5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【歴史】インパール作戦70年 追悼や資料館…地元で継承広がる [7/22]

1 :かじりむし ★@転載は禁止:2014/07/22(火) 20:30:23.82 ID:???0
インパール作戦70年 追悼や資料館…地元で継承広がる
http://www.asahi.com/articles/ASG7L6R5ZG7LUHBI04N.html
朝日新聞 インパール=貫洞欣寛 2014年7月22日05時31分


 1944年に日本軍がインド北東部インパールの占領を目指し、多くの死者
を出した「インパール作戦」から70年。地元の人々が、激戦地の跡を調査し、
散逸しつつある記録と記憶を掘り起こそうとしている。地元政府も本格的な
戦争資料館の建設に向けて支援に乗り出すなど、史実を刻む動きが広がってい
る。

 インパール市内の住宅地。表通りから未舗装の路地を進んだところにある民
家の2階を訪ねると、鉄かぶとやさびた銃、不発処理された砲弾や戦闘機の座
席とみられる部品、当時の写真など約200点がずらりとならんでいた。

 ここに住むアランバム・アンガンバさん(41)が、友人のユンナム・ラジ
ェシュワルさん(36)らと資金を出し合って今年4月に開いた私設の「イン
パール戦争資料館」だ。

 アランバムさんはインド軍将校を父に持ち、インパールで行われた戦争に以
前から関心があった。一方、ユンナムさんは「戦争が起きて山中を逃げ惑った」
と語る祖父母の話を聞いて育ったが、戦争の実態はよく知らなかった。

 地元ではインパール作戦は「日本戦争」と呼ばれているが、広く語り継がれ
てはいない。2人は「すべてが失われる前に、自分たちの手で何が起きたかを
調べよう」と、5年ほど前からインパール周辺で戦跡の調査を始めた。戦史な
どの資料を集め、戦闘の行われた現場を特定し、塹壕(ざんごう)のあとなど
を発掘してきた。

 兵器類だけでなく、日本兵が持っていたとみられる女性の写真や、「二六〇
一」や「昭一七」といった製造年が刻まれた水筒などがみつかった。2人は共
同で2009年に「第2次大戦インパール作戦財団」を設立。さらに仲間を集
めた。調査活動を続けるうち「2014年の作戦70周年にあわせ、犠牲者を
追悼する式典を開くべきだ」と思い至った。


http://www.asahicom.jp/articles/images/AS20140721001595_comm.jpg
↑画像:自宅に戦争資料館を開いたアランバム・アンガンバさんと、記念式典
に参加するためインパールを訪れ、資料館で記帳する川村泰久・駐インド公使
(右)=インパール、貫洞欣寛撮影
http://www.asahicom.jp/articles/images/AS20140721001578_comm.jpg
http://www.asahicom.jp/articles/images/AS20140721001593_comm.jpg
http://www.asahicom.jp/articles/images/AS20140721001591_comm.jpg
地図 http://www.asahicom.jp/articles/images/AS20140721003545_comm.jpg

2 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/22(火) 20:31:02.14 ID:P/ws5wnS0
インパルス消えたよな

3 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/22(火) 20:32:55.49 ID:ny3ghAVai
これがネトウヨが敬愛賛美する大日本帝国陸軍ですよ
無能が無能を讃える
始末におえない

4 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/22(火) 20:35:13.25 ID:vbj2GXe10
ちょっと行ってみたい

5 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/22(火) 20:36:19.76 ID:h7bxrjk00
優秀なる牟田口司令官は何人殺したんだ

6 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/22(火) 20:37:16.66 ID:osn4D9Ls0
>>3
インドではこの戦争をイギリスからの独立戦争と位置づけている。ってこないだ記事が出てたよ(映画も作った?)
日本から見たら最低な戦争でも、見かたを変えれば意味のある戦争だったんだよ。

7 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/22(火) 20:38:00.46 ID:wANLAw8F0
口先だけ勇ましいバカどもが考えたアホ作戦

8 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/22(火) 20:39:09.42 ID:bDXpIyKo0
>>5 戦後に、間違ってないと親族などが撒いてたビラ。
それ現物保存してる人なんかもいるのだろうか?

9 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/22(火) 20:39:34.40 ID:ikWX90lS0
思想的にはネトウヨと呼ばれる領域に入るであろう俺でも、この作戦を
擁護する気は毛頭こざいません。作戦考えた奴はアホですw

10 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/22(火) 20:39:40.86 ID:UXJFHQo10
史上最悪の無能自滅作戦

11 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/22(火) 20:40:13.00 ID:3qkZ+T9/0
地元 ・・ インパール市だったのか。
しかし、日本軍はインパールには行けなかった・行き着けなかった
と思っていたのだが。

12 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/22(火) 20:41:12.65 ID:wANLAw8F0
今でいうと
のーなしケケ中ダニ蔵が考えた虫けら日本人でウリが痛くも痒くもなくホルホルする
ウリナラ偉大なる大天才様が考えた美しいイルボンSHINE作戦

13 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/22(火) 20:41:49.74 ID:+Bg8cuctO
この戦争に参加したインド国民軍の処遇をめぐる闘争がインド独立のきっかけになってるから
世界史的にも結構重要な戦いだね

14 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/22(火) 20:42:12.04 ID:CtHw/Don0
牟田口は無能の極み
だが支持した上層部は無能どころではない

15 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/22(火) 20:42:28.34 ID:8lG8Y2t80
ネトウヨの俺でもインパール作戦は許せんな!

16 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/22(火) 20:44:15.60 ID:TdiUkNWe0
チャンドラ・ボース 「ごめんなさい。インドの独立のためには、日本と一緒に負けるわけにはいかないんです」
日本軍兵士   「分かっているよ。頑張れ」

17 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/22(火) 20:44:31.04 ID:tG0hi1rp0
[証言記録 兵士たちの戦争]
インパール作戦 補給なき戦いに散った若者たち 〜京都 陸軍第15師団〜

http://cgi2.nhk.or.jp/shogenarchives/bangumi/movie.cgi?das_id=D0001210031_00000

18 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/22(火) 20:47:37.48 ID:jsucFZhd0
ジャップは勝手に飢え死にしてればいいが
現地の人は牛や食料を略奪されたり大変だっただろうな

19 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/22(火) 20:48:02.37 ID:vnk5kdWH0
金があれば是非、映画化したいとずっと想っている

20 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/22(火) 20:48:09.19 ID:RLr51wYw0
補給を軽視しすぎた結果だが、時代が変わってもその傾向は変わらないんだよな。

21 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/22(火) 20:49:24.94 ID:F7l/kxqC0
インパール作戦では大韓民国臨時政府軍が
イギリスと共同で日本と勇敢に戦ったと聞いているニダ
その資料ももちろんあるニカ?

22 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/22(火) 20:49:32.33 ID:RBE+Ixje0
>>1
日本軍は兵士は優秀だけど
将校は無能ぞろいとアメリカ軍が評していたけど
その評価通りの無謀な作戦だったな

日本の陸軍士官学校は精神論ばかり重要視されて
合理的な作戦を立てる能力を持った人間が将校になれなかったのが日本の悲劇

23 :無しさん@0新周年@転載は禁止@転載は禁止:2014/07/22(火) 20:50:12.15 ID:TYrEqnUO0
また朝鮮人の為のチョン立場、
日本人を貶め世界に広げる
在日パチンコ朝鮮人と
金目の売国日本人、
世界に貢献してると思う日本
朝鮮戦争まだか・
朝鮮人滅びて欲しい心からお祈り
します、

24 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/22(火) 20:52:02.55 ID:CtHw/Don0
>>21
うむ、あるぞ
たしかイギリス側の諜報部対として活躍したらしい

日本軍にあって不平不満を述べ逃げ出したという説もあるがなw

まあチョンでなくても文句はでる作戦

25 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/22(火) 20:55:45.64 ID:RqLCEM/60
山下さんて処刑されたんだろ・・・

26 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/22(火) 20:56:28.05 ID:YP7zIN+/0
インド独立には役に立ったかもしれないが、
バングラデシュの更に東の地域はインドの支配を嫌い独立運動がある
観光誘致に役立てば少しは意義のあることかもしれんが

27 :無しさん@0新周年@転載は禁止@転載は禁止:2014/07/22(火) 21:00:23.50 ID:TYrEqnUO0
原田陸軍大佐が戦略
補給を考えず、山に住む
猪、トリなど例に例え
日本軍を戦わせた大本営
圧倒的に英軍とオーストラリア軍相手
圧倒していたが、米軍介入で
長期戦になり物資が無くなり
餓死者を沢山だした悲惨な戦争

28 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/22(火) 21:03:41.79 ID:FFGlzKft0
無能司令官の代名詞として末永く語り継ぐべき

29 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/22(火) 21:08:26.95 ID:VYpWjd/00
食料の輸送に牛を使って、移動したあとにその牛ごと食べちゃおうという二度美味しい作戦のはずが
爆発音に驚いてその牛が食料ごと皆逃げちゃったんだっけ。

30 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/22(火) 21:09:41.58 ID:YoQwEHyx0
>>28
作戦の目的は間違ってなかったんだよ

ただ、食料も装備もなしで襲ってこいって命令して
餓死寸前で帰ってきた兵士に「よく生きて帰ってこれたな」とか往復ビンタしたのが
悪かっただけで

31 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/22(火) 21:11:20.15 ID:0gBpmrh60
牟田口の遺族の住所と氏名と電話番号と血液型と生年月日と好きな体位教えろ

32 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/22(火) 21:13:48.57 ID:yeYfBZtx0
三千m級の山岳地帯を重装備の徒歩で(途中までは分解した野戦砲背負って)踏破しろとか、佐々成政やハンニバルでも諦めるレベル

33 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/22(火) 21:14:15.35 ID:CU8Mvcbj0
>>30
作戦立案したのその無能指揮官だぜ・・・

34 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/22(火) 21:16:03.34 ID:jXh1E/K80
援蒋ルートの破壊
インド独立支援のための圧力
作戦目的は悪くなかったが、兵站を考えないのは有り得ないことだ。
「糧食? 現地で調達したらよろし!」「弾薬? 銃剣突撃なら弾切れとは無縁!」では
勝てません。

35 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/22(火) 21:18:03.79 ID:eAcc2vBx0
>>30
そもそも戦略的目的がクソだから。

36 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/22(火) 21:20:34.55 ID:CtHw/Don0
>>30
ビルマなんて守れる訳ないし、守っても意味がなかった

インパール作戦は初めから間違ってたんだよ

37 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/22(火) 21:24:17.97 ID:ICdzs5s30
戦後、中華料理屋を経営
その名もジンギスカン

38 :子烏紋次郎@転載は禁止:2014/07/22(火) 21:24:57.79 ID:ne/oE0nl0
敗けたら賊軍を地で行ってる書込みばかり 大和心は無くなったようだ

39 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/22(火) 21:25:29.86 ID:CU8Mvcbj0
>>36
ビルマ守るなら進軍せずにいればいいだけだったんだ
戦略的にインンパールへの進軍の意味は元々無い

40 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/22(火) 21:29:23.51 ID:vXfECBp00
人類の戦史上で最も愚劣と言われる作戦か

なにがスゲーってこれだけの損害をだして
富山と佐賀のバカ二人責任も取らずに
長生きしてるのがスゲー

普通は見方に暗殺されるレベル(´・ω・`)

41 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/22(火) 21:30:27.88 ID:r2mpO+kb0
問:広大なビルマのジャングルでの食料はどうするのですか?



【答】
故に日本人は草食民族なり。
古来より野山に自生する野草を食し生を得て来た民族ならば
草木が密集するジャングルほど豊富な食料の宝庫はなかろう。

42 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/22(火) 21:30:42.55 ID:CIBTBWiY0
日本軍は下士官や兵士は世界でトップレベルだった。
しかし指揮官、つまり今でいう官僚や政治家が無能すぎた。
インパールはいい例。
そして、官僚や政治家は今もその本質は変わらない。
他人に「愛国心」を押しつけ、戦地へ行かせ、自分たちはいつも安全な場所にいる。
靖国のA級戦犯もそんな奴ら。立派に戦った兵士は讃えたい。しかしA級戦犯など讃えたくない。
今も昔も官僚や政治家を支持するネトウヨは情弱の極み。

43 :子烏紋次郎@転載は禁止:2014/07/22(火) 21:34:43.23 ID:ne/oE0nl0
>>42
地獄へ行ってそれを伝えてこいよ物知りさんw

44 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/22(火) 21:36:57.63 ID:dhvc4JEB0
>>13
そういうのを「理屈と膏薬はどこへでもつく」というんだよ、ボク。

45 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/22(火) 21:38:32.88 ID:YXWjfBQm0
司馬先生の本を読むべきだな
昭和の軍人はダメですよ、全てがダメです

46 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/22(火) 21:39:10.78 ID:tCJHmekKO
>>42
装備やそれを扱う技術も含めての「歩兵の質」だよ
歩兵てのは集団であって個人じゃねえ

補給仕事を腫れ物扱いし、三八式で戦車や機関銃とやりあう歩兵は愚兵

47 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/22(火) 21:40:23.11 ID:6wFR0gCn0
昔も今もトップの能無しって、全然責任とらないんだな東電の勝俣と清水

48 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/22(火) 21:40:31.68 ID:T5+MIjSJ0
>>44
バカ?

49 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/22(火) 21:40:40.98 ID:gXrFHY1/O
宮崎繁三郎くらいか
インパール作戦の唯一の良心は
(´・ω・`)

50 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/22(火) 21:42:45.23 ID:tCJHmekKO
>>45
陸軍のトップつーか
陸軍大学が明治時代で止まってたと石原莞爾が言ってたな

51 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/22(火) 21:43:43.92 ID:l7Xq1ibV0
牟田口も無能だが、それ以上に近衛文麿の方が無能

52 :子烏紋次郎@転載は禁止:2014/07/22(火) 21:45:11.55 ID:ne/oE0nl0
>>48
だな

53 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/22(火) 21:47:47.16 ID:BsKiSmCD0
>>51
あいつはアカ 日本をわざと敗戦にもっていこうとして、成功した工作員

54 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/22(火) 21:49:47.01 ID:0KNpdYcR0
皇軍の将兵6万人以上を無駄死させた
ジンギスカンハウスのオーナー牟田口廉也の悪口はどんどん言ってくれ

55 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/22(火) 21:50:49.98 ID:JfOVTQG50
インド独立は全くの偶然の副生物
日本はインド人なんて攪乱の道具としてしか扱っていない
そもそも大東亜共栄圏、五族協和にはインド、ビルマは入っていない

56 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/22(火) 21:51:41.16 ID:K5LnOp8D0
牟田口とサンミュージックの会長だった人はそっくり

57 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/22(火) 21:52:59.43 ID:jXh1E/K80
>>45
司馬史観には同意できないな。
ま、話半分で読む分には差し支えないが、真に受けちゃダメよ。
あれは司馬史観であって歴史ではない。作り物だ。講談・大衆小説だな。

58 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/22(火) 21:53:00.56 ID:BsKiSmCD0
>>45
司馬はバカ 戦車がやすりで削れるとか発見して有頂天になったバカ
いいから0距離でM4仕留めろよ。

59 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/22(火) 21:55:28.43 ID:iRc4F7M80
しかしスティルウェルとマウントバッテンがどう考えていたか、そっちの視点からも考察しなきゃ。

何でも日本が悪かったって自虐史観、悪で馬鹿でってGHQの宣伝と変わらん。
牟田口がアホってのは良いけど、単なる現地司令官。
大本営から東條までのチェックも裁可もされていた。

60 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/22(火) 21:56:23.41 ID:vXfECBp00
>>55
大東亜会議に参加した各国首脳
バー・モウ、張景恵、汪兆銘、東條英機、
ナラーティップポンプラパン、ホセ・ラウレル、
そしてスバス・チャンドラ・ボース(´・ω・`)

61 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/22(火) 21:56:23.77 ID:ikWX90lS0
司馬は大東亜に関しては当事者だからより冷静な分析が出来なくなる。
そのへんの記述は特に注意して読む必要がある。とても感情的になる。

62 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/22(火) 21:56:30.76 ID:dyTXZUwF0
>>53
その話興味あるー
第三国の国の頭乗っ取られた的な話でしょ?

63 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/22(火) 21:57:12.40 ID:BsKiSmCD0
司馬と水木はくさい 負け犬くさい

64 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/22(火) 22:00:30.38 ID:l7Xq1ibV0
>>53
なるほど
思えば、自殺した点は潔いと見るか卑怯者と見るかで感じ方が違うな

65 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/22(火) 22:02:37.08 ID:+oZOLvXP0
仮に占拠出来ても維持できない。
英国にしてみればいったん放棄して、その後包囲、占拠可能。
死にに行くようなものだ

66 :子烏紋次郎@転載は禁止:2014/07/22(火) 22:03:34.33 ID:ne/oE0nl0
正に見てきたように その場にいたかのように 従軍慰安婦じゃあるまいしw

67 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/22(火) 22:06:56.06 ID:BsKiSmCD0
>>65
兵站線の維持が無理 平野で線路 道路網が確立しており、かつ兵站線に十分な防衛兵力が有るなら可能な作戦
要するにB24クラスの輸送機で毎日 パラシュートで補給しやがれ という話です。
できなきややめれ。

68 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/22(火) 22:07:59.21 ID:fsbqjJKHO
補給がクソで半分以上が餓死や病死でしょ
死者の扱いが丁重なのに生者にはこれだもんなあ

69 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/22(火) 22:08:14.81 ID:/pOipE4e0
ゆめまくらにたつ
ゆみまつりにれつ

70 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/22(火) 22:12:32.97 ID:PdqeoJJ+0
うちの爺さん、インパールの生き残りで97だけどもうボケボケで会話も通じない
元気なうちに戦争のこと聞いとけばよかった

71 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/22(火) 22:25:21.10 ID:fG4SaEwe0
マスオとノリスケはインパ作戦の数少ない生き残り

72 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/22(火) 22:29:07.79 ID:4IYlIC1V0
インパールというと、原発の事故を対応した時を思い出すんだよ。

73 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/22(火) 22:32:01.77 ID:8BCNle5PO
かなりの額の
国民年金と軍人恩給をもらい
死んでいった司令官と
遺骨すらかえってこない兵士

74 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/22(火) 22:33:45.99 ID:BsKiSmCD0
>>71
まじで?

75 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/22(火) 22:37:02.35 ID:kYQLnFxD0
やっぱ軍隊組織って超ブラック

76 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/22(火) 22:38:56.15 ID:RcuRHBkP0
グレートムタの武勇伝を教えてくれよ

77 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/22(火) 22:39:46.34 ID:UVWE7dKcO
現地の人は感動した

78 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/22(火) 22:48:52.58 ID:1y09e1+n0
>>75
第15軍と言えば牟田口と花谷のパワハラ魔神が幅を利かせていた

79 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/22(火) 22:55:33.96 ID:BMqZkh9F0
一発逆転を狙ったが、負けが込んできても止める勇気がなかったってことだな。
「本当はやめたかったけどね。」的なことを終戦後に言ってるからね。

80 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/22(火) 22:57:59.09 ID:QE8oZHEg0
>>5
何人殺したとか戦争では関係ない
いかに任務を遂行したかだけだ

81 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/22(火) 22:59:24.35 ID:QE8oZHEg0
>>71
一応生存者のほうがずっとおおいんだぞ

82 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/22(火) 23:00:40.85 ID:dyTXZUwF0
>>71
そうなの?

83 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/22(火) 23:03:16.04 ID:QE8oZHEg0
牟田口悪玉説が伝わってるが
航空兵力もなく劣勢の軍隊なんかあんなもんだろ
フィリピンなんか50万も死んでんだぞ

84 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/22(火) 23:04:45.17 ID:U0lhymEL0
牟田口は後方で毎日芸者遊びしててだけ

85 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/22(火) 23:07:47.94 ID:QE8oZHEg0
それにインパール作戦もムダではなかった
英軍は日本軍の意図しない攻撃に防戦体制を築き
44年のピルマ奪回は無期限延期された
もし15軍がインパール戦をしなかったらインド英軍・支那米軍と攻勢体制を完成させ
一気にビルマ奪回されてたであろう
その点はニューギニアの二の舞は避けられた、とも言える

86 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/22(火) 23:13:07.53 ID:jXh1E/K80
第31師団長 佐藤幸コは男でござる。

87 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/22(火) 23:18:10.07 ID:nxxqYBce0
牛はジンギスカンになったの?

88 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/22(火) 23:18:37.00 ID:8oK2WURV0
インパール作戦の失敗を日本の企業経営者は未だに学べて無いんだよな・・・・。

89 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/22(火) 23:22:54.46 ID:QE8oZHEg0
状況的に負け戦なものは、何やっても負け戦なんだよ
だけど投了するわけにも行かないのも事実
その責任をトップだけに押し付けるのはよくないな
なら何もしないのが正しくなってしまう

90 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/22(火) 23:24:11.59 ID:RBE+Ixje0
>>87
ジンギスカンは料理の名前ではなくて
その昔の蒙古軍は羊のような家畜を従軍させていて
腹が減ったら家畜を殺して、食料にしていたことから
インパール作戦もこの方式でやれば、補給の心配は必要なしという発想

91 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/22(火) 23:26:17.77 ID:RBE+Ixje0
>>89
負け戦ならば、戦略的撤退をするべきでしょ?
それとも兵隊を退却させるのが面倒くさいから
それなら、いっそ敵軍に突撃させて全滅させたほうがよいというのが
当時の考えた方だったのかな?

92 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/22(火) 23:27:06.11 ID:ahB45DtW0
>>40
就任直後に冷却水の大規模消失事故を起こした原発を、ろくに
査察もせぬまま再稼働を認めた元首相は今日も元気ハツラツや。
震災後の原発事故で自身の違法献金問題も有耶無耶になったし。

93 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/22(火) 23:27:20.19 ID:jXh1E/K80
オーエンスタンレー越え
インパール
フィリピン防衛戦

きついよな。

94 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/22(火) 23:28:15.22 ID:5ykBu7tS0
この話って、今で言うなら日本陸軍=理研、牟田口の上司=笹井、牟田口=小保方って形で色々な点で相通じてるような気がするんだが。
明らかに不向きな人間を下手に祭り上げたがために致命的な大ごとになって、そして誰も責任を取らないあたりなんて実にそっくりだ。

95 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/22(火) 23:30:51.04 ID:1y09e1+n0
>>89
始める前から敗北が予見されていたのに強行したからトップの責任だよ

96 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/22(火) 23:31:42.29 ID:akuWn07p0
文系に戦争やらせるとこうなる見本。机上で地図みてイケルアホカト

97 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/22(火) 23:31:51.13 ID:0OagEY1E0
頼むから忘れて欲しい。

98 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/22(火) 23:32:21.53 ID:dyTXZUwF0
>>91
もし戦いに勝ちたいなら今でも全滅させるのが最善の可能性あるから。
例えば撤退に必要な兵站を他所に回したほうが勝算あるなら、撤退なんぞさせないでしょ
撤退して兵站たりなくなって他所でも負けたら目も当てられない
スケープゴートとか「すてがまり」とかいろいろ言い方はあるけど、
兵隊を駒とみるならそういう働き方・働かせ方もあるんだよ

99 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/22(火) 23:32:31.03 ID:wANLAw8F0
ボンクラ頭は全く変わってないようだな

100 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/22(火) 23:33:26.35 ID:9Nq29b/Z0
インパールってどこの国?

