5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【戦争】田母神俊雄氏が「大東亜戦争は聖戦」だとし、Twitterで持論を展開 ★4

1 :アフィクリックしてね! ★@転載は禁止:2014/08/08(金) 00:41:16.63 ID:???0
6日、軍事評論家の田母神俊雄氏が自身のTwitterアカウントで、大東亜戦争は聖戦であると投稿し、
捻じ曲げられた歴史観についての持論を展 開した。

田母神氏はTwitterで、自身が会長を務める「大東亜聖戦祭」が、4日に行われたことを報告すると、
続けて「大東亜戦争は聖戦だったのです。その結果人種平等の世界がきました」と大東亜戦争の意義について触れ た。

さらに「歴史は戦勝国が作ります。戦争に負けた日本は一時戦勝国アメ リカの歴史観を強要されます。
正義の国民主主義国家アメリカ、極悪非道の独裁国家日本という構図の歴史です」と、
戦後の日本の歴史観は戦 勝国アメリカによって刷り込みが行われていることを主張した。


田母神俊雄 toshio_tamogami @

一昨日金沢護国神社で大東亜聖戦祭が開かれました私は 4年前から大東亜聖戦大碑護持会の会長になっています。
前会長は元参議院議員の板垣正さんでした。全国か ら有志が集まって毎年8月4日に大東亜聖戦祭が開かれ ています。
大東亜戦争は聖戦だったのです。その結果人種平等の世界がきました。


田母神俊雄 toshio_tamogami @

歴史は戦勝国が作ります。戦争に負けた日本は一時戦勝 国アメリカの歴史観を強要されます。
正義の国民主主義 国家アメリカ、極悪非道の独裁国家日本という構図の歴 史です。しかしそれは真実ではありません。
日本は早く 誇りある歴史を取り戻さなければいけません。日本は素 晴らしい国なのです。


また、8月2日のツイートでは、「8月15日終戦記念日がやってきます。 恐らくマスコミでは今年も戦前の日本はろくな国ではなかったという特 集が組まれることでしょう。しかしそれは戦後作られた捏造なのです」 とも投稿している。


田母神俊雄 toshio_tamogami @

8月15日終戦記念日がやってきます。恐らく マスコミでは今年も戦前の日本はろくな国では なかったという特集が組まれることでしょう。
しかしそれは戦後作られた捏造なのです。日本が悪い国だったというならよい国とはどこの国 ですか。
実は戦前の日本は皆が安心して暮らせる超安心社会だったのです。

http://news.livedoor.com/article/detail/9121705/

★1: 2014/08/07(木) 17:39:07.48
前スレ
http://daily.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1407412229/

2 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 00:41:48.02 ID:iITlpCSv0
フサとハゲの真実が今明らかに
人類の起源から未来まで

フサ舞
フサとハゲと日本文化の関係
ワールドウォーゼロ
スマートフサの登場
進撃のフサの壁画
逆襲のハゲの壁画
スパイ組織ゼロゼロゼロとカツラの起源
STOP細胞
乾布摩擦の起源
神によるハゲとフサの創造
フサレオンの人気
光の戦士ハゲクレス誕生秘話
とは?

http://wc2014.2ch.net/test/read.cgi/credit/1400734218/

3 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 00:44:27.61 ID:QO2THnZE0
>>1
やっぱ流石にこいつ頭おかしいなw
さすが無職ネトウヨ脳に支持されるだけあるわ。
無職でネトウヨでも票はもってるからなww

まあ都民の9割が韓国好きと思い込んでる桝添の頭よりは少しマシかもなくらいだな

4 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 00:44:57.05 ID:dpzgo9GI0
こういうやつらってさ、なんで結論の主張ばかりしてそれの根拠となることを提示しないんだ。
念仏のように結論唱えるだけだよね、日本大好きな奴らも大嫌いな奴らも自分達の主張を。

5 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 00:45:07.28 ID:c8OaztMu0
日本だけが特筆すべき悪辣な侵略国家・・・自虐史観 低脳サヨ
日本は諸民族独立・平等が主目的だった・・・自慰史観 低脳ウヨ ←ネットに多い
都合良い縄張り(資源・経済圏・軍事拠点)の保持拡大を計り、行き過ぎて窮地 ←正解

6 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 00:45:43.67 ID:ljMoCYBZ0
自衛隊って危ないよな
こういう思想のやつらばっかりなのかな

7 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 00:46:08.91 ID:7BcYPpsu0
バカかコイツ

8 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 00:46:15.72 ID:8ZGx2Ukn0
これでも、
どこかのハゲ都知事よりはまとも

9 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 00:46:57.56 ID:3Oir5RZL0
シーラ様の下僕になれるなら聖戦士もいいかもねぇ。

10 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 00:47:13.78 ID:VPswK/aoI
本当のこと言って何が悪い
シナチョンとユダメリカス工作員火病り過ぎだろwwwww

11 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 00:47:33.89 ID:vvChxquy0
もう政治家としてはやっていけないね

12 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 00:47:39.80 ID:luCvYjw/0
当時の日本は戦争へと追い込まれていたのは確かだ

13 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 00:47:56.39 ID:c8OaztMu0
満州国
建前・・・「満州人の独立支援、五族共和」
実態・・・「多くの面で日本人優遇、実権を日本人が握る体制」

大東亜戦争
建前・・・「アジア民族と共に発展」
本音・・・御前会議 「重要地帯は帝国領編入の方針」
     東條英機 「大東亜諸国は対等じゃない。我が国が指導するのみ」
     佐藤賢了 「現地政府は、軍の下部機関と大差ない」

14 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 00:48:56.23 ID:ZqWUJcs60
自衛&アジア解放の戦争ではあるけど聖戦とか。聖戦なんぞない。

15 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 00:49:46.94 ID:ljMoCYBZ0
やむなく戦ったのに
聖戦とかねーわ

16 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 00:49:57.35 ID:D/EX88dM0
ネトウヨ「インドネシアは日本に感謝」



最近のインドネシア人の反応まとめサイトによりそれが大嘘であることがあきらかに
パラオの日の丸の話しも大嘘だったし
この現実の認識できなさ具合は韓国人と変わらないぞ

17 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 00:49:58.20 ID:inm31msI0
ベトナム戦争は聖戦だ

朝鮮動乱は聖戦だ

18 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 00:49:58.61 ID:7BcYPpsu0
大 東 亜 聖 戦 
誇りは捏造して持つものではないんだよ?
チョンみたいなことをしたいらしいな。

19 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 00:50:42.03 ID:luCvYjw/0
日露戦争にしても当初勝てるとは思っていなかったらしい

20 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 00:50:50.35 ID:c8OaztMu0
>>12 >当時の日本は戦争へと追い込まれていたのは確か


アメリカは日本の行動に、段階的に対応しただけ。

日本・・・日露戦後、アメリカとの満州鉄道共同経営の約束破棄
アメリカ・・・日本にムカつき移民規制

日本・・・満州事変〜中国介入
アメリカ・・・国務長官等が条約違反に基づき非難〜中国へ物資援助

日本・・・北部仏印進駐 ナチスと同盟
アメリカ・・・クズ鉄禁輸 交渉に妥協余地も見せる

日本・・・警告を蹴り、欧米領視野の南部仏印進駐
アメリカ・・・石油禁輸 強硬姿勢

21 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 00:51:27.70 ID:QO2THnZE0
>>3
侵略戦争でないとしても、聖戦はないわww
自虐史感の桝添と、ネトウヨレベルの田母神

究極の選択だなw

22 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 00:52:31.78 ID:8eYFHYCo0
>>1
宗教色持ちこんだら嫌われることくらい、九条教徒見てればわかりそうなものだけどなぁ…

23 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 00:52:41.27 ID:5FVECOOT0
>「大東亜戦争は聖戦だったのです。その結果人種平等の世界がきました」
>「歴史は戦勝国が作ります。戦争に負けた日本は一時戦勝国アメリカの歴史観を強要されます。正義の国民主主義国家アメリカ、極悪非道の独裁国家日本という構図の歴史です」

難解すぎる

24 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 00:52:44.61 ID:inm31msI0
同民族同士の殺し合いワロタ

http://www.youtube.com/watch?v=4aa1YgAPC9k

25 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 00:53:21.87 ID:KqFV311t0
>>1
当時の日本は中国人の残虐さへの怒りと欧米への不信感で
国中はらわたが煮えくり返っていたんだよ。

根幹には白人のアジア系への差別に対する抵抗がある。
筋の通らないことばかりやってる欧米のなにがそんなに偉いのか、
アジアはアジアで中国人はバカで人間性ゼロだし
フィリピンはアメリカに飼いならされてだらしないし。

そして政治的には鳩山一郎がしでかした統帥権問題以降、
議会がガタガタ、1年もたない内閣ばかり。甘いことを言うリーダーは
片っ端から暗殺されて、そのうち政治家は雲隠れしてしまった。
貴族も政権投げ出して、あとは軍人が尻拭いするしかなくなった。
そして開戦だったんだよ。

26 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 00:53:32.91 ID:CD275r9S0
列強の影響力を排除して日本が取って代わりつつ国防の緩衝地帯にするつもりだったんだろう
ヨーロッパみたいな露骨な搾取をする気はなかっただろうが聖戦は言いすぎだな

27 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 00:53:50.39 ID:ywceDiE/0
この人やっぱり少しおかしいね

人柄は良さそうなんだけど

28 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 00:53:53.55 ID:w4CZRjqJ0
>>3
おまえなんだかんだ田母神じゃなくてどさくさに紛れてネトウヨを小馬鹿にしたいだけだろw

29 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 00:54:04.66 ID:cNzSnvXA0
>>19
日清戦争もそうだろ。
眠れる虎と恐れられた中国相手なんだから。
で、結果大勝し、中国がヨワヨワなのがバレ
列強の草刈り場となったんだがな。

30 :日本が新しいボス@転載は禁止:2014/08/08(金) 00:54:30.23 ID:c8OaztMu0
>>14 >自衛&アジア解放の戦争ではある

アジア各地の対等性や自主性とか二の次。
各地を勢力下に置くのが目的。欧米よりは同胞意識もあったが。

「朝鮮」
清属国から離したが、ロシアに近づくなど不都合な行動を取った。
日本は国権接収や抗日弾圧など干渉を強め、やがて併合に向かう。

「台湾」
清から割譲され、一部の抵抗運動は弾圧。

「南洋諸島」
ドイツから奪いベルサイユ講和会議で日本の統治下。

「満州国」
典型的な傀儡国家。

「中華民国(汪兆銘)」
不平等条約を強要。

「仏印(ベトナム)」
親独フランス政権に共同防衛を強要。

「東南アジア」
重要地帯は領土方針。独立容認地も基本的に日本の指導下。

31 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 00:55:25.82 ID:qAgjgMhX0
「大東亜戦争は聖戦」という思想を一個人が持ってもそれはこの国では自由。
 
「戦争は絶対悪」
「戦争だけは絶対回避しなければ」
「原爆のない世界にするべき」
…等という思想を持つ一個人が居ても自由なのと同じ。
 
 
 

32 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 00:55:59.29 ID:Sb3OW7Hg0
共産主義者の術中にはまったってのが有力みたいだけどな。
この人大丈夫か?

33 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 00:56:09.90 ID:7BcYPpsu0
         ,,-―--、
        |:::::::::::::;;;ノ  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
        |::::::::::( 」 < アジア諸国のほとんどは、先の戦争で
        ノノノ ヽ_l   \日本が欧米支配から解放してくれたんだと言って、感謝してるよ。
       ,,-┴―┴- 、  \ ∩__________________________
     /,|┌-[]─┐| \  (  ノ
      / ヽ| |  バ  | '、/\ / /
     / `./| |  カ  |  |\   /
     \ ヽ| lゝ    |  |  \__/
     \ |  ̄ ̄ ̄   |
      ⊂|______|
       |l_l i l_l |
       |   ┬    |

34 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 00:56:33.16 ID:Wz0YFpd50
>>1
まぁ戦前、っていうか世界で始めて国際社会で人種差別の撤廃を議題に揚げたの大日本帝国だからな。

パリ講和会議、国際連盟委員会での人種的差別撤廃提案の歴史的意義が大きいのは確かだ。
白人国家は無視したけど。

35 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 00:57:16.74 ID:inm31msI0
戦後の日本はびっくりするほどロックフェラーに洗脳されたロックフェラーの手先だらけだから

36 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 00:57:59.92 ID:uOtfMjBY0
軍国主義って北朝鮮みたいになるってことだからな
ていうか北朝鮮が大日本帝国風なのか

とにかく嫌だ

37 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 00:58:18.38 ID:c8OaztMu0
>>14 >自衛&アジア解放の戦争ではある

【石油禁輸で自衛】の前に、行動を広げすぎ。

少なくとも第一次大戦後は、不戦条約も結ばれ、日本も連盟の理事国になった。
白人国家からも認められ、すぐ植民地にされる危険は無かった。

日本はその後に満州事変なる独走を行い、その後も条約蔑ろに中国介入で泥沼へ。
石油止めは、日本がナチスドイツと組み、南方英米領を脅かす進駐したから。警告も無視して。

38 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 00:58:27.02 ID:GNGxss8d0
戦争は慈善事業じゃないから
聖戦ってことはないだろw
もちろん、アメリカが絶対的な正義だとも
思わんが...

39 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 00:58:41.19 ID:797Ud3tj0
ジハードだな!

40 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 00:59:26.71 ID:grshrgp50
コイツの支持層って永遠の0とか見て感化されてる奴とか艦コレとか言うキモヲタが女キャラを戦わせて喜んでるような馬鹿どもだろ?

シナのナンチャって少将の事を笑えねぇなw

41 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 00:59:35.59 ID:ImQY5BIc0
あんま出世させちゃいかんタイプだな
いまぐらいの立場で神輿に乗ってるのがちょうどいい

42 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 00:59:53.40 ID:kIf3upks0
ここまでイっちゃってると支持はできんな。
耄碌してきてんだろうか。
案外俺もネトウヨじゃないんだな。

43 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 01:00:50.29 ID:fHiROqHZ0
東アジア共同体建設の為の戦争が聖戦とか、思考がブサヨ過ぎw 右のルーピー

44 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 01:01:04.39 ID:m9PvgffN0
うんうん




イスラムの狂信者も女子供に自爆テロやらせてそう言ってるねwww




ああ北の将軍様もかw

45 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 01:01:11.03 ID:luCvYjw/0
日本の今現在においても大英帝国の密使からの圧力に屈してる

46 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 01:01:11.62 ID:inm31msI0
毛唐に夢みすぎ

47 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 01:01:56.23 ID:p+ig3F/m0
ま、アメリカ人の原爆正当化よりは随分いいでしょ
一応、結果として白人による植民地支配の時代に終止符を打つきっかけになった戦争ではあった

48 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 01:02:39.83 ID:mmVzsxDv0
>>20

>日本・・・満州事変〜中国介入
>アメリカ・・・国務長官等が条約違反に基づき非難〜中国へ物資援助

条約違反をしていたのは支那の軍閥、そしてそれを見て見ぬふりをしていたのが米国

>日本・・・北部仏印進駐 ナチスと同盟
>アメリカ・・・クズ鉄禁輸 交渉に妥協余地も見せる

仏印援蒋ルートで利敵行為をしていたのがアメリカ

>日本・・・警告を蹴り、欧米領視野の南部仏印進駐
>アメリカ・・・石油禁輸 強硬姿勢

ビルマ経由援蒋ルートで利敵行為をしていたのがアメリカ


段階的に対応していたのは日本のほうです。

49 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 01:03:38.61 ID:luCvYjw/0
武士の情けとも言うべきか
シューマッハを救ってやったのは俺だ

50 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 01:04:35.33 ID:c8OaztMu0
>>48
>>日本・・・満州事変〜中国介入
>条約違反をしていたのは支那の軍閥

満州事変を正当化できる中国側の行動は?
この水掛け論のスタート地点だ。

51 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 01:05:10.82 ID:Dyf1Mv3M0
コイツも相変わらずわけのわからん事言ってるな
人種とか関係ねーだろ
アジアの開放とか本気で言ってるのかよ
そもそもアジアってなんだよ
東南アジアの土人と誇り高き日本人が同じわけねーだろ

52 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 01:05:17.71 ID:inm31msI0
このスレ電通の工作員だらけだろ


http://blog.livedoor.jp/genkimaru1/archives/1864457.html#more

53 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 01:05:55.61 ID:meI9AS9y0
こんなの言っちゃったらどこからどうみても完璧に
あぶない人じゃん
近寄りたくない

54 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 01:06:43.38 ID:R9r9YOU/0
でもコレは日本が主張しちゃいけないことだよな
周りの国々が評するのは大丈夫だけど
負けた本人が言っちゃいけない言葉

55 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 01:07:06.11 ID:Y0n2RDmn0
中韓視点の政治家は自国への責任感や当事者意識に問題があるのは民主党で立証済みだ
いつまでも市民活動気質だったり理想論だけだったりと枚挙にいとまがない
田母神さんは占領政策を熟知したうえで大東亜聖戦と断言しており日本人の為の政治を期待出来る
日本の夜明けは近い

56 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 01:07:07.58 ID:XClk3WZxO
強い国は侵略し弱い国は侵略される。
世界的にそういう時代だった。
ただそれだけのこと。

57 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 01:07:24.92 ID:lwTkqkA/0
「大東亜戦争は性戦」

58 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 01:07:40.32 ID:luCvYjw/0
東條英機が言ってる
日露戦争で勝てるとは思わなかったが勝てた
米英相手にも勝てるのではないかと

59 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 01:08:21.90 ID:Dyf1Mv3M0
コイツも安倍と同じで表面だけ綺麗に取り繕うとするんだよな

60 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 01:08:30.64 ID:xUcpGFHV0
東アジア開放戦争が正しいからな

61 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 01:09:44.47 ID:AKt25/M/0
「聖戦」の定義も幅があろうから、ある人にとってはそれは確かに「聖戦」なのかも
しれんが、それを公衆に向かって言ったらどうなるかぐらい少しは考えて行動しないと

62 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 01:10:58.32 ID:IZlF6O/J0
>>51
チョンしね

63 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 01:11:04.27 ID:rinIdUgX0
舛添リコールしたとして、次の候補がいねえよう。

64 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 01:12:32.10 ID:Pe10oZDr0
::::::::::::::::::::::::::

::::::::::::::::::::



かつて大東亜戦争を戦った 多くの本軍人は、祖国を愛し、
その文化、歴史、国柄をかけがいのない大切なものと考え、次の世代にそれらを受け継いでいってもらいたい

との気持ちで戦ったに違いない。


現在の自衛隊、自衛隊員も、米軍、各国の軍隊から、その統制、士気、練度に一目も二目も置かれる存在であり、

これから国内、国外問わずに俄然注目を浴びて、リスペクトされる存在になるであろうことは想像に難くない。



世界は日本をどう見ているか?

↓↓↓↓↓
http://www.youtube.com/watch?v=Yi6t6r7FbjM
自虐史観から抜け出そう。

過去、現在の日本に誇りを持ち、日本人であることに誇りを持ちませう。

65 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 01:12:43.18 ID:GNGxss8d0
アジア解放は
「結果として」そうなっただけで
意図から言えば「聖戦」とは言い切れないだろw

66 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 01:13:14.39 ID:dkTa+B1t0
アメリカの正体とは。
これは日本の知識人の先生方が国を憂いて行われた討論番組です。是非これをご覧頂き、自分の愛する家族や恋人達の為にも、これから日本は、自分はどうあるべきか各々で考えて頂きたいです。
無知は罪です。少し長いですがお暇な時にでも是非ご覧ください。
https://www.youtube.com/watch?v=vxhcop8cKzs&list=PLubSbhcjV7IA4kJUERh26u8Wxd_zkZ922&index=1
https://www.youtube.com/watch?v=FnApvLJ3prY&list=PLubSbhcjV7IA4kJUERh26u8Wxd_zkZ922&index=2
https://www.youtube.com/watch?v=DsTxOENcRfU&list=PLubSbhcjV7IA4kJUERh26u8Wxd_zkZ922&index=3

あなたの大和魂は眠ったままではありませんか?
https://www.youtube.com/watch?v=OCy4xlS1EBY
https://www.youtube.com/watch?v=HknYSn-sGtU

https://www.youtube.com/watch?v=lnei2tqPD8Y

67 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 01:13:39.43 ID:luCvYjw/0
新聞のコラムで東條曰くこの戦争の終結はいずれかの国の原爆で終息すると
が故に我等は大東亜戦争を太陽戦争と勝手にそう呼んでいる

68 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 01:15:10.74 ID:Dyf1Mv3M0
アジアの開放とかきれいごと言うなよ
占領しましたとはっきり言えばいいじゃないか
当時はそれが普通だった
何も悪い事ではない

69 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 01:16:16.20 ID:ogsYYV+Y0
まず娘教育しろよ顔面神経痛
茶髪でガムクチャとかどこのラッパーだよ

70 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 01:16:32.83 ID:IZjw93VG0
  


「 正  論 」



国連を見れば良い

常任理事国と言う枠があり、1国でも反対すれば「 否決 」になる
戦勝国が作った決まりだ(バカバカしい)




     

71 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 01:17:44.50 ID:BobjEDyi0
もうこいつ黙らせろ

聖戦ではないが、やむを得ずおきた戦いではあるだけ。
聖戦扱いは、東南アジアの国々が感謝してくれたから後出しでいえるってだけで。

こういう右翼のせいで右派は迷惑してる

72 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 01:19:29.02 ID:BobjEDyi0
>>65
そのとおり。

結果的なことまで提唱してるのは先達や英霊に失礼。
大東亜戦争に公的的でも、こいつらみたいな過激な美化まで必要ない。
娘教育しなおせ、あと国粋主義の皮かぶった営利ヤクザとの付き合いやめろ

73 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 01:20:55.12 ID:mmVzsxDv0
>>50

・南満州鉄道に並行して走る鉄道の建設。これは1905年の北京条約議定書違反。

・満州の中国の鉄道で輸送される日本商品への差別。これは1922年2月のワシントン九ヶ国条約違反。

74 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 01:23:53.34 ID:LEQFRanR0
気違いジャップの末裔がw
天コロのための聖戦だからジャップ200万人の犬死もオケ、他国2000万の死もオケてか。
世界に向かっていってみろ、明日、ジャップは全滅させるべきだったとなるだろうな、気違いジャップ。
つーか、日本人の俺達をお前らと一緒にするな気違いジャップ。

75 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 01:24:20.67 ID:YJjw9yhs0
アメリカも中東から撤退しろとアルカイダに要求されて戦争したな
結局そういう立場に置かれたらどこの国でも同じ決断をするという事だな

76 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 01:24:28.38 ID:uOtfMjBY0
東南アジアのために特攻命令や玉砕命令出したのかい?

77 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 01:25:10.30 ID:fIYvfXvgO
流石にこれは…
経済封鎖されたから、東南アジアに資源を求めた、ってのが本来の目的でしょ…。

78 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 01:27:02.20 ID:pZOy9Rwu0
外交は範囲外なんだから都知事にこそふさわしかったのに

79 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 01:27:19.87 ID:uayZnPJJ0
>>1
知ってます
ぜひ次の選挙で総理になって下さい
お願いします
竹島奪還作戦するなら喜んで行きますよ

80 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 01:27:42.58 ID:mO71Tk4f0
田母神みたいなアホ司令のせいで兵隊が死にまくって
アメリカにまんまと敗北して
伝統も尊厳も失って
それのどこが聖戦?
アメリカの戦後統治のおかげで今かろうじて生きてんだが?

勝たなきゃ意味なくね?

81 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 01:28:18.16 ID:/3Hq6hSM0
>>1
本当のことだろ。
石油、錫、綿、それにゴムまでもアメに止められたんだぞ。

当のアメリカ国民でさえ、そこまでやられたら戦争するしかないとまで
言わしめた出来事なんだぞ。

義務教育で日本が悪いみたいな教科書使われると憤りを感じる。

しかし、「嘘」というのは貫きとおせるものでもない。いつか真実が紐解かれるわな。

俺は田母神を支持する。

82 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 01:28:39.42 ID:luCvYjw/0
米英の無条件な圧力に「やってみないとわからない」
これが当時日本のとった行動の真実

83 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 01:30:06.27 ID:Kgi1Rw2y0
はいはい、コミンテルン、コミンテルン。

84 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 01:30:42.08 ID:7r31F31B0
>>77
経済封鎖した米国が悪いんです 米国はコミンテルンが牛耳っていました
ちなみに張作霖爆殺もコミンテルンの仕業です 
大東亜戦争は避けられない聖戦だったのです


とかいう電波な人だからね、タモちゃんは。

85 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 01:30:50.80 ID:Sb3OW7Hg0
大東亜戦争の黒幕
ttp://ponsuke2.s98.xrea.com/c3/nico.php?v=sm7116890

86 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 01:31:14.63 ID:vT/orARE0
聖戦って言葉がどうかは別として、日本が占領した後に東南アジアの国々が
それまでのヨーロッパの植民地から抜け出して独立したのは事実だからな。
侵略だったら独立なんか認めないで、そのまま日本の植民地にしてるわ。
戦時中の話な。

87 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 01:32:33.08 ID:p+ig3F/m0
当時の状況を考えると、あながちトンデモとは言えないと思うが
世界中が白人の植民地だったんだよ?
マクロの視点で、アジア開放という大義があったと見るほうが自然でしょ
孫文やボースなど独立の志士を日本人が援助したのも事実だし、
インドネシア独立軍を指導したり、
終戦後にアジア開放のために死んだ日本兵も多かったわけで

88 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 01:32:38.55 ID:c8OaztMu0
>>73
「平行線を作られたから満州事変は正当」
なんて主張は、当時の連盟でも通らなかったろう。


>>81
>本当のことだろ(禁輸により)。俺は田母神を支持する。

でも「日本は超アホ」と言ってるのと同じだがな。

日本「ナチスの活躍に乗じて南進決定。邪魔するなら対英米戦も辞せず」
米国「南部仏印進駐は南方領への脅威。進駐したら交渉破綻」
日本「もう決まってるんだよ。はい進駐」
米国「警告を無視しやがって、石油は売れん」
アホ日本「いきなり石油禁輸だ、日本は被害者だ、なので聖戦だ」

89 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 01:32:45.56 ID:7r31F31B0
>>81
なんで経済封鎖くらったんですかねえ 
この時代を語るに、連盟脱退が肝でしょ

90 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 01:34:05.20 ID:Ti3ySPAd0
>>86
日本が解放したわけじゃないのにこういう勘違いしている人が多いよな

91 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 01:34:23.52 ID:ntExjWco0
>>5
3つとも正しい。おまえは偏ってる

92 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 01:35:24.92 ID:/5C9R5r30
天皇の戦争責任が議論されないから こういう妄想家が
出てくるんだな w
中国 韓国の人間には良く覚えていてもらいたいね

93 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 01:36:06.43 ID:c8OaztMu0
>>86
>侵略だったら独立なんか認めないで、そのまま日本の植民地にしてるわ。

東南アジアの重要地は領土方針だったが、
インパール失敗、サイパン陥落で独立容認しただけ。

敗戦後に一部の日本兵がインドネシア独立闘争に参加したが、
脱走兵扱いで恩給も無し。

94 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 01:37:30.96 ID:o+bPE9Wx0
イスラム原理主義の内戦も聖戦と言って戦争しまくっているな。
つまり、聖戦という言葉は侵略を都合良く名を変えただけだ。

95 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 01:38:07.15 ID:NJrTEPf40
日本があばれて西洋のアジア支配が崩壊したのは
ただの副次的な効果だと思われ

あのままチョン公をまるごと国内に取り込んだ状態って
続いてたらどうなったと思う?
日本国民の三分の一強が被差別民!の状況って

三流国になるだろうね

だからいろいろあるけど日本は負けて良かった
チョン公を取り込むなどという致命的な愚行を行った
大日本帝国を承認できないわw

96 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 01:38:13.79 ID:Awzldc2/0
手段として植民地を開放したかもしれんが
それをさも目的だったかの様に言うのはどうなの
さすがに引くわ

97 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 01:38:26.70 ID:p+ig3F/m0
「聖戦だった」というのは、
あの戦争で死んだ英霊への敬意だと思うな
一般人まで皆がそう言う必要はないだろうが、
日本の軍人としてはそれくらい言ってもいいだろ
負けた戦争でも、
白人による植民地支配の時代を終わらせる契機となった歴史の大転換点だったわけで

98 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 01:38:30.24 ID:7r31F31B0
>>87
>>終戦後にアジア開放のために死んだ日本兵も多かったわけで

そうだね。俺も志に燃えた人間を尊敬するよ。しかし、日本の侵略的意図、
軍部強行派の介入による政党政治の機能不全、国際情勢分析能力の欠如、
などなど考慮してるから、聖戦などとは呼ばないけどね 自滅戦や

99 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 01:39:16.87 ID:mmVzsxDv0
>>88

協定違反を二つあげただけで他にもたくさんあった。
そしてそれらを評してマクマリーは次のように言っている。


ワシントン会議は、確かにアジアでの国際協力を達成することのできる枠組みを決定した。
しかし1920年代において、日本がワシントン条約の条文と精神を厳密に守ろうとしているのに、
この合意のもう一方の当事者、特に中国と米国が条約諸規定の実施を繰り返し阻害したり、
拒否する事実のあったことを彼は指摘した。
このように米国に教唆された中国は、自らの国際的地位を保証してきた法的な枠組みを一貫して軽視し、
それによって日本の激しい怒りを招く結果となった。

「平和はいかにして失われたか」(ジョン・アントワープ・マクマリー原著)

100 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 01:39:39.03 ID:kBJC4vfT0
まあ参議院の全国区で出たら当選するな。票は入れないけどどれぐらい支持が集まるか見てみたい。

101 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 01:40:11.86 ID:mdWoJFRC0
やっぱり都民は賢明だ
枡添が当選してよかったよ

もしこいつが都知事になったと思うと寒気がする

102 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 01:42:21.75 ID:uOtfMjBY0
たしかに大東亜共栄圏とか言ってたな
自分で勝手に言ってこれでいいって開き直るのは安倍政権も同じだな

外国は大義名分案を根回しして、共感を得られるか確認するもんだ
前の失敗から何も学んでないな

103 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 01:42:39.91 ID:kzai0Bau0
結局、何の目的も達成せずに300万人が死んだ。

104 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 01:43:20.75 ID:c8OaztMu0
>>99
連盟の調査でも「満州事変は色々と要因もあった」
とし、日本の従来権益を尊重する姿勢だったが。

日本は「満州国を認めないなら脱退してやる」と暴走したな。

日本の正当権益なんて、関東州と鉄道&付随地の租借だけだったのに。

105 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 01:43:36.32 ID:ySuXGmku0
強盗Aが一家を監禁して住んでた家に後から強盗Bがやってきて
AとBがなぐり合ってる隙に逃げ出した一家に向かって逮捕された
強盗Bが「あの家族は俺のおかげで助かったんだ。きっと感謝してるはずだ」
と言ってる

106 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 01:44:04.23 ID:o+bPE9Wx0
>>95
初めから朝鮮半島を日本併合しなければ良かったのだが、近くに侵略しやすい半島とアジアの資源を日本へ送りやすいようにするパイプラインとして朝鮮半島を日本にしたほうが都合が良かったんだろうな。

107 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 01:44:12.76 ID:bW+n0m450
>>81
1次資源産出ほぼゼロの日本にとってはまじで死活問題で経済崩壊国民総失業とまで言われたからな。
白人共は自由に南方植民地化で搾取して、黄色人種が進出すると目の色変えて叩いたのが当時。

おれも田母神支持

108 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 01:44:21.76 ID:bN5uDN8B0
田母神はアホか!聖戦うんぬん言うんなら、今からでも遅くないから、一人で勝手にイスラム国にでも入って国連軍に抵抗してこい。
戦後生まれの温室育ちが、何を舐めたこと言ってやがる。

109 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 01:45:32.19 ID:qXkh4guj0
イスラエルモサドの工作員田母神却下
ユダヤも人材不足ですな〜
そりゃそうだよね、基地外には基地外しかつかないw

110 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 01:46:01.73 ID:9oreqDxF0
ネトウヨの教祖はやはりバカ

111 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 01:46:09.31 ID:lYpkYjWM0
アメリカ「日本を民主主義にしてやった聖戦。感謝しろや。」

112 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 01:46:39.51 ID:p+ig3F/m0
>>98
だからそういう無能な指導者とか、
信念のない政治家とか、
粗暴な軍人とかを主役にしちゃっていいのかな?
学者はそういう見方でいいとは思うけど、
歴史てのは相当程度、過去の美化なんじゃない?

113 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 01:46:56.05 ID:c8OaztMu0
>>107
>白人共は自由に南方植民地化で搾取して、黄色人種が進出すると目の色変えて叩いたのが当時。
>おれも田母神支持

馬鹿が田母神の支持者になるんだな。

日本も南洋諸島を統治下に置いてたが、別に白人から文句は言われてない。

第一次大戦後に、不戦条約や九カ国条約が結ばれたのに、
その後に暴走を始めたのが日本だろ。

114 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 01:47:02.26 ID:7r31F31B0
>>104
そこが最大ポイント!
名を捨て実を取る、ことができなかったの痛恨の極み。
主権を国民党に渡して、実質支配する選択をできなかった当時の
日本政府は未熟だったんだよ 

115 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 01:47:02.96 ID:o+bPE9Wx0
>>108
街宣右翼ほど口がでかいくせにイザとなると逃げるんだよ。

116 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 01:47:26.75 ID:PTc9POo50
オハフ島をいきなり攻略するくらい行かないといかんかったな

117 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 01:48:17.22 ID:5FVECOOT0
>>97
平和憲法下でぬくぬくと暮らし戦友や自分が殺した人間の血を見たこともない軍人モドキが言ってることだろ

118 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 01:48:52.88 ID:kzai0Bau0
ジハード気どりやがって、田母神のキチガイめ。

119 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 01:49:06.44 ID:bW+n0m450
>>113

>日本も南洋諸島を統治下に置いてたが、別に白人から文句は言われてない

ばーか 南洋諸島に何の資源があるんだよ?ココナッツってか?w

120 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 01:49:19.81 ID:zDwgb0qN0
結果的に植民地支配の歴史に終止符打っちゃったしね

121 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 01:49:21.17 ID:a0mXRDBP0
>>111 戦争の結果出来上がったのが今の支那朝鮮。
米は土下座で謝罪して支那朝鮮を処分しろ。

122 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 01:50:23.22 ID:Ti3ySPAd0
国によってばらばらだからなあ

インドネシア オランダ植民地→日本植民地→解放アンド日本軍撤退→独立戦争
ベトナム もともと独立抗争中→日本と共同で独立宣言→日本が降伏したがそのまま独立
タイ 独立国→日本と同盟→被害者ずらして連合国と仲良くなる
フィリピン アメリカが独立を約束→日本が占領するが予定どおり独立→反日抗争が続く→雨アメリカが再占領し、約束通り再度独立
マレーシア イギリス領→日本占領→日本降伏→イギリス領→独立

123 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 01:50:27.64 ID:Ljuh0Bx+0
戦勝国を恨むのではなく、あり得ない判断をした上層部を恨むべきではないのか。

テロリストや反日に血眼になる中韓と変わらない思想だと思う。ネトウヨ同士、中国韓国のお友達とやりあって欲しいね()

124 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 01:51:02.51 ID:zDwgb0qN0
大東亜共栄圏なんて
単純にアジアから白人さんを追い出しますってことで
全部を何か一つにまとめるってことじゃないんだろ

125 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 01:51:14.65 ID:c8OaztMu0
>>119
馬鹿が。

「これ以上は武力で状況変更を止めよう」
の条約の後に、日本が満州事変やそれに続く行動を取ったから、非難も大きくなったんだよ。
資源の話は二の次。

126 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 01:51:16.00 ID:luCvYjw/0
どの道原爆投下はピンポイントで避けることは出来なかったが
コロムビアレコードこれがどうにもならん一つの理由かもな

127 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 01:51:19.05 ID:e0IMxUvl0
侵略としての側面もあったかが、
聖戦としての側面があったことも事実

128 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 01:51:45.60 ID:mmVzsxDv0
>>104

正当な権益を侵し、排日・侮日運動により居留日本人および朝鮮人を迫害、圧迫した。
満州事変を「正当化」するには十分だな。

129 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 01:52:43.81 ID:uOtfMjBY0
>>81
は?中国を侵略したからだろ
今もウクライナにちょっかい出してるロシアを制裁してるだろ
あれと同じ

・・そんでも欧州はなかなか共感しなかった
マレーシア航空撃墜はタナボタ
国益を大義名分化するのはアメリカでさえ難しい

130 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 01:52:55.12 ID:xO0aa/+L0
なんだろう・・前の都知事戦で応援したのが恥ずかしくなってきた

131 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 01:52:59.89 ID:bN5uDN8B0
田母神って安全な後方で口だけ動かすタイプだ。迷惑するのはいつも兵隊。

132 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 01:53:05.65 ID:7r31F31B0
>>112
俺にとっての歴史とは過去に没入して、己を知ることだから。
美化が先に来るものではなく、結果として付随するなら問題ないけどね。
学校教育なんかでは是々非々で教えりゃいいでしょ。それだけで、歴史観
なんて出来上がるわけでもなし。俺の歴史観は常に未完成なんだよ、死ぬまで
考え抜くんだから。

133 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 01:53:12.00 ID:p6gJZ/5Z0
日清戦争は朝鮮解放戦争的な側面はあったと思うけど太平洋戦争は解放戦争というのは言いすぎだろ。
結果的に解放が早まっただけでいずれほぼ解放されてた

134 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 01:53:50.73 ID:Z3E8M9om0
田母神さんいっちゃったか・・・
残念だ

135 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 01:54:12.46 ID:e0IMxUvl0
>>133
未だに解放されてない欧米の植民地もあるわけだが

136 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 01:54:18.18 ID:kzai0Bau0
植民地解放戦争というなら、日本の植民地であった台湾と朝鮮を先に開放すべきだろ。
そのあとで、アジアの植民地を解放するために戦争するならわかるが、
テメーの植民地はしっかり握っといて、アジアの植民地を解放とか馬鹿も休み休み言えってんだ。
本末転倒も甚だしいわな。

137 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 01:54:23.98 ID:ySuXGmku0
保阪 もう十五年ほど前になりますかね。三井物産のトップが書いた
エッセイにあったんですが、石油禁輸後の昭和十六年八月の段階で、
三井物産など大手商社はアメリカの石油メジャーとかなりいろいろな
プロジェクトを進めていたというんですね。それが、陸軍省から将校が来て、
「分かってるだろうな」と威かされ、プロジェクトをやめたというんです。
ということは、禁輸で石油を止められたといっても、実際はいろいろな形で
手に入ったのだと思うんです。
しかし、軍としては、戦争をはじめるために、石油がないという状態を、
どうしてもつくりたかったんだと思います。

坂本 戦争すること自体が目的になっているわけですね。

秦 例の石川信吾は、陸軍に対して、南仏印に進駐しても、アメリカは
石油禁輸なんかやりっこないから安心しなさいと吹いているんです。
しかし、石川は、禁輸がくると察知しているんですよ。
しかし、陸軍に南仏印に行ってもらわなくては、戦争ができないから、
そういって騙したわけです。

138 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 01:54:24.96 ID:pIlvDPH2i
聖戦というから話がおかしくなる。だが、侵略と同時にアジア植民地の解放独立という側面もあっただろう。

139 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 01:54:32.94 ID:luCvYjw/0
>>131
山本五十六だな

140 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 01:55:01.88 ID:p6gJZ/5Z0
>>135
そういうところって独立したいと思ってるの?

141 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 01:55:09.21 ID:cZh8RSKn0
完璧な正論

142 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 01:56:51.16 ID:c/JvFaa/0
バカッターで発信するのは止めたほうがいいと思うの

143 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 01:57:14.19 ID:e0IMxUvl0
>>140
欧米人が大量に入ってきた後で、「多数の住民は独立する気がない」ってのは侵略の正当化でしかない

144 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 01:57:24.63 ID:Ti3ySPAd0
>>138
ほとんどの国が
日本が占領→日本が撤退→宗主国が再占領→独立
というパターンだからなあ

結果的に解放された、というのと解放のために戦争をしたっていうのはだいぶ違うと思うんだが

145 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 01:59:00.00 ID:CerZPdpQ0
こういう所が無ければ都知事選勝ってたかもしれないのに・・・
売国ハゲと左翼弁護士と陶芸家とリアルウヨから選ぶとか、何事だよ
知名度の高い中道右派が出たら圧勝してただろ

146 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 01:59:12.97 ID:a0mXRDBP0
こんなネトウヨみたいなメンヘラじゃなく現実を言えばいいんだよ。
物事は、やって結果が出るわけ。
戦争した結果出来上がったのが今の機能しない国連と、どうしようもない支那朝鮮て国。
これが戦後レジームね。
ブッシュもイラクを日本のようにするって言って何も出来てないだろ。
今の日本を作ったのは米じゃないってことさ。

147 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 01:59:31.23 ID:YJjw9yhs0
>>128
連中は済南事件までやらかしてるからな
自衛隊が在日米軍基地を攻撃したら当然アメリカと戦争になる
当たり前の話だ

148 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 01:59:38.74 ID:luCvYjw/0
関東は未だに英国の植民地だからなw

149 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 02:00:25.71 ID:WJgJNwnD0
この人はやっぱり、少数の支持者を率いていくしかない人だな

150 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 02:02:09.61 ID:kzai0Bau0
政府は田母神を首にして正解だったな。

151 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 02:02:17.65 ID:W1m8cnqr0
こんな基地外が政治家だったら
東南アジアとか過去を水に流しって貰った国から
反感貰いまくるな

152 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 02:02:28.26 ID:fMwR0JjI0
アメリカの石油輸出禁止というのは極めて真っ当なんだよ。

つまり、日本は中国と1931年以降、戦争をしていたわけだが、
これを「戦争だ」ってことにしちゃうと、中立国であるアメリカは
日本に軍需物資に使える石油等を輸出できなくなる。

石油を輸出してもらえなくなると困る日本は「戦争じゃない支那事変だ」
と言いくるめて輸出させていた。しかし戦争がはじまって10年。

日本は仏領インドシナに進駐し、アメリカのフィリピンすら脅かし始めた。

石油輸出されて当然だろ。そこでいきなり攻撃するのが頭がおかしい。

ロシアみたいに経済制裁には経済制裁で対抗しろよ。

イランと北朝鮮なんて核兵器開発しただけなのに、経済制裁されても
我慢強く耐えてるじゃん。

10年も戦争してて経済制裁されたから攻撃とかアホかよwww

153 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 02:03:43.95 ID:fMwR0JjI0
リー・クアンユーは「あのチビで醜い日本人でも背が高く容姿も秀でた白人様を
やっつけられるんだから、自分たちにもできるはず」と思ったって言ってたなw

154 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 02:05:04.26 ID:pIlvDPH2i
>>144
結果的にアジア独立を導いた、というのが全体として正しいのだろうが、しかし、当時は本気になってアジア独立のため
と思ってた人もかなりいた。
インドやミャンマーなどの独立運動に加わった人たちなど。

155 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 02:06:30.07 ID:fMwR0JjI0
日本人はアジアを開放する聖戦とかいってるやつは、
日本政府が同盟国イギリスに遠慮して、
アジアの独立運動家を弾圧してたのを忘れてるよねwwww

156 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 02:09:36.62 ID:luCvYjw/0
俺の軍資金をチャールズの息子とシューマッハが食いつぶしやがってさぁ
おかげでしがない毎日送ってるよ

157 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 02:09:44.43 ID:7r31F31B0
昭和天皇が日米開戦に消極的、もしくは反対であったというのは
現代日本人の中で、おおよその合意があると思うけどね。

タモ氏の言うように、聖戦ならば何故、昭和天皇は
諸手を上げて開戦に賛同しなかったのだろうか?という問いに
聖戦論支持者は答えないといけないね 

158 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 02:09:50.46 ID:a0mXRDBP0
>>152 ユダヤや共産主義者に上手く持っていかれて、
米側も戦争したかったんだから、どちが正しいとかない。

159 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 02:09:55.06 ID:lTKkusMtO
まるで見てきたように…

160 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 02:11:14.82 ID:NqlgLM5R0
いろんな側面があったのは事実。
田母神の言う面もゼロではない。

161 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 02:12:10.37 ID:rm+gmDdO0
無条件で降参してるのに今更「あれは聖戦」とか南トンスルランド
みたいな事言うなっての。
第二次大戦は日本が侵略戦争をしたという事で終わってるんだから。
四の五の言うな!
日本人として恥ずかしい!

162 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 02:12:16.26 ID:7r31F31B0
>>158
>>米側も戦争したかったんだから、

日米戦開戦当時、米国は何故、戦時体制になっていなかったんでしょうかねえ。

163 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 02:12:39.19 ID:6kGG4Kf90
>>157
現実主義者だったんだろ?

164 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 02:13:46.44 ID:8DCN7qkV0
みんな日本人が外人や外国にやった事ばっかり言ってるけど、
一番忘れちゃいけないのは、日本人が日本人に対してやった事だろ

ガダルカナルやインパール、台湾沖航空戦なんかの実態を知ったら吐き気がしてくる

165 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 02:14:05.26 ID:fMwR0JjI0
>>158
アメリカは戦中日本と違って軍部もアメリカ政府の統制下にある軍事民主主義なので、
民意の賛同がないと戦争できない。

真珠湾攻撃くらい決定的な事件がないと無理だった。

166 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 02:14:16.74 ID:2ZhHrupv0
そういう自負はあってもイイけど
自ら口にするのはチョッと品が無いねェ

167 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 02:14:27.76 ID:m2g7w+in0
自分はネトウヨだけど聖戦は言い過ぎだろ。

168 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 02:15:27.68 ID:luCvYjw/0
>>164
お前等が俺に今やってる事か?

