5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

天才は「生まれ」か「育ち」か 努力できるのも遺伝の影響とする研究結果★3

1 :野良ハムスター ★@転載は禁止:2014/09/23(火) 23:43:16.42 ID:???0
エジソンは「天才は1%のひらめきと99%の努力だ」と言ったが、
「努力」できること自体が天賦の才能であるらしい。

■エリート音楽家はみんな努力している

2014年6月、『Psychonomic Bulletin & Review』に掲載された新しい研究結果によれば、
「すぐれた音楽家は、その技能を獲得するために必要な長時間の練習ができるよう遺伝子にプログラム
されている」という。米ミシガン州立大学心理学教授のザック・ハンブリック氏らによって発表された。

音楽やスポーツなどの専門的技術の発達については、これまでにも「生まれ(遺伝)か育ち(環境)か」
という論争が繰り広げられてきた。最近は「遺伝と環境が相互に関連している」とする説が有力だ。
過去には、エリート音楽家は20歳になるまでに平均して約10,000時間も練習に費やし、
普通の(エリートと呼ばれる域に達しなかった)音楽家より数千時間も多いという研究結果もある。
生まれつき音楽的な才能に恵まれていても、大成するには努力が不可欠だとわかるが、
今回の研究のユニークな点は、その「努力」さえも遺伝の影響を受けていると示唆した点だ。

■自分が「努力遺伝子」を持っているかどうか気になる

調査は双生児850組を対象に実施された。行動遺伝学で「双生児法」と呼ばれるこの手法は、
100%同じ遺伝子を共有する一卵性双生児と50%の遺伝子を共有する二卵性双生児を比較するというものだ。
一卵性と二卵性では、遺伝の類似性に差異はあるが、育った環境は同じ。そこで、一卵性双生児のほうが
二卵性双生児よりも似た性質を示せば、それは遺伝の影響がより強いためと推察できる。

ハンブリック氏らは、名人級の音楽家は普通の音楽家よりもはるかに多く練習しているという調査結果を得た。
そのうえで双生児法を用い、「より多くの練習を行う傾向は遺伝の影響も受けている」という結論に至った。

今回の研究は音楽家を対象にしたものだが、もし勉強や仕事にも同じことが言えるとすれば、
自分が「努力遺伝子」を持っているかどうか気になるところだ。突出した才能がなくても、
せめて努力する遺伝子だけでも先祖から受け継がれていないものか...?
過去の自身の行動を顧みれば、すでに答えは出ているのかもしれない。

アンチエイジング医師団 取材TEAM/監修:山田秀和
近畿大学医学部 奈良病院皮膚科教授、近畿大学アンチエイジングセンター 副センター長
http://www.j-cast.com/2014/09/23216302.html?p=all

参考論文
The genetics of music accomplishment: Evidence for gene-environment correlation and interaction
DOI: 10.3758/s13423-014-0671-9
ミシガン州立大学ニュースリリース
http://msutoday.msu.edu/news/2014/rosin-up-that-bow-maestro-and-thank-your-genes/

★1の立った時間:2014/09/23(火) 12:18:27.23
前スレ http://daily.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1411459128/

2 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/23(火) 23:43:33.77 ID:500QRfRz0
【芸能】中川翔子が入手した「Free!」のジャージに非正規品疑惑 昨年「コピーを楽しむ人はバチが当たる。悪は一人残さず駆逐」と発言
http://hayabusa3.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1411465688/

3 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/23(火) 23:45:04.82 ID:fbcNVWa00
>努力できるのも遺伝の影響とする研究結果
何を今更

4 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/23(火) 23:45:18.68 ID:cfHgeAwg0
ひとつ言っておく。
貧乏だから負け組になるんじゃなくて,
「努力しないから負け組」なんだよ。
俺は貧乏だったが,一生懸命勉強して
ロースクールを卒業しハイスクールに進学し,
アメリカの国立大学を卒業したぞ!
そして現在,スイス語を勉強中。
努力しろよ!

5 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/23(火) 23:46:06.86 ID:oCRY3dyN0
天才の親って名が知られてないだけで実は天才だったりするの?

6 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/23(火) 23:48:01.24 ID:Bmji1FVI0
才能があるだろう
それだけでは無い。
環境と教育がある。

★天才として生まれたとしても、泥棒として育ったならば、泥棒の天才にしかならない。
人間としての思想が重要である、天才とキチガイは紙一重と言います。

7 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/23(火) 23:49:26.41 ID:/c768r8w0
>>6
根拠は?
あなたの思い込みでは?

8 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/23(火) 23:51:27.36 ID:1gHVEhji0
>>4 スイス語って何? ロマンシュのこと?

9 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/23(火) 23:51:38.89 ID:LhETSYfe0
先天的な部分が殆どだと思う 歴代の天才ってアスペばっかだろ 驚異的な記憶力と引き替えに人間性は駄目

10 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/23(火) 23:51:40.19 ID:x+hKg1BU0
日本の場合は
それなりの水準の大学に通えるように
受験勉強に対応できる予備校で勉強できる環境が整っていたかどうかで人生が決まります。

11 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/23(火) 23:51:42.44 ID:cbUtOefc0
脳みその出来の違いが大きいだろ

俺は劣等生で、進学校にも行ったが、6年間落ちこぼれた
毎日勉強してもマーチが関の山だった

いわゆる、授業真面目に受けてるのに成績悪いタイプだ
努力する才能は別にしてやっぱ、生まれ持った脳みその違いは大きいよ

12 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/23(火) 23:52:17.59 ID:YtSqWt7O0
>>4
お前バカだろ
中学はロースクールじゃなくてジュニアハイスクールだ
ロースクールってのは法学教育機関で、それを卒業して高校に行くという順番がおかしい
アメリカには州立大学と私立大学はあるが国立大学はない

13 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/23(火) 23:52:49.52 ID:cbUtOefc0
それどこまでがコピペだよ

14 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/23(火) 23:52:50.05 ID:vxAvCPH30
>8,12

15 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/23(火) 23:54:09.45 ID:H+8lwmO30
努力が遺伝なのはわかった。

問題をギリギリまで先送りにするか事前に処理するかが
遺伝かどうか教えてくれ。

16 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/23(火) 23:54:36.60 ID:9KzfaAYa0
スイス語がないことには突っ込まないのか?

ネタなんだよ馬鹿w

17 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/23(火) 23:55:08.64 ID:qj8FMlNx0
>>15
遺伝性の障害の場合もあるね。

18 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/23(火) 23:55:47.49 ID:YtSqWt7O0
スイス語はあるよ スイスドイツ語ともいう ドイツ人やオーストリア人には理解しにくいという点で独自の言語ともいえる

19 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/23(火) 23:56:02.21 ID:PQEDVLnm0
>>4
フランスに渡米が抜けてるぞ

20 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/23(火) 23:57:05.42 ID:oCRY3dyN0
環境が大事と言っても、ほとんどの人間は凡人なんでしょ?
凡人だらけの環境の中でも天才は育てることができるのか
天才が生まれるようなところは元々凡人とは違った環境にいるのか
どっちなの?

21 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/23(火) 23:57:35.11 ID:/c768r8w0
>>15
それって
どちらにしても2分の1だろ?

親に似てたら遺伝で良いんじゃねえの?

22 : ◆twoBORDTvw @転載は禁止:2014/09/23(火) 23:58:09.20 ID:xlrVrK7S0
スイス語:ハイジやおんじやペーターがしゃべってる言語 スイス語じゃないと
クララが立たない セバスチャンでは無理ってこと

23 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/23(火) 23:58:40.04 ID:r0fOdadm0
フランスに渡米コピペはないのか?

24 :ひとこと言わせて@転載は禁止:2014/09/23(火) 23:59:05.23 ID:FCm79+EC0
>エジソンは「天才は1%のひらめきと99%の努力だ」と言ったが、

 エジソンは「99%の努力があっても1%のひらめきがなければ無意味」
と言いたかったらしい。

25 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/23(火) 23:59:44.35 ID:Pntl1uNy0
オレ、恥ずかしながら努力がどうしてもできなかった人間で、
受験も失敗ばっかりだし、仕事でもイマイチうまくいかなかった。
でも投資で、たぶん死ぬまで働かずに楽しみながら生きていける
ぐらい稼いだ。 だから、努力できる事は素晴らしいと思うけど、
努力できなかった人でも、あきらめずに7回失敗すれば8回
挑戦してみれば、どんな人でも自分に合った方法が見つかって
生きていけると思うよ。

26 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 00:00:52.16 ID:hgtT2tDF0
>>15
処理能力と経験じゃないだろうか。
ぎりぎりで処理してきて痛い目見てなければそのままだろうし。

8/31まで宿題やらずにその日の夜にすべて仕上げるタイプが
天才肌かどうかということだな。

27 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 00:00:58.57 ID:UuNGq1wc0
才能と環境
例えば、
音楽の天才だとする、しかし音楽の教育を行わない環境で育てる。
そうすると、音楽の才能が埋もれて、凡人として生活する。

28 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 00:01:14.99 ID:Ec3xW6J10
たとえば子供は大人数のマンモス校で育つより、少人数学級で育つほうがより積極的に
課外授業に参加したり責任を持つようになる。これは個性に依らない。完全に環境でそうなる。

人間、人生なんてのは「他者性」、つまり「環境」の中で多くが培われる。
自分が「人生を選んでる」なんて大きな勘違いだ。

人生のほとんどが環境に左右されて決定されてしまう。
そのことに気づけるかどうか、がまず第一関門で、それに気づいて自分の手で「環境を変える」ことが
できるかどうかが問題になってくるだろう。そのとき「カネがあるかどうか」が大きくモノを言う。

もちろん貧乏人だからこそ、それに気づけないでいた奴が大半なのだからカネが無い。環境を選べない。
こうして社会的格差は固定されていくのだ。

こないだ本当は金持ちの家に生まれた60歳のオッサンが生まれた病院で貧乏人と取り違えられて
ひどい人生を送った話があっただろ?

金持ちの家に紛れ込んだ貧乏な奴は「幸福な人生」を送ったあれだ。
環境で人生は決まる、もっと言えば「カネで人生が決まる」これが真実なんだよ。

29 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 00:01:46.02 ID:FaBYUmIW0
天才ではないけど国立大学卒です。ちなみに両親は高卒、だけど私の教育には気を使ってくれた。
遺伝の影響ではなく、むしろ環境と本人の資質(努力)の問題。

30 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 00:02:57.99 ID:XIZTz42I0
全ては天地人じゃないのかと思う
腐れ縁もある意味そうだし殺人の被害者も加害者もそうだと言える

31 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 00:03:47.53 ID:o9Z3jGJ00
>>28
金持ちの家に取り違えられたおっさん、その一家では圧倒的に劣等生だったじゃん

32 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 00:03:49.63 ID:TJfmQCES0
>>29
だから、努力できるかどうかが遺伝で決まってるって言う話なの。

33 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 00:04:44.64 ID:/+KPe69T0
>>29
勉強はあまりしてないけどそこそこの国立大卒業したぞ
体が弱かったから高校でも夜10時には寝てた
授業だけはしっかり聞いてた

34 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 00:04:45.76 ID:9zVYtUkG0
>>29
スレの>>1すらも読めんのか?

35 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 00:06:22.05 ID:aAd4EmiPO
>>25 どこの証券会社社員だよ?

36 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 00:06:25.50 ID:4/1F4a+k0
天才と言っても何かを生み出す才能と、何かを上手にこなす才能がごちゃ混ぜになってるな
芸術も含めて技法や技術は過去の経験則の積み重ねで形になってる物だから、
素晴らしい音楽家はセオリーを身に付ける為に訓練するだろうし、時には無意識に身に付けていた事もあるだろう

37 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 00:06:56.71 ID:y4ZJFMXE0
公明・山口代表「もし消費税を上げなければ、アベノミクスは失敗したと烙印を押される事になる」  [275723402]
http://fox.2ch.net/test/read.cgi/poverty/1411479304/

【悲報】安倍ちゃん、北朝鮮に騙されていた事に気づく [448232229]
http://fox.2ch.net/test/read.cgi/poverty/1411478431/

38 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 00:07:09.92 ID:oCIOYNxg0
コネだか何だか知らんが、会社に池沼スレスレの奴がいるのよ。
ちょっと手順が複雑になるとすぐ混乱するし、言葉による表現力も低いし、
業務上必要な知識もなかなか覚えられない、というか理解できない。
そいつから見ると、俺達みんな天才なんだろうなって思う。

39 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 00:07:50.67 ID:ULbrPdfj0
>>20
不思議なんだけど、ある特定の時代の、特定の場所で
天才が集中して輩出するということはあるみたい
19世紀末のウィーンとか

40 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 00:08:20.57 ID:UuNGq1wc0
>>36

音楽家は、絶対音感が必須
芸術家は、ひらめきが必須

41 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 00:08:21.40 ID:CcA538Tj0
↓すべて2chヘッドラインご当地PRスレでの即興(どのスレかは検索してね)

えいれいの おもいはちぢに はなふぶき ふねにあそべど かわなわたりそ
すいじょうに たけかごしまの はなあかり すいんぐするこそ あるとさっくす
うしかわの くろきこーとに はなびらが うじかわはりゅうに うしかおはなし
べんがくの ふでをちゃせんに じょしこうせい べんがらちゃしつに はゆるしろきて
あんどんの あかりにこととう あたござか あねときしひは あきやはるやと
めくるめく くるめつつじの あざやかさ めくるこよみぞ おしくあるべき
ごがつなら いなしおざわの しばざくら ながのけんにも おきつしらなみ
まばたきの まもおしかるべき すずらんは さっぽろたきのの おかにさくらん
いちのせき なにをかいわで おくべきか いわてむろねの やまつつじかな
ほおずきの にんきどこまで のぼりべつ おんせんがいの えんまどうまで
まださわら ないでとしろむく ふねのうえ すいごうさわらの しょうぶこすなの
かぐらでん きりとかすめる つゆぞらも はなしょうぶには たまとうつらん
うじかわに うまれしうみうの みるゆめは うねるうしおに うかぶうたかた
ふしぎだった おれんじいろの かみふうせんの なかにだいじに しまわれていたよ
このなつも またあおうねと こげぼたる みやぎあおねは おんせんのさと
ゆかたきて みんなでいこうよ とうかえに ならはとおかえ とかいいながら
せんにんの とうろうとおるか とおりゃんせ とおりゃやまがの ぼんぞあかるき
てふちんたぁ おれのことかと とうをみれば あいちにしおの すわじんじゃかな

↑この春始めたにしては才能あるだろ?

42 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 00:08:46.84 ID:TJfmQCES0
何に興味を持つかにもよるよなぁ。
音楽に10000時間費やした人が、
政治家になるために10000時間努力できるかというと疑問。

43 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 00:08:59.12 ID:HnyYF85T0
10%の才能と20%の努力、そして30%の臆病さ
残る40%は、運だろうな

44 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 00:08:59.58 ID:KVY+FbpS0
死にかけで生まれてくると幼児期は問題児だが記憶力いいよね

45 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 00:09:17.18 ID:cF1/c14P0
努力したら天才になれるかっていうとやっぱ違うんじゃね。

才能ある人がものすごく努力したらボルトやメッシみたになれるかっていったら
やっぱなれない人がほとんどでしょ

46 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 00:10:27.22 ID:PnhW6Sf40
賢いやつは小学生から成績がいいな
後から頭が急によくなることもないし
やっぱ遺伝だな

47 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 00:11:19.22 ID:UuNGq1wc0
>>45
アフリカ人が、生まれつき運動の才能がある。 彼らを鍛えれば運動選手になる確率が高い。 

48 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 00:11:40.99 ID:Mm9PMDTt0
努力して入れるのは京大工学部までというのが定説。
東大、京大医、阪大医は生まれつきの才能がないと入れない。

49 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 00:12:09.38 ID:oCIOYNxg0
>>39
それまでと全く違った何かを時代が求めたからだろう。
黎明期のコンピュータみたいに、ちょっと才覚のある奴が参入すればすぐに成果が出せる状況。
ある程度その分野が成熟してくると、レベルが上がって初心者お断りになるか、分野自体が潰れる。

50 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 00:12:28.61 ID:UuNGq1wc0
>>46
天才がいるけど、1000分の1ほどでしょう。 他の人々は凡人。

51 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 00:13:24.65 ID:Ec3xW6J10
「制服効果」という心理学の実験は有名だね。

素人の被験者に刑務官と囚人の服をそれぞれ着せてしばらく話をさせると、
いつの間にか両方が刑務官と囚人の間柄のような話方をするようになるっていうあれだ。

「立場が人を作る」という言葉を実際に科学的に裏付けた実験と言えるだろう。
「環境が人生を決定する」という証明でもあるね。

どんな人間でもカネさえあれば人生は大きく好転するというわけだ。
もちろん、貧乏人で搾取される人生にすっかり慣れてしまっていれば違うかも知れないが。

52 :ひとこと言わせて@転載は禁止:2014/09/24(水) 00:13:52.45 ID:bbRCa6jC0
 人間は怠けるように進化してきたという説もある。ずっと
働きつづけたら死ぬもんな。
 人間だけではなく、生物は一般的にそう。ライオンから逃
れるために走り込みをするシマウマや、獲物をとるために
ダッシュの訓練をするライオンは存在しない。
 獲物を獲得したり、猛獣から逃れて生き残るには、その方が
有利なはずなのに、現実には存在しない。そんな遺伝子は残ら
ない。
 それは、余計な運動をして疲労すると免疫力が落ち、生存に
不利になるから。つまり、怠ける動物の方が生存に有利で、
その遺伝子だけが残ったから。

53 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 00:13:53.32 ID:o9Z3jGJ00
ビリギャルも、ただ勉強してないだけだしな
塾に行き尽くして、成績が上がらない奴を改めて教えて伸ばしたら指導者も威張っていいが

54 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 00:14:04.24 ID:q2ZxgZrV0
マジメな性格の親の子どもはマジメ、と言ってるに過ぎない
親から子へ受け継がれるのは、才能ではなく気質
「天才」のほとんどは、幼少時からの努力の賜物

55 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 00:14:13.04 ID:C5qHo7UP0
今更だな
努力できるのも才能って2ちゃんのこの手のスレでいつも言われてることじゃん

56 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 00:14:43.37 ID:9TyUnU6D0
天才っつーのは
生まれつき、先天性を持って何も教えない幼い頃から
世界的に見ても超人的、驚異的な実績があることだろ。
いないとは言わないが滅多にいない。
ある意味マイノリティは障碍者とも言えるだろw

体つきの問題、これは遺伝の影響は確実に大きいだろうな。
スポーツとかはそうなる。

57 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 00:15:41.43 ID:FFyo7+hT0
学歴はそのまま知能の指標にはならないよな
だって、団塊ジュニアの一番人数が多い時の18歳人口は200万人で、
今の子供の出生数は100万人
200万人と100万人で椅子取りゲームをしたら、難しさは全く違うよね
子供が減り続けるのに反比例して大学は増えてるし
団塊ジュニア世代で日大卒の人が、今受験すれば早慶くらいに受かりそう

58 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 00:16:07.55 ID:9zVYtUkG0
>>53
努力教という宗教が成り立たなくなるからダメです><
そこらの土人をキリスト教に目覚めさせるような改宗作業が通用しなくなるような話はダメです><

59 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 00:16:16.72 ID:oCIOYNxg0
>>48
そんなもん凡人と優秀者との線引き次第でいかようにでも言える。
池沼スレスレの奴なら大東亜帝国ですら一般入試で合格するのは厳しい。

60 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 00:16:18.03 ID:CcA538Tj0
SPI偏差値77だけどなにか質問ある?

61 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 00:16:39.83 ID:QvSA8+6E0
>エジソンは「天才は1%のひらめきと99%の努力だ」

まったく逆の意味に誤解されることの多い言葉だが

1%の才能がなければ99%の努力は無駄な努力だという意味

62 : ◆twoBORDTvw @転載は禁止:2014/09/24(水) 00:17:22.13 ID:AmKA/lKy0
SPI偏差値ってなに? ググるよりも質問あるとレスした以上
本人に聞かねばなるまい

63 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 00:18:07.74 ID:CcA538Tj0
>>61
インスピレーションと
パースピレーションの語呂だよ。

64 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 00:18:52.70 ID:MbUyoLyZ0
>>51

ESの映画のやつ?

65 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 00:19:34.56 ID:HBzvh5qz0
人それぞれになにがしかの潜在的な才能はある。
自分にどういう才能があるのか早く知ることが大事。

66 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 00:19:34.75 ID:6r66Scu60
育ちを重視する日本では天才が出てきにくい
結果 産業が衰退し国が弱体化する
衰退の中、経済政策という名の下に利害の組み換えが起こる
勝ち馬に乗りたいとモラルなき行動がさらに国を弱体化させる

67 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 00:19:40.01 ID:CbHtXHja0
そんなに遺伝で努力まで決まるなら、

 なんで アインシュタインの親は普通の人 なんだ?

 なんで ファインマンの親は、漁師町のしがない保険セールスマンなんだ? 

 なんで エジソンの親も普通の人なんだ?

 なんで ベートベーンの親は、ヘタクソな声楽家で飲んだくれで収入ないクズなんだ?

 なんで 帝国大出の岸信介の孫が、家庭教師3人つけても繰り上がりしかいけないナマケモノの安倍なんだ?



つまり、>>1はまったくのウソ。 

 

68 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 00:20:50.56 ID:TJfmQCES0
>>46
習熟度別の授業にすると、小学校で教える内容くらいなら誰でも理解できるようになるらしいよ。

69 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 00:21:09.28 ID:GL3rM61m0
>>61
>>1%の才能がなければ99%の努力は無駄な努力だという意味

ニュー速+では斬新な解釈をするんだな
感心した

70 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 00:21:23.84 ID:5C9Eomt8O
世の中の8割は凡人なんだから
凡人がどんなに努力しても天才には絶対なれない
なんていう当たり前の事を当たり前だと認める世の中になる訳がない。

71 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 00:22:56.04 ID:oCIOYNxg0
>>53
中学受験でそこそこの進学校に入った奴に偏差値30とか言われても全く説得力無いよな。
本当にグレてただけで、勉強のやり方も受験競争の仕組みも全部分かってるんだから。

72 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 00:23:00.02 ID:CbHtXHja0
>>70
>凡人がどんなに努力しても天才には絶対なれない

普通になれる。
江戸時代の人間や中世ヨーロッパの人間に比べれば、現代の人間なんて天才的レベルの知識や
思考能力を持ってるよw

73 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 00:23:05.24 ID:QvSA8+6E0
>>69
あんたが無知なだけだろ
あとでエジソン本人が努力の人と誤解されて憤慨してるぞ
発想の人と評価してほしいとさ

74 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 00:23:07.69 ID:U+2nJ1xz0
まあ、実際大学院とかいくと明らかに才能の差とか感じられる人いるもんな
あれは努力ではどうしようもない世界だ

75 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 00:24:06.09 ID:Ec3xW6J10
「世に伯楽あり、しかる後に千里の馬あり」と言ってな。
神童だのIQ高いのはけっこういるけどそれを上手く育てられる環境や理解者、人物が一番に重要なんだよ。
孟母三遷の教えともいうね。エジソンやヘレン・ケラーが良い例だね。

李白はとっくに気づいていて見事な詩にしているよ。中国には偉大な人間がいたな。


世に伯楽(はくらく)有り。然(しか)る後に千里の馬有り。
千里の馬は常に有れども、伯楽は常には有らず。

故(ゆえ)に名馬有りと雖(いえど)も、祇(た)だに奴隷人の手に辱められ、
槽櫪(そうれき)の間に駢死(べんし)し、千里を以(もっ)て称せられざるなり。

馬の千里なるものは、一食にあるいは粟一石を尽くす。
馬を食(やしな)ふ者はそのよく千里なるを知りて食(やしな)はざるなり。
この馬千里の能ありといえども、食(しょく)飽かざれば、力足らず、才の美外に見(あらわ)れず。

且つ常馬と等しからんと欲するも、得べからず。
安んぞ其の能く千里なるを求めんや。
之を策つに其の道を以てせず、之を食ふに尽其の材を尽くさしむる能はず

之を鳴けども其の意に通ずる能はず。 策を執つて之に臨んで曰はく、「天下に良馬無し」と。
嗚呼、其れ真に馬無きか。其れ真に馬を識らざるか。

76 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 00:24:41.79 ID:YcUinHh+0
>>67
遺伝の意味も理解できません
身長2mの奴の親は皆身長2mなのかボケ

77 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 00:24:57.37 ID:5C9Eomt8O
>>67
遺伝子は組み合わせとパターンだから。

78 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 00:25:19.50 ID:TJfmQCES0
>>72
江戸時代にタイムスリップしたら、ググれなくて何もできない気が。

79 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 00:25:41.67 ID:CbHtXHja0
>>75
エジソンは今で言うADHD と LD を両方もってて、
小学校の勉強すらまったく理解できず、
 「オマエの脳みそは腐ってる!」
と教師に言われたほどの障害。母親が「そんなこと言うなら私が教育しますから!」と
自分で教育した

80 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 00:26:01.21 ID:U+2nJ1xz0
>>70
8割どころか9割9分位は凡人だと思う

81 : ◆twoBORDTvw @転載は禁止:2014/09/24(水) 00:26:28.47 ID:AmKA/lKy0
凡人 英語だとBONGJINGだな

82 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 00:27:07.63 ID:CcA538Tj0
↓これらなんかはいいデキだろ?名の有る歌人もびっくり。

うじかわに うまれしうみうの みるゆめは うねるうしおに うかぶうたかた
ふしぎだった おれんじいろの かみふうせんの なかにだいじに しまわれていたよ

83 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 00:27:28.93 ID:GL3rM61m0
>>73
エジソンも人からは天才と見られたいわけね

84 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 00:27:42.28 ID:c9Gi2JsE0
効率よく勉強する技術、カン
記憶力は確実に遺伝する
努力できる集中力も、遺伝する

勉強が出来る家計の人間が
非常に幼稚で物知らずであるが、暗記力とそういった遺伝だけで
そこそこの学歴を得られる

85 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 00:27:57.57 ID:1TRwTq+50
『グッド ウィル ハンティング』 見た感想だけど
天才でも発揮する場所がなければ意味ないよね
脳の構造は生まれつきだと思うけど

86 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 00:28:20.29 ID:CbHtXHja0
>>76
>>77
ならば、親がどうであろうと、子がどうであろうと関係ないなw

ちなみに、アインシュタインはアスペ、エジソンはADHD&LD,
ノイマンはサヴァン症候群、
モーツアルトはダウン症

こういった人々は障害だわな。

一方、ベートベンみたいに、飲んだくれの父親に毎日夜中まで訓練を強要された
人間とか、

ファインマンみたいに、父親が子供に面白い教育方法をとっていた家庭とか、

 普通の人だけど環境で能力はっきした人たちもいる。

87 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 00:28:32.95 ID:xWgU7XnN0
>>72
残念
おそらく99%はオイラーやガウスやガロアなんかに
全く歯が立たないほど馬鹿です

88 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 00:28:33.10 ID:F1y05PRn0
>>80
愚者は経験に学び、賢者は歴史に学ぶ

尚、賢者は100億人に1人レベルの釈迦とかキリストクラス
100%凡人だろ

89 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 00:28:38.17 ID:J1L5OZAp0
うちの嫁さん、超絶貧乏だったけど、大学院まで出て、オレより稼いでるわ。
オレはしがない高卒で、専業主夫にならないかって言われてるわ。

90 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 00:29:28.45 ID:UuNGq1wc0
> なんで エジソンの親も普通の人なんだ?

エジソンの親は優秀だよ

91 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 00:29:39.17 ID:oCIOYNxg0
>>89
セックルの天才ktkr

92 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 00:30:20.92 ID:c9Gi2JsE0
でも育ちはもっと大きい
教育ってほんと大事
幼児期までに 身に着けておいた方がいい事というのはたくさんあると思う

親が教えなくても、目の前にある情報から、自らを教育出来る位の
気概をもった人物ってのもいるわけだが

93 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 00:30:40.05 ID:CZn2uvE70
>>67
遺伝をクローンと勘違いしているアホですか?

94 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 00:30:46.64 ID:NlWn1uzy0
俺の飽きっぽさは遺伝だったのか、それじゃ仕方ねぇ。
だがしかし、この遺伝子を後世に残さない選択は間違ってなかった。

95 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 00:30:48.48 ID:CbHtXHja0
>>87
逆だな。
99%はオイラーやガウスやガロアに楽勝で勝てる。
環境と教育次第。

教育ってのは別に知識の詰め込みや思考だけじゃないぞ?
メンタル的な面や”勉強の仕方”的な面も含む。

そこいらのガキだって、怪獣の名前全部覚えてるとか、
駅の名前を大量に覚えてるとか、よくいる通り、ハードウェア的には誰でも天才。

96 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 00:31:22.63 ID:xWgU7XnN0
まあでも、天才の親が天才って例はあんまり聞かんな
遺伝というより変異の方が適切なんじゃないの?

97 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 00:31:54.92 ID:vOBJnZkj0
その両方そろって、はじめて天才が生まれるんだろう

って、当たり前じゃないか

98 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 00:31:58.17 ID:0iE+02mP0
好きなことなら長時間出来るだろ

お前らは2ちゃん時間1万時間ぐらい余裕で超えてそう

99 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 00:32:03.83 ID:Fhv4yThQ0
冨樫先生は…

100 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 00:33:09.86 ID:c9Gi2JsE0
>>88
それは
バカは頭を打たねばわからないが
賢いやつは パターンから納得いくレベルまでああ〜って推測・想像できる
ってことわざやで

>>99
週刊で幽白やハンタを書いてたんだぞ
どう考えてもものすごい努力

101 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 00:34:05.88 ID:9AUG0nps0
間違いなく努力遺伝子などもっていないと断言できる
代わりに怠け遺伝子はガン積みだろうけども

102 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 00:34:14.92 ID:xWgU7XnN0
>>95
オイラーやガウスやガロアの業績知らんのか?
優秀な現代人でもまず無理だぞ
ガロアは量が少ないからぎりぎり何とかなるかもしれんが

103 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 00:35:12.86 ID:or8AiLIi0
両方必要だってことだろ

104 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 00:35:25.77 ID:y1XhZXNE0
>>100
                   _
                  / jjjj      _
                / タ       {!!! _ ヽ、
               ,/  ノ        ~ `、  \        _
               `、  `ヽ.  彡⌒ ミ , ‐'`  ノ      /  `j
     彡⌒ ミ_      \  `ヽ(´・ω・`)" .ノ/    /  /`ー'
    (´・ω・`)  ̄"⌒ヽ    `、ヽ.  ``Y"   r '     〈  `ヽ
   / ) ヽ' /    、 `、   i. 、   ¥   ノ       `、  ヽ彡⌒ ミ
  γ  --‐ '      λ. ;   `、` -‐´;`ー.イ         〉    ´・ω)    ,-、、
  f   、   ヾ    /   )    i 彡 i ミ/         / ノ    ̄⌒ヽ   「  〉
  !  ノヽ、._, '`"/  _,. '"     }    {         ノ  ' L     `ヽ./  /
  |   ̄`ー-`ヽ 〈  < _ ヽ.    /     `\      / , '    ノ\  ´  /
   !、__,,,  l ,\_,ソ ノ   /   /ヽ、  ヽ.     (     ∠_   ヽ、_, '
       〈'_,/ /   /   /  ノ    ヽ.   )     i  、      ヽ

       ま  た         髪 の 話          し て る

渾身の力作が無料で読める

フサとハゲから見た人類史

努力家の
光の戦士ハゲクレス伝説とは

波平の真の姿とは
ニュータイプスマートフサ誕生
http://wc2014.2ch.net/test/read.cgi/credit/1400734218/

105 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 00:35:33.32 ID:oCIOYNxg0
>>96
遺伝と言うと両親を足して二で割るみたいに受け止められやすいけど、
実際にはシャッフルされて相当ばらけるんだよな。
だからこそ双生児研究に意味があるわけだし。

106 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 00:35:48.49 ID:CbHtXHja0
>>94
>俺の飽きっぽさは遺伝だったのか

それはドーパミン受容体が非常に反応速いか
ドーパミン トランスポンダが異常か、
どっちかだな。

後者ならADHDだな。

ちなみに、2ちゃんなんか年中やってる奴は、”依存症”になっているので、
ドーパミン受容体全体の感度が低下している。

日常生活や、お勉強や、職務などが面白くない、飽きちゃう、そもそもやる気しない、
という人間になっているはずだな。

107 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 00:36:34.19 ID:5C9Eomt8O
>>72
「天才」と「天才的レベル」は全く別物。
わざわざ「的レベル」って付けているという事は
おまえ自身にもそれが潜在的にはわかってるんだろ。
でもそれを区別しちゃうと「誰にでも天才になれるチャンスはある」という
偽りの希望を失っちゃうから自己防衛作用で混同させてる訳さ。

冷静に考えればおまえにも努力では天才になれないとわかるはず。
「まるで天才のよう」にはなれるけどな。

108 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 00:37:11.54 ID:c9Gi2JsE0
>>100 頭を打つって言っただけで 髪の話とか
どんだけセンシティブなんだ


冨樫が幽白一話のたぬきの話かいたの
若干25歳やで
俺の25のときと だいぶ出来が違うわ

109 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 00:37:13.64 ID:2DIGNDo40
99%は凡人ってことは、のこり1%は天才ってこと?
100人に1人の割合で天才がいるか?

偏差値80(0.2%)でも優秀ぐらいの評価じゃね?