101 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/22(火) 23:33:59.85 ID:BsKiSmCD0
>>91
そうなんじゃねえの? 兵隊は畑か田んぼで作れると思ってんじゃね?

102 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/22(火) 23:36:40.01 ID:BsKiSmCD0
>>100
インド北東部 ビルマの左となり

103 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/22(火) 23:39:33.24 ID:9Nq29b/Z0
>>102
うん、大戦中はインドってなんかで読んだけど、
>>1の地図見ると戦後にバングラディシュもでき更に東だから今の国で言うとどこかなと思って

104 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/22(火) 23:40:03.70 ID:QE8oZHEg0
>>91
日本軍は作戦を決めたら犠牲の大小に拘わらず
作戦の完遂を目指す。ただそれだけ
作戦の成否が絶望になったらようやく撤退
帰るなら勝手に帰って来いってだけ

105 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/22(火) 23:41:57.07 ID:QE8oZHEg0
>>95
はじまる前から負けが見えてて、
何もせず「はい負けました」では、それこそトップの責任

106 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/22(火) 23:42:59.65 ID:9Nq29b/Z0
>>104
今でも政治家や官僚、お役所なんかそうだね
一度決まると無駄だと分かっても偉い人が責任取るのが嫌だからいつまでもズルズルと続けてしまう

107 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/22(火) 23:43:08.21 ID:k8rE8Gza0
なんかブサヨとチョンが沸いてるな…

108 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/22(火) 23:43:21.76 ID:H+l5+wm10
>>88
日本の企業はインパール作戦的な失敗はおかさないだろ。
そんなの企業が倒産して終わりじゃん。

おかしているのはひたすら借金を積み上げる日本政府だよ。

日本政府の場合倒産しそうになると金を刷ったり重税をかけたりして
生き残るからタチガワルイ。

109 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/22(火) 23:45:25.94 ID:k8rE8Gza0
>>105
「やってみたけどダメでした」というために兵隊が死ぬことが必要なんだよね
まあ将兵も死んだら靖国に祀ってもらえるんだから本望だったろう

110 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/22(火) 23:46:37.11 ID:RBE+Ixje0
>>107
インパール作戦を賛美しないと日本人じゃないですか?w
そうですか?
こんな馬鹿が今の世の中に生きていることが一種の奇跡だと思うわwwwww

111 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/22(火) 23:47:15.87 ID:QE8oZHEg0
まあ将兵もそうやって教育受けてるからね
兵隊の生き死には関係ないんだよ
入隊した時から死をもって国に尽くすとされてるんだから

112 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/22(火) 23:50:58.66 ID:dyTXZUwF0
>>110
臭いものには蓋をしたいんだよ
敗戦とかメルトダウンとか、テレビじゃあ申し訳程度に話題に出すけど、リアルじゃあ禁句みたいにあってるじゃん
仕方ないよ、嫌なことなんか思い出したくないし

113 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/22(火) 23:50:59.45 ID:1y09e1+n0
>>105
行動に移さなければ勝ちも負けもないが?

114 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/22(火) 23:51:33.02 ID:S6TEDYv/0
結局、この戦闘は何を勝利目的としていたんだ?

115 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/22(火) 23:52:19.85 ID:VArxez7l0
>>85
>44年のピルマ奪回は無期限延期された
最初から連合軍側にそんな計画はない
連合軍がビルマになだれこんでくるのは
インパール作戦の失敗で日本軍が大きく弱体化した機会を捕らえてのもの

116 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/22(火) 23:54:00.48 ID:2mXc5mat0
>ここに住むアランバム・アンガンバさん(41)が、友人のユンナム・ラジ
>ェシュワルさん(36)らと資金を出し合って今年4月に開いた私設の「イン
>パール戦争資料館」だ。

ネトウヨ様の国籍透視はまだー?

117 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/22(火) 23:54:30.25 ID:QE8oZHEg0
>>113
敵軍が優勢なのに、何もしないで指をくわえて敵の攻勢準備を待つことは
軍として許されないな

>>114
インパールにインド独立義勇軍とともに攻め込み、
インド独立勢力を刺激して英軍打倒するのが最終目標

118 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/22(火) 23:56:36.14 ID:1y09e1+n0
>>117
劣勢なら防御固めればいいのでは?

119 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/22(火) 23:57:34.44 ID:9Nq29b/Z0
>>117
今の自衛隊の専守防衛を教えてあげたいよな

120 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/22(火) 23:58:41.44 ID:VArxez7l0
>>117
>敵軍が優勢なのに、何もしないで指をくわえて

通常攻撃に出るには防御側の3倍の兵力が必要
優勢な敵に対して自ら打って出るのは普通自殺行為となる

121 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/23(水) 00:06:30.99 ID:Au6WIfLL0
強制参加した一般兵士はいい迷惑じゃね?

122 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/23(水) 00:08:25.28 ID:Duo59ddm0
この作戦に参加して生き残った兵隊さんの本沢山残ってるよ。
何冊か読んでみたら、無能な点数バカ作戦参謀たちや、人間味あふれる普通の兵隊さん達が居たことが、理解できる。
シナやトルスン国が言うような、原住民に対しての集団的に虐殺なんて無かったみたいだよ。
逃げるために原住民を射殺したってのは、有ったけどな。

書生さんがこの書き子読んだら、騙されたと思って、夏休み中に読んでみたら、戦争の悲惨さや人間の極限での行いが良く解かるな。

戦友の絆お強さの意味も分かるな。

「南の島に雪が降る」ユーチューブでもタダで視聴できるから、ググれ。
1ト月ほど前夜中全部見たな。
よしリンの御爺ちゃんが出てた。

123 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/23(水) 00:09:11.94 ID:DecYcCy60
短期戦しか考えていないから、補給なんて度外視。
戦線を馬鹿みたいに拡大させても、当然維持なんぞできない。
しかし維持させようとするから、戦力の温存もままならず、ただただ消耗するのみ。

124 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/23(水) 00:10:14.53 ID:Vd3JoPqP0
こんなクソ作戦を立てた無能指揮官と、それを了承した軍部は末代までの恥だと思えよ

125 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/23(水) 00:14:33.28 ID:DecYcCy60
これに加え、補給路の確保すら満足に行わない。

どんな軍事学を学べばこんなバカな戦略立案できるんだ

126 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/23(水) 00:17:21.88 ID:/RXzFyJd0
佐藤師団長は「15軍の作戦立案能力は士官候補生以下」といったくらいだからな

127 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/23(水) 00:19:48.74 ID:+jNuTzkO0
清和会だからしょうがない

128 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/23(水) 00:20:43.81 ID:/RXzFyJd0
この点、伊藤正徳は、牟田口が作戦の主唱者であった以上は責任甚大であるのは当然としたうえで、
牟田口一人に罪を着せるのは不公平であると述べる。
仮に牟田口が暴走したのだとしても、これを断固として押さえつけるのが上層部の責務であって、
インパール作戦の無謀の責任は牟田口と大本営が少なくとも五分と五分[42]、
あるいは引きずられた上司の罪をさらに重いものと見るのが公平であると評している

129 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/23(水) 00:24:25.41 ID:Omikq78X0
牟田口とかの敗戦犯は自害しなければ
日本人の手で全員殺すべきだった。

なんでこんなのが寿命をまっとうできたの?

130 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/23(水) 00:27:37.77 ID:WSlT06/a0
>>128
馬鹿の4乗であると軍全体を批判した人だよな
ふつうなら軍法会議で銃殺されても仕方ないくらいのことをしている
命令違反をして独断で師団を戦線離脱させて撤退しているんだけど
軍は佐藤師団長は精神異常になったということで不問にしている
これは、佐藤師団長を裁くとインパール作戦の無謀でズサンなことが明らかになってしまって
自分たちのクビをしめることになるから、佐藤師団長の命令違反を裁くのはウヤムヤにしたらしい

131 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/23(水) 00:34:14.71 ID:OoW+hevF0
ろくなバックアップも無しに劣悪な環境の現場に責任丸投げは原発の事故対応と同じだね

132 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/23(水) 00:47:02.22 ID:Iinpot+j0
>>112
日本人のダメなとこだわなw 徹底的に総括しないとなあ。
また負けるぜ。

133 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/23(水) 00:47:29.03 ID:4EdFFUBq0
>>125
結局、現状維持を基本とする組織維持が最優先に来て戦争に勝つために全力をあげなかったんだよ。
それが万事が万事だった。暗号は、米軍は暗号タイプライター1台で済ませたのに対して日本軍は人力で
何人も入ってしまうもんだから、送った文と届いた文が全然違う内容だったのがザラだったとか、原爆開発も
モノを買う時には伝票を一々切って処理してモノが届くのを待ってたとか。

134 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/23(水) 01:01:47.30 ID:v3Xhk2WY0
>>130
あと師団長ってのは形の上だけど天皇が任命したことになってる
天皇の任命責任なんてのも考えたのかもね

135 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/23(水) 01:08:12.57 ID:uBkt+RcV0
コヒマ死守できるわけねーだろ牟田口クズ

136 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/23(水) 01:09:50.39 ID:8cGLGs/H0
バカ佐藤が敵前逃亡したから負けたw

137 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/23(水) 01:12:02.87 ID:uBkt+RcV0
一粒の米すら届かないのにコヒマを確保できるかってんだよ!!
      / ̄ ̄\                           天長節までにインパールを攻略するお!
    /ノ(  ゝ 、_,ノヽ        r'´ ゙ヽ      /`ヽ          ____補給は現地調達して移動する車も現地調達するお!
    | ⌒(( ●)(●)        ヽ   ヽ从从/   /        \   /\
.    |     (__人__) /⌒l     \  \/  /て       (●)liil(●) ノ( \
     |     ` ⌒´ノ |`'''|    煤@ヽ/  /  そ     / (__人__)  ⌒   \
    / ⌒ヽ     }  |  |      ,)/  / \ く     |   |!!il|!|!l|         |
   /  へ  \   }__/ /      /   /\  \      \i⌒ヽェェ|      /
 / / |      ノ   ノ    /   / YYY\   \     \ \  /⌒,/´
( _ ノ    |      \´    /   /       \   \     / \ \/  /l
       |       \_,/   /         \   \_/    \__ノ |\
       .|            /            \             |) )
       ヽ          /               \           ,r' /
         \      , '´                   `' ,        /ー'′
          \     (                     )     /
            \    \                  /    /
         佐藤幸徳

138 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/23(水) 01:15:06.91 ID:uBkt+RcV0
                   γ ⌒⌒ヽ
   / ̄ ̄\           ( ( ヽ ) ノ
 /_ノ     \     (⌒) 三  ノ 从 ゝ
 ( ●)( ●)  ヽ   三/ | ニ  ____     (⌒)    イギリス軍がこちらにこれるんだからこちらからインパールに行くことも出来るはずだお
. | (__人__) u  }   |  |   /\廉 / ) し / |  ミ   佐藤が、軍命に背いて勝手にコヒマを放棄したのが悪いお!!!
  | ` ⌒´    ノ   !   、 /(○ )::(○ )⌒\/ | ミ      弾丸がない、食う物がないなどは戦いを放棄する理由にならないお!
.  |         }    \./:::::::(_人_)::::::::  i'   |
.  ヽ        }      |     )ww)     |  |
   ヽ     ノ   ヘ   \    `ー"      ノ
   /    く 、_/っ/      \ .    .   \
   |     \--一''           \
    |    |ヽ、二⌒)、          \

139 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/23(水) 01:16:30.45 ID:uBkt+RcV0
     /      \
   /  _ノ  ヽ、_  \
  /  o゚⌒   ⌒゚o  \  今日もまた、インパールの責任を佐藤や柳田になすりつける仕事がはじまるお…
  |     (__人__)    |
  \     ` ⌒´     /

140 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/23(水) 01:17:58.40 ID:8cGLGs/H0
敵前逃亡した時点で屑だしなww

141 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/23(水) 01:19:24.93 ID:uBkt+RcV0
              .:::::::;'                                    ';:::::::.
             :::::::::i                                      l::::::::.
          ::::::::::!                                     i::::::::
            :::          元来日本人は草食である      :::
  '  ― ―‐ --  」                                     L_:::::
                         然るに南方の草木は全て…        ̄ ̄ ̄
            __,. -┐
_ ,. -‐ '' ´   :::::::::',                            r::-  _
               :::::::::'、     即ち之食料なのである     /::::::::   ´` ' 
                ::::::::':、                           ,.:':::::::
                 ::::::::ヽ         / ̄\         /:::::::
                ::::::::丶        |      |        ,.::'::::::::::
                 ::::/  ,:、     \_/      _,..:'::::::::::
                  /   ,..':::::::>   _|__  ... く::::::::::
             /   ,.::::::::    /\ , , /\ `、 \     
              /    ,.∩     / <●>  <●>\.`、  \∩  
          /     , ' l ヽ∩ /   (__人__)    \ ∩ノ j
       /     ,    ヽ ノ |      |::::::|      | ヽ ノ \
       /      , '      | ヽ \     ` ⌒´    / / j    \
    /      , '      \  ̄            ̄  / `、   \
  ./       , '           \              /   `、    \

142 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/23(水) 01:24:49.57 ID:kIPezcF40
よく知らないが 日本軍が 鬼畜たるイギリスを叩くために イギリスから独立運動をしていた インドの運動を支持した作戦だとか?

作戦自体 は大失敗 だったが、戦後 すぐにインド独立のきっかけになったとも言われる
 

143 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/23(水) 01:28:37.73 ID:uBkt+RcV0
むっちー より

【えんそくのおしらせ】
ますます新緑のまぶしい今日この頃ですが、皇軍のみなさまお元気でしょうか?
さて我が15軍では各方面にお知らせのとおり楽しい春の遠足に出かけることになりました。

行き先:インパール
メイミョウ→チンドウィン川で楽しく水泳
→アラカン山脈ハイキング
→コヒマのテニスコートにてイギリスのお友達と楽しく歓談の予定です。

持っていくもの
 小銃弾…持てるだけ
 手榴弾…6発
 米…そこそこ
 牛…駄牛中隊の皆さんに引率していただきます

なおオヤツは300円まで、バナナはオヤツに入りません。

…あと大事なことを忘れてましたがワシは行きません。

144 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/23(水) 01:30:49.84 ID:nKVpoDGz0
もはや黒歴史にして一切合切抹消したくなるような、人類史上最も無能な連中が打ち立てた
超低レベルの作戦だわな....

旧日本軍の上層部ってマジで無能しかいねぇ.....

145 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/23(水) 01:30:59.79 ID:8cGLGs/H0
>>142
インド人は高く評価している

146 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/23(水) 01:34:08.84 ID:uBkt+RcV0
      /   \ , , /\
    /    (●)  (●) \
     |       (__人__)   |     弾薬がないから戦争が出来ん!!食う物がないから戦争が出来ん!!これが皇軍か!
      \      ` ⌒ ´  ,/       弾丸がなかったら銃剣があるじゃないか。銃剣がなくなれば、腕でいくんじゃ。
.      /⌒〜" ̄, ̄ ̄〆⌒,ニつ     腕もなくなったら足で蹴れ。足もやられたら口で噛みついて行け!
      |  ,___゙___、rヾイソ⊃
     |            `l ̄
.      |          |

        / ̄ ̄\
      /       \      ____
      |::::::        |   /      \
     . |:::::::::::     |  / ⌒   ⌒  \
       |::::::::::::::    |/  (●) (●)   \え!?私ですか?
     .  |::::::::::::::    } |    (__人__)     |  鳥居を作って毎日一生懸命拝んでいますよ
     .  ヽ::::::::::::::    } \   ` ⌒´     _/  後、私専用に作らせた高級料亭でリフレッシュして作戦を練っていますがそれが何か?
        ヽ::::::::::  ノ   |           \
        /:::::::::::: く    | |         |  |
-―――――|:::::::::::::::: \-―┴┴―――――┴┴――

147 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/23(水) 01:35:11.16 ID:E7ZM1Zmw0
モンゴルの兵站学をそのまんま近代の軍隊に取り入れた結果wwwww

148 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/23(水) 01:40:14.47 ID:uBkt+RcV0
諸君、牟田口閣下をバカにしてはならん。
21世紀の現代に至ってなお、2chには
「米本土に上陸すべきだった」「チハタンは世界最強」 「本土決戦なら勝ってた」
などと、本気でまくしたてる香具師があとをたたんではないか。

ただ、ねらーがネット上でいくら吼えたところで、さして影響ないが、
牟田口閣下の場合は実際に何十万もの将兵を指揮する立場にあったので最悪です。

149 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/23(水) 01:42:58.38 ID:uBkt+RcV0
                     /´ ̄ ̄ ̄  ̄ ヽ
                    /           \
                       /:::::             \ オレ牟田口廉也の名前は、「連合国最高の将軍」として歴史に記憶されるべきなのに
 _______ +      /:::::::::                 ヽ   「日本軍最悪の将軍」と呼ばれるなんて酷い仕打ちだお…
 |i:¨ ̄ ,、    ̄¨.: i       |:::::::::::                    |
 |i: /ヘ:\     :i|     _ |::.:. : :     ,,ノ:..:ヾ、       |
 .|i:〈`_、/´_`>.、  :i| ,.r:;'三ヽ:: :: . ー'"´   ,,、  ー‐‐,,     /`、
  |ii~~'、;'´`,'~,;~~~~:i|;イ:;:":::::::::::\;;。(ー一)   (ー一)。;:;:. /::::: ヽ
  |i`::;:':::::;::;:'::::::::::;.:i|`。⌒/7, -──〜 、(___人___,)"⌒;;::/::|:::::〆::\
  |i::::::;:':::::::::::::::::::::::i| ::::://,::::..    " ニニヽ、⌒ij~";_ ィ /:::::::|:::::〃::: : ヽ
─|`ー=====一 | ::::::|_|;;、:::.__y-ニニ'ー-ァ ゚‐─'───┴────── ‐
::::::`ー―――‐一´ ̄~   ̄       ̄

150 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/23(水) 01:43:19.30 ID:8cGLGs/H0
国運をかけた機動部隊を壊滅させた、山本とか下にはしたがおる

151 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/23(水) 01:43:47.44 ID:nKVpoDGz0
牟田口みたいな無能突撃馬鹿はせいぜい連隊長程度がいいところなのに師団長や軍司令官までやらせたのが
そもそもの間違い。

152 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/23(水) 01:46:06.29 ID:8cGLGs/H0
佐藤でも中将になれるのが旧軍クオリティ。

153 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/23(水) 01:49:17.30 ID:fLXFAgNW0
日本の組織はなんもないとすぐ上が情実人事で埋まるからなあ…

154 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/23(水) 01:51:06.57 ID:8cGLGs/H0
参謀本部は陸大エリートの集まりだけどカス。
東大エリートを集めた霞が関みたいなもん。

将官でも個々では今村とか優れた人はいるけど、
組織化するとダメなのは日本人の性質だな。

155 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/23(水) 02:09:14.08 ID:uBkt+RcV0
「牛に物資運ばせれば補給できて食料にもなるやん!」

牛を連れてのたのた移動する行列は空から目立つので機銃掃射の的になり、逃げ惑う牛たちは大事な物資を背中に
載せたまま川や崖の下に落ちて死んでしまった。

「羊連れてけばええやん!」

泳げないので川で溺れまくり、多くの羊がすぐに歩かなくなり数日で食料に。

そして兵士は雑草を食べてコヒマを目指す。




キング オブ 無能

156 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/23(水) 02:18:43.60 ID:UzfZAvPRi
大陸打通作戦も結構スゴいよ。
牟田口の影に隠れているけど。

157 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/23(水) 02:19:32.61 ID:19pjqMyQ0
既出しまくりだが、当時も今も単なる
暗記バカ集団が立てたアホな作戦で一国が滅ぶ
昔の士官学校は現在の東大京大以上の難関だったが
兵站無視して現地調達、地図の等高線読めずに
地図上の最短ルート行軍
今の増税で景気回復みたいな基地外
暗記バカじゃない優秀な人材はどこにいる

158 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/23(水) 02:23:33.67 ID:19pjqMyQ0
>>148
機銃どころか下手すりゃ小銃弾も
貫通したチハタンwww
麦茶吹いた
ってゆーかそんなもんに乗せられてた
兵隊さん思うと気の毒だし恐怖だな

159 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/23(水) 02:25:51.85 ID:uBkt+RcV0
>>156
オーエンスタンレー山脈越えも忘れずに!
4000m級の山を乏しい食料と重装備で越える!
さすが辻閣下まさにキチガイ!

160 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/23(水) 02:29:14.74 ID:tlD34RqPO
井上和彦が著書でやたら擁護してたけど、目的を強調するばかりで戦略的な再評価とかは一切なくて呆れた

目的が素晴らしければやり方はめちゃくちゃでもいいのかと

161 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/23(水) 02:29:52.41 ID:HEZIdUa60
>>1

なんでこんな作戦を死屍累々出して続けたのだろうという意見はあるが、
インド政府の要請というのがあったから、大東亜共栄圏という大義を掲げている
以上、止めるわけにはいかなかったという話もある。

一応、インド政府の要請によるインパール作戦の犠牲などがあるから日本はインド独立に協力していたという
ことになっているのだろう。


……まあ、過ぎたことだ。

162 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/23(水) 02:31:03.40 ID:uBkt+RcV0
>>158
私女だけど彼氏の戦車がチハだった 死にたい。。

                ___
                ヽ=☆=/
               ∩( ・ω・)∩陣地突破は任せろー
               ←―i―┬―ァ
              ,_/´ ̄:: ̄`ll⊥_ キュラキュラ
          ____|___::__|i_===┘_
     (二二い__/:___/:_|日`i(=・___、
     `r---‐p‐‐‐‐‐‐p‐‐‐‐‐‐p-`ーl丶l丶\|ーl
     ((◎),,,,,::::__i=======i__:::,,,,,,(◎(    )-)ニ) やめて!
      ゝ(◎X◎)゚`(◎X◎)゚`(◎X◎と、   i フニノ
       ` ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄しーJ

163 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/23(水) 02:40:34.79 ID:/RXzFyJd0
負け戦の軍団長やると、現実が見えなくなるんだよ
グデーリアン将軍もいってたでしょ

164 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/23(水) 02:44:30.65 ID:ybeFXx/c0
山超えるとかあほやろ
援蒋ルートなんか放っておけ
イギリスも維持に大変だったし

165 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/23(水) 02:49:08.76 ID:Zes88O9N0
大本営も、作戦部は最後までインパールに反対していた

東条にゴマを摺ろうとして
無理矢理作戦を認可させた杉山元が悪いんですけどね

166 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/23(水) 02:58:11.65 ID:IyVfPKDw0
バカジャップが自ら地獄に飛び込むんだからこんな愉快な作戦はないわなw
ムッチーは間違いなく世界平和に貢献したわ

167 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/23(水) 05:50:08.65 ID:7qB7XekB0
>>42

戦後も同じだけど、下っ端が思考停止して、命懸けの
ウルトラダンピングしてただけだよ。
それを決して「優秀」とは言わない。
むしろ、ただの阿呆です。まあ、だから怖いんだがw

ホントに優秀な人間は、システムや環境に問題があれば
それ自体を変えようと工夫や努力をするが、
日本人は阿呆なので、それを人間側の負担でなんとかしようとする。
だから、何も成長が無いんだね、これはほんと、
今も何も変わらない日本の悪癖なんだわ。

168 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/23(水) 07:22:20.43 ID:ac737je90
「突撃」
「前進あるのみ」
「ハイしか言うな」
「兵士の代わりはいるが、指揮官の代わりはいない」

169 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/23(水) 07:31:30.19 ID:nKVpoDGz0
栗林くらいか、地位にふさわしい能力持ってた指揮官って、旧日本軍の大本営もだけど師団、軍級指揮官もそろいもそろって無能ばっか....

