5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【社会】太平洋戦争、「国の失策」 陸海軍、情報共有怠る…長野県立歴史館の青木学芸部長「悲劇から教訓を」★2©2ch.net

1 :ニカワ ★ 転載ダメ©2ch.net:2016/09/01(木) 13:03:38.52 ID:CAP_USER9
300万人超が死亡した太平洋戦争の悲劇を語る青木隆幸・学芸部長=千曲市の県立歴史館で
http://cdn.mainichi.jp/vol1/2016/08/31/20160831dd0phj000021000p/9.jpg

 千曲市の県立歴史館で、青木隆幸・同館学芸部長(58)が300万人以上が犠牲になった太平洋戦争について、国の失策を検証する視点から講演した。参加者約140人を前に「言葉を奪われた社会が陥った悲劇から、私たちは教訓を得るべきだ」と語った。

 青木部長は、北進論と南進論という正反対の理念を抱いた旧陸軍と旧海軍について「『日本軍』という一つの組織として存在せず、違う方角を向いている二つの組織に過ぎなかった」と説明。陸海軍が戦況について情報共有を怠ったことが、「鋼鉄生産量に10倍以上の差がある米国への攻撃や、日本側だけで2万人以上が死亡したガダルカナル島の悲劇を招いた」と話した。

 また、米国による石油禁輸を受け、大和など巨大戦艦が燃料不足に陥ることを恐れた海軍が開戦を急いだと論じ、「今の状況は別として、軍備に膨大な予算を費やせば、いつか『いまさら戦争ができないなんて言えない』というどうしようもないプライドが働くものだ」と強調した。

 同館による昨年の集計では、県内の戦没者は満蒙(まんもう)開拓団員約1万6000人を含む約6万5000人。青木部長は「国のために亡くなった英霊を否定するつもりはない」とした上で「彼らは戦争がなければ普通の人生を送った人間たちであり、英霊である必要はなかった。英霊を必要としない社会こそ幸せと言えるのではないか」と問いかけた。

 講演は、シリーズ「歴史館から考える戦争と平和」の2回目。次回は9月3日午後1時半、原明芳・同館総合情報課長が「近代戦争の戦死者はどのように祀(まつ)られたか」をテーマに語る。同館(026・274・2000)。【川辺和将】

http://mainichi.jp/articles/20160831/ddl/k20/040/117000c
★1:2016/09/01(木) 07:06:49.92
http://daily.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1472681209/

2 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 13:04:49.07 ID:P4uTrOYf0
>>1
築地延期の次スレ建てろよ

3 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 13:05:25.52 ID:hpwwu0J00
台湾沖海戦の戦果発表で日本海軍は酷い事したよね

4 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 13:05:28.91 ID:6GJoAVLK0
八木アレイも無視されたしな

かなり硬直化 無能になってたな

5 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 13:06:40.67 ID:CieKIOf50
悔しいからレスするってはっきりわかんだけど在コ君w


強がっても冷静なふりしても滲み出てるぞぉ〜


その悔しさがよぉ〜


ほれほれ


オマエだオマエ


オマエの事だぞ在コ猿

6 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 13:08:02.05 ID:UIiwFnP20
>>1
やっぱり情報が大事なんだなあ
ちゃんと大学で研究しろよ

7 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 13:08:31.50 ID:BuIqwJfx0
陸軍としては海軍の提案に反対である

8 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 13:09:14.41 ID:wak5S1ts0
でも戦争しなかったら2000万越の餓死者が出た
んでそ( -_・)?
結果的に日米開戦は英断だったのでは?

9 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 13:09:17.63 ID:J4GOO5gx0
南雲忠一が悪いんでしょ

10 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 13:09:53.49 ID:0c6dpzZE0
【歴史戦】GHQ工作 贖罪意識植え付け 中共の日本捕虜「洗脳」が原点 英公文書館所蔵の秘密文書で判明[06/14]
http://yomogi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1434255275/

【ケントギルバート】私はファクトを求める/GHQ、日本人洗脳工作の証拠 マスコミが守る「プレス・コード」の存在 WGIP(ウォー・ギルト・インフォメーション・プログラム)
http://yomogi.2ch.net/test/read.cgi/news4plusd/1429953134/


【高橋史朗】ウォー・ギルト・インフォメーション・プログラムの源流を暴く![桜H27/8/4]
https://www.youtube.com/watch?v=5UCx742_KrM
このほど仏英両国を訪れた高橋史朗氏から、現代に引き継がれたWGIPでもある「ジャパンディスカウント運動」に関し、
特に世界記憶遺産を利用した従軍慰安婦や南京大虐殺の既成事実化の動きについて警鐘を鳴らしておくと共に、
やはり共産主義者に辿り着いた、WGIPの源流について解説していただきます。


ウォー・ギルト・インフォメーション・プログラム
(戦争責任周知徹底計画)
戦争に対する罪の意識を日本人に植え付ける計画、そのように洗脳する計画のことである。
これは検閲とともに、アメリカ軍の占領政策の柱だった。
GHQは、日本が再びアメリカの脅威とならないよう、徹底した情報・教育面からの洗脳工作を行なった。
それは日本人自身が日本人を全否定するよう誘導し、日本を断罪することによってアメリカの正当化を
図ろうとするものだった。

アメリカがなぜ日本を戦争に追いこんだのか、なぜ明確な国際法違反である原子爆弾を使って
日本人を大虐殺したのか・・・、などを指摘されたらアメリカは説明できない。
そこでアメリカは言論を封鎖し、日本人に自己否定するように洗脳したのである。
いまだにこのマインドコントロールから脱していない日本人がやたらと多い。
GHQは、あらゆるマスコミを検閲し、以下のような情報を映画、ラジオ、新聞、書物などで徹底的に流し続けた。
http://www.geocities.co.jp/Bookend-Yasunari/7517/nenpyo/1941-50/1945_uo_giruto.html


【コラム】戦後にメディアが豹変した本当の理由 GHQに忠誠を誓い「飼い主」変更 夕刊フジ [08/27]
http://karma.2ch.net/test/read.cgi/seijinewsplus/1472389193/

11 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 13:10:34.02 ID:lujydG9Q0
陸海は仲悪かったってよく聞くね

12 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 13:11:16.56 ID:n3UybNhZ0
大東亜戦争だよ

13 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 13:11:37.65 ID:8TX6/y9C0
日本はどうなったら勝ちのつもりで開戦したんだろう?

14 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 13:11:39.42 ID:8pqPslRC0
ミッドウェー海戦
敵空母いないと思い込んで魚雷から爆弾に転装

気持ちわかるがせめて半分にしとけよ。
赤城は魚雷、加賀は爆弾に分けておくとかあるだろう
ミ島の攻撃は大和の艦砲射撃に任せるとか。

15 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 13:11:48.01 ID:9yWvne9D0
戦争の時はB層から戦場に

16 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 13:12:13.66 ID:hvhLd77o0
職種関係無く派閥はクソ

17 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 13:13:05.88 ID:CF9pt/GD0
まあ、年功序列で指揮官を任命してたら勝てるわけないよな。

18 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 13:13:39.78 ID:cAB/tyK80
太平洋戦争ではありません
それは米が名づけたもの
日本では大東亜戦争

19 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 13:13:49.42 ID:nEmH+6zK0
58才か
終わった後なら何とでも言えるわ

20 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 13:13:54.07 ID:Pii7Sz8v0
情報云々よりまず先に開戦そのものを否定しなきゃいかん立場だろ毎日は
一体何考えんだよ

21 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 13:14:12.86 ID:e0jMuLM70
今もそうだが日本の組織は共同体化するので組織の目的がその共同体の維持という所に収斂されてしまうことが
まま起きる。
組織の維持と組織の目的が合致してる時はいいが目的と組織の維持が対立した時に
組織の維持を優先するのが共同体の特徴である。
つまり組織の維持のためには目的を歪めてしまっても構わないという論理が働く。

目的が日本を守るためであるとしたら
日本を守るためには海軍の予算を減らす必要があるという命題が降りかかった時に
組織の維持権益を守るために拒否するということが起きる。
またはあらゆる強弁を駆使して海軍の予算を減らすのは日本を守るために必要だという論を建てる。

このようなことは今の官僚組織にもゾンビのように起きてることである。

22 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 13:14:31.17 ID:ZtE7vx3z0
ぶっちゃけ高橋是清のせい。

あいつがヘリマネの財政出動先軍部にした結果、
しかも、世界が軍縮に舵切った時期に。

23 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 13:15:39.38 ID:Hc1qehYS0
これって中国の言いなりな民進党の方が問題だよ・・・


民主党、「日本は中国侵略や韓国併合で殺害や悪い事しまくった」と歴史研究会を再開
細野氏、「日教組と作ってきた政策は間違っていない」
細野氏、「東京大空襲が起きたのは日本が国策を誤った結果で過去の総括をして反省すべき」

民主党、中国共産党に「民主党政権なら首相や外相は靖国参拝しない」と明言
前原さん、「靖国神社のA級戦犯を分祀すべきだ」
岡田さん、「昭和天皇は戦争責任で皇位譲ってもよかった」

民主党政権・小沢幹事長、国会会期中に議員140名も引き連れて中国大訪問団
http://i.imgur.com/NahpBVR.jpg

岡田、「日本はまだ中韓と和解できてない」とドイツ・メルケル首相に力説。
鳩山、「日本は中国や韓国が完全に許してくれるまで謝罪し続けるべき」

24 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 13:16:35.31 ID:e0jMuLM70
>>21
間違えた
海軍の予算は日本を守るために必要なものであって予算を減らすのは反対だという論を建てる。

25 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 13:18:02.19 ID:nJFI7vcC0
昭和期の戦争の総括が日本国民に必要だな

それには歴史学界、教育界、憲法学界の中枢に未だ巣食う
時代遅れの偏向サヨクのお偉方を一掃し
混じりけ無しのリアリティをもって
虚心坦懐に、日本人の手で成し遂げ
今後の糧にしないとな

26 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 13:18:13.99 ID:JL/ERz/A0
こういう日本人の組織的体質論ってこそ、反省しなきゃならんのだが
右にしろ左にしろ、まあ、無視するよね。

27 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 13:18:30.22 ID:KbTsk4X70
共産党が恐怖政治してる中国を賛美擁護する日本共産党と民進党!

日本共産党と民進党に対し「日本弱体化を進めるアル」と指示(というより命令)
してるとしか思えん。

28 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 13:19:15.81 ID:e0jMuLM70
日本の組織の問題とは共同体化してしまうことに尽きる
もちろん共同体化することによるメリットもあるが
競争にさらされてない組織が共同体化するとデメリットの方が大きいだろう。

29 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 13:20:05.60 ID:v1iY42IB0
>>13
ハワイ占領で太平洋の制海、制空権確保しておわれば勝ち
太平洋を半々で管理くらいが落としどころじゃね

30 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 13:22:09.91 ID:O9XN4C7k0
毎日

31 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 13:23:21.96 ID:JL/ERz/A0
>>29
そんな政治的目標が設定・議論されたことは、一度もない
日露戦争の場合は、朝鮮半島における他国精力の排除
という明確な政治目的があるが、そんな目的なくはじめたのがあの戦争だ

32 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 13:23:36.32 ID:rTk7x01U0
>>13
ドイツがイギリス、ソ連を屈服
連合国がアメリカだけになったら戦争継続無理なので休戦
最初からドイツ頼み

33 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 13:24:16.79 ID:7Y9b3y3+0
情報共有の問題じゃないだろうに

34 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 13:25:38.37 ID:G+GXYY9A0
辻政信が居なければだいぶ違った戦局になったはず

35 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 13:26:13.08 ID:n4MZ3iZj0
過去、○○が悪いっていうより、
今の○○の問題は○○にすれば良くなるよ
って言えよボケナス

36 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 13:27:43.57 ID:NQzUog4Y0
>>35
お前が言えばいいだろ、ボケナス

37 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 13:29:35.54 ID:zVmzv5Ah0
>>1
>陸海軍が戦況について情報共有を怠ったことが、「鋼鉄生産量に10倍以上の差がある米国への攻撃や、日本側だけで2万人以上が死亡したガダルカナル島の悲劇を招いた」と話した。

現在でも、

軍事費が日本の5倍の中国、
世界の警察官を辞めたいトランプ候補、を目の前にして、

集団自衛権反対で日本は単独防衛せよ、とか延々とやっている日本の野党、朝日新聞、団塊老人左翼。

単独で防衛出来ないよ。

38 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 13:29:52.23 ID:GfWE+Zd+0
>>1
怠ると言うより敵対視してたから
相手が手柄あげると面白くないみたいな

39 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 13:29:54.43 ID:h0RBb3Y70
裕仁は戦争犯罪者。裕仁と米国は原爆の人体実験で日本人を虐殺した。裕仁は米国から石油と武器を密輸入し日本軍に売却し横浜正金銀行に妻良子の名義の口座に蓄財した。長崎に原爆が投下されるとスイス銀行の国際赤十字の口座に送金し戦勝国からの没収を免れた。

40 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 13:30:24.52 ID:+6tjUz/X0
民主党政権誕生時、鳩山内閣の支持率見て、日本人は70年間成長してないと思ったね。

41 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 13:30:39.08 ID:NQzUog4Y0
>>37
日米安保否定派と集団的自衛権反対は別物だが

42 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 13:32:22.91 ID:rpTW805Y0
戦後レジームから脱却したので太平洋戦争は正義の戦いで全部正しかったことになりましたよ

43 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 13:32:34.92 ID:Jrx/3OgN0
国民には私利私欲は時世にかんがみ国賊とか言ってるけどさ
幹部は私利私欲まみれだったって事だな。
映画で海兵に助けられ感謝する陸軍将官確か田中邦衛だったか?
肉弾って古い映画。
実る程腐る帝国日本。

44 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 13:32:58.83 ID:hPiFR+Lu0
八木アンテナ

45 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 13:33:55.45 ID:20VJdQl90
とりあえず自衛隊を軍にしないとね。

46 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 13:34:30.93 ID:FGFuYylr0
やるなら勝たなきゃダメだよな。勝てないなら引き際も大事

47 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 13:34:33.64 ID:zVmzv5Ah0
>>41
> 日米安保否定派と集団的自衛権反対は別物だが

のはずだが、

沖縄で米軍出ていけの勢力と集団自衛権反対の勢力は、

共産党、琉球日報、左翼マスコミ、朝日新聞、同じ勢力。

48 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 13:35:58.27 ID:G5zdOeQs0
台湾沖航空戦からフィリピン陥落までの戦いは、古今東西の戦史に前列の無い負け戦
情報の不共有と縦割り行政が組織にとって如何に不幸か
日本人はもっと学ばないといけない

49 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 13:36:23.16 ID:CghzYFE50
戦争しなければ
欧米から要求されてた中国からの撤退
アジアは完全に欧米の支配下に
石油輸出禁止措置は解除されず
日本も欧米のいいなりに
アジアやアフリカの独立は100年以上遅れてただろうな

50 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 13:37:12.54 ID:zVmzv5Ah0
>>31
> そんな政治的目標が設定・議論されたことは、一度もない
> 日露戦争の場合は、朝鮮半島における他国精力の排除
> という明確な政治目的があるが、そんな目的なくはじめたのがあの戦争

今は日本製AVで中国の精力を排除しています。
日本は危険な国アル。

51 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 13:37:57.60 ID:wpUuAVNz0
>>8
何言ってんの?アメリカに無条件降伏してその後何千万人も国民死んだか?w
結局メンツのためだけにアメリカに無駄に歯向かった大日本帝国が国民400万人殺しただけじゃん

52 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 13:38:08.79 ID:CghzYFE50
情報軽視は今も同じ

当時を笑えない

ラインみたいなちょんスパイアプリあちこちで使ってる日本w
行政すらライン使ってるところもw

情報危機管理は当時も今も終わってる

53 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 13:38:52.41 ID:91aq0ZFa0
防衛省も分かってるはずなのに日本版CIAやNSAを何で作らないのか

54 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 13:39:06.25 ID:JL/ERz/A0
>>49
アホらしい、アジアの独立とやらのために日本人が何百万も
死ななければならなかったのか

オマエのメンタリティは、サヨクがよく口にする「地球市民」と似たようなもんだ

55 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 13:39:08.38 ID:17/RfAvF0
昔の日本って陸軍国なのに、何で欲出して海軍にも力を入れたんだろう?
アメリカ以外に日本近海へ攻めて行けるだけの国力を持つ国はなかったんだから
大陸の権益を守るためにも陸軍に重きをおいておけば良かったのでは?

56 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 13:39:48.74 ID:BpEkkUD10
反省するには70年は遅すぎる

57 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 13:40:10.08 ID:CghzYFE50
>>51
日本が全力で反撃してきたことで
欧米もアジアへの蔑視を改めたんだよ
戦争せず欧米のいいなりのままではいまだにアジア蔑視社会だっただろう

58 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 13:40:43.08 ID:CghzYFE50
>>53
だね

59 :名無しさん@1周年(関東・甲信越):2016/09/01(木) 13:41:02.70 ID:XxuomzBNO
またこんなこと言ってるのか。
黄色と黒の猿と人間は話し合ったりしない。それが近代だ。近代が現代になるには、人種の平等が必要だった。
しかし人種の平等を国際連盟で提唱した日本は傲慢なる猿の王として、戦争を強いられ、懲らしめられた。
避けようはなかっただろ。ペリーが江戸湾を測量し半年あけて再来したとき、幕府は3つの人工島に砲台を設置していた。沿岸にも砲口がたくさんあった。
だからペリーは交渉の席についた。半年のあいだどこで何をしていたか。
琉球に行っていきなり王宮に押しかけ、乗組員に好きなように振る舞わせろと命令してる。
好きなように振る舞うとは暴行略奪のことだった。抗議した琉球王は王宮に艦砲射撃を受け沈黙させられた。
こんなのが列強だぞ。インディアンだけじゃない。

避けられたなんて思うのは勝手だが妄想だ。

60 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 13:41:22.00 ID:8mReGWlv0
>>1
主催者が戦争の経緯と戦争目的を理解せず、説明しているのが間抜けすぎるな。

元々、日本政府はアメリカ言い掛かりでライフラインを抑えられたから、交渉が引き延ばされればされる程、国力が低下する状況だった。

そして日本政府はアメリカに勝てるとは思っておらず、停戦の為の妥協点を引き出そうと無茶して短期で成果を出そうとしていたが、状況がアメリカとロシアにダダ漏れだったから、乗って来なかった。

ここまでが大前提。

61 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 13:41:48.91 ID:1AAgwQWk0
次は勝つ気だなw

62 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 13:42:30.23 ID:ToWJK74x0
>>49
遅かれ早かれ戦争はしてただろ
それから目を逸らす奴が多いよなww
あのまま制裁されてたら国内じゃクーデターが起るのは間違いない

63 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 13:43:12.13 ID:zVmzv5Ah0
>>51
> 何言ってんの?アメリカに無条件降伏してその後何千万人も国民死んだか?w
> 結局メンツのためだけにアメリカに無駄に歯向かった大日本帝国が国民400万人殺しただけじゃん

たまたま運が良かった。

今なら言えるが、インディアンを全滅させたアメリカ相手に、当時は不戦服従で救命の期待が持てたかねえ。

64 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 13:43:19.92 ID:zMKORabp0
陸海軍と書くか海陸軍と書くがで
2時間もめたとか、笑うしか無いわ

65 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 13:43:45.93 ID:0OySak0c0
仲が悪すぎて機関銃のライセンス費を陸海でドイツに二重払いしてたんだと聞いたけど
どんだけ運営無能なんだよ・・

66 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 13:43:55.30 ID:CghzYFE50
>>55
ロシアという最強陸軍国というお手本がすぐとなりにあったのに
見て見ぬふりして
弱小中国軍ばかり相手にしてた大日本帝国陸軍バカすぎる

67 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 13:44:38.69 ID:95aTnBGb0
>>60
主催者は理解しているが
君はただの間抜けっぽいなー
周囲に良くアホって言われてそう

68 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 13:45:28.59 ID:IVTuDRQK0
日銀は独自GDPを算出してるもんなあ

駄目だこりゃ

69 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 13:45:31.22 ID:jXcrWgcK0
>>21
最終的に軍部が拘ったのが「国体護持」だからね。国体ってのは天皇=昭和天皇って意味合いで解釈されるけど、実際は現行体制の維持ってことだろうし
その中に自分達の身分保証が含まれているのは必然だから。

だから昭和天皇が自分が戦犯として裁かれてもいいと言われたら誰も反論できなかったんだし。

70 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 13:45:36.00 ID:LvARvF3g0
教訓どころか

いまだに安倍政権は、
実態経済が冷え込んでるのに
ゆっくり改善しているなどと、大本営発表し続けてる。

71 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 13:45:45.24 ID:zMKORabp0
極秘作戦のはずのミッドウェーが
理髪店のオヤジさえ知っていたという
そりゃ負けますわ

72 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 13:46:05.90 ID:NVgxF3t90
正論だな

73 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 13:46:26.97 ID:bDkQd0NE0
大和武蔵を無駄死にさせたアホ

74 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 13:46:34.48 ID:8TX6/y9C0
>>60
> そして日本政府はアメリカに勝てるとは思っておらず
どうかね?
中にはそういう人もいただろうが、全体としてはどうだろう?

75 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 13:46:34.87 ID:G5zdOeQs0
>>60
国力差を開かせないための軍縮条約を反古にした日本に
それを言う資格は無いよ

76 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 13:46:44.13 ID:CghzYFE50
陸海軍の仲の悪さは
現代の省庁間の仲の悪さに引き継がれてる

あまり当時と変わってない

77 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 13:47:39.48 ID:CM8nOxEU0
>>13
真珠湾奇襲してアメ公ビビらせれば講和してくれるだろうという甘い考えを持ってた

78 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 13:50:12.81 ID:zeNV/oqb0
>>1
織田信長が10倍の敵を破った「桶狭間」の戦いで、

天下取りに一歩踏み出したように、
あの「太平洋戦争」でも、すでに2chの軍事通が何度か述べてるが、初戦のハワイ奇襲後の対応次第でアメリカに勝てていた。

ただ、その開戦時における日米の「戦争観」に大きな開きがあったのが致命的。
アメリカは、第一次大戦にマジ参加した経験から、
「戦争とは、国家が総力を挙げて戦う絶滅戦争である」と、認識していたが、

一方、日本といえば、日清・日露の戦争の経験から、
「戦争とは、互いに自国から離れた場所で優劣を決める疑似決闘。その戦いに勝ち有利な立場を築いて講和に持って行く」
としか見なしていなかった。

まあ、たとえば、個人同士のケンカでも、一方が「適当な殴り合いで勝負を決める」と考えていたところに、
その相手が「殺してやる」と決意していたなら、もう力量の差など関係なく勝負は最初からついている。

79 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 13:51:40.15 ID:2Os/ntUR0
国なんて抽象的な言葉つかうな

私利私欲優先した公務員の責任だろ

80 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 13:51:50.47 ID:CghzYFE50
満州がろくに資源のでない不毛の土地で
歴史的にも満州人キョウドが常に南下を狙い続けてたことすら
視野になかったんだよね石原カンジ
満州奪ってどうにかなるなんてバカすぎた
科学や資源の知識ない無能が当時の最優秀頭脳石原カンジw
こういうバカ賢い官僚が日本を滅ぼしかねないので
覚えておこう

81 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 13:52:16.32 ID:MXB6wvRf0
>>74
精神論バカ以外は理解できてるでしょw

82 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 13:52:55.17 ID:MXB6wvRf0
>>79
私利私欲を貪ったぐんじんだな

83 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 13:53:02.18 ID:WF4TzNMO0
文民統制が骨抜きにされてまた同じような失敗を繰り返すよ
軍事だけの専門家に広い視野など期待できるわけがない

84 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 13:53:18.68 ID:29K8xFo50
情報に頼るなんて卑怯者のやること
卑怯な事をするぐらいなら清く大和民族は滅ぶべきニダ

あ”っ!!

85 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 13:53:36.36 ID:6GlVjI650
イギリスと同じく島国の海洋国家なんだから
最初から海主陸従で行くべきだったね
第二次大戦でも陸軍が戦局どうこうした戦いなんてなかったわけだし
負けたとはいえミッドウェーーやレイテと日本軍全体としての
戦局のカギを握ってたのは常に海軍
陸軍のオモチャ戦車なんて作る予算を海軍に回して
バンバン空母やゼロ戦を作るべきだった

86 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 13:53:49.86 ID:zeNV/oqb0
>>81

オマエが馬鹿ってことだな。

87 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 13:54:42.85 ID:MXB6wvRf0
>>86
あれだけ国力差開いてて勝てるわけないよな?
わかるか?

88 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 13:54:46.58 ID:olu1kng60
>>1
つうか"支那・朝鮮の領有"こそが最悪の失策なんであって、陸軍海軍の不仲なんて
世界中どこでもあること(アメリカにすらww
こんなもん今さらなんの教訓にもならんwwもっと戦略的な次元の教訓を見いださないとww

89 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 13:55:05.06 ID:an5XynRo0
青木かよ

90 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 13:55:25.24 ID:2Os/ntUR0
>>80
満蒙開拓団は
原野を開梱したワケじゃないぞ
中国人から取り上げた畑を飢饉であぶれたトーホグの日本人に配ったんだよ
その程度の価値はあったんで
だから入植者は恨み買い奴隷として使うから子供置いてけと追い剥ぎされて残留孤児に

91 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 13:56:40.69 ID:5dcdVgGi0
>旧陸軍と旧海軍
旧日本軍とか、旧って文字いらないよね。新日本軍があるわけでもないんだし

92 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 13:56:57.02 ID:T21m2BPp0
資源確保のために戦争したのに
その資源を運搬する船団の護衛を嫌がって断り続ける
目に見える手柄を欲しがる馬鹿駆逐艦艦長を量産した日本軍

93 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 13:57:16.95 ID:2Os/ntUR0
>>82
関東軍は軍人であるまえに屑公務員で
日教組も教師であるまえに屑公務員だからな

今の痴呆公務員も同類

軍人という言葉遊びでタゲそらしはよくない

94 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 13:57:23.37 ID:FJzUjx7i0
>>1
でも、お前が当時いたとしても、何もできなかったと思うぞw

95 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 13:58:09.65 ID:MXB6wvRf0
>>93
えっと、暴走したのは軍人な

96 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 13:58:10.84 ID:zeNV/oqb0
>>87
チョンは、歴史を学ばず捏造ばかりしてるから、真実を知らないのだろうな。

過去、ギリシャ・ローマの昔から、圧倒的な戦力差がある中で勝利した国や民族は数多い。
すでに挙げたが、日本では「織田信長vs今川義元」が有名だな。

97 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 13:58:41.38 ID:8TX6/y9C0
>>87
分かってたのかなぁ?
そういう相手と2回も勝ってるし、
国力差が大きい相手との戦争=過程が欠落=勝利
ってなってるからあの精神主義なんじゃね?

98 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 13:59:45.47 ID:2Os/ntUR0
>>95
 軍人 の責任にして逃げようとするなよw

特高警察も宣戦布告文書渡さず宴会してた外務省も軍人じゃねーだろ

99 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 14:00:17.85 ID:Z2MCStOm0
>>57
でも、日本はアメリカの保護国みたいなもんに堕ちたよね。

100 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 14:00:26.90 ID:zMKORabp0
>>85
作戦の情報も漏れてたし、レーダーも無いんだから
どっちみち負けたよ

101 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 14:00:42.38 ID:6GlVjI650
緒戦段階では主敵がアメリカで戦線が広大な太平洋なんだから
弱小の中共を弄ったり、とりあえず不戦条約を結んで
対ナチス防戦へ全力注いでるソ連への大陸側派遣の陸軍兵力は無駄だったな
大陸派遣軍なんて終戦まぎわまで遊んでたようなもんだろ?

102 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 14:00:56.22 ID:jXcrWgcK0
>>31
だよな。よく言われる

真珠湾攻撃のダメージが回復しない内にある程度東南アジアを占領して有利な内に講和

ってのは軍部の一部が考えていただけで、政府目標じゃなかったし。

103 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 14:01:55.22 ID:zeNV/oqb0
>>100

まあ、低知識がネゴト言わん方がいいぞ。
まあ、オマエの感想ということで聞いておくが。

104 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 14:03:01.37 ID:czr/iA0i0
>>92
陸軍も海軍も、お互いを出し抜くために嘘のデータ報告したり、いったいどこと戦ってたんだって状況だったからな
企画院総裁も嘆いてた、データ通りなら戦争なんか出来っこないって

105 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 14:03:35.03 ID:ggYH9+490
すでに白人が計画した戦争をどう避けられるのかね。日本が悪かったのかよ。

平和ボケした現代から過去を否定すんじゃねぇーよ。てめえに何ができたんだ。

106 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 14:05:04.84 ID:UXKqa1Sw0
>「言葉を奪われた社会が陥った悲劇から、私たちは教訓を得るべきだ」

政府自民党とマスコミによって韓国の実情を伝える言葉を奪われた戦後社会。

107 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 14:06:04.75 ID:0WJRiu33O
>>95
朝日新聞の赤のスパイ尾崎が…

108 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 14:06:36.56 ID:8mReGWlv0
対抗として、ドイツ、イタリアに加えロシアを入れて4か国同盟で鬼畜米英に対抗する目算はあったが、先にドイツがロシアに戦争ふっかけたから、ご破算になった。
まあ、ロシアなんぞと組めるわけがないがな。(付き合いが長い欧米はロシア嫌い)

109 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 14:07:49.51 ID:zVmzv5Ah0
>>93
> 関東軍は軍人であるまえに屑公務員で
> 日教組も教師であるまえに屑公務員だからな
>
> 今の痴呆公務員も同類


政府が本気でとりくめば、今の痴呆公務員も大量リストラ可能。
役所をネットワーク化して公務員を減らし、労働力不足の場所に人を回す。

移民も不要。
公務員人件費削減で財政復活。

実例:俺の場合、
ある申請のために数ヶ所の役所に出かけて書類入手し、ある役所に出した。
書類を紙に出して手渡すために合計15人の役人が関わった。

すべての書類はコンピューターの中にある。
だったら役所がネットワーク化され、帳票やデータフォーマットが統一されれば、最後の役所1つ、窓口1人で済む仕事なのに。

事務職公務員は人工知能を使わずとも既存ネットワーク技術でリストラ可能。自衛隊など現業公務員はその限りにあらず。

110 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 14:08:38.17 ID:mGmhstho0
もし日本がまた戦争しても同じことが起こるだろう

111 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 14:09:01.21 ID:0WJRiu33O
>>108
それを頓珍漢の松岡洋右がやろうとしたんだよなww

112 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 14:09:15.30 ID:8TX6/y9C0
「昭和大日本帝国は中韓左翼の言うような悪の帝国ではな」とは反論できるけど、
「頭の悪い帝国ではあった」というのはいまだにどーにもフォローできないよね。

113 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 14:09:45.47 ID:597jM27n0
敗戦後
戦艦長門を核実験の海域まで航行させたのは米軍の艦長経験者
アメリカ製の部品が結構使われていて
なんだかなーという感想を

114 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 14:10:16.89 ID:G5zdOeQs0
>>96
桶狭間の今川軍は1万2000〜1万5000 、
その内義元の本陣にいたのは5000程度だと言われている
信長軍は3000だから大した差では無かったようだ

115 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 14:11:36.53 ID:zMKORabp0
>>103
今でも日本はスパイ天国だよ
情報戦には昔から弱い

116 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 14:11:55.98 ID:13WIvKaB0
日本のエリート
今も昔も「想定外」w

117 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 14:12:16.60 ID:YNXrddt00
陸軍内部でさえ情報部の情報を参謀本部が軽視してたんだから
陸海軍、情報共有なんてできるはずもない。

118 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 14:12:20.75 ID:6GlVjI650
陸軍がフィリピンを占拠してもアメリカは止まらん
ハワイの海軍太平洋拠点を完全に潰すか占拠して初めて
講和への機会や時間稼ぎができた
真珠湾作戦は成功だが、しかしハワイ占拠維持するには艦船と燃料が足りない
だからぽつねんとした小島な
ミッドウェーを強襲攻略してアメリカ本土までの橋頭堡にするしかなかったんだよ

119 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 14:12:55.35 ID:czr/iA0i0
>>108
>>111
日独伊の防共協定も、最初はイギリスとかも巻きこんだ対共産主義のおおがかりなものにしようとしてたんだよな
ところが外務省だけじゃなく陸軍の駐在武官も勝手に外交初めて、お互いに情報は出さなかった
それで他国からの信用失いご破算になったと

120 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 14:12:58.61 ID:05vl3rUr0
日本を裏で操るカルト!? 外国人ジャーナリストから見た「日本会議」 [無断転載禁止]©2ch.net
http://karma.2ch.net/test/read.cgi/seijinewsplus/1470388677/

121 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 14:13:11.95 ID:UwBmERjk0
>>114
狙った奇襲ではなく
適当に攻めてみたら今川軍の本体ど真ん中でした…みたいな感じかw

122 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 14:13:56.54 ID:fzUX9C0E0
>>1
戦争をあおりまくった鬼畜卑怯者朝日新聞を潰しましょう。

123 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 14:14:43.56 ID:C/h9ZlXuO
今も昔も官僚の縦割り行政の問題で日本をダメにする

124 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 14:15:35.95 ID:olu1kng60
>>112
支那・朝鮮を携えての戦争に勝利することは不可能ww
不可能であることと制度や技術が未熟であったこととは全然別の話ww
不可能なことに未熟なままで取り組めばどんな天才でも失敗するww

125 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 14:16:29.38 ID:YNXrddt00
>>121
信長は今川義元の陣の位置は把握して攻めている
適当ではない
奇襲になったのは偶然かも。

126 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 14:17:23.38 ID:SaJAbglI0
ま、兵隊さんの半分以上が餓死・病死だったからな。
粗雑にあつかってりゃ勝てる戦だったとしても勝てはせん。

127 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 14:17:46.65 ID:m6qv8qiY0
コミンテルンの陰謀だしょ

教訓としてはスパイの陰謀に乗らないってことなのに
依然としてスパイ防止法もない
プロによる政治活動を野放しにしている
スパイ学校修了者が日本で仕事する振りをしながら工作活動を続けている

全然だめじゃん

128 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 14:17:49.56 ID:o4RMoorL0
その当時より現在の政府の方がはるかに腐りきってるからな。こんな状態じゃ戦争も出来ない。

129 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 14:18:45.80 ID:6GlVjI650
真珠湾成功後、もし日本に空母と艦載機の余裕あれば
AFとFS作戦を同時進行でやれた
もちろんアリューシャン方面もな
陸軍に下らん予算やったのが日本軍の敗因
いずれ物量で負けたにせよ、海主陸従なら講和のタイミングを見い出す戦いはできた

130 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 14:18:53.86 ID:jcq1XRm70
戦国時代は補給がしっかり確保されていたのに
なんで軽視するようになったん?

