

866 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 05:29:34.87 ID:hvKuB0BK0
マンガとゲームは人生の糧になんねよにゃす

867 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 05:33:41.68 ID:lcpgI7nF0
ゲームもあまりやらなくなったしマンガは全く読まなくなったな

すっかりオッサンだわ
10代のころのあの熱意はどこへいったのだろう・・・

868 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 05:35:42.76 ID:upj31HYt0
>>867
その分他の趣味出来たんでしょ?

869 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 05:36:12.29 ID:z2DaUam20
紙芝居的な、活字が多いソフトもやっぱり読書だよな。

870 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 05:37:20.15 ID:HN7rBdgvO
>>867
歳なんて関係ないよ
オレなんて小学校卒業したと同時にゲーム アニメ 漫画の類には一切興味なくなった

871 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 05:39:18.13 ID:upj31HYt0
>>869
どんなの?
下級生とか痕とか魔女狩りの夜にとか?

872 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 05:40:52.60 ID:Vcf1oGEEO
>>853
読書って言葉にはお勉強の意味合いも強いしちょっと高尚な語感もあるから
漫画は読書に入らないみたいに言われると漫画好きを煽ってるような印象をうけちゃうんだが
少し考えてみると、つまり漫画は書ですか?ってことだよな
漫画は漫画であって書ではない
つまり読書には入らん
低俗な文化ってコンプレックスはもう捨てて、読書は読書、漫画観賞は漫画観賞、どちらも楽しいもの、素晴らしいもの、役にたったりたたなかったりするもの
でいいような気がしてきた

873 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 05:43:14.77 ID:ruC63Tea0
活字が苦手な人は映画の字幕すらも読めないらしい
速いんだってさ

874 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 05:47:58.89 ID:KDtIuBsr0
で、小説とは何が違うの?
小説が高尚な物だと思ってるやつは頭大丈夫?

875 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 05:48:39.37 ID:AlvLqjms0
入る
小説より面白い

876 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 05:48:43.56 ID:YrR4oyJK0
使い切りの物と書棚に納める物で区分けしたら

オラはブリタニカ百科辞典を見ないが調度品として飾るには良いと思う

やっぱ自分の部屋に備付け何時でも再読出来るものを座右の書、ダンボールに収納し屋根裏部屋に収納する者

これを座左の書。エロ本は記憶に残っている間は新鮮味に欠け再読する気にならないが、忘れた頃読み返すと新鮮味が再燃する。

それに比べグラビア女優は年々色あせて行く

877 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 05:48:56.61 ID:BAkFB+HT0
最近本はミステリーくらいしか読まないが
読書してるという感覚は無いな
どちらかと言うと娯楽映画観てる感覚

878 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 05:49:05.36 ID:WJ8hKnQC0
漫画を完全に理解して読むのは相当難しいよ
吹き出しの中だけ斜め読みするなら簡単だけどね

879 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 05:50:02.65 ID:upj31HYt0
>>873
映画の翻訳は大変みたいだな
漢字読めない人も多いから

880 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 05:51:34.91 ID:z2DaUam20
>>871
エロい先生は分かってらっしゃる

風景や、情景細かいニュアンスに興奮したり涙したり、
活字を読む事により頭が刺激されるソフトです。

881 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 05:52:55.86 ID:JLsX6ezK0
坂口尚の「石の花」「あっかんべェ一休」は、読書したのと同じレベルで脳が疲れた。

882 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 05:54:20.14 ID:KDtIuBsr0
漫画は絵も文字も読んでるんだよなぁ

というか、こういう所で言われる『書物を読む』ってなんなんだろうね
その本が正しいかどうかも分からないってのに読めば読んだだけ賢くなったと勘違いする人っているよね

883 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 05:54:48.60 ID:IEovBzyk0
書(情報)を綴じた書(本)から情報を読み取る行為に高尚も低俗もなかろう
俺がたまにつけてるオナニー日記だって、1000年も経てば当時の風習を識る上での貴重な資料だ

884 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 05:57:01.49 ID:KDtIuBsr0
「漫画は絵で全部説明されてるから!読む能力が発達しない!」とか言う人もいるけど
漫画をちゃんと読める人と読めない人ではかなり受け取れる物の差が著しいんだよね
普段漫画読んでない人は絵と文から細かいニュアンスを受け取れない人達が多い