170 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/23(水) 07:35:51.20 ID:HcQtZSPF0
兵は優秀、士官は普通、指揮官は無能。とは正確な分析。
この様な生き残りに、高額な年金を払う政府も無能。
正義の一般兵を侮辱するな。

171 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/23(水) 10:12:44.60 ID:evuhVd010
>>2
たまに見る

172 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/23(水) 11:39:12.51 ID:4bl5BuJm0
>>80
で、その「いかに任務を遂行したか」がボロボロだった結果
何万人も無駄死にさせたから言ってるんだが

173 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/23(水) 12:47:28.44 ID:+jNuTzkO0
能がないのに人の上に立ちたがる知恵遅れはいつの時代も邪魔者だな
美しく輝いて美味しそうに見えるんだろうが隠された恐ろしい責務は知恵遅れゆえに見えないらしい

174 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/23(水) 13:45:21.72 ID:z/dUHBHr0
牟田口や木村兵太郎はうんこ
指揮官クラスでも有馬正文みたいな人がいたのは凄い

175 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/23(水) 13:48:02.24 ID:LiAbRAki0
>>22
宮崎繁二郎に謝れ!

176 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/23(水) 13:49:25.76 ID:sSclQLXw0
ソースが朝日か
朝日がしっかりと敬意を表してるな、偉いなぁ、この記事

177 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/23(水) 13:49:44.11 ID:LiAbRAki0
>>175
宮崎繁三郎だったw

178 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/23(水) 13:53:40.61 ID:iC5LA23/0
インパールから生きて帰ってきたおじいが近所にいたけど去年亡くなっちゃったなぁ

179 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/23(水) 14:10:10.78 ID:X7KxNJ2d0
>>85
本当かよ。
ビルマ方面軍がガッチリ守ってればイギリス軍は手も足もでなかったのに
インパール作戦で勝手に兵力と装備をゴッソリ失ってしまったので、
イギリスの反抗になすすべなかった筈だが?

インパール作戦で日本は92000人もの軍勢を投入したが、
戦死、戦病死などで帰ってきた人員は疲労困憊した30000人程度。
それも「少しでも足を軽くするためにベルトや軍服のボタンすらちぎって捨てた」
と言われる惨状で装備なんてほとんど投げ捨ててたそうなんだが。
事実上、軍隊としては壊滅状態に近い。

180 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/23(水) 14:18:43.08 ID:X7KxNJ2d0
インパールからの退却中は
あちこちに放置された戦友の死体が道しるべとなって
兵士たちをいざない「白骨街道」と呼ばれたという。

以下引用
>狭い街道をトボトボ退却する脇で兵隊が休息してるのですが、
兵隊は生きたまま蛆虫に喰われていたそうです。
また、自分が休息する前から座っていた兵隊に話しかけても、
閉じたまぶたを動かすだけで、
全く動かないので「おいっ」と揺すったら死体だったそうです。
まぶたの裏に蛆虫が大量発生してうごめいていたのですね。

181 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/23(水) 14:20:31.48 ID:+ip/aJTk0
現地の共産主義者は英軍を支援して日本軍を攻撃したが、英軍が支配を回復すると
英軍に攻撃され壊滅していった。

182 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/23(水) 15:02:41.40 ID:8abTq6Jj0
このスレ・・・何だか気持ちが悪い

183 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/23(水) 15:27:10.42 ID:Z3l7VR3Y0
>>180
うちのじいさんの弟がインパールで戦死したが,石ころが一つ入った骨壺が届いただけだったそうな

184 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/23(水) 15:34:52.33 ID:Z3l7VR3Y0
>>159
辻は大差止まりだから閣下じゃないぞ

185 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/23(水) 17:24:30.87 ID:0qQstJel0
損害率なら英軍の空挺師団1万人が2000人で帰ってきたマーケット・ガーデン作戦の方が
損耗率は上だろ。最終的な戦勝国だから負け戦は有耶無耶にしてしまっているが。

186 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/23(水) 17:45:26.44 ID:tq9LKWF+0
日本はインパールの悲劇を全然組織運営に活かしてない。
活かしていれば、過労死などは起こらない。

187 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/23(水) 18:44:18.04 ID:MdigJC7t0
指揮官先頭の伝統を持つ国がうらやましい

188 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/23(水) 18:50:37.50 ID:0qQstJel0
人数なら独ソの東部ヨーロッパ戦線なんて何十万人、何百万人レベルで戦死しているだろう。
マラリアは無いかも知れないが冬将軍到来で凍死とかも多い。
それでも、作戦がどうたらとか70年もネチネチ責めたりしていないな。
日本人も朝鮮ぽいよなあ。未だに牟田口がどうだとか、執念深いというか。どうかしてるな。

189 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/23(水) 18:52:21.25 ID:MdigJC7t0
>>188
督戦隊に後ろから撃ちまくられたりな

190 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/23(水) 18:58:42.29 ID:42rwzWvd0
>>188
牟田口の親族はそう思うんだろうね。
犯罪者の親族は片身が狭いだろうから。

191 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/23(水) 19:02:23.25 ID:oz4ch9ER0
朝日はインドでも放火しようとしているの?

192 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/23(水) 19:14:34.53 ID:RVDuAWExO
うちの会社には牟田口廉也課長と辻政信係長がいるんだが、どこに書き込んでもネタだと思われるw

193 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/23(水) 19:16:27.59 ID:0qQstJel0
>>190
よお朝鮮人。日本人なら作戦に対する責任の是非は論じるが
戦犯とか犯罪人とかは言わないんだよな。
お前らみたいな民族毎犯罪人なら、そういう発想になるのだろうが。
日本人でならヒステリック司馬遼とか、かなりエクセントリックな奴は少数ながら居るな。

194 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/23(水) 19:21:05.83 ID:P8TblQgy0
>>193
どっちも論じてないじゃん
ドイツがねちねちしてないのははっきりナチス戦犯を断罪してるから
日本はぐだぐだ名誉回復とかやっちゃったからな
ドイツに失礼

195 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/23(水) 19:21:15.80 ID:JY8Np/fi0
>>193 プッ 牟田口こそ、真の朝鮮人だろうがよww

196 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/23(水) 19:23:15.19 ID:Wr9J1thm0
>>192
本当だったら、ナニコレ珍百景に投稿してみろよ

197 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/23(水) 19:24:57.38 ID:fk/qwEL6O
調べれば調べれるほど
馬鹿馬鹿しい作戦だよなあ。
作戦というにも値しないか。

198 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/23(水) 19:26:23.11 ID:JlpokzV1O
牟田口とかいう無能

199 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/23(水) 19:28:16.38 ID:kEd8Z4aM0
このスレ1000まで行ったら戻ってきて
牟田口と辻の検索でまとめ読みするわ

200 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/23(水) 19:34:30.51 ID:0qQstJel0
>>192
辻正信さんは知ってるが、牟田口さんちが廉也という名前をつけるかどうか微妙だな。

201 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/23(水) 19:35:12.47 ID:nh4Zry/c0
インパール作戦をやらずにどうやって戦争に勝つつもりなんだ?
最終的勝利への見通しが聞きたい

202 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/23(水) 19:35:21.23 ID:nKVpoDGz0
ジンギスカン作戦とか、オレだったらこんな作戦聞いたら牟田口の頭を後ろから撃つわw

203 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/23(水) 19:35:44.27 ID:4exl81Jk0
>>179
乃木は旅順だけで56000人の損害を出した

204 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/23(水) 19:38:06.58 ID:+4o4hdlf0
下痢便三は現代の無駄口だなwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

205 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/23(水) 19:39:53.80 ID:P8TblQgy0
>>203
当時はとにかく人を突っ込ませる戦法がまだ残ってたそうだからなあ

206 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/23(水) 19:40:55.47 ID:cvRLVZ9d0
>>203

まああれは、児玉の原ちゃんとゴンベさんの戦略ミスと、陸海軍間の縄張り争い調整のツケを乃木タンが払わされただけだから。

207 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/23(水) 19:41:22.47 ID:JlpokzV1O
士官が
「朝っぱらからうるせえなあ空きっ腹に響くだろ、どこの馬鹿が騒いでるんだ?
と思ったらうちのボスが勝利祈願でお祈りしてたでござる、これはもう駄目かもわからんね」
って言ってたとか

208 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/23(水) 19:47:34.09 ID:Wr9J1thm0
>>201
インパール作戦をやれば勝てたのかよ?
そもそも日本は戦争を勝利するシナリオって
戦争当初に目論見(緒戦で派手に叩いて米世論を厭戦に導くという)をは外れてしまって、ズルズル惰性で戦っているだけの状態だっただろ?

209 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/23(水) 19:49:24.26 ID:nh4Zry/c0
乃木大将は硫黄島の栗林中将と同じ、あるいはビルマ方面軍の戦い方と同じで、
穴掘り塹壕作戦主体だよ
地に潜んで砲撃をかわして反撃してくる
ただし、急いで攻めろと命令された場合には、穴を掘っているヒマは無いな

210 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/23(水) 19:50:06.37 ID:0qQstJel0
>>203
なんの、第一次大戦西部戦線ソンムの戦いでは、1日で戦史57,000人とかになっている。
この戦いだけで戦死者は英42万。仏20万、対する独60万人。
なお、東部戦線ロシアvsドイツになると戦死合計も判然としないほど。
まあ日露決戦はその前哨戦だったな。

211 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/23(水) 19:50:40.63 ID:ydOI7oE00
いつまでも「インパール作戦」てのはないだろ。
現地の人々に失礼だよ。
現地に住んでた人々にとっては未曾有の戦争だ。
地元ではインパール作戦は「日本戦争」と呼ばれているが・・ではなく、
一度どちらがまともな呼称なのかを考えてみ。

212 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/23(水) 19:54:22.85 ID:DecYcCy60
占拠はできても、維持できる見込みがまったくない
目的からして破たんしている作戦を、損害数の多寡で論じようとする

213 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/23(水) 20:08:21.13 ID:i0AFwnRM0
死体兵の人肉を食料にしていた日本兵多数。
人間も飢餓状態になると、畜生になる。
日本史の飢饉でも人肉でしのいでいたらしいが、この手の資料はつくれなかった。
インパールも同じ。

214 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/23(水) 20:10:59.24 ID:nh4Zry/c0
>>208
そんなのは戦争指導になっていない
当時の日本軍・日本政府の公式見解は、「日本に勝算アリ」だった
勝算があるはずなんだから、それを具体的に説明する必要がある
海軍ならマリアナ沖海戦で米艦隊を全滅させる、とかね
(無理に決っているけどな。海戦は機械力の戦いだから)
じゃあ陸軍は?って話

215 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/23(水) 20:11:29.14 ID:LuYDLWRD0
>>209
確か乃木将軍はヨーロッパの戦術研究家に
歩兵戦術は無能の極みと言われてたよな?
それでゴリ押しの乃木と、後世いわれてる

216 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/23(水) 20:12:10.95 ID:ZpXJDkjr0
共喰い作戦

217 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/23(水) 20:18:12.16 ID:nN1ZCQh50
牟田口は潜在的チョンだったと思う。

先祖が半島だろうな。

日本は牟田口のDNA解析して

チョンに賠償求めるべきだよ!

218 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/23(水) 20:20:13.88 ID:ims7+1Yk0
>>6
インドに至る遙か手前で自壊して、何が「独立戦争」だか。
情弱ネトウヨはそういったウリナラ・ファンタジーでホルホルせず、戦史を学び直せ!!

219 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/23(水) 20:21:30.99 ID:Wr9J1thm0
>>214
そもそも陸軍と海軍で戦争の対する構想が違っていた
陸軍は東南アジアを支配した後は、東南アジアの資源を活用して
日本はそれ以上戦線拡大をせずに持久戦に持ち込み、何年か経ったら米英と講和できたらいいなってもの

それに対して海軍は、持久戦で米英に勝つのは不可能なので
米英が戦争を継続する意欲を失わせるくらいに日本の支配領域を拡げるという戦略

無謀なインパール作戦は、陸軍が海軍の影響を受けたみたいな感じでチグハグ

220 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/23(水) 20:22:10.63 ID:ims7+1Yk0
>>208
その「目論見」も極めて曖昧なもので、明文化された公式戦略ではなかったけどね。

221 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/23(水) 20:24:18.66 ID:kDd1Vwmc0
これを牟田口一人の無能のせいにしてるうちは日本は戦争をするべきじゃないんだな。

先の戦で日本が反省すべきは侵攻の不道徳よりも、勝てる国家運営ができなかったことであって、その点では今の国民も政府も全く成長していない。
今でも日本の官僚機構では牟田口や東條みたいな奴が出世する。絶対に同じことが起こる。

222 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/23(水) 20:25:23.85 ID:MdigJC7t0
>>211
京都の人がこないだの戦って言ったら応仁の乱のことらしいいな
インパールは地形的にもインパール作戦以外のでかい戦は無かったんだろうな

223 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/23(水) 20:25:44.79 ID:0qQstJel0
軽輩の戦車下級士官福田こと司馬遼が、どういうわけか乃木大将に逆恨み。
逆上して書き上げた講談本「坂の下のなんとか」が一人歩き跋扈して
未だに変な噂、風評が流れるのは問題だな。何の恨みがあったのか知らんが
福田も真面目に本をかけば良かったものを。

224 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/23(水) 20:28:01.06 ID:ims7+1Yk0
>>31
遺族に罪は無かろうが!
お前は支那朝鮮人か??

225 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/23(水) 20:30:03.79 ID:nh4Zry/c0
>>215
英国人記者の取材記録が残っている
占領したロシア軍陣地に残された小さく磨り減ったツルハシを見て
乃木は外国人記者団にこう語った

「ロシア軍があんなに強いのは、ツルハシがこんなに小さく磨り減るまでしっかり塹壕を掘ったからだ
日本兵は武士の末裔を気取って勇敢に戦うことばかりに拘り、塹壕堀りを嫌う者が多いが、
そんなことではいけない。ロシア兵を見習うべきだ」

そして実際に掘った。これが所謂「正攻法」ね

226 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/23(水) 20:35:22.81 ID:MdigJC7t0
>>225
ところが武士の末裔を気取ってた士官連中も、
雨期のインパールの塹壕で雨に打たれてふやけて軍刀も錆だらけ
どうせ雨で錆びるからって誰も研がなかったらしいね

227 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/23(水) 20:36:18.29 ID:LuYDLWRD0
>>225
参謀達は側面攻撃を主張したけど乃木は武士道に反すると言って
聞き入れなかった堂々と正面から戦うのが武士だと言ってなw
@交戦中に味方もろとも砲兵で吹っ飛ばそうとの進言も蹴った
それでかえって損害が増えた

228 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/23(水) 20:38:35.39 ID:IHkv43uh0
インドでは牟田口さんの評価ってどんなもんなんだろうね
インドの為に無茶を承知で勇敢に戦った英雄とかになってたりしてw

229 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/23(水) 20:40:59.33 ID:ims7+1Yk0
>>225
その話からすると、乃木が塹壕を掘らせるようになったのは占領後だが?

実際には乃木大将は旅順要塞攻略において無意味な総攻撃を繰り返すだけで、塹壕を掘らせていない。
お前の話は、要塞攻略戦の乃木大将と島嶼防衛戦の栗林中将を同列に語るなど、基本的な軍事知識の欠如が多い。
情弱朝鮮ウヨが息を吐くようにウソを吐くなや。

230 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/23(水) 20:44:03.98 ID:ims7+1Yk0
>>221
牟田口廉也を無能扱いするならまだしも、
最近じゃネトウヨが牟田口や辻の言い訳をそのまま引用してマンセーしているからねぇ・・・・
日本がまともに戦争できる国になるのは、まだまだ先だわw

231 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/23(水) 20:47:36.74 ID:0qQstJel0
>>229
8月の第一次攻撃失敗後、塹壕を掘らなくては勝てないと判断して塹壕掘削を開始している。
どこで仕込んだかしらんが講談本で203高地攻防戦を読んだくらいで大きな顔をしてもらっては
困るな。

232 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/23(水) 20:54:32.34 ID:nh4Zry/c0
>>219
インパールからインドに攻め込めば、中国への支援ルートを遮断し、
インドを独立させ、イギリスと講和できる
中国とイギリスを助けるために日本と対立したアメリカも当初の目的を失う
日本が戦争に勝つビジョンが描ける
無謀であろうと何であろうと、勝利のビジョンに向かって行動するしかないと思う
そうでなければ戦争を継続する理由が提示できない

233 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/23(水) 20:56:12.64 ID:Wr9J1thm0
>>232
そんなこといいな、できたらいいな♪
ドラえもんの歌かよwww

234 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/23(水) 20:56:44.43 ID:ims7+1Yk0
>>117
>インパールにインド独立義勇軍とともに攻め込み、
>インド独立勢力を刺激して英軍打倒するのが最終目標

戦略目標の達成すら、「風が吹けば桶屋が儲かる」式の発想で他人を当てにしたものばかり。
太平洋戦争もそうだったし、226事件辺りから続く悪しき伝統ですな。

235 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/23(水) 21:00:13.63 ID:nh4Zry/c0
>>233
では他に日本が戦争に勝てる方法を示してみせろ

>>234
日清戦争からずっと近代日本の基本戦略ですよ
勝つ自信があって戦争を仕掛けているわけではないんです

236 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/23(水) 21:02:07.44 ID:uftvfXXN0
いくら何でも牟田口廉也を擁護した発言には怒りを覚えるね。
保守系の言論人が、インド独立に貢献云々とか言ってるの聞いて
それは違うと思ったしね。

戦犯であり罰を逃れた国賊でありスバイと同様な活躍だろ。
しかもインド独立には何ら貢献していない。

最近ちゃんねるチェリー観てドン引きした瞬間でもある。 

237 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/23(水) 21:05:53.39 ID:DecYcCy60
この作戦さへ成功すれば、一発逆転ができる。
この発想がそのものが破滅をもたらす。
ギャンブル依存と何も変わらない

238 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/23(水) 21:08:29.41 ID:MdigJC7t0
大陸でとりあえずやっちゃう?で美味しい思いしすぎて馬鹿になっちゃった

239 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/23(水) 21:08:41.42 ID:nh4Zry/c0
日本が戦争に勝つ方法を示せないのに、牟田口の責任を追求して何の意味があるのか

240 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/23(水) 21:10:01.43 ID:k/RbmFKQ0
モントゴメリ「しゃーないやろ、なあ牟田口はん、ちょっと遠すぎただけや」

241 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/23(水) 21:14:09.91 ID:Wr9J1thm0
>>239
そもそも日本がアメリカとガチで戦争やって勝てるほうほうが〜と言っているのって
知恵遅れか何かか?
国力が違いすぎる
戦争すべき相手じゃなかった、それだけ
もしかしたら、陸軍の当初の戦略が正解だったと思うよ
フランコの軍事政権のスペインだって、なんの責めを負うことなかったように
日本も亀のごとく首をひっこめて、ただ時が経つのを眺めていればよかった

242 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/23(水) 21:14:47.29 ID:DecYcCy60
国家のリソースを無駄に使ってもおとがめなしとまで主張をはじめた。

敗軍の将としてとして何も語らなければ無能な将軍で済んだが、
延々とでたらめな弁明を繰り替えいたのだから、有害な将軍と評価されるに至ったのに。

243 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/23(水) 21:15:08.60 ID:ims7+1Yk0
>>235
日清・日露では軍も政府も戦略目標をわきまえていたので機を見て講和に持ち込む事が出来、泥沼化しなかった訳ですけど?

244 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/23(水) 21:17:03.09 ID:0qQstJel0
コヒマを取ったんやし、インパールももうちょいやったんやけどなあ。
Imphal is too far.

245 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/23(水) 21:18:44.39 ID:LuYDLWRD0
>>244
仮にインパール落としたとして
補給が無いのにどうやって維持するの?

246 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/23(水) 21:27:50.64 ID:jwgYL4ltO
実はチャンドラ・ボースが戦後も生き残ってガンジーの後見人をやってたなんて話が出ないかね

247 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/23(水) 21:28:14.46 ID:k/RbmFKQ0
>>229
東鶏冠山の爆砕はどうやって爆薬仕掛けたんだよw

乃木将軍を批判してる人間は牟田口を批判できないね
二百三高地主攻こそいわゆる銃剣突撃、つまり迂回と機動

乃木を批判するならその人は牟田口を擁護しなきゃ道理が通らない
批判されてる軍人を意味も解らず流されて乗っかってるだけだ

248 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/23(水) 21:29:33.99 ID:n4uZQJBNO
インパール作戦の構想自体は確かに理にかなうものではあった
しかしわずか三個師団の兵力でインド独立なんか出来るはずがない
牟田口の計画通りディマプールを陥落しても、インドのほんの入り口に立ったに過ぎん

所詮敗勢が明らかになった日本軍の勝ちの無い賭けに、牟田口が景気良く八万人の兵隊を突っ込んだだけの話だ

249 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/23(水) 21:37:48.83 ID:7JucSkDwO
>>247
銃剣突撃が迂回と機動とか初めて聞いた

250 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/23(水) 21:43:07.04 ID:ims7+1Yk0
>>247
塹壕と銃剣突撃と「迂回と機動」と、牟田口の関係が全く繋がりませんが?