169 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 02:16:01.56 ID:fU2MbindO
完全に聖戦と言いきってしまう事には抵抗がある。日本は日本の利益の為に中国に侵攻したんだろうし。

170 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 02:16:13.13 ID:kzai0Bau0
米国は日本と戦争する気はなかったよ。
日本が米国を追いつめて戦争に引きずり込んだんだよ。

171 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 02:17:34.11 ID:89fE46BN0
 

大東亜戦争が聖戦かどうかは、俺はしらない。
けど、田母神閣下のトンでも感はもう止まらなくなってきた。

172 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 02:18:45.13 ID:eQJm5us40
主張はそんなにヘンでない部分も多いが、文章が凄く頭悪そう
もうちょっと賢い代筆を抱えた方が良いと思う

173 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 02:19:33.29 ID:luCvYjw/0
天皇無きを最近知った以上俺は国粋主義にはなれないね

174 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 02:20:44.10 ID:PjUBuMya0
今の日本人は、姑息な特アとその手先の売国奴につけこまれて国益を損ね続けることにただただうんざりしているだけなんですよ
都知事選ではそうした人たちの行き場のない票が落ちただけ
聖戦などという言葉を使う国粋主義の古い右翼に用はないんです
たのむからここ数年の良い保守の流れに水をささないでください

175 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 02:22:01.37 ID:a0mXRDBP0
>>162 今だって朝鮮がミサイル打つって言っても米は何もしないだろ。
クソみたいな相手に本気を出してもしょうがない。

>>165 米も戦争疲れだった。だから真珠湾攻撃知ってて攻撃させたんだろ。

176 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 02:22:21.49 ID:fMwR0JjI0
ていうか日本政府は一貫して、脱亜入欧で、アメリカやイギリス側だったんだよ。

だから軍部が満州事変を起こした時も違法だと反対して、中国不拡大方針を議決した。

ところが戦前日本は天皇の統帥権が日本政府から独立していたため、天皇が軍部の
言いなりとなって戦争を認めていった。

そして、満州事変以降、軍部による日本政府政治家の暗殺が頻発し、軍部が専横して
いくことになる。

日清に日露みたいに目的がある戦争ではない。ひたすら軍部の利権拡大のためのグダグダ。

アジアの解放なんてプロパガンダですよw

177 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 02:22:24.51 ID:lYpkYjWM0
「聖戦」とか言うやつが指揮官とか絶対に嫌だわw

178 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 02:24:19.98 ID:luCvYjw/0
>>175
知らなかったと思うよ
暗号もニイタカヤマノボレではなく1208が本当だ

179 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 02:25:08.29 ID:4v3zBinW0
歴史上、聖戦何て物は無いと思うが。
むしろ、そう呼ばれている物ほどいかがわしい印象を受ける。

180 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 02:25:13.59 ID:7r31F31B0
>>175
>>真珠湾攻撃知ってて攻撃させた
典型的な陰謀論 スティネットという曲学阿世の徒の本を
根拠にバカ保守が唱えてるだけ 学術的には全く、相手にされていない 

181 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 02:25:23.23 ID:JaVRLhaU0
ここまで晒したらもう駄目だな

182 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 02:25:40.44 ID:8DCN7qkV0
>>168
いやいや違う違うw

君が毎日やられてることだよ、多分
日本人が日本人に対してやってるじゃん、精神論唱えてさ

183 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 02:25:48.33 ID:7d+j48Xj0
>>1
こういう馬鹿げた事を言い続ける奴がいるから戦地で餓死した百何十万の兵士が
亡霊となって日本にとりつき、キチガイじみたサヨクが増殖してくるわけだ
無能かつ無責任な戦争指導者らは自らの馬鹿げた作戦によって自国民を大量虐殺
した罪をいまだに懺悔していない
後付の綺麗ごとなどでごまかそうとする卑怯な屑どもは皆地獄に落ちろ

184 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 02:26:53.72 ID:kzai0Bau0
航空自衛隊は人材が枯渇してんじゃないか?
田母神のようなキチガイをトップに据えるなんてよ。

185 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 02:28:10.23 ID:6ZaAQqRL0
中東行ってテロ要員にして貰えよw

186 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 02:29:22.39 ID:fMwR0JjI0
>>177
日本軍の典型的な偉い人・牟田口廉也中将の餓えた兵卒への訓示

「皇軍は食う物がなくても戦いをしなければならないのだ。
兵器がない、やれ弾丸がない、食う物がないなどは戦いを放棄する理由にならぬ。弾丸がなかったら
銃剣があるじゃないか。銃剣がなくなれば、腕でいくんじゃ。腕もなくなったら足で蹴れ。
足もやられたら口で噛みついて行け。日本男子には大和魂があるということを忘れちゃいかん。
日本は神州である。神々が守って下さる…」

187 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 02:30:00.98 ID:7r31F31B0
関東軍なんてみてると分かるけどな、基本、楽しかったんだよ 
満州国建国!とかドキドキワクワクな世界だぞ 
パワーゲームの当事者は楽しんでたと思うよ 大衆もね。
支配地を広げる、権益を確保する、ってやっぱ熱く楽しいゲームなんだよ 
そういう点を忘れちゃいかんとおも 

188 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 02:30:19.76 ID:2GmIq+Ul0
なんでこういう余計なこと言って支持落とすんだ?

189 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 02:31:21.93 ID:6ZaAQqRL0
北チョンと同じ発想 北チョンへ戻れ 故郷だろ

190 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 02:31:22.21 ID:opuXhy7v0
大日本帝国万歳

191 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 02:32:07.62 ID:pIlvDPH2i
歴史上、聖戦だらけだったとも言える。
イスラム圏はいうまでもないが、連合国側はいまでも反ファシズムの聖戦だった
と言い張っている。

だから聖戦はなかった。

192 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 02:32:12.16 ID:b5F7276h0
もし戦争に勝ってたら今頃日本は多民族国家だったわけだが
そこら辺はどう考えてんだろう?

193 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 02:32:42.56 ID:2t5J/SPe0
 
日本は自存自衛のために決然と起ち上がった

「ハル・ノート」についてはすでにたくさんの人がいろいろなことを述べているので、
ここであらためてその詳細にふれることはしませんが、提示された一〇項目のうち、

 ・日本の中国・仏印よりの無条件即時撤退
 ・蒋介石政権以外の中国政権の否認
 ・多角的不可侵条約締結による日独伊三国同盟の実質的無力化

 などは、これまでの八ヵ月間の交渉の一切を無に帰する強硬な内容です。
これを読んだ東郷外相は「目も眩むほどの失望に打たれた」といい、「これは日本に
対して全面的屈服か戦争かを強要する挑戦状にほかならない」と述べています。
 かくして一九四一年一二月一日、東條英機首相以下の主要閣僚ほかが
出席する御前会議が開かれ、「対米英開戦やむなし」の最終決定が下されました。
そして同年(昭和十六年)十二月八日、天皇は「開戦の詔勅」を発しました。その最後の
段は以下のようになっています。

  (米英両国は)東亜の禍乱を助長し平和の美名に匿れて東洋制覇の非望を
 逞うせんとす 剰え與国を誘い帝国の周辺に於て武備を増強して我に挑戦し更に帝国の
 平和的通商に有らゆる妨害を與え遂に経済断交を敢てし帝国の生存に重大なる脅威を加う
 朕は政府をして事態を平和の裡に回復せしめんとし隠忍久しきに彌りたるも彼は毫も
 交譲の精神なく徒に時局の解決を遷延せしめて此の間却って益々経済上軍事上の脅威を
 増大し以て我を屈従せしめんとす 斯の如くにして推移せんか東亜安定に関する
 帝国積年の努力は悉く水泡に帰し帝国の存立亦正に危殆に瀕せり 事既に此に
 至る帝国は今や自存自衛の為蹶然起って一切の障礙を破砕するの外なきなり
 (原文は旧字旧カナ遣い)

  (米英両国は)東アジアの禍乱を助長し、平和の美名にかくれて東洋制覇という
 ありうべからざる野望をたくましくしている。あまつさえ(米英に)与する国々を誘い、
 帝国の周辺で軍備を増強し我が国に挑戦し、さらに帝国の平和的通商にあらゆる妨害を
 与え、ついに経済断交を敢行し、帝国の生存に重大な脅威を加えている。私は政府に
 事態を平和のうちに回復させようと長い間耐え忍んできたが、彼(米英)は少しも
 譲り合う精神がなく、いたずらに事態の解決を遅らせ、この間にもかえってますます
 経済上、軍事上の脅威を増大させ、我が国を屈服させようとしている。このような事態が
 このまま続けば東アジアの安定に関して帝国が積年の努力はすべて水泡と帰して、帝国の
 存立までもがまさに危機に瀕することになる。ことここに至っては、帝国はいまや
 自存自衛のために、決然と起ち上がり、一切の障害を破砕する以外にない。

 ここには大東亜戦争の意味がすべて述べられています。ほかにつけ加えることは何も
ありません。そして日本海軍機動部隊が第一波一八三機、第二波一七一機の攻撃機を
もってハワイ真珠湾のアメリカ太平洋艦隊基地を攻撃したのは、同日の未明のことです。
アメリカに追いつめられた日本は、自存自衛のために立ち上がったのです。

( 『この国を呪縛する歴史問題』 徳間書店 )
 

194 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 02:33:59.72 ID:luCvYjw/0
>>182
とくに策略と目的もない
ただそうなると言いたいだけ

195 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 02:35:19.65 ID:fMwR0JjI0
>>192
戦争に勝ってたら、東條英機をはじめとした軍部の将官が華族になって、
日本のエスタブリッシュなお貴族様となって武力使う中世の恐怖政治が
続いてたんだろ。

日清日露で勝ったから、軍人は出世して、将官クラスは華族になってから
戦争すれば、東北の貧農あがりだった将官クラスの職業軍人がお貴族になれる
チャンス!

だから戦争したがったんだろ。対米はともかくとして対中は勝てると踏んでた
んだろうな。

多民族国家になるというより、そっちが問題だと思う。

196 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 02:37:53.12 ID:fMwR0JjI0
軍部が日本人を300人殺してでも戦争したがった理由は、
戦争が軍人の出世の一大チャンスだったからだよ。

戦前はいったん華族になると世襲だからな。

博打してでも出世したいという軍人の欲求は今より強い。

197 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 02:38:58.31 ID:luCvYjw/0
ああ・・山本五十六はたぶん殺されたよ
フリーメイソンだったらしいから

198 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 02:39:04.68 ID:7OCOaO18O
このオッサンはオッサンでアカン人やと思うわ

199 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 02:41:04.47 ID:a0mXRDBP0
>>180 チャーチルも暗号解読してたし、米もミッドウェーでは完璧に解読してる。
真珠湾だけ知らなかったって言われてもな。
知ってたって言えるわけがないって所だろ。

200 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 02:42:00.46 ID:9e/GtXaa0
都知事や県知事で言ってるならアリかな。応援する。

ただ、国政には出てこなくていいです。
国政はこういう意見を言ってくれる人をスピーカーとして上手に利用すべき。

201 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 02:43:09.81 ID:fMwR0JjI0
>>199

真珠湾の時には、アメリカもイギリスも日本の外務省暗号しか解読していない。

そして、外務省は真珠湾攻撃を知らなかった。もちろん国民も。

そもそも真珠湾攻撃をすることを知ってたのは東條内閣の閣僚と天皇、
そして海軍の佐官クラス以上だけ。真珠湾に乗ってた兵卒も前日に
なるまでどこに向かってるかすら知らなかった。前日にハワイの地図を
見せられ・・・

202 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 02:43:26.98 ID:luCvYjw/0
あまり死んでいった英霊を悪く言うのは良くない
彼等は本気で戦って家族を守る為死んでったんだから

203 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 02:43:38.62 ID:p6gJZ/5Z0
>>195
それいうなら東北に投資すりゃよかったってことじゃん。
そんな単純な話かねえ

204 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 02:44:21.17 ID:7r31F31B0
>>199
検証・真珠湾の謎と真実 - ルーズベルトは知っていたか (中公文庫)
秦 郁彦

これ嫁としか言えん。陰謀論は楽しむ程度にしとけ。

205 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 02:44:36.38 ID:fMwR0JjI0
>>200

ネトウヨは自閉症だからわからないかもしれないけど、
こういう発言をするやつがいると、これが大きく報道され、
日本がそういう国になったと思われ、反動で慰安婦像が建てられまくる。

206 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 02:44:41.46 ID:jyxoYqMQ0
シムシティみたいなWW1以降版出してほしい。
自分だったらその時代、その状況でどう動いたか、自分らでシミュレーション
してみたい。
当時の世界情勢で考えてみないことには批判も賛同も難しい。
これは現代の日本人には必要なプロセスな気がする。

207 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 02:44:44.44 ID:p6gJZ/5Z0
>>200
でるとしたら国政だろ。ただ比例じゃないと厳しいだろうな
党をつくっても田母神さん本人くらいしか当選しないんじゃないかと思う

208 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 02:46:17.65 ID:luCvYjw/0
最後の最後までアイダホ型戦艦を撃沈するような軍人もいた

209 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 02:46:47.40 ID:6ZaAQqRL0
こういう事言う奴に限って 前線で
弾1発撃ったことないフヌケ。

東條英樹とか自決の仕方も知らなかったんだぜ
フヌケ エタチョンw

210 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 02:46:52.42 ID:0Z58zdqG0
痴呆が進んでるな
こういうバカが国会議員や知事になるのは止めてほしい
ほんと日本の恥でしかない
対米戦争=自衛戦争
対中戦争=侵略戦争
対韓戦争=そんな事実はない

これが正確な認識だと思う
聖戦とかイスラムかよw

211 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 02:48:12.53 ID:iNp697Ap0
>>196
一連の主張にはだいたい同意するが
関東軍を始めとする一連の軍部の暴走は
新聞社がやたら煽るような記事で補強してたのもあって
国民にも支持されてたんだよなぁ

212 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 02:52:00.79 ID:7r31F31B0
>>203横。
>>187に書いたけど、謀略とかさ、楽しかったんだよ 
自分の手柄、昇進。発言力の増大。国民は国民でお祭りや。
権益確保、国益云々の議論ももちろん大事なんだけど、
心象風景として、闘争は楽しい!って面を忘れるといかん
ISISの動画なんか見てると、良くわかるわあ イスラム国建国!って、
そりゃドーパミンでまくりですわ 

213 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 02:52:31.53 ID:fMwR0JjI0
>>211
言論弾圧しまくっているので、支持する発言しか表に出てこないだけだろ。

戦争反対を言ったやつが憲兵や特高に逮捕され拷問されてたのはいうに及ばず
訓練方法に疑問を呈しただけの信濃毎日新聞社の編集長は解雇。

「金持ち四姉妹の贅沢な生活」を書いただけの「細雪」ですら発禁処分に
されかかったんだよ。

214 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 02:53:00.82 ID:H7Z1ciWa0
聖戦であったか侵略であったかは主張して決するものではなく、
その戦の勝敗で自ずと決まることだ。
絶対的善悪観が合理的な判断の妨げになることを考えれば、
聖戦主張などに感けている国が勝利する可能性は低いと考えるべきだ。
聖戦だったか否かを考える時間があればその時間を「なぜ負けたか」に
費やすべきだよ。
日本が勝てなかったのは田母神のような動機や手段に拘る考え方の人間が
多くいる国だったからだとも言える。
負けた戦を正当化する愚考に気が付いてないとすればとんだ愚か者だ。
戦で亡くなった人々を敬うということとその戦をどう評価するかという
ことは全く別のことなのだ。
敬うとはいまを生きる人々の心の問題だ、敬う材料に「正しい動機」が
必要だとするなら、それは敬う心の弱さ怪しさを表しているに過ぎない。

215 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 02:53:03.77 ID:l4WIEP8z0
>>146
結果というものについて 誰にとって?のどういう結果 ということと
機能というがw 存在するのが機能という役割はある。
動かすに従って結果というのは、そりゃ金儲けと力学のアナロジだ。
それだけが意味じゃない。

216 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 02:53:09.19 ID:p6gJZ/5Z0
この間のイスラエルvsハマスは日中戦争に似てると思うよ。
ハマスらしき勢力がしょぼいながらも攻撃してくるからイスラエルがやめさせるためにどんどん攻撃していったみたいな感じ。
当然現地住人も巻き添えになるで、それを海外が避難する、みたいな感じだ。
日本の場合は経済封鎖されて、活路を見出すために太平洋戦争に突入したって認識を俺はしてる
まずは満州をとらなければ良かったのかもしれない

217 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 02:53:45.47 ID:ySuXGmku0
ハルノートとか関係なく日本はずっとアメリカと戦争したかったんだよ
特に日清日露で自信つけちゃった後はね

昭和7年刊『漫画日米日露大戦争』の最後のコマ
http://www.42ch.net/UploaderSmall/source/1407265759.jpg
その序文
「諸君! 戦争が始まつたら愉快だね、痛快だよ、本当に旭日の
昇る勢で大日本の勢力の延びて行くのを世界各国が羨ましがつて、
くだらない余計な差出口をするのが癪にさはつて、シャークにさはつて、
たまらんじやないか(以下略)」

218 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 02:54:02.47 ID:kzai0Bau0
英霊が守ろうとした家族も空襲で死んでいったけどな。
その空襲の計画立案実行者である鬼畜ルメイに、
自民党政府は叙勲までして感謝の想いを示した。
英霊、空襲でなくなった人、その遺族は腹わた煮えくりかえっていると思うぞ。
その自民党政府の連中が、どの面さげて靖国参拝してんのかって話だわな。

219 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 02:54:25.36 ID:a0mXRDBP0
>>204 今も機密文書が公開されてるから古い本は参考にならないよ。

>>201 日本は真珠湾にもスパイを送ってる。他のスパイは気がついて
真珠湾のスパイは気がつかないとかあるかね。

220 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 02:55:14.36 ID:luCvYjw/0
「米ノースカロライナ州で落下した水爆(原爆の260倍)爆発寸前だった」
こんな記事を去年今頃出すのは俺への警告もしくは日本政府にも言えるのだろう
本当かウソかは知らんがそれだけの物を1961年に持っていたという軍事力の違いと警告だ

221 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 02:55:55.18 ID:l4WIEP8z0
>>146
例えばw それこそネトウヨ風に言おうか?
血の絶えた王家 に復興の可能性は完全にない。
そう言った存在の事だ。
トキ見たいな絶滅危惧種でもいいよ。
機能はほぼ0だがねw。

222 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 02:56:18.76 ID:7r31F31B0
>>211>>213
当時の世相を知るには、暗黒日記はいいな。あと永井荷風の日記とか。

223 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 02:56:49.47 ID:8i7B1oPe0
>>182
多分働いたこと無い奴に君の真意は通じない

224 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 02:57:04.82 ID:43MF5zlZ0
>>211
情報の非対称性ぐらいわかっていただろう
それを利用して政府は世論を形成していたのに
その世論を制御できなくなった。
実に間抜けな話である

225 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 02:57:13.67 ID:aR3pGMXo0
>>216
経済封鎖って言っても、その前には外交交渉を行っていたわけで
その時、外交では交渉しましょうと言いながら、関東軍は交渉をぶち壊すために南進して
わざと欧米を怒らせたり・・・
まあ、誰からも信用出来ないへんちくりん国家形態になったのが
一番の原因でしょうな
軍部はクーデターも起こしたりしてたし

226 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 02:57:55.52 ID:7r31F31B0
>>219
最新の機密文書の名前プリーズ。教えて。
ベノナとかじゃねえだろうな。

227 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 02:58:47.27 ID:uayZnPJJ0
         ,  -─-
       , -'´       `丶、    
      /            \   
     /                  ヽ
    /            _     ',  
   l   -‐  --──-- _     |
   |  /`ヽ、    , -- 、     __,|  
   |__, ===─i=r === 、_, -‐'{.トl|
  /f'il -=ユヾj  {.l にニ=‐}}    レ'´゙!  
  ヽ_}ヽ '´ ̄  /  ヽ  ̄` .ノ     rj/    
   l `=='/     ヽ= '      /   
    l     /{,. -、_, -、j\        !   やられたらやり返す
     l   /  /lllllllllll\  ヽ      l     倍返しだ!
     ! { llllllllllllllllllllllllllヽ }     /
      ',  '´  ̄二 ̄ ̄ `   /jヽ   
      \           //  l   
        | \____/ '´     !
     .__| |\ \_,. -‐'_, ‐i       }─-  
_,. -‐'"´ | |丑ュl | r‐'´  。 |    /
       \セヨ| | | 。 °/ /     

228 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 02:59:24.32 ID:ML0Ge/cV0
聖戦とかさすがにこれは擁護できんだろ

229 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 02:59:27.37 ID:fMwR0JjI0
>>219
真珠湾のスパイって、日系人に、真珠湾に何隻船が入港してるかを
知らせてただけだろ。

そして戦前なんてどこでもそういうスパイ活動を日本の諜報機関は
していたし、スパイがいたからって攻撃とは結びつかない。

フィリピンにも中国にも東南アジアにもアメリカ本国にも
日本のスパイは大量にいた。

230 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 03:00:45.33 ID:kzai0Bau0
大東亜聖戦祭w

231 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 03:01:30.31 ID:7r31F31B0
>>219
あと秦氏の本は4、5年前のやけどな。そんな古い情報かね?
最新の機密文書教えてよ 調べるから。

232 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 03:01:30.57 ID:fMwR0JjI0
>>222
東条憲兵は、ゴミ箱を漁りにくることで悪名高かったので、万が一見つかると
本人や息子を激戦地送りにされたり逮捕されることを考えると、日記を書くのも
勇気がいって恐ろしい。

233 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 03:02:06.55 ID:l4WIEP8z0
別に王家と言う者が必要かどうか
を主張しているわけじゃない。
但し機能というなら王家といったものの機能があり保存量であれば
どこかが担当するのだろう という事で。
ソレがマスだというならそうなっているだろう。
その定義に従い。
と考えるだけだ。

234 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 03:02:24.60 ID:6ZaAQqRL0
人種平等目的wなら中ゴキ人からも有能な人材
登用したかよw

エッタチョンの言う事はイチイチ突っ込めるw

235 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 03:02:26.64 ID:iNp697Ap0
>>213
いやあ不勉強で悪いが
臼井勝美という研究者によれば
“一連の軍事行動を国民が圧倒的に支持したことも軍に自信をつけさせた”
そうなのだがなぁ
可能なら国民が反対していたという資料を紹介してもらいたい

236 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 03:02:46.83 ID:aISFO27S0
さすが気狂いだわ

237 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 03:03:39.41 ID:pIlvDPH2i
>>217
バカ?なんでアメリカと戦いたかったんだ?
明治維新以来、戦うべき相手は欧米帝国主義、欧米覇権主義と決まっていたんだよ。独立
を守るためにね。

素手では戦えないからどんどん軍事大国になっていったが。

238 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 03:04:22.84 ID:ySuXGmku0
この「たしかに戦争には負けたけどアジアを開放できたから!」っていう
ネトウヨが好む言い訳を戦後真っ先に主張したのは
国民を煽って戦争に追い込んだ元凶だとネトウヨが糾弾して
やまない朝日新聞の昭和20年8月16日社説だという皮肉w

239 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 03:04:23.21 ID:fMwR0JjI0
>>235
そいつは馬鹿なのだよ。当時は戦争反対の言論弾圧してたから支持以外の
言論が残るわけはない。

240 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 03:07:05.49 ID:uayZnPJJ0
>>239
いいや?
支持しない国賊・売国奴は村八分で血祭りの刑に処されます

241 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 03:09:34.50 ID:iNp697Ap0
>>239
うーん、じゃあ当時の言論弾圧と特高の逮捕拷問がどの範囲まで行われてたか
参考文献あれば教えてくんね?
最近個人的に近現代史調べてんだわ

242 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 03:10:14.57 ID:ibays/As0
こんなのに投票したのが60万人居るわけだ
恐ろしい都市だはトンキン

243 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 03:10:21.64 ID:C1gnlY1Q0
聖戦か
ネトウヨも凄いのを担いじゃったな
頑張ってフォローしろよ
見捨てるなよ

244 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 03:10:45.92 ID:7r31F31B0
>>235
>>可能なら国民が反対していたという資料
横やけど。霧島事件とかググレば?俳句の弾圧。
あと、日記やね。個人的な話で言えば、俺の母方のじいさんは、
ガチの隠れ反戦派だった。米国に勝てるわけない!と開戦当初から
母に言ってたと。父方はイケイケどんどんやったみたい。

245 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 03:12:07.92 ID:aR3pGMXo0
こんな人が出世できる自衛隊組織は大丈夫なのか
心配になるな
こいつが何かをしゃべるごとに9条護憲派が増えていくような気がするわ

246 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 03:12:33.91 ID:ySuXGmku0
まあ国民新聞とか信濃毎日新聞のことを知れば
勇ましい記事を望んだのは国民だとしか思えないわな

247 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 03:13:52.57 ID:iNp697Ap0
と思ったら>>222がいい感じの紹介してくれてるな
このあたりから行ってみるか・・・
>>244
ありがとう

248 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 03:14:10.04 ID:HBiOsmkVi
田母神も百田もTwitter好きだな
Twitterはアメリカ企業な

249 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 03:15:25.01 ID:a0mXRDBP0
機密文書は米英からも日本からも出てるだろうからな。
そこから暗号を解読されスパイも監視されてた情報戦の弱さが分かる。
真珠湾だけ奇襲だったって言われてもな。

250 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 03:15:30.59 ID:aR3pGMXo0
限られた情報しかない当時の市民がマンセーしてたってのは
別に不思議じゃない気がするけどね
世界恐慌の後遺症もあって、皆が豊かになりたいと思ってただろうし。

けど、一度でも欧米に行ったことある人らは開戦に反対だっただろう

251 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 03:16:42.89 ID:iNp697Ap0
んーきりしま事件は大戦末期か 時期がちょっとずれるなぁ
1931年あたりの状況が知りたいだよなぁ

252 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 03:16:58.47 ID:pIlvDPH2i
桝添よりは良かったかもしれんよ。
軍人は歴史云々よりも勝つ戦争しかやってはならないんだが。

253 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 03:17:32.37 ID:b8NhPDdJ0
赤尾敏みたいになってきたな

254 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 03:22:21.56 ID:JhnaJk9x0
私は全面的に支持する
とにかく再びアメリカと戦おう!
自分が気持ちだけが満たされればいい
命の無意味さを確かめたい

255 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 03:24:15.61 ID:+IV9vUZO0
戦争なんて始めた瞬間からどっちも悪だよ

256 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 03:25:36.96 ID:ygLJXwrj0
>>251
1930年 世界大恐慌で米の価格下落
1931年 全国的な大不作で農家に大打撃 農村の娘の身売りなどが流行る
1931年 満州事変勃発 大不況の中で新天地に対する民衆の期待が爆発

この辺りから報道が過激になり始め民衆がだんだんと煽られていくことになる
それを背景にして軍の強硬派が力を持つようになっていった
関東軍の満州での活動は国内的には明確な軍規違反だったが実質お咎めなしになった

257 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 03:27:35.13 ID:a0mXRDBP0
ルーズベルトが真珠湾攻撃を知ってたかなんてトップシークレットだから公開されないだろ。
いまだに原爆投下さえ謝罪しないのに、戦争したいから知ってて黙殺したとか言えるはずがない。
凄い情報戦の中を、真珠湾攻撃だけ分からなかったとかあるかね。

258 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 03:29:22.22 ID:VxPb81zG0
ダイショーアルバイトの長澤大輔さんこれ以上私をいじめないでくれませんか。つらいです…

259 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 03:30:19.52 ID:kzai0Bau0
1940年には、情報に関してはほとんど鎖国状態だったからな。
外国の状況は全然わからない。
新聞とラジオが主な情報のルートだが、ラジオはNHKだけで、しかも、
新聞もラジオも同じ方向に向かって進んでいた。
議会と同じ、批判的な意見も、批判的報道もない。
言論の自由も報道の自由も奪われているから、批判的な記事が載れば弾圧される。
そのうち用紙の割当制度が導入されて、政府や軍部にとって都合の悪い、あるいは批判的なことを書くと、
紙の割当てを減らされる。
用紙がなければ新聞が出せないから、それが長く続けば経営的にゆきづまる。
だから政府や軍部の気に入ることを書かなければならない。
それと、検閲。
検閲があれば、新聞は客観的な情報を流すことができない。
こうなるともう、新聞は大本営発表を垂れ流すだけしかできないわな。
ここまで説明すれば、国民を煽ったのは新聞を利用した政府と軍部であることは理解できるだろ。

260 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 03:30:25.14 ID:H7Z1ciWa0
日本が「素晴らしい国」でないと愛せないのは残念なことです。
「素晴らしい国」とは国を愛する人々が多く住む国のことだからです。
「日本は素晴らしい国」を力説する人々はそのことが分かってないようだ。
歴史に誇りを持ち先人を敬うことに理由は必要ありません。
迷いのある心弱い人々がそのことに正当な理由を求めるのです。
田母神氏は心の弱い悲しい人だと思います。
「日本は誇りある歴史を取り戻さなければいけません。日本は素晴らしい国なのです。」
心から日本という国を愛し、その歴史に誇りを持っている人は
こんなことは言いません。

261 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 03:32:38.45 ID:iNp697Ap0
>>256
そうなのよねー
その辺りを調べてくと国民が軍部の暴走を支持してたという記述によく当たる
満州事変あたりからの軍部を政府が制御できなくなってるとかもね

262 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 03:33:36.24 ID:ygLJXwrj0
>>260
それについては自分も同感だな
これから先経済が低迷すれば今よりも国際競争力や社会インフラが劣化し
治安やモラルが悪化していくかもしれない
政界の国々と比較していろいろ弱い面や悪い面も出てくるかもしれない
素晴らしい国で無く素晴らしくない国になってしまった時に本当の国民の
真価が出るんだと思う

263 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 03:34:02.49 ID:3LWE38rz0
田母神はもうダメだな。持論がどうだろうが、国民を誘導できなければ
政治家としてはやっていけない。今の日本でこんな理屈が通るはずが無い。
それは正しいとか間違っている以前の問題。

264 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 03:35:11.92 ID:aR3pGMXo0
>>257
日本だけに限らず、世界の人たちもアメリカが知ってたのに黙ってたかもと思ってると思うよ
けど、日本の卑怯な奇襲にしといた方が納まりが良いからそうしとこうって感じじゃないのかな

イラク戦争の開戦理由は大量破壊兵器製造という米の犯罪的嘘情報だったが
皆、卑怯なのはアメリカと分かっていてもフセインだけ悪者した方が
納まりが良いからそうしとこうってことなんだろうし

265 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 03:37:19.08 ID:kzai0Bau0
田母神もチャンネル桜も目糞鼻糞だわ。

266 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 03:37:24.74 ID:iNp697Ap0
暗黒日記の有名どころの書評見たがちょっとすごいな
これはいいものを教えてもらった

267 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 03:37:38.05 ID:qGQTricq0
>>217
日本海海戦でロシア艦隊が壊滅したから
海軍は予算を確保するためにアメリカを仮想敵にしてただけ
アメリカも日露戦争以降それまでと打って変わり日本を警戒するようになった背景もある

268 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 03:38:07.38 ID:CMG0i9aO0
立てよ国民!

269 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 03:40:59.99 ID:aR3pGMXo0
>>261
軍部が統帥権持ち出してきて好き勝手しだしたのもその頃なんだろう
統帥権なんて言う明治の遺産があったせいで
関東軍は大陸で一国一城の主のように振舞ったし
天皇の意向も一切無視

結局、もし米との開戦が無くても軍から統帥権を取り上げることは叶わず
絶対に軍は暴走してただろうから、焼け野原になる運命は変えられなかったのかもな

270 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 03:41:19.05 ID:DGyGpxa90
日本を思うあなたの振り込みを待ってます

271 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 03:41:28.95 ID:a0mXRDBP0
>>229 オアフのスパイは日本領事館の書記官、吉川猛夫。日本海軍のスパイだな。
何曜日に船が多いのか調べて報告してる。

272 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 03:41:48.91 ID:HBiOsmkVi
どうせナショナリズム煽っても
アメリカと戦争ではなく、中国と戦争になるならな

太平洋戦争より日中戦争の方が実はタブー
中国と戦争したくてウズウズしてるんだろうよ
ネオコンとかが裏にいるのか

273 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 03:43:06.96 ID:pIlvDPH2i
明治以来、欧米帝国主義が日本の敵だから、太平洋戦争はある意味では必然だった。どこよりも
米は日本に干渉してきたからだ。

だが、そういう感情に流されることなく、勝てる戦争だけやるべきだった。

274 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 03:45:59.03 ID:aXrpYjhN0
これは酷いなぁ

資源がほしくて東南アジアに攻め込んだだけなのに何がアジアの独立だよ

275 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 03:46:19.02 ID:Rp3hTqIB0
@shin_utunikki: かつて福岡市中央区役所で
日本人には罵詈雑言 水際作戦で不当に生活保護受給を妨害しながら
同胞には簡単に保護認定し 不正受給も黙認
悪事の限りを尽くしてきた在日不逞鮮人公務員 藤=とう が
現在 城南区役所で同様の悪事を働いています
http://i.imgur.com/7lZXeXu.jpg

@hiehie_no_mi: こやつらいつやられるんだろう?(-。-)y-゚゚゚ "@birdie75555: RT@shin_utunikki
福岡市の役所は在日の巣窟!
不逞朝鮮人が日本人をタメ口罵詈雑言で弾圧し 生活保護申請も不当に却下  つづく
http://i.imgur.com/ErcmmME.jpg
http://i.imgur.com/Zfw2ReM.jpg

@kenotanetomo: @shin_utunikki @nihonjintamasii
日本中のお役所が汚鮮されてると思います
犯罪者の多い国の人間は帰化を認めないとか 帰化してから3代は公務員も被選挙権も認めないようにしてほしいですね
日本は世界一外国人に厳しい国でいた方がいいですね

@AgustinaMsk: @shin_utunikki 2人とも人相が悪いですね。


福岡市中央区役所保護第四係 不良係長 重松
現在城南区役所?在籍の 在日不良キモオタ係長 藤=とう
ついに全国デビュー(笑)

276 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 03:48:07.34 ID:O7S+5rcg0
>>274
このオッサンのあたまの中では、
前の戦争はすべてコミンテルンが仕組んだことで日本はそれに引き込まれながらアジア独立の為に闘ったヒーロ
ってのがこの国の歴史だからw


つうかこれが酷いってやつは、この、おっさんが首になった論文とか読んだこと無いのか?

277 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 03:49:08.74 ID:iNp697Ap0
>>269
ああこりゃすごいわ
史料ひっくり返してみたら
戦線不拡大は当時の若槻内閣だけじゃなくて陸軍中央も同意してんのな
それなのに関東軍が自前の統帥権の独立を主張して無視したのか
暴走なんてレベルじゃねーなこれw
軍内部ですら割れてたとなると当時の特高は戦線拡大を批判する国民が居たとして
逮捕とかしなかったんじゃないかと思えるが・・・この辺りも調べる手がかりになりそうだな

278 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 03:49:30.02 ID:pIlvDPH2i
>>274
そんなことはないよ。
まっさきにシンガポールに攻め込んだ。なぜだ?シンガポールに資源はまったくない。

279 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 03:51:16.85 ID:7KvKJBqe0
>>274
そら列強にアジア地域ほとんど植民地化されちゃあ動かざるおえんだろ

280 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 03:52:04.51 ID:aXrpYjhN0
>>278
ナチスに手いっぱいで丁度良い時期だったからじゃないの

281 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 03:53:18.21 ID:7KvKJBqe0
>>273
何もしなくても鬼畜ルーズベルトは日本潰すつもりなんだからどっちみち勝てる戦争なんてできなかったんだよ

282 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 03:53:42.97 ID:kzai0Bau0
宣戦布告もしないで真珠湾を攻撃した日本が悪い。

283 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 03:54:21.21 ID:piqs46L50
>>278
シンガポールはミッドウェイやハワイと同様、資源以外の目的があった。


■開戦前の文書で「独立させる」とはどこにも出てこないのに資源獲得目標だけは地域別に細かく設定
---------------------------
1.南方占領地行政実施要領(1941.11.20.大本営政府連絡会議決定)  
第一 方針  
占領地ニ対シテハ差シ当タリ軍政ヲ実施シ治安ノ快復、重要国防資源ノ急速獲得及作戦軍ノ自活確保ニ資ス 
占領地領域ノ最終的帰属並ニ将来ニ対スル処理ニ関シテハ別ニ之ヲ定ムルモノトス  

二十 重要資源ノ地域別開発取得規模別紙ノ如シ  
(別紙抜粋)
比律賓 開発取得目標:○マンガン50、○クロム50、○銅100、取得目標:△鉄300、マニラ麻75、コプラ150/
英領馬来 開発取得目標:△ボーキサイト100、○マンガン30、△鉄500、取得目標:錫10、生ゴム100..../
英領ボルネオ 開発取得目標:○石油500/
蘭領印度 開発取得目標:○石油600、○ニッケル100、△ボーキサイト300、○マンガン20、取得目標:錫10、生ゴム100、キナ皮1、キニーネ0.1....
[単位:千屯、○印ハ...最大限ニ開発シテ国内ニ輸送ス、△印ハ船腹ニ余裕ヲ生シタル場合増額  
http://www.ne.jp/asahi/stnakano/welcome/apwar/apwar_docs.html

284 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 03:54:49.48 ID:O7S+5rcg0
>>278
あそこはアジア地区の軍事の要みたいなもんだから、真っ先に叩く必要があった

285 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 03:56:02.37 ID:5GbwlFnl0
しかしまあ、今の政党って、反日政党が多過ぎるし、
いっそこいつに任せてみてもいいんじゃね?と思ってしまうわ…w
歴史に悪名を残しても、在日とか反日主義者を駆除してくれそうだ。

286 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 03:57:24.10 ID:pIlvDPH2i
>>283
それは何なの?

287 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 03:58:47.52 ID:piqs46L50
>>286
皇軍が開戦前に設定した資源獲得目標

288 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 03:59:42.56 ID:aR3pGMXo0
>>281
こいつに任せたら自作自演テロやってバレて逆ギレ、とかそんなヲチになるだけの悪寒w

289 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 03:59:45.37 ID:7r31F31B0
>>277
まだいますかな?寝る前に一つ。
弾圧で思い出した人物がいる。植木等の父親。坊主で戦後に共産党に入るけど、ガチ反戦家。
檀家総代達のおかげで投獄を免れたはず。植木徹誠のWIKIだけでもみて。
あとね、戦前の状況知るなら、宗教者は鍵だよ。暁烏敏なんて毀誉褒貶の
多い真宗の坊主も調べるとおもしろい。日蓮主義者は政治に影響力大やけど、
真宗や禅宗の坊主は檀家に与えた影響大。

290 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 04:00:03.58 ID:KsYoqQT20
歴史には世代によって、立場によって、国によって、いろんな立場があるから、
たもさんの言うことを真っ向から否定する奴は危ない思想の持ち主だと思う。
たもさんは割と学術的に議論していこうってスタンスの人だから。

291 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 04:00:49.81 ID:Ti3ySPAd0
>>283
当たり前だろ。資源獲得の口実で解放戦争の準備をしてたんだから本当の目的なんて文書に書くわけがない

292 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 04:00:55.04 ID:pIlvDPH2i
>>284
欧米の軍事の要だろ?だから日本は欧米植民地主義と戰っていた。

293 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 04:02:17.05 ID:piqs46L50
>>291
本当の目的を隠したのは君の言うとおり


■日本は侵略をした。しかもそれを「当分発表セズ」と隠す卑怯さ=インドネシア、マレー人を騙した(ネトウヨ本では教えてくれない日本史)
----------------------------
大東亜政略指導大綱  (1943.5.31.御前会議決定)   
六 其他ノ占領地域ニ対スル方策ヲ左ノ通定ム   但シ(ロ)(ニ)以外ハ当分発表セス  
(イ)「マライ」、「スマトラ」、「ジャワ」、「ボルネオ」、「セレベス」ハ帝国領土ト決定シ重要資源ノ供給源トシテ極力之ガ開発並ニ民心ノ把握ニ努ム
http://ja.wikisource.org/wiki/%E5%A4%A7%E6%9D%B1%E4%BA%9C%E6%94%BF%E7%95%A5%E6%8C%87%E5%B0%8E%E5%A4%A7%E7%B6%B1

294 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 04:03:01.80 ID:O7S+5rcg0
>>292
欧米の植民地主義とやらと闘った結果、日本の植民地にしたわけだけど、それを闘ったと言えるのだろうか?
掠め取ったじゃね?よく言って

295 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 04:03:32.09 ID:qjIClqVO0
わざとやってるような、胡散臭さがあるよねこの人
なんか日本の未来を見据えてなさそうな胡散臭さがある

296 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 04:03:54.71 ID:iNp697Ap0
>>289
ありがとう
思いもしない角度からの情報は大歓迎です
宗教の視点は全くなかったから調べてみますわ
あの時代仏教がどういう立ち位置にあったかは興味を覚えますね

297 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 04:04:16.14 ID:udOLNXYE0
狂信者か。まあ、それも一つの考えだろうさ。

298 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 04:05:16.69 ID:5GbwlFnl0
>>293
下朝鮮の竹島の不法占拠も卑怯な侵略だよなぁ。
国際司法裁判所での平和的解決からも逃げてるしさ。

と煽りたい所だが、
そんなテンプレ出してたら、チョン業者だとバレバレなんだがwww

299 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 04:05:18.07 ID:fMwR0JjI0
>>277

昭和5年の、満州事変の頃は、まだまだ言論の自由があっただろ。

あれと515事件をきっかけに徐々に悪化していくんだよ。

昭和13年の国家総動員法以降はひどい状態に。

300 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 04:05:18.42 ID:mxDIgrJ70
NHKや朝日が言ってるような戦前の特高警察の一般市民への虐めは無かった
らしいよ。
NHKや朝日は武力革命を目指したテロリストのアカの家庭ばかりを描いてるわ。

301 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 04:07:40.81 ID:piqs46L50
>>300
■戦前日本は北朝鮮的な言論監視統制国家だった(ネトウヨ本では教えてくれない日本史)
-------------------------------------------
岐阜・畳職・五二歳――
「こんなに働くばかりでは銭はなし税金は政府から絞られるし全く困ってしまった。それに物価は高くなるし仕事はなし、上からは貯金せよといって絞り上げる。
実際貧乏人は困っている。よいかげんに戦争なんか止めたがよい。兵隊に行った人の話では全く体裁のよい監獄じゃそうな。
兵隊もえらいしええかげんに戦争は止めたがよい。日本が敗けようと敗けまいと又どこの国になっても俺はへいへいといって従っていればよい。日本の歴史なんか汚れたとて何ともない。」
(或一人に話す、同年九月、陸軍刑法第九九条違反で禁錮六ヵ月)

福岡・理髪業・三一歳――
「皇軍兵士が戦死する場合無意識の間に天皇陛下万歳を叫んで死ぬ様に新聞紙に報道されているが、それは嘘だ。ほとんど大部分の者は両親兄弟妻子恋人等親しい者の名前を叫ぶということだ。」
(数名に話す、同年一〇月、陸刑九九条で禁錮五ヵ月)

北海道・生徒・一九才――
四二年七月、道路において梨本宮殿下の御宿舎を望見しつつ同僚にたいし、「梨本君まだ来ないのか」と不敬言辞を弄す。
(不敬罪として送致)
http://oohara.mt.tama.hosei.ac.jp/rn/senji2/rnsenji2-122.html

302 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 04:07:41.01 ID:pIlvDPH2i
>>294
言葉遊びじゃねえんだよ、アホ。
欧米植民地主義と戦わなければ、くすねることもできなんだよ。ド阿呆。

303 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 04:09:54.13 ID:aXrpYjhN0
>>302
資源が欲しくて戦ったのはなんも変わらないと思うが

304 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 04:11:14.35 ID:O7S+5rcg0
>>302
欧米の植民地主義と戦ったわけじゃないだろ。と言いたいんだよ。
要は日欧での植民地獲得合戦ってだけなんだから、それを植民地主義と闘ったてのはおかしいだろ

305 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 04:11:55.32 ID:YaG1GSh30
 
佐世保北高校 女子同級生 殺人事件

   徳勝もなみ 快楽殺人犯 キチガイ

   徳勝仁 殺人犯の父 うそつき弁護士 諸悪の根源

      弁護士を見たら 「うそつきのプロ」と思え!
 
   徳勝丈 殺人犯の兄 早大法 変人

           http://itainews.rnill.com/sasebo/
 
 

306 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 04:11:55.70 ID:pIlvDPH2i
>>303
だから何度いえばいいんだ?アホ
シンガポールには資源はない。

307 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 04:12:26.67 ID:uqmVyGlS0
ナニ言っても無駄さ、勝てば官軍負ければ賊軍だ。勝った方がすべて正しい事になる。
だから負ける戦争をしてはならない。

308 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 04:13:37.00 ID:zfS71TYgO
右も左もキチガイだらけ

309 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 04:14:32.32 ID:aXrpYjhN0
>>306
シンガポールの連合軍を叩いてインドシナ・マレー方面の資源の支配を確保
したんでしょ。
ナチスの最大版図の時期だから連合軍が弱り切っていてチャンスだったというだけの話だね

310 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 04:15:02.00 ID:W1m8cnqr0
勝敗関係なく大日本帝国が正しいなんて思わないけど
天皇のため 国家のためって
国民が見殺しにされまくったのは容認出来ない

311 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 04:16:57.11 ID:wrfZMcom0
さすがにこれは擁護しきらんでしょうw

312 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 04:16:58.90 ID:iNp697Ap0
>>299
ああ、想定していた時期にずれがあったか
すまんね
満州事変あたりから見られる関東軍の独断専行を国民がどう見てたかで話してた
先に上げた教授の言説もその頃のものなんでその辺も了解してくれ

313 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 04:18:30.41 ID:69VJFP/+0
田母神ってマジで馬鹿だったんだな・・・

314 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 04:18:33.15 ID:pIlvDPH2i
>>304
いやおかしくはないよ。だって日本は欧米から遅れて勃興した新興国だった。
その国が欧米植民地主義に反感をいだくのは自然なことだ。

君の言う植民地合戦というのも一面の真実だがね。それを認めるなら、これも
認めなくてはならない。

315 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 04:18:38.64 ID:C1gnlY1Q0
他国の利益の為に開戦した国なんてないだろ
あるとしたら、それは嵌められた開戦だけ
聖戦ってなんぞー?

316 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 04:22:08.30 ID:69VJFP/+0
南進したのは単に物資が欲しいからであって当時はまだ植民地解放って建前すらなかったんだぞ
田母神はいくらなんで不勉強すぎだろ
マジでこんな馬鹿が自衛隊で出世出来てたとか驚きだわ

317 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 04:24:14.75 ID:aR3pGMXo0
>>310
天皇のため、国家のためと言ってた連中は皆嘘つきで
私利私欲のために国家と天皇陛下を利用していたって方が正しいと思う

簡単に言い換えたら支配者層とその奴隷たちってことだろな

318 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 04:26:46.28 ID:fMwR0JjI0
アジアの解放と言い出したのは誰か?
http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/history2/1327886431/

319 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 04:26:58.03 ID:aR3pGMXo0
>>316
時には政治家たちの行っている外交交渉の妨害をするためだったみたいだね

320 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 04:29:52.32 ID:nxbEhswK0
思想より単純に頭が悪いから応援しない

321 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 04:30:13.03 ID:iqquFdtw0
東アジア共同体なんて絵空事を目指した時点で戦略的に大失敗してる
つぅか、今でも東アジア共同体目指そうとする大東亜戦争の亡霊がなぜか糞サヨにたくさんいるが
いいかげん成仏してほしいもんだ

322 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 04:30:53.78 ID:0GtJbdgp0
資源を確保するため、侵略します。なーんて言う戦争なんてほとんどないんだよね

皆正義のため、自衛の為と言いながら、版図を広げようとしたんだ。

勿論、当時の日本は切羽詰まっていたし、その打開のため、政府存続のための自衛戦争の面が強いだろう。

しかし、そこに至る要因の一つ、満州はどうだ。あれは自衛でもなんでもない。
ましてや、聖戦ではない。
他の欧米などの帝国主義に習った唯の侵略だ

323 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 04:31:13.59 ID:69VJFP/+0
WWUの大失態から何も学んでない馬鹿が自衛隊にいてさらに結構な地位まで行ってたってのが恐ろしいわ

324 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 04:31:40.50 ID:vhcCCd/q0
>>1
間違いないじゃん

弾圧されていたのは有色人種、していたのは白人、キチガイだったのは支那人

325 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 04:33:04.79 ID:9DUvF/NT0
当時聖戦だと思わされていて、今もそう思ってる人がいたってことだよな。
戦前の教育に影響されてる人って珍しいよな。
やっぱ自衛隊で教育されるとこうなるんだろうか?