131 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 14:19:01.29 ID:YNXrddt00
>>123
陸軍と海軍
陸軍内部でも参謀本部と情報部で情報の共有がなされていない
縦割り過ぎw

132 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 14:19:06.65 ID:olu1kng60
>>118
奇策妙案があればという議論はナンセンスww
なぜなら、それを思い立って実行できるくらいなら、それ以前に奇策や妙案に
頼らずとも済ませれる方法を思い立って実行できていたはずだからww

133 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 14:19:53.54 ID:+45ugeWL0
>>1
大東亜戦争と何故書かないの?

134 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 14:20:50.39 ID:1U3yCySH0
英・米が反日になった原因を探らないと
大東亜戦争は理解できないと思う。

日露戦争のポーツマス辺りから関係が
ギクシャクしてきて、第一次世界大戦辺りで
完全に敵視されたんだと思ってる。

いろんな意見があるけど、アメリカは第二次大戦
に入る前に日本を殖民地支配するのを目的にしていた。
日中戦争はその布石で日本を戦争犯罪国にするための
トラップだと理解している。
そして太平洋戦争におびき寄せ、兵站を最大限に延ばしきった
それを分断・破壊して、飛び石作戦で領地を奪還し
正義の味方アメリカが日本を駆逐し、解放軍となって
世界支配の礎を築いたんです。

135 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 14:21:28.47 ID:HZ9p5+ph0
海軍・・・薩摩閥
陸軍・・・長州閥
だっけ?

136 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 14:21:57.75 ID:2LWTjGZd0
情報を共有できてても変わらない
上層部が東北閥に占められてたので、白虎隊や彰義隊のように信義に命を賭し
破滅への美学に突き進んだ

東条も日米開戦シュミレーションで負けと出てても
五十六も負けると確信してても一泡ふかせましょうと美学を貫いたw
そもそもまともに戦ったら不利だから真珠湾奇襲だったんだし

マッカサー米軍もまともに戦ったら当然勝てると考えてたから
アイシャルリターンと自信を持って言えたわけ

137 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 14:23:13.20 ID:zVmzv5Ah0
>>130
> 戦国時代は補給がしっかり確保されていたのに
> なんで軽視するようになったん?


徳川300年の平和で惚けたのだろう。

大阪の役の頃だって、ベテラン兵士からみれば、今の若者は戦争を知らねえ。

138 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 14:23:41.41 ID:HddDv3lb0
>>134
偶然に頼る要素が多過ぎね?
起こった事に後付けしてね?

139 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 14:24:24.62 ID:oeXM9jzn0
>>130
朝鮮出兵で補給軽視して失敗してるよ

140 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 14:25:15.15 ID:9nUu09K40
提督の決断Uだな。

141 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 14:25:20.15 ID:olu1kng60
>>129
それは、そのことをウンコ半島を領有しようとしていた時点で思い立てねば
無意味ww
ウンコ半島はロシアに呉れてやる代わりに、千島と樺太全部を領有することで
ユーラシア大陸には1歩も踏み込まないことを戦略的に銘じておかなければ
ならなかったwwそれができなかった時点で不仲は運命づけられていたww

142 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 14:26:25.61 ID:lps1ZB3I0
武器を作る工作機械がアメリカ製だった
石油もアメリカから輸入していたしな

143 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 14:27:30.04 ID:1U3yCySH0
>>138

一つの解釈で、個人的な感想です。

144 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 14:28:59.12 ID:zVmzv5Ah0
>>136
> 東条も日米開戦シュミレーションで負けと出てても
> 五十六も負けると確信してても一泡ふかせましょうと美学を貫いたw
> そもそもまともに戦ったら不利だから真珠湾奇襲だったんだし

長篠の武田、
関が原の島津、
金ヶ崎の秀吉、

相手を一発殴ってから逃げるのが常識。

ただし逃げ切れるとは限りません。

145 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 14:29:43.80 ID:czr/iA0i0
>>127
戦前戦中はスパイ防止法あったのに防げんかったね
というか取り締まる側が情報流したりしてたからね
法律だけあってもしょうがないという証左じゃなかろうか

146 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 14:29:53.05 ID:G9yB0NS/0
アジアにおける第二次大戦を始めたのは

宣戦布告無しに突然日本に武力攻撃を開始した
毛沢東の指示を受けた彼の私党犯罪組織、中国共産党


当時の日本の失策ではなくて、
中国共産党が侵略してきたことが発端である

147 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 14:30:30.14 ID:6GlVjI650
たとえばベトナムは完全にゲリラ特化して
戦争を泥沼化してアメリカ市民や議会の厭戦世論を引き出す戦略だったからな
日本は巨大なアメリカと戦争開始したはいいけど
着地点を決めないまま、ずるずると真正面から戦う戦争を継続したって感じがする
これは開戦当時の陸海それぞれの大臣や参謀本部や軍令部の責任じゃないかな?

148 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 14:30:58.47 ID:lEtZPEMW0
敗戦好きだね〜

149 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 14:31:18.15 ID:9h7c86xQ0
>>144
関ヶ原の島津って
ひょっとしたら当地の地理に疎くて
一カ所しか知らない道を爆走しただけなんじゃ…

150 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 14:31:34.96 ID:CghzYFE50
>>99
まーね
でも世界の二大最強国同士なんだから
張り合うよりどちらかが相手に譲歩する現在の形態が
世界の平和には望ましいと思われ
アメリカちゃんもそれなりに日本の顔をたててくれてるので

151 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 14:33:17.10 ID:2LWTjGZd0
>>144
宣戦布告まえの奇襲になって米国民を本気にさせた愚かな一撃だったなw

152 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 14:33:42.94 ID:BEWACwz10
ほんまそう。意味のないプライドや権力争いで割れたらまた同じ事になる。政治家もすでに利権で割れてるし困ったな。とりあえず売国バカをあぶり出して排除せんとな。メディアや芸能界は既に在日に汚染されてるし排除するにはネットで情報拡散し続けるくらいしかてがないか。

153 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 14:34:09.33 ID:4OvyqPBO0
講和目的の戦争であり、パールハーバーあたりが限界でしょ。
いまABCD包囲網されても、俺はやるよ。

154 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 14:34:53.04 ID:Lijd4RWA0
>>134
正にだな。
そして目的はアメリカ一国の国益なんて次元でなく
自由主義という文化兵器で国境を根こそぎ取っ払って容易く乗っとること。
コイツは現在真っ只中で進行中だ。
付随する経済の旨味にはありつけてる時代だが
これから何が起きるやら…

155 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 14:35:05.20 ID:c7RVSEYm0
>>1
毎日新聞

琉球新報、沖縄タイムス、朝日新聞、→ 毎日新聞、
北海道新聞、東京新聞(中日新聞)、西日本新聞
信濃毎日新聞、神奈川新聞

156 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 14:35:33.33 ID:D8NEUqts0
日本が調子乗っても、アメリカは相当我慢してたんだろ
世論が反戦だったし

157 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 14:36:29.77 ID:wt6NUk6X0
>>1もオマエラも、本気で軍部ガーって思って言ってんなら、戦前と変わらんメンタリティーだなw
ロクに知らずに戦争煽ってチンコ擦ってたのは国民だろ。
弱腰政府・弱腰軍部って叫んで暴動起こしてた現実を少しは勉強しろ。

158 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 14:37:55.88 ID:czr/iA0i0
>>147
そもそも最高指導者たちに戦争始める気がなかったからな
陸軍の行動を黙認したり、世論に迎合したりいきあたりばったりしてるうちに開戦が避けられなくなった

そうとなれば戦争は出来ないなんて結論を許す空気じゃなくなり、石油も南方を占領すれば何とかなるとか、会議も自然と辻褄合わせになっていった

159 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 14:39:22.94 ID:4CB/e42i0
>>1
変態新聞が反省などするものか。

160 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 14:39:41.63 ID:oeXM9jzn0
>>156
満州事変から十年近く
日本が何度挑発的行動起こしても動かず仏印進駐でついにブチギレだからな

161 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 14:40:18.22 ID:J7SH7MdV0
>>136
ああ、仲間見捨てて真っ先に逃げ出したマッカーサーね。

そいや、フィリピン統治時代にアメリカ様がやっていた拷問が日本軍がやっていたことになっているらしいぜ。

ひたすら腹が膨れ上がるまで水を無理やり飲ませて横たわらせて。その上から人が飛び乗って殺すとか。
ナニゲに日本軍のせいで歴史修正しているのはアメリカ様も同じ。
で、日本が抗議すると歴史修正主義!(敗者が勝者の歴史に口出しするな)と火病するという。

162 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 14:40:34.47 ID:8pqPslRC0
「真珠湾攻撃は米が開戦目的で日本にやらせた」
確かに真実だろう。ではもし日本がハルノートを無視していたらどうか?
所詮シンガポールの英国油田を取りに行くしかなかった。この対英戦が勃発
した時点で同盟国の米は対米の宣戦布告と見なすだろう
結局対米戦は避けられなかった。(´・ω・`)

163 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 14:40:44.45 ID:wal12EfX0
資本主義も社会主義も共産主義もまだ王座取れない拮抗してた時代の統一王座決定戦で負けたって話だろ。
国家社会主義のドイツ日本が負けての冷戦時代なんだから。
これからは自由商業主義派と民主主義の戦いや

164 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 14:41:12.48 ID:6GlVjI650
中・南部の太平洋に主戦場が行ったおかげで
手薄なった北部アリューシャン方面の攻略は楽々成功してたし
太平洋のアメリカ拠点を叩いた真珠湾以降は
ミッドウェーもそうだけど米豪遮断は物量あれば同時進行で作戦成功できたはず
つくづく海主陸従じゃない体制が恨みがましいが残念
その頃、大陸に派遣された陸軍は昼寝ざんまいだったわけだし

165 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 14:41:17.85 ID:2LWTjGZd0
>>157
いやいや軍部が情報統制して反戦記事は書かせなかったんだよ
すると戦争昂揚ばかりになって逆に軍部も引くに引けなくなっただけ
国民は真実知らされてなかったんだから仕方ない

166 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 14:41:24.16 ID:3qhb3RQY0
>>1
平和がーとかほざくよりこういう戦略の反省会はどんどんやるべき

167 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 14:42:23.08 ID:E6MmSR940
所詮猿の仲間のジャップ土人に情報共有など無理だろ

168 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 14:44:38.11 ID:GM5l6l5T0
今でも行政機関で情報共有さっぱりできてないじゃんw
バカはいつまでたってもバカw

169 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 14:44:53.64 ID:CEGZz1lf0
挑発したルーズベルトを忘れてるから失格。

170 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 14:45:20.19 ID:zVmzv5Ah0
>>157
> >>1もオマエラも、本気で軍部ガーって思って言ってんなら、戦前と変わらんメンタリティーだなw
> ロクに知らずに戦争煽ってチンコ擦ってたのは国民だろ。
> 弱腰政府・弱腰軍部って叫んで暴動起こしてた現実を少しは勉強しろ。


朝日新聞の黒歴史を語るな。

天声人語による洗脳が足りないようだな 。

171 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 14:45:24.16 ID:czr/iA0i0
>>157
>>165
だな
大本営が勇ましい発表するとそれに世論が乗っかり、迎合するような記事しか売れなくなる
件の信濃毎日新聞も反戦記事書いたら軍部に目付けられるわ、世論から不買運動されるわひどい目にあった

172 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 14:45:57.16 ID:3qhb3RQY0
>>147
真珠湾が本当に成功したらアメリカは泥沼になってた可能性は高い

173 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 14:46:04.20 ID:Z2MCStOm0
>>139
進軍速度が早すぎて陸路の補給が追いつかなかっただけ。
なので一時後退して立て直した。

174 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 14:46:17.23 ID:+4jwssaO0
国が滅んでも自分の在籍する組織さえ無事なら無問題っていう人が多かったんだろ
あるいみシナ人が、一族さえ良ければ国なんてどうなってもかまわないという考え方と似てる。

175 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 14:46:32.48 ID:fU4SRmfX0
陸軍が悪かったとかされてるけど、実際は海軍が好戦的バカだったんだよね
海軍がバカみたいに戦場を広げたので戦争に負けた
最近軍艦を美少女にしたりアニメにしたりとかしてるが、海軍がバカだったことをまず認めろよ

176 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 14:46:55.50 ID:Xg9DvOAe0
ブッシュやブレアがイラク侵攻を反省してない。空襲代わりにISISのテロ対策やらに振り回され、戦費の為に紙屑(兌換できない)国債を大平洋の島国に無心する裸の王様になり果てた。

177 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 14:47:41.23 ID:sLtWpSU6O
ペクチョン猿か゛わいてるな。

178 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 14:50:33.25 ID:czr/iA0i0
>>174
戦線の拡大も組織の人数増やすためって目的もあったからな
そうなればより予算が取れる
政府が口はさもうにも「統帥権干犯!」で終わり

179 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 14:50:46.69 ID:zVmzv5Ah0
>>165
> いやいや軍部が情報統制して反戦記事は書かせなかったんだよ
> すると戦争昂揚ばかりになって逆に軍部も引くに引けなくなっただけ
> 国民は真実知らされてなかったんだから仕方ない

いやいや、戦前は
軍部が情報統制して反戦記事を書かせたくなかったんだけど、
朝日新聞は暴走して戦争高揚の記事ばかり書いた。

逆に軍部も引くに引けなくなっただけ

180 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 14:54:35.54 ID:wal12EfX0
>>173
福島正則「おめえらおせーよ」

181 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 14:55:03.53 ID:6GlVjI650
せめて関東軍はソ連国境に張り付いて
いつでも北進する構えを見せて牽制するべきだった
ゾルゲの工作にやられたのもあるが南下したり動かないないなら
そりゃ対日で駐留してた精鋭な極東のソ連軍が数十師団を西部戦線に回すわ
当然そうなるとソ連の首都や各都市を包囲して圧倒的に優勢だったナチスも敗退するしな

だから第二次大戦の同盟国側の敗因は日本だと思う
よくもまぁドイツ国民が日本人にブチ切れないか不思議だわ

182 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 14:55:04.86 ID:Z2MCStOm0
>>150
二大最強国に日本は入らんだろ。
米陣営に属するのはいいとして、いつまでもアメの要求を飲みっぱなしなのはどうかと思うぜ。

183 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 14:55:11.24 ID:2LWTjGZd0
>>179
朝日は一番売れる記事を書いただけダw
戦後もwww

184 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 14:56:25.47 ID:FcUfuq/B0
戦後いつまでも戦争話をひきずってんのも失策だとさっさと気づけよ

185 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 14:57:32.30 ID:AsNP27d30
<
 
■ ウソ → 明治天皇すり替え・田布施システム説 ← ウソ ■


この人↓は明治天皇や大室寅之祐ではありません。佐賀藩校の生徒の1人です。反論できる物証がいくつもあります。
http://verbeck19.exblog.jp/

『フルベッキ写真』伝説覆す原板: 幕末の志士集合写真 → 実は佐賀藩校の生徒 (読売新聞 2013/4/24)
http://blog.goo.ne.jp/sagastudents

この写真↑の撮影場所と時期はわかっており、坂本龍馬の死後、明治天皇の江戸入り後なので2人は写真の中にはいません。
天皇の親族、側近が継続的に勤めている状況をすり替え説では説明できず、すり替えでは幕藩体制を倒す大儀を失ないます。


■ 反日のウソ拡散には呆れるばかり ■
 

186 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 14:57:49.33 ID:05vl3rUr0
【戦争】「自分が志願しなければ、特攻は始まらなかった」 特攻要員選んだ苦悩を切々…元海軍大尉・林さん、記録映画で激白★3©2ch.net
http://daily.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1472702412/

日本を裏で操るカルト!? 外国人ジャーナリストから見た「日本会議」 [無断転載禁止]©2ch.net
http://karma.2ch.net/test/read.cgi/seijinewsplus/1470388677/

187 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 14:59:00.93 ID:O2RSM8yo0
>>51
四か国分割統治の可能性もあったのにそれは随分楽観的だな。
もっと勉強しろよw

188 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 15:00:45.90 ID:zVmzv5Ah0
>>183
> 朝日は一番売れる記事を書いただけダw
> 戦後もwww

朝日新聞:お、俺は商売に徹しただけだあ。罪はねえ。

朝日新聞:新聞は社会の公器。消費税免除しろ。

189 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 15:01:02.27 ID:phim2+9L0
陸軍と海軍の対立は、
官僚の省庁対立の陰険陰湿さを100倍くらい強くしたものだと思ったほうがいい

これは自衛隊の陸上と海上とも同じこと

190 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 15:01:33.71 ID:CEGZz1lf0
>>173
明朝「朝鮮は日本とグルなのでは?」
と思うぐらい進撃が速かったとか。ww

191 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 15:06:08.02 ID:0Cx1LB1O0
しかも恐ろしい事に現代社会でも何も変わってないっていう

192 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 15:09:01.56 ID:wal12EfX0
福島大本営避難発表には驚愕したわぁ

193 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 15:11:16.88 ID:6GlVjI650
ヨーロッパでドイツが勝てば
太平洋で優勢に戦線を進めてた日本もいい条件でアメリカと講和できてたよ
よくアメリカにはハナから勝ち目なかったとか言う連中がいるけど
陸軍が北進か国境沿いで待機でソ連軍を引き付けながら
海軍力の優位度でAF FS AL作戦を同時進行してればアメリカを追い詰めれた
もちろん長期戦なったらアカンけど
緒戦で勝って優位な講和はできるステージには立てた
ドイツがヨーロッパ戦線を押さえるというのが大前提だけどな
まあでも、それはたった1年間の戦況で優位講和なった日露時と同じだ

194 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 15:15:02.29 ID:0dgjWUQ60
>>193
ソ連に戦力回さずアメリカ全力でもたった半年でミッドウェーなのに何夢見てるんだよ

195 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 15:16:50.77 ID:olu1kng60
>>191
だから、そんな奇貨に頼ってるようじゃダメだっつうのww

196 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 15:17:30.12 ID:olu1kng60
>>195>>193あてww

197 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 15:18:50.16 ID:wal12EfX0
>>194
ろくな準備もしてない口空けて呆けてる奴ら奇襲して快進撃言うて半年でミッドウェーじゃさすがに恥ずかしいわ

198 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 15:20:08.66 ID:UEhLHqhO0
>>193
例年より1ヶ月早い寒波だったんだよね
防寒装備のないナチスは行軍中に勝手に戦力激落ち

199 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 15:20:58.02 ID:6GlVjI650
・欧州戦線でイギリスが降伏すればアメリカがそれ以上戦う理由がなくなるから
市民や議会の世論的にも講和に移項する

・そもそもドイツがソ連を破ればその段階でイギリスは降伏するしかない

200 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 15:22:16.89 ID:0dgjWUQ60
>>199
イギリス海峡絶対に渡れないドイツ相手になんでイギリスが降伏するんだよ
アメリカ大西洋方面軍まで合流したらもう鉄壁だぞ

201 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 15:23:19.76 ID:1JSFCS1d0
>>1
現状の日本と東南アジアをみると太平洋戦争をやってよかったとは思わないのかな?

202 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 15:23:22.40 ID:+6tjUz/X0
すでに資料で裏付けられている、ルーズベルトや近衛文麿等の周辺やマスコミ等の中にも入り込み日米開戦をあおっていたソ連の工作員はいい仕事をした。
その後朝鮮戦争でソ連と対峙したアメリカは、身をもって知る。
本来手を組み、世界の赤化を防ぐべきであった日本を無力してしまったことで、誰よりも得をしたのはソ連であったことを。
その結果、50年にわたる冷戦構造によってアメリカを中心とする西側諸国は苦しめられることになる。
結果的にソ連の崩壊はアメリカの世界支配の始まりとなったが、同時に終わりの始まりでもあった。
今後のアメリカの衰退は火を見るより明らかだが、日本はアメリカの属国としていまだに主権を回復できないままである。
このまま日本がその境遇に甘んじているのであれば、我々はアメリカと衰退を共にし、中国やロシアなどに飲み込まれていくのだろう。
日本人は長い年月をかけて類稀なる歴史伝統文化を育んではきたが、国自体がもう寿命を迎えつつあるのかもしれない。

203 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 15:24:44.97 ID:QglwfssX0






こいつ名まえからしてチョンくさいが大丈夫か?w

204 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 15:26:34.12 ID:6GlVjI650
アリューシャン攻略の道筋の楽さを考えれば
多方面作戦をするべきだったね
たわごとじゃなく、ダッチハーバーからシアトル方面の上陸作戦も現実味があったと思う

205 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 15:28:08.90 ID:4ZEOkNiR0
一生懸命やったところが歴史の機微で
タラレバは歴史を詰まらなくするだけ

206 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 15:29:50.14 ID:lphPzEcj0
勝ち目のない戦争を始めた連中を敵国ではなく自国で裁くべきだった

207 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 15:31:54.70 ID:XfVnIPb70
後出しだけど陸軍は北進だったんだろうな
ノモンハンも実は勝ってたというし
日本軍>ソ連軍>ドイツ軍
残念ながら日本が用兵を間違ってドイツを負けにしてしまった

208 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 15:32:18.67 ID:OGCB/DWL0
ミッドウェイ作戦の図上演習で大敗したのに・・・・
米軍の命中率を1/3に無理やり変更し、作戦の見直しをしなかった海軍首脳がバカすぎる。
真珠湾の時は空母4隻では負け戦になった為、作戦を見直して空母6隻で攻撃したのに。

帝都初空襲が余程の衝撃だったのか?
まぁ、3か月後にミッドウェイ島を空襲しても、益々対空防御を固められる。
空母ヨークタウンは完全に修理された状態で作戦に参加してくる。

勝ち目はなし?

209 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 15:32:20.05 ID:U393qKeJ0
陸海軍のセクショナリズムのひどさは度を超えてたね
ドイツからエンジンのライセンスを買うときに無駄に別々にカネを払うなんてのは
まだましな方で、海軍の関係の熟練工や報道班員をわざわざ陸軍二等兵として
招集して嫌がらせをするとかバカとしか思えないわ

210 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 15:33:10.50 ID:dRYtMwsn0
>シリーズ「歴史館から考える戦争と平和」
大東亜戦争より前の戦争についての判断は?

211 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 15:33:23.77 ID:Cx0rHqweO
桶狭間で勝ってもしょうがないだろ
結局は豊臣に変わられ徳川に変わられる

212 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 15:33:51.79 ID:0Sr9pyh10
原発対応見ても国の失策は未だに続いている。
日本人の国民病だろう。

213 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 15:33:58.46 ID:DO3m3vCU0
いまだに太平洋戦争って名称使ってる奴がこんな講演やってる 大東亜戦争
と言えない馬鹿が

214 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 15:36:08.84 ID:o4RMoorL0
悲劇からの教訓が今の日本であり事大主義。大国に保護してもらう道を国民は選択した。

215 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 15:36:09.93 ID:8Mu2UtUX0
アメリカとの戦争なんて防ぎようがあった
そもそもアメリカはともかくイギリスと対立する理由がない

仏印から撤退くらいすりゃいいし、
ハルノートみても交渉続ければよかった
北朝鮮に劣る外交能力よ

216 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 15:36:36.23 ID:4g+PofoiO
敗戦が見えたらうまく講和して終戦させる外交手腕も無いなら最初から戦争するなよ

終盤は原爆、都市空襲、沖縄満州棄民
自国民が殺されまくるのをぼーっと見ていただけ
敗戦がわかっているのに、ギリギリまで学生を特攻に徴兵していたアホ国家

217 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 15:36:57.61 ID:FJzUjx7i0
次の戦争では失策を減らそう。
ということが言いたいんだな。

218 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 15:36:58.41 ID:thVMs4AB0
アメリカとか 航空機銃はM212.7ミリ機銃で陸海軍全機統一
日本は機体によって全機仕様がちがうし陸軍と海軍と弾がちがーう
生産力激弱な方がこれだから・・・・・
ネトウヨちゃんに悪いけどまだまだ30年代の日本は後進国だったんだよ。

219 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 15:37:39.63 ID:tCYWU7sd0
情報共有してたら開戦しようなんて気すら起きなかっただろう

220 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 15:37:55.92 ID:LL7wwacX0
元々軍部は陸は長州、海は薩摩で派閥争いがあって、それが大戦中まで続いてたんだっけ?

221 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 15:38:53.65 ID:KvLOvkl80
>>89
これな

222 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 15:39:02.75 ID:XfVnIPb70
イタリアや韓国は戦勝国

こういう外交手腕が欲しいな

223 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 15:39:40.74 ID:iUr6fI4L0
>>57
欧米と強調した中国が五大国の一員で完全独立。
全力で反撃(というより卑怯な騙し討ち)した日本が米軍の闊歩する植民地なのに?

アジア人自身による支配より欧米に支配してもらった方が幸せだからそんなことになるんだ。
旧日本軍部の支配がそれを証明してしまったわ

224 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 15:40:06.91 ID:4g+PofoiO
フランスが戦勝国
という外交手腕とかね

225 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 15:41:18.98 ID:ujvc0heK0
そもそも海軍と陸軍で別々に大臣が居る時点で
戦前には日本軍と言うのは無かった。
有ったのは日本海軍と日本陸軍の2つ。

226 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 15:41:23.47 ID:8mReGWlv0
>>215
無条件で戦果を明け渡すとか、外交上最もやってはならない内の一つなんだけど、馬鹿なの?www

227 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 15:41:52.03 ID:6GlVjI650
中国ごときと10数年も戦争して勝ちきれなかった陸軍がヘタレすぎ

これに尽きるわ

228 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 15:42:36.23 ID:2LWTjGZd0
>>215
まあこっちから仕掛けなきゃメッタには戦争吹っかけてこないからな
ハルノートも即座に受け入れられるとこは受け入れを表明するだけで
交渉を延々と続け照れば共産主義台頭とかで
アメリカも懐柔策に転換してきたかもな   かもwww

229 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 15:43:35.36 ID:0dgjWUQ60
>>226
あの時点では日本からすると中立だったはずのフランス領土奪いとった仏印進駐が戦果?
つまり連合国に先に喧嘩仕掛けたのは日本だと認めるの?

230 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 15:43:53.24 ID:4g+PofoiO
天皇が戦争したがっている、まだまだ続けたがっている
といえば国民を簡単に煽れたからね

民主主義の国なら国民は普通、大国アメリカと戦争したくないし、徴兵も嫌だし敗戦濃厚となれば戦争辞めさせるでしょ

231 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 15:44:42.88 ID:o4RMoorL0
>>222
巧みな外交手腕が身に付くには教育の根本から変えなきゃ無理でしょうね。
半永久的な従属国の立場から脱却するのは至難でしょう。

232 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 15:45:48.50 ID:2LWTjGZd0
昭和天皇は日米開戦のとき
10日で治めるといった日中戦争が未だ終わってはないではないかと
諌められたらすいぞ

233 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 15:45:58.28 ID:thVMs4AB0
>>220
藩閥政治は昭和には終わってた。
インケツ・山本は長岡藩
ヒデキ・トージョは南部藩の末裔
で賊軍の系譜。
出世の決め手は兵学校・士官学校の成績

234 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 15:48:36.79 ID:95nSUJfi0
太平洋戦争って 
日本の失敗を常に思い起こさせる良い教訓になっている。

いつの時代も自戒が大事だ

235 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 15:48:43.23 ID:4g+PofoiO
外交手腕が無いなら、外交手腕のある大国の属国である方が民衆にはいいね
沖縄だって、ハワイのように日本領よりアメリカ領になった方が良かったと思うよ
日本政府は敗戦濃厚なのに講和交渉にも入らず、沖縄民間人を棄てたし

236 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 15:49:35.25 ID:GfRDPRYo0
教訓って言うのは、戦争始めたら絶対負けるな、って事だよね。

237 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 15:49:54.04 ID:DEDkr0JIO
>>208
米軍命中率は日本側の油断を表すひとつの象徴に過ぎないような気がするんだが。
あの戦いは、米軍空母からたまたまバラバラに爆撃機が発進して、日本側のタイミングの一番悪い時に五月雨式に米軍側が上空に殺到しただけなんで。
米軍もたまたま上手くいっただけ。
その前に、日本側にたまたま調子悪く無線機が壊れたのは何故なんだろう?という方が気になる。

238 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 15:50:21.74 ID:j6vBmsiO0
大東亜共栄圏の構想は悪くなかった、もっとうまくやってりゃえがったのに、

239 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 15:50:38.44 ID:GWIrABDA0
朝日を筆頭格とした腐れマスゴミや、こいつみたいなインテリ知識人が
神国日本を煽って、やれ行けそれ行け、支那コロ抹殺、鬼畜米英を見境無く
煽りまくった影響もあるだろw

自分ら腐れマスゴミと頭デッカチインテリ人の責任でも追求しろ
国ばっか責めていい気になってる反体制バカは、自分のフィールド内の反省からやれ

240 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 15:51:11.82 ID:ZzBnH33f0
>>205
つまらんにしてもやるべきことではある

241 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 15:51:29.72 ID:4g+PofoiO
>>236
戦争初めても戦況が悪くなったら傷が浅いうちに外交でうまく講和しろ、とかも

242 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 15:52:14.46 ID:hN9sZMV00
今まさに戦争してる中国(とそのバック)をなんとかしたい陸軍と
アメリカと開戦したら自分たちにお鉢が回ってくる海軍で
歩調を合わせられるわけがない

243 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 15:52:40.40 ID:ua2KWFDG0
>>227
中国に勝てると思っていたのがアホだわw

仮に国民党を殲滅したところで、今度は八路軍が出てくるから勝てない
勝つとしたら中国内部に日本の味方を作るしか無かったんだが
残虐非道を繰り返して中国人から嫌われまくり。まさに自滅だなw

244 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 15:53:10.71 ID:6GlVjI650
>>233
海軍はそこまで成績にこだわってない
どっちかといえば平均以下の落ちこぼれだった
黒島亀人みたく学生時代の成績にこだわらなかったんだよ
ちなみに黒田は人格も、会議中に小便を垂れ流すとかおかしかったし
いっさい風呂やシャワーに入らないし歯磨きもしないような変人だった

245 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 15:53:30.71 ID:jxgzVHI70
 ふははははははははははははははははははは

歴史を捏造してまで反日教育をしているキチガイ韓国中国に 日本人が我慢する必要なんか何一つとしてない

ろくに抵抗もせず 35年間も日本と仲良くやってた朝鮮人ww 日本軍に全く勝てず 逃げ回っていた中国共産党ww
韓国も中国も糞弱いゴミ民族だから日本の下になっただけの話だろw 弱者は股をくぐれ! 日本を恨まず 日本に抗えず惨めで情けなかった先祖を恨めクズどもw
日本人は脳みそ筋肉のバカ旧日本軍人幹部を恨んでるわ 無能の集まりだったとな!

次は勝とうぜ!

246 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 15:54:21.62 ID:xBxOMJMc0
>>1
太平洋戦争って何?
そんな名前聞いたことないけど、どこの国の記事なの?

247 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 15:55:41.12 ID:rc0bVqxJ0
>>239
煽り記事書かないと新聞が売れなかったってのもあるけどな

248 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 15:55:43.50 ID:thVMs4AB0
結局、中国を甘く見過ぎていて、1か月程度で降参してくると踏んでたのが
徹底抗戦されて、苦し紛れの援蒋ルート攻撃、仏印進駐が決定的にまずかった。
ベトナムはフィリピンの対岸にあって、アメリカ唯一のアジア植民地
これでアメリカは開戦を決意してしまった。
ハルノートに至っては先に日本に仕掛けさせるための挑発だろあれ。

249 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 15:55:47.12 ID:wal12EfX0
列強侵略五百年の集大成で戦略物資を自国調達できて他国に弱み握られず自主自決の精神完遂することに日本国民全員が夢見た結果が大東亜ブロック経済やろ。
一世一代の大博打したったんや、

250 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 15:56:09.76 ID:29K8xFo50
>>227
勝つって何かね?
当時の中国軍を全滅させろと?