251 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/23(水) 21:45:26.60 ID:0qQstJel0
牟田口閣下談話
「諸君、佐藤烈兵団長は、軍命に背きコヒマ方面の戦線を放棄した。
食う物がないから戦争は出来んと言って勝手に退りよった。これが皇軍か。
皇軍は食う物がなくても戦いをしなければならないのだ。兵器がない、
やれ弾丸がない、食う物がないなどは戦いを放棄する理由にならぬ。
弾丸がなかったら銃剣があるじゃないか。
銃剣がなくなれば、腕でいくんじゃ。腕もなくなったら足で蹴れ。
足もやられたら口で噛みついて行け。
日本男子には大和魂があるということを忘れちゃいかん。
日本は神州である。神々が守って下さる」

誰か閣下を弁護して下されw

252 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/23(水) 21:47:19.98 ID:7lWpVnvz0
くっだらねえw
こんな過去の遺物にこだわってどうする
何も見えない聞こえない

253 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/23(水) 21:47:25.68 ID:LuYDLWRD0
>>247
乃木将軍は軍内部からでも更迭すべきとの意見も多かったんだぞ?
明治天皇が更迭したら乃木は自決するからと言って更迭させなかった
一方サイパンでは米軍は攻勢が遅れ気味なだけで更迭につぐ更迭
対象的じゃまいかwww

254 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/23(水) 21:47:48.05 ID:Oz2lwjEBO
牟田口許すまじ

255 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/23(水) 21:48:02.97 ID:D+3MZVayO
日本の作戦参謀は無能だな。
あと明治憲法もダメだ。
てか、ダメダメか

256 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/23(水) 21:48:44.13 ID:rrYWuTPs0
>>248
実現不可能な構想なら、誰にだって思いつくけどな。

257 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/23(水) 21:50:58.38 ID:Au3d4k750
でたよ自虐史観
なんでもかんでも日本が悪い、日本人は愚か

日本を悪者にするプロパガンダは飽きた

258 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/23(水) 21:53:30.74 ID:7lWpVnvz0
なんで知りもしない70年も昔の老廃物のために縛られなくちゃならないの?
そんなの平和ジジイが地獄にもっていけばいいだろ
当時のアメリカと今の中共をなぞらえて、
中共に逆らうのは無謀だみたいに持って行って中共の侵略を助けたいだけだろ
こんなもん知ったことじゃない
繰り返すが平和ジジイが死ぬまで平和念仏唱えてりゃいいだけだ

259 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/23(水) 21:53:40.64 ID:ZZFwc9aJ0
   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ●)(●)        現在、連合軍が使っているダグラスC47輸送機の有効搭載量は六トンであります。
. |     (__人__)        一日の就航機を三百とすれば、一日に千八百トンを輸送することができます。
  |     ` ⌒´ノ        ただし、これは最大限でありますから、七十%動くとして、一日の平均輸送量千トン、
.  |         }         月に、三、四万トンは運べます。
.  ヽ        }         これは、機材・人員を満載した、百輌編成の貨物列車を、毎日、空から一本ずつ
   ヽ     ノ        \送りこむことになります。
   /    く  \        \
   |     \   \         \
    | 田副 |ヽ、二⌒)、          \

      / ̄ ̄ ̄\
    / ─    ─ \     要するにそれは数字の問題じゃないか・・・
   /  (●)  (●)  \.    まあ安心せい。わしは、戦に負けたことがないんだ・・・
   |    (__人__)    |    わしには神様がついている・・・
   \    ` ⌒´    /
   /     牟田口     \

260 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/23(水) 21:54:32.84 ID:0qQstJel0
戦後、英軍の調査によれば、コヒマの日本軍第31師団がそのまま進軍を続ければ
当時の英軍の防備状況から見るとディマプールを陥落させた可能性が高いとの結論が出た。
これを聞いて喜んだのが牟田口閣下で、「それ見たことか、幸コの阿呆が退きよって」と
息巻いたとか。ヲイヲイ、補給が途絶えて弾薬糧秣を欠き、攻勢限界点をはるかに超えていた
第31師団がそのまま進軍できたわけもない。
戦後の閣下の奇行・奇言の発端となった罪作りな英軍報告書であった。

佐藤幸コ第31師団長の赤心。忘れてはならない。

261 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/23(水) 21:55:07.07 ID:Wr9J1thm0
>>257
という決め付けで思考停止している
お前のような奴のほうが愚か者だろ

262 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/23(水) 21:58:25.64 ID:ims7+1Yk0
>>258
  ↑
史実を何も知りも知らぬまま牟田口や辻をマンセーしつつ
戦争を知った気になって戦争を待望している、低脳ネトウヨw

263 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/23(水) 22:00:28.26 ID:+XyBmfjN0
第二次世界大戦系のFPSを遊ぶと日本の装備の貧弱さに苦しむんだよな。
こっちはボルトアクションで動作が遅い歩兵銃なのに
向こうはM1ガーランドだのトンプソンM1短機関銃だので
弾幕はって雨のごとく弾を撃ってきやがる。ゲームだからいいが
実際に同じ条件で対峙したら絶望するだろうな。
狙撃銃として使う分には三八は使いやすいんだけど
これで近距離戦は辛い。

264 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/23(水) 22:01:22.84 ID:n5F/noum0
日本軍と戦ったアジア人は全部ゴミだよ

大衆は独立を望んでたから全部独立したんだから

植民地が維持されたところは香港・マカオのチャンコロのとこだけだよ

265 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/23(水) 22:02:08.95 ID:7lWpVnvz0
>>262
マンセーも何もしてない
とっくに終わった戦争だしどうでもいいってだけ
ほんとただどうでもいい
昔の話に過ぎない

266 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/23(水) 22:02:44.59 ID:nh4Zry/c0
>>241
ナンセンスですね。近代日本とは、自分より強大な国に戦争を仕掛けて勝つことに
よって奇跡の成長を実現した国なのですから。
あなたは中国やロシアを甘く見すぎているのだと思いますよ。
アメリカほどではないかもしれませんが、とんでもなく強い国です。

>>243
皮算用に過ぎませんな。結果オーライってだけ。

267 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/23(水) 22:03:14.83 ID:Wr9J1thm0
>>265
どうでもいいと思っている話題のスレにわざわざどうでもいいと3回も
書き込むなんて酔狂な人ですなwww

268 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/23(水) 22:05:01.42 ID:7lWpVnvz0
>>267
こんな下らんどうでもいいことにこだわるバカどもが今の日本の邪魔をするから仕方ないだろう
ほんと邪魔くさいんだよ
こんな過去の楔など消し去ればいいのに

269 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/23(水) 22:05:30.80 ID:BmdAgPj80
芸者を連れて飛行機で脱出だ!

270 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/23(水) 22:05:33.04 ID:QZd0Fexk0
牛に荷物運ばせようとしたけど川がでかすぎてみんな流されたんだよな
バカとしか言いようがない

271 :移民反対@転載は禁止:2014/07/23(水) 22:06:03.42 ID:VX2vphIj0
一応はインドのための作戦なんだよな

272 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/23(水) 22:06:09.04 ID:NNIhM+m40
>>257
残念ながらそれ、自虐じゃなくて事実なんだよね・・・・w

273 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/23(水) 22:07:35.43 ID:ZZFwc9aJ0
インパールとアキャブ2は日本の戦史の汚点だな

274 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/23(水) 22:08:03.18 ID:nh4Zry/c0
>>253
大本営が、癌だから。

トンチンカンな命令を出して乃木の足を引っ張った。
だからその後、日本陸軍では独断専行が認められるようになった。
大本営のアホさ加減が認められたんだよ。

275 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/23(水) 22:09:03.42 ID:Wr9J1thm0
>>268
賢者は歴史から学ぶという言葉があるからね
歴史を馬鹿らしいというのは愚かものの証明だわな

276 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/23(水) 22:09:10.50 ID:sSclQLXw0
当時の軍隊も非効率でバカ丸出しだったしな
今の自衛隊もバカ丸出しにしようとしてる政府www

277 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/23(水) 22:10:32.54 ID:lIitwU/4i
>>251
まんま今の経済政策と同じ思考だな
派遣という名の奴隷商人が政権中枢に顔を効かせ
日本特有の一部の特権階級と公務員の飽食と愉悦を維持するための税金を確保するために
削減することもせずに増税しただけじゃ飽き足らず、外国人の入国緩和や移民政策まで言い出した
「何!? 俺たちに自由に使わせる湯水のごとき税金を収める奴隷が減っている?」
「出生率? 何を頓珍漢な事を言ってるんだね君は……日本人の働き手がいないなら、外国人を働かせれば良いじゃないかwww」
経済の白骨街道まっしぐらです

278 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/23(水) 22:11:21.90 ID:tJ69lqgq0
インドか・・・
そんなとこまで南下しなくて良かったのにな。

日本人は働きすぎだ、今も昔もw

279 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/23(水) 22:13:04.28 ID:+w+wfTvQ0
>>257
牟田口廉也はどう見ても愚かだ。陸軍大学校卒だから、学力はあったのだろうが、今で言えば
鳩山由紀夫のような感じなのだろう。

280 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/23(水) 22:15:00.52 ID:nh4Zry/c0
>>272
その日本人の中に自分自身が含まれていないように見えるのが笑えるんだよね

281 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/23(水) 22:19:29.76 ID:FQospqFs0
>>263
イギリス軍も、ボルトアクション銃じゃなかったけ?

282 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/23(水) 22:20:07.02 ID:0qQstJel0
海軍の大正義井上成美提督が珊瑚海海戦の結果、海路によるポートモレスビー攻略を
断念したことが、オーエンスタンレー越えの悲劇の作戦を起こさざるを得なくなった。
この海戦でレキシントン撃沈、ヨークタウン中破の被害を受けた敵将フランク・フレッチャー提督は
臆病風に吹かれ艦隊を率いて戦場を離脱。フィージーの先まで大逃げを打った。
だから、結果論だが裸でも日本軍は海路ポートモレスビー攻略に障害は全くなかった。
戦場における臆病同士の絡み合い。戦術的勝利だが戦略的敗北と判断される珊瑚海海戦。
井上提督の臆病がインパールと並び称される悲劇のオーエンスタンレー侵攻作戦の発動の引き金となった。

283 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/23(水) 22:20:34.03 ID:k1EufLb70
インドへ攻め込むより、東南アジアで石油とったり兵器作ったりしたほうが
ためになったんじゃないか。

284 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/23(水) 22:20:54.72 ID:rAEtiHSw0
>>263
本当に苦しいのは武器の性能でなく食い物がないこと
敵にやられた数より味方の考えた必勝作戦で餓死と病死した数のほうが多いw

285 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/23(水) 22:21:11.01 ID:n4uZQJBNO
だいたい皇道派の牟田口と統制派の佐藤が戦前から水と油で犬猿の仲だと知ってりゃ

牟田口には佐藤の烈兵団を生かして帰す気なんか初めからないと察しが付くな
インド独立など儚い妄想だ

286 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/23(水) 22:24:01.30 ID:7JucSkDwO
>>251
病院送りにしたれ

287 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/23(水) 22:24:09.89 ID:LuYDLWRD0
>>279
アメリカやドイツには優秀な将軍が多いのに
何で日本は栗林と八原高級参謀くらいしか
まともな将軍が見当たらない

288 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/23(水) 22:24:31.48 ID:/RXzFyJd0
>>192
うそだろ?
それ珍百景かウワサの真相に出れる会社だぞ

289 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/23(水) 22:26:08.94 ID:nh4Zry/c0
戦争に勝てない理由など発言する意味は無いわけよ
昭和19年の日本に必要だったのは勝てる理由だ
それが無かったら戦争を継続している意味が無いだろ

290 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/23(水) 22:26:18.48 ID:LuYDLWRD0
>>192
そのうち潰れるんじゃね?
その会社ww

291 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/23(水) 22:27:19.48 ID:ZZFwc9aJ0
>>263
当時でも分隊の主力は軽機関銃で歩兵の持つライフルは予備な

292 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/23(水) 22:27:55.37 ID:NNIhM+m40
>>280

明らかに自分は含まれていないな。生まれてないし。

293 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/23(水) 22:27:57.06 ID:lIitwU/4i
日本って結局はこの頃から1歩も進歩してないんだよね
自分の組織の人間をゴミのように扱うのは国も軍も会社も同じ
命というものに対して、極めて意識の希薄な国

294 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/23(水) 22:28:28.82 ID:iWXF5oas0
>>280
同じ日本人が過去の失敗を失敗と認め今後に活かす
過去を変にねじ曲げてファンタジーを信じてる半島よりましだよ

295 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/23(水) 22:28:41.75 ID:/RXzFyJd0
>>229
時間が限られてるから塹壕掘ってる時間がなかったんだろ
そのくらいわかるだろ

296 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/23(水) 22:29:40.74 ID:QOirOhF30
牟田口廉也中将はなぜインド、インパール作戦の責任取って清く自決しなかったのか、また東京裁判をなぜ免れたのか、副官佐藤中将の正論をなぜ排したのか、いまだに謎だ。

297 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/23(水) 22:31:46.90 ID:ZZFwc9aJ0
>>296
自決したいと藤原に持ちかけたら「どうぞ」と言われて意気消沈

298 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/23(水) 22:32:26.70 ID:iWXF5oas0
>>283
シンガポールやインドネシア当たりの油田地帯は抑えてたよ
でも潜水艦もうようよいるし、
サイパンフィリピンが占領された頃には日本に運ぶ手段が無くなってた

299 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/23(水) 22:32:38.13 ID:nh4Zry/c0
>>292
よくわからんが、お前は自分より優れた日本人を見たことが無いって意味なのか?

300 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/23(水) 22:32:45.77 ID:0qQstJel0
>>296
牟田口レベルでは開戦の責任追及は関係ない→A級訴追セフセフ
現地で捕虜に乱暴とか人道に反する行為→後方で芸者遊びに精出していたのでB級、C訴追もセフセフ
むしろ日本軍兵力を削った功労者として表彰の対象かもね。

301 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/23(水) 22:32:49.73 ID:5YrCmLZX0
あいつが畳の上で死ぬことだけは許せん。

302 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/23(水) 22:32:55.56 ID:+w+wfTvQ0
>>278
イギリス相手にも戦争していたからな。プリンスオブウェールズを撃沈したとはいえ、東南アジア占領だけで
満足していてはいずれ反攻されると予想されていたし、事実された。

セイロン沖海戦の直後にインドやスリランカに大部隊を上陸させれば、ついでにインド仮政府軍も連れて
行けば、もっと有利に戦えたかもしれない。少なくとも、反英運動の激化には成功しただろう。

303 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/23(水) 22:33:48.44 ID:Wr9J1thm0
>>293
というよりも
下っ端の責任は過酷に追及して処分するのに
上の人間の責任は問わず、ウヤムヤにする
むしろ人の上に立つ人間の失敗こそ、企業や国を傾けることになるんだから
下の人間を厳しく罰する以上に上の人間を厳しく罰するべきなんだけどな
日本には、上の人間を厳しく処分するという習慣が決定的に欠けている
東京裁判でアメリカが日本人にできないことを代わりにやってくれたようなものだよ

304 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/23(水) 22:34:18.82 ID:nsPOeB+G0
 
支●朝●の操り人形である朝日毎日NHKは、日本が勝った戦争は絶対に放送しません
-----------
★★★日支戦争での結果★★★

1937/07 盧溝橋事件(日5,600vs支100,000)→日本勝利(蘆溝橋から支那国民党軍撤兵)
1937/08 上海戦(日250,000vs支600,000)→日本勝利(支那国民党軍撤退)
1937/12 南京戦(日120,000vs支90,000)→日本勝利(首都陥落)
1938/04 徐州会戦(日216,000vs支600,000)→日本戦術的勝利(徐州占領)
1938/06 武漢作戦(日350,000vs支1,100,000)→日本勝利(国民党軍撤退)
1939/12 翁英作戦(日50,000vs支122.000)→日本勝利(国民党軍に打撃)
1940/01 賓陽作戦(日50,000vs支154,000)→日本勝利(反撃の国民党軍を撃退)
1940/05 宜昌作戦(日80,000vs支350,000)→日本勝利(宜昌占領)
1940/08 百団大戦(日30,000vs支400,000)→日本勝利(国民党共産党軍を撃破)
1941/05 中原会戦(日40,000vs支180,000)→日本勝利(国民党軍8万を戦死捕虜)
1941/09 第一次長沙作戦(日不明vs支500,000)→日本勝利(国民党軍数万を戦死捕虜)
1943/02 江北殲滅作戦(日60,000vs支30,000)→日本勝利(国民党軍を撃破占領)
1944/04 大陸打通作戦(日400,000vs支390,000)→日本勝利(国民党軍11万戦死捕虜)
1945/03 老河口作戦(日100,000vs支150,000)→日本勝利(老河口飛行場の占領)

主要戦闘で14勝1敗(細かいのも入れると29勝1敗)。南方作戦転出し米軍が
本格介入で撤退した1945/04のシ江作戦以外全部勝利。支那軍ほとんど全て数倍の圧倒的人数を
そろえ外国からの支援で装備も良かった。しかも帝国陸軍では最精鋭は対ソ連戦部隊で
あり支那派遣軍は二戦級だった。それでこの結果。

305 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/23(水) 22:34:35.32 ID:B2ERgDLC0
今もインドで歌われる日本兵を讃える歌
https://www.youtube.com/watch?v=__7fG0aqJDk

306 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/23(水) 22:34:58.91 ID:NNIhM+m40
牟田口って各地に講演で回って、自分の作戦の正しさを力説して回ってたんだろ。

で、聞きに行くアホ日本人w

ここまでくると、韓国みたいな感じが羨ましいな。

牟田口みたいなやつは韓国では自殺に追い込まれていただろ。

307 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/23(水) 22:35:07.20 ID:VlFyUQWB0
牟田口と河辺・・・・最低。

308 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/23(水) 22:35:08.11 ID:4EdFFUBq0
>>282
どうみても、適材適所に人を配置しなかったのが原因で本人の責任じゃないだろ。
その意味じゃ、結構この手の配置に失敗しているんだよな。

>>287
堀栄三とか得られた情報を駆使して米軍の作戦行動を読み切ったような参謀も居たんだが、
登場が遅きに失したし、それが一人や二人早く出た所で大勢には影響がなかっただろうしな。

309 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/23(水) 22:36:17.49 ID:nh4Zry/c0
上の人間の責任追及を厳しくするってことは、内乱になるってことだろ

310 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/23(水) 22:36:41.96 ID:reirNq+K0
ステーキハウスジンキスカンってほんまに作ったん?
戦後、よく抹殺されなかったな!無茶口

311 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/23(水) 22:37:36.01 ID:0qQstJel0
>>303
東京裁判は単なる恨み辛みの憂さ晴らし。勝者による理不尽な仕返しだよ。
非軍人の大川周明にさえ「開戦責任」の訴因があったくらいだ。無茶苦茶だよ。
最初から東条英機を殺すための猿芝居。武藤章とか文官の広田弘毅はちょっとな、やり過ぎだろ。

312 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/23(水) 22:38:22.68 ID:NNIhM+m40
>>307

「アーロン収容所」に出てきたビルマで大量の慰安婦を侍らせて女遊びしては
車を乗り回して兵卒に贅沢な暮らしを見せびらかしてた大将Kって河辺のことかな?

313 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/23(水) 22:39:50.81 ID:hq0M+Mcc0
無能な指揮官は、
”悪”そのものである。

314 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/23(水) 22:39:54.68 ID:UzfZAvPRi
>>304
むしろそれだけ戦術的な勝利を重ねて
戦略的に負けたのが問題。

315 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/23(水) 22:40:23.48 ID:7JucSkDwO
>>296
連合国側の大殊勲者やで

316 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/23(水) 22:41:36.92 ID:I5H8jLHI0
開戦そのものが無能だろ。

317 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/23(水) 22:42:32.65 ID:dDRt1JL50
金・銀・パールプレゼント

318 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/23(水) 22:42:50.16 ID:NNIhM+m40
>>315

そのわりに、日本の軍法裁判でも無罪だったな。

東京裁判がどんなに酷い裁判だろうが、日本軍の軍法裁判よりマシだろwww

日本軍の憲兵科は、なぜか日本軍に大損害をもたらした売国奴牟田口は逮捕
しないのに、「こんな戦争早く終わって欲しい」とつぶやいた庶民や文民は
逮捕して暴行するしwww

319 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/23(水) 22:43:17.91 ID:nh4Zry/c0
>>315
日本も敗戦後は連合軍に加入したのだから牟田口を褒め称えるべきだよなw

手のひら返しを繰り返す日本人ならそのくらい朝飯前だろ

320 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/23(水) 22:46:37.73 ID:nh4Zry/c0
>>318
大損害って理屈はおかしいな
「生きて虜囚の辱めを受けず」
捕虜になるくらいなら日本人は全員自決するはずだ
ということは戦争に負けた時点で日本人は絶滅することになるからな

321 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/23(水) 22:48:22.90 ID:NNIhM+m40
>>320
それ、「戦陣訓」だから軍人だけが対象だよ。

だから日本人のうち軍人を除く8000万くらいは生き残るはずw

322 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/23(水) 22:51:10.18 ID:7JucSkDwO
>>304
最終的に立ってた奴が勝者
アフォウヨには永遠に理解できない真理

323 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/23(水) 22:52:06.91 ID:NNIhM+m40
そういえば、大岡昇平という京大卒で赤紙召集された召集軍人の人は、
フィリピンで手榴弾で自殺せよとの命令に従わず、捕虜になったんだよ。
(手榴弾が故障して爆発しなかったらしい)

で、戦後戦争小説家になって、文化勲章をもらえることになったが拒否した。
理由は「自分は捕虜になった身の上でから恥ずかしくて天皇に顔向けできない」
とかなんとかいう理由だったが、これは明らかに昭和天皇への嫌味だったと
いわれる。

なぜなら大岡昇平は著作で盛んに昭和天皇の悪口を書きまくってるからww
要はマッカーサーの捕虜になっても生きてた昭和天皇陸海軍の大元帥に対する嫌味ww

324 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/23(水) 22:52:44.93 ID:k5rqayOI0
牟田口→田母神

河辺→石原

325 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/23(水) 22:53:05.51 ID:E7ZM1Zmw0
>>322
メルトダウンしても原発続けたら勝利だね
はいはいワロスワロス

326 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/23(水) 22:53:15.40 ID:Rt2krbgW0
インパールはひどかったらしい
その頃 大本営はインパールの隊長に
腹が減るのは根性が足らないからだとか
言い放っていたとか
大本営は 糞
ネトウヨも糞

327 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/23(水) 22:54:30.17 ID:I5H8jLHI0
空き巣狙いでは勝てたけど、
向こうがちょっと本気になっただけでボロ負け。

328 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/23(水) 22:55:25.92 ID:y6h5/i1C0
>>260
負かした敵のことを持ち上げるのはアングロサクソン共の常套手段だからな。
持ち上げることで、それに勝った自分の名誉も上がるという仕組み。
勝った相手が、兵站も補給も考えない「飛んで火に入る夏の虫」よりバカじゃ格好がつかんよな。

329 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/23(水) 22:55:40.05 ID:k5rqayOI0
インパール作戦を押し進めた河辺中将

その後、大将に昇進 

糞人事w

330 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/23(水) 22:56:10.65 ID:7JucSkDwO
>>325
最終的に自分が死にますが
池沼乙ヽ(^^)

331 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/23(水) 22:57:25.78 ID:NNIhM+m40
>>326

 牟田口廉也中将の名言その1
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%89%9F%E7%94%B0%E5%8F%A3%E5%BB%89%E4%B9%9F

「諸君、佐藤烈兵団長は、軍命に背きコヒマ方面の戦線を放棄した。食う物がないから戦争は出来んと
言って勝手に退りよった。これが皇軍か。皇軍は食う物がなくても戦いをしなければならないのだ。
兵器がない、やれ弾丸がない、食う物がないなどは戦いを放棄する理由にならぬ。弾丸がなかったら
銃剣があるじゃないか。銃剣がなくなれば、腕でいくんじゃ。腕もなくなったら足で蹴れ。
足もやられたら口で噛みついて行け。日本男子には大和魂があるということを忘れちゃいかん。
日本は神州である。神々が守って下さる…」

332 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/23(水) 22:58:34.31 ID:JFX46XRl0
>>240 遠すぎた、何…? ハシ?(´Д`)

333 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/23(水) 23:00:40.49 ID:+c7WsAvg0
>>262
ID:ims7+1Yk0

おまえいいやつだな
たぶん

334 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/23(水) 23:05:45.86 ID:7NjJky2E0
>>331
すげえなw
お前が手本見せてみろとか言える雰囲気じゃなかったんだろうな

335 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/23(水) 23:09:09.81 ID:E7ZM1Zmw0
>>330
最終的に立ってた奴が勝者なんだろ?
過程無視して結果続いてればいいんだろ?
でも残念ながら日本は敗戦しちゃったしメルトダウンしてるんだよね
今先進国だけどさ、忘れんなよ?