結局どっちも別物であって比べる事自体がおかしいのにね

885 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 05:57:37.26 ID:5Pmpeky7O
文字だって元は絵が変化したものもあるし、絵本や絵巻の系統とも言えるし、読書でもいいんじゃない。
生物の分類みたいに、細かく分けたら分類不能だけど、こっちのカテゴリーに入れとくか、みたいな。

886 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 05:58:41.64 ID:upj31HYt0
>>880
昔はよくプレイしたからな
夢幻泡影やらYU-NOやら令嬢物語やらバーチャコールやら魔人形やら

887 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 05:59:12.93 ID:DJGh6l6q0
フランス書院は読書になりますか?

888 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 06:00:19.59 ID:JVgovPwz0
「と」本だけ読んで世界同時陰謀論を振り回してる馬鹿に比べりゃな

889 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 06:03:31.85 ID:L2hRmnS9O
>>845
洋楽好きを自称しながら歌詞の意味も知ろうとせず「音」しか聴いてないのと同じ人種だな
ここで漫画読書を否定してる連中と同レベルだ。そんなのは漫画を読んでるうちに入らない

890 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 06:03:42.36 ID:ickhiHQ40
>>887
なるでしょう。別に読書って、難しいものを読まなきゃいけないということではないんだよ。
どんなものを読んでるかでその人の教養がはかられるということはあるだろうけど。

891 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 06:06:50.11 ID:ruC63Tea0
子守りをする機会があったんだけど、本を読まない子は絵本の意味もわからないのね
本自体はボロボロなのにキャラクターの名前も把握してなかったわ

ごっこ遊びの道具にしていただけらしい

892 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 06:07:22.63 ID:vn/ZtATX0
ライトノベルも読書に入らないし
エロ小説もはいらない
売国書籍はいらない

893 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 06:12:17.83 ID:upj31HYt0
前はエロ系も声出して読んだものだが、最近はひでぇ台詞ばかりで声出すのやめたわ

イグイグゥとかおほぅとか陣痛(・∀・)イイとか、声に出せねーよ

894 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 06:20:35.09 ID:A+s64zwc0
まんが道と刑務所の中は読書

895 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 06:22:46.69 ID:muAGUUOX0
活字を読むのが偉くないと困る人たちがいるからな
文字で情報を得るという意味ではネットも読書と変わらん

896 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 06:27:10.44 ID:0IGIMcHU0
スレタイ漫画は読書ではないよ
漫画を読むとはいうけれどあくまで書を読むわけではないからね

897 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 06:33:32.65 ID:0IGIMcHU0
読書も漫画読むのもただの趣味
趣味なんて楽しい暇つぶしなんだから他人に迷惑かけなければなんでもいいじゃん
優劣つけようとするのは馬鹿すぎる

898 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 06:33:37.17 ID:zHoHitXg0
漫画を読むことを「読書」と呼ぶのは、むしろ漫画という文化にとってもよくないけどね。
本だから「読書」でいいというなら、絵画集をみるのは「読書」? 譜面集を読むのは「読書」? 違うでしょう。

漫画は情景と台詞からなるコマ、コマをどう組み合わせるかのコマ割から構成される。
情景と台詞の相乗効果、コマとコマの間から生まれる緊張……活字のみを追う行為にはない、異質な体験がある。

美術鑑賞や音楽鑑賞という言葉があるように、漫画を読むという体験も独自のものだよ。
活字主体の小説や評論とは表現様式が違うんだから。

899 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 06:41:28.43 ID:ruC63Tea0
怖い話と官能もの(特にSM)は文字で読むに限る

900 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 06:45:29.52 ID:p+wnPm0G0
漫画と言ったって絵だけの漫画もあれば字がズラッと並ぶ漫画もあるし

901 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 06:49:52.22 ID:KPQALbbW0
>>883
やめろよ
1000年後にこの時代の人間は変態ばかりだと思われるだろ

902 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 06:53:48.81 ID:Vcf1oGEEO
ただ、この手のスレだと叩きかべた褒め大会になっちゃうんだけど、最近特に漫画表現の上で斬新な漫画ってある?
なんか業界に元気がないような
俺はもうおっさんで発掘力がないからいいものあったら教えてほしいわ
雑誌もコミック乱ぐらいしか読まなくなっちまったし

903 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 06:54:44.00 ID:ErCHT2M30
ここに建てるべきスレだろうか

904 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 06:56:13.78 ID:xM+z08pr0
活字離れが問題だというなら掲示板だって読書だろ
こんなもんはどうでもいい話じゃないか

905 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 06:56:24.25 ID:hSJewxBJ0
VIPで建てればいいのに

906 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 06:58:44.42 ID:dBLWut+v0
>>42
快楽天は?