110 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 00:37:14.27 ID:GsXyxZXl0
凡人のマイクタイソンがヘビー級のボクシングで世界チャンピョンになるためにした努力

5AM 起床、約5kmのジョギング
6AM エクササイズを終え、シャワーを浴び再び寝る。
  (朝のジョギングが彼の強い脚を造った)
10AM 起きてオートミールを食べる。
12PM リングで練習(10ラウンドのスパーリング)
2PM 食事(ステーキとパスタとフルーツジュース)
3PM 再びリングで練習と、1時間エアロバイク
                 (自転車漕ぎ)
   (太い彼の脚の持久力を高めた)
5PM 筋トレ
   腹筋2,000回、ディップス500〜800回、腕立て伏せ500回
   シュラッグ30kgのバーベルで500回)、
   首のエクササイズを 10分間
7PM 夕食(ステーキとパスタとフルーツジュース)
8PM エアロバイク(自転車漕ぎ)を30分した後、TVを観て
    就寝。

111 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 00:37:24.91 ID:1TRwTq+50
努力や環境で突き進められるには限界があって
その限界を超えられるのが生まれつきの才能を持った天才

112 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 00:37:44.33 ID:U+2nJ1xz0
>>95
さすがにガウス、オイラーに現代人が発想の面で勝てるとは到底思わない
現代数学者のほうがはるかに知識は上だけど、ほとんど数学の一分野を自分で築けるとか
そのクラスは20年とか30年に一人クラスの才能は必要でしょ。

むしろ、凡人でも進んだトレーニング法で過去の偉人に敵いそうなのはスポーツとか音楽演奏だと思う
実際20世紀初頭の記録って割りと今では高校生レベルでも出ることありそうだし

113 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 00:37:51.75 ID:CbHtXHja0
>>102
>オイラーやガウスやガロアの業績知らんのか?

理系だからよく知ってるよ。
でもそんなもの屁だよ。

環境と教育次第でそんなものは「屁」になる。


>>107
>冷静に考えればおまえにも努力では天才になれないとわかるはず。

えっと、>>1は「努力で天才になれる」という主張なわけだが?w


 つまり、環境(メンタルなものも含む)を整えてやって努力するようにすれば、
 誰でも天才レベルになるってことだわな

114 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 00:38:56.56 ID:3m/f/+o20
他の精子に勝てただけで満足すべきということだ

115 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 00:39:19.49 ID:xWgU7XnN0
>>105
それでもやはり、「計画的」というより「偶然的」な感じが

116 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 00:40:13.59 ID:IJI0CaaO0
才能もっても親や学校の同級生や先輩に潰されることもある

117 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 00:40:27.42 ID:CcA538Tj0
↓これなんか「かきつばた」にしてあるんだぜ。

かぐらでん きりとかすめる つゆぞらも はなしょうぶには たまとうつらん

118 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 00:40:38.59 ID:i7tdq+/10
じゃあお前はどんな程度の実力があってその態度のでかさなんだ?
いつまで生きてやがるとっとと死ねよ

119 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 00:40:43.19 ID:+tUoeAFD0
天才=天賦の才能+本人の強い意志
モダン・ジャズの創始者チャーリー・パーカーは天才だが
彼と同じくらいの才能を持った子供は他にもいたに違いない

彼は16歳の時プロミュージシャンのジャムセッションに飛び入りして
途中で伴奏者に曲のモード (スケール、例:長調) を変えられ
演奏が目茶苦茶になって泣きながら家に帰った
それは生意気なガキをこらしめる普通のやり方だった

パーカーが他のガキと違ったのはその後で
半年間家から一歩も外に出ず
あらゆる曲を12種類のモードで吹き分けられるまで練習した

120 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 00:40:43.57 ID:xWgU7XnN0
>>113
>理系だからよく知ってるよ。
>でもそんなもの屁だよ。

ワロタw
2ちゃんの天才だな

121 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 00:41:04.09 ID:CbHtXHja0
>>112
>現代数学者のほうがはるかに知識は上だけど、ほとんど数学の一分野を自分で築けるとか
>そのクラスは20年とか30年に一人クラスの才能は必要でしょ。

昔は、今みたいに研究者がウヨウヨいるわけでもないし、
科学の蓄積が山ほどあるわけでもない。

なので、一分野を築くってのはよくあったこと

122 :熊五郎 ◆KQuXvLdrz2 @転載は禁止:2014/09/24(水) 00:42:28.75 ID:DpEapqmG0
 
「生まれ」と「育ち」を分けた時点で、天才を理解するのは無理な連中だねw

123 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 00:42:33.19 ID:c9Gi2JsE0
>>114
2億中の1位だっけ?

俺 幼稚園児位のころから、頭がいいというか強い人間になろうと思って
情報収集をしていた(赤ちゃんなりに)んだけど
みんなそういう発想ってあるものなの?
ちなみに結果はついてきてない

124 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 00:42:56.15 ID:vth/9SYa0
エピジェネティックスかもしれないとは
考えなかったのだろうか

125 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 00:43:08.86 ID:xWgU7XnN0
>>121
むしろ他に誰もいない中で、あれだけのものを築くから天才なのよ

126 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 00:43:52.81 ID:CbHtXHja0
>>119
「意志」でやる人もいるし、楽しくてしょうがないので上達する人もいる。
ベートーベンみたいに「強制」で上達する人もいるし、
アインシュタインみたいに学校の勉強もせずに好きな論文ばっか読んでるような奴もいる。

127 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 00:44:06.97 ID:k2ZoDsyI0
>>66
> 育ちを重視する日本では

冗談でしょw 海外で生活したこともないんでしょ?
ちなみに日本は全然学歴主義でもない。

128 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 00:45:20.80 ID:CbHtXHja0
>>125
>むしろ他に誰もいない中で、あれだけのものを築くから天才なのよ

科学的には逆なんだ。

それは進化の過程を見ても明らかで、「新天地」が現れて競争相手がいないときに
爆発的に進化する。

多様な生物がひしめき合ってる状況だと進化は停滞する。


経営においても、ブルーオーシャン戦略はとても有効だ

129 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 00:45:45.22 ID:wrhUbNCZ0
自閉症は、自慰依存みたいな感覚でひとり部屋にこもって何かを研究してたりする

130 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 00:45:46.98 ID:4QNLBId/0
知的障害で平仮名もほとんど読めなかった弟を漢字が読め足し算引き算ができるようにまで教育した僕から
反復とそれに費やす時間と質は重要

131 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 00:46:06.97 ID:HDQx3J4i0
天才は先天的要素が強い
しかし羨む必要はない

これは前世の努力の結果が実っただけなのだ
ゆえに天才に憧れるならば、直ちに努力を始めれば良いのである

今世実らなくても来世に咲く可能性は高いのだから

132 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 00:46:18.08 ID:nsBvvB4t0
>>113
おー、すごいな天才さん。

んで、君はなんという定理を証明したんだね?

133 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 00:46:49.62 ID:1uDUxQoV0
生まれが80%だと思うよ
20%は努力


だって、黒人の偉大な発明家なんていないだろ?

134 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 00:47:18.93 ID:c9Gi2JsE0
>>119
すごい集中力だし 意志といか欲求の強さもすごいね
なんでそんな強い欲求を抱えるに至るのかが
興味深い

135 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 00:47:25.30 ID:3m/f/+o20
「限界」を超えられるのは、やっぱり生まれつきの異常だろう

136 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 00:47:35.19 ID:TswPH+QF0
わかる奴はわかる わからない奴はわからない

人間は生まれつき、処理能力・認識能力・身体能力において 進化レベルで個体差軽く数千年
異種の動物間と言ってもいいくらいの個体差がある

脳においても 処理能力も HDD容量も スピードも 持続時間も 個体差で絶望的な差がある
とある1つの情報を ある人間は瞬時に正しく理解でき ある人間は数日かけても理解ができない
数m先にある物体1つですら ある人間は距離・大きさを正しく理解し、石つぶてをそれに当てるよう正確に動作でき
ある人間はその物体との距離だけでなく その物体の形の正しい認識すらできない

不明の事象に対して ある人間はすぐさま体を動かし適切な方向に動作し解決できる
ある人間は不明さをつぶやき貶すことはできても いつになっても事象に何も影響を及ぼせない

天才などという極の例を出すまでもなく

137 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 00:47:57.14 ID:CbHtXHja0
>>129
自閉症、アスペ、ADHD、ダウン症、サヴァン症候群、LD、等々の障害を持っていて
とてつもないことをする人はいるよね。

記憶力がものすごいとか。たとえば、上空から数分都市を見せただけで、
その都市の細かいところの絵まで全部描けるとかさ。

そういうすごい能力があったとしても、天才になるとは限らない。

138 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 00:48:01.73 ID:xWgU7XnN0
>>128
>それは進化の過程を見ても明らかで、「新天地」が現れて競争相手がいないときに
>爆発的に進化する

それが天才と言われる人なんじゃないの?

139 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 00:48:17.54 ID:jCpOoNtb0
遺伝子の因果関係が周知してきたら今まで以上に子供は生産されなくなるな
俺のくそ遺伝子なんて残したくないし、誰も欲しがらない

140 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 00:48:24.95 ID:fQMiEYYF0
凡人がいくら努力してもできないことをたいした努力もしないでやれるのが天才のイメージ

141 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 00:48:35.99 ID:EQuOShZR0
>>119
ギターだったら1ヶ月で済んだのに・・・

142 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 00:48:43.40 ID:Q/dfDyMZ0
育ちも生まれもないお前ら

143 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 00:49:03.26 ID:Qgf09svH0
オレ一卵性双生児だけど
うーん、なんというか
オレはバカだけどもう一方は割と頭いいな

144 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 00:49:33.77 ID:oCIOYNxg0
>>121
確かにオイラーだけなら確かに今のそこらの研究者でも勝負できるかもな。
今は才能を発掘するシステムもかつてないほど発達しているし。

145 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 00:49:53.19 ID:CbHtXHja0
>>133
>生まれが80%だと思うよ
>20%は努力

>だって、黒人の偉大な発明家なんていないだろ?


黒人の偉大な発明家がいないってのは、環境が99%であることを示してるよね。

実際、今の科学界には黒人の優秀な科学者が大勢いる。
では、昔は?いない。

女性についても同様。

146 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 00:49:54.65 ID:ItvhBOoa0
知ってます
障害扱いにして欲しいくらい

147 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 00:50:01.89 ID:U+2nJ1xz0
>>121
そりゃ、今よりは一分野を築くのは容易であったとは思うけどそれでも凡人にいくら英才教育を施して当時の知識水準で
最先端のものを与えたとしても到底ガウスやオイラーといった学者ほどの業績は出せないんじゃないか
現代の生徒に例えば多価関数とか見してリーマンのようにリーマン面とか思いつくかとかいうと多分相当才能がないと
無理でしょ

148 :名無しさん@0新周年@転載は禁止@転載は禁止:2014/09/24(水) 00:50:06.43 ID:icu77GC40
ダメなやつほど、環境ガーという隠れ蓑に逃げる。
便利な言葉だな。

149 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 00:50:13.93 ID:EypHLgyC0
自分のことを天才だっていう奴は例外なくカス。

150 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 00:50:18.88 ID:CcA538Tj0
「俺は天才だ」
「他人から天才だと言われたい」
「天才であることを証明したい」
「自分よりアホにはエラソーにされたくない」
なんて自分に言い聞かせながら勉強してたよ。

151 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 00:50:24.03 ID:RP65qacq0
オナニーだけは人一倍頑張れたが2分と持たないwww

152 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 00:50:27.90 ID:TEzwSNcb0
馬鹿なんじゃねーの
天才なんだから言葉の意味からして生まれだろ

153 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 00:51:05.35 ID:rafrKZcFi
>>121
才能と成果は比例しないよ。
新大陸を発見したコロンブスは探検家として一流かと言うと、話は別。

154 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 00:52:32.68 ID:c9Gi2JsE0
表現しないと死んでしまう病なのかな

個人の能力というより、内に抱えるものが大きいと
それを表現するために、走り回ることになるのかもしれない

本人が複雑で難しいことを考え出したというよりは、
内なる欲求に沿って、それが発露できるように微調整をくりかえしていたにすぎないとか

155 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 00:52:52.30 ID:CbHtXHja0
>>138
>それが天才と言われる人なんじゃないの?

違う。

ほとんど競争相手のない分野のことをやり始めると、自分がいつも「上位」になれる。
上位になると脳の報酬系が活発に働くので(平たく言うと爽快感があって活力がわく)ので、
ますますやる。

ますますやると、もっと上達する。これ。


一方、競争相手や、自分よりはるかに優れた人たちがワンサカいて、自分がいつも「下位」であって
苦々しい思いを繰り返していると脳の報酬系は働きにくく、逆に、扁桃体が働いて、「不快」「嫌だ」
「辞めたい」という気になり、停滞する。

普通の人でもこう

156 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 00:53:46.72 ID:r0JiYes00
飽きっぽさは進取の気風でもあるから
それも成功の要因だよ

157 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 00:54:01.86 ID:rafrKZcFi
>>145
いや、数学や音楽の世界では、
最近は、アジアの小国から逸材が出てきてる。

先進国の方が教育は優れているのに。
教育は、才能があるかどうかを判別してるに過ぎない。

158 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 00:54:02.00 ID:TJfmQCES0
>>113
> えっと、>>1は「努力で天才になれる」という主張なわけだが?w
違う。努力するのにも才能があると言ってるだけ。
努力したら天才になるとは言っていない。
その程度がわからなくてよく理系やってるな。

159 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 00:54:19.80 ID:oCIOYNxg0
>>138
それなりに成熟した分野で最高峰に上り詰め、
あるいは分野自体を次の段階に昇華させた者が本当の天才だと思う。
新天地で華々しい成果を挙げるだけなら、目端が利くか運が良ければ出来る。
本当の天才がパイオニア戦略を選ぶとどうなるかは、フォン・ノイマンを見ればよく分かる。

160 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 00:54:35.79 ID:AJCQ5OBMO
遺伝以上に三つ子の魂百までだな。

161 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 00:54:37.54 ID:CbHtXHja0
>>148
>ダメなやつほど、環境ガーという隠れ蓑に逃げる。

逆だろ?

ダメなやつほど 「遺伝がー」 という隠れ蓑に逃げる。

どうせ遺伝だから、ってのは都合のいいあきらめになる。

環境ってのは自分で整えることもできるんだ。ある程度の年齢ならね。
幼少期の環境を充実させたほうが能力がある人間がいっぱい出てくることは言うまでもない。

162 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 00:54:46.35 ID:+TqbYutbi
天才じゃない人が天才とは何かを語る滑稽さ

163 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 00:56:20.57 ID:iV7xgU3q0
環境も必要だよ
と僻地の田舎で神童と言われた俺が言ってみる
学校以上の教育受けられずネットも無かったから知識を得る事も
100M11秒で走る能力も自由型で泳ぐ学友を背泳ぎでぶっちぎる能力も自力でバスケのフックを身につけたのも全部無駄になってる

164 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 00:57:09.71 ID:TswPH+QF0
天才云々なんて限られたフィールドの人間以外考える必要もないよ

同じフィールドにも競争相手にも天才なんていないんだから
ちょっとばかりより努力して要領が良ければいいだけでしょう
天才の話なんて論じる必要もない

そんな話、さっさと忘れて目の前の必要なことに打ち込もうよ

>>153
優れた探検家というのは 実績を挙げた探検家だ 劣った探検家というのは 何も見いだせなかった探検家だ
全くお前は何を言っているんだ
実生活でもちゃんとまっすぐ結果を出すことを見据えなさいな

165 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 00:57:14.43 ID:3C9bBEbm0
天才ってのは洞察力がすごい
ぱっと見ただけで物事の要点を見抜く
何をやらせても一般人にくらべて上達速度が段違いに速い
表面的な知識ではなく深い理解に基づく生きた知識を身につけている

166 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 00:57:22.84 ID:c9Gi2JsE0
大人になってからじゃ
いろんな固定観念がしみついて頭かたくなってしまってるから難しい

なるべく真っ新なうちに、柔軟な知識の吸収の仕方とか
勉強のための基礎能力をみにつけさせてあげたい
っつう気がするが

167 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 00:57:22.98 ID:CbHtXHja0
>>157
>いや、数学や音楽の世界では、
>最近は、アジアの小国から逸材が出てきてる。


もし遺伝で決まるなら、なぜ以前から出てこなかったのだろう?
そう思わないかい?

もし遺伝で決まるなら、どうして中世のヨーロッパは、アジアの中国なんていうクソ国家よりも
科学が遅れてて、火薬とか羅針盤とか使われてビビったりすることになったんだろう?

なぜ、ヨーロッパの科学がルネッサンス以降に急激に発展し、それ以前では停滞していたのだろう?


 「遺伝で決まる」ってなら、ヨーロッパでは大昔から今の科学が活発に研究されてたはずだわなw

168 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 00:57:35.57 ID:ItvhBOoa0
ID:c9Gi2JsE0はネタなの?
痛くて見てられない

169 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 00:57:48.56 ID:VQcUt1pA0
>>4
>アメリカの国立大学を卒業したぞ!
アメリカには州立大学と私立大学しかない。 この嘘つき。

170 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 00:57:55.84 ID:U+2nJ1xz0
>>159
まあ、そもそも研究者として一番重要な能力って伸びる分野というか掘れば出てくる研究テーマ
を見つける能力なんだよね結局

171 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 00:58:16.72 ID:rafrKZcFi
努力しないのも才能。
そうやって、体の健康を保っている。
努力しない奴の方が健康で長生き。

努力する奴がもてはやされるのは、農耕社会にとって、都合がいいから。その人自身のためじゃない。努力してわけまえを要求しない人をおだてて使ってるだけ。

172 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 00:59:12.02 ID:Qgf09svH0
このニュースで思うことは、
「努力できるのも遺伝の影響」ってことだが
一卵性のオレからすると
そんなこともないと思うけどな

仮に「容易に努力できる遺伝子」があったとしたら
それは間違いなくオレには無い
…ということは、もう一方にも無い
だけどもう一方は高2の冬くらいから
家で毎日寝る前に2時間くらい勉強し始めて
良い大学行ったよ
そんな継続的な努力、オレにはとてもムリ

173 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 00:59:17.92 ID:TswPH+QF0
>>163
そんなことはないだろう
多少個体差が優れていたおかげで
それが認識しやすい環境で育ったおかげで
自分は優れた人間という自覚と自負を持って生きることができるアドバンテージを得ているはずだろ

優れた人間の間で育てば、俺なんてと卑屈に育っていたかもしれんぞ

174 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 00:59:30.32 ID:5C9Eomt8O
>>80
1割が平均値以上、8割が平均値、1割が平均値以下っていう意味での8割だよ。

>>86
いや、親が持つ遺伝子も影響はするよ。
ただ親と子供が同じパターンになる訳ではないという話。
あと親と子供、たった2世代だけを抽出して比較してもあまり意味ないかも。

>>113
>>1について肯定的でも否定的でも書き込みはされてるだろ?

おまえが言いたいところがいまいち不明。
おまえは凡人でも努力で天才になれると言いたいのであって
凡人が努力で天才に近づけると言いたい訳ではないのだろ?

175 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 01:00:08.78 ID:TJfmQCES0
>>167
スポーツで黒人が活躍し始めたのはいつからだと思う?
身体的能力に関して遺伝は関係すると思う?

176 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 01:01:34.95 ID:CbHtXHja0
>>172
一卵性の双生児で、外部環境にどう反応するかの興味深い実験が行われてるよね

一卵性の双生児なのに、一方は新規なことに興味ありありで、見知らぬ人とも仲良くなり
もう一方は、新しい環境を怖がり、見知らぬ人が来ると泣く。

不思議だよね

177 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 01:01:46.30 ID:CcA538Tj0
「集中力を持続させる」ことが必要だが
それには訓練がいる。

178 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 01:02:15.81 ID:GL3rM61m0
>>110
俺の一日は6AMに終わるな

179 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 01:03:08.44 ID:1SFzAJ1g0
金、コネ、親の地位、世襲。

180 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 01:03:10.10 ID:TJfmQCES0
>>167
遺伝が影響しているというのは、
遺伝で決まるというのとはちがうんだけど、わかってるかな?
理系ならわかるよね?

181 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 01:03:12.55 ID:TswPH+QF0
>>171
努力しない奴の方が それはウソ。
努力しなくても平和に生きられる奴の方が これなら本当。努力しないがため順当に苦渋を舐める人の存在を無視するなかれ。

>>172
遺伝子で「全部」決まるとは言ってないでしょう 影響があると言っているだけ
影響下のもとで、動かなかったのがお前 動いたのが一方 という解釈じゃないか

182 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 01:03:38.09 ID:NiZRPXuK0
>>40
絶対音感のある音楽家の方が少ないと思う。
普通は相対音感。

183 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 01:04:23.59 ID:c9Gi2JsE0
>>168
おまいさんは似たようなこと思ったこと全然ないの?
ネタといえばネタだが
別に思いつきでかいてるわけじゃなくて、そういうこともあるよねって話じゃn

184 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 01:04:43.75 ID:CbHtXHja0
>>180
>遺伝が影響しているというのは、
>遺伝で決まるというのとはちがうんだけど、わかってるかな?

では、 影響度が低いということでよいのかな?

仮に遺伝の影響度が大きいなら >>167 のようなことはありえない。

185 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 01:05:18.34 ID:d1JydR1GO
>>163
友人二人が公立の教師になり運動部の顧問になったんだが
片や「チーム戦術を教え勝つ喜びを教えたい」
片や「各々の才能を見出だし個人別に鍛え上げたい」
どっちが正しいのか分からんが田舎という選択肢が極端に少ない環境で
それなりの才能ある子なら後者の先生に当たりたいな

186 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 01:05:31.36 ID:CcA538Tj0
遺伝子も環境もどちらも必要。

187 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 01:05:43.56 ID:Rnv0lO0h0
両方必要で、なおかつ世間から評価される事も条件になるから
こんだけ少ないんだろうが。
能力だけなら本当はいっぱいいると思うよ。

188 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 01:06:17.98 ID:c9Gi2JsE0
いいな

189 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 01:06:26.59 ID:TJfmQCES0
>>184
もうちょっと遺伝について勉強した方がいいと思う。
理系だから、生物はとってないのかな?

190 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 01:06:37.79 ID:MOSHq7YX0
哲学をするかどうかだろ

191 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 01:06:47.88 ID:EQuOShZR0
>>172
生まれた後も変化する遺伝子があるらしいぞ
しかもそれが遺伝するらしいぞ

192 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 01:06:56.35 ID:Qgf09svH0
>>176
それ知らないけどすごく不思議だね
ウチはそこまで極端には違わないかな
でも自分の方が社交的だとか付き合いやすいとか
違う方面の複数の人たちから言われてきた
しかしその分頭は悪いw

193 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 01:07:23.74 ID:TswPH+QF0
>>187
スポーツでも学問でも上に行く奴ほど思うだろ
「能力のあるヤツなんて幾らでもいる」「努力だってみんなやってる」

194 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 01:07:24.19 ID:rafrKZcFi
>>167
あー。基本的なことが分かってないな。

えっと、文明の進歩って、天才たちの個性によって推し進められるんじゃないの。そういうストーリーをマスコミがつくってるだけ。

ほとんどは地理的条件によって、文明の進歩の度合いは決まる。
まず、農耕が発展するためには、栽培化可能な野性植物が沢山なければならない。それらは世界のどこでもあるわけでなく、世界最初は、おそらく一万年前のメソポタミア。中東ね。15世紀まで、中東が文明の中心。欧州やローマ帝国より栄えてた。

農耕社会になって、人々が組織立って、一部の人たちが、兵士、音楽家、学者、宗教家など、農作業を一日中しなくてもよい時間をもてるようになったから。

才能とか教育とかは、あんまり関係ない。

195 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 01:07:56.46 ID:oCIOYNxg0
>>145
発明家という生き方は、あの時代の欧米くらいでしかあり得なかった。
が、例えばエジソンが現代に生まれていたら、必ずや別の世界で有名になるだろう。
黒人も同じで、持てる才能を商売や宗教界で開花させる例は少なくなかったはず。

196 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 01:08:08.95 ID:7IwqjzUdi
人生は100%運。

いくら努力しても運の無いヤツは駄目。

by 秋元康

197 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 01:08:14.86 ID:BkOhGibB0
天才とは基本的にほとんどが何らかの精神障害者だよ。
それがために常人と違うことを考える、見つけるだけ。
資質が飽くなき追求、こだわりの努力を呼ぶ。
常人の秀才や神童、ギフテとはまったく別の存在だね。

198 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 01:09:11.90 ID:CbHtXHja0
>>189
>もうちょっと遺伝について勉強した方がいいと思う。

意味不明だな。勉強するべきなのはアナタでは?


科学や芸術などの天才的業績に遺伝の影響度が非常に大きいなら、
ヨーロッパではルネッサンス以降に
急に特殊な遺伝子を持った子供がワンサカ生まれてきたということになるが、

そんなことはありえないよね。進化を勉強した人ならわかるはず。


つまり、遺伝的影響は少ない。環境が非常に大きい。

199 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 01:09:23.72 ID:TswPH+QF0
>>195
ていうか、エジソンって実業家としての面の方がよほど強いよ。
発明家としての面がえらい強いのは、日本での伝記の表現のされ具合の話。
政治的に強かったから、経営者としての強かったから、えげつなかったから、のエジソン。

200 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 01:09:52.18 ID:c9Gi2JsE0
描きたくてたまらないから、描くって漫画家とかよくいるじゃん
それって、絵を描くとみんなにチヤホヤされるからとか だけじゃなくて
今の世の中にこういう表現がなさすぎるから
どうしてもそれを世間に表出したいから描くっていうのは

別に普通のこと

201 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 01:10:15.75 ID:CbHtXHja0
>>194
>農耕社会になって、人々が組織立って、一部の人たちが、
>兵士、音楽家、学者、宗教家など、農作業を一日中しなくてもよい時間をもてるようになったから。

そんなのローマ帝国時代からそうだが?

202 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 01:10:16.81 ID:Wp+8f4NJ0
努力してもダビンチにもラファエルにもミケランジェロにもなれそーにねーな

203 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 01:10:29.08 ID:Rnv0lO0h0
>>193
能力があるうえに毎日努力する奴はほんと異次元の能力を身につけてるよ。
でも世間では知られてない。そんなもんだ。

204 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 01:10:43.04 ID:Qgf09svH0
>>181
納得w
ただ、でもウチは相当「努力するという行動を起こしにくい」遺伝子なんじゃないのかなあ?
自分で自分を考えるとそうとしか思えないw
そういう遺伝環境下で努力できたもう一方は
よほどストレスを感じたんだろうかw

205 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 01:12:28.23 ID:Qgf09svH0
>>191
それほんとwww
だとしたら自分は相当ダメな方にダメな方に
遺伝形質を獲得しまくってるっぽいw

206 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 01:12:43.74 ID:ROPItZPB0
天才ってのは努力を苦痛に感じない人だよ
だから人の何倍もやり続けることができるし
そもそも努力を努力と感じていない
だって楽しいんだから遊びみたいに感じてる

207 :名無しさん@0新周年@転載は禁止@転載は禁止:2014/09/24(水) 01:12:49.03 ID:icu77GC40
>>161
そう、それ。敢えて言わなかったが、それを言いたかった。
自ら変えることができる”環境”というものを言い訳にする程、
愚かなものはないってこと。

208 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 01:13:13.56 ID:c9Gi2JsE0
そういった個人の抱える欲求が
世間一般の多くの人が思っていることとマッチするというか同じだと 
バカ売れして 天才とか呼ばれる

アート分野の天才ってこういう面があると思うよ
もちろん 見たこともないものだが とても美しいとかってのもあるけど

209 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 01:14:40.70 ID:egwubcql0
>>159
同意。
山師タイプを天才とするのは低俗な科学観だと思う。

210 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 01:14:57.14 ID:Wp+8f4NJ0
オイラーとかフォンノイマンとかガウスとかその他大勢の数学者達
彼等は何故にあんなに変態的な計算力を持っているのか
あれもやっぱ努力を努力と思わなかったんだろな。

211 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 01:15:20.34 ID:QR/bmOGL0
>>4
ロー・スクールで一番初めに学ぶ法律。
http://www.ttrinity.jp/_img/product/25/25767/1499104/design_img_f_1499104_s.png

212 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 01:15:20.69 ID:Rnv0lO0h0
>>206
でもそれをやりつづけるには
「人と違っていいんだ」と確信できる精神状態も必要なんだよな。
んで日本では大抵の場面でそれを潰す。

213 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 01:15:23.87 ID:TJfmQCES0
>>198
誰と戦ってるのか知らないけど、
環境が非常に大きな影響を与えてることは誰も否定してないと思うよ?

むしろ、君が勝手に遺伝子万能論を持ち出して叩いてるだけじゃないの?

214 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 01:15:43.39 ID:c9Gi2JsE0
まあ売れても低俗だから売れてるってのもあるけどさ
やっぱ本当の天才は ハイレベルなものを世に出せた人か

なんかさっきから自分の言ってることが中二すぎるな
冨樫で思い出したけど 団長なみに中二

215 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 01:15:48.81 ID:TswPH+QF0
>>208
欲求でやってると思うのかい

感覚で読み取ったり、調べたりした結果 世間一般に受けるニーズを把握し
意志としてこういうものをつくろうと思ったとは思わないのかい

アート分野の作品は「商品」だよ それが売れるか 売れないか
それは商売だよ 競争相手は才能も能力も、あるのが前提なんだしさ

216 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 01:16:05.83 ID:TWsLtn8Q0
>>40
カラヤンは相対音感だったそうだよ。

217 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 01:16:06.83 ID:Y9SBjl1G0
遺伝もある気がするが
母親の影響が大きそう

218 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 01:16:23.12 ID:Oi4AbIdm0
516 名前:名無しさん@恐縮です@転載は禁止[sage] 投稿日:2014/09/09(火) 22:45:00.29
テニスの決勝だからって騒ぎすぎってのは分かるわ。

白人は身体能力が劣ってんだから、どの道、選手人口や
習熟度が上がってきたら日本人で決勝に絡む選手出てくるのは「当たり前」。

サッカー、陸上、体操、フィギュア、レスリング、ボクシング、野球とか元は西欧白人のスポーツだが、
日本人のプロは大半のアメリカ人やヨーロッパ白人より活躍する。
大半の白人プレイヤーはプレミアもジュニアチームにも出れない。

将来的には黒人、アジア系が席巻して白人はパラリンピックだけに出るようになる。

219 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 01:16:56.11 ID:aFzMmzCA0
楽な方楽な方てずっと進んでいけば楽の極みたる「極楽」にたどり着けるはずなのに実際はそうはならないじゃん
何でかというと中途半端に頑張ってみようとか考えて楽な方に進み切れてないから
ダメな奴はダメなりにダメていうことに徹すれば人生は明るいし悩むことも何もないと思うんだよね

220 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 01:17:19.29 ID:CcA538Tj0
>>217
それはない。

221 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 01:17:50.48 ID:rafrKZcFi
>>201
ローマ時代より、もっとずっと前からそう。
で、中東で世界で一番最初に農耕が始まり、文明が始まった。そしてその少しのアドバンテージが、後々効いてくる。

ちなみに、ローマ帝国より、中東のパルティア帝国の方が栄えてる。欧米諸国は認めたがらないけどね。日本へは欧米学者の声は入ってくるが、中東の学者の声は無視される

222 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 01:17:55.57 ID:LVWwRMyn0
>>11みたいな人はギリギリで進学校に行くよりワンランク下げた
そこそこ頭のいい学校で上位成績を取り推薦で大学に行ったほうがよかったかもね

223 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 01:18:38.17 ID:oCIOYNxg0
>>170
それは確かにそう思う。
俺が学生だったのは2000年代前半のことだが、
人口知能はオワコン、AIBOみたいに人間の感覚を騙す方が本筋、って思ってた。
俺の目がどんなに曇っていたかは、その後の10年の進歩が全てを物語っていた。

224 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 01:18:40.83 ID:Xtv70HIP0
ある成長という適切な時期に
適切な環境を与え
適切な肥料という努力をするものが、
環境的勝者、天才になる

遺伝的天才とは
これから外れるものであるとしても
別に珍しくもなく
秀でた能力を秘め荒れ地において実を着けようとも
むしろ、適切な環境においては普通の結果にすぎない

225 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 01:18:45.97 ID:G5eU1fOw0
先天2割、後天8割くらいかと

226 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 01:18:55.18 ID:Qgf09svH0
>>219
なんか読んだらラクになった
あんた教祖になれそう

227 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 01:19:36.20 ID:tKeuFqC50
http://www28.tok2.com/home/ko/Wave4.mp3

この曲、あるミュージシャンが音楽歴1年で16歳の頃に即興で作ったものらしいが、誰だか分かる?

228 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 01:20:22.72 ID:c9Gi2JsE0
>>215
そういう人も多いと思うよ とくに漫画
それに、ニーズを把握したところで、自分がそれにまったく共感できなければ
のれないし
感性で把握してるのなら、それに入り込むまで出来なければ作品を作り出せない
結局は、自分が抱える物をもつことになる

グロイロリコン絵描く画家とかは、ウケるからやってるだけかもしれないけど
奈良美智なんかは、自分の好きなもの描いてないかな?

229 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 01:21:14.81 ID:G5eU1fOw0
>>227
チャゲ&飛鳥

230 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 01:21:38.79 ID:HHcgCbHY0
こんな話しずっと前から知ってた

231 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 01:22:09.14 ID:OyjKHIhP0
ニートのおまえらは一日中2ちゃんねるで努力型遺伝子を持っているんだよ。

その情熱を仕事に向けてみたらどうだろう?

