5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【国際】 日本の真珠湾奇襲攻撃、MI5(英情報局保安部)は知っていた! 英国立公文書館所蔵の秘密文書で判明©2ch.net

1 :影のたけし軍団ρ ★@転載は禁止 ©2ch.net:2014/12/08(月) 09:56:09.34 ID:???0
73年前の12月8日、日本は真珠湾を攻撃した。当時の日本の最高機密だが、英独の二重スパイが攻撃計画を事前に察知し、
英MI5(情報局保安部)が把握していたことが、英国立公文書館所蔵の秘密文書で判明した。

MI5のガイ・リッデル副長官は日記に、スパイが奇襲4カ月前に独側から偵察を指示されたリストに真珠湾と米艦隊があったことを
「われわれ(MI5)は所有している」と記していた。スパイの回顧録によると、米FBIにも奇襲を伝えたが、ジョン・フーバー長官が握り潰していたという。

このスパイは、セルビア人のドシュコ・ポポフ。コードネームは「トライシクル」(三輪車)で映画「007」シリーズのジェームズ・ボンドのモデルの1人として知られる。

リッデル日記によると、真珠湾攻撃後の1941年12月17日付に「『トライシクルの質問状』を今、われわれ(MI5)が所有している。
これは8月にドイツ人たちが真珠湾について特別に関心を示し、可能な限りのあらゆる情報を入手したがっていたことを極めて明瞭に示している」と書かれていた。

ポポフの回想録「スパイ/カウンタースパイ」によると、「トライシクルの質問状」は、ポポフが同年7月、
ポルトガルのリスボンで独諜報機関のアプヴェール(国防軍情報部)から「米国でスパイ網を組織せよ」との指令を受け、渡された調査リストだった。
この中に真珠湾の米軍施設や米艦隊などが含まれていたという。

ポポフは、アプヴェールの同僚から、1940年11月に英海軍が航空機でイタリアの軍港タラントを奇襲した攻撃手法に日本が関心を示していると聞いていたため、
日本がタラント海戦に倣って真珠湾を攻撃すると推測したという。

渡米したポポフは、FBIのニューヨーク支部長と面会し「日本が真珠湾を奇襲する可能性がある」と告げた。
フーバー長官にも面会して進言したが、フーバーは二重スパイのポポフを信用せず、個人的に握り潰した。
さらにフランス人のハリウッド女優、シモーヌ・シモンと交際し、高級ホテルやペントハウスで暮らす豪勢な生活を非難したという。

「質問状」は書類だけでなく、ドイツが超高細密の印刷技術を使って開発した極秘の連絡手段「マイクロドット」としても手渡された。
高倍率の拡大鏡で見ると微細な文字が判明する技術。ポポフはこれをFBIに渡し、英米は初めてドイツの革命的なスパイ技術の存在を知った。

真珠湾を偵察する「質問状」は、明確な攻撃計画ではなく、奇襲の意図も明記していないため、
日本の奇襲計画情報を入手して、米国に伝えたというポポフの主張は信頼性に欠けるとの見方もあった。

しかし、その後、情報公開が進み、米国では「ポポフの真珠湾情報はフーバーに伝わったが、ルーズベルト大統領まで上げられなかった」とする論文も発表された。
大戦中にドイツの「エニグマ」など世界各国の暗号を解読し、現在は博物館となっているブレッチリーパークでも
「ポポフは奇襲4カ月前にリスボンで真珠湾の『調査』情報を受け取り、MI5に報告し、FBIに伝えた。

しかし、フーバー長官は、ポポフを嫌い、拒否。FBIのエージェントは敬意を払って関心を持った」とポポフが真珠湾情報を得て英米に伝えていたと公表している。

【用語解説】MI5

英情報局保安部。英国内での外国スパイや共産主義者などの摘発、国家機密の漏洩阻止などのカウンター・インテリジェンス(防諜)を行う内務省管轄の情報機関。
冷戦時代、ソ連のスパイ、キム・フィルビーら「ケンブリッジ5」を突き止め、大戦中は、日独の諜報活動に監視の目を光らせ、二重スパイを送り込み、欺瞞情報を流して勝利に貢献した。
英国は他に外務省管轄の通称「MI6」、秘密情報部(SIS)を持つ。
http://www.sankei.com/world/news/141208/wor1412080016-n1.html

2 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 09:57:48.63 ID:sBQowhE50
やっぱ知ってたんじゃねーかw

3 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 09:59:46.36 ID:OMss39140
バンコラン

4 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 10:00:00.55 ID:aADahj9u0
バレていたとしても誘導されちまった日本が悪い。
国際法を無視してしまった事実は変わらない。

5 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 10:01:12.15 ID:0TOjB9L10
後出しチョン臭い記事だな。
だったらなぜ原爆落としたんだよ

バカチョンのせいか?

6 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 10:01:34.36 ID:t4Oju2Tu0
そんなの知ってたわ
馬鹿なジャップが罠にかかっただけ

7 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 10:01:46.92 ID:wHaFKTbf0
産経記事だろどうせ

8 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 10:01:51.77 ID:3zSL6G880
ついに直接の証拠が出たか
もうアメリカではほとんど疑いないところまで検証はすすんでいたけどな
最近のおおくの出版物で

9 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 10:01:54.20 ID:Eb+iKk+K0
てかみんな知ってたしwルーズベルトは
「日本が攻撃してこないなんて信じていいのは小学生までだよねーw」って言ってたんだぜ。

10 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 10:02:45.75 ID:3K7Ku86G0
大東亜三大悪

米帝
エノラ・ゲイ
日本外務省

11 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 10:03:33.04 ID:qZKn5n+L0
>>4
いや良い悪いじゃなくて、知ってたのに戦艦を残して日本に襲わせたアメリカってどうなのよ。
自国民を犠牲にしてまで、戦争をする気満々って事でしょ。

12 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 10:04:54.11 ID:2ghyn97v0
つまりアメリカは知ってて国民を囮として差し出し殺させて
国民の戦意高揚に利用したってことだな

13 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 10:04:58.92 ID:069xRLMt0
70年前の事実はどうあれ。大日本帝国は解散しましたんで、はやく祖国へ帰るか
どうかしてください。だいたい徴兵義務はたさんでええのん?

14 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 10:05:19.75 ID:rbsPn8NX0
トラトラトラで知ってた

15 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 10:05:47.64 ID:reAJYxmD0
これを知ったJAPはMK5

16 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 10:05:54.31 ID:aADahj9u0
>>11
国際法無視さえしなければ、死ぬ事もなかった将兵がいた可能性もある。
戦艦に水兵が寝泊まりするのはあたりまえのこと。

17 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 10:06:01.30 ID:r+AYOT+10
紀州公撃 吉宗の放った獣王会心撃

18 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 10:06:09.21 ID:ie7OlarW0
虎の子の空母はすでにパールハーバーを出港していた
いたのはオンボロ戦艦ばかり

19 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 10:06:10.89 ID:GWYTeWjE0
真珠湾攻撃と事前の対米戦争の宣戦布告を知っていたって言うなら分かるが、
宣戦布告が在米日本大使館のミスで遅れたのが「奇襲」になったんだから、
奇襲を事前に知っていたってどういう事だよ。

タイムスリップか。

20 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 10:06:14.90 ID:CFTIKWXN0
推測とか可能性って単語しかないのに、何このスレタイ

21 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 10:06:23.30 ID:l0MoSmOj0
まあ、上層部は知ってたんじゃね?

攻撃してくれば日本と戦う大義名分が出来るしアメリカ世論も賛同する。
被害が予想外だっただけで。
現場で撃退できると思ってたのでしょう。

22 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 10:07:08.48 ID:kM6zM5xB0
しっかし日本は昔も今もホント諜報が貧弱だなあ

23 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 10:07:17.36 ID:W14K+ghVO
>>6みたいな、こういう嫌儲のノリをこの板にもってくるやつ、増えたよね

24 :名無しさん@0新周年@転載は禁止 ©2ch.net:2014/12/08(月) 10:07:37.34 ID:e9hmH38V0
日本軍が釣られたってのは常識だろ

25 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 10:07:46.25 ID:LZ3G7cUi0
むしろ知らないわけがない

26 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 10:07:59.83 ID:L5h2rouD0
有名なお話、テレビでやっていたよ。
ハルノートから真珠湾までアメリカ国民を鼓舞するためシナリオは出来ていた。
後々マッカーサー手記にもあの戦争は日本の防衛のための戦争だったと
はっきり記されている。

27 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 10:08:12.60 ID:DnyGpHcZ0
ダッサ
筒抜けだったのか

28 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 10:08:25.11 ID:xFbziJIh0
知らなかったわけがない。

29 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 10:08:29.40 ID:qsL8su5Q0
騙せてると思ってたのは日本だけだったのか。
間抜けだねw

30 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 10:08:46.79 ID:2ghyn97v0
元々殺させるために黙ってたわけだが、
それにしても被害は大きかったってことだな

31 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 10:09:12.28 ID:jMqTae8y0
知ってた速報

32 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 10:09:19.34 ID:2NBgI5A40
真珠湾のついでにアメリカ大陸を攻撃していたら日本は勝っていた

33 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 10:09:39.54 ID:qZKn5n+L0
>>16
最新鋭艦は真珠湾を出航させてるんだよ、で古い艦の船長には出航をゆるさなかった。
日本が行った時、戦艦が一艦のいなかったら日本は引き返すからね。
まさに悪魔の諸行。

34 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 10:09:59.68 ID:2ghyn97v0
>>29
いや、結局モロに食らってるからw
現場にしてみりゃ知らなかったのと同じ

35 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 10:10:16.57 ID:N/Owfut90
宣戦布告してくるのは分かっていたがこんなに見事に奇襲されるとは
思ってなかったってことじゃない。

36 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 10:10:25.12 ID:LZ3G7cUi0
とりあえず映画はつくりおなしてください

37 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 10:10:42.32 ID:FzsK0sJH0
>>22 自民党以外が隣国の諜報員みたいなものだから、自公連立の間はしょうがないw

日本の悪夢の始まりと政治との因果関係

よく言われる
失われた20年 → 約20年前 初めて自民党が単独過半数を割る(小沢の新生党が与党介入)※
失われた15年 → 約15年前 自公の連立政権が始まる  (公明党の与党介入) /

※このとき、初めて80円/ドルという超円高誘導されて、日本の製造業は衰退・空洞化
 =中国・韓国が台頭し始める。在日パチンコ屋のCM・チラシ解禁や大型チェーン展開が始まった
  のもこの時期から。 そして、このときの羽田首相(新生党)の顔がモロに半島顔。

38 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 10:10:56.99 ID:ojwGHhDl0
次はばれないようにしなくちゃね

39 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 10:11:01.10 ID:L5h2rouD0
日本が清とかロシアを相手に勝利したことは低レベルの国だっただけ、
米を見くびっていた、通信傍受の機能はかなりのハイレベルだったわけで
真珠湾もミッドウェーもすでに解析され米の誘導のまま勧められたのだ

40 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 10:11:01.51 ID:aWOUXTus0
真珠湾攻撃でアメリカ人5000人が死んだ。
知ってたなら、ここまで被害は出さなかったはず。

41 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 10:11:09.69 ID:GWYTeWjE0
艦隊が出撃して行くんだから、そりゃまあ、分かるだろな。

42 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 10:11:33.84 ID:xFbziJIh0
>>29
いや、そんな自信なかったと思うぞ。
でも、蓋を開けてみれば予想外の大戦果で万歳したと思う。
米にお膳立てされた戦果でしかなかったわけだが。

43 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 10:11:46.10 ID:yb2UDeWE0
アメリカが真珠湾攻撃、いや日本の宣戦布告を知ってたのは常識。
日本が広島、長崎に新型爆弾を落とされるのを知ってたのは知られてない。

戦争なんてそんなものだ

44 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 10:11:53.93 ID:2ghyn97v0
>>32
いや、真珠湾なんてスルーでよかった
短期決戦というのなら、最初の奇襲でいきなりワシントンに攻め込むべきだった
中途半端すぎ
日本の話し合い主義の弊害だな
速攻と持久戦の中庸をとってしまった
真珠湾攻めるとか、どっちだよって感じ

45 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 10:11:58.28 ID:FQZ6xins0
>>11
戦争前は日本軍の戦闘能力を冗談みたいに過小評価していて、被害などほとんどないと思い込み

46 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 10:12:32.24 ID:QZL9iZNRO
なんだとー!

47 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 10:12:37.59 ID:GuQbbqrX0
>>11
>自国民を犠牲にしてまで、戦争をする気満々って事でしょ。

この事例を民主主義の成熟としてとらえると興味深い。
当時は欧米も未熟な民主主義国家だった。
今の南米みたいな状況が当時の欧米。

48 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 10:12:49.10 ID:mteF8bJg0
MI5は国内担当じゃなかったか?

49 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 10:12:55.13 ID:lumPjHzW0
真珠湾には空母が一隻もいなかった、ダダ漏れ

50 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 10:12:58.86 ID:2ghyn97v0
>>43
常識じゃないぞ
アメリカ人はマジで知らない
ついこないだまで知ってことを否定する公式発言ばかりだったじゃねーか

51 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 10:13:20.20 ID:kim90qia0
見殺しにされた2千人

52 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 10:13:31.74 ID:+iYCdTrGO
>>3
バンコランはMI6

53 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 10:13:36.36 ID:yeB+tcsG0
>>36
間違った歴史観で作られた恥ずかしい映画として
殿堂入りさせるべきだよ

54 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 10:13:43.60 ID:lJvCViey0
<フランス人のハリウッド女優、シモーヌ・シモンと交際し、高級ホテルやペントハウスで暮らす豪勢な生活>
これがボンドのモデルなんだ

55 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 10:13:56.77 ID:4DDj5YHt0
今更何なんだ?
暗号解読した米英がハワイを攻撃する事は知ってたし
日本軍からしてみれば奇襲ではなく米英に布告済みで
ある、と攻撃した(日本の外務省が布告の打電打つの
を馬鹿だから遅れてしまいます)事実は「奇襲」になり
連合国民を煽るために奇襲奇襲と騒ぎました。

昭和50年代(1970年〜80)には判明していただろう

56 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 10:14:03.51 ID:fvW7iFJi0
日本人を原爆で抹殺するために仕組まれた罠だったよね 既に暗号も解読されて日本軍の作戦行動情報は漏れてたし

57 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 10:14:22.16 ID:L5h2rouD0
>>40
そんなに甘いものではない、
日本の敵対心を煽るためには何でもやる、
その後の米兵の死者数を考えれば何でも無いことだった
南京事件もそう、便衣兵同士で殺し合って日本兵がやったとされている

58 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 10:14:38.60 ID:cTmVyduJ0
知ってた割にはボコボコにされたな。
舐められてたわけか。

59 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 10:14:53.15 ID:d6KQoRwlO
日本中の港から空母や油送船が消えて、不審に思わないスパイがいるわけもない。
>>1以外からも日本が真珠湾狙っているのは、アメリカやイギリスに筒抜けだったと言われているね。

60 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 10:15:25.34 ID:AIdTbFnW0
真珠湾で沈没したのは、それほど重要じゃない戦艦主体で、航空母艦とか
避難させてるから、とーぜんなんだろ。国としての致命傷じゃないから
庶民の兵隊さんが死ぬのを重要視してない

61 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 10:15:30.65 ID:GuQbbqrX0
>>30
>元々殺させるために黙ってたわけだが、
>それにしても被害は大きかったってことだな

さらに植民地も喪失した。
欧米の軍隊は国益より利権を優先した。

62 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 10:15:31.09 ID:govrnRyz0
日本でも上層部のごく一部は全て知っててやったんだろ
「国家vs国家」なんていう対立軸そのものがハリボテで
国際的な金持ち連中が仕組んだ壮大なプロレスだと思えば分かりやすい

63 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 10:15:36.53 ID:5BTtWagz0
真珠湾攻撃は、アメリカに仕組まれた事はわかっていた
日本は、どうのこうのと言える立場では無いが、
真珠湾攻撃で無くなったアメリカ人の遺族は、
この事実を憎むべきだ、犯人を晒すべきだと思う

64 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 10:16:36.65 ID:2ghyn97v0
国民を戦争に賛同させる、アメリカの常套手段だよな。
わざと国民を大量に殺させて、ときには自演してまで。
対イスラムで開戦するために、センタービルだってアメリカが自分で爆破しちゃって
自国民5000人も殺してるしw
関係ない離れたビルまで綺麗に垂直に倒壊してしまうというバレバレのミスまでやらかすし・・・

65 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 10:16:51.50 ID:LZ3G7cUi0
>>53
歴史観はアメリカ製作映画だからどうでもいいんだわ
クオリティが糞過ぎるんだわあの映画

66 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 10:16:55.35 ID:2d7t1LyC0
>>4
>国際法を無視してしまった事実は変わらない。

宣戦布告は必ずしも必要ではないんだぞ! どこが国際法無視だよ!

67 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 10:17:22.70 ID:gS3kt6V10
知ってたらなんなの?

68 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 10:17:24.16 ID:jm8uNod80
>>11
アメリカが戦争やらないと持たない国になったのはこのあたりからだし
まず襲わせたり襲われたと吹いたりってのは戦争始めたいときの定石だし
911でも同じことやっとるし

69 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 10:17:31.64 ID:W5edlGMS0
知ってた
邪魔なアジア人を殺したくて仕方なかったんだからなアメ公は

70 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 10:17:42.55 ID:CPa72qgu0
アカに世論誘導されてロシアと中共支援しろと突き上げられて政権が危うかった
アメリカが参戦する口実になったんで大統領が喜んだとかよく言われてんじゃん

そうなるように国際的に締め上げられた日本も止む無くって流れは諜報とかって問題ですらない
普通に表舞台で行われてた事で

戦後にジャップハヒキョウダーでゴリ押ししただけ

71 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 10:17:42.67 ID:SfCq5RKJ0
何年も前に公開されてたのに、日本では全く話題にならなかった

2ちゃんで書き込んでも誰も知らなかった

72 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 10:17:43.74 ID:mx9A6s8t0
日本側のスパイが直ぐアメリカの警察に取り調べを受けたが
証拠不十分で釈放されたってテレビでやってたけど
アメリカって公正な国だったんだな

73 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 10:17:59.16 ID:jKm1mDBe0
反日感情を煽るために
真珠湾攻撃をわざとやらせたのがルーズベルト

74 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 10:18:13.22 ID:JBCBlV3E0
ハル・ノートの裏にコミンテルンとチャーチルと蒋介石が
あったことは有名

75 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 10:18:22.40 ID:X0J4Mrii0
ホイホイ罠にはまって敗戦国になるジャップwww

76 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 10:18:35.42 ID:lDcuSdDy0
ハワイの領事館に送り込まれたスパイも
米に泳がされてたんだな。

77 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 10:18:40.69 ID:2ghyn97v0
>>61
で、日本をやっつけてアメ新聞も「これで中国市場は我々のものだ!」って
当初の目的果たして大喜びしたのに、
結局中国は共産党に奪われてしまい、全くの無駄に終わったというw
で、日本を味方に付け直すというアメリカのアホなグダグダぶりw

78 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 10:18:48.16 ID:GWYTeWjE0
石油が禁輸され備蓄が底を付くとなったら、軍艦や飛行機が動かなくなるから、いずれ日本はインドネシアに侵攻していく事は当然の帰結だから、
スパイが注意深く見張るのは当たり前なんで、知らなかったら逆に無能すぎる。

79 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 10:18:56.73 ID:0TOjB9L10
間に入るブサヨプロパガンダの
チョンが一番悪いけどな。

80 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 10:19:32.38 ID:+YyPDILr0
>>19
宣戦布告と同時に攻撃開始で相手が準備していない段階での攻撃だから奇襲。
日本大使館の宣戦布告文書の手交が遅れた結果はだまし討ち。

真珠湾攻撃の具体的内容まで知ってたわけではなさそうだな。
NHKの昔の番組ではUSは潜水艦の監視網から機動部隊の動きを正確に掴んで
いたってのがあったな。

MIってMilitary Inteligenceの略で軍事情報部のことだろ?

81 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 10:19:54.05 ID:+j8DeOcZ0
ならアメリカも知ってた

82 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 10:20:11.73 ID:aO//iPTi0
>>57
ゲームじゃねえんだから、情報持っている方が狙い澄まして敵を誘導するなんて出来ねえんだよ。

83 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 10:20:17.71 ID:AtawIlVP0
我々にしてみれば開戦の作戦から全て情報が筒抜けと証明
された訳で面白くないことだな

それに情報戦・諜報技術の低さは今も変わってないね
いや、昔よりもずっと情報戦は弱くなっているだろうな

先の大戦の反省なんて耳にするが
何も反省なんてしてないだろう
負けない国造りが必要だろうに

84 :(オ) ◆n3rBZgRz6w @転載は禁止:2014/12/08(月) 10:20:19.86 ID:H2CdzSRn0
>>67
あっちが真珠湾攻撃の記念日かなんかで
そのセレモニー用の記事

イギリスがやってた、工作してた、といえばみんな黙るからだろう

85 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 10:20:26.29 ID:sMaLF8LC0
つまりたまたま空母がいなかったんじゃなくて逃してた可能性もあるわけか

86 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 10:20:50.31 ID:/CCnpiey0
アメリカは12月6日想定してたよな。←日付合ってる?

87 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 10:20:53.33 ID:3zSL6G880
>>29
日本にとっては奇襲でもなんでもなかったからだますつもりはなかったろ。
一番騙されたのは開戦の口実のために人身御供にされた真珠湾の米兵達だよ。
あとそれにつられて参戦する気にさせられた米国人たち。
こうやってたどっていくと結局米国が日本を倒したために共産化されて億の命が失われた支那人もとんだ被害者ということになる。

88 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 10:21:01.24 ID:RERKhcdv0
国民を鼓舞させるために、
自国民を犠牲にするのは戦争ではよくあること。
日本の暗号が筒抜けってのも秘匿しないといけないし、
いきなり軍備増強したり逆に引き上げたりしたら悟られる恐れもあるしな。
まあ、結果はほとんど艦船のみの被害で燃料貯蔵庫などの
重要施設は手付かずだったため真珠湾はあっという間に機能回復してるし、
大勢にはほとんど影響がなく、米の思惑通り国民を鼓舞させただけで終わった。

89 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 10:21:09.84 ID:4wN+SOYV0
>>1
米英独仏露がみんな知ってたのって、現代史の常識じゃん

90 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 10:21:18.91 ID:FB3LIu+R0
奇襲30分前に米に通告するはずだったが、外務省のていたらくにより遅れた。
外務省は現在でもまともに機能していない

91 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 10:21:44.27 ID:2ghyn97v0
>>85
なわけない。空母が有用とかあくまで後出し。
アメリカにだって日本同様、戦艦大好き軍人はいくらでもいた。

92 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 10:22:16.22 ID:8OsEj6jR0
低能なチョンコのせいだ

93 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 10:22:25.62 ID:+YyPDILr0
>>76
あのスパイはかなりマヌケでかなり目立ってたらしいな。
リデル・ハート監修のパールハーバーでもマヌケと書かれていた。

94 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 10:22:29.32 ID:ZS0OkOxA0
>ジョン・フーバー長官が握り潰していたという

ヤンキーどもがなかなか参戦してくれないから、一度ジャップにやらせて、あとは同盟組んでジャップ潰し♪

見てないということにしようかな

95 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 10:22:29.41 ID:Azkpz3qw0
>>80
敵国に宣戦布告なんて挑発の意味合いしかないのだがw

96 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 10:22:37.25 ID:5u/lxZu70
流石はフーバーやな

97 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 10:22:45.46 ID:Qg/uzQkW0
>>85
真珠湾攻撃前なら逆だよ
戦艦逃がして空母オトリにする
つーか両方逃がすだろ

98 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 10:23:12.55 ID:Au5ob7T40
知っているのに知らんふり
なーぜ なーぜなのー?

99 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 10:23:33.59 ID:2ghyn97v0
宣戦布告なんて、当時どの国も持ってた、
国家として当たり前の権利だよ
それ自体は悪じゃ全く無い
外務省が糞だったんだわ・・・

100 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 10:23:38.84 ID:vpwVtUXH0
内通者が多いな、今でも自衛隊の動きは全部漏れてる

101 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 10:23:48.84 ID:PYe87Q1Q0
同盟、同盟というが、同盟っていったい何かね?

102 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 10:23:50.31 ID:WaQnV0Bs0
知っていたという情報を知っていた

103 :(オ) ◆n3rBZgRz6w @転載は禁止:2014/12/08(月) 10:23:51.58 ID:H2CdzSRn0
>>83
てか、アメリカの遣り方なんてコンピュータープログラムで俺の98に入ってたし
それが機密だとかで俺ストーカーしてんだろ

これゴルフコンペ用の集計ソフトなんだけどさ
どうやってもコンペで社長が勝つそれもほどほどでってどうやっても数値を出すだけの
イカサマ機能ってだけなんだぜ

104 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 10:23:54.85 ID:+YyPDILr0
>>86
一週間前だったはず。

105 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 10:24:41.28 ID:j9kn21wv0
毎年の12/8の風物詩

106 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 10:24:44.90 ID:+Iu/ImWC0
日本がやったとされる事の証拠は出てこないのに
海外の恥部は記録に残りまくりだなw

107 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 10:24:46.33 ID:lnlpa2d9O
元々対米戦略はフィリピン占領後奪還に来た米艦隊をフィリピン近海に捕捉して撃滅だったのに山本はハワイだのミッドウェーだの遠くて燃料を使いまくる作戦ばかりやりたがり結局連合艦隊を滅ぼしてしまった。

108 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 10:24:53.81 ID:+5oU5uoE0
アメ公は二枚舌のイギリスに騙されたって言ってるしな
バカが詐欺師に引っかかった結果の戦争だったわけだ

109 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 10:25:16.38 ID:K2uKdu5y0
宣戦布告を知ってたもなにも真珠湾以前に米軍機が日本の戦闘機を撃墜し、アメリカ軍の駆逐艦が日本の潜水艦を撃沈しているのだが・・・

110 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 10:25:30.93 ID:02Izzyo1O
陰謀論否定派涙目配送

111 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 10:25:38.24 ID:Jg0Ft1T50
事実として日本は同時に嘘の情報も流してた。
フィリピン沖展開とパナマ運河攻撃。
当時の常識からしたらフィリピンだと誰もが思うからハワイ奇襲の情報なんて本気で信じるほうがどうかしていた。
だからパールハーバーは騙し撃ちだと騒いだんだよ。

112 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 10:25:44.25 ID:/FFik6cm0
宣戦布告は必須じゃなかったよね
アメリカの宣伝がうまかっただけ

113 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 10:26:12.61 ID:Au5ob7T40
この過ちを二度と繰り返さないことが重要
次回から間違いなく宣戦布告しよう

114 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 10:26:26.95 ID:/CCnpiey0
>>91
空母と航空機が重要って真珠湾で日本が実証したんだよ
逆に日本の戦艦の防空能力は全然高めなかったというお笑いだけど

115 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 10:26:38.68 ID:0VDYtdJ40
そろそろ第二次世界大戦の戦勝国の優越的地位を下げないとな、米国はベトナムでの敗北にも懲りずに戦争を繰り返している。
中東やアフリカなんて欧米のマッチポンプ、欧米が線引きして分捕り合戦して自分の側の部族長を王にして、
いまだにそれが残っている。

116 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 10:26:48.70 ID:n2yb5tYD0
なんだか洋風ごった煮スープを飲みたくなった。

117 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 10:26:49.79 ID:MaUu7DfNO
>>1
敵の作戦目標の一つだと推測するのは
当時の米海軍関係者なら誰だって思ってだろ
だから防備固めて艦隊もサンディアゴからハワイにしたんだし

日本の有力な空母部隊の第一撃はどこか?と聞かれれば
67%くらいの幕僚が「ハワイ近海または真珠湾そのもの」と答えただろう

フィリピンだマレーだ言うのはアホ

118 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 10:26:50.30 ID:BPT1c83t0
害務省の無能がすべて

119 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 10:26:50.59 ID:GWYTeWjE0
>>80
スポーツじゃあるまいし、相手が準備してから、さあやるかって戦争があるわけない。
いつだって軍隊は臨戦態勢だよ。

120 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 10:27:05.82 ID:MbV7pj3q0
過去のことより将来のことに目を向けようぜ。
中国か北朝鮮が日本を奇襲攻撃しようとして、仮に日本の情報部門が情報を掴んだとしても
フーバー長官のように情報を握りつぶす政治家が日本の政界に巣くってるんじゃないのか?

121 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 10:27:20.82 ID:bfiNsKv4O
毛利八郎の息子昭和天皇とユダヤ人の金儲け。真珠湾で米軍が負けミッドウェーで日本軍が負ける。昭和天皇とユダヤ人の戦争ごっこの金儲け。

122 :(オ) ◆n3rBZgRz6w @転載は禁止:2014/12/08(月) 10:27:30.43 ID:H2CdzSRn0
さきに攻撃されてげきチンしてる俺はどうなるの
米国側の奇襲だろに

123 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 10:27:31.42 ID:j9kn21wv0
>>107
近海にこなかったからな
元々向こうが攻めてくるのを迎撃しようとしてたのに、自分から出向いちゃったという
マリアナが想定に近いけど、どうしようもなくなっちゃってたね

124 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 10:27:51.91 ID:GuQbbqrX0
>>98
>知っているのに知らんふり
>なーぜ なーぜなのー?

当時は列強でも自国民の命は軽かったから。
無人兵器やら経済制裁の時代になって本当に良かったわ。

125 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 10:28:03.67 ID:Qg/uzQkW0
>>109
宣戦布告のタイミングはあんま関係なくて
宣伝力で完全に負けてんだよね
宣戦布告が予定通り行われた所で何もかわらない
攻撃の後に布告されたって宣伝すれば良いだけだからな

126 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 10:28:37.44 ID:mYtyG5GP0
アメリカは安倍自民に気を付けたほうがいい

あいつらは奇襲攻撃をやった戦争犯罪者の卑怯な血を受け継ぐ人間

性格は遺伝するから
どんな卑怯で汚い手を使ってくるかわからない

安倍周辺の神道系ウヨクはいまだに太平洋戦争を根に持ってるらしく復讐心を燃やしてる



DO NOT TRUST ABE and LDP

127 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 10:28:41.37 ID:gs3N38ev0
さっぱり要領を得ない記事なので
色々調べたが
やっぱりいつもの産経の捏造っぽいな

128 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 10:28:43.44 ID:aO//iPTi0
イギリスのタラント強襲の成果を日本海軍を調査して、また同時に真珠湾のことを調べつくしていたことについて英米は確かに分かっていた。
だけど、日本海軍がどのタイミングで攻撃するのかという作戦要務までは、正確には分かっていない。

これが歴史の正しい認識。


良く、「米国を戦争に導くためにあえて襲わせた」という陰謀史観。
まったく幼稚な、厨二前回の論。
その根拠が、新造艦は湾外に出ていたけど、旧式艦間は湾内に残したという話。
ただの湾外訓練のローテーションでしかない。
その一方で、虎の子である航空隊を危険さらしてまで襲わせるというのはない。

129 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 10:28:57.47 ID:LOf2d4kD0
外務省の怠慢は嘘だったとか新展開ないのか?