326 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 04:33:07.21 ID:O7S+5rcg0
>>314
反感をもってたか?
植民地獲得の為に兵隊だしてんのに?

327 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 04:33:31.02 ID:vhcCCd/q0
>>323
学んでないアホはお前

白人様は天使だった、とでも言いだすつもりかw

328 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 04:36:09.23 ID:vhcCCd/q0
>>325
史実を知ってるか、知らないか、の違いだよ

そう思えるお前が無知なだけ
朝日が捏造した慰安婦問題を信じてる、って馬鹿と同じ

329 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 04:36:14.91 ID:aR3pGMXo0
>>322
戦前の話になると、なぜかハルノートからスタートしそれ以前は無かったことにする連中が
少なからずいるからなあ

330 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 04:37:03.59 ID:pIlvDPH2i
>>322
それも一面。
仏印に侵攻したのは資源獲得まおあるが、それだけではない。欧米との戦いだった。

331 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 04:37:17.17 ID:69VJFP/+0
>>327
誰が損と言ってんだ馬鹿
聖戦でもないただの物資獲得の南進でしかないのは歴史勉強すりゃわかるだろ

332 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 04:37:42.41 ID:dUBsbTKCO
もうダメみたいですね

333 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 04:40:03.38 ID:0SYNKtHF0
「聖戦」に反対する人は捕まって拷問されたりしてたわけですが。
立派な聖戦ですな。
イスラム原理主義派のように自爆攻撃もしてるし。

334 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 04:40:07.01 ID:T4+vKgIO0
欧米との戦いwwwwwwww

馬鹿丸出しwwwwwwwww

日本の東南アジア進出は日本を使って、東南アジアから英蘭仏を追い出させ

東南アジア地域を自国の影響下に置くためのアメリカの戦略だからw

335 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 04:40:50.77 ID:fMwR0JjI0
なんで欧米と戦わなきゃいけないの。

当時の都市住民はみんな欧米大好きよ。

「日本軍と日本兵」という本にも、都会出身の日本兵の捕虜は
英語も理解し、なかにはアメリカの人気女優のブロマイドを
持って戦争に来た人がいて、アメリカ映画話で意気投合してたってよ。

一方、農村出身の日本兵は鬼畜米英を信じきっている英語も理解
できない、映画も見たことがない低学歴ばかりだったと。

336 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 04:41:04.73 ID:9DUvF/NT0
>>328
新聞社があおった戦争は信じるのか?
馬鹿かお前は・・・

337 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 04:43:23.16 ID:pIlvDPH2i
>>334
それでいいんがが?バカ?
第1段階はね。次の段階は日本が引くってことだ、独立。

338 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 04:43:56.36 ID:bXNW44ua0
聖戦という言葉のイメージが悪すぎ。
田母神さん、自分の世界に浸っては誰も着いていけなくなるよ。
まだ石原慎太郎のほうがましだ。

339 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 04:44:51.50 ID:9DUvF/NT0
国民をだますといういみで、聖戦だったんだよな。

340 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 04:46:36.48 ID:0SYNKtHF0
絶対善の存在なんて居ないというのが特徴である多神教の日本で、
日本文化を大切にしろという人間が、
一神教的な絶対善・絶対悪な味方しか出来てないってのは皮肉だね。

341 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 04:48:21.47 ID:fMwR0JjI0
聖戦といえば、宗教に狂った狂信的なキチガイが「進めば天国退けば無限地獄」と
ブツブツつぶやき踊り狂いながら攻撃してくるイメージだよな。

まあ、欧米からみればそれだったのかもな。

戦国時代の一向宗みたいな気持ち悪い存在。

342 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 04:48:36.33 ID:pIlvDPH2i
アジアで戦う国は日本しかなかった。日本が大人しくしてりゃアジアはもっとやられた。
戦争やらなきゃ、生活は守れたがね。

ま、お人好し日本ではあった。

343 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 04:49:18.24 ID:O7S+5rcg0
>>338
コミンテルンの陰謀唱えて自衛隊首になったおっさんに、それ期待すんのは酷だぞw

344 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 04:50:05.67 ID:Nw7qwp2j0
アジアの解放www
それならマオリ族とか解放しなくていいの

345 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 04:51:31.43 ID:VoTeljuv0
森田実みたいなポジション

346 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 04:52:05.16 ID:bXNW44ua0
>>342
当時もっとも進んだ人権意識をもっていたのは日本だったからね。
そのお陰で当時の国連から脱退するという暴挙をしてしまったのが失敗だった。

347 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 04:52:10.29 ID:u4sqvx7O0
欧米列強から民を守るため、チベットやウイグルを統治下に置くのである。
それに反するものたちとの戦いは聖戦だ。

なんてね

348 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 04:52:24.68 ID:Nw7qwp2j0
解放とか偉そうなこと言えるのはアメリカだけだな

349 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 04:52:37.23 ID:fMwR0JjI0
>>344

ふとおもったが、敗戦したことで日本国民がネアンデルタール人並みの脳筋軍部から
開放されたんじゃないか。

つまり日本人が軍部独裁から開放された戦争だったと。

350 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 04:53:08.91 ID:07j2qgsJ0
正論

351 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 04:54:22.69 ID:fMwR0JjI0
>>347
安倍の中国包囲網なんて、中国軍部の自衛戦争の格好のネタになるだろうな。

「日本が中国包囲網を形成して中国は苦しんだ。人口増問題も抱えていて
中国国民を食わせなければならなかった。あれは自衛戦争だった」

352 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 04:56:14.84 ID:ySuXGmku0
欧米植民地主義と闘ったんじゃなくて
日本も一等国になったんだから仲間に入れてよぉ
って言って仲間に入れてもらってるうちにやりすぎたから叩かれた

353 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 04:56:22.75 ID:bXNW44ua0
>>349
脳筋とは聞き捨てならんな。
大東亜戦争になる前から散々戦争をして勝っていたからな。
朝日新聞などのゴシップ紙が勝利を囃し立てたもんだから、他に情報網を持たない
大多数の国民が騙されて戦争に邁進してしまったのは否定できない事実だぞ。

354 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 04:56:37.62 ID:8GuyvDJX0
流石に聖戦は同意出来ない、結局は覇権を得たかっただけなんだし
田母神さんはこういうあまりにも尖った所があるから支持を得られないんだよなぁ

355 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 04:57:42.75 ID:fMwR0JjI0
>>353
軍部が統制してるんだろ。主犯は朝日じゃなくて軍部だよ。
朝日は軍部のカバン持ちの城山三郎いわく「要領のいいやつ」にすぎない。

356 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 04:59:12.86 ID:bXNW44ua0
植民地を独立させようと戦った日本を覇権だけでは言い表せないだろ。
中国大陸への進行は覇権だがw

357 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 04:59:33.39 ID:0SYNKtHF0
日本が絶対悪だったという認識を問い直そうというのは良いけど、絶対善だったというところまで突っ走ってしまう人間には嫌悪感を覚える。

経済論者の三橋も「是清の恋文」って小説の中で、高橋是清の遺書に「日本は素晴らしい国です。日本は民主国家であります。・・・」
とか書いてるが、主義主張が違うから殺される国が民主国家の名に相応しいと思ってるんだろうか。。
高橋是清にそう質問したらそうだと答えると思ってるのか。

自分の主張で言うならまだしも他人の意見を「捏造」してまで言う様には読んでて気持ち悪くなった。

358 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 04:59:43.88 ID:YyKUqlz7i
なんぼ何でも聖戦は言い過ぎw
自国の安全保障のためにやっただけw

359 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 05:00:33.64 ID:VsUPIF7i0
>>351
正当化されてもしかたがないわな

360 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 05:00:46.69 ID:O7S+5rcg0
>>353
勝ってたつうけど、ロシアは片手間だし日清戦争は眠れる豚相手だったし、初期の植民地は欧米がナチスを見てる間だけの勝利だったし

正々堂々ト闘った事例なんてなくね?

361 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 05:01:11.33 ID:pIlvDPH2i
>>352
ならなんで戦争なんて愚かなことやったの?
1等国に入りたいだけなら、欧米にゴマすってるのが一番だ。

なぜ?

362 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 05:01:52.22 ID:UBrP43/w0
日本人は嵌められただけ。

真の戦犯は朝日新聞だった。

朝日新聞記者の尾崎秀美に操られた近衛文麿が危機を演出し、体制革新つまり統制経済化・社会主義化のため意図的に日中戦争を拡大した。
紙面に煽られた国民も支持した。

近衛の中国政策のブレーンになった尾崎は近衛を日中戦争拡大、対米戦に誘導してソ連を守り、敗戦革命で日本の赤化を図っていた。
尾崎は、コミンテルンのスパイ・ゾルゲ事件の共犯で死刑になった。
ゾルゲ事件では朝日新聞東京本社政治経済部長田中慎次郎、同部員磯野清も検挙されている。

史実を追えば、日中戦争の発端の盧溝橋事件では、7月11日、北平特務機関長の松井久太郎大佐と大使館付武官補佐官の今井武夫少佐は、第29軍の秦徳純副軍長との間で、盧溝橋事件現地協定という停戦協定を締結。
しかし、7月11日、同日に近衛内閣は、華北の治安維持のため、派兵を声明し、各界に挙国一致の協力を要請。

また、昭和13(1938)年1月16日には参謀本部は講和を志向していたが、近衛が「帝国政府は爾後国民政府を相手にせず」と発表し断交。以後、交渉不能に。

しかし、近衛はゾルゲ事件後の昭和18年にはコミンテルンの影響を脱した。それで、陰謀の中身を明かし近衛上奏文を書いた。

(以下抜粋)
抑々満洲事変、支那事変を起し、これを拡大して遂に大東亜戦争にまで導き来れるは、これら軍部内の意識的計画なりしこと、今や明瞭なりと存侯。
満洲事変当時、彼等が事変の目的は国内革新にありと公言せるは、有名なる事実に御座侯。
支那事変当時も、「事変永引くがよろしく、事変解決せば国内革新はできなくなる」と公言せしは、此の一味の中心的人物に御座侯。
これら軍部内一部の者の革新論の狙いは、必ずしも、共産革命に非ずとするも、
これを取巻く一部官僚及び民間有志(之を右翼というも可、左翼というも可なり、所謂右翼は国体の衣を着けたる共産主義者なり)は、
意識的に共産革命にまで引ずらんとする意図を包蔵しおり、無智単純なる軍人、これに躍らされたりと見て大過なしと存侯。

そして、近衛は昭和20年10月にマッカーサーから新憲法起草を指示されており、戦犯指名はされないはずであった。ところが12月に突如逮捕命令が出され自殺。朝日は何の処分も無かった。

363 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 05:02:47.96 ID:UahvP2Ty0
>13
世界が帝国主義だったって所が抜けてる
実態は欧米もなのに日本だけ非難されるのおかしいだろ

364 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 05:02:51.87 ID:bXNW44ua0
>>355
どこの国を言っているのか知らんが、日本は選挙で首相を選んで軍部を制御していたが。
朝日新聞が国民をたき付けて軍部の暴走を招いたじゃないか。

365 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 05:02:52.08 ID:4LmgWLs20
馬鹿が馬鹿を騙して支持を広げたいんだろうなと

366 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 05:03:09.74 ID:UBrP43/w0
真の戦犯は朝日新聞だった。

朝日新聞記者の尾崎秀美に操られた近衛文麿が危機を演出し、体制革新つまり統制経済化・社会主義化のため意図的に日中戦争を拡大した。
紙面に煽られた国民も支持した。

近衛の中国政策のブレーンになった尾崎は近衛を日中戦争拡大、対米戦に誘導してソ連を守り、敗戦革命で日本の赤化を図っていた。
尾崎は、コミンテルンのスパイ・ゾルゲ事件の共犯で死刑になった。
ゾルゲ事件では朝日新聞東京本社政治経済部長田中慎次郎、同部員磯野清も検挙されている。

史実を追えば、日中戦争の発端の盧溝橋事件では、7月11日、北平特務機関長の松井久太郎大佐と大使館付武官補佐官の今井武夫少佐は、第29軍の秦徳純副軍長との間で、盧溝橋事件現地協定という停戦協定を締結。
しかし、7月11日、同日に近衛内閣は、華北の治安維持のため、派兵を声明し、各界に挙国一致の協力を要請。

また、昭和13(1938)年1月16日には参謀本部は講和を志向していたが、近衛が「帝国政府は爾後国民政府を相手にせず」と発表し断交。以後、交渉不能に。

しかし、近衛はゾルゲ事件後の昭和18年にはコミンテルンの影響を脱した。それで、陰謀の中身を明かし近衛上奏文を書いた。

(以下抜粋)
抑々満洲事変、支那事変を起し、これを拡大して遂に大東亜戦争にまで導き来れるは、これら軍部内の意識的計画なりしこと、今や明瞭なりと存侯。
満洲事変当時、彼等が事変の目的は国内革新にありと公言せるは、有名なる事実に御座侯。
支那事変当時も、「事変永引くがよろしく、事変解決せば国内革新はできなくなる」と公言せしは、此の一味の中心的人物に御座侯。
これら軍部内一部の者の革新論の狙いは、必ずしも、共産革命に非ずとするも、
これを取巻く一部官僚及び民間有志(之を右翼というも可、左翼というも可なり、所謂右翼は国体の衣を着けたる共産主義者なり)は、
意識的に共産革命にまで引ずらんとする意図を包蔵しおり、無智単純なる軍人、これに躍らされたりと見て大過なしと存侯。

そして、近衛は昭和20年10月にマッカーサーから新憲法起草を指示されており、戦犯指名はされないはずであった。ところが12月に突如逮捕命令が出され自殺。朝日は何の処分も無かった。

367 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 05:03:12.50 ID:aR3pGMXo0
日露戦争は、戦場では勝ったが、国際政治的には負けた戦争だな
払った代償に対して見返り少ないと民衆が暴動起こすほどだったし

368 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 05:03:54.82 ID:pTgEvFXy0
>>367.
新聞が大勝利!って煽ったからね

369 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 05:04:07.02 ID:UahvP2Ty0
ネトウヨっぽいノリがつよかったのに
ニュー即はまた入れ替わったの?
嫌韓なだけでそれいがいは普通なの?

370 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 05:04:17.97 ID:YyKUqlz7i
>>361
ゴマスリは尊敬されない

371 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 05:04:50.40 ID:UBrP43/w0
中国共産党とコミンテルンが操ったのは朝日新聞と日本だけではない。
大戦前、モンロー主義で国外問題不干渉で反戦だった米の国内世論を南京大虐殺で反日に誘導し参戦に誘導したのはコミンテルンと中国共産党。

アメリカ国内で、反日運動を行ったのはコミンテルンの活動家で南京大虐殺について描いた「アジアの戦争」の著者エドガー・スノーらだった。
これが、南京大虐殺の最初の記述だ。また、東京裁判史観のベースになった。

また、同様にジャーナリストとして日本批判記事をアメリカの新聞に送っていたスメドレーはゾルゲ諜報団のメンバー。赤狩りで国外脱出後、急死。
さらに「大虐殺」の証拠の一つとされた『ラーベ日記』筆者、ジョン・ラーベは、ゾルゲの活動を上海で支援していた赤軍諜報部員の友人だった。

当時、アメリカにはコミンテルンのスパイがたくさんいた。ルーズベルトの側近にもいた。ハルノートをドラフトしたハリー・ホワイトは、原案にあった日本が手をひく対象を「満州を除く中国」から「中国」に変えて日本を戦争に追い込んだ。

結局、アメリカは戦後、共産主義への防波堤だった日本を壊したことが失敗だったことを悟る。

アメリカ国内外で赤狩りがはじまり、ハリー・ホワイトは自殺。

なんと言っても「日本の敵」の真打は、ハーバード・ノーマンだ。

カナダ外交官で、戦前から終戦後にかけて「知日派学者」として名を馳せたノーマンは、マルクス主義者であり、コミンテルン工作員であった。
彼はケンブリッジ大学留学時にイギリス共産党に入党し、インド独立運動に関わった。
ちなみにゾルゲや朝日の尾崎秀美の一味のアグネス・スメドレーもベルリンでインド独立運動に携わり、その後上海に入っている。

ノーマンは、昭和12年に支那事変が始まると、スメドレーの親友で戦後「女性開放」運動に影響を与えたアメリカ共産党員の石垣綾子やキョ朝鼎、
また都留らとともに、アメリカ国内で反日、反戦活動を繰り広げた。
日本に石油を売ってはならない、中国を侵略している日本を孤立させていこう、と呼びかける反日集会を二ユーヨーク・ボストン・フィラデルフィアなど東部の主要都市で開催し、
昭和14年のアメリカによる日米通商航海条約破棄を大きく後押ししたのだ。

372 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 05:05:09.49 ID:O7S+5rcg0
>>368
その情報流したのは国だけどね。
「俺らの圧勝」
とでも言っとかないと、士気に関わるから仕方ない茶、仕方ないが

373 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 05:05:34.44 ID:ySuXGmku0
>>368
冷静に書いた新聞を襲撃したのが日本国民です

374 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 05:07:06.63 ID:bXNW44ua0
>>360
勝ちは勝ちだろw
世界からみれば小競り合い程度でもね。
他の強国は同じ陸続きの他国と殺し合いしていたから、
本腰いれて海洋国家に対処できなかったのはあるだろうがな。

375 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 05:07:07.40 ID:fMwR0JjI0
>>364

東條英機は一度も選挙でなんて選ばれてませんよ?

376 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 05:07:28.16 ID:HBiOsmkVi
そんなに集団的自衛権認めさせて
自衛隊を尖閣で中国と戦争させたり
アメリカの為に戦場で血を流させたいのかね

安倍とか田母神とか百田とか石原は
たまーに反米的なポーズを見せつつ
結局はアメリカのための政治してるんじゃねーかww

歴史観、愛国教育、靖国神社とかそういうことで
保守層がつれて信者作れていいですねwww

若者がどんどん騙されてるわ

377 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 05:07:59.13 ID:UBrP43/w0
当時の『朝日新聞』を見ると、政府に先がけて「暴支膺懲」を掲げ、数発の銃声を本格的な戦争に拡大しようと意図的な世論誘導をおこなっていたことがわかる。

 1937年7月9日付『東京朝日新聞』夕刊は1面トップで「北平郊外で日支両軍衝突」「不法射撃に我軍反撃」の見出しを掲げ、同社の現地特派員報告「硝煙の戦線を行く」では
「今回の事件は支那側の挑戦的不法射撃によって発生せるものなること1点の疑ひもなく、戦友中に死傷者さへ出した。我が将兵一同の痛憤もさこそと思はれる」と報道。
同時に、日本の現地駐在武官の「日本軍の攻撃はやむをえぬ自衛行動であった」との談話を掲載している。

 7月13日付『東京朝日』は、「北平の邦人遂に引揚ぐ」という見出しで、「信義を無視する支那軍は幾度か約束を破って我が方に挑戦してくる。
しかもその兵力は刻々増大して何時いかなる重大事が勃発するかも知れぬ情勢にあるのだ。
この不安な北平の刻々迫りつつある不気味な空気を前に在留邦人は12日以来続々引揚げを開始した。北平発津浦線は夜の厳戒に先立って北平を脱出しようとする婦人子どもを中心とした邦人の群で満載だ」と不安を煽っている。

 同じ紙面で日本軍の支那駐屯司令官にインタビュー、「帝国の望むところは常に和平解決であったが、最早支那側の不信極まる態度、その暴虐は黙して居られなくなった。
ここにおいて正義の軍を進めて支那の暴戻を断固膺懲すると共に北支の権益と在留同胞保護のため中外に声明を発して最後の態度に出ることに決した」との談話を引き出している。

 7月21日付『東京朝日』の社説「支那の挑戦的回答」は、中国側が「日本に対する最小限度の要求」として「主権を侵す解決策は絶対に拒否す」などの独立国として当然の要求をのべたことに対して、
それを「あたかも宣戦布告」だとみなし、「その調子のあまりに挑戦的であって、必要以上に興奮状態に陥っているといはねばならぬ。
かくては平和破壊の責任は当然支那が負うべきであらう」「救うべからざる最後通牒に向かって自らを追い込むことになるであろう」と、逆に宣戦布告的な主張をおこなっている。

378 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 05:09:15.60 ID:fMwR0JjI0
>>373

その日本人って>>1みたいな田母神さんと愉快なネトウヨ仲間たちみたいな連中なんでしょ。

こんなごく一部の人達が70年後には「日本人の代表的意見」みたいな扱いを受けるなんてウンザリだね。

379 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 05:09:18.90 ID:UBrP43/w0
朝日は戦前から捏造が得意だった。

その後の『東京朝日』は、「拉致の宮崎水兵」という上海からの特派員電で「陸戦隊宮崎一等水兵は規定の門限たる7月25日午前6時15分までには遂に姿を見せず、
いよいよ支那人に拉致されたこと確実と見られるに至った」という記事を載せたり、

また「邦人大量虐殺の陰謀」という記事では「3千人の支那兵が、天津租界内の邦人1万5000人を虐殺し略奪をほしいままにしたうえ、
日本租界を占拠しここに青天白日旗を翻して天津から邦人を一掃する意図を有していた」などという「恐るべき計画」について、扇動している。

戦後、これらはデッチあげであることが明らかになっている。

380 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 05:09:34.81 ID:m9ai+2fl0
お話にならないバカジジイだな。
自己肯定だけ、自己都合だけの解釈。
そんな人間を政治の世界に入れちゃいけない。

都民も安倍も、正しい判断をしたと言える。
コイツは名物爺さんとして珍獣扱いされてれば十分。
政治の世界には断固、入れちゃならんわ。

381 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 05:09:36.01 ID:9DUvF/NT0
戦争には2種類しかないんだよ。
正義の戦争と自衛戦争な。
聖戦とかいった場合だいたい、いきすぎのいいわけだろ?w

382 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 05:09:53.28 ID:pIlvDPH2i
>>373
マスゴミは今も昔も無茶苦茶。
日本国民の方が筋が通ってる。たとえ反戦でも。

383 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 05:10:02.41 ID:ySuXGmku0
自分に批判的な記事を書いた新聞記者を殺そうとして
その記者と同郷の人間数百人を招集して激戦地に
送って殺したのがわれらが東条英機様です

384 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 05:10:38.73 ID:HBiOsmkVi
東条英機もだが
トルーマンも棚ぼたで大統領になっちゃったんだよな

385 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 05:10:42.76 ID:UBrP43/w0
朝日は戦前・戦中は敗戦革命を狙っていた。敗戦革命とは自国を対外戦争を誘導し、敗戦させてそのドサクサに革命する手法だ。ロシアはそれでソ連になった。

敗戦革命について知るために、レーニンの「帝国主義戦争から敗戦革命へ」の戦略的、戦術的展開を一九二八年(昭和三年)のコミンテルン第六回大会に於て採択された決議
「帝国主義戦争と各国共産党の任務に関するテーゼ」からその要点を抜き出してみよう。

「共産主義者の帝国主義戦争反対闘争は、一般平和主義者の戦争反対運動とその根底を異にしてゐる。
われわれはこの反戦闘争をブルジョア支配階級覆滅を目的とした階級戦と不可分のものとしなければならない。
蓋しブルジョアの支配が存続する限り帝国主義戦争は避け難いからである − 」

「帝国主義戦争が勃発した場合に於ける共産主義者の政治綱領は、
(1) 自国政府の敗北を助成すること。
(2) 帝国主義戦争を自己崩壊の内乱戦たらしめること。
(3) 民主的な方法による正義の平和は到底不可能なるが故に、戦争を通じてプロレタリア革命を遂行すること。
である。

386 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 05:10:49.10 ID:0SYNKtHF0
末期とは居え停戦に動こうとしてたら閣僚でも暗殺されてた状況で
新聞社が批判的記事を自由に書けたと考えるのは余りに非現実的では無いか?

それ以前でも満州事変を批判的に書いた大阪朝日新聞は、退職軍人の団体などから
「国のために必死に戦ってる兵隊を批判するのはけしからん」
と不買運動を食らって、倒産の危機に陥り根を上げて批判方針を引っ込めた。

国民側も勝ってる間はこんな感じだった。

その辺りの「空気」を無視して、軍部が悪いとかマスコミが悪いとか「絶対悪」を決めて全部責任押し付けるのは、
結局同じ過ちを繰り替えすことになると思う。

387 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 05:11:03.64 ID:q8vLSO0C0
戦前の日本が超安心社会?
農村なんて今の北朝鮮以外だろ

388 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 05:11:22.20 ID:H7Z1ciWa0
日本が「素晴らしい国」でないと愛せないのは残念なことです。
「素晴らしい国」とは国を愛する人々が多く住む国のことだからです。
「日本は素晴らしい国」を力説する人々はそのことが分かってないようだ。
歴史に誇りを持ち先人を敬うことに理由は必要ありません。
迷いのある心弱い人々がそのことに正当な理由を求めるのです。
田母神氏は心の弱い悲しい人だと思います。
「日本は誇りある歴史を取り戻さなければいけません。日本は素晴らしい国なのです。」
心から日本という国を愛し、その歴史に誇りを持っている人は
こんなことは言いません。

389 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 05:11:26.33 ID:bXNW44ua0
>>375
日本の首相は大統領制ではありませんが。

390 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 05:11:55.27 ID:UBrP43/w0
第二次世界大戦はコミンテルンと朝日新聞が操って起きた。

まず、昭和14年の日米修好通商条約破棄はコミンテルンのノーマンの南京大虐殺デマの世論誘導があったからこそ。ノーマンは赤狩りで自殺。

また、ハルノートをドラフトしたハリー・ホワイトは、原案にあった日本が手をひく対象を「満州を除く中国」から「中国」に変えて日本を戦争に追い込んだ。ホワイトは赤狩りで自殺。

資源確保のため北進か南進しかなくなった
日本を日ソ不可侵条約で北進の道をふさいだのは近衛と尾崎秀美。
近衛は自殺。尾崎秀美は、ゾルゲ事件でコミンテルンのスパイとして死刑。

南進をすすめた革新官僚の巣の企画院は、スパイの巣だっだ。
企画院事件が有名。

企画院事件

1941年企画院の調査官,職員17名が治安維持法違反容疑で検挙された事件。
1940年11月,
企画院はより強力な戦時統制経済の確立をめざして〈経済新体制確立要綱〉を発表したが,これは〈高度国防国家建設〉〈公益優先〉を大義名分として,
資本と経営の分離,利潤配当制限,統制団体役員の政府による任命制など私企業への官僚統制の強化を意図していた。

戦後には企画院の官僚だった和田博雄は、分裂後の左派社会党の大幹部に転身。

日米双方がコミンテルンに操られていた。
朝日は戦前・戦中は敗戦革命を狙っていた。敗戦革命とは自国を対外戦争を誘導し、敗戦させてそのドサクサに革命する手法だ。ロシアはそれでソ連になった。

391 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 05:12:12.68 ID:fMwR0JjI0
軍部の気に食わない記事を書いた朝日新聞の記者は硫黄島送りになって
殺されたから、そうならない朝日新聞の記事はすべて軍部が賛同済みです。

392 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 05:12:21.37 ID:9DUvF/NT0
現人神と聖戦でちょっと論文書いて欲しいな。
想像を絶する日本国だし。

393 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 05:13:15.13 ID:UBrP43/w0
中国共産党とコミンテルンが操ったのは朝日新聞と日本だけではない。
大戦前、モンロー主義で国外問題不干渉で反戦だった米の国内世論を南京大虐殺で反日に誘導し参戦に誘導したのはコミンテルンと中国共産党。

アメリカ国内で、反日運動を行ったのはコミンテルンの活動家で南京大虐殺について描いた「アジアの戦争」の著者エドガー・スノーらだった。
これが、南京大虐殺の最初の記述だ。また、東京裁判史観のベースになった。

また、同様にジャーナリストとして日本批判記事をアメリカの新聞に送っていたスメドレーはゾルゲ諜報団のメンバー。赤狩りで国外脱出後、急死。
さらに「大虐殺」の証拠の一つとされた『ラーベ日記』筆者、ジョン・ラーベは、ゾルゲの活動を上海で支援していた赤軍諜報部員の友人だった。

当時、アメリカにはコミンテルンのスパイがたくさんいた。ルーズベルトの側近にもいた。ハルノートをドラフトしたハリー・ホワイトは、原案にあった日本が手をひく対象を「満州を除く中国」から「中国」に変えて日本を戦争に追い込んだ。

結局、アメリカは戦後、共産主義への防波堤だった日本を壊したことが失敗だったことを悟る。

アメリカ国内外で赤狩りがはじまり、ハリー・ホワイトは自殺。

なんと言っても「日本の敵」の真打は、ハーバード・ノーマンだ。

カナダ外交官で、戦前から終戦後にかけて「知日派学者」として名を馳せたノーマンは、マルクス主義者であり、コミンテルン工作員であった。
彼はケンブリッジ大学留学時にイギリス共産党に入党し、インド独立運動に関わった。
ちなみにゾルゲや朝日の尾崎秀美の一味のアグネス・スメドレーもベルリンでインド独立運動に携わり、その後上海に入っている。

ノーマンは、昭和12年に支那事変が始まると、スメドレーの親友で戦後「女性開放」運動に影響を与えたアメリカ共産党員の石垣綾子やキョ朝鼎、
また都留らとともに、アメリカ国内で反日、反戦活動を繰り広げた。
日本に石油を売ってはならない、中国を侵略している日本を孤立させていこう、と呼びかける反日集会を二ユーヨーク・ボストン・フィラデルフィアなど東部の主要都市で開催し、
昭和14年のアメリカによる日米通商航海条約破棄を大きく後押ししたのだ。

394 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 05:14:25.97 ID:Xu0Iu1pT0
工作員必死ダナー

395 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 05:14:25.85 ID:ySuXGmku0
長文コピペはネトウヨの精神安定剤なんだね

396 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 05:15:02.10 ID:T4+vKgIO0
朝日新聞はアメリカのプロパガンダ新聞だからなw

だから戦前はナショナリズムを煽って日本を戦争へと誘導

戦後はご覧のとおり

そして現在、自ら墓穴を掘ることで左派を叩き潰して、日本を再び右傾化させようとしてる

397 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 05:15:44.03 ID:UBrP43/w0
日本降伏後の1945年9月、東京に赴いてノーマンはいち早く、マルクス主義憲法学者の鈴木安蔵に接触し、「憲法研究会」
と称する左翼グループを作らせ、GHQ草案に近似した憲法草案を公表させる工作に従事した(原秀成「日本国憲法制定の系譜・?」2006年)。

ノーマンはまた、戦犯指定を差配し、近衛文麿を戦犯指名するようGHQを動かした影の工作者でもあった。
近衛は昭和20年10月にマッカーサーから新憲法起草を指示されており、戦犯指名はされないはずであった。ところが12月に突如「戦犯」として逮捕命令が出され、出頭期日の12月16日に自殺することになる。
そして、朝日新聞は何の処分もなかった。それはコミンテルンの仲間だったからだ。

ノーマンはその後、第二次世界大戦後の冷戦下のアメリカで起きた赤狩り旋風の中で共産主義者の疑いをかけられ、
アメリカの圧力を受けたカナダ政府による審問を数回に渡って受ける。
そのようなアメリカからの圧力から逃れさせるべく、1953年には駐ニュージーランド高等弁務官に任命され、その後1956年には駐エジプト大使兼レバノン公使に栄転する。

しかし、都留重人を取り調べたFBI調査官によるアメリカ上院における証言によって「共産主義者」との疑いを再度かけられ、1957年4月4日に赴任先のカイロで飛び降り自殺を遂げた。

日本とアメリカは、第二次世界大戦にコミンテルンの誘導で突入した。双方とも得る物は無かった。
草の根のアメリカ保守は孤立主義なのだ。アメリカには資源も土地もあるのだから。
第二次世界大戦の勝者は、東ヨーロッパを手に入れたソ連と中国大陸を手に入れた中国共産党だったのだ。

アメリカは戦後、共産主義への防波堤だった日本を壊したことがコミンテルンの謀略の結果で失敗だったことを悟る。それで赤狩りを始めた。

1946年からの東欧におけるソ連の支配の確立、1948年から1949年にかけてはベルリン封鎖がおきる。

また1949年の中国大陸ではアメリカが支援していた国民党でなく、中国共産党が支配。

ローゼンバーグ事件に代表される共産主義者による深刻な諜報活動により、ソ連は1949年には原爆開発成功。

これらの事態で、チャイナハンズと呼ばれた中国通とされた外交官を始めアメリカ国内外で赤狩り(1948年〜)がはじまり、多くが免職や自殺。

結局、第二次世界大戦の勝者はソ連と中国だった。操られたアメリカは何も得なかった。

このことを理解したアメリカは日本の占領政策を日本弱体化から再軍備、経済強化の逆コースに乗せた。公職追放指定者の処分解除とその逆のレッドパージを実施(1950年)。

その後は共産主義とアメリカが直接戦うことになり、朝鮮戦争(1950年6月〜)とベトナム戦争(1960年〜)をすることに。

イギリスやフランスは海外の植民地を失っただけだった。

日本とアメリカには戦う理由はなかった。コミンテルンと中国共産党に操られただけだった。

これが実態だ。間違いが有ったら指摘して欲しい。

398 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 05:16:04.54 ID:FdHQ2dxq0
さすがお前らのアイドルタモさんw
もっとやれ

399 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 05:16:53.18 ID:zDwgb0qN0
欧米植民地終了の聖戦にはなったな

400 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 05:17:35.52 ID:UBrP43/w0
戦後の朝日の工作の大成功事例は細川政権だ。

元朝日新聞記者で元首相の細川護熙がマスコミを使って小泉支援で出てきている。
細川こそ戦後の日本解体工作の原点だ。

細川が現在の日本の政治の混迷の源泉だ。民主党の議員は細川新党ブームで政権奪取したこの時、国会議員になった者が多い。
日本の今日に至る衰退、解体はこの時に始まったと言っていい。

細川は、公爵近衛文麿の孫で元朝日新聞の記者。
日本には華族出身のコミュニストで売国奴が結構いる。

コミンテルンのスパイだったゾルゲの共犯で死刑になった朝日新聞の尾崎秀美に操られて太平洋戦争を招いた近衛文麿。
大学時代にわざわざ東大から京大に移り、マルクス経済学の河上肇に学んだ。
フランス留学中もコミュニストと交流。
近衛内閣のブレーンはコミュニストばかりだった。ある意味、日本は赤化して資本主義の総本山のアメリカに戦争を挑んだ。これが事実だ。

細川の父親も侯爵の家に生まれ、コミュニストの巣で「官庁人民戦線」で知られる企画院事件があった企画院顧問。近衛文麿の側近だった。

また、近衛文麿のブレーンになった公爵西園寺家の嫡男の西園寺公一は、ゾルゲ事件で尾崎秀美らと同様に逮捕。他の共犯者は死刑だったが、公爵家を廃嫡で済んだ。戦後、中国に移住し大臣級の扱い。

日本解体を狙う売国勢力に華族は神輿として担がれやすいのだ。
細川が出てくる運動は日本解体工作だ。

401 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 05:17:52.44 ID:pIlvDPH2i
>>391
ならないが?
なぜ朝日記者尾崎はゾルゲ事件に連座したか?

そりゃソ連が正しく日本が間違ってると確信していたからだ。
底結果、スパイの役目をはたした。

402 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 05:19:18.00 ID:p7piMzov0
>>354
言っている内容は、それほどヒドくはないが、聖戦のネーミングは、キモい。

わしらは、イスラム教ではない。

403 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 05:19:19.37 ID:nhUakhvB0
聖戦は聖の字面イメージで解釈するのではなく
歴史を貫く流れにおける大いなる節目を刻む意識的に起こした事象であったという事

批判してる側のが間違い、
ナポレオンの戦争などと同類で、確かに聖戦だったよ

404 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 05:19:34.85 ID:HBiOsmkVi
簡単にいうと、大英帝国の真似したんだろ
資源も欲しいし、植民地も欲しかったんだろ
奴隷のように扱いません。っていうかも知れないが
そんな天皇陛下を敬えとか言われてもハ?って感じじゃね
教育や日本語を教えてやる。とか絶対上から目線だったろうしな
慰安婦みたいなこともどんどんしてたんだろうし、
負けといてよかったな。反日が増えてたかも。

普通に不必要な戦争に巻き込んでごめんなさいだわ
聖戦だったとか嘘つきだしおこがましい。

405 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 05:19:50.34 ID:f/gpXNhj0
こいつダメだな
発言の度に支持層を狭めて行ってる

406 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 05:20:10.60 ID:UBrP43/w0
細川一族など日本の貴族にはノブレス・オブリージュはない。

売国奴がほとんどだ。

細川護煕の父親も侯爵の家に生まれ、コミュニストの巣で「官庁人民戦線」で知られる企画院事件があった
企画院顧問。アカで近衛文麿の側近だった。

また、近衛文麿のブレーンになった公爵西園寺家の嫡男の西園寺公一は、
ゾルゲ事件で尾崎秀美らと同様に逮捕。他の共犯者は死刑だったが、
公爵家を廃嫡で済んだ。戦後、中国に移住し大臣級の扱い。

細川護煕の祖父の近衛こそ戦犯だった。

近衛が、平和主義で軍に押し切られたというのは嘘だ。

それは、近衛上奏文をよめばわかる。近衛はゾルゲ事件後の昭和18年には敗戦が見えてきて、トカゲのしっぽ切りで、自分だけ逃げようとし始めだ。

それで、コミンテルンや朝日新聞の尾崎の対外戦争拡大による国内の社会主義化、赤化の陰謀の中身を明かして終戦工作の「近衛上奏文」を書いた。

しかし実際には、近衛こそが陰謀の中心にいたのだ。

「事変永引くがよろしく、事変解決せば国内革新はできなくなる」と公言したのこそ近衛だった。

天皇陛下は事情をすべてご存知で、近衛を失笑されたという。

(以下抜粋)
抑々満洲事変、支那事変を起し、これを拡大して遂に大東亜戦争にまで導き来れるは、これら軍部内の意識的計画なりしこと、今や明瞭なりと存侯。
満洲事変当時、彼等が事変の目的は国内革新にありと公言せるは、有名なる事実に御座侯。
支那事変当時も、「事変永引くがよろしく、事変解決せば国内革新はできなくなる」と公言せしは、此の一味の中心的人物に御座侯。
これら軍部内一部の者の革新論の狙いは、必ずしも、共産革命に非ずとするも、
これを取巻く一部官僚及び民間有志(之を右翼というも可、左翼というも可なり、所謂右翼は国体の衣を着けたる共産主義者なり)は、
意識的に共産革命にまで引ずらんとする意図を包蔵しおり、無智単純なる軍人、これに躍らされたりと見て大過なしと存侯。

407 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 05:20:26.42 ID:bXNW44ua0
>>391
スパイを駆除するのは軍務の役目では?

408 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 05:20:51.90 ID:i8ya+TqL0
>>307

そういって思考停止し、独善的で幼稚な間違った愛国心によって歴史を都合良く改竄すると。

田母神とその信者がやっていることはウリナラ・ファンタジーをホルホルしている朝鮮人と一緒。

409 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 05:21:44.14 ID:UBrP43/w0
「日本人は平和ボケ」などと嘯く産経新聞御用ジャーナリストの細川珠生とその一族を見れば、右も左も売国奴でプロレスなことが分かる。

大叔父:細川隆元(元衆議院議員、政治評論家)
父:細川隆一郎(統一教会系政治評論家)
子:細川隆三(テレビ朝日政治部デスク)
子:細川珠生(産経新聞御用ジャーナリスト)
細川珠生の夫:(テレビ朝日カメラマン)
一族:細川護煕(元朝日新聞記者、元首相)

細川隆一郎と統一教会(統一協会)
高齢になってからも『世界日報』の「ビューポイント」紙面での対談をしたり、講演活動を行っていた。同じくジャーナリストである娘の細川珠生も『世界日報』によく寄稿している。
隆一郎は『世界日報』創刊25周年を祝うメッセージを寄稿した。
また、勝共連合の活動に関しても大いなる賛同を示している。

410 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 05:22:02.06 ID:nhUakhvB0
お前ら哲学を知らないんだろう。
聖戦=世界精神を担った、だ。

日本の戦争は脱植民地時代の世界精神として現れた。

この意味で田母神の表現は完璧に正しいんだよ。

411 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 05:22:39.26 ID:pIlvDPH2i
>>404
いや真似できない後進国だった。
なぜって不平等条約さえ解消できなかったからだ。

412 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 05:22:54.95 ID:UBrP43/w0
今、朝日が認めたの安倍の愛国者ごっこのネタを提供するためだよ。
支持率が急降下したからな。特にネラーが集団的自衛権が韓国防衛と気づいて離反したからな。
慰安婦を餌にした釣りだよ。

慰安婦問題は一旦韓国内でも落ち着いていた。
これに火をつけたのが統一教会の着物日本人妻の大行進と号泣土下座大会だった。

慰安婦問題は、統一教会と朝日のマッチポンプだよ。

お前らよく考えろ。実は自民党は朝日の共犯だよ。
自民が談話を発表して、安倍は継承した。

継承した以上、ごちゃごちゃいうのは逆効果だ。実際に国連の人権委員会でも
「談話で認めているでしょ。」で反論できていない。

談話を否定しない限り騒ぐのは逆効果だ。悪目立ちするだけ。反論するなら談話を上書きしろ。

統一教会は日本の右傾化を進めて世界、特にアメリカから孤立させて中国と開戦させて敗戦革命を狙っている。

現在の統一教会の日本での役割は、過激なネトウヨ活動をしてより日本の評判を落とし国際的孤立を深めることだ。

一方、韓国国内では反共をやめ反日に転じ現在は慰安婦問題を韓国国内で喧伝し、日本を貶める活動をしているのだ。

和服を着せた日本人女性信者1000人を連れて慰安婦問題を謝罪して回っている。
「慰安婦問題 韓国各地 謝罪 日本女性」でググれ!
これを率いているのが第七代日本統一教会会長の江利川安栄女史だ。「江利川安栄 画像」でググり顔を確認せよ。

また、韓国に合同結婚式で嫁入りした日本人女性を日本人の家族が奪還することを「拉致監禁」としてソウルの日本大使館前でデモを行い、
「日本人が女性を今も本人の意思に反して拉致している」と韓国国内でマスコミを使って騒ぎにしている。 た
「江利川 拉致監禁 大使館」でググれ。

元々、統一教会の反共は偽装で、「韓国をアダム(夫)とし、日本をエヴァ(妻)として日本を韓国と結婚(併合)させ全てを奪う」という
教義実現準備の為の方便でしかなかったから地金が出てきたと言える。

安部自民党が統一教会の一定の影響下にあるのも事実だろう。
安部が祖父の岸時代から統一教会と関係があるのは事実だ。また、副総裁の高村正彦は統一教会の顧問弁護士だった。
安部が96条改正を目指すのは天皇陛下を三島由紀夫の言うような文化天皇にし国事行為から排除 するためと、道州制で日本を解体する為の可能性がある。

維新は排除すべき。維新は統一教会の影響が強すぎる。橋下の慰安婦問題の扱い方は、統一教会と同じマッチポンプだ。
維新の小熊衆議院議員は、統一教会から複数秘書を派遣して貰っていた新井将敬の元秘書。
また、維新の区長には統一教会の関係者がいる。「区長 統一教会 大阪」でググれ!

413 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 05:23:24.85 ID:L3jY4oIc0
さすがに極論すぎてまともな感覚で受け付ける人間はいないだろ
自虐史観云々以前に聖戦とかイスラムかよ

414 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 05:24:05.37 ID:ySuXGmku0
日本が脱植民地の時代の流れを読めなかったから戦争になったんだろw

415 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 05:24:09.79 ID:UBrP43/w0
【悲報】安倍のブレーンで積極的平和主義の伊藤憲一が、韓国を軸とするアジア共同体狙いなことが判明!

「東アジアの統合を先導する国は韓国だ」と 強調 東アジア共同体評議会議長の伊藤憲一氏

http://www.ajnews.co.kr/photo/photo/20091117/200911171804190710742-2-128558.jpg


 鳩山「友愛外交」は靖国分社からひと時の間、静かだった
東アジア統合論議がまた弾みを受けている。  1990年代末アジア
外為危機にあって、統合論議が定義されたのなら、全世界を襲った
金融危機は、もう一度東アジア統合の 必要性を投げかけている。
変わった点があるなら、地域内の危機対応体制構築よりも、
東アジアを世界経済の中心にと言う‘アジア時代’を幕開けを共
にという共感要素が形成されているという事だ。

 この様な論議の中心に鳩山由紀夫日本国総理の‘東アジア共同体’
構想だ。 鳩山総理の構想は共通通貨を使用している、
欧州連合(EU)水準の統合を前提としている。  
亜洲経済新聞は4日、日本の東アジア共同体構想を具体化するための
主導的役割を担っている伊藤憲一東アジア共同体評議会議長、
兼日本国際フォーラム理事長に会い、東アジア共同体構想に関する
見解を聞いてみた。 インタビューは日本の東京永田町にある
日本国際フォーラム事務室で行われた。

伊藤議長は「東アジア共同体が実現されるためには、
韓国と中国、そして日本の3カ国が核心の東アジアの統合に先陣を
切るべき」 とし「東アジアの統合を先導する国は韓国だ」と強調した。


http://daily.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1407221021/l50

首相動静―8月5日(08/05)
【午前】9時17分、自民党本部。20分、伊藤憲一日本国際フォーラム理事長。

416 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 05:24:32.53 ID:nhUakhvB0
批判してる奴が教養がない奴

417 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 05:25:10.52 ID:f6NArw+h0
お前はそんな発言している前に
「次期都知事選はハゲでなく私を指名してください。」
などの建設的な発言しろや!