232 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 01:22:23.25 ID:Wp+8f4NJ0
確かなのは、俺は盆栽という事くらいか

233 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 01:22:35.96 ID:CcA538Tj0
長文でしか表現できない人のレスは読まない。

234 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 01:22:41.62 ID:aFzMmzCA0
>>226
麻薬でラリってる奴らって周りで見てる人間は色々言うけど当の本人らは楽しそうだし悩みも何もなさそうじゃん
あれが良いとは言わんしああなりたくもないけどあれはあれで人の生き方の一つの形だと思う

235 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 01:23:21.75 ID:UK8g4qLW0
天才と秀才を混同している。

凡人より頭のいいのが秀才だが、秀才のうち特に優れたのが天才、ではない。
天才は秀才の延長上にあるのではない。
天才は、凡人や秀才とは異次元空間にある。
発想や発明が凡人や秀才とは次元が異なっている。
天才を特に優秀な秀才と勘違いしている人たちが、天才を論じても意味がない。
あと、天才は突然変異だ。
秀才は遺伝するので親が秀才なら子供も秀才。天才は突然変異だから、親が凡人でも天才は突然誕生する。親が天才でも子供は凡人だ。
歴史上天才と言われた学者の親が凡人で、その子供も凡人という例が多数だ。
あと、IQ、知能指数は天才を測る指数でなく、秀才を測る指数だ。それも理解しろ。
IQ150は非常に頭がいい。だが、それは秀才の頭脳。150だからと異次元発明ができるものではない。
天才はその分野だけに発揮される。数学、物理、音楽、絵画、技術、発明・・・・・。
数学の天才でも音楽は全くダメとなるのが、天才。数学の秀才は音楽も物理も工作もそこそここなす。何でも高いレベルで成し遂げるのが秀才。
凡人や秀才が論じる天才論を聞いても無駄だ。実際にいる天才の言動、発明の過程を長年見るのが、天才とは何か、が分かる。
凡人やただの秀才はあまり天才の事を研究しない方がいい。研究しても凡人や秀才には天才とは何か、など永遠に理解できない。
天才からすると、凡人は止まって見え、秀才はゆっくりと歩いている程度にしか見えない。
天才がいくら凡人に50年後の発明を教えても凡人や秀才は頭の上に???マークをつけてきょとんとしている。
天才はそういった凡人や秀才を見てただあきれているだけだ。

236 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 01:23:42.81 ID:ROPItZPB0
商売として売れるものをと造るアーティストだってそれを模索する才能なんだよ
そういう天才よ

237 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 01:24:09.79 ID:TswPH+QF0
>>228
俺もモノ作ってるけど、優れてる奴は大概客観性を備え持ってるよ
「俺がただ好きなだけ」と言葉にすればそう言ったとしても
「好き」という言葉になる前には
「誰でもやるようなのはやだ」「こんな時流に沿わないくだらないのはやだ」「こんなダサいのはやだ」
「こいつより良いのがいい」「こんなのあいつに笑われるわ」などなどといったのが入ってるよ

難しく考えずとも、商売の基本とおんなじ。
おいしいラーメンをつくろうとしたら、自分の腕も客の舌の理解も他の店への認識もないといけないのとおんなじ。

238 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 01:24:27.45 ID:EXPxBZrEO
>>215
アウトサイダーアートというのがある
一度見て欲しい
滋賀の近江八幡にNO-MAという美術館があるから
興味があったら行ってみて欲しい

239 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 01:24:46.40 ID:wgxuEj4w0
メディアの力で日本人どもをバカにするのがわれわれの役目なんですよ
じっさい日本人どもがバカになってきてるので効果的面です
この調子この調子

240 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 01:26:09.31 ID:flkWHnpTO
努力して努力して限界を超える時に掴んだ1%の直感を元にして、
更に99%の努力努力の世界? 直感の直感の世界で見当も付かないw

まぁ大抵の凡人は死ぬまで1%の直感すら得られずに人生を終えるんだろなぁw

241 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 01:27:23.00 ID:rafrKZcFi
>>198
話を整理しよう。

ここに数十人の子供が具体的に挙げられて、この中の誰か一人がノーベル物理学賞をとる、としたら、かなり高い確率で当てることができる。
市立の小学校からランダムに数十人選んだなら、まず、その中の算数トップ2のうちのどちらかにオッズ95%つけよう。

しかし、A国とB国、どちらの文明が進歩するだろうか?これは環境の違いであって、才能の差ではない。

242 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 01:27:36.84 ID:M7ytQq110
努力というか一種の異常だろ?

243 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 01:28:24.17 ID:oCIOYNxg0
あちこちでコンテストみたいのをやって、天才を幅広く発掘することは大事だと思う。
そういうシステムは器用貧乏を作る原因にもなりかねないから取り扱いには注意が要るが。

244 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 01:28:32.58 ID:c9Gi2JsE0
>>237
客観性が必要ないとは言ってない
むしろ、絶対に必要な要素じゃないの

そういや竹宮恵子はウケるからホモ描くことにしたっていってたし
確かに時流を読んでこれでイケる!って思ったから始めたんだろうけど

ぜったい隠れた自分の趣味もあるやん 引くほどすげえし
ヘルマン・ヘッセ読んで感化されたつってたし
本音と建て前ってあると思う

245 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 01:28:35.09 ID:Oi4AbIdm0
昔と違って顔・髪・歯・肌とかは
金さえありゃ楽勝に直せるようになってきたしな。

ガキの頃はパッとしなくても、整形アイドルや女優になれる時代だし、
未来じゃ容姿はあんまハンディにはならなくなってくるかも。

246 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 01:28:37.16 ID:Wp+8f4NJ0
グリコの象徴みたいになってるあのブーンみたいな恰好は、創業者の江崎さんが
なんかいいマークは無いか、と考えている時、子供たちがあの恰好をして遊んでいたのを見てキュピーンと来たらしい
1%のひらめきってこんな類なんかね

247 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 01:29:09.82 ID:CcA538Tj0
猿から見て人間は異常な猿。

248 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 01:30:27.26 ID:oqh3F0CM0
努力できるかどうかはは環境による習慣だと思ってたが
努力遺伝子ってなんだ

249 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 01:30:28.53 ID:TswPH+QF0
>>247
人間から見て猿は異常に猿。w

250 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 01:31:30.18 ID:oCIOYNxg0
>>244
> ヘルマン・ヘッセ読んで感化されたつってたし
やべえ俺も感化されちゃいそう

251 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 01:31:41.94 ID:ItvhBOoa0
>>244
もう寝たほうがいい
それと少し客観的に自分のレスを見られるようにしたほうがいい
正直怖いよ

252 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 01:31:47.69 ID:c9Gi2JsE0
奈良美智だって
ちょっとポップで、シンプルで、カワイイ入っててウケそうな絵じゃん 
でも彼はたぶん 目つきの悪いお餅顔のこども ってあたりに
一番いいたいことがあるかもしれん

やっぱ本音と建て前がある気がする
どっちが先にくるかはあまり重要じゃなくて

253 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 01:32:03.79 ID:TWsLtn8Q0
>>235
そう思う。
天才ってのは立場を変えれば危険な不良品だ。

既存のシステムや伝統やシキタリをぶち壊し、
全く新しい世界を切り開き、新しい価値観を創造する者を天才という。

そんな人間が全ての人に好意的受け入れられるわけがない。
既得権益者に取っては敵になる存在である。

254 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 01:32:14.86 ID:Qgf09svH0
>>227
だれ?
オルガンでテンポもゆったりしてて古風だけど
曲調は古風な感じに前衛的な部分が入り交じってるね

255 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 01:32:34.77 ID:egwubcql0
遺伝を必死に否定したがる人は、心が弱くて自分より上の人間を認めることができないんだよ。
やたら攻撃的だったりするでしょ。

256 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 01:32:38.62 ID:34f7A9IO0
まあ当然の結果・所詮、人間なんて遺伝子の乗り物にすぎん。
人間ってのは遺伝子に寄生した人格なんだからさw

257 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 01:33:17.41 ID:Dxxu3JrI0
>>242
異常とは何を指す言葉なのか。
平均と著しく違うと異常なのか、環境に適応できないと異常なのか。

オマエはおそらく前者を指しているのだろうが、俺は後者だと思うね。
てか、他者より有利な性質なら異常大歓迎だわw

258 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 01:33:17.87 ID:oqh3F0CM0
>>20
高IQの人でも、普通に育つと大人になるころには普通の人程度になるとあったが
IQは関係ないのだろうか

259 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 01:33:25.61 ID:Nao31OhB0
中東で世界で一番最初に農耕が始まり、文明が始まったけど、そこで止まって今は空爆されてるよね
栄枯盛衰

260 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 01:33:37.89 ID:AokZRVDK0
努力は必ず報われるっと

261 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 01:34:04.29 ID:TswPH+QF0
>>255
世には「自分より上の人間を引きずり落とそうとするくらいしか能がない人間」ってのもいるからな
攻撃的だなそういうヤツは

262 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 01:34:12.86 ID:XXdZmwgH0
天才はいる。
が、天才で無くても生きていける。
そもそも、本当の天才は凡人と絡むことは殆ど無い。

日本は天才で無くても生きていける環境にある。
平均的な知能指数さえあれば、後は環境が全て。

重要なのは親。
育てる環境。教育を与える金銭面。そして道徳観と倫理観。

日本は何だかんだで学歴社会。そして資格が重要なウエートを占める。
東大とFラン大学しかなかったら、格差広がるが、
東大とFランの間に、地方国立、私大早慶、関関同立マーチ、日東駒専産近甲龍
と幅広くカバー。
且つ、資格試験も医師弁護士と看護師宅建までの間に、
歯科医師薬剤師獣医、公認会計士不動産鑑定士税理士司法書士と幅広くカバー。

一定以上の親の元で生まれれば、確実に何とかなる社会。

263 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 01:34:58.86 ID:34f7A9IO0
これで、決定論が有力化するね。
生物学的にそうだとすれば、もうどうしようもない。

264 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 01:34:58.69 ID:MCRLfVYb0
2chのこの手のジャーナルは怠け者への言い訳与えるだけでしょw
俺が無能なのは親が悪い・社会が悪い・時代が悪い・女が悪い・・・

そういうレスが多いのを見ると、
与えられることだけ考えてる人増えすぎたなって実感するよ

265 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 01:35:17.78 ID:Wp+8f4NJ0
パルティアは対ローマで戦績はあんま良くないな
大勝した事もあったけど
その後を受けたササン朝ペルシアの方が対ローマ戦績がいい。なんたってローマ皇帝を捕虜にしたくらいだしw

266 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 01:35:34.59 ID:TswPH+QF0
>>259
めちゃくちゃ暑いと働く気にならないじゃん。もうね、それ。
先進国が緯度の高いところにしかほぼないのも間違いなくそれだろ。
あと緯度が低いととりあえず食える土地が多いし。

267 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 01:35:35.22 ID:c9Gi2JsE0
>>251
そうね まともに空気読んで返してなかったわ
熱で3日くらい寝てたのが治ったとこで 
色々準備するために 
夜中なのに起きてないといけないからイラついてんのかも

268 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 01:36:59.39 ID:wsByj9At0
国語辞典で天才の意味調べてみろよ。答えが明確に書いてあるだろ

269 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 01:37:11.92 ID:Rnv0lO0h0
>>264
与えられすぎて駄目になる人間もいると思うけどね。
喉渇いてなきゃ水のうまさなんてわからん。

270 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 01:37:16.56 ID:vIZHH3Wt0
なんとなく分かってたよ…

271 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 01:37:40.17 ID:ItvhBOoa0
>>227
誰でもないし曲でもないね

272 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 01:38:34.73 ID:Wp+8f4NJ0
天才というとなんかどっか破綻した人間を選びたくなるな
ノイマンとかゲーデルとかゴーギャンとかテスラとか

273 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 01:39:02.64 ID:CcA538Tj0
俺の詠んだ短歌に誰もコメントしてくれない。

274 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 01:40:30.52 ID:K1oBWhH10
おれ、20年間ちんこは毎日欠かさずしごいてるよ。

275 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 01:40:31.01 ID:bp1W7Eda0
まだ、努力とか言ってる時点で負けてるんだよ
本当に強い人は努力なんかしない

276 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 01:40:33.76 ID:Nao31OhB0
遺伝が全てって論調にしちゃうと、
ただでさえ無能な凡人が何の努力もせずに極潰しのニートになっちゃうか、
俺は本当は天才なんだけど努力しないだけさ(キラ とか現実逃避して土俵から降りてニートになっちゃうから
努力を推奨するしかないんだろうな
せめて黙々と働く社会の歯車くらいにはなれよと

277 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 01:40:41.02 ID:Qgf09svH0
>>268
国語辞典の表記で天才がどう書いてあるかなんて
誰も興味ないと思うよ

ここの人たちは天才と秀才はどう違うか
という一点に興味がある

278 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 01:41:13.82 ID:XXdZmwgH0
特別な能力や才能がない限り、人生は大学と資格と倫理観道徳観で決まる。

マーチ関関同立なら何とか学歴のみでオッケ。
が、日東駒専産近甲龍ならプラス資格必要。
文系なら税理士以上。理系なら薬剤師以上。

ここまでは充分努力で到達可能。

279 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 01:41:18.43 ID:MCRLfVYb0
>>269
そういう話してるんじゃないよ
文意が理解できないのに揚げ足とってレスしないで

280 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 01:41:27.56 ID:Rnv0lO0h0
>>247
猿は人間と猿の違いがよくわからんと思うよ。
猫だって飼ってると自分を人間だと思って対等な扱いを要求してくる。
正直、人間の中にもそういう差はあると思うよw

281 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 01:43:00.47 ID:Rnv0lO0h0
>>279
ああごめん、意味はわかってるけど飛躍させすぎた。

282 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 01:43:25.31 ID:K7JFNVCt0
天才って

結果を出したか出さなかったかだろ?
生まれや育ちとか、過程は関係無いわ

283 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 01:43:54.88 ID:c9Gi2JsE0
>>250
エロ下品なだけ といえばそうなんだけど
なんか高尚風だからよくわからんよな

あれでショタもいいかと思うかというと、うーん 無理

エロは刺激がつよくてあかんな
脳みそ下半身のオタのごとく、エロのために自分を無理矢理正当化しだすからな

あ、はいはい、もう寝る

284 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 01:44:47.88 ID:CcA538Tj0
「社会的影響を考えて定義すべきだ」みたいな人がいるね。

285 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 01:45:41.03 ID:Wp+8f4NJ0
オイラーは色んな証明やら式を導き出す事に根を詰め過ぎて
片目が失明し、ついには全盲になってしまった
でも全盲になっても色んな証明やら式やらを導き出した
その業績を集めた全集は17世紀から現在に至るまで未だ多すぎて整理できてないとか
彼は超人的な努力が出来た秀才なのか、それとも天才なのか

286 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 01:46:13.39 ID:TswPH+QF0
>>278
> 人生は大学と資格と倫理観道徳観で決まる。

ずいぶんつまらない人生を生き、狭い生け簀の中で生きていそうだなあ
学生ならばいざしらずだけれど・・・

287 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 01:47:02.22 ID:5C9Eomt8O
でも世の人がなぜ天才にこんなにこだわるのか
天才なんて別になりたがるようなもんでもないと思うけどな。

多数決万歳のこの世の中じゃ結局流れを握るのは凡人なんだぜ。
どんなに凄い天才がいてもそれを凡人に理解されなけりゃただの変人で終わり。
常識的に考えて凡人に理解される天才より理解されずに終わる天才の方が数多いし
社会生活のレベルなんかはかえって天才よりも凡人の方が上になりやすいよ。
凡人であるという事は実はかなりの強味なんだけどね。

288 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 01:47:05.30 ID:Qgf09svH0
>>282
まったく違うでしょ
結果が出れば天才?なんの結果?
まさか商業的結果とか言わないよね
藤子不二雄や秋元康なんてタダの凡人

289 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 01:47:39.92 ID:Rnv0lO0h0
>>286
日本の多数派の話ならそう間違って無い気がしないでもない。

290 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 01:47:49.10 ID:ItvhBOoa0
>>282
絵画にいたっては画商の都合だしな
まさにステマ

291 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 01:48:20.00 ID:VhaBqyTI0
清河八郎「京・大坂は人にへつらうばかりで意気が上がらず、東方男子の風と異なる」
幕末の大阪人って何してたん?

東京生まれ、東京育ち
【政治経済】
島津斉彬 阿部正弘 堀田正睦 鍋島閑叟 松平春嶽 伊達宗城 毛利敬親 岩瀬忠震 村垣範正 新見正興 小栗忠順
勝海舟 大久保一翁 栗本鋤雲 榎本武揚 林子平 海保青陵 長谷川平蔵 遠山景晋 遠山景元 上杉鷹山
松平定信 徳川家茂 徳川斉昭 徳川慶喜 井上清直 中村正直 吉田賢輔 中島三郎助 木村芥舟 高橋是清
【兵学剣術】
平山行蔵 大槻磐渓 藤川整斎 勝小吉 男谷信友 中西子正 寺田五右衛門 白井亨 高柳又四郎 鈴木斧八郎
伊庭秀業 長沼可笑人 千葉栄次郎 浅利義明 山岡鉄舟 高橋泥舟 中条金之助 榊原鍵吉 上田馬之助 
【勇士女傑】
伊庭八郎 森要蔵 甲賀源吾 天野新太郎 近藤勇 土方歳三 永倉新八 斎藤一 沖田総司 今井信郎 中野竹子
【学問教育】
岡田寒泉 佐藤一斎 大橋訥庵 桂川甫周 杉田玄白 前野良沢 中川淳庵 渡辺崋山 宇田川玄随 山村才助 尺振八
近藤重蔵 小野蘭山 村田春海 加藤千蔭 屋代弘賢 小山田与清 遠藤勝助 市河寛斎 奥村喜三郎 松本良順
狩谷エキ斎 菊池大麓 戸川残花 新島襄 内村鑑三 津田梅子
【文学芸術】
松浦静山 根岸鎮衛、大田南畝 山東京伝 鶴屋南北 為永春水 式亭三馬 滝沢馬琴 柳亭種彦 成島柳北 酒井抱一
安藤広重 司馬江漢 勝川春英 歌川豊国 歌川豊広 葛飾北斎 北尾重政 鍬形寫ヨ 鳥居清長 谷文晁 菊川英山
柄井川柳 松平不昧 寺門静軒 河竹黙阿弥 二葉亭四迷 幸田露伴 夏目漱石 尾崎紅葉 清原玉 浅井忠

大阪生まれ、大阪育ち
【政治経済】
内山彦次郎 兼松房次郎 岸本五兵衛
【兵学剣術】
【勇士女傑】
【学問教育】
中井竹山 大塩平八郎 高橋至時 奥野小山 今北洪川 河口慧海
【文学芸術】
上田秋成 与謝蕪村 近松徳三 西沢一鳳 村上浪六

292 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 01:48:26.87 ID:eEuS2aFk0
環境とかも大きいわな。親が音楽や芸術に理解が無かったら
子供もやっぱそうなるもん。まず小さいうちに楽器とか習わせてもらえないし。

293 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 01:48:47.68 ID:Wp+8f4NJ0
どんな人を天才、もしくは秀才と呼ぶのかで、何が天才ぽく、何が秀才ぽいか、という感覚について
人毎の傾向が見えるのかな

294 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 01:49:09.45 ID:2pltCyc90
凡人が天才を理解しようたって無駄無駄。
世界観が全く違うんだから。

295 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 01:49:19.87 ID:Nao31OhB0
みんな天才の話には食いつくんだよね
どこかで自分は天才だと信じたいんだろうな
たった一度の人生、選ばれた存在でありたいと
俺は遺伝が大きいと思うけどね
ただ、絶対音感が5歳までしか身につかないとか
可塑性が高い幼少期にどれだけ潜在能力を引き出してやれたかも大きいだろな

296 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 01:50:05.92 ID:egwubcql0
>>276
この手の研究はだいたい政治的な答えあって、それに沿って都合のいい事象の切り取りかたするよな。

297 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 01:50:29.45 ID:Dxxu3JrI0
>>288
結果が出ないと才能があったことにも気付かれないって意味だろ。
そういう意味では文明が高度になればなるほど、天才は減っていくものなのかもしれないね。

298 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 01:50:39.88 ID:Tic0ZJLWI
飽きっぽい性格じゃダメだな

299 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 01:50:57.47 ID:XDdcyexp0
>>286
ちっとも間違ってないと思うが
今は特別な能力やコネがない限り学歴で
門前払いが普通。

300 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 01:51:55.24 ID:de0FzNjnO
日本に天才はいない
凡人でもわかる

301 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 01:52:43.95 ID:eEuS2aFk0
>>295
相対音感伸ばしたほうが役に立つけどな。絶対音感なんて人間音叉にしか
ならんもん。

302 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 01:53:10.69 ID:Qgf09svH0
>>297
そういう意味でなら、もちろん分かる
国乱れて忠臣現る的な

303 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 01:53:30.48 ID:oCIOYNxg0
>>277
学問に関して言えば、天才と秀才は程度の違いに過ぎない、に一票。
そこらの高校生でも、ちょっとしたヒントを与えれば先人の発見を追体験することは出来る。
天才の独創的な発見も、その延長線上にあるはず。

304 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 01:53:39.11 ID:Xtv70HIP0
天才と秀才の違いは
同じ植物における秀でた特性をもつかどうか
だが、これらは、適切な環境で適切に育てた凡才、秀才に負ける
我々が知る歴史上の天才はその程度でとどまる
猿は猿なのだ
確かに猿から人間レベルの賢い天才が生まれるかもしれないが
それはもう天才とは言わん
神として崇められるよ

305 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 01:53:54.76 ID:CcA538Tj0
知性レベルことに同じテーマのスレがいくつもあるといいのにね。

306 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 01:54:47.05 ID:RcyC6zzp0
数字の 0を考えた人は誰?

307 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 01:54:58.64 ID:ItvhBOoa0
>>300
じゃあ世界の誰なら天才なの
ハードルあげるとほとんどいないし下げるとどいつもこいつも天才になりそう

308 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 01:55:17.63 ID:tKeuFqC50
ヘルマン・ヘッセの名が出てきたので。
凡人、才能の有る人、天才、全てを一生の中でなった稀な人。

「荒野の狼」は必読。

それと、俺が貼った曲は俺が昔即興で作った奴

309 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 01:55:41.85 ID:5w02LsAP0
194 名前:番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です[] 投稿日:2014/03/09(日) 22:15:12.63 ID:9TH0ksxM0
秀才とは「A=B」でも「B≠A」というふうに考えられる人間のこと
天才とは「A=B」ならば無関係なCとDについて「C=D」と直感的に一瞬のうちに気がつく人間のこと

195 名前:番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です[] 投稿日:2014/03/09(日) 22:17:48.44 ID:8OwSJODR0 [2/2]
>>194
関係無さそうな物に、共通点を見いだす
同じに見えるものに、違いを見いだす

科学の基本

310 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 01:55:44.84 ID:CcA538Tj0
しまった。俺のレベルのスレには俺しかいねーや。

311 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 01:55:52.12 ID:E3Sq4aRRi
努力しないのも親のせいか。
努力が嫌なら工夫しろ。それも遺伝ですか?

312 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 01:56:23.98 ID:Wp+8f4NJ0
チンギス・ハーンや曹操のような軍事的成功をおさめた人や
軍事的成功にプラス、政体の改革をしようとしたナポレンやカエサル、ティムールのようなのは天才になるんだろうかな

313 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 01:56:47.24 ID:Rnv0lO0h0
>>300
どちらかと言うと潰されてるか、見向きもされていない。
日本は能力主義じゃなくて目立った人勝ちだから
芸能人みたいなのに目が向いて本当の能力ある人なんか
表に出てこない。
いるよ。すげーのはいっぱい。

314 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 01:57:45.65 ID:ItvhBOoa0
>>301
絶対音感あって言ってるのか?
所見の楽譜歌えないし楽譜書けない
言い方はよくないが文盲みたいなもんだぞ・・・

口に出せても書けない読めない、書き残せない、読み取れない
辛いぞ

315 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 01:58:04.27 ID:zw6dmLQd0
髪の毛(ハゲ)は努力じゃどうにもならないよね。
うちの会社見てると権力のある偉い人はみんな髪がフサフサ(ズラ含む)だよ。

316 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 01:58:57.32 ID:eEuS2aFk0
>>314
4歳からピアノ習ってる。絶対音感ってメディアで騒がれてからみんな
それさえあればいいみたいに勘違いしている。

317 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 01:59:27.53 ID:Pn2awTll0
生まれと教育は密接な関係があることが多いから
遺伝を論じるに足りないだろう

318 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 02:00:08.49 ID:MGtLELf50
>>73
発想という一般的な用語で誤魔化してるけど、
人以外の何かとの接触だと言いたかったはず
分かる人には分かる

319 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 02:00:21.47 ID:Qgf09svH0
>>308
自分かよww
しかも肩書きミュージシャンとかwww

320 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 02:00:38.17 ID:Dxxu3JrI0
>>311
集中力に遺伝が関係してるって記事を見たことあるぞ。
落ち着きがないヤツは本能的に警戒心が強いヤツらしい。
野生なら優れた才能だが、現代社会では残念なことになるw

321 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 02:00:45.07 ID:6Har7ODX0
慢心、環境の違い

322 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 02:00:47.96 ID:oCIOYNxg0
>>317
双生児研究って>>1に書いてあるだろ

323 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 02:01:05.03 ID:i4+C+Ezq0
>>10

地方の高校生は現役で予備校なんて行く方が少ないだろ

324 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 02:01:25.94 ID:EypHLgyC0
絶対音感ってなんだよ。音痴でも無い限りドの音はたいていの奴は把握してるぞ。

325 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 02:01:47.49 ID:Rnv0lO0h0
そもそも天才なんてマスゴミ屋程度には理解できない世界だからw

326 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 02:02:20.85 ID:8TuHA8sI0
教育だよ

327 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 02:03:15.26 ID:qgwxzUBK0
信長・秀吉・家康・真央ちゃん・イチロー・鳥山明
愛知県は天才の産地だな

328 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 02:03:49.96 ID:CcA538Tj0
「俺が何十年のボーナスを貰っても勝てそうにない相手」のことだと思ってる人もいるね。

329 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 02:04:14.85 ID:eEuS2aFk0
>>324
十二平均律に乗っかった音が全部音階に聞こえるあれでしょ?
まあ、平均律に毒された耳とも言えるわな。
相対の反対。

330 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 02:04:23.47 ID:i4+C+Ezq0
>>39
そこまでたいそうな話じゃないけど
デザインとかの専門学校だと学年によってちゃんとプロでやってける連中が
いっぱい居たり居なかったりと偏ったりするらしい

一人すごいのが居ると周りも引っ張られて伸びたりするらしい

331 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 02:04:24.51 ID:Oi4AbIdm0
>>296
合理的じゃないから人間だしな。

厳密な意味で人文系学問に客観科学の成立は原理的に不可能だろう。
それを「成功」とか人間社会で作られた曖昧で主観に左右されるものと
関連付けてるから、俗受けのなんちゃって学問になってくる。

しかもナチス式のイカれた似非学問にかぶれた連中が
社会改革とかやろうとするから、低所得者や普通の家庭の
才能や成功者の芽が潰されることとなる。

今も自民のアホ連中に居るだろ?この手の連中が日本の国力衰退させて、偉人も潰す。

332 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 02:04:55.11 ID:Dxxu3JrI0
>>326
教育を受ける前の幼児の時点で、明らかに差があることから目をそらすな。
もちろん教育で差を縮める努力を否定するわけではない。

333 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 02:05:13.23 ID:Qgf09svH0
>>314
相対音感しかなくても
初見の楽譜は読めるし、思い浮かんだメロディを
楽譜にすることもできる

なんか勘違いしてないか?

334 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 02:05:21.62 ID:Wp+8f4NJ0
サッカーのルーニー選手の週給は5000万円だそーで
メッシとかは週給5680万円
やっぱ天才は違うぜw

335 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 02:06:15.56 ID:ItvhBOoa0
>>316
それは確かに勘違いだけど読み書きできなきゃ何もできないからな
親が気まぐれに何曲か教えてくれたけど耳で覚えて弾いたから絶対音感はつかなかった
うちのピアノは調律してなかったし、興味なかったから触らなかったし
特別な教育をしないと身に付かないと思う

相対音感は使い物にならない
それは絶対音感あっての相対だと思うよ

336 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 02:06:51.52 ID:DHYcOvIK0
努力できるのは天賦の才というのは、すごく良くわかる。

俺の父親と母親は士業の資格を持って今まで人一倍勉強してきたんだろうし、今でも本や新聞を読みまくって新しい知識を吸収している。

しかしそのDNAは、勉強が全く手につかずfラン卒に甘んじブラック企業を渡り歩いてきた無職の俺と、知的障害者2級の弟にはまったく受け継がれなかった。

337 :赤岡龍男@転載は禁止:2014/09/24(水) 02:07:32.47 ID:BGsgmQCpi
 親の野望が、高いが、芽がでないと、子供が、達成するんだよ。
 源義朝公は、強い武将だが、平清盛公の知略に、かかり、負けて、しまう。その、子供、頼朝公や義経が、最後、逆転した。
 苦労人の頼朝公に、修行三昧の義経は、次の時代の、担い手。
 その、頼朝公は、貴族になると、負ける、と、いう。父親時代からの、不信感も、あるだろうが。
 関東武士に、そうとう、都侍と、罵られた、だろうし。
 奥方が、女豪傑だから、都での、認識は、変わって、いっただろう。
 アインシュタインも、バカに、され、ニュートン力学を、越える執念を、持つ。
 優生学を、越えるのは、負けん気だと、いうことだろう。

338 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 02:07:53.19 ID:eEuS2aFk0
>>335
絶対音感なんか無くったって相対音感さえ育てばいいと思うけど。
作曲とかそういうのに重要なのは相対音感で。

339 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 02:08:20.89 ID:T1QcJhH1I
天才のほとんどは発達障害

340 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 02:08:36.38 ID:de0FzNjnO
凡人→軽自動車
秀才→フォーミュラカー
天才→UFO

341 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 02:08:47.45 ID:EhubZde90
日本人がいくら努力しても孫正義にはなれんもんな、朝鮮人は天才だよ!

342 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 02:08:57.32 ID:ItvhBOoa0
>>308
適当に指を滑らせてよく曲だとうpできるな
コードだけじゃねえか

343 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 02:08:58.46 ID:zqF1UQng0
父親・・・・・土木職人(中卒)
母親・・・・・美容院の雇われ美容員(専門卒)

長男・・・・・地元の公立高校 ⇒ 働きながら1浪して東京大学理学部 ⇒ 日本銀行
次男・・・・・地元の公立高校 ⇒ 現役で新潟大学医学部 ⇒ 医局勤め
長女・・・・・地元の公立高校 ⇒ 現役で東京大学理学部 ⇒ オラクル

俺・・・・・・・地元の公立高校 ⇒ 東京理科大学 ⇒ BCG(ボストン・コンサルティ○グ・グループ)

何故か俺だけ理科大w

全員が塾や予備校に行った経験なし。奨学金をフル活用して、尚且つ学費の為にバイトしながら大学生活。
俺は私立に入学してしまったので、バイトしまくりながら大学生活送ってた。
早朝に牛丼屋、夜は塾講師、深夜はコンビニで働いてたわ。
英語やドイツ語で書かれた専門書(1冊8万とかするw)を在学中に買ったりしてたのもあって、借りている奨学金は
卒業した時に700万円になってたけど、就職して2年で全額返済した。

両親が家族を旅行に連れて行ったことは一度もない。
近所の人とか、この両親からなんで東大生が?みたいな感じであからさまに不思議がってるw

344 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 02:10:36.95 ID:EQuOShZR0
>>336
ヒント 浮気

345 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 02:10:55.02 ID:ItvhBOoa0
>>338
絶対音感あるやつにはわかんないと思う
碁とオセロくらい違う
俺はオセロしかできない
あんたはオセロのチップをどこに置いてもいいんだよ

346 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 02:11:02.53 ID:Wp+8f4NJ0
>>343
遺伝だな

347 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 02:11:15.17 ID:DigG8cbx0
スポーツの世界では天才ナニガシとか言われるが秀才とは言わないよな
好きこそ物のなんとかっていうのは間違ってないんだな

348 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 02:12:07.76 ID:RcyC6zzp0
缶詰の 打検士

349 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 02:12:29.78 ID:flkWHnpTO
宇宙人にアイディアやヒント貰えたらなぁ

350 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 02:13:31.70 ID:Qgf09svH0
>>345
旋律をただ自分の分かりやすい調に脳内で変換すればいいだけだろ

351 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 02:13:38.27 ID:3IgvYzlL0
ある程度は遺伝で決まると思う。
人の半分の努力で2倍理解できる人と人の倍以上の努力をしても半分しか理解できない人がいるもの。
俺は後者。
予備校時代に痛感した。

352 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 02:14:41.18 ID:ItvhBOoa0
>>350
悪いけど>>254みたいなレスするやつになにも言われたくない

353 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 02:14:59.03 ID:Eo03bIJh0
突然変異みたいな傑出した異質性を必要条件の一つにしたい

354 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 02:15:15.43 ID:PgmXL4GQ0
体力と集中力は大事だよ。一見まじめそうに見えて2時間しか勉強できないのいる。
環境揃ってるけど熱意がない。いわゆる真面目系くずに多い。中学まで成績優秀、
でも8時間は勉強しないといけいない大学受験は浪人してもF蘭だった友人。
スポーツで言うインテンシティみたいのないと。夏まで部活ばっかやって、偏差値
40以下から現役一般受験でマーチ受かった友達は長友みたいなバイタリティがあった。

355 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 02:15:47.45 ID:eEuS2aFk0
>>350
なんあかさ、絶対音感絶対音感騒ぐやつの意味がわからん。
10ン年前くらいのマスゴミに毒されたんだろな。

356 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 02:16:02.54 ID:AY/CteUZ0
>エジソンは「天才は1%のひらめきと99%の努力だ」と言ったが、
「努力」できること自体が天賦の才能であるらしい。

これって日本では逆の意味で捉えられてるけど実際は
凡人が努力しても一握りの天才に勝てないと言う意味だからな

それが日本だと凡人が努力したら天才に勝てるになってる

357 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 02:16:44.12 ID:i4+C+Ezq0
まあでもすでに生まれちゃった連中が才能だ何だと言ってもしょうが無いな
どのみちもうこっからいけるところまで頑張るしかないだろ

358 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 02:18:09.91 ID:bVpSZZiI0
最近ニュースあっただろ

お金持ちの家庭に生まれたのに、
病院で取り違えられて貧乏家庭で育った男の話

貧乏遺伝子&金持ち家族で育った男 → 高学歴勝ち組
金持ち遺伝子&貧乏家庭で育った男 → トラック運転手

359 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 02:18:21.18 ID:Rnv0lO0h0
>>356
根性論では努力で全てを突破するのが美しいからな。

360 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 02:18:49.34 ID:oCIOYNxg0
>>343
両親はもともと優秀な遺伝子を持っていて、出産時の事故とかで軽い障害が出たんだろうか?