130 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 10:29:11.60 ID:VOGXAQ3P0
やっぱりアメリカを戦争に参加させる為に、チャーチルが仕組んだ陰謀だったか…

131 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 10:29:26.58 ID:PJhnapRA0
またゴミ産経かw
可能性があるってだけだろw

132 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 10:29:44.97 ID:Jjtsb7LW0
だから元々アメリカを巻き込んだのも英国だし
要はアメリカと日本を罠にハメたんだろ
まあ英国政府とユダなんだろうけど。

133 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 10:29:57.10 ID:qx9TnXGI0
日本が勝っていたら、真珠湾攻撃数時間前のインドネシアだかマレーでの空襲を
もってアメリカの先制攻撃としたんだろうから、まあそういう事だよ。

134 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 10:30:05.84 ID:hfi0X2np0
>>1を読んでみたけどどこにも真珠湾の可能性が高いと評価してるところがないじゃん
可能性が低いからスルーしたってことになってる

135 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 10:30:12.02 ID:QZL9iZNRO
こういうコトをふまえてをウクライナの旅客機撃墜事件やイスラム国や911について考えてみるとだな

136 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 10:30:12.66 ID:vVvwVo3R0
米軍ハワイ基地の500機近い迎撃戦闘機と攻撃機が日本の攻撃隊を上空でお迎えしてれば、初日で日本空母艦隊は消えうせ戦争終了だったんだから黙ってるのもおかしいわ

137 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 10:30:14.82 ID:FfWcFhSp0
アメリカも戦争を望んでたしね

138 :(オ) ◆n3rBZgRz6w @転載は禁止:2014/12/08(月) 10:30:20.26 ID:H2CdzSRn0
調査の結果、日本の警察とヤクザは麻薬取引でアメリカやイギリスと通商してる
がゆえに、情報もつつぬけ

さて、いつまで伝統やるのか、エッタ

139 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 10:30:44.62 ID:MbV7pj3q0
>>117
当時のアメリカはゼロ戦のあの航続距離を把握してなかったから、
真珠湾を直接叩く能力があるとは予想してなかったはず。
(スパイの情報を全く知らなかったと仮定してだが)
真珠湾に当時の一般的な艦載機の航続可能距離まで艦隊が近づくまでには察知できると考えていただろう。

140 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 10:31:17.83 ID:j9kn21wv0
しかしなんだね。もうフーバーが出てきた時点で立証できないから、必ずこういう話にはでてくるよね、フーバー

141 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 10:31:21.51 ID:+YyPDILr0
日本大使館のマヌケぶりは日本に汚名を着せる羽目になったが、当時外務省にいた
えらいおっさん(オノ・ヨーコの親戚らしい)が言ってたな。慣れないタイプライター
なんか使わずに手書きで渡せば良かったんだ、って怒ってた。

142 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 10:31:48.79 ID:633GuvPR0
>>1
これ、いろいろ言われているけど、本当に米国が知っていたら、反撃の準備もせずにそのまま大艦隊を置いておくものかなあと思うんだけどね。
分からんなあ。

143 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 10:31:55.93 ID:A7Z50f+X0
日本語、分かるの?

144 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 10:32:08.28 ID:MaUu7DfNO
大正時代の古い戦艦を撃破して大勝利とか言っちゃう日本もどうかと思う
点数つけるならギリギリ赤点の32点
戦争の趨勢に何の寄与もしなかった意味の無い作戦
日本の空母が失われなかっただけマシって程度
こんなことならやらないで、洋上決戦を想定した作戦に一本化すべきだった

145 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 10:32:43.77 ID:/CCnpiey0
>>107
山本五十六押しの伝説が崩壊してちょっと寂しいけどな

146 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 10:32:53.81 ID:sMaLF8LC0
>>91
でも第一波の攻撃目標って空母及び巡洋艦だったんだぜ?
いないから結果としてアリゾナ他が血祭りになっただけでさ

147 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 10:33:11.50 ID:X5GHDFgG0
だから真珠湾の空母艦隊や補給船はよそに退避してたんでしょ。
これを真珠湾で叩いていたらミッドウェーも半年〜1年は無かったし、
その間東南アジアに十分な兵力を向け、資源の確保、陣地の形成が出来て
太平洋ではあと1年は善戦できた。

結果降伏が1年伸びてソ連が参戦する時間を稼ぎ、日本が分断されることになってたかも知れんが

148 :■ 別視点 ■@転載は禁止:2014/12/08(月) 10:33:27.27 ID:zW1N3bN3O
【敗戦革命】
真の支配階級、売国勢力は敗戦でも資産を増やし逃げ切る。国の上に立ち国を利用する連中が歴史を動かしている。

売国奴/外国勢力からすれば【少子高齢化】も乗っ取り目的の敗戦革命。『恥も外聞もない』タフな大量移民が乗り込んで最終段階へ。

名家、支配階層、資産家、軍人官僚は敵と通じ敗戦ですら肥え太る。それが歴史の真相だ。真相を隠すためにあらゆる手を打っている。

→竹下登拷問
→田布施システム
→天皇の蓄財
→天皇の陰謀
→三井三菱と阿片
→日本人に謝りたい
→創価三菱
→創価麻薬
→オウム事件整理
→パソナ創価
→憚りながら
→黒い手帖
→創価検察
→創価警察
→創価宮内庁
→朝鮮総連の大罪!

149 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 10:33:45.57 ID:hfi0X2np0
>>98
日本だってソ連参戦が確定していることを知ってたけどしらんふりで戦争長引かせたからな
ドイツが負けてるって情報も日米開戦前に届いてたけどしらんふり

150 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 10:33:59.21 ID:Au5ob7T40
情報はあったけどうまく上に上がらなかったという説だな
まあ、あいまいでいいんじゃないか
統治構造の問題点は、戦後日本も利用しているわけで
お互い様だろう

151 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 10:34:08.10 ID:d6KQoRwlO
>>136
500機同時に上がっているのは無理。
零戦の餌食になっていただろうね。

152 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 10:34:32.46 ID:9aYa1Oof0
日本語おかしい奴wwwww

153 :(オ) ◆n3rBZgRz6w @転載は禁止:2014/12/08(月) 10:34:37.41 ID:H2CdzSRn0
>>139
スパイが馬鹿で数字よめなかっただけじゃね

154 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 10:35:04.05 ID:DLl91BvN0
陰謀論みたいに言われてたけど、今後はもう確定事項として扱っていいのか。

155 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 10:35:05.19 ID:vVvwVo3R0
もし奇襲に失敗していたら誉れの日本空母部隊の半数は海の底に消えうせて戦争も初日で終了だったな、博打もいいところだわ

156 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 10:35:35.58 ID:MbV7pj3q0
>>147
でもソ連が参戦したのは日本が負けそうになってからだからなあ・・。
日本が負け込んでなかったらソ連の参戦も伸びてたと思う。

157 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 10:35:36.88 ID:ofuamGj/O
ワレキシユウニセイコウセリ
サレドクウボハミエズ

158 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 10:35:56.35 ID:HoV4DYZU0
つか敵性国家が
空母を含めた大艦隊が太平洋を移動してるのに
気付かないワケないだろw

159 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 10:35:57.54 ID:gWWgM7q+0
2000年代に入ってから顕著なのだが、経済繁栄とともに拡大してきた隣国の工作員が、
国内でウソの情報を流し、どの程度の混乱が起きるのか、表現の保障の程度、
出版ノウハウ、ネットノウハウを集積し、工作員の(善意の)協力員となる人物らの選定を始めてるよ。
地震、普天間、放射能、ワクチンなどで、恐怖を煽る系のデマ情報を流してる連中がいるでしょう。

160 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 10:36:33.42 ID:m7jkLvqz0
可能性があるかもしれないというぐらいのレベルやん

161 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 10:36:36.88 ID:+YyPDILr0
>>117
太平洋艦隊をハワイに移したのは日本に圧力をかけるためだ。
真珠湾は水深が浅いため魚雷が使えず、航空攻撃は不可能だと当時は思われていた。
ハワイが空襲されるなんて夢にも思ってないよ。可能性があるとすれば潜水艦。

162 :(オ) ◆n3rBZgRz6w @転載は禁止:2014/12/08(月) 10:36:44.25 ID:H2CdzSRn0
>>152
麻生への調査報告

日米戦争の真相
結論、麻薬取引での不渡り

共産主義の殲滅に気を取られ、麻薬を放置した結果
戦争の引き金になった
現在も同じ傾向が見られる

163 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 10:36:51.63 ID:K80h0qyw0
世界のイギリス情報部だからな。
当時は断トツ世界一のインテリジェンスだよ。

164 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 10:37:22.24 ID:JI4KedZ20
事が起きてから知ってた知ってたってネラーかよ

165 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 10:37:25.99 ID:qx9TnXGI0
>>147
>結果降伏が1年伸びてソ連が参戦する時間を稼ぎ、日本が分断されることになってたかも知れんが

結果論だがこの予想はありえたかもしれないので怖いわ。
ジャップ連呼じゃないが、当時の日本人って横の繋がりが緊密だったから共産主義になったらさぞ
ガッチガチの統制政治やってただろう

166 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 10:37:26.60 ID:IxdROgjw0
最近、イギリスから日本悪くない論が出てくるようになって来たね。
香港がらみなんかで中国とバランスとろうとしてるのかな。

167 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 10:37:47.12 ID:ZPUrg4ay0
プロパガンダ〜

168 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 10:37:50.35 ID:sMaLF8LC0
>>155
実は正規空母3隻程度の撃沈は織り込み済
翔鶴瑞鶴が完成してたから米の機動艦隊を落とせるならそれでも問題なかった

169 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 10:38:08.78 ID:Uwso9Kev0
右翼の妄想とか言ってた馬鹿いたな。また朝日だったか。

170 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 10:38:31.88 ID:z/ECwTYZ0
米国のイラク軍事攻撃も、宣戦布告無しに、ブッシュ・ジュニアーは行っているだろう。

国際法に戦争を行う場合に、宣戦布告が必要であると、どこにも書いてありません。

日本の中世的な戦争で、自分を名乗ってから、戦うとの方法は、今の世の中には

合いません。つまり、真珠湾への奇襲は国際法違反ではありません。

171 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 10:38:35.47 ID:GWYTeWjE0
>>136
アメリカは、日本と戦争するのは反対!
って世論が強かったからな。
武器商人に操られ、戦争をしたかったアメリカ政府は日本を戦争せざるを得ない状況に追い込み、
それは隠しつつ、真珠湾を攻撃させた。
ほら、向こうがやる気だからしょうがないって状況に持ってったんだよ。
単純な米国民は、激怒して、対日戦に賛成した。

172 :(オ) ◆n3rBZgRz6w @転載は禁止:2014/12/08(月) 10:38:39.47 ID:H2CdzSRn0
真珠湾攻撃の概要

あそこにしゃぶがある!
警察として勘違いして乗り込むも
物はとっくに運び出されたあとだった
餓鬼の喧嘩になり子供が死んで悪く言われた

173 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 10:38:50.81 ID:vOvZ+Ojo0
超今更だろ
全世界の誰もが知っていること

174 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 10:39:13.82 ID:Au5ob7T40
>>166
ロイターは支那のバイアスがかかった変節記事を書を書きまくってる感じだけどなぁ

175 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 10:39:17.82 ID:hfi0X2np0
>>160
その通りだけど陰謀論者は糖質患者みたいなもんだから何言っても無駄だよ
正論は一切通用しない連中
無視するに限る

176 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 10:39:36.27 ID:LA+i12n70
あっちゃー

英公文書は歴史修正主義者やなー

いやいや、公文書を隠して「奇襲奇襲」言ってた奴らが歴史修正主義者だったか

177 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 10:39:43.94 ID:Qg/uzQkW0
なんかあれだな
911は事前に知ってた
テロはアメリカの陰謀とか言う話とまったく一緒だなw

178 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 10:39:50.96 ID:4hlY8LMO0
こりゃ9.11も知ってたの間違いないわ

179 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 10:39:56.98 ID:PhZCX2890
部屋の電気を消しといてあげて

180 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 10:39:58.71 ID:d6KQoRwlO
一説によると、アメリカは水深が浅いから魚雷攻撃される心配がないと安心していたところあるみたいだね。
爆弾による戦艦の被害は軽微になるから。
そこにギリギリで日本が低水深魚雷なんて開発してしまうから、まさかの大被害。
打算と思惑が外れたのは、アメリカも日本も同じなのが真珠湾。

181 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 10:40:09.79 ID:Xiuql8uGO
我々は眠れる獅子を叩き起こしたのかもしれない…

182 :(オ) ◆n3rBZgRz6w @転載は禁止:2014/12/08(月) 10:40:15.42 ID:H2CdzSRn0
>>175
イギリス通商部は、日本には嘘のしゃぶ情報を販売、アメリカには日本警察の動きを販売

183 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 10:40:17.57 ID:z/ECwTYZ0
ハル・ノートを実際に書いたホワイトと言う人物は、コミンテルンのスパイであることが

判明している。

184 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 10:40:19.19 ID:7Ztc4+PG0
ま、暗号解読されてたから当然だよね。

185 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 10:40:21.33 ID:R0E5cVSc0
何をいまさら

186 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 10:40:31.61 ID:/LaD26vW0
米国は戦争する直前
必ず米国民をいからせる為、嘘をつく欺瞞する

187 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 10:40:42.14 ID:vZuFXOA50
>>136
そうならないために日曜日の朝ッパらを狙った
米軍のパターンを呼んだ攻撃

188 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 10:41:19.91 ID:X5GHDFgG0
>>156
1945年2月に行われたヤルタ会談で、樺太が欲しいと要求したスターリンに
ルーズベルトがそれを認め、日ソ不可侵を破棄して攻めるように促してる。

ソ連参戦はドイルが降伏して3ヶ月後と、連合国内では日程まで決められていたから、
日本が善戦していても間違いなくソ連は満州、朝鮮と樺太、サハリンから南下してきてたよ。

189 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 10:41:51.75 ID:W7pYCvRq0
真珠湾は知っててもプリンスオブウェールズを沈められるとまでは思ってなかったのか。

190 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 10:41:51.96 ID:W54t/vu70
まぁ日本を売った文字通り売国奴が2〜3人いたからな。仕方ない。

191 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 10:41:52.21 ID:1B67g2Bx0
みんな知ってた

192 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 10:42:43.08 ID:qMNxMqEt0
世界中知ってたろ

193 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 10:42:44.39 ID:jS4keSiM0
アメリカが参加に否定的だったのでチャーチルが仕組んだ諜報戦だったってNHKスペシャルで見た気がする。
3年くらい前のことだが・・・

194 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 10:43:37.02 ID:TO5CWEmf0
>>186
その辺も含めて喧嘩上手だわな

日本人はアギーレに馬鹿にされるレベルだし

195 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 10:43:38.59 ID:pfrt0XA10
当たり前だろ。(敵味方問わず)敢えて不意打ちさせて
戦争突撃や、自軍の邪魔な要人を謀反扱いで消す、なんて常道。

196 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 10:43:44.97 ID:+YyPDILr0
>>107
その作戦も要は日本海海戦の再現を狙っただけのものでアメリカは想定済み。
オレンジ・プロジェクトでは日英同盟が続いていた場合も想定しているくらいだ。

山本の狙いは緒戦で太平洋艦隊を壊滅させてアメリカ人の戦意を喪失させることに
あったが、外務省の失態で逆に戦意を燃え上がらせてしまった。仮に宣戦布告が
攻撃前にあったとしてもアメリカ人は戦意を喪失しないし、ミッドウェーで
勝っていたとしても講和なんか不可能だったと思うけどな。

197 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 10:43:46.33 ID:qx9TnXGI0
>>188
会談でその約束をしたルーズベルトが急死したのまで陰謀じゃないかと思えてくるわなw

198 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 10:43:56.69 ID:lwrKu38h0
911は明らかにアメリカ憲法違反じゃないのか?
なんで政府が認めたんだろ

199 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 10:43:56.95 ID:vVvwVo3R0
米国側もまさかハワイ艦隊が本当に大破壊されるとは思ってなかったろうな、ジャップが奇襲攻撃してこようがたいしたことはあるまいと高を括っていた節がある

200 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 10:44:02.41 ID:vZuFXOA50
魚雷攻撃は無くても800キロ大爆弾があるんだから、空襲は想定されてたよ
してないならいくらなんでも軍人として無能すぎる

201 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 10:44:18.14 ID:ASUdGj3f0
そんな話しんじゅわんね

202 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 10:44:22.17 ID:H9AA5xOl0
真珠湾より マレー作戦のほうが先じゃなかったっけ
まあそれで イギリス軍を圧倒するんだけどw

203 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 10:44:53.36 ID:Uwso9Kev0
来年は70年の節目だし米も知ってた証拠が出るだろう。
朝日と保守層どっちの話が正しいなんて結論は出てる。

204 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 10:45:03.11 ID:RagO14Iu0
知ってた

205 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 10:45:05.45 ID:f8+PBjx50
日本の情報管理は今も昔も笊。
なんでこうなのかね

206 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 10:45:06.41 ID:z/ECwTYZ0
今、米国の反省点は、赤狩りのマッカーシズムを抑圧したことと言われております。

つまり、冤罪ではなく、共産主義者が米国に深く侵入して、米国の国益に反することを

行っていたことが、最近になって明瞭に判明しました。

よって、赤を撲滅しようとしたマッカーシーは、100%正しいかったとの見方に今、

変わっております。

207 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 10:45:28.89 ID:vZuFXOA50
キンメル提督は海江田万里並の被害者

208 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 10:45:37.16 ID:CcbLZ7R10
アメリカも知ってたことだし、何の不思議もないよね

209 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 10:45:38.30 ID:npSW62m/0
あんな大艦隊をアメリカの軍事衛星が見落とす方が不自然だしな

210 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 10:45:56.01 ID:EwhTdsbU0
米軍だって攻撃を察知して空母だけ逃がしてたろ
日本軍の攻撃を知らされた大統領の笑顔の写真もある

211 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 10:46:13.71 ID:j8xkS/fk0
こんな事があると、911も自演じゃないかと思う。

212 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 10:46:32.26 ID:lQMqYjCz0
終戦記念日は国あげて行事やるのに、開戦記念日は何もやらないのはなぜ?
日本史上、どちらも同じくらい重要な出来事なのに

213 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 10:46:48.01 ID:Jpw83zzP0
今の時代に奇襲とかあり得ないよな。
黒船を忘れてアメリカ様に戦争吹っ掛けるとか今考えると狂っているとしか思えない。

214 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 10:47:06.38 ID:d6KQoRwlO
>>189
日本は強いなら強いとちゃんと威嚇してよ。
なんで強いと言ってくれなかったんだよ。
日本が強いと分かっていたら、無理難題吹っ掛けずに譲歩して戦争回避したのに…
日本は外交下手すぎ!このバカちん!

ご自慢の不沈戦艦を瞬殺されたイギリスの泣き言。
今も中韓と同じことを繰り返している日本。
歴史は繰り返すってね。

215 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 10:47:10.17 ID:Uwso9Kev0
今はロシアに対して同じ手法を使ってるよね。

216 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 10:47:11.39 ID:vZuFXOA50
>>210
ルーズベルト「よっしゃぁ!これで日本を叩きのめせるww」

217 :1/2@転載は禁止:2014/12/08(月) 10:47:15.05 ID:gs3N38ev0
そもそも戦後から何年たってると思うんだよ
歴史的な調査を何十年もやってるんだから
今さら見つかる新事実なんてほとんどない

そもそも「トライシクルの質問状」ってのは英独の二重スパイだったトライシクル(コードネーム)に
ドイツがアメリカで行なうべき諜報活動を示したもの

218 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 10:47:37.50 ID:HoV4DYZU0
ルーズベルトは選挙の時、若者を戦争に行かせないと言った。
なので戦争に参加するには米国民を正義の怒りに誘導する必要があった。
相手をひきょう者にする為ワザと自国民を犠牲にした。
911でもこの手法は使われた。

219 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 10:48:01.40 ID:jRENXorp0
ホントは大統領まで上がってたけどルーズヴェルトを落としたくないだけだろ

220 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 10:48:14.47 ID:+o7nnEJ60
いやだって外交官かだれかが、
ペルー大使館のパーティで、日本は真珠湾を攻撃するのかと、
聞かれたという話しまで残ってるし、ある程度ばればれでしょ。

221 :2/2@転載は禁止:2014/12/08(月) 10:48:16.03 ID:gs3N38ev0
そこに真珠湾の海軍基地の諜報活動が含まれているってだけの物でそれが主眼でなく、
全体としてはアメリカからイギリスへの経済援助の調査が主体であったことが
FBIからの文献でわかってる

つまりドイツのスパイの諜報活動の一端に真珠湾の海軍基地があったってだけで
それが「日本の真珠湾攻撃を知っていた!」というのはすごい飛躍があるんだよ

222 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 10:48:47.17 ID:sMaLF8LC0
まあIFで言えば多少の嫌がらせは覚悟の上でアメリカガン無視が正しかったんだろうけどな
素直にインド洋を押さえた方が良かっただろう

223 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 10:49:22.23 ID:vZuFXOA50
>>214
そうなんだよなあ、もともと米英とは不倶戴天の敵ではなかった
ちゃんと状況を説明して、譲れないものは譲れないと伝えれば
別に米英と戦争するまでもなかった
戦争前日まで、イギリスとは仲良くやっていこうとしてるから相手を誤解させた

224 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 10:50:00.47 ID:aPt5ME0/0
てにをはのおかしいカキコが多すぎ

225 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 10:50:13.11 ID:IuQZrotO0
たまにある意見だけど、日本がハルノート受け入れてたら日米戦争にならず被害も防げたの?

226 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 10:50:38.50 ID:yYtQpNyD0
>>3
バンコランはMI6で、MI5じゃないし。

227 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 10:50:47.65 ID:6HZXWHt80
米兵はこれを聞いてどう思うのか気になるな
日本からの攻撃は、敵からの奇襲攻撃で割りきれるだろうけど

味方だと思ってた軍部が、兵隊を捨てゴマとして考えていたと発覚した訳だからな

228 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 10:50:51.08 ID:a6a/+ONV0
日本側に、米英に「買収されていた」人材がいたってのは有名な話

特に海外留学したら、ほぼ間違いなく弱み握られて買収されるか脅迫される

まあ、そもそも明治政府そのものが欧米の傀儡政権だが

229 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 10:51:23.92 ID:fVnwmigk0
やっぱ知ってたんじゃんw

230 :(オ) ◆n3rBZgRz6w @転載は禁止:2014/12/08(月) 10:51:33.04 ID:H2CdzSRn0
山本五十六長官の意図は不明であっても、自分で禁煙のために指とばすおっさんだから
え、違う

まあ自分の腹きってでもハワイまで領海を拡大するいとで展開したんだし
戦略図でみれば真珠湾以降は日本の統治にハワイまで拡大されてたんだし
アメリカには格好がつかない歴史だから、真珠湾攻撃を悪くいうんだろ

231 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 10:51:34.90 ID:aO//iPTi0
>>220
あのな。
米太平洋艦隊の根拠地を日本海軍は攻撃するのか否かという打診だろ。
それだけで攻撃計画の全貌が周囲に知れ渡っていたと短絡するのは、どうして?
やっぱり、あれか。馬鹿だからなのか。

232 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 10:51:46.37 ID:+o7nnEJ60
まあ奇襲攻撃プランだけで、
ハワイ占領作戦たててない海軍が馬鹿ってだけだが。
ハワイは絶対に占領すべきだった。

233 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 10:51:57.72 ID:+YyPDILr0
>>184
解読されていたのは外務省の暗号だよ。海軍の暗号は解読されていない。
座礁した潜水艦からコードブックが回収されただけ。

234 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 10:51:58.07 ID:vZuFXOA50
>>225
ハルノートは日本にとって無茶な内容だったけど、
仮に譲歩して、支那からの撤退開始したらその時は戦争にはならなかっただろうな
10年後に核戦争になったかもしれないが

235 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 10:52:29.17 ID:L9jajCgN0
いや、実際に奇襲攻撃してくるとは
思って無かったよアメリカは。
日本を罠にかけたなんて嘘っぱちだね。
知ってて3000人もただ死なせる分けが
無い。知ってたなら返り討ちの準備して
待ってるわ。

236 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 10:53:21.43 ID:X0J4Mrii0
ジャップ 「奇襲大成功!」

欧米 「知ってた」

237 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 10:53:37.32 ID:Jpw83zzP0
まあ結果論だが、大日本帝国が勝利するよりも、アメリカが勝ったお蔭で、今のいい日本があると思うけどな。
戦争で亡くなった方々には何とも言いようがないけど…

238 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 10:53:42.11 ID:NS8ye6du0
アメリカは常に戦争ごっこをしないと膨大な退役軍人、
特に軍需産業に勤める退役将校たちを養わねばならんからなw
マッチポンプは常套です

239 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 10:53:51.15 ID:cyx8m4330
知っていても、実際に撃ってくるかどうかはわからない。

240 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 10:53:54.15 ID:J6W+mJGR0
原発の威力のテストを実際に人間で試したいから
わざと真珠湾を攻撃させてそして報復でテストしたんだろ

241 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 10:54:28.36 ID:gs3N38ev0
>>225
というか満州事変以後にリットン調査団がはいって
国連が日本の行為を非難しつつも時計の針を戻すことはできないから
ある程度の日本の権益を容認したのに
日本側が完全拒絶して国連脱退したのが
そもそも間違いなんじゃないの

あの松岡が

242 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 10:54:33.67 ID:vZuFXOA50
>>235
思ってたけど、舐めてたんだよ
「来いヨ!ヘイヘイ!」「うおっほんとにきやがった!」

あとたかが3000人、戦艦一隻沈めばそのくらいは死ぬ
大した数字じゃないじゃん

243 :(オ) ◆n3rBZgRz6w @転載は禁止:2014/12/08(月) 10:55:06.19 ID:H2CdzSRn0
>>237
俺はどっちでもかわってないと思う
どうせ安倍晋三みたいなのにMDMAの生体実験されてただろうな
だって香川にまでドイツ人がきてやってんだもん

244 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 10:55:09.57 ID:EwcFSOyP0
だからなんだって話
アメリカが知ってようが真珠湾攻撃は日本からやったこと
はめられたもなにもねえだろ

245 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 10:55:11.92 ID:sMaLF8LC0
>>225
開戦が遅れるだけだろう
米軍はその前から対日戦の準備をしていた
ルーズベルトの電文と一緒で時間稼ぎが目的

246 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 10:55:27.40 ID:xWJNQQfBO
知ってたからなんだwこそこそと宣戦布告しなかったんだから日本が悪いだろw真珠湾で酷いことしたことにかわりない

247 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 10:55:31.00 ID:Z+Odg8v40
ドイツの依頼でイギリスのスパイをしてるフリをしつつ実はイギリスに雇われたドイツ用スパイなのか
だからフランスでハリウッド女優とやりまくりね。楽しきスパイの世界。

248 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 10:55:36.64 ID:4PzhOXAF0
>>1
知ってた

249 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 10:55:47.15 ID:z2CmMJnm0
ちなみに第二次世界大戦まではアメリカの諜報能力はお粗末きわまりなくてほとんどをイギリスに頼ってた

250 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 10:56:04.96 ID:+o7nnEJ60
>>231
ペルーは、悪いけどあんな国のレベルまでと引き合いに出しただけ。
他にもいろんなところで話されてて、機密ダダモレと述べてる人、
またその親戚は多い(作り話の可能性は勿論あるが)。

251 :(オ) ◆n3rBZgRz6w @転載は禁止:2014/12/08(月) 10:56:46.63 ID:H2CdzSRn0
>>247
ナチスの親父とロシア人の母親って誰のことだよ

252 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 10:56:48.10 ID:vZuFXOA50
ハルノートで譲歩して開戦を避けても、
どうせ次の条件をアメリカは突きつけてくるだろう
開戦するまで条件を出し続ける、それが強い国の特権

253 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 10:57:07.03 ID:GWYTeWjE0
>>183
>>206
アメリカ政府がまさかの共産主義に侵されてて、ソ連に都合よく、日米戦を勃発させた。
その背後にいたのがユダヤ金融。
ユダヤはロシアに革命を起こさせ、ソ連を成立させ、ロシアで弾圧されてたユダヤ系を共産党指導者に据えた。
一方、アメリカもユダヤ金融が政府を支配していた。
戦争で儲けたいユダヤによる壮大なヤラセって説だろ。
戦後、朝鮮戦争で勝てる戦いをなぜか停戦に持ち込まれ、なぜ共産党ソ連を駆逐しないのかと。
そこに気づいたマッカーサーは反共としてユダヤ金融と戦い始め、そこで日本が共産党勢力と戦ってた事を知り、日本を擁護し始める。

254 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 10:57:20.88 ID:HoV4DYZU0
>>237
売るコトが出来ない米債券を毎年どのくらい買ってると思ってる。
アメリカの全公務員の給料は日本人が払ってるのと同じなんだよ
日本人は奴隷以外の何物でもないだろ

255 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 10:57:30.54 ID:dWKHg3tz0
>>1
ウソつけwwww

256 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 10:57:33.52 ID:EwcFSOyP0
こんなもん中国が尖閣に軍を派遣するかもしれない
北朝鮮がミサイル撃ってくるかもしれない
という憶測レベルじゃねえか
そんなもん今の日本でも分かるだろw

257 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 10:57:33.91 ID:tCBMg+6a0
イギリスとしてはあの戦争にアメリカを本格的に巻き込めるチャンスだったからな
上手く利用したって事だよ

258 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 10:57:39.05 ID:/vnmwvwh0
えーこんな当たり前を今更言われてもw
だからこそ空母を退避させてたわけだしw

259 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 10:57:40.62 ID:bYUd4ate0
アメリカ「大量破壊兵器はありまぁす!」

260 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 10:57:43.82 ID:qOuVyuIJ0
知ってたことを知ってた

261 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 10:58:08.81 ID:pv/D77xeO
そりゃイギリスは、アメリカになんとしても参戦して貰わなきゃどうしようも無かった訳だしな

262 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 10:59:11.16 ID:d6KQoRwlO
>>228
買収とかとまた違う話もあるけどね。
弱小のはずの硫黄島がなぜ強かったか?
栗林閣下はじめバロン西など、元々は親米で相手を知り尽くしているエース達が幸か不幸か左遷で飛ばされていたから。
内通者と勘違いされてしまうけど、実は相手を良く知るって最大の強み。
今もさ、元親韓と言うと売国奴と言われるけど、そうじゃないからと愚痴ってみるw

263 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 10:59:11.64 ID:kmww1/HJ0
ずいぶん前に、戦前、戦中、戦後の、山本の言動を細かく見ていくと、山本がスパイとしか思えないという、話を読んだことがある。

264 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 10:59:30.29 ID:R1hmj+zP0
今日の知ってたスレかwww

265 :(オ) ◆n3rBZgRz6w @転載は禁止:2014/12/08(月) 10:59:35.43 ID:H2CdzSRn0
>>233
コードブックが俺の学位論文のことなら、警察が盗んだだけ

266 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 10:59:40.24 ID:CBwoo03n0
英国から教えられる必要もなく、アメリカは独自の諜報活動でもっと詳細に把握していた。
英国の進言はありがた迷惑だから握りつぶした。
日時まで把握できていた米国は、重要な艦船をパールハーバーから退避させ、旧艦船を残し、被害を大きくするために休日の兵士を艦に残させた。
自国民の大きな犠牲を出し、大義名分を作って襲い掛かる手法は911も変わらない。

267 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 11:00:26.42 ID:yz+j/yfg0
>>4
知ってるか?アメリカは真珠湾の前にも後にも、宣戦布告無しの先制攻撃しまくってんだぜ

268 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 11:00:44.43 ID:+o7nnEJ60
>>246
別に宣戦布告は必要ない。
ルーズベルトが若者を戦争に連れてくのに利用して、
日本を悪く言いたい学者が宣戦布告なしは悪いことといってるだけ。
大体、当時アメリカでは経済封鎖は宣戦布告と同じと議会で証言されてる。

269 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 11:00:49.24 ID:FfWcFhSp0
アメリカは日露戦争の時にはいずれ日本と太平洋の覇権を賭けて衝突することを
考えて動いてたんでしょ

270 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 11:01:09.38 ID:gs3N38ev0
ドイツのアメリカでのスパイ活動の調査項目のひとつに真珠湾の海軍基地があった

日本の真珠湾奇襲攻撃を知っていた!

