5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【宗教弾圧】40年以上もシベリアの奥地で暮らし第2次世界大戦の存在すら知らなかったロシア正教会古儀式派「ルイコフ一家」©2ch.net

1 :新規スレッド作成依頼1036-523@チンしたモヤシ ★ 転載ダメ©2ch.net:2016/09/03(土) 04:20:17.05 ID:CAP_USER9
40年以上もシベリアの奥地でひっそり暮らし第2次世界大戦の存在すら知らなかった「ルイコフ一家」

http://i.gzn.jp/img/2016/08/30/lykov-family/00_m.jpg
http://i.gzn.jp/img/2016/08/30/lykov-family/a08.jpg
http://i.gzn.jp/img/2016/08/30/lykov-family/a03.jpg
http://i.gzn.jp/img/2016/08/30/lykov-family/a02.jpg
http://i.gzn.jp/img/2016/08/30/lykov-family/a04.jpg
http://i.gzn.jp/img/2016/08/30/lykov-family/a05_m.jpg
http://i.gzn.jp/img/2016/08/30/lykov-family/a07.jpg
http://i.gzn.jp/img/2016/08/30/lykov-family/a09.jpg

GIGAZINE 2016年08月30日 09時00分00秒
http://gigazine.net/news/20160830-lykov-family/
For 40 Years, This Russian Family Was Cut Off From All Human Contact, Unaware of World War II | History | Smithsonian
http://www.smithsonianmag.com/history/for-40-years-this-russian-family-was-cut-off-from-all-human-contact-unaware-of-world-war-ii-7354256/


1930年代にソ連当局からの迫害から逃れるために、人里離れたシベリアの森の奥深くに逃げた「ルイコフ一家」は、40年以上の間、世界とのつながりを一切絶った状態でひっそりと生活を続けていました。過酷な環境の中、世間と隔絶した生活は、深い信仰心がもたらしたようです。

1978年、ロシアのシベリアで地質調査をするために飛行中のヘリコプターがタイガが生い茂るシベリアの密林で、着陸する場所を探している途中にわだちのようなものを発見しました。クルーたちは形や大きさを検討した後に、人間が居住用に作った庭ではないかという結論に達したとのこと。しかし、この場所は、最も近くの人里から150マイル(約240キロメートル)以上も離れた僻地であり、当時のソ連当局が住人を把握していない場所だったため、非常に大きな驚きを与えました。


野生動物以上に危険な存在ととらえられた人間を探索するために、科学者たちはその場所から10マイル(約16キロメートル)ほど離れた場所に拠点を構えて調査がスタートしました。調査をリードした地質学者のガリーナ・ピスメンスカヤ氏は、探索は晴れた日を選んで行い、友好を示すための贈り物を片手にしつつも、ピストルを携帯していたそうです。調査ではジャガイモを乾燥させている樹皮でできた容器など、人間の活動する痕跡が見つかり始めたとのこと。そして、ついに小川のわきに建つ小屋をピスメンスカヤ氏は発見しました。


ビスメンスカヤ氏が低い場所に取り付けられたドアを開けると、突然、目の前に裸足の老人が現れたとのこと。やや怯えるように見えた男性の老人に対してビスメンスカヤ氏が、「こんにちは、おじいさん。あなたを尋ねてきました」と呼びかけたところ、しばらく間をおいてから、「はるばるここまで来られたのです、中へお入りください」と老人は話したそうです。


案内されたピスメンスカヤ氏が小屋に入ると、床にはジャガイモの皮とナッツの殻が敷かれており、薄暗いこの小さな部屋で5人家族が暮らしていることをピスメンスカヤ氏は知りました。しばらくの沈黙の後、中にいたある女性はヒステリックに叫びだし、またある女性は「神様。私たちの罪です。私たちの罪です」と祈り始めたとのこと。小さな窓から入る光で照らされた二人の女性の恐怖が浮かぶ目を見たとき、ピスメンスカヤ氏はできる限りすばやくそこから退去しなければいけないと気づいたそうです。