361 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 02:19:04.92 ID:Qgf09svH0
>>352
ハァ?
だってそうだろ?
知らない曲が耳に入ってきても
普通に脳内で勝手に階名に変換されるだろうが!
「勝手に階名に変換」←これが相対音感
「勝手に音名に変換」←これが絶対音感

362 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 02:20:23.20 ID:eEuS2aFk0
>>361
絶対音感はさ、音がドとかレとか勝手に言うんだよ、平均律にしたがって。
脳内変換すらしない。

363 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 02:20:44.70 ID:XDdcyexp0
>>358
環境で特別高学歴にはなれないけど最低限困らない学歴にはなるよ。

中にはエスカレーターの安倍とか徳田みたいな例外もいるけど思う

364 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 02:20:51.54 ID:b+ivAfOO0
努力できるかどうかも才能だから努力すればーなんて頓珍漢な慰めはやめてよね

365 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 02:21:00.13 ID:ItvhBOoa0
>>355
後から身につくなら騒がんわ
読み書きは後からでもできるだろうけどね
実際に全員が絶対音感がある環境で
俺だけ一切無しである前提で過ごさなきゃならなかったことがあるんだよ
すげー辛かったわ

366 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 02:21:40.94 ID:PgmXL4GQ0
才能なんて普通は必要ないよ。50M5秒後半出せたら早いし一般人からすれば
すげーってなるけど、プロになれないレベルならアスリート以外役に立たない。
50M5秒台出せるコンビニ店員とかそんなのは普通にいるけど、才能の無駄遣い。
生きてくのに必要なのは要領と運多少の努力。

367 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 02:21:42.15 ID:R1ZGzkqF0
天才が恵まれた環境で育った場合に限り凄まじい才能を発揮する

これが真理

368 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 02:22:30.14 ID:Wp+8f4NJ0
努力しても身に付かないものってのは確かにあるな
まあそれを知るには、取りあえず努力してみるしかないんだけどw

369 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 02:22:35.63 ID:de0FzNjnO
床にぶちまけた米の数を一瞬でわかる奴は天才

370 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 02:22:41.96 ID:Xtv70HIP0
学校でおいていかれた記憶がある人は
もう一度戻って見直してみるといいよ
ある程度年齢がいってるなら、
その躓きが何であったのか、今なら客観的に見られるだろう
悲しいかな、人は成長はするが、
その速度は1学年で吸収できる範囲には収まらないし
個々の科目によっても成長は異なる
そして学生時代できるやつは
ちょっとばかし成長が早いにすぎない

371 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 02:23:01.79 ID:zNQCGmd6O
そだち、育て方と普段の会話だよ
金持ち貧乏関係なし
才能の伸ばし方や可能性への開花には金持ち有利かな。

天才は育て方と育ててくれた人との会話としがらみで決まるんだよ。

しかし、天才の遺伝はないが、バカの遺伝はあるんだな。
よく覚えておけ。

372 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 02:23:06.33 ID:eEuS2aFk0
>>365
絶対音感が全能とか思ってない?あれはあれでめんどうなこともあるからな。
他人を羨むばかりの人生の方がダメだと思うんだが。

373 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 02:23:14.64 ID:zw6dmLQd0
>>354
デスクワーク用の体力と集中力って運動用のそれとは別だろうな。
机に向かうことに慣れてないと消耗するし、継続できないよね。

374 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 02:23:38.17 ID:ItvhBOoa0
>>361
英会話がいったん脳内で日本語に変換されるより直接意味が伝わったほうがいいだろ

375 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 02:24:10.38 ID:ulozHpd50
天才がさらに訓練するからスーパーになるんだろ
天才でも努力しなかったら普通よりちょっと凄い人で終わりそう

376 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 02:24:32.70 ID:R1ZGzkqF0
障害者をいくら訓練しても天才にはなれない

これが真理

377 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 02:25:14.84 ID:rDT8xDDb0
オレは天才だ〜〜〜!

378 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 02:25:16.42 ID:oCIOYNxg0
>>358
貧乏遺伝子&金持ち家族で育った男 → ゴミ私大出の嫌われ者
金持ち遺伝子&貧乏家庭で育った男 → 働きながら夜学を出て一家を養う

379 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 02:25:29.88 ID:Rnv0lO0h0
>>375
コレダナ

380 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 02:26:25.19 ID:Wp+8f4NJ0
>>377
アミバ様乙

381 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 02:27:13.12 ID:Rnv0lO0h0
>>375
あと後者は単なる変人で終わる可能性も高いだろうな。日本では。

382 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 02:27:51.46 ID:+PWS7IeG0
>>362

日本はドレミファソラシドが邪魔をする。
楽譜の多くは、C D E F G E B、1 3 5 7 11 13 15 17
ドレミを覚えて楽器に適用すると紐付ける事が増えて意味が不明になる。

努力式ならば相対音感でも問題ないだろう。
天才である絶対音感はそれはそれでアドリブとか難しそうな?

383 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 02:27:55.21 ID:ItvhBOoa0
>>372
勘違いしてるのはあんただと思うぞ
便利だとは思うけど全能なんて言ってない
そこから先は別の話だから

ただそれだけで見たら1か0なんだから1のほうがいいに決まってるじゃん
なんで音楽の才能全てを語ってると思われなきゃならないんだ
少しそういう傲慢な意識があるのではないだろーか?

384 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 02:28:29.81 ID:Qgf09svH0
>>374
そのたとえはおかしくないか?
てかおまえのその状況ってどんな状況だよ?
音大行ったってそんな状況には
ほとんど出会わないだろうに

385 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 02:28:40.20 ID:XT8EZGuD0
努力が出来る「環境」が全て。

386 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 02:29:02.43 ID:zVoNm+6q0
才能もない奴は努力しても無駄だと言ったのにやっぱり間違って伝わってるんだな
傲慢で手段を選ばない池沼としか言いようがなかったエジソンがんな意味で言うかよw

387 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 02:29:35.76 ID:rDT8xDDb0
エジソンよりニコラテスラのほうが天才だった

388 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 02:30:25.00 ID:tKeuFqC50
最後に聞こう、天才、それ大抵の天才が大成しない事を見る限り不幸であることに異論はある?

389 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 02:30:53.65 ID:de0FzNjnO
一度しか見たことない景色を写真のように正確に描ける黒人の子供がいたな
エルメスかどこかのデザイナーにスカウトされてたような
あと何万年先だろうと問われた月日の曜日を一瞬で言える白人
どちらも一人じゃ社会生活できないような知障だったけど

390 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 02:31:44.60 ID:zVoNm+6q0
>>387
電流戦争かw
電気椅子のエピソードは下衆過ぎてさすがに何と言うか
電気ショック与えても結局死刑囚は死なず最後は電気で焼き殺したって辺りはさすがに何と言うか

391 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 02:31:49.57 ID:rDT8xDDb0
>>388
天才はたいてい迫害されるからな。無理解で偏屈な凡人に数の論理でやられる。

392 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 02:32:01.79 ID:Wp+8f4NJ0
つか天才ってなんか最後は世間に受け入れられずに孤独な人生を歩む・・・っていうテンプレがあるような気がする
業績順調、家庭円満で子孫に恵まれ、ベッドの上で死ぬ天才が居てもいいじゃないかw

393 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 02:32:40.44 ID:ItvhBOoa0
>>382
なるほど

>>384
楽譜にコンプレックスがあるんだ
メリットもあるみたいだしもっと努力するよ

394 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 02:33:20.29 ID:xWgU7XnN0
>>356
欧米風の考えで「努力」も才能に落とし込んじゃったら
本人にはどうしようもないという、身も蓋も無い話になる一方で
努力できないことを「甘え」とは言わない利点があるな

日本風の考えでは、誰でも「努力」はできるから
努力できないのは「甘え」という、厳しい話になる一方で
必死に頑張れば天才になれるという、夢を見ることができる利点があるな
過労死やブラックの温床になる考えの気がしないでもないが…

395 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 02:33:26.74 ID:rDT8xDDb0
>>392
そんな人生の天才はなかなかいないなw

396 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 02:33:40.43 ID:lxjRYYhe0
>>385
まあ、遊べる環境なら遊ぶわな

397 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 02:34:25.34 ID:eEuS2aFk0
>>382
絶対音感ばかりあって相対音感があんま伸びなかった人とかは、カラオケの
キーコントロール、移調に苦労するってさ。酷い人は楽譜に起こさないと移調
できないとか。音楽ってのはさ、複数の音の組み合わせだから、音の前後関係
なんかの相対的関わりとか全体を見れたほうが良いから相対音感があるかどうか
のが重要だわな。

>>383
だったら絶対音感絶対音感言わなけりゃいいじゃん。そればっかり言ってるから
勘違いされるんだよ。騒いで今からつくなら騒げばいいけど、騒いだって現状と
同じでしょ?じゃあそんな無駄なことしてる間に自分の特性を伸ばす方向に
持っていけばいいじゃんか。

398 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 02:34:56.29 ID:Xtv70HIP0
>>388
他人の幸せはどうでもいいことさ
月を見て酒がのめれば自分は幸せさな

399 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 02:36:30.90 ID:rDT8xDDb0
努力する能力すら天性のものだとすれば

天才とは完全に遺伝の問題だな

400 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 02:37:07.58 ID:zVoNm+6q0
>>394
そーいやどこやらの政党は「自己責任」を「努力」に置き換えて事あるごとに努力努力と言ってたのにいつの間にか使わなくなったな
努力こそが一番才能が要求されるもんなあ

401 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 02:37:15.68 ID:Ahin2BJj0
>>395
創作系の天才は人格破綻してて苛烈なエピソードある人多いな
研究分野の天才は…まともな人生全うした人は多そう。

402 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 02:37:52.01 ID:I2g5Jwbl0
>>388
大成しても気づかなくて良いことまで気づいてしまうから
気づかないよりかは不幸かと

403 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 02:37:53.40 ID:5w02LsAP0
例えば学歴はそこそこでも糖質気味の親父と体が弱い母親を持つと大変
体が弱いので集中力が続かない。それで苛められても糖質遺伝子のせいでポジティブになれない
身体面、精神面、両方で弱い形質を遺伝で受け継ぐと、親が東大卒でも子供はBランで終わってしまうことが多い
勉強は所詮は環境と努力だから、知能的な要素も大きいが、最終的にどれだけ身体・精神的にいい土台があるかが勝負
たまに中卒や高卒の両親から東大や医学部が排出するのは、両親が身体面で強く、精神的にタフだから
その形質がある限り良い環境に落とし込めば子供は自分で伸びていく

404 :赤岡龍男@転載は禁止:2014/09/24(水) 02:37:56.84 ID:BGsgmQCpi
 体験理解が財産。東京大学院卒のエリートサラリーマンが、僕に、いった。
 子供の頃、悲惨な体験が、きっかけで、勉強しはじめた。
 学歴に、限らず、才能ある人は、子供の頃、悲惨だったり。
他の人と、違い、寂しい。他の子供と、同じ事、できないとか。
 大体、漫画週刊誌を、買えない家庭の子供や、その頃の同級生の話題に、混じれないとかの、体験が、ある。
 そして、譲らないものを、やり続けていたら、大抵、天才型。
 ただ、どんなことでも、やり続けているものが、離れない。成功している人ばかりとは、限らない。
 日本社会ぐらいなら、平凡な子供の方が、行ける。成功するとは、限らない世界。生活が、違う。だから、脳が、違う。画家のゴッホの絵は、天才の仕事だが、死後、評価された。
 

405 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 02:38:23.06 ID:ItvhBOoa0
>>397
ちなみに絶対音感があった場合、何長調とか短調とか数小節きくだけでわかるの?

406 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 02:38:31.84 ID:EhubZde90
>>388
自称天才は、たいてい自己愛性人格障害の凡人以下だから。

407 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 02:38:51.43 ID:Rnv0lO0h0
>>394
結果的に日本の場合は無理をして平均値を上げているので、
国民全体の底上げには寄与してるが、
全部根性で解決するので非効率できつい人生が死ぬまで続くっていうw

408 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 02:39:09.25 ID:+PWS7IeG0
全盲の日本人ピアニストのような能力はほしいな。
あれは絶対音感とか相対音感とかそいうのを超越してる気がする。
TVを見ていたら努力はしたようだけどね。

チンコがないとオッパイがでるようなものかな?
諦めろ?(笑)

409 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 02:39:26.47 ID:oVJZ34xt0
思考に気をつけなさい、それはいつか言葉になるから。
言葉に気をつけなさい、それはいつか行動になるから。
行動に気をつけなさい、それはいつか習慣になるから。
習慣に気をつけなさい、それはいつか性格になるから。
性格に気をつけなさい、それはいつか運命になるから。

- マザー・テレサ

しかし思考に気を付けようという思考そのものはあなたの努力によっては
なんとしても獲得できない。この圧倒的事実を前にして人に自由意志など
無く、結果的に努力という概念すら無いという驚愕の真実に至るのである。

410 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 02:40:25.89 ID:eEuS2aFk0
>>405
そら音楽習ってるから分かるわな。

411 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 02:41:07.96 ID:8K2k1ETz0
才能だよ才能で95%は決まる
才能の無いものがもがいてもどうにもならない
オマエラが努力してもオリンピック選手にはなれない

412 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 02:41:41.46 ID:s9uRdO8N0
IQ210の俺は、努力した覚えは、無いな。授業中居眠りしないように努力してただけ。

413 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 02:42:11.03 ID:Eo03bIJh0
>>395
空海はどうだろう。
最愛の弟子が早逝したりしてるが。
カエサルも惜しかったが、養子が完璧にやってくれた。

414 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 02:42:20.40 ID:USu0dW1w0
さだまさしはパイオリニストにばれなかったが作曲家・歌手になった
その息子は一応バイオリニストにはなったが(実力は?)
作曲・歌はやってない

415 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 02:42:58.79 ID:rU8tGPkC0
天賦の才能の持ち主でも怠けるとこうなるってのが
プロ入り以降の清原を見てるとよくわかるな
落合も言ってたが同じ天才でもイチローと清原は本当に真逆だな

416 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 02:43:28.87 ID:AQGsD72P0
運が悪いとDQN家庭に生まれたりして努力もさせてもらえずに終わるから運のよさだな

417 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 02:43:33.62 ID:rDT8xDDb0
>>411
残り5%は才能がなくても勝てるのか?w

418 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 02:44:10.30 ID:wICRVIh90
どっかに向かって歩いてることを「努力」と言うだろう
しかし、目標の方向を精密に分かって、そこに向かい歩いてるんと
とにかく歩いてりゃ、いつかは成功という場所に着くだろうとは
同じ努力に見えても全く違うもの
天才は成功への精度を高めるための練習=努力してるだけ
そうでない無闇矢鱈の動きを努力というのは完全に間違い

419 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 02:46:26.63 ID:XT8EZGuD0
>>396
管理された状態で「遊ぶ」なら、それはOK
ただ、闇雲にTVを見たりしたら、それはダラダラしているのと同じ。

要するに、子供に「時間」という概念を小さい時から教え込む。
そうすると秀才に簡単になれる。

天才は、やはり、興味しかない。
メシも食わず、興味あることに集中できる「環境」と、途絶えない気持ちが大切ってところか

420 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 02:46:49.86 ID:de0FzNjnO
ただの能無しニートがアーティストを名乗る平和な時代
俺は天才なのに認められないのはおかしい→社会が悪い→世の中の人間が憎い→無差別殺人
 
お前ら気をつけてw

421 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 02:47:51.36 ID:zAALYbf70
努力っつーか、集中度みたいな奴はあるかのかもしれんな
没頭してずーっと何かやっとるみたいな感じ

422 :暴言ダン吉 ◆b1Lnv0uqMg @転載は禁止:2014/09/24(水) 02:48:55.72 ID:xnzLxNVlO
(´・ω・`)y-~~ ジミヘンは新しいエフェクトを入手すると、それこそ日がな一日スタジオに籠もって音の可能性を追求していた。

凡人には努力に見えても、天才には違う何かなのかもしれないぞ☆

423 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 02:49:16.59 ID:+PWS7IeG0
>>419
時間という概念等に縛られて社会の餌食にされていた自身に気づいたら人生崩壊だ。
秀才タイプは芸の一つでも覚えつつ今の事を努力しよう。芸は身を助く。

424 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 02:49:23.33 ID:6Mn5bk5J0
才能なんてどうでもいい。
重要なのは結果であってプロセスではない。

425 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 02:49:55.03 ID:rDT8xDDb0
最高成績を残したものが天才だとは思わない

ウサイン・ボルトは人類最速だが、凄いとは思っても天才だとは思わないな。

426 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 02:50:00.89 ID:VfEaZ6uN0
インブリードとニックスを
うまく組み合わせて
安定Cを混ぜて気長に繰り返す

427 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 02:50:46.04 ID:KHYiU4BS0
生きる望みがまたひとつ消えた

さあ、首をくくる用意だ

428 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 02:51:15.06 ID:USu0dW1w0
体育以外の全科目が理解できてそこそこやれるのだが
興味が分散して物になるものがなかった
ある程度できるようになると飽きて別の物に
興味が移る

429 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 02:51:41.40 ID:XT8EZGuD0
>>423
時間は大切だぞ
5年後の自分、10年後の自分を具体的に描けるかどうか、で
その人が決まる。

そうすると、時間をカネで買えるという発想にもなる。
未来の自分に向かって、今、どうするか、
のほほんとTVを見ている人とそうでない人との差が生まれる。

430 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 02:51:51.62 ID:rDT8xDDb0
>>428
よっ!ダヴィンチ!

431 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 02:54:21.48 ID:phxTR/ndO
少なくとも創価やってるようなやつに天才はいない

432 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 02:55:29.16 ID:6Mn5bk5J0
>>428
割りとみんなそうだよ。
その上でどの水準に達しているかって話さ。
それで凡人の偏差値ご60くらい。
すごい奴はそれで医学部行くけど。

433 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 02:55:30.99 ID:eEuS2aFk0
>>431
ある意味で才能無いから層化枠で売れようとしているやつには無いわな。

434 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 02:55:45.48 ID:At48sb7r0
遺伝子いじれるようになったらみんな天災になれる

435 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 02:56:29.66 ID:+PWS7IeG0
>>434 遺伝子いじれるようになったらみんな「天災」になれる
それは天災というより人災だな。

436 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 02:57:02.41 ID:EhubZde90
>>429
今、どうするかの答えが2chのおまえに説教されたくないわ

437 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 02:57:24.16 ID:upgux5x50
「俺は悪くないんだ。親から引き継いだ遺伝子の問題。つまり、親が悪い。」

438 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 02:57:37.28 ID:USu0dW1w0
仏教追求すると禅宗なんだが
最近京大くずれの坊主が増えたので
左翼がかってるのが気になるな

439 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 02:58:18.56 ID:GqHmhdUo0
熱しにくく冷めやすい性格も
遺伝のなせる業

440 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 02:59:00.42 ID:n5ay2Lzd0
人に認められる成果を持たない者ほど、先天的な能力を信じたがるんだってさ。

441 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 02:59:46.60 ID:vaZDqKSk0
努力遺伝子が備わってなくとも努力は出来る。終了。

442 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 03:00:22.69 ID:tQwEc6ani
いかな天才でも才能を磨く環境が無ければその才能は開花しない。
モーツァルトだって親父がそれなりに著名な作曲家で裕福だったから幼少期から音楽に打ち込めた訳だし。

443 :馬鹿の壁 ◆GS40HbbwOo @転載は禁止:2014/09/24(水) 03:00:30.09 ID:YECn8LVO0
重要な事は天才という天然資源を発掘、徹底活用できる
社会はどうあるべきかであって
自分が天才であるかどうかは所詮、生存していくうえでは二の次の話だよ

貴重な天然資源と言う認識がなきゃ黄金だってただの炭だろ

日本見たく足の葉っぱりあいが好きな反知性主義の大衆社会での
意思形成をどう創り、社会制度に反映させるかだな

444 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 03:00:58.30 ID:XT8EZGuD0
>>436
あ、もう1つ言い忘れた

他人の言葉を素直に聞けるのも才能の1つだなww

445 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 03:01:14.60 ID:XDdcyexp0
>>440
逆の話をよく聞くが
ノーベル賞をとったような人や高学歴な人間ほど優生学を信じるってさ。

446 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 03:03:05.64 ID:md0Ge5wK0
>>418

宇宙を含めたこの世界に完全はない。

447 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 03:03:16.49 ID:lxt9Yuum0
一般社会では凄い才能は得に発揮する義理も無いだろ
何より会社に其処まで尽くす義理は無い
高い給料をそいつ自身が貰ってる場合のみ天性の才能持っててね
ってだけの話だよね 才能無いと高い結果は絶対出ないからね
才能は生まれつき持っておくもんだ 序にカリスマも搭載しとけよ
プロ意識はゴミだから要らない 余計な力が入るからな
凄い才能は10歳で何かしらの形になるから直ぐに気づく

448 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 03:03:40.93 ID:rDT8xDDb0
>>444
素直に理解したから>>436の解釈になるんじゃないか?

矛盾を突かれたからといって言い訳とかみっともないな

449 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 03:03:46.15 ID:conkDaU30
エジソンは「天才は1%のひらめきと99%の努力だ」と言ったが、 
「努力」できること自体が天賦の才能であるらしい

これ、エジソンがどんなに努力しても1%のひらめき力がなければ天才じゃないって意味で言ったんだぜ

450 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 03:03:51.19 ID:IXc2gVHi0
「努力できるのも遺伝の影響」って意味不明だな。
遺伝の影響を排除した部分を「努力」と言うんだろう。
少なくとも、そう定義しなければ比較研究する意味がない。

451 :赤岡龍男@転載は禁止:2014/09/24(水) 03:04:06.63 ID:BGsgmQCpi
 壮絶になる環境は、平成のどこにでも、転がっている。
 今の時代、成功したと思ったら、転落する。
 特に、遺伝子機能正常化として、血液を正常値に、する。
 アメリカの遺伝子実験で、学習のすりこみでは、ない、
 行動習性の子孫伝播は、認められた。
 ただ、遺伝子機能として、それだけでは、説明できない。
 難病の本当の意味での、奇跡回復少数例は、回復前と、
回復後に、習性が、著しい変化が、確認され、
子孫に伝搬する例も、確認されている。 
 メタボリックや喫煙の、非医療改善例も、同様と、
いわれている。体験理解からの、行動習性変化。
 遺伝子による、研究の成果に、期待したい。

452 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 03:05:02.66 ID:aUETpNwx0
>>450
努力に必要な集中力とか持続力が遺伝の影響を受けるんだろ。

453 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 03:05:57.27 ID:lxt9Yuum0
非正規の人は才能の有り無しは趣味の話だから世界一の才能持ってても
発揮まではさせないよ 一応集めて保存しとくだけ
成果は能無し程度出来れば十分だよ
まさか能力発揮なんて馬鹿な事しない時代だし
其処まで家族でもあるまいよww
本来大いなる力は発揮させない事に意味があるんだよ
それを何とかって形が高給取りの世界だよ 
才能とカリスマは本来誰もが持ってて当たり前だよね

454 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 03:06:57.33 ID:IXc2gVHi0
>>452
だからそれは「遺伝」じゃん。遺伝の影響を排除した部分を「努力」と定義し直すべき。
そういう部分が無いのであれば、「全ては遺伝です」と明言したらいい。

455 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 03:08:08.20 ID:lxt9Yuum0
努力と結果の関連性は極めて低いよ
才能の欠片のある人のみ努力は必須
直ぐに努力なんてしなくても良くなるからやっぱり才能だよね
これを生まれつき持ってれば馬鹿でも人並み程度は絶対出来る
て言うよりそれは絶対欲しいタイプだけどね
才能があれば鋭さが違うよね 生ゴミなんて必要無いよ

456 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 03:10:06.11 ID:aUETpNwx0
>>454
運動能力は遺伝の影響を受ける
努力できる能力は遺伝の影響を受ける

なんかおかしいか?しょうもない定義づけに拘る必要もないと思うが。

457 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 03:11:04.32 ID:lxt9Yuum0
凄い才能は生まれつき持ってるもんで
最初から出来たもっと出来た凄く出来た
負け知らずのままプロになった
これが現実だよ それが才能なんだよ
ライバル心すら持てない絶望を覚えて貰わないと困るんだよ
勝ちたいって力む時点でもうどうしようもない粗大ゴミ状態だよ
でもそんな漫画誰も読まないよね? 読みたく無いよね?
だから努力を使って尺を伸ばす必要があるんだよ
才能は本来結果以外は芸が無いから詰まらないもんだよ
案外見た目は普通の人以上にぱっとしない事が多い だから何処も欲しいんだよ

458 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 03:13:25.14 ID:Sh70SaNxi
人生親次第

459 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 03:14:09.46 ID:BcxdQwVD0
★1938年にドイツから来日した白人青年団を観察した、
 外務省調査部第二課の真鍋氏はこう述べている。

「……確かに彼らは体躯も大きいし、眼鏡もかけていない。
しかし彼らの体力というか肉体的抵抗力というか、
この点は我が日本青年は断じて負けていないと思った。

……彼らは日本の養子制度・見合結婚が理解できないという。
ドイツ人は良い血と良い血の結合からドイツ精神・道徳が生まれると信じているが、
日本人は良い精神と良い精神の結合から良い血が生まれると信じている。
国家を強力にするのは血ではなく道徳と国民精神である。」

460 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 03:15:33.36 ID:/Hn/AJ030
>>457
サンデーサイレンス産駒が無双してた頃の競馬はつまんなかったしな

461 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 03:15:56.89 ID:lxt9Yuum0
生まれつき早くてプロになるまで誰にも負けなかった!
これが現実だよ
運動型の才能だな ある程度は普遍性があるけど型に嵌れば先ず負けない
努力とかのお絵かき遊びじゃ無いんだよ
ドラマのような凄いアクションは能無しの努力の馬鹿の方が遥かに名演技を
披露するよ 才能を調べていくうちに現実を知るようになる
才能はゆとり以上にゆとりだから其処は注意な 
結果社会では結果を見れば直ぐに分かるからww遊び半分で出来る事が重要
才能なんて無ければ無いんだから諦めて遊んでる方がマシだよ

462 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 03:16:01.09 ID:Rnv0lO0h0
>>459
これ、つまりどっちも優生思想的だよな

463 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 03:16:40.87 ID:C88EpHL20
知ってた
遺伝子で全てが決まる

464 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 03:17:19.96 ID:84MAnazJ0
>>52
飛ぶことそのものをを追求したカモメはいたそうだよw

465 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 03:18:12.10 ID:VGCukMG90
【】IQは遺伝子に組み込まれているのか−双子の研究で学界も変化
http://anago.2ch.net/test/read.cgi/scienceplus/1341116475/
IQは遺伝子に組み込まれているのか−双子の研究で学界も変化

 現在、知能が遺伝することに疑いはないとされている。つまり、頭の良い大人からは頭の良い子が
生まれる可能性が、そうでない場合よりも高いということだ。しかし、これが冷静に議論されることが
必ずしも常というわけではなかった。1970年代、学問の分野では知能指数(IQ)の遺伝の可能性を
示すことは異端で、そんな主張をしたら火あぶりの刑に値するとされていた。

http://jp.wsj.com/var/plain_site/storage/images/media/images/120625_25_gene.jpg/10884344-1-jpn-JP/120625_25_gene.jpg.jpg
裕福な家庭環境では知能の遺伝性は高いが、貧困層では環境がカギを握る Leo Acadia

【遺伝と環境】子どもの知能、遺伝と環境と経済レベルの影響 双生児750組を使って研究/米国
http://toki.2ch.net/test/read.cgi/scienceplus/1296111122/-100
【似非科学】体質、病気、知能…市販の遺伝子検査に警鐘
http://toki.2ch.net/test/read.cgi/scienceplus/1288271391/-100
【動物行動学】チンパンジーの知能、半分は遺伝、米研究センター [2014/07/11]
http://anago.2ch.net/test/read.cgi/scienceplus/1405096359/-100

466 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 03:18:28.15 ID:5eSDFJR/0
少なくとも、今は評価されず低層にいる人間が実はすごい才能の持ち主で、
大人になってから才能が開花して底辺から大逆転はあり得ないから安心しろ。
そういう素地のある奴は少なくとも底辺にはいないから。

467 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 03:18:40.39 ID:8bwFccGB0
皇族芸人の竹田の放送みてたら
14歳で株で2000万稼いでたっていってたからな
生まれる世界が違うわ

468 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 03:19:02.53 ID:Eo03bIJh0
>>459
http://siberiandream.net/topic/pet.html

469 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 03:23:43.93 ID:lxt9Yuum0
無能の馬鹿 < 普通 < 有能
大体こんな感じで これが普通の人だね これに何故か才能が付くのだ
無能の馬鹿 プラス 才能 これは普通を超えて有能に近くなる
しかしやっぱり元が馬鹿だから有能以上にはなれないけど絶対欲しいタイプ
何をさせるでも無くただ居ればよい存在になる
普通の才能は鋭い
有能の才能は飛びぬける もう異次元だね
この辺りが高給の必須条件だよ
才能ある人は凄いアクションシーンは普通に無いよ 結果だけの人だから
抜けて大騒ぎになるのはこのタイプだけだよ
才能は発揮させずに集めるもんだの意味を良く理解しないとな
ちなみに普通の奴が一流の才能を真似ると普通にゆとりになるからwwww

470 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 03:24:57.51 ID:arqUlXeN0
今の小学生が労働年齢になる頃には消費税はもっとあがって福祉は削減されるし生活保護は簡単には貰えないようになってるだろうな。
努力しないのは遺伝子のせいとかいって遊びほうけてる馬鹿な子供は将来は野垂れ死に確定だな。

471 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 03:27:38.43 ID:VQzLRQlr0
努力出来ない遺伝子持ちがいるとして、そいつらはなんのために存在してるんだ?
ていうか、そもそも努力出来なきゃやっていけないって世界になってることに疑問があるんだが

472 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 03:28:07.18 ID:lxt9Yuum0
才能ある人は本人も意識しない内に合理的な行動を取るようになるんだよね
そのまま結果が出るようになし何で出来るかもその人自身が良く分からないからな
その動きを真似るとゆとりになるんだよ
ゆとりは結果が無い以外は才能ある人とほぼ互角の風貌になる!
ではゆとりも凄いんだな!!そうだな!!って思うようでは駄目だよ
ゆとりが凄い訳ないよね? あれはただの置き物だよ

473 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 03:28:22.70 ID:Ak2vKmm70

一生懸命努力しないと思い通りの結果は絶対得られない。

474 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 03:29:13.41 ID:NPmamceJO
努力家じゃないよ
金と女と名誉欲の執着心が桁外れに凄いんだよ

努力しながら頭の中は
いい女抱きたい大金が欲しい周りからチヤホヤされたいんだよ

475 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 03:31:48.44 ID:lxt9Yuum0
才能ある奴にマジで努力なんてさせたら絶対駄目だよ
それ抜けたら崩壊レベルになるから代えが絶対聞かない
本気を出さなくて良いと指導するのが普通だよ
凄い金そいつ自身が貰ってる時は抜ける気が起きない筈だから
高い結果ださせる必要があるって言うより才能持ってる前提で払ってるからね
やっぱり成果だけで判断しないと色々おかしくなるよね

476 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 03:33:07.63 ID:lxt9Yuum0
本気で努力しろやww
って無能の馬鹿は引退させておいて問題無いよ!!
そんな奴に限って口だけで成果がさっぱりだったりするケースが
殆どだからな

477 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 03:33:17.06 ID:Dr3xN0lw0
>>4
スイス語ww
バカ乙

努力できるかできないかも遺伝子に左右されてるんだよ間抜け

478 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 03:34:20.94 ID:rsF+uvlN0
元気があれば何でもできる!

479 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 03:36:38.74 ID:C88EpHL20
そう遠くない将来受精卵の状態で出来る限り遺伝子操作するデザインベビーが当たり前の社会になる
そうなって初めて人類は平等になる
この世は全てはテクノロジーの進歩如何よ

480 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 03:37:00.33 ID:rsF+uvlN0
ワンこう2人いたんだけど、やっぱり得手不得手があるよね。

481 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 03:37:12.03 ID:lxt9Yuum0
やっぱり才能便利だから各自が責任持って生まれないと駄目だよ妬むまで落ちるよマジで
それって恥ずかしくて惨めだから才能は持ってた方が絶対良いよ
カリスマもおまけに持ってろ
ビジネスはプロの集まりだから
俺の背後に立つな 分かったやってみよう 聞き手を預ける程自信家じゃ無い!
って会話が飛びかうようにならないと

482 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 03:48:41.31 ID:dHc8iZ3W0
なんだよ

結局おまえらがゴミクズなのは親がゴミクズだからか(笑)

483 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 03:51:22.00 ID:7y3ZGGcc0
>>12
>>477
何このアスペ
ニュー速+ってびっくりするくらい頭悪いやつが普通にいるから怖い

484 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 03:51:24.85 ID:5b7uFKgw0
この調査ってさ、才能がある連中の内、大成しなかった連中と大成した連中での違いと、
それぞれにおける環境の違い、過程における人間関係とか全部考慮したのかね?
超努力した結果大成できなかったって人は結構いるだろ?

頑張ってるやつが大成してるとか、
大成しなかった奴が比較的頑張ってないってそれだけか?
誰でも、「うまくいって」れば勝手に頑張るし、周りもサポートするだろ?
逆に大した事なくても立ち回りで潜り込んだのだっているだろ?