↑アホの発想

271 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 11:01:18.44 ID:R0oDZs+m0
韓国ドラマ大好きな産経新聞かよ

272 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 11:01:26.88 ID:jLZea9bc0
知ってたら、奇襲されたとは言えないな
実際は大統領まで伝わってただろうし

273 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 11:01:40.25 ID:5u/lxZu70
しかし、フーバーの盗聴コレクションってだれが持ってんの?
一般公開してくれよ

274 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 11:01:42.08 ID:L9jajCgN0
>>242
日本や中国みたいに人命軽視の国なら
3000人死んでも気にしないが
アメリカは違う
()

275 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 11:01:44.06 ID:L5h2rouD0
>>1

こんなもの誰でも知っているだろ、今更なに?
マッカーサーの手記でも目を凝らして読んでおけ

276 :(オ) ◆n3rBZgRz6w @転載は禁止:2014/12/08(月) 11:01:49.26 ID:H2CdzSRn0
>>253
大阪のエッタによる自己都合解釈ばかりだね
うちを潰したいがためにアメリカを呼び込んだのはおまえだろ、イギリスでは無い

277 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 11:01:57.60 ID:PofcSd1C0
真珠湾知ってルーズベルトが大喜びだったらしいし
まあ大義作るところから戦争も情報戦始まってるからなあ・・・

278 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 11:02:21.36 ID:8wx9wXJT0
アメリカは知っていたけど知らないふりして
「卑怯だ、リメンバーパールハーバー」で国内の参戦反対派を
退けて、参戦し戦意高揚させた
ルーズベルトの策略だったのは承知の事実

日本の石油を枯渇させて、日本に売らないで
宣戦布告させた
マッカーサーが公文書で残してるわ

279 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 11:02:25.63 ID:a6a/+ONV0
そもそもだ、日英同盟そのものが、日本をうまく利用して、アジアで戦争やらせて、最後に
ぶっ潰してアジアを手を汚さずにぶんどっちゃおうって下心のもとに締結されたわけじゃん

アメリカ大陸を征服するときにイギリスが利用して潰したインディアンの「イロコワ族」の役割を、
日本はアジアにおいてあえてやるのだ、って小村寿太郎が秋山真之に語っている。「坂之上の雲」を読め

280 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 11:02:37.07 ID:IuQZrotO0
>>245
アメリカは日本と戦争したかったわけだもんね
ルーズベルトの失脚を狙わなきゃいけないのか
個人的にはミッドウェーで大敗したときに降伏しておけばと思った

281 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 11:02:57.27 ID:5u/lxZu70
>>274
米国が真剣に人命尊重する気になったのはベトナム以降だろ

282 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 11:02:58.17 ID:oOpafFpq0
>132
・アメリカを巻き込んだのも英国だし ・・
アメリカを参戦させる為には、反日感情を煽る必要があったチャーチルが
ローズベルトや、側近(コミニュスト)に働きかけた。

283 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 11:03:42.09 ID:gs3N38ev0
>>277
そりゃそうさアメリカ世論は戦争に反対だったんだから

ルーズベルトが喜んだのも対ドイツ戦に参戦できる名目がたったからで
日本と戦争できるからじゃない

284 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 11:03:58.52 ID:yy3WZF1q0
イラクへの空爆
布告してたっけ

285 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 11:04:09.58 ID:yz+j/yfg0
そもそもアメリカは真珠湾以前から経済制裁・資源封鎖してくれてたし
中国に兵士と兵器送り込んでたし、日本の艦船どころか、潜水艦まで沈めて日本が直接対米軍事行動取るの待ってたんだぞ
日本がその証拠集めてたからどちらが先に手を出したのかはうやむやになった

286 :(オ) ◆n3rBZgRz6w @転載は禁止:2014/12/08(月) 11:04:22.32 ID:H2CdzSRn0
>>279
それで人生イロイロか
なるほどね
嫌なこった

287 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 11:04:52.36 ID:KCRTQIJ+0
>>23
1日中張り付いてるらしいぜw
朝鮮系というより、中共マンセー系の感じがするけどな

288 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 11:05:06.63 ID:a6a/+ONV0
そもそも、ジョン万次郎っているだろ?

あれが諸悪の根源だという説もあるぜ

ジョン万次郎は、アメリカの手先となって、日本の権力者を利用するために派遣されたスパイ

漂流したガキを親切丁寧にエリートになるまで育ててくれて見返りを求めないアメリカユダヤなんかいねえっての

289 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 11:05:28.00 ID:XTMMnic20
ヒトラーの最大の失敗は日本と組んだこと
国民感情が左翼的なことを計算してアメリカの参戦を抑えてたのに
日本がまんまと利用されて真珠湾を攻撃すると
アメリカの国民感情が一気に右に傾き積極参戦に転換された

290 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 11:05:51.38 ID:s/CV/iQQ0
もともと繋がってんでしょ
ステーションXやらエシュロンやらで
腹黒サクソン同盟ですか

291 :(オ) ◆n3rBZgRz6w @転載は禁止:2014/12/08(月) 11:06:18.50 ID:H2CdzSRn0
>>288
それおまえの自己紹介

円周率演算でアメリカに俺の情報がコロラドなどに流れたが
あの時代の日米競争はいまの技術基盤となった

292 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 11:06:21.67 ID:v3oeBk5y0
中韓ならいざしらず

恥の文化である日本において
知られてて奇襲する、老朽艦沈めてコンビナートは無傷
騙された方が悪い

293 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 11:06:41.10 ID:EwcFSOyP0
相手に攻撃させるのを察知して逆襲するのが戦争の勝利のセオリーでしょ
こんなもん常識として知っとけよ
沖縄に中国が手を出したらどうなるか分かるだろ?
米国は待ってると思うぜ
日本も裏でどうなってるのやら・・・

294 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 11:07:07.39 ID:jlbvOVjJ0
アメリカは真珠湾攻撃はある程度察知していたが
これほどまでの大損害を受けるとは微塵も思わなかったわけよ
それがアメリカのプロパガンダが必死になった要因の一つ

295 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 11:07:47.76 ID:XTMMnic20
>>294
攻撃されてもいいようにボロ軍艦ばっかり配置してたんだが

296 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 11:07:54.40 ID:W8Ws/m1J0
クソワロタ

297 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 11:09:07.39 ID:d6KQoRwlO
>>280
ミッドウエは、大敗と言っても旧式主力空母4隻やられただけ。
日本には戦い続行可能な戦力が温存されていた。
新鋭空母瑞鶴、翔鶴も残存していたわけだから。
ミッドウエで戦力が全滅していたら、また別の話。

まあ、作戦自体は滅茶苦茶で戦闘艦以外は大切にしない日本の悪癖が出たけど…

298 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 11:09:12.64 ID:Uwso9Kev0
また朝日をはじめ左翼が謝罪か。
日本=悪って発想を変えないから、ウソをつき続けることになるんだよ。

299 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 11:09:22.85 ID:ulhQvJRQ0
アメリカは議会の承認が得られないと戦争ができないからな 日本が真珠湾攻撃を
派手にやってくれたおかげでドイツに対して宣戦布告できたしイギリスもドイツに
占領されずに済んで助かったんだわ 空母を事前に避難させて不要な戦艦を処分で
きたしすべてアメリカの予定通りだよ

300 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 11:09:28.02 ID:OE7ERx3B0
戦争はどんな卑怯な手を使ってでも勝った方が正義
負けた奴があれこれ言うな

301 :(オ) ◆n3rBZgRz6w @転載は禁止:2014/12/08(月) 11:09:28.10 ID:H2CdzSRn0
>>290
全体の流れなんかみると、日露戦争で日本が勝ったのを帳消しにするために
日本に麻薬取引などを警察に持ちかけ、すべて反故にすることで挑発し戦争に持ち込んだ

>>292なんかのイスラム教もからんでリンチされただけだな

302 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 11:09:47.25 ID:EwcFSOyP0
>>289
ええw
既にイギリスとソ連とドンパチやってたドイツがないわー

303 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 11:09:46.81 ID:a6a/+ONV0
ただ、こういう(アメリカにとって不利な)情報が公になるってことは、

イギリスとアメリカとの思惑が今はかなり食い違ってきているのかもね

304 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 11:09:50.05 ID:bM8wmci70
まあ今だってスパイがウジャウジャいるんだぜ(´・ω・`)

305 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 11:10:08.29 ID:f0xGImMnO
>>295
移動してたのは空母3隻とわずかな護衛艦艇だけで主力はまだまだ真珠湾にいました

306 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 11:10:38.01 ID:pim5h42u0
見殺しアメリカwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

307 :(オ) ◆n3rBZgRz6w @転載は禁止:2014/12/08(月) 11:10:42.92 ID:H2CdzSRn0
>>303
イギリス王室とスコットランドヤード(警察)で内部で割れているだけ

308 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 11:10:54.43 ID:wXp6hEcQ0
>>289
ヒトラーはイギリスに勝つ気はなかった
英空軍基地は攻撃しなかったのが、その証拠
イギリス(貴族?)の命令で戦争しているから

309 :(オ) ◆n3rBZgRz6w @転載は禁止:2014/12/08(月) 11:11:49.54 ID:H2CdzSRn0
>>300
自己紹介にしかみえない

310 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 11:12:00.84 ID:gemhMK7H0
1対1の男らしい決闘、果し合いを
西側諸国は謀略という薄汚い手で汚したのだ
大日本帝国は高潔だったがゆえに負けてしまった

311 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 11:12:26.35 ID:a6a/+ONV0
>>300
> 戦争はどんな卑怯な手を使ってでも勝った方が正義
> 負けた奴があれこれ言うな

ああ、それいつも負けてばかりの薄汚い韓国人が大好きなフレーズだな

韓国人は、バカで何もできないが、勝ちたい!俺は強いんだ!強いけど
結果がでないのは誰かのせいなんだ!だから足を引っ張ってやるんだ!
という妄想で頭が一杯で努力は全然しない。アホだわ

312 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 11:12:34.40 ID:gs3N38ev0
>>303
産経のいつものミスリード(捏造)で
別になにもあたらしいことは明らかになってないよ

313 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 11:12:40.76 ID:1tkLr/Ym0
ネットもOSもアメリカに支配されてるし今でも情報は筒抜けだね

314 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 11:13:06.23 ID:qHZ2ybpm0
>>295
映画みてもマストみたいな塔が立ってる古臭い戦艦ばっかりだな

315 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 11:13:34.77 ID:qmxS8Bss0
トラ・トラ・トラ!

316 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 11:13:47.24 ID:3u/RA2lvO
>>1
もう今さらどうでもいいです
鬼畜米英が日本を兵糧責めして開戦せざるを得ない状況に追い込み、必要の無い核爆弾を投下し民間人を大虐殺した事実に変わりはありませんから

317 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 11:14:10.49 ID:OE7ERx3B0
>>310
×高潔
○愚直

謀略の何が悪い?
悔しかったら謀略で勝ってみろ

318 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 11:14:33.04 ID:gB5F2yYNO
東條ではなく斎藤が総理大臣になってれば回避できた戦争。

319 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 11:14:51.05 ID:wxDimuibO
大損害?主力艦隊はパールハーバーにいなかった
山本元帥は即停戦にすべきと訴えた

320 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 11:14:51.67 ID:60kKJ+3I0
この情報知ってたとしても日本が戦争に備えてアメリカの情報集めている程度にしか思えんだろう
南方の資源が目的ならフィリピンが真っ先に狙われると思うし
まさか空母を集中運用して真珠湾に殴りこみに来るとは思うまい
日本海軍ですら懐疑的な作戦だったのに

321 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 11:15:06.13 ID:HOWEupGT0
>スパイの回顧録によると、米FBIにも奇襲を伝えたが、ジョン・フーバー長官が握り潰していたという。

何か変だぞ?
フーバーはルーズベルトを「日本を戦争に追い込んだ狂気の男」だと言って批判してたんが?
と思ったが、フーバー違いだったw
今気づいたw 今まで下の記事はFBIのフーバーだと勘違いしてたわw

【真珠湾攻撃70年】 「ルーズベルトは、日本を対米戦争に追い込む陰謀を図った『狂気の男』」 フーバー元大統領が批判★3
http://uni.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1323310737/l50

322 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 11:15:13.80 ID:XEDRIvxQ0
>>295
いや、主力がちゃんと残ってたぞ。そもそもアメリカが太平洋戦争前半あれだけ苦しんだのは
真珠湾で海軍が大打撃を受けたから。

323 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 11:15:18.65 ID:m55/wY/80
宣戦布告なしの奇襲攻撃は国際法違反でも何でもないよ
あの悪名高い東京裁判ですら真珠湾攻撃の罪状で裁けなかった
有罪者ゼロ
当たり前だよ、欧米はそんなことばかりやってきたんだから自分の首絞めることになる

324 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 11:15:22.50 ID:jlbvOVjJ0
>>314
あれが当時のアメリカの最新鋭戦艦なわけよ

325 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 11:16:16.86 ID:2cd897/i0
911の自作自演説はよ

326 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 11:16:26.69 ID:a6a/+ONV0
>>241
> 満州事変以後にリットン調査団がはいって
(略)
> そもそも間違いなんじゃないの
> あの松岡が

松岡は米国留学して買収されたってのは有名だわな

それを後で知った昭和天皇は、憎き松岡が祀られてからは靖国参拝をしていない

327 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 11:16:43.84 ID:Kq0iS4c40
今も昔も駄々漏れ

328 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 11:16:58.90 ID:HznUgj2t0
敗戦の蓋然性が元々高い戦争だったわけですね

329 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 11:17:10.75 ID:sMaLF8LC0
>>314
日本のは連中にブッダタワーって呼ばれてたんだからお互い様だよ

330 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 11:17:37.80 ID:rt/IOo150
勝てば官軍
最終的に戦争に勝てば宣戦布告無しの先制攻撃したって許される
日本が悪いのは戦争に負けてしまったこと
次からは上手くやって勝とうねw

331 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 11:17:47.45 ID:f0xGImMnO
>>319
当時真珠湾には戦艦8隻、重巡2隻、軽巡6隻、駆逐艦30隻、その他48隻
主力は残ってた

332 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 11:18:01.28 ID:gLfrHDs90
9.11だって、FBI は情報をつかんでいたのに、どこかで握りつぶされたんだろ。
アメリカは戦争をしないと経済が成り立たないから、いつもこうやって「自称正義の戦争」を始める。
9.11は、まさかあんな大惨事になると思わなかったのだろうな。

333 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 11:18:57.32 ID:Pd0Uiex30
ハッハッハ筒抜けと知らずにまんまと真珠湾を攻撃に来やあれ?真珠湾素通りして‥‥わー!ワシントンの直接攻撃始めやがったー!

ってわけにいかんかったのかね
まあ飛行機の燃料の限界とかあるんだろうけど
そこはなんとかしてさ

334 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 11:19:12.07 ID:oGz5uj1j0
>>332
知ってたからって先制攻撃したらしたでお前は非難するんだろw

335 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 11:19:21.49 ID:5hI/1HTU0
>>1
MI5てツッコんだら負け

336 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 11:19:32.93 ID:EwcFSOyP0
>>303
なんでアメリカに不利になるわけ?
戦争するかもしれないという雰囲気の中、先に攻撃してきた日本が悪いで終わりだぞ
中国が沖縄に軍を派遣するかもしれないというのはちょくちょくリークされてるけど
それを日米が知ってて実際に中国が攻撃してきて戦争になったからって、戦後日本が不利になることなんてゼロだろ
向かってくる相手を止めることなんてできないんだからさ

337 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 11:19:44.26 ID:x1nnl+5E0
不思議な力が働いて布告書を届けられなかったのは本当?

338 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 11:20:10.47 ID:ijrBbD3E0
ネトウヨが言ってたことが本当なのか?

339 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 11:20:48.12 ID:+YyPDILr0
>>299
バルト・オブ・ブリテンの頃もドイツ有利だが、結局は英国が勝つというのが
海軍の観測。そもそも英国海軍を叩かない限り英国上陸など不可能。

>>308
バトル・オブ・ブリテンの緒戦では海岸沿いの空軍基地を攻撃してるんだが?
禁止されていたのはロンドン爆撃だ。

340 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 11:21:30.97 ID:JOnzV4Xu0
数多くある情報の中でそういうのがあった
そういう事だろ。
日本側も欺瞞情報を流しているし
アメリカが真珠湾攻撃を知っていたからと言って必ずしも
それを信じていたとは限らないのよ。
情報戦ってのはそんなものだ

341 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 11:21:35.24 ID:q7f+tnSb0
戦争やる気満々なのは日本だけじゃないってこと
日本はアメリカに釣られて負けたんやよ

342 :(オ) ◆n3rBZgRz6w @転載は禁止:2014/12/08(月) 11:21:42.12 ID:H2CdzSRn0
>>325
911は自作自演では無い
ブッシュの兄のジョージの一派に、弟のシェフの一派が牽制をかけただけ

ウちゲバ

俺も馬鹿にされている

343 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 11:22:11.40 ID:Hp2OvpEO0
アメリカは攻撃を受けることは想定内だったよ、ただ日本軍の位置が掴めなくて結果的に奇襲受けたんだよ
そもそもアメリカは日本海軍の戦力を上回る2個師団もハワイに配備してた、万が一上陸受けても上陸後勝てるように

ただ、戦艦沈みまくったのは想定外だったらしいけど

344 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 11:22:23.02 ID:6D//yD4s0
米国公文書館にもあるんだろ

昭和が必ず見直をされる日が来る。

345 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 11:22:26.58 ID:PUXpyNn40
>>310>>317 愚直で間違いない部分も有ると思うけど+慢心も付け加えないと・・・
本気で勝てると思っていなかったが、ある程度戦争が拡大すれば
停戦交渉のテーブルに相手が来ると(来て欲しい??)思ってた

346 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 11:23:07.78 ID:QZL9iZNRO
>>337
それも合わせ技かもしれん

347 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 11:23:21.47 ID:sMaLF8LC0
>>333
ワシントンは無理としても西海岸は可能だったろうね
米側に準備ができてなかったから本格的な上陸作戦が観光されたらカリフォルニアくらいは占拠できただろう
真珠湾を占領するのが大前提だけどさ

348 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 11:23:30.22 ID:JOnzV4Xu0
真珠湾攻撃が間違っていたとは、色々な意見があるでしょうけど
重要な事は、その時点で真珠湾攻撃が日本に利益をもたらせるであろう
選択しであったかどうかだが。
真珠湾攻撃が決まった時点では、日米開戦は避けようがない段階まで来ていただろう。
攻撃がなくとも、アメリカがトンキン湾事件のようなねつ造でもして開戦に漕ぎつけたはず
それを考えると、已む得ないのではないかね。

349 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 11:23:58.26 ID:jlbvOVjJ0
日本が戦わなければ下手すれば今でも東南アジアは植民地だったかもな
勿論日本もヤバいかもしれない。

350 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 11:24:33.87 ID:Yp8u4f+E0
>>1
違うな。
真珠湾の情報入手をスパイに命じたのを英側が知っていたことを
日本がハワイを攻撃するという風に解釈できるわけではない。

当時は日米関係はいつ戦争になるかということで、互いの貿易や客船の商船航路も
止まっていた緊張状態にあった。
したがって太平洋艦隊が出撃したのかどうか動静を探るのは当然なのだ。
こんなことはアメリカも日本国内にいるスパイに横須賀とか呉など日本の艦隊の所在地に
探りをやらせていたし、お互いに相手の動きをさぐるというのは当たり前のこと。
この英国の結論にハワイ攻撃が決ったということがどこに書かれている?
どこにも無い。

ハワイも当然予想の中にはあったろうが、あくまで推測でしかなかったと思われる。

351 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 11:24:46.26 ID:dl2f2Chj0
>>345
でも日本てWW1で勝敗決まりそうになってからのりこめーしてパラオもらったんじゃ

352 :(オ) ◆n3rBZgRz6w @転載は禁止:2014/12/08(月) 11:25:33.47 ID:H2CdzSRn0
アメリカで警察のバイトのRANKが騒ぎまくってる
こういうときって裏でなんかやってんだよね、アメリカは

353 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 11:26:25.06 ID:sMaLF8LC0
>>351
マルタへの艦隊派遣とかパリへの赤十字派遣とか色々やってるんだけどね

354 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 11:26:38.41 ID:a6a/+ONV0
日米開戦したらまったく得にならないっていう調査結果を報告したら、
「軍の上の意向でもう戦争は決まってるので、どうしようもない」
とかわけわからんこと言われて、せっかくの調査結果を無視して開戦したのが日本

勝てない戦争をあえてやる、さすが買収されてる人間が上にいるとやることが違うわ

355 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 11:26:59.48 ID:ifWWW5jU0
当事国アメリカがわかるくらいだもの
ある程度の諜報レベルがあればどこのくにでもわかるよ

356 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 11:27:03.09 ID:xuJwaK300
アメリカの暗号解読班も事前解析に成功しており
アメリカだって知っていたんだろう?
自国民を見殺し。
アメリカ国民は知ってるのか?

357 :(オ) ◆n3rBZgRz6w @転載は禁止:2014/12/08(月) 11:27:06.64 ID:H2CdzSRn0
裏でじゃなかった、スクランブルエッグ食わされたわ
嫌だなあ、カレーでもくってくるか

358 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 11:27:08.89 ID:YJjSvmdT0
アメリカの狙いはそこじゃない、
本気でやれば証拠なんて残らない、
にもかかわらずセンタービルなどはかなり大胆にやってる。
『俺たちは公然と陰謀を企てるけどお前ら文句言うなよ』
という方向にシフトしてる、実際アメリカ人もわかってて放置してるし。
報道の自由度って言葉があるけどある意味一番自由の無い国がアメリカなんだよ。

359 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 11:27:35.65 ID:d6KQoRwlO
アメリカが真珠湾をやり返したと言っているのは、トラック島大空襲。
真珠湾は基本的に軍艦狙い、トラック島は商船輸送船狙い。
この差は分かるよね?
トラック島で大小合わせて200隻以上が沈み、辛うじて残ったのは数隻のみ。
その数隻というのが、今もその姿健在の横浜にある「氷川丸」と東京にある「宗谷」
数奇な運命だ。

360 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 11:27:49.27 ID:hV4k6eyv0
日本人の情報管理の甘さは小学生レベル

ほんとついこの前まで、個人情報や極秘資料をゴミ箱に捨てていただろう
しかも飲み会で機密をベラベラ話し、タバコ吸いながら部外者に自慢げにペラペラ

恐ろしいのは、いまだにその状態の企業もあること
全面禁煙にしないで、屋外の垣根に喫煙所を作り、話している声が通行人に届く
壁一つ隔てて機密が伝わっているのに社長は分煙に満足で頭がパー

361 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 11:27:51.57 ID:272bMw1g0
これが「パールハーバー」じゃなくて
「ゴールデン・ゲート・ブリッジ」とかだったら、
無視しては、いられなかったんだろうけど
「真珠湾の重要度(空母は退避)」と
「卑劣にも奇襲攻撃を受けた。とする開戦する名目」を
天秤にかけたんだろうな。

362 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 11:28:49.82 ID:Y6E9j/ge0
知ってたけど、思ったよりヤラレちゃったのが真実じゃないかな?

予想より被害が大きくてアメリカも驚いたんじゃないかな?

363 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 11:29:05.22 ID:hmpaHgis0
日本もそんなにアメリカ嫌いならとっとと独立すればいいのになw
いつまで植民地になってるんだ?

364 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 11:29:40.69 ID:yY/dgAILO
戦争に必要な鉄を売ってくれてるアメリカと戦争するなんてありえんだろJK

みたいなこと書いたら、戦後まで金庫に放り込まれてた

みたいな話があったような気が……

365 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 11:30:12.47 ID:AtLJHN8G0
事前に察知していようがいまいが、
攻撃するほうが悪いに決まってるだろw

366 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 11:30:15.40 ID:wVdHh5xHO
(・∀・;)空母隠したのかな

367 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 11:30:36.78 ID:sMaLF8LC0
>>356
既に解読されていたレッドと新規のパープルを同時使用してたからあっさり破られたんだよな

368 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 11:30:36.89 ID:pfrt0XA10
>>363
戦争で勝つまで

369 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 11:30:48.63 ID:+YyPDILr0
>>359
全然わからん。

日本は軍艦狙いの軍事の素人、USは通商破壊で軍事のベテランってことか?

370 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 11:30:53.67 ID:EwcFSOyP0
ロシアと欧米の対立で経済制裁してる中、ウクライナにロシアが侵攻してきそうだとネットで呟くレベルの情報
こんなんで情報を隠してたとか非難するバカがどこにいるの?
先に攻撃してきた方がとにかく悪いんだよこれ常識
日本は絶対先に手を出しちゃダメってこと

371 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 11:31:14.88 ID:hmpaHgis0
>>368
おまえは誰と戦ってんだ?