251 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 15:56:54.74 ID:QB5YOewY0
今でもなんも変わらん
電気系の大手でも転進中だろ

252 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 15:57:07.00 ID:GWIrABDA0
>>236
絶対に負けない為の戦術、戦略、事前準備の大切さを怠ったからな
支那大陸進出も宣伝を上手くやりゃ、欧米だって支那進出やって足場を
固めてたんだから大義名分は立った
日露戦争での欧米世論を誘導するスパイ活動みたいなのはやってなかった
黄渦論の影響でできなかったのかもしれんが

アメリカ大統領が、反日親中共産主義者のルーズベルト2号になった時点で
戦略を練り直さなきゃならなかったが、押して引いての外交交渉ができず
強硬論一本になってしまったのがな

253 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 15:57:21.13 ID:ZzBnH33f0
>>231
どれほど困難で時間が必要でもしっかり進めていきたいもんだけどな
芯から迎合することを良しとするような国でいたくないものだ

254 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 15:59:45.05 ID:1/BeZpBe0
そうかんがえると
今の北朝鮮の外交戦略はすごいな
これでアメリカが北を本気で叩いたら、一方的な弱い者イジメなるし
だからといって北朝鮮も黙ってないでミサイル撃ちまくってバンバン挑発してくる
やっかいだわ

255 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 15:59:59.88 ID:GaOOM9vm0
中東及び北アフリカ英軍の命綱であり、援蒋ルートの主要路であった
インド洋に見向きもせず
援ソルートの北太平洋も見て見ぬフリ
ある意味ドイツの足を終始引っ張っていたのが帝国海軍

戦略というものを全く理解できていなかった

256 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 16:01:01.96 ID:0dgjWUQ60
>>252
順番が逆だぞ
日中戦争や軍縮条約脱退などでアメリカの安全保障を脅かす動きを見せたからルーズベルトが反日になったんだよ

257 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 16:01:26.60 ID:GWIrABDA0
>>254
瀬戸際外交を、あんだけ長く続けてるのもあそこだけだな
中共と露助からの後方支援があるからやれるんだろう

258 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 16:01:27.70 ID:Q+UNkIOv0
>>206
今も昔も、日本人にはそういうのは無理。
福島原発事故の責任で誰も裁かれていない現代日本は、本質的には何も変わっていない。

経産省や東京電力の責任者が、各数人は刑事責任を問われるべきだった。

259 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 16:01:37.55 ID:eaGgtD0Q0
>>1
「軍を持てば戦争したくなる」
「英霊を必要としない社会が幸せ」

こういう具体性皆無なパヨクお得意の非武装中立・反戦平和論が
失敗から教訓を得る事を阻んでいるんだろうに

とりあえず変態新聞は100人斬り虚報で人を死刑台に送った事を総括しろよ

260 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 16:02:04.75 ID:thVMs4AB0
>>253
巧みな対米戦略があるからこうやって経済成長して戦争にも
巻き込まれずネトウヨみたいな極楽とんぼが生息できるわけだが。
ネトウヨは麻生が好きな割に麻生の爺様の吉田翁の功績を知らんらしいな。

261 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 16:02:08.26 ID:tu3gP6t80
まあなんとかなるだろうで始めた結果
今も昔も変わらん

262 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 16:02:38.87 ID:DEDkr0JIO
真珠湾の時に第3次第4次と航空攻撃を繰り返し、後続主力部隊が艦砲射撃でホノルルを徹底破壊。米側の艦船要員を全員捕虜にしてたら勝機があったのでは?
山本、南雲、草鹿があっさりとしていた人格的なものが問題かなと感じる。
今でもそうだが、個人の美意識を持ち出す奴を偉くさせてはいけない。

263 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 16:02:52.30 ID:0WJRiu33O
>>183
それは違うと思う


ゾルゲ事件で尾崎はコミンテルの指導で戦争に誘導したと言ってるじゃん。

264 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 16:03:44.26 ID:2LWTjGZd0
>>254
周囲の国は本音では崩壊してほしくないと思ってるなかで
着実にSLBMへのステップを上ってきてるからなwww

あとは小型原子爆弾の地下核実験で完了するだよwww

265 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 16:03:58.83 ID:GWIrABDA0
>>256
その辺の駆け引きはロンドン軍縮会議で、いくらでも修正できる時間はあったが
その努力を怠ったのはいただけんな
海軍機、軍艦の保持比率で揉めまくって1%の比率でさえ一歩も引くな!とマスゴミ世論も
軍を後押ししてただろ

266 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 16:04:20.29 ID:ZzBnH33f0
>>258
福島原発は今からでも遅くないから刑事責任を問うべきだな

267 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 16:05:15.60 ID:1/BeZpBe0
>>257
自分が2ちゃん始めた10数年前から北はこんな感じで
各板で叩かれまくって蛇蝎のごとくきらわれてたけど
代替わりした今も同じだから恐ろしい

268 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 16:05:34.09 ID:0dgjWUQ60
>>262
ハワイにどれだけの戦力と防備があると思ってるんだ
航空機の奇襲だから成功したわけであって沿岸に近づいたら要塞砲で返り討ちだぞ

269 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 16:06:07.43 ID:ZzBnH33f0
>>260
> 巧みな対米戦略があるからこうやって経済成長して戦争にも巻き込まれず…

それはその通りだし、吉田茂の功績を知らんわけでもやったことを否定するわけでもないけど
なんでそれを俺に言うのw

270 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 16:06:35.89 ID:oDtxJCob0
主婦たちに竹やりを持たせて完全武装のアメリカ海兵隊に突撃させ、
B−29は精神力で撃墜する、と。これが東條閣下の大戦略でした(笑)
そして日本が負けたのは政府、国民が意気地が無かったからだ、
と東條閣下は言いました。ま、気が狂っていたのですよ。

東條英機陸軍大将は当時は総理大臣・陸軍大臣・陸軍参謀総長であり、
更に文部大臣、外務大臣、商工大臣、軍需大臣を兼任、歴任
権力を一手に収めて「東條幕府」と呼ばれる独裁政治を行っていました。
ある日のこと、東條閣下がある部隊を訪問。高射砲担当の兵士に聞きました、
「今アメリカの飛行機が飛んできたらどうするか?」、と。
その兵士答えて「訓練で教わった通り、弾丸を込めてよく狙って撃ちます!」
東條、「違う!精神力を込めて撃てば敵機はみんな墜ちてくる!」
東條閣下にB−29を任せておけば東京大空襲も原爆も無かったでしょうね(笑)
昭和20年6月に制定された国民義勇兵法では、本土決戦があった場合、
男は15歳〜60歳、女は17歳〜40歳まで2800万人を招集し、
軍と一緒に戦わす計画でした。武器は各自が持ってこい、と。
刀、槍、弓矢、竹やり、くわ、かま、、、もう無茶苦茶です。
こういう男が当時の日本を牛耳っていたのです。ひどいものですね。

271 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 16:07:45.28 ID:h0RBb3Y70
裕仁は戦争犯罪者。日中戦争と日米戦争は北東アジアの共産化と原爆の人体実験のための戦争。米内光政と山本五十六は引き金を引いた。裕仁は日中戦争と日米戦争で日本人300万人を虐殺し金儲けした。戦後田布施朝鮮部落民でカムフラージュさせ密入国韓国人に日本人を支配させた

272 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 16:07:48.49 ID:DEDkr0JIO
>>258>>266
非常用電源を海辺りに置き直した事業所責任者が、死んだからと救国の英雄みたいに崇め奉られているのは日本独特なんだよね。

273 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 16:09:19.92 ID:ua2KWFDG0
>>254
北朝鮮は生かされてる感じだね

韓国も中国も統一を望んでないし、日本も半島が揉めていることを期待している
適度に金ちゃん暴れている方が、日本や韓国の軍関係者には都合良いだろうし
だから、安倍ちゃんなんかわざわざ制裁解除で延命援助するくらいw

274 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 16:09:25.60 ID:1/BeZpBe0
10数年前に2ちゃんのやつらは
北なんて来年には崩壊なんて言ってたけど
それどころか年々発射するミサイルの量は増えるし
核実験やロケットまで打ちあげてるんだけどw

275 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 16:09:48.04 ID:EgO3oVQ50
>>270
GHQの失敗は東條の断罪を日本国民にやらせなかったことだな

276 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 16:10:29.92 ID:3Lvk7WzT0
北進だろうと南進だろうと、どちらにしろ勝てなかっただろう
戦ってはいけない相手と戦い負けた
侵略してはいけない侵略をした。
それが敗因だろう。
そして、失敗した時のことを考えていない無謀な戦いを挑んだ
それが過ちであり敗因だろう

277 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 16:11:30.52 ID:thVMs4AB0
東条英機
「物には限りがありまするが、ただ無限にして無尽蔵なのは
この精神力なのであります。 」
なんで池沼が陸大卒業して総理大臣やってたんだろw

278 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 16:12:34.81 ID:dKOgpHI40
太平洋戦争ってなんだよ
まぁ朝鮮人と関わると全てが腐る

279 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 16:13:02.34 ID:Og01CeLR0
成功していないんだから失策であることは議論の余地が無い当たり前のこと。
どうすれば成功できたかを語れよな。

「非植民地か一等国か」の選択を迫られる情勢の中で、一等国への道を歩む決断をした。
しかし大前提の基本ルールが「有色人種の一等国は認めない」というものだった。

当時、「国際社会に参加する」というのはどこかと「国際条約を締結する」ということ。
「国際条約」はもともと「植民地獲得のルール」がルーツ。
「獲る側に回らなければ獲られる」世界だった。

この難しい情勢で軍事力によらず、実質的な、も含む非植民地にならずに済む方法があったかを検証してみろ。

280 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 16:13:31.63 ID:DEDkr0JIO
>>268
普通は要塞砲より艦砲の方が射程が長い。
また、遠距離に可動する艦船を要塞砲で狙い打ちして撃沈した例は少ない。観測拠点が置けないからなお難しい。
逆に可動する艦船から固定されている要塞砲を狙うのは陸地が動かないので楽だし。
それにハワイって第一次、第二次の攻撃で反撃能力は沈黙したはずだよ。

281 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 16:13:31.95 ID:2LWTjGZd0
>>270
信義信条のために命を捨てるのが東北人の心意気なんだわ
白虎隊に彰義隊
竹やり上等なんだよ

クソマジメw

282 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 16:13:41.09 ID:o4RMoorL0
>>236
また戦争を仕掛けられても絶対に負けるなとも言える。シナの侵略に対応している日本政府は宥和政策を堅持してる。

283 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 16:15:20.32 ID:0dgjWUQ60
>>280
本気で言ってるのかよ
ハワイには大和の主砲すら上回る超射程の16インチ砲が配備されてるし
陸地からの観測なんて事前に全て終わっててオマケに揺れが無いから精度も圧倒的に上だぞ

284 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 16:15:41.77 ID:GaOOM9vm0
ハワイなんか攻略したからと言って米軍が講和に乗るとはとても思えん
むしろ補給で苦労してガ島と化した可能性が高い

285 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 16:17:40.81 ID:thVMs4AB0
>>279
仏印進駐しないで、日中戦争時に対米交渉初めて譲歩しつつ
停戦してればそれでその場はしのげるだろ?
大東亜戦争にならずに欧州がドンパチやってるのにうちだけ平和
状態になれば物凄い経済発展と技術発展くるぞ。

286 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 16:18:58.19 ID:i8SALB450
>>1
「共有」も何も突撃しかしないで防衛にまったく論拠おいてにないバカ日本人が何も出来なかったのは今更

287 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 16:20:33.07 ID:DEDkr0JIO
>>283
主力部隊の所在を米軍が掴んでいたという史実は無いんだけどね。「観測済」って何のこと?

288 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 16:22:33.46 ID:0cwGMmSn0
ハワイ攻略してたら全然違うね 米はオーストラリアを
拠点にするしかない したがってソロモンあたりで
いい勝負してたのでは

289 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 16:22:40.83 ID:NUBeFF+K0
何をいまさら
結果論でグダグダ言うクズは昭和の時代でもう消えた。

ミッドウェイで大ポカをしなければ、太平洋側西海岸の全ての米造船所と、パナマ運河の破壊で日本の講和勝ち。

290 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 16:22:54.58 ID:93MJg0Hi0
>>270
愚直で融通が効かない日本人ばかりなのに対して、アメリカ人はその逆だった。
それはどうしてか?
答えはわかるよね。幼少時からイエズス様の教えで心を練ってるものだから
柔軟な思考ができるようになってるんだよ。
 
南雲中将を負かしたフレッチャーは、特に優秀というわけでもない
飲んだくれだったそうだ。アメリカ人の中では評価の低い者にすら、優秀であると
言われていた南雲中将が、愚直で融通が利かず、太刀打ちできない。

291 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 16:23:01.09 ID:0dgjWUQ60
>>287
固定砲台はどの方位にどの角度で撃てばどこまで飛ぶっていうデータを入念に取るんだよ
だから敵の位置さえ見ればいちいち計算する手間が大幅に省ける

292 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 16:25:16.06 ID:BdApqBZ00
ゲーム脳多いな

293 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 16:26:05.94 ID:thVMs4AB0
そういや、薩摩のへっぽこ砲台にイギリス東洋艦隊が
まさかの判定負けしてたもんな。
何処に砲台があるかわからず砲台の真ん前で泊まってた船もあったとか。

294 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 16:26:20.39 ID:6GlVjI650
陸のそこから動けない固定砲より任意の自由位置から撃てて
奇襲も可だし、しかも離脱もできて常に戦いの主導権を握れる艦砲射撃が上
これは戦術の上で常識中の常識

295 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 16:26:25.98 ID:93MJg0Hi0
>>290
(続き)この国は国を挙げて精神年齢を高めて行かないといけないんだよ。
球児や力士がそのスポーツの外骨格を被って、それを己の人格とするというようなこと
や、才能もないのにかっこいいかわいいだけでもてはやすアイドル文化が
消える、廃れていくというのが今後の指標になるんじゃないかな。

296 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 16:27:41.80 ID:eaGgtD0Q0
>>270
でっていう

まともな議論が出来ず精神論や感情論やキチガイとも言えるような狂った論理が罷り通ってしまうのは
現在日本も大して変わらん

297 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 16:29:06.11 ID:6GlVjI650
>>291
逆逆
固定砲台は移動できないから常にどこに位置するってのが分かられるから
観測の手間が大幅に省けるくらいカモにされる
普通に考えたら理解できるだろ?

298 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 16:29:50.46 ID:7JFLR7530
明治の頃の軍隊について勉強した人は覚えていると思うけど

日本陸軍 ・・・ ドイツを手本にし、ドイツとの結びつきが深い

日本海軍 ・・・ イギリスを手本にし、イギリスとの結びつきが深い

つまり、まったく別の国とつながっているわけ。これは今でも引き継がれている

299 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 16:30:14.75 ID:hU7zjQQi0
次は勝つぞー!!

300 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 16:30:37.47 ID:0dgjWUQ60
>>294
射程と精度による主導権を持ってるのも奇襲をするのも砲台だぞ
まさか徹底的に隠蔽と装甲化されてる砲台の位置が最初から筒抜けだとでも思ってるのか

301 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 16:31:07.46 ID:2LWTjGZd0
現実主義の薩摩「勝てないでごわす」
陽明学知行合一の長州「今は勝てないから次節にすっとが上策」

糞トウホグ「勝つ! 信義の為に死すこそ無上なり」 
       ←威勢の善い事言うやつだけ結果軍上層部に残る →破滅の美学突っ走るw

302 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 16:31:25.99 ID:93MJg0Hi0
>>295
(続き)思えば戦後の日本は何をやってきた?精神年齢を高めるというよりも
理系を重視し、理科だ数学だ、と昆虫の育成をしていたと言っても過言ではないだろ。
知識はあるが精神年齢が低い者だらけの国。ネットが普及してから、精神年齢
の成長の傾きは少し角度を上げて上向きになってはいる。

303 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 16:33:26.43 ID:rTk7x01U0
>>262
追加攻撃を止めたのは敵空母の位置がわからなかったからだよ
真珠湾を攻撃してる時に後ろから攻撃されたらひとたまりもない
もともと真珠湾攻撃は敵空母の撃滅が目的だった
だから山本五十六は戦果に不満だった
はっきり言ってしまえば真珠湾は失敗だった

304 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 16:34:13.71 ID:Og01CeLR0
>>13
中国戦線を講和に導き、その講和の実施で世界に日本の抑制的な姿勢と防共の姿勢を示す事で国際社会に復帰する。
これが勝ち、ほどではないが負けではない結果。

この目的達成に必要だったのはアメリカが蒋介石に続けていた援助物資の遮断。
これができれば蒋介石を講和の席につけることができた。
アメリカはハワイ経由で物資を送っていた。
これを短期でも止める事ができれば中国戦線を終わらせることができた。
だが、アメリカはそれを読んでいたので、オーストラリアのポートダーウィン経由で間断なく援助を続けた。
日本が「無謀」と言われるほど南洋深く進まなければならなかったのはこのため。

この大きな目的については「反軍国主義」に染まって片側検証しかできない間に、GHQと東大が丹念に情報を消去した。

305 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 16:34:30.82 ID:oeXM9jzn0
ウェーク島ではたった6門の小口径砲相手に大苦戦してるぞ

306 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 16:34:38.19 ID:YcRgZYbs0
世界的にみると、」
独裁者あるいは独裁政権の首班は、彼の軍隊での地位が高いほど小者

ヒトラー    伍長  超大物
ムッソリーニ  軍曹  大物
カダフィ    大佐  中堅
東条      大将  小者  

307 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 16:34:46.08 ID:nzI8N9CG0
少なくとも、ルーズベルトが日本と戦争したくてたまらなかったって時点で
日米開戦はやむを得なかったし
早めにすべきだった
開戦より引き際が駄目だった

308 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 16:35:58.44 ID:r8Dw5U520
>>13
アホ右翼だから何も考えてない
ネトウヨもそうだろ?

309 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 16:36:07.49 ID:6GlVjI650
>>300
なにいってだ
たとえば夜間や霧の中で撃ち合うとして
自分の固定位置が知られてるほうが不利に決まってるだろ?
むしろ、固定も砲台は一度観測で位置が分かられたら
逃げようがないから的になるだけ
艦からしたら自分の現在地さえ分かれば移動できない固定砲台なんて一方的に撃てるんだし

310 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 16:36:29.29 ID:rTk7x01U0
>>306
リビアは軍人の最高の地位が大佐だからだよ

311 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 16:37:50.59 ID:03EvHdV00
歴史上に戦争はいくつもあるのに
太平洋戦争だけが悲劇ですか?

312 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 16:38:22.92 ID:0dgjWUQ60
>>309
沿岸砲ってのがどういう物かわかって話してる?
大口径砲ともなると軍艦の装甲よりも厚い鉄板に防備された要塞だよ?

313 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 16:40:03.18 ID:/Gqsf6lr0
>>270
私は無知でバカですから詰ってくださいと言わんばかりのレスだなw
主婦に竹槍の国民義勇戦闘隊は名前こそ勇ましいが、別に軍の管轄でもない補助戦力だぞ。
主力は一般師団に『根こそぎ動員師団』だが、根こそぎ動員師団でもそれなりに戦力は充実してる

第一次兵備沿岸配備師団編成
守備任務連隊×3
人員3850名 重擲弾筒160、軽機関銃81、 重機関銃54、短機関銃72、歩兵砲18、37mm速射砲4
反撃任務連隊
人員3207名 重擲弾筒111、 軽機関銃54、重機関銃24 、軽迫撃砲12 、山砲8
師団砲兵
10cm榴弾砲10、20cm噴進砲36
師団速射砲隊
47mm速射砲12

第二次兵備機動打撃師団
機動打撃歩兵連隊×3
兵員4368名 重擲弾筒112、軽機関銃108、重機関銃48、短機関銃96、山砲4 、12cm迫撃砲16
迫撃砲連隊×1
12cm迫撃砲36
野砲連隊×1
7.5cm野砲24 、10cm榴弾砲12
師団機関砲隊×1
20mm連装高射機関砲9
師団速射砲隊
47mm速射砲12

日本軍が本土決戦用に準備した兵器は下記の通り

(戦後に米軍が本土で接収した日本軍兵器)
砲兵(40mm)37514門
砲兵(40〜50mm)2606門
砲兵(60〜79mm)4216門
砲兵(80〜99mm)4693門
砲兵(100mm) 4742門
その他砲 38262門
軽・重機関銃 186,680丁
小銃 2,468,665丁
戦車 5,286両

わずか400門の砲と27両の戦車が沖縄で米軍に50,000名以上の死傷者を出させたんだから、まともに戦えば天文学的な損害を米軍に与える能力はあった。

314 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 16:43:03.43 ID:thVMs4AB0
>>313
米軍の兵力計算してから間抜けなこと言えよネトウヨ
そんなんじゃ全然足りないんだよ。
もう石油も食い物も弾丸作るインフラもないんだよ。

315 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 16:43:26.15 ID:6GlVjI650
次に右に行くか左に行くかも予測できない艦船と
艦船側が自分の位置さえ分かれば着弾点がいつでも計算できて
相手は逃げようがない固定砲台とが戦えば
どっちが勝つなんて言うまでもないわ

バカみたいな理屈を垂れ流すなよ

316 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 16:43:48.94 ID:/Gqsf6lr0
>>306
独裁者と総理大臣比べて何したいんだ?

317 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 16:43:56.81 ID:NAFcqHJi0
>>313
弾はありますか…?

318 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 16:46:27.20 ID:0dgjWUQ60
>>315
オスロフィヨルドの戦い知らない?
ドイツ艦隊がノルウェー沿岸要塞と撃ちあって完敗した海戦なんだけど

319 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 16:46:36.16 ID:3TkRTpEw0
戦争をマネージメントする能力に劣っていた。
精神力に頼りすぎて、冷徹な論理による行動を低く見る傾向があった。
昇進させるべき人物評価を、努力面に注目しすぎて、能力・実績を軽んじる傾向があった。
大胆な登用が出来ずに、年次にこだわり過ぎた。
総じて、最上部の能力が低く、下部にいくほど能力が高い傾向があった。
ダメージコントロールが低く、戦死者数が増える傾向があった。
セクショナリズムが激しすぎて、全体をコントロールできなかった。これは、今の官僚組織でも
変らないので、修正は不可能だと思う。民族としての特徴なので、無理。

320 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 16:47:10.41 ID:UfNEeYiv0
今の民進党議員がこのレベル、
政治家ではない、ただのアホ。

321 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 16:48:19.98 ID:+23DVqNYO
>>303
何のために策敵してるんだよ
バカな指揮官が攻撃機を増やしたいから策敵を軽視して、攻撃可能な位置にいた空母を見逃しただけだし
真珠湾の基地機能と引き換えなら空母を半分失った所でお釣りが来るわ

以後真珠湾攻撃と同等の空母戦力を投入した作戦を日本は行ってはいない
開戦直後だからやれる事があると分かって無いのに、真珠湾攻撃を決定したようなアホばかりだったわけだな
そりゃ、こんな無能しかいない海軍に金を掛けていたら、勝てる戦にも勝てないわ

322 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 16:48:41.10 ID:aK0MfZJ+0
それ以前に海軍との情報共有を怠った組織がありますよね、軍縮会議とかで

憲政会って言うんだけど

323 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 16:48:56.04 ID:2LWTjGZd0
>>313
高空からB29で爆弾を山と落とされたら意味ないダロw

324 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 16:49:45.69 ID:CEGZz1lf0
>>228
石油が減っていくことが怖かったから、外交レベルの持久戦って、ジリ貧だという判断だったんじゃね?
ハル・ノートを受け入れても日本が実行し終えるまで禁輸は続くだろうし、
実行しても難癖はつけてくるだろうね。

大量破壊兵器は無いと言っていたイラク。それを信じないで戦争しかけてやっぱり無かった。テヘッ!
そんな国だからな。w

撤退したといった日本。それを信じないから調査するとか、調査団の結成に時間がかかってるとか、
調査中ですなんか怪しいから回答しろとか・・・延々と難癖をつけて禁輸を続けるとか。ww

日本人がどこかで切れると思うわ。そこまでイギリスが保つかどうか。w
アメリカも自称義勇軍のフライングタイガースを本格投入するだろうから、
先に手を出すことに成るんだが・・・・。

325 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 16:49:52.68 ID:aK0MfZJ+0
>>323
高空から落としても当たらないぞ

326 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 16:49:54.43 ID:3TkRTpEw0
>>313
アメ工をもっと殺したかったな。
原爆の在庫はなかったはずなので、通常戦闘で沢山殺せた。
そうすれは、今のような情けない状態にはなっていない。
朝鮮人も処分できていた。

327 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 16:49:58.18 ID:NAFcqHJi0
>>321
だって油が無いから(震え声)

328 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 16:50:04.38 ID:0cwGMmSn0
砲台vs軍艦は天気や数、航空機支援とかで左右されるのでは
そうでないなら、殴り合い

329 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 16:50:20.70 ID:Og01CeLR0
>>285
アメリカの目的忘れてる。
アメリカはイギリスを助け、ドイツを叩きたかった。
だが国民世論が反戦だった。
そこで日本相手に「リメンバーxxx」作戦をしかけた。

ドイツが勝って欧州はドイツが統一、極東では無傷の日本が!
なんて情勢をアメリカが許すはずもなく、日本が譲歩するならその3歩先を要求することで、
日本を参戦に追い立ててきただろう。
その場しのぎを許さない目的で石油禁輸までしたんだから、時間の経過で日本の情勢は悪くなる一方だった。

330 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 16:50:28.55 ID:93MJg0Hi0
>>319
人間を観る目もメクラの国だろ。
横山ノックや舛添のようなのを神輿に載せるんだぜ?
封建思想から派生してでてくる太っ腹を装った甘やかしで
田吾作が田吾作議員を神輿に載せるしな。

331 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 16:50:29.41 ID:ePoQqUS30
情報戦でも負けてたな
暗号が”明号”だもんな

332 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 16:51:20.60 ID:DEDkr0JIO
>>290
米海軍史上の謎人事なんだが、ミッドウェーではフレッチャーが司令官だったのに、この戦いの後に更迭されてアリューシャン方面の防衛部隊に飛ばされている。
それでいつの間にか相手方の司令官はスプルーアンスになって後々栄進を重ねている。
「呑んだくれ」が英雄とするのは米国にとって都合が悪かったのかもしれないね。

333 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 16:52:32.88 ID:aK0MfZJ+0
アメリカ軍なんて物量があっただけで日本軍より内輪揉め多いぞ

334 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 16:53:20.76 ID:NAFcqHJi0
>>333
結果が全てだぞ

335 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 16:53:36.99 ID:+23DVqNYO
>>326
当時の国家総動員体制は朝鮮や台湾も含めての総動員だったのを知らないのか?
無知にも程がある。戦力として当てにしてる朝鮮人や台湾人を殺して何をやるつもりなんだよ

336 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 16:53:39.26 ID:VIezFuTY0
睦仁親王・大室寅之祐・明治天皇・フルベッキ写真
https://www.youtube.com/watch?v=A53HERD9Sd0
.
追悼 今井雅之氏ご講演 ユダヤ人「お前ら日本人は罠にかかったんだよ」
https://www.youtube.com/watch?v=HhzTYMHtbJ4
.
デーブ・スペクターとタルムード (宗教面から見る偽ユダヤ人の行動様式)
https://www.youtube.com/watch?v=mOh7_Gm2pkA
https://www.youtube.com/watch?v=c_3cEMt6-C4
https://www.youtube.com/watch?v=QFK9ihpEOkQ
.
偽天皇と田布施システム【The False Emperor】
https://www.youtube.com/watch?v=BNLdWvMNSuU
.
明治維新の真実  佐宗邦皇
https://www.youtube.com/watch?v=Lv_xSpx1lxQ
.
【やりすぎ都市伝説】坂本龍馬 フリーメイソン説「日本の歴史の裏側にあったありえない都市伝説
https://www.youtube.com/watch?v=UXHIiGAFN_8
.
明治維新は間違いだった!長州はテロリスト集団=ISIS(イスラム国・ダーイシュ)のようなもの【原田伊織『明治維新という過ち』】歴史ミステリー
https://www.youtube.com/watch?v=HDY5qzzyx0w

太田龍_大室寅之祐をすり替えて天皇にした
https://www.youtube.com/watch?v=QP2H4tgeU2s

太田龍_偽情報が、日本人に徹底的に刷り込まれています
https://www.youtube.com/watch?v=Wwg4I7NIhg8

日本人が知ってはならない歴史
https://www.youtube.com/watch?v=GWP4eoseFMU

らっきーデタラメ放送局★第112回『世界は八百長!世界の戦争シナリオ集!』
https://www.youtube.com/watch?v=LUR7dA6IHlc
.
昭和天皇ヒロヒト&財界の為の戦争 アヘン事業 侵略ビジネス
https://www.youtube.com/watch?v=dzr-0siF5HU

【1945 8/15】鬼塚英昭 日本のいちばん醜い日
https://www.youtube.com/watch?v=T_Vp_OYvrZg

昭和天皇「原爆投下はやもうえないことと思っています。」
https://www.youtube.com/watch?v=cd1cKDftv-I
https://www.youtube.com/watch?v=tCnU10LI6XA

337 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 16:53:44.94 ID:2LWTjGZd0
>>325
硫黄島では島の形が変わるほど弾薬落したそうだ
少なくとも地上の兵器は跡形もなくなるよ

338 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 16:54:09.05 ID:ZxZRq/PP0
前スレでイギリス軍が圧倒的に強かったといってデータ貼ってるのが
あったけども
インパールなんて言うのは戦争末期で日本も物資補給がないから負けたんだと
それをその前に書いているのだが?

インパール作戦 - Wikipedia
https://ja.wikipedia.org/wiki/インパール作戦
インパール作戦(インパールさくせん、日本側作戦名:ウ号作戦(ウごうさくせん))とは、1944年(昭和19年)
3月に日本陸軍により開始され7月初旬まで継続された、
援蒋ルートの遮断を戦略目的としてインド北東部の都市インパール攻略を目指した作戦のことで ...

339 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 16:54:13.36 ID:YcRgZYbs0
士官養成学校、日本では幼年学校、兵学校など出身者は
よく知る仲。 ♪貴様と俺とは同期の桜・・・・
でもって信賞必罰とは真逆の傾向、
作戦や指揮がへたくそでも栄転したりして、
ダメリカでは、有能な指揮官はよく抜擢されたのとちゃう?

340 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 16:54:30.01 ID:vOAAMj5b0
ハイオク精製能力ないのに戦争やるから

341 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 16:54:57.84 ID:1TdZwZ1A0
>>238
鳩山の東アジア共同体に反対が多い今でも無理やねそれ

342 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 16:55:01.20 ID:NAFcqHJi0
>>338
ロジスティクス無視して強いもクソも無いんだよなあ

343 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 16:55:25.15 ID:XcAuaLXxO
>>333
日本海軍のは内輪揉めとか言うレベルじゃないよサボタージュだよ

ガダルカナルに敵はいませんって陸軍送り込んだ時には
大軍が居たこと知ってたけど教えなかったり

344 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 16:55:39.72 ID:aK0MfZJ+0
>>334
結果から導きだした原因が間違ってるという話だぞ

アメリカ軍の勝因は物量と経済力
それ以外は日本軍以下の馬鹿軍隊

345 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 16:56:05.38 ID:xFTOoavp0
まあ、ハワイは艦砲射撃で無力化できたわけでございます。海軍の腰が引けてたため
主力戦艦を投入しなかった。なぜならハワイの砲台はロングレンジですが露天なので
空爆に弱い。よって空襲し射撃管制を奪った状況で射程ギリギリから艦砲射撃。
それでよかったわけですw

346 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 16:56:11.51 ID:+23DVqNYO
>>340
じゃあ、レギュラー満タンで

347 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 16:56:59.79 ID:7d+IMuxR0
常識的に考えて陸海軍で情報共有とかありえないだろ・・・
何言ってるんだこいつ?w

348 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 16:57:20.32 ID:wal12EfX0
>>340
アメリカの精油工場鹵獲したから問題ないw

349 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 16:57:23.87 ID:fRAECOGb0
>>338
牟田口がアホだから負けたんだよ
今で言う韓国スワップ土下座外国安倍ちゃん

350 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 16:57:30.28 ID:aK0MfZJ+0
>>337
地下壕なんか日露戦争からあるのにアメリカ軍は戦訓を何も学んでない馬鹿軍隊だな

だからあんな小島一つに大損害を出す

351 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 16:57:53.09 ID:vOAAMj5b0
>>346で二割馬力落ちの不良燃料でボコられました

352 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 16:57:55.03 ID:NAFcqHJi0
>>344
あの時代きっちりロジスティクスを確立してたのアメリカ軍だけなんだけど、何をもってアメリカを無能とするのか分からないなあ
そもそも下士官の質兵士の質どれを取ってもアメリカの方が上だろ、どの部分が日本の方が優れてたなんて妄想に発展したんだ?

353 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 16:58:39.17 ID:aK0MfZJ+0
>>349
インパール作戦は発令された時点で無理ゲーだから誰が指揮官やっても一緒だぞ

354 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 16:58:51.00 ID:fRAECOGb0
>>352
個々の能力は上でしょ
あれだけ戦えたんだから

355 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 16:59:47.76 ID:aK0MfZJ+0
>>352
物量で押し潰しただけで火力統制も戦略ルートもバラバラやんけ

356 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 16:59:48.14 ID:NAFcqHJi0
>>354
どこが?
そもそも殆ど餓死なんだけど

357 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 17:00:01.12 ID:0dgjWUQ60
>>354
ミッドウェーもソロモンも戦力的には日本優位だった時期に負けたんだぞ

358 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 17:00:05.40 ID:t2xwMGQh0
五十六の中途半端さ原因だ
ハワイ奇襲後に機動部隊がインド洋に出張ってるんだぞw
アホすぎて話にならないわ

359 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 17:00:11.02 ID:+23DVqNYO
>>350
だから本土決戦の時には米軍はマスタードガスの使用を決定していた
ちゃんと学んでいたんだよ

360 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 17:00:35.51 ID:XcAuaLXxO
>>347
台湾沖航空戦で米機動部隊壊滅!
ってやって
陸軍が騙されてレイテ島救援に満州から虎の子の第一師団投入

何故かそこには壊滅したはずの米機動部隊が!?