485 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 03:55:12.70 ID:u0h5XsNv0
でもさ 天才っていったい何の事を言ってるの?
例えばアインシュタインは天才の代名詞みたいに言われるけど
彼が残した天才的業績って相対性理論だけでしょ?
モチロンそれ自体は凄い事だけど 量で言えば大した事は無い

486 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 03:56:30.72 ID:lxt9Yuum0
努力馬鹿は高給の世界では必要無いよ
これでは3流以下だからね
努力が許されるのは非正規までだよ
其処から先は才能が必要となる世代だよ
それないと幾ら努力してもアニメの大根役者だから
居て貰う価値は無い 下手したら非正規以下だぜww
非正規は契約が違うから幾ら出来ても最小限の事しか
敢てさせないんだよ

487 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 03:57:32.84 ID:OHppgjSS0
凡人は才能を発揮できる対象に出会えるかの方が大事だけど、天才は両方だな。
潜在的なスポーツの天才が数学を目指しても、潜在的な数学の天才がスポーツを目指しても凡人に終わるに決まってるw

488 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 03:59:46.66 ID:9VbkhWi10
努力できる細胞ってなんだよw

おれは脳内麻薬の量で努力できるかが決まると思ってるが名。

489 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 04:04:27.97 ID:IXc2gVHi0
>>456
努力か遺伝か、という比較をやってたはずなのに、「努力できる能力は遺伝」なんて
結論を出すんじゃ、もともとの定義がおかしいでしょ。A VS Bという対立なら、AとB
は背反でなきゃ意味がない。

490 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 04:04:48.18 ID:Rnv0lO0h0
>>485
光量子理論の方が世の役にたってるし
それでノーベル賞ももらった

491 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 04:05:15.00 ID:LyX5mTfx0
>>56
ピカソの小学生頃のデッサンは年不相応の凄まじい出来だが
筆を折った親父の指導あってのものでもあるだろうな
彼は天才と言えるのだろうか

492 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 04:07:21.86 ID:Rnv0lO0h0
>>487
結局、才能は「発掘」して「育てる」ものなんだろうな
それが自分か他人かはわからんが、
幼少期に自分でやるのは難しい

493 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 04:15:49.43 ID:arqUlXeN0
これからの日本は福祉削減の上に消費税は今の小学生が成人する頃には将来25%くらいにしないと国が持たない。
そんな世の中で生きて行くためには遺伝だろうが何だろうが小学生のうちから努力しないと生きてさえいけなくなるんだよ。
放課後も週末もそこら辺で遊び呆けてる小学生の親は何考えてんだろね?

494 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 04:15:57.53 ID:OHppgjSS0
>>492
幼少期って学習能力が異常に高く、誰でも天才だから皆精神が不安定だよね。
すぐに泣いたり怒ったり、頭がいかれてる、とも言える。スポーツ以外なら、成人してまで天才である必要なんてないとおもふw

495 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 04:16:42.13 ID:0LwKniKO0
天才は見出すものだ
それを見つけだせるヒトがいなければ全てがはじまらない

496 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 04:17:13.64 ID:ISzxTi+w0
天才に必要なのは努力を努力と思わない才能だよ。
本人は好きでやってるけど世間から見ると苦行にしか見えないってパターン。

497 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 04:17:58.02 ID:IXc2gVHi0
>>494
>スポーツ以外なら、成人してまで天才である必要なんてないとおもふw

それを言うなら、スポーツだって何の意味があるんだ。人類で最速で100mを9秒で走れた
からって、それが何??何の役に立つのか?

498 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 04:20:44.53 ID:5w02LsAP0
最近競馬ゲームやってるんだけど
必ずしも名馬と名馬の仔が名馬になるとは限らないんだよね
親の能力が高いほど仔の能力が高くなる可能性は大きくなる
でも競走馬として肝心のスピード能力が仔にそのまま引き継がれるわけではない
もちろん両親が駄馬ならはなから質の高いサラブレッドは生まれにくいんだけど
身体面・精神面でいいものをもってる親の仔がいい成績をおさめやすいとはいえ
それでも種付けで同じ配合をやっても成功例と失敗例がでてくる
ただゲーム内の経験例では母親はスピードよりもサブパラ重視
父親はスピードと瞬発力、あとは勝負根性の強さが重要
そういう組み合わせで過去の遺伝例から名馬が登場してるような血統だと
良い仔が生まれやすい

結論として
父親(爆発力・精神面)−母親(身体面)

だと思われる

499 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 04:22:28.57 ID:Rnv0lO0h0
>>498
お、おう・・・

500 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 04:23:17.65 ID:5eSDFJR/0
ダメな奴ってそもそも続かないもんな。
仕事すぐ辞めてローリングストーンやって辿り着くのは無職。
ダメな奴が何の才能も持ち合わせてないと言う中に努力すらも含まれるわけだ。

501 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 04:23:36.57 ID:a8hGsYOq0
新規探索性(≒飽きっぽさ)についての遺伝に関しては早くから言われてたから、
「飽きない力」も素質によるって研究成果が出てくるのはだいたい想像できた。

“才能”の遺伝子が同じと仮定して、器用貧乏になるか、一つの道で大成するかを
この努力遺伝子が決めてるってことかな。

502 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 04:24:37.26 ID:Rnv0lO0h0
>>500
組み合わせの問題も大きいけどな

503 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 04:27:03.59 ID:OHppgjSS0
>>497
いや、役に立つ立たないじゃなく天才の話をしてんの。
スポーツは誰にでもわかる結果があるから話が簡単w

504 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 04:27:45.54 ID:5eSDFJR/0
>>501
才能という言葉を何にでも適応する万能なものと定義すればそうだけど、
才能って各々の分野で突出したもんだろ。

505 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 04:29:27.89 ID:Vy8X7jrk0
>>494

それは偏見。
日本では「誰でもスタートは変わらない」「努力すれば伸びる」信仰があるからなぁ

なので、IQなどではっきり生来の特性の差があっても
努力では変えられないと思うのか、当人には伝えない

スポーツや音楽の才能に限らず
空間認識、言語能力、論理性、その人の一生を豊かに楽にしていく能力は
あっても邪魔にならないと思う

506 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 04:30:06.22 ID:5kJL4tlrO
例えばスポーツなら一般人と天才が同じトレーニングを同じ時間した場合どうなるか。
一般人は能力値が10増えたとする場合。天才は100増えている。だから超えられない壁であって天才ってのは世の中で数が少ない。

507 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 04:30:22.67 ID:0Qth0W9T0
変だなあ俺のオヤジはかなり勉強家で忍耐力もあるし努力家だけど
俺は全く受け継いでない

508 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 04:31:27.57 ID:uiLOMgjk0
ギフテッドは生まれつきじゃん
育ちで出きる子は秀才って言うんだよ

509 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 04:31:30.78 ID:PS2/O3x20
尖りすぎると何故かキチガイ扱いされる。
ホントに才能ある奴はイカれポンチ扱いだよ。
他人に迷惑かけなくてもな。

510 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 04:31:57.82 ID:6d9nelSr0
幼少期が天才でも何もしなきゃ大学生になるころには凡人に成り下がってるなんてたまにきくはなしだな。
ある程度自分で学んでいかないといけないし、スポーツだって努力もしなきゃだめ。

511 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 04:33:17.30 ID:IXc2gVHi0
>>503
人類の標準より速く走るってのは「天才」なのか??ただの奇形じゃないの??

512 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 04:35:02.29 ID:Vy8X7jrk0
>>510

「出る杭は打たれる」
すごく嫌な言葉だが世間では嫉視や自分が理解できないものに対して
とりあえず叩く人間というのはいる

大きくなるにしたがって
自分のもつ能力の上限を隠したり
周囲基準にあわせて見た目平均に偽装したりを覚えていく人は少なくないと思う

513 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 04:35:07.89 ID:6d9nelSr0
>>508
確かに生まれつきだな。
でもギフデット児の親御さんでアメリカに住んでいる日本人の人のブログみると、
生まれつきながら特性をのばすために親も教育に力いれて努力したりしているんだよ。
いくら天才の素質もっていてもほっとけば将来は凡人になりさがるかもしれない。
特性をのばすために親と二人三脚が大事だ。

514 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 04:35:22.98 ID:gD3mkKis0
.
★ TANAKA ALICE

CHiCKS & NERDZ
http://ja.musicplayon.com/play?v=141304
A BIG GIRL DON'T CRY
http://ja.musicplayon.com/play?v=946520
BAD DAY, SO WHAT
http://ja.musicplayon.com/play?v=622817
TOKIO
http://ja.musicplayon.com/play?v=808054
.

515 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 04:36:13.91 ID:uiLOMgjk0
>>510
日本はギフテッド教育しないもの
ギフテッドなんて一種の障害者なのに
そりゃ社会からドロップアウトするよ
日本は秀才しか重用しない国

516 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 04:37:44.17 ID:6d9nelSr0
>>512
日本の社会は出すぎると和をみだすと釘を打たれやすい。

517 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 04:37:53.65 ID:Rnv0lO0h0
植物の種子だって品種でどんな実が成るかは決まるけど、
育て方間違ったら枯れるよな。大抵弱いし。

518 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 04:38:20.22 ID:5kJL4tlrO
スポーツだったら凡人が努力してもプロにはなれない。凄い努力家だったら慣れるかもしれないが。イチローみたいなトッププロは無理だな。
イチローみたいトッププロは天才が努力した結果だと思う

519 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 04:39:07.59 ID:EhubZde90
学生の頃、格闘技をずっとやってたけど明らかにセンスがなかった。
まったく無駄だったかと言うと、今でも職場の奴の八割は素手で殺せると思う。

520 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 04:39:41.86 ID:OHppgjSS0
>>511
スポーツ界の天才は皆奇形ってのがキミの考えなのはわかった。ご自由にw

521 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 04:40:09.06 ID:Rnv0lO0h0
>>511
定義の問題じゃね?

522 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 04:41:01.24 ID:6d9nelSr0
>>515
だからこそアメリカとかで産んで育てるのが正解。

523 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 04:42:02.44 ID:IXc2gVHi0
>>520
そんなことないよ。肉体は普通(健常)でも、天才的な戦略で頂点に立つ人間は天才だろう。
どういうスポーツかよく分からんが、たとえばカーリングとかかな。

524 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 04:44:48.25 ID:IXc2gVHi0
世界の人種の中で日本人だけが100mを10秒切れてないところを見ると、
人種差もでかそうだな。
足が遅い方が優秀と定義しないと、劣等種族になってしまうぞw

525 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 04:45:15.67 ID:9shkjHzp0
>>518
まったく同じだけトレーニングして努力したら生まれつき素質あるほうが当然のびるでしょうね。
素質ないほうと差がでるとおもわれる。
まあ、天才も努力しているのは間違いない。

526 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 04:45:24.50 ID:5kJL4tlrO
>>519
天才だったらテレビに出れたかもね有名格闘家として。だが努力はきっと無駄にはならないって思いたい。
天才って言っても色んな天才いるだろうけど。例えば人間離れした身体能力とかiQ200とかそういうのを備えたかった

527 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 04:45:42.28 ID:Vy8X7jrk0
>>516
というか「和をもって尊しとみなす」という言葉を
他人のけん制に使う人間もいるってことだ

実際にそういう人間とそれに盲従する人間ばかりなら
いまだに洞穴でたき火で暮らしているだろうが。w

生来の能力を持ち合わせた人たちには
「どうすれば自分よりも理解力の低い人たちと摩擦を少なくコミュニケーションできるか」
「何がどういう理由で地雷になりえるのか」を
学ぶ機会があるとよいと思う
特に子供たち

「知能指数が20違うと話が成立しない」とよく言われるが
低いほうの能力のキャパを超えてしまうために「話の脈絡についていけない」ことが
おきるからだろう

でも話し方のテクニックでそれを超えていくことは可能な場合も多いんだよ

528 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 04:46:24.23 ID:9shkjHzp0
ようは、天才より凡人は何倍も努力しろちゅうことだ。
うまくいけば天才に追いついてこえることができるかもしれないしできないかもしれない。
大変でしょうね。

529 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 04:48:51.53 ID:9shkjHzp0
>>526
同じ素質レベルの人が2名いたとしよう。
片方はトレーニングしなかった。
もう一方の片方はトレーニングし続けた。
2年後・・・絶対に差がでている。
センスなくても自分と同程度の素質の他人よりは必ず能力があがっているはずだ。
それ以下の他人とはかなり差がでているはずだ。

530 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 04:49:46.26 ID:5kJL4tlrO
だからそういう先天的な身体的特徴や身体能力も一種の才能だろ。
日本人はマラソンが得意なそうな

531 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 04:51:39.26 ID:pl7y3YU/0
エジソンの言が正解かな。
努力である程度まではいけるが1%の閃きが無いと、やっぱ人類史に名を残せない。
平たく言うと努力で基礎養って、それをベースに経験で応用が効くようにはなるが、
閃きは、降りる人には降りてくるが、そうじゃ無い人には一生降りてこないw

学問の自然科学のみならず、案外生活全般にも言える事だが。

532 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 04:51:54.69 ID:a8rW/BMf0
必死に努力してもその程度
所詮お前はその程度

533 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 04:53:08.86 ID:gKoMxS+50
>>529
天才との差は、
もしも天才が同じトレーニングせずに何もしてなかったら少しずつ天才に追いついてくる気がする。

534 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 04:53:23.94 ID:Rnv0lO0h0
>>527
まるで動物を見てるような気分になるんだよな・・・
俺が間違ってるんだろうか
でも猫や犬と一緒なんだよ

535 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 04:54:27.07 ID:CiIu/REG0
>>531
1%は運だね。

536 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 04:55:28.76 ID:OHppgjSS0
>>524
白人でもようやくだからな。人種もいろいろあるけど、アラブ人達にも頑張って欲しいなw

537 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 04:56:57.94 ID:ObhK37Qni
2ちゃんねるを荒らしてるのも才能。
毎日24時間2ちゃんねるで
コピペ投下に人生を捧げる。
Twitterで毎日安倍晋三の悪口書いてる奴とか。

538 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 04:57:00.42 ID:gKoMxS+50
努力と素質は指数関数的にあらわせるだろ。
天才と同じ努力しても素質ないやつはいくらたってもおいつかねえーよ。
凡人は何倍、何十倍も努力しないとな。
それでも追いつかないかもしれんが。
うまくいけば超える。

539 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 04:57:50.31 ID:IXc2gVHi0
>>528
> ようは、天才より凡人は何倍も努力しろちゅうことだ。
天才が一日10分しか練習しないならそれも可能だろうけどね。
実際は何時間も練習してるわけで、「何倍も努力する」ことは、一日が
24時間しかない以上、不可能。

受験でも同じ。旧帝大や医学部目指す受験生は、新学校の頭いい子でも一日10〜15時間
勉強してるからね。「凡人は2倍努力する」機会すら与えられていないw

540 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 04:58:04.09 ID:tS0WO8Km0
努力と才能と運が全部同じぐらい大事

まあ、大体の奴は運が良いだけなのを自分の実力みたいに勘違いしてて笑える

541 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 04:58:31.67 ID:upJqa0Gi0
>>516
その和がここ20年くらい歪んでるんだよ
チョン的思考のやつが徒党組んで保身に回り
それ以外の目障りなのを排除してきたからね
昔は変わり者だから放っておけだったけど
ここ20年くらいはちょっとでも異分子なら
真っ先に排除しようとするから余計にね

542 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 04:59:25.61 ID:vwnyKO1OO
天才ってのは『脳の思考回路』が凡人とは違う
イチローは天才ではなく努力家だとよく言われるが、凡人がイチローと全く同じ時間練習したとしてもイチローにはなれない
それは『思考』が違うから
思考が違えば同じ時間練習しても内容は全く違うものになる
それが積み重なれば大きな差になり、やがて天才と凡人になる

勉強も同じ
凡人がただ長時間勉強しても天才にはなれない
天才は同じ努力の中でも閃きや想像性が違うから勉強の中身が濃くなる

543 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 04:59:25.70 ID:pl7y3YU/0
>>519
運動だと、そのセンスの有無がエジソンの言う閃き部分だろうな。
基礎体力作って、技を繰り返し反復練習し、
流れの中で技を決める応用も身に付くけれど、立ち技なら「当て勘」と言われ、
センスの良い人間は、良いタイミングで決めるわなw

確かに応用効く時点の実力で、運動やっていない素人の8割くらいは殺せるけれどもw

544 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 05:00:58.14 ID:f8PE8ANy0
たけき者も遂にはほろびぬ
偏に風の前の塵に同じ

545 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 05:01:57.21 ID:upJqa0Gi0
>>539
金のあるやつが早期から
質のいい指導者から指導を受けてきてるだけだから
素質はいらねえよ 枠も広いしね
ま、東大は適切な指導をされてるの自己流の勉強をしちゃうと
受かりにくいけどねw

546 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 05:02:46.22 ID:tS0WO8Km0
才能があるってのは前提条件
その次に努力がきて
その次に才能を伸ばせる環境にあるか、そのように育てられる親か、っていう運がくる

547 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 05:03:54.64 ID:OHppgjSS0
>>542
イチロー、記録には残るけど記憶には残らない典型だと思う。
全く天才とは思えない。

548 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 05:05:07.50 ID:upJqa0Gi0
>>542
イチローは特殊な打法だからw
ただ、動体視力と筋肉の柔軟性は群を抜いてるみたいだが
頭もいいみたいだし
そういった土台があってオヤジから英才教育を受けて開花したんであって
プロに入ってから打法が特殊だからってんで潰されかけたけどねw

549 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 05:06:50.96 ID:qdvqXeS40
天才って大変そうじゃん
秀才ぐらいが丁度良いよ

550 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 05:06:52.30 ID:pl7y3YU/0
>>544
無常だけれど、先人の蓄積で今の文明文化だから、
嘗ての存在にも、意味はあるw

551 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 05:06:53.52 ID:Rnv0lO0h0
>>547
天才の定義が相対的なものなら
イチローは充分天才のような気はする。

552 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 05:08:04.26 ID:q9F4ItGs0
>>547 人を見る目がかなり劣ってるんだな君は 知的障害持ち?

553 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 05:08:10.30 ID:oyg2KqZs0
才能のある人間を幼少期から鍛えて、才能を開花させる、

これがすべてだろ。

才能があっても鍛えなければ開花しないし、

才能がなければ鍛えてもある程度までしか伸びない。

だからよっ、
99%の凡人はどんぐりの背比べの中で、差が付いているわけで、

紙一重の世界、

99%の凡人は努力して、凡人の中の上を目指しましょうってなもんさな。

554 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 05:08:25.73 ID:a8rW/BMf0
凡人の努力、休むに似たり

555 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 05:10:00.77 ID:upJqa0Gi0
音楽の世界は小学校時代から
コンクールで上位入賞はもちろん
一流のプロたちから
人目置かれてるのがほぼ100%
凡人はいくら努力しても越えられないんだよ
音大でも入学時のトップ=卒業時のトップだしね

556 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 05:11:42.98 ID:oyg2KqZs0
たとえばよっ、
イチローだって、
チチローが毎晩、子供の時からバッティングセンターを借りきって、
月20万円も、30万円も借りきって、何年も、毎晩、打たせたからな。
だから、
生活が苦しかった、バッティングセンターを借り切るのに金がかかったから。

1000万円以上をバッティングセンターに払った、
小学校、中学校時代に。

だが、イチローは才能があったから高校では天才バッターだった。
高校時代から天才だったよ。

557 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 05:12:21.51 ID:IXc2gVHi0
定義を勝手に変えていいのなら、遺伝も努力だと言うことだってできる。
自分がまだ精子だったころに一生懸命泳いだのだし、その前は、父親の生殖細胞で、
父親の細胞から分裂したのだから、もともとは父親と一体だ。つまり父親の努力は自分の努力。
同様に、先祖の努力は全部自分の努力。よって遺伝は自分の努力。
運も努力のうち。トライせずに引きこもっていればチャンスも無いのだから。
つまり、全ては努力。

558 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 05:12:59.67 ID:J6/s5fp+0
地頭の問題だと思うよ
天才は普段休んでてほとんど活動しないけど、いざ動くと完璧に事を遂行するけど
凡人は動き回ってるのに、ミスばっかりするから、ミスの手当で更にまた動かなくてはならなくなり
結局何も達成出来ない

そのミスってのは、そんな大きなミスじゃないんだよ
忘れ物が多かったり、抜けてたり、道に迷ったりとかそういうミス

559 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 05:13:41.55 ID:pl7y3YU/0
>>536
アジア人じゃ無理かな?

同じ練習量、同じ体格の人間がいたとして、ボルトのように記録出せるんだろうか?

560 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 05:13:44.02 ID:ylEp+Yba0
競馬の世界見たら一目瞭然だわな

561 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 05:15:09.12 ID:oyg2KqZs0
競技人口から見れば、

フィギュアスケートやゴルフは

才能があるが、縁がなかったので、やることすらしていない人が多いだろうな。

浅田真央よりも数段上の才能のあった同世代の女子は少なく見積もっても、
数十人はいたと思うよ。

562 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 05:15:44.42 ID:OHppgjSS0
>>552
違う意見を持つ相手に池沼だとか吐いちゃうキミは健常者なの?
イチローは天才というよりも抜群の運動神経の持ち主で野球がいまだに大好きな人って印象。
だから観客は彼のプレーを見て元気になるんだろ?
落合は天才だと思うけど、野球が好きそうには見えなかったなw

563 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 05:17:19.67 ID:BTjW9wAOO
>>547
イチローのプレーを観た事ありますか?
イチローのレザービームなど守備は記憶に鮮明だ
イチローの動きそのものが記憶に残る
スポーツをしている人ならイチローの身のこなしに憧れを持つ

564 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 05:17:20.90 ID:a8rW/BMf0
凡人様のご冥福をお祈りします

565 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 05:17:22.84 ID:sfyhLrdeO
イチローアンチに訊きたいんだが

イチロー9人のチームより強いチームって

誰を9人集めたチーム!?

566 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 05:18:35.55 ID:YsXiNZ8k0
バカって何で子孫残すんだろうな

567 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 05:18:38.23 ID:XqVShF/u0
>564
自称天才キター

568 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 05:18:44.39 ID:J6/s5fp+0
>>561
浅田真央は経済力だけじゃなくて、容姿にも親にも恵まれてるからな
両親は苦労してるタイプだから、人並みはずれた努力も自然と出来たんだよ
毎日送り迎えとか世話とか普通の主婦には出来ないよ
病気になって亡くなってしまったけどね

実力で言えば、中野ゆかりとか安藤とかとそんなに変らないけど

569 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 05:18:50.97 ID:pl7y3YU/0
>>560
でもたまに駄馬からレース勝てる馬が出たり、不思議な血統w
人間だと創業者偉大、二代目ボンクラは良くある話で。
血連綿から、また中興の祖と言われる人間が出たり、
数世代似たような環境下で育つ一族だろうけれども。

570 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 05:19:17.02 ID:EhubZde90
>>559
知能指数なんかの分布だと、日中韓と欧州の数カ国がトップグループになるな。
アメリカは黒人が多い地区は露骨に下がる。遺伝といっても祖先の積み重ねてきた
努力の方向性だからな。

571 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 05:19:52.73 ID:Rnv0lO0h0
>>566
自然界に馬鹿などない。生き残るか、生き残らないか。それだけ。

572 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 05:20:07.39 ID:IXc2gVHi0
>>559
アジア記録はカタールの9秒99だよ。

573 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 05:20:35.95 ID:lVtQ2v1A0
http://www.youtube.com/watch?v=nFxcGC5e0kc#t=6m
6分から
ここで武田教授が
「東大生には2種類いてひとつは東大に余裕で入っちゃうタイプ
もうひとつは東大に苦労してはいるタイプ
後者のほうが厄介な人間になる」
といってるが


バカに努力させても
人格ゆがんだ勉強だけできる無能人間を生むだけだけどね
自分たちが嫌なことばかりやってきたもんだから
見返りを社会に求めてしまう

574 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 05:21:20.50 ID:oyg2KqZs0
>>568
フィギュアは金がかかるし、競技人口が少ないからな。

レスリングも日本女子がいつもメダルを取っていることから見ても、
競技人口が少ないだろうしな。

575 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 05:21:32.35 ID:OHppgjSS0
>>559
アフリカの血が入ったハイパー日本人なら可能なんじゃない?
桐生にまだ禁止薬物指定されてない薬で軽くドーピングさせるとかw

576 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 05:23:05.45 ID:q9F4ItGs0
>>562 まあそう怒るなよ 俺はお前が知的障害持ちに見えるんだから仕方ないでしょ
書き込み量からもちょっと足りない人と思ったまでですよ

577 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 05:23:25.45 ID:IXc2gVHi0
>>575
遺伝子治療や遺伝子設計の技術が進むと、何でもありになりそうだな。
そうなったらオリンピックも意味を失って自然消滅するのだろうか。

578 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 05:24:20.24 ID:tS0WO8Km0
才能は必要最低限の能力だからそれが無い奴は残念です。
単純労働で食いつないでいくしかない。
生まれた瞬間から人生ハードモード。

579 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 05:24:35.56 ID:YsXiNZ8k0
能力がないという事実は自らの遺伝子全てを穢されたような屈辱を感じる
成功者を潰したい
復讐したい

580 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 05:24:46.99 ID:cuFsbcHH0
アスペのことか、ほとんど遺伝だろ。小さいころ頭を強くうって後天的なのもあるだろが

581 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 05:26:28.81 ID:uiLOMgjk0
>>573
全くだね

582 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 05:26:35.83 ID:5eSDFJR/0
少なくとも定職を持って社会に参加しているなら卑屈になることはない。
その定職に対する継続もまた努力だ。

583 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 05:28:02.26 ID:IXc2gVHi0
>>579
>遺伝子全てを穢されたような屈辱を感じる

核酸の塩基配列を穢されたからって、何の屈辱だよ。ただのアミノ酸だぜ。

584 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 05:28:06.73 ID:lVtQ2v1A0
>>579

為末とかいうハードル選手が
「スポーツなんて99%持って生まれた体で決まっちゃう」
とツイッターに書いたら
非難殺到

世の中、自分をザコだと認めたくないザコが大半

585 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 05:28:26.36 ID:pl7y3YU/0
>>572
アラブ人が10秒切れたのかw

ってか、ボルトと同じ体格なら練習量で更に上へいけるのだろうか?
日本のバレーの選手が、10秒切れるとはイメージできないが…

違いはなんだろう?

586 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 05:28:52.62 ID:Z2lhlORr0
しかしみんな、生まれる前には先着1名様の卵子争奪戦競争に勝ち抜いてきたエリートなんだろ

587 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 05:29:21.52 ID:OHppgjSS0
>>563
うんあるよ。野球が大好きそうだから観てて気持ちいいよね。
舐めたたプレーをしないし一所懸命だしね。要は日本的な美がある選手なんだよね。

588 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 05:29:28.48 ID:5eSDFJR/0
>>584
禿上がるほど同意。

スラムダンクじゃ同じ言葉が名言扱いなのにw

589 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 05:30:19.06 ID:RnskN/XI0
今の社会構造ではたまたま天才的な人間が富を得られるだけで、将来、超効率的なエネルギーが発見され人間が働かなくても生活できるような世の中になったとすれば、今天才と言われているような人たちっては凡人のために働くことを止められない人類の奴隷と化すかもしれない

590 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 05:31:16.16 ID:J6/s5fp+0
>>585
骨格と筋肉の質がまず違うよ
黒人は筋肉の質が高い上にバネが凄い
走り方でわかるじゃん
あんなのに勝てるわけないわ
鍛えたって質はかわらん

591 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 05:34:02.33 ID:OHppgjSS0
>>577
すでにベン・ジョンソンから問題になってるもんねぇ。国籍変えて出場したりも当たり前だし。
猫ひろしはさんざん叩かれてたけどw

592 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 05:35:21.00 ID:pl7y3YU/0
>>575
196cm、94kgだそうだから世界にはそれなりにいるわな。
アジアンだとたまに居る感じだが。基礎トレーニングで筋力付けて、
後は短距離の技術練習。それで100mの世界記録出せるか?興味の湧くところだw
アジアだと金に成るスポーツへ逝っちまいそうな体格だが…

逆にボルトが訓練すれば150km/hの球を投げられるか?も興味在るなw

593 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 05:35:45.62 ID:5eSDFJR/0
>>585
そのカタール人は帰化したナイジェリア人のはず。
黒人以外はフランスの白人しか9秒台は出せてないよ。

594 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 05:36:24.72 ID:IXc2gVHi0
>>584
ある意味正しいけど、ある意味正しくない。
世界のトップに立つならその通りだろうが、何も世界のトップだけが人生じゃないからね。
日本の10番手以内くらいなら、種目を選べば、「そこそこ」の肉体でも努力によって入り込める
余地はある。野球とかの層が厚い世界はダメだけど、マイナースポーツだとわりとチャンスあるぞ。
才能あるライバルが皆才能を活かす道に進むわけじゃないしね。自分の才能に気づかなかったり、
興味と一致しなかったために、別の道に行く人もいる。だから「努力」を続けていれば、有力者
として残れる可能性は高い。

まあ、あまり人気無い種目で日本で10番内くらいの中途半端な位置で何の意味があるのか、という
疑問もあるだろうが、何も成さないヒキコモリニートよりは遥かにいいだろう。コーチや教師としての
職にも困らないだろうし。

595 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 05:37:21.21 ID:arqUlXeN0
ADHDよりはアスペの方がいいな

596 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 05:38:01.52 ID:p+xQFnx10
親が地元で有名な中卒土方の荒くれ者で
そいつも偏差値42の高校(それでも学区で最難関w)なのに、
東大理Iに行ったクラスメイトがいたわw

597 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 05:38:36.17 ID:EhubZde90
>>585
アメリカやジャマイカの黒人は基本的に、奴隷でつれて来られた子孫だけど、当時の白人は
競馬みたいに強い奴やデカい奴同士を交配して自慢しあったり高く売るみたいな事もやってた
らしいな。

598 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 05:38:45.30 ID:7l6/8rFF0
室伏家も記録のためにロシアンの血を入れたからな

599 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 05:39:52.46 ID:FLBXGzGU0
親から貰ったDNAとそれを伸ばす努力で超人になる

600 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 05:39:55.81 ID:J6/s5fp+0
>>596
家の兄もそうだよ
父親コミュニティ大学しか出てないけど、兄は予備校にも塾にも一切行かず東大経済学部入学
今外銀でかなり稼いでる

601 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 05:41:48.08 ID:5eSDFJR/0
>>600
でお前は明け方に2ちゃんねるww

602 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 05:41:52.14 ID:7l6/8rFF0
天才の親は、遺伝子は持ってるけど自分の時にはうまく作用しなかったんだろうな

603 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 05:42:27.93 ID:pl7y3YU/0
>>597
奴隷船の阿鼻叫喚修羅場の大西洋横断サバイバルレースに勝った個体で、
更に重労働の人海戦術農作業に耐えうる交配も進めば、

基本的には頑丈な末裔に成るわなw

604 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 05:42:50.87 ID:J6/s5fp+0
>>601
ぐぬぬ

605 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 05:44:44.26 ID:XDdcyexp0
>>596
横粂とか親は中卒トラックの運転手で極貧で一切塾にいけず公立から文一で
旧司受かって4大弁護士事務所所属やで

606 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 05:44:46.85 ID:OHppgjSS0
>>600
後期で? つーか天才の話の中でお受験ネタは全く関係ないよw

607 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 05:45:22.71 ID:IXc2gVHi0
>>602
「遺伝の影響」ってのは、主に「遺伝子の突然変異の影響」だろうな。
天才の遺伝形質の継承、なんて例はむしろ少ない。天才の父親や子供はダメな場合の方が多い。

608 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 05:46:08.68 ID:J6/s5fp+0
>>606
えなんで後期
まじ意味わからん

609 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 05:46:49.21 ID:tS0WO8Km0
努力出来るのも才能の一種だけどな。

610 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 05:48:21.94 ID:SQ8pvSTfO
たとえばドイツ人が、西ドイツと東ドイツになる
これが遺伝子は同じだが、環境が変わるとどうなるかのということ。
答えは、まあ出てんじゃないか? 環境の要因がいかに大きいか。

611 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 05:48:45.00 ID:+lh4WSST0
凡人の上の世代が管理できる時点で天才ではないな。

612 :赤岡龍男@転載は禁止:2014/09/24(水) 05:48:57.24 ID:tzSfiW+K0
 ダウン症は、退化では、なく、進化でも、ない。環境適応変化で、ある。
 環境適応変化というなら、全てに、適応される概念で、あり、その環境適応変化とは、衣食住で、ある。
 精子と、卵子が、すぐに、分かる方法が、ある。スポーツテストと、タッチパネル能力トレ。
 能力的トレは、導入している大学も、ある。スポーツテストと、共に、年齢が、若い方が、優秀。
 実年齢より、優秀ならば、実質年齢と、呼べる。
 高年齢出産は、障害児を産む確率が、高い、というが、若年出産でも、障害児が、出てくる。
 結局、障害児を産む確率は、実質年齢という憶測が、出てくる。
 現に、スポーツテストと能力トレが、優秀な人に、歯周病も、ロコモ症候群も、いない。血液正常値。
 遺伝子良好にするため、血液正常化に努め、精子、卵子を、良好に、するのが、良いと、思う。

613 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 05:52:13.93 ID:jcjYYgAC0
>「努力」できること自体が天賦の才能であるらしい。

あまり利口でなくても努力する人間はいる。だが、才能が無いから伸びないだけ。
でもコツコツと努力する人間はなんらかの点で成功することが多い。

614 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 05:52:16.25 ID:5xWWx8tR0
ここの書き込みをみていると、本当に日本の教育の劣化を感じるね。

才能がない人間だって人間なんだからね。
そしてそういう人物が身内にも生まれてくる可能性は誰にだってある。

人間社会とは多くの人が居る事で成り立っているのは事実であり、
チームワークが取れない天才は、所詮限られた世界でしか生きられないんですよ。

見知らぬ他人を頭ごなしに雑魚と罵ったりするのは駄目でしょう。
好戦的な原始人から”マウンティング”行為を仕掛けられた時は仕方がないけどね。
全ては言葉遣い一つだよ。

チンピラは言葉遣いを知らないから自滅するのです。

そして、本当に特別な人間というのは光武帝や老子のような人物を言うのです。

現代日本人のチンピラ相手に謙虚さなんて、全く見せる必要はないからね。
とにかく横柄なんだよ、連中の会話では、自分の主観と損得勘定しかない。

まあ、好きにすればいいじゃない。僕はもう日本はうんざりだからね。

君達も、チンピラと言い争っているうちにチンピラにならないよう気をつけるんだよ。
チンピラはうつるからね。

救いを与える天才が潰されるだけでなく、一般人の子孫がチンピラでびるばかりになったら、
待っているのは間違いなく真っ暗な未来であり、それをキリスト教や仏教では地獄と言います。

地獄とは、一言で言えば、中国の魔界都市・北京や朝鮮半島、ソマリアやアフガニスタンの事を言うんです。

615 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 05:54:13.97 ID:J6/s5fp+0
>>613
凡人は努力してるけど、努力の方向が間違ってる
その上で小さなミスがやたらに多い
時間を守れないとか、忘れ物が多いとか、道に迷いやすいとか
そういうミスで結果が出せない

616 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 05:54:25.08 ID:pl7y3YU/0
>>610
遺伝子的には、俺もボルトもクソ遠い親戚だしなw
俺も君もクソ遠い親戚、先祖の誰かが同一人物で、そこから枝分かれして現在に至る。
人類みーんなクソ遠い親戚ばっかだが、努力遺伝子が環境で発現するんだろう。

617 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 05:54:40.12 ID:rtAXbF8j0
遺伝の問題かどうかは知らないが、
努力できる人って総じて「負けず嫌い」だと思う。
解らないのが嫌、出来ないのが嫌・・・。

618 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 05:57:01.38 ID:pl7y3YU/0
>>617
性格的にも完璧主義者多いしなw

619 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 05:57:52.72 ID:SQ8pvSTfO
ヒトラーがいかにアーリア人の優性をといたところで、
国を分断してしまえば、全体のレベルはどんどん差がついていく。
特定のエリートを国が養成したところで、街を走る車はオンボロのまま変わらない。

620 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 05:58:18.08 ID:rVz6Jtxe0
頭脳だけは本人の努力だ親の遺伝なんて関係ないキリッ

これホントなの?
顔や体型、運動神経、肌の色とか腋臭とかハゲとか遺伝してると思うんだけど、
脳だけは遺伝じゃないとか?