907 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 06:58:52.37 ID:KDtIuBsr0
>>902
斬新じゃないと元気がないってまじかよ
小説映像漫画の大半どころかほぼ全部が元気無いな!!!

908 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 06:59:42.38 ID:fmkS1K750
入るわけねーだろ

909 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 06:59:59.32 ID:KPQALbbW0
>>904
掲示板は読書ではないけど活字離れなんてまったくないよな
ネットもそうだけどLINEだとかなんだかんだで一昔前よりはよっぽど
一日に読む文字数は増えてるだろう
単に新聞が売れないってのを活字離れだって言ってるだけだ

910 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 07:02:17.09 ID:LBcWWBPY0
絵がメインで、文章なんて紙全体の10分の1だろう
しかも情景描写という、文章からイメージを引き出す重要な要素を絵で済ましてしまってる
情景描写を読み取るということが無い以上は、もはや読書とは言えない

漫画は見るもの、読むものではない

911 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 07:02:40.37 ID:ruC63Tea0
>>503
萩尾なら『残酷な神が支配する』も凄いよ
短編なら『半身』

少女漫画というカテゴリで括っちゃダメだと思う

912 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 07:17:23.73 ID:Vcf1oGEEO
>>907
まあ実はそうなんだ
全般的に元気がないように見える
まあ俺はもうおっさんだからアンテナが錆び付いてるのかもしらんが
新しいものを産み出さなくなった表現は表現じゃない
マンネリを喜ぶ人もいるが、いずれ人は離れていく

913 :(゚ω ゚) ◆JosoBYcWOU :2016/09/18(日) 07:17:53.54 ID:g66aOgOa0
またやるのか(゚ω ゚)

914 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 07:19:38.06 ID:p+wnPm0G0
>>910
文章が乗ってる時点で書でしょ
あんたが言ってるのは一般的な小説の体系であって書の構成要件ではないんじゃないか
法律書や辞典なんか書と呼べなくなるぞ

915 :(゚ω ゚) ◆JosoBYcWOU :2016/09/18(日) 07:20:01.78 ID:g66aOgOa0
ところで、2ちゃんねるは読書に入る?(゚ω ゚)
2ちゃんねるは読む、ではなくて、見る、が正しいよね?(゚ω ゚)

916 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 07:22:32.84 ID:OCkscJEP0
>>912
斬新=面白いとは限らないだろう?

最近の漫画の方が、
昔より画力が高く、見せ方の上手い作品が増えたと思うよ

でも昔ほど売れないから
今の漫画家はかわいそうだな
こんなに手間掛かってそうなのに
食っていけてるんだろうか

917 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 07:27:00.60 ID:7mpci8vU0
2chは読書?

918 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 07:27:43.73 ID:+D7dGwNQ0
>>29
パチのりの主張
30代…電車内で漫画読むの恥ずかしがるな堂々と読め
40代…やっぱり大人は電車内で漫画読んじゃ駄目
50代…ワシの漫画売れなくなったから電車内で良いから読んで

919 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 07:29:46.29 ID:p+wnPm0G0
>>917
本として体裁を整えてあるものを読む事が読書なら違うだろうけど単純に書かれているものを読むということなら読書だろうね
そもそも読書に明確な定義なんてあるのか疑問だ

920 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 07:30:32.76 ID:KDtIuBsr0
>>912
>新しいものを産み出さなくなった表現は表現じゃない
なんというか、物を見るって事に向いてないな…

921 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 07:31:20.01 ID:LBcWWBPY0
>>914
体系を文章のみで構築してる物が書

漫画は画集にポエムが付いただけに過ぎない

922 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 07:32:07.23 ID:1WySe0yU0
個人見解としては入る。
漫画の求められる文章センスは低いが、活字書籍の全てが文章センスが高いわけでもないし。