418 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 05:25:11.15 ID:UBrP43/w0
マスコミ操作により大衆の支持率の高い愛国者の世襲首相こそが、最高の売国奴になりうる。
半島に関わると日本はまた、敗戦する。

先の大戦の真の戦犯は朝日新聞と究極の世襲バカの近衛文麿だった。
今回は、フシテレビ、産経新聞、読売新聞と安倍になる可能性があるかもしれない。
売国奴は右にも左にも偽装する。
彼らの目的は敗戦革命だ。

朝日新聞記者の尾崎秀美に操られた近衛文麿が危機を演出し、体制革新つまり統制経済化・社会主義化のため意図的に日中戦争を拡大した。
紙面に煽られた国民も支持した。

近衛の中国政策のブレーンになった尾崎は近衛を日中戦争拡大、対米戦に誘導してソ連を守り、敗戦革命で日本の赤化を図っていた。
尾崎は、コミンテルンのスパイ・ゾルゲ事件の共犯で死刑になった。
ゾルゲ事件では朝日新聞東京本社政治経済部長田中慎次郎、同部員磯野清も検挙されている。

史実を追えば、日中戦争の発端の盧溝橋事件では、7月11日、北平特務機関長の松井久太郎大佐と大使館付武官補佐官の今井武夫少佐は、第29軍の秦徳純副軍長との間で、盧溝橋事件現地協定という停戦協定を締結。
しかし、7月11日、同日に近衛内閣は、華北の治安維持のため、派兵を声明し、各界に挙国一致の協力を要請。

また、昭和13(1938)年1月16日には参謀本部は講和を志向していたが、近衛が「帝国政府は爾後国民政府を相手にせず」と発表し断交。以後、交渉不能に。

しかし、近衛はゾルゲ事件後の昭和18年にはコミンテルンの影響を脱した。それで、陰謀の中身を明かし近衛上奏文を書いた。

(以下抜粋)
抑々満洲事変、支那事変を起し、これを拡大して遂に大東亜戦争にまで導き来れるは、これら軍部内の意識的計画なりしこと、今や明瞭なりと存侯。
満洲事変当時、彼等が事変の目的は国内革新にありと公言せるは、有名なる事実に御座侯。
支那事変当時も、「事変永引くがよろしく、事変解決せば国内革新はできなくなる」と公言せしは、此の一味の中心的人物に御座侯。
これら軍部内一部の者の革新論の狙いは、必ずしも、共産革命に非ずとするも、
これを取巻く一部官僚及び民間有志(之を右翼というも可、左翼というも可なり、所謂右翼は国体の衣を着けたる共産主義者なり)は、
意識的に共産革命にまで引ずらんとする意図を包蔵しおり、無智単純なる軍人、これに躍らされたりと見て大過なしと存侯。

そして、近衛は昭和20年10月にマッカーサーから新憲法起草を指示されており、戦犯指名はされないはずであった。ところが12月に突如逮捕命令が出され自殺。朝日は何の処分も無かった。

419 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 05:26:31.92 ID:UBrP43/w0
朝日新聞と近衛文麿が日本を北朝鮮型の情報統制の国家社会主義国家に変質させ敗戦に導いた。

近衛の大陸政策のブレーンになった朝日新聞記者の尾崎秀美は近衛を日中戦争拡大、日ソ中立条約締結、対米戦に誘導してソ連を守り、敗戦革命で日本の赤化を図っていた。
尾崎は、コミンテルンのスパイ・ゾルゲ事件の共犯で死刑になった。
ゾルゲ事件では尾崎の同僚であった朝日新聞東京本社政治経済部長田中慎次郎、同部員磯野清も検挙されている。

史実を追えば、近衛と尾崎は日本を国家社会主義国家にするためのきっかけとして盧溝橋事件を率先して拡大した。

1937年7月11日、現地軍は第29軍の秦徳純副軍長との間で、盧溝橋事件現地協定という停戦協定を締結。

しかし、7月11日、同日に近衛内閣は、華北の治安維持のため、派兵を声明し、各界に挙国一致の協力を要請。

1940年に近衛内閣で大政翼賛会が出来、日本は単一政党しかなくなった。これが政治的には国家社会主義体制の開始だろう。

経済的には、1940年12月7日に「経済新体制確立要綱」が作られる。これにより統制経済が始まる。
1942年5月26日には傘下組織である日本文学報国会が結成。

1942年6月23日には大日本産業報国会・農業報国連盟・商業報国会・日本海運報国団・大日本婦人会・大日本青少年団の6団体を傘下に統合した。

1942年12月23日には大日本言論報国会が結成された。

こうして朝日新聞の所為で日本は国家社会主義国家になったのだ。

420 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 05:26:50.91 ID:N+WGWJL80
ウヨ:日本人であることが誇らしい
サヨ:日本人であることが恥ずかしい

421 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 05:27:30.34 ID:H/eg6D8w0
今や構ってちゃんのレスコジキまでに落ちた田保神
落選(笑)

422 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 05:27:32.05 ID:zDwgb0qN0
ある程度の軍事力を持ってる国はどこも戦争してたからね
日本にとってはアジアにある欧米植民地がうざかった

423 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 05:27:43.09 ID:UBrP43/w0
田母神はアパと鳩山夫妻と仲良しです。
http://www.apa.co.jp/appletown/pdf/wine/0411_wine.pdf

424 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 05:28:04.42 ID:TFPHYaEa0
ならとりあえずは米軍基地追いだそうぜタモさんw

425 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 05:28:45.17 ID:UBrP43/w0
集団的自衛権は、韓国防衛であり日本解体。

統一教会の教え
日本の経済を投入して、南北を統一しなければ、日本は滅びるのです。

文鮮明「環太平洋摂理」
韓半島が男性の生殖器ならば、日本は女性の生殖器です。 これらは一つにならざるを得ないというのです。 これらが一つになってこそ統一天下の時代が来るのです。
それで、韓国を「アダム国家」、日本を「エバ国家」と言うのです。

文鮮明 「環太平洋摂理」
http://books.google.co.jp/books?id=NaQePBs5iU4C&pg=PA326&lpg=
PA326&dq=%E7%92%B0%E5%A4%AA%E5%B9%B3%E6%B4%8B%E6%91%82%E7%90%86%E3%80%80%E3%82%A2%E3%83%80%E3%83%A0%E3%80%80&source=bl&ots=yNG6ld0mQC&sig=IEyXtKdDdEyL0Wy3Hg_Dxo3pNMk&hl=
ja&sa=X&ei=N-LaU96dB9Lj8AXru4CoCA&ved=0CBwQ6AEwAA#v=onepage&q&f=false

P273  アダムとエバが一つにならなければなりません。 アダム国家が兄、エバ国家が妹でしょう。
P283  日本の経済を投入して、南北を統一しなければ、日本は滅びるのです。

集団的自衛権は、韓国防衛であり日本解体。
国連軍として自衛隊が参戦する2016年再開予定の朝鮮戦争は変な戦争になる。
端的に言えば中国と韓国の難民を使った日本侵略作戦だ。
中朝の条約による参戦権で国際的批判もなく日本に宣戦布告できるからだ。

韓国のテレビで、「北朝鮮と戦争になったら、日本を攻撃する」と
インタビューを受けた通行人が言っていたが、あれが韓国の常識だ。
戦端は韓国の挑発から開かれる。 おそらく北朝鮮軍と韓国軍には被害はほとんどでない。
米軍は削減され人数がおらず被害はない。 民間人には多少被害は出る。
米軍が2015年に指揮権を返すから韓国軍の指揮下になり、掃海中心のはずの
自衛隊にのみ甚大な被害がでる。 プロレスだからだ。

そして、北から南、南から日本へと難民(当然成りすまし多数) が1000万人、数年のうちに移動する。 民族大移動だ。

自衛艦に護衛された民間船が難民を九州にピストン輸送し難民キャンプが立ち並ぶ。
だから安倍は船で難民輸送の話ばかりしているのだ。
また、難民船が何千隻も日本海側の海岸に辿り着く。

大韓民国政府は大阪を仮首都として、民営化されていた大阪城を大統領府として旧陸軍庁を官庁として借りる。

結局、難民の面倒をみるうちに戦争している場合でなくなり、 北朝鮮軍も韓国軍も自衛隊も難民キャンプの設営と運営が仕事になる。
難民の世話をしているうちに軍も難民も混ざり統一される。 こうして統一朝鮮つまり大高麗国が成立する。
そして、日本が日本の自衛のため半島の国土を荒廃させ多大な人命を
損ねたとして謝罪と賠償を要求される。
10年払いで総額80兆円となりこれが統一の原資となる。

半島の戦争に呼応して中国が中朝の条約による参戦権で国際的批判もなく
日本に宣戦布告。尖閣と沖縄の離島に侵攻。自衛隊は尖閣を奪還するが
中国は核による本土攻撃で威圧。アメリカは傍観し日本は講和。
講和条件として沖縄独立と天皇退位、小沢一郎もしくは橋下を大統領とする親中政権を要求され受諾。 (橋下は小沢の同類だ)

日本にも1000万人もの難民が数年で流入し治安が極度に悪化する。
麻薬、売春、暴力事件の発生件数が280倍になり警察が麻痺。
自警団が自然発生的に出来るが、自警団と難民の対立で自警団が虐殺される事件が多発する。

すでに道州制を入れていた日本は関西道、九州道などいくつかの道(州でないことに注意)は麻薬や女の売買でマフィア化した難民に支配されるようになる。
日本は東西に分断され、西日本は大高麗の支配下、東日本は中国の支配下となる。

これが安倍の描く日本の未来だ。

426 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 05:29:01.35 ID:J7iDJQQB0
海軍や山本五十六なんかはどういった評価なの?聖戦派としては

427 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 05:29:17.65 ID:L3jY4oIc0
>>416
教養以前に小林よしのり戦争論レベルというかまんま同じ主張だし
むしろ未だにこんなん真顔で言ってるのが笑われるレベルだろ

428 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 05:29:27.43 ID:WRNMWrdTi
like meじゃ嫌なの!まで読んだ

429 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 05:30:11.07 ID:UBrP43/w0
手遅れだが慰安婦問題は、朝日新聞を使った中国共産党の日韓の離間策であった。また、最近は米国慰安婦も問題になり、韓国国内では、反米かつ反政府運動になりつつある。
また、慰安婦問題を米国内で拡散しているのは中国だ。

中国は北朝鮮のスパイを韓国のマスコミや教育界に送り工作。アホな韓国は向こうに行った。
元日本人と日本人の泥仕合を中国と朝日新聞はあざ笑っているはずだ。
次に中国共産党は日米離間を狙っている。真の敵は中国。

第二次世界大戦でも、アメリカの国内世論を南京大虐殺で反日に誘導したのは中国共産党。
アメリカ国内で、反日運動を行ったのはコミンテルンの活動家で南京大虐殺について描かれた「アジアの戦争」の著者エドガー・スノーらだった。
また、同様にジャーナリストとして日本批判記事をアメリカの新聞に送っていたスメドレーはゾルゲ諜報団のメンバー。赤狩りで国外脱出後、急死。
さらに「大虐殺」の証拠の一つとされた『ラーベ日記』筆者、ジョン・ラーベは、コミンテルンの大物スパイ、ゾルゲの活動を上海で支援していた赤軍諜報部員の友人だった。

で現代に戻ると、以下は産経記事。
日本非難を露骨にしたこんな活動を米国内で一貫して進めるのは一体、だれなのか。日本側では単に「韓国ロビー」というだけで、その実態は伝えられない。
すでに慰安婦碑を建てた東部のニュージャージー州などでの動きを含めて表面に出るのは、
ごく少数の韓国系米国人の名と特定地域で旗揚げした「カリフォルニア州韓国系米国人フォーラム(KAFC)」というような新参の団体名だけなのだ。
全米規模で機能する韓国系組織の存在は感じられない。
そんなことをいぶかっていたら真の主役がやはり顔を出してきた。

中国系在米反日組織の「世界抗日戦争史実維護連合会」(抗日連合会)である。
抗日連合会はカリフォルニアやニュージャージーでの慰安婦像などの設置を自己の活動の「最新の前進」として自サイトで
公式に発表したのだ。米国各地での慰安婦像の設置を今後も推進すると宣言していた。

産経13年8月31日(ワシントン駐在客員特派員 古森義久)
http://sankei.jp.msn.com/world/news/130831/amr13083108510003-n1.htm

430 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 05:30:16.28 ID:7r31F31B0
>>410
世界精神の大出現!!!建て前は王道、本音は覇道の大哲学 

431 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 05:32:16.30 ID:UBrP43/w0
真の戦犯は朝日新聞だった。

朝日新聞記者の尾崎秀美に操られた近衛文麿が危機を演出し、体制革新つまり統制経済化・社会主義化のため意図的に日中戦争を拡大した。
紙面に煽られた国民も支持した。

近衛の中国政策のブレーンになった尾崎は近衛を日中戦争拡大、対米戦に誘導してソ連を守り、敗戦革命で日本の赤化を図っていた。
尾崎は、コミンテルンのスパイ・ゾルゲ事件の共犯で死刑になった。
ゾルゲ事件では朝日新聞東京本社政治経済部長田中慎次郎、同部員磯野清も検挙されている。

史実を追えば、日中戦争の発端の盧溝橋事件では、7月11日、北平特務機関長の松井久太郎大佐と大使館付武官補佐官の今井武夫少佐は、第29軍の秦徳純副軍長との間で、盧溝橋事件現地協定という停戦協定を締結。
しかし、7月11日、同日に近衛内閣は、華北の治安維持のため、派兵を声明し、各界に挙国一致の協力を要請。

また、昭和13(1938)年1月16日には参謀本部は講和を志向していたが、近衛が「帝国政府は爾後国民政府を相手にせず」と発表し断交。以後、交渉不能に。

しかし、近衛はゾルゲ事件後の昭和18年にはコミンテルンの影響を脱した。それで、陰謀の中身を明かし近衛上奏文を書いた。

(以下抜粋)
抑々満洲事変、支那事変を起し、これを拡大して遂に大東亜戦争にまで導き来れるは、これら軍部内の意識的計画なりしこと、今や明瞭なりと存侯。
満洲事変当時、彼等が事変の目的は国内革新にありと公言せるは、有名なる事実に御座侯。
支那事変当時も、「事変永引くがよろしく、事変解決せば国内革新はできなくなる」と公言せしは、此の一味の中心的人物に御座侯。
これら軍部内一部の者の革新論の狙いは、必ずしも、共産革命に非ずとするも、
これを取巻く一部官僚及び民間有志(之を右翼というも可、左翼というも可なり、所謂右翼は国体の衣を着けたる共産主義者なり)は、
意識的に共産革命にまで引ずらんとする意図を包蔵しおり、無智単純なる軍人、これに躍らされたりと見て大過なしと存侯。

そして、近衛は昭和20年10月にマッカーサーから新憲法起草を指示されており、戦犯指名はされないはずであった。ところが12月に突如逮捕命令が出され自殺。朝日は何の処分も無かった。

432 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 05:32:27.02 ID:uRvyb3UY0
間違ってジハードと発言しなくてよかったな
でも神の国発言並みの失言であることに変わりはないが

433 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 05:32:37.29 ID:lFBm0XqP0
>>51
最後の二行が余計だわ

434 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 05:32:57.94 ID:pIlvDPH2i
孫崎はどうなの?
日本は間違った戦争やって今後1千年は世界の敵になるのが適当だろう、中国マンセー!!!!!

とか?

435 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 05:33:13.28 ID:Gb35XMdY0
>大東亜戦争は聖戦だったのです。その結果人種平等の世界がきました。

アメリカが勝って人種平等の世界が来たんだから、アメリカにとって聖戦だったって事だな。

436 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 05:33:51.91 ID:UBrP43/w0
盧溝橋事件、当時の『朝日新聞』を見ると、政府に先がけて「暴支膺懲」を掲げ、数発の銃声を本格的な戦争に拡大しようと意図的な世論誘導をおこなっていたことがわかる。

 1937年7月9日付『東京朝日新聞』夕刊は1面トップで「北平郊外で日支両軍衝突」「不法射撃に我軍反撃」の見出しを掲げ、同社の現地特派員報告「硝煙の戦線を行く」では
「今回の事件は支那側の挑戦的不法射撃によって発生せるものなること1点の疑ひもなく、戦友中に死傷者さへ出した。我が将兵一同の痛憤もさこそと思はれる」と報道。
同時に、日本の現地駐在武官の「日本軍の攻撃はやむをえぬ自衛行動であった」との談話を掲載している。

 7月13日付『東京朝日』は、「北平の邦人遂に引揚ぐ」という見出しで、「信義を無視する支那軍は幾度か約束を破って我が方に挑戦してくる。
しかもその兵力は刻々増大して何時いかなる重大事が勃発するかも知れぬ情勢にあるのだ。
この不安な北平の刻々迫りつつある不気味な空気を前に在留邦人は12日以来続々引揚げを開始した。北平発津浦線は夜の厳戒に先立って北平を脱出しようとする婦人子どもを中心とした邦人の群で満載だ」と不安を煽っている。

 同じ紙面で日本軍の支那駐屯司令官にインタビュー、「帝国の望むところは常に和平解決であったが、最早支那側の不信極まる態度、その暴虐は黙して居られなくなった。
ここにおいて正義の軍を進めて支那の暴戻を断固膺懲すると共に北支の権益と在留同胞保護のため中外に声明を発して最後の態度に出ることに決した」との談話を引き出している。

 7月21日付『東京朝日』の社説「支那の挑戦的回答」は、中国側が「日本に対する最小限度の要求」として「主権を侵す解決策は絶対に拒否す」などの独立国として当然の要求をのべたことに対して、
それを「あたかも宣戦布告」だとみなし、「その調子のあまりに挑戦的であって、必要以上に興奮状態に陥っているといはねばならぬ。
かくては平和破壊の責任は当然支那が負うべきであらう」「救うべからざる最後通牒に向かって自らを追い込むことになるであろう」と、逆に宣戦布告的な主張をおこなっている。

437 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 05:34:13.44 ID:fMTSWEvZ0
八紘一宇はヒジュラだったのか...

438 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 05:34:26.10 ID:TFPHYaEa0
聖戦とか武装組織が使う常套句

439 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 05:35:15.61 ID:UBrP43/w0
朝日は戦前から捏造が得意だった。

その後の『東京朝日』は、「拉致の宮崎水兵」という上海からの特派員電で「陸戦隊宮崎一等水兵は規定の門限たる7月25日午前6時15分までには遂に姿を見せず、
いよいよ支那人に拉致されたこと確実と見られるに至った」という記事を載せたり、

また「邦人大量虐殺の陰謀」という記事では「3千人の支那兵が、天津租界内の邦人1万5000人を虐殺し略奪をほしいままにしたうえ、
日本租界を占拠しここに青天白日旗を翻して天津から邦人を一掃する意図を有していた」などという「恐るべき計画」について、扇動している。

戦後、これらはデッチあげであることが明らかになっている。

440 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 05:36:25.86 ID:UBrP43/w0
朝日は戦前・戦中は敗戦革命を狙っていた。敗戦革命とは自国を対外戦争を誘導し、敗戦させてそのドサクサに革命する手法だ。ロシアはそれでソ連になった。

敗戦革命について知るために、レーニンの「帝国主義戦争から敗戦革命へ」の戦略的、戦術的展開を一九二八年(昭和三年)のコミンテルン第六回大会に於て採択された決議
「帝国主義戦争と各国共産党の任務に関するテーゼ」からその要点を抜き出してみよう。

「共産主義者の帝国主義戦争反対闘争は、一般平和主義者の戦争反対運動とその根底を異にしてゐる。
われわれはこの反戦闘争をブルジョア支配階級覆滅を目的とした階級戦と不可分のものとしなければならない。
蓋しブルジョアの支配が存続する限り帝国主義戦争は避け難いからである − 」

「帝国主義戦争が勃発した場合に於ける共産主義者の政治綱領は、
(1) 自国政府の敗北を助成すること。
(2) 帝国主義戦争を自己崩壊の内乱戦たらしめること。
(3) 民主的な方法による正義の平和は到底不可能なるが故に、戦争を通じてプロレタリア革命を遂行すること。
である。

441 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 05:36:57.35 ID:+cwkxrqL0
こういう偏った人が空軍大将だったという恐ろしい事実

442 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 05:37:18.20 ID:uRvyb3UY0
極東の約束の地はフィリピン・タイ人おっぱいパブだって
東方賢者タイムさんが言ってた

443 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 05:37:31.12 ID:G62q5nmq0
戦争は勝たなくては意味がない
聖戦だとか言い出しても負け犬の遠吠えにしか聞こえない

444 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 05:37:33.32 ID:IKXPrQ9z0
田母神は保守でも極右でも何でもない。ただの基地外アスペでした。ネトウヨもドン引きだよね。

445 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 05:37:50.00 ID:UBrP43/w0
第二次世界大戦はコミンテルンと朝日新聞が操って起きた。

まず、昭和14年の日米修好通商条約破棄はコミンテルンのノーマンの南京大虐殺デマの世論誘導があったからこそ。ノーマンは赤狩りで自殺。

また、ハルノートをドラフトしたハリー・ホワイトは、原案にあった日本が手をひく対象を「満州を除く中国」から「中国」に変えて日本を戦争に追い込んだ。ホワイトは赤狩りで自殺。

資源確保のため北進か南進しかなくなった
日本を日ソ不可侵条約で北進の道をふさいだのは近衛と尾崎秀美。
近衛は自殺。尾崎秀美は、ゾルゲ事件でコミンテルンのスパイとして死刑。

南進をすすめた革新官僚の巣の企画院は、スパイの巣だっだ。
企画院事件が有名。

企画院事件

1941年企画院の調査官,職員17名が治安維持法違反容疑で検挙された事件。
1940年11月,
企画院はより強力な戦時統制経済の確立をめざして〈経済新体制確立要綱〉を発表したが,これは〈高度国防国家建設〉〈公益優先〉を大義名分として,
資本と経営の分離,利潤配当制限,統制団体役員の政府による任命制など私企業への官僚統制の強化を意図していた。

戦後には企画院の官僚だった和田博雄は、分裂後の左派社会党の大幹部に転身。

日米双方がコミンテルンに操られていた。
朝日は戦前・戦中は敗戦革命を狙っていた。敗戦革命とは自国を対外戦争を誘導し、敗戦させてそのドサクサに革命する手法だ。ロシアはそれでソ連になった。

446 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 05:37:58.03 ID:lFBm0XqP0
>>427
つまりタモの末路はよしりんか
容易に想像できるな
人間性も似通ってるし

447 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 05:38:00.94 ID:r5tvTC8y0
>>1
いやいや、大東亜共栄圏の思想はそうだったのかもしれんが
結果的に侵略の形になってしまった事も、ちゃんと認識しないとダメだろ

448 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 05:38:50.75 ID:UBrP43/w0
中国共産党とコミンテルンが操ったのは朝日新聞と日本だけではない。
大戦前、モンロー主義で国外問題不干渉で反戦だった米の国内世論を南京大虐殺で反日に誘導し参戦に誘導したのはコミンテルンと中国共産党。

アメリカ国内で、反日運動を行ったのはコミンテルンの活動家で南京大虐殺について描いた「アジアの戦争」の著者エドガー・スノーらだった。
これが、南京大虐殺の最初の記述だ。また、東京裁判史観のベースになった。

また、同様にジャーナリストとして日本批判記事をアメリカの新聞に送っていたスメドレーはゾルゲ諜報団のメンバー。赤狩りで国外脱出後、急死。
さらに「大虐殺」の証拠の一つとされた『ラーベ日記』筆者、ジョン・ラーベは、ゾルゲの活動を上海で支援していた赤軍諜報部員の友人だった。

当時、アメリカにはコミンテルンのスパイがたくさんいた。ルーズベルトの側近にもいた。ハルノートをドラフトしたハリー・ホワイトは、原案にあった日本が手をひく対象を「満州を除く中国」から「中国」に変えて日本を戦争に追い込んだ。

結局、アメリカは戦後、共産主義への防波堤だった日本を壊したことが失敗だったことを悟る。

アメリカ国内外で赤狩りがはじまり、ハリー・ホワイトは自殺。

なんと言っても「日本の敵」の真打は、ハーバード・ノーマンだ。

カナダ外交官で、戦前から終戦後にかけて「知日派学者」として名を馳せたノーマンは、マルクス主義者であり、コミンテルン工作員であった。
彼はケンブリッジ大学留学時にイギリス共産党に入党し、インド独立運動に関わった。
ちなみにゾルゲや朝日の尾崎秀美の一味のアグネス・スメドレーもベルリンでインド独立運動に携わり、その後上海に入っている。

ノーマンは、昭和12年に支那事変が始まると、スメドレーの親友で戦後「女性開放」運動に影響を与えたアメリカ共産党員の石垣綾子やキョ朝鼎、
また都留らとともに、アメリカ国内で反日、反戦活動を繰り広げた。
日本に石油を売ってはならない、中国を侵略している日本を孤立させていこう、と呼びかける反日集会を二ユーヨーク・ボストン・フィラデルフィアなど東部の主要都市で開催し、
昭和14年のアメリカによる日米通商航海条約破棄を大きく後押ししたのだ。

449 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 05:39:04.83 ID:ZQzpjmgy0
国力を超えて戦を拡大して破滅しただけ

450 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 05:39:47.59 ID:begsZkTO0
田母神先生の仰せの通り、あれは聖なる戦いであった
あさひ新聞がそう言って全紙面を使って支持していたから間違いない

451 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 05:39:57.35 ID:Y2TgMpKz0
大日本帝国=タリバン
神風特攻隊=自爆テロ

そりゃこんな奴ら相手にしたら
アメリカも原爆落としたり無差別爆撃するのも分かるわ

452 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 05:40:00.09 ID:UBrP43/w0
日本降伏後の1945年9月、東京に赴いてノーマンはいち早く、マルクス主義憲法学者の鈴木安蔵に接触し、「憲法研究会」
と称する左翼グループを作らせ、GHQ草案に近似した憲法草案を公表させる工作に従事した(原秀成「日本国憲法制定の系譜」2006年)。

ノーマンはまた、戦犯指定を差配し、近衛文麿を戦犯指名するようGHQを動かした影の工作者でもあった。
近衛は昭和20年10月にマッカーサーから新憲法起草を指示されており、戦犯指名はされないはずであった。ところが12月に突如「戦犯」として逮捕命令が出され、出頭期日の12月16日に自殺することになる。
そして、朝日新聞は何の処分もなかった。それはコミンテルンの仲間だったからだ。

ノーマンはその後、第二次世界大戦後の冷戦下のアメリカで起きた赤狩り旋風の中で共産主義者の疑いをかけられ、
アメリカの圧力を受けたカナダ政府による審問を数回に渡って受ける。
そのようなアメリカからの圧力から逃れさせるべく、1953年には駐ニュージーランド高等弁務官に任命され、その後1956年には駐エジプト大使兼レバノン公使に栄転する。

しかし、都留重人を取り調べたFBI調査官によるアメリカ上院における証言によって「共産主義者」との疑いを再度かけられ、1957年4月4日に赴任先のカイロで飛び降り自殺を遂げた。

日本とアメリカは、第二次世界大戦にコミンテルンの誘導で突入した。双方とも得る物は無かった。
草の根のアメリカ保守は孤立主義なのだ。アメリカには資源も土地もあるのだから。
第二次世界大戦の勝者は、東ヨーロッパを手に入れたソ連と中国大陸を手に入れた中国共産党だったのだ。

アメリカは戦後、共産主義への防波堤だった日本を壊したことがコミンテルンの謀略の結果で失敗だったことを悟る。それで赤狩りを始めた。

1946年からの東欧におけるソ連の支配の確立、1948年から1949年にかけてはベルリン封鎖がおきる。

また1949年の中国大陸ではアメリカが支援していた国民党でなく、中国共産党が支配。

ローゼンバーグ事件に代表される共産主義者による深刻な諜報活動により、ソ連は1949年には原爆開発成功。

これらの事態で、チャイナハンズと呼ばれた中国通とされた外交官を始めアメリカ国内外で赤狩り(1948年〜)がはじまり、多くが免職や自殺。

結局、第二次世界大戦の勝者はソ連と中国だった。操られたアメリカは何も得なかった。

このことを理解したアメリカは日本の占領政策を日本弱体化から再軍備、経済強化の逆コースに乗せた。公職追放指定者の処分解除とその逆のレッドパージを実施(1950年)。

その後は共産主義とアメリカが直接戦うことになり、朝鮮戦争(1950年6月〜)とベトナム戦争(1960年〜)をすることに。

イギリスやフランスは海外の植民地を失っただけだった。

日本とアメリカには戦う理由はなかった。コミンテルンと中国共産党に操られただけだった。

これが実態だ。間違いが有ったら指摘して欲しい。

453 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 05:40:07.81 ID:pIlvDPH2i
日本がみんな悪いのです。日本さえ無かったら、世界は平和だったのです。ウヨ死亡。
                                                 by 瑞穂

454 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 05:41:08.64 ID:r5tvTC8y0
>>449
かといって、中国を押さえないとサンドウィッチにされて
ブチュっと潰されて終わりだった

455 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 05:41:35.30 ID:UBrP43/w0
戦後の朝日の工作の大成功事例は細川政権だ。

元朝日新聞記者で元首相の細川護熙がマスコミを使って小泉支援で出てきている。
細川こそ戦後の日本解体工作の原点だ。

細川が現在の日本の政治の混迷の源泉だ。民主党の議員は細川新党ブームで政権奪取したこの時、国会議員になった者が多い。
日本の今日に至る衰退、解体はこの時に始まったと言っていい。

細川は、公爵近衛文麿の孫で元朝日新聞の記者。
日本には華族出身のコミュニストで売国奴が結構いる。

コミンテルンのスパイだったゾルゲの共犯で死刑になった朝日新聞の尾崎秀美に操られて太平洋戦争を招いた近衛文麿。
大学時代にわざわざ東大から京大に移り、マルクス経済学の河上肇に学んだ。
フランス留学中もコミュニストと交流。
近衛内閣のブレーンはコミュニストばかりだった。ある意味、日本は赤化して資本主義の総本山のアメリカに戦争を挑んだ。これが事実だ。

細川の父親も侯爵の家に生まれ、コミュニストの巣で「官庁人民戦線」で知られる企画院事件があった企画院顧問。近衛文麿の側近だった。

また、近衛文麿のブレーンになった公爵西園寺家の嫡男の西園寺公一は、ゾルゲ事件で尾崎秀美らと同様に逮捕。他の共犯者は死刑だったが、公爵家を廃嫡で済んだ。戦後、中国に移住し大臣級の扱い。

日本解体を狙う売国勢力に華族は神輿として担がれやすいのだ。
細川が出てくる運動は日本解体工作だ。

456 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 05:41:48.93 ID:J7iDJQQB0
「大東亜戦争は聖戦だった」はそれでいいんだよ
ただそれがロシアの「南下政策」みたいになってはダメだと思う
柔軟性が必要だし第二ラウンドは前回の失敗から学ぶべき
リアリズムがとにかく日本には足りない

457 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 05:42:03.62 ID:nhUakhvB0
そうじゃなくて、世界史の解釈として標準的解釈だろ。
文明が進歩していくときのイベントには力の担い手があって、
脱植民地は日本の戦争の形をとった。

これだけのこと。極論でも何でも無い。

458 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 05:42:39.53 ID:8G9AZkKa0
若者を神風とかいって送り出した奴等がノウノウと生き残って
戦後は会社経営者やら坊さんになったり政治家になって
表向きは神風美化しながら実は隊員の生き残りに怯えたり謝罪し続ける情けなさ

誰も責任取らない取る気なし
こういう勇ましいこといって美化する人間に限って日本は無責任なんだよ
ブラック企業にしたって若者使い捨てで誰も責任取らず
政治も無責任
メンタリティは戦中となんら変わらんだろ
庶民以外は

459 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 05:43:29.43 ID:UBrP43/w0
対日工作機関の中日友好協会の派遣したスパイと超密着で抱き合う橋下の写真流出wwww
http://megalodon.jp/2014-0524-1510-06/blog-imgs-47-origin.fc2.com/t/o/r/torakagenotes/sankei20120422web001.jpg

460 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 05:43:47.56 ID:YpzzMyJS0
ウンコみたいな教養・討論番組やドキュメントより
いろいろな意味でこのスレを読んだ方が勉強になる

461 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 05:43:50.79 ID:mLRhan1G0
米の経済制裁に耐えかねて始めた戦争なのに聖戦なんて・・・
ハルノートが許容範囲なら、戦争してなかったろうに。

アジア解放なんて、ただの建前だろ、恥ずかしい。

462 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 05:44:08.61 ID:7r31F31B0
俺は「持たざる国の侵略的野心に基づく、ヘタクソな自滅戦争」と
呼ぶことを提唱する!

463 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 05:44:37.39 ID:UBrP43/w0
【悲報】安倍のブレーンで積極的平和主義の伊藤憲一が、韓国を軸とするアジア共同体狙いなことが判明!

「東アジアの統合を先導する国は韓国だ」と 強調 東アジア共同体評議会議長の伊藤憲一氏

http://www.ajnews.co.kr/photo/photo/20091117/200911171804190710742-2-128558.jpg


 鳩山「友愛外交」は靖国分社からひと時の間、静かだった
東アジア統合論議がまた弾みを受けている。  1990年代末アジア
外為危機にあって、統合論議が定義されたのなら、全世界を襲った
金融危機は、もう一度東アジア統合の 必要性を投げかけている。
変わった点があるなら、地域内の危機対応体制構築よりも、
東アジアを世界経済の中心にと言う‘アジア時代’を幕開けを共
にという共感要素が形成されているという事だ。

 この様な論議の中心に鳩山由紀夫日本国総理の‘東アジア共同体’
構想だ。 鳩山総理の構想は共通通貨を使用している、
欧州連合(EU)水準の統合を前提としている。  
亜洲経済新聞は4日、日本の東アジア共同体構想を具体化するための
主導的役割を担っている伊藤憲一東アジア共同体評議会議長、
兼日本国際フォーラム理事長に会い、東アジア共同体構想に関する
見解を聞いてみた。 インタビューは日本の東京永田町にある
日本国際フォーラム事務室で行われた。

伊藤議長は「東アジア共同体が実現されるためには、
韓国と中国、そして日本の3カ国が核心の東アジアの統合に先陣を
切るべき」 とし「東アジアの統合を先導する国は韓国だ」と強調した。


http://daily.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1407221021/l50

首相動静―8月5日(08/05)
【午前】9時17分、自民党本部。20分、伊藤憲一日本国際フォーラム理事長。

464 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 05:45:05.63 ID:cN7HtfzU0
戦死した人を慰霊するのは当然だが、戦争自体を賛美する奴は信用出来ない

465 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 05:45:41.28 ID:UBrP43/w0
朝日は安倍とプロレスをしている。
マスコミは産経新聞も朝日新聞も大衆操作のためのツールに過ぎない。

結局、集団的自衛権は韓国防衛。
しかし、マスコミは韓国防衛にどこまでやるか質問しない。
海戦法規をまとめたサンレモマニュアルについて質問しない。
クネに質問しない。

すべてプロレスだからだ。
朝日はわざと無意味な徴兵の議論をしている。

「日本人は平和ボケ」などと嘯く産経新聞御用ジャーナリストの細川珠生とその一族を見れば、右も左も売国奴でプロレスなことが分かる。

大叔父:細川隆元(元衆議院議員、政治評論家)
父:細川隆一郎(統一教会系政治評論家)
子:細川隆三(テレビ朝日政治部デスク)
子:細川珠生(産経新聞御用ジャーナリスト)
細川珠生の夫:(テレビ朝日カメラマン)
一族:細川護煕(元朝日新聞記者、元首相)

細川隆一郎と統一教会(統一協会)
高齢になってからも『世界日報』の「ビューポイント」紙面での対談をしたり、講演活動を行っていた。同じくジャーナリストである娘の細川珠生も『世界日報』によく寄稿している。
隆一郎は『世界日報』創刊25周年を祝うメッセージを寄稿した。
また、勝共連合の活動に関しても大いなる賛同を示している。

466 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 05:45:52.68 ID:SEEeElpR0
まあ、複雑なことが絡み合ってるんだろうが
始めて大東亜戦争について考えた時、なぜ東南アジアに出兵したのに
オランダ兵やイギリス兵と戦ったのか、よーくわからなかったわ

467 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 05:46:18.35 ID:yf5+ZTQZ0
欧米列強に伍していくだけの知恵が足りなかったんだよな。
軍人は自分らは死ねばいいと思ってたんだろうけど敗戦して占領されれば
その影響は何十年単位で続いていくのに。
もう敗戦前の国には決して戻れないのに。

468 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 05:47:11.30 ID:UBrP43/w0
田母神はアパと鳩山夫妻と仲良しです。
http://www.apa.co.jp/appletown/pdf/wine/0411_wine.pdf

469 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 05:48:13.15 ID:UBrP43/w0
>>461
真の戦犯はコミンテルンと朝日新聞だった。

朝日新聞記者の尾崎秀美に操られた近衛文麿が危機を演出し、体制革新つまり統制経済化・社会主義化のため意図的に日中戦争を拡大した。
紙面に煽られた国民も支持した。

近衛の中国政策のブレーンになった尾崎は近衛を日中戦争拡大、対米戦に誘導してソ連を守り、敗戦革命で日本の赤化を図っていた。
尾崎は、コミンテルンのスパイ・ゾルゲ事件の共犯で死刑になった。
ゾルゲ事件では朝日新聞東京本社政治経済部長田中慎次郎、同部員磯野清も検挙されている。

史実を追えば、日中戦争の発端の盧溝橋事件では、7月11日、北平特務機関長の松井久太郎大佐と大使館付武官補佐官の今井武夫少佐は、第29軍の秦徳純副軍長との間で、盧溝橋事件現地協定という停戦協定を締結。
しかし、7月11日、同日に近衛内閣は、華北の治安維持のため、派兵を声明し、各界に挙国一致の協力を要請。

また、昭和13(1938)年1月16日には参謀本部は講和を志向していたが、近衛が「帝国政府は爾後国民政府を相手にせず」と発表し断交。以後、交渉不能に。

しかし、近衛はゾルゲ事件後の昭和18年にはコミンテルンの影響を脱した。それで、陰謀の中身を明かし近衛上奏文を書いた。

(以下抜粋)
抑々満洲事変、支那事変を起し、これを拡大して遂に大東亜戦争にまで導き来れるは、これら軍部内の意識的計画なりしこと、今や明瞭なりと存侯。
満洲事変当時、彼等が事変の目的は国内革新にありと公言せるは、有名なる事実に御座侯。
支那事変当時も、「事変永引くがよろしく、事変解決せば国内革新はできなくなる」と公言せしは、此の一味の中心的人物に御座侯。
これら軍部内一部の者の革新論の狙いは、必ずしも、共産革命に非ずとするも、
これを取巻く一部官僚及び民間有志(之を右翼というも可、左翼というも可なり、所謂右翼は国体の衣を着けたる共産主義者なり)は、
意識的に共産革命にまで引ずらんとする意図を包蔵しおり、無智単純なる軍人、これに躍らされたりと見て大過なしと存侯。

そして、近衛は昭和20年10月にマッカーサーから新憲法起草を指示されており、戦犯指名はされないはずであった。ところが12月に突如逮捕命令が出され自殺。朝日は何の処分も無かった。

470 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 05:48:15.85 ID:r5tvTC8y0
>>457
欧米からの植民地政策からの脱却>日本の植民地になっただけ、では
あまり意味が無いだろ

本当なら、朝鮮、満州辺りが、当時の日本が想像してた「脱植民地」の形だったんだろうけどさ
あまり評価されてないな

471 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 05:49:33.11 ID:irbuxgab0
聖戦と思うのは個人の自由だとは思うが、国内的つか政策として
負けると分かってる戦はすべきじゃないだろう。

日本人の生命・身体・財産磨り潰して
虐げられてる多くの人々を救えというなら
行き過ぎた左翼思想と変わらないだろうし。

その辺り、どうお考えなのか良く分からないが
ちょっと軽率な気がしないでもない。

472 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 05:49:37.28 ID:C4oz4Zv20
私は上海の大学生です。日本の皆さんもう一度中国と戦争して負けますか?

自分達の政府が発表することを盲目的に信じていませんか?ネット社会で真実の世界を知ることから始めましょう。
日本ではあの戦争の反省もせずに「中国には負けてない」「正義の戦争だった」という悪の帝国主義が再び頭をもたげてきていると聞いています。
わが毛沢東主席が日本軍を大陸から追い払い更に日本本土まで攻めこんで「解放すべき!」という部下を毛氏はいおさめました。
「悪いのは日本軍国主義であり、日本の人民には罪がない」同じ亜細亜の民として慈愛の目を向け占領政策をアメリカに任せました。
しかしそれは仇となりました。
日本はアメリカの犬となり、アメリカの大陸侵略構想の尖兵となろうと自らアメリカのご機嫌取りをはじめました。
当のアメリカはそんな日本の皆さんを心の底から軽蔑していたのでしょう
最近はアジアの真のパートナーは中国だと気がついたようです。
日本の皆さんはやく気づいてあらためてください私の曽祖母は13歳の時南京で日本兵にレイプされました。
曾祖母は処女でした。模範的中華婦女子の純潔精神で自殺したのです。
私は日本人を許せません

473 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 05:50:12.66 ID:UBrP43/w0
>>461
当時、アメリカにはコミンテルンのスパイがたくさんいた。ルーズベルトの側近にもいた。ハルノートをドラフトしたハリー・ホワイトは、原案にあった日本が手をひく対象を「満州を除く中国」から「中国」に変えて日本を戦争に追い込んだ。

474 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 05:50:37.92 ID:5M4tKVVl0
朝鮮人涙目w

475 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 05:50:40.12 ID:C4oz4Zv20
日本軍は中国人民を含むアジア人を皆殺しにして王道楽土を大陸につくろうとしました。
南京大虐殺では女はレイプされ、子どもも含め皆殺しにしてなんとその人達の死体を焼いて食べたそうです。
当時の日本の同盟国であったドイツ人や南京市民の証言です。

そして中国人民は立ち上がりました。中国人の怒りの猛攻に日本軍は武器を投げ捨て這這の体で
島国へ逃げ帰りました。
しかもその時足手まといになる自分達の赤ん坊を大勢捨て去って!
中国人たちは本来の敵国の子である子供達をわが子のように育て上げました。
国交回復時の田中角栄氏も感謝してくださったはずです

476 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 05:51:02.37 ID:wFm0PfjE0
田母さんはアメリカに勝てるんかい?
勝つ自信があるなら理解するけど。

477 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 05:51:29.69 ID:K/db/T5sO
まあ大方正論だよ

その後の歴史みれば
その通りだし海外性質や歴史家も発言してる

478 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 05:51:33.39 ID:2kqHH1i10
こんな右翼的な人が、航空自衛隊のトップだったとは。

今の自衛隊の制服組の幹部は大丈夫か?

479 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 05:51:40.64 ID:C4oz4Zv20
日本軍は本来軍として守るべき居留民を捨てて逃げ去ったのです。恥ではありませんか?
中国軍に収容された人々(特に女性子供)はともかく、北の傀儡政権満州ではソ連侵攻で、軍が逃げるための時間稼ぎにあえて
一般市民には何も知らされず多くの犠牲が出たということです。悪いのは日本の軍国主義で人民は罪はないと中国人は考えます
それが今では「正々堂々と虐殺もしない正義の軍隊」と評価されています。

480 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 05:51:42.67 ID:UBrP43/w0
>>472
中国共産党とコミンテルンが操ったのは朝日新聞と日本だけではない。
大戦前、モンロー主義で国外問題不干渉で反戦だった米の国内世論を南京大虐殺で反日に誘導し参戦に誘導したのはコミンテルンと中国共産党。

アメリカ国内で、反日運動を行ったのはコミンテルンの活動家で南京大虐殺について描いた「アジアの戦争」の著者エドガー・スノーらだった。
これが、南京大虐殺の最初の記述だ。また、東京裁判史観のベースになった。

また、同様にジャーナリストとして日本批判記事をアメリカの新聞に送っていたスメドレーはゾルゲ諜報団のメンバー。赤狩りで国外脱出後、急死。
さらに「大虐殺」の証拠の一つとされた『ラーベ日記』筆者、ジョン・ラーベは、ゾルゲの活動を上海で支援していた赤軍諜報部員の友人だった。

481 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 05:51:47.85 ID:+XSm5qC70
戦争がしたくて仕方がないお山の大将。

482 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 05:51:48.84 ID:HBiOsmkVi
最初からアジア解放が目的というなら

なぜ侵略戦争という武力行為でそれを達成しなければ
いけなかったのか?

そういう時代だった。って言うのかもかも知れないが
もう少し、外交とか違った形で欧米列強に働きかけて、
それでも駄目ならみたいな政治的プロセスが必要じゃね?

しかも、フィリピンは1944年にアメリカから独立する
って法律や条約で決まってたらしいし。
むしろ、日本の戦争に巻き込まれて結果的に荒らされ遅れてしまったわけだな

しかも大東亜共栄圏の盟主は日本なんだろ。
神の国、天皇を中心としたとか意味不明な
思想を強要され、また違った形で支配し植民地にしようとしてたんだろ。

しかも日本人もアジアの市民もたくさん死んだんだぞ!
欧米の兵士もたくさん死んだ!

結果負けたんだし、言い訳や都合の良い解釈してないで
なにが良くてなにが悪かったか。と落ち着いて分析しろよ

483 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 05:51:51.43 ID:Gb35XMdY0
>>461
難破船から投げ出された時、他人が掴まってる浮き板を奪い取って生き延びる
緊急避難行為が聖なる行為ってなら、大東亜戦争も聖戦なんだろうってレベルだよな。

日本が生き延びるのに仕方ない行為だったとしても、さすがに聖戦はないわな。

484 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 05:52:07.64 ID:irbuxgab0
>>461
アジア主義者が結構勢力もってたみたいだし
そういう側面があったことも否定できないとは思うけどね。

485 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 05:52:28.16 ID:ZLh6AfWd0
こんな事言うからいまいちメジャーになれないんだよ。しっかりせえよ。

486 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 05:52:42.57 ID:C4oz4Zv20
沖縄では未だ女性や子供達が日本人やアメリカ兵にレイプされ殺されてる事実を知らないのですか!
日本政府の報道に自由に対する圧力です。
そして沖縄の人々はアメリカの基地に対し抗議活動を行い、中国への復帰を望んでいます。
この事実も知らないのですね。
沖縄に近い尖閣事件も尖閣が日本領土なら沖縄も日本なら、本来そこを守るべき米軍や日本政府に抗議運動するはずがないでしょう。
沖縄(琉球列島)や尖閣が本来中国に帰属するのは歴史的事実だけではなく底に住む人々の民意でもあるのです。
それを日本政府や米軍が力で抑えようとするなら人民解放軍はいつか沖縄の人々の救出に動き出すかもしれません

487 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 05:53:11.44 ID:cSUMt7q20
鈴木成高とか高坂正顕とか高山岩男の話でもやってんのか、と思った。

488 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 05:53:41.37 ID:UBrP43/w0
>>472
ところで、処女で自殺した人から貴方の祖父母はどうやって生まれたの?