621 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 05:58:28.67 ID:FoDEhh0T0
>>4
ロースクール=Low Schoolではないぞ。
Law School=法科大学院だ。
(ちなみに中学校はJunior High SchoolかMiddle Schoolだ。)

622 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 05:58:30.27 ID:iYqzSDrO0
本当に今更過ぎる。

皆が知っていたことd

623 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 05:58:52.60 ID:MgIsQ4cu0
母親と姉貴が絵、父親と俺は音楽系が得意なんだけど、芸術関係はやっぱ遺伝かなって気がする
特に個人的に苦手な絵画は、才能ある奴が眩しいw

近くで見るといろんな色で斑なのに遠くから見るとマジもんの風景みたいに見えるあれ
なんなの?どういう目をしてるんだって思うわ

624 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 05:59:12.12 ID:pqCQQRXr0
卓球の愛ちゃんって努力は出来るけど才能が全く無い人の典型だと思う

625 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 06:00:50.75 ID:J6/s5fp+0
>>620
脳だけは遺伝じゃないと思う
一家全員早稲田理とか居るけど、ああいうのは、親が受験テクニックを子供に伝授してるから
であって、能力が垂直遺伝したとは言い難いと思う

その証拠に一家全員東大工学部というのは聞いた事が無い

626 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 06:00:52.13 ID:tS0WO8Km0
本来自然淘汰されるような人間はたくさんいる。
だが、人間社会になんとか生かされている。

627 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 06:01:20.34 ID:a8rW/BMf0
彼は一生涯庭を掘り続けたが、石油は出なかった

628 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 06:01:51.69 ID:7R3ZinGI0
>>614
兵庫とか広島とかは学校の先生までチンピラ風情だよ
移るなんてもんじゃない

629 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 06:04:06.71 ID:tS0WO8Km0
脳(IQ)なんてもろに遺伝だけどな。
10秒で理解するような事が1秒で理解出来る能力。
これは結構便利。

630 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 06:05:42.59 ID:1s1SP9OG0
人間は遺伝と環境が半々くらいで出来上がっているって聞いたけど
最近は遺伝子検査も一般の人でもできるし、環境的要因でほとんど説明できる時代が来るかも

631 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 06:05:46.41 ID:J6/s5fp+0
>>629
ないない
大学教授や医者の次男が中卒か底辺高卒なんて良くある話だよ
長男は流石にそこまでの低学歴は居ないけど
親より落ちる場合が多い

632 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 06:06:15.21 ID:5xWWx8tR0
チンピラはうつるんですよ。それをこれから証明しましょう。

チンピラだらけのDQN地区を想像しましょう。
そこにいる住人の子供はみんな嘘つきだらけ、盗人だらけ、暴力チンピラだらけとしましょう。

そしたら、どんなにあなたが良心的であっても、嘘つきと付き合う為に方便を言い、
盗人と付き合う為に不良行為を行って警察に捕まり、
そして暴力的なDQNの文化で生きていく為に”ガン付け”というDQN行動を取ります。

つまり、DQN地区に住み続けていると、
どんなに頭がいい人でもDQN文化がうつってしまうのです。

ガリベン社会も同じ。
「俺、テストさあ、ガーリガリガリだったんだよねー」とか、
「俺ちょっとガリガリしてんだけどさ、順位下がってるから、塾でガリガリなんだよね」とか、
そういう会話に合わせるためには、自分もガリベン苦行をしなければならない。

幸いね、私は日本文化にも触れていたので、
DQN文化もガリベン文化もうつりませんでしたがね、
あなたたちも本当に気をつけた方がいいですよ。

天才に興味をもつのもいいですが、上ばかりみていると、
自分がDQNやガリベン苦行僧になってしまっている事に気付かないものです。

633 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 06:06:15.55 ID:pq4ZZms50
>>625
>親が受験テクニックを子供に伝授してるから

いや無意識にでも自分の子供時代の学習環境を自身の子供に与えるってのが大きいんじゃないかと

634 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 06:07:04.78 ID:J6/s5fp+0
>>633
まあそうだね
受験テクニック伝授も学習環境も平行遺伝だ
つまり脳は遺伝しないってこと

635 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 06:07:18.50 ID:QtioKpCP0
>>126
ベートーヴェンは子供の頃、酒飲みの父親にムチで打たれながらピアノの練習してたんだよな。
計算とかできなくて、コーヒー豆使って、足し算や引き算をしていた。
周りの環境って影響あるよな。初期の作品はぱっとしないけど、中期、後期の作品群は素晴らしすぐる。

636 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 06:09:02.55 ID:4Ycsrn8DO
この世は金が全てw
富裕層の子供は楽だな

637 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 06:10:43.42 ID:tS0WO8Km0
>>631
それとIQ関係無いやん
その大学教授が普通よりちょい上の脳みそで努力家で、
自分が苦労した分、子供は甘やかして不自由なく育てて、
子供は勉強しなかった結果中卒って線が濃厚だろ

638 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 06:12:45.64 ID:/N+A5TMY0
>>608
今とは制度が違うのか知らないけど、後期の論文だけで入った奴がいたから。入学後に陰で、なんであいつが、と言われてたっけw
お受験なんて才能とは無関係。

639 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 06:12:49.28 ID:IezhFFbk0
努力と思ってる時点で凡人だろ
天才は楽しいとか当たり前の感覚でそれをやる

640 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 06:13:06.86 ID:J6/s5fp+0
>>637
勉強しなかったっていうか、地頭が悪くて出来ないからしないんだよね
面白くないわけだから
次男にその傾向が出やすいことから、父親の年齢が若い時の子供の方が、IQは高い傾向があるんじゃないの

10代でデキコンした土方の子供の方がIQは高くなりやすいってこと

641 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 06:13:46.52 ID:XDdcyexp0
>>631
医者の子は医者がかなり多いから。
医学部の親が医者率は高いよ。
間違っても中卒はないから。

642 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 06:13:52.35 ID:tS0WO8Km0
あと、母親のIQも遺伝すっからね

643 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 06:15:18.65 ID:ZpV3vOgr0
ダイヤでも研磨しなけりゃ只の石ころ

644 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 06:15:28.44 ID:J6/s5fp+0
だからIQは遺伝しないってw

645 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 06:17:09.35 ID:HDZIbVOZ0
クレジットカードの異常性を扱った番組がYouTube、ニコニコ動画、NHKアーカイブスから完全消去
http://fox.2ch.net/test/read.cgi/poverty/1411470776/

646 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 06:17:37.64 ID:XDdcyexp0
>>644
江崎玲於奈 優生学で調べてみ。
ノーベル賞学者でさえ思いっきり遺伝だって言ってるから。

647 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 06:18:29.58 ID:SQ8pvSTfO
そこいらにゴロゴロ転がってる才能を、いちいち天才と言ってたら、世の中どんだけ天才だらけなのかね。
医者の息子は医者だから云々って語ってる時点で、物事がよくわかってないと告白してるような話ではないか。

648 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 06:19:54.84 ID:J6/s5fp+0
>>646
だからそれが間違ってるんだって
父親が若い時の子供の方が優れている
親のIQは遺伝しない
ただ経済力や学習環境受験テクニックは能力とは関係ないから、親が高学歴の方が大卒になりやすい傾向
あるってだけ

649 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 06:19:55.69 ID:U5ecfl2/0
>>644
遺伝もあるだろうけど後天要素が強いとは思う

650 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 06:20:21.81 ID:XDdcyexp0
>>647
すごい学歴コンプだな。
医者の子供は中卒が多いとか嘘ばかり言いまくってるからいったのに。

651 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 06:21:16.19 ID:J6/s5fp+0
>>650
医者の子供に中卒が多いなんて誰も言ってないよね?
そうやって誤読しちゃうのも、能力が低い証拠

652 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 06:22:27.00 ID:QtioKpCP0
>>641
子供の頃に医者の子供の友人多かったけど、そんなに頭よくなかったよ。
ただ子供の頃から親が学習に金かけてたな。個別指導とか、塾とかいろいろ。
高校くらいからそれなりに伸びてたな。

学歴は資金面が重要だよな。あと子供の頃に色んな体験をさせられるし。
てか家にお手伝いさんとかいるのが普通だったしな。

653 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 06:22:27.07 ID:tS0WO8Km0
>>644
するよ

>>648
精通した瞬間子供作ったらすごいIQの奴が生まれんのかいな
ありえん

654 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 06:22:28.39 ID:XDdcyexp0
>>651
よくある話って言ってるだろうが、、、
もう病気だな。

655 :名無しさん@0新周年@転載は禁止@転載は禁止:2014/09/24(水) 06:23:05.36 ID:E4FLk5Kb0
何でそのへんにゴロゴロいる医者が天才として話が進んでるの?w
天才クラスとは最低でもノーベル受賞とか教科書に名前載るレベルだろ

残りは凡人でOK

656 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 06:23:32.27 ID:SEYc0yBHO
中途半端に賢い子供はどこにでも生まれて努力もするけど、やっぱり環境だと思う。
勉強は高校に入ってからめちゃくちゃするようになってテストも百点でないとしょんぼりだったけど、大学は模試で確実だった私学に行った。
これが国立に行けって家庭だったら国立行けたから行ってた。

657 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 06:23:34.37 ID:jcjYYgAC0
>>625
鳩山一家

658 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 06:24:08.57 ID:+h7m6n3k0
人間は時間をも越えることができる

659 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 06:24:25.77 ID:QtioKpCP0
医者の子供が、子供の頃からよく言ってるのは、家を継がなくちゃならんってことだな。
勉強ができるできない以前に、家庭環境がある程度の動機付けにはなってると思うわ。

660 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 06:25:08.94 ID:J6/s5fp+0
>>653
極端に言うとそういう事だと思う
ただ、若い時に結婚して子供を作る男は女より少ないし
ほとんどが土方などの低学歴がほとんどだから、ケースが少ないだけかと
それにせっかく高いIQで産まれても、親が低学歴だから子供の進路を間違えやすい為
低学歴になってしまったり

661 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 06:25:33.34 ID:kDhgNnrf0
クレジットカードの異常性を扱った番組がYouTube、ニコニコ動画、NHKアーカイブスから完全消去
http://fox.2ch.net/test/read.cgi/poverty/1411470776/

662 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 06:26:41.39 ID:IezhFFbk0
>>659
八百屋の子が八百屋継ぐのとなんら変わんないよね

663 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 06:27:04.03 ID:/ELYHeW40
俺を含めて家賃8,000円の市営住宅の住人500人に大学進学した奴なんか1人もいなかった。
ネットの普及によって社会の現実を知り、出自にコンプレックスを抱くようになってからは
シングルマザーである母親を常に罵倒し続けてきた。

「お前のような高卒でパート勤務の底辺が簡単に股広げて子供をポンポン生むから、ますます社会に迷惑かけるんだろうが!」
「何で日本国民に迷惑かけてることを自覚できなかったのだ?何で俺を生んだんだ!」
「お前ら「学」がなかった子に生まれた俺もやっぱり低学歴だよな、格差は連鎖するんだよ」
「東京の世田谷や六本木ヒルズの住人500人に抜き打ちで学歴を調べて高学歴率がゼロなんてあり得るか?
 どれだけ異常なことか、低脳のお前でも分かるだろ?」

本来ならば命を絶って国民に謝し奉らなければないと思うが、根性のない俺にはできない。
よって、この連鎖を断つために子孫を作らず・残さずという強固な信念を持つことによって国民に謝したいと考えている。

「罪深いお前らでも、俺一人しか子を産まなかったのが唯一の救いだ、そして俺は連鎖を絶つために子は作らん」
「なぜ泣くの?これ以上日本や国民に迷惑をかけるわけいかないだろ?俺らのような底辺が増産されても害でしかないんだよ」
「俺らは生まれてくるべき人間じゃなかっただろうが!」

母親は俺の罵倒で涙を流すこともある。
2ちゃんで毎日のように見かける「片親・貧乏人・底辺への罵詈雑言」がフラッシュバックしてきて、
テーブルに顔を埋めて泣いている母親の後頭部を思い切り殴りつけ、顔面を強打させたこともあった。
だが、これが本心なのだ。

664 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 06:27:48.07 ID:tS0WO8Km0
>>660
IQ高けりゃよほどひねくれものでなければ、低学歴にはならんよ。
勉強しなくても学校レベルの問題なら、たまに授業聴くだけで解けちゃうから。

665 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 06:28:30.18 ID:qIMc7nHc0
人と同じ事をやっていても、人以上の結果を残すのが天才という考え方だと
それは素質そのもので
人一倍努力が出来るからこその天才という考え方だと
表現的には秀才という感じかな

666 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 06:28:47.13 ID:inGb2rsy0
オイラー:ドラマー
ガウス :漫才師
ガロア :おれに輝けと言っているひと

667 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 06:29:35.65 ID:/ELYHeW40
福岡県の某市の市営住宅で生まれ育った>>663の俺を含め、その住人約500人に大学進学した奴なんて1人もいなかった。
500人のうち高卒が4割、中卒が6割。

石を投げれば暴力団関係者に当たると言われていた俺らの地域では、
幼少の頃から真面目・勉強のできる奴は格好悪い象徴であり、際限なくボコられた。
小学校高学年の頃からバイク、女、シンナーも身近だった。

有明海遊びと称して、重石を付けて有明海に飛び込ませたり、飛び込んだり。
ノーヘルで単車に乗り、時速120kmで爆走したり。
国旗掲揚と称して、運動場にあった国旗に仲間を縛り付けてポールの頂上まで上昇させたり。
最初、2ちゃんで言われているDQNとは、俺の意識では普通なことで、どこがDQNなのか理解できなかった。

俺は2ちゃんねらーから説教される。
親のせいでも周囲の環境のせいでもなく、お前本人のせいだと。人のせいにするなと。

俺自身が努力を怠った事は認める。反論の余地もなかろう。
だが、インターネットや携帯電話が普及する以前に生きていた当時の俺はどうすれば良かったのか。
あの環境が俺の全てであり、思想・考えが全てであり、それ以外の世界を知らなかった。

俺は今でも宇宙人の存在や文明を知らない。どうやって宇宙人と同等に努力せよ、追いつけ、追い越せというのか。
それと同じだった。俺は自分の世界しか知らなかった。知らされる事もなかった。

どうすれば良かったのか、俺は毎日2ちゃんねらーに問いかけながら自問自答している

668 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 06:30:44.96 ID:J6/s5fp+0
>>664
なるよ
低学歴親は神童の才能を潰しやすい
まず、子供にとって適切な学校を選べない
成金DQNは低学歴が故に、神童を白百合や青山みたいな中途半端な私学幼稚園や
私学小学校に入れたりするだろう
多くの場合、高校に内部進学出来なくて、中退するわけだが

669 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 06:31:15.35 ID:7mdkzdkf0
遺伝もあるが環境だと思うがな。
最近の統計をベースにするなんちゃって研究が多すぎるからな。
努力遺伝子でも見つかったのか?w

ある環境においておけば恐らく同様に育つ確率の方が多いだろ。
例えば高校で1つの部活が全国大会で優勝すると他の部活も全国大会で
いい成績を収めるといった効果の方が多いと思う。

親がある程度の地位や経済的な余裕があるとどうすればなれるのかとか
なれるんだという気持ちになれるという力の方が多い気がする。

670 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 06:32:20.22 ID:kkA3iaxX0
遺伝6割、環境4割くらいだな
もうデザイナーベイビー解禁しちゃいなよ
何かの才能を持って生まれた子供をデザイン出来た方が人類にとってはいいよ

671 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 06:33:14.19 ID:7mdkzdkf0
>>664
IQは学歴にはある程度相関性はあるけど
IQは学歴を保証しないよ。
大学までは記憶力だけでなんとかなるのが少なくとも日本の現状だよ。

672 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 06:33:55.89 ID:d/4zj9pg0
>>4は釣りの天才だなwww
唯一気に入らんのは、「フランスに渡米」が抜けている事だwww

673 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 06:34:32.45 ID:SEYc0yBHO
>>663
今は学ぶ場所が沢山あるから行ってみたら良いと思う。
自分も今は専業主婦だけど大学時代に適当に勉強してたから、いろいろと興味のある事を一から学習したい。

674 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 06:34:51.54 ID:XDdcyexp0
>>671
記憶力だけでなんとかなるレベルの能力すらない人間ばっかだよ。

675 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 06:35:55.47 ID:veQw992d0
概ね
育ちのいい奴は生まれもイイw

底辺に生まれ育った奴は可愛そうだよな・・・・

676 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 06:36:02.82 ID:2fdYJ6yq0
>>620
全部遺伝だから心配いらないよ

677 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 06:37:24.76 ID:rVz6Jtxe0
ハゲだけは遺伝じゃないと信じたい

678 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 06:39:56.90 ID:tS0WO8Km0
>>668
>>671
何かよくわからんけど、
IQって脳内の構造と脳内物質の結果だし、
体型や肌の色、髪の毛、眼の色、内臓や病気は遺伝するのに脳だけ遺伝関係無いって事は無いと思うよ。

679 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 06:40:07.43 ID:lt/vFZJL0
国立大学に入るくらいでは天才とは言わないわな

680 :名無しさん@0新周年@転載は禁止@転載は禁止:2014/09/24(水) 06:41:24.93 ID:E4FLk5Kb0
親の経済力と子供の学力が比例しているという情報も世の中にはあるんだが、おれは全てがそうだとは思わない。
中の下〜下の上までの層であれば、それが逆転している可能性がある

親が貧乏なの知ってて子供が頑張るケースがある
親が金あると子供が努力せずにニートコースのケースも多い

681 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 06:41:41.09 ID:nMuxYdVa0
興味がもてるものを見つけたアスペが最強かもね。

682 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 06:42:24.43 ID:ZcCjABD50
大丈夫だ、おまいらの劣った遺伝子は次世代には残らない
全国200万の無職ニートが淘汰されて、日本人はどんどん勤勉で知性ある人種になる

683 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 06:42:52.25 ID:XDdcyexp0
有名中高一貫の人間ってかなりの割合は小学校低学年から
大学受験まで似たような塾に通いほとんど同じような環境で
勉強するのに大学受験時の能力にはものすごい差が付く訳で
それこそまさに才能の差で多くの人間はそれを経験として知ってるはずなんだが。

684 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 06:45:14.77 ID:XLXqwTJ+0
>>620
遺伝は関係ないね。脳は環境や努力のみ。いわゆる才能とはほぼ無関係、
生理学上の明らかな脳障害(心理学でいう”障害”は除く)でもない限り。

脳については、最新型の最速CPUや最大メモリー最大容量の同じパソコンが、
使用者(=使用環境×努力環境)によってまるで違う機械になるのと同じ。
逆に、20年前のパソコンでも使う人や使い方によっては、ある分野では最高のパフォーマンスを出す装置になりうる。

具体的には、俺の親だな。俺の親父は地頭はかなりいい方だと思う。
でも努力もしないし、人にモノを教えてもらうのが何より大嫌いなタイプ。プライドが傷つくらしい。
最終学歴は高校中退。現在の一般常識の知識は小学校低学年程度だろう。いつもトンチンカンなことばかり言ってる。
でも自分の好きな事の知識は人よりある。でもいかんせん努力しないから、幼稚園児の○○博士レベルで止まった知識。
社会人としては使えないタイプ。
そういう明確な実例があるから、脳は才能関係なし、環境と努力(努力も環境の一部、環境をつくる努力もあるが)の賜物と断言できる。

685 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 06:45:50.60 ID:inGb2rsy0
>>667 本を読め、と言われたことがただの一度も無かったのか?そんなことはあるまい。
自分自身が志を立てれば、炭坑町からだって偉人は出る。

686 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 06:46:06.44 ID:dED9mPOz0
親の生活レベルと学歴は確実に子供に大きく影響する

しかし親が貧乏・低学歴でも驚異的に賢い子は割といる
知性の遺伝子自体はどんな親・環境でも発現するようだ

687 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 06:48:02.01 ID:7mdkzdkf0
>>674
今は記憶力重要ではないとは言わないがそれより優先すべきことがあると思うがな。
大学受験レベルならどの大学でも記憶力だけでなんとかなるということが分かっていないのが
多いのかもしれない。
かなり昔のことだが自分の世代でも言われていたけど学力が段々と落ちているのかもしれないな。

688 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 06:48:30.93 ID:SQ8pvSTfO
どんな学校でも企業でも、少数のできるやつ、多数の普通のやつ、少数のダメなやつになる。
入り口で、どんだけできるやつを集めても、組織になればそうなるのだよ。

689 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 06:48:39.12 ID:SEYc0yBHO
>>683
結構普通にしてて中学受験成功の周りは多かったよ。親は水面下でアヒルみたいにバタバタしてたかもだけど。

690 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 06:48:56.25 ID:ZcCjABD50
>>683
そうか?
200人中180人以上は早慶以上に入るとこもあるぞ
落ちこぼれても公立大や青学中央あたりだ

中学入試の選抜方法がすばらしいのか、学校の教育がすばらしいのかしらんが

691 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 06:50:05.24 ID:pq4ZZms50
まあ遺伝によって決まる脳のハードとしての性能差はあるんだろうが
要はそれがどれくらいの差かって話で

そりゃ倍も違えば遺伝で全て決まってしまうって話だろうし
数%なら後天的学習で補って余りあるって話になるだろうし

あと話に出てないと思うけど
首から下も大事だよね
多少の頭の良さなんか体力・馬力でカバーできるというかw

脳のパフォーマンスを良好にキープするにはやっぱ体力が必要

692 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 06:50:58.80 ID:bYV7qvSI0
努力は才能ね
あーオレ分るよ
オレあんま頭よくないので学校の教科で社会とかが苦手だったから
努力しないじゃなくて最初から努力できないんだ
なんていうかな 一種の勘みたいな あーわかる!みたいな感覚がない
どこからどう努力すればいいか分らないw

693 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 06:51:42.73 ID:ZcCjABD50
環境要因が大事だと思うな
周りがやればやるんだよ
周りがやらなきゃやらない

人間は社会性のある動物だからね

694 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 06:52:55.35 ID:MJZLIZ8G0
100%遺伝or環境どっちかってことはないだろうな
発達ニートの俺が言ってもしょうがないんだけど

695 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 06:53:13.47 ID:9FoIyZWr0
>>584
物事をとことん突き詰めた人は、才能は遺伝だってことを嫌っていうほど見てきたんだろうな

696 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 06:53:49.39 ID:IezhFFbk0
天才は努力とか大っ嫌いだろう
天才なのに唯一理解できない言葉が努力なんだと思うわ

697 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 06:54:55.08 ID:pq4ZZms50
まあスポーツの世界はしゃーなしだわなw

陸上競技で黄色人種が黒人に勝てんだろw

698 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 06:55:02.22 ID:XDdcyexp0
>>690
有名って東大や医学部に多く入る中高一貫の事だよ。
サピや四ッ谷行って鉄緑のようなとこに通うという
全く同じ過程を辿っても差がつくってこと。

699 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 06:56:50.83 ID:hGtAj4S80
優生学は正しい???

700 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 06:57:13.87 ID:SQ8pvSTfO
>>697
そういうのは普通、才能とは呼ばないがな。

701 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 06:59:07.18 ID:IMYY2Iok0
>>1-690
オマイラ全部間違っている
天才かどうかは前世の行いで決まるのだ
オマイラ来世も期待できないから、気にしなくてよろしい

702 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 06:59:21.33 ID:dED9mPOz0
>>695
知性も同じで、生まれつき良い人には一般人がどんなに努力してもかなわないと
思い知ることがある。
ただし死ぬ気で努力すれば生まれつき良い人の8割近辺までは上昇することは可能だな。

703 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 06:59:23.98 ID:MJZLIZ8G0
>>685
真の底辺はマジで読書の概念ないよ、そもそも知的好奇心の概念がない
学の無さ故に諦観だけで閉塞的に生きてる
そういう社会で育ったらめちゃくちゃになるのは本人のせいじゃない
逆に環境がしっかりさえしてれば発達障害と学習障害抱えた俺でも駅弁卒ぐらいにはなれてしまう
環境は侮れんよ

704 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 07:00:50.20 ID:bsKlsGcF0
■●■






https://www.youtube.com/watch?v=UDYdnLovdfI



■●■






https://www.youtube.com/watch?v=UDYdnLovdfI



■●■






https://www.youtube.com/watch?v=UDYdnLovdfI



■●■

705 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 07:01:41.77 ID:GrpMf1NvI
天才と秀才の違いもわからない奴が大半。
早稲田だの東大だの、そんな勉強ができる程度の人間を天才とは呼ばない
勉強できる奴はただの秀才。秀才と天才の違いを>>1は言ってるというのに

706 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 07:02:46.70 ID:5xWWx8tR0
>>683のような朝鮮人がまたうさばらししているね。

恐らく、現実世界では李氏朝鮮人のような利己主義者の
飼い犬のような人生でも送っているのでしょう。

天才はいるんですよ、昔から。
歴史上に天才は数多く登場するでしょう。

そして、Gifted自体にも個体差はある。
極めて類まれなる高度な才能を示す人間は、
アメリカやヨーロッパではhighly giftedと呼ばれている。

所謂、推定IQが160を超えるような歴史に名を残す人たちです。
ロールプレイングゲームのハイエルフみたいな命名法ですがね。

天才は存在し続けているのにそれを認めたがらない人間達は、
どこかしら、精神的な問題を抱えているのです。

サイコパスは天才を嫌います。それはなぜか?
純粋に邪魔だからですよ。自分が主役でいい人でなければ気がすまないのです。
所謂、サル山のボスザル的発想ですね。

そして、Giftedは下劣な社会では、
そういう社会である事をあらかじめ知っているから
人の山にまぎれて自分を目立たなくするのです。

光武帝も幼少期、青年期はそのような行動をとっている。
それは、光武帝はあらかじめ社会を観察して熟知していて、
自分の能力が目だつ事によりどういう事になるのか知っていたからです。

GiftedとTaltentedの違いはそこにあります。
Talented は 外界に対し好奇心旺盛ですが、
Giftedは外界の情報を既にある程度分析して知っているのです。

ですから、GiftedとTalentedは良好な関係を築く事が出来ます。
なぜなら、Giftedの話はTalentedにとっては面白いからです。

アンチ・インテリジェンス・アクティビティが発生するのは
その多くが利己主義的な保守的思考が理由です。

つまり、インテリジェンスを阻害しているのはサイコパスなんですよ。

707 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 07:04:44.51 ID:XDdcyexp0
>>706
反論できないと朝鮮人認定か。

708 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 07:05:13.85 ID:WLEFbqDbO
>>680
そうだね。自分は旧帝(2001年)卒だけど、母一人子一人だからと頑張って進学してきた同級生の友達と結構出会った。
中には父親が誰かもわからないという出児の子、親がアル中でどうしようも無くて、でも自活しようと頭使って確実に稼げる学部選んできた子なんかもいたよ。
そしてまさに彼ら彼女らは晴れて一流企業へと。

毒親から独立することには苦労してたけど
家庭を持つようになった年の今、みんなかなり幸せなほうの部類の生き方してる。氷河期世代なのにな。

努力も遺伝とか言うけど、代々遡ってみれば誰にも働き者と怠け者とが居るもんだ。

自分だって、親戚の付き合いが濃いから数代上・下まで顔見知りなんだが
チンピラでお縄になった奴から銀行の幹部近くまで行った者、プーで親の資産食い潰した奴から、元々無いとこから弁護士になって身をたてた者、名工の弟子に入った者、農業でブランド野菜確率した者まで多種多様、色々いるぜ。

だから「俺の不遇なのは生まれのせい」とかって
嘆いてるその時間自体がもうナンセンスだな。

低能や無教養な親の下から東大は難しいかもしれんが
幸せに生き抜くための能力を身につけるチャンスは、誰にも備わっているとは思うね。

709 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 07:05:43.15 ID:UfhQV6vs0
>>1
ウンコリアンはDNAも環境も劣悪だから救いようがないんだよなあw
早く死滅させたほうがいいwww

★ キ チ ガ イ 反 日 極 左 犯 罪 民 族 朝 鮮 人 工 作 員 記 者 一覧
・ジーパン刑事=無糖果実=幽斎(剥奪)=プーライ(剥奪)=擬古牛(sc):正体は「丑田滋」(元朝日新聞記者).「うっしぃ(うし)」から改名.複数のキャップを取得して工作している.参考URL:ttp://uni.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1354715847/
・Hi everyone!(剥奪):正体は「安田浩一」(キチガイ極左ジャーナリストの通名.本名は「アンホイル」).「諸君(もろきみ)」から改名。参考URL:ttp://anago.2ch.net/test/read.cgi/tubo/1409010513,ttp://www1.axfc.net/u/3219467
・イマジン:数少ないもろきみの盟友.
・シャチ,Twilight Sparkle,theMiddleAges,ニャー雄一(剥奪),海亀さん(剥奪),ネルマン(剥奪):上記三匹と同類のキチガイ極左.嫌儲出身

710 :名無しさん@0新周年@転載は禁止@転載は禁止:2014/09/24(水) 07:06:25.05 ID:E4FLk5Kb0
俺も遺伝は関係ないに一票かな
勉強なんてアフォ誰でもでも理解できるし
センターで満点近く取ろうが、たかが高校生のお勉強でしょ?w
医者でも頭がいいとは思ってないから

学歴社会も矛盾だらけだよね。学歴採用している企業は軒並みダメになってるし、国Tも同様。

科研費なんて殆どがマスタベーションか趣味の世界で、湯水のように税金が無駄になっている。世間様に役立つケースなんて殆どないだろう。

高学歴が日本をダメにしていると言われたら、誰も否定できないよね。

711 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 07:06:42.04 ID:K0eZWCuv0
>>1
簡単だよ。定義の問題でw

ゲーム:
完全に Aでない様に Aと認められてはならず Aの本質である。
これをやってからの話。
ただし マッタク見えないこと。
コレが天才の最低限の資質だ。
表に生きて出たものには居ない。 事実そうされるね。
画家でもブッダでもイエスでもまずそうだ。
認めるゴッコはあるがセカンドラインだ。
これは天才’としかいいようが無い。

712 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 07:06:45.09 ID:BnS5e4ZI0
この程度のことしたり顔で言ってるようじゃこいつの人生無駄だったな

しかも結論出てないし方向付けも間違ってる、もうしねよ

713 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 07:09:24.71 ID:SQ8pvSTfO
>>705
エジソンの才能と努力の話によれば、1パーセントの才能がないやつは、どんだけ努力しても壁をこえられない。
ところが、ここで言ってる医者の息子は医者と言ってるやつもそうだが、
ヘタすると、勉強のできる名もなき官僚のほうが、エジソンよりも天才であるって言いそうな、笑えない状況。

714 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 07:10:26.89 ID:K0eZWCuv0
ゲーム[預言者]:
完全に 「預言者」でない様に 「預言者」と認められてはならず 「預言者」の本質である。

ゲーム[英雄]:
完全に 「英雄」でない様に 「英雄」と認められてはならず 「英雄」の本質である。

ゲーム[天才]:
完全に 「天才」でない様に 「天才」と認められてはならず 「天才」の本質である。

そんだけさ。
望んだ奴が偽者であることだけが確実だ という 認知=ゼロ型逆フィルタゲーム
これが 天才をふくむ 認知サブゼロゲーム だ。

715 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 07:11:23.69 ID:dED9mPOz0
こうした研究はまだまだ氷山の一角というか一面的な気がするね
知性に関係のありそうな遺伝子はどうも多種多様らしい
知性遺伝子の候補は数十個はありそうだ
だとすれば秀才・鬼才・天才など高知能者に様々なタイプがあるのも
知性遺伝子群の組み合わせの差として説明ができる

問題は知性遺伝子群が一定の好環境がなければ現実には発現しないのか
それとも劣悪な環境でも発現することがあるのかという点だろう
身近で見る限りどんな低所得家庭にも驚くほど知性の高い子は生まれる
もっともそれが学歴につながるかは社会の支援によるだろう

716 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 07:11:47.40 ID:MJZLIZ8G0
>>710
学がない例

717 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 07:12:35.06 ID:IbCw0XdMi
うちの子はやれば出来る、じゃなくて、そもそもやる事が出来ないんだ

718 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 07:13:07.37 ID:K0eZWCuv0
コレは無論 @無理ゲームではない し A出来るゲームではない。
これだけをまあ否定的極とおく というタブーゲームで簡単だ。
やりゃあいい。まずはそこからだ。

719 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 07:13:11.49 ID:32RhLJ8i0
>>1
そりゃそうだ。
脳のつくりを決めるのも、脳内ホルモンのバランスを決めるのも、
全部遺伝によるものだからな。

要は人間の性質など生まれたときに決まってるということ。

720 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 07:13:16.09 ID:bYV7qvSI0
凡人は極端を嫌う傾向
平凡が一番自分にとって都合が良いから
下手に短時間で成果を上げると意味不明な絡みが待っている
そのあとは当事者は適当に合わせる行動をとる

721 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 07:13:26.45 ID:2dmXGGKj0
>>1
それ一番いわれてるから
でも、努力しまくってるのに成果が出ないジャップはどうなるんだよ!