336 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/23(水) 23:10:35.56 ID:KazNtd5k0
>>304
>日本が勝った戦争は絶対に放送しません

そんなものが何の意味があるんじゃ大バカたれ

>1945/03 老河口作戦(日100,000vs支150,000)→日本勝利(老河口飛行場の占領)

同じ月には東京大空襲で何万という民間人が焼き殺されとるわい
シナで戦争ごっこやっとる暇があったら戻って祖国防衛をせえや
同胞の民間人を見殺しにしといて何が「勝った勝った」じゃ

337 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/23(水) 23:12:27.31 ID:NNIhM+m40
>>336
制海権を取られた段階で、中国大陸の日本軍200万人は国家防衛には
なんの役にも立たない死軍と化したのですwww

これが戦略ってものをまったく立てられないアホな日本軍の真骨頂だwww

338 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/23(水) 23:12:48.60 ID:0qQstJel0
>>323
日本進駐の大成功は、まあマッカーサーとその幕僚たちの勝利だろうが。
唯一の失敗はアメリカに「俺ら進駐上手いんだ」と勘違いさせた点だろう。
あいつら日本以外ではことごとく下手を打っている。何が進駐軍政の上手か。
日本が特別だったということについて思慮が足らんかったなw

339 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/23(水) 23:15:03.18 ID:6vrUgxbwi
昔は戦争があったから夢があった。
いい時代だったな。

340 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/23(水) 23:15:49.97 ID:n4uZQJBNO
>>321
本土決戦になったら二千八百万人の国民に自爆攻撃させる気だったぞ

341 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/23(水) 23:16:11.62 ID:LxzGELPh0
>>334
しかも他人には失敗したら腹を切れって言いまくるくせに自分は

牟田口:「藤原、これだけ多くの部下を殺し、多くの兵器を失った事は、司令官としての責任上、私は腹を切ってお詫びしなければ
      上御一人や、将兵の霊に相済まんと思っとるが、貴官の腹蔵のない意見を聞きたい」

藤原参謀 :「昔から死ぬ、死ぬといった人に死んだためしがありません。
        司令官から私は切腹するからと相談を持ちかけられたら、幕僚としての責任上、一応形式的にも止めないわけには参りません。
        司令官としての責任を、真実感じておられるなら、黙って腹を切って下さい。誰も邪魔したり止めたり致しません。心置きなく腹を切って下さい。」

参謀にここまで言われても腹を切らない始末

342 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/23(水) 23:16:34.39 ID:E7ZM1Zmw0
>>336
陸軍がB-29に対抗できるかよw
とりあえず倒せそうな敵相手にするしかないじゃんw

343 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/23(水) 23:16:51.19 ID:NNIhM+m40
>>338
軍部専横時代があまりに酷かったので、日本人はGHQの優しさ、暖かさに
感服して、占領は楽勝だった。

要するに、他の国は日本軍部専横時代みたいな酷い状況じゃなかったって
ことだろ。羨ましい。

344 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/23(水) 23:18:39.66 ID:p8JamDNS0
>>282
海路なら攻略できたのだろうか。
ポートモレスビーの飛行場は健在だから輸送船団大損害の可能性もあるじゃん。

345 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/23(水) 23:21:15.95 ID:KazNtd5k0
>>342
>陸軍がB-29に対抗できるかよw

民間人には「竹ヤリで落とせ」ゆうといてそれかいや
無責任の極みじゃのう

ええか、「B-29に対抗できるかよ」そんなことは百も承知じゃい。
ほいじゃが、陸さんじゃろうが海さんじゃろうがどっちでもええけど、日本人を守らん軍隊って一体何ね?

その根本の話をしよるんじゃボケ

346 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/23(水) 23:22:19.47 ID:KUgvrXRF0
食料は兵士
これがジャップの人肉作戦。

347 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/23(水) 23:23:50.05 ID:LuYDLWRD0
>>341
志村けんのバカ殿みたいなギャグみたいだなw

348 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/23(水) 23:23:53.05 ID:UWwaVwWf0
>>337
すごいよなぁ。
シナと戦争やりながら
アメリカに勝つつもりで居たんだから。

もっとも南進派の頭目である海軍の連合艦隊長官の山本五十六からして
勝てるとは思ってなかったという・・・

>>342
何言ってんだこの馬鹿。
そのB29はどっから飛んできたんだ?
まぁ制海権が握られちゃ、島嶼防衛にいくら人数が居ても飢え死ぬだけだが。

349 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/23(水) 23:24:32.51 ID:Wr9J1thm0
>>342
陸軍だって戦闘機持っていたんだぞ
隼戦闘機なんて、大戦初期では大活躍していたじゃないか?
陸軍=陸の兵力だけと勘違いしてないか?
そもそもB29対策のために開発していた紫電だって陸軍機だろ

350 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/23(水) 23:26:27.23 ID:LuYDLWRD0
>>349
疾風と勘違いしてないか?

351 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/23(水) 23:27:14.10 ID:y6h5/i1C0
>>323
日本兵はバンザイ突撃や特攻など平気で命を捨てる。
彼らは天皇を崇拝し、そのためなら喜んで死ぬことをアメリカは気づいた。
で、天皇のことを調べると、万世一系の天皇は時の権力者に利用され、誰一人としてハラキリしていないことがわかった。
アメリカは日本を大人しく従属させるためには、天皇を利用すべきとの思いに行き着いた。

352 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/23(水) 23:27:38.22 ID:k5rqayOI0
当時の国力差の象徴

日本 年間自動車生産2万台
米国 年間自動車生産200万台

353 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/23(水) 23:29:40.66 ID:KazNtd5k0
>>351
>アメリカは日本を大人しく従属させるためには、天皇を利用すべきとの思いに行き着いた。

かくして歴史的なプロレス会談の準備は整ったのである
http://i.imgur.com/wa6jfyB.jpg

354 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/23(水) 23:30:09.93 ID:sAYnxp2p0
豊臣秀吉の中国大返しではしっかりと退却路や食料調達は考えられてたし、
2000年前のローマ軍なんかは歩兵と工兵の一人二役だったから、道路と橋を作りながら、
さらには砦=街を作りながらの戦いで、それこそ兵站や補給なんて考えに考え抜かれてたのにね。
それに比べ、70年前の日本軍ときたら。。

355 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/23(水) 23:30:50.59 ID:7+5LwuF/0
日本に進駐して民主化したとアメリカは思っているが、日本は
アメリカより民主主義だったし、ずっと先進国だったんだよ。
戦争するために戦時体制とっていただけなのに、アホな連中だ。

356 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/23(水) 23:30:57.25 ID:NNIhM+m40
>>351

・・・で?

そんなアメリカの事情と、GHQが到着するまで、戦争が終わってから3週間も
生きてた天皇の虜囚根性は関係ないのだがwww


それはそうと、太平洋戦争マニアの大岡昇平の著作にも書いてあることだが、
天皇の身の安全と天皇制の護持を条件につけるために日本は8月10日に
敗戦を決定していたにもかかわらず、戦争を5日も引き延ばしていたのだ。

この5日間で空襲されたり死んだ奴らは純粋に天皇制維持のためだけに
死んだってことになるって、大岡昇平は批判している。

357 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/23(水) 23:31:03.78 ID:k5rqayOI0
インパール作戦は、チャンドラボースをなしに語れないね 
東條の政治的進撃も問わないと 牟田口らの現地組批判だけではダメ

358 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/23(水) 23:33:01.86 ID:FnQTMuAt0
悪い意味で実に日本人らしい戦争だったね

359 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/23(水) 23:34:44.58 ID:NNIhM+m40
>>357
日本軍の戦況がやばくなってきたのでチャンドラ・ボースらに足元を
見られて悔しくなってメンツのためにインパール作戦をやりたかった
東條英機と非現実的なカモネギ作戦を背負ってやってきた英機のお気に入りの
牟田口廉也中将w

360 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/23(水) 23:34:53.55 ID:E7ZM1Zmw0
>>345
中国とは中国と戦争してたからな
中国に行ってた連中は最善尽くしたでしょ、アメリカが強かったからね、仕方ないね

>>342
じゃあ中国にいた陸軍10万に何ができたのか言ってみろks


>>349
10万の陸軍、どう考えても大半が歩兵だろ

361 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/23(水) 23:37:47.24 ID:4fDXeNkE0
詰め腹を切ったのは軍隊だけで、政治家や役所の体質は今もあの時のままという、日本の悲しい現実

362 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/23(水) 23:39:29.13 ID:Wr9J1thm0
>>361
結局いくつく先は精神論だとかなw

363 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/23(水) 23:40:29.26 ID:yUoO+S0s0
>>355
とん挫した大正デモクラシーがGHQの登場で息を吹き返した部分が大きいが
アメリカより民主主義とか、ずっと先進国、とかないから

戦争に負けたからこそドラスチックに日本が変わったというのはある
改革には既得権益を持ってる連中から凄い抵抗運動があるもので
今の政治を見りゃわかる
戦争に負けてGHQが「やれ」といったら逆らえるものじゃないからね

364 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/23(水) 23:42:30.49 ID:I5H8jLHI0
戦争しないで変わればよかったのにね。

365 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/23(水) 23:43:54.52 ID:KazNtd5k0
>>360
>中国とは中国と戦争してたからな

「陸軍は中国と戦争してたからな」じゃろ?言いたいことは。
情けないとは思わんかいや。陸軍と海軍、互いにいがみ合って共同作戦すらせんかったんで。
一億火の玉とけしかける一方で、内実は「ワシは中国じゃけん、アメリカは海軍の方で頼むで」と他人事じゃ。

こんなんで勝てるわけないのう。
日本人を守ろうとせん帝国陸海軍ゆうて何かいの?

366 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/23(水) 23:46:17.99 ID:y6h5/i1C0
>>356
だから書いただろ。
万世一系の天皇は誰一人として、ハラキリをしていない。
天皇は絶対に自ら責任を取らないことをアメリカはわかっていたんだよ。
昭和天皇は、伝統を護り時の権力者GHQに従い、利用された。
まさに皇統を守ったわけだ。

367 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/23(水) 23:46:19.20 ID:QnyQfPJw0
牟田口は陸軍悪玉説の代表的人物だな
決してそんな人ばかりではなかったのだけど

368 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/23(水) 23:47:18.47 ID:NNIhM+m40
>>366

戦陣訓を発布した総責任者の軍人天皇が、それを守らなくてどうすんの。

369 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/23(水) 23:49:48.36 ID:Wr9J1thm0
>>364
日本も劇的に変わったけど
世界も劇的に変わったんだよな
そもそも日本やドイツが戦争に走った理由は
世界大恐慌の後に各国がブロック経済体制をとって
植民地と宗主国の間だけの閉鎖的な貿易をしていて
他の国との貿易を排除していたから
植民地を持たないドイツとかあまり持っていない日本の経済が破たん状態になってしまったせい
市場や原材料を求めて戦争を始めるくらいに追い詰められてしまった

第二次大戦後に、そんな閉鎖的なブロック経済をやめて、原則的に自由貿易制度になった
自由貿易になれば、今度は植民地が不要になり、植民地を持たない日本とドイツが
身軽で有利になってしまうという皮肉な結果になったというw

しかし、そもそもブロック経済なんてやらなければ、こんな悲劇はそもそも起きなかった
人類の歴史は間違いの連続だな

370 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/23(水) 23:55:14.87 ID:UtJRvncd0
随分と遠くまで行ったものだw

371 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/23(水) 23:55:26.30 ID:I5H8jLHI0
どのみち破滅を選んだのは日本自身ですよ。
いつでもやめられたのだ。
誰のせいでもありません。

372 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/23(水) 23:56:14.46 ID:NNIhM+m40
>>369
全然破綻なんてしてなくて昭和10年代には回復してるけど?www

軍部のアホな利権拡大のために戦争になっただけですwww

373 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/23(水) 23:56:54.00 ID:AVY+ZoFk0
>>193
よう、戦犯の子孫
お前の無能な先祖は、有能な日本人をどれだけ殺したの?
日本を敗戦に導いたお前の先祖は、日本人の敵だ

374 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/23(水) 23:57:24.28 ID:Wr9J1thm0
>>372
そうなの?
昭和10年に回復したっていうソースある?

375 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/24(木) 00:10:54.26 ID:d6SI3Jyy0
諸君、牟田口閣下をバカにしてはならん。
21世紀の現代に至ってなお、2chには
「インパールは作戦自体は悪くなかった」「コヒマを放棄した佐藤は国賊」 「インドは日本が独立させた」
などと、本気でまくしたてる香具師があとをたたんではないか。

ただ、ねらーがネット上でいくら吼えたところで、さして影響ないが、
牟田口閣下の場合は実際に何十万もの将兵を指揮する立場にあったので最悪です。

376 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/24(木) 00:11:48.21 ID:8yYPSjhR0
>>372
だね。高橋是清のお蔭で、あの当時の先進国の中では一番か二番あたりに立ち直りが早かった。
あとこれに満州の油田開発にもっと積極的だったら戦争は避けられたのにな。

377 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/24(木) 00:13:40.03 ID:FX6MGZoj0
牟田口中将は部下に慕われた名将だったに違いない
でないとあんなひどい作戦を指揮した生き残り将兵に仕返しで殺されてるはず
牟田口中将が畳の上で大往生できたということが、彼の判断、指揮が部下に支持されていたことの証拠だ

378 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/24(木) 00:15:19.33 ID:ghy2tWG50
>>367
三奸四愚に名を連ねることすら許されず三大汚物呼ばわりなんだよなw

379 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/24(木) 00:16:50.61 ID:lnkazugG0
絶賛インパール中ですが何か?

380 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/24(木) 00:18:17.86 ID:d6SI3Jyy0
まあマジレスしとくと牟田口、辻、富永、花谷あたりはアクロバティック擁護すら難しいよ

381 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/24(木) 00:25:08.04 ID:Sqr1VowK0
日本の陸軍は秀れていた。すべての間違いは海軍が空母ホーネット
を見逃したことだ。ドゥーリトゥル空襲隊は特攻隊だった。あれで面子
を失くした山本がミッドウェー作戦を急遽おこなって失敗したことが
陸軍の作戦に大きな支障をきたした。補給のない大作戦という悲劇
がおこったのだ。陸軍はビルマを占領してイギリスから独立させる
という作戦は十分時間をかけて準備していて、それは成功させた。
しかし、インド国民軍をインドに送り込み、海軍との共同作戦でインド
からイギリスを追い出すという段取りがとれなくて、単独でインド攻略
をすることになってしまった。これはインドとの約束だったのだ。
日本陸軍は多大の犠牲をはらって約束を守った。

382 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/24(木) 00:28:39.15 ID:d6SI3Jyy0
>>381
木村閣下、お盆はまだですよ

383 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/24(木) 00:28:49.67 ID:g74k3CC60
おまえらインパールを語るときには佐藤師団長の部下の歩兵団長として
撤退戦のしんがりを整然と果たした宮崎繁三郎少将を忘れるでないぞ

優れた将校というものは負け戦でも任務をきちんと果たすものだ
現代の失敗プロジェクトやデスマでも同じ

384 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/24(木) 00:29:28.38 ID:vvqxLFPn0
でもインパール作戦って死亡率70%だから、戦死率90%超えの戦場が
たくさんある日本軍にしては、かなり良い作戦だったと言わざるをえない。
牟田口が胸を張ってしまうきもわかる気がする。

385 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/24(木) 00:32:37.77 ID:d6SI3Jyy0
>>383
宮崎さん、無駄に優秀だったから全部尻拭いだもんな
牟田口トンズラ、木村まで司令部畳んでトンズラしたからペグーの山ん中で
竹の皮はいで食って戦って生き延びる羽目に

386 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/24(木) 00:33:07.04 ID:y9yQx1t30
>>380
木村兵太郎も入れてやれ

387 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/24(木) 00:33:17.48 ID:vvqxLFPn0
日本軍の上層部は無能しかいないわけだから、
「牟田口のせいで70%も死んでしまった」ではなく、
「牟田口が指揮していなかったら、戦死率70%ではなく、
戦死率は90%を超えていたに違いない」とかんがえるんだ。

硫黄島を指揮した栗林中将なんて、持ち上げられているが、
硫黄島守備兵のうち97%の将兵を殺してるんだよ?

それと比較して70%しか殺さなかった牟田口が栗林中将より
下に見られるイワレはないだろ。

388 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/24(木) 00:33:22.74 ID:xlaSkIia0
当時は牟田口中将のような利己主義者は稀だったのかも知れないが、
現代は牟田口中将だらけだろう

他人の努力にはやたら厳しく、自分はヘタレですぐに逃げる、
我々の心の中に今でも牟田口中将は生きてる!

389 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/24(木) 00:34:35.99 ID:jIGEQM/60
>>384
まぁ逃げ場所があるだけマシだったとも・・・
島だと制海権握られるとどうしようもない。

390 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/24(木) 00:35:51.41 ID:d6SI3Jyy0
>>386
絞首刑になってるだけまあ…って個人的な印象、木村閣下
>>380の連中は戦後のうのうと生き延びて贅沢してたり議員にまでなったクズまでいるし

391 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/24(木) 00:37:32.97 ID:g74k3CC60
>>388
今の世の中、牟田口だらけで佐藤は少なく宮崎はいよいよ稀なり

392 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/24(木) 00:38:28.03 ID:DHA04WZv0
辻は戦後、議員になったけど
ビルマ視察旅行に行って行方不明に
なったんだよな

393 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/24(木) 00:38:54.03 ID:d6SI3Jyy0
>>391
花谷ばりの経営者もいっぱいいる、マジでキチガイ

394 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/24(木) 00:40:06.85 ID:y9yQx1t30
>>392
いまでもジャングルでゲリラの指導をしてるよ

395 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/24(木) 00:41:56.48 ID:d6SI3Jyy0
>>392
ツージィはビルマじゃなくラオスで行方不明になった

ビルマのジャングルで王国を作ってるよ

396 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/24(木) 00:43:39.81 ID:d6SI3Jyy0
ビルマ ×
ラオス ⚪︎

あかん、寝よ

397 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/24(木) 00:50:22.95 ID:DHA04WZv0
>>387
当初は硫黄島は千田旅団6千名だけで守るはずだったんだよ
だけど旅団長から栗林に是非、視察に来てくださいと言われて
硫黄島を見て栗林は、この島の重要性を認識し自身が率いる
主力部隊の殆どを率いて自ら陣頭に立って父島から硫黄島守備に来たんだよ
つまり牟田口なら、父島でぬくぬくして生きながらえただろうけど
栗林は自分から死地に赴いた、この段階で天と地の開きがある

398 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/24(木) 00:55:27.23 ID:vvqxLFPn0
>>397
そんなものは栗林の自己満足であって、連れて行かれた1万4000人の将兵
なんて栗林の名誉のために使われた被害者だろ。そんなの希望してないのに。

399 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/24(木) 01:01:21.56 ID:jIGEQM/60
>>398
名誉?
何のために硫黄島をアメリカ軍は攻めたと思ってるんだ?

400 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/24(木) 01:01:45.43 ID:47L5dkaQ0
八つ墓村の山崎勉のイメージはインパール作戦で食糧難から発狂して現地人狩って食ってた上官と聞いたが
野村芳太郎は作戦参加者

401 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/24(木) 01:10:50.43 ID:DHA04WZv0
>>398
硫黄島を取られるとB29に護衛戦闘機が随伴できるようになる
そうなるとB29の迎撃は絶望的になる
@傷ついたB29が硫黄島がないと海に不時着することになる
大国の米国とはいえ当時B29は非常に高価な爆撃機だった
硫黄島がなければ2千機だっけ?かが海に落ちていたらしい

402 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/24(木) 02:54:41.34 ID:mH96w3Zb0
最悪の戦場に奇蹟はなかった―ガダルカナル、インパール戦記(高崎 伝)

両方の戦場に行った元兵士の話によると、ガダルカナルは敗戦ながらも整然と撤退して、港に到着後に甘酒がふるまわれるなど行き届いていたが、インパールは撤退目的地に到着しても大勢の兵士達が倒れているだけで何もしてくれなかったとか。
同じ撤退でも「こちら(牟田口)は、どこまでもデキが悪かった」

403 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/24(木) 03:07:47.54 ID:rC1sbzoF0
>>260
>戦後、英軍の調査によれば

それ、英軍の調査じゃなくてインパール作戦に参加した英将が自伝で適当なお世辞を述べただけだからw
そして戦後しばらく経ってからそれを引用して言い訳扱いていたのが、牟田口廉也ね。
反日国賊ウヨが牟田口廉也の言い訳をそのまま引用してインパール作戦の正当化を図っているのは、笑える。

404 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/24(木) 03:25:05.72 ID:rC1sbzoF0
>>266
日清・日露は太平洋戦争と違って戦略目的もハッキリしており、勝利の確信はなかったにしろ勝算はあったので決して捨て鉢の戦いではなかった。
だから勝利に向けて策を練り有意義な努力する事が出来た。

太平洋戦争はこのインパール作戦も含めて勝算のない捨て鉢な戦いばかりで、有効な策を練ったり努力したりせずに精神論で誤魔化し続けていた例が多い。


>>268
そのように過去の失敗の歴史に目を塞ごうとするのは、朝鮮人の発想ですなw

405 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/24(木) 03:27:51.52 ID:rC1sbzoF0
>>274
日本陸軍では独断専行が認められるようになったのは、満州事変と支那事変の時だけ。
いい加減な知識で軍事や歴史を語るなよ。

406 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/24(木) 03:43:47.75 ID:rC1sbzoF0
>>323
「生きて不慮の辱めを受けず」と記された「戦陣訓」は東條英機の作成した私的エッセイに過ぎず
軍規でもなんでもなかったから、法的には当時の陸軍兵士ですら戦陣訓に従わねばならぬ義務はなかった。
まして昭和帝のような大元帥が登場の戦陣訓に従わねばならぬ理由は皆無。

407 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/24(木) 03:45:06.19 ID:rC1sbzoF0
>>325
軍事の基礎を知らないままウリナラマンセー史観に染まるばかりなら、出直した方が良いぞ。

408 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/24(木) 03:57:23.28 ID:rC1sbzoF0
>>368
戦陣訓を発布したのは東條英機。
天皇は何の関係もない。

409 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/24(木) 04:13:35.90 ID:vvqxLFPn0
>>408
そんなことは通用しない。

すべて天皇が認可している。

そして、発布したわけでもない多くの将兵が「生きて虜囚の辱めを受けず」を
強制実践させられている。やらなくていいなら天皇がそういうべきではないか?