372 :朝鮮漬け@転載は禁止:2014/12/08(月) 11:32:00.46 ID:i8QDSLtT0
>>366
せやで(^o^)

373 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 11:32:14.92 ID:XTMMnic20
もともとアメリカのメインターゲットはドイツでヨーロッパの利権が本命
日本との戦いなんてついでだったんだよ
でも情報コントロールのために大々的に宣伝した「真珠湾攻撃」ってフレーズだけは
アメリカ市民にも根強く残ってる
よく聞きゃ真珠湾の場所すら知らない無学ばかりで「アメリカ本土のどこかに攻めてきた」ってミスリードした奴もいたくらい

374 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 11:32:43.21 ID:QgbOvoxe0
第一次世界大戦の時、世界の8割が欧米の植民地だったんだぜ。
当時アジアで植民地にされていなかったのは日本とタイだけ。そのタイですら、大日本帝國と同盟を結ぶまでは大英帝国とフランス帝国の植民地になる可能性が高かった。

ロシア帝国、大英帝国、フランス帝国、オランダ帝国、アメリカに囲まれて、自国を守るのは至難の業だとつくづく思う。

375 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 11:32:53.45 ID:y2svR/0Q0
日本は真珠湾で空母を打ち漏らしたことで戦争全体を失った
空母は偶然を装って退避させてたんだろうな

376 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 11:33:44.52 ID:wXp6hEcQ0
>>288
ジョン万次郎はフリーメーソン
自由の女神もフリーメーソンの製作

377 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 11:34:04.26 ID:LareeVNc0
こういう歴史の総括は絶対に自国に良いように考えちゃうから当事者は語るだけ無駄。

日本人が日本の歴史見たところで必ず日本は正しかったって結論になるんだから。

378 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 11:34:45.99 ID:JOnzV4Xu0
>>364
いまでも中国や韓国あるいはアメリカと、これだけ密接な経済的つながりがあるのに戦争などあり得ない
何て言っている人がいくらもいるが
現実には経済関係がどれほど深くとも、それだけで戦争は防げるものではにのよ
確かに抑止の一つにはなるけどね
戦争ってのは、常に軍事力で抑止するしか方法はない
現在に至るまで、人間が行きついた唯一の結論だ

379 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 11:34:47.46 ID:XTMMnic20
日本に原爆が落とされたのもただの実験
ついでの攻撃だから日本人を人とも思ってない

380 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 11:34:49.78 ID:LeUgrUDU0
911も実は察知してたのかもなぁ

381 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 11:35:07.83 ID:hV4k6eyv0
第二次世界大戦は知れば知るほど、大日本帝国はよく奮戦した方だと気付かされる

情報と暗号は全部筒抜け
白人国家はレーダー使っているのに、日本は目視
優秀な将官を畑違いの場代へ(適正じゃなく、年功序列で配置)

大日本帝国は精神力と、命を捨ててかかったから大被害を与えただけの世界だった

382 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 11:35:25.53 ID:d6KQoRwlO
>>363
人間だから嫌いなところあれば、好きなところもある。
親友であっても嫌なところある。
でも、それ以上に好きになれる部分があるから親友。
アメリカに嫌いより好きを強く感じる人が多い。
韓国もメディアを使って、韓流や韓国の男は〜、お隣韓国は〜とやろうとしているのはそれ。
しかし、残念ながら嫌いが凄すぎてね。
以下省略

383 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 11:35:44.63 ID:rz5m+8J70
真珠湾攻撃予告説について
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%89%E3%82%A5%E3%82%B7%E3%83%A3%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%83%9D%E3%83%9D%E3%83%B4

公開されたFBIなどの文献から検証した今野勉は、以下の点を確認した。

・ドイツからポポヴが手渡された質問状には確かに真珠湾の米海軍基地に関する内容が含まれているが、質問状全体としてはアメリカのイギリスへの援助能力が主眼である。
・フーヴァーはホワイトハウス宛の報告書の中で、情報伝達手段としてのマイクロドットには言及しているが、質問状の内容にはほとんど触れていない。フーヴァーは、
1939年に日本の諜報活動の監視と「敵性」日系人をチェックする目的でハワイにFBI支部を開設しており、
「真珠湾を日本が攻撃する」という情報について無関心であったことは考えにくい。
・FBI側は質問状にあった調査項目について、陸海軍の情報部と協力して偽情報を作成した上でポポヴに手渡し、フーヴァーの言葉とは裏腹に二重スパイとしてポポヴを最大限利用しようとしていた。
フーヴァーがニューヨーク支部に送った手紙によると、海軍が作成した「新型魚雷防御網に関する資料」についての偽情報をポポヴに渡したのは11月初旬以降であるが、ポポヴが真珠湾に関する情報の入手を急ぐよう迫られていた形跡はない。
・ポポヴは、日本が同盟国であるドイツ経由で真珠湾の情報を得ようとしていたと考えたというが、日本海軍は独自にハワイの情報を入手する活動をおこなっており、海軍の関係者もドイツへの情報提供依頼を否定し、
吉岡忠一元参謀はドイツ海軍を信頼していなかったのでそういう極秘情報の提供を依頼することはなかったと証言している。
また、タラント空襲についてもローマの日本大使館駐在武官から直接情報を入手している。

これらを総合して、ポポヴが真珠湾攻撃をアメリカ側に予告したというのは「回顧録の中であたかもそうしたかのようなでっちあげをやった可能性がきわめて大きい」と今野は結論づけた。

384 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 11:37:18.90 ID:Ca/Xdj2P0
誰かのかたき討ちをして
カッコよくやりたいから

キミ、ちょっといってくれないか
すてごまになってくれないか
いざこざに まきこまれて
泣いてくれないか

385 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 11:37:52.62 ID:ZGX1Xh+n0
諜報で知ってたから戦線布告しなくても良かった


わけねーだろ

386 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 11:37:55.68 ID:ulhQvJRQ0
アメリカは頭がいいよ戦争を自国から遠く離れた所でやって国民は家で
戦争を楽しめるからな
アジアは自分の家の前で戦争始めそうな国ばかりで困るよ

387 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 11:38:08.77 ID:wXp6hEcQ0
>>379
広島に投下した原爆はナチス製です
アメリカとドイツは裏で繋がっていました
戦争の企画者が連合国と枢軸国を作りました

388 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 11:38:37.41 ID:g4sNxuhF0
>>1
>MI5のガイ・リッデル副長官は日記に、スパイが奇襲4カ月前に独側から偵察を指示されたリストに真珠湾と米艦隊があったことを

100パーセント嘘
4ヶ月前って事は8月だから、どう考えても嘘ww

389 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 11:39:09.56 ID:EwcFSOyP0
>>377
ならねえよw
日本人の大半は勝てそうにない戦争なんてしなければ良かったとつぐづぐ思ってるだろ
白人と戦ったのは意義はあったというかもしれないが結局負けたんだからどうみても悪い
負けて良かったとか思ってるやつは相当なドMだな

390 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 11:39:19.77 ID:hV4k6eyv0
>>379
日本に原爆があって制空権とれたらアメリカに落としただろう?
日本が「鬼畜米英」とやったように
アメリカも「良い日本人は死んだ日本人だけだ」とやっていたんだ
仕方がない

391 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 11:40:12.92 ID:lOjr4SHU0
>>1
これのどこが速報性のあるニュースですか?>影のたけし軍団ρ ★

392 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 11:40:25.88 ID:q9hG9IOX0
防諜が的外れでザルになってるのはもはや伝統か

393 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 11:40:26.10 ID:RlpOwuP40
軍事産業が大きな稼ぎ頭であるアメルカにとって911と同じやり方

394 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 11:40:29.72 ID:y2svR/0Q0
日米は支那事変の時から米義勇航空軍フライングタイガースという正規軍と戦って
実質戦争状態だったよ?

395 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 11:40:55.20 ID:8f70NRhMO
日本の奇襲を警告する情報が存在していたことと、日本の奇襲を予知出来ていたかは別だろ。
真贋が混在する莫大な情報の中から有益な情報を拾い上げ、それが正しい情報かどうか、
国のリソースを割り振るに価する重大な脅威であるかを分析することが難しい。

後でよく調べて確認したら『判明していた』というレベルじゃ、日本の奇襲を予知していたとは断定できんぞ

396 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 11:40:58.76 ID:DLUvVpgJ0
>>1
可能性で、知ってたって事にはならないよ

397 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 11:41:14.55 ID:hmpaHgis0
>>382
それはわからんでもないが、そもそも
日本の抑圧された封建社会が欧米の自由の風に吹かれて民衆の目が覚めただけかもしれん

最近ニッポンマンセーな番組やら書籍やらわんさか出てるが
自画自賛は日本人が一番嫌う部分だし、最近のニッポンマンセーの空気は違和感があってかなわん

398 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 11:41:31.90 ID:iMN3Bmc10
空母が一隻もいないなんておかしいもんな

399 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 11:42:20.30 ID:150LI+3R0
>>22
元々、諜報は卑怯者がやる行いであるという風潮があったらしいからな。
当時の日本が諜報に割いていた人員も、米英に比べるとかなりの小規模だったとか。

400 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 11:42:33.44 ID:FhURWobL0
つーか真珠湾攻撃を画策したのも実行を企てたのもコミンテルン
こんな常識を知らない奴がまだまだ多い

攻撃を実行させられた日本は被害者

401 :(オ) ◆n3rBZgRz6w @転載は禁止:2014/12/08(月) 11:42:58.43 ID:H2CdzSRn0
>>376
任天堂以外がメーソンにみえるのか
おまえがメーソンだよ、任天堂

402 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 11:43:13.48 ID:hV4k6eyv0
>>386
中国の歴史もそうだった
「争いは必ず他人の領土で起こせ」というもの

だから中国は「沖縄も中国固有の領土だ」とやる
韓国も真似して「対馬は韓国固有の領土だ」とやっている

それにより本土は安全となる上に、尖閣・対馬はより一歩守れる

403 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 11:43:14.92 ID:8wx9wXJT0
>>375 そそアメリカの高官の息子も本土に帰ってるしな

404 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 11:44:22.12 ID:028sO+DHO
>>23
ホントにそうだわ

405 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 11:44:28.51 ID:OmKNlCuv0
ハル文書の前の日付というところが味噌だな。


チャーチルとローズベルトに完全に嵌められたわけだ。


鹿児島にもスパイがいただけの話。

406 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 11:45:03.59 ID:d6KQoRwlO
>>369
素人とベテランというより、鬼畜になれるかどうかだね。
スレにあるとおり、戦争とは勝たなければ意味がない。
非戦闘員や非戦闘艦(語弊がある使い方だけど)を狙うえげつなさ。
そして、奇しくも日本は真珠湾のアメリカと同じことした。
トラック島空襲を察知して戦艦武蔵はじめ主力艦隊を逃がしている。
この囮に輸送大船団を残したと言われている。
まあ、完全に目測違いで後に輸送船が足りない原因になってくるのがトラック島。
潜水艦でやられる前に100隻やられたらどうしようもない。

407 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 11:45:27.21 ID:qOiN7F2F0
ニイタカヤマノボレ一二◯八

408 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 11:45:32.65 ID:XEDRIvxQ0
>>343
想定外どころじゃなくいかにアメリカでも簡単には艦隊再編できなかったからにっちもさっちも
行かなくなった。戦時国債発行しまくったが誰がその利息払うかすらあてがなかったぐらい。
原爆使うまで日本を憎んだのも、アメリカのプライドズタボロにしたから。

409 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 11:45:42.13 ID:PJcd1Xs+0
やはりイギリスは日本軍の暗号を解読していたのか
まあマッカーサーにはヒロヒトが直接洩らしていたんだけどね

410 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 11:46:43.95 ID:l7CYGuCT0
日本の政治家・軍部って本当無能だな
全員死んでよかったわ

411 :(オ) ◆n3rBZgRz6w @転載は禁止:2014/12/08(月) 11:47:11.30 ID:H2CdzSRn0
>>406
アメリカでB29を設計開始したのは戦前からだ
真珠湾攻撃の演出もいまも
おまえも

空軍の予算確保でしか無い

412 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 11:48:09.35 ID:EwcFSOyP0
>>402
中国はまったく逆
中国は領土拡大しようとして周辺国とぶつかり何度も滅ぼされてるアホな国だぞ
沖縄なんてめちゃくちゃ近所じゃねえか
アメリカはキューバ危機で懲りたようだけね

413 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 11:49:02.92 ID:MaUu7DfNO
しかし真珠湾攻撃の夕方には空母エンタープライズは帰港していた
ちょっと洋上で訓練していただけだった

策敵が不十分だったゆえの撃ち漏らし
さらに翌日も強襲すればさらに戦果拡大出来た
空母はもちろん総動員していた駆逐艦や救難艇、工作艦、修理施設も完全撃破していた可能性は高かった
真珠湾は1年程度の機能不全に陥っていただろう

414 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 11:49:38.06 ID:Uwso9Kev0
>>389 浅田真央は人気があるだろ。白鵬は人気が無い。昔では北の潮か。そういうことだ。

415 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 11:49:39.20 ID:yY/dgAILO
>>378
当人の言い分は
「最大の商売相手に喧嘩売っても、戦争になんないから。仲良くしといた方がいい」
的な感じだった気がする

416 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 11:49:51.21 ID:Uyh72/uc0
まあ世論を煽るための出来レースだね
人身御供にされた下っ端米兵は不幸だったね

417 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 11:49:51.68 ID:HOWEupGT0
あれ、書き込めないぞ?

418 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 11:50:00.54 ID:WwHIpSYx0
アメリカが参戦する工作に日本がハマった
結果、300万人を超える日本人が死んだ訳だが

まぁ日本もアジアで同じ様な工作活動してたし
同じ様に殺してた側だったからな

419 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 11:50:06.95 ID:ulhQvJRQ0
戦争を始めるのに派手なパフォーマンスが必要なアメリカはいつも不要な物を
処分するね 時代遅れの戦艦とか古いビルとか

420 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 11:50:34.01 ID:hV4k6eyv0
>>399
織田信長が今川義元に勝てたのも諜報力だったのに
→今川領土に商人を放ち「織田家は籠城するので物資を買いに来た」と偽情報を広めさせた
→その商人を少しずつ時間差をおいて織田領土へ次々帰えさせて、今川本陣の現在箇所を報告させた
→商人は帰る途中「織田家は見放して臣従します」と、今川軍へ酒などを大量に差し入れた

これだけやったのは凄いと思わないか
結果、油断した今川軍が大将首とられたんだ
なぜ日本の情報戦略は疎かになったんだろう

421 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 11:50:38.18 ID:OmKNlCuv0
どっこい真珠湾に送り込んでいた陸軍省のスパイはばいしゅんやどにじんどっていてただけで出鱈目な報告をしていた。





どうして出鱈目かって?

「日系人の売春宿からは真珠湾が全然見えない」

料亭旅館は現存していてビショップ博物館のすぐ上。今でも海岸まで高い建物はない。
今度オアフ行ったら見てみな。

422 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 11:51:35.00 ID:nb8wSqUX0
で、誰がフェリックスライターだだったんだぜ

423 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 11:51:37.14 ID:XEDRIvxQ0
>>412
いまだに最貧国のキューバに経済制裁をかけ続けているのを見ても、いかにアメリカ人が
プライド傷つけられるのに弱く、執念深いかよくわかる。

424 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 11:51:56.62 ID:8TsHCxlO0
アメリカ政府も、真珠湾攻撃を事前に知りながら航空攻撃への過小評価、国民を戦争で意思統一させる
等の理由からハワイには知らせなかった、ところが被害が想定外に大きかったので情報そのものを
もみ消したって話は30年前からあった。朝日新聞の記事なんで信じるかどうかは自由だが。

425 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 11:53:31.45 ID:XEDRIvxQ0
>>424
じゃあうそですねw 朝日を信じるなんてイワシの頭を信じるより無理ですよ。

426 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 11:53:52.69 ID:q9oUY1uh0
日本もソ連の参戦を打電しても
握りつぶされた
結局上がアホだとしょうがない

427 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 11:53:53.18 ID:3u/RA2lvO
戦には負けたが
アジアを鬼畜欧米の植民地から解放する事には成功した
大東亜戦争の実質的な勝者は日本だ

428 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 11:54:10.03 ID:rKIykhXuO
>>409
>>1くらい読め。

429 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 11:54:10.29 ID:fr1iByA/0
ルーズベルトが世論を開戦にもってくためにスルーしたってことか




見殺しにされた真珠湾の遺族怒れよww

430 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 11:54:10.60 ID:d6KQoRwlO
>>414
俺の大好きな白鵬を侮辱比喩に使うのは、そこまでにして貰おうか。
白鵬の四股は、地を鎮める大横綱の四股。
白鵬を咎めるのは、マジで止めてください。ペコリ

431 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 11:54:42.24 ID:t5mWAzCo0
>>100-101

ポンコツイモムシのF35なんて要らないからな! 全然飛ばネーし、事故ってばかっりだろ!

     / ̄ ̄⌒γ⌒ヾ
   / ________人   \  
  ノ::/━━     ヽ    ヽ
  |/-=・=-  ━━  \/   i
 /::::::ヽ―ヽ -=・=-_ ヽ   i  ← ゲール人 離党(除名)予備軍。
.|○/ 。  /:::::::::     /⌒)
.|::::人__人:::::○    ヽ )       特技 後ろから撃つ事 & 武器の国産化を邪魔する事
. i    __ \      /
 \  | .::::/.|       /  
   \ヽ::::ノ丿      /  
    しw/ノ___―イ 

旧経世会の連中は 防衛産業 や 航空宇宙産業 にさわるな!!!

432 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 11:55:10.25 ID:a4lrS8N/0
プリンスオブウェールズとレパルスもワザと撃沈させてやったんだよね
MI5凄い凄い。

433 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 11:55:28.12 ID:em1MMemv0
宣戦布告が遅れたことは弁解しようがない

434 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 11:56:22.36 ID:l7CYGuCT0
>>394
アメリカはISIS空爆してるけど、誰もアメリカとイスラム国が戦争してるなんて思ってない
陸上部隊同士がぶつからない限りはそういう認識には至らない

435 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 11:56:34.50 ID:hV4k6eyv0
>>427
勝たなきゃダメ
負けた方の大義は世界じゃ通らない

勝者が「お前は良くやった、素晴らしかった」というのは通る

436 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 11:57:00.33 ID:VwsWiGlK0
日本はこんな重要な情報すら守れなかったのか。
戦争に負けるわけだ。

437 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 11:57:15.72 ID:96WdVAjr0
知ってたの常識

438 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 11:58:25.74 ID:HOWEupGT0
「真珠湾攻撃」を描いた映画をひも解く
http://nikkanmaispa.jp/759113

1970年「トラ・トラ・トラ!」:史実に忠実
2001年「パール・ハーバー」」:糞映画

439 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 11:59:16.11 ID:3u/RA2lvO
>>433
今みたいに
首相官邸にホワイトハウスのホットラインがあれば電話1本で済んだのになw
「あ、もしもし?オバマ?宣戦布告すんからよろしく!」って

440 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 11:59:20.50 ID:RIrJHpZK0
>>37
羽田は何故か大山倍達が応援してたんだよなぁ

441 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 11:59:27.29 ID:vZuFXOA50
>>427
そりゃそうだ。戦争の勝ち負けは戦だけじゃない
 第二次大戦の結果と戦後
日本 犠牲230万、占領地と満州朝鮮等を失うも大富豪の革命並みの空前の経済成長。実質超バカ勝ち
ドイツ 犠牲500万、バカ負けで国土分割されても空前の経済成長。再軍備・祖国統合も成して実質超バカ勝ち
アメリカ 得るものはなくとも戦後世界の王として君臨するほど当然のバカ勝ち
ソ連 1600万人の犠牲者を出すも、痛みと引き換えの東ヨーロッパ・東西アジアを手にし東側の盟主に

442 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 11:59:59.71 ID:4jBy/5X70
公然の秘密

443 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 12:00:27.57 ID:Uwso9Kev0
>>435 負けるが勝ち、負けの美学も日本の保守思想ってこと。
どんな手を使っても勝てばいいなんて保守思想じゃない。

444 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 12:00:48.95 ID:vZuFXOA50
イギリス 実質負け。戦は勝ったが海外領土の大半を手放すハメに
フランス 実質バカ負け。やられただけで得るものなし。パリが焼け落ちなかっただけが救い
支那 超バカ負け。得るものなし。犠牲1000万単位(大半は自軍による)国共戦争再開、結局共産軍に負け文革へw
朝鮮 超バカ負け。独立とか言いながら国土分割、朝鮮戦争犠牲400万今だ未解決w

445 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 12:02:38.32 ID:l7CYGuCT0
>>443
保守思想ってw 自分に酔ってるのかな?

446 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 12:02:44.52 ID:340zvmpW0
奇襲計画だけじゃあまり意味はないだろ
艦隊がヒトカップ湾に集結しているとか、作戦が発動しているのを知っていたなら分かるが

447 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 12:02:49.02 ID:pfrt0XA10
このやり方は中国の歴代皇帝は誰でやってる。
朱元璋もやった。毛沢東もやった。
『正当防衛』の為に相手にある程度殴らせるのと一緒。
ついでに自軍の不穏分子をどさくさに紛れて始末、戦死させている。
っていうかどんな歴史にも普通にある

448 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 12:03:11.37 ID:IWG6j4280
映画トラトラ見れば一目瞭然。

449 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 12:03:34.47 ID:hmpaHgis0
>>444
そんなに笑っちゃ失礼でしょ

日本も連合国で分割統治されなかっただけでもラッキーだと思えってよ 

450 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 12:05:13.23 ID:m55/wY/80
日本が分割統治されるわけないじゃん
実質アメリカとの一騎打ちだったんだから

451 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 12:06:13.52 ID:96E1rKui0
>>368
伊8号がゴールデンゲートブリッジ砲撃しようしたんだが、大本営に止められたんだよ。クリスマス当日の攻撃は止める様に言われて。で、燃料の関係から引き上げて二度と攻撃の機会は来なかった。

452 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 12:06:14.85 ID:d6KQoRwlO
報告します!
横須賀 イージス艦あしがらが受電
トラ・トラ・トラ・・・
我、カレーでイージス艦こんごうに勝利せり
以上報告終わり ケイレイ

453 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 12:06:18.29 ID:Uwso9Kev0
>>445 別に浅田真央は自分に酔ってるわけじゃないし、応援してる人も酔ってるわけじゃない。
それが日本人だってこと。どんな手を使っても生活保護もらおうとする朝鮮人には分からないだろう。

454 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 12:06:48.37 ID:LvieYEBn0
でも、相手が知ってたからって日本が卑劣な騙まし討ちを仕掛けた事実自体は変動しないよね
そもそも、戦争で自体を打開しようって動いたこと自体、不戦条約等に違反するし

455 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 12:07:30.11 ID:Z0Cf2P650
そらそうやろ

456 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 12:07:42.28 ID:l7CYGuCT0
>>453
保守思想は関係ないと思うけどなw

457 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 12:08:05.40 ID:5+AU7KCd0
情報流した屑が居るんだろ
というか独立させろよ

458 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 12:08:13.86 ID:hmpaHgis0
>>450
阿保かw

東南アジアでも英・仏・蘭とぶつかってるだろ
捕虜の虐待の件でも最近でもニュースになってるだろ
アメリカとの一騎打ちって阿保かw

459 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 12:08:22.83 ID:6DjHpJKt0
73年前の今日が母の生まれた日です。
開戦記念日

460 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 12:09:15.93 ID:ka4GLySA0
日本馬鹿政府&朝日新聞 「真珠湾攻撃は大成功!秘密裏に行われた!」
山本五十六他海軍 「通信してなかった!?卑怯極まりなし。。。orz。それに空母もいなかった!?」
アメリカ 「知ってたよ」
イギリス 「知ってたよ」
ロシア 「知ってたよ。じゃなきゃハワイまで見過ごさないし。」
ドイツ 「まぁ、ぶっちゃけナチスが全部悪いんだけどね。」

461 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 12:09:28.34 ID:Uwso9Kev0
>>456 それは貴方が保守思想を知らない腐れ左翼だから。

462 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 12:09:33.74 ID:54SBbZB40
こんなんまともなアメリカ人なら薄々知ってる事実だろ
決して公には認めはしないがw
近年、当時のハワイ駐留司令官の名誉回復がなされたが、彼らもルーズヴェルトが開戦の大義を得る為の犠牲

463 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 12:09:39.04 ID:9jDoy0kp0
>>399
真珠湾の諜報は一人だったんだっけ
この間NHKでやってた

464 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 12:10:15.54 ID:Wlwig8V8O
戦勝国に洗脳された脳天気な奴らが多いな。

小野田さんがご存命なら、一喝されているであろう。

465 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 12:10:21.41 ID:Z04YKqXt0
アメリカ内部も知ってて、日本に戦争を仕掛ける政策してたんだから

開戦の日時は読めないとして

戦争→ハワイの米艦隊を叩く

というのは、アメリカも想定内だったわけよ。 何をいまさらwwww

466 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 12:10:21.63 ID:auFyr8320
一番損な役回りは真珠湾で死んだ米兵だな

467 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 12:10:29.96 ID:m55/wY/80
>>458
馬鹿だな
英・仏・蘭なんてザコ、あっと言う間に蹴散らして後はアメリカと一騎打ちじゃん
支那なんか連戦連敗だし

468 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 12:11:24.02 ID:l7CYGuCT0
>>461
自分に都合のいいように混同してるだけって分かってないんだな

469 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 12:11:24.89 ID:XHeroeut0
>>11
アメリカって国は先に殴らせるのよいつも。正当防衛のためにね。

独立してから今日までアメリカの歴史はそればっかだから。

470 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 12:11:34.81 ID:N0lx2FoIO
アメリカも知っていたけど、奇襲攻撃を迎撃するに至らず。っていうことを聞いた。

471 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 12:11:43.75 ID:hmpaHgis0
>>467
蹴散らしたら戦勝国としての身分は無いってか?

阿保杉

472 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 12:12:03.09 ID:HOWEupGT0
>>427,441
アホか、実質勝ちとか負け惜しみに過ぎん。
数百万人の自国民を犠牲にして他国を助ける国なんてあるわけねーだろw
それに、その勝ち負けはスパンが長過ぎで結果論に過ぎない。
直接の結果で見れば、大勝したのは共産圏を拡大させたソ連。
棚ぼた的勝利は半植民地状態から抜け出せた中共。
くたびれ儲けはソ連をアシストしただけだったアメリカ。

473 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 12:12:37.20 ID:0nyqcsCX0
アメリカはきっかけを待ってたんだよ。
握りつぶしたんじゃなく見て見ぬふり。
それ以降の作戦は読まれぱなしってありえないやろ。

474 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 12:12:38.14 ID:yy3WZF1q0
戦前の帝国主義のひとらは
戦後、何党になったの?

475 :(オ) ◆n3rBZgRz6w @転載は禁止:2014/12/08(月) 12:12:56.60 ID:H2CdzSRn0
信用できる情報じゃないが、日本の外務省は真珠湾攻撃の演出でやぶれて
外交官が1人完全に国籍も消してフランスに渡米した(誤字)

フランスで田舎に陣取りイギリスと交渉して日本を分裂させず
アジアの状況も整理した

と聴いている、闇のはなしなので書類になっていない
ホントの子供に海岸であっても他人のフリだったと

476 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 12:13:25.97 ID:upEHZXC20
米国でも騒がれてたやん

477 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 12:13:34.41 ID:/ZWOG4yt0
トリポリ奇襲以前から真珠湾攻撃に向けて魚雷投下訓練やってるだろ。
ジャップに奇襲などできるわけがないと侮ってコテンパンにやられ、腹立ちまぎれに
戦時中は日本の民間人を大虐殺し、戦後はその責任を押し付けるために
日本の単なる戦闘行為をすべて大虐殺と宣伝、さらに蟷螂の斧でしかなかった
わずかな日本の戦果すら、白人側のミスが原因と徹底的に貶めるのだな。

478 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 12:13:45.99 ID:ka4GLySA0
>>427
植民地解放は結果論。
そんなに褒めてはいけない。
日本が勝っていたら、日本が植民地にしていた。
まぁ欧米的な人権無視の植民地支配じゃなく
自治優先の支配だったろうけど。
それでも、解放目的ではなくて
結果的に解放になったことは否めない。
しかし、敗戦後もそのまま現地に残って
解放軍として戦った英霊は本当に素晴らしい。

479 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 12:13:50.31 ID:m55/wY/80
>>471
何の働きもしなかったザコの分際に対して、アメリカが分割統治なんかさせるかよ
馬鹿じゃないの

480 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 12:13:53.91 ID:CHdPAaV00
てか、対外情報局のMI6ではなく国内のMI5がか?

481 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 12:14:14.90 ID:JRfz2V5e0
いやこれ、アメリカの手先に日本が乗せられたんだろ?
そうやって使いたかった原爆を落とせたってわけ

482 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 12:14:22.45 ID:RWCb6lpP0
チャーチルからルーズベルト宛電報の機密指定解除はまだか

483 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 12:14:43.58 ID:gytTNeea0
>>451
そんなことがあったんですか。
ググっても出てこないんで、どこを調べればわかるか教えてもらえるとありがたいです。

せめて金門橋くらい、叩き壊してやりたかった、、、とずっと思ってたもので。

484 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 12:14:54.17 ID:Uwso9Kev0
>>472 短期的な勝ち負けが大事なら無謀な戦争してないだろ。

485 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 12:15:14.92 ID:d6KQoRwlO
情報漏洩が事実とすると、当然だけどアメリカ日本領事館の中の人がアタック受けていると思うんだよね。
酔っていたが本当か嘘かは別に、アメリカから招待されたパーティーに出ていた事実。
宣戦布告を送らせるように指示したのがアメリカではないかの憶測したら、すべてがすっきり。
まあ、今更こんな事実を知ったところで何にも変わらない。
アメリカやイギリスと日本は今以上仲良く発展していく。
そして日本の敵を潰す。
そんだけ・・・

486 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 12:16:42.04 ID:hV4k6eyv0
>>467
英、蘭、仏は雑魚じゃないよ
300年以上もいかなる戦争にも無敗だったんだから

487 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 12:17:02.79 ID:29PAh8Bt0
MI6は知ってたけど、MI5とかあるんだw
つかMI何まであるんだ?w

488 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 12:17:04.39 ID:PzS2rBve0
だからイギリスを敵にまわすなんてもってのほか
日英同盟はお互いの長所短所をうまく補い合える完璧な同盟

489 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 12:17:12.83 ID:yfcgIpHY0
全て既定路線だからルーズベルトまで通す必要なかっただけだろw

490 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 12:17:35.28 ID:tXFPYT7u0
全て既定路線だからルーズベルトまで通す必要なかっただけだろw

491 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 12:17:45.74 ID:QaP3vkyD0
恥ずかしい人

492 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 12:17:59.57 ID:l3pyHEZR0
防衛を錦の御旗にするため、戦争は大抵こんな感じだわな。

493 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 12:18:08.43 ID:7o+aD6TV0
勘違いしてたアホなジャップが引っ掛けられただけだよ

494 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 12:18:24.72 ID:3u/RA2lvO
>>472
それが日本だ
今だって国の借金が増える一方なのに途上国へ金あげまくってる

495 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 12:18:36.94 ID:E38IPLZF0
奇襲じゃないもの

496 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 12:18:45.57 ID:wSnMNp5N0
だって米英に仕掛けられた戦争だもん
石油の供給も断たれて
日本はずっと搾取され続けてるだけ
今、日本人の所得が減ってるのだって吸い上げてるのは日本の富裕層よりユダ金でしょ

497 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 12:18:53.06 ID:vZuFXOA50
>>472
バカ。軍人だけで500万も戦死したソ連が勝利といえるかっての
勝利というのはその戦争によってどれだけ国民に恩恵があったか
それだけなんだよ

日本は戦争に負けて暮らしがよくなった
ソ連は戦争には勝ったが国民の大半暮らしはよくならなかった
少なくとも西側よりは

498 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 12:18:59.36 ID:fqrcURc10
真珠湾攻撃は知っていた
しかしジャップがあれほど見事な空爆を見せるとは思わなかった
空爆がそんなに威力があると思ってなかった時代だからな

499 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 12:19:29.94 ID:RWCb6lpP0
日本が攻撃してくるとは思ってたが
それが真珠湾だとはアメリカも思ってなかったでしょ

500 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 12:19:57.84 ID:QaP3vkyD0
ポポフが主人公の小説大昔読んだから懐かしい

501 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 12:20:02.07 ID:nAxJrU4f0
戦争で若者が犠牲になる、と言うわりに安月給でコキ使ってる老人ども。
結婚も出来ないどころかセックスも出来ない自信喪失の若者を量産している。

502 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 12:20:05.86 ID:elzehCF30
だったら真珠湾攻撃で亡くなった方々はアメリカ政府が殺したのと同じだよな。

503 :(オ) ◆n3rBZgRz6w @転載は禁止:2014/12/08(月) 12:20:11.66 ID:H2CdzSRn0
>>488
中国にも本田にもインドにもみんなに同じこというイギリスが言うな

504 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 12:21:04.72 ID:vZuFXOA50
知ってたというより予測はしてた、だけど舐めてたってだけ
まあ真珠湾の被害なんて大したこと無いんだけどね
堂々と戦争できる口実としては安い代償

505 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 12:21:14.06 ID:HOWEupGT0
>>494
金貸すのと命張るのとじゃまったく次元が違うだろw
お前死ねるのか?