洒落にならんわ

361 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 17:00:49.34 ID:NAFcqHJi0
>>355
物量も兵器の質もアメリカの方が圧倒的に上なんですが
そもそも日本の冶金や鋳造のレベルの低さなんて今更語る事じゃなく当時の兵器見るだけで一目瞭然だろ

362 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 17:00:55.36 ID:fRAECOGb0
>>356
圧倒的多数、圧倒的物量、技術のアメリカ相手に最初は戦えてたじゃん

363 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 17:01:03.27 ID:LP/L046C0
手柄を競っていたのでは?
ライバルに手の内を明かさないだろう

364 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 17:01:06.80 ID:aK0MfZJ+0
>>359
そもそも有条件降伏で住んだので本土決戦の計画立ててる時点で無能

365 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 17:01:31.18 ID:NAFcqHJi0
>>357
ミッドウェーは置いておいてソロモンや珊瑚海はまだ戦えてたよなあ
その後は見る影も無いけど

366 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 17:02:09.65 ID:0dgjWUQ60
>>362
最初は日本のほうが物量多いんだよ
アメリカは大西洋こそ本丸だから向こう側に大量の軍保持しててその分は太平洋に割けないんだぞ

367 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 17:02:20.42 ID:HCfKvb/S0
牟田口廉也、辻政信は絶対許せないといっている人多いな
大半は亡くなってしまっただろうが

368 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 17:02:30.83 ID:aK0MfZJ+0
>>361
それが物量と経済力だけだと言ってる

実際、開戦前の米陸軍はWW1レベル
フィンランドにも勝てない

369 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 17:02:39.84 ID:thVMs4AB0
無能って零戦と搭乗員みてこれはうちではどうしようもないっていって
サッチ・ウィーブなる空戦法を編み出して、性能で劣る
F4Fでキルレシオ逆転したアメリカが無能とかいったら
源田某なんてのはどう評価すればいいのだろうか。

370 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 17:02:56.10 ID:ZxZRq/PP0
>>335
台湾も朝鮮もほとんど徴兵なんかされてないよ
特需の出稼ぎで日本にやってきた連中が給与未払いで騒いでただけ
おまけに戦後 済州島事件で不法入国したのが強制連行されてきたと嘘を触れ回った
松阪慶子の父も徴用じゃなくて出稼ぎだったのに途中で逃げ出した輩

371 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 17:03:11.86 ID:93MJg0Hi0
>>344
試験問題を解かせれば
日本軍とアメリカ軍では日本軍の方が点数は高かったろう。
明らかにアメリカ軍は日本軍より馬鹿だった。

ところが精神年齢は日本軍は12歳。アメリカ軍は25歳だった。
東條英機をして>>270だったのだから。

372 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 17:03:12.00 ID:7d+IMuxR0
>>360
それは正確な情報収集を陸軍が怠っただけだろ・・・
仕事でも人からの情報はまず自分で確認するだろw

373 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 17:03:25.77 ID:NAFcqHJi0
>>362
戦場童貞のアメリカ相手に初期の初期だけキルレシオ上回った時期があっただけじゃん
それは欧州戦線でも言えるし、特におかしくないわ

374 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 17:03:47.72 ID:fRAECOGb0
>>366
じゃあ日本も物量で勝ててたってこと?

例えば零戦みたいな欠陥品でエースパイロットがなぎ倒してたのは物量のせいなのか?

375 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 17:04:16.13 ID:aK0MfZJ+0
>>371
政治のレベルもアメリカと日本で大して変わらないぞ
大統領暗殺とか暴動とか普通に起きてるし

376 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 17:04:44.90 ID:NAFcqHJi0
>>368
その理屈はおかしい
F4Fにもキルレシオ負けてる時点で言い訳出来ないじゃん
P51にボッコボコにやられた事とは別でな

377 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 17:04:45.20 ID:0dgjWUQ60
>>374
実際ミッドウェーの頃には対零戦戦法であるサッチウィーブが編み出されて撃墜比率は逆転してるよ

378 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 17:05:02.94 ID:lEKVM3Rd0
現在の陸海空はちゃんと連係取れるんだろうか?

379 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 17:05:10.99 ID:BUUhbypx0
勘違いって怖いよねえ

380 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 17:05:24.98 ID:JeFusQMp0
アメリカとの戦争は失敗だったとしてじゃあどうするべきだったのかね?

381 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 17:05:35.63 ID:ZxZRq/PP0
インパールは英国は輸送機で物資補給できた。
日本はなかった 日本兵はほとんど餓死と病死だよ

382 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 17:05:54.99 ID:aK0MfZJ+0
>>376
開戦前の戦力で勝てないならゴミクズに決まってるだろ
経済力で戦力揃えただけの物量馬鹿

383 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 17:06:32.51 ID:aK0MfZJ+0
>>380
憲政会に政権を取らせない所から始めよう

384 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 17:06:40.27 ID:SYPApJC/0
 
どう見てもマスゴミが散々煽った結果だよな?

負けが決まると態度コロッと変えて被害者づらしてるしww

385 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 17:06:55.52 ID:fRAECOGb0
>>377
それは全体の情報収集能力、戦略が高かったからだろ
個々の能力とは別じゃないか

386 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 17:07:04.12 ID:vOAAMj5b0
https://ja.m.wikipedia.org/wiki/%E6%BA%90%E7%94%B0%E5%AE%9F
>>365珊瑚海から情報だだ漏れてたかも?っておっしゃってますが

387 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 17:07:47.57 ID:JeFusQMp0
>>383
遡っていくと黒船が来たところ辺りまで考えていかないといけないんじゃないかなって気がする

388 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 17:07:50.49 ID:QPSohiHF0
>>380
英蘭の植民地は攻撃しても米国領は直接攻撃しない。
米国に先に手を出させてそれを撃破。

389 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 17:08:31.60 ID:fRAECOGb0
>>380
満州鉄道の利権を譲る

390 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 17:09:06.17 ID:aK0MfZJ+0
アメリカの優秀な組織だのも、戦時に大学を空にして急遽動員した大学生等を使っただけ

結局物量だぞ

391 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 17:09:20.56 ID:ZxZRq/PP0
本土決戦もコミンテルンの画策だった 敗戦革命論 
ソ連が介入するまで戦争を長引かせる必用があったから
天皇の玉音放送をさせまいとしてた将校も社会主義者だった
>>270

392 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 17:09:22.65 ID:awFzbTAA0
>>223
卑怯なだまし討が普通なんだよ
スービック湾もメキシコ戦争も知らん無知は黙っとき

393 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 17:09:52.14 ID:93MJg0Hi0
>>375
それは表層だけしか観てないよね。大統領の暗殺や暴動というのをあなたは
「悪いもの」として語った。不義や理不尽を正そうとするものであるならば
それは「悪いもの」とは一概に言えない。つまり、そういうことがアメリカよりも
日本で多く発生していても、俺は日本を悪い、劣っている、とは評価しないよ。

394 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 17:09:55.99 ID:NAFcqHJi0
>>382
スポーツじゃないんだからそんな巨人に喧嘩売った時点で頭おかしい無能の証左だろ
条件が同じならーなんて子供の理屈
開戦前からそもそも冶金や鋳造、基礎研究の分野に至るまでアメリカに勝ってた分野なんてないだろ
もしかして大陸の時代遅れ兵器つかまされて逃げ帰ったマッカーサーだけ見てないか?

395 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 17:10:37.77 ID:NAFcqHJi0
>>386
戦果は拮抗してたから(震え声)

396 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 17:11:07.84 ID:xFTOoavp0
>>380

1)三国軍事同盟を結ばない
2)フィリピンとインドネシアとインドシナを占領した段階で調停工作
3)フィリピンと中国の一部をアメリカにくれてやる
4)英国支配地域の独立を陰から支援してしらばっくれる

397 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 17:11:22.84 ID:fRAECOGb0
>>390
事前に、意思決定機関の透明性がなかったから日本は対米戦では勝てないと米首脳が予測していたそうな

398 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 17:11:38.34 ID:awFzbTAA0
>>387
まー明治からの一か八かの戦争ばっかやってた
成功体験が仇になったのは間違いない

399 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 17:12:10.40 ID:aK0MfZJ+0
>>394
争う必要の無い島国相手に、ソ連に騙されて喧嘩売った国があるらしいぞ

アメリカって言うんだけど

400 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 17:12:17.40 ID:fRAECOGb0
>>398
一部の優秀な人たちの成功体験に依存してたからなあ

401 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 17:12:49.41 ID:QPSohiHF0
>>398
日清・日露はうしろに大英帝国がついていた。代理戦争に近いものだった。

402 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 17:13:05.68 ID:6GlVjI650
>>380
北進の一択でしょ?
ソ連をドイツと東西挟撃で屠ってイギリス降伏させてから
アメリカに逆におまえどうする?って喉元に東郷ノート?の匕首を突きつければよかった
むしろアメリカ世論も、そこから日本やドイツと開戦とはなるはずもないんだし

403 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 17:13:12.37 ID:Q2wKeD580
>>1
>長野県立歴史館の青木学芸部長

こんな『雑魚』がどうこう言う資格のある話じゃねえだろ
ゴミ滓はすっこんでろ

404 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 17:13:19.34 ID:gnmXSjMg0
毎日新聞は戦前も今もプロパガンダで国民を欺いてるよね。

405 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 17:13:22.13 ID:thVMs4AB0
意思決定機関の透明性どころかどこが意思決定してるかさえも分からない
状態でまさに烏合の衆ここに極まれりっていった状態でしたな。

406 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 17:13:23.43 ID:g2K9jFkg0
今でこそ軍の最高指揮権は総理にあるけど当時は違ったからね
軍人に好き放題させたらアカンってのが先の大戦の反省やね

407 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 17:13:27.73 ID:NAFcqHJi0
>>399
そういう認識ならそう思ってても良いけど結果は日本の負けだからね、現実見よう

408 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 17:13:57.33 ID:KwOZXvki0
悲劇から教訓 → 核武装一択

409 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 17:14:33.60 ID:BTbT/vYQ0
米英からしたら、日本は政府と外務省と陸軍と海軍でそれぞれバラバラな事言うし、一向に日中戦争停戦させないし
そりゃブチ切れますわ

410 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 17:14:35.95 ID:0cwGMmSn0
キルレシオ=能力差でもないから 殲滅戦だから
勝った側が総取りの数字が残るんだろうな

411 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 17:14:37.58 ID:ZQCSEnyT0
艦これ改の話で恐縮だが
制圧した地域が広すぎて
船がどんどん足りなくなって守りきれなくなってきて
こりゃ物量のない国がこんな事やってたら負けて当然だなと

412 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 17:14:41.14 ID:0dgjWUQ60
>>398
それもイギリスという後ろ盾があるからこそのギャンブルだったのに
ケツ持ってくれる仲間も無しに暴走したらそら破滅するよな

413 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 17:15:11.80 ID:QPSohiHF0
悲劇から教訓 → 対米芸者外交一択w

414 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 17:15:17.29 ID:awFzbTAA0
>>401
それ単純化のしすぎ
陰謀論のクリシェだね

415 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 17:15:22.35 ID:NAFcqHJi0
>>401
日露の時の日本海海戦なんて全部英国製の戦艦だからなあ
そういえば日本海軍が無能っぷりを露呈しはじめたのは旗艦を長門に変えた辺りからだし面白い

416 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 17:15:51.82 ID:awFzbTAA0
>>412
ケツ持ちは必要だよなあ

417 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 17:15:59.75 ID:aK0MfZJ+0
>>407
ところで門戸開放してくれるチャイナはどこに行ったんですかね
持っていたはずのフィリピンの権益はどこへ?

世界の警察がアメリカの戦略でしたか?

日本に勝って戦略で失敗してますよね

418 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 17:16:23.65 ID:OBf3lEwp0
当時の指導者が責任を問われるのは結果責任を当然だろうが
開戦自体は避けられなかったんじゃないのかね。
戦争が間違いなら、じゃあ正解はなんだったのか。

419 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 17:16:29.00 ID:wal12EfX0
ドイツが量産してる人造石油量産研究できませんした。
しょうがないから南方進出します
東條激怒するも止められず敗戦戦犯極悪人扱い責任全部おっかぶされて災難ね

420 :名無し:2016/09/01(木) 17:16:37.99 ID:jlnbzbgU0
誠意が大切、教訓より誠意
誠意を見せろ!

誠意は、円またはusドルのみ ウオン不可

421 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 17:16:49.75 ID:fzQaBPQb0
軍事力の差

これが圧倒的に

アメリカより負けたことや

情報戦もかな

422 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 17:16:49.95 ID:DEDkr0JIO
>>406
そうかな?
文官優位になかったからこそ非力な国力でも西太平洋全域を一時期制圧することができたんだと思う。

423 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 17:17:14.85 ID:xFTOoavp0
>>402
まあブリテン島に陸軍を送らなかったドイツが無能だったのね。
さっさと送ってればアメリカは参戦しなかった。空襲と空戦に徹して
なぜかイギリス人に手を出さないという不思議戦略。
理由はアングロサクソンとゲルマンは親戚という思い込みがヒトラーにあったようだw

424 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 17:17:24.27 ID:fRAECOGb0
>>418
開戦するならソフトランディングする見込みが必要だった
意思決定機関が一つであることが必要だった

425 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 17:17:32.72 ID:BTbT/vYQ0
>>402
独ソ戦で2000万近くのソ連兵が土に還ったというのに、それでも満州側につねに50個師団も置いてた
基地外ソ連に喧嘩売るとか、日米開戦より無策だよ。

426 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 17:17:51.59 ID:aK0MfZJ+0
>>423
ドイツにそんな海軍力無いぞ

イギリス本国艦隊は健在だぞ

427 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 17:18:08.22 ID:pmtb45ZK0
只の知ったかぶりの田舎バカ

428 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 17:18:16.96 ID:QPSohiHF0
日本海軍は、戦術に合理性がなかったと言われてるね。

429 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 17:18:28.02 ID:29K8xFo50
>>412
ドイツがケツ持ちだと錯覚して・・・・・
バスに乗り遅れるな・・・・・
そしてソ連を信用する始末

430 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 17:18:36.13 ID:DZRhXQOw0
>>423
ドーバー海峡舐めてるだろ?
ノルマンディーの時の連合軍すら
一歩間違えば失敗してた

431 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 17:18:46.99 ID:xFTOoavp0
>>426
いやフランスを占領してるから目と鼻の先なんですよw

432 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 17:18:50.13 ID:93MJg0Hi0
愚直や融通が利かない日本人の心を柔軟にするためには
武士道や修身や江戸仕草など、古ダンスから引っぱり出してきても
どうしようもないんだって。
八百万の屁理屈をこねて遠ざけてきた毒饅頭、キリスト教(カトリック)
におずおずと手を伸ばすこと以外に解決策はありません。

最後の1レプタ(50円くらい)を支払うまではソコ(愚直)から
出てくることはできないのですよ。

結論から言うとね。それまでああだこうだと蠢くだけ。

433 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 17:19:01.38 ID:NAFcqHJi0
>>423
ゼーレヴェはガチでやったけど結局負けましたやん

434 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 17:19:03.80 ID:pLWUW6Bm0
戦争せずに欧米の植民地になってたら今の日本や世界はどうなってたか、
綿密にシミュレーションして現在と比較してみないと失策かどうかわからんな。

435 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 17:19:18.51 ID:ngNT3+og0
>>1
つまり次は勝とうと

436 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 17:19:24.82 ID:aK0MfZJ+0
>>431
軍艦からも目と鼻の先だぞ

437 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 17:19:42.53 ID:0dgjWUQ60
>>431
バトル・オブ・ブリテンに敗北して海どころか制空権すら失ってるからその目と鼻の先に永遠に届かないんだぞ

438 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 17:19:54.34 ID:ngNT3+og0
>>434
誰がシミュレーションするかによるな

439 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 17:20:08.70 ID:xFTOoavp0
>>430
しかし急な作戦中止でドイツの将軍たちは歯ぎしりする以前に
呆れて大笑いしてたらしいw

440 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 17:20:26.22 ID:aK0MfZJ+0
そもそもドイツに雷撃機とか航空魚雷とか無いからイギリス海軍に手も足も出ないぞ

441 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 17:20:30.68 ID:thVMs4AB0
>>428
何を食ったらあそこまで無能になれるんだろうってぐらい
無能だった。

442 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 17:20:47.86 ID:1TdZwZ1A0
山縣らが大国主義を標榜したのが過ちだったな。あの時もう一つの選択肢を選んでたらどうなってたか

443 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 17:20:47.99 ID:CIvsCF420
>>403
無職のポスドクさん、こんにちは

444 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 17:20:52.54 ID:BSw0qpj70
ホントに歴史観の職員なんか?
大東亜戦争の呼び方をしない時点でもうダメ
正しい歴史を語るならGHQが押し付けた太平洋戦争の呼び方を止めたら?

445 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 17:20:55.88 ID:DEDkr0JIO
>>426
空域のバトルオブブリテンで負けても、ユーボートで小規模ゲリラ部隊をちょくちょく送り込んで、市民生活を掻き回しまくって疲れさせたら、民主政体だから弱かったと思う。

446 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 17:21:03.38 ID:lA2ftLoC0
だから次は勝たなくてはいけない

447 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 17:21:32.07 ID:NAFcqHJi0
結局陸ではソ連にやられ海ではイギリスにボコられたし、単なるフランス絶対殺すマンなのにドイツの過大評価っぷりがヤバイ

448 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 17:21:41.07 ID:aK0MfZJ+0
>>445
君主制国家だから無駄だぞ

449 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 17:22:05.39 ID:xFTOoavp0
当時すでに巨大戦艦の時代は終わっていた。航空機で殲滅できるから。
まあそれを最初に達成し世に示したのが日本海軍なのだがw
相手は英海軍の新鋭戦艦2隻w

450 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 17:22:08.24 ID:xWMPiCIO0
欧米の植民地主義も考慮してくれよ
歴史は別に20世紀から出来た訳じゃ無いし
それとも20世紀になってから神様が歴史の概念作られたのか?

451 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 17:22:21.10 ID:6GlVjI650
>>437
しかしイギリス本国軍もヨーロッパ本土へまともな兵力を送る余力はない
実質は無力化されたといっていい

452 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 17:22:23.68 ID:QPSohiHF0
>>441
日本海海戦の経験者とかが時代遅れの精神論振りかざして、合理的な意見を封じ込めたらしいな。

453 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 17:22:47.44 ID:s5MyK1GR0
>>444
いつも思うが、大東亜戦争=日中戦争+太平洋戦争であって、
対米戦の話をしてる限りはむしろ不適切だろ。

454 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 17:22:47.45 ID:Z2MCStOm0
>>402
欧州をドイツが席巻すると、米としたら経済的にかなりまずくなる。
アメリカはドイツを野放しには出来んから、ソ連が潰れる前にどうにか参戦しなきゃならんはず。

455 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 17:23:08.97 ID:NgBHNFGZ0
情報を得る事を軽視し分析が無い、点の攻撃と成功体験な精神論で突き進む。
挙句に陸海がバラバラに開発してコストと資源を浪費する。
欧米列強に翻弄された戦いで戦争は不可避だったとしても
当時の無能なマネジメントの不備で無残に散った英霊は数多いのは否めないな。

ところが、時代を経てもマネジメント側は歴史を学ぼうとしない。
今の雇用情勢なんぞ似通ってると思う。人材消耗戦の一途だしね。

456 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 17:23:41.50 ID:xFTOoavp0
というかこれ以上の戦闘は厳しいと判断したイギリスは謀略でアメリカを巻き込んだ。
ドイツ潜水艦にアメリカ輸送船を撃沈させた。まあ誘導したわけだなw

457 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 17:23:43.35 ID:3TkRTpEw0
>>330
アメ工が、一番恐れたのが、戦死者の増大。
50万人の戦死者というが、これにはMIA(戦時行方不明者)が抜けている。
その数は16万7000人、つまり、計67万7000人が正式な戦死者の数だ。
数が増えれは、アメの国内世論が騒ぎ出す。
つまり、講和の可能性出てきたんだよ。
もっと、沢山アメ工を殺すべきだった。
そうすれば、今のような朝鮮人の跳梁跋扈を許す事も無かった。

458 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 17:23:45.80 ID:lvAWITn40
>>435
どこと戦争して勝つつもりなんだ?

459 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 17:24:25.72 ID:93MJg0Hi0
>>432
(続き)愚直で融通が利かない日本人の心が、戦後、少しはほぐれた。
日本国憲法のキリスト教果汁3%入りのジュースを飲んだからですよ。
それ以外に「戦前の日本の八百万の愚」へのカウンターがないでしょう?
じっと考えたい。

460 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 17:24:49.07 ID:JeFusQMp0
この手の話って戦後ずっといろんなところでやってきたんだろうけど決め手がないよね
基本的には全部たらればの話だからそうなるんだろうけど

461 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 17:24:55.62 ID:ZQCSEnyT0
>>449
あんまり知られてないが
空母の運用技術を当時の日本に教えたのは日英同盟時のイギリスな

日本は師匠に牙を向いたんですよ

462 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 17:25:02.65 ID:vOAAMj5b0
https://ja.m.wikipedia.org/wiki/%E4%BB%AE%E7%A7%B0%E4%BA%8C%E5%8F%B7%E9%9B%BB%E6%B3%A2%E6%8E%A2%E4%BF%A1%E5%84%80%E4%BA%8C%E5%9E%8B
こんなものしか作れないから戦争に負けたと言われてますがwww.

463 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 17:25:57.16 ID:aK0MfZJ+0
>>461
航空偵察用の補助艦の使い方しか教えてないぞ

464 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 17:25:59.36 ID:kjIFwNMY0
戦争してなければ植民地てのはありえんわ
いざなればドイツ裏切ってまたイギリスにつけばよかった
そしたらアメリカも強くでれん
覇権争いしてるイギリスとアメリカを一体視したのかが謎

第一次世界大戦と同じやり方で大勝利だったろうに

465 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 17:26:05.33 ID:xFTOoavp0
当時のアメリカはドイツと戦うことに否定的だった。なぜなら関係ないし
そもそもドイツ系移民が多いからだw しかもモンロー主義で我関せずというのが
当時のアメリカの姿勢。イギリスはなんとしてもこれに火をつけねばならなかった。
なぜなら滅亡するからw

466 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 17:26:24.34 ID:YuXeNwdd0
戦争に負けて良かったと思うよ。
もしアメリカに勝ってたら、日本は北朝鮮化してたと思う。

467 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 17:26:50.04 ID:qLb8yv1t0
失策はまず米国を巻き込んだこと
戦略的には、今の中国のように、米国の直接介入の機会を与えないままジワジワ南進を続けなかった事
戦術的には、開戦するにしても真珠湾を奇襲するだけに留まらず占領しなかった事

いずれにしても橋頭堡の確保が甘すぎ
戦争はとどのつまり
戦力である兵員武器の展開力、
戦力を維持する補給輸送力
そういう意味で大陸弾道弾の類の大量破壊兵器は、戦力を削ぐのに有効なだけであって
抑止力になりえるためには、全域丸焼きにできるほどの飽和攻撃が可能で成り立つ

468 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 17:26:51.07 ID:s5MyK1GR0
>>464
そもそも植民地拡大が禁止されて、それが遠因で太平洋戦争になってるわけだからな。

469 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 17:28:07.22 ID:XcAuaLXxO
>>365
東條首相はミッドウェーの敗北を天皇陛下から初めて聞かされました

海軍の防諜能力って陸軍相手には如何なく発揮されてました

470 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 17:28:31.25 ID:12h6cU2c0
>>1
若造が嘘を言い金を盗るのかよ。
わしは、15歳で友人と共に開拓団として渡ったが当時の日本は欧米から侵略される側だ
何もせずに平和ボケしてたら今頃は日本とういう国は無くなってる。
こんなねつ造の歴史を事実のように教鞭をとる講師は末代までの恥だ。

471 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 17:28:39.35 ID:3TkRTpEw0
>>335
だから?
本土決戦すればよかった。そのための準備もしてあった。
ルーズベルトの寿命の尽きかけていた。
原爆の在庫も無い。
米軍の爆撃というが、その段階でほぼ焼け野原だよ!
米軍の占領軍が上陸したら、そいつらの殺すんだよ。
わけのわからんカキコ止めれ。

472 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 17:28:45.58 ID:93MJg0Hi0
日本の軍事力を増すのも大切だけれども、戦後は70年間痺れっぱなしの
外骨格の昆虫国家となってしまってるでしょ。
精神や宗教がないと動けない、痺れた国、と言って笑われるだろうな。
「日本は平和を愛する国ですよね」とおだてれば「まあ、そうです」と
頭をかきながら平和を愛する演技をしてくれる。三度の飯より戦が好きな民族がだぜ?

473 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 17:29:16.78 ID:yecU5RNa0
次は負けないように、軍備を増強しよう

そういうことだ

474 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 17:30:02.84 ID:SRA9xmnDO
>>452
陸軍も陸軍で、戦車やら戦闘機やらの性能不足、不良点の改修案が現場からあがってきてるのに
「天皇陛下から頂戴した兵器が不満と言うか!」と握り潰してたからね。
結局日本人気質の職人仕事で技術力は素晴らしかったのに運用が自尊心の塊の武士感覚だから駄目だった。

475 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 17:30:11.44 ID:YU4O2ICF0
こいつを中国に派遣して侵略行為を止めさせよう

としたら
中国で日本批判ばかりした、とかに
なりそうだね

まあ日本人の敵なんだろう

476 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 17:30:44.04 ID:0cwGMmSn0
ビンボーで石油もないし肉もあまり食わない暗い民族w

477 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 17:31:12.10 ID:6GlVjI650
>>465
アメリカも日本も欧州戦線に巻き込まれた形なんだよな
本来、日本とアメリカが直接利害で戦争までなって争う場面なんてどこにもなかった

478 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 17:31:14.12 ID:QPSohiHF0
>>471
収穫期の田んぼに焼夷弾落とされて焼き払われたら餓死多発、戦争継続不能。
本土決戦なんて無理。

479 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 17:31:14.91 ID:3TkRTpEw0
>>344
戦場が、本国以外で、資源が豊富。
生産設備が破壊されることもなく、大量に生産して、最後は物量で潰す。
これが、アメの通常の戦略。

480 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 17:31:15.39 ID:L5+GlHTy0
財閥がマスゴミ使って煽って軍部がそれに尻ひっぱたかれたんだろ
軍部が威勢よく演説してる動画みたことないもん
新聞は威勢がよかったな
検閲されたとか逆だろ

481 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 17:31:24.99 ID:t2xwMGQh0
長野県立歴史館なぁ〜

まさか五十六を批判される可能性など
微塵も思っていないのだろうな。

中途半端な思考で
南雲を機動部隊司令官 「あいつはやらんだろう?」
なら、変えておけよ、ボケ
何もかも途中で諦め
最後は自殺モドキの墜落死
序盤でもっと違った攻撃目標を立てていれば
もっとましな戦になったわ

482 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 17:32:00.31 ID:YuXeNwdd0
アメリカの犬になったからこそ、西洋化して発展したんだろ。
70年戦争から離れられたのは大きなアドバンテージだ。

483 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 17:32:03.16 ID:kjIFwNMY0
>>468
アメリカがいきなり攻撃してくるとかはありえんのにね

アメリカが驚異だったのは事実だが、
アメリカに対抗するためにくむ相手がドイツな時点で滅亡

どうみても第一次世界のトレースだったのに

484 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 17:32:04.46 ID:aK0MfZJ+0
>>474
単に工業力が無かっただけだぞ

485 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 17:32:58.59 ID:12h6cU2c0
>>468
白人以外の国が植民地を持つのが許されなかっただけ
先に取ったもん勝ちの世界だった。そういう時代
その条約では日本を植民地にすることは白人連中の間ではOKだった。

486 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 17:32:59.28 ID:0dgjWUQ60
>>482
戦前日本の軍事費は国家予算の3割近く
戦争中に至っては8割やら9割やら届いてるからな
それを1%まで削減して残りを米国に押し付けられたのは凄く大きい

487 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 17:33:13.49 ID:qPfBtHeP0
負けた原因を探るのは悪くない
裏を返せば「こうすれば勝てた(かも?)」となる
それは次に活かせば立派に反省したと言える
ただまあ、まだまだ浅いと言わざるをえないな
軍事に限らず、組織を機能させる仕組みが
日本は欧米と違ってかなり特殊なんだな
組織と言いながら共同体的要素が色濃い
そこをどうすれば改善になるのか
これが日本人の課題

488 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 17:33:31.93 ID:aK0MfZJ+0
>>479
ベトナム戦争でそんな戦略取ってないぞ

489 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 17:34:42.54 ID:s5MyK1GR0
>>485
世界史をやり直せ。
植民地獲得は先進諸国間でとっくに禁止されている。
日本だって植民地を持ってるのだから白人以外持てなかったというのも間違い。

490 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 17:35:00.96 ID:93MJg0Hi0
三度の飯より戦が好きな民族と俺が日本のことを書くと、それを
日本の悪口を書いた!と考える田吾作もいるからな。
江戸時代の百姓一揆が3200件以上と書くと、日本を下げるようなことを
書いてると判断してしまうらしい。不義や理不尽を正そうとして、3200件以上
もの百姓一揆を起こしたのだろうよ。表面的に穏やかなだけが「いいこと」
ではない。田吾作思考では表面だけの平和を求めるよね。

491 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 17:35:12.86 ID:/FMMoyrp0
そもそも日本の最大の脅威であり、最大の敵はロシア=ソ連だったのに
いつの間にか、ソ連と不可侵条約を締結し、ドイツと同盟を結んでしまった。
長期にわたる確固たる方針が無いんだよな、日本の政治は。今も同じ。

492 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 17:35:38.38 ID:L5+GlHTy0
>>482
西洋化は明治だろ
アメリカとソ連いなかったらアラブまで権益のばして
エネルギーもタダ同然
もう発展しまくってたろうな

493 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 17:35:44.78 ID:0cwGMmSn0
原爆や焼夷弾投下で無辜の市民老若男女を爆殺焼殺する事は日本の戦争責任を問う
以前の「戦時国際法違反」だろう?それくらいアングロサクソン分からないのか?

494 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 17:36:14.51 ID:ptH7uSTo0
アメリカは戦争しないでおけばアジアに苦労しなかったと後悔しとる。

495 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 17:36:31.64 ID:QPSohiHF0
>>491
いまは「対米従属」という長期わたる確固たる方針があるだろ。

496 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 17:36:41.45 ID:0dgjWUQ60
>>489
エチオピア侵攻したイタリアを見ればわかるよな
人種なんて関係なく白人同士でも孤立するわ

497 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 17:37:04.16 ID:TblHiUOY0
>>484
工業力もしょぼかったろうけど、
新兵に渡す軍服や靴のサイズが全然合ってないとか当たり前だったらしいな
服に体を合わせろって
まぁ兵同士で交換してそこそこの所には落ち着いてたみたいだが

498 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 17:37:18.33 ID:29K8xFo50
>>487
負けた原因を探るんじゃなく「戦争やったのが悪い」or「俺たちは間違ってない、相手の卑怯な罠に引っかかったから負けたんだ」のどっちがだからな

499 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 17:37:24.17 ID:xFTOoavp0
>>477
ただし当時のアメリカは中国大陸の利権を欲していたので
日本の攻勢を危惧していた。だから南半分をくれてやって手を打てば良かった。
それだけな。ちな日露戦争の戦費はリーマンブラザースが調達している。
大戦の肝は経済であって、そこさえ相互に刺激しなければ大きくならなかった。
問題はドイツの異常な覇権であって、日本はこれを側面から抑えることに徹すればよかったが
陸軍がドイツびいきなのでそうもゆかなくなった。WWIでは敵として戦ったが
WWIIでは友好を推した。これはナチスと共鳴する部分が陸軍の一派にあったためだろうw

500 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 17:37:35.49 ID:3TkRTpEw0
>>371
日本を潰した結果、朝鮮戦争、ベトナム戦争と共産主義と次々戦う羽目になった。
アメの行動はどうよ? 馬鹿丸出しにしか見えないがvw

日本を丸腰にした後に、無理矢理警察予備隊設置! 死ね、アメコウ!