科学者一行は急いで小屋から数メートルはなれた場所に待避したところ、約30分ほどして小屋のドアが開き、老人と二人の女性が近づいてきました。まだ用心深く、恐怖がぬぐいされない目をしながらも、非常に好奇心に満ちた不思議な様子で、なんと「私たちはそれを許されていません」と小さくささやきながらプレゼントとして渡したパンとジャムを返したそうです。ピスメンスカヤ氏が「あなたはパンを食べたことがあるのですか?」と尋ねると、老人は「私は食べたことがあります。ですが、彼女たちは食べたことはありません」と述べたそうです。

つづく >>2-5

178 :名無しさん@1周年:2016/09/03(土) 21:17:00.90 ID:fZu4N2Mg0
タルコフスキーが命がけで訴えたのは
まさにこういう人たちを守り、こういう人たちから学ぶべき、
という事かもしれないな

179 :名無しさん@1周年:2016/09/03(土) 21:21:27.64 ID:+NmeSir/0
>>26
俗世よりも俗物丸出しの生活だな

180 :名無しさん@1周年:2016/09/03(土) 21:22:34.89 ID:+NmeSir/0
そして、この一家から教えられたお菓子が「シベリア」

181 :名無しさん@1周年:2016/09/03(土) 21:24:14.11 ID:rQIlgp6H0
発見したの旧ソ連時代なのに、何で反革命分子として逮捕されなかったんだろう。
当時、無職は犯罪だった筈だし。

182 :名無しさん@1周年:2016/09/03(土) 21:29:27.32 ID:NlyNfscG0
>>86
巨人軍の強制連行ニダ!

183 :名無しさん@1周年:2016/09/03(土) 21:30:18.57 ID:0/8bSqbo0
パナウエーブの人たちもひっそりと暮らしているんだろうねぇ

184 :名無しさん@1周年:2016/09/03(土) 21:32:58.16 ID:uUpVIB0g0
>>19
ロシア正教はむしろ古儀派を侮蔑し、弾圧に加担してきた

185 :名無しさん@1周年:2016/09/03(土) 21:42:34.51 ID:tXvaLzCZ0
共産党が弾圧したのか恐ろしいな

186 :名無しさん@1周年:2016/09/03(土) 21:53:46.12 ID:Cx09TTwq0
宗教弾圧自体は、第二次大戦中にスターリン自身が緩和してる

187 :名無しさん@1周年:2016/09/03(土) 21:55:54.47 ID:klnmyxJ30
虎とか熊とか大丈夫なのかな?

188 :名無しさん@1周年:2016/09/03(土) 21:59:49.68 ID:F4AmYnsD0
どうでもいいな、くだらん

189 :名無しさん@1周年:2016/09/03(土) 22:05:52.84 ID:qQ1F/Mcm0
>>5
て言うか人が住まないシベリアの奥地でそれなりに
生存できている方が不思議だな。
人間の適応力てスゴイなw

190 :名無しさん@1周年:2016/09/03(土) 22:10:27.68 ID:Fs9YZ8Ke0
>>7
個人アーミッシュだねww
ちょっと憧れるけど、近くにセブンイレブンが無いと生活できないです。

191 :名無しさん@1周年:2016/09/03(土) 22:13:34.39 ID:qQ1F/Mcm0
>>22
おれの父親は北海道函館に本籍があって
TV番組のルーツを見た時
先祖が白系ロシアだと言っていたな。
厨房の時だったから聞いた時意味がよくわからなったけどな
俺のオジサンは天狗みたいな鷲鼻だったし
俺自身もガキのとき外人て言われたほど肌が白かったよ。
身長は175センチだがこれは母親似だからな関係ないなw

192 :名無しさん@1周年:2016/09/03(土) 22:17:04.85 ID:2uVSyxCI0
>>189
1930年なら昭和5年だし、日本の山村も自給自足に近い生活だろ…。

193 :名無しさん@1周年:2016/09/03(土) 22:21:33.82 ID:Owr5Gg5z0
ジャガイモにナッツ類にあとは獣獲って食ってたのか
しかしシベリア奥地ってツンドラだろ
過酷ってもんじゃねえぞ