923 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 07:32:50.75 ID:UgxuzA4S0
>>916
昔の漫画はアニメーションを意識して描かれていたからコマ数も多かった
今の漫画は大きなコマでイラストを並べたような状態
アクションも1コマで終わらせる糞っぷり
昔のように30ページほど延々と動かせよと

924 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 07:33:53.05 ID:4sUaL6uJ0
まぁ美術書による絵画鑑賞は読書には入らんだろうしな
読書も色々だし区分の仕方が一通りでは出来んということだろう

925 :(゚ω ゚) ◆JosoBYcWOU :2016/09/18(日) 07:36:25.93 ID:g66aOgOa0
図鑑は見る、だから漫画も見るから読書ではない?(゚ω ゚)

926 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 07:36:35.23 ID:LBcWWBPY0
>>917
たとえば、300ページの本を好きなとこだけ、合計10ページ相当の文章を読みましたっていう場合、
「読書をした」と言えるか?
2chも同じ

927 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 07:38:02.38 ID:Vcf1oGEEO
>>916
いや、むしろ面白い必要は全くないんだ
新しさが大事
あえて言えば、俺たち漫画読みが勝手に面白がる
いずれ別の作家がその斬新さを上手く取り入れ一般化して普通の面白さにしてくれる
初期の大友がどれだけ斬新でどれほど沢山の漫画家に影響を与えたか、まあ説明はいらないよね

928 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 07:38:16.63 ID:LBcWWBPY0
>>916
そもそも面白いと感じたから「斬新」と評してくれるわけだよ。
「目立って今までにない変わった趣向」をしたからといって、誰もが斬新といってくれるわけじゃない。
そこに興味を惹く面白さがないとダメ。

929 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 07:38:40.43 ID:p+wnPm0G0
>>921
図書という言葉があるでしょう
例えば設計書とか

930 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 07:39:56.33 ID:LBcWWBPY0
>>929
ああ、お前アスペか。
アスペによる言葉の揚げ足取りは俺の専門外。

931 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 07:44:27.17 ID:p+wnPm0G0
>>930
それ言われちゃ会話にならんが文章だけで構成される物は説だと思うよ

932 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 07:46:06.97 ID:zHoHitXg0
>>926

どういう否定のしかたなんだか。

2ch にはインタラクティビティという重要な特性があるだろうに。
読書とは違うが、それは読書のように受け身の行為じゃない、という点で違うんだよ……

933 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 07:46:49.92 ID:LBcWWBPY0
>>931
お前もういいよ。「設計書は書が付く。だから読書だ」とか言ってるアスペとは、議論する術が無い。

934 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 07:47:43.03 ID:eWjHQS3Y0
読むの言葉の意味を知ってれば
図や絵やグラフも読むものだとわかるはず

935 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 07:48:13.20 ID:zAPlNfjW0
>>917
2ちゃんは本じゃないじゃん
2ちゃんまとめを一冊の本にして読むなら読書になるだろうけど。

936 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 07:48:31.79 ID:p+wnPm0G0
>>933
まぁ落ち着いてくれ
書という言葉だけで書と呼んでるわけじゃなく図や絵がついていても書と呼ばれる物はあると言いたいんだよ

937 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 07:50:45.24 ID:LBcWWBPY0
>>932
読書が受け身とか言ってる時点で、お前は読書出来ないタイプの人間なんだろうなw
本が読めないことへのコンプレックスの裏返しで、「2chは読書より高級なインタなんちゃらかんちゃら〜」とか、
哀れ過ぎるなw

紙面にギッチリ詰め込まれた文章を前にして、自分の脳をフル回転させないと目の前の思想が入ってこない。
これが読書。受け身で読書は出来ん。

938 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 07:50:48.06 ID:MB0mdWU/0
どっちかといえば、絵画鑑賞

939 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 07:53:40.04 ID:llqobxfF0
活字主体のライトノベルも読書じゃないって言いだすやつだろ
純文学とか著名人が書いたものしか認められない面倒くさいやつ

940 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 07:54:04.52 ID:OCkscJEP0
>>927>>928
そういう意味なら
例えばカイジなんかは最近多い勝負モノ漫画として新しいジャンルを切り開いたな
(昔、片山まさゆきがそういう漫画やってたんだけど続かなかったな)
金田一が推理モノを増やした発端だな
日常のヒトコマ系ならよつばと
ウンチクじゃない飲み食いなら孤独のグルメ