釣り?

489 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 05:53:42.61 ID:ZLh6AfWd0
こういうバカが安部支持とか言うだろ。足引っ張ってるの解んないの?死ねよ

490 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 05:53:43.93 ID:C4oz4Zv20
中国は強大な国家でありながら日本を侵略したことはありません。
我々の子供達と同様慈愛の心があるからです
でも日本人はどうでしょう
あなた方は再び眠れる獅子を起こして60年前のように叩きのめされたいのですか
日本の侵略で中国の近代化は60年遅れたといいます。
日本では上海は戦時中まで田舎だと教えtるそうですがとんでもない!
東西のあらゆる文化を結合させ高度発展した大都市でした。東京よりはるかに。
高速鉄道・リニアの技術もその頃の中国のものです。
日本が持ち去りましたが肝心な部分は中国人技術者の良心で隠されていたので日本の新幹線もリニア開発も止まったままなのです。
短期間で最高速鉄道、リニア実用化の中国の技術を思い知りましたか?
ボルボもIBMも中国企業なのです。知ってましたか?

あなた方が中途半端なガソリン車に乗って東洋一・世界一の技術を叫んでいるとき、わが中国人は
一生懸命自転車をこいで技術を再生していたのです。ハイブリッドも中国の技術になるでしょう

491 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 05:54:02.56 ID:FIBVNYib0
戦に負けて勝負に勝ったとでも言い出してんのか?
殺し殺されて、民間人も虐殺され、原子爆弾を落とされ、
今に至るまで煮え湯を飲まされ続けている。
聖戦に敗れたんだからしょうがないよね。

492 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 05:54:48.52 ID:C4oz4Zv20
>>488
父方の曾祖母ですので無問題です

中国が強大な国家でありながら日本を侵略したことはないと言うと
「じゃあ元はどうなんだ?」と言ってきます。
元はモンゴルですよ。中国がちゃんとやっつけて解放したのにこの時期に謝罪もせずに
中国に楯突こうとしています。このままでは日本同様に再び世界征服の野望が頭をもたげてくるでしょう。
だから日本もモンゴルも中華圏で管理されるべきなのです

493 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 05:55:05.01 ID:HBiOsmkVi
>>476
アメリカとは戦争しない。
中国とするか、アメリカのために日本も戦争するだけ

494 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 05:55:21.52 ID:DW/mc/0G0
新党立ち上げでチャンネル桜とモメてたゴタゴタはどうなったん?

495 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 05:55:23.96 ID:wFm0PfjE0
まあ、アメリカに勝ってから言えって話だな。
聖戦云々は。

496 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 05:55:33.42 ID:feJj9rDl0
流石にこれは無いわ

497 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 05:55:49.64 ID:C4oz4Zv20
日本は科学技術や漢字をはじめ様々なものを輸入し自分の文化にしています。
しかし、中国が日本のものを模倣したとパクリ疑惑で叩きます。
心の狭い島国根性ですね
八犬伝もドラゴンボールも中国の小説のパクリと知らない日本人がどれだけいるか
ホンダやスズキのバイクのエンジンも中国がつくってッ提供しています。

498 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 05:55:59.59 ID:01Gn76nC0
田母神って麻生政権のときに首を斬られた反日人でしょ?麻生を足を引っ張ったアホ田母神

499 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 05:56:04.06 ID:DY0bhvi/0
田母神俊雄の命令なんて無職ネトウヨしか従わないだろ?爆笑

500 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 05:56:32.03 ID:8G9AZkKa0
うだうだ陰謀論出して日本は正しかったとか悪くないといったとこで
勝てない戦争に引きずり込まれた段階で負けなんだよ
日清日露で実際は日本もボロクソな状態だったのに
勝った事だけ報道して国民はイケイケ気分だったんだろ
富国強兵も成せず外交で追い詰められ結局政治が無能なんじゃん

501 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 05:56:53.44 ID:C4oz4Zv20
以前のチベット暴動で警官隊が僧の服装に着替えて暴れるシーンを報道したアメリカのテレビ局。
しかしそれは映画の1シーンでした。そこまで捏造して中国を貶めたいのでしょうか。

天安門事件といわれる事件も捏造らしいです。今はネットでグローバれうな視点から情報を手に入れることができるはずです。
日本の皆さんも正しい情報を手に入れてください。

その暴動のあった日、ネットでは平和でのんびり道路で寝転ぶチベットの人々の写真が紹介されていました。
その日はチベットの国民のお休みの日です。中国政府も認めたチベットの風習です。
そんな日に暴動が起きるなんておかしいじゃないですか?

502 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 05:56:56.86 ID:G41pBUcI0
こいつイスラム?

503 :風老児 ◆ZPG/GcTAlw @転載は禁止:2014/08/08(金) 05:57:19.32 ID:Lp7KqbWy0
>>464 失礼

>戦争自体を賛美する奴

自分は戦没者二人の遺族の家の者です
米国等から理不尽な要求をされ、宣戦布告せざるを得なかった日本
その戦いに参加して、外地で亡くなった伯父二人
お国のために、郷党家門のために、立派に戦ってそしてレイテで中支長沙で戦死した

その戦いは正に「聖戦」であったと思います
戦争自体は、政治の延長
話し合いでどうしてもケリが付かない場合、やむなく武力解決する道が宣戦布告する戦争である
決して、人殺しがいいわけではない
自分も戦争大反対であって、反戦反核平和主義者よりもずっと遥かにその思いは強い

だが、あの戦いは立派だった
1対26の戦争を日本人はよく戦った
植民地政策・侵略主義の欧米列強の悪と実によく戦った
先人は本当に偉かったのである

こう思うことも「戦争自体を賛美する奴」になるのかね?
そうであったとしても構わんけどね

504 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 05:57:54.59 ID:C4oz4Zv20
私は上海の大学生です。東京の町を歩くと女性たちが
「きゃー中国の素敵な方!私達に最先端のファッションを教えて!」
「あなたに解放されたい!」
と押し寄せてきます

505 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 05:57:56.40 ID:75WZ15Vo0
>>488
コピペ

506 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 05:58:00.52 ID:YpzzMyJS0
>>497
何を釣り上げたいのか

507 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 05:58:41.86 ID:nhUakhvB0
さすがに、とか言い過ぎとか言ってる人は単なる無知。
自分が勉強しろ。

それとウヨではなくどちらかというとサヨの解釈。
ウヨは国粋主義だろ。
歴史哲学などは西洋の正統であるドイツ哲学的解釈だから。

508 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 05:59:11.90 ID:UBrP43/w0
>>492
大陸にも半島にも日本人は興味ない。
統一教会は半島介入して統一を目指している。

韓国のためなんかで、中国に開戦の大義名分を与えてはいけない。
集団的自衛権で半島で掃海したら中朝友好協力互助条約により、中国は日本に当然の権利として宣戦布告できる。

集団的自衛権の最大の欠点はこれだ。

509 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 05:59:14.49 ID:C4oz4Zv20
>>506
中国は先の大戦末期には日本の戦艦大和並の大型空母を作る技術がありました。
しかしその巨大空母は秘密裏に東京攻撃に向かう直前、遠州灘で米軍の魚雷誤射で沈んでしまいました。

米軍は日本の空母と勘違いしたそうです
後に米軍が降伏後の日本軍属にあの空母の名前を尋ねましたが、
「あの空母は支那のだ!」というばかりだったそうです

510 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 06:00:37.72 ID:Gb35XMdY0
>>503
それは「戦争参加者を賛美する人」であって、「戦争自体を賛美する奴」とは違うかと。

511 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 06:00:45.60 ID:UBrP43/w0
>>509
釣りかw

512 :風老児 ◆ZPG/GcTAlw @転載は禁止:2014/08/08(金) 06:01:56.08 ID:Lp7KqbWy0
>>492 横からすみません

>元はモンゴルですよ

確かにそうですね
では、弘安の役は?
南宋を滅ぼした元だけど、支那人は唯の一人も混じっていなかった??

513 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 06:02:04.44 ID:plGxFy730
ネットでダントツで嫌われているダボガミさんw

514 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 06:02:15.05 ID:UBrP43/w0
真の戦犯はコミンテルンと朝日新聞だった。

朝日新聞記者の尾崎秀美に操られた近衛文麿が危機を演出し、体制革新つまり統制経済化・社会主義化のため意図的に日中戦争を拡大した。
紙面に煽られた国民も支持した。

近衛の中国政策のブレーンになった尾崎は近衛を日中戦争拡大、対米戦に誘導してソ連を守り、敗戦革命で日本の赤化を図っていた。
尾崎は、コミンテルンのスパイ・ゾルゲ事件の共犯で死刑になった。
ゾルゲ事件では朝日新聞東京本社政治経済部長田中慎次郎、同部員磯野清も検挙されている。

史実を追えば、日中戦争の発端の盧溝橋事件では、7月11日、北平特務機関長の松井久太郎大佐と大使館付武官補佐官の今井武夫少佐は、第29軍の秦徳純副軍長との間で、盧溝橋事件現地協定という停戦協定を締結。
しかし、7月11日、同日に近衛内閣は、華北の治安維持のため、派兵を声明し、各界に挙国一致の協力を要請。

また、昭和13(1938)年1月16日には参謀本部は講和を志向していたが、近衛が「帝国政府は爾後国民政府を相手にせず」と発表し断交。以後、交渉不能に。

しかし、近衛はゾルゲ事件後の昭和18年にはコミンテルンの影響を脱した。それで、陰謀の中身を明かし近衛上奏文を書いた。

(以下抜粋)
抑々満洲事変、支那事変を起し、これを拡大して遂に大東亜戦争にまで導き来れるは、これら軍部内の意識的計画なりしこと、今や明瞭なりと存侯。
満洲事変当時、彼等が事変の目的は国内革新にありと公言せるは、有名なる事実に御座侯。
支那事変当時も、「事変永引くがよろしく、事変解決せば国内革新はできなくなる」と公言せしは、此の一味の中心的人物に御座侯。
これら軍部内一部の者の革新論の狙いは、必ずしも、共産革命に非ずとするも、
これを取巻く一部官僚及び民間有志(之を右翼というも可、左翼というも可なり、所謂右翼は国体の衣を着けたる共産主義者なり)は、
意識的に共産革命にまで引ずらんとする意図を包蔵しおり、無智単純なる軍人、これに躍らされたりと見て大過なしと存侯。

そして、近衛は昭和20年10月にマッカーサーから新憲法起草を指示されており、戦犯指名はされないはずであった。ところが12月に突如逮捕命令が出され自殺。朝日は何の処分も無かった。

515 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 06:02:22.07 ID:r5tvTC8y0
只、一応言っておくけど
日本側もギリギリまで蔣介石に、なんとか日本との協力体制を取れないか?と
頭を下げてはいたんだよ

だから、本来であれば「侵略」の形ではなく、協力体制・同盟・不戦条約
まぁ、そんな形に持っていきたかったんだとは思う(実際の所は分からんけどね

516 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 06:02:44.27 ID:C4oz4Zv20
>>512
源頼朝に追われ大陸に渡った義経はモンゴル部族の長となりジンギスカンを名乗った。
そしてアジア大陸を侵略し中国・朝鮮をもその手中に収め、日本奪還を試み、
中国兵を使い対馬より攻め込んだ。
モンゴル兵の残酷な手口に怒り、中国兵は反旗を翻し、玄界灘の軍船を一掃した。
そして二度目の襲撃に備え時の鎌倉幕府に城・防壁を築くように進言。
2度目の襲来も中国兵の活躍により勝利を収めた。
そして大陸では元に対する中国人レジスタンスでフビライカーンも日本振興を諦めざる得なかった。
そして中国は元を滅ぼし清を興した。
しかし日本の教科書ではたまたま来た台風(神風)の伝説として残った。
これが後の日本が道を誤る元となっ

517 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 06:02:52.60 ID:cN7HtfzU0
すまん、長文投下する奴も信用できんわ

518 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 06:02:55.00 ID:gRn2iUkK0
ペイリンもびっくりだな

519 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 06:04:03.15 ID:ccnLb47r0
>さらに「歴史は戦勝国が作ります。戦争に負けた日本は一時戦勝国アメ リカの歴史観を強要されます。
>正義の国民主主義国家アメリカ、極悪非道の独裁国家日本という構図の歴史です」と、
>戦後の日本の歴史観は戦 勝国アメリカによって刷り込みが行われていることを主張した。

なんか最近の進撃の巨人パクってね?

520 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 06:04:14.39 ID:ygLJXwrj0
太平洋戦争が解放戦争ではない理由

・戦略要綱にフィリピンとビルマ以外は日本の植民地とすることを明記していた
・列強の現地に対する影響力を大幅に削いだのは日本開戦前のドイツであり日本では無い
・日本は当時スッカラカンで現地住民に負担をかけ物資を奪うようなこともしている

もともと植民地解放する気など無く,結果論としてもドイツが列強の影響力を大きく削いだ
のであって,日本はその後に現地交渉や現地植民地政府を相手にしていただけに過ぎなく
影響力は極めて限定的であったし,その活動のほとんどは成功とは程遠いものだった
現地で多くの問題も起こしていて今なお禍根として残っているものもたくさんあるのが現実
だから日本が参戦しなくともどの国も独力で独立できていただろうというのが定説となっている

日本だけ侵略戦争をしていたというのはおかしい ○
日本が行ったのは侵略戦争で無く解放戦争である ×

ここを履き違えちゃいけない
アジアの一部地域で日本に対する感謝の念を抱いてくれる人たちの言葉は大変ありがたいが
それを自分たちが解放戦争を行ったからだと拡大解釈するのは無礼な話

521 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 06:04:36.89 ID:8G9AZkKa0
おまえら釣られすぎw

522 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 06:05:13.19 ID:UBrP43/w0
>>517
調べれば?ウソかどうか。

中国共産党とコミンテルンが操ったのは朝日新聞と日本だけではない。
大戦前、モンロー主義で国外問題不干渉で反戦だった米の国内世論を南京大虐殺で反日に誘導し参戦に誘導したのはコミンテルンと中国共産党。

アメリカ国内で、反日運動を行ったのはコミンテルンの活動家で南京大虐殺について描いた「アジアの戦争」の著者エドガー・スノーらだった。
これが、南京大虐殺の最初の記述だ。また、東京裁判史観のベースになった。

また、同様にジャーナリストとして日本批判記事をアメリカの新聞に送っていたスメドレーはゾルゲ諜報団のメンバー。赤狩りで国外脱出後、急死。
さらに「大虐殺」の証拠の一つとされた『ラーベ日記』筆者、ジョン・ラーベは、ゾルゲの活動を上海で支援していた赤軍諜報部員の友人だった。

当時、アメリカにはコミンテルンのスパイがたくさんいた。ルーズベルトの側近にもいた。ハルノートをドラフトしたハリー・ホワイトは、原案にあった日本が手をひく対象を「満州を除く中国」から「中国」に変えて日本を戦争に追い込んだ。

結局、アメリカは戦後、共産主義への防波堤だった日本を壊したことが失敗だったことを悟る。

アメリカ国内外で赤狩りがはじまり、ハリー・ホワイトは自殺。

なんと言っても「日本の敵」の真打は、ハーバード・ノーマンだ。

カナダ外交官で、戦前から終戦後にかけて「知日派学者」として名を馳せたノーマンは、マルクス主義者であり、コミンテルン工作員であった。
彼はケンブリッジ大学留学時にイギリス共産党に入党し、インド独立運動に関わった。
ちなみにゾルゲや朝日の尾崎秀美の一味のアグネス・スメドレーもベルリンでインド独立運動に携わり、その後上海に入っている。

ノーマンは、昭和12年に支那事変が始まると、スメドレーの親友で戦後「女性開放」運動に影響を与えたアメリカ共産党員の石垣綾子やキョ朝鼎、
また都留らとともに、アメリカ国内で反日、反戦活動を繰り広げた。
日本に石油を売ってはならない、中国を侵略している日本を孤立させていこう、と呼びかける反日集会を二ユーヨーク・ボストン・フィラデルフィアなど東部の主要都市で開催し、
昭和14年のアメリカによる日米通商航海条約破棄を大きく後押ししたのだ。

523 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 06:06:41.43 ID:nhUakhvB0
人権、脱植民地などはサヨの思想だよ。

また日本の行動が独善的であろうといいんだよ。
個別的実体は力の追求者として現れるのであって、完璧な善としての形など必ずしも持っていない。

524 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 06:06:49.43 ID:UBrP43/w0
第二次世界大戦はコミンテルンと朝日新聞が操って起きた。

まず、昭和14年の日米修好通商条約破棄はコミンテルンのノーマンの南京大虐殺デマの世論誘導があったからこそ。ノーマンは赤狩りで自殺。

また、ハルノートをドラフトしたハリー・ホワイトは、原案にあった日本が手をひく対象を「満州を除く中国」から「中国」に変えて日本を戦争に追い込んだ。ホワイトは赤狩りで自殺。

資源確保のため北進か南進しかなくなった
日本を日ソ不可侵条約で北進の道をふさいだのは近衛と尾崎秀美。
近衛は自殺。尾崎秀美は、ゾルゲ事件でコミンテルンのスパイとして死刑。

南進をすすめた革新官僚の巣の企画院は、スパイの巣だっだ。
企画院事件が有名。

企画院事件

1941年企画院の調査官,職員17名が治安維持法違反容疑で検挙された事件。
1940年11月,
企画院はより強力な戦時統制経済の確立をめざして〈経済新体制確立要綱〉を発表したが,これは〈高度国防国家建設〉〈公益優先〉を大義名分として,
資本と経営の分離,利潤配当制限,統制団体役員の政府による任命制など私企業への官僚統制の強化を意図していた。

戦後には企画院の官僚だった和田博雄は、分裂後の左派社会党の大幹部に転身。

日米双方がコミンテルンに操られていた。
朝日は戦前・戦中は敗戦革命を狙っていた。敗戦革命とは自国を対外戦争を誘導し、敗戦させてそのドサクサに革命する手法だ。ロシアはそれでソ連になった。

525 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 06:06:50.72 ID:C4oz4Zv20
「解放」を名乗っていいのは人民解放軍だけ。
人民解放軍は妄想的な世界侵略ではなく世界の平和的解放と南京大虐殺の仕返しに動きます

526 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 06:07:08.80 ID:irbuxgab0
>>520
また慰安婦コピペ君かよw

全土を直接統治するわけじゃなかったんだから
戦略拠点を押さえて、解放戦争じゃない云々てな
理屈は牽強付会だろ。

527 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 06:07:22.92 ID:FIBVNYib0
>>520
日本が手助けしたかもしれんが、結局は彼らが成したこと。
日本の手柄のように言うのは、おこがましいわ。

528 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 06:07:34.97 ID:r5tvTC8y0
>>520
>アジアの一部地域で日本に対する感謝の念を抱いてくれる人たちの言葉は大変ありがたいが
>それを自分たちが解放戦争を行ったからだと拡大解釈するのは無礼な話

あーそうそう、俺もそんな感じの事を言いたかった

529 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 06:07:57.12 ID:UBrP43/w0
日ソ中立条約サインを見つめる尾崎
http://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/1/1c/Matsuoka_signs_the_Soviet%E2%80%93Japanese_Neutrality_Pact-1.jpg

 ゾルゲの諜報グループの活動は、まず、日本とソ連間の軍事紛争を回避すること、そして、ヒトラー率いるドイツのソ連に対する軍事攻撃の計画、並びに、この計画に対する日本政府の立場を明らかにすることが目的だった。
 宮城与徳さんの他にも、スパイグループの中核メンバーとして活動した、ジャーナリストで評論家の尾崎秀実さんがいる。尾崎さんは、リヒャルト・ゾルゲと同じ日、1944年11月7日に死刑に処された。尾崎秀美さんにも、彼の死後、祖国戦争勲章の授与が決定した。
http://japanese.ruvr.ru/2010/01/14/4595962/

530 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 06:08:59.30 ID:nErxj8XAO
戦争に聖戦はない!!

531 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 06:10:02.76 ID:UBrP43/w0
盧溝橋事件、当時の『朝日新聞』を見ると、政府に先がけて「暴支膺懲」を掲げ、数発の銃声を本格的な戦争に拡大しようと意図的な世論誘導をおこなっていたことがわかる。

 1937年7月9日付『東京朝日新聞』夕刊は1面トップで「北平郊外で日支両軍衝突」「不法射撃に我軍反撃」の見出しを掲げ、同社の現地特派員報告「硝煙の戦線を行く」では
「今回の事件は支那側の挑戦的不法射撃によって発生せるものなること1点の疑ひもなく、戦友中に死傷者さへ出した。我が将兵一同の痛憤もさこそと思はれる」と報道。
同時に、日本の現地駐在武官の「日本軍の攻撃はやむをえぬ自衛行動であった」との談話を掲載している。

 7月13日付『東京朝日』は、「北平の邦人遂に引揚ぐ」という見出しで、「信義を無視する支那軍は幾度か約束を破って我が方に挑戦してくる。
しかもその兵力は刻々増大して何時いかなる重大事が勃発するかも知れぬ情勢にあるのだ。
この不安な北平の刻々迫りつつある不気味な空気を前に在留邦人は12日以来続々引揚げを開始した。北平発津浦線は夜の厳戒に先立って北平を脱出しようとする婦人子どもを中心とした邦人の群で満載だ」と不安を煽っている。

 同じ紙面で日本軍の支那駐屯司令官にインタビュー、「帝国の望むところは常に和平解決であったが、最早支那側の不信極まる態度、その暴虐は黙して居られなくなった。
ここにおいて正義の軍を進めて支那の暴戻を断固膺懲すると共に北支の権益と在留同胞保護のため中外に声明を発して最後の態度に出ることに決した」との談話を引き出している。

 7月21日付『東京朝日』の社説「支那の挑戦的回答」は、中国側が「日本に対する最小限度の要求」として「主権を侵す解決策は絶対に拒否す」などの独立国として当然の要求をのべたことに対して、
それを「あたかも宣戦布告」だとみなし、「その調子のあまりに挑戦的であって、必要以上に興奮状態に陥っているといはねばならぬ。
かくては平和破壊の責任は当然支那が負うべきであらう」「救うべからざる最後通牒に向かって自らを追い込むことになるであろう」と、逆に宣戦布告的な主張をおこなっている。

532 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 06:10:19.20 ID:wdTsxcfv0
>>4
根拠まで書いたら「三行でまとめろ」とか言うくせにw

533 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 06:10:44.00 ID:r5tvTC8y0
逆に当時の日本を肯定しちゃうと、今の中共の行為を否定できなくなっちゃうぜ?

534 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 06:11:13.93 ID:UBrP43/w0
朝日は戦前から捏造が得意だった。

その後の『東京朝日』は、「拉致の宮崎水兵」という上海からの特派員電で「陸戦隊宮崎一等水兵は規定の門限たる7月25日午前6時15分までには遂に姿を見せず、
いよいよ支那人に拉致されたこと確実と見られるに至った」という記事を載せたり、

また「邦人大量虐殺の陰謀」という記事では「3千人の支那兵が、天津租界内の邦人1万5000人を虐殺し略奪をほしいままにしたうえ、
日本租界を占拠しここに青天白日旗を翻して天津から邦人を一掃する意図を有していた」などという「恐るべき計画」について、扇動している。

戦後、これらはデッチあげであることが明らかになっている。

535 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 06:11:42.54 ID:/VkbEdaH0
保守と言う名の親米アメポチ保守、
反米のくせにGHQ史観を鵜呑みにするアホブサヨのみなさん
おはよう!
君たちはいつまでGHQ洗脳されているんだねw

536 :風老児 ◆ZPG/GcTAlw @転載は禁止:2014/08/08(金) 06:11:56.42 ID:Lp7KqbWy0
>>520 失礼

>解放戦争

開戦時には、その構想は薄かった
開戦詔書にも謳われてはいない
大東亜戦争の大義名分はあくまで「独立自尊」である…重光葵さんは気分の問題だと言った

だけど、開戦後後付として「アジアの解放」が宣言された…大東亜会議
そして、結果的に日本は敗戦したけどアジア・アフリカ諸国は続々と独立を果たしたのであります

これを総括すれば、解放戦争であったといえます

537 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 06:12:33.33 ID:egtcLfGMO
そろそろ戦後総括されて脱ウヨサヨ論争して
日本も中道路線に入るべきだわ
完全に国際社会に取り残され始めている
いつまで小林よしのりの戦争論で止まってんだ

538 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 06:13:19.85 ID:U/nxKjjK0
分らないでもないけど、政治家、特にリーダー格の政治家には向いていないな。
バカ正直で隙がありすぎる。

539 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 06:14:04.75 ID:UBrP43/w0
朝日は戦前・戦中は敗戦革命を狙っていた。敗戦革命とは自国を対外戦争を誘導し、敗戦させてそのドサクサに革命する手法だ。ロシアはそれでソ連になった。

敗戦革命について知るために、レーニンの「帝国主義戦争から敗戦革命へ」の戦略的、戦術的展開を一九二八年(昭和三年)のコミンテルン第六回大会に於て採択された決議
「帝国主義戦争と各国共産党の任務に関するテーゼ」からその要点を抜き出してみよう。

「共産主義者の帝国主義戦争反対闘争は、一般平和主義者の戦争反対運動とその根底を異にしてゐる。
われわれはこの反戦闘争をブルジョア支配階級覆滅を目的とした階級戦と不可分のものとしなければならない。
蓋しブルジョアの支配が存続する限り帝国主義戦争は避け難いからである − 」

「帝国主義戦争が勃発した場合に於ける共産主義者の政治綱領は、
(1) 自国政府の敗北を助成すること。
(2) 帝国主義戦争を自己崩壊の内乱戦たらしめること。
(3) 民主的な方法による正義の平和は到底不可能なるが故に、戦争を通じてプロレタリア革命を遂行すること。
である。

540 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 06:14:19.37 ID:vIItp/SY0
>>235
お前の爺さん婆さんに少しは話聞いてみろよ、それで充分だろ

541 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 06:14:21.04 ID:nhUakhvB0
520は浅い。解釈は礼儀で決まるものではない。
正しく解釈。大東亜戦争は一つの聖戦として決着でそれで終わり。

感謝してくれる?それこそウソかも知れんぞ。
見かけの人間のやりとりとは違う底流に流れがあるという議論だからな。

542 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 06:14:55.73 ID:/VkbEdaH0
>>567
そもそも国際社会なんてフィクションだしw
グローバル化wwwwwww

543 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 06:15:18.86 ID:qtMeapI+0
朝日新聞、支那の横暴に怒る
◆1931年(昭和6年)9月20日 東京朝日新聞夕刊より
・・・災いの基は理も非も無く、何ものをも打倒ぜずんばやまないとする
支那側の増上慢であって、今日まで事なきを得たのは、日本の辛抱強い我慢の
ためであった。
中村大尉事件は積薪に油を注いだもの、満鉄鉄路の破壊は積薪に火を放ったもの、
日本の堪忍袋の緒は見事に切れた。真に憤るものは強い。わが正義に一撃は早くも
奉天城の占領を伝ふ。
日本軍の強くて正しいことを徹底的に知らしめよ。そして一日も早く現場を収拾して
事件を解決せよ。
(参考)中村大尉事件 でググッテください
 
◆1931年9月29日「連盟と満州事件」と題する朝日新聞社説
「そもそも今回の事変は支那兵が満鉄を破壊し危害を我に加へたるに端を発し、
我軍は己むを得ざる緊急処置として自衛権の行使をなしたるものと解釈する以上、
第二の事態拡大防止も、第三の領土的野心のためでは絶対にないとも自ら証明されるのである。
この三点が帝国政府の声明中に明記されてあることが国際連盟は勿論、
外国の世論をして日本の行動を正当なりと諒解せしめるに至った所以である」

544 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 06:15:32.81 ID:UBrP43/w0
瀬島龍三など大本営の参謀はコミンテルンと連携し敗戦革命のために間違った戦争指導していた可能性すらある。

コミンテルンは、コミュニストに積極的に軍に入るように進めていた。敗戦に導き、革命武力を得るためだ。

大本営には正しい戦果の報告が上がっていたが瀬島が握り潰していた。そして、楽観的作戦で敗北を重ねた。

この辺りは堀栄三大本営参謀の回想録 『大本営参謀の情報戦記』 に詳しい。

また、瀬島は敗戦直前に満州に軍使として渡り、ソ連と交渉。帰還できたがあえてせず、シベリアで赤化した日本のトップとなるべく訓練を受けたとされる。

また、シベリア抑留も日本の関東軍参謀がソ連軍と交渉し、賠償のかわりに日本兵を労働力として提供するという密約を交わしていたという説もある。

しかし、実際は賠償の代わりで無く、思想訓練して革命軍として使うつもりだったろう。
実際、抑留者は日本帰国時は「天皇島に上陸し、革命軍として戦う」とインターナショナルを歌いながら上陸した。

戦後、瀬島は伊藤忠でトップになったが、東芝のココム違反事件で、ソ連に工作機械を輸出する指示を出したのは瀬島とされている。

日本にとって第二次世界大戦はコミンテルンによって仕組まれ敗戦したのだ。

545 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 06:16:46.30 ID:75WZ15Vo0
>>537
もう第二次大戦の総括は小林よしのりの戦争論でいいんじゃないの
アレも西尾幹二とかから参考にしてるみたいだけど

546 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 06:16:52.89 ID:/VkbEdaH0
一つだけ言えるのはアメポチの君たちは
戦前の日本人より劣るということだw

547 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 06:16:52.99 ID:ygLJXwrj0
>>503
話にならないと言うかもう少し史実を勉強した方がいいかと

米国から理不尽な要求を受けたのではなく,日本が経済封鎖される
原因を作り続けてきたのがいけなかったと言える
それもこれも軍部や政府が非常に無能で全くまとまりが無かったのが原因

末端で戦った兵士に対し感謝と尊敬をするべきであることは間違いない
しかし,国という単位で見て本当に日本に落ち度が無かったかというとそれは違う

列強を頭ごなしに悪とするのも非常に矛盾した話だ
列強が植民地化を進める間日本は何をしていた?その植民地化を進める勢力と
国交を持って大規模に貿易だってやっていた
日露戦争から米英に莫大な支援を得ていた系譜がずっと続いていたじゃないか
ドイツが共産勢力と戦っている間日本は何もしていなかった
ドイツがアジア植民地の列強の影響力を削いでいる間日本は一体何をしていた?
満州を始めとする大陸の権益を貪るのに夢中だったんだろうが
功名心に駆られた軍部の暴走が満州だけにとどまらず北支戦線の拡大によって
中国全土に戦火を広げながらついには南部仏印侵駐にまで至り引き返せなくなったんだろうが

当時の末端の兵士の覚悟には頭が下がる思いだが
それをさせる原因を作ったのは紛れも無く日本の指導者たちだった

548 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 06:17:05.61 ID:7QW1Fclk0
とんでも論だけど、今の日本の政治ぶっ壊すならこういう一見危険と思われる思想持ってる人が声でかくてもいいと思うわ。

549 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 06:17:39.10 ID:x72t/oDt0
流石にこれはねーわ
必要に迫られた戦争だと思うし、侵略ではなく植民地開放(併合)が目的で
クソ左翼の言うアジアに迷惑()なんて事は思わんけど
聖戦とかそりゃねーよ

550 :風老児 ◆ZPG/GcTAlw @転載は禁止:2014/08/08(金) 06:18:07.34 ID:Lp7KqbWy0
>だから日本が参戦しなくともどの国も独力で独立できていただろうというのが定説となっている

>>520

あんなものがどうして定説となろうか?
日本の参戦無くして、弱体の植民地諸国が自力で独立を果たせ得たか??
アメリカ、イギリス、フランス、和蘭、豪州
こういう強国をアジアの貧乏諸国が単独で倒せたなんてことは絶対に有り得ん
夢・空想・ナンセンスであります

551 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 06:18:14.11 ID:7r31F31B0
>>536
持たざる国の侵略的野望に基づくヘタクソな自滅戦争 これでいいだろ?

軍政の具体案もなく、その場しのぎ。新秩序を謳っているのに、
米国白書の研究もしていない有様。楽観的な海上輸送計画、船舶の
損耗率は一夜漬けで数字をあわせただけ、などなど杜撰なもんでしたな。

552 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 06:19:07.69 ID:1CdVMMVH0
さすがに引く

553 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 06:19:27.12 ID:ndA9ByWg0
日本人は自分ではこの上ない平和的国民であり、国家であると思っているが、それは独りよ
がりに過ぎない。
意志は一晩で変わりえる。歴史上、自分の軍隊を「侵略軍」と呼んだ国はない。
すべて「国防軍」であるが、それが他の国から見れば侵略を行っている。
その国防軍を動かすとき、その国家は自国の利権が脅かされているから、正当な権利を行使
するためと考える。
どのような場合にも、軍事力を行使するなんらかの(その国から見れば)正当な理由は存在
するものである。
江畑謙介

554 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 06:19:47.19 ID:nhUakhvB0
他のアジア人を感謝要員として使うことの方が無礼だ。
これ思わん?

なんかウヨ系のでいつもいつも感謝要員にしたてて引用してるけどなあ。

いやいや、もう終わったことなんで。次を目指しましょう。とあるべきだろう。

555 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 06:20:41.80 ID:NyMqkdOY0
田母神スレには砂糖に群がる蟻みたいにアンチ工作がわきまくるな

556 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 06:20:55.87 ID:UBrP43/w0
中国共産党は皇軍の赤化分子と通じていた。人民解放軍には空軍も砲兵もなかった。敗戦後、武器もノウハウも提供し、兵隊も指揮官も支援した。

だから、皇軍にあれ程抵抗した国民党に内戦で勝てた。

例えば、中国の空軍は関東軍の日本人教官が作った。

人民中国の記事から

 新中国の空軍は、日本の友人たちの支援のもとで誕生した。「帝国軍人」だった日本人たちは、
中国共産党が初の航空学校を創設するのに協力し、初代のパイロットを育成した。
王海上将も日本人の教官から教えを受けた戦闘の英雄である。

 王海さんは1946年6月、東北民主連軍航空学校に入学した。入学してまもなく、
主任教官の名は林保毅であると聞いたが、この林教官がかつて日本の「帝国軍人」であったことは知らなかった。

 林教官は本名を林弥一郎といい、もとは関東軍第2航空部隊第4練成飛行隊の隊長であった。
日本の敗戦後、彼の部隊は東北民主連軍に包囲され、武器を引渡して投降した。
その後、部隊に所属していた軍人たちは農家に分宿し、厚遇を受けた。

http://www.peoplechina.com.cn/maindoc/html/200603/zhuanwen64.htm

http://megalodon.jp/2013-1127-1556-48/www.peoplechina.com.cn/maindoc/html/200603/zhuanwen64.htm

557 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 06:21:26.54 ID:7r31F31B0
>>550
>>日本の参戦無くして、弱体の植民地諸国が自力で独立を果たせ得たか??
できたろうね。時間多少かかっても。独立の気運は19世紀末からあるんだから。
世界大戦がエポックメイキングであったことは否定せんよ。

558 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 06:22:10.82 ID:ze193kMg0
ジハードか
いいね

559 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 06:22:23.33 ID:UBrP43/w0
真の戦犯はコミンテルンと朝日新聞だった。

朝日新聞記者の尾崎秀美に操られた近衛文麿が危機を演出し、体制革新つまり統制経済化・社会主義化のため意図的に日中戦争を拡大した。
紙面に煽られた国民も支持した。

近衛の中国政策のブレーンになった尾崎は近衛を日中戦争拡大、対米戦に誘導してソ連を守り、敗戦革命で日本の赤化を図っていた。
尾崎は、コミンテルンのスパイ・ゾルゲ事件の共犯で死刑になった。
ゾルゲ事件では朝日新聞東京本社政治経済部長田中慎次郎、同部員磯野清も検挙されている。

史実を追えば、日中戦争の発端の盧溝橋事件では、7月11日、北平特務機関長の松井久太郎大佐と大使館付武官補佐官の今井武夫少佐は、第29軍の秦徳純副軍長との間で、盧溝橋事件現地協定という停戦協定を締結。
しかし、7月11日、同日に近衛内閣は、華北の治安維持のため、派兵を声明し、各界に挙国一致の協力を要請。

また、昭和13(1938)年1月16日には参謀本部は講和を志向していたが、近衛が「帝国政府は爾後国民政府を相手にせず」と発表し断交。以後、交渉不能に。

しかし、近衛はゾルゲ事件後の昭和18年にはコミンテルンの影響を脱した。それで、陰謀の中身を明かし近衛上奏文を書いた。

(以下抜粋)
抑々満洲事変、支那事変を起し、これを拡大して遂に大東亜戦争にまで導き来れるは、これら軍部内の意識的計画なりしこと、今や明瞭なりと存侯。
満洲事変当時、彼等が事変の目的は国内革新にありと公言せるは、有名なる事実に御座侯。
支那事変当時も、「事変永引くがよろしく、事変解決せば国内革新はできなくなる」と公言せしは、此の一味の中心的人物に御座侯。
これら軍部内一部の者の革新論の狙いは、必ずしも、共産革命に非ずとするも、
これを取巻く一部官僚及び民間有志(之を右翼というも可、左翼というも可なり、所謂右翼は国体の衣を着けたる共産主義者なり)は、
意識的に共産革命にまで引ずらんとする意図を包蔵しおり、無智単純なる軍人、これに躍らされたりと見て大過なしと存侯。

そして、近衛は昭和20年10月にマッカーサーから新憲法起草を指示されており、戦犯指名はされないはずであった。ところが12月に突如逮捕命令が出され自殺。朝日は何の処分も無かった。

560 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 06:22:25.48 ID:cFl429AW0
併合と表立って言えないから、解放とか言ってただけだからな。
最近はそういう裏を読めずに、本当に字面だけ追って、解放してやった正義の使者とか言っちゃう奴いるからね。
まあ学力低下だよね。

561 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 06:23:09.61 ID:TXmT9tcS0
アメリカに戦争に勝てると思ってバカだから戦争始めたんだろw

その前提を無視しちゃダメでしょう

562 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 06:23:25.74 ID:nhUakhvB0
>>557
それはコロンブスの卵とかのどもと過ぎれば熱さ忘れるとかいう奴だ。
力のぶつかり合いで歴史は築かれる。
君が空想で言ったところで現実的な力にはならないんだ。

563 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 06:23:48.35 ID:aITTqurX0
自衛戦争だというのは概ね同意だが
アジア解放はどちらかというとついでのような印象で主目的ではないし
ちょっと勝利が続いて分不相応な領土拡大の色気が出てしまっていたのも確かだろうし
聖戦とまでは言えないんじゃないかねぇ

>歴史は戦勝国が作ります

これは本当にそう思う
欧州欧米が正義なんて言えるような行いをしていないのなんて
やつらの侵略→領土拡大の歴史見れば一目瞭然

564 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 06:24:08.98 ID:gEN8fFKN0
おい このバカどうにかしろよ 

565 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 06:24:47.10 ID:UBrP43/w0
中国共産党とコミンテルンが操ったのは朝日新聞と日本だけではない。
大戦前、モンロー主義で国外問題不干渉で反戦だった米の国内世論を南京大虐殺で反日に誘導し参戦に誘導したのはコミンテルンと中国共産党。

アメリカ国内で、反日運動を行ったのはコミンテルンの活動家で南京大虐殺について描いた「アジアの戦争」の著者エドガー・スノーらだった。
これが、南京大虐殺の最初の記述だ。また、東京裁判史観のベースになった。

また、同様にジャーナリストとして日本批判記事をアメリカの新聞に送っていたスメドレーはゾルゲ諜報団のメンバー。赤狩りで国外脱出後、急死。
さらに「大虐殺」の証拠の一つとされた『ラーベ日記』筆者、ジョン・ラーベは、ゾルゲの活動を上海で支援していた赤軍諜報部員の友人だった。

当時、アメリカにはコミンテルンのスパイがたくさんいた。ルーズベルトの側近にもいた。ハルノートをドラフトしたハリー・ホワイトは、原案にあった日本が手をひく対象を「満州を除く中国」から「中国」に変えて日本を戦争に追い込んだ。

結局、アメリカは戦後、共産主義への防波堤だった日本を壊したことが失敗だったことを悟る。

アメリカ国内外で赤狩りがはじまり、ハリー・ホワイトは自殺。

なんと言っても「日本の敵」の真打は、ハーバード・ノーマンだ。

カナダ外交官で、戦前から終戦後にかけて「知日派学者」として名を馳せたノーマンは、マルクス主義者であり、コミンテルン工作員であった。
彼はケンブリッジ大学留学時にイギリス共産党に入党し、インド独立運動に関わった。
ちなみにゾルゲや朝日の尾崎秀美の一味のアグネス・スメドレーもベルリンでインド独立運動に携わり、その後上海に入っている。

ノーマンは、昭和12年に支那事変が始まると、スメドレーの親友で戦後「女性開放」運動に影響を与えたアメリカ共産党員の石垣綾子やキョ朝鼎、
また都留らとともに、アメリカ国内で反日、反戦活動を繰り広げた。
日本に石油を売ってはならない、中国を侵略している日本を孤立させていこう、と呼びかける反日集会を二ユーヨーク・ボストン・フィラデルフィアなど東部の主要都市で開催し、
昭和14年のアメリカによる日米通商航海条約破棄を大きく後押ししたのだ。

566 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 06:25:21.11 ID:7r31F31B0
>>562
時間はかかる、と留保してんだろ 

567 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 06:26:10.67 ID:UBrP43/w0
第二次世界大戦はコミンテルンと朝日新聞が操って起きた。

まず、昭和14年の日米修好通商条約破棄はコミンテルンのノーマンの南京大虐殺デマの世論誘導があったからこそ。ノーマンは赤狩りで自殺。

また、ハルノートをドラフトしたハリー・ホワイトは、原案にあった日本が手をひく対象を「満州を除く中国」から「中国」に変えて日本を戦争に追い込んだ。ホワイトは赤狩りで自殺。

資源確保のため北進か南進しかなくなった
日本を日ソ不可侵条約で北進の道をふさいだのは近衛と尾崎秀美。
近衛は自殺。尾崎秀美は、ゾルゲ事件でコミンテルンのスパイとして死刑。

南進をすすめた革新官僚の巣の企画院は、スパイの巣だっだ。
企画院事件が有名。

企画院事件

1941年企画院の調査官,職員17名が治安維持法違反容疑で検挙された事件。
1940年11月,
企画院はより強力な戦時統制経済の確立をめざして〈経済新体制確立要綱〉を発表したが,これは〈高度国防国家建設〉〈公益優先〉を大義名分として,
資本と経営の分離,利潤配当制限,統制団体役員の政府による任命制など私企業への官僚統制の強化を意図していた。

戦後には企画院の官僚だった和田博雄は、分裂後の左派社会党の大幹部に転身。

日米双方がコミンテルンに操られていた。
朝日は戦前・戦中は敗戦革命を狙っていた。敗戦革命とは自国を対外戦争を誘導し、敗戦させてそのドサクサに革命する手法だ。ロシアはそれでソ連になった。

568 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 06:26:19.15 ID:ze193kMg0
そんなに胸を張れる戦争だったかは疑わしいが
日本だけ悪者ということは全くないな
さらにもう済んだこと
時効だわ

569 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 06:26:36.53 ID:ygLJXwrj0
>>550
弱体だの貧乏諸国だの,そういう上から目線が非常に気に入らないな
植民地諸国はそれなりに抵抗活動もしていたし力もそこそこあった
そして列強の影響力を大きく削いでいたのは紛れも無くドイツの力だよ

日本は一部に手助けできた部分はあったにしても
真に独立を果たしたのは現地住民の力に他ならない

あなたは非常に失礼なことを言ってるが,それすらわからないんだろうな
自分は何も日本だけが侵略戦争をしていたとかそういうことを言っているわけじゃない
ただ単に解放戦争であったという過大評価を否定しているだけに過ぎない

そういうアジア諸国を過小評価し貶すような表現ははっきり言って気に入らない
当時の戦争は日本だけが主人公では無かったと言う当たり前の事実を認識するべきだよ
解放戦争論者はそういう視点が全く足りていない

570 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 06:26:41.58 ID:/VkbEdaH0
>>547
なんで日本よりアジアに関係ないアメリカがアジアに口出しするんだよ
アメリカはアメリカ大陸ではモンロー主義とか言っているくせにw

>列強が植民地化を進める間日本は何をしていた?その植民地化を進める勢力と
国交を持って大規模に貿易だってやっていた

貿易、経済的関係があっても戦争する良い例だな
アメリカ、日本の輸出入の関係は深かった
今の中国との教訓にしてほしいものだ

>ドイツが共産勢力と戦っている間日本は何もしていなかった
共産主義の危険性にいち早く気がついたのは日本だけど
アメリカは馬鹿だから結果として日本を叩き共産主義ソ連、中国を増長させた

>ドイツがアジア植民地の列強の影響力を削いでいる間日本は一体何をしていた?
満州を始めとする大陸の権益を貪るのに夢中だったんだろうが

日本の利益線は満洲だから当たり前だろ
日露戦争で勝ち取ったものだし
シナは日露戦争でロシアについたてだろが(のちの秘密条約がばれる)

571 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 06:27:52.90 ID:hyOWXmhU0
簡単な話しさ
明治維新に至った理由は何か?
江戸時代、西洋の四国艦隊は西洋から来たのではない
アジアから日本に来たんだよ
これで十分だろ

572 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 06:27:57.30 ID:nhUakhvB0
>>566
じゃあ、西洋なんか無くったって、科学を作って空飛べるということだ。
時間はかかるが。
君の言いたいことはそうだな。

現実的な力を軽く見てもなんにも(議論にも)ならないと思うけどね。

573 :風老児 ◆ZPG/GcTAlw @転載は禁止:2014/08/08(金) 06:28:07.66 ID:Lp7KqbWy0
>>551 返信

ならば、どうすればよかったのかな?
侵略戦争を仕掛けてきたアメリカ合衆国には何の罪も無い??
原爆落としたアメリカ合衆国は正しかった???