194 :名無しさん@1周年:2016/09/03(土) 22:28:07.43 ID:2uVSyxCI0
>>18
ソレはマスコミ・出版・教員等がアカばっかりだったから、
共産主義の汚点は無かったコトにするのが自然だろw。

195 :名無しさん@1周年:2016/09/03(土) 22:32:32.57 ID:pyDkw+5R0
昔、日本版アーミッシュがいたけどな。
大正ぐらいに発見された集落があったとか。

196 :名無しさん@1周年:2016/09/03(土) 22:37:29.63 ID:6e3iuHK60
>>173
男と見紛うぐらい健康そうだな

197 :名無しさん@1周年:2016/09/03(土) 22:59:45.05 ID:qQ1F/Mcm0
>>193
戦国時代の名のある武士でも戦場だと
里芋とそのつる草を味噌で煮込んだのがごちそうらしいな。
で井伊直政(後に徳川四天王の1人となる)がそれにケチをつけて
溜り醤油がないかと聞いたら他の武将から一喝されたようだ。

198 :名無しさん@1周年:2016/09/03(土) 23:01:56.09 ID:qQ1F/Mcm0
>>194
レーニンの革命は都市住民による農村の支配だし
スターリンは民族浄化だからな。

199 :名無しさん@1周年:2016/09/03(土) 23:04:53.33 ID:qQ1F/Mcm0
>>196
親が変な宗教をやってなかったら
男にマンコをチンコで突かれてアンアンする人生もあったのになw

200 :名無しさん@1周年:2016/09/03(土) 23:20:02.47 ID:qQ1F/Mcm0
>>26
TV番組で洞窟オジサンてあったなw

201 :名無しさん@1周年:2016/09/03(土) 23:21:59.59 ID:h5JSI5tB0
コルト一家で検索してみなよ

202 :名無しさん@1周年:2016/09/03(土) 23:26:35.42 ID:qQ1F/Mcm0
>>43
やっていればガキくらいいるだろw
コンドームもないだからなw

203 :名無しさん@1周年:2016/09/04(日) 01:34:56.21 ID:jYTGYDuV0
まぁ、大陸の人がかたくなな信仰に蝕まれているのは、こういう虐殺の歴史があるからなんだろうね
そんで、そのかたくなさをうち破る物は更に強力な共産主義や革命運動しかなかった

これは現代ヨーロッパやアメリカ大陸でも見られる現象

結局、伝統的な方法でやっていくか、新しい方法でやっていくか、誰が頭かの違いでしかない

204 :名無しさん@1周年:2016/09/04(日) 01:36:38.17 ID:jYTGYDuV0
アメリカ独立戦争にしたって、要するに市民革命にすぎないし、インドも同じ
フランス革命にロシア革命、ナチスの成立、
近代大陸文明というのは血の歴史だわなー

島国国家とは文化が根本的に違うわ
武器を手に取るとかしないし、横暴な独裁者もそんなに居ない

205 :名無しさん@1周年:2016/09/04(日) 01:40:33.34 ID:aO0oXgII0
アガーフィアの森か
初めはとんでもなく面白いんだけど、結末部分でちょっとがっかりする

>>175
大分毒されてて哀れ
「キリスト教は邪教です」でも読んだほうがいい

206 :名無しさん@1周年:2016/09/04(日) 03:04:43.35 ID:skq0XQiw0
ナチスとソ連の話読んでソ連の方が恐ろしかった

207 :名無しさん@1周年:2016/09/04(日) 05:14:08.69 ID:0JdULg7M0
>>203
蝕むってw 無宗教者や他の社会の人間がマトモとでも?
こういうのが侵略を文明化と言い張るんだろう。

208 :名無しさん@1周年:2016/09/04(日) 05:20:22.43 ID:jYTGYDuV0
>>207
宗教の基礎になっているのは霊感だぞw
スピリチュアル体験
先祖の魂、供養、絶対神、神話、奇跡、
人が浮いただの、魂が見えただの、あの世の世界がどうなっているだのw
それを信じ込んだ主にババアがターゲット
死に損ないで怖くなったジジイババアが取り憑かれる

