5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【赤旗】精神障害者を病院施設内に押し込める政策はやめろ 「地域で普通に暮らしたい」という痛切な願いに応えよ★3

1 :シャチ ★@転載は禁止:2014/08/04(月) 20:10:42.61 ID:???0
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik14/2014-08-04/2014080401_05_1.html
★1の立った時間 2014/08/04(月) 10:04:07.65
http://daily.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1407120749/
厚生労働省が精神科病院の病棟・病床の一部を「居住系施設」に転換する方針をまとめ具体化をすすめていることに、
障害者や医療関係者などから強い反対の声が上がっています。長期入院患者の解消を口実にしたものですが、
厚労省の方針は、病院敷地の建物を「居住施設」と言い換える看板のかけ替えにすぎません。
精神障害者を病院施設内に押し込める政策をあらため、地域で安心して生活できる環境こそ整えるべきです。

地域で普通に暮らしたい
 日本の精神科病床には約32万人が入院しています。病床数では経済協力開発機構(OECD)加盟34カ国平均の4倍とずば抜けています。
入院期間も長期化しており1年以上は約20万人、10年以上は約7万人にのぼります。入院が長期化するほど生活する力が衰えて、
地域生活への移行が困難になる場合も少なくありません。

 厚労省は、長期入院の解消と患者の地域移行をめざす検討会を設置して議論を続けてきましたが、7月初めに検討会がまとめた結論は、
障害者らの願いに反する重大な方針が盛り込まれました。精神科病床の「適正化」で不必要になる病院の建物設備を「活用する」として、
従来の病棟・病床をグループホームなど「居住系施設」に転換することを認めたのです。

 病院敷地内で「居住」することは、従来の入院生活と実質は変わらず、地域で暮らすことと異なります。
厚労省は「自由に出入りできる」などといいますが、精神科病院の立地自体が市街地から遠く離れている場合が多い実態などを無視した議論です。
「一時的」という厚労省の説明についても、日本の精神科病床の歴史的経過をみれば
「一度整備されれば恒久化されてしまう危険は否定できない」(日本弁護士連合会意見書)と警告の声が上がっています。

 患者自身がこのような転換を望んでいません。厚労省の入院患者の聞き取りでは、退院を希望する人は多いのに、
「住まいが病院の敷地内なら」との問いには「退院したくない」という答えが多数でした。
退院した患者への調査でも病院施設内だったら「退院しなかった」という回答が圧倒的でした。

 地域のグループホームなどを計画的に増やし、賃貸・公営住宅の入居を促進すべきです。訪問診療や相談支援、
就労など地域で支える体制の整備に本格的に取り組むことこそ、
「地域で普通に暮らしたい」という精神障害者の痛切な願いにこたえることができます。

 日本政府が今年、批准し発効した障害者権利条約は、障害者が他の市民と平等の機会をもって居住地を
選択できる措置を締約国の義務にしています。「特定の生活施設で生活する義務を負わない」ことも明記しています。
厚労省の方針は、権利条約に完全に逆行しています。条約を批准した最初の年に権利条約に反する方針を推し
進めることは、世界に顔向けできない重大な汚点になりかねません。

「実施やめよ」の声広げ
 厚労省は来年度実施に向け、モデル事業などを開始する構えです。これにたいして3000人を超える参加者で
病床転換反対大集会を6月末に開いた障害者団体などは、実施を許さない世論と運動を強め広げることにしています。
障害者の人権を保障する国民の共同したたたかいが急がれます。

902 :唐澤貴洋@転載は禁止:2014/08/06(水) 00:04:33.75 ID:HGA9HX2L0
>>878 【愛知県の精神科病院】和合病院 2 (埋め立て業者が隠蔽工作) http://anago.2ch.net/test/read.cgi/hosp/1369783474/
100 :卵の名無しさん:2013/10/17(木) 12:25:19.42 ID:CFBoI06Y0
和合病院 退院秘話
ホームレス状態だった元統合失調症患者の無職は、地元の福祉課に無理矢理拉致され入院させらせる。この入院形態は任意。その後、後見人を見つけてきて医療保護に切り替え。入院に抵抗したため即日閉鎖病棟行き。強制的に抗精神病薬を投薬。

半年ぐらいして見舞いにいくと、本人はしきりに退院の話をする。しかし病院によるとそんな話は出ていないという。

この繰り返しが数年繰り返されるが病院は退院をことごとく否定。

本人は無為自閉に陥る。

10年程度経過。病院によると「退院できますよ」という話も出てくるが、うやむやになっている。実家は極貧、後見人の兄弟は冷酷なため退院の目処は立たず。
現在も抗精神病薬を投薬中。しかし虫歯や他の病気は放置。

112 :卵の名無しさん:2013/11/06(水) 13:01:12.18 ID:zg5XUxsV0
経緯
両親の死後、実家で同居の兄弟から虐待。死亡を危ぶまれる状態にまで追い込まれ他の兄弟に引き取られる。

次の家でも貧困から虐待のような扱いを受け、半分ホームレスのような状態になる。

その世帯が生活保護となり、食事には困らなくなる。生活保護課は執拗に精神病院入院を奨めてくる。

生活保護課は入院を断行。生活保護を受ける家族に移送に強力するよう指導。車まで生活保護課が用意。
直前まで当人に事情すら説明せず、抵抗する本人を拉致。病院に移送。

以降、約10年退院できず。成年後見制度適用下。

903 :パカ弁を雇うナマポ病院とは@転載は禁止:2014/08/06(水) 00:07:31.31 ID:HGA9HX2L0
>>878 【愛知県の精神科病院】和合病院 (暴力団の本のコピペを弁護士を雇ってIP開示) http://archive.today/TEkBw
88:卵の名無しさん:2013/03/03(日) 20:11:57.22 ID:65/ROg+fO
愛知県内で福祉事務所、保健所、生活保護関係に目をつけられた身寄りのない精神病者は、この病院にぶちこまれる事がある。他の病院が嫌がるようなやっかいな人間も、この病院は受け入れる。役所が選ぶ病院。
移送(拉致)も場合によっては福祉課、保健所、警察などが行う事がある。この場合、民間警備会社に依頼したときのような高額な拉致費用を負担しなくてよい。
いったん入ったら、どんな頑固な薬嫌いも薬漬けにされる。投薬監視が厳しいのだろうか?
これまでレスによると、頭が単細胞の看護人が多そうである。
長期収容が多く、基本的に治す気はない。抗精神病薬漬けでボケボケなのを「痴呆が入っている」と説明する。

医療法人和合会 和合病院 http://www.wagohkai.or.jp/

伊藤病院不当入院事件 http://yabusaka.moo.jp/seisinbyouin.htm
千葉県東金市に住むAは結核を患い生活保護を得て自宅療養していた。1969年5月、Aが自宅でひとりでいる時、東金福祉事務所のケースワーカーなど4〜5名が、突然家を訪れた。
そのなかには伊藤病院の職員が保健所職員と偽って入っていた。その職員は、「血圧を測る」と騙してAに麻酔薬を注射、眠ったところを車に運び、病院に連れていった。
Aはその後、5年3ヶ月余り、閉鎖病棟に閉じ込められていた

和合病院事件(殺人) http://woaini.jugem.jp/?eid=329

244 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)