410 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/24(木) 04:15:02.92 ID:vvqxLFPn0
>>399

どうせ負ける戦争じゃないか。無駄死だよ。

そして栗林のオナニーに付き合わされて2万人の日本人が殺された。

411 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/24(木) 04:15:27.90 ID:sQM5laV30
インパール作戦資料館か。インパール作戦の意義や意味について、現代の
現地人の見方がわかるといいね。

412 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/24(木) 04:18:01.93 ID:vvqxLFPn0
>>406

でも強制的状況で強要されたじゃん。

神風特別攻撃隊も形式上「兵隊が勝手にやった」ってことになってるだろ。

実際は強要なんだけど。ほんと日本て腐ってるな。強要するけど法律には
書かないから責任とらなくていwwwww

ほんと安倍のやり方そのものだな。戦犯の孫が堂々と残ってる段階で終わってる。

413 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/24(木) 04:19:06.98 ID:HteqknfM0
>>27
うちの爺ちゃんが死ぬ2年前ぐらいにこの作戦に参加してたみたいで
人肉食わざる得なかったといってた
悲惨すぎた

414 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/24(木) 04:20:53.49 ID:sQM5laV30
まあ、インパール作戦はまったく無意味な暴挙であったとするか、それとも
インド独立に与えた影響があったとするか、あるいは肯定的もしくは非的的な
歴史的評価は極力ひかえ、史料の陳列のみを行うのか、どのような形の
施設になるか、それは地元のひとびとの歴史的評価の反映になるわけだな。

415 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/24(木) 04:22:47.97 ID:vvqxLFPn0
>>414
まず、インドの独立のために日本人に死ぬことを強要すること自体、
売国奴以外の何物でもない行為だよ。牟田口はチャンドラ・ボースから
金もらってたんじゃないかって疑われるレベル。

そりゃインド人にとっては迷惑じゃないだろうさ。自分たちのために
日本人が苦労して死んだわけでw

416 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/24(木) 04:24:55.52 ID:sQM5laV30
>>415
別に売国奴とまではいえないだろうw インド独立のために戦って死んだ勇者のことは
インド人は永遠に記憶し、現代まで続くインドと日本の友情の土台になったわけだからねえ。

417 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/24(木) 04:30:36.59 ID:vvqxLFPn0
>>416
そんなもの日本人にとって1円の価値もない。

自主的に義勇軍として戦うならともかく、国に強制徴兵されてやることじゃない。

そんなにインドのために生きたいなら、
いますぐおまえの財産をインドに配ってこいよ。より一層好いてもらえるよw

418 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/24(木) 04:33:42.20 ID:sQM5laV30
>>417
インパール作戦に何らかの価値があると認めたからこそ、現地のひとが
資料館つくるので、おまえが価値がないなんていくら喚いたって無駄なことだなw

記憶する価値があるからこそ、追悼したり資料館つくったりするわけでね。

419 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/24(木) 04:34:33.53 ID:JUizFFm1O
A日新聞配達員が信号無視で突っ込んで来やがった。

南無阿弥陀仏
(-人-)

420 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/24(木) 04:35:59.85 ID:vvqxLFPn0
>>418

おまえ、こっちの言ってることの、意味がわかってないみたいだな。

売国奴的行為をやったから外国には感謝されて当然じゃないか。

インパール作戦で怒っているのは日本人であって、イギリスでも
アメリカでもビルマでもインドでもなんでもない。

インパール作戦の批判されてる理由がまったくわかってない馬鹿w

421 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/24(木) 04:38:00.53 ID:sQM5laV30
>>420
だからさ〜インパール作戦の評価は日本人だけが評価できるって
もんでもないだろう。 日本人があれはトンデモ作戦だったと批判するのは
自由だが、他国のひとはもっといろいろな見方をするわけで、それらを
総合的に捕らえてこそ、歴史の評価ができるというものだ。

日本人の評価だけ連ねて、歴史的評価はなされたなどというのは
一面的な見方にすぎないわけだw

422 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/24(木) 04:38:05.13 ID:vvqxLFPn0
東京裁判では、インパール作戦関係で責任を取らされた人間は1人もいない。

つまりインパール作戦は、最初から最後まで日本人がやらせた日本人軍部を
批判している話だ。

423 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/24(木) 04:39:49.30 ID:vvqxLFPn0
>>421
だから、インド人は評価すりゃいいんじゃないのw

売国奴って外国では高評価されるのが普通だからなんの不思議もないwww

424 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/24(木) 04:43:56.80 ID:sQM5laV30
>>423
売国奴ってのは大抵自分の私的な利益のために、国家機密もらしたり
作戦計画を敵にもらしたりするもんだが、インパール作戦の司令部に
ブラウン神父の「折れた剣」にでてくるアーサー・セント・クレア将軍みたいのが
いたなら売国奴認定せざるえないなあ。

しかしまあ、そこまでの売国奴がいたような話は未だに聞いたことが無いね。

425 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/24(木) 04:50:49.24 ID:vvqxLFPn0
インパール作戦は、普通の国なら自国の軍法裁判にかかって死刑になるのが
妥当じゃないのか。

牟田口が自殺しようかと打診したときに、藤原竹市は「止めないから死んでください。
今回の作戦と失敗は自殺するだけの重みがある」と言ったしな。

426 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/24(木) 04:55:42.91 ID:rC1sbzoF0
>>409
>すべて天皇が認可している。

ソースは?
息を吐くようにウソを吐くなよ。

>>412
>神風特別攻撃隊も形式上「兵隊が勝手にやった」ってことになってるだろ。

神風特別攻撃隊は正式に命令が出て行われている。
息を吐くようにウソを吐くなよ。

427 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/24(木) 04:56:55.32 ID:DHA04WZv0
>>425
その後、「あ、やっぱ俺悪くねーわ、勝手に下がった佐藤が悪いんだ」って
なったんだよな

428 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/24(木) 05:03:29.75 ID:DHA04WZv0
まあ俺は牟田口みたいなギャグ丸出し将軍
嫌いじゃないぜww

429 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/24(木) 05:11:19.66 ID:vvqxLFPn0
>>426

そういえば教えてもらえると思ってんのか?

神風特別攻撃隊は、天皇の名前でやる正規の部隊でやるのは申し訳ないってことで
わざわざ志願者の部隊ってことで「神風特別攻撃隊」が組織されたものだし、

「生きて虜囚の辱めを受けず」の戦陣訓は勅命と解釈されたため、
実質的には戦陣訓が軍法よりも上位であるかのように扱われていた。
勅命の意味わかるか?w

陸海軍の大元帥である昭和天皇が知らないわけがない。

430 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/24(木) 05:14:42.53 ID:vvqxLFPn0
天皇はアメリカとの開戦を望まなかったのは事実だが、戦争が開始してしまった以上、
負けたら自分が処刑されたり天皇制の護持ができなくなることを恐れて、
実はかなり積極的に戦争協力していた。なかなか戦争を終われなかったのも、昭和天皇が天皇制護持にこだわったからだ。
つまり「生きて虜囚の辱めを受けず」に賛同して、日本人を背水の陣で戦わせなければならなかったのだ。
菊のカーテンで隠蔽されている事実w


昭和20年2月14日に近衛文麿は敗戦を確信して天皇に上奏文を出し、敗北による早期終結を決断するように求めたが、
天皇は「もう一度敵をたたき、日本に有利な条件を作ってから」の方がよいと判断、これを拒否したという。
■田村謙(松山大学教授)“近衛文麿の上奏文” 外務省編『日本外交年表竝主要文書』下.

昭和20年8月12日。朝香宮鳩彦王「国体(天皇制)が護持できなければ戦争を継続するのか」との問いかけに対し、
昭和天皇は「勿論だ」と答えた。
■昭和天皇『昭和天皇独白録』文春文庫

431 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/24(木) 05:16:10.66 ID:M0iICPOY0
https://www.google.co.jp/maps/@-7.3136037,72.2962877,21280m/data=!3m1!1e3

432 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/24(木) 05:18:44.40 ID:sQM5laV30
そういえば、「折れた剣」のアーサー・セント・クレアのモデルになったのは
チャールズ・ゴードンなんだってね。

ゴードン将軍は、スーダンのハルツームで敵に囲まれて全滅したが
国民的人気は非常にあったってね。牟田口なんか部隊をほぼ
全滅させて、自分は生き残ったってんで、国民的人気どころか
評判最悪だね。 まあ、敗戦の将とはいえ、戦い方で人気が
でる場合もあるし、そうじゃない場合もあるということか。

433 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/24(木) 05:27:04.13 ID:vvqxLFPn0
牟田口には好かれる点がない。
上司には媚びまくっておきい入りになる媚び野郎で、
そのおかげで東條英機や河辺などの同類の正確の悪い上層部のお気に入り。
目下には無理難題をおしつけて威張り散らす。

434 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/24(木) 05:27:24.23 ID:y/dLBGNIO
アメリカ第七騎兵隊も叩こうぜ

435 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/24(木) 05:28:14.87 ID:P2usjJl60
インパール作戦はなかった
あったというなら証拠を見せてみろ

436 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/24(木) 05:57:36.89 ID:xOqTb86GO
>>432
牟田口の比較対象はカスターだろ

437 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/24(木) 06:00:38.62 ID:xOqTb86GO
>>421
じゃあ原爆投下と日本全土の爆撃必要だったというわけでつねヽ(^^)

438 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/24(木) 06:06:26.79 ID:sQM5laV30
>>436
カスターと比較したきゃしてもいいんじゃない? だからといって
ゴードンと比較してはいけないということにもならんだろ。 カスターと
比較するのはよくて、ゴードンと比較するのが駄目なら、その根拠を
のべよ。

>>421
まあ、そういう見方はあるよ。アメリカの公式な歴史的見解はそうでしょ。
逆に原爆投下と無差別爆撃は非人道的な戦争犯罪って見方も
あるね。 これは公的な見方とはいえないが、それでも一定の歴史的
根拠はあるね。

439 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/24(木) 06:12:11.02 ID:xOqTb86GO
>>438
ないですね

440 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/24(木) 06:25:29.55 ID:sQM5laV30
>>439
ないなら問題ないな。

441 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/24(木) 06:32:53.17 ID:rC1sbzoF0
>>429
>神風特別攻撃隊は、天皇の名前でやる正規の部隊でやるのは申し訳ないってことで
>わざわざ志願者の部隊ってことで「神風特別攻撃隊」が組織されたものだし、


「志願者の部隊だから、正規の命令は存在し無いニダ!」かw
息を吐くようにウソを吐くなよ。

>「生きて虜囚の辱めを受けず」の戦陣訓は勅命と解釈されたため、
>実質的には戦陣訓が軍法よりも上位であるかのように扱われていた。

ソースは?有る訳が無いよねw
息を吐くように適当なウソばかり吐くなよ。

442 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/24(木) 07:29:05.99 ID:jB2lY4IR0
牟田口ばっかり悪く言われるけど、牟田口を焚き付けてたのはチャンドラ・ボースだろ
結局さ、世界的に孤立無援のところでインド独立運動の名士が日本を支持してくれたので
調子に乗って張り切っちゃっただけだと思うんだ

443 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/24(木) 07:56:33.29 ID:mrLRIG/C0
>>442
外国人のせいにするのか?
それに乗せられて、政治的理由から補給もできない場所に大量の将兵を送りこんですり潰したのは恥だろ。

444 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/24(木) 08:01:51.26 ID:xK3dgZjI0
バカサヨが大はしゃぎの「八月」が、もうすぐですね。
反原発なんてすっかり忘れて「反戦!」「反戦!」モードに。

445 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/24(木) 08:05:15.99 ID:H39yewmq0
自分の王様が結まされそうな時に
相手の遊び駒の桂・香を必死に取りに行くような作戦

446 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/24(木) 08:10:36.05 ID:GFziDPW60
若い頃のペーパテストが全てで上はぬくぬく、下の超人的な頑張りを当然視する。
この構造は今も変わってないからまたこの類いの悲劇は起きると思う。
「現場主義」という言葉は本部の甘えというのを常識にしないといけない。

447 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/24(木) 08:23:14.85 ID:mrLRIG/C0
日本の兵士は食糧25日分をはじめとする合計60kgの荷物を背負って2000メートル級の山々を越えて進軍しました。
ジンギスカン作戦と言って、牛の背に荷物をくくりつけて、死んだら食料にすることになっていましたが悪路の為、戦闘開始前に牛は全部死亡。
かえって兵士たちの荷物を増やしただけでした。
あとからも補給物資を送ると言われてましたが全部嘘でした。

撤退を進言した現場の師団の師団長=3人とも解任。1人は病死。2人は左遷。

448 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/24(木) 08:28:29.47 ID:H39yewmq0
本人の希望どおり佐藤師団長を「抗命罪」で軍法会議にかけて
牟田口と対決させてやりゃよかったなに

449 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/24(木) 08:54:46.24 ID:gweg+Srp0
ゆめまくらにたつ
ゆみまつりにれつ

450 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/24(木) 09:11:52.30 ID:rsWFuFv10
>>441
生きて虜囚の・・・は当時の国民学校で嫌と言うほど
叩き込まれていた
つまり、陛下の臣民としては、ご真影遥拝とかと同列の
基本的レゾンデートルであったわけだ

451 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/24(木) 09:33:23.39 ID:XJi+2Zh/0
>>421
インドでの評価は無きに等しいんじゃないの
英語だとあれなんでヒンドゥ語のwikiみると

http://hi.wikipedia.org/wiki/%E0%A4%87%E0%A4%AE%E0%A5%8D%E0%A4%AB%E0%A4%BE%E0%A4%B2_%E0%A4%95%E0%A4%BE_%E0%A4%AF%E0%A5%81%E0%A4%A6%E0%A5%8D%E0%A4%A7
インパール作戦

>1944年3月から1944年7月まで、インパールは日本軍と連合軍(連合軍)の周囲との間で戦った。
日本軍はインパールにおいて連合国の軍隊を敗北させた試して、インド(英領インド)が攻撃をした。しかし、
日本軍は大きな被害を被ったとビルマは再び戻らなければならなかった

↑記述はたったこれだけ。関連で「コヒマの戦い」の方がもう少し長い

http://hi.wikipedia.org/wiki/%E0%A4%95%E0%A5%8B%E0%A4%B9%E0%A4%BF%E0%A4%AE%E0%A4%BE_%E0%A4%95%E0%A4%BE_%E0%A4%AF%E0%A5%81%E0%A4%A6%E0%A5%8D%E0%A4%A7
コヒマの戦い

 コヒマ戦争(1944年6月22日1944年4月4日まで)第二次世界大戦のイギリスのインド軍と1944年にチャンドラボースが率いる
アザドハインドFaujの連合軍との間で、日本をコヒマ、激戦が近くで戦った。この戦争では、日本軍は退却しなければならなかった、
それが転換点であることが証明された。1944年6月22日は1944年4月4日まで、この戦いは、次の3つのフェーズで戦った。
この戦争に添付イギリス軍は、これまで最大の戦いを宣言されています。に殺された兵士のメモリ内の決戦でのアザド
後肢の軍隊英帝国、戦争記念館(:ERR監督するために作成されている墓地)コモンウェルスはありません。

 戦争記念プラークに搭載されたジョン・マクスウェルエドモンドこれらの単語が英語で刻まれている-

When you go home, tell them of us and say,For your tomorrow, we gave our today"

"あなたは私たちのこと、誰に伝えるために家に帰ると、我々は彼らの将来のためにあなたの現在を犠牲にしている
ことを言うとき。」[1]

 コヒマ第二次世界大戦中、日本では、住民によるとナガランド兵士と将校、非常に多数が死亡した電撃的に攻撃した。
これらのすべての兵士が攻撃で殺されたギャリソンヒルが埋葬された。教会の建設は、彼の記憶に1421だった。
地元住民は、勇敢な兵士たちに敬意を払うようになっています。これらはまた、Smadiaがコヒマ来る観光客を?示されている。



コヒマのギャリソンヒルには非常に立派な連合軍兵士の墓地があってその碑に刻まれた文句

When you go home, tell them of us and say,For your tomorrow, we gave our today

は世界的に有名だという

452 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/24(木) 09:52:49.09 ID:xiqmzxc40
>>249
敵の弱点を攻める為に迂回と機動、結果として重火器と兵站に制約が発生
あるいはその逆、海没等により重火器と兵站の制約から迂回と機動せざるを得なかった
>>250
二百三高地で兵站重視の乃木を批判し、インパールでは兵站軽視の牟田口を批判
分って批判してるのかねえ
>>253
総軍と内地が攻城戦の実情を解ってないだけ
乃木伊地知案:威力偵察により敵陣を明らかにした後、坑道で爆砕、塹壕で接近し攻撃
 占領時期は穴堀り進捗次第
 二百三高地は操車場から遠く兵站に難あり、また兵站線が正面砲台の射程を横切る
児玉松川命令:海軍の要請だから1ヶ月で落とせ、攻撃方法は歩兵突撃を指定

二百三高地主攻は乃木伊地知の懸念通り
正面の二龍山、盤龍山の砲台を正面攻撃で削ってたにもかかわらず
正面・隣接要塞からの砲撃により大損害を受け、増援も移動中これに阻止された
正面砲台が健全な序盤には成算のない作戦だった

453 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/24(木) 10:04:33.07 ID:UVyihyPS0
長躯遠征のインパール戦と、攻城戦の旅順攻防戦は同一に論じられるものではないが、
インパールにおける問題点は兵站戦の確保につきる。
旅順攻防戦は、ロシアのバルティック艦隊が来襲しつつある中で、旅順港内のロシア艦を
砲撃で破壊しなければならないという時間的な制約が大きかった。
基本、攻城戦は来援がなければそのうち陥落する。日本軍の突撃によりコンドラチェンコの
手持ち守備隊が大被害を受けたり、日本軍の総攻撃によってロシア勢を結構削ってはいるのだが
いかんせん時間不足。坑道作戦ももちろん採ったが、正面突撃を繰り返すこともせざるを得なかった。
海軍の大口径臼砲を記録的短時間で据え付けて攻撃したり、工夫もあるのだが、
どうしても剥製突撃の被害人員が大きかったことが乃木を責める人間を増やしたのも事実。
司馬遼太郎こと福田某などはやり過ぎで恥をかいているが

454 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/24(木) 10:11:54.81 ID:3Q/HxWZ7O
>>436
荒木村重

455 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/24(木) 10:17:00.49 ID:xOqTb86GO
>>452
厳しい条件の中困難な攻勢を達成した乃木と
無謀な作戦を立案して遂行を現場に丸投げした牟田口じゃ全く別物

456 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/24(木) 12:32:56.46 ID:H39yewmq0
旅順要塞を攻略してしまえば港も極東艦隊も無力化できる
逆にこれが叶わないと艦隊決戦の勝利も講和も覚束ない
旅順の要塞や港にはそれだけの価値があった

一方コヒマやインパールを占領できたとしてだから何?

457 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/24(木) 13:29:45.34 ID:9cCptM140
英米鬼畜をアジアから解放することが目標。

458 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/24(木) 13:36:09.38 ID:86WBo2v50
戦争やる奴は馬鹿ってだけだろ。
馬鹿に階級はないよ。

459 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/24(木) 13:44:48.66 ID:Yh06rOyQ0
まぁ戦時中裏切り者も結構出て相手国に良い情報を教えていた兵士も出てくる
訳だわってわかる作戦の一つだわな

460 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/24(木) 13:51:07.49 ID:OdMegqtr0
インドは、日本がイギリスと戦ったので、早く独立できたと評価してるよ。
http://www.youtube.com/watch?v=Mb1pS_2JD5Q

461 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/24(木) 14:10:24.90 ID:8Jsz1GTx0
日本は秘密裏にゼロ戦を2000機作っておいて ハワイを占領後ただちにアメリカ本土の西海岸を制圧 続いてアメリカ全土の制空権を掌握 工場地帯を徹底的に空爆しながら東進すべきであった
それぐらいのダイナミックな戦略でないと勝てるわけがない

462 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/24(木) 14:18:48.38 ID:rsWFuFv10
>>229
>>247
あなた方は塹壕線と地下坑道鵜が区別がついていない
>>452
それは大庭案だろ
兵站がどうのと言うのは総司令部の嫌う伊地知の屁理屈であって
要塞占領の進んでいない初期においてはどの地点を攻撃するのも
おなじこと
戦闘が進むにつれ、わかってくるのだが、通信中継所が占領駅から
離れすぎていたり、そもそも軍司令部が車で行けば40分のところ
にあったり、実は兵站とか連絡に消極的であったのは自明

塹壕のことだが、じつは戦後つ次妻を合わせたほどには
掘っていなかったと思える

463 :462@転載は禁止:2014/07/24(木) 14:43:12.53 ID:rsWFuFv10
何故かと言うと、この辺り頁岩の地層で穴を掘ったら
外へ積み上げなければならない
山頂付近は砲弾で穿り返されていただろうが、ふもと付近には100年たっても
もそういう痕跡は残っているはずと思ったが見つけられなかった
非常に遠い距離に壕線を作って睨み合っていたんでしょうな
突撃用の号線と言うのはあったはずですが

464 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/24(木) 14:59:29.40 ID:CeVmbRX90
>>458
吹っかけられたらどうすんだよ
自分の家を強盗に譲るのか

465 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/24(木) 15:23:24.89 ID:mEO1eat/0
塹壕掘るのって日露戦争時には常識だったのかね
WW1ではそこら中が塹壕だらけだったそうだが

466 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/24(木) 15:27:55.21 ID:8vobT3ZC0
>>443
未だにそんな事言ってる人いるんだな。現実知らなくてペーパーテストが完璧とか思ってるんだろうな。

467 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/24(木) 15:29:46.75 ID:mEO1eat/0
ボースが河辺を熱心に説得して乗り気になっちゃったんじゃなかったか
牟田口は最初作戦に反対だったけど河辺に影響されて乗り気になった

468 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/24(木) 16:48:58.17 ID:yJpW0UA/0
世界最強の軍隊は?
アメリカの将軍
ドイツの下士官
日本の兵士
らしいね

469 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/24(木) 16:52:47.08 ID:55Fh3IdY0
>>460
日本人はピンと来ないだろうけど、日本海軍が、英国極東艦隊を
完全に壊滅させたことにどれだけインド人が喜んだか。
インド人にしたら大英帝国の象徴だからね。
それだけでも大きな事件。
日本海軍はインド洋作戦までは無敵だったけど、その後はいささ
か疲れたのかもしれない。
ハワイからミッドウェーまで1万2千キロの遠征だもんな。

470 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/24(木) 17:03:23.65 ID:Pku+RAPQ0
どんなにコンクリートを注ぎ込んで強大な城郭を築いても、坑道を掘り進められて
桁外れの火薬を仕掛けられたら崩壊は止められない。城郭守備側にしてみれば
坑道を掘ってこられるのは恐怖だろうな。しかし、この攻めは取り囲んでゆっくり
時間をかけなければならない。旅順は12月までには落とせと厳命されていた。
バルティック艦隊が迫っていたからな。時間が足らない以上は白兵戦も仕方ないと
力攻めにいったんだろう。乃木さんに派気の毒なことではあった。

471 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/24(木) 17:08:28.42 ID:DeZoSlLS0
>>470
最近では乃木も参謀だった伊地知幸介も、さほど無能ではなかったし、行われた作戦行動も状況を
鑑みれば、至って合理的であった、と評価が変わってきつつあるね

司馬小説風評被害者の会でも開いてはどうかw

472 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/24(木) 17:08:31.42 ID:9V48TNlL0
弓、祭、烈に比べて菊、龍の評価の高さ。
九州の兵隊は強かった。

473 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/24(木) 18:06:57.06 ID:yJpW0UA/0
>>470
そのあとの奉天会戦も乃木の軍は
敢闘精神に欠けていたし、おまけにすぐ崩れたけどな
乃木将軍は容姿が良いから兵隊達には
好かれていたが、戦闘向きの人では無かったんじゃないか?