日本の戦争指導者たちの考えが稚拙で、間違っていた部分があったとしてもだ
26ヶ国が日本に宣戦布告してきたあの戦争を戦わずして大人しく軍門に下った方が
よかったというのか?
やむなく戦端を開かなければならないと考えられた、大元帥・天皇陛下の大御心というものを少しは理解してごらん

574 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 06:28:59.66 ID:cFl429AW0
でも日本人って現代においてもそうだと思うが、自分たちはアジア人ではないと思うところあるよな。
一昔前は、東南アジア人やインド人っぽいのを指してアジア系とか平気で言ってたしな。

575 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 06:31:28.81 ID:b8oFVpu40
>>574
アジアなんて概念は欧米によってつくられたものだよ

日本人がピンとこなくて当たり前じゃん

576 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 06:31:34.05 ID:/VkbEdaH0
まぁ、リットン報告書でも
満洲に日本が特殊権益があることは認めていたわけだ
シナに主権と言いながら国際的に統治=日本が事実上統治する方式を提案したし

どうも君たちはシナ、欧米がまともな国だと思っているようだw
その前提から抜け出さないと事実はわからないw

577 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 06:32:13.86 ID:7r31F31B0
>>570
満州事変〜連盟脱退〜シナ事変 がね。
陛下→杉山元
「事変は三ヶ月でおわりま〜すって言ったよね?何?大陸は広い?
太平洋はもっと広いよ?」

578 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 06:32:22.41 ID:JyuVr5XN0
この、アホ、バカまだ生きているのか、政府のキャン

579 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 06:33:08.38 ID:bXDtTpEI0
悪魔との戦いでも負ければ戦犯

580 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 06:33:34.36 ID:ygLJXwrj0
>>570
アメリカが何も非が無いとまでは言ってない
日本に落ち度が無かったわけじゃないと言う当たり前のことを言ってるだけ
あと解放戦争というお題目が以下に無理があるかということを主張しているに過ぎない

自分の考え方は一貫して

「日本だけが侵略戦争をやったと文句をつけられる筋合いはない」

だよ

581 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 06:34:05.46 ID:kmW2Afz8O
自国を守るための戦争だったんだから、こんなの当たり前だよ。
田母神の主張は全くおかしくない。

日本は満鉄に割り込んできたシナと戦争してたんで、当初アメリカは全く関係なかった。
 
日系移民に雇用圧迫されて日系移民排斥法を作ったり、
極東の権益欲しさにオランダをそそのかして、日本への原油供給を止めさせたのはアメリカ白人。
日本を対米開戦するように仕向けたのは、アメリカ白人の無知で金権体質な御都合主義だった。
 
その証拠に、戦後の極東世界はアメリカの思い通りになったか?
朝鮮半島北半分もシナも、ベトナムもカンボジアも内モンゴルも、み〜んな共産化したじゃないか。

田母神の発言を異常視する論調こそ、戦後GHQがマスゴミや教育界に送り込んだ社会共産主義者によって擦り込まれてきた捏造常識。
そんなものを日本人の良心や常識であるかの如く盲信する見識の無さが、
朝日新聞みたいなエセ新聞社を生き長らえさせてきたんだろよ。

582 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 06:34:22.73 ID:irbuxgab0
>>563
まあ、一応開戦目的として公式に表明してるし
敗戦とはいえ、そういう流れになってるけどね。

時間がたって、様々な側面から、客観的に、冷静に
考えられる時代になりつつあるとは思うけど、
まだまだ紛糾しそうだわな。

>歴史は戦勝国が作ります
負けないこと、勝つ事を至上考えるなら
聖戦云々というのは、ちょっと脇が甘いような
気がしないでもない。

まず田母神氏が勝ちあがらなきゃならないわけだし。

583 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 06:35:15.53 ID:T8OVhetc0
太平洋戦争はどう見てもアジア解放戦争です
侵略論を唱える輩はキリスト教カルトかシナチョン工作員

インドネシア独立戦争

日本軍からは3万丁以上の三八式歩兵銃、数百の野砲・トラック、食料、弾薬、軍刀など
多くの資材が独立派の手に渡った[15]。
日本に引き揚げずに独立派に身を投じた元日本兵は数千人に上った[1][16]。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%89%E3%83%8D%E3%82%B7%E3%82%A2%E7%8B%AC%E7%AB%8B%E6%88%A6%E4%BA%89


年表(地名のみは欧米から解放された旧欧米植民地)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%82%B8%E3%82%A2%E3%83%BB%E3%82%A2%E3%83%95%E3%83%AA%E3%82%AB%E8%AB%B8%E5%9B%BD%E3%81%AE%E7%8B%AC%E7%AB%8B%E5%B9%B4%E8%A1%A8
1941年 香港九龍市 ペナン島 マレー半島アロールスター 北ボルネオ(コタキナバル)
             フィリピンミンダナオ島ダバオ タイと攻守同盟を締結 ウェーク島 香港のイギリス軍降伏

1942年 ルソン島マニラを無血占領 マレー半島クアラルンプール ニューブリテン島ラバウル
             バリクパパン マレー半島ジョホールバル シンガポール北東のウビン島
             スマトラ島パレンバン シンガポールの英豪軍が降伏 蘭領東インドジャワ島スラン
             ジャワ島バタビア(現ジャカルタ) 東インドのオランダ軍降伏 
             英委任統治領ニューギニア島ラエとサラモア(東部ニューギニアの戦い)
             ビルマ(現ミャンマー) ラングーン(現ヤンゴン) ビルマ中部マンダレー
             ソロモン諸島ツラギ 英領ビルマのアキャプ占領、ビルマ制圧完了
             米領フィリピン・コレヒドール島 ミンダナオ島 米アリューシャン列島キスカ島アッツ島
             フィリピン全土 インドで反英暴動 

1943年 フィリピン独立を許可 ボースがシンガポールで自由インド仮政府、英米に宣戦布告
             

584 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 06:35:23.97 ID:KqFV311t0
だいたい日本は「支那」と戦争してないしな。

シナ大陸には、日本は「匪賊の討伐」に行ったんだよ。

匪賊のうちには蒋介石の国民党も含まれる。
今の版図からチベットウイグルを除いたくくりを当時の支那とすれば、
そこには版図全域を統一支配する中央政府なんてものは存在しなかった。

匪賊掃討はシナ分割以来西洋列強の既定路線で、日本は再三にわたり
欧米から「おまえらも軍を出せ」と言われてきた。それを、
幣原外交がおかしな勘違いで尻込みを続け、欧米の不興を買っていた。これが事変前史。

585 :風老児 ◆ZPG/GcTAlw @転載は禁止:2014/08/08(金) 06:35:26.04 ID:Lp7KqbWy0
>>569 失礼

解放戦争

それは開戦時にはなかった構想であると思ってる
だが、日本の参戦により、アジア諸国に迷惑をかけたが、結果的にアジア諸国は独立を果たしたのである
これ日本のお陰である

日本の参戦なければ、アジア諸国はそのまま欧米列強の植民地のままであったはずである
後からなら何とでも言える
結果をよく見てみなさい
あの頃のアジア諸国の悲惨な状況をよく勉強してごらん
夢・空想では駄目ですよ、あんた

586 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 06:35:37.56 ID:/VkbEdaH0
なんでシナで起きていたテロ行為に触れないんだろ
シナは無法地帯だったんだよ
関東軍が無視できないレベルのな

587 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 06:35:42.24 ID:eNvAlMn+0
 今次大戦で310万人もの同朋が亡くなったんだぞ



このキチガイ右翼を殺しておかないと 
  又戦争を起こして何百万もの同朋を死に追いやる事になるぞ



こいつとこいつの家族だけ聖戦の名の下に殺して置けよ

588 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 06:36:32.43 ID:T8OVhetc0
1945年 米軍大空襲・・・東京 名古屋 大阪 神戸 横浜 台北 静岡 仙台 宇都宮 北海道 平塚 福山
             原爆投下・・・広島 長崎
             (大東亜戦争)終結
             ソ連軍が北方四島の占領を完了
              ベトナムがフランスから独立
1946年 フィリピンが独立 
1947年 インドとパキスタンがイギリスから独立。
1948年 スリランカ(セイロン)がイギリス連邦の自治国として独立  ビルマ連邦がイギリスから独立
1949年 インドネシアがオランダから独立

1950年代

フランスが1954年までに東南アジア地域からほぼ撤退。
イギリスは第二次中東戦争で中東における影響力が低下。

1953年 ラオスがフランスから完全独立  カンボジアがフランスから独立
1954年 フランスがベトナムから撤退
1955年 バンドン会議(第1回アジア・アフリカ会議)
1957年 マレーシアがイギリスから独立

1960年代

1960年はアフリカの年と呼ばれ、多くの国がヨーロッパ宗主国から独立した。
また、同年12月14日に国際連合総会において植民地独立付与宣言が可決された。
しかし、ポルトガル領など依然、植民地のままの地域もあり独立運動が起こった。

1965年 インドがポルトガルからゴアを奪還

1984年 ブルネイがイギリスから独立
1994年 パラオがアメリカから独立

(バカ →) <#`O´>「それでも日本は侵略者イムニダ!!!」

589 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 06:36:34.40 ID:JyuVr5XN0
まあ、日本軍がやったことは、点と線

590 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 06:37:15.43 ID:gRn2iUkK0
>>573
>日本の戦争指導者たちの考えが稚拙で、間違っていた部分があったとしてもだ
>26ヶ国が日本に宣戦布告してきたあの戦争を戦わずして大人しく軍門に下った方が
>よかったというのか?
即降伏するみたいな極論だとしても
自国民の死者数はうんと少なかったんじゃね

591 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 06:37:29.25 ID:7r31F31B0
>>573
満州国、リットン、連盟。この時期。
名を捨て実をとるべきだった。
>>侵略戦争を仕掛けてきたアメリカ合衆国
仕掛けてません。
>>原爆落としたアメリカ合衆国は正しかった
不必要でしたがね。ポツダム宣言後の黙殺発言、翻訳問題などもあり、
米国の立場も一応は理解しますが、虐殺と非難します。

592 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 06:37:45.63 ID:nhUakhvB0
>>569
>アジア諸国を過小評価し貶す

無力という解釈でいいと思うけど。
親と子では対外的には親がメインプレイヤー。
軍隊が実績を上げるときには国民ではなくて軍隊がメインプレイヤー。

アジアは無力だったし、君が気に入らなかろうが事実だろう。
未来形で大人になって、「将来のイベント」でこれらのアジアが貢献すればいいのであって、
今の時点で大東亜戦争での彼らの貢献を認めよ、とかの君の主張は認める必要が無い。

593 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 06:38:02.07 ID:I8ugChy80
人種平等
植民地解消

人類史的には十分に聖戦だったなあ。
まあ、戦後を幼稚な米国が牛耳ったせいで「哲学」などは進歩しなくなったが、
それも、現実的になって良かったかもしれない。
「形而上」とかいったらすぐ騙されるからな

594 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 06:39:30.80 ID:CWssgnfS0
若者を人殺しに導こうとする元航空幕僚長
こういう奴がエリート公務員だったのかと思うとゾーっとする

我が国のエリートシステムはこういうクズ野郎を作り出している
欠陥システムは改善すべき

595 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 06:40:18.18 ID:/VkbEdaH0
>>591
日本の憲法を変え教育、マスコミ、労働、宗教、歴史などなど
全部変えたアメリカはどう考えても侵略国家、侵略戦争

596 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 06:40:23.39 ID:674Jqpvr0
工作しても無駄だと思う
もうかなりの人数が事実を知っちゃってるしさ

田母神さんはズバッと言い過ぎて自国を自賛してるように見えるかも知れないけれど、言ってる内容は正しいよ

597 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 06:40:42.09 ID:2kqHH1i10
また、次世代の党かなんかで選挙に出た時、
過去にこんなこと言ってましたって、上げ足とられて
攻撃されるんじゃないの?

社民や共産あたりに。あるいは民主か

598 :風老児 ◆ZPG/GcTAlw @転載は禁止:2014/08/08(金) 06:40:49.79 ID:Lp7KqbWy0
大東亜戦争開戦目的・大義名分

1、独立自尊
2、アジアの解放
これです

欧米列強の侵略の手から祖国を守るためにやむなく開戦した
アジア同胞と仲良く手を結ぶために、植民地政策の白人国家を追い出すための戦いであった

これが「聖戦」といわれる所以であります

599 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 06:40:58.05 ID:9JmFz9Xpi
ツイッターがバカ発見器というのを再確認した
やっぱこいつバカだわw

600 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 06:40:59.48 ID:IdgP5DMv0
さすがにやりすぎ

601 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 06:41:06.86 ID:G7Fn3ANV0
やっぱりこいつ落選して良かったと心底思う

602 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 06:41:22.13 ID:T8OVhetc0
<丶`∀´>
「若者を人殺しに導こうとする元航空幕僚長
 こういう奴がエリート公務員だったのかと思うとゾーっとする」

このほうがわかりやすいな

603 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 06:41:53.59 ID:7r31F31B0
>>595
ウォー・ギルト・インフォメーション・プログラム(笑)

文芸評論家の江藤淳が『閉された言語空間』(1989年)において、
この政策の名称がGHQの内部文書に基づくものであると主張し
江藤の支持者らが肯定的にこの名称を使用している

しかし、この内部文書そのものは江藤らによって『公開されておらず』、
実在するかどうか明確ではない。

秦郁彦は、米留学中の江藤の体験談を引用しながら、江藤が「日米関係にひそむ
『甘えの構造』に早くから気づいており、それを最大限に利用していたようだと指摘。
江藤の論は「アメリカ製の公文書を引き合いに、陰謀の『証拠固め』に乗り出した」
「相手が中国や朝鮮半島であれば厄介な紛争を招きかねないが、アメリカ
なら聞き流すか笑いにまぎらすだけ」の「陰謀説」であり、このような
「(日米の協調と同盟の関係を)対米従属と見なし、『甘えても怒られない』
(怒ってくれない)のを承知の上で反発する論調」は今後も絶えないだろ
うと述べている

604 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 06:42:20.67 ID:nWFK7OER0
意図がどうであれ、向こう側から見れば侵略だろう

605 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 06:42:28.07 ID:Gb35XMdY0
>>574
俺は無いけど

606 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 06:42:37.81 ID:irbuxgab0
>>594
敵として他国人と争うのはNGで
後ろから日本人を刺すのはOKといってるようなもんだな。

自滅に導こうとする狂信者を言うなら
左翼の方がひどいと思うね。

そういうのがエリート然として大手マスメディアの
中枢にいるほうが恐ろしいだろ。

607 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 06:42:48.26 ID:cFl429AW0
>>575
ってことは、ピンとこないアジアというイメージなのに、大東亜なんちゃら言ってたのか。
やっぱり当時の奴はファンタジー入ってたのか、夢想してたのかね、アジアに。
脱法ドラック級だな。

608 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 06:43:08.04 ID:YqsCOfra0
綺麗事はどうでもいい
勝てば官軍
負けたらダメなんだよ

609 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 06:43:09.00 ID:bXDtTpEI0
>大東亜戦争は聖戦

この言葉に少しでも違和感を感じたら頭に日教組の毒が残っている証拠です。

610 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 06:43:15.43 ID:/VkbEdaH0
>>594
ねぇねぇ、日本は悪い国だという自衛官
日本は良い国だと言う自衛官のどちらを信用できる?
俺は日本は良い国と言う自衛官だけどな

611 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 06:43:20.61 ID:3TdMRBQX0
いつも正論じゃん 「持論を展開」って書くの、嫌らしいわ

612 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 06:43:37.94 ID:nhUakhvB0
>>598
ウヨ的肯定論・・・侵略者を追い出す
サヨ的肯定論・・・侵略者側もプレイヤー

613 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 06:43:54.29 ID:ygLJXwrj0
>>585
あんたはさっきから何も根拠を言っていないじゃないか

日本が参戦しなかったらアジア諸国が独立できなかったという根拠なんて何もないし
あなた自身もその根拠についてこれまで全く触れられていない
そうであったに違いないと言う願望を何度も繰り返してるだけじゃないか

あんたもそうだが当時の日本の戦争の意義を過大評価している層は基本的な史実を
全く押さえていないしそういう願望とも取れる感情論ばかり垂れ流してる
このスレでもいまいち旗色が悪いのも結局は無しについてこれなくなってるから
にしか見えないんだが

日本には日本の歴史があったように列強もアジア諸国も歴史の主人公だった
アジア諸国も独立の機運の中で抵抗運動を続けていたし,機が味方してドイツの力による
列強の影響力縮小もあった
日本は開戦後に現地で限定的ではあっても影響力が小さくとも活動を行った
多くは失敗に終わり今も禍根を残しているが,うまくいったものは今でも感謝されている

それで十分じゃないのか?
なぜそれを拡大解釈して「俺たちが解放させてやったんだ」「解放戦争だったんだ」
などと言わなきゃならない理由があるんだ?おかしいだろ?
そういうメンタリティがとても日本的とは思えない

614 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 06:43:57.81 ID:irbuxgab0
>>608
だから、負け戦を単純に聖戦と言うのは
いかがなものか、という主張も出てくるのは
仕方あるまい。

615 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 06:44:28.15 ID:0xeWZD/bO
日本は言論の自由の国家だから田母神氏の様な意見をもっと発信して欲しい。
今まで反日的意見は耳たこで拡散されたが、この様な意見は全く無視された。

616 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 06:44:30.02 ID:6/NNyStx0
こういうバカが増えたから日本ダメになってきたんだよな

617 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 06:44:42.18 ID:KqFV311t0
>>589
違う。蒋介石が点と線なんだよw

毛沢東もそう。あいつらは、小さい豪族が治めていた村を襲撃し、
略奪強姦で住民半殺しにした後に、
「この井戸は俺らが掘ったと子供に教えろ。井戸を掘った人を忘れるなとな。
妙な真似したらその井戸に突き落とすからよく覚えておけ」
と言い残して次のえさ場に移動し、今に至るまでその言い伝えが残って
日本でも頻繁に「中国古来のありがたい格言」として報道されているw

618 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 06:44:47.08 ID:T8OVhetc0
>>596
アジアで未だに日本を帝国主義扱いしているのは
特定アジアのバカどもくらいだろう
まともなアジア諸国は、昔から解放戦争として正しく認識している

特定アジアと区別して、
「正義アジア」と呼称申していいくらいだ

619 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 06:44:51.81 ID:gRn2iUkK0
>>595
仮にそうだったとしても
WW2の日本はまず自国民死なせすぎだろう

620 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 06:45:05.27 ID:cRpk6I1c0
日本は言論の自由が保証された国なので結構だと思います

621 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 06:45:24.10 ID:/k8M9XZA0
>>598
1はともかく、2は帝国政府自身がアジアの占領地を植民地にする気満々だったのと、
アジアの各独立政府との協定を守る必要なしの態度でほとんど履行したことがなく、
最終的に独立指導者たちに「日本は信頼に値せず」の烙印おされて宣戦布告されてるし、
そもそも東南アジアの各国から「日本は欧米と同じ侵略者」と位置づけされてる時点で
大間抜けもいいところだけどな。
自分たちで聖戦と息巻いてても、実態は全然違う。

622 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 06:45:59.60 ID:irbuxgab0
>>613
自国において解放戦争だったという解釈を持つことと
他国に理解を強要するのは別の話だろ。

そういうことやる隣国人なら
そういう解釈はデフォだろうが。

623 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 06:46:40.45 ID:vFpewmRP0
日本が正義だったとは思わないが
アメリカが完全悪だったのは間違いない

624 :風老児 ◆ZPG/GcTAlw @転載は禁止:2014/08/08(金) 06:47:54.62 ID:Lp7KqbWy0
>>591 返信

もすこし勉強してもらいたい
昭和13年 アメリカ合衆国の新オレンジ作戦
昭和16年 米英合同・レインボー5号作戦
などなど、日本を干上がらせるために続々と侵略構想を練り、実行したではないか
ABCD+A包囲網はその仕上げであるよ

だいたい、君は侵略の意味が全然解っていないようだな
米国が日本に戦争を仕掛ける遠因は、ハリマンの恨みに端を発し人種差別を徹底するものであった
こういうこともわかっていないんだな

625 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 06:48:13.23 ID:cRpk6I1c0
>>619
ABCD包囲網で兵糧攻めされたんだからしょうがない
生殺与奪を握られ、お前ら日本民族に主権などない白人様に従えと迫られたんだ
そりゃ文字通り皇国の存亡を賭けて討って出るしかない
窮鼠にされたんだ

単に自国民がたくさん死んだという結果から物事を見るのは平和ボケだ

626 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 06:49:56.66 ID:T8OVhetc0
白豚どもは見下してきた国家国民を
好き放題いじり倒して
さぞご満悦だったろうな

ま、数十年後にはその白豚の末裔に報復が向かうのは
言うまでもない

627 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 06:50:06.78 ID:KqFV311t0
だからシナというのは昔からそしてほとんど現在も、
田舎に行けば中央政府とほとんど何の人的繋がりもないような
ただのヤクザが、狭い地域を生かさず殺さずで仕切っているような
国なんだよ。日本はその支那を行軍しながら、地域に農業や土木を教えて
文明のありがたみを広げていこうとしてたんだよ。ぜんぜん戦争なんてもんじゃなかった。
だって敵軍いないんだからw

628 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 06:51:12.80 ID:PRWYlyLB0
>>1
最初期待していたけどこんなこと言い出すならいよいよおしまいだな

629 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 06:51:23.36 ID:cRpk6I1c0
>>621
>アジアの占領地を植民地にする気満々
自治政体を回復させ、人材を派遣して指導教育し、自国民の軍隊の再編と
やはりその教育、そして一般教育と産業の回復までしたのに
それを「植民地」と呼ぶのか? それって当時の価値観で植民地と呼ぶか?
白人が言うところのあ「植民地」がどんなものか知っていっているのか?

>各独立政府

そもそもそんなものがある植民地がそれまで白人の植民地にあったのか?

630 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 06:51:40.35 ID:ygLJXwrj0
>>622
自国で解放戦争だったと言う解釈をするなら尚更それは成り立たない
だってそもそも当時の日本の戦略要綱にはっきりと植民地化する旨が明記されてたんだから
結果論としても本当に植民地解放に影響力が大きかったのは圧倒的にドイツの方だしな

「日本だけが侵略戦争していたというのはおかしい」には大賛成だが
「日本の力無しにアジア諸国は独立できなかった」「解放戦争だった」というのは明らかな誇張

最初から無理がありすぎてこじつけでしかなく,解放戦争だと解釈しようがない
できないものはできないってことだよ

631 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 06:51:42.20 ID:nixTKBX90
たもちゃんGJ

632 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 06:52:01.72 ID:/k8M9XZA0
>>624
日中戦争やってる真っ最中なのに、
さんざん警告されたにも関わらず上海に兵を入れて英仏を突くからだろ。
あれ、軍の暴走さえなければ防げたんだけど。

633 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 06:52:21.00 ID:Jj/Kjloji
相変わらずバカで安心した

634 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 06:52:23.97 ID:iImISmwc0
>>623
正確に言うとアメリカ政府の中で暗躍した共産スパイが悪

635 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 06:52:27.13 ID:7r31F31B0
>>624
>>新オレンジ作戦
当然です。対日本に特化しなくていいです。他の作戦もあったでしょ。
今の防衛大綱のようなもんですよ。
>>ABCD+A包囲網
個別の制裁を日本がABCDと包括して呼んだだけですよ?
>>人種差別を徹底するものであった
妄想の域をでませんね。権益、国益の追求が主因ですね。

636 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 06:52:47.62 ID:C4oz4Zv20
>>627
現在の中国は建国たったの60年で世界のトップの躍り出たのです。
亜細亜諸国は見習うべきでしょう。旧敵だったモンゴル・チベットとも同化しました。
中華圏は更に広がるでしょう。抵抗は無意味です

チベットは原始的宗教国家でした。毎年若い女や子供を神の犠牲に捧げたのです。
それを解放したのが我が人民解放軍でした。
中華人民共和国は原始的風習・生活を改めさせ、鉄道も敷き、近代的な住居も与え、
人口は格段に増えたのです。これを侵略と言えるのでしょうか

637 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 06:53:09.71 ID:T8OVhetc0
朝日新聞時代の「本多勝一」氏の捏造写真

また、『本多勝一全集14』の『中国の旅(南京編)』では「ヤギや鶏などの家畜は、
すべて戦利品として日本軍に略奪された(写真;南京市提供)」とキャプションをつけて写真を掲載。

しかしこの写真は、『朝日版支那事変画報』にて掲載された
「民家で買い込んだ鶏を首にぶら下げて前進する兵士」という
日本側が撮った写真であったことが示されている。

画像
ttp://ccce.web.fc●2.com/imgna/na04.jpg
要●削除

南京大虐殺を捏造した朝日新聞と協力した日本社会党
ttp://ccce.web.fc●2.com/nan.html
要●削除

「捏造南京」 たかじん委員会 東中野教授

5分動画
ttp://www.dailymotion.com/video/x10hgri_%E6%8D%8F%E9%80%A0%E5%8D%97%E4%BA%AC-there-is-not-valid-photo-to-prove-the-existence-of-nanking-inceident-at-all_news

30分動画
ttp://www.youtube.com/watch?v=QD-rjYcL4xI

638 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 06:53:48.35 ID:AeH07XGQ0
>>580
>アメリカが何も非が無いとまでは言ってない

アメリカが諸悪の根源だ。
アメポチはこの程度の認識だから困るんよww

639 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 06:54:28.52 ID:irbuxgab0
>>630
全土を植民地化するなどとかいていないはずだが。
米は日本を占領し、沖縄を統治したが、米は日本に対して
侵略戦争したということで?

慰安婦コピペ君はこういう地味な誘導もするから
侮れないね。

640 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 06:54:46.78 ID:nhUakhvB0
>>626
報復は多分ないよ。
西洋植民地自体、新しい価値を見つけたから流布して押し付けようという
一つの時代精神が入っての行為だからな。

アジア側がそれに匹敵するものを見つけたら逆行もあるだろうが、まず無理だろうし、
感情的生理的なだけの仕返しには意味が無いからな。

641 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 06:55:50.50 ID:4WMVZzsC0
>>630
アジアの首脳たちが日本のおかげで独立出来たとみんな言ってんだよw
どんだけ情弱なんだよ。
その言葉を受けての田母神さんの持論なんだ。

642 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 06:55:57.16 ID:gRn2iUkK0
>>625
その賭けに負けたんじゃないの
なら適当なところで切り上げとけばよかったと思うのは変じゃなくね

643 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 06:56:02.31 ID:/k8M9XZA0
>>629
インドでの植民地政策を真似てるんだから
産業の育成や教育、インフラ整備くらいするよ。
あと、現地の元王族とかの厚遇とかな。

明確に植民地って呼ぶよ。

644 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 06:56:51.52 ID:irbuxgab0
>>641
ごめん。
出来ればソースが欲しい。

645 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 06:57:25.85 ID:cRpk6I1c0
>>630
はあ?
>「日本の力無しにアジア諸国は独立できなかった」「解放戦争だった」というのは明らかな誇張

日本敗戦後にインドネシアもインドシナも白人による再侵略を受けてますが?
1970年代までやってたベトナム戦争はそもそも遡れば戦後のフランスによる
インドシナ再侵攻に端を発したものでしょうが
白人による東南アジア侵略植民地主義は戦後もしっかり続いてたわけだよ

これを跳ね除けることが出来たのは明らかに日本が現地に軍隊を作り民族自決の
概念を教育したからでしょ。日本の力なしにアジア諸国が独立できなかったのは
明らかな事実なんだよ。なにいってんだか

646 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 06:58:04.36 ID:7r31F31B0
>>641
アジア各国の教科書には書いてませんね。

647 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 06:58:10.14 ID:VvQc3K0a0
>>574
天孫族がたまたまアジアに住んでるって感じだな

648 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 06:59:10.65 ID:ygLJXwrj0
>>639
さっきから慰安婦コピペがどうの言ってるが何なの?

日本は当時の大東亜政略指導大綱の中でフィリピンとビルマ以外のすべてを植民地化
すると明記していたんですが?

米国は日本を侵略したかと言われればそうだろうね
そこに何も異論は無いけどそれがどうしたの?

649 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 06:59:12.87 ID:bg96TpQf0
なんで聖戦とか言っちゃうかな。
あの戦争を賛美するなら、歴史的に意義のある戦争だった、ぐらいに抑えとけよ。

650 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 06:59:13.60 ID:7r31F31B0
>>641>>646
アジア各国教科書の記述1
フィリピン 高等学校用「フィリピン国の歴史」(一九八一年版)
「日本軍の残酷さ−とくに地方での女性に対する邪悪な扱い−は、
多くの市民がゲリラになる要因の一つであった。ゲリラ活動の広がりを
危険視した日本軍は、フィリピン市民に対して残酷さをいっそう加える
ようになった。多くのフィリピン人は、有罪無罪を問わず捕らえられ、
サンディアゴ砦や、日本軍が接収し刑務所とした他の施設に送られた。
家に戻ることができた者にしても、不自由な身体となっていた。」

インドネシア 中学校用「社会科学・歴史科 第五分冊」(一九八八年版)
「当初、日本軍の到来はインドネシア民族に歓迎された。インドネシア
民族は、長く切望した独立を日本が与えてくれるだろうと期待した。
どうしてインドネシア民族は、このような期待を持ったのだろうか。
それは日本がやってきてまもなく、つぎのような宣伝を展開したからである。

−日本民族はインドネシア民族の「兄」である。日本がきた目的は、インド
ネシア民族を西洋の植民地支配から解放することである。
−日本は「大東亜の共栄」のために開発を実施する。

その実体はどうであったか。日本時代にインドネシアの民衆は、肉体的に
も精神的にも、並はずれた苦痛を体験した。日本は結局独立を与えるどこ
ろか、インドネシア民衆を圧迫し、搾取したのだ。その行いは、強制栽培と
強制労働時代のオランダの行為を超える、非人道的なものだった。資源と
インドネシア民族の労働力は、日本の戦争のために搾り取られた。」

タイ 中学二年生用 社会科教育読本「歴史学 タイ2」(一九八〇年版)
「タイ人の多くは、日本がタイを占領し、横行することに不満を感じて
いた。タイ人グループの中には、日本と同盟関係を持つという政府の方針に
反対するものもあった。これら一般民衆グループには、連合国から遣わされ
たリーダーがいたものと思われる。(後略)
 在英タイ人留学生の大部分は運動(註:自由タイ運動、反日独立
運動のこと)に参加し、イギリス政府の援助を受けた。
アーナンタ・マヒドーン王の名代であるプリディ・パノムヨン摂政は、
タイ国内に抗日地下部隊を設立した。そしてアメリカやイギリスの自由タイ
運動と連絡を取り、様々な行動を起こした。例えば、日本の兵力や動向に
関する情報を連合国側に提供したり、破壊行為によって日本の通行を妨害
したり、また、日本兵を拘引したりして連合国を援助した。」

ベトナム 十二年生用 「歴史 第一巻」(一九八四年版)
「インドシナに足を踏み入れて以来、ファシスト日本のあらゆる経済
活動は、直接的にあるいはフランスを通じて間接的に、略奪戦争を遂行す
るため、資源や食料をできる限り多く獲得することであった。(後略)
 もう一つの非道な政策は、日本への供出用と戦争の備蓄用とのために、
食料、とくに米の強制かつ廉価な買いつけをしたことである。この非道な
政策こそ、市場における深刻な食糧不足をもたらし、一九四五年初頭の
数ヶ月の間に、北部で、二〇〇万人以上のわが同胞が餓死した直接の原因
となった。」

651 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 06:59:32.17 ID:w/GG5rBp0
>実は戦前の日本は皆が安心して暮らせる超安心社会だったのです

うちのばっちゃがいうことには、今以上に貧富の差があって貧乏人が多くて
今以上に台風がきたらしょっちゅう水浸しの被害にあうところがいっぱいあったってさ
今みたいにインフラ整備されてなかったしダムも作られてなかったからね
田母神は昔の日本を美化しすぎw

652 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 06:59:47.83 ID:uW3aibYh0
危険人物 たもさん。都知事にならなくて本当によかった人。
ます添より何、失言するかわかったもんじゃない(笑)

653 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 07:00:37.76 ID:nhUakhvB0
>>630
592で書いた通り。現実の力配分として日本の主導性に帰してよい。
卑下のためのサヨ的否定論は、正しくは無いと思う。

654 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 07:01:16.01 ID:cRpk6I1c0
>>642
逆。切り上げるには勝たねばならなかった
勝って切り上げる気だった。そんなことすらわかってないで批判してんのかよ

それにそもそもアメリカは切り上げる気なんかなかったんだよ
日本は明らかに被害者で、あれは自衛戦争だ

>>643
民族自決の教育をし、日本と同レベルの教育をし、自国軍隊なんか作ったのかねw
産業の育成なんかしない。英国がやったのは自分たちに都合のいいプランテーションと
モノカルチャーによる産業つぶしだ。世界史で勉強しなかったのか

655 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 07:01:42.65 ID:7r31F31B0
>>641>>646
アジア各国教科書の記述2 
シンガポール 中学校初級用 「現代シンガポール社会経済史」(一九八五年版)
「一二三年間、シンガポールの人々は平和に暮らしていた。日本軍が
シンガポールを攻撃したとき、人々は戦争の恐怖を体験しなければならな
かった。日本軍が島を占領した三年半の間は、さらに大きな被害と困難な
状況が待ち受けていた。この時期は、日本軍占領時代として知られている。
(中略)シンガポールは昭南島(ショウナントウと発音)、あるいは
ショーナンアイランドと名前を変えさせられた。”ショーナン”は”南の光”
を意味する。しかし、この”光”は明るく輝くことなく、シンガポールの
人々は日本の支配下で彼らの生涯のうち、もっとも暗い日々を過ごした。」
「日本軍警察であるケンペイタイについては、恐ろしい話がたくさん
ある。「ケンペイタイ」ということばを口にすると、人々は心に恐怖の念が
打ちこまれる思いをもつことだろう。ケンペイタイは島全体にスパイをお
いた。だれを信じてよいのかだれにもわからなかった。スパイによって
日本軍に通報された者は、オーチャード通りにあるYMCAや、クィーン
通りにあるラッフルズ女学校といったケンペイタイの建物に連れて行かれた。
そこで彼らはあまりにもひどい拷問を受けたので、多くの者は自分の受けた
苦しみを人に告げることなく死んでいった。」

マレーシア 中学校二年生用 「歴史のなかのマレーシア」(一九八八年版)
「日本は、マレー人の解放獲得への期待を裏切った。日本人はマラヤを、
まるで自分たちの植民地であるかのように支配した。今度は彼らがイギリス人
の座を奪ったのだ。日本の支配はイギリスよりずっとひどかった。」
「日本がマラヤを占領したとき、彼らは中国人に対して、厳しく乱暴
だった。彼らはすべての中国人は反日であると疑っていた。シンガポール
を占領したのち、日本は数万人の中国人を殺した。
 マラヤの他の地域の中国人もまた、同じようにひどく扱われた。
疑いを持たれた人間はすべて捕まえられ、刑務所に入れられた。」

ミャンマー 八年生用 「ビルマ史」(一九八七年版)
「「独立」したとはいえ、ビルマ政府には本来あるべき権限はなかった。
ファシスト日本が許容した権限があっただけである。日本時代にもっとも強大な
権力を見せつけたのは、日本軍のキンペイタイン(憲兵隊)である。憲兵隊が
管轄し、処理する事柄については、階級の上下を問わず、いかなる日本軍将校も
口出しできなかった。一般の国民は、憲兵隊の思うがままに逮捕され、拷問され、
さらには虐殺されたのである。こうしたファシストの弾圧の結果、無法者から
学歴があまりない者までが、反乱への怒りの炎をたぎらせた。真の独立を望む声は
全土に広がった。民族、男女を問わず、僧侶も一般国民も、ファシスト日本に
反乱を起こそうという強い決意を抱くようになった。」

−参考− 日本 国定修身教科書 初等科六年用 「初等科修身4」(一九四二年版)
「すでに満州国は、輝かしい発展を遂げました。国民政府もまた支那で、
着々とその基礎を固め、タイ国も、東部インド支那も、日本と親密な関係を
結び、相たずさえて大東亜建設のために、協力しています。
 その上、わが戦果にかがやく南方の諸地方は、新生の光にあふれ、
マライや昭南島、ビルマやフィリピン、東インド諸島に輝く建設の音が、
耳元に聞こえて来ます。大東亜十億の力強い進軍が始まったのであります。
日本は、大きな胸を開いて、あらゆる東亜の住民へ、手を握りあうように
呼びかけています。日本人は御稜威(みいつ)をかしこみ仰ぎ、世界に本当
の平和をもたらそうとして、大東亜建設の先頭に立ち続けるのであります。」

「アジアの教科書に書かれた日本の戦争」(越田稜 梨の木社)より

656 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 07:01:50.35 ID:LgZpf5ro0
田母神ごときでなぜこののび

よっぽどサヨクや反日勢力につごうが悪いんだな

ってことはかなり正しいってことか

657 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 07:01:58.03 ID:AeH07XGQ0
>>604
アジア地域の住民から見れば解放だが、
欧米の植民地支配国から見れば侵略だな。

侵略? それがどうしたww

658 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 07:02:55.60 ID:PRWYlyLB0
東南アジアの方々が独立できたことを日本のおかげだって言ってくれるのはほんとありがたいことだけど
日本が南進したのは明らかに資源確保のため大東亜共栄圏というのはあくまで大義名分
それなのに日本人自ら開放するために〜なんて言っちゃだめ

659 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 07:03:17.66 ID:uAbj3Eup0
Independence parade of Indonesia
http://www.youtube.com/watch?v=4_eZxs4Ln8w

660 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 07:03:27.76 ID:QBCRW1fW0
戦前はまだしも、戦中は特殊な環境下ってのもあるが
ろくでもない国で間違っちゃ居ないだろ
ブラック企業顔負けの末端切り捨てをする無能特権階級とか
その傾向はまだ治ってないけどな

661 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 07:03:33.82 ID:Cc24l+XE0
そんなに聖戦って言いたいなら、一度ガザ地区を視察して、
空爆を体験して帰ってきてから言ってくれ。
まぁ、生きて帰れるかどうかはわからないけどなw

662 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 07:04:53.24 ID:irbuxgab0
>>648
>重要資源ノ供給源
については、帝国領として開発するとあるね。

戦争中に、重要資源ノ供給源を独立させて、共同開発するなんて
発想があれば狂気だろう。

ttp://ja.wikisource.org/wiki/%E5%A4%A7%E6%9D%B1%E4%BA%9C%E6%94%BF%E7%95%A5%E6%8C%87%E5%B0%8E%E5%A4%A7%E7%B6%B1
>「マライ」、「スマトラ」、「ジャワ」、「ボルネオ」、「セレベス」ハ
>帝国領土ト決定シ重要資源ノ供給源トシテ極力之ガ開発並ニ民心ノ把握ニ努ム

>米国は日本を侵略したかと言われればそうだろうね
違うだろ。
「侵略戦争」であるかというカテゴライズの話になるだろうに。

663 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 07:05:11.41 ID:mM/8BO2v0
馬鹿?
戦争のプロなのに聖戦とか頭おかしい
アレはデッチアゲの金儲けの為の戦争に決まってるだろ
戦争終わったら国民は地獄、財閥、天皇、特務機関は大儲け

664 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 07:05:39.20 ID:gRn2iUkK0
>>654
>逆。切り上げるには勝たねばならなかった
>勝って切り上げる気だった。そんなことすらわかってないで批判してんのかよ
そんな難しい話じゃなくて、不平等条約を飲んで敗戦すればよかったってことよ
実際ポツダム宣言を受け入れて敗戦したじゃん

>それにそもそもアメリカは切り上げる気なんかなかったんだよ
>日本は明らかに被害者で、あれは自衛戦争だ
自衛戦争だったと思うけど?

665 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 07:06:06.78 ID:AZ1vq1rO0
>>658
たとえ日本全体の流れとは違っても、現地の解放のために戦った日本人がいるのは確か。
ただ、そういう人は田母神さんのような人やそのシンパとは真逆の人だっただろうと思う。

666 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 07:06:27.07 ID:P2wek/YW0
外交で追い詰められた末の止むぬ止まれぬ戦争と言うなら
分かるが聖戦はねえわな

667 :風老児 ◆ZPG/GcTAlw @転載は禁止:2014/08/08(金) 07:06:30.60 ID:Lp7KqbWy0
>>613 返信

俺は、あの戦争は、結果的にアジア解放の戦争であったと言っている
しかし、それは開戦目的では第二義的なことである
結果的に、アジア解放の戦争であったと言ってきている
恩着せがましく「日本が独立させてやった」などと書いてきたか?
そういうような思い上がった考えなど一切ないぞ、俺は

具体的に言おうか
日本はフィリピン、ビルマの独立は早くから考えていた
開戦後1ヶ月後にしかならない昭和17年1月22日、東條首相は両国の早期独立を表明している
そしてその言葉通り、昭和18年8月にはビルマ、10月にはフィリピンの独立を認め、それと共に
両国における我が軍政は廃止されたのである
尤も、大東亜戦争に対しては両国とも日本の同盟国となったから、戦争遂行のために我が軍が駐留を続けたのは
当然のことである

668 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 07:07:05.55 ID:/0fX+2kH0
世間的にキティ扱いされることで真正面からマトモに相手されないようにしつつ、
お前らの強固な支持で飯を食っていく
なかなかの商売上手だわw

669 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 07:07:28.42 ID:aHxX+xRS0
仮に日本が悪でもアメリカも悪だけどな
笑えるのは平和に対する罪で日本、ドイツを叩いたくせに
戦後、戦争しまくり殺しまくりの米中ソ連
アメリカンジョーク(笑)

670 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 07:07:43.08 ID:T8OVhetc0
>>637
差し替え分です

30分動画 稼働中映像
ttps://www.youtube.com/watch?v=2jWD5qpYnlk

671 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 07:08:06.93 ID:l4WIEP8z0
http://shouwashi.com/img/shoku/ebisen.jpg
http://www.abc-labo.com/event/etc/rk01.jpg
http://www.csj.jp/archives/images/ammonia_plant.jpg
http://livedoor.blogimg.jp/onirik/imgs/4/b/4b84aaa7.jpg

672 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 07:08:16.27 ID:GG5aSlJM0
流石は根っからの憂国の志士、田母神閣下だよな
その通り、西欧列強から植民地支配されて苦しんでいた
アジア諸国を解放したのは日本国だったのだ、素晴らしい

673 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 07:09:05.20 ID:yV2EI/UL0
舛添でよかったわ
こんな聖戦とかいうやつはカルト
どうせ神風も美化すんだろ

674 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 07:09:49.43 ID:AZ1vq1rO0
太平洋戦争はアジア解放の戦争では無い。
日本はしなくても良いアメリカとの激突に向かうように誘導され、無駄な戦争をした。

軍部、政治家、そして民間。
そのすべてが愚かだった故に起きた戦争で、ただ実際に戦った人だけが民族自決の高潔な考えを抱けたというだけ。

675 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 07:10:14.32 ID:irbuxgab0
大東亜政略指導大綱については
(ロ)前号各地域ニ於テハ原住民ノ民度ニ応シ努メテ政治ニ参与セシム
ともあるわな。

「植民地」というのは本土と異なる方の適用される行政区分を指すから
「植民地」となるのは、まず確実だが
帝国領土として、恒久的に植民地になるとも限らない。

676 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 07:10:42.90 ID:AeH07XGQ0
>>623
面白い解釈だな、言い得て妙ww

677 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 07:11:01.17 ID:9JmFz9Xpi
こういう思考で自衛隊の指導的ポジションにいたことが怖すぎる
新興宗教の指導者にでも転職したらどうよ?w

678 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 07:11:13.65 ID:P2wek/YW0
戦争を過度に美化するのもどうかと思うが
顔真っ赤にして叩いてる連中も相当にキモくてカルト臭いなw赤いカルトだが

679 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 07:11:15.64 ID:o9MCgIod0
ジハード

680 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 07:11:32.76 ID:irbuxgab0
>>675 
×本土と異なる方の適用される行政区分
○本土と異なる法の適用される行政区分

681 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 07:11:35.30 ID:O2TBuxTvO
大陸なんてどうなろうが「支那に一切危害を加えてはいけません」って全く関わらなきゃ良かった
って思う時もあるしそういう意見も多いが
たぶん日本は無くなってるな

支那も属国が分割支配してるだろう

仙人が生きていけるほど人間界は甘くない

682 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 07:12:56.67 ID:7r31F31B0
>>667
横やけど。さっきのABCDやレインボー5号あたり。

7月2日の御前会議が肝やと思うよ 
ここへんは、俺は秦さんの参考にしとるからな。

検証・真珠湾の謎と真実 - ルーズベルトは知っていたか (中公文庫):
秦 郁彦 ↓

7月2日の御前会議で「情勢推移に伴う帝國國策要綱」で
「南方進出の態勢を強化す」「帝國は本号達成のため対英米戦を辞さず」
としていた。戦争への引き金はABCD包囲網ではなかった。

683 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 07:13:10.85 ID:aHxX+xRS0
で、君たちアメリカは正義の戦争だとでも思っているのか(笑)
アメポチの奴隷くん(笑)

684 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 07:13:27.58 ID:ygLJXwrj0
>>645
明らかな事実?当時のアジア諸国を一緒くたにしているからそういう事実に
基づかない勘違いが生まれる

日本が結果的に大きく貢献した成功例は実質的にビルマだけだと言っていい
現地で鍛えた住民が結果的に後に独立を勝ち取った唯一の例だよ
ベトナムでは結局民族主義者グループとの連携に失敗して貢献できなかった
ベトナムで現地人に戦いを教えてたのはアメリカのOSSだった
タイはもともと独立していてむしろ抗日運動の方が盛んだった
フィリピンの地では親米勢力が圧倒的で貢献どころでは無かった
マレーシアではアブドラ王を救出することで現地の支持を得た
インドはチャンドラの指導力のおかげで後の独立に繋がり日本はあまり手出しできなかった

そしてこれらすべての結果はドイツが大きく列強の力を削いでいたことが大前提だった
日本は限定的に貢献をし,結果を残せた部分もあったのは事実だが
「アジア諸国は日本の力無しに独立できなかった」というのは全てを一緒くたにして
オールオアナッシングで語る暴論に過ぎない
そもそも日本はもともとからして大東亜政略指導大綱でフィリピンとビルマ以外は
植民地化すると明記している時点で解放するつもりは無かったのだから解放戦争だったとか
言うのはナンセンスだろ
仮に戦争に勝っていたとして,結局植民地化した国々を後に本当に解放させたかなんて
今となっては歴史のIFになってしまうからわからないんだぜ?

685 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 07:13:50.63 ID:T8OVhetc0
>>640
ムリ

アジアが経済成長したら
間違いなく報復が始まる

西洋は謝罪と賠償の2択しかない

>>657
オレたちの爺さん一同は
正しいほうに味方しただけだわな

686 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 07:14:22.14 ID:AZ1vq1rO0
>>678
戦争を聖なるものとして捉えるような考えの持ち主は、左翼や右翼というより
誇大妄想持ちのオカルトな人だろ・・・。

687 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 07:15:25.49 ID:w/GG5rBp0
世界の歴史なんてお互い侵略のしあいなんだから
そこまで何年も何年も卑屈に反省する必要はないとおもうけどね
偉大すぎる侵略者なんかは逆に英雄視や英雄譚にされてるくらいだし
毎年この時期になったらしんきくさい番組ばかり流すのやめてほしいわw

688 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 07:15:26.25 ID:GG5aSlJM0
流石は根っからの憂国の志士、田母神閣下だよな、その通り
西欧列強に植民地支配されて、虫けらの様な扱いを受けて苦
しんでいたアジア諸国を解放したのは有色人種で只一国敢然
と列強に戦いを挑んだ日本国だけだった結果的にアジアは
解放されたのだ、素晴らしい歴史じゃないか

689 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 07:15:28.66 ID:aHxX+xRS0
>>677
日本は悪の国なんて言う自衛官の方がおかしいだろ(笑)

690 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 07:16:31.93 ID:sKcnQCML0
この愛国キチガイにいいたいことは山ほどあるが

300万人が死んだ戦争の責任は?