506 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 12:21:30.93 ID:x8v6sVJY0
昔も今も機密だだ漏れスパイ天国。

507 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 12:21:49.17 ID:ev/Ug/Ss0
>>493

ジャップにボコられ支配されていたシナチョンはジャップのアホさ加減に感謝しなきゃな
でなきゃずっとジャップの支配下に置かれていたわけだし劣等シナチョンは

508 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 12:22:01.52 ID:Uwso9Kev0
朝鮮人は自分が目先の利益しか考えないから、
他人も目先の利益しか考えないと思ってるんだよな。

509 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 12:22:34.26 ID:7gLThDoj0
奇襲攻撃は、日本からアメリカへの伝達の不備があった結果であって、
最初からその意図はなかったことが、はっきりしているのになあ。
これからも、知らない大多数からは、卑怯な奇襲攻撃と言われ続けるのだろうな。

510 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 12:23:00.87 ID:j9kn21wv0
ID赤い評論家様がかっけーw

安い代償w

511 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 12:23:03.68 ID:vZuFXOA50
>>501
戦争したほうが時として生活がよくなるからな
博打みたいなもん

戦争をしない=ジリ貧を受け続けるだったら、戦争したほうが良いに決まってる
戦いは発明の母、文化の父だ

512 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 12:23:26.81 ID:3u/RA2lvO
大東亜戦争は白人至上主義への報復戦争
大義名分は日本にある

513 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 12:23:29.23 ID:ufZt/WRq0
>>4
宣戦布告しないのは国際法違反(キリッとか、完全にGHQに洗脳されてますなあwww

514 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 12:23:38.96 ID:Z04YKqXt0
アメリカは、日本に戦争させるために

ABCD包囲網を敷いて、先に手を出させる作戦な。

当時の状況を考えれば

「窮鼠ネコを噛む」は容易に予想できたわけ。 つまり太平洋戦争は、アメリカが

戦争したかったわけよ。

ハワイの多少の犠牲は可哀想かもしれんが、その被害はアメリカの想定内なwwww

それで、「リメンバーパールハーバー」として、憎き日本を叩きのめすアメリカ国民への国威高揚に役立ったわけw
 
全部、アメリカの構想で戦争はうまくいったんだよw
 

515 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 12:23:46.65 ID:PzS2rBve0
>>497
西側にも戦勝国なのに配給がないと国民が飢え死にしちゃう状態までスッカラカンになったイギリスという国が

516 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 12:24:00.72 ID:x41LdtdK0
なぜ外事のMI6じゃなくて内事のMI5なんだ?
怪しい

517 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 12:24:09.98 ID:j4bMD6cf0
>>502
どうみても日本が殺してると思うが

518 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 12:24:25.81 ID:hIyD6tst0
今で言う911みたいなもん?

519 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 12:24:59.40 ID:OtyL8/UX0
そらそうだろ。

嫌がる米国を参戦させるのが英国の急務だったんだから。

520 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 12:25:17.13 ID:oWikEkLA0
>>1
知ってた。


常識的に考えても、あんな大規模な作戦が漏れないわけないもんな。

情報は確実に入ってただろ。

521 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 12:25:18.62 ID:HOWEupGT0
>>497
アホか、ソ連が貧しくなったのは戦争の結果じゃなくて、間抜けな経済システムのせいだ。

522 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 12:25:33.84 ID:ulhQvJRQ0
アメリカにとってこの戦争の目的は日本を滅ぼして中国をアメリカの植民地に
すること その目的を知っていた蒋介石は戦後日本の分割統治に反対してアメ
リカから離れてソ連に接近したんでしょ 結局この戦争のアジア最大の勝利者
は盧溝橋事件を画策した中国共産党なんだよね

523 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 12:25:41.63 ID:3u/RA2lvO
>>505
皇国のためなら戦死も辞さないだろ普通

524 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 12:27:15.05 ID:qHzP+2WBO
大艦隊を率いて堂々と攻めに行ったのに奇襲呼ばわりは心外。
気付かないアメリカ人が間抜けなだけ。
いい加減に日本人を卑怯者呼ばわりするのを止めて、自分らの間抜けぶりを反省しろ。

525 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 12:27:29.61 ID:OtyL8/UX0
>>518

そう。米は常に反戦国家だが、宗主国からの出兵圧力がある。

その時の米大統領はあの手この手で出兵を渋るんだが、様々な手で出兵させられる。

526 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 12:27:38.22 ID:ka4GLySA0
>>513
ぶっちゃけて言えば
戦争に国際法違反も糞もないし
条約破棄も糞もない。
原爆を落としたり、市街地を空爆した
アメリカを責めるのもナンセンス
条約を反故にして北方領土を占領した
ロシアを責めるのもナンセンス

戦争なんて、なんでもありだわ。
今の中東・ウクライナ情勢見てたって分かりきってる。

527 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 12:28:21.05 ID:hV4k6eyv0
>>524
負けてその言い分は通らない
勝たなきゃいけなかった

528 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 12:28:44.80 ID:y8mH5u/u0
>>483
スピルバーグが映画化してますな
https://www.youtube.com/watch?v=6_KOLqpo7z8

529 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 12:28:52.23 ID:B2xp55E30
>>4
アメリカは中国にすでに軍事支援してたから国際法上はすでに戦争当事国になっていたよ

530 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 12:28:57.09 ID:/ZWOG4yt0
日本から仕掛けてこなければ、蒋介石政権に「義勇兵」として送りこんだ
アメリカ空軍が日本の諸都市を戦略爆撃する手はずだったからな。
東條内閣は吹っ飛び、山本もGF長官の座を追われて退役だろ。
講和しようにもローズヴェルトはいかなる交渉にも応じないから、親英米派は
昭和天皇も含め立場を失い、朝日が煽る右翼テロで殺される。
服部、辻あたりを首班とする人民共和国ができてそうだな。

531 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 12:29:08.99 ID:l7CYGuCT0
ま、先の大戦に関しては負けて良かったな
そうでなければ今日のような経済大国にはなれていなかった

532 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 12:29:26.40 ID:HOWEupGT0
>>523
それだと皇国の為であり、他国の為ではなくなるのだが・・・

533 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 12:29:34.87 ID:oWikEkLA0
>>4
その国際法とやらはいつ、誰が作ったんだ?

534 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 12:29:36.36 ID:KVbtWzo70
キリスト教主観だと
敵を徹底的に悪者にする

そうすることで正義が成立するんだよ

535 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 12:29:48.48 ID:zMOYFgA50
>>513
パリ不戦条約違反だろ

1941年の日本は宣戦布告しても先制攻撃による戦争は違法、条約違反
1937年の中華民国による上海租界の日本海軍陸戦隊への計画された奇襲も、同じく条約違反

負けたから後者は「べつにいいじゃんw」ってことになって、台湾を泥棒しても見逃された

「国際法」と言うなら、台湾や千島南樺太満州などは日本の領土だ
国際法的に取られる根拠が無い

536 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 12:29:59.79 ID:vZuFXOA50
>>521
つまり負けは負け
ソ連国民が得たものは何も無い
イギリスも負け

勝つたのは枢軸国とアメリカだけ

537 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 12:30:04.45 ID:JKOZ0YnV0
>>499
真珠湾の半年前までは真珠湾みたいな浅瀬で使える航空機搭載魚雷と
戦艦を大破出来る大型爆弾を日本海軍は持っていなかったから、たとえ真珠湾を攻撃されても
大したことないと思っていた。

538 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 12:30:13.12 ID:CzDKTdoI0
戦争の大義名分には犠牲者が必要なのだよ。

539 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 12:30:28.67 ID:kI+4x5x70
>>486
薩英戦争って知ってる?イギリスは薩摩藩に追い返されましたけど。
あれは負けじゃないんですか。

540 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 12:30:40.30 ID:WKuE3X5r0
喧嘩で相手に先に手を出させるのは基本中の基本だろ

541 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 12:31:02.01 ID:Z04YKqXt0
太平洋戦争の死者

日本 300万人
アメリカ 10万人

アメリカは、被害も全部計算済み、あれだけの戦闘しても、日本だけ大負けしてる。

全部、計算済み。

アメリカの死者10万人など、痛くもかゆくもないwww 

542 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 12:31:02.33 ID:HOWEupGT0
>>531
お前の様な負け犬は米軍の戦車に轢かれて死んでしまえ。

543 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 12:31:23.88 ID:QlYhM25y0
その後の米国の歴史を見てれば「そうだろな」としか思わない
自国民を焚きつけるためにいつも同じ事をしてる
情報工作して暴発させて相手を悪魔化して、戦争
昔の宗教戦争となんら変わらない

544 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 12:31:33.36 ID:cxRFIl5aO
>>526
負け犬は黙って勝者に尻尾振っとれということ

545 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 12:31:50.17 ID:oQzIeHoK0
SZeA

546 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 12:31:51.47 ID:zMOYFgA50
>>533
宣戦布告がはっきり国際法になったのは1907年なんだ
それに基づいて各国ともしっかりルールを守ってWW1を開始したわけね

で、「もう戦争で国際問題を解決するのはやめよう」ってことになって、パリ不戦条約になり、日本も調印した

547 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 12:31:54.08 ID:l7CYGuCT0
>>542
そういう精神論は無意味

548 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 12:31:55.70 ID:hV4k6eyv0
>>531
本気でそう思っているのかと疑問に思う
よほど現代で恵まれているんだな

549 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 12:32:17.37 ID:3isg53LH0
たしか
ハワイの米太平洋艦隊だったか
参謀が6隻の空母を集中使用してハワイを空爆する
という開戦劈頭の日本の作戦を公式の文書で予想していたんだよね。

わかっていたのに甘く見てて
見事にやられてしまったルーズベルトは真っ青。
そこで太平洋艦隊司令部にすべての責任をかぶせた。

550 :ID:vQRBpLQj0@転載は禁止:2014/12/08(月) 12:32:18.70 ID:/fnnRKxk0
>>1
「FUBAR…(-_-)」
「FUBAR…(-_-)」

551 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 12:32:40.88 ID:HOWEupGT0
>>536
勝手にそう思ってろよw

552 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 12:33:03.60 ID:BJR4M3kt0
チャーチルが仕向けてたんだろ 聞いたことあるぞ

553 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 12:33:07.73 ID:JkjPx3Q6O
日本の立場はいまさら変わらんが、
米国は世論作りに国民を利用するという事実
リメンバーパールハーバーとはなんぞやと
まぁ、大学行ってれば当たり前の知識だろうが

554 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 12:33:59.43 ID:OtyL8/UX0
>>541
英国にしてみれば米国民の死傷はしったこっちゃないが、

当の米国民にしてみれば相当数だろ。

英が教えてくれりゃ小さい被害で握りつぶして参戦しなくてすんだかもしれんのだぞ。

555 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 12:34:13.34 ID:WKuE3X5r0
民事紛争では先手必勝という言葉があるが
合法的暴力の世界では第二手以後の先手の話
例外無く

556 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 12:34:11.57 ID:faBfUv2i0
>>1
まぁ,知っていたかもしれないが,
当時の欧米政治家に,アジア人が6隻もの空母,350機余りの航空機で,軍港を空襲するなんて想像もできなかたったってことだ。
空前の大空襲の威力を予想できなかった,空襲を実施した日本海軍の側も同じで,
海上艦艇に二波の攻撃をかけたら直ぐに帰還しないと返り討ちに遭うと思って,真珠湾軍港を破壊し損ねた。

557 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 12:34:21.26 ID:zMOYFgA50
>>521
ソ連は西側の工業地帯と農業地帯が全滅したんだぞ

それでアメリカの援助があっても餓死するような状態で戦争を続けた
工業生産は全部軍需で、それもアメリカからトラックや貨車や戦車やアルミ、要するに全部w援助されて
やっとナチスドイツの侵攻を食い止めた

おそらくスターリンが指導者じゃなけりゃソ連は無くなってた

558 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 12:35:31.61 ID:vZuFXOA50
>>548
歴史を見たら負けてよかったしかいえないな
あのまま軍閥政治が続いていたらどうなってたか
昭和35年頃核戦争になってたかもな
とうぜん俺らのオヤジ達も借り出されて俺らは生まれてなかった

559 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 12:35:49.21 ID:zMOYFgA50
>>541
10万が本土上陸で100万と試算されて、それじゃ選挙で勝てないのが明らかになったからポツダム宣言を出したんだぞ

命の価値は国によって変わる

560 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 12:36:43.60 ID:hV4k6eyv0
>>539
日本は賠償金を支払っている
さらに言えば、イギリス軍が議会承認で本気で攻めてきたら勝てるわけがない

561 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 12:37:48.29 ID:P6w+mJfsO
そうか今日は九軍神を讃える日だったか

562 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 12:38:07.98 ID:OtyL8/UX0
>>558
どうだろう。日本が内戦状態になった可能性の方が高い。

日本人同士を争わせる様に扇動する。

それはアメリカでも行われたし、現在においても色んな国で起きてる。

563 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 12:38:18.71 ID:vZuFXOA50
>>551
うん。君は共産圏バンザイしてな
もう少しで大祖国戦争大勝利70周年記念だけど気持ちが高まってるかい?
おめでとうw

564 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 12:38:21.39 ID:3isg53LH0
米指導部はヨーロッパが優先。
ドイツを全力でたたいたら
日本は甘っちょろいから
そのあとでいいって感じだな。
マッカーサーが指導部をつついて
太平洋へも力を裂いた。
太平洋とヨーロッパで2対8ぐらいだっけ。

565 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 12:38:54.99 ID:G3vTI/Hj0
日本は嵌められたってことが次々と明るみなってくるな。
鬼畜米英は本当だよ。

566 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 12:39:30.42 ID:oWikEkLA0
>>546
ドイツやソ連も奇襲してるよね? アメリカも奇襲したというし、結局誰も守ってないんじゃないの?

そして国際法違反というなら、原爆は違反じゃないの?

市街地に思い切り虐殺爆弾落としてるけど?
非戦闘員に対する殺戮だよね?

567 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 12:40:21.64 ID:vZuFXOA50
ソ連は勝ったけど、戦勝国とはいいがたい大被害だ
支那とか戦勝国といえるのか?

568 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 12:40:50.54 ID:kI+4x5x70
>>539
生麦事件に対する賠償であって、薩英戦争の賠償金じゃないでしょ

569 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 12:40:46.52 ID:3isg53LH0
真珠湾攻撃を知って
文字通りに飛び上がって喜んだのがチャーチル。

570 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 12:41:11.32 ID:OtyL8/UX0
>>566
誰も守らないから戦争をしないんだろ。

人間も馬鹿じゃ無いからな。

571 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 12:41:41.75 ID:L3hhY/kn0
今の日本はこういう情報戦で暗躍しているのだろうか。

572 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 12:41:48.10 ID:HOWEupGT0
>>563
お目出度い奴だなw
枢軸国が勝ったんなら、何で未だにナチスだの慰安婦だのでいたぶられ続けてんだよ?

573 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 12:42:00.21 ID:kGfHiLcR0
パールハーバーに空母がいなかった
つまりアメリカにもバレてた

574 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 12:42:12.28 ID:cxRFIl5aO
>>567
戦勝国だよ。日本ぶっ倒れたとき立ってたし
これだと中共は数に入らないけど

575 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 12:42:22.25 ID:LQ5Tn8pX0
バンコラン少佐か

576 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 12:42:49.13 ID:Z04YKqXt0
>>554
お前はバカだなwww

アメリカ政府にとっては、自軍は将棋の歩に過ぎないwww

ベトナムでどんだけ死んだか? イラクでどんだけ死んだか? アフガンでどんだけ死んだか?

調べろ? アメリカは昔も今も何も変わらん。

国益のために、平気で戦争する国。

577 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 12:42:55.04 ID:vZuFXOA50
戦争の大半は奇襲から
奇襲じゃないならテロ行為から
はい来週始めますって言って始めた戦争はあんま無いな

578 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 12:42:52.36 ID:XtwEk7LWO
>>497
1ドル360円体制を確保した時点で日本の通商的勝利が確定したから、プラザ合意こそ真の敗戦、それまでアメリカは日本を通商上の敵国扱いしていた事を、お人好しの日本人は、気がついていなかったから

579 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 12:44:10.81 ID:zMOYFgA50
>>566
アメリカの潜水艦による無差別攻撃も国際法違反だ

しかし最初に条約を破って真珠湾攻撃して「俺たちは文明人じゃないよー」宣言をしたのは日本の方なんだね
なんでそいつら野蛮人相手に律儀に国際法守らなきゃならんわけw

タモガミさんとかさ、そこらへんをまったく分かってないよな
わざと分かってないふりしてるんならなお危ないね

580 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 12:44:25.89 ID:Pd0Uiex30
まあ俺はタイトルくらいしか知らんが
真珠湾ぐらいはまあ攻撃するだろ
しかし東京大空襲と原爆は無いわー

581 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 12:44:35.41 ID:PzS2rBve0
>>554
元植民地人どもがどうのたれ死のうが興味ないわ

582 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 12:44:56.06 ID:ExocYtj+O
コードネームが三輪車かよ…

583 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 12:44:55.62 ID:vZuFXOA50
>>572
実質負け組みの負け惜しみだろ
ナチスだ慰安婦だなんていわれたところで何の痛みも無い
こっちも悔しいから反論はするが、所詮は口だけ攻撃

584 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 12:45:09.60 ID:o5dDtKjz0
もしかしたら真珠湾だって奇襲じゃなくて宣戦布告してたんじゃないの?

アメリカにとって都合が悪いから戦後に日本側が宣戦布告を送れたって問題に捏造したとか

585 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 12:45:13.75 ID:AqLwxfQ0O
ドイツがイギリスを攻撃しててもアメリカは反戦ムードが高まってて動けなかったんだっけ?

586 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 12:45:19.67 ID:oWikEkLA0
>>572
慰安婦に関しては在日のせいでしょ。戦争関係ない。
朝日が捏造しなきゃ、韓国も何も言ってなかったんだし。


在日は本当に日本の害虫。排除すべき侵略者でしかない。

587 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 12:45:20.61 ID:hV4k6eyv0
>>568
戦争後に薩摩が賠償金を支払ったの知らないのか

イギリスが本気でやる気ならば、万全を期した艦隊からの長距離砲で火の海にされるし

588 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 12:46:30.46 ID:QWjOq1zv0
米に戦争仕掛けるも退くもどっちも好ましくなかったが、
敢えて戦争の方を選択したのか。
米英は日本の対中国政策がよっぽど気に入らなかったってことか。

589 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 12:46:56.07 ID:iMN3Bmc10
宣戦布告が遅れた裏にアメリカの工作アリ。
外務省の中に大物スパイ。まだ表に出てないだけ

590 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 12:47:09.06 ID:oWikEkLA0
>>572
慰安婦に関しては在日のせいでしょ。戦争関係ない。
朝日が捏造しなきゃ、韓国も何も言ってなかったんだし。


在日は本当に日本の害虫。排除すべき侵略者でしかない。

591 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 12:47:50.44 ID:OVvfpgZdO
ナショジオかなんかでこんな番組やってたから専門家には周知の事実だろ

592 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 12:48:14.31 ID:iMN3Bmc10
吉田茂と宮沢喜一は絶対スパイだと思う

593 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 12:48:33.62 ID:vwnQRanfO
まぁ、今更の話だよな

594 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 12:48:48.59 ID:zMOYFgA50
>>580
犬に噛まれたら最悪保健所だろ

対等に国として扱ってたのに、自分からルールを破って「文明国扱いしなくていいです」ってやったんだよ
当時の日本は

犬じゃなくて地球を滅ぼせるドラゴンぐらいなら、ぺこぺこしないといけないのはアメリカの方だけどなw

595 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 12:49:04.87 ID:P6w+mJfsO
>>562
朝鮮の赤化を食い止めようとして嫌々併合したってわかってる?
日本が負けてからアメリカが朝鮮の赤化を抑えるための戦争が朝鮮戦争。

596 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 12:49:29.16 ID:j9kn21wv0
他所の戦争に首突っ込んでなんで自国民が死ななきゃいけないんだって風潮

日本もフィリピン避けて英蘭のマレー、シンガポール、スラバヤ占領でアメリカがどうでるかやってみりゃよかったんだよ
まぁドイツも日本もマヌケなことにまんまと対米戦始めちゃったんだけど

597 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 12:49:26.10 ID:vZuFXOA50
そも駐米大使が開戦通告の電文を受けた時点で
とりあえず平文で開戦の旨を通告するだけで違反は免れたたんだけどな
電話でもいいから「たった今から外交交渉打ち切りますわ」でもオッケー
まあ作戦の成否、海軍の被害が大きくなること恐れて
外務省がドロ被ったのかもしれないがな

598 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 12:50:22.15 ID:XtwEk7LWO
>>486
無敗は酷い、オランダは台湾で負けているだろう、そもそも鎖国直前の日本に攻めようとした国がいなかったろう

599 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 12:50:31.95 ID:d6KQoRwlO
>>587
それは無理。
射程が長いから火の海に出来るは沿岸だけ。
最後は上陸戦になるから、イギリスがどんなに整えてきても被害甚大。

600 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 12:50:46.31 ID:oWikEkLA0
>>587
あの時代にイギリスから兵を大量に送ってくるなんてまず無理。

砲弾も無料じゃないし、砲弾が届かないところに行かれたら終わり。
陸戦しなきゃ戦争は終わらんぞ?

まあ、兵に関しては中国人とか集めてつれてきた可能性はあるが。
しかし中国人が国土を蹂躙するとなれば政府も黙ってないだろう。

601 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 12:50:58.86 ID:/9F9C91Q0
>>565
つーか、ルーズベルトの側近が戦後赤狩りで逮捕されてるのと
ハル自体が、ハルノートで満州撤兵を入れた覚えがないのに
何故か付帯条件にしていた「満州を除く」が抜けた状態で
中国全土からの撤退となっていたと、戦後に漏らしてんだよね
日本の外務省は満州を除くっていうのが無いの見て、これもう軍部止められんわとなった

602 :(オ) ◆n3rBZgRz6w @転載は禁止:2014/12/08(月) 12:51:13.17 ID:H2CdzSRn0
おれは、PIピぴーーーーしかいえないアレかも

603 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 12:51:32.67 ID:XgCoX0zt0
>>565
ハワイなど攻めないで、ドイツの反応を待ってドイツの進撃に呼応して、
日本もソ連を中立破って挟み撃ちにすれば枢軸側が勝ってた。

604 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 12:52:03.38 ID:oWikEkLA0
>>594
国際法違反ですので。

いいわけ不可。


ちなみに日本は真珠湾攻撃前にちゃんと通達はしたよ。
米国の不手際でちゃんと情報が届かなかったとかいわれてるが、通達したことはした。

605 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 12:52:06.26 ID:kHmO2+0rO
ユダヤに頼まれた日本国内の売国奴が戦争へと導き、
真珠湾攻撃を事前に知っていたルーズベルトが騙し打ちだとホラ吹いて対日戦争へと世論を誘導した

606 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 12:52:17.65 ID:HOWEupGT0
>>583
慰安婦の陰の仕掛人は中共だし、コリアンを利用して煽りまくってんのはアメリカなんだが?
米中が実質負け組の負け惜しみ?
で、おまいは悔しいから反論してるのかw、可愛いなw

607 :通行人 うひょ@転載は禁止:2014/12/08(月) 12:52:25.54 ID:58NIybKc0
あははは
攻撃した報告聞いたチョビヒゲは驚愕した記録がきっちり有るんだが
で 外に飛び出して「千年間無敗の国が参戦した、これで我々は負けない」って叫んでたんだが
で 対アメ戦略が無い参謀本部がパニックに成ってたんだが

で ドイツから聞いたって?
あははははははははははははは

608 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 12:52:54.12 ID:vZuFXOA50
>>596
アメリカはフィリピン、グアム等のアメリカ権益
および蘭印ジャワ、英領マレー、スマトラ等の海外領土に日本軍が侵入した場合
直ちに宣戦布告するとこになっていた

609 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 12:53:16.12 ID:/ZWOG4yt0
>>590
41年の頭には解読されている暗号を使って、アメリカの電信局経由で
宣戦布告の文書を駐米大使館に送ったバカな外務省の責任だよ。
おかげで電報の配達をアメリカ政府に止められて作業ができないという
間抜けぶり。

610 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 12:54:12.56 ID:oWikEkLA0
>>606
ゴミチョン煽ってるのは中国だろ。

日韓をアメリカが争わせてるとかアホか。

611 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 12:54:19.78 ID:0i95sBv60
メイン号、パールハーバー、911

612 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 12:54:35.32 ID:hV4k6eyv0
>>599
薩英戦争なんていっているけど、イギリス側じゃ戦争だと思っていない
薩摩に関して何の情報もなく威圧して臣従させにきただけじゃないか
日本も金渡した直後に奇襲、しかも暴風雨の中
その後も薩摩がまた賠償金渡している

ビクトリア女王が本気で攻めろと言ったらアヘン戦争時のように
薩摩なんか滅亡だよ

613 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 12:54:48.80 ID:vZuFXOA50
>>606
今度は慰安婦は米中陰謀論かwwwwはははははははw
仮にそうでも、日本は実質的な痛みは無いねw

614 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 12:54:49.92 ID:G7aFmZcE0
よしんばフーバーが握りつぶしていただけで,ミスだったとしても,
その事実があるのに奇襲後も解任されなかったって事は,
奇襲を政治利用することを米政府が容認していたって事かな?

615 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 12:54:56.20 ID:RlRJWi/t0
そんなこと察知できても、シンガポール陥落後、ほとんど終戦までイギリス軍は太平洋では無能のままだったのは軍の能力不足だったわな。

616 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 12:55:52.22 ID:fvW7iFJi0
東京裁判でA級戦犯として葬られた方々こそ
生き残られたら後々連合国にとっては都合の悪い情報を沢山持ってたのでした

617 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 12:55:55.85 ID:zMOYFgA50
>>604
あほ。
国際法を守れ!!っていうその強制力はなんだ?
「こっちは国際法を守っているから、そっちも守ってね」しかないだろう、当時の弱い日本には

真珠湾は交渉打ち切りもせずに、事前に戦争やる気満々、条約違反で文明国じゃなくなることを自覚してやったんだ
なんでそんな卑怯な野蛮人が「こくさいほうをまもれ!!」とかいえんの?頭腐ってるの?

618 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 12:55:58.87 ID:/9F9C91Q0
>>587
本気でやる気だったので、陸上戦力低下の為に内戦を誘発すべく
あれこれ煽ってみたんだけど、結果は早期の集結で思ったほどの事態に至らずってだけ

619 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 12:55:58.91 ID:XtwEk7LWO
>>486
イギリスはアフガニスタンで戦争では負けている、ポルトガルはサウジアラビア半島の首長国に破れてインド洋沿岸から駆逐された

620 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 12:56:03.16 ID:64zYllmL0
Imagine all the people
Living life in peace

You may say I'm a dreamer
But I'm not the only one

621 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 12:56:31.16 ID:Wpyt6eO+0
国連国際法委員会委員長が東京裁判裁判官時代、宣戦布告についての見解は
日本の真珠湾攻撃でなく、アメリカがハルノートによって日本に宣戦布告を
行ったという判定です。日本側の最終譲歩案が妥当であるという理由です。
よって騙し討ちは結果的に関係なく、ルーズベルトはどこかに来ることは
分かっていたはず。

622 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 12:56:30.31 ID:gs3N38ev0
>>561
10人目をなかったことにするって
どう考えてもひどいよな

なんで捕虜=屈辱なんだろ
捕まるくらいなら死ねって価値観だよな

623 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 12:57:28.70 ID:HOWEupGT0
>>610
分割統治って知らんか?
>>613
でも悔しいんでしょw?

624 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 12:57:33.86 ID:vZuFXOA50
>>615
そんでも沖縄戦のころ英艦隊も日本近海に来てたんだぜ
どこを母港にしたのやら

625 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 12:57:41.85 ID:oWikEkLA0
>>617
アホか。

殺人犯は殺しても罪に問われないとでもいうのか?w 頭おかしい。


仮に日本が国際法違反だというなら、アメリカも国際法違反。
つか、アメリカの方が極度に悪質な国際法違反。


国際法違反で責められるべきはどう考えてもアメリカの方。
お前の理屈だと、相手が先に些細な国際法でも違反したら、虐殺でも何でも有りになるわ。

626 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 12:57:47.08 ID:yxzv8Myk0
今更だろ
誰もが日本は嵌められたと認識してるよ
日本国内の話だけど

627 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 12:58:15.24 ID:h9fMMXUM0
【KSM】マッカーサーの告白 日本は自衛戦争をしたのです。東京裁判は誤り 
1951年5月3日 アメリカ上院軍事外交合同委員会の公聴会にて KSM©
https://www.youtube.com/watch?v=pr7fFLAN6oQ

628 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 12:59:10.53 ID:mx9A6s8t0
>>616
大本営がいかに無能だったかも明るみになっちゃうよ

629 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 12:59:12.19 ID:hV4k6eyv0
>>600
「日本は素晴らしい」本の読みすぎで、勘違いしすぎ

わずか1000人ぐらいの重武装兵で数十万の軍を持つ大国を支配していった欧州軍をナメすぎ
本気で来られなかっただけなのに日本の武士は強いと勘違いしている

中東なんかじゃ超大軍の現地軍相手に数千人の兵で重砲ぶちかまして勝利している

630 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 13:00:05.07 ID:zRm19MCP0
【産経新聞】「日本人に深くお詫びしたい」原爆開発者オッペンハイマーは自死した

631 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 13:00:05.92 ID:oWikEkLA0
>>623
慰安婦問題煽ってるのも、韓国国内で反日煽ってるのも中国人だよ。


アメリカが日韓を争わせて何の意味があるんだ。

オバマがパククネと安倍を握手させようと尽力してたの知らんのか。
オバマも余計なことしてくれたもんだが。

632 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 13:01:06.26 ID:TAqcx4v40
>>11
戦争をする口実が欲しかったのは事実。
ただ想定以上の甚大な被害が出て白目剥いたってわけ。

633 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 13:01:40.23 ID:XtwEk7LWO
>>612
イギリス軍、アフガニスタンのカイバル峠の大敗走

634 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 13:01:48.22 ID:4YqHyPfd0
イラクの査察も身内がやったのに握りつぶして開戦したんだから
アメリカの体質なんだろう

635 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 13:02:13.88 ID:lF772br80
>>44
ワシントンにどうやったら奇襲攻撃が成功するのでしょうか
ご高説をお聞きしたい

636 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 13:02:35.46 ID:oWikEkLA0
>>629
不甲斐なく欧州の奴隷になった中国と一緒にするな。


現実に日本は欧州の奴隷にならず日露戦争にも勝った。

歴史上ずっと奴隷だったチョンやあっさり奴隷にされたクソチャイナと一緒にされたら困るわ。

637 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 13:02:59.02 ID:zMOYFgA50
>>625
殺人犯の扱いを決めるのはそれぞれの国の法律だろうがw
国連が「全地球法」みたいなことを決めてて警察や裁判所の人員活動を提供してるのかwww

君は国際法うんぬんを語るにはまだ足りんってこった

638 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 13:03:01.97 ID:2ZgGUHef0
ジャップは脳みそが足りないからな

639 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 13:03:07.17 ID:/9F9C91Q0
>>629
その為の下地作りに、相手国の内情不安をあおり内戦をさせるなどして
陸上戦力を低下させてから、輸送可能な戦力で乗っ取りを図るってのが当時の手法

640 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 13:03:33.88 ID:vZuFXOA50
キンメルは被害者
ルーズベルトは大爆笑だろ
古い戦艦2隻程度で堂々とジャップを叩きのめせるんだから
「2年も俺の大事な睡眠時間を削りやがって」くらいしか思ってないっての

641 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 13:03:46.07 ID:rbU98a+z0
真珠湾攻撃以前から、中国上空で日本の飛行機を撃墜してたアメリカが悪いと思いますw

642 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 13:03:55.98 ID:Lrh9SdbR0
>>617

なになに?国際法って相手が弱かったらやぶっていいの?
それともお互い様ならやぶっていいの?