474 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/24(木) 18:20:54.07 ID:Pku+RAPQ0
海軍では髭を生やして見かけは立派で、かつ謹厳実直、四角四面な人物を
「海の乃木将軍」との尊称で奉ったとのこと。
誰とは言いませんが、あの人とか、この人とか。

475 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/24(木) 18:54:21.12 ID:Y8ArWTC40
>>469
たしかインド洋作戦で
空母艦載機の爆装を魚雷から爆弾に換装している最中に
敵機に急襲されて、あわや大惨事になるミスを犯しているんだよな
その時のヒヤリハットをちゃんと研究し改善していれば
ミッドウェイ海戦であんな酷い負け方をしないで済んだのに
日本軍は、陸軍も海軍も勝ち戦に浮かれて、馬鹿になっていたとしか思えないな
危機感ゼロの軍人に腹が立ちますわ

476 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/24(木) 19:11:46.13 ID:D4kICuCM0
>>475
っていうか、それ以前に空母を最前線、大和が後ろで見物とか
山本大将の布陣が根本的に間違ってた

477 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/24(木) 19:41:56.58 ID:OdHQ0ti50
>>476
山本は臆病者だからな
真珠湾攻撃も自分が陣頭指揮するからと承認させたのに
実際は部下に任せて自身は大和ホテルで優雅に戦果報告待つだけ

478 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/24(木) 19:50:07.10 ID:d6SI3Jyy0
乃木とか山本とかやめてあげて!
牟田口ちゃんのHPはゼロよ!

479 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/24(木) 19:52:31.66 ID:13JbF+Xw0
>>450
>生きて虜囚の・・・は当時の国民学校で嫌と言うほど叩き込まれていbウれた.

ソースは?
つかそれは当時の小学校での話であって、私の訊いている陸軍内部の話じゃないぞ?

480 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/24(木) 19:58:43.01 ID:JZ3uguiV0
インパール作戦を見ると、白人の植民地を脱し大東亜共栄圏をつくるという理想は
まがい物じゃなかったと思うよ
ただ、指揮していたのが救いようのない馬鹿だったってのが悔しい

481 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/24(木) 20:01:52.97 ID:86WBo2v50
日本支配の僅かな期間にどれだけの死者が出たのか。

482 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/24(木) 20:02:31.18 ID:QiaKFgkq0
>>469日本人はピンと来ないだろうけど、日本海軍が、英国極東艦隊を完全に壊滅させた

帝国海軍はアフリカにまで上陸して国威を発揚しましたな

================================
●マダガスカルの戦い
1940年代のマダガスカル島はフランスの植民地で、第二次世界大戦が始まるとフランス本国との貿易量が
激減しマダガスカル経済は深刻な状況となった。その後フランス本国がドイツの侵攻で占領されると、
フランスはドイツに休戦を提案し、親ドイツのヴィシー政府が誕生した。当時のマダガスカル総督は
連合国軍への降伏を選択せず、ヴィシー政府の支持を表明した。

日本軍は1941年12月の開戦以降、1942年3月の末までに東南アジア全域(イギリス領マレー半島や蘭印、
アメリカ領フィリピンなど)を制圧し、続いてイギリス植民地のビルマ南部まで攻略を行い、さらに西進を
行うことが可能であった。

この頃、日本海軍の潜水艦はインド洋で制約を受けずに活動でき、3月には機動部隊がイギリス領セイロン島攻撃を行った。
そのため、イギリス海軍の東洋艦隊はモルディブ諸島のアッドゥ環礁に退避したが、日本海軍の更なる攻撃に
よって手持ちの空母他多くの艦船を失い、イギリスの植民地であるケニアのキリンディニまで撤退した。

この撤退により、イギリス海軍および連合国軍は、日本海軍がマダガスカルをインド洋およびアフリカ大陸攻略
への前進基地として使用する可能性に対処しなければならなくなった。

つまり、イギリス海軍は次のような情勢展開を危惧した。ヴィシー政府は日本と同盟関係にあり、ヴィシー政権下に
あったマダガスカル島のフランス軍基地を日本海軍も使用できるようになると予想される。日本海軍は航空機や
潜水艦を配備するであろう。守りが手薄であった西インド洋や南大西洋はおろか、アフリカ大陸東岸やペルシャ湾まで
日本海軍の攻撃にさらされる。最悪、日本陸軍によるアフリカ大陸上陸すら予想される。

枢軸国側は、ヴィシー・フランス軍からの依頼を受けたドイツ軍による増援要請を受けて
インド洋でイギリス軍をはじめとする連合国軍と戦っていた日本海軍の潜水艦伊10、伊16および伊20が
マダガスカル沖に現れた。

1942年5月30日(イギリス側記録では29日)に伊10搭載機がディエゴ・スアレスを偵察し、エリザベス型戦艦1隻、
巡洋艦1隻などの在泊を報告[9]。5月31日に伊16と伊20から甲標的が発進した[10]。甲標的の攻撃により戦艦ラミリーズと
油槽船ブリティッシュ・ロイヤルティ(6,993トン)に魚雷1本が命中し、ブリティッシュ・ロイヤルティは沈没。

483 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/24(木) 20:28:06.19 ID:lJ8t+Iyw0
>>476-477
南雲機動部隊が足の遅い戦艦置き去りで突っ切ったんだが。
しかも飛行機での戦いなのに…戦艦大和がいないからとか
空母は砲撃戦するための兵器じゃないぞ。

484 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/24(木) 20:35:49.92 ID:D4kICuCM0
>>483
バカじゃん、布陣が可笑しかったのは負けた直後から言われてたわ。
それに空母が砲撃戦とか、何頓珍漢なこと言い出してんだお前w

大和の電探あればもっと早く敵機を見つけられたし、あんな惨敗は無かった

485 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/24(木) 21:25:44.50 ID:OdHQ0ti50
>>483
ミッドウエー海戦の事を言ってるなら山本は頓珍漢だったぞ
敵機動部隊が出撃してきているのを無線傍受してたんだが
南雲に知らせなかった
理由がまた頓珍漢で大和の位置が知られるからだとさ
総括すれば山本は臆病者ってこと

486 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/24(木) 21:41:07.52 ID:Pku+RAPQ0
インパールのスレなのに旅順とかミッドウェーとか話しが飛ぶなあw
ミッドウェーに関して言えば足の遅い戦艦部隊を先行させて米空母部隊の
誘い出しの餌にしたら良かったんだが。さらに、ミッドウェー攻略の先陣を切って
戦艦の大口径砲で艦砲射撃をしたら、日本の機動部隊は米空母部隊対応だけに
専念できたわけで、勝ちは確実だったのだから、なぜ集中運用しなかったのかと
悔やまれる。まあ、ミッドウェーを獲っても維持出来ないから無意味ではあるが。
そのあと間髪を入れず第二次ハワイ攻撃をやって、講和が出来ればめでたしめでたし
だったが。講和実現はこれしかなかった。

487 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/24(木) 21:55:58.87 ID:gweg+Srp0
大東亜戦争激戦地

1、ガダルカナル
2、ニューギニア
3、レイテ
4、インパール
5、沖縄
6、硫黄島
7、ルソン

488 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/24(木) 22:08:22.82 ID:LZeYJIkl0
>>78
花谷ってパワハラの領域超えてるだろうが。

489 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/24(木) 22:17:59.04 ID:LZeYJIkl0
音速雷撃隊
https://www.youtube.com/watch?v=7urY0NuDyIs

490 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/24(木) 22:29:34.65 ID:Pku+RAPQ0
>>487
島嶼ではタラワ、ペリリュー、サイパン、テニアンもあるし、
大陸では拉孟・騰越も捨てがたい。

491 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/24(木) 22:31:25.69 ID:w9udQ8Qz0
何故アジアの諸国民は、日本は自由であるべきだと切望するのでしょうか。
それは我々の日本との永年に亘るかかわり合いの故であり、又アジア諸国民が
日本に対して持っていた高い尊敬の故であり、日本がアジア緒国民の中でただ一人
強く自由であった時、我々は日本を保護者として又友人として仰いでいた時に、
日本に対して抱いていた高い尊敬の為でもあります。
私は、この前の戦争の最中に起きたことですが、アジアの為の共存共栄のスローガンが
今問題となっている諸国民にアピールし、ビルマ、インド、インドネシアの指導者の或人達が
そうすることによって自分達が愛している国が開放されるという希望から
日本の仲間入りをした、という出来事が思い出されます。
セイロンに於ける我々は、幸い侵略を受けませんでしたが、空襲により引き起された損害
、東南アジア司令部に属する大軍の駐屯による損害、並びに我国が連合国に
供出する自然ゴムの唯一の生産国であった時に於ける、我国の主要産物のひとつである
ゴムの枯渇的樹液採取によって生じた損害は、損害賠償を要求する資格を我国に
与えるものであります。我国はそうしようとは思いません。
何故なら我々は大師の言葉を信じていますから。
大師(ブッダ)のメッセージ、「人はただ愛によってのみ憎しみを越えられる
人は憎しみによっては憎しみを越えられない
実にこの世においては怨みに報いるに怨みを以てしたならば、
ついに怨みの恩むことがない。
怨みをすててこそ恩む、これは永遠の真理である。」
はアジアの数え切れないほどの人々の生涯を高尚にしました。
仏陀、大師、仏教の元祖のメッセージこそが、人道の波を南アジア、ビルマ
、ラオス、カンボジア、シャム(タイ)、インドネシアそれからセイロン(スリランカ)に伝え、
そして又北方へはヒマラヤを通ってチベットへ、支那へそして
最後には日本へ伝えました。

492 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/24(木) 22:33:43.38 ID:w9udQ8Qz0
これが我々を数百年もの間、共通の文化と伝統で
お互いに結びつけたのであります。
この共通文化は未だに在続しています。
それを私は先週、この会議に出席する途中日本を訪問した際に見付けました。
又日本の指導者達から、大臣の方々からも、市井の人々(街の中にいる普通の人)からも、
寺院の僧侶からも、日本の普通の人々は今も尚、平和の大師の影の影響のもとにあり、
それに従って行こうと願っているのを見いだしました。
我々は日本人に機会を与えて上げねばなりません。
そうであるから我々は、ソ連代表の云っている、
日本の自由は制限されるべきであるという見解には賛同出来ないのです。

J・R・ジャヤワルダナ (元スリランカ大統領)

サンフランシスコ講和条約より

493 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/24(木) 22:34:40.19 ID:P/tOQZb+0
35 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/06/09(月) 23:44:04.47 ID:FIDEdP/j0
米軍は要所要所に救助チームが待機していて、途中で不時着水した爆撃機などを回収し、
「よくがんばった」と励ましてくれ、ケガをした兵士は休暇がもらえる。

日本軍の場合、一生懸命生きて基地へ帰って来ても、「他の者はみんな死んだのに、なんでお前だけ生きて帰ってきたんだ?」と
罵倒され殴られる。敗走中に小銃をなくすと、「畏れ多くも陛下から預かった小銃を無くした!」と再び殴られる。

「○○部隊は全員玉砕」と上官に報告した後、生きて帰ってきたため、自殺を強要された兵士までいる。
全員玉砕報告のあと、生き残りがいたとなると、報告の辻褄が合わなくなるからである。

494 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/24(木) 22:49:20.43 ID:LZeYJIkl0
>>169
根本中将は?陸士23期陸大34期(福島県出身)

終戦時   駐蒙軍(兼)北支方面軍司令官(中将)
最終階級 中華民国陸軍第5軍管区司令官顧問(中将)

・北支防衛(1945年8月9日〜)
 「理由の如何を問わず陣地に侵入するソ連軍を断固撃滅すべし」
 →在留邦人4万、関東軍35万の後退援護を達成
・台湾密航(1949年)
 →バケツで海水を排水しつつ基隆に推進。じ後タイーホ
・金門島防衛(1949年10月24日〜)
 「共産軍を迎え討つのは、金門島をおいてほかにありません」
 →3コ連隊基幹の2万を撃滅し、人民解放軍の攻勢を破砕
  金門島は今も台湾が大陸に有する最後の領土として保持

495 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/24(木) 22:55:05.41 ID:rsWFuFv10
>>471
優秀な立案者であったかどうかなど全く関係が無い
大庭案を採用して、遂行したにも関わらず、戦闘状況を把握していなかったことが
問題でおかげで第一次攻撃の参加者が全く犬死になった
このことは成功者である一戸兵団に対する少々が耳を疑うような撤退命令
殻も傍証される
ノギは乃木で参謀団一新したはずの奉天侵攻戦出あいかわらず
裸突撃を敢行しているわけで、こうなればもう害毒
歴史群像なんかの近視眼著者なんか信用してたら、ダメだぞ
>>484
君はいったいレーダー電波が何百キロ届くと思ってるんだ
電波は直進し、地球は丸いんだぞ
だいいちその時期の大和は電探を装備してはおらんわ

496 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/24(木) 23:58:53.49 ID:Y8ArWTC40
>>493
日本って、ひどい国だなw

497 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/25(金) 00:01:20.69 ID:LRCQ7Ep+0
餓死するまで歩き続けた日本兵が近隣の部落で略奪行為をしなかった
これぞ皇軍の誇り

498 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/25(金) 00:02:21.67 ID:tvNADs290
>>486
牟田口や木村の話じゃ国士様は不満だからですw

499 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/25(金) 00:49:49.23 ID:Ednlk6V30
>>496
ひどいとまでは思わんけど
こういう異常な同調圧力だけは何とかした方が良い。
同調圧力は良く出れば治安の良さに現れたりするわけだが
この国はそんな方法で国民を律するステージは卒業すべき。

500 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/25(金) 05:31:14.84 ID:PgYIiKNo0
目的はインド、目標は英国軍 とまでは良かったものの、輸送も補給も考えず、
ひたすら精神論だけで密林を突破しようとしたアホウ
馬鹿が指揮とりゃ死期が近づき、士気下がる、の見本だろうな
しっかりと検証して、二度とこんな愚策に載った戦いをしないようにすべきだろう

501 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/25(金) 08:27:10.63 ID:tyjoH8eP0
花谷正閣下の話題は無しか

502 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/25(金) 08:31:11.59 ID:Yhf+FJS10
>>479
どっちも間違い
陸訓第一号戦陣訓第7

第八 名を惜しむ

恥を知る者は強し。常に郷党家門の面目を思ひ、愈々奮励して其の期待に答ふべし。
生きて虜囚の辱を受けず、死して罪禍の汚名を残すこと勿れ。

503 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/25(金) 08:55:40.10 ID:/RMrc1Cr0
>>499
>>493は作り話だから
>、「他の者はみんな死んだのに、なんでお前だけ生きて帰ってきたんだ?」
これは「他の隊は敵艦を発見したのになんでお前だけ見つけなかったのか?」の改竄。
それと陸軍特攻振武寮は名簿が残っていてほぼ全員原隊に送り返されている。
罵倒されたのはTVの証言シーンでも通常部隊転属に不満を持ち再出撃許可の直談判において、
つまり参謀は「口答えせずに生きて帰れ」と罵倒している。

>「○○部隊は全員玉砕」と上官に報告した後、生きて帰ってきたため、自殺を強要された兵士までいる。
水木しげるさんの総員玉砕せよ!が出典だろうがあれはフィクション。水木さんの中隊はちゃんと退却命令がでてる。
実際は玉砕報告のあと生き残りがいたのはよくあったが、毎回、司令部や大本営は大喜びしていた。
だって、「いまだ友軍敢闘中」って大本営発表できるから。

504 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/25(金) 09:11:22.06 ID:/RMrc1Cr0
振武寮は全国放送の前に放送された九州ローカルが編集が甘くて、
「参謀が何か欲しいものはあるか?というので飛行機をと言うと、参謀が豹変して罵倒」
「菅原さんはニコニコしなが、おうご苦労やったないう感じでしたわ、ところが再出撃を希望したとたん豹変して…」
と全国放送カット部分が放送された。
「司令部に代機を貰いに行ったら罵倒された」
代機で司令部に出頭するのはフェリー輸送で他基地から来たパイロットであって、
搭乗割りに載った人ではない。
また氏は翌日明野飛行学校に送り返されている。
よって「貰いに行った」とは代機受領の報告ではなく再出撃の直談判の意。

505 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/25(金) 09:14:24.82 ID:QGpKQP8E0
とにかく戦争とは、軍需産業に後押しされた職業軍人
の画策によっておこる
職業軍人たちの自己目標とは、軍部主流に属して
栄達し昇進することのみに他ならない
そういうものに巻き込まれて、圧倒的機械力に生身で
立ち向かわされる一般庶民にとって、災害以外の何物でもないということね

506 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/25(金) 14:45:43.44 ID:Aqt2t/1y0
インパール作戦をよく知らない人らの私設資料館を紹介する間には
インドの英雄チャンドラ・ボースの記事でも書けばいいのに
アカヒ的には、悔しくて悔しくてペンが進まないかw

507 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/25(金) 14:49:09.27 ID:Htz/GD+60
歴史的名著の失敗の本質でも、最低評価の軍人だな
ひどい日本軍の中でも、特にひどい軍人
こんな奴がエラそうにしてた軍は、永遠に勝てない、この次も負ける

508 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/25(金) 14:57:55.52 ID:hxUZjBXr0
>>218

お前が井の中の蛙視点なだけだよ連呼リアン君。

自己評価、つまりオナニー評価としてのインパール作戦ではなく、他国がどう評価してるのか、客観視点を学び
自らの不勉強さ愚かさを恥じたまえ。

 

509 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/25(金) 15:00:03.42 ID:aN8PxEmW0
>>507
俺は山本の方がひどいと思うぞ
ミッドウエー海戦で、南雲部隊に無線で敵機動部隊在りと
知らせていれば、ミッドウエーは逆に米機動部隊の墓場になっていた

510 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/25(金) 15:01:48.13 ID:8m3Y3Ywx0
>>1
洗剤の販売か何かかよ
なんだソレ?
安部ちゃん知ってる?