ああどれも最近じゃねえよちくしょう


主人公の性格が孤独系だったり喪系だったりするのも増えたな
湯神くんとか、モテナイのはお前らが悪いとか
昔のヒーロー系や努力系から、同感系、あるある系に移行している


主要キャラがバンバン死んで生き返らない、というのが
進撃の巨人とテラフォーマーズ

941 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 07:54:06.84 ID:uN1RJsJ10
小学校の読書の時間で数学の読み物読んでたら教師から文句言われた
そういう本はちょっと違うとか言ってな
どうやら読書感想文の題材になるような、児童文学やら小説やらを読ませたかったらしい

942 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 07:56:17.24 ID:MPmDkoo+0
絵が挿絵程度か全くない本が書物だ
活字<絵な本は絵を追うついでに活字を読んでるので読書にならない

943 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 07:59:16.48 ID:UgxuzA4S0
>>940
昔の漫画を知らないなら、雷火辺り読んでみな

944 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 07:59:22.70 ID:OCkscJEP0
>>940続き

クラスメート全員にキャラ設定する、というのは
最初はなるたるか、絶望先生かと思ったけど
実はバトルロワイヤルなんかな


あとは新しいジャンルと言えばネット漫画かな
ワンパンマンとかさ
オナニーマスター黒沢とかも?
商業ベースのネット漫画も変なのが多いよね
タイトル忘れたけど変なホラー連載漫画が結構面白かった

945 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 08:00:21.74 ID:kZmYlScV0
小林よしのりのゴーマニズム戦争論とか、文字だらけのあの漫画はどうする?

946 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 08:01:50.68 ID:A+s64zwc0
ガロ系は読書

947 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 08:02:45.18 ID:OCkscJEP0
とまあ、漫画の世界も常に新しいジャンルが出てきており
一応新陳代謝はあると思うよ

ただ、1つが流行るとそれに追随するから
どうしても似たり寄ったりは出てくる
でも、そうした似たり寄ったりがたくさんあることの方が
望ましいよね
寡作は多作から生まれる

948 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 08:04:26.02 ID:z0Ejrxw+0
ゆとり「漫画は読書ですか?」

949 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 08:04:44.88 ID:zHoHitXg0
>>937

きみは中学生かな?

2ch の重要な特性がインタラクティビティというのは事実なんだから、そこは素直に認めた方がいいよ。

そのうえで読書の「受け身でない行為」を議論したいならやってもいいが、
ただ明白な事実を認めるだけの度量は持ち合わせておいて欲しいな。

950 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 08:20:55.61 ID:8IMlDTWk0
>>909
新聞は、ちっとも新しくない上に、
読むのに場所とってガサガサうるさい。
スマートじゃないし高い。
読んだらゴミになって、処分も面倒。

廃れるのも当たり前。

951 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 08:22:11.94 ID:mDm+rgTF0
漫画が読書じゃないと仮定して
具体的にどんな本が読書にはいるんだ?

952 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 08:23:37.03 ID:UC/zIQjV0
マンガすら読まないのも多い
マンガ読むやつは大抵活字本も読む

953 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 08:23:42.06 ID:41fnhWP30
>>1
漫画も本ではあるが
読書とはまた違った行為かもしれませんね

954 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 08:28:34.70 ID:KPQALbbW0
>>935
じゃあまとめサイトはどうなるんです?

955 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 08:29:59.77 ID:hSJewxBJ0
読書かどうか区別して
何になるん?

956 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 08:30:29.79 ID:UgxuzA4S0
>>955
小説の売り上げが伸びる

957 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 08:31:20.65 ID:hSJewxBJ0
イミフ

958 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 08:32:04.09 ID:KPQALbbW0
見かたを変えてみよう
右手をシコシコしながら官能小説を読む行為を読書といえるのだろうか?
はたして読書とはいったいなにをさすのか

959 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 08:32:10.71 ID:41fnhWP30
ねぇよ

960 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 08:35:05.23 ID:oXVQngvt0
向田邦子レベルの行間を感じざるを得ない作品を漫画で出来るかというと
可能だが、そういう人材がいない

961 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 08:35:20.32 ID:a/LHk2PZ0
>>909
スケジュール管理まで、スマホやPCだけで手書き無しだと、
簡単な字さえ出てこなく成ってて驚愕する。
結構焦るww

962 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 08:36:42.62 ID:KtIze/eqO
漫画()

963 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 08:39:57.09 ID:yUa73FNl0
>>29
電車で少年ジャンプ読んでる大人は恥ずかしいか否か、みたいな話もあったがもうすっかり老若男女問わず見ないな。
まだ漫画の単行本読んでる人のが目に付く。

活字は文庫本の人はもちろん相変わらず居るけど、週刊誌読んでる人も見なくなった

964 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 08:44:11.26 ID:n/xwfmGP0
活字もラノベじゃたいした意味ないしな

965 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 08:44:56.23 ID:n/xwfmGP0
>>958
無論、言える!