相手のあらさがしして、お前ココ条約違反ウェエエェエw 原爆ドーンw俺正義―w

643 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 13:04:18.07 ID:FA08/sviO
実際、真珠湾の被害は大したことなかったし
日本の負けは明らかですから
真珠湾攻撃を見逃したのは、アメリカイギリスとしては良い判断だった

644 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 13:04:48.89 ID:QjAszvkS0
国民の98%に虫歯がない秘密はキシリトールのフィンランド人とかも
野蛮なのかねえやっぱ
平和主義者のイメージしか無いんだが

645 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 13:05:02.03 ID:oWikEkLA0
>>637
お前は自分が書いたことを100回読め。


国際法違反をした相手には何をしてもいいという国際法があるのか?
ないならお前のいってることが間違ってるんだ。


国際法違反だというなら、日本もアメリカも国際法違反で罰すればいい。それが筋。
そしてちゃんと公平に罰したらアメリカの方が重罪になるだろう。

それで話は終わりだ。

646 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 13:05:20.82 ID:hV4k6eyv0
>>619
イギリスはアフガニスタンとの戦争で敗北した?
降伏じゃなく、停戦講和じゃないのこれ

>ポルトガルはサウジアラビア半島の首長国に破れてインド洋沿岸から駆逐
その後イギリスさんがきました

647 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 13:06:02.75 ID:LnD84zrZ0
>>1  > 日本の真珠湾奇襲攻撃、英情報局保安部は知っていた!


         ーナァ- -ナー   | | ー十ー  ..ニ..  ーーぅ ・ ・ ー十ー
        ノ~(~ノヽ  |  ̄ ̄ | | ー十ー   _ノ    (      9
        ヽ_メ、 ) / ーー    ノ   ○ ̄  ∠∧_    ヽ     ノ

648 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 13:06:10.26 ID:30LWp8oz0
>>11
当時の米大統領はヒトラーを放っておくとヤバイと思ってたけど
米国民が戦争に乗り気じゃなかったから国民をその気にさせる必要があった
ハルノートとかも真珠湾攻撃させるための布石
まんまと日本は乗せられちまったってこと

649 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 13:06:12.59 ID:HOWEupGT0
>>631
>アメリカが日韓を争わせて何の意味があるんだ。

そんなの知らんけどねw
少なくとも慰安婦問題に関しては、アメリカはそれをフレームアップさせて戦争犯罪扱いにして日本に頭を下げさせ、
戦傷者利権の強化・維持をしようとしているのは明白だと思う。

650 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 13:06:32.12 ID:iWZA+0cZ0
だからなんだってんだろ
アメリカが「自国民を犠牲にした真実」なんか認めるわけないだろ
敗戦国にありもしない責任を押し付け続けるだけだわ

651 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 13:07:30.95 ID:zMOYFgA50
>>645
国際法を違反したら取り締まりにくる国連軍があるんですかぁw??

「お互い慣習に基づいてなんとか衝突しないように守りましょう」が国際法の基本で
自分からそれを破った日本が「こくさいほうを!まもれ!!」とか言ってどうすんの?

あほなの?もう知らんわw

652 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 13:07:55.18 ID:h+PoqiuN0
TORATORATORAでも描かれてる通りアメリカも知ってたよ
戦争に参戦したかったアメリカ本土はハワイを犠牲にしたのさ

653 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 13:08:20.58 ID:T5ndHS/e0
アメリカも宣戦布告やらないでしょっちゅう爆撃やってるんだけどな・・・
グレナダ侵攻って知ってる?
1万人近い米軍がグレナダに宣戦布告なしで攻め込んだ。
まあ、攻め込まれたグレナダがクーデターで作ったばかりの政権だったから、
仕方ないともいえるが。

654 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 13:08:26.90 ID:XtwEk7LWO
>>612
阿片戦争の時の開戦も議会で僅差で可決されてんのに、女王個人の意思でどうこうなる問題じゃない、この戦争で英艦隊の旗艦が被弾して艦隊司令官以下壊滅する一方、薩摩は鹿児島の町が全焼する痛み分けで
逆に薩英接近の切っ掛けになったぐらいだ

655 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 13:09:16.04 ID:YAAyILsMO
>>332
書こうと思ったことが書いてあった
かといって日本が正当化されるわけではない

656 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 13:09:47.58 ID:stp1xOXw0
>フーバー長官にも面会して進言したが、フーバーは二重スパイのポポフを信用せず、個人的に握り潰した。
いくつもあった報告の一つで怪しんでたんだろう…
こういうのは知ってたうちにならなそうな

657 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 13:10:00.46 ID:didnkPQR0
マジかよ!最低だなNAC5

658 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 13:10:07.20 ID:9xQUoEk40
マレー半島のコタバル海岸に日本軍が上陸すると、事前に多数のトーチカを
建築していたことはいたって有名な話

659 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 13:10:05.73 ID:/ZWOG4yt0
>>629
まあ英国は薩人マシーンを舐めすぎて、艦隊旗艦の艦長を討ち取られてるからな。

660 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 13:10:09.35 ID:3QIJKdg50
FBIのジョン・フーバー長官?
ああ、ディカプリオか

661 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 13:11:48.67 ID:Z04YKqXt0
まあ、アメリカは、どうかんがえても勝つ将棋に勝ったわけよ。 それも

アメリカ名人 10段
日本素人 3級www

真珠湾で歩を捨てる



最終的に、日本の王を原爆で王手で対戦終了。

すべて、ホワイトハウスの作戦です。 でもアメリカ将兵を捨て駒に使うなど

クチがすべっても口外、認めるわけいかんのよwwwww

662 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 13:13:03.37 ID:9xQUoEk40
>>654
>>659
英国艦隊は被弾していない。
当時の搭載していたアームストロング砲が、不安定で暴発しただけ。
もう40年以上も前に史実は変えられている

663 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 13:12:57.45 ID:XtwEk7LWO
>>635
イギリス軍に聞け、英領カナダからワシントンまで攻め込んで大統領官邸わ焼き討ちしたんだから、その焼けた建物を白く塗ったのが今のホワイトハウス

664 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 13:13:15.67 ID:GA29QpCJ0
ジャンケンしてた事忘れるくらいの後出しw

665 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 13:13:16.27 ID:ulhQvJRQ0
アメリカにとって戦争は重要な公共事業

666 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 13:13:27.85 ID:zMOYFgA50
>>656
正確すぎて信用されないとか、知りたくないことは見えなくなるで握りつぶされるのは
独ソ戦前のスターリンなんかもそうだなw

667 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 13:13:29.95 ID:vZuFXOA50
沖縄戦も侵攻軍総司令官も討ち取られてたな

668 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 13:14:04.90 ID:G7ABJGiJ0
勝者こそが正義

669 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 13:14:25.53 ID:IvA0EaeH0
>>614
もともとアメリカの中の人は参戦派
だけど国民が独立自尊派

だからアメリカは経済封鎖とか、「戦争ではない嫌がらせ」を続けたわけだけど、日本の真珠湾は国民の意識をそっくり変えた
そこで、アメリカ政府も真珠湾を政治利用した。

ってのが定説

670 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 13:14:41.21 ID:QjAszvkS0
バレてた奇襲なんてノーカウントだろ

671 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 13:15:09.24 ID:XtwEk7LWO
>>646
そう、5分間戦争でザンジバルを降伏させた

672 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 13:16:41.30 ID:BXq1P6W80
>>208>>405

それは、茅ヶ崎のブツブツ太郎や横須賀の珍次郎にも言える話しだ!

また、薩摩系宮中グループには、アメリカのスパイになってる人物が居た。

樺山愛輔である。
彼は、メソジスト派のクリスチャンであり、
開戦前には、グルー大使の情報提供者になっていた。
そしてWW2の最中には、ヨハンセングループのメンバーとして活動していた。

白州次郎の妻の正子の父でもある。

673 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 13:16:39.67 ID:9SlmSWBq0
【産経】アンジェリーナ・ジョリー監督の「アンブロークン」 米捕虜を日本兵が虐待する内容に、配給会社が日中公開を思案[12/05]
http://yomogi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1417785003/

>  映画の予告編で、日本兵による虐待シーンがあることは確認されているが、さらに問題視されているのはベストセラー作家、
> ローラ・ヒレンブランド氏の原作で、「捕虜たちが焼かれたり、人体実験で殺され、(日本の)古来からの人食いの風習で
> 生きたまま食われた」などと捏造(ねつぞう)されたストーリーが史実のように描写されていることだ。「映画にそうしたシーンがあれば、
> 中韓が政治的に利用しかねない」と懸念する在米日本人もいる。

674 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 13:16:55.20 ID:/0I61+AT0
>>670
アメリカ世論を参戦に向かわせる口実にまんまと利用されたよね。
チャーチルはこれで勝てるってほくそ笑んでいただろうな。

675 :(オ) ◆n3rBZgRz6w @転載は禁止:2014/12/08(月) 13:17:38.42 ID:H2CdzSRn0
>>661
この文書の実際をネットでみせてもらったが、偽造くさいんだけどね
あんたに言っても仕方無いが

676 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 13:18:20.92 ID:BXq1P6W80
>>672のつづき)

樺山愛輔は、戦後、米国大学留学奨学金制度を運営している
公益法人であるグルー・バンクロフト基金の役員も務めている。

この公益法人は、グルー大使により設立された。

樺山愛輔
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%A8%BA%E5%B1%B1%E6%84%9B%E8%BC%94
ヨハンセングループ
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A8%E3%83%8F%E3%83%B3%E3%82%BB%E3%83%B3%E3%82%B0%E3%83%AB%E3%83%BC%E3%83%97

677 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 13:19:09.77 ID:0akGhUbP0
>>72
当時なら釈放先は収容所でしょ

678 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 13:21:04.05 ID:F4JexqGs0
対外工作の6じゃなく5に知られてたってことか
もう何もかもダダ漏れだったんだな

679 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 13:21:23.82 ID:TAqcx4v40
>>643
停泊していた艦船があれだけ爆沈したのに大したことないとかwww
練習艦のユタまでついでに沈められてるんだぞwww

680 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 13:21:57.94 ID:3SfKW+3R0
>1940年11月に英海軍が航空機でイタリアの軍港タラントを奇襲した攻撃手法に
日本が関心を示していると聞いていたため、
日本がタラント海戦に倣って真珠湾を攻撃すると推測したという


つまりパールハーバー奇襲は英国海軍のパクリ作戦だったわけか(笑)
俺たち日本人ってほんとパクリしかできないんだな

681 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 13:22:28.50 ID:cxRFIl5aO
>>674
ドイツと組まなかったらねえ

682 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 13:22:45.19 ID:XtwEk7LWO
>>673
そろそろハリウッドもやり過ぎたと気がついて北朝鮮を悪役にしたてらサイバー攻撃で散々な目にあっているな、外交上の問題や文明の衝突を無視するとどうなるか法則発動で思い知っただろう

683 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 13:23:30.07 ID:/ZWOG4yt0
>>662
砲が破裂した程度で艦長と副長が死んじまうような設計の船で陸上砲台に挑むほど、大英帝国海軍軍人はアホだっただのか?

684 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 13:23:26.54 ID:X0J4Mrii0
確かな野党は、共産党だけ!

685 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 13:23:53.36 ID:pP04EQsVO
あの戦争で日本が勝ってたら今の日本はどんな国なんだろう
北朝鮮みたいな軍国主義か、または韓国や中国沿岸部を自治しハワイも日本領になって異民族大国家になってたかな

686 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 13:23:53.05 ID:v0NIQlRZ0
トム、さすがだな。

687 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 13:24:37.12 ID:X0J4Mrii0
スミマセン誤爆した。

688 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 13:24:32.21 ID:EjE9xLzj0
>>661
>まあ、アメリカは、どうかんがえても勝つ将棋に勝ったわけよ。 それも
>アメリカ名人 10段
>日本素人 3級www

米国は銃所持が認められた武装市民の国。
日本で例えると全員が帯刀してる武士みたいなもの。
下関戦争〜日露戦争までは日本も戦い方を知っていた。
武士の戦争に関する知恵が継承できなかったんだろうね。

689 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 13:24:33.70 ID:LbQOtfJs0
>>648
しかもコミンテルンの手先
日本はまんまとスターリンに嵌められた

690 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 13:24:53.70 ID:vZuFXOA50
>>679
大正時代の戦艦群と随伴艦艇だけ撃破しても・・・・
機動部隊の中核である空母と巡洋艦、駆逐艦の大半を逃していたら
何のための作戦だったか

就任した二ミッツはすぐ「真珠湾の被害は思ったより軽微」と言ったくらいだが

691 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 13:25:17.89 ID:izlwMeHy0
この事実を踏まえた上で今度はちゃんと映画化してください

692 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 13:25:32.56 ID:Yp8u4f+E0
ま、2ちゃんねるに出るような情報だから、信じる連中の頭の程度が知れるわな。
いろんな構想はどの国も持ってるんだよ。そんなのアメリカだって同じ。

693 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 13:25:44.70 ID:t6hMgGFL0
どのみち日米開戦は避けられなかったよ。植民地として屈するしか後の道はなかったもんな。

694 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 13:26:09.73 ID:RRy9oBr+O
明らかになる秘密の多くは日本にとってプラスになる情報だな

695 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 13:26:57.04 ID:vZuFXOA50
>>683
いや事故だしw
それに薩英は全然人死んでない
暴走族のケンカ程度の争い

696 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 13:27:03.50 ID:OGfqpTPm0
FBI最高だな

697 :(オ) ◆n3rBZgRz6w @転載は禁止:2014/12/08(月) 13:27:36.71 ID:H2CdzSRn0
現場のミスのいいわけのために、古い書式だけ倉庫からだしてきて当時のインクで走り書き
判子がないのは上のミスにして逃げる

MI5とか6の仕事って馬鹿だろ

698 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 13:27:48.89 ID:XtwEk7LWO
>>683
だって薩摩軍をなめすぎて砲台の着弾地点に迷い込んだんだもの、日頃の演習の着弾点だからドンピシャで着弾で あ ぼ ー ん

699 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 13:28:01.34 ID:GY0jWXLZ0
真珠湾陰謀論で毎度毎度思うのだが日本海軍はアメリカ様のお情けで攻撃成功したの?
お前らどんだけアメリカが無敵最強と思い込んでんのよ
少なくともシンガポール陥落までトントン拍子で行ったのは間違いなく
当時の日本陸海軍が優れた作戦立案能力と実行力を兼ね備えていたからだぞ
まあミッドウェー以降は完全にクソだけど

700 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 13:28:20.78 ID:CSjZoUvAO
>>685
北朝鮮は軍国主義ではないよ
一党独裁で独裁者がいる共産主義国家です。

701 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 13:28:56.52 ID:IvA0EaeH0
>>694
これさ、後の時代で悪名着せられてるって視線があるからいいことに思えるかとしれんが.基
本的には
「敵対組織に機密作戦がバレてた」
って日本軍のお粗末さがわかる話だよw

702 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 13:29:18.02 ID:5Wh5Ljz50
知ってたから、なに? はめたって?

703 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 13:29:28.69 ID:32l6zNSi0
知ってた事を知ってた

704 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 13:29:55.17 ID:jlkRI5GW0
しんじゅられない

705 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 13:30:51.71 ID:2WacdTgv0
イギリスはモンロー主義のアメリカをバックにつけたかった。
ロシアもアメリカを日本と戦わせて満州の関東軍を追い払いたかった。
ロシアのスパイが米財務省にいてハル・ノートの原案を作成。イギリスもアメリカで
スパイが暗躍してた。英露が日米を戦わせようとした。当時のアメリカは民主党で
世論も戦争反対。真珠湾で日本が奇襲させたと思わせてアメリカ世論を動かした。

706 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 13:31:20.65 ID:BXq1P6W80
>>206 >>208>>210>>220

ヴェノナ作戦で、ルーズベルト・トルーマン両政権(民主党)に
300名近いソ連スパイが潜入していた事が、既に判明しているからね。

マッカーシーズムは、正しかったと思う。 これでアメリカは、左翼人脈を断ち切った。

707 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 13:31:23.46 ID:BJhY13790
真珠湾でアメリカの戦艦が煙り上げて沈んでく映像見たことあるだろ
攻撃があることを知っていたから予め撮影班を待機させていたのさ

911テロで飛行機がビルに突っ込む映像を撮影できたのと同じカラクリだな

708 :【 投票日12月14日 期日前投票12月3日-12月13日 】@転載は禁止:2014/12/08(月) 13:32:19.36 ID:kjBqfyqV0
>>1

【 衆議院選挙投票日 12月14日  期日前投票 12月3日-12月13日 】

http://search.yahoo.co.jp/search?p=%E6%8A%95%E7%A5%A8%E6%97%A512%E6%9C%8814%E6%97%A5+%E6%9C%9F%E6%97%A5%E5%89%8D%E6%8A%95%E7%A5%A8+12%E6%9C%883%E6%97%A5-12%E6%9C%8813%E6%97%A5&aq=-1&oq=&ei=UTF-8&fr=top_ga1_sa&x=wrt


国民の政治無関心の皺寄せは、
結局、選挙権の無い子供達が、
背負う事になってしまいます。

私は政治に興味が無い ≠ニ、
無関心のままで良いのでしょうか?

.

709 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 13:32:27.57 ID:5GgA6kfz0
>>1
知ってた

710 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 13:32:44.70 ID:8e8bayC+0
地球儀で日米の中間点を見ると北の方で、千島列島の方角。アリューシャン列島あたりだな。
アメからするとハワイに来るかね?という感じだろ。

711 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 13:32:46.89 ID:JKOZ0YnV0
>>670
日本に開戦を決定づけさせたハルノートの存在は当時のアメリカ共和党の党首ハミルトン・フィッシュ
でさえ知らなかったという、日本から先に戦争を仕掛ける開戦嵌め込み作戦が進行していた。

712 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 13:32:57.47 ID:O/SVMaGF0
バレバレの奇襲攻撃仕掛けて原爆くらうとか日本の無能っぷりが良く分かるわなw

713 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 13:33:18.34 ID:M9qce3CA0
ジョン・エドガー・フーバー
FBI長官 在任1924-1972 ←なにこれぇ

714 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 13:33:13.76 ID:XtwEk7LWO
>>685
オーストリア・ハンガリー帝国かな?戦争しようとしたらかく民族同士の間に共通言語が無くて、意思の疎通に齟齬がでたという典型的多民族国家

715 :朝鮮漬け@転載は禁止:2014/12/08(月) 13:33:38.57 ID:0MgSYjPa0
わいが チクった(^o^)

716 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 13:33:42.99 ID:WU/Duqi20
>>1
孫子の兵法の要諦の一つは反間。二重スパイのことだ。米英はきっちりと反間をやってるわけだ。
フーバーが握りつぶしたのは、ルーズベルトの罠、つまり日本に堪忍袋の緒を切らせる作戦を知って
いたからというより、FBIも加わっていたからだ。チャーチルも工作していた。残念ながら日本は
情報戦に敗れた。現在、支那は孫子の兵法を忠実に実行している。

717 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 13:34:09.81 ID:J12aeJnw0
米国が真珠湾攻撃を知らなかった何て誰も信じてないよな
何がオカシイって奇襲されるなんて指揮官としては恥なんだよ
日本の指揮官を褒めるべきだし、ハワイのミュージアムでは日本軍を寧ろ称えている
米軍の偵察部隊は日本海軍の先遣部隊を応戦撃沈してるにもかかわらず湾内への侵入を許し攻撃されるとか間抜けだよ

718 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 13:34:52.33 ID:/ZWOG4yt0
>>685
古今東西の英傑名将を大本営に送り込んでも勝てるわけがないけど、
勝ってたとしても一部特権階級が多数の農民や都市労働者を支配してる社会構造だから、
スペイン、ポルトガル、両シチリアみたいに左右のテロや下層階級の蜂起で自滅する。
ソ連と結んで余剰人口を中央アジア送りにしたりしているうちに共産化していくんじゃないか。

719 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 13:35:31.63 ID:xW/6+IbH0
しかしパールハーバー基地の石油備蓄タンクを爆撃しなかったのが謎
そこを叩いていれば半年〜一年位基地の機能を失わせる事が出来たのに

720 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 13:35:28.72 ID:TXwIUxFl0
これやヴェノナファイルでもう教科書
に奇襲ではなかったと書いて良いだろ。

721 :アニ‐@転載は禁止:2014/12/08(月) 13:36:02.73 ID:R/2clOGj0
>攻撃があることを知っていたから予め撮影班を待機させていたのさ

カラーで攻撃された直後の真珠湾を撮影してたのが「あの」ジョンフォード
わざわざそこに配置されてたのがどうもな

722 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 13:36:13.63 ID:S252SmHm0
>>693
それは満州を取られた中国の言い分じゃないの

723 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 13:36:14.82 ID:vZuFXOA50
>>710
鋭い米海軍参謀はハワイに来ますって報告してたよ
「だってアリューシャンやフィリピンに大空母部隊使いますか?」
「来るなら母港でしょう」って

724 :(オ) ◆n3rBZgRz6w @転載は禁止:2014/12/08(月) 13:37:40.45 ID:H2CdzSRn0
団塊のはなしの間では、日米戦争で勝ってたとしても
日本と米国
ドイツと露西亜

で同じ小競り合いでそんなに結果かわってないという予想が多い
中島飛行機な無くなる以外

725 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 13:38:08.63 ID:na487Cph0
>>228>>405
それは 茅ヶ崎のブツブツ太郎 や 横須賀の珍次郎 にも言える話しだ!

また、薩摩系宮中グループには、アメリカのスパイになってる人物が居た。

樺山愛輔である。
彼は、メソジスト派のクリスチャンであり、
開戦前には、グルー大使の情報提供者になっていた。
そしてWW2の最中には、ヨハンセングループのメンバーとして活動していた。

白州次郎の妻の正子の父でもある。

726 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 13:38:12.35 ID:w8wyh73t0
>>707
マジで?前者は知らんが後者は一機目突入を撮影出来たのはたった一人でしかも偶然だぜ
凄まじい陰謀だなぁー

727 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 13:38:21.07 ID:s6zLkb7g0
戦艦アリゾナの乗組員はルーズベルトに殺されたってことか

728 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 13:38:36.22 ID:8ha0B6x60
>>661
列強に勝ったのは武士たち。武士がいなくなった朝鮮状態で戦うべきではなかった。

【米国の日常】政府から農場を守るため5000人の武装民兵がネバダ州の農場に集結
http://www.youtube.com/watch?v=hNnXHZNkS_I
【日本の日常】バット振り回してるDQNから一斉に逃げる警察官たち
http://www.youtube.com/watch?v=XqABchnta1o#t=01m
ウィリアム・グリフィス『隠者の国・朝鮮』
朝鮮にはサムライがいない。日本にあって朝鮮に欠けているもの

729 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 13:39:13.47 ID:J5FwY1Lm0
このころですら垂れ流しなら間違いなく今はフリーパスで機密情報垂れ流しやん

730 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 13:39:22.64 ID:BZ2Amj9/O
『インテリジェンス1941』
―日米開戦への道、知られざる国際情報戦―

(著)山崎 啓明:NHKディレクター
(出)NHK出版
(版)2014/07/25
(¥)1,728-(税込)
ISBN:978-4-14-081647-9

日・米・英・独・ソ連などの諜報活動=「情報戦」の実態と、数多くの人物達の思惑&欲望が複雑に絡み合い乍、日米開戦へと縺れこんでゆく様を"新史料"を基に活写する!

ttp://www.nhk-book.co.jp/

731 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 13:40:33.98 ID:vZuFXOA50
>>719
ほんと馬鹿だよな
タンクは、まあすぐ作り直されて、最悪タンカーで代用されるけど、
修理施設は撃破しとくべきだった
ドックの工作機械とクレーンでもぶったおしておけば直しようが無く
しばらくは使い物にならなかったのに

732 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 13:41:01.28 ID:cGNWk+vl0
少しも驚きが無いな。……

733 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 13:42:27.29 ID:QZL9iZNRO
今も昔も何らかの大きな作用に導かれて事は起きるというコトだぬ

734 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 13:42:31.38 ID:zDlNXqof0
真珠湾でやられた戦艦の多くはダメコンで戦線復帰したんだよね

735 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 13:42:39.43 ID:TAqcx4v40
>>690
機動部隊が艦隊運用の中心になったのはこの後じゃないの?

736 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 13:43:44.90 ID:S252SmHm0
>>719>>731
単発機の搭載爆弾じゃ無理なんじゃないの
もしを言うなら戦艦で艦砲射撃すべきだった

737 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 13:45:11.22 ID:G4lt/t0f0
>>19
逆に、宣戦布告して真珠湾攻撃してくると知ってるわけだから

当然、わざと宣戦布告を遅らせるように、アメリカが仕込んでたに決まってるだろ。

738 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 13:45:26.54 ID:zDlNXqof0
なんでハワイに揚陸して占領しなかったのか

739 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 13:45:34.02 ID:8ha0B6x60
>>685
>あの戦争で日本が勝ってたら今の日本はどんな国なんだろう

たぶん日本人のエラが張ってキムチを食べて「天皇マンセー」って連呼してた。
欧米の評価はマナー最悪でパクリばかりの嘘つきばかりの国。

740 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 13:46:09.65 ID:/ZWOG4yt0
>>731
さっと攻撃してすぐトンズラするのが機動艦隊の役目だからね。
南雲も井上もそれを守っただけ。井上だけなぜか怒られてるけど。

741 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 13:46:37.88 ID:QTeXWv1O0
>>617
この必死なアメポチww
金もらえるの?

742 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 13:47:28.30 ID:h9fMMXUM0
朝鮮半島(禍)を押し付けたのも列強の連中。

743 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 13:47:40.06 ID:HcJL3tr90
真珠湾攻撃があることは知っていても、
12月8日(日本時間)に攻撃することは知らなかったはずだ。

744 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 13:47:48.65 ID:TXwIUxFl0
>719
引き返して第2攻撃するべきとの声もあったけど
南雲はいかせなかったね。
自分とこの戦闘機1機も落ちてなかった事が逆に
引き返す決断を鈍らせたんじゃないかな?

これ1機でも撃墜されてれば、まだ考え変わった
かもしれん。

745 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 13:48:05.18 ID:2UlZgBsO0
アメリカも知ってただろうがゴルァ!
もうネタはバレてんだよボケ

746 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 13:49:11.75 ID:na487Cph0
>>725のつづき)
樺山愛輔は、戦後、米国大学留学奨学金制度を運営している
公益法人であるグルー・バンクロフト基金の役員も務めている。

この公益法人は、グルー大使により設立された。

ベノナ作戦(ヴェノナ)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%99%E3%83%8E%E3%83%8A
マッカーシズム
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9E%E3%83%83%E3%82%AB%E3%83%BC%E3%82%B7%E3%82%BA%E3%83%A0

樺山愛輔
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%A8%BA%E5%B1%B1%E6%84%9B%E8%BC%94
ヨハンセングループ
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A8%E3%83%8F%E3%83%B3%E3%82%BB%E3%83%B3%E3%82%B0%E3%83%AB%E3%83%BC%E3%83%97

747 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 13:49:31.41 ID:ikkySt/uO
知ってたからなんだ?
今さら日本が言ってたとおり我々米英は鬼畜でしたとでも言うのか?
極東軍事裁判は先勝国の茶番劇でした+土下座でもするのか?