まぁ、無心論者も同レベルだがね

結局は個々人の人格によるわけだな

209 :名無しさん@1周年:2016/09/04(日) 05:42:26.70 ID:MD/hxj+P0
>>203
人間まで神にしてしまう日本人には
唯一神なんか理解できないよなw
なんでも神でいいだからなwww

210 :名無しさん@1周年:2016/09/04(日) 05:45:52.32 ID:MD/hxj+P0
>>204
横暴な独裁者が出るとよってたかって潰そうとする。
しかし、全体的に流れに任せて主体的に行動することができないw

211 :名無しさん@1周年:2016/09/04(日) 07:14:46.52 ID:sNWqJCbp0
バイカル湖底での数十万の遺体調査って
やってんのかな。
湖ではそこだけと言う大量のメタンハイドレートとの関係とかも。

212 :名無しさん@1周年:2016/09/04(日) 07:31:54.04 ID:0K+O4/6o0
>>173
ある日、訪ねたら独りで亡くなってる・・ってことになるわけか

213 :名無しさん@1周年:2016/09/04(日) 07:32:10.18 ID:IXaYEiVy0
近親交配一家かよ

214 :名無しさん@1周年:2016/09/04(日) 07:33:41.00 ID:ly7b2awz0
キエフのバービヤールだってユダヤ人だけじゃなくロシア人が大量に犠牲になってるのに
忌々しい記憶だからなのか速攻でなかったことにして慰霊碑すら建てない

215 :名無しさん@1周年:2016/09/04(日) 07:47:35.71 ID:Mu5IS2oY0
>>213
交配していたら子孫がいるだろ

216 :名無しさん@1周年:2016/09/04(日) 08:28:55.85 ID:a4HPtSLt0
遠すぎた橋

217 :名無しさん@1周年:2016/09/04(日) 14:38:17.29 ID:bWGDZTBq0
> 野生動物以上に危険な存在ととらえられた人間を探索するために

どういうこと?

218 :名無しさん@1周年:2016/09/04(日) 21:28:53.35 ID:R9lD3vpB0
ロシア人っつうのは、やっぱり人間よりクマに近い生命力だなw

219 :名無しさん@1周年:2016/09/05(月) 10:13:09.57 ID:AWvBtTEB0
>>33
山家だっけ、昭和30年代くらいまでいたらしいけど。今はもういないのかな

220 :名無しさん@1周年:2016/09/05(月) 10:33:17.07 ID:LOYEUb9J0
淡路島の南とか山しかなくて、こんなとこに人が入っていけるんか?誰が1人くらい原始生活してるやつがいてもわからないんじゃないかなぁと
空想したことがあるが…
調べると獣道もないようなとこに入っていくやつがブログ書いてて驚いたわ

221 :名無しさん@1周年:2016/09/05(月) 10:51:38.19 ID:dQXQ7jwY0
日本にも「サンカ」という体制支配から逃れた山の民がある。

222 :名無しさん@1周年:2016/09/05(月) 10:58:30.22 ID:3mfW5rF50
>>26
君のような志では3年も経たずに逃げ出してしまうだろうな。w

223 :名無しさん@1周年:2016/09/05(月) 11:09:40.21 ID:xJs+bQ/F0
現在で無く相当過去の話じゃねえか

224 :名無しさん@1周年:2016/09/05(月) 11:13:02.33 ID:3ehss1Pr0
アルプスの山奥の教会にいた人も第二次大戦知らなかったという話があるね
日本では無理だろうな。旅行していると山深いところいっぱいあるけどね

225 :名無しさん@1周年:2016/09/05(月) 13:02:37.16 ID:LOYEUb9J0
>>26
金があればできるだろ
数億はいるだろうけど

226 :名無しさん@1周年:2016/09/05(月) 15:33:26.66 ID:Dj0cDaLG0
シベリアには世界最古の巨石文明の遺跡がある

227 :名無しさん@1周年:2016/09/06(火) 20:06:40.22 ID:fXOEEcRv0
手付かずの土地があるってのはある意味羨ましいな
広すぎて有り余ってんのな

55 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)