5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【国際】国連人種差別撤廃委、ヘイトスピーチを行なった個人や団体に「刑事捜査を」、日本政府に勧告…「包括的な法整備」実現求める

533 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/30(土) 04:32:40.47 ID:9Lpg/mw10
【反日団体の巣窟に突入】
http://blogs.yahoo.co.jp/kakimasu55/34919694.html
「左派系市民団体と国連の間にマッチポンプの関係がある」

ジュネーブに乗り込んだ「対UN調査団」の山本優美子団長は、いきなり核心をつく。
反日陣営が提出した偏向“資料”をネタにUN委員側が断罪。そのパス回しで、捏造慰安婦は拡散した。
UN委員会が毒電波の発信源であることは、以前から指摘されていた。更に、
反日団体が公然と影響力を行使していることも有名だ。しかし、実態は想像よりも酷かった…
テキサス親父ことトニー・マラーノさんや山本団長は、昨年7月に発足した「慰安婦の真実国民運動」
のメンバーとしてUN側に参加登録。調査団を結成し、ジュネーブ入りを果たした。
「発言者でないなら出てください」
審査前日の公式ブリーフィングに参加した山本団長らは、正体不明の男によって追い出された。
特定の団体を門前払いにするバウンサーが控えていたのだ。のっけから問答無用の強制排除である。
翌日の非公式ブリーフィングも、立ち入りを規制された。事前登録がないの一点張りで、
こちらも徹底排除だった。原因は、日本から訪れている他のNGOが徒党を組んでいた為だ。
非公式ブリーフィングを主催したのは、日弁連などがつくる
「ジャパン・NGO・ネットワーク」なるナゾ組織。日本国内での事前「取りまとめ」
に参加していない団体は、排除するシステムなのだという
「慰安婦の真実国民運動」は、UN側の調整機関と連絡を取り合い、正式な手続きを踏んだ。
しかし、国内の段階で、事前の「取りまとめ」があることは一切知らされていなかった。
これが保守系団体の進出を長年阻んできた壁だった。UN自由権規約委員会は、
反日左翼や悪徳人権屋が跋扈するレベルではなく、連中に制圧されていたのだ

321 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)