966 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 08:45:10.93 ID:hSJewxBJ0
>>963
スマホで読んでる人結構見かけるわ

967 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 08:51:43.02 ID:vR+RnrpF0
こういうのはいいよ漫画が読書に入ると思うならそう思えばいいし
思わないならそれでいいw
俺個人はただ良い本を読むだけだw

968 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 08:53:00.13 ID:YrR4oyJK0
>>883
ほだよなぁ〜

源氏物語だって絵巻の漫画形式だったら当時の公家の生活様式も人目で分かるし

作者が描く美意識も一目瞭然だよな

969 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 08:54:46.90 ID:hSJewxBJ0
勉学でなければ読書に非ず、みたいな
江戸時代みたいな価値観はもうやめようよ

970 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 08:59:33.00 ID:G6bmhB0XO
ビブリオマニアは漫画を見下してるという偏見

971 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 08:59:45.44 ID:LSaATR13O
活字媒体も売れる本ばかり追いかけて、煽り本かラノベばかり出してるじゃん
出版自体が劣化してるんだから漫画がどうのこうのとか言う資格無いわ

972 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 08:59:56.38 ID:1GimeF180
ダ・ヴィンチ読んだら漫画も載ってるじゃねぇか

973 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 09:02:39.79 ID:YrR4oyJK0
毎月のように新刊著書を発刊しているエロ作家がいるが作者自身がエロ本読みあさり

継ぎ合わせ貼合わせして自分の名前で出版しているだけで読む気も起きない

流行り廃りに命をかけた浅はか作家のアタシでも

青いうなじは心意気触れて下さい

金出して

974 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 09:06:55.47 ID:xQg3ESWd0
「漢字は少なく。改行はこまめに。でないと読者がついて来れないのよ。
あんたたちが芸術ぶって文学マニア向けの作品ばっかり書いてきたせいで、
日本の小説は若い世代に読まれなくなってるのよ!!」

975 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 09:09:30.80 ID:lNPbg9CN0
本ではあるけど書ではないだろ
入らない

976 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 09:10:14.95 ID:K7bK22hU0
親が少しは本読みなさいって買ってくれたのがコロコロコミックだったな

977 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 09:10:50.75 ID:+DsYLBX90
紙芝居と同じじゃん

978 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 09:11:51.08 ID:q1rY4Il10
>>1
たしかに、源氏物語は素養のない人にとっては現代文にしてもわからないよね
几帳なんて見たこともないわけだから
書かれた当時は、中学生くらいの子が読んでも普通に理解できる話なのに
その点、漫画はありがたい

でも、自分も読書といったら漫画は除くかなあ

979 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 09:12:25.53 ID:hSJewxBJ0
>>976
ハードル低く設定されたな

980 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 09:14:16.55 ID:q1rY4Il10
>>968
源氏物語絵巻って、原作が書かれてからどれくらい後世に描かれたんですかね
平安時代って、けっこう長いよね

981 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 09:15:01.28 ID:NzF/gsHS0
小説だろうが漫画だろうが、それを読んで何を考えるかが重要
それを小説は読書、漫画は読書じゃないってのはただの特権意識で
小説読んでる俺は凄いだろって言いたい、思ってもらいたいだけ

982 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 09:16:32.32 ID:3gIQEPL40
親から
漫画ばっかり読んでたらバカになるぞとよく怒られたから

バカの読み物

983 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 09:17:31.52 ID:q1rY4Il10
>>979
私は文学全集を本屋で1冊ずつ買ってもらったなあ
全巻は揃わなかったけど、また読みたいなあ
カラーの挿絵がふんだんに入っていて
古事記とかギリシャ神話の素養もその時の知識でなんとかなってる
あしながおじさんはジョディの作ってもらったドレスの絵が1頁に6着くらい描かれていて、文章を読みながらドレスを眺めるのが好きだった

984 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 09:18:44.52 ID:q1rY4Il10
>>981
読書ってさあ、実用書とか教科書とか参考書を読むのは
読書の範疇には入らないわけさ

漫画も違うと思うんだよねえ

漫画を読むと言う新しい言葉が必要なんだと思う

985 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 09:24:16.18 ID:hSJewxBJ0
>>984
そもそも区別する必要があるのか?