501 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 17:37:42.18 ID:+se2apVC0
昔の日本は悪かったって言いたいだけ

502 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 17:37:49.48 ID:7RBWe4fm0
太平洋戦争を回避してたら冷戦時代に東側だったろうし

西側として太平洋戦争に参戦するならww1か日露戦争で敗戦国なってないと無理でしょ

503 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 17:38:12.57 ID:aW2yMPoP0
当時の日本の政治体制を定めていた明治憲法に問題があった。
明治憲法下の政治は決められない政治だった。明治憲法には内閣や総理大臣の
規定がなかった。天皇が統治の総攬者で陸海軍の統帥権者となっていたが、
実際には天皇はアメリカ大統領のように積極的能動的に政府や軍を指導しなかった。
政府や軍から上ってきた決済を絶対に拒否したりすることはなかった。
実際には当時の日本には問題をきちんと決定する人や組織がなかった。
陸海軍もアメリカの大統領のように実質的な最高司令官の役割をする人がいなかった。
同じ君主国のイギリスもイギリス軍の統帥権はイギリス国王にあり、イギリス国王が
イギリス軍の最高司令官となっているがこれだけなら明治憲法下の日本と同じじゃない
かと思うが、イギリスの場合は実質的には政府が統帥権に関与することになっており、
第二次大戦中はチャーチル首相が事実上のイギリス軍の最高司令官として戦争指導に
当たった。日本のように軍が政府を無視し勝手に戦闘を始めたり、クーデターや起こす
等の問題はイギリスではなかった。
明治時代には伊藤博文や山形有朋等の元老が政府や軍をまとめて国としてに意思を
決定していたが、昭和になって元老がいなくなると政府や軍をまとめる人がいなくなった。
伊藤博文だったらアメリカと戦争をやらなかっただろう。

504 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 17:38:20.51 ID:s5MyK1GR0
>>496
植民地獲得時代と第一次世界大戦後の世界を混同するって、
普通だとありえないし、ほんと歴史に興味がないんだろうな、と思う。

505 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 17:38:57.41 ID:NSJvbdnu0
米は最後は英の味方をする、それはしょうがないだろ、母国なんだから

今だってスパイ活動をしてないのは英とそれに関連の深い同胞の豪、
あとは隣国のカナダくらいじゃなかったか

ただ、英から独立を勝ち取った経緯もあるから、武力による植民地化には反対の立場、
経済的に世界をぎゅうじれる意図もあったんだろ、この頃には

日本は時代を見誤ったんだよ、のこのこ植民地化に乗り出して結局は米に叩かれた、
意図的に日本が米に刃向うように持ってった話もあるかもしれない、それは
時代の流れに矛盾したことじゃない

とにもかくにも、日本は米に負けて国民主権を与えられたのは事実だろ、
植民地化まではされなかった、もうそういう流れが来てる時代だったんだよ

今でも米べったりではあるけどなw 世界のテーマパークの入場者数ベスト5に
日本のTDL、シー、USJが入るくらいに女子供まで米に夢を見させて
もらってる国だ もう少し独立する方向に持ってた方がいいとは思うけどね

506 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 17:39:17.18 ID:XcAuaLXxO
>>503
鳩山一郎が悪いってだけだぞそれ

507 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 17:39:23.81 ID:12h6cU2c0
>>489
いいか若造
今の時代の恐育上の歴史と当時の歴史が同じだと勘違いするな。
お前の知る歴史は文字でしかない。
当時の日本が防壁として有色人種を先導し強化し欧米からの侵略根絶やしに立ち向かっただけだ。
そもそも白人共が勝手に自分たちに都合が良いルールを白人以外の民族に押し付けてるだけだぞ。

508 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 17:39:33.15 ID:I0enuyla0
陸海軍が戦況について情報共有を怠ったことが、「鋼鉄生産量に10倍以上の差がある米国への攻撃

おかしいな、海軍(おもに山本五十六)は正確に把握していてその海軍が短期決戦念頭に挑んでるんだがな

509 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 17:39:35.58 ID:X5rXS+Tg0
>>1

まったく教訓が生かされてないよね。

なぜなら、この大失敗したクソ官僚どもは戦後も日本を牛耳ってるからwww

510 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 17:39:48.25 ID:E5Nf+WgW0
ごくうそっとじ

511 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 17:40:25.06 ID:kjIFwNMY0
>>491
1ロシアが怖いから朝鮮を堤防へ
2ロシアが恐いから南下させないために
中国北東部を確保へ
3不景気だから満州確保もするお
4満州確保のためソ連と戦う
5 中国もやり返してくるので中国も叩く 
 ソ連とはやりあわない!
6中国とやりあってるせいでアメリカがうるさい、戦争だ!
7アメリカが強いので対ソ連戦力をさくwww
本当に馬鹿だよな
目的と手段が入れ替わってる

512 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 17:41:02.12 ID:6GlVjI650
そもそも主敵をアメリカにするなら
いわゆる太平洋戦争なんだから海主陸従で
それをソ連や中共とするなら陸主海従
そこすらあいまいで、五分五分の予算を割り振ってたんだろ?
ただでさえ資源や国力ないのだし勝てるわけない

513 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 17:41:13.36 ID:s5MyK1GR0
>>507
その先鋒が中国侵攻なのか。まったくもって矛盾してるよな。

514 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 17:41:23.59 ID:WK5hZsZB0
陸海軍が情報共有できてないって欧米も同じだったんだが
どこの組織でもあてはまる普遍的なことを日本固有の問題のように指摘するのが戦後のバカサヨ教育なんだよなあ

515 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 17:41:27.19 ID:JekAQX1Y0
>>509
そいつらをアメリカが温存したから戦後復興早かったのかね

516 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 17:41:45.93 ID:aK0MfZJ+0
>>512
まあ海軍はワガママだったからな

517 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 17:41:46.89 ID:0cwGMmSn0
百姓一揆とかそりゃ起きるよ
ちょっとした不作で農村は死体がそこらじゅうだった
らしいからな 黒人奴隷のが生存率高いんじゃねえの

518 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 17:41:48.75 ID:3TkRTpEw0
>>388

ハワイは、開戦時ハワイ王国で、米国領土ではなかった。編入は戦後。
日本軍が攻撃したのは、ハワイ王国の真珠湾にあった米国海軍基地とその艦船だった。

519 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 17:42:05.60 ID:sklv3y5h0
「何かを学ぶ事は電通から禁じられている。今のままでいいと言われている。」
 安部マリオ・ブラザーズ

520 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 17:42:13.66 ID:pEPWNEPj0
>>396
国際連盟脱退しないも付け加えて

521 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 17:42:50.66 ID:3+MMsdB/0
物資が少ないくせに陸軍と海軍で銃弾の互換性がない
ほんとに無駄の多い軍隊だった

522 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 17:43:03.38 ID:jeDyQMwrO
フランスの植民地横取りに行ったら警戒されて当たり前だよな

523 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 17:43:08.21 ID:i7di6SLF0
陸海軍は情報共有どころかその反対で隠しまくりだったろw
もうバカ

524 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 17:43:39.92 ID:Wc17BVzo0
近くに中国北朝鮮みたいなパヨク独裁国家があるからな、
平和のときに次の戦争の準備をしっかりしておかないとね。

525 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 17:43:48.14 ID:aK0MfZJ+0
>>521
互換性が無いのは陸軍内でも同じだぞ
同一規格の製品を量産できる技術なんか無かったぞ

526 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 17:44:10.25 ID:EIOPq64N0
また、ネトウヨ負けたんか・・

527 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 17:44:15.40 ID:Vc+O+Wl60
>1

なんか薄っぺらだな。

528 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 17:44:26.61 ID:8+erIQNcO
僕一生の不覚

529 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 17:44:28.96 ID:93MJg0Hi0
>>495
アメポチを止めるためには日本の精神的な自立が必要なんだよね。
連中の精神はキリスト教では亜流のプロテスタントです。
日本は昆虫の外骨格の内側にカトリックをぶちこめば、しょぼくれる
必要はなくなるし、アメリカは日本を対等もしくはそれ以上と尊敬するように
なるよね。物心共に日本が世界のリーダーになれる。

530 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 17:44:29.09 ID:h0RBb3Y70
裕仁は戦争犯罪者。原爆の人体実験の共犯者。

531 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 17:45:03.50 ID:I0enuyla0
>>514
ドイツも陸軍、武装SS、海軍、空軍それぞれトップのメンツにかけて争ってるようなもんだからな
海軍だけは対英失敗からヒトラーの感心が薄れて冷遇されたが

532 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 17:45:10.46 ID:QquUEA4E0
 提督の決断って、陸海軍の仲の悪さまできちんと再現した良ゲーだったな。


 陸軍としては海軍の提案に反対である。

 会議終了

533 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 17:45:31.01 ID:MnZQBahB0
ブラック経営者・企業の無能・不正の尻拭いとしてそのツケが社員に押しつけれられる
特攻隊美化は経営者・企業の無能・不正を正当化するのにちょうどいい。

特攻隊は行う必要のなかった敗戦濃厚の大戦末期の『大本営』の尻拭い。
http://hamaguri-inspire.blogspot.jp/2014/02/blog-post.html

534 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 17:45:31.69 ID:2OArxL520
逆に、統率された組織だったら勝てたん?

535 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 17:45:42.12 ID:XcAuaLXxO
>>508
ヒントと言えるかも知れんが
1940年のアメリカ陸軍の総兵力は40万未満
弱すぎると誤ったシグナルを与える典型例となった

で、1945年8月にはアメリカ陸軍の総兵力は900万になってた
日本は頑張っても500万だったからな

どっちが軍国なんだか

536 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 17:45:54.22 ID:3TkRTpEw0
>>394

日本が、有色人種で唯一、白人と同じように植民地を持つ行動を取った。
これが、試論簿のルーズベルト他の連中の気に入らないことであり、
どんなことをしても、日本人を皆殺しにするつもりで挑発していた。
この段階で、他に選択肢は無かった。
全ては、キチガイルーズベルトが悪い。

537 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 17:45:54.69 ID:sG8UUihq0
15年戦争の歴史観は正しい
満州事変など起こさなれば太平洋戦争に至る戦争は起きなかった
当時中国とソ連が対立していたのにわざわざ日本がその間に入ったのは愚か極まりない

538 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 17:46:00.77 ID:0ONNUQ7W0
>>508-509

戦後、陸軍幹部ばかりが裁かれ、海軍関係者の多くが無罪放免どころか、
その後も要職に就き続けたのは何でだろうね。

539 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 17:46:56.31 ID:12h6cU2c0
>>511
その頃、中国はもう国の体ををなしてなかった。
国家中枢は英仏と二分されてる状態。
当時は満州国こそ正当な中華の継承国とされていた。
その背景と今の文字としての歴史を捻じ曲げたのが白人
>>512
ガキは受験勉強でもしてな。文字としての歴史に興味あるようだからしっかり勉強しなさい。
そこで矛盾にたどり着かないようであれば、信じ込みやすい性格だから注意しない。

540 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 17:48:06.45 ID:xFTOoavp0
>>518
まああれも明治天皇が皇族をカメハメハ王に嫁がせたらハワイは日本の一部だったかもしれない。
カメハメハさんは惚れてたらしいからな。土人はいやだと姫がごねたのかもしれないが。
長期戦略というのは草の根レベルで始まっている。戦争などは最終手段で
男のロマンとかそんなレベルじゃない血まみれだが、狂った軍人にはそれがわからないw

541 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 17:48:07.74 ID:jeDyQMwrO
>>534
組織がまともならまず満州事変が起きないからな

542 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 17:48:38.08 ID:PCgwGtzz0
議事録を残さない政党があったな

543 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 17:49:01.35 ID:rCcfD/WI0
なんで悲劇という言葉を使う。
負けるべくして負けたのに悲劇であるわけがない。
この人は先の戦争から何も学んでいない。

544 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 17:49:33.41 ID:s5MyK1GR0
>>539
それのどこが白人に対抗する日本を正当化するんだ?
日露戦争後の日本は東アジアに対して欧米のように振る舞うだけで、
対白人なんて大義名分はまったく果たしていない。
あんなのは状況が不利になって、大東亜共栄圏とか言い出してからだ。

545 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 17:50:13.32 ID:aK0MfZJ+0
>>541
政友会が悪いから陸軍がまともかは関係ないぞ

546 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 17:50:14.38 ID:93MJg0Hi0
>>543
勝っても負けても美しければいい。
田吾作は戦争なのに美学を持ち込んだりするんだよ。

547 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 17:50:31.72 ID:E5Nf+WgW0
>>529
宣教師はとっとと寝れ

548 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 17:51:08.30 ID:I0enuyla0
>>537
太平洋戦争は無くてもソビエトの東方制圧に日本は屈してるだろな
スターリンの指示で日本人は全員シベリアに移住

549 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 17:52:07.74 ID:C0dkjVwY0
>>529
でも朱子学を精神的主柱にしたらお隣の国みたいになっちゃうぞ・・・・・
新渡戸稲三の武士道はちゃんとキリスト教との対比をしながら武士道に関して説明しているからわかりやすい

550 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 17:52:35.03 ID:XcAuaLXxO
>>514
海軍乙事件とか陸海の仲が悪いレベル越えてる

機密文書盗られた事を無かった事に海軍は示し会わせた

551 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 17:52:50.48 ID:g/6HH4Lu0
失策は間違いないね

552 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 17:53:05.07 ID:kVbXCIzp0
無能に権力を与えるとこうなるといういい見本

553 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 17:53:21.48 ID:12h6cU2c0
>>544
コレが欧米の洗脳の怖さ。今後の日本は危ういな。
若造といえどもこの程度の知性しか持ち合わせてないとか
情けない限りだわ

554 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 17:54:01.98 ID:pEPWNEPj0
>>494
戦後の大陸空白地帯をソビエトに赤化されたのは痛かっただろう
大日本帝国は共産中国の様な化けモンにはならなかっただろうということだな
それにしばらく蒋毛連合と日本の消耗戦を見て、コミンテルンの脅威が及ばぬうちに介入がいいやり方だったろう

555 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 17:54:27.48 ID:93MJg0Hi0
>>547
まあ、結局、俺の結論にいずれ辿り着くよ。悔しいのう、悔しいのうと言いながら
毒饅頭(カトリック)に手を伸ばすことになる。食べれば美味しいんだよ。

556 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 17:54:30.61 ID:fzwU2zaR0
今の自衛隊も、同じだろ?ろくに情報共有なんて出来てないよ

557 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 17:55:00.14 ID:s5MyK1GR0
>>553
そんな「外国が悪で自分は正義だ」みたいなので国際社会を乗り切れるわけないでしょう。
今の尖閣問題が典型だが、あんなのも「中国が悪だから放置しても国際社会は味方になる」
とか思ってたら、とんでもないことになるよ。

558 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 17:55:04.77 ID:2eQA5R22O
>>534
勝てません
日本とアメリカ合衆国の生産力を比較すると、日本が1隻の軍艦を作る間にアメリカは25隻、航空機なら13機。
当時のアメリカは全世界の生産量の約33%を担ってた。
アメリカの南方戦線では熱中症を防ぐために一兵卒に至るまで塩飴が配布されてたけど、日本では昭和60年を過ぎても暑さで倒れるのは根性が足りない、真夏の部活動でも水は飲むなと指導されてた。

559 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 17:55:09.24 ID:xFTOoavp0
>>550
まあ天皇陛下が若かったからだろう。オッサンだったら激怒して上層部を
クビにしたはずだ。あるいは空軍を作って三竦みにしたかもしれないw

560 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 17:55:23.17 ID:ZuQ5nxJi0
>>73
信濃「オレ、もっと無駄死に」

561 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 17:55:24.63 ID:XFlzm3Po0
< こうすれば日本は勝てた! >

って話じゃなかったの?

次回世界を向こうに回して日本が決起する
ときには、教訓を生かそうっていう…。

562 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 17:56:32.49 ID:yydnaxUE0
陸軍と海軍が不仲だったって本当なの?

563 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 17:56:52.87 ID:YuXeNwdd0
部署ごとに成果を競わせた方が成績は伸びるからな
連携させすぎるのもよくない。

アメリカに絶対勝つ!とかだけでモチベーションは保てない。
基本は個だ。自分の組織と自分のポジションが出世する事だ。

戦争なんか官僚の出世レースみたいなもんだ

564 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 17:57:18.49 ID:EYYHPqz90
借金1100兆円で、財政戦争で負けそうになってる日本は、
過去の教訓を全く学べてないね。

ウヨクは土建、サヨクは福祉、公務員はシロアリ、
どこまで放漫財政つづけるつもりだよ。
もう財源は、インフレしかない。

565 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 17:58:01.27 ID:h0RBb3Y70
裕仁に6月にスティムソンから生命と財産の保障の代わりに原爆の投下場所と日時を決めるよ要請があり広島に8月6日午前8時頃と回答した。陸軍元帥畑俊六に命じ陸軍第2師団を広島に駐屯させ参謀会議を午前8時に開かせ原爆の人体実験で虐殺した。

566 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 17:58:18.29 ID:93MJg0Hi0
>>558
>日本では昭和60年を過ぎても暑さで倒れるのは根性が足りない、
>真夏の部活動でも水は飲むなと指導されてた。

ほらほらほら。ほじくれば、こんなことだらけでしょう。
どうしてこんな「八百万の愚の花」がこの国では咲くのかということ。
それを考えようとしない。
「八百万の愚の花」を摘み取るのはキリスト教(カトリック)ではないのか。
また、じっと考えたい。

567 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 17:58:40.16 ID:uzFINPtz0
戦後新生日本はスパイの天下だから
スパイ岸信介王国安倍晋三共産左翼国家

軍内部や政府、皇族のスパイには全く触れてこなかった
これからもスパイについては語られずに終わるんだろうね

568 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 17:58:45.22 ID:xFTOoavp0
>>561
勘違いするな。教訓はいかされている。戦わずに勝つというポリシーとなった。
こうすれば勝てたのではなく戦わずにすます外交能力の欠如と、軍部の掌握が
不十分だった。そもそも軍学校は田舎の秀才が集まる。田舎者にはキャラが濃い奴が多い。
特に血の気の多い九州人や、暴力的な東北人など、立身出世と合体して
司令部をなめまくった。まあ甘えがあったわけだw

569 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 17:58:49.18 ID:g/6HH4Lu0
>>558
それは解らんね
しっかり駄目な物は駄目と
情報共有の重要性と大本営の怠慢が無ければ勝てた可能性は充分有る

570 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 17:58:54.78 ID:E5Nf+WgW0
>>555
母国に帰れよ

571 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 17:59:15.48 ID:1/BeZpBe0
島国日本が太平洋を主戦場として海戦を戦い繰り広げていって
かの島々を攻略していく戦略なのに
陸軍を増強とかなんなんですかね

572 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 18:00:27.27 ID:93MJg0Hi0
大戦中も日本には「八百万の愚の花」が咲き乱れていたのです。

573 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 18:01:13.08 ID:YuXeNwdd0
アメリカは豊かだが、精神的にどうだろうか。
日本人はガリガリで飲まず食わずでも戦うが、
アメリカ人はそんなことできないだろう。

兵隊で一番強いのは日本兵。これは当時の常識だ

574 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 18:01:27.83 ID:93MJg0Hi0
>>570
アホ。俺は日本人の切支丹だよ。俺のIDを全部追いかけてから言え。田吾作さんよ。

575 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 18:01:31.55 ID:E5Nf+WgW0
>>566
ぶっちゃけ耶蘇教って馬鹿な教えじゃね?
進化論マジになって潰そうとしてんじゃねーよ
真実より嘘が大事な1点でもうだめ

576 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 18:01:38.59 ID:ZnMnP2p40
>>313
 弾薬が1会戦分だったことをわすれていないか?
 また、食料は?

577 :erisuMkII:2016/09/01(木) 18:01:52.36 ID:k6TuyBPD0 ?2BP(1000)

アメリカからうられた戦争だから・・・

578 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 18:02:15.11 ID:Cy1RFaLs0
国のために戦争なんかしてなかったよな
自分ところの派閥のために列強に喧嘩売りまくってハブれて
逆切れして戦争吹っ掛けてボコボコに負けたくせにアホな保守が都合のいい風に歴史を偏向して受け止めてる
外国から日本は反省してないってよく言われるけど全くその通りだわ

579 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 18:02:19.72 ID:12h6cU2c0
>>557
もう少し冷静に物事をみなさい。
当時の常識と今現在の常識は全く異なる。
当時の国際社会は白人至上主義が根底にある。
キリスト白人が絶対正義の時代だ。
勘違いするな。

580 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 18:02:39.82 ID:E5Nf+WgW0
>>574
じゃあ、おめーも田吾作ジャンwwww

それとも「白人様カンツリーから帰化したセレブ日本人でござーい」とでもいうか?

581 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 18:03:00.93 ID:93MJg0Hi0
>>573
愚直さや融通が利かないことがかえって長所となって出てくることはあるよね。

582 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 18:03:08.79 ID:1/BeZpBe0
自分の経験上、日本に陸軍は不要
海軍陸戦隊でことが足りる

583 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 18:03:14.36 ID:DUptwtfZ0
レーダー軽視、人至上主義すぎ
機械に人が叶うわけなかろうに。
しかも米帝使っての元になったんは日本人作ったもんだしの
今も昔も日本はなんで上の方にゴミや無能が集まるのだろうなぁ…

584 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 18:03:21.58 ID:Cy1RFaLs0
>>579
当時の日本は約束守らん土人ってことも把握してるか?

585 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 18:03:53.28 ID:nVfHscmm0
孫子の兵法を取り入れてたはずなのに、なんであんなに泥縄な戦争になったんだろうな

586 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 18:04:05.90 ID:E5Nf+WgW0
真実より嘘が大事なのは耶蘇教と日本軍で共通なんだよw

587 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 18:04:31.25 ID:xFTOoavp0
>>573
まあ、それはベトナム戦争で証明された。ベトナムには当時
先の大戦で残置された陸軍の将兵がいくばくか残っていた。
かれらはベトナム軍を訓練したかもしれない。その結果がアレだ。

588 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 18:04:54.50 ID:c2ohe4Ak0
日本が日露戦争に勝った時からアメリカは日本を滅ぼすことを計画してたんだから
どのみち日本は戦争から逃げることはできなかったし予定通り負けたんだわなw

589 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 18:05:29.81 ID:XcAuaLXxO
>>569
大本営つーても陸軍部と海軍部で別れて別組織だったし

590 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 18:05:33.47 ID:2eQA5R22O
当時の従軍記者の報告によると
捕虜にしたアメリカ軍の隊長に捕虜300人を付けるので空港を修理するよう命令したところ、3人で充分だというので任せてみたところ、車庫からブルドーザーを持ち出してきて、あっという間に修理してしまったという
日本はブルドーザーという概念すら無かったので、300人でモッコとシャベルを担いで必死で修理

591 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 18:05:35.93 ID:93MJg0Hi0
>>580
俺は日本を偏に素晴らしい国美しい国ととらえてうっとりとしない点で
田吾作ではない。まあ俺の投稿を読んで心を練ることだろう。憤慨も心の
成長にはいいことだ。

592 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 18:05:37.00 ID:s5MyK1GR0
>>579
そもそも第二次世界大戦って大半は白人同士って理解してるか?
太平洋戦争なんてそのなかの一部なのに、どこに白人vs黄色人種要素があるの?
日中戦争は有色人種同士の争いだし。

593 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 18:05:58.39 ID:Cy1RFaLs0
>>588
ルーズベルトが死ぬまで戦争しなかったらよかったんじゃね?

594 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 18:06:09.96 ID:jeDyQMwrO
>>583
無能な司令官も現場で兵隊や管理職していた頃は有能だった
要は日本人の国民性が司令官に向いてない
基本的に指示まちで責任取りたくないから
逆に言われたことをやるのは得意だよ

595 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 18:06:14.13 ID:YcRgZYbs0
美濃部達吉の天皇機関説などの解釈を認めず、
大日本帝国憲法における統帥権を厳密に守ろうとした旧帝国陸軍は
某ニュースステーションで蘊蓄を垂れる憲法学者や旧民主党やSEALDsと
一脈通じるものがある

596 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 18:06:29.81 ID:Cx0rHqweO
>>1
国の失策以前の問題

597 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 18:06:48.96 ID:12h6cU2c0
>>584
日本だけが守る約束かな。
平和ボケは怖いよな。

598 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 18:07:01.03 ID:QquUEA4E0
10年くらい前のヤクザ漫画で、東京で暴れまわる外国人テロリストを脇目に警察と自衛隊が取り締まり権限争いして、
国民が殺されまくるシーンがあったな。

 現実的に有り得そうで恐い。

599 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 18:07:08.00 ID:g/6HH4Lu0
大航海時代
  ↓
明治維新
ここから見ないと今後も騙されるだけだ
まず太平洋戦争ってのは無い
有るのは大東亜戦争
そのうえで駄目な物は駄目としてみないといけない

600 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 18:07:40.96 ID:Cy1RFaLs0
>>597
日本が一方的に破っていったこと知らんのかw
お前みたいなアホがいるかぎり日本はいつまでたっても反省してないって言われるんだろうな

601 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 18:08:06.69 ID:7RBWe4fm0
失策が無くても負けてたし
アメリカとの開戦を先伸ばしにできても回避は出来なかったでしょ

602 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 18:08:20.71 ID:Cy1RFaLs0
>>599
ナニイッテンダコイツ

603 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 18:08:36.71 ID:jeDyQMwrO
>>587
国民党憎しで共産党に入って共軍鍛えた日本軍人も相当数いるし
けっこう東側に貢献してるよな日本人も

604 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 18:08:40.38 ID:pEPWNEPj0
>>573
大量破壊兵器が馬鹿でも扱えるようになった時点でもうそれほどの差は無くなった

605 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 18:08:56.01 ID:XcAuaLXxO
>>582
海軍自慢の水際戦術が全く駄目で
サイパン3日で壊滅してるし

陸軍が反省して硫黄島をペリリューで効果のあった地下要塞にして水際とか最初から放棄した

海軍がイチャモンつけたけどな

606 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 18:08:59.79 ID:maGkIJYU0
これを教訓に、情報共有で効率的な軍隊を作り上げ、次は勝ちます!!
青木さん、ありがとうございます!

607 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 18:09:24.01 ID:12h6cU2c0
>>592
白人の枠が大きすぎる。そんな認識では話にならない。

608 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 18:09:43.81 ID:h/kBz44+0
海軍 ガダルカナルが米軍に占領さる
陸軍 ガダルカナルってどこの島?
辻政信参謀、地図を探しまくる。

609 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 18:09:48.19 ID:PnCYrxiO0
>>558
日本は短期決戦で米艦隊を殲滅して有利な条件で講和を結ぶのが戦争目的だったから充分可能性はあった、ミッドウェーの敗北で完全に潰えたがな

もしアメリカ全土を占領下に置けるかというのなら絶対に不可能w

610 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 18:09:50.52 ID:Cy1RFaLs0
>>601
親露のルーズベルトの次は反露のトルーマンじゃん
ルーズベルトが死んだら共産主義やべーよってことで日米が強力することもできたかもね
まぁそもそも警告わざわざしてくれてるのに無視して印仏進駐するようなアホな国だから無理か

611 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 18:10:28.47 ID:f2nR7j9m0
もう2周目に入ってますから

612 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 18:10:52.40 ID:12h6cU2c0
>>600
反省となる訳か
ほんと戦後の恐育はすごいよな。
完璧だな。

613 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 18:11:05.29 ID:Cy1RFaLs0
>>609
これさー講和に応じなかった?ってこと想定してないんだよな
こんなガバガバなのに圧倒的有利な状況でフルボッコに負ける間抜けなことやったんだから
負けるべくして負けたわ

614 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 18:11:26.66 ID:Cx0rHqweO
まあ結果的に負けてよかったけどな

615 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 18:11:50.17 ID:ulOi6ZZJ0
敗けは敗けでも
馬鹿で無知な上官が自分のメンツだの妄想を賭けて国力を無駄に浪費させたことに間違いはないだろ

だがしかし一回ぶっ壊さないと何も始まらない日本をリセットさせるのにあれだけの敗北が必要だった可能性はあるんじゃないかって気がしなくもない
もしもっと「上手に」敗けていたら今の日本と比べて強い日本になれていたかどうかいつか強力なAIに答えを教えて欲しいわな

616 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 18:12:17.16 ID:Cy1RFaLs0
>>612
大日本帝国なんかキチガイ国家を肯定するような奴はネットで洗脳されてるだけや
自分で歴史調べたら当時の日本は武力行使する北朝鮮みたいなキチガイ国家で情けなくなったわい

617 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 18:12:23.91 ID:h0RBb3Y70
裕仁は日本水産の船舶でパナマ船籍の船舶を経由して米国から石油と武器を密輸入し日本軍に売りつけ横浜正金銀行に妻良子の名義の口座で蓄財した。長崎に原爆が投下されるとスイス銀行の国際赤十字の口座に送金し戦勝国からの没収を免れた。

618 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 18:12:26.95 ID:qPfBtHeP0
>>489
「世界史をやり直せ」はちと違う
歴史解釈の相違だろう
あなたが言うことも分からなくはないが
俺も違う見解を持っている
欧米の白人どもはいち早く近代思想に目覚め
近代民主主義が人の数をそのまま力に変換し
圧倒的物量で遅れた他地域を蹂躙した
他地域が中世の価値観止まりで遅れているのを良いことに、である
つまり欧米の白人たちは自身の先進性優位性を自覚し
その力を他地域の他民族に対して遠慮なく力づくで行使した
人権思想の近代民主主義が聞いて呆れる
当時の人権とは欧米白人のみに与えられる特権だったわけで
結果論だとしても事実上、「白人以外の国が植民地を持つのが許されなかった」のだ
その中での唯一の例外である日本を持ち出しても
否定しきれることではない、と俺は思ってる

ま、だから、欧米白人社会で、キリスト教圏内で
ドイツのみがずっと貧乏クジを引き続けて劣勢の立場なことに
日本の陸軍一派が共感してしまうのも心情的に分からなくもない
が、それも敗因の一つ

そんな欧米の独善は戦後世界の枠組みという形で今でも存続しており
日本はその枠組みにきっちり取り込まれている

619 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 18:12:49.07 ID:g/6HH4Lu0
>>602
太平洋戦争ってのはアメリカ視点の戦争用語なのね
国連ケツの穴なめ君

620 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 18:12:49.12 ID:25AGv8Lf0
マスコミの煽動が日本国民を愚民にした面もあるよね
当時は今ほど海外のニュースに触れることがなかったから

621 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 18:12:52.44 ID:2eQA5R22O
>>569
勝てません
当時の日本の実働戦力は約53個師団くらいで、そのうち40個師団は内地の防衛や中国大陸の戦いで動かせず、わずか10個師団足らずで南方戦線を戦っていたのに、アメリカ本土上陸なんかできるわけあらず
ニューギニアまで進出しながら師団数が足りないのでオーストラリア上陸すら議論にならなかった

622 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 18:13:13.90 ID:LXZzIjjO0
いつでも、どこでも不条理はある
そいうときは、「悲しいけどこれ戦争なのよね」とつぶやく

623 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 18:13:43.29 ID:Cy1RFaLs0
>>614
マジでこれ、負けた相手がアメリカでよかったな
俺は今の日本が好きだし当時の大日本帝国みたいなキチガイ国家のままだったらろくな国になってねーわ

624 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 18:14:09.02 ID:c2ohe4Ak0
>>593
石油も資源も売ってもらえない状況だったから
当時の選択肢としては戦争か国家破産で国民は餓死
さてどっちを選びますか

625 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 18:14:13.41 ID:xFTOoavp0
>>594
格別無能というわけではない。普通以上だ。が、テクノロジーの差は
どうしようもなかった。これは日本がまだ文明化して50年くらいしか
たっていないからしょうがない。戦前は技術供与もあったが戦時では
それが断たれガラパゴス化した。ロジスティクスや情報戦にはテクがかかせない。
そして兵器の運用体系も古くなり迅速に対応できない。となると現場判断が優先され
また情報を待って動けないとか、カオスになった状況を司令部が把握できないなど
判断が粗略になり現場は混乱した。まあ作戦範囲が異常にデカかったのでどうしようもない。
ということで戦域を限定して無駄に進まないというポリシーが徹底されず、ノリ重視で
ブームに乗ってしまったという日本人らしさが出てしまった。これも現代に生かすべき教訓である。

626 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 18:14:28.20 ID:Cy1RFaLs0
>>619
ボコボコに負けた国が名称がーってか?惨めすぎるわ

627 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 18:14:46.26 ID:25AGv8Lf0
外交音痴が治らない限り何度でも負けると思う

628 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 18:14:53.81 ID:pEPWNEPj0
>>609
>短期決戦で米艦隊を殲滅
可能性はどんなものにもあるけど宝くじ並みだな

629 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 18:15:01.97 ID:UuubQj2k0
>>588
世界最強の陸軍海軍を有してたロシアに勝てたんだから
まず当時はぜんぜん日本やロシアよか格下だったアメリカと戦争して
ボッコボコにしてわからせてやるべきだった

630 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 18:15:42.92 ID:25AGv8Lf0
>>623
同意。
これがロシアや中国だったら・・・。

631 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 18:15:53.26 ID:7RBWe4fm0
>>610
トルーマンになるまで先伸ばしにして反露で協力するって未来人だとしても説得できないでしょうなぁ

632 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 18:16:22.44 ID:YcRgZYbs0
まあ、300万人の犠牲は大きかったけどね

もっとも朝鮮戦争では朝鮮人300万人が犠牲になったらしいけど
そのときぼろ儲けした隣国があったりしたら後々まで恨むかな?

633 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 18:16:28.92 ID:Cy1RFaLs0
>>624
あのさーなんで石油を売ってもらえなくなったか知ってる?それも日本の自業自得やぞ
満州に拘って当時の本国に負担かけまくって約束は守らん上に自作自演までやらかして列強にハブられて
逆切れの連盟脱退から警告無視して仏印進駐、馬鹿だろ
そもそも満州の資源を当時の日本の技術力じゃ活用できんかったのにな、マジで馬鹿

634 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 18:16:30.68 ID:12h6cU2c0
>>616
お前のは文字歴史
わしのは生き証人
この違いは大きい。
当時は弱肉強食の武力至上主義の世界
北朝鮮の様に武力に頼ることを知らなかった国は
国そのものが滅んだ。世界観が違うからな。
今の世界情勢や常識とは違う世界だ。

635 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 18:16:46.63 ID:S754qNoh0
聞きたくない情報は、無視しただけだろう。
客観的に考えると派閥争いに負けるから、
派閥争いで勝つことに血道を上げた連中が
情報を無視して、突っ走った。

636 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 18:16:51.29 ID:kVbXCIzp0
ブラック企業どころかブッラク国家だったからな
狂ってたとしか言い様がない

637 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 18:17:08.64 ID:ulOi6ZZJ0
何はともあれ、すげえ低レベルな戦いをやってたってことは知っておくべきだよ
ガキが遊んでるレベルの作戦を兵士殺しながらやってたんだもん
終戦後に上の方はもっと殺しといても良かった

638 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 18:17:14.05 ID:7RBWe4fm0
>>621
というな当時のアメリカに上陸出来る兵力持った国なんてないよな

639 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 18:17:14.82 ID:s5MyK1GR0
>>619
上でも書いたが、大東亜戦争=日中戦争+太平洋戦争+周辺だ。
対米戦を考えるうえで太平洋戦争というのはまったく間違ってない。

大東亜戦争という用語を使うやつに限って、あれは対白人戦争だったなどと言うが、
大東亜戦争は日中戦争も含むのだから対白人戦争なわけがない。
完全に二枚舌。

640 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 18:17:18.71 ID:Cx0rHqweO
開戦があと10年遅ければ面白かった
それまでに軍の形態は一新されていたはず

支那事変からエスカレートした大東亞戦争で勝てるはずもなく

641 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 18:17:25.78 ID:605zBYPd0
>>8
> でも戦争しなかったら2000万越の餓死者が出た
> んでそ( -_・)?
> 結果的に日米開戦は英断だったのでは?