「治安維持法」
戦争に反対した小林多喜二をはじめ多くの人が、虐殺・獄死させられ、何千何万人もの人が長い間投獄され大事な青春を奪われ、家族まで白い目で見られ迫害されました。
国文社「図説・国民の歴史20」より

かつての自民党の党内研修用教科書「ひとり共産党は終始一貫戦争に反対してきた。従って共産党は他党にない道徳的権威を持っていた」

@toshio_tamogami
「弱者救済が行き過ぎると社会はどんどん駄目になります。
国を作ってきたのは時の権力者と金持ちです。
言葉は悪いが貧乏人は御すそ分けに預かって生きてきたのです。」

691 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 07:16:38.19 ID:AZ1vq1rO0
旧日本軍、そこに召集された人々は、確かに現地の人と共に民族自決、民族自立のために戦った。
彼ら自身には何の見返りも無いのにだ。
インドネシアやインドが感謝しているのはその高潔な精神であって、日本の行いそのものでは無い。

692 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 07:16:55.70 ID:6hKjd9QP0
>>4
笑えるぜ、手めぇ等の特徴じゃん。
自己分析は正確だが人格障害。

693 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 07:17:03.97 ID:T8OVhetc0
長文で大論議が続いているけど
結局、金が無いと
名誉挽回は夢のまた夢

口よりも仕事と体で頑張ろう



<丶`∀´>
「舛添でよかったわ」

694 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 07:17:09.95 ID:PJ2d3J69O
朝日新聞の悪行は百年遡って検証する必要がある

695 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 07:17:58.96 ID:aHxX+xRS0
君たちは馬鹿だから
自衛官に日本は悪の国と言えと
主張しているわけだ(笑)
アホだな

696 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 07:18:01.05 ID:AeH07XGQ0
>>674
>太平洋戦争はアジア解放の戦争では無い。

太平洋戦争はアジア植民地化の戦争だ。
大東亜戦争はアジア地域の住民を植民地から開放するための戦争だ。

697 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 07:18:02.41 ID:WU/VOqfo0
こいつ戦前も戦中も見てないのによくここまで適当なこと言えるよな。
物資の面でも人権面でも今の方が明らかに上なのに、昔の方がよかったっていう根拠はなんなのか。

698 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 07:18:16.54 ID:2M2Z4asB0
そもそもあの戦争を聖戦と捉えるならば
良く批判される近衛や松岡は日本を聖戦へと導いたとして
評価しなくならなければならなくなるのだが・・・
そして対米開戦を避けた方が良いと考えてた人達(昭和天皇含む)を
大批判しなければ主張の整合性は得られない。

699 :風老児 ◆ZPG/GcTAlw @転載は禁止:2014/08/08(金) 07:18:20.14 ID:Lp7KqbWy0
>>654 横からすみません

>それにそもそもアメリカは(早めに)切り上げる気なんかなかったんだよ

これ大正解
その理由は、原爆を必ず日本に投下し終えるまでは降伏させてはならなかったのである
その理由は、23億ドルの巨費をかけて研究・開発してきた原爆を使用せずに戦争が終わってしまったなら
米国はたいへんなことになる
「宝の持ち腐れ」となり、巨大な予算を陸軍工兵隊の中に隠して置けなくなり、首脳陣100人くらいの首が
飛んでしまうという恐ろしい事態になってしまう
これが一番の理由である

「原爆を日本を投下し終えるまで絶対に降伏させるな!」であります
その結果、トルーマンとバーンズは「ポツダム宣言のからくり」をやったのです
日本はまんまとのそのからくりに騙され、受諾を原爆投下時期に間に合わせてしまったのでした

700 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 07:18:26.94 ID:irbuxgab0
>>684
論点変わってるじゃん。
君、要するに、日本が解放に寄与したってな主張を
認めないってスタンスだろ。

慰安婦コピペじゃなくても安重根コピペでも良いけどね。
ロジックが同じで、解放じゃない云々てな主張も毎度同じだしね。

違うならいいよ。
同一人物でも今日のIDからは分からないしね。

701 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 07:18:29.77 ID:nhUakhvB0
>>685
なんだ君は朝鮮人なわけね。

702 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 07:18:59.40 ID:AZ1vq1rO0
>>689
論点ずらしの極論だな。
戦争を正義か悪かの視点で語る時点で国防を担う者として資質に欠けるんじゃないか?
戦国時代から一貫して、日本は平和を築く為に戦ったのであって、聖なる戦争のために戦ったのでは無い。

703 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 07:19:02.88 ID:Ny22wwwi0
戦争屋ジャップ、犬性ジャップ、カルト集団ジャップ、自己中集団ジャップ、名誉白人ジャップ、
戦争屋ジャップ、犬性ジャップ、カルト集団ジャップ、自己中集団ジャップ、名誉白人ジャップ、
戦争屋ジャップ、犬性ジャップ、カルト集団ジャップ、自己中集団ジャップ、名誉白人ジャップ、
戦争屋ジャップ、犬性ジャップ、カルト集団ジャップ、自己中集団ジャップ、名誉白人ジャップ、
戦争屋ジャップ、犬性ジャップ、カルト集団ジャップ、自己中集団ジャップ、名誉白人ジャップ、
戦争屋ジャップ、犬性ジャップ、カルト集団ジャップ、自己中集団ジャップ、名誉白人ジャップ、
戦争屋ジャップ、犬性ジャップ、カルト集団ジャップ、自己中集団ジャップ、名誉白人ジャップ、
戦争屋ジャップ、犬性ジャップ、カルト集団ジャップ、自己中集団ジャップ、名誉白人ジャップ、
戦争屋ジャップ、犬性ジャップ、カルト集団ジャップ、自己中集団ジャップ、名誉白人ジャップ、
戦争屋ジャップ、犬性ジャップ、カルト集団ジャップ、自己中集団ジャップ、名誉白人ジャップ、
戦争屋ジャップ、犬性ジャップ、カルト集団ジャップ、自己中集団ジャップ、名誉白人ジャップ、
戦争屋ジャップ、犬性ジャップ、カルト集団ジャップ、自己中集団ジャップ、名誉白人ジャップ、
戦争屋ジャップ、犬性ジャップ、カルト集団ジャップ、自己中集団ジャップ、名誉白人ジャップ、
戦争屋ジャップ、犬性ジャップ、カルト集団ジャップ、自己中集団ジャップ、名誉白人ジャップ、
戦争屋ジャップ、犬性ジャップ、カルト集団ジャップ、自己中集団ジャップ、名誉白人ジャップ、
戦争屋ジャップ、犬性ジャップ、カルト集団ジャップ、自己中集団ジャップ、名誉白人ジャップ、
戦争屋ジャップ、犬性ジャップ、カルト集団ジャップ、自己中集団ジャップ、名誉白人ジャップ、
戦争屋ジャップ、犬性ジャップ、カルト集団ジャップ、自己中集団ジャップ、名誉白人ジャップ、
戦争屋ジャップ、犬性ジャップ、カルト集団ジャップ、自己中集団ジャップ、名誉白人ジャップ、
戦争屋ジャップ、犬性ジャップ、カルト集団ジャップ、自己中集団ジャップ、名誉白人ジャップ、
戦争屋ジャップ、犬性ジャップ、カルト集団ジャップ、自己中集団ジャップ、名誉白人ジャップ、

704 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 07:19:33.41 ID:u0wFfadF0
日本はアジアで独立国家を量産したからな
独立したアジア諸国の軍人トップは日本の士官学校で過酷な教練を受けた者ばかりだ
インドネシアでは残留日本兵とインドネシアの若者が再び侵略してきたオランダ軍と死闘を演じて独立を死守した
まさに聖戦だ

これに文句をつけるのか?
インドネシアが何百年もオランダの植民地の方が良かったのか?
どんなキチガイだよ

705 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 07:20:05.20 ID:oM+uuJo80
田母神もアベチョんと同じ
アメ軍産から金もらってる話しですた

706 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 07:20:53.76 ID:GG5aSlJM0
戦争責任がどうタラこうタラ言う、アホな奴がいるが、ヨーロッパ戦線
の悲惨さは日本の比では無い、比べ物にならないぐらいだ
バカじゃねえのか、自虐史観の臆病者

707 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 07:20:56.32 ID:irbuxgab0
>>674
>太平洋戦争はアジア解放の戦争
だけとはいえないが、そういう側面もありそうだよ。

そこだけを強調するのも妥当だとは
考え難いけど。

708 : ◆Rfkp.U.alk @転載は禁止:2014/08/08(金) 07:21:02.60 ID:hiSnKyDI0
戦争に良いも悪いもない。損か得かと、勝つか負けるかだけ。

そもそも、この人軍人なのに、負けた戦争を「聖戦」って考えるのはおかしい。
いかにして戦に勝つかを考え実践するのが軍人だろ。

709 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 07:21:11.76 ID:nhUakhvB0
ウヨ的肯定論・・・日本は完璧善のヒーロー
サヨ的肯定論・・・構造の中でこの時は日本が役割を担い文明は一つ段階を進めた

710 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 07:21:13.77 ID:AZ1vq1rO0
日本で聖なる戦争を戦ってたのは一向宗やキリシタンみたいな連中だろ。
日本の武将はそいつらを殲滅したし、それが日本人が正しいと考えて選んだ選択だった。聖戦はイラナイ。

711 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 07:21:38.93 ID:aHxX+xRS0
>>697
おまえも見てないくせに(笑)
アメリカは東京五輪まで黒人に実質的参政権なし
そういう時代だっただけだろ

712 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 07:21:56.08 ID:O2TBuxTvO
まぁ自衛戦争だろうな
アメリカが日本の冤罪を手放せない理由もそれ

713 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 07:22:56.65 ID:VjVACvSK0
ファンタジーを語り始めたらもはやただの宗教だよ

714 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 07:23:06.85 ID:grOQ3vhK0
>>36
2.26事件を始め狂信的右翼が専横したが、その正体はアカ。
彼等は天皇主義を唱えたが、その場合の「天皇」とは、
昭和天皇のような人格者では無く、スターリンの様な社会改革者の天皇と考えれば理解できる。

715 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 07:23:21.58 ID:aHxX+xRS0
でも君たちはアメリカを正義の戦争、シナは解放戦争と賛美するんだろ(笑)

716 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 07:24:38.58 ID:ygLJXwrj0
>>700
日本が植民地解放に全く寄与してないとは言っていない
自分の主張を箇条書きにすると

・日本は大東亜戦略大綱の中でフィリピンとビルマ以外は植民地化することを明記していた(史実)
・日本は結果的に一部で植民地解放の力を後押ししたことは間違いない
・植民地解放に結果的に大きく貢献したのはドイツの力
・何より現地人の努力により解放が実現した

自分が反論してるのは次のような主張に対してのもの
「日本はアジア諸国の植民地解放のために戦争をした」
「アジア諸国は日本の力無しに独立は出来なかった」

これはいくらなんでも言いすぎだと言う話をしてる
これは自分のレスを辿ってくれればわかることだし論点は一切変えていない

717 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 07:25:57.10 ID:aHxX+xRS0
戦争の原因は日米双方にあるというのがまともな知識人

718 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 07:26:04.85 ID:P2wek/YW0
チョン分かりやすいなw
田母神は問題が色々ある人間だが
とにかく日本が悪いんだっという連中スタンスは実に分かりやすい

719 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 07:26:35.61 ID:aITTqurX0
A国「資源が足りなくて国民が飢えて死んでる。B国にあるからB国を手に入れよう」
B国「俺らの国に何すんだよ!」
戦争勃発 A国勝利
A国「B国は国民の為に戦った我ら同胞を殺した悪徳国家だ!我らが正義だ!!」
B国「俺たちは自衛しただけなのに…」

戦争なんていつの時代もこんなもの。正義なんて立ち位置で変わる
A国にとっては国民の飢えを満たすのを邪魔するB国は悪
B国にとってはいきなり侵略してきたA国の方が悪

720 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 07:26:43.33 ID:sKcnQCML0
毎年8500億円が旧軍人またはその遺族100万人に支給されている。

東京下町を襲い、10万人の命が奪われた。非戦闘員を意図的に殺戮した戦争犯罪だった。
この無差別爆撃を指揮したカーチス・ルメイは戦後日本政府から勲一等の勲章をもらっている。
叙勲の理由は『航空自衛隊の育成に貢献した』というものだ。 田母神に見解を聞いてみたい

戦争責任は誰が?

軍人は100万人の戦死
200万人の戦没者は民間人

「ねぇ、お隣の大家さんは官僚の偉い人だってさ。もと軍人で、またその恩給がすごい金額だって。大家の奥さんは、夫が軍幹部の偉い人だったと自慢しているのよ。
大家さんの家族で戦争で亡くなった人はひとりもいないのよ。
息子が戦死したのなら、遺族の苦しい気持ちがわかるから、遺族年金を支給されるのは当然と思うけど、生きて家族の元に戻り、そして家も焼けなかった。
失ったものは何もないのに、元軍人だったというだけで、なぜ国から膨大なお金が支給されるの。
変よねぇ。戦後は官僚で働き、その上、軍人恩給をうけ、いわば給料の二重取りでしょう。彼等の軍人は戦争で儲けたのよ。」
「え?。軍人恩給って何ですか。そんなに高額金なのですか」私は初めて知り驚きました。
「元軍人は、階級が高いほとすごい金額がでるそうよ。大家さんも古い家を建て替えて、立派な大きな家をつくったり、新車を乗り回したり、我が子に贅沢ざんまいさせて……。
近々このアパートも取り壊して新しいアパートにするそうよ。いづれ追い出されるのよ」。
「それにしても戦争を起こし、敗戦にさせたのは軍人でしょう。私はしょうい弾の火の海の中を逃げまどい、母親は目の前で火柱になって焼け死んだのよ。
あの残酷な姿は気が狂いそうになるの。目に焼きついて頭から忘れないの。母親を返せと叫びたい。
夫も手をやられ、私たちの生活はメチャクチャに壊されてしまったのに。私たちには支援も補償も何ひとつなく惨めねぇ」。
悔しそうに唇をかんでいました。
 私は厚生省へ電話して聞いてみました。
「軍人恩給は法律で決められていますから補償されます。あなたたちは戦没者ではありません。ここでいう戦没者というのは戦死者です。戦災死没者に補償、援助はありません」
とはっきり言われました。今も耳に残っています。

721 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 07:27:00.86 ID:7r31F31B0
>>699
>>トルーマンとバーンズは「ポツダム宣言のからくり」をやったのです
出典は?書籍名教えて。調べる。
んで、黙殺発言を忘れないでね。影響したかは諸説あるけど。
一億総玉砕、徹底抗戦、本土決戦、国内の戦争継続派と終戦工作派の
せめぎあいも抜け落ちてるやん。何が何でも米国、白人の陰謀にせな
気がすまんのかね?願望が先立ってる典型やん。産経界隈は
ルーズベルトは真珠湾攻撃を知ってた!みたいな電波多いのが難点だね。

722 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 07:27:01.20 ID:AZ1vq1rO0
解放戦争と叫びたい人がいるのも分かるよ。旧日本軍人の中には確かにそういう人もいた。
ただ全体としてみると、一般大衆を中心とした愚民が愚かな選択をした結果の戦争であって、そこに大義は無い。
アメリカも日本と戦うように誘導されていた。だからアメリカにも大義は無い。日本とアメリカは無駄に殺し合っただけだ。

723 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 07:27:15.54 ID:GG5aSlJM0
流石は根っからの憂国の志士、田母神閣下だよな、その通り
西欧列強に植民地支配されて、虫けらの様な扱いを受けて苦
しんでいたアジア諸国を解放したのは有色人種で只一国敢然
と列強に戦いを挑んだ日本国だけだった結果的にアジアは
解放された、素晴らしい歴史国家じゃないか中国や韓国の
臆病者にナメられるな、自信を持って敢然と前に進め日本人

724 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 07:28:03.15 ID:naIiGFTZ0
俺もネトウヨ言われるけどさ
これだから田母神は支持できねぇんだ
もうちょいバランス感覚ある奴いねーのか?

725 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 07:28:29.37 ID:quUfdFTuO
当時は一億人くらい居た日本で、わずか300万人程しか死んでないのに
毎年この時期に極左は悲惨だったとか大袈裟すぎるんだよ
本土決戦してたら勝ってたのに勿体なかったよな

726 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 07:28:29.62 ID:T8OVhetc0
ID:nhUakhvB0

ID:nhUakhvB0

ID:nhUakhvB0

ID:nhUakhvB0


意味不明

レッテル貼り大外れな時点で
オマエの底が知れたわ

理屈を弄するヒマニート

727 :風老児 ◆ZPG/GcTAlw @転載は禁止:2014/08/08(金) 07:28:41.07 ID:Lp7KqbWy0
>>682 返信

秦先生は尊敬してる
でも時々ズレたことも言ってる

大東亜戦争開戦の理由・原因はひとつではない
ABCD一つだけではないが、日本を干上がらせるため開戦直近の挑発・圧迫であったことは
紛れもない事実
この辺は「昭和天皇語録」「昭和天皇とその時代」「東條英機・我が無念」などを読めばよく解る

728 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 07:28:44.05 ID:VvQc3K0a0
>>651
労働争議や小作争議が頻発してたもんな
親殺しも戦前の方がずっと多い
それになりより2・26事件というクーデタを忘れているのかと、、、

729 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 07:28:59.07 ID:WU/VOqfo0
>>711
見てないから良いとも悪いとも断言してないだろw
田母神みたいに制度や数値を無視して妄想だけで適当なことを言うのはどうなんだと言っただけだよ。

730 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 07:29:09.14 ID:2M2Z4asB0
タモさんもこの程度の主張で難癖つけてくるような奴は
支持者としてふさわしくないと思ってんだろう
社民や共産支持者レベルの思考停・・・もとい熱烈な支持者だけが欲しいんだな。

731 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 07:29:14.13 ID:rQL4l5zJ0
典型的ネトウヨジャップ
どこのアジアの国が白人から解放してと日本にたのんだの?

732 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 07:29:24.25 ID:Jnu6R+wh0
戦争に綺麗も汚いも無いよ。
ただの領地争いと暴力だよ。
聖戦なんて言い出したら、自爆テロも正当になる
ただの大量人殺し大会なんだよ。  

733 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 07:29:43.65 ID:bG3A+mkV0
>>716
正しいね
東南アジアの国に日本のおかげだよって言われるのはともかく、日本が自らあれは解放戦争だったんだなんてのは酷い詭弁

734 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 07:30:16.58 ID:nhUakhvB0
>>716
>「日本はアジア諸国の植民地解放のために戦争をした」
>「アジア諸国は日本の力無しに独立は出来なかった」

この2つは正しい。言い過ぎでもなんでもない。そのまま成立。
ただ、だから何だってこと。
こんなイベントを何十回もやってきて今の世界がある。
日本はこの時主役になっただけ。

735 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 07:32:04.57 ID:bG3A+mkV0
>>734
いや植民地開放の為に戦争なんてしてないから
植民地を奪いに行っただけ
結果としてその後独立したが、それはそれぞれの諸国自身の努力のおかげ

736 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 07:32:20.79 ID:bpskOR9/O
>>1
この人は軍人として致命的に頭悪いよね。

大東亜戦争の戦争目的は帝国列強の介入阻止・独立主権の維持と民族自決・アジア諸国の帝国列強からの解放である。

この理屈なら大東亜戦争の戦争目的を達成したのは中華人民共和国であり、
アジア諸国を解放したのはコミンテルンということになる。

日中戦争は中国が正しく、大日本帝国の侵略と植民地支配から中国人民を解放する正義の戦争だったことになる

国家と民族が滅亡の淵に立たされたとき、国家と民族の生存をその大義とするなら
その手段がコミンテルンであるか軍国主義ファシスト政権であるかは顛末な問題でしかない。

中国は多大な犠牲を払ったがその目的を達成し、核保有国として未来永劫、欧米列強の侵略に怯える必要はなくなった。
日本は多大な犠牲を払った挙げ句、その全てを失い、台湾・韓国を含め、アメリカの属国に成り果てた。

737 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 07:32:40.51 ID:aHxX+xRS0
君たちは気がつかないのか
自衛官が「日本は悪の国」なんて言うおかしさを
自衛官は悪の国を守るのかよ(笑)

738 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 07:32:59.52 ID:uW3aibYh0
危ない危ない。
身内にもこういうのいる人は大変だね。

739 : ◆Rfkp.U.alk @転載は禁止:2014/08/08(金) 07:33:06.68 ID:hiSnKyDI0
聖戦ってのは勝ち負けを越えて絶対にやらねばならない、絶対善の戦争だな。
神のための、神が指示した戦争、とか。

つまり、「聖戦」って言っておけば負けた無能さや責任は覆い隠せる。
国民の金と命をかなり毀損して戦争に負けたけど、当時の為政者や軍人たちは悪くないって言いたいわけ。
( `д´) ケッ!

740 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 07:33:06.99 ID:PRWYlyLB0
あの戦争は日本が悪かったなんて思ってないけど
少なくともこんなことを言って支持者を集めようとする政治家はお断り

741 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 07:33:16.43 ID:ygLJXwrj0
>>734
本当にそう思うのかい?

その書込みでは「日本はアジア諸国の植民地解放のために戦争した」
というこちらが書いた文面を肯定するかのようなことを言ってるけど
本当にそうなら経済封鎖やハルノートが無くても日本は戦争したってことになるけど?
マジで掛け値なしにそう思ってるんなら,もうこちらが説明するのはギブアップだな

742 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 07:33:50.53 ID:GG5aSlJM0
戦争は勝てば官軍、勝った者が正義を語る、昔からそうして来た
日本は先の大戦で確かに力及ばず負けはしたが、魂は失ってはいない
今度戦争に巻き込まれたら、その時は絶対に負ける戦争はしない

743 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 07:34:18.99 ID:sKcnQCML0
>>725
ネトウヨは無知だろ
といいつつググってしまったw

終戦時で7200万人の人口

たしか地球全体でも20億人くらいだったはず。

日本が強いのは相対的に人口が多かったからだね
生まない結婚しないネトウヨw
田母神は何人子どもがいるんだ?

744 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 07:34:58.94 ID:zMSjyRsD0
アジア解放なんて、資源確保のための詭弁だわな

745 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 07:35:40.46 ID:ClVomh+w0
>>1
これから起こるであろう日チョン戦争こそ聖戦だろw
何勘違いしてるんだ

★ キ チ ガ イ 反 日 極 左 犯 罪 民 族 朝 鮮 人 工 作 員 記 者 一覧
・幽斎(剥奪)=プーライ(剥奪)=無糖果実=擬古牛(sc):正体は「丑田滋」(元朝日新聞記者).「うっしぃ(うし)」から改名.複数のキャップを取得して工作している.参考URL:ttp://uni.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1354715847/
・Hi everyone!:正体は「安田浩一」(キチガイ極左ジャーナリストの通名.本名は「アンホイル」).「諸君(もろきみ)」から改名。参考URL:ttp://anago.2ch.net/test/read.cgi/tubo/1403914329/,ttp://www1.axfc.net/u/3219467
・シャチ,Twilight Sparkle,theMiddleAges,ニャー雄一(剥奪),海亀さん(剥奪),ネルマン(剥奪):上記二匹と同類のキチガイ極左.嫌儲出身

746 :風老児 ◆ZPG/GcTAlw @転載は禁止:2014/08/08(金) 07:35:47.22 ID:Lp7KqbWy0
>>721 返信

出展は、鳥居民さんの著書です
「原爆を投下するまで日本を降伏させるな」草思社です

それについての対談…鳥居民さんと櫻井よし子さん
「平成18年・別冊正論Extra,04」P186〜P197
ここに解りやすく書いてありますので、もし購読されてるなら読んでみてください

747 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 07:35:49.29 ID:grOQ3vhK0
>>716
きみはドヤ顔で「大東亜戦略大綱」を出してきたが、我々日本人が知りたいのは、

その策定者は誰だったかと言う事。
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

俯瞰するに首相以上に国家レイアウトを決める力が有った様に窺える。

748 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 07:35:50.39 ID:D5CxcueH0
結果的に戦後東南アジア諸国が欧米の植民地支配から脱却できたきっかけになったのはわかる。
でもさ、連合国側も枢軸国側も資源・経済権益獲得が目的だったとしか思えない。
日本は資源ない国だしそれが止められちゃったから、支配領域拡大しないといかんかったし。
国民は「大東亜共栄圏」という美麗文句に踊らされてんだよ。
外交べたは今も昔もかわらん。

749 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 07:36:09.07 ID:quUfdFTuO
>>720
極左在日チョンコはキモい

750 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 07:36:10.32 ID:nhUakhvB0
>>726
どうしたんだ。謝罪と賠償と君が書いてたから、あー朝鮮人wと
2ちゃん的にピンと来ただけ。
よくあるいつもの話だろ。

751 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 07:36:50.87 ID:kNkK7/ND0
>>737
善悪二元論で語ろうとしてる時点で、欧米思想に毒されてる

752 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 07:36:54.42 ID:ClVomh+w0
>>743
早く祖国に帰れゴミクズ朝鮮人

753 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 07:36:57.42 ID:hBpFT8JA0
おいタモ、すぐ飛行機に乗ってアメリカ空母に特攻してこいや

754 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 07:37:32.70 ID:bpskOR9/O
>>651
大日本帝国は大恐慌と世界経済のブロック化で、財政破綻の間際に追い込まれていた。
日中戦争はこの事実を隠蔽し、国民を欺くことが目的。嫌中反中を煽り、
国民の目を逸らすためのプロパガンダだった。

当時は226事件や515事件で反乱軍が首都中枢部を占拠し、総理大臣が暗殺されてしまう異様な世相で、
国民の怒りが政府に向かえばマジに内乱やクーデターが起こりかねない状況だった。
国民の平均接種カロリーは基礎代謝ギリギリで、農村部では餓死者や凍死者が出ていた。
国家財政は世界大恐慌に加えて、シベリア出兵と第一次大戦の戦費調達に圧迫され、デェフォルト寸前の末期状態だった。

大日本帝国は日中戦の開戦時において近代国家の体をなしていない。
満州事変なんか、イラクのサマワに派遣されたヒゲの隊長が『テロリストに襲撃された!黒幕はイラン!』とか言い出して
日本政府の命令もないのに勝手にイランに侵攻したようなもん。

755 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 07:37:32.82 ID:tQufIWAe0
ボランティアじゃあるまいし、旨みがあってやったことをさも特別な良い戦争みたいに言うとか
日本は防衛のために拡大しようとした
それだけ
なにが聖戦だよ

756 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 07:37:52.79 ID:GG5aSlJM0
日本人の若い奴の中に未だに自虐史観に洗脳されている
臆病者がいる事に情けない思いがする

757 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 07:37:58.01 ID:O2TBuxTvO
>>725
実は意外と少ないんだよな

758 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 07:38:32.28 ID:iimeiNsV0
凛として愛、だっけ見て泣いたよ!
祖先が靖国に祀られてることも知ったし。
日本がいい国だとはっきり言える政治家がほしいな。
いまの政治家はどうかしたら日本は悪い国と言うだろ!
取り合えず民主党、社会党、朝日、毎日と戦える人を選びたいな
共産党は清々しいほど反日なので許す。

759 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 07:38:32.98 ID:7r31F31B0
>>746
どうも。またどっかのスレで会うやろうな。じゃ、今日はここまで。

760 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 07:38:40.34 ID:dPR0QQsz0
聖戦と言われるとなんか安っぽいな。

761 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 07:38:48.68 ID:2M2Z4asB0
アジア解放を謳うのならば、先ず戦争を起こす前に朝鮮と台湾を独立させ
満州から手を引いて中国からも兵を退くのが筋じゃないか?

762 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 07:39:54.15 ID:GG5aSlJM0
流石は根っからの憂国の志士、田母神閣下だよな、その通り
西欧列強に植民地支配されて、虫けらの様な扱いを受けて苦
しんでいたアジア諸国を解放したのは有色人種で只一国敢然
と列強に戦いを挑んだ日本国だけだった結果的にアジアは
解放された、素晴らしい歴史国家じゃないか中国や韓国の
臆病者にナメられるな、自信を持って敢然と前に進め日本人

763 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 07:40:07.67 ID:irbuxgab0
>>716
さてどうだろうね。
大東亜戦略大綱は大東亜政略指導大綱のことだと解してるけど。
そもそも北支(満州ではない)し中国を植民地化するなどと述べてないだろ。
植民地という言葉もないし。

>「日本はアジア諸国の植民地解放のために戦争をした」
これについてはなんともいえないな。

>「アジア諸国は日本の力無しに独立は出来なかった」
現在とは違った形になったかもしれない
あるいはもっと時間がかかったという話にはなるかもしれない。
ただし、仮定の話になるだろう。

>それで十分じゃないのか? (613)
については個人の問題だし、十分じゃないと考えるのも
個人の自由だろうさ。

764 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 07:41:52.47 ID:b9ETQQMa0
外国で宗教や民族絡んで戦争を話すとき
「聖戦」って言葉が使われるときあるだろ。
単なる個人的過大評価な単語としてみるべき。
表現の自由だな。

宗教家が言ってたらマジだろうけど 
ニコニコ出演して進撃パクるこいつなら
若者取り込む手段としてこの単語使ってもおかしくない。

765 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 07:42:23.97 ID:sKcnQCML0
>>760
恩給目当ての遺族会だろ

「治安維持法」
戦争に反対した小林多喜二をはじめ多くの人が、虐殺・獄死させられ、何千何万人もの人が長い間投獄され大事な青春を奪われ、家族まで白い目で見られ迫害されました。

766 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 07:42:51.11 ID:nhUakhvB0
>>741
そこまではわからない。
ただ君の基準はきつ過ぎるんじゃないの?絶対的主導性みたいなのは
必ずしも求められていない。
動機のうちの3−4割ぐらいもその要素あれば十分認めてやっていいと思ってる。だからそう思うと答えておく。

767 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 07:42:51.40 ID:ygLJXwrj0
>>747
随分芝居がかったこと言ってる割には大したこと聞いてなくてワロタ

「大東亜戦略指導大綱」は御前会議で決定したものだよ
御前会議の出席者は

天皇陛下
内閣総理大臣
国務大臣
枢密院議長,顧問官
参謀本部長
軍令部総長
宮内大臣

日本トップ層全てが出席のもと策定されたものだけどそれがどうかしたの?

768 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 07:43:05.26 ID:Rb66L8900
田母神さんのように、戦中のプロパガンダを真面目に信じている人でも
空幕長になれるんだから、自衛隊って案外いい加減な組織だよね(´・ω・`)

769 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 07:43:12.17 ID:nNt8MjB80
中国奥地まで兵端延ばして何が聖戦か

770 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 07:43:40.91 ID:9JmFz9Xpi
ここで勇ましいことを言ってる連中は、仮に他国と交戦状態になった場合は当然志願兵として特攻してくれるんだろ
頑張ってくれ

771 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 07:44:03.25 ID:iimeiNsV0
とりあえず閣下を
国政に送り出したら
いいんじゃないか!
俺から見たら安倍さんは右じゃなくて中道だもんな、
真正の右翼的な発言ができてもっと政治を右寄りに修正できる圧力がほしい

772 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 07:44:12.49 ID:bG3A+mkV0
>>766
いや一割もないから
大東亜戦略指導大綱みりゃわかる

773 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 07:44:33.03 ID:qm3YrZqPO
タモ神、今や誰よりも立派なネトウヨになったな(笑)(笑)

体の隅々までネトウヨ化してるよ(笑)

オウム真理教ならぬネトウヨ底辺教の教祖になりつつあるよ(笑)(笑)

774 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 07:45:05.30 ID:grOQ3vhK0
>>754
統帥権干犯だね。
昭和5年浜口首相攻撃に使われた論理が昭和6年の満州事変に適応されていない、オカシイと思わないの?

775 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 07:45:42.23 ID:GG5aSlJM0
あの当時の中国と韓国は列強から虫けら扱い同然の
扱いを受けて苦しんでいたのだ、臆病者だった

776 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 07:45:47.75 ID:aHxX+xRS0
>>702
国を愛することは自衛官にとって重要な資質だけど(笑)
君は自衛官になる資質として
日本は悪の国という思想を要求するわけね

777 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 07:46:23.62 ID:/AtJHj0gO
 

来年は、対日戦勝70周年だろ。
世界的に、日本批判が高まるよ。

>>1は、日本批判の口実にされるだろ。



 

778 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 07:46:46.65 ID:O2TBuxTvO
>>716
基本的には独立どうこうじゃなくて奴隷解放だろ
そもそもアメリカが日本人をもっと餓死させろと言ってもマッカーサーは実行しなかったように
計画があったか実行したかは別の話

779 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 07:46:53.64 ID:sKcnQCML0
他人を助ける為の戦争が正しいといえばアフガン政府の要請で侵攻したソ連だって正しいことになる
直接的にアメリカが出張る必要はない

780 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 07:47:02.96 ID:ygLJXwrj0
>>766
そうか
であれば書いてあるように説明はギブアップだわ

781 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 07:47:37.12 ID:bG3A+mkV0
>>776
思想にとらわれ冷静な思考もできない将官なんて国を滅ぼすだけ
田母神がやめてほんとに良かったよ

782 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 07:48:03.03 ID:iimeiNsV0
とりあえず朝鮮日報新聞社(朝日新聞)を責めあげる政治家がほしい!
タモさん国政に出るんでしょ!
頑張ってくれ!
祖先が靖国に祀れれてるし応援するわ!

783 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 07:48:10.87 ID:4IxnGbGQ0
勝ってたら間違いなく聖戦だったけどな
負けたからな

784 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 07:48:41.04 ID:qm3YrZqPO
タモ神、今や誰よりも立派なネトウヨになったな(笑)(笑)

体の隅々までネトウヨ化してるよ(笑)

オウム真理教ならぬネトウヨ底辺教の教祖になりつつあるよ(笑)(笑)

785 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 07:48:47.90 ID:irbuxgab0
>>763
×北支(満州ではない)し
○北支(満州ではない)

>>747
>日本が植民地解放に全く寄与してないとは言っていない

>拡大解釈して「俺たちが解放させてやったんだ」「解放戦争だったんだ」
は認めないらしい(>>643

そもそも、自分が戦争に行ったわけでもないのに
「俺たちが解放させてやったんだ」という主張する人が
何処までいるか正直、疑問だけど。
書いてない事拾ってるなら、ストローマンだしな。

繰り返される下記がいかにも誘導じみてる。
>日本だけ侵略戦争をしていたというのはおかしい ○
>日本が行ったのは侵略戦争で無く解放戦争である ×

>ここを履き違えちゃいけない
>アジアの一部地域で日本に対する感謝の念を抱いてくれる人たちの言葉は大変ありがたいが
>それを自分たちが解放戦争を行ったからだと拡大解釈するのは無礼な話

ドイツと比較して、ドイツを持ち上げる論法といい
なんというか引っかかるところの多い人だわなw

786 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 07:49:19.06 ID:zDwgb0qN0
>>755
言葉遣いにいちいち切れすぎだろブサヨw

787 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 07:49:24.93 ID:grOQ3vhK0
>>774
これから窺える事は、現地軍の自衛権は統帥権より優先出来るとゆうバグがある。

788 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 07:49:35.35 ID:sKcnQCML0
 65年前の3月10日、400機のB29が東京下町を襲い、10万人の命が奪われた。非戦闘員を意図的に殺戮した戦争犯罪だった。
この無差別爆撃を指揮したカーチス・ルメイは戦後日本政府から勲一等の勲章をもらっている。
もちろん10万人を焼き殺したからではなく自衛隊(退職金6000万円田母神)を育てた功績に対してなのだが。いずれにせよブラックな話しだ。
 大空襲の死者10万人、無数の遺族に対して日本政府は一銭の補償もしてこなかった

789 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 07:49:46.76 ID:GG5aSlJM0
今では日本国の経済が破綻でもしたら
世界の経済が崩壊してしまう程の力を持った経済大国日本

790 :風老児 ◆ZPG/GcTAlw @転載は禁止:2014/08/08(金) 07:50:16.71 ID:Lp7KqbWy0
>>721 黙殺発言

これが受諾を引き延ばせた最大の要因
左翼がよく吠えるように、即受諾しておればアメリカ合衆国は原爆投下の機会を失っていたこと確か
何十万人もの国民を死なせずに済んだという主張は正しい

ではなぜその黙殺云々となったかというと
スチムソン原案にあった「天皇の地位保全=国体維持条項」を、トルーマンとバーンズは策略により、
第12項後半にあったその条文をすっぽり抜いてしまったからである

これさえあれば、あんなにも長く降伏のための「最高戦争指導者会議」が長引いてはいなかった
最後まで反対した大分3人組の主張の根幹は正に「天皇の地位保全=国体維持条項」であったのです
(他にも2項あるけど)
大分3人組の主張も正しい

791 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 07:50:47.45 ID:DpQTHHSS0
>>1
相変わらず発言が軽いなぁw

792 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 07:51:28.70 ID:bpskOR9/O
>>776
大日本帝国はどっからどうみても悪の国です。

大日本帝国の理屈では日中戦争は中国が正しかったことになるし、アジア諸国を解放したのはコミンテルンになる。

793 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 07:51:29.13 ID:/AtJHj0gO
>>785

満州は、麻薬販売で国家財政を支えていたんだろ。

そういう傀儡国家に、正統性があるわけないだろがよ。



 

794 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 07:52:06.29 ID:GG5aSlJM0
流石は根っからの憂国の志士、田母神閣下だよな、その通り
西欧列強に植民地支配されて、虫けらの様な扱いを受けて苦
しんでいたアジア諸国を解放したのは有色人種で只一国敢然
と列強に戦いを挑んだ日本国だけだった結果的にアジアは
解放された、素晴らしい歴史国家じゃないか中国や韓国の
臆病者にナメられるな、自信を持って敢然と前に進め日本人

795 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 07:52:07.70 ID:Ao37+Lbr0
>>698
ほんとこれ。

いくら崇高な理想を掲げようとも、戦争への道へ進んだのは無能な政治家によるところも大きかったのに、クソも味噌もまとめて聖戦とか言われて肯定しちゃって、その辺の街宣極右と同じじゃねーかと思う。

もう少しまともな人だと思っていたのに、穏健的保守の行き場がまた消えちまった…

796 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 07:52:08.08 ID:qm3YrZqPO
タモ神、今や誰よりも立派なネトウヨになったな(笑)(笑)

体の隅々までネトウヨ化してるよ(笑)

オウム真理教ならぬネトウヨ底辺教の教祖になりつつあるよ(笑)(笑)

ネトウヨコンプレックスの寄りどころタモ神教祖様なんだろうな(笑)

797 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 07:52:24.58 ID:ygLJXwrj0
>>785
自分はポジショントークには興味は無いんだけど?
何?自分の素性にそんなに興味があるの?

自分はほとんど一般論しか語ってないしそれ以上の知見は持ってないから
スピリチュアルな話もスパイ論議もできないレベルの人間だよ
そもそも引っかかる人だのコピペ君だの言うなら他に怪しいの一杯いる
のになんでこっちに突っかかってくんの?

798 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 07:53:01.40 ID:RIxhgHXMO
自分の聖戦を主張するなら他人の聖戦も認めなくちゃな。
で、アルカイダの聖戦を弾圧するアメリカの聖戦ばかりに尻尾振るのかい?
イスラエルの聖戦に対抗するハマスの聖戦に同情してネット拡散工作でもするの?
聖戦なんてものが存在すると思ってる限り戦争など無くならないさ(笑)

799 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 07:53:05.06 ID:irbuxgab0
>>793
麻薬と傀儡国家関係無いぞ。
傀儡国家というなら冷戦体制末期くらいまでの南北朝鮮がそうだっただろうし。

800 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 07:53:15.51 ID:sKcnQCML0
君が代の歌詞を改変したり殿下をつけなかったり

代表的な右派論客が堂々と天皇をないがしろにするような発言をしていることに驚かれる読者もいるかもしれないが、石原氏がもともと反天皇制的なスタンスを取っていることは一部では知られていた。
今から約50年前、天皇一家の処刑シーンを描いた深沢七郎の小説『風流夢譚』をめぐって、右翼団体構成員が版元の中央公論社の社長夫人と家政婦を死傷させる事件が起きているが、事件の直前に石原氏はこの小説について、こんなコメントを寄せている。

「とても面白かった。皇室は無責任極まるものだし、日本になんの役にも立たなかった。そういう皇室に対するフラストレーションを我々庶民は持っている」(「週刊文春」<文藝春秋/1960年12月12日号>)

801 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 07:53:22.99 ID:XaGQ/z8A0
>>12
日中戦争を途中で講和しときゃ制裁くらうこともなかったんだけどな
南京攻略戦以降は日本側に交渉の主導権があったわけで
完全に自業自得

802 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 07:54:22.72 ID:irbuxgab0
>>797
いやさ、侵略戦争だったと主張しろ
解放戦争だなんて主張は許さんてな君の
主張をいぶかしく思ってるだけだよ。

803 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 07:54:53.16 ID:grOQ3vhK0
>>792
いや〜、共産主義グラスを通してでないとそう見えないよ。君の部屋には共産党の読み物が沢山あるんだろうね。

804 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 07:55:04.89 ID:nNt8MjB80
聖戦と言うのは、兵隊納得して参戦するもんや
皆嫌々いったやいか

805 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 07:55:12.82 ID:QJaCVrUw0
この人はこういうことを大声で言うから支持できないんだよなぁ
刺激の多いことはこっそりやってりゃいいのに
センスを疑う

806 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 07:55:45.83 ID:iimeiNsV0
日本をいい国だといえる人だからいいんじゃなないか!
民主党や社会党は日本は悪い国なんだろ!
朝鮮と中国に金やれって言うばっかりだもんな!
そんなやつを国会に送るよりずっとタモさんの方がいいよ!

807 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 07:56:08.33 ID:eTUHhSSw0
結果的にアジアから欧米を追い出したのは確か。
当時中国は欧米から食い物にされていたし、その中国も欧米から抜け出した。
日本がアジアを欧米から解放した戦争、聖戦ともいえる。

808 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 07:57:07.52 ID:i7CprWkh0
幸福の科学だしこんなもんだろ

809 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 07:57:10.07 ID:TFhIXb+v0
日本が戦わなかったらアジアもアフリカも欧米の植民地のままだっただろうな。

聖戦かどうかはおいといてそれは事実だと思うわ。

810 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 07:57:22.03 ID:/AtJHj0gO
>>799

満州は、ロクなもんじゃない。

日本が麻薬で厳しくなったのは、戦後、戦争責任の一環じゃないの?




 

811 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 07:57:32.57 ID:ZhGGYLsH0
まあ国家運営上の致命的ミスを聖戦とかいって賛美するアホは政治家の資格はないわな

812 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 07:58:09.06 ID:EcKscVB10
ネトウヨは駆除されるべき愚かな存在
当然その温床たる2ちゃんねるもさっさと潰すべきだ。

813 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 07:58:51.89 ID:irbuxgab0
>>810
>日本が麻薬で厳しくなったのは、戦後、戦争責任の一環じゃないの?
意味が分からない。

戦争責任で麻薬取締りが厳しくなったという
ソースが欲しい。

814 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 07:58:56.21 ID:piqs46L50
>>807>>809
その論法でいくとアジア解放の立役者は宗主国本国を叩きのめしたドイツ。日本は派出所に卵を投げ込んだ程度

815 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 07:59:18.71 ID:grOQ3vhK0
>>793
麻薬の製造・販売による財源の確保なら中国共産党もやってるぞ。
そんな不正な政党の国家はとても認められないよな。

816 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 07:59:20.19 ID:jFe9duGSO
さすがに中国以外の国に対しては侵略だったろ
結果的に植民地の解放に繋がっただけのことで

817 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 07:59:21.14 ID:ygLJXwrj0
>>802
そうか
自分は自信を持って解放戦争だなんて言う評価の方がいぶかしいと主張するけどな

本当に解放戦争だったならハルノートや経済封鎖が無くても戦争を起こしたってこと
になっちゃうし,「大東亜戦略指導大綱」にはフィリピンとビルマ以外は明確に
帝国編入しますよと書いてるわけだしね
同期の部分で最初から植民地解放するなんて気はさらさら無いのは思いっきり文面に
残っちゃってるわけだからさ

あと侵略戦争だったと認めろなんて書いてないから
「日本だけが侵略戦争呼ばわりされる筋合いはない」と何度も主張してるんだがな

818 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 07:59:37.67 ID:fnX9RJU20
聖戦だとしても民間人が大量虐殺された戦争を肯定できないよね
赤紙とか素人軍人なんて盾でしかないんだし
戦後はどこの国も左に寄るけど日本の戦後は長すぎ
やっと真ん中にもどってきて丁度いい

819 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 07:59:58.31 ID:ZhGGYLsH0
もともと日本には大麻を吸う文化はなかったわけでね

820 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 08:00:56.88 ID:4BZK30eT0
こいつもイスラエル人派

821 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 08:01:32.28 ID:bUUuspPS0
>>809
それはありえないな
第二次世界大戦後の世界で二等市民なんて身分は存在できないから
例えばアフリカ人が俺達を一等市民扱いしてくれ(フランス人にしてくれ)って言い出したら
先進国としては独立でいいのでお断りしますって話になる

822 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 08:02:25.48 ID:i7CprWkh0
で、敗戦の責任は誰にあるの?
これ聞くとネトウヨは逃げるんだけど

823 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 08:03:04.99 ID:iimeiNsV0
幸福の科学からは出ないでしょ!
あそこから出れば無理かな

824 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 08:03:06.36 ID:piqs46L50
■ちなみにフィリピンは、仮に独立させた場合も満州同様に傀儡国家の予定だった
--------------------------------------------
○13.南方占領地各地域別統治要綱(1942.10.12.大本営陸軍部)  

(二)比律賓  
将来帝国ノ強力ナル指導把握ノ下ニ独立セシムヘキコトアル場合ヲ考慮シ諸般ノ施策ヲ行フモノトシ差当リ左記ノ方針トシ経営ヲ進ム  

(イ)国防ハ将来ニ於テモ帝国之ヲ把握ス  
(ロ)重要資源ハ将来ニ於テモ帝国之ヲ掌握シ重要資源ノ一部補給源トシテノ機能拡充ニ遺憾ナカラシムル  
(ハ)重要交通ハ帝国ニ於テ之ヲ把握ス  
(ニ)自活ノ為ノ物資交流ハ逐次南域経済ニ依存セシムル如ク施策ス  
(ホ)速ニ欧米依存観念ヲ一掃シ大東亜ノ一翼タラシムル如ク指導ス
(「南方の軍政」、110頁)

825 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 08:03:12.21 ID:mwTV6nut0
大東亜戦争の意味?