986 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 09:26:11.24 ID:tASQeF9j0
漫画も2chもLINEもツイッターもみんな読書でおk

987 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 09:27:42.65 ID:qj2LCo3b0
漫画は書籍だろw
書籍(しょせき、しょじゃく)とは木、竹、絹布、紙等の軟質な素材に、文字、記号、図画等を筆写、印刷し、糸、糊等で装丁・製本したもの

988 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 09:31:04.28 ID:NzF/gsHS0
>>984
実用書とかは書いてある事が全てで
それを読んで刺激を受けるって人はいないだろうから読書じゃないと言ってもいいけど
漫画に関しては、どんなにくだらなくても「そういう考え方もある」と刺激を受ける
その受けた刺激でどう反応するかは受け手の問題で
せっかくの変化の機会を自ら捨てるなんてもったいないわ

989 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 09:34:02.43 ID:LV+28YlAO
>>884
初めて読む漫画家だと、この人はこれをこういう風に表現するのかー
って思いながら読む事が多いから、漫画を読めない人の気持ちも何となくわかる

990 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 09:37:38.25 ID:5UGAr/me0
とりあえずベルサイユの薔薇読んでみたらどうだろう?

991 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 09:39:43.34 ID:KIwOYWPh0
真に被害受けてるのが漫画以外の読書
漫画は娯楽読書は勉学、みたいな印象論のせいで本来娯楽の読書が取っ付きにくいモノであるかのように扱われ避けられてしまっている

992 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 09:40:49.36 ID:hSJewxBJ0
デスノートは読書だろ

993 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 09:41:40.66 ID:+Wyvo7AZ0
>>992
名前と死因しか書いてないのに読んで楽しいのか

994 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 09:42:01.99 ID:q1rY4Il10
>>985

教科書や時刻表を読むのが読書だと?
ないない

995 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 09:43:24.03 ID:q1rY4Il10
>>988
私も漫画読むよ
でも、漫画を読むのを読書と言うのは違うと思う

996 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 09:43:39.20 ID:AnFpe0ba0
えっ、実用書も読書じゃないの?
じゃぁ何が読書なんだ?

997 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 09:43:44.85 ID:jhksEaiX0
漫画は面白いけど
図鑑のほうが楽しい

998 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 09:44:25.34 ID:q1rY4Il10
>>989
読みにくい漫画ってあるよね
私がもっとも読み易い漫画だと思うのは『よつばと』

999 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 09:46:03.18 ID:q1rY4Il10
>>996

〔研究調査や受験勉強の時などと違って〕
一時(イツトキ)現実の世界を離れ、精神を未知の世界に遊ばせたり人生観を確固不動のものたらしめたりするために、(時間の束縛を受けること無く)本を読むこと。
〔寝ころがって漫画本を見たり電車の中で週刊誌を読んだりすることは、本来の読書には含まれない〕

1000 :名無しさん@1周年:2016/09/18(日) 09:46:11.70 ID:LV+28YlAO
>>991
読書に限らず、ファンが崇高な物にして入りづらくなる事はあるな

1001 :1001:Over 1000 Thread
このスレッドは1000を超えました。
もう書けないので、新しいスレッドを立ててくださいです。。。
life time: 12時間 23分 46秒

1002 :1002:Over 1000 Thread
2ちゃんねるの運営はプレミアム会員の皆さまに支えられています。
運営にご協力お願いいたします。


───────────────────
《プレミアム会員の主な特典》
★ 2ちゃんねる専用ブラウザからの広告除去
★ 2ちゃんねるの過去ログを取得
★ 書き込み規制の緩和
───────────────────

会員登録には個人情報は一切必要ありません。
月300円から匿名でご購入いただけます。

▼ プレミアム会員登録はこちら ▼
http://premium.2ch.net/
http://pink-chan-store.myshopify.com/


236 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)