戦争に、良い戦争も悪い戦争もないよ、
単に金・物・人の大量消費行為でしかない。
可能性論で言えば、消費された金・物・人があれば、
より良い選択があったかもしれない。。

642 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 18:17:37.26 ID:q8ZTRU560
>>630
海戦だったら負けようがないけどな

643 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 18:17:41.32 ID:PnCYrxiO0
>>613
もし事が上手くいってミッドウェーで米艦隊を殲滅、日本が望む形通りの艦隊決戦に出る以外無くなるからこれで米が敗れた場合太平洋で活動出来なくなる、海軍壊滅は流石に講和に向かわなければ国民も黙ってないよ

644 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 18:17:58.55 ID:Cy1RFaLs0
>>631
そもそもアメリカと戦争すると絶対負けるって認識は当時の日本人でもちゃんとあったからな
絶対負けるとわかってて戦争するんだからどうしようもない馬鹿ですわ

645 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 18:18:03.90 ID:PcjRFrmT0
ジョーカーゲームってアニメでも言ってたなあ
うち(情報部)がいくら国に有益な情報を上げても上(軍のお偉方)が活用してくれないって

646 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 18:18:25.41 ID:uzFINPtz0
日本の不思議
戦争中の日本内部にいるアメリカ、ソ連のスパイについて語られる事も調べる事もされてない

647 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 18:18:42.61 ID:S754qNoh0
もともと、欧米を客観的に見れば、日本では勝ちようがなかったわけだが、
ロジスティックの問題ではない、自らを知らなかった。

648 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 18:19:07.47 ID:Cy1RFaLs0
>>634
生き証人ってお前何歳やねん
戦争経験してそんなこと言ってんの?ただの老害やんけ
お前らの時代の失態のせいで日本は本国以外の領土全部失った上に原爆2発くらったんやぞ

649 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 18:19:07.78 ID:g/6HH4Lu0
>>621
いえ
駄目な部分をフォローすれば勝てます
何故なら日本軍は侵略を目的としていません
講和に持ち込むことが目的ですので

650 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 18:19:09.40 ID:25AGv8Lf0
外交力と政治力
これで国の運命が決まってしまうんだな

651 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 18:19:12.81 ID:UuubQj2k0
日露戦争をする力でクソ生意気な格下アメリカと日米戦争だったな

652 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 18:19:13.92 ID:xFTOoavp0
まあ、石油はインドネシアで出てたのね。ガスも。満州ももうちょっと
真剣にさがせばターチン油田をみつけたはずだ。まあこれは山師の運だから
不運だったのだろう。使える燃料の範囲で行動する。これは鉄則である。
というか車乗ってるとあたりまえだがw

653 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 18:19:18.09 ID:YuXeNwdd0
まぁ真珠湾攻撃でアメリカの海事力をボコボコにし、
主力戦艦の復旧まで一年くらいかかるから、その間に太平洋の覇権を握る。

日本がアメリカを引き付けることで、ドイツがユーラシア大陸制覇。
世界の覇権は大きく変わる。


結論を言うと南雲が悪い。

654 :ぴーす ◆u0zbHIV8zs :2016/09/01(木) 18:19:57.86 ID:+ID/3SUiO
戦争なんか気分次第だから1年くらい連戦連勝できれば
もうちょい早く終戦になったかもね

655 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 18:20:17.42 ID:7RBWe4fm0
>>644
どう考えたって勝ち筋ないしね
何とか上手い負け方をするしかなかったけどそうは言えないよね

656 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 18:20:39.69 ID:jeDyQMwrO
まあ地主制度・財閥・軍・華族は解体されて良かったよ
特に地主制度はクソ過ぎたから

657 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 18:20:57.66 ID:KrgCQmMA0
>>628
そうでもない。海軍の戦力はミッドウェー海戦あたりまでは
日本が大幅に上まわっていたたため、勝てた。
図演シミュレーション無視して、艦船出し惜しみ&逐次投入で、
負けたw。

658 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 18:21:09.87 ID:Cy1RFaLs0
>>643
無理やろ、工業力が全然違う
そもそもナチと同盟組んでる日本を許すか?

659 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 18:21:10.39 ID:q8ZTRU560
>>649
どうやったらアメリカが弱気になるのかね
パナマ運河を通行止めにしたって平気な顔で南米回ってくるぞ

660 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 18:21:17.35 ID:xFTOoavp0
>>647
そうですよ。まあ欧米ではなく欧と米を分断させようくらいの諜報能力が日本にあれば
よかった。でもロシア革命を支援成功させたなど、実はあったのかもしれないがw

661 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 18:21:30.66 ID:qPfBtHeP0
>>639
いやいやw
支那でも色々あって、支那人はパシリとして結局白人側に付いたんだよ

662 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 18:22:03.04 ID:ulOi6ZZJ0
アメリカ海軍が壊滅させられても
すぐに立て直して倍返ししてくるんじゃないの?
それに日本軍がガチで馬鹿だったからそこで勝っても次に何が必要か考えなかっただろうし
大和信濃をやっぱ戦艦にしようとか言い出したりして
何年間敗戦が引き伸ばされただけだろうな
やり過ぎてアメリカを怒らせるだけだと思うわ

663 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 18:22:29.26 ID:8TQwnb4A0
ネトウヨは科学技術を軽視するからタラればとか精神論ばっかり
東条英機レベルからまったく進化できてないんだね

664 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 18:22:30.69 ID:Cx0rHqweO
日本の戦争継続力はせいぜい1年
そんな国が大陸国と戦争して勝てるわけない
しかも孤立状態で

古来の戦みて、そんなこともわからなかったのか
昭和20年までの総理大臣みんなバカ
特に近衛

665 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 18:23:09.30 ID:KrgCQmMA0
>>653
南雲は任されただけ。図演をひっくり返したのは宇垣。
しかし宇垣の発言はあまりに稚拙・無謀なので、背後に
宇垣に命令してた黒幕がいると思われ。

宇垣も実際はミッドウェーの負けを覚悟していて、
準備していたかのように敗戦処理にあたった。

666 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 18:23:26.82 ID:s5MyK1GR0
>>661
蒋介石と毛沢東は独断で対日戦をしてたわけだが。

667 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 18:23:40.63 ID:ZfhA5m900
失策ではないし、戦いはまだ終わってはいない。
第二次世界大戦はまだ続いている。表向き米国の傀儡政権が日本を支配しているが
本当に表向きの話なんだよ。大日本帝國の残党は満州と現政権内部にいる。
これから大どんでん返しが起こるさ

668 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 18:23:49.21 ID:pEPWNEPj0
>>657
タイムスリップ戦争漫画の見過ぎじゃないかと

669 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 18:24:02.81 ID:25AGv8Lf0
まるで今の在日や帰化系や〇ざが政治面や軍事面で牛耳っていたみたいなや〇ざ国家だったのかなw
松岡外相が国連で怒って席を立つシーンの映像を見たけど堅気の人じゃないみたいな雰囲気だったw

670 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 18:24:30.22 ID:g/6HH4Lu0
>>659
そこは持久戦になるね
戦略としては待ち伏せになる
だとしても情報諜報をおろそかにしてた軍部の責任は大きい

671 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 18:24:50.43 ID:hJ/vKK140
後になる程に米軍が軍備が整うと分かっている状況で開戦を急ぐのは間違いと言うなら
具体的にどうすれば的確だったのか示すべき

672 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 18:25:24.48 ID:ZtL7Vxhb0
>1
まともだな

673 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 18:25:32.35 ID:KrgCQmMA0
>>664
ミッドウェーに勝利したとして、半年でアメリカの主要都市と
軍事工場を破壊できていれば、そこまでのエネルギーがあったかどうか。

674 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 18:25:42.72 ID:PnCYrxiO0
>>628
日本は全てが思い通りに行った場合にのみ目的を達成出来るくらいだからね
しかし国力差、世界情勢、これらを加味して可能性低かっても掛けるしかなかったのはどうしようもない

675 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 18:25:54.44 ID:W6jDtBNnO
>>658
ナチスはアメリカでは人気だったらしいぞ
日本が攻撃してから同盟国のナチスが敵視されるようになったと

676 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 18:26:32.59 ID:7RBWe4fm0
>>664
まぁ回避しても遅かれ早かれね
それならWW2の時にやっておいた方が良かったかも

677 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 18:26:48.91 ID:ulOi6ZZJ0
だいたい日本が粘る方向で取り組んだら相手も戦略変えてくるし
そもそも日本軍に冷静に戦略を立てるような姿勢がなかった
そこのところのタラレバが一番あり得ない
まず大前提は「日本軍がバカである」ということなんだ
そこを無視したタラレバなんか意味がない

678 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 18:26:51.45 ID:g2K9jFkg0
じゃあ勝つ戦争しようぜ

679 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 18:27:09.18 ID:c2ohe4Ak0
>>633
当時満州は戦略上の重要拠点もしソ連に取られてたら朝鮮半島も
日本本土も失って日本人は存在していないかも

680 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 18:27:09.72 ID:o4nspIGi0
>>675
ナチのブームなんてアメリカじゃ極々一部だぞ
オウムみたいなもんだ

681 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 18:27:16.30 ID:0cwGMmSn0
陸軍海軍で弾薬の仕様が違うのとか、献金でも受けて
ハイハイ採用してたんだろうな トホホ

682 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 18:27:21.23 ID:25AGv8Lf0
>>657
でも日本人は大日本帝国を望まない
戦後の日本が好きだ。私も。
大日本帝国を嫌がる日本人を一人一人殺して回るの?

683 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 18:27:25.12 ID:pEPWNEPj0
>>662
たとえばパイロット養成しベテランになるまでを予算に入れていたかというと疑問で
日本は経済学的観点で戦争を視てなかった気がする

684 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 18:27:32.02 ID:uHzdEU5e0
>>623
キチガイ国家?その考えでいくと当時の先進国でキチガイじゃない国家なんてないぞ

685 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 18:27:43.98 ID:NtCoz6QK0
>>624
日中戦争を止めて中国から軍を引く
アメリカに謝罪して許してもらう

686 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 18:28:34.30 ID:PnCYrxiO0
>>658
意外かも知れないがナチへの嫌悪は当時のアメリカでは薄めでユダヤ人を多く受け入れてから特に戦後強まっていく

687 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 18:28:35.14 ID:U393qKeJ0
>>673
ミッドウェーに勝利したとしてもアメリカ本土の主要都市を
破壊するような戦力は日本には無い

688 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 18:28:42.18 ID:KrgCQmMA0
>>668
漫画ではないよ。実際に余裕で上回っていた。
http://livedoor.blogimg.jp/lovelive2015-kantai/imgs/f/b/fbe1463f.jpg

ミッドウェーも全力投入したらアメリカ海軍は半年は無力状態。
その間に何かは出来たはずだが、ミッドウェーは艦船出し惜しみで負けた。

689 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 18:28:56.74 ID:g/6HH4Lu0
それでもご先祖様はがんばったと思うけどね
欧米列強の奴隷になるかどうかの戦いだし

690 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 18:29:37.08 ID:yizpziFX0
太平洋戦争という呼称から間違ってる
太平洋戦争はペルー、ボリビア、チリが戦った戦争で、異なる戦争を同じ名称で呼んではいけないというのが文明の大原則
大東亜戦争といわず、アメリカ側の呼称を使いたいなら「第二次世界大戦の太平洋戦線」だ

それもこれも朝日新聞が「太平洋戦争への道」という本を出版したことから始まってる
本当に迷惑な奴らだ

691 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 18:29:49.57 ID:qPfBtHeP0
>>666
ん、欧米のパシリなんだから当然でしょ

692 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 18:29:51.55 ID:KrgCQmMA0
>>687
石油をある程度確保して何ができたかだよなぁ。
ハワイ徹底攻撃くらいか。

693 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 18:29:58.57 ID:S754qNoh0
当時の日本は戦費に国力を注入していたから、戦力は当初あった。

アメリカは、避戦を公約にしていたから、当初の軍備は乏しかった。

戦争が始まれば逆転する、
すぐに講和する予定の日本、
バカ言ってんな、始まったら徹底的にやるよ、アメリカ

694 :ぴーす ◆u0zbHIV8zs :2016/09/01(木) 18:30:16.42 ID:+ID/3SUiO
>>675

今の過剰なナチス否定も結局は親ナチスの揉み消しなんだね

695 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 18:30:29.83 ID:NtCoz6QK0
>>629
海軍は明らかに違うだろ
陸軍も英仏との戦争で負けてるし

696 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 18:30:59.47 ID:w2eab3Zk0
>>3
あれは最悪だよね

697 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 18:31:04.34 ID:25AGv8Lf0
>>682 訂正
>>667へ でした。
すみません

698 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 18:32:16.50 ID:hWQP8Fem0
>>693
>すぐに講和する予定の日本、

そのわりにはどうやって戦争を終わらせるかはさっぱり考えてなかった。
その時点で日本の無理ゲー。

699 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 18:32:50.80 ID:s5MyK1GR0
>>691
イギリスは和解しろと言ってたんだが。
ほんと脳内歴史で語るのやめれ。

700 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 18:32:53.26 ID:PnCYrxiO0
>>673
そこまでやる気はなかったようだ、あくまで艦隊決戦にのみ活路を見いだしていた
爆撃機が届かないから

701 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 18:33:05.19 ID:wh0PJgcf0
この国のエリートは口だけ、屁理屈は世界一のクズだからなww

702 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 18:33:23.51 ID:w2eab3Zk0
>>19
重要な事だ、昔は仕方がなかったで済ましたら、何の進歩もない。

703 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 18:33:31.24 ID:ulOi6ZZJ0
ここでああすればこうすればアメリカに勝てたとか言ってるバカみたいなのが当時実権握ってたのかな
そんなバカが上手く立ち回れるわけないんだ
そこが大敗の主要因なのに。
そういうバカどもが国の中枢に溜まってた状況をリセットしたからその後があったんだろうが

今またバカどもが日本に溜まり始めてるよね
利権関係がガチガチになってきてるし企業も東芝やら東電みたいなとこ増えてるし
安倍みたいな大馬鹿が支持集めてるし
どう馬鹿なのか30年くらいしたらまたこんな風に語られるんだろう

704 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 18:33:31.94 ID:NtCoz6QK0
>>671
米英との協調に決まってる

705 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 18:33:52.52 ID:HohMpJB/0
>>639
日中戦争は1937-1945
米国との戦争1941.12月-1945

メインは中国との戦争なんだよな

706 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 18:33:54.89 ID:lFih5vZg0
んいやあだなぁうちは戦力なんてないですよ〜
に見事引っかかった阿呆がいると聞いて

707 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 18:34:06.67 ID:pEPWNEPj0
>>688
他方面が手薄になってもやらなきゃならんなら、もう破滅だ
敗因は戦力の出し惜しみって負け惜しみだな

708 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 18:34:14.28 ID:KrgCQmMA0
>>693
開始すぐに戦力逆転したわけではないけれどな。
ミッドウェー海戦の6ヶ月後だよ。
アメリカの物量戦が始まるの。

ミッドウェーで手を抜いた時点で日本の敗北なのよ。

709 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 18:34:24.24 ID:w2eab3Zk0
>>29
キチガイ野郎w
ネトウヨなんて所詮こんなのばかりw

710 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 18:34:25.29 ID:D5Rd2+8/0
まず南部仏印進駐で石油止められるとは思ってなかったからな
戦争やっても勝てないとわかってたけどグズグズしてたら石油の備蓄がなくなっちゃう

711 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 18:34:53.97 ID:ulOi6ZZJ0
>>688
そこからアメリカ軍をゼロにしたとしても
その優位は何ヵ月保てるの?

712 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 18:35:00.83 ID:mq2ebeFZ0
絶対に負けると分かってて野党連合がポンコツを擁立した今回の都知事選に太平洋戦争当時を垣間見たんだけど。
しかし当事者の野党連合はそのような反省は一切してないのがより一層その確信を強める。

713 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 18:35:23.60 ID:c4QfUASQ0
中国人は実質的は白人だから……

714 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 18:35:31.57 ID:s5MyK1GR0
>>705
そうなんだよね。
でも中国と戦ってたっていうのが大東亜共栄圏となんにも関係ないから、
そこを誤摩化しにかかるんだよな。

715 :ぴーす ◆u0zbHIV8zs :2016/09/01(木) 18:35:36.35 ID:+ID/3SUiO
山口多聞がハワイ、カリフォルニアを占領して全米爆撃
という妄想をチラシの裏に書きつづっていた

716 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 18:35:37.51 ID:KeZlD8d80
>>317
燃料も心配だよな

717 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 18:35:51.07 ID:KrgCQmMA0
>>707
数値を出して、出し惜しみの事実あげてるのに
君は何で批判するの?
こちらが論理的に書くと、精神論で非難するとはこれいかに?

718 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 18:36:20.82 ID:XcAuaLXxO
>>685
日米対立は天津祖界閉鎖事件からだから無理

親日派の中国要人が暗殺される事件が起きて
天津祖界に逃げ込み
陸軍は犯人引き渡しを求めたが英国は拒絶

陸軍は最後通喋通りに天津祖界を閉鎖

結局日英交渉でイギリスは日本の要求を飲んだが

ここでイキナリアメリカが逆ギレ
日本との通商条約イキナリ破棄

719 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 18:36:44.65 ID:8TQwnb4A0
>>688
戦艦がいくら多くても航空機には勝てないんだから意味ないよ
機動部隊勝負でもレーダーや通信技術で劣る日本には勝ち目は薄い

720 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 18:36:51.82 ID:YcRgZYbs0
イギリスあたりでは経済学も戦争中に発達したらしい
偵察する頻度とUボートの発見確率とか・・・、いわくオペレーション・リサーチ
今でいう対費用効果の数学的発展をもたらした。

最も、オペレーションリサーチを専門にしていたはずの鳩山由紀夫氏が
対費用効果から行動してたかどうかは怪しい・・

721 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 18:36:52.15 ID:ZCNL+IYT0
>>689
もし日本がアメリカの奴隷になったらアメリカ社会に日本人が入り込むチャンスだったわけだが
日系人大統領が誕生していたかもしれない

722 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 18:36:57.91 ID:IYkidrN+0
世界中が白人の植民地にされるか否かの戦いだ。
闘わなかったら、結局中国のように半ば植民地化されてただろ。
アジア各国の独立もずっと先になってた。

723 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 18:37:46.01 ID:ulOi6ZZJ0
どうせ日露戦争みたいなのを妄想してたんだろ
どんな仮定も仕切ってるヤツが違ってたら…って仮定を加えないと成立しない時点で無意味なんだって

724 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 18:38:04.78 ID:8vwZTLAx0
陸軍と海軍が協力出来ていないのはその通り だいたい陸軍の潜水艦って一体何なんだ。

725 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 18:39:01.15 ID:mq2ebeFZ0
しかし、戦前・戦中のような情報規制下では鳥越東京都知事が圧倒的勝利なのは間違いないが、
今回の都知事選はそうならなかったのは、いまの日本がある程度の正気を保っている証拠といえる。

726 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 18:39:30.48 ID:KeZlD8d80
そもそもメリケン帝国にイエロージャップが攻撃するとかありえないわ

727 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 18:39:52.02 ID:IRAicqHD0
日独伊三国同盟からして失策

728 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 18:39:52.43 ID:KrgCQmMA0
>>719
きちんと表を見ろよ。ミッドウェーまでは日本の機動部隊(洋上航空戦力)が
倍だったんだが?

こうした当時の戦力状況を知らずに、最初から「日本は勝てっこない」と
決めつける輩は単にB層感情論でしかない。

729 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 18:40:02.82 ID:VuRardT00
かつての日本の保守はみんなアメリカとの戦争に勝てないことくらい十分にわかっていた
ちゃんと国力差のデータも知っていたし、対米戦なんて考えてなかった
それを強引に対米戦に持って行ったのは英霊を盾にした靖国の狂信者たち
日本は今も昔も保守であるべきだが左翼はもちろん狂信者になってもいけないことは重々承知するべきだ
靖国=保守ではないからね。保守は宗教を掲げない無宗教の愛国保守であることを再確認したい

730 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 18:40:06.89 ID:uHzdEU5e0
>>703
安倍批判は結構だが、これだけ支持されている総理大臣を馬鹿呼ばわり出来るだけの点と
それに対して対案を出してみてくれよw出来るならな

731 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 18:40:30.63 ID:U393qKeJ0
>>724
空母もどきもあるね
役人根性の極みとでも言うべきか
今でも延々と受け継がれてる

732 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 18:40:52.01 ID:h0RBb3Y70
裕仁は御文庫に大本営を設けナポレオンの像を置いて作戦を練った。裕仁は毛利八郎の息子で西園寺公一は異母弟。西園寺公一はゾルゲを飼っていた。裕仁の大本営での作戦会議の決定は西園寺公一のゾルゲを経由しスターリンに知らされた。

733 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 18:41:13.99 ID:rNnhtq/I0
>>728
お前みたいな馬鹿が戦争は1年半で終わって物資不足にもならず勝ち抜けると思い込んだんだなw

734 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 18:41:23.95 ID:hWQP8Fem0
>>725
鳩山ルピ夫の民主党が政権取っちゃったときは、かつて日本が戦争に突入しちゃったときとマジでダブった。

735 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 18:41:58.18 ID:XcAuaLXxO
日米対立の原因を南満州鉄道の米資本導入拒否に求めたり
南部仏印に求めたりするけど

直接原因である天津祖界閉鎖事件には何故か触れない


まあどう考えても「日本悪くない」って事になるからな
天津祖界閉鎖は

736 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 18:42:08.28 ID:ZfhA5m900
いや、アメリカには勝てる。アメリカとの戦いはは100年戦争だ
まだ80年しか経っていない。戦いははまだ続いているんだぞ

737 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 18:42:15.74 ID:ulOi6ZZJ0
例えばこういう>>313みたいな盲目的な脳みそがやってる戦争が上手くいくわけない
「じゃあなんで負けたの?」って疑問を自分で検証してみないんだろうか
これなら勝てるに違いないって一瞬思ったところで思考を停止してしまう
そんなバカ

738 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 18:42:40.65 ID:S754qNoh0
アメリカとの戦争を避ける必要があるとか思ってたのは、海軍の一部だけだよ。

新聞も、遂に開戦パッパカパー、みたいな論調だったわけだろう。

739 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 18:42:41.66 ID:KrgCQmMA0
>>733
感情論はどうでもいいから。
当時の図演、そして宇垣、山本、源田あたりの動き見てから
言ってくれ。

おまえみたいな奴が一番、情報弱者だったんだよ。

740 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 18:42:51.14 ID:ROO/lUdm0
>>258
結局日本は戦後も霞ヶ関(行政)と司法が一体になっていて
権力には憲法も法律も適用されない
官僚独裁国家のままなんだよね

741 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 18:43:02.77 ID:J4vQvnHk0
被害を大きくしたし、負け方のテクニックもまずかったね。

が、戦争の原因はルーズベルトがどうしてもしたかったから。
若い子がカンチガイするジャン。

海軍はエリートバカ、ほんとにバカ、実害バカ。
原発あぼんの保安院 東大法学部 西山ハゲタイプの無責任。


陸軍はヒーロー、正義オタク、やはり直情バカ。
森、自民都議内田タイプの調整寄生虫。

まあ、いちばん悪いのは海軍の軍事官僚だよ。
あとは、バカしかいない、外務省だね。

742 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 18:43:29.69 ID:2eQA5R22O
ミッドウェーで勝てればって意見が多いけどさ、ミッドウェーで失ったのは空母4隻だろ?
終戦近い頃のアメリカは日本本土上陸作戦に空母40隻、戦艦20隻以上を投入する予定だったからな
遅かれ早かれミッドウェーみたいな負けはいつかは来てたんだよ

743 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 18:44:01.42 ID:rNnhtq/I0
>>739
はいはい、

勝てた勝てたw

お前みたいな馬鹿がシナ相手に半年で制圧とか思いこんだんだよw

744 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 18:44:02.87 ID:g/6HH4Lu0
>>721
当時有色人種に公民権は無く実質奴隷
一度当時の大英帝国支配地域世界地図でご覧なさい
今のアフリカ地域ご覧なさい
拳を上げなければ不公平は今以上だろうよ

745 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 18:44:12.38 ID:U393qKeJ0
>>728
戦争後半にエセックス級空母がどれだけ就役したか
一時的局所的に優位に立っても全くだめだろ

746 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 18:44:12.86 ID:pEPWNEPj0
>>718
そういえば満州に広大なユダヤ疎開用意しましたっていうのはアメリカ食いつく?

747 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 18:44:25.73 ID:J4vQvnHk0
> 軍備に膨大な予算を費やせば、
> いついまさら戦争ができないなんて言えない
> というどうしようもないプライド

先に中国に言えよ。
つか、中国に対する代案を示すのが先だわ、クズっ!!

748 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 18:45:01.79 ID:rNnhtq/I0
>>747
おい、現代の話じゃないw

749 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 18:45:19.94 ID:S754qNoh0
総力戦研究所だか、どんなシミュレーションしたか分からないけど、

工業力から言ってだと思うけど、
絶対勝てないって結論してたんだろ。
情報は握りつぶされた。

750 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 18:45:40.92 ID:KrgCQmMA0
>>742
最初から日本の主力空母4隻を、米空母3隻殲滅向けてたら、
日本の被害は2−3隻で済んだけれどな。

751 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 18:45:49.45 ID:7RBWe4fm0
>>742
ミッドウェーの後に一時的にはアメリカ海軍の空母0の状態にはしたんだけどね

752 :ぴーす ◆u0zbHIV8zs :2016/09/01(木) 18:45:57.65 ID:+ID/3SUiO
>>742

その戦力が揃うまで戦争が続いてるかどうかは全くわからない

753 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 18:46:14.37 ID:YEXxojWU0
生産拠点を破壊出来無かったからな
これは独ソ戦でも言えるけど

754 :株闘家ハイパー:2016/09/01(木) 18:46:21.30 ID:FUH/3mDz0
失敗した軍人も
上手く任務を遂行した軍人も
国家の職務でやって亡くなって
天皇陛下の作った靖国に祀ってるんなら
日本政府もたまには感謝の意を伝えるべきなんじゃないの?

勤労感謝の日にでも正式に政府で花ぐらい送ったらよ?
当時の雇い主を引き継いでるのが政府なんだし

755 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 18:46:26.29 ID:ulOi6ZZJ0
>>728
当時の軍で威張り腐ってそうな種類の脳みそがここにいるぞw
まさしくこれが敗因なんだ
コイツらが居た以上どうやっても敗けていたはず

756 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 18:46:47.32 ID:rNnhtq/I0
>>750
うわ、、神のつもりかw 恥ずかしいねえ

757 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 18:46:57.42 ID:D5Rd2+8/0
>>724
海上護衛を軽視するバ海軍に陸軍がキレてつくったんだよ
輸送用にね

758 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 18:47:23.91 ID:o4nspIGi0
海軍は情報が筒抜けだったからなあ

759 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 18:47:54.45 ID:KrgCQmMA0
>>745
半年間制空権を日本が取るので、そこで何が出来たかだな。
石油の確保とアメリカの海軍工廠殲滅くらいは出来るな。
エセックス級と週間護衛空母就役出来ずになる。

760 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 18:48:02.11 ID:AT5wKo3i0
うむ勝たなきゃ意味が無い
負けたら皆そっぽ向くって身にしみて分かったからな
まず徹底して獅子身中の虫を排除していかんと

761 :ぴーす ◆u0zbHIV8zs :2016/09/01(木) 18:48:11.30 ID:+ID/3SUiO
>>746

もともとフォードの誘致計画があったりとか満州は
日米共同開発の話が進んでたんだよ

762 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 18:48:51.03 ID:xFTOoavp0
つか、戦争というのは長い伏線となる経済戦争の結果始まる。
そして戦争の勝利は相手国に自国の国旗をたてることではなく
経済的に支配して利益をあげることだ。軍主導になると戦火ばかりが
着目されるがそんなのは子供騙しにすぎない。だからいかに勝つか
いかに負けるかというのが問題になる。兵力の7割を遺失してなお戦うとか
そういうのはナンセンスであり戦争後を何も考慮していない。
幸いフタをあけてみると日本はギリギリそういう状況で負けた。
だから今があると思ったらいい。そして経済戦争はいまだ継続中である。

763 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 18:48:55.77 ID:FLoQoACv0
中国本土に色気を出したのが全てだろ
蒋介石と組んでいればアメリカと戦争にもならなかった

764 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 18:49:04.15 ID:8TQwnb4A0
>>728
ミッドウェー基地の航空機の数も入れれば日本は全然有利じゃなかった
アメリカはレーダーや暗号解読で万全の準備をしているわけだし

765 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 18:49:13.15 ID:+WifPiTf0
>>739
連合艦隊は、将来出現する米大艦隊の恐怖に怯えて、戦力の勝ってる1年以内の積極攻勢を主張したけど
ハワイにもう一度殴りこみでもかけないと達成できない厳しい戦略目標だったからなあ

766 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 18:49:21.11 ID:mq2ebeFZ0
第二次対戦で敗戦したのは日本特有の「空気を読め」っていう同調圧力の結果だよw
敗戦から70年も経ったのに、いまだに日本人は「空気を読め」ってお互いにやりあってるよw

767 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 18:49:26.42 ID:U393qKeJ0
>>759
もしかしたらお前一人でアメリカ相手に戦争起こしたら勝てるんじゃね?

768 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 18:49:59.36 ID:S754qNoh0
アメリカなんか、軍事工場を空から見て分からないように擬装してたんだぞ。

日本なんか、剥き出しじゃん。

ただでさえ乏しい工業力に対する配慮が全くない、
頭にあるのは現有戦備だけ。

769 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 18:50:11.96 ID:KrgCQmMA0
>>756
そのレスだけでミッドウェーで4隻が沈んだ理由を君は知らない。
図演も君は調べいない。君は歴史を語るに値しない。

770 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 18:50:19.13 ID:053mHF+/0
まあ国民が望んだよな戦争を
だから軍部が調子付いた
日教組やマスゴミはや政府や軍、教育なんかのせいにしたがるけど
民衆が娯楽として大きな惨事を望んだんだ

771 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 18:50:29.66 ID:rNnhtq/I0
>>767
そのつもりらしいぞ?ww

こういう馬鹿が当時もいっぱいいたんだろうね。

772 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 18:51:40.40 ID:KrgCQmMA0
>>767
無理、当時の偉い方に「出し惜しみ」して物量やシミュレーションを
無視する人がいたから。

773 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 18:51:47.27 ID:rNnhtq/I0
>>769
後世の人間がタラレバ?