722 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 07:16:23.84 ID:32RhLJ8i0
>>710
> 俺も遺伝は関係ないに一票かな

んなわけない。

> 勉強なんてアフォ誰でもでも理解できるし

ところが出来る奴と出来ない奴がいるのが現実。

723 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 07:16:46.13 ID:4/kCmSj00
そろそろ価値の転覆をやらかそうぜ
努力しない才能を発明して、努力者に無理やり突きつけて劣等感を持たせるんだよ
こっちとしては、生きてるだけで才能になるし、勝手に努力する輩が勝手に落ち込むだけで何も損はない

724 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 07:17:00.88 ID:oXHiDmLv0
お前らは才能も努力も劣等遺伝子だからニートなんだろ?

725 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 07:17:07.81 ID:pq4ZZms50
まあ「頭の良くなる薬(アイテム)」なんてのは不老不死とか永久機関と同じような人類の夢だわなwww

726 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 07:17:37.60 ID:MJZLIZ8G0
>>724
そうだよ

727 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 07:18:07.00 ID:IezhFFbk0
凡人達が自分を利すると判断した時だけそれを天才と認めるのかもな
そうではなければ潰されるのが大抵

728 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 07:19:16.90 ID:5ORqba8B0
>>12
今までに何度となくコピペされた釣り針です。
真剣に答えないように。

729 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 07:19:28.45 ID:7l6/8rFF0
×努力する才能
○効率よく物事を理解して吸収して、さらに昇華でき、かつそれを継続できる才能

730 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 07:19:50.58 ID:bTVpilFU0
>>38
難しいのはそういうわかりやすいのよりインチキ兄貴や偽エリートの存在と思う
インチキ兄貴や偽エリートは本人たちが自分のことに気付いていない
会社が傾いてもまさか自分たちが負担になっているとは気付かない

731 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 07:20:37.46 ID:EhubZde90
>>724
ゴッホも何やっても務まらなくて二十代後半から弟に生涯食わして
貰ってたからな、天才ってそういうもんだろ。

732 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 07:20:50.03 ID:Ee0T+nGv0
例えばお前らが努力したとして、総理大臣になれるの?

733 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 07:20:50.57 ID:dED9mPOz0
頭のよくなる薬を描いた映画リミットレスは結構面白い
なるほどと思ったのは頭が良くなると不安も恐れもなく
何の障害もなく過去に得た情報が整理されて即時に取り出されるという点だ
たぶん何の苦も無く一流校に進学する者の数%はこんな感じなのだろうな

734 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 07:21:30.42 ID:GuB7eajiO
努力も才能のうち

735 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 07:21:35.17 ID:ioqQilXx0
>>715
マジかネタか分かりかねるが?
そういうのって、>>1のような研究をする人にとっては大前提

一遺伝子座支配なら、話は極端に単純化できる
ポリジーン支配であることは言わずもがな

736 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 07:22:51.74 ID:L0GyALMI0
なんでも遺伝子にするなよ
必要なのは本人の意志だけ

737 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 07:23:02.56 ID:EXDBbujV0
天才だから出来るようにわけではなく
成功する確率が少し高いだけなんだぜ

738 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 07:23:08.55 ID:4/kCmSj00
>>733
あれは演出上意図的に画面明るくしてたりしてるから完全に映像的な快楽なだけだけどね

739 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 07:24:06.78 ID:K0eZWCuv0
自他ともに認めた瞬間に 自他ともに偽者だと判るように設定される概念群
この概念関数の代表例が 天才であり
中世では 概念関数[冒涜] [超越=実現] [概念の自己偶像化] とされ その主張は正しかったもの。
天才の実現 とは 完全反面教師の事だ。
そして 概念がこれなので これしか意味が実はない という内容である者。

これが外部的定義。異論は認めない。
人間は自己偶像的である。
これだけが認められ、且つ偶像だと蔑まれる。

740 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 07:24:23.72 ID:MJZLIZ8G0
>>731
天才以前にゴッホは筋金入りのメンヘラだろ
紙一重といえばそうなんだが

741 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 07:24:38.18 ID:Gs3zANUe0
>>12
3年ROMってろ!

742 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 07:26:16.57 ID:Gs3zANUe0
>>169
3年ROMってろ!

743 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 07:26:49.31 ID:9V42KTQj0
数学とか音楽などの特殊技能は、遺伝が9割だろ。

744 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 07:27:08.74 ID:T6HCNju/0
占い板で大まかなスパンで運勢を占って当たってるの見ると、
生まれた時から決まってるんじゃね? と思ってしまう。
スタップ笹井のメンタルやばい(自殺あるかも)、みたいなの
占星術で当ててたし。
運勢の流れを出生時のデータで見ることができるなら、
もう決まっちゃってるってことじゃね?

745 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 07:27:51.42 ID:pQQP2zx10
今こそ鹿児島県と宮崎県の畜産農家を根絶やしに!

ここを壊滅に追い込めば日本の畜産は壊滅し

安く安全な外国産肉が大量に輸入できます!

お隣韓国では松阪牛を超える品質の和牛も

開発されました。

土人国家は焦土にせよ!


WHOと国連が連動する予定です。

近日全国活動展開します。

ご協力宜しくお願いいたします。

746 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 07:28:21.87 ID:IezhFFbk0
天才が優れているというよりも
凡人が馬鹿過ぎるんじゃないかとも思う

747 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 07:29:47.26 ID:K0eZWCuv0
テスト

「お前の概念よ。 お前のミルクの白がどのような白であるか そのままで在るように白いと言え。
日の光でもいいぜ。貧弱な形容どもよ。実は自分から外れ続ける出力群がw」
これが
最初。
わかっていて誤解されることが仕事だという まあそういうお仕事はある。
殆んどの場合 ゴカイは有害だ。
これが アーティストが地獄を作り出す理由。カリグラをみなよ。地獄だ。

748 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 07:30:30.12 ID:1HLJyT4u0
「天才は1%の才能と99%の努力遺伝子である。」

749 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 07:30:36.56 ID:MJZLIZ8G0
>>744
そういうのは大量に説が垂れ流されてて、当たったやつだけ注目されてる
人生に規定路線があるとしたらもっと物理学的な現象だと思う

俺は自分の血液型知らないんだけど、他人には全種類言われたことがあるから占いは信用してない

750 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 07:31:43.86 ID:bYV7qvSI0
所詮 常識とか善という盾を武器にして甘い汁を吸ってる奴
が横行する世の中
それが悪だと断定はしないが善だと断定するのもいかがなものか?
異常事態の世の中

751 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 07:33:01.64 ID:NKlb+KA70
ものによって違う
短距離ランナーみたいなのは生まれ要素が強いけど
音楽みたいな複合的なものは結果出したやつが天才と呼ばれる

一家に1人天才がいて
学級にも1人天才がいて
学校にも1人天才がいて
国にも1人天才がいて
地球にも1人天才がいる

天才は集団の中の神的な存在

752 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 07:33:27.90 ID:WYViRSix0
努力でも才能でもなく摂理
いやもっと言えば運命
天才は生まれるべくして生まれ
常人離れした才能を爆発させたあと
大概は短く不幸な一生を終える

753 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 07:35:08.22 ID:xnivvcdf0
まぁ、勉強っていうか、知識を学習しないと人間はただの、動く化け物。

754 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 07:35:53.73 ID:SEYc0yBHO
ゴッホの荒い感じの油絵が認められた事が奇跡にも思うけどね。好きだけど。

755 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 07:36:50.62 ID:3FMA2GXW0
>>4
釣り針は4本か。
長文のわりに努力が足らんな。

756 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 07:36:56.10 ID:K0eZWCuv0
自他ともに認めた瞬間に 自他ともに偽者だと判るように設定される概念群

これと 中心と外部 人と人_間
これを掛け合わせたもの。

これが天才 ヒトアイダ主義 のつくりで これも天才と言うには操作的過ぎる。
これは 記号処理。

[0MOD0[0MOD0]  [0 mod0[0 mod 0]

この形式の全てが まあ天災たる天才だろう。

ヲワリ QED 異論は認めるw

757 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 07:37:25.50 ID:va9dB/QE0
>>752
宇多田ヒカルのことか

758 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 07:37:45.96 ID:k67HGrxQ0
10000時間の法則?

759 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 07:37:50.64 ID:YqJqJj8P0
>>22
クララの家はフランクフルトだからドイツ語だろ。

760 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 07:38:08.11 ID:q4zMFyVu0
裕福な親と貧乏の親の赤ん坊を取り違えしたら
どっちが優秀になるのか

裕福な家の方が優秀だと思うぞ
でなければ教育などいらん

761 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 07:39:58.82 ID:g3RAr2AP0
鎌倉時代に某Nさんの死に水をとった人と関係あるか聞いてみたいが

付き合いがない。

762 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 07:41:46.20 ID:E5OHcGGS0
私の両親は怠け者だった。
私も怠け者の血が流れてる

763 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 07:42:04.16 ID:K0eZWCuv0
A:[0MOD0[0MOD0]]  
@ [0 mod0[0 mod 0]]
A [0 mod0[¬ 0 mod 0]]
B [¬0 mod0[0 mod 0]]
C [¬0 mod0[¬0 mod 0]]

理論的推測では 以上の天災的状況を全てコントロールするもの
と 

ゲーム:
完全に Aでない様に Aと認められてはならず Aの本質である。

とされることができたもの。
これが 理論的に推測される 天才の出発点となる。

これをやりゃあいい。

764 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 07:43:22.00 ID:K0eZWCuv0
答えは
ただの人 そのままの。
これが天災だ という点に尽きる。
ヲワリ。
原罪だな。

765 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 07:43:37.27 ID:Q/z7isgO0
ニートの俺に努力遺伝子なんてあるわけない
努力遺伝子があったら俺がニートのわけないから

766 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 07:43:54.38 ID:i/GP3V2aO
俺がアレなのは遺伝のせいだと前から思ってました(´・ω・`)

767 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 07:45:31.74 ID:32RhLJ8i0
>>736
> 必要なのは本人の意志だけ

その「本人の意思」を決めるのは遺伝にしたがって作られた脳。

768 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 07:47:10.66 ID:7Ijl0RGM0
昔、知り合いのホステスが客の医者の子生んでやっぱりこの子は優秀だった

769 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 07:48:18.39 ID:MKxeM3al0
世の中のほとんどの仕事は、創造性を求められる仕事でさえ、根性・努力があれば何とかなる。
ミュージシャン、マンガ家、小説家・・・全部そうだ。
だから、高学歴のヤツならこれらの道に進んでも何とかなるんだ。
なぜなら、彼らは子供の頃から糞面白くもない勉強を長時間に渡って続けてきたことで、
そういう過酷な精神労働に耐えられるよう鍛えられているからだ。
学歴社会は一部では批判もあるが、大企業が新入社員を採用する時、
まずは学歴でフルイにかけるのもある程度は合理性がある。

770 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 07:49:11.58 ID:5xWWx8tR0
GiftedもTalentedも、社会には必要な存在なんですよ。
そして、個人的にはGiftedは本当に危機に瀕している時にしか
正体を現さない事が歴史的には多いと考えています。

Giftedはまぎれもなく、明白に先天的才能を有している。
Talentedは学習を継続して高度に習得する才能があり、それを生かして論理だって行動が出来ます。
つまり、スペシャリストを目指す為の才能をTalentedは有している事になる。
ノーベル賞なんかはTalentedタイプの学者の方が多いんではないでしょうか?

では、GiftedとTalented以外の人間は必要ではないのか?
決してそうではありません。

なぜなら、現代の複雑な世の中はGiftedやTalentedというアバウトな才能論では回らないからです。
そして、才能ある人々たちもマンパワーがなければ物事を実現するのは難しい。

こうでなければいけないと決め付けるのが一番よくない。
自分が楽しめる学問があれば、積極的にトライしていいんです。
そういう事を馬鹿にする人間の方がおかしい。

才能がなければないで、それは仕方がない事ですが、
それは自己能力の把握に繋がりますからね。

また、才能がないから勉強しないというのは間違っています。
ある程度、数学語学が出来て、技術が理解できないと、世の中は全然面白くないですよ。
そして当然ですが、好奇心を満たせる仕事も出来ませんからね。

結果として、禅の言っている事は正しいんですよ。
人間は、自分の道を見出す事が大事なんです。

自分の道を得て、そして身近な人たちと楽しみを分かち合えれば、
それは成功と言える。

771 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 07:52:59.22 ID:K0eZWCuv0

これによって作り出される 桁群 [[[[[[[[]]]]]]]] の中に 迎え入れられる記号χ があって漸く意味を成す。
これが 天災 の実態。

その意味で三元あるいは同一二元×二元系に見えかねないもの

これを基礎にしてはじめるのが 先ずは フツー 其処から記号をどうしたか? が仕事量

これの真似事をしたのが 箱モノ。
コレは無論冒涜になる。
箱に箱入れただけだから。で最後に押し付けて 入ったものを逆にとる。これを時間差でつける。
これが 悪霊。

この全体 箱に箱を入れただけ 箱[箱]  桁[桁] ステイタス[ステイタス]  これが 箔とかブランドとか言われる記号。
むろん 悪魔だよ。 空虚だモン。

772 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 07:54:15.55 ID:4dKk4Dpvi
やっぱ努力って「根気」だから
遺伝だろうね

773 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 07:54:31.43 ID:QiPXg71C0
>>765
遺伝子ってのは、存在すればそれでいいわけじゃない。

発現しているかどうか、ONの状態になっているか否かでもある。

774 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 07:56:14.21 ID:K0eZWCuv0


コレが感覚的にすぐ判るのが フツー あるいは子供

ゴッコで意味があることにして始めるのが 投機的オトナ。

で 天災の意味が天才 になった つまり箱[箱] だけ作る専門業者が 天災なのだが〜借金作りだから〜
先にしんだものがち というカタチで天才といわれるようになった。
これが
天災。

775 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 07:57:28.17 ID:/rAFQhOk0
天才が幸せとは誰も言っていない。俺は凡才のほうが幸せになれると思う。
だから天才を見てもうらやましいとは思わない。

776 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 07:57:51.57 ID:wDZM5gz90
猥、高みの見物

777 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 07:58:27.48 ID:SZOzF+Zb0
ヒキオタ・ニートは無駄な努力をしない才能発揮中の天才。

本気出せる場所があれば、と本人は思っているが

そちらの才能はまた別物だと思うw

778 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 07:58:32.80 ID:K0eZWCuv0
BGM
箱崎晋一郎 「熱海の夜」 (1)
https://www.youtube.com/watch?feature=player_detailpage&v=5XdE018XJUE#t=16

渋滞の夜は いつも暑い

779 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 07:59:25.51 ID:q4zMFyVu0
>>772
勉強できる子は物心ついた頃から
あたりまえのように長い時間やっている
スポーツ選手の子供も子供の頃からトレーニングする
生活があたりまえになってる

凡人の子はそれがないから根気が染み付いていない

780 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 08:00:21.86 ID:QiPXg71C0
>>775
まぁ天才よりも凡人の方が
幸福を感じるまでの尺度が短そうではあるよね。
妥協するから、凡人って。

781 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 08:03:22.98 ID:SZOzF+Zb0
ようは自然体でどこまで出来るかなんだよな
だから学歴でも「家」で差がつく
目標を達成するために必要なものを空気として持っているからな。

782 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 08:04:44.40 ID:jcjYYgAC0
天才になるのは無理だけど、かといって底辺で働く人間にはなりたくない。
せめて最低でも地方国立大程度は出たほうがよい。

783 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 08:04:45.77 ID:oRs9VG/F0
努力遺伝子という名前で盛り上がってるだけで、要は真面目な性格だろ。
そりゃ遺伝するさ。

784 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 08:05:19.09 ID:08G9KV/gO
ガウスみたいな突然変異的な天才も居るからなんとも言えん。

785 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 08:05:22.17 ID:K0eZWCuv0
ex

「やったもんがち」

説明 
コレは現代国語が常にそうで在るように 下の句が抜けている。
そのため誤解され易い。
これは 「君子豹変す」 が下の句「小人面を革む」 抜きにされがちなのと似ている(通常相手の知性を尊重し知ってるものとされて省略形が用いられるというエセ知識人ごっこが問題の温床だった。やかん。)

「やったもんがち あとすぐ死ねば」
これが 全句である。

786 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 08:05:49.35 ID:lVtQ2v1A0
競走馬だって遺伝と環境でほぼ決まるのに
同じ動物という次元において
人間だけ違うとか傲慢もいいところ

787 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 08:06:44.32 ID:9dU4TDii0
「努力をしても超一流になれないから」つって
努力を完全に放棄するバカが何人か出てくるんだろうなあw

788 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 08:06:59.03 ID:jcjYYgAC0
だけど子供が2人いても性格は全然違うし、頭の出来も違うことはある。

789 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 08:07:04.38 ID:WLEFbqDbO
天才を排出する比率を研究するより
天才になりたがる人間の比率(或いは性質)を研究したほうが面白そうだけどな。

努力する才能の無い奴ほど、天才になりたがるんだよ。
そういう奴はちょっと努力して並の幸せ手に入れるくらいじゃ不満なんだよなー…
その時点で、そいつに備わってるのは天賦の才能じゃなくて只の自己愛でござるって証明なんだけどな。

790 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 08:07:16.29 ID:QiPXg71C0
>>751
言い得て妙だな。
天才と言われた人がその道のプロになったら、その中では並だったと。

791 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 08:07:25.85 ID:K0eZWCuv0
BGM 遠い渚にて シャープ・ホークス
https://www.youtube.com/watch?v=VStpmi49R9I

792 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 08:08:02.69 ID:cuBPB7lo0
有りそうな説だけど、>>1を読む限りは、それを言いたいがための恣意的な研究にも思える。
「努力」の定義も曖昧。嫌々やるものか自ら進んでやりたいものかで、科学的には全然違う見方をしなきゃいけない。
ただしそれはアンケートで簡単に分かるようなものでもない。

793 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 08:08:13.12 ID:ysbiTkYY0
>>4
面白いw

794 :野口悦男@転載は禁止:2014/09/24(水) 08:08:45.64 ID:KFR0i0Kui
子供の頃学校の先生が、努力出来るのも才能のうち言うてたなぁ。

795 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 08:09:08.51 ID:5xWWx8tR0
しかし、ガリベン苦行僧はいただけません。

彼らの行動原理は、”苦行をすればさらに上位の存在になれる”と信じた
原始宗教の信者そのままです。

ガンドゥムにたとえると、強化人間です。
人格も、文化の習得も、全てを犠牲にして、GiftedやTalentedに対抗しようとする存在、
それが、”ガリベン集団”です。

現代日本の大企業幹部には、GiftedやTalentedではなく、
これらのガリベニストが支配的存在になっている、だからおかしいんです。

ガリベニストに文化と問えば、それは”ガリベンをする事”と回答が返って来る。
狂信者ですよ、既に論理が狂っている。

彼らにとってはガリベンだけが人生であり、それ以外の存在は受け入れられないのです。
それを受け入れる

その悲劇の発端は、GiftedやTalentedに対抗しようという敵意であり、
チームワークという観点で言ってもガリベニストは好ましくありません。

もちろん、ガリベニストはガリベン経典である”学歴”が重視されます。
そこでは、現役が一番偉いとか、大学名だけが重要で研究内容は考慮しないとか、
大学での成績は受験時の成績より重要ではないとか、
新入社員は一番下っ端であり、等しく奴隷でなければならないとか、
とんでもない文化になっています。

日本企業がコンシュマーで負け続け、日本社会が崩壊するのも当然の話です。
ガリベン教の教義は全然現実にマッチしていないからね。

ガリベン教は日本でもっとも悪質なカルト宗教です。
その信者は、今や何千万人といて、創価学会以上に影響力が大きい。

そして、そのガリベン教を作ったのも、左翼の朝鮮人です。

796 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 08:10:10.45 ID:K0eZWCuv0
http://img.yaplog.jp/img/04/pc/a/w/o/awoi-sekai/0/840.jpg

797 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 08:10:44.13 ID:jcjYYgAC0
>>790
アホの戯言くらいにしか感じないな。天才はアホの集団の中の
一番じゃないよ。凡人には一生出会わない、頭脳集団の中の一番が天才だよ。

798 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 08:12:26.71 ID:mMKHat/wO
天才を努力の産物なんて言うのは
本物の天才を知らないやつの言葉
しかし天才じゃなくても努力すればソコソコの所まで登れる

799 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 08:12:29.68 ID:ky+3hXw7O
模型を毎日三時間作る
好きな人ならまったく問題ないがそうでないなら苦行だろう

勉強も同じじゃないかね

800 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 08:12:57.92 ID:T7Uhyxzn0
エロソムリエの俺、父はどうだったのだろう

801 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 08:13:20.44 ID:0uCbfXGX0
>>4
ワロタww

802 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 08:14:30.30 ID:K0eZWCuv0
いしだあゆみ 渚にて 1975
http://www.youtube.com/watch?v=61V-G3AORc0

803 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 08:15:40.55 ID:chkNluEH0
>>4
フランスに成仏しろ

804 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 08:16:43.25 ID:08G9KV/gO
>>798
ただ、そこそこで食える分野と食えない分野があるからな。
普通の仕事なら食っていけるが、棋士やスポーツ選手は天才じゃないと食っていく事もままならない。

805 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 08:18:23.19 ID:jcjYYgAC0
天才と出会うには、ごく稀に親族にいる場合を除けば、自分がそのレベルの
集団に入れなければ一生出会うことは無い。
つまり、凡人が天才と出会う確率はほとんど無いということ。

806 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 08:18:40.32 ID:ETXf0RUaO
>>803

807 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 08:20:03.46 ID:K0eZWCuv0
大島渚、寺山修司を語る
http://www.youtube.com/watch?v=vhsz7XheXd0

渚ゆう子 京都慕情
http://www.youtube.com/watch?v=vhsz7XheXd0

http://farm8.staticflickr.com/7460/9175200216_2cfa9ba074.jpg
http://blog.goo.ne.jp/livin_on_a_prayer/e/11601b55163d00e1aca466698947b6db


http://img.yaplog.jp/img/04/pc/a/w/o/awoi-sekai/0/840.jpg
CM
https://lh4.googleusercontent.com/proxy/73BIyKdKpNu-csiwjKsZJtS4qU6rFJlAFpcJRkIJTNq-PdCm0c7kkk-v7sSeJ0RgCMALzSSUTnDXG2TmLI3i0x-2WDU44X2n2Dt_tcaGGw=w506-h285-n

808 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 08:20:23.56 ID:mMKHat/wO
>>799
凡人の試行錯誤しなからの三時間を天才は五秒でこなすんだわ
しかも何も考えずにな

809 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 08:21:01.27 ID:YEjB/Gzn0
だれでも何かの才能は持ってるよ。
ひとつはソレを認めるかどうかって事。
せっかくの才能も、教養を積まない為に埋もれたままの人もいる
才能自体を自覚しても、それを良いことだと認識デキナイ奴も居る

810 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 08:21:19.19 ID:K0eZWCuv0
差し替え
渚ゆう子 京都慕情
http://www.youtube.com/watch?v=CQBtTEMCU3Y

811 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 08:22:07.66 ID:YFuzn/QQ0
この記事の写真
関節がべちゃってつぶれてこんな手じゃピアノ弾けないですよ
間に合わせで自分の子供取ったのかな、記者。

812 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 08:24:45.82 ID:en0gGeWu0
天才は「生まれ」と「育ち」だろ
典型的な二分脳だな

813 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 08:25:05.66 ID:mMKHat/wO
>>804
時代ってのもある
ボクシングの世界チャンピオンだって
昔ならゴロツキでお縄になってる可能性が高い
逆に宮本武蔵だって今の時代じゃ食うのキツイだろうに

814 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 08:27:21.08 ID:W5zJEKjh0
ごめん、、わるいが、、親からの遺伝、知能は遺伝する
ただし、遺伝子はランダムなので、、例えば父親が頭が良く、母親が低能だと
兄は優秀で弟が馬鹿と言うのもよくある。両親が高学歴の場合は、兄弟が優秀な場合がほとんど
ここで、金の話しをする奴はコンプレックスの塊

815 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 08:31:32.73 ID:pMgYw+Vu0
俺は両親は財産など一切なく子どもの頃の住まいは風呂無しアパートの2F
学も高卒で無かった。仕事も飽きやすくて長続きせず20代は半分ニート化

30過ぎで親父の泣かず飛ばず工場に行ってから一気に軍師の素材が開花した
5年で工場の借金を無くし、10年で5億程度の資産作った。年収3000万

どんなアホでも努力とやる気がすべてと言うことだ

816 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 08:32:40.57 ID:yAby9UQ70
>>12
頼むからタヒんでくれ

817 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 08:33:05.21 ID:08G9KV/gO
>>813
中世にメッシやネイマールが居ても「ただの足の早い人」で終わりだからなあ。
到底、億万長者にはなれない。

818 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 08:33:52.75 ID:DKj/w+QrO
努力をしたからといって成功するとは限らない
しかし、成功した者は皆、努力をしている

って鴨川会長が言ってた

819 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 08:33:59.67 ID:W5zJEKjh0
あと、ピアノコンクールなどで賞を取る奴、これも頭のいい奴がほとんどです
ピアノは練習すれば上手くはなる、ただしコンクールは別物
ピアノと言うと女の子と言うイメージですが、やはり極める男子は別格です。
最近はピアノ←音大目指すではありません。難関中学受験しながらでもピアノで賞取るんですよ

820 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 08:34:28.84 ID:bfu77VCf0
・自分が味わった苦痛を他人にも強制する
・他人の苦痛を矮小化して自分を正当化する
・あらゆる物事の原因を努力に求めて思考停止し
 何ら具体的な解決作を創造しない

全ての自称努力家にみられる特徴

821 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 08:37:53.68 ID:WLEFbqDbO
まぁどのみち天才ってのは親以上に(或いは親の知らないところで)周囲の人間によって発掘されることが多いんだから
まず外に出ること、色んな人間と出会うことが必須なんだよなー。

だから言えるのは、籠ってる限りはどんな才能も外に出ない。
今は時代柄、オンラインでryって運もあるかもしれんが
実際は芽が出る確率は低くなるだろう。潰される可能性のほうが多いだろうし。

あーまあ死後に認められるという、稀な例もあるけどな。
しかしそれはそれで当人幸せでないんだから、わざわざ望む道では無いだろうし。

様は、天才でも能無しでも、外に出る気力の無い(人と交わらない)奴にはほぼ同等に未来が無いよな。

822 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 08:37:56.15 ID:ysECi9MD0
DQNの子はDQN

衣食住同じなんだから、そりゃ同じように育つわな

ニートはなんだろうね
やはり、知的障害者かも

823 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 08:40:54.87 ID:QUJCVkw30
結果論
天才で成功した奴にばかり目が行って
そいつのやった過程が肯定されてるに過ぎない

824 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 08:41:11.20 ID:jcjYYgAC0
>>816
>12がバカなのはみんなご存知だよ。ただ、アホ臭くて指摘しないだけ。

825 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 08:42:36.96 ID:YrYP+T+i0
今の日本は努力云々以前のレベルだと思うがなあ
だからこそ国がヤバイことになってるんだろうが
今の日本の政財界のどこに天才がいる?

826 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 08:46:27.24 ID:1DdSHlOJ0
つーか
努力が明瞭に良い結果を生み出さない限り、努力を継続するのは難しい。
才能の違いが明瞭になると、継続するのは才能のある者であり、才能のない者は
継続を諦めざるを得なくなる。

827 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 08:47:44.47 ID:4VaIEiYN0
「努力」なんて言ってるのは鍛錬を苦痛にしか思ってない奴だけ
奇才は努力を努力とも思わず楽しみながらいつの間にか成長してんだよ
生まれつき関心の範囲や集中力は決まっていて
それを活かせたものが天才となる

828 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 08:49:13.93 ID:wV18ZLi10
悪口の好きな人は認知症になりやすい

829 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 08:49:58.78 ID:pMgYw+Vu0
成功とは人の受け売り、コピーを目指すことではなく
自分が自らのオリジナリティで切り開きカリスマになること
それが最低必要だと思ってる
それが、出来ない奴は素質がないから無理だし目指すな

830 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 08:50:37.61 ID:EXDBbujV0
努力の継続って結構お金がかかるよね

831 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 08:52:43.38 ID:q4zMFyVu0
同じトレーニングをしても差が出るのが
天才かそうでないものかの差、そこは遺伝子による

だがある程度基本の部分は訓練しなければ到達しない
ベースのトレーニングがなければ天才も覚醒しない

832 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 08:54:01.00 ID:pz1rw14i0
当たり前だ。天才でなきゃ努力は実らないから続かない。努力できるのは天才の証。

近所のバカ娘、大きな音を出しやがってバイエルがちっとも進まない。いい加減に気づけよ。実ってないぞ。

833 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 08:54:33.52 ID:WbVMIHf70
天才って突然変異でしょ
アインシュタインの子供は天才じゃなかったしアインシュタインの父親もそう
親子で東大入ってる家系もいるとか言うけど東大生なんて毎年3000人も生まれるんだからそんなの天才でもなんでもない

834 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 08:54:53.18 ID:2saHIJbpi
お前らちゃんと>>1を読めよ

学校の成績の話ではない
社会人としての能力の話ではない
金持ちかどうかの話ではない

835 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 08:58:21.15 ID:q4zMFyVu0
>>833
天才の息子が天才になる確率が低いのは
野球選手みればよく分かる、一茂とかw

836 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 09:01:44.64 ID:UC9hmNdN0
いやそもそも
エジソンは
努力99%=ひらめき1%と言いたかったのだが…
だから凡人がどれだけ努力しても天才には追い付けない

837 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 09:02:22.46 ID:pMgYw+Vu0
>>834
同じことだよ
興味を持つ。ということに尽きる
実業家なら金に、音楽家なら音楽に異常に執着することから始まる
その結果、完全にリンクしたら天才と言うことになるんではなかろうか
ゆえに興味本位や他力本願で始めたことで頂上は目指せない
アタマにバカが付かないとダメなんだよ

838 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 09:03:31.31 ID:F78kg2mR0
>>1
つーか努力できる「才能」ってなに?
努力できないのはただの甘えであって、ヒトはみな努力できる
環境の変化に対応するためだ
努力に才能もクソもない。それはただの泣き言や感傷に過ぎない

839 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 09:05:24.99 ID:4VaIEiYN0
>>760
この前裁判になった取り違えの人

貧乏末っ子→金持ち長男
の方は親の金で家庭教師をつけてもらって
やっと底辺大学行けたアホになって

金持ち長男→貧乏末っ子
になった方は自力で学費を稼ぎ苦学しながら兄弟の中で唯一高卒になれて
血の繋がらない兄弟の面倒見てたんじゃなかったっけ

840 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 09:10:09.89 ID:sNyWD7IDO
>>839
貧乏は一応ドカタ?の社長になり金持ちの方はそこそこの役職についてるんじゃなかったっけ?

841 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 09:12:53.36 ID:jdgjOyBq0
まぁ天才はそのある一分野だけに没頭してればいいから
練習時間は必然的に多くなるよな
そもそも練習することを努力と思ってんのかな?
才能がない奴はそれで大成出来なかったときのことも考えて
それだけに没頭するわけにはいかないからな

842 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 09:13:04.21 ID:4VaIEiYN0
>>840
貧乏はどうかしらないが
金持ちは長男特権で親の会社引き継ぎなので大したことはない

ちなみに金持ちの義兄弟(貧乏の実兄弟)は
それぞれ高学歴エリートで親からは独立して実業家になってる

843 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 09:21:12.35 ID:4sI+/uoXO
逆に言えばバカは遺伝ではなく親の教育が悪いだけだな。
日本はそんなやつらが警官や自衛官だけどな。

844 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 09:27:05.94 ID:Oi4AbIdm0
>>119
まあアメリカは出る杭が打たれる社会だよな。
才能あって積極的なガキを、大人がよってたかって
陰険なやり方で潰すという大人げない集団。

アインシュタインもガキの頃から徹底的に考えるタイプだったから、
学校や周囲からは愚鈍に見えて馬鹿扱いされた。
社会性も乏しいから教授ともうまくやれず、
ポスドク問題と同じく大学に職を得られず、特許庁の窓際職員で辛うじて食いつないだ。

エジソンも周りから浮きまくって、ユナボマーは天才だったのに周りからはぶられて
無差別爆弾魔、ゲイツもスピルバーグも周りからいじめられまくり。

アメリカで優秀なのは外国人や非アメリカ的な人物ばかり。

845 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 09:29:15.86 ID:bpmvQ3A+0
俺らは虫とあんま変わらんよ。
プロセスが複雑なだけで考えたり感情的になったりするのも
遺伝子や脳の命令だし。

846 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 09:30:50.28 ID:YrYP+T+i0
一日で数千レスするような2ちゃんの天才は天才と呼ばれないw
誰だって才覚はある、それが社会に認められるか否かの違いでしかない

847 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 09:33:02.28 ID:GOxLKmro0
>>74
たいていの競争社会ってトーナメント形式だからな
それまで無敗で挫折知らずだった者が上のステージで勝者と敗者に分かれ
勝者はさらに上のステージ行けるけど、敗者はそこまで
頂点に立った1人かせいぜい2〜3人以外はどこかで挫折し脱落してく

どうせ負けるのなら早めに負けといたほうが人生幸せに過ごせたりするよな・・

848 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 09:33:06.88 ID:1OEFsnsS0
歴史に名が残るような突然変異みたいな天才ならともかく、
「その道で食っていける」程度の才能は、努力でどうにかなるレベルだろ。

849 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 09:47:39.19 ID:hgwC0uPP0
答え:天才は幼少時代の育て方と環境で決まる

850 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 09:49:06.31 ID:lWiNbbmjO
天才って、天から授かった生まれついての才能を持つからこその天才だろ、ギフテッドみたいなもん
生まれの方だろうな
天才とかギフテッドの方は教育して天才に、ギフテッドになるよう育てる
という使い方はおかしい

全然関係無いけど、ギフテッドを最初、ギフデッドって書いちゃってたわ、
何だよ、死の贈り物って

851 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 09:50:22.74 ID:xMUUftTX0
>>843

警官の息子や自衛感の娘を目の敵にしてた小学校の教員を思い出した


おまえサヨクだろ

852 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 09:50:40.04 ID:QIT9yhg60
ま、最後は運だよね

853 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 09:52:00.59 ID:ETXf0RUaO
>>815が天才とかじゃなく、諸々のタイミングが良かっただけかと。
家にそこそこ金があって学をつけてたら工場には入らなかっただろう。
入っても工員の鼻について目の敵にされ上手く行かなかっただろう。
やる気と努力だけじゃなくニートやって謙虚と捨て鉢があったから今の>>815があるんじゃね?