511 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/25(金) 15:03:39.09 ID:tvNADs290
>>509
でも山本とか、宇垣とか、南雲とか、栗田は私欲や私情ってわけじゃないじゃん?
結果論で戦後みんなで延々叩いてるわけじゃないのよ、牟田口の場合

牟田口、辻、富永、木村、花谷はほんとひどいから、人間としてどうかってレベルなのよ
だから戦後ずっとクズ呼ばわりなわけ、こいつらは

512 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/25(金) 15:22:02.24 ID:J3k0dsEhi
現場の人間も牟田口を殺せよな。
物には限度があるだろ。

513 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/25(金) 15:23:23.84 ID:J3k0dsEhi
>>511
現場の人間が無能な上官を殺さないからそうなるんだよ。
コネで上官になった奴に、戦争の何が解るんだ。

514 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/25(金) 15:30:21.81 ID:aN8PxEmW0
>>512
インパール作戦で帰還してきた佐藤師団長に
「叩き斬ってやる!」と日本刀で追いかけ回されてるぞ

515 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/25(金) 15:45:56.38 ID:8m3Y3Ywx0
何の作戦?
鹿狩り?
よく分からんな

516 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/25(金) 15:56:38.91 ID:HxstvOMP0
>>511
まあ山本とか、宇垣とか、南雲は私欲や私情ってわけじゃないな
栗田?「逃げの栗田」のことか?
太平洋戦争中逃げて逃げて逃げまくって

517 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/25(金) 18:27:26.08 ID:xaR12wnl0
>>508
このスレでも既出だが、印度でもビルマでも大して評価されていない。
大軍で出撃したにもかかわらずほとんど戦略目標を達成できぬまま勝手に自壊して退却したんだから、当たり前だわな。
朝鮮ウヨは、そういったウリナラファンタジーの白昼夢から目を覚ますべき。

>>511
でも最近のネトウヨは牟田口や辻をマンセーし始めてますよ。
曰く、「佐藤師団長が勝手に退却しなければ、勝っていたニダ!インパール作戦はインド独立に繋がる世界史の転換点ニダ!牟田口閣下は真の愛国者ニダ!」
曰く、「大本営がもっと増援部隊を送っていたらノモンハンでは負けていなかったニダ!臆病風に吹かれた大本営が悪いニダ!(撃墜数は日本の方が多いから)ノモンハンは実際は日本の勝利!辻閣下は悪くないニダ!」

518 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/25(金) 18:45:40.22 ID:xaR12wnl0
>>503
水木しげるの「総員玉砕せよ!」は地名や結末などを脚色のために変更したフィクションだが、
元ネタである「ニューブリテン島バイエン支隊玉砕」は史実であり、第38師団参謀の松浦義教も水木の漫画とほぼ同じ内容を戦記に記している。
ちなみに松浦義教の戦記は昭和32年に日活で映画化されている。
水木の中隊が遊撃戦に転じて玉砕していなかったからとて、他にも複数の証言がある「生き残った兵士に対する再玉砕や自殺の強要」が無かった訳ではない。
朝鮮人じゃ有るまいし、史実をねじ曲げてまで>>503のようなウリナラファンタジーを披露するなや。

生き延びてはならなかった最前線部隊 〜ニューブリテン島 ズンゲン支隊〜
http://cgi2.nhk.or.jp/shogenarchives/bangumi/movie.cgi?das_id=D0001210041_00000

519 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/25(金) 20:43:49.57 ID:ezo8daPK0
>>517

最近じゃ連呼リアンのほうがよっぽど「ネットde真実」脳だな。

ソースはネットどころか、「ソースは2ちゃんのスレ」とかwww

 

520 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/25(金) 20:50:33.26 ID:CI4eiV5s0
>>475
当時の軍人は、まるでネトウヨみたいなものだったんだな
重大なミスをしていても、勝ったんだから問題ないとスルー
その結果がミッドウェイ海戦で壊滅的敗北
もしもインド洋作戦の内容を真剣に吟味し、反省して対応策を練っておいたら
もしかしたら、ミッドウェイ海戦で日本海軍は大勝利を得ていた可能性もあったわけだ

歴史を振り返り、反省すること=日本貶しととらえているようなネトウヨの低能どもには、理解できない話かw

521 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/25(金) 21:13:46.28 ID:ezo8daPK0
>>520

相変わらず「ネトウヨ」なる語の用法が意味不明過ぎて、全体が的はずれの狂人の雄叫びみたいな文章になっとる(笑)

「ネトウヨのよう」って、例えに挙げられた「ネトウヨ」なるものの共通定義・共通認識がなければ、他人様に言葉を
伝える為の「喩え」として成立すらしようがない事にすら気付かないオツムの程度、それが連呼リアンの一般レベル(笑)

罵倒レスなのか、持論の主張を冷静に書くのかどっちかにすりゃいいのに、発情してネトウヨネトウヨ連呼したい馬鹿にはそれが難しいんだろうな(笑)(笑)
 

522 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/25(金) 21:17:54.22 ID:ezo8daPK0
ちなみに、得意気な連呼リアン、「反省」と「罵倒」の違いも理解できてないようです(笑)

反省するというのは、是々非々を評価するということなんですね(笑)

ムタグチガー!ムタグチガー!ってイヌのように吼えて罵倒するのは「反省とは言えない」わけですw

それをはんせーとか言っちゃう反日君や連呼リアンの頭脳をご覧くださいwww

523 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/25(金) 21:22:23.78 ID:CI4eiV5s0
>>521-522
相変わらずネトウヨという疑似餌は無視できないようでw

524 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/25(金) 21:26:04.11 ID:2SM8DSGy0
提督の決断3やりたくなってきた

525 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/25(金) 21:28:52.12 ID:ezo8daPK0
 
 誰か(何か)を絶対の悪者と決め付けて、その決め付けた悪者をひたすら罵倒し続ける事が「反省である」とか
思い込んじゃう、反日カルトバカサヨ式の洗脳を無批判にやって、反省したつもりになってる愚鈍な馬鹿はいい加減に
己の哀れな洗脳され脳に気付いて、自らのバカっぷりを顧みろよ(笑)

連呼リアンが敵視している脳内ネトウヨなんて、おまえ連呼リアンの姿そのものだろどうみても(笑)
 

526 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/25(金) 21:31:43.22 ID:xFVU9pfZ0
日本人的には、典型的昭和バカ軍人のむっちーが原因の無謀な作戦と悲惨な敗北という黒歴史なんだが
作戦に参加したチャンドラ・ボースとインド国民軍を英雄的独立闘士として捉えているインド人にとっては
ただバカとか無謀とかいって切り捨てるわけにはいかない話題なんだよね
だからもしインドの人とインパール作戦について語り合うことがあったら、慎重に言葉を選びましょう

527 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/25(金) 21:32:56.67 ID:CI4eiV5s0
>>525
あーあ、興奮しちゃってw

528 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/25(金) 21:53:09.34 ID:ezo8daPK0
>>527

おまえが言われたわじゃないのにファビョって反応するなよ(笑)

それとも自覚あるのかな?

 

529 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/25(金) 21:55:14.55 ID:CI4eiV5s0
>>528
どっちがファビョっているんだかw

530 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/25(金) 21:58:10.36 ID:ezo8daPK0
>>526

うん。

比較的及第点な物言い。

そーゆーのが歴史の反省なんだよな。

ムタグチガームタグチガー吠えてるヤツのバカっぷりが浮き彫りになるなw

歴史事象や人物評は是々非々で冷静にやるのが知性的。

それが解らないヤツ(連呼リアンが典型的)は知能の足らないおバカさんってことでw

 

531 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/25(金) 21:59:33.91 ID:hCAPXPrl0
インパール作戦に参加してきた爺さんと話したことがあるが
牟田口の悪口言ってて笑ったよ。本当に嫌われてたんだな。

ちなみに犠牲者はインパールよりフィリピン戦の方がよっぽど多い。
牟田口の人徳の無さがなせる技だわ。

532 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/25(金) 22:02:17.58 ID:9zUOk6BM0
>>6

>>1ではそういった趣旨の内容が無いので朝日新聞が何を言いたいのか分かりませんでした。

533 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/25(金) 22:04:44.67 ID:ezo8daPK0
>>529
で、反省と罵倒の違いはご理解できたかしら?
発狂してない、俺は冷静だと強弁なさるなら、ひとつ、それを証明するために牟田口さんとインパール作戦について
「反省」して総括してみ(笑)?

あ、発狂してて悔しくて悔しくて出来ないなら、インパール作戦についてなんか書かずに、「いつもお得意の」
話題ずらしの誤魔化ししながら素直に僕への罵倒の言葉書くような、惨めな悔しさが滲み出た負け犬状態さらして、
誰の目にも明らかに負けを証明して良いよんw

さあ、どうぞ!

 

534 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/25(金) 22:05:09.59 ID:E/2vJbPh0
インドには申し訳なく思う

535 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/25(金) 22:09:29.49 ID:rnGqSM4F0
>>192
あと、他の部署に源田実課長と神重徳係長を希望

536 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/25(金) 22:10:20.18 ID:YaqM4kss0
>>531
それは戦後の左翼商売作家の宣伝に乗せられた情弱だよw
もうボケてんだよ…

537 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/25(金) 22:11:03.07 ID:CI4eiV5s0
>>533
すさまじいキチガイっぷりにワラタ

538 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/25(金) 22:11:13.97 ID:ezo8daPK0
>>531

どっちかってーと、戦後のバカ作家とメディアのせいだと思われ。。

すぐ周囲に居た側近とかならともかく、単に作戦に参加した下っぱが、直接知りもしない人をそこまで憎み嫌うって ちょっと冷静に考えたらおかしいだろ?

マリーアントワネットをどう評価すべきかな?
「パンがなければお菓子を〜」と「言ったとされる」みたいな「誰かの記述」を鵜呑みにしてマリーアントワネットを
悪し様に罵るヤツ見て、君はどう思うかな(笑)?と。
まあそーゆーこと。

知性あるなら考えてみようずー^^
 

539 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/25(金) 22:13:32.84 ID:ezo8daPK0
>>537

お、了解(^^ゞ

540 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/25(金) 22:15:41.21 ID:CI4eiV5s0
>>538
あの作戦に参加して生き残った兵士ならマスコミの洗脳以前に
作戦の総指揮官の牟田口をうらんで当然だろ
無能な司令官の無謀な作戦のせいで戦友は多勢無駄死にし、
自分もジャングルの中で死体になっていても不思議はなかった
そんな大惨敗を経験した兵士ならば、自然に恨み節が出てくるのは当然だろう

541 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/25(金) 22:20:14.13 ID:HpilIi9P0
馬鹿佐藤のせいで負け戦 牟多口閣下に死んで詫びるべきだった

542 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/25(金) 22:22:52.36 ID:ezo8daPK0
>>540
すさまじいキチガイなファビョりっぷりワラタw

オマエは自ら負けを選択したちんけなチワワ以下の完全無欠の負け犬野郎だろ? 今さら妄言ほざいて聞いて貰う権利すら
無いウジ虫なんだよ、ウジ虫くん。

難しいこと言おうとしてその程度のバカ発言しか出来ないんだから、無理しないでお前の脳の程度にふさわしい、
ネトウヨガーネトウヨガー吼えて、発狂裸躍りでもして脳内ウイナーとして輝きオナニーしてりゃいいじゃん。。
誠意の無いクズの扱いなんてこの程度なんだ。

解るかね?

悔しければまず反省して、スレ見てくれている皆に土下座しない。

543 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/25(金) 22:24:45.79 ID:CI4eiV5s0
>>542
こういう馬鹿がいるからw

544 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/25(金) 22:26:49.08 ID:Zg6mKzSn0
>>538のような奴に、国に一命捧げて従軍した皇軍の生き残り兵士が「下っぱ」呼ばわりされるとは

ネトウヨさまははさぞかしえらいお方なんだろうねえ

545 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/25(金) 22:29:13.73 ID:ezo8daPK0
>>536

だなあ。。

誰かの書いてることを、「活字だから」というだけのアヤシイ理由のみで無批判に全面肯定して受け入れるなんて、
ゆるされるのはマジで昭和時代まてまだよな(笑)

ジジイは仕方ない。ジジイの時代には活字が嘘を書くなんてゆめゆめ思わなかったのだから。

しかし、ネット時代に未だ誰かの聞いた人物評のさらに又聞きみたいなのを絶対ムビュウの根拠のように思い込んで、
どや顔でアイツはこうだ!とか決め付けて勝ち誇るとかどんだけバカだよと思うわw

 

546 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/25(金) 22:29:56.97 ID:R6kSj5v2O
まあ70年の陸軍省も今の財務省も国民を犠牲にする事には何の抵抗感も持たないわけで

547 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/25(金) 22:31:22.52 ID:+3UpHg1q0
>>538
>「すぐ周囲にいた側近」の牟田口への態度

インパール作戦が敗色濃厚となり部下の藤原岩市参謀に「陛下へのお詫びに自決したい」と相談した(もとより慰留を期待しての事とされる)。
これに対し藤原参謀は
「昔から死ぬ、死ぬといった人に死んだためしがありません。
司令官から私は切腹するからと相談を持ちかけられたら、幕僚としての責任上、 一応形式的にも止めないわけには参りません、司令官としての責任を、真実感じておられるなら、黙って腹を切って下さい。
誰も邪魔したり止めたり致しません。
心置きなく腹を切って下さい。
今回の作戦(失敗)はそれだけの価値があります」
と苦言を呈され、あてが外れた牟田口は悄然としたが自決することなく、余生をまっとうした。

548 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/25(金) 22:33:40.77 ID:ezo8daPK0
>>544
議論に感情持ち込むなよw

小学生かね?

この議論においては、司令官と言葉を交わした粉とすらないヤツは下っ箸と表現しても何の問題もないね。

日本軍人を、元々その気も無いくせに急に聖化させて議論を煙に巻こうとするなのw

そーゆー詭弁モはロバレなんだよw
そんな程度だから、 どうやっても議論には勝てないんだよ(笑)

549 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/25(金) 22:34:56.98 ID:ezo8daPK0
>>547
はいはい、ソースは小説ね^^

550 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/25(金) 22:36:06.40 ID:ezo8daPK0
>>547
はいはい、ソースは小説ね^^

しかもWikiからのひ孫引きとゆーネットde真実脳ってゆー。

551 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/25(金) 22:36:19.60 ID:CI4eiV5s0
議論が何かもわからない知恵遅れのくせに偉そうにwこの低能くんはwww

552 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/25(金) 22:36:20.15 ID:ho/W0GjC0
>>541
張鼓峰でソ連を撃退した佐藤閣下になんてことを

553 :ドゥリットル◇ちんこ@転載は禁止:2014/07/25(金) 22:38:42.43 ID:gLpu+k6EO
おまいら全員糞だなW

554 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/25(金) 22:39:09.90 ID:+3UpHg1q0
>>549
たしかに小説だが当時の関係者からの聞き取りを基にしてるからね
一定の信頼尾は置けるだろう
その日時に証言者は日本に主張していてその場にいるはずがないなど明確な反証があれば別だが

555 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/25(金) 22:39:29.70 ID:ezo8daPK0
>>552

そーゆー、「戦果」が優秀で偉いことのバロメーターならば、牟田口もインパール以外ではたくさん戦果あげてんだよなあ^^;

556 :ミッチャー◇ちんこ@転載は禁止:2014/07/25(金) 22:40:40.39 ID:gLpu+k6EO
おまいら全員糞だなW

557 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/25(金) 22:41:39.77 ID:+3UpHg1q0
>>555
インパールの大失敗を帳消しにできるだけの戦果はない

558 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/25(金) 22:45:08.63 ID:Tf1bEft90
いいから名曲でも聞いて落ち着こうぜ
ttps://www.youtube.com/watch?v=ol50CA0WQEk

559 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/25(金) 22:46:50.81 ID:CI4eiV5s0
>>555
インパール作戦での
独断での撤退も
当初約束されていた補給の確保ができていず
師団壊滅を避けるため、あずかった兵を無駄死にさせないために
自分が軍法会議にかけられて最悪処刑されることを覚悟で撤退したわけだ
佐藤氏団長は勇気があり、兵士をちゃんと人間と思っている英雄だよ

560 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/25(金) 22:47:29.65 ID:ezo8daPK0
>>554
ごめんね、小説を鵜呑みにするのってマジで面倒バカ丸出しにみえるからさ。。


「聞き取り調査をしたんだから間違いない!」←これどうやって「科学的に担保」すんの?俺は100%の信用をするのは
遠慮したい感じなんだけどねえ。。

「戦艦大和の最期」とかも、ノンフィクションとか言いながら、この10年位で、悲惨さを強調する誇張や捏造が入りまくってる、
死ぬまえに仲間の名誉の為に訂正させたいみたいな動きあったじゃん?

戦争への反省ブームがあり、また個人的に嫌いなヤツにあること無いこと書いても戦争への反省というお題目で赦される
みたいな風潮が蔓延してた時代の「ノンフィクション自称する小説」とかとても信用出来ないんだよねえ個人的にさあ。

 

561 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/25(金) 22:51:18.74 ID:CI4eiV5s0
>>560
ごめん、このスレの中でお前が一番馬鹿に見えるからw

562 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/25(金) 22:59:32.90 ID:ho/W0GjC0
>>559
軍法会議で洗いざらいブチまけてやるぞと意気込んだらキチガイ扱いとかあんまりすぎるよな・・・

563 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/25(金) 22:59:56.57 ID:sLreeCkg0
東條英機が「ミッドウェー海戦の敗北を知っていたらこの作戦は許可しなかった」って言ってたそうだな

564 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/25(金) 23:00:35.90 ID:cpkDfWnF0
ビルマ戦線 雨季はお休み 乾季に戦闘みたいな
で一進一退みたなかんじだったんじゃにかね
インパール作戦までは

マージャンで負けこんでいる奴が国士無双を狙うようなものやな。
東方と南方で負け続けていたから。

565 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/25(金) 23:01:29.45 ID:g4bpMMwy0
牟田口廉也はイギリスの優秀な指揮官(ジンギスカン作戦で日本兵虐殺)
毛沢東は日本の優秀な指揮官(大躍進で中国人4000万人虐殺)

566 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/25(金) 23:05:47.11 ID:ezo8daPK0
>>561

ほんと、君って悔し紛れ臭ぷんぷん丸だねぇ(・ω・)

つまんない罵倒はいいから、それなら、ノンフィクションを「自称」する「小説」の真実性を担保出来ると
断言してよい根拠についてなんか書けよw

吉田清治だってネット三文ライターの安田だってノンフィクション自称してんだぞ(笑)
 

567 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/25(金) 23:07:37.41 ID:2v/bvpbM0
>>565
牟田口閣下は盧溝橋で日中戦争のきっかけを作る英断を下した国士





ってことになるんだろうかここの人達に言わせると

568 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/25(金) 23:07:42.30 ID:QGpKQP8E0
>>565
人の国のことはほっとくんだよ、オッチャン

569 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/25(金) 23:07:43.54 ID:PbXXt4GJ0
>>31
日本人の手でこの稀代の無能司令官を処罰しないことには戦後が終わらない。
図書館で全国の電話帳を手繰って、片っ端から同姓の家に電凸するしかあるまい。

570 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/25(金) 23:07:52.57 ID:CI4eiV5s0
>>562
対決すると自分たちも窮地に追い込まれる(つまりインパール作戦が戦略的にも非難されて当然の大愚策だと自覚していた)
大本営が佐藤師団長を軍法会議にかけたくなかったわけだね
命を助けてやるかわりにキチガイ扱いにして休職させる
ナアナアで傷がつかずに済ませる、こんなことをやっているから失敗を失敗として日本軍全体で認識できなくなり
同じような過ちを繰りかえすようになるわけだ
まったく学ばない、どうしてこんなに愚かな組織だったのだろうか

571 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/25(金) 23:09:13.53 ID:g4bpMMwy0
>>568
アーレイ・バークは日本の優秀な提督(朝鮮戦争に日本を参加させて、日本海軍復活)

572 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/25(金) 23:14:00.68 ID:ezo8daPK0
>>569

菅直人どう(笑)?

 
>>571
そーゆーことならオバマ、習キンペー、朴クネクネにジョンイルだってそうだな。

自ら希代のバカ丸出しの底辺ヒールを演じてまで、それなら、日本人の平和ボケ治す努力を惜しまないのだから(笑)

573 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/26(土) 00:00:19.25 ID:+Ld++EOy0
ビジネスの現場から見た「慰安婦」虚構の大罪、国家的損失の大きさ…万死に値する河野元官房長官、朝日は「捏造」訂正・謝罪せよ
http://sankei.jp.msn.com/west/west_economy/news/131117/wec13111707030001-n1.htm
「頬被り」続け反省なし 「慰安婦」、「朝日」の“誤報”
http://vpoint.jp/media/journalists/16327.html
【慰安婦問題】 旧日本軍が朝鮮人女性を強制連行した・・なぜそんな創作が広まったのか。1991年8月11日、朝日新聞が報じた誤報だ
http://www.news-postseven.com/archives/20130911_210397.html
朝日新聞が日韓関係を破壊した
慰安婦についての大誤報を謝罪することが関係修復の条件
http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/35903
「性奴隷国家」の汚名雪ぐには この度し難き鉄面皮…朝日新聞の頬被り
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/130702/plc13070207380006-n1.htm
なぜ、朝日新聞は深刻な虚偽報道を繰り返すのか?
http://bylines.news.yahoo.co.jp/nishimurakohyu/20130526-00025206/
検証!朝日新聞(NYT)マッチポンプ「従軍慰安婦」報道
http://blogos.com/article/62387/?axis=&p=1
2012-09-01 「河野談話」の真の生みの親は朝日新聞である
http://d.hatena.ne.jp/kibashiri/20120901
【マスコミ】櫻井よしこ氏「麻生発言・慰安婦問題など歪曲報道で日本を国際社会の笑いものにし続ける朝日新聞は許せない」[08/05]
http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1375709887/



読売も産経も東海新報も朝日新聞の捏造が切っ掛けになって誤った歴史が独り歩きしていると報道している

【慰安婦問題】産経抄「朝日新聞の記事がきっかけとなり、河野談話がお墨付きを与える形で、誤った歴史が独り歩きしている」
http://uni.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1368699024/
【慰安婦問題】 1992年1月に朝日新聞の記事で「女子挺身隊」を “慰安婦狩り”と誤って報じたことが発端となり、日韓間の外交問題に
http://uni.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1368494692/
【東海新報】朝日新聞が捏造した慰安婦問題に日本のメディアから反論の動き。朝日関係者の国会喚問は当然[02/23]
http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1393210619/

574 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/26(土) 05:16:52.57 ID:anuZRZn6O
>>565
大躍進時の日本は敗戦国

575 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/26(土) 14:30:11.16 ID:1QZOXlTx0
日本軍って弱いよな。

576 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/26(土) 14:36:02.74 ID:nswuqgrr0
そら、麻雀で負けが込んできたらピンフのみ1,000点とかは上がれんだろ。常考
国士とか四暗刻とか、一攫千金に走らざるを得ない。

577 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/26(土) 14:56:37.55 ID:mjWDiqTk0
牟田口閣下は不当に貶されている。

ほんとうに極悪と評すべきような者は大本営S参謀のような奴だろ

578 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/26(土) 14:59:57.68 ID:g6U4DPGh0
またインパールの季節が来たな、日本の正史と言えば司馬先生
また日本軍の発言のエッセイや解説本を読み直し
日本軍てここまでダメだな、こんなバカな軍隊なんだ
こんな悲惨な軍だと納得して、心が満足して、終戦になる、敗戦だけどな

579 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/26(土) 15:02:34.11 ID:gggn08mW0
>>575
日本軍は強かったからこそだよ

580 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/26(土) 15:04:26.20 ID:uXiGdiVD0
第二次大戦で日本軍に勝った朝鮮軍こそ最強ニダ。

581 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/26(土) 15:11:50.31 ID:anuZRZn6O
>>575
日清・日露は米英の支援有ってこそだしねえ

582 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/26(土) 15:18:02.16 ID:b6YOpJ1U0
>>577
瀬島龍三は戦時中より敗戦後の処理の方が酷かったがな。
こいつ一人助かるために何万人の軍人がシベリアで死んだことか

583 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/26(土) 15:41:09.20 ID:gggn08mW0
ネトウヨはこれも自虐史観とかいうのだろうなぁ
インド独立に貢献したとしても、作戦を肯定する事にはならないのに

584 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/26(土) 17:32:00.95 ID:nswuqgrr0
福田某(司馬遼こと)の講談本はなあ。元気の無いと気に読むのは良いかも知れないが、
自虐史観の保守本流だからな。そして特定個人、福田が個人的に嫌いな人物について
容赦なく貶める。一時的には読めても、二度と読む気にはならん。

585 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/26(土) 18:08:33.79 ID:h+ApcYed0
強気で作戦実施をごり押しして、
旗色悪くなれば、表情を見て察してくれと。

軍も公務員、(軍)官僚をのさばらすと国滅ぶw、

586 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/26(土) 18:08:44.83 ID:anuZRZn6O
司馬遼太郎や乃木大将まで持ち出しての四次元殺法擁護乙

587 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/26(土) 19:19:34.18 ID:h/A33cTC0
>>584
自虐史観でもないだろ
司馬遼太郎が一貫しているのは
明治時代の日本は偉大
昭和の日本は明治期に比べて退化したって感じだろ
少なくとも明治日本は、最大級に評価している

588 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/26(土) 21:27:48.30 ID:LfHK5o88O
>>577
全うな評価だろ
大勢の部下を飢え死にさせて敗北
戦後ものうのうと飯食って生きながらえたんだから
司令官という立場上、自決以外あり得んわ

589 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/26(土) 23:55:55.37 ID:gpFpGpqz0
ネトウヨは牟田口廉也や辻政信までもマンセーする池沼の国賊売国奴w

このスレでは ID:ezo8daPK0 とかその典型w

191 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)