何様のつもりだ?おまえ。タイムマシンでも作れよ。アホは

774 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 18:52:01.12 ID:FLoQoACv0
フィリピンも独立が決まってたのに進行すべきではなかったな

775 :株闘家ハイパー:2016/09/01(木) 18:52:07.57 ID:FUH/3mDz0
>>766

それは日本特有じゃないと思う

ドイツやアメリカも一緒

776 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 18:52:22.90 ID:KrgCQmMA0
>>771
少しは勉強しなよ。幼稚園児みたいな感情論だけではだめだ。

777 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 18:52:23.91 ID:mq2ebeFZ0
日本人は「空気を読む」ことに異常かつ宗教的とも言える執着を示すから
周辺国はこの特性を常に利用しようと画策して様々な工作を仕掛けている。

778 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 18:52:30.50 ID:+WifPiTf0
>>751
そうそう
S17年末には太平洋の米稼働空母はゼロだった。
でも、ソロモン諸島の航空消耗戦がなくなったわけじゃないからジリ貧。

779 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 18:52:41.56 ID:QquUEA4E0
>>313
その沿岸配備部隊にいた老人に聞いた話だけど、配備されたのは使い古した旧式兵器ばかりでお話にならなかったってさ。
 明治大正の頃の旧式野砲でアメリカの機動部隊を迎え討つつもりだったんだと。

 動員されたのは戦前なら徴兵検査に落ちる奴や衰えた在郷軍人。その老人も学徒動員された理系オタクの大学生。
 食料もなくて皆で地引網で一生懸命サバを獲るのが訓練の一環だったと言ってた。

 ちなみにその部隊は独立混成第119旅団(御前崎)。工業地帯浜松にも近い要衝を守る本土防衛第一線部隊でもこの有り様。

 書類上の火力兵力だけならすごいね。

780 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 18:52:50.49 ID:KQV3nFG/0
真珠湾攻撃でハワイ基地の機能をなくしてミッドウェーで
アメリカの機動部隊を撃滅したとして

アリューシャン方面から進軍してる北ルート軍が
ダッチハーバーを占領、それ足がかりにしてシアトルあたりから上陸

南方ルートはハワイはすでに破壊してるからフィジー・サモア攻略で米豪遮断
それか一気に太平洋側の米海軍拠点であるサンフランシスコを陥して
どしどし精強な陸軍を送り込んで首都ワシントンに迫る
これでアメリカを降伏に追い込めるわ

781 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 18:53:15.77 ID:7RBWe4fm0
>>769
そもそもミッドウェー攻略は後詰めの空母誘い出し作戦だから
8隻全部出してたらアメリカ空母は出てこないでしょ

782 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 18:53:17.69 ID:9laVlEys0
自民官僚日銀アメリカはソフトランディング(普通のインフレ)じゃなくて
ハードランディング(ハイパーインフレ) させようとしてるからな。
もし、ソフトランディングを目指しているなら、量的緩和でもっと銀行券を発行して国債を購入しているはずだが、
実際は市中銀行から借金をして、それを原資にして国債を購入している。量的緩和開始以来増えた銀行券の量は6兆円程度でしかない。

【日銀のバランスシート】
2012年12月20日
 《資産の部》     《負債の部》
国債  112兆円|発行銀行券 84兆円 
その他 45兆円|当座預金   48兆円
           |その他    25兆円
計    157兆円|計      157兆円
https://www.boj.or.jp/statistics/boj/other/acmai/release/2012/ac121220.htm/
2015年8月10日
 《資産の部》     《負債の部》
国債  298兆円|発行銀行券 90兆円 
その他 55兆円|当座預金  220兆円
           |その他    43兆円
計    353兆円|計      353兆円
https://www.boj.or.jp/statistics/boj/other/acmai/release/2015/ac150810.htm/

■異次元緩和はハイパーインフレを引き起こすための仕掛け
これは量的緩和が限界に達したとき、つまり、何らかの理由(国債暴落や大天災など)で市中銀行が日銀の当座預金に預けている預金を一斉に引き上げたとき、大量の銀行券を一気に発行させる(→ハイパーインフレの一因)ためだと思われる。
(インフレが起こるか否かは銀行券の発行量次第、日銀のBSの規模、マネタリーベースはほとんど関係ない)
 時間をかけて貨幣(銀行券)を発行する分にはそれほど酷いインフレにはならない、今の日本の状況では10兆−20兆/年程度なら問題ないと思われる。もし政府日銀が金融政策によりインフレにするつもりならこれをやる必要がある。
 市中銀行が当座預金から預金を引き出した場合、日銀は国債を売って現金を得るか、新たに銀行券を発行しなければバランスシートを維持できない(引き出しに応じる現金がない)。
緩和を継続する限り(または国債が暴落した時などは)、国債は売却することができず、銀行券を新たに発行せざるを得ない。

■なぜ国債暴落・大天災で日銀当座預金が流出するのか?
国債暴落→金利上昇→市中銀行は日銀の当座預金からより利回りのいい投資先へ資金移動。
大天災の発生→破壊された生産設備や住宅の復旧、家財などの購入のために膨大な資金需要が生じる→市中銀行は日銀の当座預金から預金を引き出しそれに対応。
首都直下型で約100兆円、南海トラフ3連動で約220兆の被害額が発生すると言われている。これにインフレが加味されたら被害額は雪だるま式に増えていく。ちなみに東日本大震災の被害額は約25兆円。

■ハードランディングさせる目的は
@貧困層を増やして家族を頼らざるを得なくして大家族を復活させる。
A中間層の貯蓄を紙くずにして、すべての国民を働かざるを得なくさせ、鍛える。
 そして、国民すべてをあくせく働かせることで思考力を削ぎ政治をコントロールしやすくさせる(全体主義国家へ)。
B貧困層の不満を爆発させ、戦争を含め社会に大変革を引き起こす(これは主にアメリカの目的)。

なお、マスゴミやインチキ経済学者が量的緩和について、「じゃぶじゃぶお金を刷ってる」とデタラメを吹聴しているが、
これは来るべき危機を国民に覚らせないためと、ハイパーインフレの責任を、異次元緩和を始めた安倍に押し付けるためだと思われる。

wq

783 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 18:53:27.58 ID:9laVlEys0
■ハイパーインフレが起こる時期
そう遠くない将来、@日銀の当座預金残高が500兆を超える(ハイパーインフレは当座預金を一気に流出させることで引き起こそうしていると思われるが、発行銀行券残高の3-5倍程度まで当座預金が積みあがってなければ、大量かつ一気に流出させることが出来ない)、
A首都直下型や富士山噴火、南海トラフ地震などで供給力が著しく低下したとき、現在100兆程度の発行銀行券が1-2年で400〜600兆になる時がきっと来る。

■戦中戦後のインフレ率と銀行券発行高の推移
http://i.imgur.com/U85rBR1.png
http://i.imgur.com/JXtKB5g.png

wqqf

784 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 18:53:43.78 ID:rNnhtq/I0
>>776

うん、当時針の穴を通すアクロバット戦術で勝てたね。だからあの戦争は断固やるべきだったと。
よかったねえ。

785 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 18:53:44.29 ID:9laVlEys0
ハイパーインフレ(戦後並み)は間単に起こる

■ハイパーインフレを引き起こすための3要件■
1.日銀が短期間に大量の銀行券を発行する。
 ・戦後のインフレ時は1年で3-5倍も銀行券の発行量を増やした。
  逆に時間をかけて銀行券を発行する分には酷いインフレにはならない。
 ・なお、量的緩和というのは日銀が(事実上)市中銀行からの借金で国債を購入するもので、
  銀行券を増やして国債を購入しているわけではない。

2.大量に発行された銀行券が市中に流通する。
 ・莫大な財政赤字(税収等を上回る歳出、国債利払費が新たなマネーとして市中に流通する)。
 ・取り付け騒ぎなどによる預金の引き出し。

3.著しい供給不足。
 ・戦争や天災による工場の破壊、インフラ網の寸断、物流の遮断、サプライチェーンの崩壊など。

■ハイパーインフレは首都直下型&南海トラフ3連動が起きたときが危ない。
 直下型の後、国債暴落や金融危機が起こったり、住宅や生産設備の復旧などのために膨大な資金需要が生じることで、市中銀行が日銀の当座預金から資金を引き上げ、
その結果、日銀が大量の銀行券を発行せざるを得なくなり、発行し始めたら(BS見ればわかる、四半期で20-60兆ぐらい?)ハイパーインフレが始まると思ったほうがいい。

https://www.boj.or.jp/about/outline/history/hyakunen/data/hyaku5_3_1_1.pdf#search=%27hyaku5_3_1_1%27
https://www.boj.or.jp/about/outline/history/hyakunen/data/hyaku5_3_1_2.pdf#search=%27hyaku5_3_1_2%281%29%27

■ハイパーインフレは人為的に引き起こそうとしなければ絶対に起きない。
 もし起きたらそれは人為が働いたということである。 銀行券を大量発行した戦後の日本でも財政を均衡さえさせていればあれほど酷いインフレにはならなかった。
 消費税増税を必死で阻止しようとしたり(わざわざ安倍に増税中止を注進しにきたクルーグマンとか本田とか)、法人税の減税を強く訴える人間がいるが、それらは人為的にハイパーインフレを引き起こそうとしている勢力の一味だと思われる。

■ハイパーインフレを引き起こすには相当な供給不足が必要。
 これだけ生産性が効率化され、日本中の工場が破壊されるような戦争も想定されない現代の日本(今の所)では、 首都直下型&南海トラフ3連動クラスの天災が同時に起こる時しか引き起こせないと思われる。
 それにこのクラスの震災が立て続けに起きたら復興のために莫大な費用が必要であり、 財政赤字をより悪化させるのは確実。
 さらに復興需要により需給は著しく逼迫しインフレをより悪化させることができる。
それにハイパーインフレを引き起こすいい訳も立つ。

■濱田や本田が執拗にさらなる量的緩和を求めるのも量的緩和が限界に達したときの衝撃を大きくするため。
 現在日銀の当座預金の残高は200兆ほどだが、ハイパーインフレ(戦後並み)を引き起こすには300-600兆程度(発行銀行券残高の5倍程度)まで増やす必要がある。
qwfq

786 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 18:53:56.76 ID:9laVlEys0
自民アメリカは財政破綻させて社会保障を大幅に削減しようとしてるからな

自民党が歳入改革(増税)をほとんどやってこなかったのも、財政を破綻(銀行券の大量発行による高インフレ)させ社会保障を(事実上)潰し、さらに社会保障の根拠となる現憲法25条も、財政再建や老若間格差の是正を名分に改正させて、
名実ともに社会保障を潰し、社会保障にかかっていたお金をすべて軍事費に転用させるため。

憲法25条 2項
<現憲法>国はすべての生活部面について、社会保障の向上及び増進に努めなければならない。
<自民党草案>国は国民生活のあらゆる側面において、社会保障の向上及び増進に努めなければならない。
国の保障を「すべての生活」から「生活の側面」へ変更。
国が生活の「側面」しか面倒を見なくなる(→「正面」は面倒見ないということ)。
これにより社会保障(医療、介護、年金、子育て)の費用は大幅に削減される。

社会保障を潰す前(現憲法25条改正前)に消費増税すると、そのすべてを社会保障に使わざるを得ず軍事費に使用できない。社会保障を潰した後なら増税したすべての税収を軍事費に使用できる。

★ 現憲法と自民党憲法草案の条文比較表
http://satlaws.web.fc2.com/0140.html
wqf

787 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 18:54:06.69 ID:qLb8yv1t0
>>604
大量破壊兵器の使用は、戦後に禍根を残す
人民への恫喝に正義はない

抑止力なうちはいいが、実際には使用したほうが負けの諸刃の剣

788 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 18:54:10.23 ID:h0RBb3Y70
ハリマン=デイロン=カーライル。日本人と米国人は同じ銀行から金を借り武器を買って殺し合いをした。ディロンは日本敗戦後に裕仁に武器と石油代金を請求した。裕仁は日本軍に武器と石油を売りスイス銀行に蓄財して莫大な利益を得た。

789 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 18:54:17.23 ID:fSIrEeIo0
素直にロシア攻めてれば良かったのに

790 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 18:54:18.26 ID:9laVlEys0
      /\
    /:::::::::::\
   /:::<◎>:::\
 /:::::::::::::::::::::::::::::::::\

安部が総理の時は首都直下型と南海トラフ三連動は引き起こされないから大丈V
首都直下型と南海トラフ三連動がやばい年

2021年 ◎  ※但し東京オリンピックが中止または延期の場合、2021年発生の確率は大幅に下がる。
2023年 ○
2025年 ▲

このときに大天災or大事件(紛争含む)が起こらなければ

2031年 ◎
2033年 ○
2035年 ▲

首都直下型と東南海三連動は日本崩壊(震災で供給力が低下した時に合わせた銀行券の大量発行によるハイパーインフレ)を世界に印象付けられる一大イベントだから
10年スパンの前半に引き起こされる。それでその10年を日本崩壊の10年にするはず。
※日銀の当座預金残高が少なくとも500兆程度は積みあがってないと強いインフレを引き起こせないから、500兆程度まで積み上がるまでは絶対に首都直下型と南海トラフ三連動は起きない。
逆に言えば、首都直下型と東南海三連動は異次元緩和中に引き起こされる可能性が非常に高い。

上記西暦の年で次の条件のうちどれかが当てはまる年がより危ない。

・ 公明党の人間が総理になったとき
・ 左派政権が出来たとき
・ まとまった改憲派野党が出来たとき(大阪維新の会の全国区での躍進や民進党の右系化)の自民政権のとき
・ 憲法改正後の自民党政権のとき
fqe

791 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 18:54:18.42 ID:g/6HH4Lu0
ID:KrgCQmMA0 さんは戦略的視点から検証してるのだろうかな?
自分は少し違って情報戦色々いじれての上での開戦ならばと考えますね

792 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 18:54:35.99 ID:KrgCQmMA0
>>773
タラレバじゃないな。ミッドウェーは図演の負けパターンどうりだったのだから。
「なぜ日本は、シミュレーション結果が通らず、最悪の展開を選んだのか」
に気づかないと。「日本は勝てない」なら幼稚園児でも言うよ。

793 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 18:54:51.02 ID:2SzV4Mi00
>>558
永遠のゼロにも出てきたね、そんな理不尽なシーンが。
アメリカ軍ではパイロットは一回出撃したら3日くらいは休み。
そんで一月勤め上げたら後方で休暇が与えられる。

日本は毎日延々と出撃させる。しかもゼロ戦の航続距離が
長いのをいいことに、滅茶苦茶な距離を飛ばしていた。
そんで休暇なんてない。
休暇なんて言えば根性が足りんとか言われるw

この体質は今でも同じだね。
おっしゃるとおり、水のむな等の非科学的な精神論が、つい、20年前まで
公然と幅を利かせていた。
否、今でも根強く存在する。
盆と正月以外は連続休暇はなし。
異様な勤務時間の長さ。

こんな国が先進国だなんて、欧米人が見たら首をかしげるw

794 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 18:54:59.73 ID:YEXxojWU0
マジックによる暗号解読以前に海軍に内通者いるだろw

795 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 18:55:08.16 ID:W6jDtBNnO
>>620
触れられる今でも都合のいい意見しか見ないから変わらないんじゃね?

796 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 18:55:22.86 ID:DpTd63JI0
>>411
半熟英雄でも同じような事が起きるね

797 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 18:55:35.24 ID:s5MyK1GR0
>>779
本土防衛用の武器を陳列したから見てくれって言われて、
海軍大臣の米内が見に行ったら、槍や弓矢が置かれてて、
呆れてどうしようもなかったんだっけか。

798 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 18:55:43.46 ID:pgOUJ3w40
その何人かの中二病右翼の妄想で始めた戦争で、

いったいどのくらいの自国民を死に追いやったんだろう

挙げ句の果てが隣国に集られる末期国家

保守右翼は目先の優越的な妄想にしか興味がない

799 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 18:55:47.59 ID:rNnhtq/I0
>>792
>なぜ日本は、シミュレーション結果が通らず、最悪の展開を選んだのか

そういう組織だったからだよ。 なにいってんの?

800 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 18:56:22.23 ID:hJ/vKK140
開戦を避けて、米英にすり寄ってもがっつり国力を削られ
厳しい条件を押し付けられ続けることになっただろうからな
もっと不利な状況で踏み切らざるを得ないことになった可能性もある

801 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 18:56:28.53 ID:pEPWNEPj0
>>757
戦艦沈めるのより、輸送船沈めるのは低い評価だったそうで資源貧国のくせに考えられん馬鹿さ加減

>>761
やっぱアジアが食い物になってもアメリカは敵に回さんように立ちまわるしかなかったか

>>763
蒋介石が乗ってこないから汪兆銘になっちゃった

802 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 18:56:51.95 ID:EnMVUuV1O
>>788
それ、早くアメリカ人たちにも気づいてもらいたいよねえ。

803 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 18:56:56.09 ID:DWtAmQP+0
今はもっとなってるわwwwwwwwwwwwww

804 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 18:57:04.38 ID:U393qKeJ0
>>772
謙遜するなよ まずお前一人で
何とかうまいことやってホワイトハウスでも制圧して
何とかうまいことやってアメリカを大混乱に陥らせ
何とかうまいことやって核のボタンでも手中にすれば
勝てる可能性はあるぞ お前なら

805 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 18:57:11.44 ID:o4nspIGi0
>>766
そらあ宮様軍令部総長に意見なんて出来るわけないやん....

806 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 18:57:32.13 ID:0cwGMmSn0
>>763
租界にゲリラ攻撃しかけてきたんだよ
退くのも難しかったろうが、一度退くべきだった

807 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 18:57:37.69 ID:XcAuaLXxO
>>783
百分の1デノミとか知らんの?

今日から百円は1円になります
ただし通貨価値は元の1円のままな

であっという間に戦債償還

808 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 18:57:48.91 ID:+WifPiTf0
外交的には南部仏印進駐へのアメリカの反応を見誤ったのが全てだなあ。

809 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 18:57:55.92 ID:KrgCQmMA0
>>791
あとは条約派の動きですね。
遡れば米英側につくという選択もありえた。

810 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 18:58:02.16 ID:605zBYPd0
>>777
> 日本人は「空気を読む」ことに異常かつ宗教的とも言える執着を示すから
> 周辺国はこの特性を常に利用しようと画策して様々な工作を仕掛けている。

「空気を読む」と言うのは行為であり目的ではない。
大概は、「空気を読む」行為をするのは、個で責任を取るのではなく、
みんなで責任を共有しようとする行為w

中田やイチローが空気読むのか?w

811 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 18:58:38.35 ID:rNnhtq/I0
>>809
>遡れば米英側につくという選択

どこまでさかのぼるんだよwタラレバ厨

812 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 18:58:52.21 ID:KQV3nFG/0
ミッドウェー取れば
あとはアメリカ本土まで拠点になる島がないんだし
攻撃の橋頭堡を確保したとして太平洋の覇権をほぼ握ったと言っていいんだよな
アメリカは本土からの出撃しか手がなくなるわけだし

813 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 18:58:52.28 ID:aI/BYIWm0
戦前にも記者クラブがあって軍にコントロールされた
現代にも記者クラブがあって政府にコントロールされている

新聞社はこうした報道するのも大事だがそれより先にまず自分たち
の記者クラブシステムをやめることを考えたらどうだろう

814 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 18:59:18.03 ID:D5Rd2+8/0
>>782
で、ハイパーインフレの定義とは?

815 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 19:00:05.97 ID:o4nspIGi0
何をトチ狂ってアメリカに手を出したのか
南方の資源地帯はアメリカではないと言うのに

816 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 19:00:17.68 ID:EnMVUuV1O
>>793
一方では大変文化的にも社会的にも学ぶとこれがあって、故に欧米人が不思議がるんだよ。
だけど答えは単純。戦争に負けた日本人は、アメリカ経済を支えるために長時間働いている。この金融の裏からくりが理解できないことには、ここから脱するのは難しい。

817 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 19:00:35.85 ID:XcAuaLXxO
>>808
天津祖界閉鎖の顛末で
とっくに事切れてるよ

なんせ通商条約破棄だからな

818 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 19:00:37.61 ID:SAJSy3O10
>県立歴史館で、青木隆幸・同館学芸部長(58)
>米国による石油禁輸を受け、大和など巨大戦艦が燃料不足に陥ることを恐れた海軍が開戦を急いだ

専門家のなりすましは怖いな。
海軍がナチスから支援されてりゃ戦争でも何でもやるわ。

シーメンス汚職で引責辞任した海軍の斉藤実が
515クーデターで元老を脅して首相の座を乗っ取った。

シーメンス515を忘れるな

819 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 19:00:43.94 ID:LZZXuQFL0
安倍チョンも無能なのにプライドだけ高そうだもんな

820 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 19:00:44.22 ID:rNnhtq/I0
>>815
シナ事変が長引いたからだよ。陸軍の目論見狂って

821 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 19:01:06.90 ID:51swX3n6O
太平洋戦争の教訓と言えば海上輸送の重要性
そこで安保法案なんだが
国民の大半が餓死するまで何もするなと言ったのが民主党

822 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 19:01:22.26 ID:ymTqH6oK0
>>10
でました!
ケントに高槁史朗!
親学、江戸しぐさのウソつきカルト学者
日本会議わっしょい

823 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 19:01:33.38 ID:KrgCQmMA0
>>764
暗号も何も、ミッドウェー攻撃はその辺の大衆が知っていたからなぁ。
海軍上層部でも「漏らしておいたほうが敵空母が来てくれる」
という意見があり、実際に、市中に作戦は知れ渡っていた。

で図演どおりに、アメリカ主力空母が現れる。
何で敗北わかってて、その道を進んだのかというのが
日本敗北の鍵だが、海軍私物化の黒幕の存在だろうな。

824 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 19:01:33.75 ID:+WifPiTf0
>>812
ハワイが米太平洋艦隊の母港ですよ。
ちなみにミッドウェイ作戦ではミッドウェイ島を恒久占領つもりはなかったので、艦隊決戦が終わったら引き上げることになってます。
(アリューシャンみたいになし崩しに長期進駐してたかもしれないけど)

825 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 19:01:41.34 ID:AuW5sYTC0
だから戦争はいけない
じゃなく
「こうすれば勝てた」って話

826 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 19:02:13.95 ID:s5MyK1GR0
>>825
どうやっても勝てないよ。

827 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 19:02:28.43 ID:3UAgwr8O0
1.次は勝つこと
2.あいつらは殲滅すること

これだな

828 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 19:02:40.89 ID:g/6HH4Lu0
>>809
歴史は何処で区切るかによって見え方全く変わってきますからね

829 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 19:03:05.28 ID:7RBWe4fm0
>>812
普通にハワイが本丸だろ?
ハワイの支城がミッドウェーなんだからさ

830 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 19:03:10.23 ID:Z2MCStOm0
>>728
第4戦隊はアリューシャン作戦に参加せにゃならんし、第5戦隊はPO作戦参加だから航空戦力についてはミッドウェーは
最大戦力だろうよ。

831 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 19:03:24.32 ID:h0RBb3Y70
ドレイパーは敗戦後に裕仁に武器と石油代金の売掛け金の請求をした。

832 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 19:03:35.04 ID:pEPWNEPj0
>>823
どんどん壊れるなお前

833 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 19:03:37.77 ID:o4nspIGi0
>>821
あいつら個別的自衛権の拡大解釈で対応できるとか言ってるけど
モロ関東軍の思想だよな歴史から何も学んでないミンスは

834 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 19:03:46.07 ID:XcAuaLXxO
>>826
天津祖界閉鎖の顛末は無理ゲー過ぎるわ

835 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 19:03:55.75 ID:xFTOoavp0
>>812
そもそもそんなとこまで足を伸ばす必要性はゼロな。
南方を押さえるだけで十分。そもそもフィリピンに米軍いることじたい
フィリピンの主権を脅かすことであり、南方の植民地政策は破綻しかかっていて
独立の気運が高まっていた。そこをちょっと支援すればいいだけで
わざわざ占領することもない。田舎臭い作戦が無駄な消耗戦を生み出したわけだw

836 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 19:04:09.90 ID:KrgCQmMA0
>>811
へぇ、君は外交史も音痴なよだねw。

837 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 19:04:25.48 ID:B2MDQ6Kr0
日本人は世界一優秀じゃなかったの?

838 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 19:04:47.29 ID:7RBWe4fm0
>>823
ハワイに引きこもってるアメリカ空母を誘きだすのが作戦の趣旨なんだから当然でしょ

839 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 19:04:58.97 ID:rNnhtq/I0
>>836
で何処までさかのぼるおつもりで?w タラレバいいねえ。神気分てか

840 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 19:05:00.56 ID:B4Zhkgp60
✕情報共有
◎無能省庁の暴走 今も変わらず

841 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 19:05:52.07 ID:cZHO3D+s0
日帝の愚かな軍部と同じなのが今のバカ左翼だ。
現状認識できず、都合のいい情報ばかり持ち出す。都合悪い情報は拒否、無視。
日帝軍部は在外武官、外交官などからの情報得ながら、それが都合悪い場合は無視した。
日本は中国、米帝という巨大な国を一度に相手にした。
冷静に考えたら無理だし、いずれ破綻が来る事は子供でも分かる。
しかし陸軍士官学校出た秀才たちのほとんどは無理を押して戦争始めた。
結果が出ない、被害は増える、それでも思考、戦略の転換ができない。
「ここで引いたら亡くなった兵士に申し訳ない」とバカな意地を張る、自分たちの誤りを認めるような
事もプライドが許さない。
最後は破滅だ。失敗しても失敗しても根本的な思考、戦略の変更ができない。今の左翼リベラルだ。

842 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 19:06:06.71 ID:gnmXSjMg0
対米戦争の最終目標は「勝利」ではなく「有利な条件で講和に持ち込む」だよ最初っから。

843 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 19:06:07.92 ID:cby1jluSO
コレは戦争そのものがダメなんではなくて、戦略が杜撰過ぎたのが一番ダメなんだと思うわ。

しかし、意外にもアメリカ人には日本の戦闘機のファンも多いんだぜ。

844 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 19:06:29.72 ID:CEGZz1lf0
>>812
ミッドウェー海戦って
島を取りたいのか、相手の空母を沈めたいのか
いい加減だったんだろ。

845 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 19:06:50.89 ID:s5MyK1GR0
>>835
まあ日本は東南アジアの重要拠点は独立させるつもりはなかったことから分かるように、
実は独立されると困るわけだからな。独立させるためだけの支援なんてするわけがない。
それでは資源を押さえられないからね。

846 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 19:07:08.95 ID:QquUEA4E0
>>797
そういうエピソードもあながち創作とは思えないんだよな。戦争体験者から色々聞くとさ。

847 :0048WT ◆kiraraJhCE :2016/09/01(木) 19:07:17.39 ID:w03f/v/u0
今も同じ体質だよね
だから日本の上級国民のクズどもに戦争させたらダメなんだよ
彼らは頭が悪くて戦争が下手で
ただ一般国民をブラック扱いして負担負わせてしわ寄せして
結局破綻するけど
被害受けるのは一般国民だけで上級国民は焼け太りとかなんだから
中国人より直接的に俺らに有害なのが日本の支配層の自民や日本会議カルトやらの連中

848 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 19:07:17.71 ID:+WifPiTf0
>>835
陸軍は南方資源地帯だけとって長期持久戦略だったけど
海軍特に連合艦隊は「米艦隊ほっといて、大艦隊になってから決戦になったら勝てねえじゃねえか」
ってことになって戦略が統一できなかったからねえ。

849 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 19:07:17.91 ID:7RBWe4fm0
>>835
というか最大の目的はハワイ城を海軍で包囲するのが一番理想的だったんだけどな

850 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 19:07:50.09 ID:KrgCQmMA0
>>830
アリューシャンは本末転倒だよな。

851 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 19:09:17.47 ID:U393qKeJ0
>>812
ミッドウェーを取って攻撃の橋頭堡を確保とかさらっと言ってるけど
日本からはるか離れたあんな島を確保し続けることがどれだけ困難か
考えてみたことある?

852 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 19:09:22.55 ID:7RBWe4fm0
>>844
ミッドウェーを叩くふりしてハワイに籠ってるアメリカ空母を誘きだして叩く戦略だからな

振り向きざまにカウンターパンチが入っちゃったけど

853 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 19:09:32.90 ID:2K0IUNf40
>>13
当時は戦争はいつか終るものではなかった。
当時の国民の多くは「戦争って終るものだったんだ…」と驚いたんだよ。

854 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 19:09:38.14 ID:RSHSVWsj0
>>484
そのしょぼい工業力にもかかわらず陸軍と海軍で
鉄砲玉すら別規格だからアホすぎる

855 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 19:09:59.54 ID:+WifPiTf0
>>844
島を奇襲して占領してから、敵艦隊が出てくるって想定で
2段階で各個撃破できると思ってたら
米機動部隊に待ち構えられてて同時攻撃食らってしまった

856 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 19:10:12.67 ID:b5ntDxld0
国の失策と言うか当時の大企業の失策だろうが

857 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 19:10:30.44 ID:TpsdJ5sx0
>>826
正確には「勝つ」ではなく「負けない」だな
元々、日本の方針は負けない事であったけど
統制派のお花畑が変な夢を見たから滅茶苦茶になってしまった

858 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 19:10:38.22 ID:VIlDVfyj0
近衛・東条・五十六のクズ三バカが原因
子々孫々抹消しろ

859 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 19:10:41.10 ID:KrgCQmMA0
>>844
当時の日本海軍艦船の数から言えば、空母4隻を敵空母殲滅に充てれるね。
この場合、速力が劣る加賀を4隻から外して、龍驤を入れる。

加賀はミッドウェー攻略側。

860 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 19:11:44.84 ID:7RBWe4fm0
>>851
少なくともハワイにちょっかい出すならミッドウェーは上陸しなくてもいいけど
無力化しないといけないから

861 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 19:11:46.08 ID:KrgCQmMA0
>>855
しかも図演どおり3隻いきなり沈んだから最悪だよね。
わかってて、宇垣にごり押しさせた黒幕がいるんだよな。

862 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 19:12:06.59 ID:hWQP8Fem0
>>742
ミッドウェーで勝ててもそのままだとおっしゃる通り戦争に勝てた可能性は極めて低い。
ただ問題は米国の物量じゃない。後のベトナム戦争では小国ベトナムが米国を撃退している。
敗因はやはり日本側にある。具体的にはあまりにも無駄に戦線を広げすぎ。
太平洋は防者優勢がガチ。要は元々の戦略通り、対米的にはフィリピンとって
フィリピンで守り固めて迎撃、でよかった。

863 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 19:12:22.40 ID:XcAuaLXxO
>>845
>東南アジア独立
それも陸海が対立してた陸軍がサッサと独立させよう派で南方留学生とか独立後の人材育成に勤しんだのに対し

海軍は独立反対で、陸軍と対立してた東南アジアの共産主義者を海軍が匿ったりしてた

これが戦後アジア各地で共産主義旋風が吹き荒れる直接の原因になった

864 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 19:13:12.10 ID:s5MyK1GR0
>>862
ベトナムに関しては背後に共産主義陣営がちゃんといたのと、
大義がなさすぎて厭戦気分が強かったのが大きいと思うよ。
ベトナムが勝手になにかやってアメリカから制裁戦争喰らったら負けてたと思う。

865 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 19:13:35.59 ID:KrgCQmMA0
>>852
誘い出すのだから、当然に敵空母が出てくる前提なんだけれども
日本側が3−4隻では負けるのが判ってたはずなんだよねぇ・・・

866 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 19:13:44.47 ID:xFTOoavp0
>>842
そのとおり。それ以外ない。が大本営は相手が見返りも無く折れるみたいな
勧善懲悪のような展開を想定した。普通は、なにかプレゼントでもして
じゃあこのへんでやめますかというのがルールだ。というか状況も把握せず
宣戦布告よりも先に攻撃したので引けなくなったというのが実情。
外務省はヘマをやった担当者の処分すらしてないが、もうそのへんからおかしく
ヘマをやったやつこそがアメリカにカードを渡し戦火拡大を狙う、アメリカ好戦派閥の
エージェントだったのかもしれない(笑)

867 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 19:13:53.84 ID:SAJSy3O10
>北進論と南進論という正反対の理念を抱いた旧陸軍と旧海軍

海軍は、陸軍勢力と欧州商社を追い出して利権を奪うのが目的だったから当たり前だ。
熱帯は欧州の資源開発も進んでたし、陸軍兵を疫病で死なせられる。

今は武力こそ使わないものの、ODAの実弾攻撃やって
利権を獲ってるのは全く変わってない

バングラで逆襲されたけどな

868 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 19:15:07.70 ID:F3C3bFtN0
既出だが
ミッドウェーで勝って早期講和に
持ち込むのが山本五十六の考え
いわゆる勝ち逃げで有利な引き分け
これしか道はないというのが山本の説

アメリカに勝てる訳ないってことは
当時わかってた

869 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 19:16:58.19 ID:vh7CsnCS0
>>602
大航海時代=コロンブスがジパングを目指した
明治維新=ペリーがジパングを目指した
コロンブスがジパングを目指し始まった大航海時代が
ペリーのジパング来航でほぼ終焉を迎えた?
コロンブスがジパング(アメリカ)を征服したように
アメリカがジパングを征服しようとした太平洋戦争みたいなことかな…

870 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 19:17:33.66 ID:xFTOoavp0
>>868
でもリメンバーパールハーバー卑劣なJAPってことで
そんな可能性はゼロになったのさw 外交の失敗は全てをダメにする。
たったそれだけのミスが数百万の将兵の命を奪ったのだ。

871 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 19:17:57.40 ID:o4nspIGi0
>>858
近衛家は今もガッツリ天皇家に寄生してるよなw

872 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 19:18:18.89 ID:rU/2k+X+0
>>866
ハルノートを最後通牒とした東郷外相などの外務省に代々巣食う薩摩の朝鮮系帰化人の東郷一族7つの大罪。

・東郷重徳は、回答期限は付いておらず、「暫定」「交渉基盤」とある単なる強い調子の交渉文であったハル・ノートを「最後通牒」であると偽りの上奏を行った。これを受けた御前会議の決定によって太平洋戦争開戦決定となった。

・東郷重徳は、陛下宛のルーズベルト親電を握り潰し開戦になった。宣戦布告も遅れ日本が騙し討ちしたことになった。

・東郷重徳は、小磯国昭内閣で重光葵外相が進めたスウェーデンを仲介者とする和平工作を打ち切ち切った。

・仮想敵国で対日参戦を伺っているソ連を和平仲介に選び、ポツダム宣言発表後もソ連仲介の和平に固執し続けた。

・東郷重徳は、ポツダム宣言は拒絶せず少なくともソ連から返事が来るまで回答を延ばすように待つという意見を述べ、それが採用された。その結果、ポツダム宣言の対応が遅れ、2発の原爆投下とソ連の対日参戦を招いた。

・東郷重徳の双子の孫の東郷和彦は、外務省に入り、慰安婦問題を担当し条約局長までなった。2001年、在オランダ日本国全権大使になり、2009年オランダ、ライデン大学で博士号取得。
2007年にはオランダ下院慰安婦問題謝罪要求決議が決議された。現在では大学教授となり、「慰安婦問題解決の第一歩は政府予算による償い金」という主張をしている。

・東郷重徳の双子の孫の東郷茂彦は、朝日新聞の記者となり、ちびくろサンボ問題提起記事執筆し、雅子妃殿下ご成婚を外務省からリークを受け報道、国会見学に来た少女に痴漢で逮捕。

873 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 19:18:24.50 ID:XcAuaLXxO
>>867
OECDから紐付き止めろと言われて
紐の付かないアンタイド案件ばかりになってるよ
何故か中国企業が一番受注してたりするけど


ああ確かに今も変わらんかもな
海軍張りの利敵屋が日本を占めてるってのは

874 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 19:18:49.86 ID:0cwGMmSn0
>>865
そうでもない 向こうは攻守でファインプレー続出
こちらは普通、結果サッカーでいうと4-1の負け

875 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 19:19:31.22 ID:rU/2k+X+0
>>866
帰化人東郷のサボタージュにより開戦になった。

「ルーズベルト親電」伝達遅れ、GHQ徹底調査

ルーズベルト元米大統領
終戦後、極東国際軍事裁判(東京裁判)のため、連合国軍総司令部(GHQ)に設置された国際検察局が、
昭和16(1941)年の日米開戦直前にルーズベルト米大統領から昭和天皇に宛てた親電の伝達が遅れた経緯を詳しく調査していたことが、
7日公開の外交文書で明らかになった。

外務省職員らへの事情聴取は開戦当時の東郷茂徳外相が親電伝達を意図的に遅らせたとして「同大臣の開戦責任に関する証拠固めを目的とするもの」としている。

職員への尋問は21年8月1日実施。同日付文書によると、国際検察局の担当者2人が外務省を訪れ、
開戦前日の16年12月7日に同省電信課で勤務していた電信官2人から話を聞いた。

検察局側は、外務省が親電の写しを入手し開戦準備を進める陸海軍に報告していたため時間がかかったと推測、
尋問で東郷氏に言及した。親電が速やかに天皇に手渡されれば「戦争は避けることができたに違いない」と感じていたようだとの電信官の尋問後の感想が記されている。

http://sankei.jp.msn.com/politics/news/130307/plc13030712510009-n1.htm

876 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 19:19:32.73 ID:7RBWe4fm0
>>865
まぁこの場合日本は味方空母がある程度やられてもアメリカ空母を沈めれば戦略的には勝利だったからね

877 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 19:20:19.86 ID:g/6HH4Lu0
>>848
資源小国にとって待ち伏せ戦略が一番適切なんだが
スレソースの前半にあるように、北進論と南進論のそもそもの違いは大きな弱点でもある

878 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 19:21:05.38 ID:rU/2k+X+0
>>871
太平洋戦争の真の戦犯はコミンテルンと朝日新聞だった。

朝日新聞記者の尾崎秀美に操られた近衛文麿が危機を演出し、体制革新つまり統制経済化・社会主義化のため意図的に日中戦争を拡大した。
紙面に煽られた国民も支持した。

近衛の中国政策のブレーンになった尾崎は近衛を日中戦争拡大、対米戦に誘導してソ連を守り、敗戦革命で日本の赤化を図っていた。
尾崎は、コミンテルンのスパイ・ゾルゲ事件の共犯で死刑になった。
ゾルゲ事件では朝日新聞東京本社政治経済部長田中慎次郎、同部員磯野清も検挙されている。

史実を追えば、日中戦争の発端の盧溝橋事件では、7月11日、北平特務機関長の松井久太郎大佐と大使館付武官補佐官の今井武夫少佐は、第29軍の秦徳純副軍長との間で、盧溝橋事件現地協定という停戦協定を締結。
しかし、7月11日、同日に近衛内閣は、華北の治安維持のため、派兵を声明し、各界に挙国一致の協力を要請。

また、昭和13(1938)年1月16日には参謀本部は講和を志向していたが、近衛が「帝国政府は爾後国民政府を相手にせず」と発表し断交。以後、交渉不能に。

しかし、近衛はゾルゲ事件後の昭和18年にはコミンテルンの影響を脱した。それで、陰謀の中身を明かし近衛上奏文を書いた。

(以下抜粋)
抑々満洲事変、支那事変を起し、これを拡大して遂に大東亜戦争にまで導き来れるは、これら軍部内の意識的計画なりしこと、今や明瞭なりと存侯。
満洲事変当時、彼等が事変の目的は国内革新にありと公言せるは、有名なる事実に御座侯。
支那事変当時も、「事変永引くがよろしく、事変解決せば国内革新はできなくなる」と公言せしは、此の一味の中心的人物に御座侯。
これら軍部内一部の者の革新論の狙いは、必ずしも、共産革命に非ずとするも、
これを取巻く一部官僚及び民間有志(之を右翼というも可、左翼というも可なり、所謂右翼は国体の衣を着けたる共産主義者なり)は、
意識的に共産革命にまで引ずらんとする意図を包蔵しおり、無智単純なる軍人、これに躍らされたりと見て大過なしと存侯。

そして、近衛は昭和20年10月にマッカーサーから新憲法起草を指示されており、戦犯指名はされないはずであった。
ところが12月にGHQのコミンテルンスパイのノーマンが裏切ったことを認識し、突如逮捕命令が出され自殺。
一方でGHQに庇護された朝日は何の処分も無かった。

879 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 19:21:35.83 ID:k40zl2FE0
>>862
フィリピンじゃ本土に近すぎ実質最終防衛線で危険過ぎるトラック諸島とグアム・サイパンの完全要塞化して
米軍と対峙しつつ伊号で米軍後方の破壊活動

880 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 19:21:41.20 ID:W258IUiJ0
>>19
全くその通り

881 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 19:22:09.54 ID:yL6Cb3fJ0
>>1
何だよ今更
有事でも近いのかと勘ぐってしまうジャマイカw

882 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 19:22:09.89 ID:PnCYrxiO0
>>823
敗北必至では無かったのは史実を見れば分かる
状況把握、指揮の乱れ、利根のカタパルト故障、様々な要因が重なった結果敗北に至った

883 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 19:23:21.08 ID:ohN3Lwmu0
アメリカも同じw

ペンタゴン わが軍は大勝利
海兵隊   ヒャッホー 強姦やり放題→あぼーんww

組織内の情報なんてこういうものさ?