748 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 13:49:38.44 ID:/ZWOG4yt0
>>736
真珠湾は強固な陸上砲台で何重にも防備されてるから、戦艦を突入させても落とせない。

749 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 13:49:53.79 ID:S252SmHm0
スパイ列伝みたいな本(翻訳)に載ってたが、タラント軍港を日本の
海軍士官数人が調査してるのが目撃されて、アメリカに通報した人が
いたらしい。

750 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 13:50:02.33 ID:Z04YKqXt0
「肉を切らせて骨を断つ」


つまり、真珠湾のある程度の損害を考慮して

日本に宣戦布告させる。 そして戦争突入

これは、すべてホワイトハウスの目論見、日本は予定どおりの行動に出ただけ。

ハワイの部隊が損傷しても

アメリカの工業力、戦争突入後の日本の船舶の損失率から判断すると

アメリカがどんなにクソな提督が指揮しても、数年しかもたないシュミレーション済みな。

それに、米軍はパイロットを6回出撃すれば、アメリカ本国に帰れるパイロット兵站を実行してる。

熟練パイロットを一気に喪失しないためな。 一方、日本の歴戦パイロットは生還しても常に

前線に駆り出され、簡単に喪失される。 すべて、戦闘、国力に秀でたアメリカには

勝算しかなかったわけい。

751 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 13:50:08.21 ID:85qUb+8B0
俺もヒトラーがユダヤ人の子だと知っていたよ

752 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 13:50:10.61 ID:Vb4igfhx0
日本の情報筒抜けじゃんw
アメリカにも

753 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 13:50:13.83 ID:QZL9iZNRO
ヤバい方向に導かれて殺されたりウソや捏造を盲信して暴走したりしないために
情報や状況をよく見極めて慎重に生きるべきだお

754 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 13:51:08.40 ID:QWjOq1zv0
漁船に化けて湾内の基地付近から艦砲射撃すべきだったのに

755 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 13:51:40.02 ID:HxP7r4Ji0
太平洋戦争は、アメリカが日本を挑発して起こった戦争
もはやこれが定説だ

756 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 13:51:47.73 ID:h+5KSIe/0
過大評価されてる山本五十六はハイパー売国奴の上
常に後方待機のチキン

757 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 13:52:33.99 ID:zDlNXqof0
40.6センチ砲で視界外から無差別砲撃すれば良かったんや

758 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 13:52:43.55 ID:jT7ncvtfO
日本人はアメこうに家焼かれ 朝鮮人に金取られたが
戦後 復興し 豊かになりました

これからは安全保証 国防力を 第一に考えて 核兵器をもつべき。

759 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 13:54:17.72 ID:oLE83M5l0
モンロー主義のアメリカを対枢軸戦争に参加させたかったチャーチルは真珠湾攻撃の報を聞いて喜んだらしいな。

760 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 13:54:25.96 ID:KDIGZxAu0
信用しなかったせいで多くの人が犠牲に
スパイは悪よのうww

761 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 13:55:01.75 ID:R0dPD08W0
>>629
薩摩のようなちっぽけな国ですらここまで自分たちを手こずらせた
その後には薩摩の何倍も強力な日本国全体が控えてる
こんな国を敵にしたら我が英国はどれだけ損害を被る事か
幸い幕府も消極的な事だし、適当な所で辛勝って形で手を打っとくかってのが真相

ちなみに英国が栄光ある孤立を止めて日本と同盟を結んだ遠因の中に、薩英戦争の日本兵たちの
勇猛果敢さや、収束後に戦闘行動をピタリと止めた規律の正しさも大いに関係している

お前が必死で日本を貶めようとしてもこの事実は揺るがない

762 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 13:55:04.26 ID:m55/wY/80
海軍の暗号は開戦前からアメリカにダダ漏れだったのは常識だよね
陸軍の暗号は最後まで破られなかった

763 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 13:55:07.94 ID:XtwEk7LWO
>>756
後方待機していると撃墜され戦死できるの?

764 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 13:55:25.57 ID:QQTiz3qfO
ルーズベルトだって戦後にハルノートの存在知ったくらいだもんな
ハリーデクスターホワイトが悪の根元なのは有名じゃんよ
今さら日本に謝ってくれるのかい?

765 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 13:56:10.25 ID:cHnMkPu+0
随分昔、15〜20年くらい前に、真珠湾攻撃はバレバレだったってテレビで見たがなあ。
日本軍の暗号はとっくに解読されてて真珠湾攻撃も周知の事実だったが、
時のルーズベルト大統領はこれを最大限利用することとして、
老朽艦を港に集めて被害を最小限にする一方、パールハーバーを忘れるなを合言葉に
戦意高揚に努め、結果経済的にも絶大な効果が有ったとか・・・

NHKスペシャルだったと思うんだが、あれ何だったんだろ。
日本軍の情報戦の脆弱さや、大本営の最前線での実情を考えない身勝手な作戦指揮を
批判するような内容だったと思う。
当時の米軍の最新兵器、マシンガンの十字掃射に対して銃剣突撃を敢行させる、みたいな。

766 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 13:57:00.77 ID:oDkrC/ShO
>>11
その通り。アメリカは日本から攻撃してくるよう計画を立てて
日本をギリギリまで追い詰めて攻撃してくるのを待ってた。
アメリカは自国民の犠牲者の事なんて考えてなかったんだよ。
日本を悪者にして戦争を始めたかっただけ。

767 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 13:57:40.46 ID:mxsifYOC0
>12月8日(日本時間)に攻撃することは知らなかったはず

え?海軍の暗号解読されてる上に、
海軍は無線封鎖を破って交信してる。
全て筒抜けだw

768 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 13:57:50.98 ID:Au8QeH4V0
>>1
何をいまさら。

769 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 13:57:51.99 ID:Bn2SC/7e0
ヴェスターラントの虐殺を見過ごしたようなもんだな。

770 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 13:59:05.55 ID:zDlNXqof0
卑怯なJAP猿を殺せ!って熱狂が欲しかったんだね

771 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 13:59:42.79 ID:C0ushWjY0
日本の独立にはまだまだ遠いな

772 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 13:59:42.64 ID:w8wyh73t0
>>769
オーベルシュタイン乙

773 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 14:00:29.27 ID:XEDRIvxQ0
>>769
というかあのエピソーが真珠湾の話をモデルにしたんじゃないかと思う。

774 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 14:00:36.14 ID:/ZWOG4yt0
>>749
光延さんなら調査してるだろう。港で沈めてもすぐ浮上できると東京に知らせても、
どうせ黒島あたりが握りつぶしてたんだろうな。

775 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 14:01:18.67 ID:5N/Y/24w0
何を今更なw
当時のアメリカにとって、対日参戦の口実が出来れば
自国民が少々死のうが、そんなことはどうでも良かったんだよw

776 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 14:01:24.29 ID:85qUb+8B0
>>770
悲しいかな。エンスージアウスは出てきても単語が出てこない
ensugious
絶対違うわな

777 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 14:01:39.89 ID:h+5KSIe/0
シンガポールとか蘭印作戦で講和できなかった時点で
ジャップはおわこん

778 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 14:01:43.19 ID:/9F9C91Q0
>>744
薄暮攻撃になるので目標の特定が難しい。目標が暗くて見えない
夜間着艦の訓練、指示灯も世界に先駆け導入しているが事故も多い
航空機の燃料弾薬は第二次攻撃で底を尽きかけており
第三次攻撃を行って帰投するとなれば、空母を失ってない米側の追撃を受けると大惨事になる

これらの理由で南雲は第三次攻撃をしなかった。戦後賛否分かれてるのはこの為

779 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 14:02:18.82 ID:NrFFl9Q/0
>>10
エノラ・ゲイって、機長のかーちゃんの名前だっけ?

780 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 14:02:42.94 ID:QZL9iZNRO
ところでTPPとか絶対参加しない方がいいと思うがな

781 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 14:03:32.34 ID:9l+viRyI0
底辺層は何時の時代も消耗品

聖戦とかいっても死んでいるのは底辺層

782 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 14:04:10.79 ID:q4Svg9Cs0
>>765
真珠湾攻撃がバレバレだったってのは都市伝説。そんな事実は無いというのが
研究の上では定説だよ。>1のように現場の一部の人は予見できる可能性があったが、
上層部が真面目に取り合わなかくて情報を握り潰してしまったために、真珠湾攻撃に
気付かなかった。作戦上わざと握りつぶしたのではなくて、単に上層部が無能だっただけ。
どこの世界でもよくある話。

783 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 14:04:24.80 ID:hlC9OtBR0
アメリカ「ふざけるな公開するなよ!」

784 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 14:04:50.70 ID:g6XzLCaC0
こういう事も含めて日本は戦争に負けたんだよな

785 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 14:04:53.30 ID:QZL9iZNRO
>>775
最近でも911があったしな

786 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 14:05:02.57 ID:PX/hPLGk0
知らぬは亭主、じゃなかった
知らぬは猿ばかり

787 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 14:05:03.86 ID:BLk/KDyHO
要するにアメリカさえ迎撃する気だったなら、日本の空母部隊は真珠湾攻撃でいきなり壊滅していたと


それがどうかしたのか

788 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 14:05:06.17 ID:b/x77N1x0
太平洋戦争の開戦時の状態をドイツとフランスに例えると、マジノ線がフィリピンで、アルデンヌの森がハワイに当たる。

つまり、アメリカは日本との開戦をすでに決意しており、フィリピンの米軍にはいつでも戦闘に入るように指示を出していた。
しかし、ハワイに関しては攻撃されるとは想定されずに警戒の指示を出していなかった。

もし、ハワイの攻撃が遅れたら、米軍は宣戦布告なしにフィリピンの近海で日本軍に先制攻撃を行ったであろう。そのように、
当時は、両国関係は武力攻撃に宣戦布告を必要にしないほどに緊張状態であったので、ハワイに対する攻撃が騙し討ちである
ような考えは間違いである。

つまり、ハワイの攻撃を想定したいなかった自分の間違いを誤魔化すために、ルーズベルトが行った演説をまともに
受け止めて、宣戦布告が遅れたこと問題視する必要はない。

789 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 14:05:18.13 ID:hLCI2iUt0
「空母が大切」というのは
あくまで日本軍が真珠湾攻撃を大々的に成功させてから
世界の常識となったこと。
それまでは戦艦と空母のどちらが優位は論争があって決まっててない。

それを現代視点で見るから「空母が出払っていたのはおかしい」との
本末転倒になる。

790 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 14:05:20.17 ID:QvNhCuvv0
□ しっていた
■ 今、しった

791 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 14:05:27.93 ID:X8syY28/0
吉田茂がチクったのかな
吉田といえば似非マンガ好きの麻生の祖父だな

792 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 14:06:07.26 ID:mxsifYOC0
チャーチルに助けてくれと泣きつかれたルーズベルトが
対独参戦するためにドイツを挑発するが、ヒトラーは食いつかない。

そこで、ドイツと同盟している
日本を禁油の経済制裁・金融制裁で締めあげて挑発した。

空母を回避させた真珠湾に日本が最初の一発を撃ったので、
堂々と対独参戦も果たせた。

アメリカでは裏口から参戦したと(マイナス)評価されている。

793 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 14:06:33.80 ID:cHnMkPu+0
>>782
現在公式にはそういうことなんだよな。
当時テレビで見た時は目からうろこが落ちる感じだったんだが。

794 :在日米国民@転載は禁止:2014/12/08(月) 14:06:40.90 ID:ULq5HBHW0
>>11
だったら日本が奇襲しなければ済む話なんじゃねぇの!

795 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 14:06:46.35 ID:tD5njvvz0
これは決定的だね
奇襲なんかではなく、アメリカが大義を得るために自国民を見殺しにしたと
そういうことだね
それにしてもこんな情報だだ漏れで戦争に突入したジャパン…

796 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 14:06:55.41 ID:8wsossJh0
>>1
別に真珠湾攻撃自体問題じゃないしな
どうも「国際法上許されない」とか誘導してる連合軍シンパが多いけど、あんなの作られた世論だし

ハル・ノートつきつけた時点で敵国認定必至だよ
あれが「国際法上許される」というなら真珠湾攻撃なんてかわいいもんだよ

さらには東京大阪大空襲(民間人虐殺)、原爆2発投下(民間人大虐殺)
「国際法上許されない」ってのはまさしくコレだがこれが国連(連合国側)が問題視することはない
国際法の解釈を自由にねじ曲げるやつらに何をいわれても信憑性がないってもんよ

797 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 14:07:03.11 ID:m55/wY/80
真珠湾は3000人見殺しだよ、分かり切ってる
ま、ナメてたから被害は予想外だったろうけど
同日の日本軍航空部隊によるフィリピン米軍基地への空襲もそうだけど、
あまりにも水際だった見事な攻撃だったから、「ドイツ人が指揮しているに違いない」と信じてたくらいだからね
ナメてたっていうのはあるよ

798 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 14:07:53.16 ID:nnvvio8R0
パールフーバー2015年公開予定

799 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 14:08:09.82 ID:PX/hPLGk0
昔も今も、この国の上層部はばかバカり

800 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 14:08:31.12 ID:xW/6+IbH0
真珠湾なんか攻撃しないで英、蘭だけ布告すれば良かったな
本当に五十六や海軍上層部はアホだわ
シーレーンを確保出来なかった海軍が日本を滅ぼした

801 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 14:08:55.54 ID:+gWbCNMH0
>>1
宣戦布告の連絡より、パーティ優先した無能外交官がすべて悪い。
戦後、占領後に息子や孫まで外交官になってるんだから、宣戦布告を米国にしなかったのは、わざとだろ?

802 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 14:08:58.81 ID:q2GDqge+0
>>719
備蓄タンクを攻撃すると民間に被害が及ぶ危険があったから

803 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 14:09:07.81 ID:M3+gO4Av0
両親も産まれていなかった俺でさえ知ってた

804 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 14:09:21.57 ID:q4Svg9Cs0
>>737
> 当然、わざと宣戦布告を遅らせるように、アメリカが仕込んでたに決まってるだろ。

翌日の日本の朝刊では「ハワイ等奇襲奏功」が一面トップで、日本人も「奇襲」を認識
していたどころか、その成功を喜んだのだから、言い逃れはできないよ。日本も確信犯。

805 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 14:09:31.67 ID:EH0JSQRw0
インテリジェンスコミュニティーにだって真珠湾攻撃は事前に知らされていたからな
しかも白洲次郎はケンブリッジ大学へ留学中にMI6エージェントとしての訓練を受けていた
白洲次郎の本名はジョン・ミテルヴェーク・ウォーバーグだからな
つまりあのロスチャイルド家の家来的存在だったウォーバーグ家の隠し子という訳だ

806 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 14:10:54.68 ID:QZL9iZNRO
>>796
ホント理不尽極まりないよな

807 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 14:11:15.12 ID:mxsifYOC0
>>795
>大義を得るために自国民を見殺しにした

国民だけでなく、ハワイのキンメル司令官やショート中将の軍首脳も詰め腹を切らされて降格。
その降格に異議を唱えた裁判でもワシントンに情報封鎖されていたことが判明し、名誉回復された、

808 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 14:12:08.28 ID:q2GDqge+0
>>801
最初から裏切ってたんだろうな。もっというなら、日米交渉が上手くいかなかったのも、そいつ等が無能だったわけで。

ハルが悪いとか、FDRが悪いとか言うけど、実際は外交官が無能だっただけ。
支那についてもね。外交が無能で、現場が苦労ってのは、小笠原のサンゴ略奪事件見れば解るはず

現場に居れば撃ちたくなっても仕方ない。

809 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 14:12:22.65 ID:EH0JSQRw0
>>799
明治維新以後の日本は常に上層部を外国のエージェントに支配され続けている
政治家なんてフリーメーソンリー、CIA、韓国国情院など工作員のデパートだしな

810 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 14:12:29.71 ID:Vb4igfhx0
>>763
まさか敵に情報が漏れてると思わなかったから

811 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 14:12:32.73 ID:wdEb/YIa0
当時の日本がどうしていれば戦争を回避して
今現在勝ち組として国連の常任理事国になりえていたであろうか

812 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 14:13:35.72 ID:aKxxljlC0
公共事業で景気回復できなかったルーズベルトも大喜び

対独戦に集中できるようになったスターリンすら大喜び

813 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 14:13:44.67 ID:9kqOB67EO
元々アメリカのものじゃないパールハーバーなんて何されても大したことないし

814 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 14:13:55.88 ID:hV4k6eyv0
>>787
当時は空母が戦艦を撃沈するのは不可能と思われていたから
ナメていたのかもしれない

815 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 14:13:59.87 ID:EH0JSQRw0
>>756
山本五十六はフリーメーソンリー・メンバーとして有名だな

816 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 14:14:00.90 ID:1giuPWFs0
>>11
今でもやってますやん…

817 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 14:15:10.70 ID:zlZv27QI0
知っていたのは知っていた

818 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 14:15:25.66 ID:/ZWOG4yt0
>>800
豊田と井上に市ヶ谷と三宅坂を空襲させればよかったんだよ。

819 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 14:15:40.51 ID:q4Svg9Cs0
>>796
国際法上も道徳上も、宣戦布告をしないだまし討ちが許されないのは当然のことだよ。
日本が中国や韓国に同じことされたら、日本人だって同様に怒るに決まってる。
まあアメリカもヨーロッパ諸国も、宣戦布告しないで攻撃したこともあったし、それ以外にも
国際法違反は数知れずだが、だからと言って日本の真珠湾攻撃が問題無いということにはならないよ。

820 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 14:15:40.99 ID:oWikEkLA0
>>651
意味不明なこといってないで、このレスに応えろ。


>国際法違反をした相手には何をしてもいいという国際法があるのか?
>ないならお前のいってることが間違ってるんだ。


取り締まる側が一方的に正しいというなら、そもそも国際法に違反とか関係なくなるだろ。
アホ。

821 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 14:16:09.52 ID:eHrzN7RP0
>>719
あそこで追加で攻撃部隊出すと、帰還するのが夜になってしまう状況。
さすがに未帰還機大量に出ただろうし躊躇ったのも仕方ない。

822 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 14:16:27.79 ID:QZL9iZNRO
日本これから鎖国できないの?

823 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 14:16:30.89 ID:3uI5Ya740
>>811
ハルノートを基礎に交渉するしかなかっただろうね
勝ち組となっていたかどうかはわからんが、少なくとも満州の権益は確保できただろうな

824 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 14:16:58.06 ID:yzNW46Fe0
FDRはそもそも、帝国海軍にパールハーバーを奇襲出来るだけの軍事力はないって一蹴したんだが
万が一奇襲されたとしても、ハワイの空軍力だけで十分撃退出来ると思い込んでいた
フィリピンの米軍基地を台湾から空爆するのがやっとと日本の軍事力を過小評価してた
それはチャーチルも一緒で、POWを撃沈されたと知って驚嘆したぐらいだからな
スターリンもバルバロッサを知らされたが、ヒトラーを信じ込んでいたから聞く耳持たなかった

825 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 14:17:20.14 ID:d6KQoRwlO
>>804
奇襲とは、正攻法でなく思いもよらないことをやることね。
奇襲を続けて、正攻法をやると奇襲になる。
名監督ノムさんこと野村監督の言葉。

826 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 14:18:06.89 ID:/9F9C91Q0
外務省の役人と軍の情報課の人間が、真珠湾を一望できる丘の料亭
それも日本人の女将が経営しているところの一室を借りきって、頻繁に宴会していた
その後しばらくして、真珠湾とよく似た地形の鹿児島湾で、機動部隊による攻撃訓練
現場の下士官パイロットですら、真珠湾とよく似てるから、ハワイ攻撃じゃないか?と勘繰った

>>1関係なく気付くとは思うんだが…

827 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 14:18:11.96 ID:+YyPDILr0
仮に真珠湾に空母がいて全部沈めたところで一年後には大量の改造空母と
正規空母がどんどん就役して結局のところは日本の負け。

そもそも海軍大学校では日本艦隊(青艦隊)とアメリカ艦隊(赤艦隊)の図上演習を
やるが、サイコロをいくら青艦隊に有利なようにころがしても結局、青艦隊は
全滅しておしまい。連合艦隊が壊滅した時は図上演習のようになったと誰もが
思ったそうだ。

828 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 14:18:18.48 ID:oWikEkLA0
>>651
取り締まる側じゃわかりにくいな。
戦勝国側が一方的に国際法違反を糾弾できるなら、だ。

どっちも違反してるならどっちも国際世論から叩かれて当然。
日本だけ責められるいわれはない。


どうせクソシナチョンのアホにまともな理屈で語ってもアホらしいが。

829 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 14:18:36.33 ID:61sh0R8B0
これ、大昔から言われていたけど結局はよく分からんよな
>日本が真珠湾を奇襲する可能性がある
可能性だけだと判断も迷うわ

830 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 14:18:52.68 ID:rvPG6XBc0
>>5
米「原爆使ってみたかった」

831 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 14:19:12.36 ID:mxsifYOC0
スチムソン陸軍長官の日記から

Ten days before the Attack on Pearl Harbor,Stimson entered in his diary the following statement:
真珠湾攻撃の10日前の日記にスチムソンは次のように書き残してる。

Roosevelt brought up the event that we are likely to be attacked perhaps next Monday.
ルーズベルトが来週の月曜にたぶん攻撃されそうだと切り出した。

… and the question was what we should do.
問題は、われわれがどうすべきかだ。

The question was how we should maneuver them(Japanese)into the position of firing the first shot.
問題は最初の一発を撃たせるように,いかに奴ら(日本人)を操るかということだ。

832 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 14:19:51.24 ID:rc/O8+xT0
>>800
日本の近代化改革を潰した山県有朋以下の長州閥と
山本をごり押しで長官にした米内光政が最大の戦犯

833 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 14:19:54.84 ID:KyFuc/AW0
まぁどっちにしても日本政府がバカだったのには違い無い

834 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 14:20:01.64 ID:eHrzN7RP0
>>824
情報あっても政治家が判断誤るなんてこと珍しくないからな

835 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 14:20:08.74 ID:q4Svg9Cs0
>>823
> 勝ち組となっていたかどうかはわからんが、少なくとも満州の権益は確保できただろうな
リットン調査団だって、日本を非難しながらも、満州における日本の権益は認めてたからね。
単なるメンツの問題だった。満州に中国の役人を(形だけ)数名入れれば解決する問題だ
ったのが、日本は逆上して連盟を脱退してしまった。そんなことしなければ日本は勝ち組
だったと思う。

836 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 14:21:01.31 ID:hV4k6eyv0
山本五十六長官機の撃墜時の状況がヤバすぎ

情報筒抜け
待ち伏せされてピンポイントで長官の乗っていた機だけを撃墜される
一瞬の出来事で、護衛のゼロ戦が対応する時間もなかった
   ↓
大本営「情報が漏れていたとは考えにくい、護衛が全部悪い」
   ↓
護衛のパイロット、最前線で戦わされ無理やり死亡させられる

837 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 14:21:33.73 ID:Z4m5lvLc0
宣戦布告せずに奇襲した事実は変わらない
旧日本軍はテロリスト

838 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 14:21:49.20 ID:6S/1OSQT0
まあ、フーバーなら握りつぶしてもおかしくないな
政治的に恐ろしい奴だったからね

839 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 14:22:28.75 ID:eHrzN7RP0
>>835
イタリアのエチオピア侵攻に対する対応も甘かったし、結構ぬるい組織。

840 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 14:22:29.66 ID:yU7Gysg90
日本参戦をヨーロッパでのアメリカ参戦の為の口実にするための黙りw
参戦させられたんだな。

841 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 14:22:35.30 ID:kC+W/N760
>冷戦時代、ソ連のスパイ、キム・フィルビーら「ケンブリッジ5」を突き止め、

ダウト!
スパイに次期長官候補まで上り詰められ、情報だだ漏れにされた挙句に取り逃がして、
ソ連本国に逃げられてるじゃねーかw
KGBとのレベルの差がありすぎ。

842 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 14:22:43.01 ID:aKxxljlC0
ウクライナのように、ええじゃないか運動と反政府軍を使って、明治クーデタをおこしていいように使ってきた日本。

戦争という一大公共事業のマッチの役をさせるのは、シナリオどおりだったんだろうな。

843 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 14:23:19.22 ID:9c+FyIoJ0
それでも、ニイタカヤマノボレ

844 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 14:23:58.22 ID:m55/wY/80
日本の奇襲は知ってたけどジャップなんか複葉機で遊んでるだけじゃん、あはは、
とか言ってたら3000人も殺され、フィリピンも取られちゃいましたって感じかな

845 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 14:24:00.06 ID:mxsifYOC0
>>836
オサマ・ビンラディン並に処刑されたんだよ。
暗号解読に気づかない愚将だから仕方ない。

阿南陸軍大臣は自決するまえに、「米内光政を斬れ」と遺言した。

846 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 14:24:15.91 ID:eHrzN7RP0
>>838
フーバーの一番恐ろしい点は女装癖

847 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 14:24:19.73 ID:q4Svg9Cs0
>>825
日本の倫理観も何だか妙なとこがあるからなあ。
武士道でも、一対一の対決の時には、対峙してそれぞれ名乗りを上げて、正々堂々
戦うことを良しとするが、一方で、桶狭間の奇襲を賞賛したりもする。まあ多勢に無勢の
場合は、奇襲によってフェアになるという考えかもしれない。真珠湾もそうなのかもしれない
が、アメリカからしたら戦力差換算なんて知ったこっちゃないな。

848 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 14:24:24.26 ID:h9fMMXUM0
戦国時代では、情報謀略戦は当たり前。
今でも行われている。
ハルノートを作ったのはソ連のスパイのホワイトそのバックに財務長官のヘンリーがいて、
そのバックに金融マフィアがいた。

849 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 14:24:38.38 ID:7NgAHEj20
まんまと罠にはまった日本軍が無能すぎた
戦う前から負けていたのだな

850 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 14:24:52.78 ID:6S/1OSQT0
>>11
イギリスはレーダーの能力を隠すため、ドイツの空爆が迫るひとつの街を見殺しにした
そういう相手だったんだよ

851 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 14:25:23.31 ID:mxsifYOC0
>フーバーなら握りつぶしてもおかしくない

そういうことにしてるだけ。
実際はルーズベルトも知ってたw

852 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 14:26:04.17 ID:q4Svg9Cs0
>>839
ぬるい組織にはぬるい組織なりの利用の仕方があるが(今の国連も結局同じ)、日本は
クソ真面目だから、いちいちマジレスしちゃうんだよね。それが外交下手ってことなんだろうが。

853 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 14:26:05.04 ID:/ZWOG4yt0
>>801
大使館の参事官や書記官は、協調性皆無のくせの強い問題児ばかりを集めていて、
どうせ東京は寸前で折れると思ってみんな遊んでたようだ。
ポストを奪った野村大使に事務作業を全部押し付けて、いびって面白がってたという
話も残ってるくらいで、陰謀を企てる頭すらない、質が低いのばかりだった。

854 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 14:26:13.30 ID:/9F9C91Q0
>>836
一応マジレスしておくと、当時のラバウル周辺は、後に鉄底海峡と称されるほどの激戦区で
日本軍のパイロットは、新米でもない限り連日出撃はほぼ当たり前となっていた
米側もあまりの戦闘の激しさに、ラバウルは龍の口(行ったら食い殺される)だと呼んで、嫌がっていた
ただ、米パイロットは撃墜数や、連続の出撃数に応じて休みがあった

855 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 14:28:01.96 ID:ZOqPVbd00
今更言っても仕方ないから次の戦争の準備をしよう

856 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 14:28:21.27 ID:nKcKcZSA0
こんなことは周知の事実。さらに米英のスパイだった朝鮮人工作員「東郷茂徳(パク)」という
外務大臣がアメリカに宣戦布告を故意に怠り、日本を悪者にして米国民に参戦世論を煽るプロパガンダに
協力したんだよ。

これはアメリカにいたシチリアのマフィアの親分を対イタリアの工作で利用し、戦後にシチリア市長に
マフィアのメンバーがなったのは有名な話だな。
日本で戦後も朝鮮人が暴力団やエセ右翼団体を運営し、対日工作を続けているのはそういう理由。

857 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 14:29:23.12 ID:hV4k6eyv0
戦争末期は暗号全解読されて、日本が攻めるときには
米軍が100%待ち伏せしていたのに
それでも「暗号解読はされてない」と妙に自信ありげに言い放った日本軍はヤバすぎ

なぜそんなに自信があったのか??
高級将校や大本営はどうしてそこまで暗号解読に気が付かなかったのか??

858 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 14:29:46.57 ID:mxsifYOC0
>>855
>次の戦争

アメリカを上回る基地外になりきること。
たぶん、武士の情けだとかもののあわれだとかでダメだと思うがなw

859 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 14:31:15.27 ID:XtwEk7LWO
>>847
一騎打ちね、蒙古来襲絵詞ですら否定されている、父親を見殺しにたり旧領の一揆をあおった、伊達政宗が聞いたらはなで笑いそうな話し

860 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 14:31:22.20 ID:q4Svg9Cs0
>>801
たとえ宣戦布告が間に合っていても、真珠湾攻撃のわずか30分前で、それは国際法上
は無効だよ。宣戦布告前の奇襲と同じ扱い。
きっちりフェアにやるには、一日前の宣戦布告でなければいけないが、まあその場合は
真珠湾攻撃は成功するわけないな。アメリカの陰謀説通りにまさかわざと攻撃させること
はできないだろうし、その場合日本にとってもよかったかも。

861 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 14:33:41.24 ID:3uI5Ya740
>>835
実際にハルノートと一緒に手交されるはずだった暫定協定案でも日本軍の満州からの撤兵は
否定されてるからね。アメリカにとっても満州が重要な係争ポイントでなかったのは事実。
問題はハルノートのいう「CHINA」に満州が含まれるかどうかも確認せず開戦に踏み切った日本外交。
12月1日の御前会議でその問題が議題にあがったのに、なあなあで終わっている。

862 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 14:34:10.16 ID:XtwEk7LWO
>>860
それでアメリカはベトナム戦争のいつの段階で北ベトナムに宣戦布告したの?

863 :きざを@転載は禁止:2014/12/08(月) 14:34:19.37 ID:iJ8ZaMrx0
情報戦にまったく弱い日本
米どころか北朝鮮にすら振り回されている

864 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 14:35:47.14 ID:NCJl23ZC0
スターク海軍大将からハート海軍大将へ

さまざまな出来事が直接、最終決着に向けて動いています。
大西洋においても、太平洋においても。
海軍はすでに大西洋で起こっている戦争に加わっていますが、
アメリカはこれにまったく気づいていないようです。
…国民が認識していようがいまいが、われわれは戦争の渦中にあるのです。
(1941年11月7日)←

865 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 14:36:07.85 ID:VVDCvT7i0
日本が真珠湾を奇襲する可能性があるとスパイが推測していただけだろ。
日本の真珠湾攻撃を知っていたことにはならん。
推測と知っているは意味が全然違うからな。

866 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 14:38:32.62 ID:mxsifYOC0
>>863
アメリカは衛星で任意の携帯電話の盗聴ができるからね。
ドイツのメルケルが何年も盗聴されていた。

スノーデンは相手のスマホをハック・起動して
盗聴器・盗撮器にしてたw

867 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 14:38:50.70 ID:4Yap86Fw0
オンタケサンノボルナ

868 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 14:39:01.10 ID:q4Svg9Cs0
>>862
> それでアメリカはベトナム戦争のいつの段階で北ベトナムに宣戦布告したの?