854 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 09:55:15.01 ID:vS7RmUNX0
>>721
努力しまくってるチョンはどうしたらいい?

855 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 09:57:35.98 ID:DVnLkxhV0
>>847
高卒とか最初から学歴に興味ない人たちって、学歴関係ない独自の道にはいって
そっちで努力して金持ちになってたりするんだよね

安定したレールに乗りたい大卒って、どうしても皆が同じ道を目指すから
結局はトーナメント形式に乗っていって、敗者は底辺のままって感じ

856 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 09:58:03.35 ID:FPI07zQO0
>>24
それは無い。

857 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 09:58:05.67 ID:ETXf0RUaO
>>853に書き忘れたが才覚はないと無理だわな。
花開いて良かったな。

858 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 09:58:45.26 ID:4VaIEiYN0
>>815
親父の工場ってことは工場長もしくは経営者の息子じゃねえかボケ

859 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 10:00:13.08 ID:xMUUftTX0
まあ泣かずとか言ってるところがそれっぽいけどな

860 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 10:02:55.20 ID:1OEFsnsS0
「努力したけど才能の壁にぶち当たった」 とか言う奴いるけど、
天才って言われる人間も何度も壁にぶち当たってると思うんだよね。

それでもやるか、そこで止めるかの違いでしかないと思うわ。

861 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 10:06:01.58 ID:UAfD0ALa0
勉強ができても要領が掴めない分野ってのはあると思うがな
音楽好きでずっとやってるがリズム感はいつまで経ってもよくならん
一応、宮廷卒なのに頭で理屈ではわかってても何か合わないんだよな…

862 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 10:08:28.15 ID:AfEtAe2+0
>>860
それだけでもないと思うわ。
勘がいいというのかな。同じ事していても察する力が凄い。
ありゃ努力の問題じゃないな。
努力の方向がちがうのかもしれないが。

863 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 10:08:59.38 ID:mAx9eESx0
要は成功すれば努力しようがしまいが関係ない。結果が全て

864 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 10:11:41.94 ID:kz6un0ZJ0
努力できるかどうか自体の才能もあるということか
結局才能ってわけだ

865 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 10:13:49.58 ID:l0uSVd1a0
才能があれば努力しなくてもそこそこまではいける。
才能がなくても努力すればそこそこまではいける。
その上にいくには才能+努力。

866 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 10:20:54.36 ID:vr7y5Dct0
          /  ̄`Y  ̄ ヽ
         /  /       ヽ
         ,i / // / i   i l ヽ
         |  // / l | | | | ト、 |       (   )
         | || i/ .⌒  ⌒ | |     (  )
        (S|| |  (●) (●) |    ( )
      __| || |     .ノ  )|__  ( )
      (_  | || |ヽ、_ 〜'_/.| |__ )─┛
     /  / ヽ  ・    ・  /_/:::::/
     |::::::::::| / ( ̄ ̄ ̄ヽ  |:::::::| ̄    世の中コネだおw
     |::::::::::| |   ̄ ̄ヽ .ノ |:::::::| /
   / ̄ ̄旦 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/|/
 /__________/ | |
 | |-------------------| |

867 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 10:21:09.08 ID:ymV8gi+m0
嫌いな科目を勉強しようとすると眠たくなるのは、努力の遺伝子がなかったからか!

868 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 10:21:57.12 ID:j6cNRBjI0
>>865
(的確で合理的な)努力ができること自体が才能なんだよ。
君のいう「才能」とは、特定の分野に対する適性のことで、
「努力」とは対象を特定しない物事一般に関して努力できる才能のこと。

869 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 10:23:17.92 ID:32KDIsaK0
こういう話になるといつも金持ちの家に生まれないと
上に行けないと力説する奴が出てくるけど
そう思うなら金持ちといえる家庭なんてごく一部だろうから
ひとまずそれ以外の中でトップになればいいんじゃないか

870 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 10:25:47.81 ID:ctNkIA38i
>>869
まあ金持ちになればいいんだよな。投資の才能あるだけで
金持ちにはなれる。

871 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 10:27:22.37 ID:YsXiNZ8k0
>>614
才能がない人間の立場になってみろよ
お情けで生かされている存在だ
天才達が成功する時の賑やかしの存在だ
俺はオマケじゃない
俺が主体だ
舐めやがって成功者ども
潰す

872 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 10:28:21.87 ID:HjfHr4lf0
天才とは百万人の人間が額を集めてもできないことを一人で、あるいは仲間とともに
やってしまう人。非ノイマン型コンピューターを目指すと言いながら誰もいまだに
それを実現出来ない。ノイマンがいかにすごいかよくわかる。

873 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 10:28:25.24 ID:YsXiNZ8k0
チームワーク能力こそ才能だ
才能ってのはただの数値だけじゃない
自分に才能がないって事は何も出来ないって事だ
才能がない事を受け入れる余裕すらないって事だ

874 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 10:29:04.84 ID:j6cNRBjI0
>>870
元々金持ちの家庭に生まれるのと、成り上がって金持ちになるのとでは全然違うよ。
投資の才能ある奴なんてごく一握りだし、仮にそんなので金持ちになっても、ただ金持ってるだけの元貧乏人に過ぎない。
生まれや育ちは変えられないからね。

875 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 10:29:37.63 ID:2DL777zk0
うちの旦那いわゆる日本で一番いい大学出てるけど母親は茶髪でタバコ吸う高卒ヤンキーだよ
お父さんも高卒
先祖に誰か優秀な人がいたのだろうか
ちなみに親戚も高卒のバカばかり
ひとりだけ真面目で超優秀
不思議で仕方がない

876 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 10:29:40.46 ID:YsXiNZ8k0
>>860
天才は無能が想像も付かない壁にぶち当たってる

877 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 10:30:48.04 ID:LHLUN6ZI0
一卵性双生児は遺伝子一緒なんだから二人の違いが遺伝子では左右されないポイントってことに9なるんじゃね
ただ一卵性双生児って同一家庭、義務教育も同じ学校だろうから中学までは差が出にくいだろうけど

878 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 10:31:19.84 ID:YsXiNZ8k0
何か物事を見ても理解が浅い
これがバカの才能だ

879 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 10:32:25.74 ID:ctNkIA38i
>>874
名家が落ちぶれることもあれば新興することもある。
別に親が貧乏かどうか自分に才能があるならたいした問題ではない。

才能がないなら生まれにひきずられるだけだろうがな

880 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 10:34:07.00 ID:OrVlPYKn0
天才かは別として、ダイソンの社長の「他人の意見は聞かない」という言葉が好きだw

881 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 10:34:28.23 ID:V1k3IGBF0
天才っつーとほぼ完全に生まれだろ。

882 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 10:35:33.50 ID:tXqoWjo8O
受験勉強程度なら努力次第でだれでも東大行ける
逆に小説家とか画描きみたいなのは本人の努力一切関係無く他人の絶対評価だから一番キツイ。

883 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 10:36:16.60 ID:jiVhO9CZ0
ある分野で挫折した奴がニッチを狙って
独創的な分野の開拓者になるんだろ。
同じ作業の繰り返しの鍛錬で優劣が決まる分野に天才はいない

884 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 10:36:27.48 ID:ctNkIA38i
>>882
努力しだいでどうにでもなるなら
なんで山田雅人は東大にいけないのか?

885 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 10:39:22.55 ID:YsXiNZ8k0
>>875
親戚は学歴的にバカなわけじゃなくて知能的にバカなのかい?

886 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 10:41:45.95 ID:j6cNRBjI0
>>884
特定の分野に対する生まれ持った適性と、その能力を自ら洗練する能力=努力の才能がなければ無理ということ。

努力できる才能といっても、やみくもに苦しいことをやる能力ではなくて、目標達成のために的確で合理的な努力ができることこそが重要。

887 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 10:42:53.05 ID:tXqoWjo8O
>>884
まず年齢による記憶力の壁、仕事と両立とか圧倒的に勉強時間が少ない、そもそも『勉強の仕方』を知らない→落ちこぼれの大半はコレ

888 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 10:46:30.05 ID:5kJL4tlrO
>>868
努力にも才能ってのは存在するかもね。だか適性とか生まれ持った能力のが重要だと思う。
凡人が膨大な努力しても。少し努力した天才には叶わないかもしれない

889 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 10:46:45.65 ID:ctNkIA38i
>>887
だから努力しだいで誰でも東大なんてありえんよ。
自分の高校から東大いくのは毎年に一人ぐらいだったが、
努力しだいで全員東大?、、ないない。

890 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 10:51:03.76 ID:EfPAcH2T0
IQが20違うと会話が成立しないって話あるけど
おまいら賢すぎるのか馬鹿すぎるのか、俺には理解不能なレスがいっぱいw

891 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 10:51:56.28 ID:x0SYprxE0
スポーツや音楽は環境だってのは有名だけどな

スポーツはアスリート夫婦の子どもの話が有名だろう
第一子は気合入れて英才教育して、その結果優秀なアスリートになったが
第二子は大丈夫だろうと英才教育を怠ったら運動音痴になったって逸話とか

音楽家の場合は絶対音感を得られる年齢は限られているのだからやはり環境
スポーツにしても動体視力や深視力、脳と実際の体の動きの整合性などは
子供のうちにしか身につけられない能力、大人でも修正はできるけど
それは脳が絶えず修正しているためで、修正するロスはアスリートには致命的

ただし、遺伝が強い分野もある、例えば記憶を正確に引き出す能力とかね
ただ、これは想像力とトレード・オフの関係にあるから一概に良い事ではないけどな

892 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 10:54:00.53 ID:htfudxNm0
>>222
そういう事をちゃんと理解出来てる親や恩師がいるかどうかとか、
環境って大事だよな

>>323
予備校で「志望校に応じた受かるための受験テクニック」を踏まえて勉強する受験勉強と
馬鹿正直に学力を上げるためにやってる受験勉強じゃ効率が違いすぎるって話なわけだろうが
今時、超ど田舎じゃなきゃ通える範囲に大手予備校の一つぐらいはあるわな。
通えなくてもネット講義だってあるんだし。
ただ、地方の子で上昇指向の強い子は受験以前に指定校推薦を獲れるかどうかで勝負してんじゃないの?
うちらの時代はそんな感じだったが

893 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 10:54:02.06 ID:tXqoWjo8O
>>889
まぁ大袈裟に言ったのはスマン(笑)
受験勉強程度ならヌルイよって言いたかっただけ

894 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 10:54:23.26 ID:h7+QCD6l0
>>882
東大は地頭が良くないと絶対無理だわ
その辺の凡人が必死こいて勉強しても無理なレベル

895 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 10:54:25.30 ID:YsXiNZ8k0
天才と凡人の二種類しかいないわけじゃないのに
天才と凡人にわけたがるよね

896 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 10:54:40.99 ID:F5qkD5XY0
どうすれば頭がよくなるかを100回
匿名掲示板に書き込んでいるヒマがあったら

パソコンやスマホを消して
少しでも勉強すればいいのに

897 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 10:55:53.88 ID:YsXiNZ8k0
勉強では頭はよくならない
勉強はもてるものがさらに効率よく進化するための道具
バカは天才に勉強させるなよ
より追い詰められるぞ

898 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 10:56:39.15 ID:ctNkIA38i
>>899
>受験勉強程度ならヌルイよ
センター程度ならヌルイと俺でも言えるが
東大2次をヌルイなんていえるのはたいした努力もせず偏差値70超えた奴か
努力をしたことない馬鹿かどっちかだよ。

899 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 10:56:57.30 ID:+pkmiWgO0
天才が努力する
努力しない天才
努力する凡人
努力しない凡人←これが俺

900 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 10:58:42.77 ID:CVQmPvcq0
俺が会った中で天才といえるのはカール・フリードリヒ・ガウスくらいだな
アインシュタインは非凡だけどそこまでじゃないわ

901 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 10:59:30.03 ID:F5qkD5XY0
「努力しない天才」が、才能を発揮することなく
凡人の中に埋もれているのはもったいない

902 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 11:01:37.68 ID:iCghRUz10
努力でなんにでもなれると思ってるやつは馬鹿
世の中、コネと金だよ

903 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 11:03:21.29 ID:YsXiNZ8k0
自分の中で整合性があり身になる努力は楽しい
無駄な努力は辛い
自分を信じられるかどうかは才能

904 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 11:07:44.50 ID:5ZnPfHi00
エジソンって読字障害があったんでしょ
それで学校に付いていけず追い出されたが
母親が子供に自宅でつきそって教育したらすごいことになった

結論:障害がある子を普通教育に放り込まずに適正な場所で教育しましょう

905 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 11:10:29.36 ID:F5qkD5XY0
>世の中、コネと金

それは「入り口」では役に立つかもしれないが
能力が無ければ、途中で脱落するから
本当の意味では役に立たない。

40歳くらいになると、実力がない奴は
結局、閑職とリストラが待ってるだけ

906 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 11:11:24.28 ID:tXqoWjo8O
>>898
そんな怒るなや(笑)
俺は高三の夏まで偏差値50そこそこで地方の旧帝大行けた…何とか成るもんだょ。

907 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 11:11:48.40 ID:6mIM2lcs0
>>904
そうなのか、それもっと広めたほうがいいね

908 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 11:11:54.18 ID:YsXiNZ8k0
>>904
おちこぼれを不遇の環境の中にいさせ続け
劣等感が身に染み付いたらもう終わり
そいつは羽ばたけない
劣等感を染み付かせた社会と言うものが許せない

909 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 11:13:02.72 ID:F5qkD5XY0
生まれか育ちか、というより

18歳くらいのころの能力差が
30歳や40歳になっても変わらないのかどうかが
気になる。

たぶん18歳のころ優秀な奴は40歳くらいでも優秀
18歳のころダメな奴は、40歳でマダオ

910 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 11:14:56.96 ID:OrVlPYKn0
天才は特殊な刃物。(普通に使うなら三徳包丁の方が便利)
場合によっては環境で破壊されることもあるな。
(スポーツや芸術などシステムが出来上がっている所など、自分の実力以外の問題で超えられない壁になる)
荒木飛呂彦やイチローなどは恵まれた環境があっからこそ名前を残せた。

911 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 11:21:39.00 ID:a/JflsN20
金が無きゃ努力は出来ない
努力をする遺伝子の強化は努力をしなきゃならない
1世代だけ見れば努力が勝つが世代を超えれば結局金
だから貧困が連鎖するんだよ
しかもこの手の遺伝は1世代あればカンスト状態

912 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 11:21:41.38 ID:ETXf0RUaO
一を聞いて十を知るのが天才
一を聞いて二、三を知るのは勘の良い人
一を聞いて外枠だけ知り、そこに千詰め込むのは小保方

913 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 11:22:19.27 ID:/XbUj5uo0
今このスレの話題は『何が正しい意見か』でなくて『何が気にいる意見か』だよね

914 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 11:23:04.17 ID:MOqnA8Nh0
人生は運。
だから運がいい人は謙虚でいてね。

915 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 11:23:08.95 ID:+FDB5oJhO
半端な若者・無職支援や生活保護より仕事を作ったり仕事をできるようにすることが肝心。
単なる優等生で政治家をコントロールするくらいで肝心なことができない官僚が多過ぎる。
恵まれた勉強秀才には無理なことだろう。

916 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 11:23:34.30 ID:4ckmjqeU0
天才は呼吸がゆっくりしてるイメージだな
常に落ち着いてて微動だにしない

917 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 11:24:50.24 ID:LHLUN6ZI0
1.自分の才能に合っているががやりたいことではない
2.自分の才能に合わないがやりたいこである

本人にとって幸福なのはどちら?

918 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 11:25:43.15 ID:gAo9Aq9rO
>>4
留学の為にフランスに渡米はしなかったのか?

919 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 11:27:19.30 ID:ZhCAcRtO0
>>4のコピペにマジレスしてる奴らが多くてワロタwww

920 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 11:30:32.40 ID:LHLUN6ZI0
>>914
幸福な人生を運が良かったと語るヤツは謙虚だが
不幸な人生を運が悪かったと語るヤツはバカじゃね

宝くじが当たるとか隕石があたったとかを除く

921 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 11:32:17.19 ID:aW9zGsNhO
>>902
コネを作る才能ってのもあるし、逆にコイツは使えるとコネから才能にすり寄ることもある
金なんかは子供(学校内)には大した武器にはならないよ。暴力の方が強い。

922 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 11:32:34.54 ID:lij1xIes0
たしか努力の天才ってのもありだったよね。

923 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 11:34:16.27 ID:GOxLKmro0
>>920
確か、ため息1回で何分とか寿命が縮むってデータがあったような

924 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 11:34:31.64 ID:xMUUftTX0
努力の才能が開花するか、環境要因が大きいだろうな。

親なら小さい子供の努力を妨害することなんて簡単だぞ。

925 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 11:37:44.11 ID:nJUqhwtS0
>>882
小説家や絵描きって誰でもなれるじゃん。
売れるかどうかは別として。

926 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 11:37:56.45 ID:zc2IVmsm0
スポーツの世界なら努力できる事も才能だし
これは松井秀喜も言っている

そりゃそうだ、凡人が松井秀喜のような努力をすれば
あっさり身体を壊す

927 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 11:39:55.10 ID:GOxLKmro0
雪舟が幼い時に折檻されて縛られて、ただ一つ自由になる足を使って自分の泣いた涙で絵を描いた
それを和尚さんが見つけたことで才能が開花するって逸話はこのスレの象徴的

928 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 11:40:06.37 ID:zc2IVmsm0
成功できる奴は運が良かったから
成功できなかった奴は実力が足りなかった

929 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 11:44:55.11 ID:H5M8s4G3i
すげえ努力できるってのも強迫神経症と紙一重なんだがな

930 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 11:46:46.22 ID:tXqoWjo8O
本当に天附の才が有るとするのなら、それは行動力実行力だと思う今日この頃…

931 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 11:46:47.47 ID:pJcalyGc0
モーツァルト見ればわかるが、天才は神から選ばれし者

932 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 11:49:14.12 ID:ETXf0RUaO
>>928
狂気の高校野球で肩壊す高校球児も実力が足りないのか。

933 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 11:50:08.13 ID:9jbepI/X0
>>896
パソコンを捨てたら勉強できないだろう

ていうか、アホはこんな初歩的な事もわからんのか?

934 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 11:57:04.48 ID:l0uSVd1a0
>>905
そそれは晴子のことですか?

935 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 11:57:20.75 ID:H/+mvEmb0
バカだから東大に行くんだもんな将棋の世界は

936 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 11:58:52.34 ID:IGpga1a50
被害者って特権を手に入れて成功をゲットする日韓人は多いw

937 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 12:05:37.56 ID:AfEtAe2+0
例えば語学の習得とか、あれは才能だと思うわ。
脳の構造が違う。

938 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 12:07:45.06 ID:6mIM2lcs0
>>937
才能無い教師が教えると才能があっても伸びない

939 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 12:08:24.08 ID:F5qkD5XY0
>語学の習得
「必要性」があって「外国語漬け」の環境があれば
どんな馬鹿でも外国語をしゃべりだすよ。

数学、物理学、経済学と違って
語学こそ、盆栽でも身に付けられる

940 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 12:08:34.97 ID:cuBPB7lo0
天才の定義も曖昧だよね。
絶対軸の中で明確に比較できるサヴァン的な人間を超えた能力を発揮する奴を指すのか、
相対的に他者の群を抜いて高い成績を修めるような奴を指すのか。
後者については時代とか環境とか流行とか、外的要因が多分に影響するから、明確な評価基準を定めるのは不可能。
例えば、80年代のやや古い守備システムの中で活躍したマラドーナは天才かどうか。
死後評価されたゴッホは天才かどうか。

941 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 12:08:35.66 ID:NDANI+qo0
>>937
40代で語学の独学始めて海外留学すらせず数年で同時通訳として働けるレベルになった人もいるらしいし
何でも試しに努力してみないと才能の有無はわからん

942 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 12:08:52.90 ID:2Rmwkk20i
俺の上司は誰もが認める天災だ。
アダ名は「チョンボの鬼」

943 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 12:09:09.93 ID:zc2IVmsm0
>>932
知恵や判断力も実力のうち

少なくともそこまで球児を酷使する野球部に入ってしまったのは
本人の先見の明の無さの結果

944 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 12:09:17.81 ID:ctNkIA38i
>>937
幼児期に行えばだれでも習得が可能。
親の教育努力才能は必要だか

945 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 12:11:45.29 ID:9jbepI/X0
>>940
真の大天才はラマヌジャンであり、その人智を超えた才能を見出したハーディとリトルウッドもまた誇り高き英国紳士の天才数学者なり。

アインシュタインやエジソンはダーティな逸話に事欠かない社会の成り上がり。この二人はいなくても良かった。周りの誰かが代わりにやってたからね。

946 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 12:14:50.49 ID:F5qkD5XY0
日本にくる「移民」たちって
日本語うまいだろ。

そんな天才レベルじゃなくても日本語
かなり上手にしゃべるんだよ

947 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 12:15:00.69 ID:0zqJcHOA0
学力って知力の指標としては
不十分過ぎると思うわ

948 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 12:15:58.41 ID:F5qkD5XY0
「クイズ王」ってテレビ以外では活躍してない

949 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 12:16:27.53 ID:n24LK7qU0
いわゆる、授業真面目に受けてるのに成績悪いタイプだ

これ仕事でもいるよね

950 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 12:16:42.01 ID:nJUqhwtS0
すごいすごいと褒め合うと社会全体の効用は増すと思う。

951 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 12:16:56.17 ID:P2/cHV7V0
成果がないのに努力できるなら
それは才能以前に病気かカルト宗教

952 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 12:18:23.56 ID:F5qkD5XY0
>>951
対価を求めているうちは盆栽。

すべてを手に入れたあとでも
努力し続けられるいPS山中先生のような人こそが
真の天才なんだろう、きっと

953 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 12:23:51.39 ID:3V6AS7iqO
遺伝ではないが生れつきじゃないかな。
アホな親から優秀な子供が生まれたり逆もある。
親が同じ兄弟でも優劣がある。

センスや身体能力と同じで生まれ持ったものだと思う。
後天的な努力で暗記頑張りました。沢山物知ってますとかはあるだろうけど、理解が早い奴とか問題解決に別の角度からの見方や新しい発想が出て来るとかは生まれつきだろうな。

954 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 12:24:47.61 ID:pJcalyGc0
>>940

マラドーナは天才だろ 左効きでドリブルの天才

ゴッホは天才ではないだろ、俺は芸術の才能があるからわかるが、ピカソ、ダリは
天才だぞう

955 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 12:25:52.74 ID:gxp5xWBK0
>>904
エジソンは努力の人だろうな
でも努力の才能はずば抜けていた
それで20世紀最高の発明家になったんだから努力の天才でしょう

956 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 12:27:25.56 ID:eEuS2aFk0
親がその道に理解あったりする環境も大事だと思う。自分の母親が
芸術とか習い事を大事にしてて、父親がそういうことに一切理解なかったから
よく分かる。一般人でもそうなんだからやっぱ環境は大事だよ。

957 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 12:28:12.57 ID:USC0aFMZ0
生まれか育ちかw
これ何か意味あるの?w
育ちなら自分もやれるって希望がもてるとか?w
それよりさ、自分に合わないことをやる馬鹿らしさに気がついたほうがいいと思うよ
やりたいことをやって人生おわっていくのがいいんだろ

958 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 12:30:05.18 ID:USC0aFMZ0
天才いうたらダビンチか
あとは五十歩百歩の専門家

959 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 12:30:59.02 ID:IXc2gVHi0
>>957
逆だろ。遺伝で全て決まるなら、努力しなくていいし、努力しないことを非難されることもなくなる
社会全体の幸福度が上がる

960 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 12:32:59.31 ID:gxp5xWBK0
>>940
エジソンの弟子のニコラ・テスラは君が言うところのサヴァン的に地頭がずば抜けたタイプの典型的な天才だったようだ
科学者としてはテスラのほうが圧倒的の上だったのだろうが発明家としての総合力はエジソンのほうが上だろう
確かに天才の評価基準は画一的ではありえないのだろう
ちなみにゴッホのデザインのオリジナリティは天才と呼ぶにふさわしかったと思う
でも見てるだけで病みそうな絵だから生前売れなかったのもわかるわw

961 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 12:35:24.22 ID:X02o+CIX0
>>12
だっさ

962 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 12:36:51.61 ID:wI5p+rMIO
>>>937
Bilingualになると語学学習がより簡単になり、トライリンガルでは浚に容易になる

963 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 12:37:06.91 ID:ETXf0RUaO
>>943
なるほどな。
天才は自ら自身を作るのか。

964 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 12:39:59.12 ID:USC0aFMZ0
優秀な奴は優秀 もちろん一人ではない、その中で結果をだすやつもいる
結果をだした奴が天才と呼ばれる つまり結果論でしょ 
もちろん天才レベルの人同士の戦いだから凡人には関係のない世界だろうけどさw
そのレベルでは生まれか天才かというより、運だろうな
結果論で論ずるなら天才かどうかは運だろうね

965 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 12:40:12.13 ID:IXc2gVHi0
>>943
>>963
プロスポーツ選手もよく故障するけど。
肉体だけでなく、精神面でも、たとえばイアン・ソープはうつ病で苦しんでるし。彼が水泳の天才
だってのは誰もが認めるでしょ。

966 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 12:40:20.55 ID:GbREM4AM0
努力できるってのも一つの才能だよな。

967 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 12:41:13.71 ID:oCIOYNxg0
超進学校の青春
https://www.youtube.com/watch?v=x0gztwEJGpA
https://www.youtube.com/watch?v=vKMKoj8Sv-g

勉強だけならこいつらにも負けなかったけど、やっぱり持って生まれたものが違う。

968 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 12:43:29.82 ID:uD98vjEQ0
やつらはたいした努力だと思ってないんだわ この差はでかいよな

969 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 12:43:59.89 ID:F5qkD5XY0
結果を出さない天才、だって当然存在する

同時代の人に理解されているうちは、、まだ「本物の天才」ではない

970 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 12:44:02.06 ID:ETXf0RUaO
>>965
凡例のない高みへ行ってしまうと、天才の道はさらに険しくなるんだな。

971 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 12:44:26.59 ID:USC0aFMZ0
人の視点から見て害虫とか、害鳥とか勝手に言ってるだけ
人の視点で天才とか勝手に言ってるだけ
ナンパの天才だっているだろうねw 努力もしてるかもなw
オンリーワンでいいと思うよ

972 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 12:45:17.72 ID:F5qkD5XY0
下位5%と同様に上位5%もまた
社会(=普通の人たち)に順応できない病人

973 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 12:45:46.42 ID:n8V3z/u7O
>>117
素敵だねー

974 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 12:47:57.09 ID:USC0aFMZ0
究極的には生まれる前に決めて生まれてきている
つまり遺伝
だが天才レベルは結構たくさんいる
真の天才とは何か?って定義の問題はあるが、世の中に認められるという要素を入れるなら
努力と運も関係するのは間違いない
凡人は勝負の土俵にすら上がれないから気にしないことだよw

975 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 12:49:48.54 ID:f8ogrGg/0
どちらか片方が欠けてもだめだろ

976 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 12:49:59.84 ID:IXc2gVHi0
>>970
そういえば運動は精神にいいとか、うつは運動で治るとか言われたけど、
スポーツ選手もうつ病になってるんだから嘘だよな

977 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 12:50:19.01 ID:pMBVxjzO0
俺は努力家で毎日勉強ばかりしている
しかし、高齢ニートだ
無駄な努力をしているような

978 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 12:52:08.34 ID:F5qkD5XY0
100の能力のうち20しか頑張らない奴のほうが
10しかない能力を全力だして10頑張る奴より偉い

979 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 12:52:21.46 ID:aSwqjPp40
どうプロデュースするかって事だ
大衆に天才だと言わせたいなら名声ある師匠に付いて賞とって露出増やして云々
死後名声得たいなら利用価値を残さなきゃな

980 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 12:53:43.73 ID:mgpghleE0
生まれが全てだな

981 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 12:55:03.26 ID:v8EjxtV5i
>>803
ぶはw

982 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 12:55:29.22 ID:EFIaocn90
財務官僚見てると賢いとは思えないんだよね。結果を残せないじゃん



財務省は知らないけど、国交省のキャリアと何人か話したけどフリートークは僕以下だったよ。法令は異常に強かったけどね



IQテストを100回繰り返すと同じ人のIQが10以上上がるのは知ってた?

983 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 12:59:11.20 ID:b8fX4P/30
養老孟子「才能は生得的か後天的かって話がありますね。まあ大雑把に言っちゃえば生まれつきか努力家って話なんだけど。
まあ答えは簡単ですね。才能というのは身体に付随するものなんだからまず体が大事。
もちろん生まれつき持っているその人の性質というのはありますよ。数学が得意だとか運動のセンスがいいだとかね。
だけどそれを発揮するためには体が必要。人間の出力というのは全て筋肉ですからね。喋るのも書くのも筋肉。
その筋肉が動かなければ、どんな先天的な才能を持っていても全く意味がないですよね。
どんなに天才的な数学の才能を持っていてもそれを出すことができなければしょうがない。
さらに言えば、生まれ持っての数学的センスを持っていても盲目で聾唖ならば入力すらできない。
これは何も数学に限らずあらゆる分野について言えることです。才能は体が決定する。これが答えですね。」

984 :名無しさん@0新周年@転載は禁止@転載は禁止:2014/09/24(水) 12:59:15.68 ID:rVIyHNZc0
>>967
これでも今年は悪かっただから灘は本当に凄いね。

2014 東京大学理科三類合格者数(定員100名)☆国立高★公立高
12名 灘
11名 筑駒☆
8名 開成
6名 桜蔭、洛南
4名 聖光学院、ラ・サール
3名 東海
2名 麻布、駒場東邦、早稲田、女子学院、栄光学園、新潟★

2014 京都大学医学部医学科合格者数(定員108名)☆国立高★公立高
16名 灘
14名 洛南、東大寺学園
6名 西大和学園
5名 東海、甲陽学院、神戸女学院
3名 大阪桐蔭、大阪教育大天王寺☆、高松★
2名 洛星、大阪星光学院、白陵、久留米大附設、ラ・サール、大手前★

985 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 12:59:56.10 ID:9jbepI/X0
>>979
それは大衆にとっての天才だな
前スレでもあったが、それでは良く飼い慣らされた可哀想な象でしかない。

そもそも野生の象とはなんぞというのがこのスレの本題。

986 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 13:02:18.43 ID:pJcalyGc0
サッカーの天才、マラドーナの五人抜き

http://www.youtube.com/watch?v=8h4bEiQXYYY

凡人はいくら努力しても、マラドーナにはなれないんだな

987 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 13:04:05.64 ID:WhPctRcA0
オイラー乙ぅ

988 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 13:05:06.66 ID:s03TyQmR0
正直、ファミコン、スーファミ時代のクソゲーを我慢してクリアしてた奴は、ある意味凄い能力だとおもうよ

989 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 13:09:43.32 ID:tQwEc6ani
天才と変態は紙一重、語呂も似てるし。

990 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 13:11:26.23 ID:kz6un0ZJ0
自覚のある凡人はもはや凡人ではない
しかし自覚のない凡人はどうしようもない

991 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 13:14:04.89 ID:CR+ulMAw0
努力しなくて人並み以上にできてもずる賢いと思われて
こつこつ努力してるまじめな人間の方がいい人扱いの評価が納得できない

992 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 13:14:06.58 ID:W5c9fhZjO
>>977
それ逃避でしょ

993 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 13:14:14.45 ID:f30ZCWWT0
>>976
スポーツ選手は体を動かしすぎなんじゃないのか
と思わんでもない
選手は精神的にプレッシャーあるから一般人のスポーツと同列じゃない

994 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 13:14:48.06 ID:JnImSR+Q0
保育園からの付き合いのあるグループ、中学までとくに差はなかったが、
親が東大卒の子、高校からギューンと成績があがって、現役で東大入ったよ
その子、塾へ行きだしたのは高校からで、中学までは中の中の成績
遺伝なのかね

995 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 13:15:27.56 ID:pMBVxjzO0
ファミコンとかも徹夜でやったな
でも今はニート
努力だけではダメだって思う

996 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 13:15:33.83 ID:f30ZCWWT0
>>990
大木凡人の悪口はそれまでだ!
>>991
そりゃ単なる妬み
そもそもズルイズルイ厨の言うことなんか聞く意味無い

997 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 13:16:49.37 ID:f30ZCWWT0
>>994
中高で成績に注意を払って、よければ放置悪ければ介入なんていうのが出来る親と
ぼんやり親がいるのは知っとる(´・ω・`)

998 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 13:17:03.82 ID:IXc2gVHi0
>>983
身体能力高い脳筋は数学も得意なのか??
高校の部活やスポーツ強い高校見てるとむしろ相反してるように見えるが。

999 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/24(水) 13:18:34.87 ID:f30ZCWWT0
>>998
スポーツ入学とかは、入学試験制度の問題でないのか

1000 : ◆twoBORDTvw @転載は禁止:2014/09/24(水) 13:19:06.82 ID:AmKA/lKy0
甜菜

1001 :1001:Over 1000 Thread
このスレッドは1000を超えました。
もう書けないので、新しいスレッドを立ててくださいです。。。

300 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)