884 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 19:25:07.28 ID:UblSySzs0
うるせえな 次は勝つよアメリカ相手じゃないけどな

885 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 19:25:09.61 ID:KrgCQmMA0
>>882
利根4号機は故障したから、敵空母を発見できたという皮肉まで
着いたな。あなたぐらいのレス返してくれるとわかりやすい。

886 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 19:25:29.08 ID:PnCYrxiO0
>>729
強引にアメリカとの戦争に持っていっていないのだがな
開戦に至る最後まで非戦路線で交渉していた
しかし開戦に至った場合の為に作戦の立案と訓練はしていた

887 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 19:26:46.08 ID:PraLN8U70
よく知らんが暴走した関東軍が悪いんだろ

888 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 19:26:59.67 ID:pEPWNEPj0
>>868
当時アメリカ政策としてアニメで日本人がかなり偏向して醜く描かれ、
アメリカ人の日本人に対するイメージを固着させた
勤勉に働く日本人は卑しく金を稼ぐイメージに偏向され日系アメリカ人差別もあり
アメリカ国民は講和?フザケンナ!継戦だ!になっただろう

889 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 19:27:12.00 ID:sLgJ5CbYO
>>861
机上戦で空母を沈めたのは基地航空隊。
実際に沈めたのは机上戦外の米空母飛行隊。
基地航空隊は実際には一隻も空母を沈めていない。
なので机上戦をそのまま進めても実際とは違うし、参考にならない。

890 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 19:27:43.31 ID:o4nspIGi0
>>887
騙されるな海軍の方が悪者だゾ

891 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 19:27:59.98 ID:+WifPiTf0
>>877
その辺は担当者の利害が露骨に出るからねえ
巨大化した米艦隊と艦隊決戦やらされるのは聯合艦隊で
持久戦略だとそれまでに戦争が終わる可能性も小さい。

「長期戦になったら絶望的」って共通認識はあるのに長期戦を選ぶしかないという無理ゲー

892 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 19:28:01.51 ID:6GlVjI650
>>851
アメリカからしても同じなんだよね

893 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 19:28:50.10 ID:F3C3bFtN0
>>870
それそれ
真珠湾攻撃は奇襲じゃなく
戦線布告予定だったんだよな
ミスで提出が遅れてしまい
先に攻撃してしまった
これがすべて

894 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 19:29:21.39 ID:WnlsFoeN0
報道・言論・思想などの統制で個人の自由な意思形成を阻害したり、個人意思に反して兵役を課さないと人員確保できないなら戦わずに降伏した方がいいです。
下記の調査によると武力での抵抗を希望する日本人は少数派です。
【世論調査】仮に外国が日本を攻撃してきたら…「非暴力で抵抗する」41%「武器を取って戦う」29%「逃げる」16% ★17 [転載禁止](c)2ch.net

895 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 19:29:24.76 ID:kiu4odGS0
>>548

アメリカと戦争して国力を使い果たさなければソ連が日本を侵略する隙などなかっただろ

896 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 19:29:26.64 ID:Qub7i5eK0
  
正式には、「大東亜戦争」だろ。

897 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 19:29:38.68 ID:k+nN5rj50
陸、海、空の統合運用が大切という教訓

898 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 19:29:42.22 ID:05vl3rUr0
先ず
ポンコツ老朽化原発だらけの日本が戦争始めたら
日本中がフクシマなるわw

899 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 19:30:03.02 ID:hWQP8Fem0
>>879
もちろんそれは必須。逆にアメリカから見てフィリピンを取り返すには、
トラック、グァム、サイパン、そして何より日本領だったパラオが最高
邪魔になる。緒戦の日本ならこれらの守りをガチ固めそれらの発進拠点
から嫌がらせしまくれば、米軍が大挙してやってきたところで相当量の
出血を強いることができただろう。

900 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 19:30:09.61 ID:KrgCQmMA0
>>882
敗北と言ったのは、図演でわかってたからだよ。
そして、全くその通りに加賀・赤城・蒼龍が被弾して沈んでしまう。

901 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 19:30:55.69 ID:7oBJEuC90
>>883
でもアメリカは現状分析してダメなら直ぐ方針転換できるんだよね
日本はこの道しかないとかいまだに総理が言ってるじゃんw

902 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 19:31:27.14 ID:KrgCQmMA0
>>898
あれは核武装できない我が国が、自爆テロをする一つの手段だと
国交省OBが・・・ゴホン・ゴホン・・・

903 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 19:31:37.38 ID:7TT+4e7D0
硫黄島 栗林中将の海軍批判電報「膽参電第三五一号」
●防衛計画段階において海軍側が水際防御と飛行場確保に終始拘り、資材、人材を激しく浪費したこと(地下陣地の構築と海軍の反対)
●アメリカ軍上陸時に栗林中将が厳禁としていた上陸用舟艇・艦艇への砲撃を海軍の海岸砲が行った結果(防衛戦術)、摺鉢山の火砲陣地を露呈させてしまい全滅したこと(米兵上陸開始時)
●海軍が摺鉢山に危険な魚雷庫を配置した結果、先述の砲撃により誘爆を起こし大爆発し周辺兵員を死傷させたばかりか、爆発時に空いた大孔によりアメリカ軍に突破口を与えてしまい摺鉢山の早期陥落に繋がったこと(摺鉢山の戦い)

904 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 19:32:13.25 ID:qZkpmHlJ0
猪瀬直樹の本で東條は知ってたらしいな
データが出るってことはある程度の人は
国力の差がかなりあるのはわかっていた

905 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 19:32:19.07 ID:xFTOoavp0
まあしかし、欧州ではドイツが強く、日本もいろいろ問題はあるが
なぜか円高を維持している。連合国側はまたここにきて大混乱している。
中国はあいかわらずのカオスで内政に四苦八苦している。
そもそも平時でどうでもいい戦力を鼓舞したりスペックオタにはしるのは
負け犬だからだ。戦う相手も明確じゃなくなってアニメの世界になった。
さてそんな中、実際に中東情勢のような紛争が起きたとしよう。
戦えるだろうかw

906 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 19:33:28.63 ID:h0RBb3Y70
日米戦争は原爆の人体実験の金儲けの為に裕仁と米国のプロレスごっこ。日中戦争は北東アジアの共産化の為の裕仁と米国のプロレスごっこ。ソ連のスパイ西園寺公一は裕仁の異母弟。孔子学院の院長で中国共産党のスパイ西園寺一晃は西園寺公一の息子。裕仁の異母甥。

907 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 19:34:08.19 ID:Hi+1fVK0O
勝ちに不思議の勝ち有り負けに不思議の負け無し

負けた理由を解析することが次への一歩だよ

908 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 19:34:12.04 ID:WnlsFoeN0
>>847
各々の国民が「戦争で死傷するリスク」と「降伏して従属するリスク」を比較して選択し、国民多数が従属の方を希望するなら開戦・継戦できない様にしておくのいがいいです。

909 :(´-`).。o山中狂人 ◆Ojin.714P. :2016/09/01(木) 19:34:32.43 ID:4EVpiCfQ0
>>1

失策したのは、外務大臣松岡。
ヒトラーに買収されて、3国同盟を締結した。

910 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 19:35:26.90 ID:Hi+1fVK0O
>>895
迂回と浸透と縦深突破使う赤軍は無理ゲー

911 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 19:35:43.35 ID:SAJSy3O10
>>873
アンタイドでもOECDは外国公務員賄賂の摘発がたった4件では少なすぎるとも言ってる。
支援額の半分は、単なるカネの貸し付けだし、贈与率は世界でも最低だ

ODAは国連非常任理事国の座を買うためにも使われてるが
国会がそういう支出を承認したわけでもない

912 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 19:36:26.05 ID:XcAuaLXxO
>>903
サイパン島でも似たような電文打たれてたよな
我ら陸軍将兵は敵である米軍よりも
海軍を恨んで玉砕する
って最後電文

敵のマトにしかならない海軍自慢の水際陣地で
どれだけ味方に損害が出たか

913 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 19:36:41.62 ID:uQ3gB/eI0
教訓は情報共有をしっかりして必ず勝て
ということだな

914 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 19:37:18.92 ID:ohN3Lwmu0
>でもアメリカは現状分析してダメなら直ぐ方針転換できるんだよね

できないできないw
いまだにペンタゴンはイスラム国に勝ってるって勘違いしてるからww

現場じゃぼろ負けだよ?
油田は全くコントロールできない

915 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 19:37:40.56 ID:xFTOoavp0
>>909
海外暮らしが長いのに国際感覚ゼロとか笑われてた大臣だなw

916 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 19:38:05.38 ID:g/6HH4Lu0
>>891
そこで情報の共有がより重要になる訳ですね
前線に大本営直属情報将校網の目のように配置させておくだけでもかなり違ったでしょう

917 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 19:38:59.88 ID:o4nspIGi0
もう陸海軍は殺し合って勝った方一軍になれwwww

918 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 19:39:00.68 ID:FVl4xlgO0
れきしになまぶ

http://gojyukyu.zombie.jp/f/ytrfw5j

919 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 19:39:37.76 ID:Hi+1fVK0O
>>888
価値観の違いだろフランスやイタリア辺りから見たら日本人の労働観は狂人のそれだろうし

920 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 19:40:08.53 ID:zVmzv5Ah0
>>894
> 報道・言論・思想などの統制で個人の自由な意思形成を阻害したり、個人意思に反して兵役を課さないと人員確保できないなら戦わずに降伏した方がいいです。

今度降伏するとしたら相手は中国だからなあ。

中国は文化革命で自国民を何百人も殺す国。征服した日本人なんてどうなることやら。
民族浄化だろ。

921 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 19:40:11.23 ID:h0RBb3Y70
裕仁の戦争犯罪を裁かない日本人は田布施朝鮮部落民でカムフラージュした密入国韓国人に民族浄化される。

922 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 19:40:19.79 ID:E2v1BejQ0
だからどうした 青木はシナの奴隷を希望か
シナへ行けよ 歓迎されるぞ

923 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 19:41:04.62 ID:gWjPIcFD0
共有どころかお互いの通信を傍受して暗号を解読してたくらいだから

924 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 19:41:13.15 ID:RSHSVWsj0
>>429
勝手に信じて勝手に裏切られたとか、完全にメンヘル軍隊

925 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 19:41:14.79 ID:uVTnWM4N0
安倍は馬鹿だから学ばないよ

926 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 19:41:22.34 ID:XcAuaLXxO
サイパンの戦いで水際戦術に効果が無いと知るや
陸軍は戦術をペリリューでも効果のあった
地下陣地に切り替えてる

海軍は頑固一徹、水際戦術固執

でボコボコ

927 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 19:41:25.58 ID:s73ybb690
まー 人間が アリなみ だった 時代のこと を  いまさら どうのこうの いっても しかたないだろう...

928 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 19:41:44.67 ID:rU/2k+X+0
>>912
海軍は反日組織だった。
海軍甲事件、海軍乙事件で検索して。

929 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 19:41:48.52 ID:12p1e9o+0
太平洋戦争に関しては、日本はひたすら海軍に振り回されただけ

930 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 19:43:13.78 ID:RSHSVWsj0
>>591
なんという自己賛美w
頭おかしいコテハンに自己賛美大好きなのがいたなあ
熊五郎だっけ

931 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 19:43:39.70 ID:rU/2k+X+0
だんだん真の歴史が知れてきたな。

932 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 19:43:43.16 ID:12p1e9o+0
硫黄島だって、一番敵に被害を与えたのは水際だよ
ただし、敵に視認できる陣地は論外ってだけ

933 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 19:46:19.00 ID:iComlazU0
はじめから失策という観点で責任を論じてりゃよかったのよ
それを虐殺だの慰安婦だのありもしねえ事実をでっち上げては
不法だの非道だのいう観点で責任論を展開されたら反省できないだろ

朝日と変態はまずそこを海より深く反省しろよ

934 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 19:47:45.56 ID:5zfsZ1SZ0
いざこざだけ起こして何も出来ない
米軍とかいうゴミをさっさと追い出さないとな

935 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 19:48:14.31 ID:rU/2k+X+0
>>933

朝日と日本の偽装保守は連携してたんだよ。
二項対立で、「中朝が批判するから靖国は日本のためになる良いもの」という洗脳をしてきた
例えば、慰安婦問題では、実は朝日と統一教会はグル。

統一教会は日本では過激なネトウヨ活動をして右傾化として注目を集める。

一方、韓国国内では慰安婦問題を喧伝し、日本を貶める活動をしているのだ。日本人女性信者1000人を連れて慰安婦問題を謝罪して回っている。
「慰安婦問題 韓国各地 謝罪 日本女性」でググれ! 率いているのが第七代日本統一教会会長の江利川安栄だ。「江利川安栄 画像」でググれ。

936 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 19:49:51.70 ID:E2v1BejQ0
シナの拷問はすごいぞ 青木さんは耐えられるが

937 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 19:51:37.22 ID:h0RBb3Y70
憲法9条で武力を奪われ密入国韓国人に日本人は支配される。裕仁は原爆の人体実験で陸軍第2師団を虐殺させ2・26で皇道派を嵌めて虐殺し日本人から武力を奪った。密入国韓国人に支配される日本人には裕仁の戦争犯罪を裁く権利と孝明天皇との血縁関係の遺伝子検査の権利がある。

938 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 19:51:40.80 ID:HzKuOv2b0
戦争を選んで戦死したり焼け死ぬか、
戦争を回避して飢えて死ぬか、
占領されて植民地支配を受けるか。

この選択しか無かったんだからしょうがないべ。

939 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 19:52:47.16 ID:o4nspIGi0
そもそも明治維新自体間違いだった薩長のアホどもが

940 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 19:53:50.39 ID:XcAuaLXxO
>>932
持久戦は敵を多く殺すのが目的じゃなくて
敵の大軍をなるべく長く硫黄島に張り付かせて置くのが目的

ヒャッハー無双だあ
って海軍様には及びもつかなかったのだろうね

941 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 19:54:23.17 ID:d3E5FdNU0
戦争をあおったマスコミが悪い。
「弱腰東條、勝てる戦を何故やらぬ。」

942 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 19:56:22.00 ID:5zfsZ1SZ0
マスコミが金で動く以上特定の偏向しかされない
当然だが金は海外からもくる

943 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 19:57:28.72 ID:zCVC5DG20
>>920
それよく言われるけど、当時中国にいた兵隊はちゃんと引き上げてるよね。

944 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 19:58:48.64 ID:rTk7x01U0
>>321
もう一度言うけど日本はアメリカの空母の位置を確認出来なかった
これがリアルな現実
その状況で爆弾、魚雷を真珠湾に全部叩き込むわけにはいかなかったってこと
もともとの想定はアメリカの空母が真珠湾にいて、それを叩き潰すのが真珠湾攻撃の目的だった
真珠湾の基地機能を叩いてもミッドウェーみたいにアメリカの空母に逆襲されて日本の空母がやられてしまったら日本はそこで終わりだよ
だから中途半端な攻撃で引き上げざるを得なかった現場の指揮官の判断は正解だよ
もっと真珠湾の基地を叩いておけばって言うのは典型的な後出しジャンケンに過ぎない

945 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 19:59:34.63 ID:g/6HH4Lu0
偽装保守のなんとか水界の主張は反米でしょ
又これも何処で歴史観区切るかで解釈変わってくるよね
始まりはどこかで見るか、終わりを何処で見るかでね
少なくとも今は価値観共有できる国だし、互いの視点の違い理解し合える国だと思いますよ
ウォール街は知りませんけど

946 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 20:01:16.70 ID:Tfm5Rvhr0
今でも省庁縦割りでそういうところあるからな
よその国はどうなんだろ

947 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 20:04:38.76 ID:90aciadPO
>>724
イギリスには陸上艦隊があったぞ


設立したのは当時海軍大臣だったチャーチルな

948 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 20:05:32.19 ID:XFlzm3Po0
毎日新聞が記事にするんだから、何をかいわんや…。

はいはい、日本は悪かったわるかった…

わるうございました!!!!!


もういい加減にしろよ!

70年も、手を変え品を変え、焼き直され、同じことを
馬鹿の繰り返しのように、アホ面でリピートさせられて
きたんだよ。

こんなことしか報じられないマスゴミにうんざりだわ!

それにうまいこと乗せられる訳知り顔のWGIPの
犠牲者どもにもね。

未来永劫、延々とやってればいいさ…。

949 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 20:06:17.89 ID:zCVC5DG20
>>946
縦割り自体は一応どこの国にもある(企業にもある)。
ただ日本のは特殊だと思う。

950 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 20:08:08.65 ID:90aciadPO
>>742
ミッドウェイでは
米軍空母を探索するのに
水上飛行機を使ってるだぜ
空母相手に水上飛行機て あそびごごろありすぎだろ

951 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 20:11:04.64 ID:zCVC5DG20
あといい加減に南雲は名誉回復されてもいいだろう。
業績と能力から言っても名将のほうだよ。

952 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 20:11:05.86 ID:ysf79GiMO
>>1
青木…

953 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 20:11:40.81 ID:Iz2uAXhT0
提督の決断というゲームでアメリカ軍と戦うより
陸軍と予算のぶんどりあいのほうがシンドイという
なかなか当時のことをよく表したゲームだった

当時中学生ながら全会一致の難しさがよくわかったw

954 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 20:11:43.74 ID:zVmzv5Ah0
>>943
> それよく言われるけど、当時中国にいた兵隊はちゃんと引き上げてるよね。

それ、70年前の中国だし、

現在中国の性質を理解するには、
現状のチベットやウイグルに対する対応だな。

955 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 20:12:19.12 ID:Gk0YedG30
まぁ、アレでボロ負けしたおかげで、今の俺たちゃアニメだネットだと
ヘラヘラ遊んでられるんだから、ある意味感謝しないとな・・・

956 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 20:12:29.19 ID:zCVC5DG20
>>954
70年前より今のほうがマシだと思うが。

957 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 20:15:18.78 ID:ixZzJb+30
日本の一番長い日見て思うたがの、大本営やら陸軍省の参謀連中がクズの中のゴミ選りすぐった廃材だものなぁ。どうにもならんわ。

958 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 20:18:27.58 ID:OktSN2Yz0
日本人は再評価から全肯定するついでに教訓を葬り去るけどな

959 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 20:21:43.79 ID:w2eab3Zk0
>>892
駄レスがやっと終了か?w

960 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 20:22:05.79 ID:90aciadPO
>>1
アメリカ軍と どうやったら情報を共有できるか

自衛隊に入隊したら 英語をたたきなおせよ
そうしないとフィリピン人下士官の統率下におかれることになるぞ

961 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 20:24:39.50 ID:g/6HH4Lu0
>>958
その傾向は確かにあるが
そこにも情報の共有が成り立てばだいぶ変わるんじゃないかな

962 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 20:25:43.53 ID:90aciadPO
英語の得意なフィリピン士官に
あごでつかわれる日本兵だ

963 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 20:29:32.54 ID:T4y/TAme0
この記事に対する、安倍首相の考えを聞いてみたい

964 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 20:35:18.20 ID:gywKV5EE0
責任問題になるだろ
自虐史観反日ブサヨチョンの発想

965 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 20:37:15.04 ID:xKrJrBaz0
>>904
駐在武官や遠洋航海で欧米諸国を訪問したり滞在していた経験を持つ人間が多い海軍では「アメリカに勝つのは無理」との意見が多数だったが
国家予算を分捕って作った自分たちの艦隊がアメリカに勝てないと分かったら陸軍に何を言われるか分からないし海軍のメンツに関わるから
「戦はやってみないと分からない」「半年や1年は存分に暴れてみせましょう」と言ってしまった

966 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 20:38:01.51 ID:8tTjqPaJ0
1941年時点で既に詰んでいた
開戦しようがしまいがボコボコにされていた

10数年間の軍事戦略と外交戦略の失敗があの結果
ifを考えたいなら最低でも日中戦争手前からじゃないと意味が無い

967 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 20:38:17.74 ID:gywKV5EE0
>>13
時間稼ぎしてる間にドイツが何とかしてくれる

968 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 20:39:04.37 ID:mduwqFf/0
>>21 
わかりやすかった
成人年齢の議論も似たようなもん

969 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 20:40:15.50 ID:aI/BYIWm0
国民を扇動する役割を果たした「記者クラブ」を改めろよ新聞社

970 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 20:40:16.37 ID:oH2DI/o00
今と逆で、陸軍の方がくそなんだよね。
今の自衛隊は海軍の方がくそ、独立してて、旧軍の伝統を保持してるから。
いかに旧軍がくそで、組織を腐らせるかわかるわ。

971 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 20:41:18.01 ID:oH2DI/o00
でも問題は、マスコミも裁判所も監視者として無能だったってことでしょ?

972 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 20:41:19.00 ID:r4JG+mCQ0
巷で言われる陸軍悪玉論は誤りである
実際には海軍の方が無能かつ外道なエピソードは山ほどある

973 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 20:41:34.67 ID:h0RBb3Y70
WGIPは日本人に贖罪意識を植え付け自虐史観を強要した。日本人は捏造従軍慰安婦と捏造南京事件で謝罪と賠償をさせられた。裕仁の金儲けの戦争で300万人の日本人が殺された。子孫は密入国韓国人に支配された。裕仁の戦争犯罪を裁く権利が日本人にはある。

974 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 20:42:40.00 ID:oH2DI/o00
エピソードが残るのはまともだからですよ。
くそ陸軍だと残らないよね、資料もやす、自殺強要、過酷な戦地で餓死させる。

975 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 20:44:34.95 ID:h0RBb3Y70
日本人は戦争犯罪者として国連の敵国条項で扱われる。裕仁の戦争犯罪の金儲けで何故日本人は戦争犯罪者にされるのか。裕仁の戦争犯罪を裁き東京裁判で犯罪者にされた日本人の無実を証明しなければ日本人は子々孫々まで犯罪者として謝罪と賠償を請求される。

976 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 20:44:50.06 ID:1r1URHvh0
基本、別組織なんだから連携は難しいわな
仲も悪かったと聞くし、
特許料も陸海別々に払おうとして相手のドイツから、
1回貰ったからいいよ、と言われる始末

ただわざと味方を見殺しにしてイチ会戦を負けるほどの
致命的な仲の悪さはなかったと思われる
最低限の連携はとれてた

米軍やロシア軍、自衛隊、現代は完全に連携とれて仲良しなの?
そーじゃないでしょ。トップが同じで組織が別だから張り合ってしまう部分はあるよ
当時の絶対に勝たねばならぬ戦争で何やってんだ、って気分はわかるが

977 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 20:45:05.37 ID:xKrJrBaz0
>>972
現地司令クラスの海軍高官を守るために虐殺の首謀者の罪を現地の現場下士官に擦る付けるために書類を破棄したり
虐殺現場に立ち会った証人の海軍法務官を逃したりしたスラバヤ事件裁判とかな

ちなみにこの時逃された法務官は戦後も最近まで東京で弁護士をやっていて
NHKの取材にも「何も知らない」「もう終わったこと」と言ってすっとぼけていたとか

978 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 20:48:49.60 ID:bl2q7wpQ0
>>13

ドイツがイギリスに勝って日本がアメリカの太平洋艦隊を撃滅すれば日本が有利な条件で
和平が結べると思っていた。

979 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 20:50:51.92 ID:qPfBtHeP0
>>956
欧米の軍門に下って
物質的に繁栄できたって部分ではその通りではある
吉田茂もそう考えた
しかし近代国民国家は構成員たる国民がその自覚を持ってこそ
国家を存続させるモチベーションとなる
今の日本はその自覚が希薄なんだな

980 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 20:52:48.13 ID:ulOi6ZZJ0
明治までは気概が高くて良かったんだがな
昭和に入ってから急にバカになったよな

981 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 20:57:23.02 ID:XcAuaLXxO
>>980
大角人事で海軍は馬鹿しか残らなかった
マトモな人はみな予備役

982 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 21:02:26.36 ID:1r1URHvh0
誰かが触れた現代経済の話

このスレの人たち許容してくれそうだから書けるけど
2次大戦後の成長経済が限界を迎えている
日本だけでなく他先進国も同じ
後進国や新興国は1次大戦後の復興国、後進国と同じで
最先端の技術、最高のインフラ、最高の社会制度までは目指しておらず
各々のゴールはピンキリ、つまり途中で満足してしまい思った程、
G7の輸出や指導受け入れが伸びず困っている。いずれ世界経済成長は致命的に停滞する

再び世界が高度成長するには、戦争による破壊が必要

983 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 21:03:39.15 ID:ZnMnP2p40
576つづき

失礼。
再度調べたら、沖縄戦の弾薬備蓄も0.8会戦分だった。
弾薬だけなら、沖縄戦も本土戦も大きな差はない。

@ 米軍は本土上陸に93個師団を充当させる予定だったとされていること。
A 海上補給路が遮断されているので、いづれ、弾薬、食料がなくなること。
B 原爆が使用可能だったこと。
C 本土戦の場合、沖縄戦よりは、米軍が機動する余地が大きいので、
  航空優勢も利用した包囲戦になる可能性が沖縄戦よりも高いこと。
から、いづれ日本が降伏するとしても、最初の第1派上陸は撃退できた可能性があるな。

984 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 21:07:36.87 ID:d4MSY4Nt0
>>742
あれだけの差を軍人個人の力だけでひっくり返すなんて、
全員がブロリークラスじゃないと無理だよな。

985 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 21:09:58.05 ID:8tTjqPaJ0
江田島平八があと八人いれば

986 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 21:10:02.52 ID:32kSfdeO0
>>前スレ957
> あと技術力が無さすぎ

欧米先進工業国のつくった最新の生産設備を理解して使いこなして、コストダウンを
図ったり微調整したりということまではできたんだけどね。

例えば満州を傀儡化したあとアンシャンの製鉄所に新設された炉はドイツ製だったし、
のちに日中戦争で中国のロンイエン鉄鉱山を手に入れたときにも、鉄鉱石をドイツに
送ってどうすればコスト的に見合うかどうか聞いたり、いろいろ頼ってた。
中国だって炉は輸入できるんだから、同じことができそうなもんだが、実際に
営業を軌道に乗せるのに必要な技術がなかった。

しかし綿織物については、たしかイギリス製の機械が良くて、中国人もその機械を
使えばある程度の製品はできたので、同じ機械を使ってる日本製品を圧迫すること
にもなった。機械の使い方は初めのうちは日本人のほうが上手かったんじゃないか
と思うが、結局いつかは追いつかれる。どちらかというとノウハウより機械のほうが
重要なのか、鉄砲で中国人を追い払って機械を横取りしてみたりしてた(上海など
の中国資本の工場から生産設備を持ち去ったりしてる)。

987 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 21:10:14.32 ID:qfM+9W8O0
幕府倒して武士階級潰して華族になった連中が
今度は自分たちより強い奴に華族階級潰されたってのは歴史のカタルシスだねえ

988 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 21:12:20.61 ID:mduwqFf/0
このスレ忘れてた知識を色々思い出してためになる

989 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 21:15:03.96 ID:qPfBtHeP0
>>982
戦後の枠組みが今壊れかかっている
戦争が必須ではないけど、秩序の再構築
つまり破壊と再生が必要なときにどうやら来てるっぽい
であればこそ、日本は同じ失敗を繰り返さぬように
反省を活かすべき

990 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 21:22:28.06 ID:ZnMnP2p40
>>313
 本土決戦用の師団は、3種類。
 @ 機動打撃師団 A 沿岸配備師団のほか、B 本土決戦野戦師団がある。
 
 そのほか、管区部隊の各種補充隊 と 警備隊、独立戦車旅団と戦車師団がある。
 管区部隊の警備部隊等の編成は、面白い。
 

991 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 21:23:28.58 ID:Mgitar3k0
戦争の本当の目的は人減らしだったんじゃなかろうか

992 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 21:24:17.37 ID:345osnNB0
日本会議は安倍を操って、わざと戦争を起こそうとしているからな。

993 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 21:34:06.21 ID:oHe2iACB0
>>1
二つの組織どころか
陸軍内でもまったく違った理念で動いていたんじゃないか?
よく言われるのが関東軍の暴走だけど
本国の大本営の命令をきかずに独断で作戦を実行するので
作戦の予算をもらえなかったので軍事金をつくるために
満州でアヘンの栽培と販売をやって利益をあげて軍資金にして
戦線拡大していったと言われているからね

994 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 21:44:31.60 ID:MXB6wvRf0
軍人が暴走すると良くない例

995 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 21:47:32.60 ID:THDZCtXG0
馬鹿な作戦だらけだからな。
資源ないのに特攻してるし(笑)
戦闘機捨てて、どうやって諸島群を守るんだよ(笑)
犬死以外何物でもない。
病死なんてもってのほかだろ?
何でこんな簡単な事が分からんかね?

996 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 21:49:01.30 ID:90aciadPO
>>993
>関東軍

いま尖閣周辺で 漁船や海防艦でうろついている連中
正規軍とはいえないよな
ちょうど日本軍のなかの関東軍みたいなかんじだ

997 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 21:50:35.30 ID:05vl3rUr0
【北海道】上司の自宅に放火未遂の疑い、自衛官逮捕 上富良野町©2ch.net
http://daily.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1472733180/

998 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 21:52:27.50 ID:y6ngLVA70
全然教訓を得てない。
バカサヨが嘘ばかり言うから。

まーた、あっちからの挑発に我慢して、我慢して、ついに爆発みたいな路線になってきてる。

999 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 21:53:10.55 ID:y6ngLVA70
>>996
正規軍でしょう。国防法に明記されてるよ。民兵も武警も。

1000 :名無しさん@1周年:2016/09/01(木) 21:54:39.86 ID:y6ngLVA70
とにかく、我慢せずに通常戦力でこまめにやりあって、ちゃんとガス抜きしないと、
そのうち大戦になるよ。日中戦争みたいに。

核も持ってさ。

1001 :1001:Over 1000 Thread
このスレッドは1000を超えました。
もう書けないので、新しいスレッドを立ててくださいです。。。
life time: 8時間 51分 1秒

1002 :1002:Over 1000 Thread
2ちゃんねるの運営はプレミアム会員の皆さまに支えられています。
運営にご協力お願いいたします。


───────────────────
《プレミアム会員の主な特典》
★ 2ちゃんねる専用ブラウザからの広告除去
★ 2ちゃんねるの過去ログを取得
★ 書き込み規制の緩和
───────────────────

会員登録には個人情報は一切必要ありません。
月300円から匿名でご購入いただけます。

▼ プレミアム会員登録はこちら ▼
http://premium.2ch.net/
http://pink-chan-store.myshopify.com/


300 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)