ベトナム戦争は内戦扱いじゃない?支那事変と同様だと思う。日本と中国も互いに宣戦布告
をしてないが、そっちは「事変」だから問題にならない。

869 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 14:39:16.37 ID:VWeWxDImO
MI6が有名だが、MI5っての存在したんだな。

870 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 14:39:29.51 ID:/ZWOG4yt0
>>857
陸軍のは解読されてないし、海軍が解読に気が付いていないことにしていれば、
GF長官を二代続けて失い、暗号表も奪われた失態も隠せるし、大臣の首も
飛ばないから、人事的にも、内閣の安定のためにも好都合。
対策しようにも暗号担当は素人が3人くらいしかおらず、できないし無駄。

871 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 14:41:08.68 ID:Sn3QLu1t0
日本は今も昔も情報戦全然駄目だからね。
アメリカやソ連どころか、国民党や中国共産党にさえ諜報面で劣ってたぐらいだから。

872 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 14:42:05.76 ID:XtwEk7LW0
>>661
将兵なのに「歩」って

873 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 14:42:37.61 ID:ahJzPzn+0
どうでもいいがとりあえず米国民に広く周知徹底させてくれ。いつまでも
リメンバーパールハーバー言われてもウザいww

874 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 14:42:40.49 ID:aKxxljlC0
>>856

イタリアのマフィアって、むこうの部落民みたいのがやってるの?

明治維新そのものも部落民がかなり参加していたとする説もあるけど。

875 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 14:43:04.81 ID:8UHNFaySO
>>868
アメリカはスペインと戦争した時、宣戦布告したのは戦争が始まって1週間後ですよ。



そして、国際法では宣戦布告してもしなくても問題無いです。


日本は卑怯で無いです。

876 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 14:43:29.82 ID:lsNwV6ma0
ルーズベルト『俺も知っていた』
スターリン『俺も知っていた』
金日成『俺も知っていた』
毛沢東『俺も知っていた』
マハトマ・ガンディー『俺も知っていた』

877 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 14:44:12.95 ID:3isg53LH0
宣伝戦もヘタだったね。
南京なんか
実際の10倍くらい誇張されて宣伝されちまった。

878 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 14:44:23.36 ID:q4Svg9Cs0
>>857
初期には確かに日本の暗号は世界最強レベルだった(ドイツのシステムのパクリだが)。
それで過信したんじゃね?だけど開戦後すぐに、ドイツとアメリカの熾烈な暗号解読&アルゴリズム
更新の競争が始まって、数学理論的にも技術的にも飛躍的な進化を遂げた。古いバージョンの暗号は一瞬で
解読されてしまうようになった。一方、日本は事態に気づかず、置いてけぼりになった。

879 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 14:45:09.48 ID:0TOjB9L10
後出しのチョンニュース。

880 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 14:45:46.25 ID:q4Svg9Cs0
>>875
いつの話や。
1898年じゃん。宣戦布告の規定ができたのはその後。

881 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 14:45:51.50 ID:HS7WArGP0
日本はアメリカと違って軍人を狙っただけなのだが
知ってたくせにたまたまそこにいた民間人数十人を日本を悪にするために避難させなかったアメリカ

そして真珠湾ガー真珠湾ガーと抗日映画を作りまくり国民を洗脳するアメリカ

一方アメリカが民間人を狙った東京大空襲の方はアメリカの教育ではほとんど教えてないそうだな

882 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 14:45:54.10 ID:Xl/TjMcr0
>>68
第二次世界大戦以降だな
アメリカは工業力(主に軍事分野)を第二次世界大戦で一気に2.5倍以上に増やした
でも戦争終わったからといってその工業力をすぐに解散するわけにもいかない
そこで働いてる人をクビにしたら失業者が多量に出ちゃって混乱するし

883 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 14:46:04.73 ID:q2GDqge+0
>>857
今景気回復してると自信ありげにいい続けてる今だって・・・

884 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 14:46:19.20 ID:2yRCUNHZ0
今日は真珠湾だわジョンレノンは撃たれるわ俺の両親は結婚するわの大変な1日

885 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 14:46:28.39 ID:CKNaJv0N0
二百年後には北米大陸は人の住めない汚染地になってるだろうさ
そのくらい恨みを買う真似を世界中でアメリカはやり続けてる
無事でいるには人気者のガキ大将であり続ける必要があるけどそりゃ無理だろ
あるいは国力の凋落と同時に世界を滅ぼすか
アメ公のメンタリティだとこれOKだからなあ

886 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 14:47:20.44 ID:yYtQpNyD0
>>869
アメリカにFBIとCIAがあるのと同じで、
国内はMI5じゃね。

887 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 14:48:24.20 ID:3uI5Ya740
>>881
アメリカが知っていたというのならその証拠を出さないと。
ストーリーを作り上げるのは簡単だけどその裏付けの作業は難しいんだよね。
それが歴史学の面白味でもあるが

888 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 14:48:28.39 ID:m55/wY/80
あれが国際法違反というなら、あの悪名高い東京裁判で裁からないわけないじゃん
真珠湾攻撃の罪状で裁かれた被告ゼロ
実際、真珠湾攻撃で訴追されたけど、有罪者ゼロだよ、ゼロ

889 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 14:49:38.72 ID:8UHNFaySO
結婚おめでとう>>884

890 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 14:50:03.12 ID:/ZWOG4yt0
>>888
山本と南雲が生きてたら、山下や本間みたいに吊るし首でしょ

891 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 14:50:41.88 ID:ahJzPzn+0
>>881
面白いよなあ。アメリカは自国の都合よいとこだけしか教えない、
日本は都合悪いことばかり増幅して教えるw

892 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 14:50:46.67 ID:NCJl23ZC0
1913年11月
メキシコで革命、ウェルタ政権が誕生。
米政府通牒「軍事行動をとらざるを得ないかもしれない」

1914年4月
ウェルタ将軍が米国旗を侮辱したとの理由で、米海軍がメキシコ沿岸を海上封鎖。
この時、米海軍は外国の船舶にも封鎖的行動をとった。
(国際法上海上封鎖が認められるのは宣戦布告を伴う戦争の場合のみ)
そして自衛権の発動と称してベラクルスを砲撃し、7カ月間これを占領した。

893 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 14:51:01.25 ID:q4Svg9Cs0
>>857>>878
今で言えば、新しいウィルスとウィルス対策ソフトの定義ファイル更新のイタチごっこのようなもの。
初期は数ヶ月に一回くらいだったのが、中頃には数日から毎日、戦争末期には、数時間ごとに
更新しないといけないレベルになってたのに、日本だけ古い暗号システムを使い続けて、平文通信と全く変わらなかったww

894 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 14:51:42.64 ID:QjAszvkS0
暗号とか凝るからじゃね?
堂々と平文で「真珠湾攻撃します」っつって
ご丁寧に「Japan will attack to P.H. tomorrow」とか英訳もつけてやれば

まさか真珠湾攻撃とは思わなくね?

895 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 14:52:50.40 ID:NKTbJCc20
1939年 石油の輸入 80% アメリカから
8月禁輸
海軍 1日の石油消費 9600トン
戦艦 空母 石油なければ ただの箱
http://www2s.biglobe.ne.jp/nippon/jogdb_h19/jog513.html

896 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 14:54:03.25 ID:d6KQoRwlO
暗号の前に情報管理が甘かったんだよね。
セクロスした女に気を許すしたり、信用したりするのが日本人の良いところであり、悪いところ。
ミッドウエ作戦前に日本国内外でミッドウエ作戦が行われることを知らない人は居なかった。エッ
これは花街や慰安婦に日本兵が話してしまいそこから漏れて、「次はミッドウエ」のお祭りが起きて軍首脳陣が苦笑・・・
慰安婦は悩みや相談事を聞くカウンセラーを兼ねていたけど、まさかの作戦漏れ。
日本らしいよねw

897 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 14:55:31.37 ID:/ZWOG4yt0
>>894
暗号化が面倒で、ときどき平文で無電を打ってたから、普通にばれたと思うな。

898 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 14:55:34.74 ID:stp1xOXw0
>>765
数年前のテレビで政治レベル暗号はバレてたが
軍事レベル暗号がバレていた証拠はないので
12月8日に奇襲をするところまでは分かったが
どこを奇襲するのかまではわからなかったみたいなこと言ってたな

899 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 14:56:52.12 ID:8UHNFaySO
つまり、山本五十六の一人相撲で日本は負けた。

900 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 14:58:34.02 ID:kHmO2+0rO
フリーメーソン山本の八百長戦争やったんや

901 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 14:58:44.16 ID:/9F9C91Q0
>>897
鹿児島の人間を二人置いておくぐらいの措置を取れなかったものなのか…
別に青森でも構わんわけどw

902 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 14:59:19.36 ID:q2GDqge+0
>>899
確かに、それはあるけどな。美化されて過剰評価だと思う

903 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 14:59:36.96 ID:3isg53LH0
山本五十六
評判悪いなあ。
真珠湾攻撃すごいよ。
ざま見ろアメ公
って言えるのはほかにないからな。

904 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 14:59:40.80 ID:QjAszvkS0
>>897
ちょっ
マジで平文作戦あったのかよ

ひでえな日本軍
せめてタヌキくらいはかけろよ
真珠タ湾攻撃タしますタタ
ヒントはタヌキ

905 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 14:59:43.17 ID:m55/wY/80
>>890
東京裁判では、宣戦前の不法殺人を訴因として真珠湾攻撃の関係者を裁こうとしたんだよ
しかし、裁けなかった
国際法違反じゃないから
だから山本や南雲が生きてたとしてもその訴因では裁けないの

906 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 15:01:34.90 ID:mxsifYOC0
>>903
海軍軍令部の反対押し切って、アメリカ巻き込んだ愚将だから。

907 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 15:01:39.29 ID:q4Svg9Cs0
>>897
他にも、日本各地の気象台が毎日天気情報を暗号で送信してけど、天気なんて
パターンが限られてるから、簡単に推測できてアルゴリズムがバレたとか、
新しい暗号を導入した時に、テストで、古い暗号と両方で暗号文を送ってたなんて
話もある。古い方は既に解読されてるので、原文と新規暗号文の両方が敵の手に渡るが、
それをもとにアルゴリズムが解析されてしまう。

908 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 15:02:26.09 ID:vg0fn8Ev0
これは結局知らなかったってことじゃねえかな
結局、事が起きる前はいろんな情報が流れ込んでて取捨選択されるから
あとから見てあたってる情報も紛れ込んでる(そして確度の問題などで切り捨てられている)ことはよくある

909 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 15:02:31.98 ID:J6KUQIU00
真珠湾の前に先に攻撃したのもアメリカだろ
それもハッキリ言ったれや

910 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 15:03:11.99 ID:vj+VX86F0
強国のくせに強かだったアメリカ
戦争するためなら何でもやる

911 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 15:03:49.03 ID:4PlXT4hQ0
ルーズベルト大統領まで上がっていたんだよ。
厭戦気分の強かった米国を参戦させるには、
真珠湾攻撃が必要だったから、
首を長くして待っていただけ。

912 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 15:04:09.64 ID:JRCN2swP0
津軽弁で会話すればさすがに他国もわかるまい・・

「どさ〜?」
「ゆさ〜」

913 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 15:04:19.10 ID:8UHNFaySO
>>904
マジで?ひどい暗号ですね…

914 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 15:05:39.89 ID:q4Svg9Cs0
>>907
あと、母音と子音を別々に暗号化していたという問題もあった。
日本語の母音は5種類しかないから、入れ替えのパターンが少ないので、
どんな複雑な暗号作っても簡単に解析できてしまうww
母音と子音を区別せずに暗号化してれば、解読は難しかったはず。

915 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 15:06:01.18 ID:P56DhV8i0
そもそも、攻撃前の宣戦布告なんて必要ないから、今でもイスラエルは宣戦布告なしでシリア爆撃しまくりで、シリア側から宣戦布告だろと言われてる始末

http://www.cnn.co.jp/world/35031671.html
シリアのファイサル・メクダード外務次官はCNNの単独インタビューに応じ、今回の空爆はイスラエルによる「宣戦布告」だと非難した。

916 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 15:06:11.34 ID:q2GDqge+0
>>903
生きてたらA級戦犯で東條さん同様死刑だったろうね

917 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 15:06:22.44 ID:M3XNmZhEO
空母がいなかった。
これでわかるだろ。

918 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 15:07:15.80 ID:/9F9C91Q0
>>906
おいおい、、山本は開戦自体には反対してたんだぞ
やるなら奇襲の一撃で決めて終わらせる以外にないというだけで

919 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 15:07:19.05 ID:3uI5Ya740
>>909
それ本当なの?

920 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 15:07:28.07 ID:MbnCVO1j0
当時の世界のスパイ工作量を全体で見ないとなんとも反応できないな
日本もやってたしな

921 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 15:07:42.32 ID:mxsifYOC0
>>917
帰還するパイロットたちは、空母撃ち漏らして
お通夜状態だったとさ。

922 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 15:07:57.72 ID:Rf1D3iIm0
アメリカも知ってたろ。ただ思ったよりやられちゃったけど

923 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 15:08:16.63 ID:3isg53LH0
>>906
軍令部や海軍省が山本の反対を押し切って対米戦に突入したんだろ。
長引いたら勝てない。
最初だけは派手にやってやるから
はよ講和しろ。

真珠湾。

924 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 15:08:33.76 ID:kgIdkT9K0
つーか知ってたらどうなんだ、って話。
諜報戦で相手の攻撃目標知ったらその時点で宣戦布告必要なくなるわけじゃないだろ。

925 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 15:09:10.37 ID:4PlXT4hQ0
現在でも東京が某国のミサイル攻撃で犠牲者が多数出れば、
国民の厭戦気分は綺麗に消えてしまうよ。
首相がその情報を事前に掴んでいようがいまいが、
知らなかったふりをすればいいだけ。

926 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 15:09:18.80 ID:na487Cph0
>>892

次の大統領は、ティーパーティー運動系(サラ・ペイリン)だから。

同じ様なことになるかもね。

麻薬カルテルや不法移民が多いから、アメリカのメキシコへの介入の可能性も。

927 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 15:09:44.41 ID:B5HcqNsq0
そもそも真珠湾で開戦したわけじゃないのに
奇襲呼ばわりされる筋合いがないんだよな

928 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 15:09:52.28 ID:mxsifYOC0
>>918
>奇襲の一撃で決めて終わらせる以外にない

こんな判断ミスするようじゃ、愚将と言われても仕方ない。

929 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 15:10:51.40 ID:dyGj09cIO
開戦

930 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 15:11:11.30 ID:F1ojIfEV0
また陰謀論を馬鹿にする工作員が負けたのか

931 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 15:11:18.59 ID:q4Svg9Cs0
>>927
当時の日本の新聞が、「開戦」とか「奇襲」とか書いてるけど??
自分で奇襲と言ってるのに、「奇襲呼ばわりされる筋合いがない」は酷いよww

932 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 15:12:02.50 ID:l7gmoOLB0
知ってたのは知ってた

933 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 15:12:09.05 ID:/UUtkl5G0
茶知
怠惰革巻
髭独裁
星林

934 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 15:12:29.46 ID:+YyPDILr0
>>898
解読されていたのは外務省の暗号。陸海軍の暗号は解読されていない。
エニグマよりもずっと複雑な暗号を使っていた。ミッドウェーは平文の
MFからバレた。

ただ、海軍の暗号は座礁した潜水艦に残ってたコードブックから洩れ、
その後の改定も面倒臭がってわずかな変更だけに止めてパターンを変えなかった
ためにダダ洩れになった。正しく運用していれば暗号が洩れることはなかった。

935 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 15:12:45.80 ID:8UHNFaySO
山本五十六がワガママ言って真珠湾攻撃の指揮を取ったのが間違い

936 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 15:12:53.18 ID:3isg53LH0
山本の意図を理解していなかったのが南雲。
米国の態勢が整わないうちに叩けるだけ叩かなければならないのに
さっさと逃げてくるとは。

937 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 15:12:59.20 ID:mxsifYOC0
>>923
そうか、軍令部は真珠湾攻撃賛成してたのか?
初めて聞いたw

938 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 15:13:04.58 ID:/9F9C91Q0
>>928
半年から一年が限界と予見しての事だからな。陛下にも御前会議でそう進言している
ダバオだったかマカオだったかで賭場に出入り禁止になるほどの博打打ちでも
ひっくり返す方法がなかったレベルだとも言える

939 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 15:15:30.28 ID:l7gmoOLB0
知ってて無視ならハワイ見捨てた事になるだろ。

940 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 15:15:32.83 ID:8UHNFaySO
>>938
イカサマでもやってたんですか?

941 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 15:15:52.04 ID:mxsifYOC0
>>938
>半年から一年が限界と予見

負け戦を始めた愚将だろw

942 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 15:16:29.41 ID:VPwEgJGA0
中国的歴史観を当てはめるなら、ハワイはアメリカじゃなくてカメハメハ大王の物なので真珠湾攻撃についてアメリカにとやかく言われる理由はないよなぁ。

943 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 15:16:40.95 ID:ahJzPzn+0
>>906
まるで山本がいなければ負けなかったようだな。東南アジアにもアメリカの
植民地はあるのに、アメリカが出てこない勝利の方程式を是非聞きたいものだw

944 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 15:17:11.73 ID:8ozkhD4R0
>>1
空母が居なかったのはやっぱりそういうことか
トラトラトラなんて打ってる場合じゃねえ

945 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 15:17:35.02 ID:3uI5Ya740
>>927
英米を一枚岩と看做すならマレー作戦が開戦のポイントだが
アメリカとの開戦が真珠湾というのは間違っていないだろう。

946 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 15:17:48.01 ID:EH0JSQRw0
>>930
「陰謀論ガー」「陰謀論者ガー」と言ってる池沼の知能の低さは異常だからな
フリーメーソンリーとかイルミナティを盛り込んだだけでオカルト扱いとか傍ら痛い
両者とも実際に存在する組織だしオフィシャルサイトまで開設してるくらいなのに
要するに自分の知識の及ばない領域についてファビョってるだけ

947 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 15:18:24.59 ID:mxsifYOC0
>>943
アメリカを敵に回す必要はなかった。それだけ。

948 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 15:18:29.99 ID:d6KQoRwlO
>>904
アメリカも平文で打ってヘマやらかしていたよ。
日本重巡艦隊が壊滅した作戦と言えば?(クイズするなw)
その時アメリカは日本艦隊壊滅させたと嬉々しながら平文。
それを本命の日本軍虎の子100隻の大輸送船団の指揮旗艦宗谷が傍受成功。
輸送船やタンカーは緊急海域離脱で、1隻も失うことなく逃走成功。
他にもやらかしているから傍受はお互い様w

949 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 15:19:07.24 ID:mx9A6s8t0
>>917
空母の重要性を既にアメリカは気付いていた
それなのに奇襲が成功したと喜んだ日本はバカだったなw

950 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 15:20:05.89 ID:ahJzPzn+0
>>947
なんじゃそりゃww 山本がいなくて真珠湾攻撃しなくても油のために
南下は必須だったんだからムリだろうがよ。山本のせいでもなんでも
ねえじゃねえかよ。下らん。

951 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 15:20:46.24 ID:5wZtPQi40
>>11
それアメリカの常套手段だから
アラモ砦で孤立した守備隊が全滅して米国内の反メキシコ熱が最高潮に達した頃合いを見計らって軍隊を派遣
最後は広大な領土まで奪ってここにアメリカの正義が完成、USA!USA!

952 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 15:20:47.49 ID:wWfkGwGf0
赤穂浪士の吉良家奇襲攻撃、江戸幕府御庭番は知っていた!

953 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 15:21:04.51 ID:/9F9C91Q0
>>934
一番最悪なのは福留の持ってた書類が奪われた乙事件だよな
しかもあれ最後まで隠してたとか

>>940
逸話の一つで、俺も詳しい事は知らん。マカオじゃなくモナコだったw

>>941
いや、だからその負け戦に反対して最後の御前会議まで反対してたんだが?
ただ、やるなら司令長官としてその作戦しかないとしてただけで

954 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 15:21:34.44 ID:mxsifYOC0
>>950
>山本のせいでもなんでもねえじゃねえかよ

アホすぎw 話にならん、もうレス鬱なww

955 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 15:22:39.70 ID:ahJzPzn+0
>>954
具体的な反論もできんお前こそ話にならんな。もうレスするなww

956 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 15:22:42.17 ID:xkhwHUdZ0
真珠湾攻撃は
アメ湯だの作戦ですた

957 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 15:23:33.44 ID:+YyPDILr0
>>938
山本の役職では御前会議に出席することは出来ないけど?
海軍大臣と軍令部長だけだよね。

>>944
トラトラトラは奇襲成功の暗号だ。つまり米軍が迎撃してこなかったから
トラトラトラが打たれた。攻撃に成功した暗号じゃないよ。

958 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 15:24:12.41 ID:gytTNeea0
>>934
アメリカがMFが指す場所をあぶり出すのに、平文を使った、が正しいですね

959 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 15:25:02.42 ID:m55/wY/80
山本って、戦艦大和でガダルカナルのクラーク空軍基地を艦砲射撃したとき、鉄鋼弾を使わせたんだってな
何考えてんだろ

960 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 15:25:23.85 ID:/9F9C91Q0
>>949
どこも空母の重要性には気づいてた。ただ、米英は基本的に戦闘行動中の戦艦は
艦載機の攻撃だけでは沈まないので、戦艦を葬るには戦艦が必要だという認識だった
日本は単純に、そんな戦艦を量産できないので、ジャイアントキリング可能な魚雷を各艦に積みまくり
航空機による波状攻撃で何とかするしかない状態だった

961 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 15:25:13.67 ID:NCJl23ZC0
まったくの奇襲ならその後においてハワイの陸海軍司令官が罷免されるはずがない。
第三次近衛内閣が辞職して以降は度々ハワイに警告が発せられているし
ハル・ノート手交の翌日にもハワイの両指揮官は警報を受けている。

962 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 15:25:29.89 ID:zu9//wse0
連合軍はやっぱり知ってて放置してたよな。
こっちもうすうすそう思ってたし。
脅しておいて相手に先に殴らせて相手のせいにするのは白人の常套手段だしな。

>>3
「いや、ワシは本当に秘密のこと専門やし...」

963 :(オ) ◆n3rBZgRz6w @転載は禁止:2014/12/08(月) 15:26:02.42 ID:H2CdzSRn0
>>958
あれはコード盗んだ京都府警のいいわけです
嘘ばかりです

964 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 15:25:47.04 ID:QjAszvkS0
でも知り合いのアメリカ人に聞いたら

ハワイなんてアメリカ人は誰一人としてアメリカだと認めてないよ
東京で言えば八丈島みたいな扱いだし
だからあれは日っパワ戦争にアメリカが介入したんだよね

みたいな事言ってたけどなあ
知り合いのアメリカ人・李くん
マイケル・J・李くん

965 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 15:25:48.54 ID:BiuADoEX0
日本だって軽く返り討ちにあったフリしてお茶濁して帰ってくるつもりだったんじゃナイノーw

966 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 15:26:43.78 ID:+YyPDILr0
>>951
アラモって何なんだ?

メリケン人なら誰でも知ってることらしいが、映画見ても全然わからないんだけど。

967 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 15:26:51.60 ID:5q1ABC/e0
イギリスはアメリカを太平洋戦争に巻き込みたくて
いろいろ画策してたんだよ
日本の真珠湾攻撃はチャンスだと思ったんじゃないかな
アメリカも参加のタイミングを狙ってたのかもだけどね

968 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 15:27:11.80 ID:8UHNFaySO
でもミニッツ提督はミッドウエイで勝てたのは幸運だったんでしょ?

969 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 15:27:10.49 ID:d6KQoRwlO
>>952
討ち入りに向かう途中で浪士は、用意されていた粥を食べてから吉良邸に向かっているからねw
バレバレです。
因みに粥を振る舞った屋敷跡には、汐留の電通&日テレのビルが建っている。

970 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 15:27:24.61 ID:8ozkhD4R0
>>957
奇襲成功と攻撃成功の違いは反撃の有無?
攻撃成功の暗号は何?
つーか、相手が知ってるなら奇襲といえないから奇襲成功っておかしいよね

971 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 15:28:27.25 ID:gytTNeea0
>>957
「ト」ツゲキセヨ、「ラ」イゲキタイ

の略がトラ連送ですから、

これより奇襲攻撃(雷撃隊先行)をかける、の意ですね。成功してません。

972 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 15:29:01.04 ID:/9F9C91Q0
>>957
ご免、御前会議じゃなく近衛との会談だ

973 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 15:29:40.16 ID:xkhwHUdZ0
アメリカは建国以来大統領より
裏組織が強いので
戦争では部外者

974 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 15:30:00.70 ID:TXwIUxFl0
山本はいかに講和を結ぶかしか考えてなかった。
軍事行動ではあるが、あくまでも講和に持っていく
為の物。

975 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 15:30:22.82 ID:3uI5Ya740
>>961
それは真珠湾壊滅の責任を誰かが取らなければならなかったからだろう
実際に防衛の任に当っていた司令官が罷免されるのは論理としてわからなくもない
さらに言うとクリントン時代に二人の名誉回復のため決議が採択されたがクリントンが署名を拒否している

976 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 15:30:33.88 ID:QjAszvkS0
なら
キセキセキセ
でよくね?

977 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 15:33:22.33 ID:ZcBaJwHx0
911の時も握りつぶした説あったが、あながち嘘とはいえなくなったねぇ…

978 :(オ) ◆n3rBZgRz6w @転載は禁止:2014/12/08(月) 15:34:46.98 ID:H2CdzSRn0
パールハーバーは、3度ほどあった
一回目はハワイだ
あとは様々だが、日本電気のベクター計算機も、パールハーバーと言われた
アメリカはこの敗退のあと実質スパコンから撤退し、パソコンの組み合わせだけに逃げた

で、またクリ返しか
当時、日電刑務所といわれる府中にも居た俺が言えるのは
日本だって裏組織があって表まで仕切ってるということだ
なあテング

979 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 15:35:13.02 ID:suq0sxR+0
情報機密の弱すぎる日本

知っててスルーした米英

二重に驚いた

980 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 15:35:46.26 ID:xkhwHUdZ0
鳥だと言って無視して攻撃させた
ペンタゴンですた

981 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 15:36:46.47 ID:Ursj+Hms0
>>1
http://youtu.be/LUR7dA6IHlc

982 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 15:37:17.72 ID:wXp6hEcQ0
>>974
日本版911 つまり日米開戦のためのやらせ
アメリカ軍を世界に放つための、サードインパクト

983 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 15:37:49.22 ID:/9F9C91Q0
>>968
幸運つーか何つーか
1、日本の機動部隊は開戦からほぼ休みなしであちこち駆け回って、疲労が限界に来ていた
2、先の戦闘で下手に勝ち過ぎて、現場まで米兵など恐れるに足りないと、楽勝ムード
3、無理しなくても勝てると、開戦前の悲壮感どこへやら。緩みきった状態で、作戦を練り、索敵を行う
日本が勝てるわけがない

984 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 15:38:50.58 ID:o1LiBvFy0
まじかよ安部最悪だな。

985 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 15:40:06.57 ID:gytTNeea0
>>976
戦闘空域に入った段階で、相手の応戦体制が整ってないことを把握。
その時点で奇襲攻撃は成立しています。なのでトラ連送。

応戦してきた場合は強襲攻撃、つまり「キ」ュウコウカ爆撃隊が先行する予定でした。
この場合はトキ連送を打つ手筈でした。

986 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 15:40:27.39 ID:Mqlrqe6S0
バンコラン少佐め、謀ったな

987 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 15:40:52.64 ID:ffgGoWx1O
>>469
アメリカの長渕ズムわろす

988 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 15:41:30.60 ID:+4VdNY0P0
◎後で男はギリギリ!で良い!3作る?→次へも良いな〜 来期勝負 →→→→→→男→
○日本語要らないなら→(男or女)で回収して→次へも良いな〜   →→(男or女)→→→→
○ダイエットって重要?女で日本語抑えて男で?+a→次へ    →→→女→→男→→

989 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 15:41:46.50 ID:XuD/Rqd90
MI5っつうか日本以外皆知ってたでしょ

990 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 15:42:16.53 ID:QWjOq1zv0
ミドウエーも米側は見え見えだったんだろ

991 :風老児 ◆ZPG/GcTAlw @転載は禁止:2014/12/08(月) 15:42:45.16 ID:HrrA/9R90
まともに戦ったことのない半島南部棲息低能蛆虫民族
あるとしたら、隋に勝った高句麗くらいのものか

今日は、何だか嬉しくてたまらない「反日民族主義を国是とする南朝鮮」の汚れた血が流れている
在日蛆虫くそチョンども

992 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 15:42:50.32 ID:F6aDKK3M0
ギャラガ?

993 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 15:42:59.23 ID:NCJl23ZC0
>>975
理由はともかく
両指揮官の罷免は、「だまし討ち」と日本を非難するための補強になるどころか
米国自ら「奇襲」を否認していると取られても仕方がない行動だわな。

994 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 15:43:06.40 ID:E5mQ/fh10
あの当時、日本国内に居るアメのスパイはどれくらいいたのだろうか

ロシアでさえゾルゲなんかを派遣してきていたのだからアメが何もせんかったとは考えられん

また日本人の緩い思考を持っている奴が情報を流していたのだろうが

995 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 15:43:47.54 ID:2EKpux+y0
何年も前にNHKでやってただろこれ

996 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 15:46:00.98 ID:F6aDKK3M0
>>990
アホ艦隊が底引き網にひっかかってますがw

997 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 15:46:05.65 ID:+YyPDILr0
>>983
作戦の目的がそもそもおかしかった。空母を誘うのならアリューシャンに敵を
誘導する必要がなかったし、そのために兵力が分散して一航艦が壊滅した時
空母はアリューシャンにあるという不始末。

998 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 15:46:34.22 ID:QWjOq1zv0
>>990
ミッドウェー

999 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 15:46:42.20 ID:ZyYqFTAIO
>>975
なんで、そんなに詳しいんだ?(笑)

ちなみにハルノート満州に関してはWikipediaレベルだが「外務省(通訳も)が天皇と東條を誤解させた(騙した)」という見方だな

1000 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/08(月) 15:47:50.73 ID:8ozkhD4R0
>>990
暗号文ダダ漏れだったんだか、わざと漏らしてたんだかで全部知られてた

1001 :1001:Over 1000 Thread
このスレッドは1000を超えました。
もう書けないので、新しいスレッドを立ててくださいです。。。

265 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)