日本人怒らせると

「怖い」

ってわかっただろ?

よお、

「シナ人」。

826 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 08:03:23.71 ID:RgtYUX/L0
>>814
おはようPちゃん
ところで君は慰安婦スレ専門と思ってたが他のスレにも書き込んでたのか

NG推薦ID→ID:piqs46L50

827 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 08:05:56.73 ID:085jh+jwi
アメリカ主観なのは日本人として不自然
日本人が日本に都合良くて何が悪い

立場フィルターで変わるのは歴史とは言えないけどな

828 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 08:06:51.49 ID:irbuxgab0
>>817
だからさ、北支つか支那も「大東亜戦略指導大綱」に触れられてるけど
帝国領とするなんてかかれてないよ。

「重要資源ノ供給源」として「帝国領土ト決定シ」たわけだし
「地域ニ於テハ原住民ノ民度ニ応シ努メテ政治ニ参与セシム」とあるよ。

あとさ君の主張はチグハク過ぎて露骨なのさ。

君の書き込みからだけでも、下記のように考えられる。
「侵略戦争ばかりとは言えない」なぜなら
「植民地民地解放に全く寄与してないとはいえないからだ」
という理屈になるだろう。

>日本が植民地解放に全く寄与してないとは言っていない
にもかかわらず

>日本だけ侵略戦争をしていたというのはおかしい ○
>日本が行ったのは侵略戦争で無く解放戦争である ×
という主張だから、結論ありきがすぐ分かる。

829 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 08:07:08.32 ID:87XnzxgP0
総連入札の北朝鮮坊主は元テロリスト
タモはその坊主と仲良し

830 :風老児 ◆ZPG/GcTAlw @転載は禁止:2014/08/08(金) 08:07:40.44 ID:Lp7KqbWy0
>>817くんよ

1、日本の独立自尊
2、第二義的に「アジアの解放」
これでよいではないか

1番を飛び越え、無視してまで「開戦目的はアジアの解放」であったと主張するやつがいるか?
開戦詔書にもチラとアジア解放のことが書かれてある
だ、それは第一義的なことではなかったということであるよ

831 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 08:07:55.81 ID:6TrTB1q70
多分、割かし保守思想の俺でもドン引き
聖戦とか言い出すのは行き過ぎ

832 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 08:09:03.48 ID:/QhA+HScO
>>818
民間人が大量虐殺されない戦争があるとでも思ってんのかよw

833 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 08:09:24.43 ID:i7CprWkh0
戦前の日本ってイスラム教だったのか

834 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 08:09:50.26 ID:bpskOR9/O
>>803
資本主義が良いか、共産主義が良いかは民族自決でその国の民族と国民が決めれば良いだけ。
民族の自決権を主張し、帝国列強からの解放を聖戦と謳ったのは他ならぬ大日本帝国だ。

大東亜戦争の戦争目的は帝国列強の介入阻止・独立主権の維持と民族自決・アジア諸国の帝国列強からの解放である。

この理屈なら大東亜戦争の戦争目的を達成したのは中華人民共和国であり、
アジア諸国を解放したのはコミンテルンということになる。

国家と民族が滅亡の淵に立たされたとき、国家と民族の生存をその大義とするなら
その手段がコミンテルンであるか軍国主義ファシスト政権であるかは顛末な問題でしかない。

835 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 08:10:42.86 ID:9Gh2eE+H0
負けたくせに何ドヤってんのこの糞ジジイ

836 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 08:11:12.24 ID:iimeiNsV0
取り合えず
タモさんを国政に出してみようよ!
右翼的な発言で軌道修正してもらいたい。

837 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 08:11:34.72 ID:6rFYw9gw0
第一次大戦で崩壊した世界体制を確定した戦争だったとは思う。
聖戦とかそこに善悪を持ち込むのはどうかと思うが。

838 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 08:12:07.11 ID:i7CprWkh0
安倍ちゃんの「悪魔」発言といい、疑似保守は日本人の感性と違うね
やっぱ統一教会だからか

839 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 08:13:24.54 ID:eVgygm2o0
>>1
>捻じ曲げられた歴史観について

ポツダム宣言に書かれたことが全てだと思うよ。
そして原爆を落とされたわけで。

840 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 08:14:05.12 ID:dYW+5kQB0
都知事選に落ちるwwわけだ
yoishoしてる人wwも大変だな

841 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 08:14:12.71 ID:QAzn52Lc0
聖戦ですって、アレは敗戦の為の敗戦よ。学徒動員、カミカゼ特攻、多くの若者を犠牲にした
戦後にの現状が、年間自殺者3万人、財政赤字1000兆円の官僚金満国家ですって・・・ネトウヨの歌にあるもの
働いたら負けだと思う、刑務所生活なら衣食住が安定、オレは魔法使いになる!
どんなに綺麗なイメージで人心を誤魔化そうとも、最後は金目でしょ、・・・ 200回バルス!!

842 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 08:14:55.27 ID:O2TBuxTvO
>>816
現在に例えたら中国に海上封鎖されてチベットに侵略して色々支援指導したら
結果的にチベット独立したようなもんだな

843 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 08:15:12.35 ID:ygLJXwrj0
>>828
ああそういうことか
確かにシナに関してはそういう言及は無いね
それ以外の国のつもりで話してたんでな
でもシナに関して「解放」なんてそもそも成り立たないんだから除外しても問題ないだろ?

844 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 08:15:29.24 ID:piqs46L50
>>828
領土化せずとも戦争により利益増進を図れば侵略と言える。日本は中国の敵対勢力を武力で滅ぼし満州同様の傀儡下・勢力下に置こうとした。それは立派な侵略


パリ不戦条約(1928)
>今後戰爭ニ訴ヘテ國家ノ利益ヲ増進セントスル署名國ハ本條約ノ供與スル利益ヲ拒否セラルヘキモノナルコトヲ確信シ
http://www.ioc.u-tokyo.ac.jp/~worldjpn/documents/texts/docs/19280827.T1J.html

845 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 08:16:03.64 ID:TSeXI7WNO
>>816
中国以外は軍事作戦上の侵攻だな

ボルネオ以外は領土的野心は無かったのよ、そのボルネオだって軍事資源獲得だしね
ちなみに仏領インドシナは当時のフランス政府から割譲されたものだしね

846 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 08:16:23.62 ID:grOQ3vhK0
>>824
おい馬鹿。ステージは誰が立案・策定したかに移ってるんだよ。
自衛戦争を帝国主義の戦争に転化しようとした奴がいる。
ニホンガー、じゃ納得出来ないんだよ。
誰がコミンテルンの協力者だったかを知りたいんだよ。

847 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 08:16:37.58 ID:s1wLvYTB0
戦争は善悪ではない。

中東のテロリストにもそれなりの理屈がある。

ただ、国のために殉死した兵士を貶めるのは日本だけ。

848 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 08:17:44.76 ID:2BtqGOUo0
>>17
代理戦争が聖戦とか笑わせる

849 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 08:17:52.27 ID:iimeiNsV0
タモさんには在日のいない日本を実現してほしいな!
うざいんだよあいつら!
法的には外国人だろ
なにデカい面してんだ!

850 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 08:18:15.26 ID:J7WsfEOiO
ブロック経済やられたんだし「仕方ない戦争」ではあったんだろうけど
聖戦ってのはなんか違うなぁ

確かに当時はアジアの人なんてゴミ同然に扱われてはいたけどさ

851 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 08:18:55.08 ID:fnX9RJU20
>>831
わかる
日本人が思い出したくもないWW2をやたらほじくり返すから
空気読めず選挙に勝てないんだよ

852 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 08:19:39.15 ID:irbuxgab0
>>844
>本條約ノ供與スル利益ヲ拒否セラルヘキモノナルコトヲ確信シ

不戦条約の利益を受けられないって部分抜粋して
侵略に該当するってどういう意味だ?

853 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 08:20:40.77 ID:2BtqGOUo0
>>59
いや表面すらダメ

854 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 08:20:59.16 ID:RjY/j67TO
戦争による利益、政商、利権拡大。
日本はまだ、敗戦の要因を、真面目に子供達に学ばせてないまま放置

タモさんでは、公明党を批判できないそうだよ

855 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 08:21:09.78 ID:PBhvnb3j0
思ってても口に出すなよ
ここまで偏ったら誰もついてこねーよ

856 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 08:22:02.24 ID:piqs46L50
>>852
不戦条約が何を禁止したかが分かればよろしい。小林よしのりらが言う「パリ不戦条約に侵略の定義は無い」が大ウソということ。
>>844の不戦条約前文は右翼連中にとって非常に都合が悪いらしく、誰も言及しない。
ウソがばれるからそうするしかない。

857 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 08:24:34.64 ID:iimeiNsV0
内心同じことを思っている人は多いよ!
でも口に出したらダメ!
多くに支持を得たいなら「日本はいい国だ」と堂々と言えるようにしよう!
ぐらいがちょうどいい。

858 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 08:24:42.78 ID:ygLJXwrj0
もしも太平洋戦争が植民地解放の疑いの無い正義の聖戦だと言うのなら

近衛首相筆頭に松岡外相や関東軍のような開戦に邁進した勢力が英雄的評価で
逆に開戦に否定的だった天皇陛下や参謀本部,永田鉄山などは売国奴で薄情者
ってことになるんだが

ものすごい違和感を覚えるのは自分だけ?

859 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 08:24:45.46 ID:KWx5zaDz0
>>854
第二次世界大戦を総括すると、戦後の日本を支配した笹川・児玉・岸・正力・里見を批判しないといけなくなる。
だから絶対にやらない。

860 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 08:25:25.87 ID:irbuxgab0
>>856
>不戦条約が何を禁止したかが分かればよろしい。
意味不明だね。
飛躍しすぎだよ。

というか、前文が侵略の定義ってな説は何処から出てくるんだい?

861 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 08:26:13.17 ID:bSIJUvOe0
こういうことをいちいち口にするのがこの人のダメなところだな
みんなわかってんだよ、もし戦争に勝ってたら大きな口でそう言いたいけど我慢してんだよ
それをペラペラこいつは、だから選挙で負けるんだよ

862 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 08:26:35.76 ID:EzRYQsxl0
負けた時点でただの侵略

863 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 08:26:56.23 ID:piqs46L50
>>860
>>844にパリ不戦条約が何を禁止したかが書いてある。つまりそこが侵略戦争の定義ということ。
ちなみにネトウヨ本には余程都合が悪いせいか一切出てこないはず。

864 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 08:27:09.33 ID:cC/ZYtpu0
日本が戦争に勝ってたら世界は今よりまともになってただろうな。
見てみたかったな。

865 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 08:27:20.74 ID:Ij9+egXy0
>>75
さらっと嘘吐くなよ、まるで戦時中の戦争指導者や安倍晋三みたいだぞ

866 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 08:27:59.17 ID:bJGae4/80
確かに大東亜戦争は聖戦。日本はどんなことがあっても負けてはいけない
戦いだったんだ。勝つことが無理なら負けない戦いをするべきだった。
一番良いのは戦わずして、勝つこと。しかし政治家が無能だから戦いに
突き進み、そして軍人が無能だから戦いに敗れた。世界秩序のその後百年
が決まる重要な戦いに敗れた以上、まだ戦後69年しか経たたない現時点で
日本が素晴らしい国などと言うのはおこがましい。せめて許されるのは戦った
英霊達と、敗戦時責任をとって自決した軍人だけ。戦後平気な顔で生きた軍人
や政治家、戦勝国の占領を受け入れた国民に何も言う資格は無い。

867 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 08:28:16.97 ID:irbuxgab0
>>863
>>844にパリ不戦条約が何を禁止したかが書いてある。つまりそこが侵略戦争の定義ということ。
つまり君の脳内定義って事だよね。
わかればよろしいw

868 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 08:28:48.29 ID:Nykd92ew0
聖戦って表現もあながち間違いでは無い

869 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 08:29:08.40 ID:piqs46L50
>>867
上のほうで調子に乗ってたようだがだいぶしおらしくなったね。

870 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 08:29:42.65 ID:Zei7+qUt0
自分もワールドアドバンスド大戦略を通じて真実を知らなければこんなことを
思ってたかもしれん・・・あのゲームに出会えたことに感謝

871 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 08:30:30.26 ID:irbuxgab0
>>869
なにが?

君がいつもの論調で書き込んでたとして
それ以外の論調を使わないとは考えてないよw

872 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 08:30:46.37 ID:i7CprWkh0
で、何で天皇陛下はA級戦犯が合祀されてから靖国参拝しないの?

873 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 08:34:01.85 ID:KWx5zaDz0
>>866
>せめて許されるのは戦った英霊達と、敗戦時責任をとって自決した軍人だけ

こんなアホな感覚でいることが信じられない。
戦後、一番に戦争責任を取ってきたのは、戦争に加担しなかった民間人だろう。
自決=責任放棄ということが未だに理解できないならば、本物のバカだぞ。

874 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 08:34:42.38 ID:HUW6nzfs0
こんなのが幹部になれる自衛隊・・・

875 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 08:34:53.29 ID:QrPEnEwc0
登場とこの絵に殺されただけだろうが
どこまでマゾなんだよ

876 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 08:35:39.55 ID:grOQ3vhK0
>>834
>この理屈なら〜アジア諸国を解放したのはコミンテルンということになる。

彼等はこっちに来るなと押し返しただけであり、アジア解放の為には働いていない。
せいぜいアジア解放の宣伝をしてただけ。

877 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 08:35:57.40 ID:ReEHY/B50
聖戦視するのもおかしいと思うけどもともとアメリカ自体が正義だと思ってねーから
あれは自分の利益を最大化するために行動してるだけで都合悪いことはスルーしてるだろ

878 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 08:37:26.11 ID:+1Y1Ws0o0
こんな歴史を知り始めた中学生みたいな考え方でよく幕僚にまでなれたな

879 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 08:38:05.78 ID:Rb66L8900
>>870
あれって、日本歩兵がとんでもなく強いだろ…w

880 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 08:39:39.69 ID:KWx5zaDz0
>>878
幕僚のレベルも防大のレベルも、所詮その程度ということだ。

881 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 08:40:08.47 ID:/W20uhfOO
補給がなんだ!弾がなければ素手で倒せ。米がなければ草を食え。
聖戦だな

882 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 08:41:58.74 ID:grOQ3vhK0
>>880
よかったね、日本は弱いぞ倒すのなら今だ。

883 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 08:42:16.87 ID:Q4Txfkdq0
>>872

松岡が大嫌いだから

884 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 08:43:57.61 ID:KWx5zaDz0
>>881
歩兵がそれぞれ飯盒で飯炊いてるような軍隊だから負けたんだよねえ。
幼い頃、キャンプの時にそういう話を聞かされた思い出がある。

885 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 08:44:01.36 ID:i7CprWkh0
アパホテルが最高益
アベノミクス最高!

886 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 08:45:08.82 ID:aTvlj9Ud0
        ┌─┐
        |●|
        └―┤
         __|__
        /___ノ(_\
      /_愛●国_.\
    /ノ(( 。 )三( ゚ )∪\
    | ⌒  (__人__) ノ(  |
    \ u. . |++++|  ⌒ / < 大東亜戦争は聖戦である
     ノ    ⌒⌒    \ 
   /´              ヽ 

            ┌─┐
            |●|
            ├─┘
         __|__
       /●国___\
      /\,三._ノ   u. \ !?
    /( 。 )三( ゚ ))    \ 
    | ⌒(__人__)⌒ ノ( u. | クスクス >
     \ u |++++|   ⌒  /
    ノ   ⌒⌒      \

          ┌─┐
          |●|
          └―┤
         ___|_
< クスクス.  /___愛●\!??
      /   u \,三._ノ\
    / u ノ( ( 。 )三( ゚ )\
    |    ⌒ ⌒(__人__)⌒ |
     \    u  |++++|  /
    ノ      ⌒⌒   \

887 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 08:47:17.59 ID:aTvlj9Ud0
         ____
    .   /     \     さすがネトウヨの親分w
      /   _ノ '' ⌒\    言うことがネトウヨそのもの
    /    (● ) (● ) \
    |    :::::⌒,  ゝ ⌒::::|  
     \      `ー=-'  /
 ⊂⌒ヽ/           ヽ /⌒つ
   \ ヽ  /       ヽ    /
    \_,,ノ        |、_ノ

888 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 08:48:56.36 ID:KWx5zaDz0
遺影のような写真がLINEに…防大生が上級生ら8人告訴「日常的いじめ」「ストレス障害」

防衛大学校(神奈川県横須賀市)2年の男子学生(19)が7日、上級生ら
から暴行を受けてけがをした上、ストレス障害になったとして、傷害と強要の
疑いで8人を横浜地検に告訴した。
 告訴状によると、男子学生は昨年春に入学。寮で暮らし始めた直後から上級
生らの「指令」を拒むと下腹部に火を付けられたり、ことし5月上旬に休みの
届けを失念したまま福岡県内の実家に帰省すると殴られたりし、やけどや打撲
などのけがを負った。
 また無料通信アプリLINEで遺影のように加工された写真も流され、6月
にストレス障害と診断されたとし「自衛隊の幹部候補生を育成する組織で公然
と日常的にいじめがあることに非常に驚く」としている。

http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/140807/trl14080719290003-n1.htm

889 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 08:48:58.74 ID:tmv/WF5M0
街宣右翼の放送と同レベルすなあ…
やはりこういう人だから自衛隊で干されたんだと確信したわ

890 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 08:49:14.34 ID:/W20uhfOO
聖戦士牟田口につづけぇー

891 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 08:49:42.22 ID:bvgYdcJv0
赤紙で無理矢理連れて言って来た何が聖戦か

892 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 08:50:01.55 ID:9JmFz9Xpi
とうとう核武装論までツイッターで呟きだしたな しかもよりによってこの時期に
本当に頭おかしいんだな

893 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 08:50:18.47 ID:eK5sysS60
これで政治家になる気って根本的にぶっ壊れてるだろ
ネトウヨなみに

894 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 08:50:19.31 ID:s1wLvYTB0
まあタモさんの言うことは正論だが、今の日本で言ったら極右扱い。

そこへんがわかってないところが残念。

895 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 08:50:19.42 ID:grOQ3vhK0
>>883
昭和天皇が松岡洋右を嫌っていたかどうかは分からない、
が好く思ってなかったとしても不思議じゃない。
しかし松岡嫌いが、当時の政権中枢にいたアカを炙り出すのにいいリトマス紙になるんじゃないかな。
彼は独ソ戦への日本の同盟国参戦を唱えたから。

896 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 08:50:37.27 ID:tA0w2RKP0
当前のことなので 特に異論はない

897 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 08:50:46.58 ID:P6qS4tdx0
>>884
アメさんやドイツの飯は本で読んだがうまそうだったな。
日本軍も飯には相当気を使っていたようだけど、システム化の
され具合からして、大人と子供くらい差があった。
困ったときは大和魂が言い訳になっちゃう環境も負けた要因。

今も変わりませんね。ジャップ。

898 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 08:50:51.07 ID:Li9Pua/L0
大東亜戦争の大義は
欧米列強からのアジア開放、そして五族共和。

アメリカの影響から脱して
 日本人、中国人、朝鮮人が仲良く暮らす夢の大亜細亜

 
アメポチのいまの日本の情けない姿を見て
東条英機をはじめ靖国の英霊たちも、さぞ悔しい涙を
流していることだろう

899 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 08:54:24.32 ID:TSeXI7WNO
>>821
パラドックス的な言い方だが、欧米諸国が二級市民・人種差別を辞めざる得なかったのは、
ナチスと日本の存在があったからなんだよ
世界を人種差別で殴り回っていた欧米がナチスに「人種差別」されるようになってはじめてその愚かさに気付いた
特にオランダ人などの非アングロサクソンはなw「我が身をつねって人の痛さを知れ」悲しいが、殴られないと痛さに気が付かなかったアホどもだからなw

そして日本のアジア新秩序で反人種差別の大義が掲げられた以上、日本以上の人権主義を掲げないと連合軍の歴史的正統性が担保されなくなった訳でな

900 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 08:55:07.73 ID:Li9Pua/L0
パラドックス的な言い方というアクロバット擁護

901 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 08:55:17.05 ID:B/BMJD4u0
民間人も加担してたけどなにか?

聖戦って言い方は悪いが生死の扱いが今の日本では考えられんことだ
言っておくが自衛隊員はお前らの肉盾だ

902 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 08:55:21.95 ID:xS+PSXAd0
インディ田母神 最後の聖戦

監督・脚本・主演・田母神俊雄

903 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 08:56:14.75 ID:7r31F31B0
>>873
責任をとる一つの方法として自決は無価値、無意味とは言い切れない、
と俺は思うけどね なぜなら、ある者にとっては、自決は生きて責任を取る
ことより、辛い選択ですから。逆もありますけどね。

例えば、こんな方もおられますね 菅原道大中将 享年95歳 

菅原は出撃する特攻隊員に、「決しておまえたちだけを死なせない。
最後の一機で必ず私はおまえたちの後を追う」と語っていた。
7月末には自分が乗り込むための特攻機を用意するように命じたと
も言われる。しかし、終戦時に第6航空軍参謀鈴木京大佐が
「一機用意しました。お供します」と言ったが、菅原は
「死ぬばかりが責任を果たすことにはならない。それより
後始末をする方がいい」と言って帰還した。

終戦時は無理でも、戦後処理が終わり次第、自決するチャンスはあった
でしょうに。というのが率直な感想ですね。

904 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 08:57:06.60 ID:zDDGwNi/0
内容の真偽は問わないけど、この人は政治家向きじゃない
むしろ芸能界向きじゃないのか

905 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 08:57:17.07 ID:KWx5zaDz0
>>897
亡くなった俳優の金子信雄のエッセイがウチにあるんだけどさ、
召集されて行軍訓練の時に渡された携行食料が乾パン数個と水だけだったのに驚いたとさ。
戦後、仲良くなった米兵の携行食料を見せてもらったら、ラスク・コンビーフ・チョコレート、
それにワインとチューインガムと葉巻まで付いていたんだって。
こりゃ絶対に勝てるわけがなかった、と正直思ったそうだよ。

906 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 08:57:57.87 ID:TrGhSwzu0
田母神俊雄は多重人格者です。
精神病院にぶち込め

907 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 08:58:14.35 ID:Q4Txfkdq0
>>895
大化の改新以降権力を握った藤原氏は天皇家に必要に嫌がらせをして来た。
その藤原氏の子孫の近衛文麿が天皇への嫌がらせで外務大臣に松岡を指名した。

908 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 08:58:20.88 ID:grOQ3vhK0
>>898
そう、そしてソビエトと連ソしアメリカを始めとする欧米ブロックと対抗する。
当時の赤化将校が考えていた構想だ。

909 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 08:58:42.96 ID:kzai0Bau0
田母神はテロリストだ。

910 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 08:59:55.32 ID:rLMCxASV0
田母さんは神。
時期総理は彼しかいない。

911 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 09:01:56.98 ID:tQufIWAe0
>>889
街宣ぽいよなwww

912 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 09:01:57.43 ID:yDPoOGxd0
>>904
その通り
だから、その通りに発言してる。
そもそも
たかじんのなんとかとかいう番組で、ちやほやしたのが勘違いのスタート

913 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 09:02:02.46 ID:TSeXI7WNO
>>897
もしメシの旨さが勝敗要因になるなら、

イタリア軍とフランス軍は最強な訳だが…

糧食を含めたロジスティックは重要だけど、その性質は一概に優劣をつけづらい

飯ごうで炊けば負けて、Kレーション食えば最強の訳じゃないしね

914 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 09:02:09.95 ID:oWXWueFU0
そんな常識をわざわざ言わなきゃいけない相手ってどんなDQNよ

915 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 09:02:18.06 ID:TFPHYaEa0
>>898
マジかよ
勝ってたら仲良く暮らせてたのか
信じられんな

916 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 09:04:02.32 ID:grOQ3vhK0
>>907
松岡洋右が選ばれたのは、彼が一国一体制を唱えてた国家社会主義者で、
近衛の政策に合うからだと思ってた。

917 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 09:04:28.16 ID:TSeXI7WNO
>>900
単なる原因と結果を説明した訳だが?

918 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 09:04:29.30 ID:tQufIWAe0
遅れてやってきた俺の時代とか思ってるとかかねw
インターネットで急に注目あびたから旧帝の栄光と俺の注目度が重なってもう政治的アイドルなんかな

919 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 09:04:38.61 ID:zDDGwNi/0
>>912
うまく方向性探って台本通り動いてくれればそこそこ視聴率撮れるな
普段テレビ見ないネトウヨがこぞってテレビ見てくれるからおいしい

920 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 09:06:46.50 ID:grOQ3vhK0
>>913
帰ってきた兵隊さんは日本食ほど戦闘食に向かない物はないと言ってた。

921 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 09:08:01.45 ID:TSeXI7WNO
>>905
むしろ機械化されてない歩兵部隊のの機動力を上げるなら、レーションより乾パンの方が良いわなw

922 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 09:09:01.54 ID:lFBm0XqP0
>>913
何事も「過ぎる」と毒になるのよ
えーっと、ほら、食い倒れともいうじゃん?(適当)

923 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 09:09:40.49 ID:TrGhSwzu0
>>912
ネトウヨのための番組たかじんの委員会
さすが田母神

924 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 09:11:34.19 ID:rFPdtGnT0
>>878
歴史を知り始めた中学生ならもうちょっとまともだろ。
田母神のは仮想戦記や陰謀論本で歴史を知った気になった厨房の方だね。

925 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 09:11:38.21 ID:vWW/ZzH00
日本が絶対的な悪で原爆落とされて当然なら、日本が明治以降戦争してなかったらどうなっていたか考えてくれ
他民族の土地を侵略しまくってたアメリカ、イギリス、ロシア、フランス、シナ、オランダ、スペイン、ポルトガルはとんでもない悪魔だと決定されていただろう
今頃、こいつらを焼き払われてないとおかしいな
でも、誰がやろうとするんだろうな
宇宙人かな?
神様かな?
いやもう日本以外いなかったね
アメリカに原爆落とし返すのを日本は忘れちゃいかんよ

926 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 09:11:49.69 ID:7r31F31B0
聖戦士の珍代表を挙げとくよ 昔、立ったスレからのコピペやけどな
戦争を恨んで、兵隊を憎まず、が俺のモットーやが珍代表は別や!

富永恭二:航空部隊の指揮官として息子を特攻死させたが本人は最前線のフィリピンから台湾に逃亡、シベリアに抑留されるが天寿を全うする。
菅原道大:後で自分も行くからとか言って特攻隊を送り出し、終戦時に部下から行きましょうって言われたら「特攻隊の慰霊するからやっぱ行かない」と却下、養鶏やりながら天寿を全う
倉澤清忠:菅原の部下として特攻隊を送り出す。飛行機のトラブルなどで帰ってきたパイロットを監禁するスパルタ施設を運営。
戦後は印刷会社経営、特攻隊の生き残りからの報復を恐れ常に拳銃を携帯。勿論天寿を全ry
黒島亀人:「変人参謀」と言われ数々のキチガイ作戦とキチガイ特攻兵器を立案。
戦後は会社社長として何不自由ない暮らしを送る。なお、宇垣纒の手記(後に「戦藻録」として出版)を遺族から借り出し、自分に都合の悪い部分を破棄、「電車に置き忘れた」などと言い逃れる。当然天寿をまry
源田実:自分の指揮する部隊でも特攻やりたいからよろしくと部下に命じたところ、部下から「私が操縦するから貴方は後席に乗ってください」と言われソッコーで沙汰止みに。
戦後は航空自衛隊に入り航空幕僚長、自民党から参議院議員に。議員時代、日本全土を無差別爆撃したカーチス・ルメイに勲一等を授与する工作する。
言うまでもなく天寿をry
太田正一:米軍コードネーム"BAKA"こと人間爆弾「桜花」の発案者。自分が乗るから開発させてくれと上層部に頼み込んだ癖に「適性なし(笑)」とやらで出撃せず。
終戦直後逃亡、名前と戸籍を変えて暮らす。至極当然に天寿ry
海軍 福留繁:
敵軍に一時捕虜となり重要作戦指令所を奪われるが
自分の責任を問われることを恐れて黙っていたため、後にマリアナ沖海戦の大惨敗の原因となる
もちろん、天寿を全(ry
花谷 正:
第二次アキャブ作戦で部下に突撃を命じるばかりで壊滅的打撃を受けるもお咎めなし。
第55師団長時代は部下の将校を殴り、自決を強要することで悪評が高かった。
また、日頃から陸大卒のキャリアを鼻にかけ、無天(陸大非卒業者)や専科あがりの将校を執拗にいじめ抜き、
上は少将から下は兵卒まで自殺者や精神疾患を起こした者を多数出すなどしたため、部下から強い侮蔑と憎悪を買っていた。
反面小心でもあり、行軍中も小休止の度に自分専用の防空壕を掘らせていた。
勿論、天寿を全(ry

927 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 09:15:42.77 ID:1E8438feO
これでイスラエルに行くそうだ
ヒトラー賞賛して、撃ち殺されろ

928 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 09:17:15.88 ID:TSeXI7WNO
>>920
その「〜ほど」って単なる敗戦感覚からじゃね?

元々比較対照を知らずに、戦勝国のレーションを並べられたら、そりゃあ劣ってるとは思う訳だがな

じゃあKレーションを一週間ぶん背負って日本軍の行軍をやってみろってゆーw

929 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 09:18:02.28 ID:FXZjXUDYi
黄色い猿が白人の真似なんてするのが悪い

930 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 09:18:48.59 ID:70tfz4QU0
一回負けたくらいでやめる程度で「聖戦」とか馬鹿じゃないの?ww
ほかで「聖戦」やってる人たちを見てからものを言えよw

931 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 09:22:10.62 ID:JhY6IKXR0
保守の我から一言、そのお顔で聖戦発言は迷惑です
戦争を煽るだけ煽って一番先に逃げ出した士官を想起します。

932 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 09:24:28.06 ID:AWktzD9s0
ネトウヨはこんなボケジジイがいいのか?
やっぱ安倍ちゃんだなって再認識できたろ?
舛添推薦の件に関しては勝ち馬に首輪つけただけだから許してやれよ。

933 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 09:24:31.08 ID:6+eoLcd70
こいつの前世は牟田口なんだろ
こいつは政治に向いてない
間違いなく亡国の徒だ

934 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 09:26:20.80 ID:6+eoLcd70
あと日本人声のでかさと能力は反比例するからな

935 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 09:26:51.64 ID:iimeiNsV0
工作員のみなさん頑張り杉!

936 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 09:26:56.25 ID:rFPdtGnT0
>>894
> まあタモさんの言うことは正論だが、今の日本で言ったら極右扱い。
> そこへんがわかってないところが残念。

具体的に田母神が言った正論って何があるよ?
俺にはとんと心当たりがないんだ。

937 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 09:28:59.73 ID:ZsFyf1VB0
この人右過ぎ…

938 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 09:29:57.55 ID:ziKPsphI0
日本兵の兵士としてのレベルは世界一と言われていた。
指示に従い、忠実に実行、精神面も強い。

しかし、指揮官が無能。今でいう官僚や政治家と同じ、卓上の計算ばかり。
インパールの牟田口、作戦の服部や辻参謀。そして東条。
兵士には自決しろと命令しておいて、自分たちだけは保身に走る。
そして国のため、国のためと他人に犠牲を強いる。
A級戦犯は靖国から分祀すべき。

田母神のような基地外を支持するのは情弱。

939 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 09:30:00.22 ID:DX8HxUmv0
流石に聖戦は引くわ

940 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 09:30:58.14 ID:zDDGwNi/0
>>926
珍っていうかこれスパイじゃねえの
今の日本もカルトや異民族要職につけて、これと似たような状況いつおきても不思議じゃねえな

941 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 09:31:18.35 ID:rFPdtGnT0
>>912
たかじんの例の委員会か。
あの番組は関東へのコンプレックスとねたみで出来上がってる様なもので
「真実はボクだけが知っている」って思春期に患いやすい厨房心理を
そのまま長時間の番組に編成した構成だからな。
あそこで持ち上げられる様なのには司会も含めてまともな奴はいないだろ。

942 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 09:31:19.42 ID:grOQ3vhK0
このスレの8割はタモさんdisりのレスばっかりだな、それも感傷的なのばっかり。
ネガキャンの論理性の無さが、今後大東亜戦争聖戦説の伸張を暗示している。
議論が沸き起こる事は良い事だ。

943 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 09:33:00.08 ID:pr+e095u0
聖戦wwww
こいつオカルトなの?

944 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 09:33:19.16 ID:rFPdtGnT0
>>933
いやいや、どっちかというと富永恭次だろうな。

945 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 09:33:41.14 ID:5EAupSa70
■歴史研究家や評論家等の専門家や政治家の評価

H・G・ウエルズ(英歴史研究家・作家 1866年9月21日-1946年8月13日)
『大東亜戦争は大植民地主義に終止符をうち、白人と有色人種の平等をもたらし
世界連邦の基礎を築いた』として、この戦争が文明史的な意義を持つと評価

アーノルド・トインビー(英文明評論家・歴史学者 1889年4月14日-1975年10月22日)
『第2次大戦で日本は自分のためよりも、むしろ戦争で利益を得た他の国のために
偉大な歴史を残した。その国とは、日本が提唱した大東亜共栄圈に含まれる国々だ』

クリストファー・ソーン(英歴史家 1934年 - 1992年4月20日)
『非白人種による史上初めての大規模な戦争であり、これにより19世紀以来の人種主義
(白人中心主義)が後退していく重要な契機になった。』としている

アビディン(マレーシア歴史家)
『日本軍政はマレーシア人にとっては独立の種を蒔いて成長させてくれたものだ。』

ティ・サイ(前印弁護士会会長)
『インドの独立は日本のおかげで30年はやくなった。この恵みを忘れてはならない』

バ・モウ(前ミャンマー首相)
『我々を白人の支配から救ってくれたのは日本だ。
日本ほどアジアに貢献した国はない。 日本ほど誤解されている国もない』

シャプエ(前マレーシア外相)
『日本がなかったら、東南アジアの独立はなかった。 日本が見せてくれた高貴な犠牲を
否定するのは『バックミラー』だけを見ているのと同じことだ』

シャルル・ド・ゴール(フランス大統領、1890〜1970年)
『(日本による)シンガポール陥落は白人植民地主義の歴史に終焉をもたらした。』

ナセル(エジプトの2代大統領)
『(第3次中東戦争の惨敗後)アジアには日本があった。しかし、アラブには日本がない。』

※他にも中華民国総統の李登輝、マレーシアのマハティール・ビン・モハマド首相、インドネ
シアのスカルノ大統領等の当時の被植民地出身の政治家たちが『被植民地住民にとって宗主国
たる白人に対する劣等感を払拭する大きな力になったと』と発言している

946 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 09:35:32.40 ID:zDDGwNi/0
>>942
ディスっちゃいないけど、この人ストレート過ぎるんだよ
外交で海外行ったら行きがかり上宣戦布告してきちゃいました(てへぺろ
みたいな状況見えるから政治家には不向きじゃないかね

947 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 09:36:00.83 ID:8mQKKJUv0
大東亜戦争はコミンテルンが仕掛けた陰謀だってのはどこに行ったんだ?
疑惑の田母神論文はそれについて書いてたんだよな?

948 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 09:36:50.07 ID:eVgygm2o0
>>625
>単に自国民がたくさん死んだという結果から物事を見るのは平和ボケだ

あほくさ、結果が全てなんだよ。
まるで自分たちのサッカーができなかった、とか
抜かす日本代表みたいな言い草だ。

949 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 09:37:10.65 ID:bvgYdcJv0
聖戦に売春婦なぞいらんやろ

950 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 09:37:14.76 ID:3Jf+Judg0
バカチョンが火病の発作起こしまくりw

951 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 09:37:37.82 ID:AWktzD9s0
結果として植民地の解放に世界が向かうわけだが、
日本がそれを目指して戦ったわけじゃないから。
日本は日本で、大東亜共栄圏の盟主として君臨するために戦ったわけで、現地人をそのまま平等に扱ってなどいない。
平等に扱ったのは併合した朝鮮くらいのもの。

そして日本が負けたことで世界が今の方向へ動いたんだ。
日本が上手に、シナリオ通りに負けて、今の流れを生んだというなら、それこそ戦死者を冒涜しとる。

田母神は糞すぎ。

952 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 09:37:49.15 ID:grOQ3vhK0
>>940
戦時ムチャクチャな命令を出して戦後逃げ回った参謀が沢山いるらしいからな。
作戦課の参謀は通謀を疑われても仕方無いと思う。

953 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 09:38:18.16 ID:8mQKKJUv0
>>950
田母神が大東亜戦争はコミンテルンが仕掛けた陰謀だって言ってるのとどう整合取る?
チョンとか関係ねえぞ

954 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 09:38:28.10 ID:zDDGwNi/0
>>945
おれ達スゲーみたいな文章よく見るけど
実際は欧米諸国から仲間はずれされて戦争起こしただけ
大義もクソもありゃあしない

955 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 09:39:02.08 ID:eVgygm2o0
>>898
>日本人、中国人、朝鮮人が仲良く暮らす夢の大亜細亜

脳天気なこと思ってたんだなあ、支那朝鮮が
同じ人間だなんて、どんだけ夢みがちなんだろう。

956 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 09:39:35.89 ID:3Jf+Judg0
>>943
いわゆるジハード(神の道において奮闘)的な意味だろ
この程度の解釈も自分でできないとか脳なし杉だわw

957 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 09:40:42.36 ID:3Jf+Judg0
>>953
あ”?なにGDGD絡みついて来んだよ?
んなもんしったこっちゃねーんだよ、ドアホ

958 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 09:41:18.10 ID:vXJrE1y80
>>938
日本国民への責任、敗戦に導いた、ないしは結果として敗戦となった責任は明確にある。
ただ、責任を国内と国外へのものと分けて考えないとゴッチャになる。

959 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 09:41:26.81 ID:G8DWu1NA0
>>1
天才バカボンでこんな軍隊キチガイのおっさんの話なかったっけ?

960 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 09:41:45.31 ID:J/95MS2j0
聖戦では無いな
当時列強のどの国でもやっていた領土紛争の解決手段でしょ
日本だけが特別だったわけでは無い

961 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 09:41:46.80 ID:LBYHj3zp0
あほが保守の代表みたいな扱いされるのは遺憾だわ
まともな保守はでてこないもんかね

962 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 09:42:49.27 ID:grOQ3vhK0
>>954
別に、じゃ考え方変えるわってコンセプトを替えただけ。
聖戦の否定にはならない。

963 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 09:42:58.90 ID:JrGVCYnH0
無駄口とか富永とかさんざんな言われようだなwwww

どっちかというと、栗田よりひどいのは間違いないな

964 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 09:43:15.30 ID:bvgYdcJv0
あの戦争を100%正義と言う奴は、キチガイ

965 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 09:44:06.45 ID:5EAupSa70
ここで発狂してるブサヨや在日のチョン公ってウエルズやトインビーの著名な

研究家の評価なんて読んでないし名前すら知らない底学歴底辺の連中だろ

966 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 09:44:15.98 ID:UQGULsIA0
これはタモさん正論だわ
教科書に載せるべき

反日自虐教育から子供達を解放しないと日本に未来はない

967 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 09:46:31.52 ID:RqeeYqO80
は??www
田母神がキチガイだってやっとわかったのかww
ネトウヨのバカどもは
田母神より惠や阿久根市長はもっとひどい
自衛隊は全員キチガイだ
第二次大戦でも国体護持のため本土決戦で民間人が何十万人死ぬのもやむなしと
考えたやつらだからなw
安倍もお前らの思惑外れて親韓だし



お前ら外しまくってその結果、馬鹿がのさばってるんだ、どあほが

968 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 09:46:40.24 ID:grOQ3vhK0
>>949
将来、神々がやる聖戦にも淫売婦は憑いて来るかもしれない。

969 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 09:47:16.99 ID:zDDGwNi/0
>>962
どこへのレスかもよくわからんからテキトウに応えるけど
聖戦って言うほど日本人は支持してなかったろ
人口の一%に満たない野蛮で革新的な奴らが御輿を担いで、残りのグズ共がウロウロくっついてっただけだ

聖戦とまで言うなら宗教あたりと絡ませないとだめだろ
その場合は神道あたりが候補になると思うが、八百万の神々が聖戦なんていくと思うか?
あーめんどくさいんで勝手にやってくださいって言われるのがオチだぞ

970 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 09:47:56.33 ID:yf5+ZTQZ0
10年早く中野学校を作っていて
石原莞爾将軍が健康でもっと政治的な人間だったら
あそこまでの大戦争と敗北には至らなかったであろう。

971 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 09:49:08.30 ID:RqeeYqO80
自衛隊なんて幹部は全員キチガイ

下っ端は全員小学生

そんなのは常識だ


おぼえとけ、バカウヨドモwwwwwwwwwwwwwww

972 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 09:49:26.33 ID:RASbih4y0
聖戦とか解放戦争とか
ネトウヨ並に恥ずかしい事主張する奴だったのか・・・

舛添に入れてよかったわ

973 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 09:50:23.77 ID:RqeeYqO80
田母神がキチガイだと
いまのいままでわからなかった
バカウヨって・・・wwwwwwwwwwww

974 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 09:50:46.52 ID:grOQ3vhK0
とりあえずタモさんの話を聞こうよ。

975 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 09:51:02.57 ID:QrHnrr8zi
・英国歴史家のウェルズ

大東亜戦争は植民地主義に終止符を打ち、白人と有色人種の平等をもたらし、世界連邦の基礎を築いた。
大東亜戦争は戦後のアジア、アフリカに多くの独立国家を生み出す契機を与えた戦争だった。
戦後の日本人は、戦いに敗れたとはいえ、西欧の植民地支配を崩壊させた。

今の日本人は、世界史の流れを大きく変えたという誇りが全く欠けている。

・「アジアには日本がいた。アラブには日本がいなかった」 エジプト・ナセル大統領


しかし朝鮮・中国は国を分断されたり、国の一部をぶんどられたのに欧米に文句をつけるのでなく、戦争責任をすべて日本に押し付けようとします。

976 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 09:51:08.36 ID:bBQv3U+y0
ブサヨ、ホイホイww

977 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 09:52:06.57 ID:RqeeYqO80
>>976
バカウヨは済州島に強制連行でいいだろ

978 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 09:52:51.42 ID:AWktzD9s0
スクランブルエッグを作るつもりが、超ふんわりオムレツが完成したからって、そいつが天才シェフじゃないだろ。
スクランブルエッグが大東亜共栄圏で、超ふんわりオムレツが平等な世の中な。

979 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 09:53:20.01 ID:RASbih4y0
>>975
結果論を自分たちの手柄みたいにいう厚かましさは日本人にはないから

980 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 09:53:20.78 ID:RqeeYqO80
>>978
キチガイ発見ww

981 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 09:54:24.85 ID:rFPdtGnT0
田母神と幸福のバカ学はどっちも持ち上げる奴に
碌な知識を持った奴はいないという点で共通してる。

982 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 09:54:31.42 ID:grOQ3vhK0
馬鹿サヨの話なんて聞き飽きただろ。タマには違う歴史観に触れて洞察を深めよう、タモさん頑張れ。

983 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 09:54:42.60 ID:7r31F31B0
>>975
ウェルズの原文の出典教えて。
名越二荒之助の電波本じゃなくてねw

984 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 09:55:39.27 ID:RqeeYqO80
俺の職場に前、自衛隊退職者がいたが
そいつが「幹部は全員キチガイだ」っていってたが
テレビで田母神や惠や阿久根市長を見るにつけ
ああ、あいつの言ってたこと本当なんだって思うわww

985 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 09:56:00.10 ID:LDqHsI9M0
日本の歴史上、かなり早いうちに政教分離されてたのに
聖戦とまで言ったなら、この人自体が歪んだ歴史教育うけて鵜呑みに人なんだろ。

昭和天皇の言葉を読みかえせよ。

986 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 09:56:27.86 ID:zbuZLYa0O
「職業軍人(志願制)だけでは中国には絶対に勝てない」(田母神先生、徴兵制の必要性を強く支持)

987 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 09:57:15.08 ID:zDDGwNi/0
>>982
タモさんは日本人っぽくて好きだけど、あのままではやばい
ネット応援団としてさぽーとしてやんなよ

988 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 09:57:49.45 ID:grOQ3vhK0
>>977
さっさと最終島に帰れ。

989 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 09:58:46.51 ID:RqeeYqO80
>>987
おう!がんばって応援してやれよ!!!
.







.
キチガイをなwwwwwwwwwwwwwwwwwww

990 : ◆Rfkp.U.alk @転載は禁止:2014/08/08(金) 09:58:50.00 ID:idyy11z/i
>>930
この場合の「聖戦」は単なる言い訳。
負け戦の責任を誰も取っていないことに対する言い訳。

991 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 09:59:07.59 ID:ScPFhSl20
>>982
こういう方向に頑張っても良いのか?w

992 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 09:59:48.77 ID:RqeeYqO80
>>988
なんで日本人の俺が済州島に帰るわけ????

993 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 10:00:44.03 ID:zDDGwNi/0
>>989
おまえの立場はは外資だろ?
つってもくせーアジアの三流外資だろうけど
母国語も話せないんじゃ、行き場もないもんな
工作がんばれよ

994 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 10:01:02.27 ID:grOQ3vhK0
>>985
ただのレトリックにナニ真剣に成ってるの? 分かりやすいキャッチフレーズだよ。

995 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 10:01:35.08 ID:RqeeYqO80
>>993
なにいってんだ?おめwwww

996 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 10:02:25.93 ID:QY0HHXlmO
大賛成


負けたからウダウダ言ってるだけで


植民地拡大は欧米列強がもっと酷いことしてた

997 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 10:03:26.62 ID:grOQ3vhK0
聖戦目的を果たしたから聖戦。

998 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 10:03:37.17 ID:zDDGwNi/0
>>995
なんだ中学生の鬱憤ばらしか
こういう場での意見の交換は自分のためになるってことだ
バカにしてばかりでなく、真面目になるといいこともあるぞ

999 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 10:03:51.13 ID:RqeeYqO80
だいたいこういう言葉を発する時点で

田母神がキチガイだって証拠だ

支持されると思ってるのか?


このキチガイはwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

1000 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/08(金) 10:04:10.20 ID:Amnd/xnk0
>>996

同意
だからお前ら50年朝鮮戦争を終わらせられないだろ
お前ら南朝鮮が圧倒的に敗北してんだから

1001 :1001:Over 1000 Thread
このスレッドは1000を超えました。
もう書けないので、新しいスレッドを立ててくださいです。。。

378 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)